2021/10/20 更新

写真a

タキザワ カズヤス
滝沢 一泰
TAKIZAWA Kazuyasu
所属
医歯学総合病院 消化器外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2014年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2014年

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2014年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   助教

    2013年6月 - 2014年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2013年4月 - 2013年5月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2010年5月 - 2012年9月

 

論文

  • Endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration for diagnosing a rare extraluminal duodenal gastrointestinal tumor. 査読

    Hayashi K, Kamimura K, Hosaka K, Ikarashi S, Kohisa J, Takahashi K, Tominaga K, Mizuno K, Hashimoto S, Yokoyama J, Yamagiwa S, Takizawa K, Wakai T, Umezu H, Terai S

    World journal of gastrointestinal endoscopy   9 ( 12 )   583 - 589   2017年12月

  • [Mixed Type Liposarcoma with Intra-Abdominal Bleeding - Report of a Case]. 査読

    Miura Y, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Takizawa K, Kobayashi T, Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1155 - 1157   2017年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Hepatocellular Carcinoma with Lymph Node Metastasis Successfully Treated by Multidisciplinary Treatment]. 査読

    Soma D, Sakata J, Ando T, Yuza K, Ishikawa H, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Shimada Y, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1565 - 1567   2017年11月

     詳細を見る

  • Hand-assisted laparoscopic Hassab's procedure for esophagogastric varices with portal hypertension. 査読

    Kobayashi T, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Zhang Z, Ando T, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports   3 ( 1 )   111   2017年10月

  • Relevance of Dissection of the Posterior Superior Pancreaticoduodenal Lymph Nodes in Gallbladder Carcinoma 査読

    Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Yosuke Tajima, Taku Ohashi, Yuki Hirose, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Toshifumi Wakai

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 ( 9 )   2474 - 2481   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background. This study was designed to evaluate the prognostic value of positive posterior superior pancreaticoduodenal lymph nodes to clarify the need for dissection of these nodes.
    Methods. A total of 148 patients with gallbladder carcinoma who underwent radical resection including dissection of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes were enrolled. The incidence of metastasis and the survival rates among patients with metastasis to each lymph node group were calculated.
    Results. Of the 148 patients, 70 (47%) had nodal disease. The incidences of metastasis in the cystic duct, pericholedochal, retroportal, and hepatic artery node groups, defined as regional nodes in the UICC TNM staging system, ranged from 8.3 to 24.3% with 5-year survival rates of 12.5-46.4% in patients with positive nodes. The incidence of metastasis to the posterior superior pancreaticoduodenal nodes was 12.8% with a 5-year survival rate of 31.6% in patients with positive nodes. Survival after resection was significantly better in patients with distant nodal disease affecting only the posterior superior pancreaticoduodenal nodes (5-year survival, 55.6%) than in patients with distant nodal disease beyond these nodes (5-year survival, 15.0%; p = 0.046), whereas survival after resection was comparable between the former group and patients with regional nodal disease alone (5-year survival, 40.7%; p = 0.426).
    Conclusions. In gallbladder carcinoma, involvement of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes is similar to that of regional nodes in terms of both the incidence of metastasis and the impact on survival. Inclusion of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes among the regional nodes should be considered.

    DOI: 10.1245/s10434-017-5939-7

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Staged laparotomies based on the damage control principle to treat hemodynamically unstable grade IV blunt hepatic injury in an eight-year-old girl. 査読

    Kobayashi T, Kubota M, Arai Y, Ohyama T, Yokota N, Miura K, Ishikawa H, Soma D, Takizawa K, Sakata J, Nagahashi M, Kameyama H, Wakai T

    Surgical case reports   2 ( 1 )   134   2016年12月

  • [Long-Term Survival after Reoperation for Lung Metastasis of Resected Pancreatic Adenocarcinoma - A Case Report]. 査読

    Ishikawa H, Takano K, Ando T, Soma D, Yuza K, Hirose Y, Katada T, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2199 - 2201   2016年11月

     詳細を見る

  • [Lymph Node Recurrence of Small Cell Carcinoma of the Extrahepatic Bile Ducts Effectively Treated with Cisplatin plus Irinotecan Chemotherapy - Report of a Case]. 査読

    Katada T, Sakata J, Ando T, Soma D, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2083 - 2085   2016年11月

     詳細を見る

  • [Resection for a Locally Advanced Duodenal Adenocarcinoma with Obstructive Jaundice and Hepatic and Pancreatic Invasion - A Case Report]. 査読

    Hirose Y, Sakata J, Soma D, Katada T, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2077 - 2079   2016年11月

     詳細を見る

  • [Surgical Resection for Carcinoma Arising from the Remnant Intrapancreatic Bile Duct after Excision of a Congenital Choledochal Cyst - A Case Report]. 査読

    Shimada T, Sakata J, Ando T, Yuza K, Toge K, Hirose Y, Katada T, Ishikawa H, Miura K, Ohashi T, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Tomita H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2101 - 2102   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Radical Resection for Locally Advanced Pancreatic Cancer with Positive Peritoneal Cytology Treated with Chemoradiotherapy]. 査読

    Sato R, Takizawa K, Yuza K, Soma D, Hirose Y, Morimoto Y, Miura K, Nagahashi M, Takano K, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2385 - 2387   2015年11月

     詳細を見る

  • [Repeated Pancreatic Resections with Parenchymal Preservation for Pancreatic Metastases of Renal Cell Carcinoma--Report of a Case]. 査読

    Ishikawa H, Sakata J, Soma D, Yuza K, Ando T, Hirose Y, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2254 - 2255   2015年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Solitary Paraaortic Lymph Node Recurrence after Surgical Resection for Combined Hepatocellular and Cholangiocarcinoma]. 査読

    Hirose Y, Sakata J, Yuza K, Soma D, Sudo N, Ishikawa H, Tatsuda K, Miura K, Takizawa K, Takano K, Nagahashi M, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1860 - 1862   2015年11月

     詳細を見る

  • [Signet-Ring Cell Carcinoma of the Ampulla of Vater--Report of a Case]. 査読

    Yuza K, Sakata J, Soma D, Ando T, Hirose Y, Ishikawa H, Miura K, Tatsuda K, Ohashi T, Takizawa K, Nagahashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1767 - 1769   2015年11月

     詳細を見る

  • A case of pneumatosis cystoides intestinalis secondary to gefitinib therapy for lung adenocarcinoma 査読

    Takuya Ando, Jun Sakata, Tomohiro Maruyama, Yuki Hirose, Yasuyuki Okabe, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Yu Koyama, Aya Ohtsubo, Satoshi Watanabe, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 ( 7 )   847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Pneumatosis cystoides intestinalis (PCI) is a relatively rare condition, characterized by subserosal or submucosal air within the bowel wall. Herein, we report a rare case of PCI secondary to treatment with an epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI). A 71-year-old man, who had received gefitinib therapy for 2 years and 5 months for lung adenocarcinoma with metastases to the bones and brain, presented with abdominal pain, diarrhea, and vomiting. Computed tomography of the abdomen revealed intramural air in the small bowel, free air in the abdomen, and moderate ascites. A diagnosis of PCI was made, and the patient was managed conservatively by discontinuing gefitinib treatment, because his vital signs were stable and there was no sign of peritonitis. The patient's symptoms gradually improved, and follow-up CT after 1 week revealed that the initial findings had almost completely resolved. Clinicians should note that treatment with gefitinib might cause PCI.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CapeOX+Bevacizumab療法が著効した下行結腸癌多発肝転移の1例 査読

