2024/06/18 更新

写真a

スズキ テツヤ
鈴木 哲也
SUZUKI Tetsuya
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
農学部 農学科 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 東京大学 )

  • 博士(工学) ( 熊本大学 )

研究キーワード

  • 非破壊検査

  • 農業水利施設

  • 上下水道施設

  • 建設材料

  • 損傷力学

  • 電磁波法

  • 3次元画像解析

  • 弾性波法

  • X線CT法

  • レーザー計測

  • Acoustic Emission

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学

▶ 全件表示

経歴(researchmap)

  • 新潟大学自然科学系(農学部)   教授

    2018年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学自然科学系(農学部)   准教授

    2011年3月 - 2018年4月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2018年5月 - 現在

  • 新潟大学   農学部 農学科   教授

    2018年5月 - 現在

  • 新潟大学   農学部 農学科   准教授

    2017年4月 - 2018年4月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年3月 - 2018年4月

  • 新潟大学   生産環境科学   准教授

    2011年3月 - 2017年3月

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • RILEM   269-IAM : Damage Assessment in Consideration of Repair/ Retrofit-Recovery in Concrete and Masonry Structures by Means of Innovative NDT  

    2016年 - 2024年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • RILEM   239-MCM : On-site measurement of concrete and masonry structures by visualized NDT  

    2010年 - 2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • RILEM   212-ACD : Acoustic emission and related NDE techniques for crack detection and damage evaluation in concrete  

    2004年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • ひび割れが蓄積した鉄筋コンクリート製排水樋門のAE法による損傷度評価に関する研究 査読

    鈴木哲也, 柴野一真, 向井萌華, Nadezhda Morozova

    農業農村工学会論文集   92 ( 1 )   I_133 - I_145   2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.92.I_133

    researchmap

  • Deep Learning-Based Acoustic Emission Signal Filtration Model in Reinforced Concrete 査読

    Omair Inderyas, Ninel Alver, Sena Tayfur, Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    Arabian Journal for Science and Engineering   2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13369-024-09101-7

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s13369-024-09101-7/fulltext.html

  • Evaluation of Surface Damage for in-Service Deteriorated Agricultural Concrete Headworks using 3D Point Clouds by Laser Scanning Method 査読

    Kazuma Shibano, Nadezhda Morozova, Yuji Ito, Yuma Shimamoto, Yuki Tachibana, Kakutaro Suematsu, Atsushi Chiyoda, Hisaya Ito, Tetsuya Suzuki

    Paddy and Water Environment   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10333-023-00965-3

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s10333-023-00965-3/fulltext.html

  • Improvement of crack detectivity for noisy concrete surface by machine learning methods and infrared images 査読

    Kazuma Shibano, Nadezhda Morozova, Yuma Shimamoto, Ninel Alver, Tetsuya Suzuki

    Case Studies in Construction Materials   20   e02984   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cscm.2024.e02984

    researchmap

  • 圧力変動データ同化を利用した漏水1点に対応した管内漏水検知法の開発及び検証 査読

    浅田洋平, 大山修蔵, 申文浩, 鈴木哲也

    土木学会論文集(水工学)   80 ( 16 )   23-16045   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-16045

    researchmap

  • 農業用排水路での暴露試験によるステンレス鋼矢板の腐食実態評価 査読

    大高範寛, 藤本雄充, 浅野勇, 川邉翔平, 萩原大生, 鈴木哲也

    農業農村工学会論文集   91 ( 2 )   Ⅰ_203 - Ⅰ_209   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Detection of Stain Concentration around Pitting Corrosion on a Sigle Steel Sheet Pile in Bending Stress Fields by Acoustic Emission and Digital Image Correlation Methods 査読

    Taiki Hagiwara, Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki, Yukio Abe, Takeo Harada

    Advanced Experimental Mechanics   8   62 - 67   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11395/aem.8.0_62

    researchmap

  • Generation of Electric Energy from Gasifying Rice Husk and Utilization of Its By-Products to Cementitious Materials 招待 査読

    Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    Bio-Based Building Materials, RILEM Book Series   973 - 981   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Nature Switzerland  

    DOI: 10.1007/978-3-031-33465-8_75

    researchmap

  • Development of Rice Husk Ash as a Cement Substitute for Environmental Conservation and Its Effective Use in Green Infrastructures 招待 査読

    Tetsuya Suzuki, Yuma Shimamoto

    Bio-Based Building Materials, RILEM Book Series   771 - 781   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Nature Switzerland  

    DOI: 10.1007/978-3-031-33465-8_59

    researchmap

  • Influence of the Pre-Existing Defects on the Strain Distribution in Concrete Compression Stress Field by the AE and DICM Techniques 査読

    Nadezhda Morozova, Kazuma Shibano, Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    Applied Sciences   13 ( 11 )   6727 - 6727   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:{MDPI} {AG}  

