2021/09/07 更新

写真a

ノナカ タロウ
能仲 太郎
NONAKA Taro
所属
医歯学総合病院 産科婦人科 助教
職名
助教
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2011年7月   新潟大学 )

研究分野

  • その他 / その他

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 産科婦人科   助教

    2013年7月 - 2021年8月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 産科婦人科   特任助教

    2010年10月 - 2011年4月

 

論文

  • A successfully treated case of an acute presentation of congenital thrombotic thrombocytopenic purpura (Upshaw–Schulman syndrome) with decreased ADAMTS13 during late stage of pregnancy 査読

    Taro Nonaka, Masayuki Yamaguchi, Koji Nishijima, Masato Moriyama, Koichi Takakuwa, Takayuki Enomoto

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   47 ( 5 )   1892 - 1897   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/jog.14737

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/jog.14737

  • The analysis of chromosomal abnormalities in patients with recurrent pregnancy loss, focusing on the prognosis of patients with inversion of chromosome (9). 査読

    Nonaka T, Takahashi M, Nonaka C, Enomoto T, Takakuwa K

    Reproductive medicine and biology   18 ( 3 )   296 - 301   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1002/rmb2.12281

    PubMed

    researchmap

  • Treatment for patients with recurrent fetal losses positive for anti-cardiolipin beta2 glycoprotein I antibody using Sairei-to (Chai-ling-tang) and low-dose aspirin. 査読

    Nonaka T, Takahashi M, Nonaka C, Haino K, Yamaguchi M, Enomoto T, Takakuwa K

    The journal of obstetrics and gynaecology research   45 ( 3 )   549 - 555   2019年3月

     詳細を見る

  • Immunotherapy with Paternal Lymphocytes for Patients with Unexplained Recurrent Abortion and Association with Blocking Antibodies Comparison Between Patient Groups with Primary and Secondary Unexplained Recurrent Abortion 査読

    Nonaka Taro, Tominaga Marie, Takahashi Makiko, Nonaka Chika, Enomoto Takayuki, Takakuwa Koichi

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE MEDICINE   63 ( 5-6 )   285 - 291   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of pregnant women with inflammatory bowel disease in our hospital 査読

    Kunihiko Yoshida, Taeko Hyuga, Kentaro Sugino, Manako Yamaguchi, Tomoko Tamura, Taro Nonaka, Kazufumi Haino, Masayuki Yamaguchi, Koichi Takakuwa, Takayuki Enomoto

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   118   122 - 122   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.jri.2016.10.040

    Web of Science

    researchmap

  • A case-control study of risk factors for placenta previa accreta 査読

    Masayuki Yamaguchi, Taeko Hyuga, Kunihiko Yoshida, Mina Itsukaichi, Taro Nonaka, Kazufumi Haino, Takayuki Enomoto, Koichi Takakuwa

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   118   122 - 123   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.jri.2016.10.041

    Web of Science

    researchmap

  • One treatment option for patients with reproductive failure who are positive for anti-phospholipid antibodies (APLs) based on the mechanism of reproductive failure induced by APLs 査読

    Taro Nonaka

    JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   118   146 - 146   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.jri.2016.10.106

    Web of Science

    researchmap

  • Case with pyoderma gangrenosum abruptly emerging around the wound of cesarean section for placenta previa with placenta accrete 査読

    Taro Nonaka, Kunihiko Yoshida, Masayuki Yamaguchi, Atsuko Aizawa, Hiroshi Fujiwara, Takayuki Enomoto, Koichi Takakuwa

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   42 ( 9 )   1190 - 1193   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    A 39-year-old woman underwent emergency cesarean section (CS) due to placenta previa totalis with massive bleeding. Two major problems emerged in this patient after CS was carried out. One was partial retention of the placenta due to placenta accreta. Another major and more serious problem was pyoderma gangrenosum (PG) widely appearing at the skin of the abdomen around the CS wound. Conservative treatment was performed for the retained placenta, and it had completely disappeared by 76 days after the CS. The diagnosis of PG was promptly made in consultation with a plastic surgeon and a dermatologist when a wide ulcer emerged around the CS wound, and high-dose prednisolone was administered as treatment. At 90 days following the CS, near-complete epithelialization was achieved. This extremely rare case reflects the importance of rapid diagnosis and treatment of PG.