    中野麻恵, 亀山仁史, 島田能史, 橋本喜文, 細井愛, 中野雅人, 野上仁, 羽入隆晃, 滝沢一泰, 石川卓, 坂田純, 小林隆, 皆川昌広, 小杉伸一, 小山諭, 若井俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 門脈再建を伴う胆囊癌手術 (特集 胆囊癌手術のすべて : 腹腔鏡下から拡大手術まで)

    皆川 昌広, 滝沢 一泰, 坂田 純

    手術 = Operation   68 ( 11 )   1489 - 1492   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3. 胆嚢癌の外科治療の現況 : 特に外科切除の限界,至適切除範囲に関して(<特集>胆道癌外科治療の現況)

    坂田 純, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 4 )   185 - 189   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • [Current surgical treatment for gallbladder cancer]. 査読

    Sakata J, Takizawa K, Takano K, Kobayashi T, Minagawa M, Wakai T

    Nihon Geka Gakkai zasshi   115 ( 4 )   185 - 189   2014年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:4  

    PubMed

    researchmap

  • Left posterior approach to the superior mesenteric vascular pedicle in pancreaticoduodenectomy for cancer of the pancreatic head 査読

    Isao Kurosaki, Masahiro Minagawa, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of the Pancreas   12 ( 3 )   220 - 229   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:3  

    Context: Dissection of the superior mesenteric artery is the most important part of a pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer. Since 2005, we have used the left posterior approach for superior mesenteric vascular pedicle dissection, in which the superior mesenteric artery and the superior mesenteric vein are dissected first in a clockwise fashion. Objective: This article presents the technique of a left posterior approach and the clinical outcome. Patients: Forty patients underwent a left posterior approach and were compared to 35 patients treated with a conventional dissection. Main outcome measures: The differences in surgical technique between the left posterior approach and the conventional method were described, and the short- and long-term surgical results compared patients who underwent the left posterior approach to those who were treated with the conventional method. Intervention: The superior mesenteric vascular pedicle was first dissected from the left lateral border of the superior mesenteric artery. The superior mesenteric vein was also dissected from the left side. Then, the uncinate process and perivascular soft tissue were separated en bloc from the vasculature. Results: No life-threatening complications occurred after the pancreaticoduodenectomies using a left posterior approach. Diarrhea requiring the administration of antidiarrheal agents occurred in 65% of patients
    however, planned adjuvant chemotherapy was completed in all patients who did not have an early tumor recurrence. Survival rate was 52.8% at 3 years after surgery. Conclusion: After a pancreaticoduodenectomy with a left posterior approach, most patients had various degrees of diarrhea, but the adjuvant chemotherapy was able to be continued with close monitoring. The left posterior approach facilitates understanding of the topographic anatomy in the superior mesenteric vascular pedicle.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Splenic-intrahepatic left portal shunt in an adult patient with extrahepatic portal vein obstruction without recurrence after pancreaticoduodenectomy 査読

    Satoshi Yamamoto, Yoshinobu Sato, Hiroshi Oya, Hideki Nakatsuka, Takaoki Watanabe, Kazuyasu Takizawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SURGERY   16 ( 1 )   86 - 89   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    In the last decade, a superior mesenteric-intrahepatic left portal shunt (Rex shunt) has been reported for successful management of extrahepatic portal vein obstruction in children. However, in adults, a mesocaval shunt has been generally performed for the surgical management of extrahepatic portal vein obstruction because of the complexity of the underlying disease and the difficulty of the superior mesenteric-intrahepatic left portal shunt. We herein report an adult patient who was successfully treated by splenic-intrahepatic left portal shunt with an artificial graft (6-mm polytetrafluoroethylene) for complete obstruction of the extrahepatic portal vein following pancreaticoduodenectomy. The shunt procedure not only relieved portal hypertension but also restored hepatic portal flow. In the near future, the Rex shunt should be considered for a beneficial management of extrahepatic portal vein obstruction, even in adults.

    DOI: 10.1007/s00534-008-0002-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intrahepatic lymphatic invasion independently predicts poor survival and recurrences after hepatectomy in patients with colorectal carcinoma liver metastases 査読

    Pavel V. Korita, Toshifumi Wakai, Yoshio Shirai, Jun Sakata, Kazuyasu Takizawa, Pauldion V. Cruz, Yoichi Ajioka, Katsuyoshi Hatakeyama

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   14 ( 12 )   3472 - 3480   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background: D2-40 monoclonal antibody immunoreactivity is specific for lymphatic endothelium and therefore provides a marker of lymphatic invasion. We hypothesized that intrahepatic lymphatic invasion reflects the nodal status of colorectal carcinoma liver metastases and may function as an adverse prognostic factor.
    Methods: A retrospective analysis of 105 consecutive patients who underwent resection for colorectal carcinoma liver metastases was conducted. Intrahepatic lymphatic invasion was declared when either single tumor cells or cell clusters were clearly visible within vessels that showed immunoreactivity for D2-40 monoclonal antibody. The median follow-up time was 124 months.
    Results: Of 105 patients, 13 were classified as having intrahepatic lymphatic invasion. All tumor foci of intrahepatic lymphatic invasion were detected within the portal tracts. Intrahepatic lymphatic invasion was significantly associated with hepatic lymph node involvement (P = 0.039). Survival after resection was significantly worse in patients with intrahepatic lymphatic invasion (median survival time of 13 months; cumulative five-year survival rate of 0%) than in patients without (median survival time of 40 months; cumulative five-year survival rate of 41%; P &lt; 0.0001). Patients with intrahepatic lymphatic invasion also showed decreased disease-free survival rates (P &lt; 0.0001). Intrahepatic lymphatic invasion thus independently affected both survival (relative risk, 7.666; 95% confidence interval, 3.732-15.748; P &lt; 0.001) and disease-free survival (relative risk, 4.112; 95% confidence interval, 2.185-7.738; P &lt; 0.001).
    Conclusions: Intrahepatic lymphatic invasion is associated with hepatic lymph node involvement and is an adverse prognostic factor in patients with colorectal carcinoma liver metastases.

    DOI: 10.1245/s10434-007-9594-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 膵管内管状乳頭腫瘍との術前鑑別が困難であった乏粘液性の胃型膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例

    水戸 正人, 梅津 哉, 若井 俊文, 大橋 拓, 油座 築, 安藤 拓也, 石川 博補, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆

    日消外会誌   51 ( 3 )   206 - 213   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    &lt;p&gt;今回,主膵管内の結節状腫瘍として観察され,膵管内管状乳頭腫瘍(intraductal tubulopapillary neoplasm;以下,ITPNと略記)との術前鑑別が困難であった乏粘液性の膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary-mucinous neoplasm;以下,IPMNと略記)の1例を経験したため報告する.症例は71歳の女性で,急性膵炎後の精査で膵管内粘液を伴わない膵頭部主膵管内の結節状腫瘍を認めた.ITPNもしくはIPMNとの術前診断で,リンパ節郭清を伴う膵頭十二指腸切除術を施行した.切除標本の膵頭部主膵管内に15 mm大の有茎性隆起結節を認めたが,肉眼的に膵管内粘液を認めなかった.病理組織学的検査で,主膵管内結節は少量の粘液を含む胃幽門腺類似の管状異型腺管からなり,結節周囲の膵管上皮に乳頭状増殖を認めたため,胃型IPMNと診断した.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.5833/jjgs.2017.0064