    <jats:p>This research investigates the influence of the pre-existing defects within concrete taken from the in-service irrigation structure on the strain distribution. The X-ray Computed Tomography (CT) technique is employed to investigate the internal concrete matrix and evaluate the defect distribution in it. The cracking system in a concrete matrix is detected as a damage type caused by the severe environment, and it is varied by the different degrees in all samples. The geometric properties of defects and their spatial location are obtained by image processing of CT images. The compression test with Acoustic Emission (AE) and Digital Image Correlation (DIC) measurements is conducted to analyze the fracture processes and acquire the damage spatial information. The AE signal descriptors are effective parameters for real-time detection and potential local damage monitoring. Moreover, the analysis of the DICM strain and displacement fields reveals the most potential fracture zones. The AE source location analysis indicated a connection between pre-existing defects and strain localization. The AE events and strain are high in the defect areas. Additionally, the amplitude and frequency of the AE events correlated with the location of the defects indicating that the structure weakness at that point leads to concentrated deformation development.</jats:p>

    DOI: 10.3390/app13116727

    researchmap

  • Frost damage evaluation of concrete irrigation structure by X-ray CT and AE energy release trend at the initial loading stage 査読

    Nadezhda Morozova, Kazuma Shibano, Yuma Shimamoto, Sena Tayfur, Ninel Alver, Tetsuya Suzuki

    Case Studies in Construction Materials   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.cscm.2023.e02088

    researchmap

  • 地球統計学に基づいた鋼矢板における腐食実態の空間特性評価 招待 査読

    萩原大生, 横堀聖佳, 島本由麻, 鈴木哲也

    材料   72 ( 3 )   188 - 195   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2472/jsms.72.188

    researchmap

  • AEダブルロジスティック解析によるコンクリートコアの損傷度評価に関する実験的研究 査読

    柴野一真, Nadezhda Morozova, 島本由麻, 鈴木哲也

    農業農村工学会論文集   91 ( 1 )   I_57 - I_68   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.91.I_57

    researchmap

  • Identifying effective AE parameters for damage evaluation of concrete in headwork: a combined cluster and random forest analysis of acoustic emission data 査読

    Yuma Shimamoto, Sena Tayfur, Ninel Alver, Tetsuya Suzuki

    Paddy and Water Environment   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s10333-022-00910-w

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s10333-022-00910-w/fulltext.html

  • Non-contact detection of degradation of in-service steel sheet piles due to buckling phenomena by using digital image analysis with Hough transform 査読

    Taiki Hagiwara, Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    Frontiers in Built Environment   8   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media {SA}  

    <jats:p>Steel sheet pile materials are primarily used for canal structure construction for irrigation and drainage of agricultural fields in Japan. Recently, accelerated corrosion of steel materials and buckling phenomena in pitting corrosion parts have been detected in in-service steel sheet pile canals. In this study, we focus on the buckling phenomenon of in-service steel sheet pile canals, which is detected by non-contact monitoring using digital image analysis. The buckling phenomenon index is evaluated as the inclination angle of the steel sheet pile due to deformation. As a digital image analysis, Hough transform is applied, which is a figure detection method in digital images, to detect a straight line that describes the distance and angle parameters. The angle parameter corresponds to the inclination angle index of in-service steel sheet pile with a buckling phenomenon. As a result, the maximum difference between the analyzed angles by Hough transform and the measured angles is evaluated as 0.9° after the image rotation correction. The relation of the analyzed angles by Hough transform and the measured angles of the buckling phenomenon is correlated. Therefore, the degradation of steel sheet pile canals is quantitatively evaluated by using digital image analysis with unmanned aerial vehicle monitoring. This study’s significance is non-contact and simple measurement by using a digital image which can reduce a working time and perform quick diagnosis in extensive areas.</jats:p>

    DOI: 10.3389/fbuil.2022.948232

    researchmap

  • Visualization and evaluation of concrete damage in-service headworks by X-ray CT and non-destructive inspection methods 査読

    Nadezhda Morozova, Kazuma Shibano, Yuma Shimamoto, Sena Tayfur, Ninel Alver, Tetsuya Suzuki

    Frontiers in Built Environment   8   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media {SA}  