    DOI: 10.1111/jog.13033

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Complex chromosomal rearrangements in couples affected by recurrent spontaneous abortion 査読

    Taro Nonaka, Izumi Ooki, Takayuki Enomoto, Koichi Takakuwa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS   128 ( 1 )   36 - 39   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Objective: To determine the proportion of couples affected by recurrent spontaneous abortion in which one partner carries balanced translocations among three chromosomes. Methods: In a retrospective study, G-banded chromosome complements were analyzed for couples affected by recurrent spontaneous abortion who were referred to Niigata University Hospital, Japan, between January 1, 1990, and December 31, 2011. The frequency of couples in whom one of the partners carried balanced translocations among three chromosomes was determined, and the clinical outcomes for affected couples who subsequently achieved term pregnancies were reviewed. Results: Of 1415 couples with recurrent spontaneous abortion during the study period, there were two (0.1%) in which one of the partners (the woman in both cases) carried balanced translocations among three chromosomes. Both couples achieved a subsequent pregnancy that continued successfully and resulted in a phenotypically normal neonate. Conclusion: The frequency of balanced translocations among three chromosomes was estimated to be approximately 0.1% in a population affected by recurrent spontaneous abortion. With appropriate treatment based on careful examinations, affected couples can go on to achieve a successful pregnancy outcome. (C) 2014 International Federation of Gynecology and Obstetrics. Published by Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijgo.2014.07.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 妊娠26週未満破水症例の後方視的検討 招待 査読

    鈴木 美保, 山口 雅幸, 島 英里, 冨永 麻理恵, 松本 賢典, 田村 亮, 佐藤 ひとみ, 能仲 太郎, 榎本 隆之, 生野 寿史, 高桑 好一

    新潟産科婦人科学会会誌   109 ( 2 )   79 - 84   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Two cases of recurrent abortion in which isodicentric chromosome 15 was observed in the husbands 査読

    Taro Nonaka, Izumi Ooki, Takayuki Enomoto, Koichi Takakuwa

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   40 ( 6 )   1795 - 1798   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    We report two cases of women positive for anticardiolipin antibodies who experienced recurrent abortion whose husbands had isodicentric chromosome 15 aberrations who eventually had successful pregnancies. Two women were referred to our hospital due to their medical history of recurrent abortion. Both were diagnosed as being positive for anticardiolipin antibodies and their husbands with isodicentric chromosome 15. After both patients were treated with a Japanese herbal medicine (Sairei-to) and low-dose aspirin for the positive anticardiolipin antibodies, they delivered appropriate-for-date infants at term gestation. Although both husbands were revealed to have isodicentric chromosome 15, and coincidentally both wives were positive for anticardiolipin antibodies, their next pregnancies continued uneventfully as a result of the treatment.

    DOI: 10.1111/jog.12401

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of the polymorphisms of genes coding biotransformation enzymes in recurrent miscarriage in the Japanese population 査読

    Taro Nonaka, Koichi Takakuwa, Kenichi Tanaka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   37 ( 10 )   1352 - 1358   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Aim: To investigate the relationship between the genotype of enzymes for detoxification and recurrent miscarriage.
    Methods: The frequency of each genotype of enzymes for detoxification, such as cytochrome P450-1A1 (CYP1A1), glutathione-S-transferase-pi (GST-pi), GST-mu and GST-theta, was analyzed in patients with unexplained recurrent miscarriage (number of miscarriages >= 3) by polymerase-chain reaction-restriction fragment length polymorphism. A total of 103 patients were enrolled in the study, and 101 normal fertile women, who had never suffered a miscarriage, were also enrolled. The frequency of each genotype of the enzymes was compared between the patient population and the control group. The chi(2)-test and Fisher's exact test were used for statistical evaluation.
    Results: No significant difference was observed concerning the distribution of polymorphic variants among CYP1A1, GST-pi, GST-mu and GST-theta. On the other hand, the frequency of individuals with the GST-mu deletion was significantly higher in cases of recurrent miscarriage compared with the control population among coffee drinkers (61% vs 41%, P = 0.025).
    Conclusion: There is a possibility that lower GST-mu enzyme activity may represent a risk factor for recurrent miscarriage, especially in the patient population of coffee consumers, as a result of impaired placental detoxification.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2011.01529.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Complete hysteroscopic resection of a large atypical polypoid adenomyoma, followed by a successful pregnancy 査読