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌に対する外科治療のup-to-date

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   32 ( 1 )   105 - 113   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;胆囊癌の外科治療において良好な長期成績を得るための唯一のコンセンサスは癌遺残のない外科切除(R0切除)である.胆囊癌は解剖学的特殊性や生物学的悪性度の高さに起因して多様な進展様式をきたすため,R0切除を実施するためには病巣所見に応じて適切に切除範囲を選択していく必要がある.進行胆囊癌の不良な手術成績を改善するために,本邦を中心に拡大肝右葉切除や膵頭十二指腸切除といった拡大切除術式が提案・実施されてきたが,近年では,その適応と限界が明らかになりつつある.pT2胆囊癌に対する切除術式に関しては,肝切除範囲,リンパ節郭清範囲,肝外胆管切除の併施の有無のいずれも明確なコンセンサスが得られていない.また,最近では,潜在性胆囊癌に関する知見も新たに報告されつつある.本稿では胆囊癌の外科治療の現状を明らかにするとともに,胆囊癌の病巣所見に応じた至適切除範囲について考察したい.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.32.105

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌の画像診断と外科治療

    若井 俊文, 坂田 純, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己

    胆道   32 ( 1 )   44 - 50   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;胆囊癌について,早期癌,画像診断,肝内進展様式,肝切除範囲,リンパ節郭清範囲を中心に解説する.早期癌に関しては,その概念や肉眼的形態による特徴を十分に理解して診療にあたる必要があり,胆囊管断端が癌陰性であれば単純胆囊摘出術で十分であり根治切除は不要である.画像診断では,各種画像の有用性・限界を理解した上で,これらを駆使して胆囊癌の存在診断を行い,その進行度を評価することが求められる.切除可能な胆囊癌の主要な肝内進展様式は直接浸潤とグリソン鞘浸潤であり,グリソン鞘浸潤の主体はリンパ管浸潤である.胆囊癌に対する根治切除の際には,主病巣とその近傍の肝内に潜在する顕微鏡的なグリソン鞘浸潤巣とを除去することに主眼をおいて肝切離マージンを設定する必要がある.#13aリンパ節を含む本邦の胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節が,胆囊癌における至適なリンパ節郭清範囲である.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.32.44

    CiNii Article

    researchmap

  • 遠位胆管癌 (特集 最新の胆道癌診療トピックス : 新たな治療戦略の可能性を探る) -- (術前治療と切除適応)

    三浦 宏平, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 滝沢 一泰, 小林 隆, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    臨床外科 = Journal of clinical surgery   72 ( 13 )   1423 - 1427   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211871

    CiNii Article

    researchmap

  • 進行胆囊癌に対する外科治療戦略 (特集 胆膵進行癌に対する外科治療戦略) -- (胆道)

    坂田 純, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 石川 博補, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    外科 = Surgery : 臨床雑誌   79 ( 8 )   731 - 737   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/J00393.2017324287

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌手術における剝離層の選択 (特集 イラストでわかる! 消化器手術における最適な剝離層)

    坂田 純, 田島 陽介, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    臨床外科 = Journal of clinical surgery   72 ( 7 )   842 - 848   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211674

    CiNii Article

    researchmap

  • 先天性胆道拡張症に対する分流手術後に異時性発生した肝門部胆管癌

    大橋 拓, 坂田 純, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 1 )   149 - 153   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    DOI: 10.11210/tando.30.149

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝損傷に伴うnonsurgical pneumoperitoneumの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 大橋 拓, 小林 隆, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   36 ( 5 )   923 - 926   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    &lt;p&gt;症例は19歳,男性。7mの高所での作業中に誤って墜落した。受診時は意識清明でバイタルサインも安定していた。CTで肝外側区域の深在性損傷と造影剤の血管外漏出を認め,肝損傷Ⅲbと診断した。肝損傷に対し,カテーテル塞栓術を行い,出血源の責任肝動脈枝を塞栓した。受傷2病日に38℃の発熱を認め,CTで左横隔膜下から胃小弯近傍に貯留する血腫および腹腔内遊離ガスを認めた。受傷3病日には腹痛が増強し腹膜刺激症状を呈したため,消化管穿孔が否定できず緊急手術を施行した。術中所見では明らかな消化管穿孔を認めず,挫滅した肝S2の部分切除と洗浄ドレナージを施行した。気腹の原因は明らかではないが,肝損傷部の胆道系からのガスが腹腔内に入ったことなどが推測された。腹腔内遊離ガスの存在下では,肝損傷に由来する胆汁性腹膜炎と消化管穿孔による腹膜炎の鑑別は困難であった。&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11231/jaem.36.923

    CiNii Article

    researchmap

  • 脂質メディエーターを介した胆汁酸シグナル伝達系の役割

    永橋 昌幸, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 2 )   220 - 227   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    近年の分子生物学の進歩により,胆汁酸が特異的に作用する受容体の存在が明らかになり,胆汁酸の情報伝達物質としての役割が注目されている.脂質メディエーターであるスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の特異的受容体であるS1P2型受容体は,胆汁酸が直接作用する特異的受容体の一つであることが明らかになった.胆汁酸によるS1P2型受容体の活性化は,さらにS1P産生酵素であるスフィンゴシンキナーゼ2型(SphK2)を活性化する.胆汁酸によるS1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系は,肝細胞における脂質代謝や糖代謝の制御に関与していることが明らかとなった.また,この胆汁酸によるS1Pを介したシグナル伝達系は,胆道癌の発育進展を促進することが報告され,様々な生理機能や病態に関与していることが分かってきた.本稿では,胆汁酸シグナル伝達系と,S1P2型受容体およびSphK2を介したS1Pシグナル伝達系の相互作用と,その病態生理における役割について概説する.

    DOI: 10.11210/tando.30.220

    CiNii Article

    researchmap

  • 胆囊癌における胆道癌取扱い規約第6版の検証―N分類を中心に―

    坂田 純, 大橋 拓, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 若井 俊文

    胆道   30 ( 4 )   673 - 681   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    &lt;p&gt;根治切除が実施された胆囊癌183症例を対象としてN分類を中心に胆道癌取扱い規約第6版の妥当性を検証した.6版-N0,N1の5年生存率(5生率)は各々68%,35%(p<0.001)であった.一方,リンパ節転移個数別分類における0個,1-3個,4個以上の症例の5生率は各々77%,49%,15%であり,良好に予後を層別化していた(p<0.001).6版-Stage IIIBはT2N1M0とT3N1M0を含み,前者(5生率77%)は後者(5生率31%)よりも良好な成績であり(p<0.001),また,6版-Stage IIIA(T3N0M0:5生率41%)よりも良好な成績であった(p=0.013).胆囊癌において,取扱い規約第6版のN分類は転移の程度が考慮されずに予後の層別化が不十分であり,転移個数による細分化を検討すべきである.T2N1M0症例の予後が過小評価されており改善の余地がある.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.11210/tando.30.673

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 子宮頸癌術後に生じた外腸骨動脈による絞扼性イレウスの1例