    Tetsuro Yahata, Taro Nonaka, Ayuko Watanabe, Masayuki Sekine, Kenichi Tanaka

    FERTILITY AND STERILITY   95 ( 7 )   2435.e9 - 11   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Objective: To describe the hysteroscopic resection of a large atypical polypoid adenomyoma (APA) in a young patient followed by a successful pregnancy.
    Design: Case report.
    Setting: Department of Obstetrics and Gynecology, Niigata University Medical and Dental Hospital, Niigata, Japan.
    Patient(s): A 29-year-old female who had an endocervical tumor 4 cm in size and a diagnosis of APA.
    Intervention(s): Conservative hysteroscopic resection of the lesion.
    Main Outcome Measure(s): Disease and pregnancy outcome.
    Result(s): The lesion was completely resected by a pathologically guided, hysteroscopic surgery. The patient spontaneously became pregnant and gave birth by vaginal delivery and is free from disease 3 years after the surgery.
    Conclusion(s): Conservative hysteroscopic surgery may be a good treatment option for APA in patients who wish to preserve their fertility, even for patients with a large lesion. (Fertil Steril (R) 2011; 95: 2435.e9-e11. (C) 2011 by American Society for Reproductive Medicine.)

    DOI: 10.1016/j.fertnstert.2011.03.067

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Resolution of Uterine Arteriovenous Malformation and Successful Pregnancy After Treatment With a Gonadotropin-Releasing Hormone Agonist 査読

    Taro Nonaka, Tetsuro Yahata, Katsunori Kashima, Kenichi Tanaka

    OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   117 ( 2 )   452 - 455   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    BACKGROUND: Uterine arteriovenous malformations are a rare and potentially life-threatening condition. Medical therapy has not been popular because of the propensity for excessive bleeding in the patient. As a result, the effect of gonadotropin-releasing hormone (Gn-RH) agonists on uterine arteriovenous malformations has not been established.
    CASE: A 30-year-old patient presented with persistent vaginal bleeding. Based on the color Doppler ultrasound and magnetic resonance imaging findings, a uterine arteriovenous malformation was diagnosed. Because initial treatment with methylergonovine maleate was unsuccessful, the patient was treated with Gn-RH agonists. The lesion completely disappeared after 6 months of Gn-RH agonist treatment. Five months after the completion of Gn-RH agonist therapy, the patient conceived spontaneously and successfully completed a normal pregnancy. The patient has remained free from recurrence of the lesion.
    CONCLUSION: Gonadotropin-releasing hormone agonist therapy has the potential to be a conservative treatment modality for uterine arteriovenous malformations in hemodynamically stable patients. (Obstet Gynecol 2011; 117: 452-5) DOI: 10.1097/AOG.0b013e3181f7381f

    DOI: 10.1097/AOG.0b013e3181f7381f

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Prenatal diagnosis of unilateral pulmonary agenesis in a pregnant woman undergoing chronic hemodialysis due to chronic renal failure 査読

    Taro Nonaka, Akira Kikuchi, Naoko Kido, Yasuhiro Takahashi, Kyoko Yamada, Tohei Usuda, Koichi Takakuwa, Kenichi Tanaka

    PRENATAL DIAGNOSIS   29 ( 7 )   707 - 709   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS LTD  

    DOI: 10.1002/pd.2262

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Studies on the compatibility of HLA-Class II alleles in patient couples with severe pre-eclampsia using PCR-RFLP methods 査読

    Izumi Ooki, Koichi Takakuwa, Mami Akashi, Taro Nonaka, Tomokazu Yokoo, Kenichi Tanaka

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   60 ( 1 )   75 - 84   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Problem
    In this study, we investigated whether or not significant compatibility of human leukocyte antigen (HLA)-class II alleles exists between spouses with severe pre-eclampsia (PE) (including gestational hypertension, GH). Method of study
    The HLA-class II genotypes were determined using a polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism method. The number of incompatible alleles in 57 patient couples with severe PE (including GH) were determined, and compared with that in 74 control couples.
    Results
    The number of patient couples and control couples with each number of mismatched alleles of the HLA-DR, -DQ, and -DP genotypes was as follows. The number of patient couples with zero, one, two, three, and four-allele mismatches was 41 (72.9%), and with five and six-allele mismatches was 16 (27.1%). On the other hand, the number of control couples with zero, one, two, three, and four-allele mismatches was 38 (51.4%), and with five and six-allele mismatches was 36 (48.6%). Thus, the number of patient couples with five and six-allele mismatches was significantly lower compared with that in control couples. The same result was obtained as regards the mismatched alleles of the HLA-DR, -DQ, and -DP phenotypes.
    Conclusion
    These findings suggest that significant compatibility of HLA-class II alleles between spouses is implicated in the genesis of PE (including GH).

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2008.00592.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 胎児輸血にて健児を得たヒトパルボウイルスB19による胎児貧血の1症例 査読

    高橋 泰洋, 芹川 武大, 市川 香也, 上村 るり子, 木戸 直子, 能仲 太郎, 山田 京子, 富田 雅俊, 菊池 朗, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌   99   4 - 7   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    症例は2経妊1経産の30歳女性で、妊娠22週時に胎児腹水を指摘された。妊娠23週の超音波検査にて胎児腹水、胎児心嚢液貯留、心拡大を認め、胎児中大脳動脈収縮期最高血流速度(MCA-PSV)は50.8-56.6cm/sであった。また、妊娠13週時に伝染性紅斑の患児と接触し、感冒症状が出現していたことより、ヒトパルボウイルスB19感染による重症胎児貧血及び非免疫性胎児水腫を疑った。妊娠24週時に全身麻酔下に臍帯穿刺を行い、胎児輸血を行った結果、MCA-PSVは低下し、術後7日目には胎児腹水、胎児心嚢液はほぼ消失し、心拡大は徐々に改善した。妊娠40週に2626gの健常な男児を自然経腟分娩し、出産後5日で母子共に退院となった。

    researchmap

  • Results of immunotherapy for patients with unexplained primary recurrent abortions - Prospective non-randomized cohort study 査読

    Taro Nonaka, Koichi Takakuwa, Izumi Ooki, Mami Akashi, Tomokazu Yokoo, Akira Kikuchi, Kenichi Tanaka

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   58 ( 6 )   530 - 536   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Problem
    The present study was conducted to examine the efficacy of immunotherapy for unexplained primary recurrent aborters using paternal lymphocytes.
    Method of study
    Two hundred and twenty-eight recurrent aborters were prospectively followed up regarding immunotherapy. Of the 228 patients, 165 underwent immunotherapy using freshly prepared paternal lymphocytes and pregnancy outcome was analyzed. No mixed lymphocyte culture reaction-blocking antibodies (MLR-BAbs) were observed in these patients prior to vaccinations. Pregnancy outcome was also analyzed in such as those patients positive for MLR-BAbs and who did not undergo immunotherapy, and in patients negative for MLR-BAbs and who had become pregnant without immunotherapy.
    Results
    Of the 140 newly pregnant patients after immunotherapy, the pregnancy continued successfully in 110 (78.6%), and the pregnancy continued successfully in 24 of 32 patients (75.0%) who were positive for MLR-BAbs. The success rate of pregnancy was 30.0% in 18 non-immunized patients. Thus, the success rate was significantly higher among patients with immunotherapy and patients positive for MLR-BAbs than in non-immunized patients, negative for MLR-BAbs.
    Conclusion
    Immunotherapy using paternal lymphocytes is considered to be effective for unexplained primary recurrent aborters negative for MLR-BAbs.

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2007.00536.x

    Web of Science

    researchmap

  • Prophylactic therapy for patients with reproductive failure who were positive for anti-phospholipid antibodies 査読

    Koichi Takakuwa, Izumi Ooki, Taro Nonaka, Nozomi Tamura, Keisuke Ishii, Akira Kikuchi, Masaki Tamura, Kenichi Tanaka

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   56 ( 4 )   237 - 242   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Problem To elucidate the efficacy of the treatment using a Japanese-modified Chinese herbal medicine, Sairei-to, and low-dose aspirin with or without a corticosteroid hormone for the patients with adverse pregnancy histories positive for anti-phospholipid antibodies.
    Methods of study Fifteen cases positive for anti-phospholipid antibodies, who had experienced preterm delivery in which an extremely low birthweight infant (< 1000 g) was born as a result of intrauterine growth restriction with or without severe preeclampsia, were treated with the medication according to the current protocol. Four cases with the same condition, who were treated with only low-dose aspirin, or without medication, were chosen as a control population. The pregnancy outcome was compared between the two groups.
    Results The rate of patients in whom the next pregnancy continued until the 36th week of gestation or later was significantly higher in treated patients (80.0%) compared with the control population (0%).
    Conclusion In this series, we obtained case report data that Sairei-to may provide some benefit for patients with reproductive disorders positive for anti-phospholipid antibodies; however, randomized controlled trial evidence is needed before current treatment can be recommended.