    油座 築, 皆川 昌広, 高野 可赴, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文, Yuza Kizuki, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Miura Kohei, Takizawa Kazuyasu, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Kosugi Shin-ichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 8 )   450 - 455   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は64歳女性. 子宮頸癌IIB期の診断で, 術前化学療法後に広汎子宮全摘術を施行された. 術後の化学放射線療法を施行中に腹痛が出現し, 腹部造影CTで絞扼性イレウスと診断し, 緊急手術を施行した. 開腹所見では前回手術の際に露出・遊離させていた左外腸骨動脈によって小腸が絞扼され壊死に陥っていた. 小腸部分切除術を施行し, 後腹膜で外腸骨動脈を被覆した. 開腹術後の露出した血管を原因としたイレウスの報告は稀であり, 若干の文献的考察を加えて報告する. 「緒言」絞扼性イレウスは種々の原因で起こるが, 術後の露出血管が原因となることは稀である. 今回, 婦人科術後に外腸骨動脈を原因とした絞扼性イレウスの1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 膵内副脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸 和樹, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文, Moro Kazuki, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Takizawa Kazuyasu, Miura Kouhei, Nagahashi Masayuki, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Kosugi Shin-ichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 7 )   401 - 407   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は35歳男性. 検診腹部エコーで脾門部に2cm大の腫瘤を指摘された. 2年後検診で腫瘤の増大傾向を認め, 腹部造影CT検査で膵尾部に44mm大の多房性分葉状腫瘤を認めた. 血算・生化学・凝固系, 腫瘍マーカー, 各種ホルモン値は正常範囲内であった. SPIO造影MRIを施行したが, 腫瘍より尾側におけるT2強調画像信号低下を確認したのみで, 確定診断を下すことができなかった. 腹腔鏡下膵尾部切除を施行し, 術後病理診断で膵内副脾に生じた類上皮嚢胞と診断された. 診断に苦渋した1例を報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝胆膵領域手術での再切開創に対する真皮縫合の効果 (特集 創閉鎖法の進歩)

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰

    日本外科感染症学会雑誌   12 ( 3 )   209 - 216   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科感染症学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 劇症肝炎に対する脳死肝移植の1例

    相馬 大輝, 三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文, Soma Daiki, Miura Kohei, Kobayashi Takashi, Ishikawa Hirosuke, Takizawa Kazuyasu, Nagahashi Masayuki, Sakata Jun, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 4 )   216 - 220   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    今回, 術前に敗血症を呈した亜急性型劇症肝炎に対し脳死肝移植を施行し救命し得た症例を経験したので文献的考察を加えて報告する. 症例は62歳, 男性. 薬剤性亜急性型劇症肝炎として近医にて加療されるも改善なく, 肝移植目的に当院に転院した. 転院4日目に脳症の増悪を認め緊急生体肝移植の方針となったが, カテーテル感染による敗血症性ショック, 重度の呼吸不全, 腎不全のため手術を延期し, 保存的に加療を継続した. その後ショックから離脱し, 血液培養の陰性化を確認した. 転院10日目に脳死ドナーが発生したため脳死全肝移植を施行した. 手術直前に採取した血液培養検査が陽性であったため結果的には菌血症状態での肝移植となった. 術後早期より持続的血液濾過透析, エンドトキシン吸着療法を開始し, タクロリムス血中濃度を低値に抑えることで全身状態は比較的速やかに改善した. その後重篤な合併症なく第10病日にICU退室した. 術前に敗血症を呈した症例に対する肝移植の成績は極めて不良であるが, 術後の集中管理により救命し得たので報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝外胆管癌に対する術前胆道ドレナージ法としての経皮経肝胆道ドレナージと内視鏡的ドレナージとの比較

    石川 博補, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, Ishikawa Hirosuke, Sakata Jun, Hirose Yuki, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Minagawa Masahiro, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 2 )   71 - 77   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】手術部位感染(SSI)の発生率, 術前胆汁培養検査の陽性率, 経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)瘻孔部播種の発生率の観点から, 肝外胆管癌における術前胆道ドレナージ法としてPTBDと内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)のどちらが優れているかを明らかにする. 【対象と方法】EBDが導入普及してきた2001年1月以降, 2011年7月までの間に, 術前胆道ドレナージ施行後に当科で根治切除を施行された肝外胆管癌68例を対象とした. PTBDが32例, EBDが36例で施行された. 68例中63例で術前胆汁培養検査が実施された. 【結果】PTBD施行群, EBD施行群のSSI発生率は, 各々59%(19/32例), 61%(22/36例)であり, 両群で有意な差を認めなかった(P&gt;0.999). 術前胆汁培養検査が実施された63例中48例(76%)で合計23種類の細菌が検出された. Streptococcus属が最多で, 次いで, Staphylococcus属, Klebsiella属, Enterococcus属の順であった. 術前胆汁培養検査陽性でSSIを発症した28例中15例(54%)で, 術前胆汁とSSI発生部位の両者で少なくとも1種類の共通の細菌が検出された. PTBD施行群31例中22例(71%), EBD施行群32例中26例(81%)で術前胆汁培養検査が陽性であった(P=0.387). EBD施行群ではPTBD施行群と比較して, 口腔内や上部消化管常在のStreptococcus属の検出頻度が高かった(P=0.003). PTBD施行群32例中2例(6%)でPTBDの瘻孔部播種を認めた. いずれの症例も播種巣と原発巣とを同時に切除したが早期に再発をきたした. 【結論】肝外胆管癌において, SSIの発生率や術前胆汁細菌培養検査の陽性率の観点からは, PTBD施行群とEBD施行群とで術前胆道ドレナージ法としての優劣は認められなかった. 一方, PTBDの瘻孔部播種の発生は決してまれではなく, 腫瘍学的な観点からは, 肝外胆管癌に対する術前胆道ドレナージ法はEBDの方が優れている.

    CiNii Article

    researchmap

  • PTBD瘻孔部に癌着床を認め術後腹壁再発をきたした下部胆管癌の1例

    須藤 翔, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, 相馬 大輝, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 齋藤 敬太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純

    胆道   29 ( 2 )   247 - 253   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    症例は79歳,男性.尿濃染を自覚し,血液検査にて黄疸と肝機能障害を指摘された.画像検査所見から下部胆管癌による閉塞性黄疸と診断され, PTBDが施行された.黄疸改善後,膵頭十二指腸切除,PTBD瘻孔部同時切除が施行された.病理組織学的検査では,PTBD瘻孔部に胆管癌着床を認め,術後補助化学療法としてS-1単独療法を施行された.術後18カ月目に,瘻孔切除部近傍の腹壁に腫瘤を認め,穿刺細胞診にてClass Vと判定された.胆管癌の腹壁再発と診断され,Gemcitabine(GEM)+S-1療法を施行された.術後24カ月目に肝再発を指摘され,その後再発巣が増大傾向を示したため,肝動脈化学塞栓療法および腹壁再発巣に対する放射線療法を施行された.術後32カ月経過し,現在,全身状態良好で外来経過観察中である.PTBD瘻孔部に癌着床を認めた場合,異時性の腹膜播種性再発に関して慎重な経過観察を行う必要がある.

    DOI: 10.11210/tando.29.247

    CiNii Article

    researchmap

  • 初回腹腔鏡手術後に発症した外傷性腹壁ヘルニアの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 中野 雅人, 小林 隆, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   35 ( 4 )   477 - 482   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例は29歳,男性。車同士の交通外傷で受傷し当院へ救急搬送された。下腹部にシートベルト痕を認め,全身CTで下顎骨,右鎖骨,左第10肋骨,右腓骨の多発骨折および腹腔内出血を認めた。消化管穿孔は明らかではなかったが,確定診断のため腹腔鏡手術の適応とした。S状結腸腸間膜損傷IIa(S)およびS状結腸損傷cIa(S)の診断でS状結腸切除術を施行した。しかし,術後腸閉塞となったため初回手術後8日目に腹部CTを施行した。腹部正中臍下部で小腸が皮下に脱出しており外傷性腹壁ヘルニア嵌頓と診断した。再手術とし開腹すると,ポートサイトではなく弓状線尾側の下腹部で腹直筋鞘が断裂していた。小腸部分切除を施行し,腹直筋鞘を直接縫合した。今後,腹部鈍的外傷において,診断を兼ねた腹腔鏡手術例は増えてくると思われる。外傷性腹壁ヘルニアは,まれな病態ではあるが,腹腔鏡手術にて見落としがちな腹壁の損傷には注意すべきである。