    DOI: 10.1111/j.1600-0897.2006.00421.x

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 腎移植後挙児希望にて当科不妊外来へ紹介された6例の検討

    山脇芳, 山脇芳, 茅原誠, 鈴木久美子, 松本賢典, 松本賢典, 石黒竜也, 能仲太郎, 能仲太郎, 高桑好一

    日本生殖医学会雑誌   64 ( 4 )   456   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FGRの発症予防を考える~われわれの取り組みを中心として~

    能仲太郎

    母性衛生   60 ( 3 )   78   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不育症夫婦における染色体9番腕間逆位(inv(9))保因者症例の妊娠予後に関する解析

    能仲太郎, 山口雅幸, 高桑好一

    母性衛生   60 ( 3 )   246   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 双胎経腟分娩時に発症した子宮破裂

    関塚智之, 生野寿史, 明石絵里菜, 五日市美奈, 能仲太郎, 山口雅幸, 高桑好一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   636   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性横隔膜ヘルニアを合併した胎盤性モザイクの一例

    堀内綾乃, 春谷千智, 関塚智之, 関塚智之, 明石絵里菜, 吉田香織, 五日市美奈, 能仲太郎, 生野寿史, 山口雅幸, 高桑好一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   573   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胎児胸腔‐羊水腔シャント術を施行した胎児胸水10症例の検討

    生野寿史, 堀内綾乃, 関塚智之, 明石絵里菜, 五日市美奈, 能仲太郎, 山口雅幸, 高桑好一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   573   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胎児不整脈症例についての検討 期外収縮症例を中心として

    能仲太郎, 堀内綾乃, 関塚智之, 吉田香織, 五日市美奈, 生野寿史, 山口雅幸, 高桑好一

    日本周産期・新生児医学会雑誌   55 ( 2 )   621   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • テクスチャー解析を用いた癒着胎盤のMRI特徴量の評価

    五日市美奈, 吉原弘祐, 能仲太郎, 生野寿史, 山口雅幸, 高桑好一, 榎本隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   71   S.473   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乳癌合併妊娠5症例の検討

    関塚智之, 山口雅幸, 為我井加菜, 日向妙子, 明石絵里菜, 五日市美奈, 能仲太郎, 生野寿史, 西野幸治, 関根正幸, 高桑好一, 榎本隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   71   S.636   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胎内治療が奏効せず子宮内胎児死亡に至った胎児完全房室ブロックの一例

    長谷川順紀, 関塚智之, 明石絵里菜, 田村亮, 五日市美奈, 能仲太郎, 榎本隆之, 生野寿史, 山口雅幸, 高桑好一

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 2 )   86   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 14 胎児診断された先天性心疾患児の予後の検討 (Ⅰ.一般演題, 第29回新潟周産母子研究会)

    関塚 智之, 臼田 東平, 鈴木 亮, 星名 潤, 庄司 啓介, 斎藤 朋子, 金子 孝之, 谷地田 希, 田村 知子, 田村 亮, 吉田 邦彦, 五日市 美奈, 能仲 太郎, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌   131 ( 12 )   722 - 722   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 9 当院における透析妊婦に関する臨床的検討 (Ⅰ.一般演題, 第29回新潟周産母子研究会)

    山口 雅幸, 関塚 智之, 谷地田 希, 田村 知子, 田村 亮, 吉田 邦彦, 五日市 美奈, 能仲 太郎, 生野 寿史, 榎本 隆之, 高桑 好一, 後藤 眞, 成田 一術

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌   131 ( 12 )   721 - 721   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 抗リン脂質抗体症候群 (今月の臨床 着床不全・流産をいかに防ぐか : PGS時代の不妊・不育症診療ストラテジー) -- (母体・子宮側因子による流産・不育症)

    高桑 好一, 吉田 邦彦, 能仲 太郎

    臨床婦人科産科   71 ( 9 )   828 - 834   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-48-5 本態性血小板血症(essential thrombocythemia ; ET)合併妊娠の4症例(Group48 合併症妊娠3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)

    市川 希, 小木 幹奈, 山口 雅幸, 柳沼 優子, 松本 賢典, 茅原 誠, 能仲 智加, 吉田 邦彦, 五日市 美奈, 能仲 太郎, 榎本 隆之, 高桑 好一

    日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-50-2 当院における精神疾患合併妊娠の周産期予後について(Group50 合併症妊娠5,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)

    吉田 邦彦, 柳沼 優子, 島 英里, 能仲 太郎, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   68 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P3-47-3 子宮筋腫核出術の妊娠・分娩への影響について(Group 149 合併症妊娠12,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    安達 聡介, 能仲 太郎, 冨永 麻理恵, 工藤 梨沙, 松本 賢典, 佐藤 ひとみ, 能仲 智加, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   67 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P3-47-7 既往子宮手術による子宮筋層欠損を伴った3妊娠症例(Group 149 合併症妊娠12,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