    DOI: 10.11231/jaem.35.477

    CiNii Article

    researchmap

  • 心肺停止状態から救命し得た上部消化管造影検査後大腸穿孔によるバリウム腹膜炎の1例

    須藤 翔, 小林 隆, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 若井 俊文

    日腹部救急医会誌   35 ( 1 )   119 - 124   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例は66歳,女性。検診で上部消化管造影検査を施行された2日後に腹痛を自覚した。翌日腹痛が増悪したため救急要請し,搬送先病院で心肺停止状態となった。蘇生処置により心拍再開し,腹部CT検査で腹腔内遊離ガスと腸管外へのバリウム漏出を指摘された。消化管穿孔によるバリウム腹膜炎と診断され,同院では緊急手術の施行が困難な状況であったため,当院へ転院搬送し緊急手術を行った。S状結腸に穿孔部を認め,S状結腸部分切除,人工肛門造設,洗浄ドレナージを施行した。手術直後は循環動態が不安定であったが,PMX-DHPを含む集学的治療により敗血症性ショックから離脱し,神経学的後遺症無く術後36病日目に退院した。上部消化管造影検査後に生じる大腸穿孔によるバリウム腹膜炎はまれだが重篤な合併症である。本症例は一時心肺停止状態となったが,迅速な手術と集学的治療により救命し得たので,若干の文献的考察を加え報告する。

    DOI: 10.11231/jaem.35.119

    CiNii Article

    researchmap

  • ゲフィチニブ投与中に発症した腸管嚢腫様気腫症の1例

    安藤拓也, 坂田純, 丸山智宏, 小林隆, 滝沢一泰, 皆川昌広, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膵内異所性脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸和樹, 皆川昌広, 高野可赴, 滝沢一泰, 坂田純, 小林隆, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 劇症肝炎に対する脳死移植の1経験

    相馬大輝, 小林隆, 三浦宏平, 石川博補, 滝沢一泰, 坂田純, 皆川昌広, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 子宮頸癌術後に生じた外腸骨動脈による絞扼性イレウスの1例

    油座築, 皆川昌広, 高野可赴, 滝沢一泰, 坂田純, 小林隆, 若井俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 5 若年者に対する腹腔鏡下脾温存尾側膵切除の1例(Ⅰ.一般演題, 第22回新潟内視鏡外科研究会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 8 )   404 - 404   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 22 サイトケラチン7, 19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   340 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 21 膵原発Solitary fibrous tumorの1例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 坂田 純, 高野 可赴, 新田 正和, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   339 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25 食道胃静脈瘤に対する用手補助腹腔鏡補助下Hassab手術の短期成績(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    小林 隆, 大矢 洋, 堀田 真之介, 島田 哲也, 仲野 哲矢, 滝沢 一泰, 石川 博補, 山本 潤, 皆川 昌広, 坂田 純, 高野 可赴, 新田 正和, 小杉 伸一, 野上 仁, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   341 - 341   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24 膵・胆管合流異常症に合併した胆嚢癌8例の検討(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    大橋 拓, 廣瀬 雄己, 新田 正和, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   341 - 341   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23 高度肝硬変背景の肝細胞癌に対して腹腔鏡下肝部分切除を施行した1例(一般演題, 第275回新潟外科集談会)

    皆川 昌広, 高野 可赴, 佐藤 洋, 堀田 真之介, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 新田 正和, 島田 哲也, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   340 - 340   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 肝内胆管癌との鑑別が困難であった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2切除例

    須藤 翔, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 斉藤 敬太, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, Sudo Natsuru, Hirose Yuki, Ishikawa Hirosuke, Katada Tomohiro, Saito Keita, Takizawa Kazuyasu, Takano Kabuto, Sakata Jun, Kobayashi Takashi, Minagawa Masahiro, Wakui Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 6 )   269 - 275   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】大腸癌肝転移と肝内胆管癌は両者ともに腺癌であり, 画像検査や腫瘍マーカー等も類似した所見を示すことが多い. 今回我々は, 術前に肝内胆管癌との鑑別が困難であり, 切除標本の免疫組織化学により診断可能となった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2例を経験したので報告する. 【対象・方法】対象となった2例はいずれも過去に大腸癌に対する根治手術を施行されていた. 腹部CT検査で胆管浸潤を伴う肝腫瘤を指摘され, 術前に大腸癌肝転移と肝内胆管癌との鑑別は困難であった. 切除標本の免疫組織化学により, 両者の鑑別診断を行った. 【結果】「症例1」: 71歳, 男性. 直腸癌Stage Iに対する手術施行後4年7か月の腹部CT検査で肝右葉に腫瘤を指摘された. 肝内胆管後区域枝および尾状葉枝に拡張を認め, 胆管浸潤が疑われた. 肝内胆管後区域枝および尾状葉枝に腫瘍栓を認め, 肝右葉切除・尾状葉切除・肝外胆管切除が施行された. 「症例2」: 75歳, 女性. 上行結腸癌Stage IIに対する手術後2年5か月の腹部CT検査で肝後区域に腫瘤を指摘された. 大腸癌肝転移を疑われ, 全身化学療法を施行されたが反応性は明らかでなく, 腫瘤の胆管浸潤も認められるようになったため, 肝右葉切除・肝外胆管切除が施行された. いずれの症例も, 腫瘍細胞はCytokeratin(CK)7陰性, CK20陽性を示し, 組織学的に大腸癌肝転移と診断された. 【考察】胆管浸潤は肝内胆管癌に特徴的な画像所見とされている. 今回経験した大腸癌肝転移の2例はいずれも胆管浸潤所見が認められ, 肝内胆管癌との鑑別は画像上困難であった. 両者の鑑別診断に際しては大腸癌既往に関する情報が重要であるが, 大腸癌原発巣の切除から時間が経過した異時性再発例や化学療法への反応性が乏しい場合, 術前診断は容易ではない. 大腸癌肝転移と肝内胆管癌の病理診断において, 免疫組織化学の有用性が報告されている. 大腸上皮マーカーであるCK20と胆管上皮マーカーであるCK7の組み合わせにより正確な組織診断が可能となる. 2例ともCK7陰性かつCK20陽性であり, 大腸癌肝転移と診断する強い根拠となった. 【結論】肝内胆管癌との鑑別が困難であった胆管浸潤を伴う大腸癌肝転移の2切除例を経験した. 両者の鑑別診断にはCK7, CK20に対する免疫組織化学が有用である. 免疫組織化学による正確な鑑別診断により, 適切な薬物療法の選択が可能となる.