    山口 雅幸, 冨永 麻理恵, 工藤 梨沙, 松本 賢典, 能仲 智加, 佐藤 ひとみ, 安達 聡介, 能仲 太郎, 榎本 隆之, 生野 寿史, 高桑 好一

    日本産科婦人科學會雜誌   67 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不妊症・不育症に対する漢方 (特集 産婦人科における漢方の理論と実践)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 冨永 麻理恵

    産科と婦人科   81 ( 11 )   1341 - 1346   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 泌尿器系 腎不全,透析中の妊娠 (特集 重篤な疾患を合併する妊産婦の管理)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 佐藤 ひとみ

    周産期医学   44 ( 9 )   1177 - 1179   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京医学社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不育症・習慣流産 (特集 産婦人科医必携 現代漢方の基礎知識)

    髙桑 好一, 能仲 太郎, 高橋 真紀子

    産婦人科の実際   63 ( 3 )   363 - 371   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-2-3 抗リン脂質抗体(APL)陽性の高齢不育症症例に対する免疫抑制,抗凝固併用療法の治療成績に関する検討(Group40 不育症2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)

    吉田 邦彦, 高橋 麻紀子, 能仲 太郎, 生野 寿史, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   66 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-22-3 子宮体癌と妊娠が同時に発生した症例(Group 60 子宮体部腫瘍・治療4,一般演題,第66回学術講演会)

    萬歳 千秋, 田村 亮, 平山 亜由子, 能仲 太郎, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   66 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-23-9 原因不明習慣流産症例に対する免疫療法不成功例の次回妊娠予後に関する検討(Group 75 不育2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)

    能仲 太郎, 高橋 麻紀子, 吉田 邦彦, 生野 寿史, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   65 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-22-6 均衡型転座保因者である不育症症例における自己免疫異常に関する検討(Group 74 不育1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)

    吉田 邦彦, 高橋 麻紀子, 能仲 太郎, 生野 寿史, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   65 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-23-10 抗リン脂質抗体陽性既往中期・後期異常妊娠例に対する予防的治療に関する検討(Group 75 不育2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)

    生野 寿史, 高橋 麻紀子, 吉田 邦彦, 能仲 太郎, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科學會雜誌   65 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P3-20-6 原発性習慣流産症例に対する免疫療法の有効性に関する解析 : 年代別患者年齢の変動を踏まえて(Group132 不育症3)

    能仲 太郎, 高橋 麻紀子, 生野 寿史, 大木 泉, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 2 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 同種免疫異常と不育症 (特集 不育症 最前線)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 高橋 麻紀子

    産婦人科の実際   60 ( 10 )   1481 - 1488   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • P1-20-20 当科における胎児心臓外来の現況(Group43 胎児・新生児の生理・病理1,一般演題,第63回日本産婦人科学会学術講演会)

    五日市 美奈, 上村 直美, 能仲 太郎, 生野 寿史, 山田 京子, 大木 泉, 芹川 武大, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   63 ( 2 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P1-29-8 原因不明習慣流産および抗リン脂質抗体陽性反復流産に対する治療の年齢による有効性に関する検討(Group63 不育症2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)

    能仲 太郎, 生野 寿史, 大木 泉, 芹川 武大, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   63 ( 2 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 抗リン脂質抗体症候群の治療

    高桑 好一, 能仲 太郎, 大木 泉

    産婦人科治療   100 ( 4 )   441 - 447   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:永井書店  

    CiNii Article

    researchmap

  • 妊娠中の円錐切除術(2) (特集 妊娠を考慮した子宮頸部初期病変への対応)

    能仲 太郎, 芹川 武大, 八幡 哲郎

    産科と婦人科   77 ( 4 )   427 - 432   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-353 不育症における染色体9番逆位(inv(9))保因者症例の妊娠予後に関する解析(Group87 不育症2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)

    大木 泉, 能仲 太郎, 明石 真美, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   62 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P1-54 既往異常妊娠歴に基づく抗リン脂質抗体(APL)陽性不育症に対する有効な治療に関する解析(Group7 不育症1,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)

    能仲 太郎, 明石 真美, 大木 泉, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   62 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子宮奇形(瘢痕子宮を含む) (子宮疾患・子宮内膜症の臨床--基礎・臨床研究のアップデート) -- (構造異常)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 大木 泉

    日本臨床   67 ( 0 )   139 - 142   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 周産期 反復流産の病態と対策--習慣流産に対する免疫療法の最近の考え方

    高桑 好一, 能仲 太郎, 明石 真美

    産婦人科治療   98 ( 1 )   86 - 92   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:永井書店  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-280 不育症における抗プロテインS抗体の意義に関する検討(Group68 不育症1,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)