    CiNii Article

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌における簇出と臨床病理学的因子および予後との関連

    滝沢 一泰, 若井 俊文, Takizawa Kazuyasu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 5 )   216 - 226   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】膵癌は, 罹患数と死亡数がほぼ同数であり難治性消化器癌の代表である. 膵癌の予後予測因子としては組織分化度, リンパ節転移の有無, 癌遺残の有無などの病理学的因子が報告されている. 近年, 大腸癌, 食道癌, 胃癌および乳頭部癌などの消化器癌において, 簇出が腫瘍の浸潤性発育を反映し予後予測因子であることが報告されている. 本研究の目的は, 外科切除された浸潤性膵管癌を対象として, HE染色およびAE1/AE3免疫染色を行い簇出の評価方法を確立することである. また, 簇出を臨床病理学的因子と比較検討し, 高簇出群は術後の転移・再発により術後成績は不良であるという仮説を立て, 簇出の予後予測因子としての臨床的意義を解明することである. 【方法】1990年から2010年に切除された浸潤性膵管癌81例を対象とした. 症例の平均年齢は65.6歳(38-74歳), 性別は男性54例, 女性27例であった. 腫瘍の最大割面を代表切片とし, HE染色, AE1/AE3免疫染色を行った. 簇出の定義は癌発育先進部の間質に認められる5個未満の細胞からなる癌胞巣とした. 各染色別の簇出のカットオフ値は, Cox比例ハザードモデルによるカイ二乗値を基準として決定した. 【結果】簇出検出個数の平均±標準誤差はHE染色で7.8±0.5個であり, AE1/AE3免疫染色で15.3±1.0個であった. 各染色別での簇出カットオフ値は, HE染色では13個以上(X^2=23.123, P&lt;0.001)を高簇出群, AE1/AE3免疫染色では15個以上(X^2=9.236, P=0.002)を高簇出群とした. HE染色, AE1/AE3免疫染色ともに高簇出群はTNM分類でのG3(低分化型)と有意に関連していた(各々, P=0.016, P&lt;0.001). 多変量解析では, TNM分類G3(ハザード比2.062, P=0.011), 顕微鏡的癌遺残(ハザード比2.603, P=0.001)およびHE染色での高簇出(ハザード比5.213, P&lt;0.001)が独立した有意な予後不良因子であった. HE染色で評価された高簇出群の累積2年生存率は0%, 生存期間中央値は11.9か月であり, 低簇出群の累積2年生存率43.1%, 生存期間中央値21.7か月と比較して有意に術後成績は不良であった(P&lt;0.001). 【考察】浸潤性膵管癌において簇出を検討した報告は少なく, 高簇出を定義する統一基準に関する報告はない. 多変量解析の結果では, HE染色での高簇出が最も強い独立した予後不良因子であった. AE1/AE3免疫染色では簇出の検出が容易で多数の簇出が検出されるにもかかわらず, HE染色で診断された簇出高度陽性判定基準のほうが予後因子として有用であった. この原因としては, AE1/AE3免疫染色はすでに生物学的活性を失っている癌細胞も簇出として計測している可能性が考えられた. 【結語】浸潤性膵管癌の簇出診断では, HE染色(簇出カットオフ値13個)の方がAE1/AE3免疫染色(簇出カットオフ値15個)より予後因子として有用である.

    CiNii Article

    researchmap

  • 浸潤性膵管癌における簇出と臨床病理学的因子および予後との関連

    滝沢 一泰

    新潟医学会雑誌   128 ( 5 )   216 - 226   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 症例報告 サイトケラチン7,19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nagomi Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 4 )   177 - 181   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    肝細胞癌の主たる再発形式は肝内再発であるが, リンパ節再発は比較的稀である. 今回, 肝細胞癌に対して肝切除後に異時性リンパ節転移再発を認めた症例を経験したので, 文献的考察を加えて報告する. 症例は66歳, 男性. C型肝硬変の経過観察中に肝S6, S8-4の多発肝細胞癌を指摘され, 各々肝部分切除術が施行された. 病理組織診断は, 肝S6病変が中分化型, 肝S8-4病変が低分化型肝細胞癌であったが, 肝S8-4の病変はサイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌であった. 術後1年4か月後のCT検査で膵頭部背側のリンパ節の腫大を認めたため, 肝細胞癌の孤立性リンパ節転移再発と診断し, リンパ節摘出術を施行した. 病理組織診断は, サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌のリンパ節転移であった. 本症例は, 肝細胞癌2病変のうち, 胆管上皮マーカーであるサイトケラチン7,19陽性であった肝S8-4病変からリンパ節転移再発をきたしたと考えられた. サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌は, 肝内胆管癌と類似した生物学的悪性度を有しリンパ節転移をきたす可能性があるため, 肝硬変に伴うリンパ節腫大との鑑別および術後の経過観察の際には肝外病変に対しても注意が必要である.

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-086-6 胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲 : 13aリンパ節は所属リンパ節に含めるべきである(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-024-7 肝門部領域胆管癌におけるリンパ節転移分類法 : リンパ節転移個数とlymph node ratioの比較(OP-024 胆 悪性 胆道癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-011-7 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-011-4 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-011-3 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 : 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-006-3 肝のMove the Ground : 横隔膜ドーム下病変に対する腹腔鏡下肝部分切除の視野確保(PS-006 肝 内視鏡下-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-145-4 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義(OP-145 大腸 病理・NET,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-012-3 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義(OP-012 炎症性腸疾患-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • IS-9-6 Extent of liver resection for gallbladder carcinoma(IS-9 International Session (9) Hepato-biliary surgery-2)

    若井 俊文, 坂田 純, 皆川 昌広, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-089-2 膵癌におけるリンパ節転移個数とlymph node ratioが予後に与える影響(PS-089 膵 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-163-1 膵頭十二指腸切除後のロストチューブ : トラブル(PS-163 膵 周術期管理,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 野上 仁, 若井 俊文, 黒崎 功

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 膵移植の現状と当科の経験(Ⅰ.一般演題, 第14回新潟胆膵研究会)

    小林 隆, 石川 博補, 須藤 翔, 山本 潤, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 坂田 純, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   138 - 139   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 膵原発Solitary Fibrous Tumorの1例

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 若井 俊文, 味岡 洋一, Nakano Tetsuya, Minagawa Masahiro, Takano Kabuto, Hirose Yuki, Takizawa Kazuyasu, Kobayashi Takashi, Sakata Jun, Wakai Toshifumi, Ajioka Yoichi

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   121 - 127   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は69歳男性. 下肢蜂窩織炎の精査中に膵頭部に腫瘤を指摘され当科紹介となった. 腹部CT検査で膵頭部に早期濃染し持続濃染を呈する2cm弱の腫瘤を認めた. 術前の内分泌学検査では, 血中インスリン値4μU/L, 血中ガストリン値132pg/mLと正常範囲内であり, 非機能性膵神経内分泌腫瘍の術前診断で亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した. 病理組織学検査では紡錘形の腫瘍細胞が様々な密度で混在し, 免疫組織化学検査では, CD34陽性, bc1-2陽性, c-kit陰性, S-100陰性でありSolitary fibrous tumorと診断された. Solitary fibrous tumorは主に胸膜に発生する腫瘍であり, 膵原発Solitary fibrous tumorの報告は稀であるため文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 15 肝胆膵術後頻脈性不整脈における塩酸ランジオロールの効果(Ⅰ.一般演題, 第14回新潟胆膵研究会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 3 )   139 - 139   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 膵頭十二指腸切除後の仮性動脈瘤出血に対してStent-Assisted Coilingを施行した3例

    仲野 哲矢, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 若井 俊文, 高野 徹, 黒崎 功

    日腹部救急医会誌   34 ( 8 )   1445 - 1449   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    膵頭十二指腸切除術(以下,PD)後の仮性動脈瘤出血は致死的合併症の一つである。経カテーテル的動脈塞栓術が第一選択の治療とされるが,肝不全,肝膿瘍の危険性を回避するため,近年では肝血流を維持した上で止血可能なStent-assisted coiling(以下,SAC)を用いられることがある。今回,PD術後の仮性動脈瘤に対しSACを施行した3症例を経験したので,その有用性と問題点について報告する。1例目は肝膵同時切除後に仮性動脈瘤を認めたが経過観察とし,治療の遅れがあった。2例目は仮性動脈瘤の部位に関して誤認があった。3症例目は準備に時間がかかったもののPD術後仮性動脈瘤出血に対してSACを用いて治療し得た。いずれの症例もSAC後に肝不全は認めていない。PD後の仮性動脈瘤出血には積極的な治療と,放射線科医との情報共有が欠かせないと考えられた。