    明石 真美, 能仲 太郎, 大木 泉, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   61 ( 2 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-281 習慣流産におけるCytochromeP450(CYP1A1)及びGlutathione-S-transferases(GSTs)の遺伝子多型に関する解析(Group68 不育症1,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)

    能仲 太郎, 明石 真美, 大木 泉, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   61 ( 2 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子宮奇形の手術適応とその術式は? (今月の臨床 産婦人科臨床の難題を解く--私はこうしている) -- (不妊治療 一般不妊治療)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 田中 憲一

    臨床婦人科産科   62 ( 4 )   450 - 455   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    researchmap

  • 初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の検討

    土谷 美和, 明石 真美, 郷戸 千賀子, 五日市 美奈, 萬歳 千秋, 沼田 雅裕, 能仲 太郎, 生野 寿史, 加嶋 克則, 関根 正幸, 八幡 哲郎, 藤田 和之, 田中 憲一

    日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌   99   19 - 21   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    腹腔鏡下子宮体癌根治手術(LAVH)症例18例を対象に、安全性と有効性について開腹術症例26例と比較した。LAVHは手術所要時間は有意に長く、リンパ節切除数は有意に少なかった。1000ml以上の出血を認めたのは2例で、いずれも高度の癒着を認め、1例は開腹術に移行した。術後病理結果は、LAVH、開腹術の全例が類内膜腺癌で、臨床進行期診断は半数がIb期であった。術後入院期間はLAVH例の方が有意に短かった。再発は開腹術例で1例認めた。

    researchmap

  • 異常妊娠 切迫流産・習慣流産 (周産期診療プラクティス) -- (妊娠)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 田中 憲一

    産婦人科治療   96 ( 0 )   543 - 549   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:永井書店  

    CiNii Article

    researchmap

  • 前回妊娠高血圧症候群 (特集 健診でトラブルの芽をつみとる 妊娠・分娩既往歴に基づくリスク予測と診療のコツ)

    高桑 好一, 明石 真美, 能仲 太郎

    ペリネイタル・ケア   26 ( 7 )   681 - 688   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカ出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子宮外妊娠に対する治療「外科的治療か?待機的治療か?」

    八幡 哲郎, 芦沢 直浩, 古俣 大, 上村 るり子, 木戸 直子, 沼田 雅裕, 能仲 太郎, 萬歳 千秋, 関根 正幸, 加嶋 克則, 鈴木 美奈, 藤田 和之, 田中 憲一

    日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌   97   34 - 37   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    子宮外妊娠に対する治療について検討した。対象は1995〜2006年の間に治療した子宮外妊娠121例で、外科的治療65例(平均年齢31.0歳、超緊急開腹手術7例)と待期的治療56例(平均年齢29.6歳)に分けて比較した。1)年代別症例数は2000年までは外科的治療の方が多かったが、2001年以降は待期的治療の方が多くなり、最近3年間では待期的治療が外科的治療の約2倍となっていた。2)患者背景は両群間に差はなく、治療経過では腹腔鏡下手術に比し待機的治療で入院期間が有意に長期間となり、hCG陰性化までの期間は両群間に有意差はなかった。3)待期的治療例の転帰は自然治癒(治療成功)が40例(71.4%)で、16例が医学的介入(腹腔鏡下手術14例、MTX全身投与1例、MTX全身投与+腹腔鏡下手術1例)を要し、治療変更時期は待期治療開始後平均7.9日であった。尚、待期的治療成功例では尿中hCG値が治療開始後に低下したが、不成功例では1週目で2倍に増加し、以後も低下は不良であった。

    researchmap

  • P2-278 習慣流産症例におけるCytochromeP450,Glutathione-S-transferasesの遺伝子多型に関する解析(Group140 不育症1,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会)

    能仲 太郎, 明石 真美, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   59 ( 2 )   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P2-289 原因不明習慣流産に対する免疫療法の効果と,HLADR抗原系の夫婦間類似性との関連性に関する検討(Group141 不育症2,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会)

    明石 真美, 能仲 太郎, 高桑 好一, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   59 ( 2 )   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 自己免疫異常を伴った不育症症例に対する柴苓湯療法の有効性に関する検討 (シンポジウム 外科系領域における漢方治療の現況--第613回新潟医学会)

    高桑 好一, 横尾 朋和, 大木 泉, 能仲 太郎, 石井 桂介, 菊池 朗, 田中 憲一, 田村 正毅

    新潟医学会雑誌   120 ( 10 )   564 - 568   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 子宮奇形は手術が必要か? (特集 高いレベルのエビデンスに基づく習慣流産)

    高桑 好一, 能仲 太郎, 明石 真美

    産婦人科の実際   55 ( 9 )   1355 - 1361   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • 免疫異常による反復流産の診断と治療 (特集 産婦人科領域における免疫学的関与)

    高桑 好一, 大木 泉, 能仲 太郎

    産婦人科の世界   58 ( 5 )   427 - 436   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学の世界社  

    CiNii Article

    researchmap

  • P1-349 原因不明習慣流産に対する免疫療法に伴うTh1細胞,Th2細胞の変動,特に妊娠帰結との関連性に関する解析(Group 47 不妊・不育I,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)

    大木 泉, 高桑 好一, 能仲 太郎, 横尾 朋和, 石井 桂介, 菊池 朗, 田中 憲一

    日本産科婦人科學會雜誌   58 ( 2 )   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不育症と子宮因子 (特集 不育症とその対策)

    高桑 好一, 横尾 朋和, 能仲 太郎

    産婦人科治療   91 ( 2 )   134 - 139   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:永井書店  

    CiNii Article

    researchmap

  • 拡張型心筋症合併妊娠の1症例

    加嶋 克則, 能仲 太郎, 萬歳 淳一, 夏目 学浩, 小島 由美, 田村 正毅, 倉林 工, 高桑 好一, 田中 憲一, 尾崎 和幸, 相澤 義房, 小林 弘子, 平沢 浩文, 七里 和良

    日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌   88   1 - 3   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    21歳初産婦.2歳時より拡張型心筋症の診断で管理され,ニューヨーク心臓病学会心機能分類はI度であった.妊娠24週1日に左室駆出率(EF)が34%に低下したため入院管理となったが定期的な心機能評価およびジゴキシン・スピロノラクトン・フロセミド内服により経過良好で,超音波上,胎児発育も良好であった.妊娠37週3日に循環器内科医立ち会いのもと,フェンタニルによる全身麻酔下で帝王切開術を施行した.術中はSwan-Ganzカテーテルおよび経食道エコーによる循環動態モニタリングを行った.児娩出前後でEF,血圧,心拍数,心拍出量,中心静脈圧に著変を認めず,術後12日目に退院した.新生児は2602g男児でsleeping babyのため挿管管理となり,大動脈縮窄症・動脈管開存・心室中隔欠損症・心房中隔欠損症を認め生後11日目で大動脈狭窄部拡大手術を施行した.又,左心室機能低下を認め拡張型心筋症が疑われた

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 子宮内胎児発育不全の発症予防を目的とした遺伝子多型と嗜好品摂取との相互作用解析

    研究課題/領域番号:20K10448  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    能仲 太郎, 西島 浩二, 加嶋 克則

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の発症予防を目的とした解毒酵素遺伝子と嗜好品摂取との相互作用解析

    研究課題/領域番号:17K09197  2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    能仲 太郎, 西島浩二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究は、妊娠高血圧症候群の発症群と非発症群において、症例-対照研究のデザインで解毒酵素の遺伝子多型解析を行い、遺伝子多型と嗜好品摂取との相互作用を明らかにして、妊娠高血圧症候群の発症リスクの解明を目指す研究である。本研究の成果によって、妊娠高血圧症候群発症の高リスク群をあらかじめ抽出し、適切な生活指導を行うことで、妊娠高血圧症候群の発症を予防できる可能性がある。
    令和元年度は研究の3年目となり、前年度と同様に症例の集積に重点を置いた。その結果令和2年3月31日までに妊娠高血圧症候群症例70例、正常コントロール症例108例において、研究への同意が得られた。
    これらの症例において、妊娠中の嗜好品摂取状況についてアンケート調査を実施した。具体的にはタバコ吸引、アルコールおよびコーヒー飲料摂取状況について、摂取期間・摂取量・摂取物の銘柄などを可能な限り具体的かつ詳細に聴取した。
    また、アンケート調査の実施とともに、末梢血を10㏄採取し、単核球を分離した後、phenol-chloroform法によりGenomic DNAを抽出した。このGenomic DNAを用いて、上述の嗜好品に含まれる毒性物質の解毒酵素であるCYP1A1、GST-π、GST-μ、GST-θの各酵素の遺伝子多型をPCR-RFLP法により判定した。
    今後は、引き続き妊娠高血圧症候群症例の集積を行い、目標症例数(100例)に到達した時点でデータ解析を実施する。

    researchmap