    DOI: 10.11231/jaem.34.1445

    CiNii Article

    researchmap

  • 16 当科におけるIPMNの外科的治療とその成績(Ⅰ.一般演題, 第13回新潟胆膵研究会)

    皆川 昌広, 黒崎 功, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   127 ( 12 )   704 - 705   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 高度局所進展を呈する肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nogami Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   127 ( 8 )   422 - 426   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】本研究の目的は, 局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果と周術期に及ぼす影響を明らかにすることにある. 【方法】当科で2009年1月から2012年8月までに術前の画像診断で根治切除が困難・不能と判断された症例に対して術前化学療法を行った5例を対象とした. 根治切除が困難・不能と判断した因子は, 高度局所進展(腹壁・胃への浸潤, 腹膜播種)が4例, 高度局所進展+大動脈周囲リンパ節転移が1例であった. 術前化学療法としては, gemcitabine(GEM)が2例, テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)が1例, GEM+S-1が1例, GEM+S-1からGEM+cisplatinに変更が1例であった. 抗癌剤効果判定基準(RECISTガイドライン)に準じて術前化学療法の効果を判定した. 【成績】標的病変の抗癌剤効果判定は, 部分奏功(PR)が1例(GEM+S-1を施行し腫瘍縮小率68%), 安定(SD)が3例, 進行(PD)が1例であり, 奏功率は20%であった. Grade3の有害事象を1例に認めたが, 全例で術前化学療法前に立案していた術式の遂行が可能であった. 全例にR0切除が行われ, pStage Iが1例, pStage IVAが3例, pStage IVBが1例であった. 術後合併症を3例に認めた. その内訳は, 腹腔内膿瘍2例, 仮性動脈瘤破裂1例, 腸炎1例, リンパ漏1例(重複あり)であった. 術後在院死亡は認めなかった. 術前化学療法の効果判定がPRとSDであった2例が, 各々術後9か月, 14か月に原病死したが, 残り3例は生存中であった. 全症例の累積1年生存率は75%, 累積2年生存率は50%, 生存期間中央値は14か月であった. 【結論】局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法は安全に施行でき, 化学療法前に立案していた術式を遂行可能である. ただし, 術前化学療法の奏功率が低いこと, 奏功しないPD症例が存在することが臨床上の問題点として挙げられる.

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-233-4 膵頭十二指腸切除後の大血管合併症 : 仮性肝動脈瘤と門脈閉塞の成因と対処法の選択(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-223-1 T因子による非機能性膵神経内分泌腫瘍の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒峙 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲也

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-363-1 自家静脈グラフトを用いた門脈再建術後における影響とその注意点(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 森本 悠太, 仲野 哲矢

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-362-1 残膵全摘の適応と術後QOL : 残膵切除と一次的膵全摘症例の比較検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    森本 悠太, 黒崎 功, 仲野 哲矢, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 皆川 昌広

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-040-5 真皮埋没連続縫合における肝胆膵術後SSIの低減効果(PS-040 膵 周術期管理,第112回日本外科学会定期学術集会)

    皆川 昌広, 黒崎 功, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 森本 悠太, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-147-5 膵癌組織内における炎症性サイトカインの役割 : マクロファージ遊走阻止因子の発現性と手術成績の関連性(PS-147 膵 基礎-1,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一秦, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • WS-10-1 StageIII-IV胆嚢癌に対する手術と治療成績(WS-10 ワークショップ(10)進行胆道癌(StageIII,IV)切除後長期生存例からみた治療方針)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 仲野 哲矢, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-150-3 TS1膵癌の発見契機と治療成績 : 治療成績は改善したか?(膵悪性,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 北見 智恵, 角南 栄二, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-148-2 Micropapillary carcinomaを有する膵癌症例の臨床病理学的検討(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌弘, 高野 可赴, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 16 浸潤性膵管癌に対する術後補助化学療法 : 肝還流化学療法 (LPC) の意義(I.一般演題,第12回新潟胆膵研究会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   173 - 173   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 8 主膵管内進展を伴う膵全体癌の1例(I.一般演題,第12回新潟胆膵研究会)

    仲野 哲矢, 黒崎 功, 高野 可赴, 小海 秀央, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   169 - 169   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • StageⅢ・Ⅳ胆囊癌に対する手術と治療成績 : 長期生存を得るための条件 (特集 進行胆道癌(StageⅢ,Ⅳ)切除後長期生存例からみた治療方針)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰

    癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics   59 ( 1 )   1 - 6   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:篠原出版新社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 脾囊胞自然破裂に対する脾摘後に形成された脾動静脈瘻の1例

    角南 栄二, 黒崎 功, 滝沢 一泰, 西倉 健, 畠山 勝義

    日消外会誌   45 ( 8 )   850 - 856   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    症例は78歳の女性で,2002年9月脾囊胞自然破裂による腹腔内出血のため当院にて緊急脾臓摘出術を施行した.その際脾動静脈は数回に分けて一括結紮処理された.その後2006年6月他院での腹部USにて脾静脈拡張を指摘され当科紹介となった.腹部CTにて膵尾部外側に長経約7 cmの,脾静脈と同等に強く造影される腫瘤を指摘された.腹部MRIでは造影早期相にて強い造影効果を呈し,さらに,拡張した門脈にも造影効果を認めたことから脾動静脈瘻と診断し手術適応と考え,前回手術から3年11か月後に手術を施行した.開腹所見では膵尾部外側の,脾動静脈の断端に約7 cm径のスリルを伴う血流豊富な腫瘤を認め脾動静脈瘻と診断した.手術は脾動静脈をそれぞれ結紮切離し腫瘤切除を行った.術後経過は良好であった.脾摘の際に脾動静脈を一括結紮切離したことが原因になり脾動静脈瘻が形成されたと考えられる,まれな1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.5833/jjgs.45.850

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-104-3 膵癌におけるマクロファージ遊走阻止因子(MIF)の発現と予後における検討(PS-104 ポスターセッション(104)膵臓:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 北見 智恵, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 皆川 昌広, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-026-2 各種病態下における肝胆膵領域術後内臓血管合併症に対する血管内ステント治療の意義(PS-026 ポスターセッション(26)膵臓:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 高野 可赴, 北見 知恵, 皆川 昌弘, 吉村 宣彦, 高野 徹, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-176-6 膵頭部・尾部の同時性多発腫瘍に対するMiddle-preserving pancreatectomy(PS-176 ポスターセッション(176)膵臓:手術-1,第111回日本外科学会定期学術集会)

    佐藤 大輔, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-061-4 膵頭十二指腸切除後の異時性肝転移に対する肝切除 : 臨床病理学的検討と手技的な注意点(膵手術-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 北見 智恵, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 親松 学, 角南 栄二, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-248-4 膵癌切除例における術後補助化学療法の意義 : ゲムシタビン+肝灌流化学療法(LPC)の適応と有効性(膵・集学的-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    黒崎 功, 皆川 昌広, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 北見 智恵, 高野 可赴, 黒崎 亮, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 畠山 畠山

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-2-540 膵solid pseudopapillary tumorの臨床病理学的検討 : 4症例報告(膵 嚢胞性腫瘍・他,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 北見 智恵, 黒崎 亮, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-3-304 膵体尾部癌に対するAntegrade fashionによる膵体尾部切除と治療成績(膵癌・移植,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)

    高野 可赴, 黒崎 功, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 大輔, 北見 智恵, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   42 ( 7 )   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 画像学的に胆嚢癌との鑑別を要した消化管外間質腫瘍 (EGIST) の1切除例(Session IV 『肝・胆道・脾 (1)』,第9回新潟胆膵研究会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 高野 可赴, 北見 智恵, 皆川 昌広, 畠山 勝義, 佐藤 大輔, 井上 真, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   123 ( 4 )   205 - 205   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-140-4 膵体尾部癌に対するAntegrade fashionによる膵体尾部切除 : 膵頭側断端陰性化の限界(膵(臨床3),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 黒崎 功, 皆川 昌広, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 北見 智恵, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-173-6 IV型Budd-Chiari症候群に対する生体部分肝移植4例の経験(肝移植1,ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡邊 隆興, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-141-4 大綱被覆法による膵液瘻重症化の予防 : 郭清大血管と膵腸吻合部分離の有用性(膵(臨床4),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    高橋 元子, 黒崎 功, 皆川 昌広, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 北見 智恵, 小林 孝, 高野 可赴, 佐藤 大輔, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • HP-141-3 全胃温存膵頭十二指腸切除後における胃内容排出遅延 : ISGPS定義と胃切除後食に基づく術後管理の問題点(膵(臨床4),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)

    北見 智恵, 黒崎 功, 皆川 昌広, 佐藤 大輔, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 二瓶 幸栄, 伊達 和俊, 小林 孝, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   110 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 10 最近5年間に当院で経験した大腸穿孔性腹膜炎36例の検討(I.一般演題,第1回新潟腹部救急研究会)

    辰田 久美子, 河内 保之, 牧野 成人, 西村 淳, 小川 洋, 滝沢 一泰, 加納 陽介, 池墻 寛子, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   122 ( 11 )   662 - 662   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24 食道アカラシアに合併した進行食道癌の2切除例(一般演題,第265回新潟外科集談会)

    森本 悠太, 牧野 成人, 小林 俊恵, 須田 一暁, 滝沢 一泰, 小川 洋, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   476 - 476   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-2-220 当院における腹腔鏡下大腸癌手術の短・中期成績(大腸 術式手技1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)

    西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 小川 洋, 滝沢 一泰, 辰田 久美子

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-1-354 ABO不適合肝移植からみたドナー特異的抗原門脈内投与によるテーラーメードの免疫抑制療法(肝 移植2,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡辺 隆興, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-047-1 同時性肝所属リンパ節転移を伴う大腸癌肝転移に対する肝切除+リンパ節郭清の意義(第108回日本外科学会定期学術集会)

    若井 俊文, 白井 良夫, 坂田 純, 金子 和弘, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-133-6 成人における異所性静脈瘤を伴う肝外門脈閉塞症に対する外科治療(第108回日本外科学会定期学術集会)

    山本 智, 佐藤 好信, 大矢 洋, 中塚 英樹, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 黒崎 功, 白井 良夫, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 大腸癌肝転移における肝切離マージンの意義(Session I『肝・胆道』,第7回新潟胆膵研究会)

    若井 俊文, 白井 良夫, Valera Vladimir A, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, Pavel Korita, 丸山 聡, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 黒崎 功, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   122 ( 2 )   101 - 101   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 大腸癌肝転移における肝切離マージンの意義(Session I『肝・胆道』,第7回新潟胆膵研究会)

    若井 俊文, 白井 良夫, Valera Vladimir A, 坂田 純, 金子 和弘, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, Pavel Korita, 丸山 聡, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 黒崎 功, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    新潟医学会雑誌   122 ( 2 )   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 19 I型糖尿病に対する外科からの参画(第263回新潟外科集談会)

    佐藤 好信, 山本 智, 中塚 英樹, 大矢 洋, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 富山 智香子, 宗田 聡, 平山 哲, 岩永 みどり, 剣持 敬, 田村 紀子, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   121 ( 12 )   701 - 702   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-1-319 ウイルソン病に対する生体部分肝移植の経験(肝 移植2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    渡邊 隆興, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • O-2-100 脾摘およびPCシャントが有用であった超過小グラフトによる生体部分肝移植の1例(肝 症例報告,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    小海 秀央, 佐藤 好信, 山本 智, 大矢 洋, 中塚 英樹, 滝沢 一泰, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-1-355 大腸癌肝転移における胆管浸潤 : 胆管上皮内進展の組織学的検討(肝 転移性腫瘍1,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    滝沢 一泰, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, 味岡 洋一, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2 大腸穿孔性腹膜炎症例の検討(第55回新潟大腸肛門病研究会)

    岡村 拓磨, 佐藤 賢治, 親松 学, 滝沢 一泰, 筒井 光廣

    新潟医学会雑誌   121 ( 5 )   291 - 292   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-085-7 合併症のないI型糖尿病に対する単独生体部分膵臓移植(第107回日本外科学会定期学術集会)

    佐藤 好信, 山本 智, 中塚 英樹, 大矢 洋, 小林 隆, 渡辺 隆興, 小海 秀央, 滝沢 一泰, 畠山 勝義, 剣持 敬

    日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例

    内藤 哲也, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 渡邉 真実, 滝沢 一泰

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   67 ( 7 )   1591 - 1595   2006年7月

     詳細を見る

  • 1874 大腸癌肝転移に対する5-FU肝動注療法6症例の検討(大腸癌転移6(肝転移),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 内藤 哲也, 渡辺 真実, 滝沢 一泰

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1978 大腸癌肝転移においてグリソン鞘内のリンパ管侵襲は独立した強い予後因子である(転移性肝癌2,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    滝沢 一泰, 白井 良夫, 若井 俊文, 坂田 純, Korita Pavel, 谷 達夫, 飯合 恒夫, 岡本 春彦, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23 横行結腸間膜裂孔ヘルニアの2手術例(一般演題,第261回新潟外科集談合)

    滝沢 一泰, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 内藤 哲也, 渡邉 真実, 松原 要一

    新潟医学会雑誌   120 ( 6 )   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例

    内藤 哲也, 鈴木 聡, 三科 武, 二瓶 幸栄, 渡邉 真実, 滝沢 一泰

    日臨外会誌   67 ( 7 )   1591 - 1595   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は68歳,男性.腹痛を主訴として来院し,腹部X線所見より腸閉塞の診断で入院となった.イレウス管を挿入したが譫妄状態となり,イレウス管を自己切断し,イレウス管断端が小腸内に遺残したため,開腹手術を施行した.小腸全体に血行障害を疑わせる色調変化を認め,腸間膜リンパ節腫大,胆嚢腫大を認めた.イレウス管の摘出,小腸生検,腸間膜リンパ節生検,胆嚢摘出術を施行した.病理所見では小腸,胆嚢,リンパ節のいずれも著明な好酸球浸潤を認め,小腸と胆嚢の一部には血管壊死と周囲の好酸球浸潤を強く認めた.気管支喘息の既往があり,好酸球増多,血清IgE増加,リウマトイド因子陽性などを認めたことからアレルギー性肉芽腫性血管炎と診断した.術後ステロイド投与を開始したところ,イレウス症状は改善され,現在ステロイド維持療法にて外来経過観察中である.アレルギー性肉芽腫性血管炎による腸閉塞の1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.67.1591

    CiNii Article

    researchmap

  • 外科的切除が奏効した限局型全身性硬化症による腸閉塞症の1例(小腸・大腸・肛門18, 第60回日本消化器外科学会総会)

    滝沢 一泰, 渡辺 直純, 林 達彦, 村山 裕一, 清水 春夫

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究