    <jats:p>The durability of concrete irrigation infrastructures decreases easily due to environmental effects, such as the freeze-thawed process. The degree of damage in concrete is, in most cases, evaluated by an unconfined compression test or ultrasonic test. The limiting states of structures are the result of a gradual accumulation of microdefects during the in-service period, which leads to the initiation and development of macroscopic cracks, loss of performance, and Failure. Therefore, to maintain such structures, it is necessary to properly determine the degree of damage by non-destructive testing. For effective maintenance and management of in-service structures, it is necessary to evaluate not only such mechanical properties as strength but also the degree of damage. Quantitative damage evaluation of concrete is proposed by applying the X-ray CT method and related non-destructive inspection, which is based on estimating cracking damage effects. In this study, the damage evaluation of concrete-core samples is investigated by X-ray CT parameters and the non-destructive parameters. The samples tested were taken from the damaged concrete headwork in Niigata, Japan, about 50 years after its construction. The geometric properties of the concrete matrix were calculated by the analysis of X-ray CT images. After X-ray CT measurement, an ultrasonic test and a resonant frequency test were performed. The dynamic modulus of elasticity was calculated by using ultrasonic pulse velocity and resonant frequency. As a result, based on the relationship between the geometric properties of the concrete matrix and the non-destructive parameters, the accumulation of damage in the samples tested was correlated with the ratio of the total area of cracks to the observation area. In damaged conditions, the high value of its ratio is demonstrated under low ultrasonic pulse velocity. These results suggest that the most sensitive components in a concrete body to the degree of damage are cracks in mortar and the ratio of the total area of cracks to the observation area. These values are affected by the internal actual cracks. Thus, the damage of concrete could be quantitatively evaluated by the geometric properties of the concrete matrix and its physical properties.</jats:p>

    DOI: 10.3389/fbuil.2022.947759

    researchmap

  • 1次元熱伝導解析を適用した腐食鋼矢板の板厚推定に資する鋼材供試体での実験的検討 査読

    萩原大生, 島本由麻, 鈴木哲也, 阿部幸夫, 大高範寛, 原田剛男, 藤本雄充, 川邉翔平, 金森拓也

    農業農村工学会論文集   90 ( 2 )   I_239 - I_250   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.90.I_239

    researchmap

  • ディジタル画像のハフ変換による切梁式鋼矢板護岸の変形検出 査読

    萩原大生, 島本由麻, 鈴木哲也

    農業農村工学会論文集   89 ( 1 )   Ⅰ_1 - Ⅰ_9   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.89.I_1

    researchmap

  • 決定木を用いた道路橋RC床版における遊離石灰抽出に関する研究 査読

    島本由麻, 萩原大生, 鈴木哲也

    農業農村工学会論文集   88 ( 1 )   Ⅰ_59 - Ⅰ_65   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.88.I_59

    researchmap

  • Damage estimation of concrete canal due to freeze and thawed effects by acoustic emission and X-ray CT methods 査読

    Tetsuya Suzuki, Saki Nishimura, Yuma Shimamoto, Tomoki Shiotani, Masayasu Ohtsu

    Construction and Building Materials   245 ( 10 )   118343 - 118343   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2020.118343

    researchmap

  • 鉄筋コンクリート表層に発達した欠陥の非破壊検出に関する基礎的研究 査読

    鈴木哲也, 島本由麻

    農業農村工学会論文集   88 ( 1 )   Ⅰ_67 - Ⅰ_75   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.88.I_67

    researchmap

  • 同時生起行列を用いた腐食鋼矢板画像におけるテクスチャ特徴の検出 査読

    萩原大生, 島本由麻, 鈴木哲也, 大高範寛, 藤本雄充

    農業農村工学会論文集   88 ( 1 )   Ⅰ_145 - Ⅰ_153   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.88.I_145

    researchmap

  • Recycle of rice husk into agro-infrastructure for decreasing carbon dioxide 査読

    Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    Paddy and Water Environment   17 ( 3 )   555 - 559   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s10333-019-00752-z

    researchmap

  • On-Site Damage Evaluation of Cracked Irrigation Infrastructure by Acoustic Emission and Related Non-Destructive Elastic Wave Method 査読

    Suzuki, T, Shimamoto, Y

    Paddy and Water Environment   17 ( 3 )   315 - 321   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10333-019-00726-1

    researchmap

  • 鋼矢板-鉄筋コンクリート複合材の曲げ載荷過程における破壊挙動評価に関する研究 査読

    土田真生, 島本由麻, 鈴木哲也, 浅野勇

    コンクリート工学年次論文集   40 ( 1 )   1491 - 1496   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 損傷指標による87年間供用された道路橋RC床版の材質評価 査読

    鈴木哲也

    農業農村工学会論文集   303   317 - 324   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11408/jsidre.84.I_317

    researchmap

  • Round-robin tests on damage evaluation of concrete based on the concept of acoustic emission rates 査読

    Akichika Ishibashi, Kimitoshi Matsuyama, Ninel Alver, Tetsuya Suzuki, Masayasu Ohtsu

    Materials and Structures   49 ( 7 )   2627 - 2635   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1617/s11527-015-0672-9

    researchmap

  • On-Site Damage Evaluation by AE and CT in Concrete 査読

    Suzuki, T., Ohtsu, M.

    RILEM State-of-the-Art Reports   20   157 - 171   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Netherlands  

    For detailed inspections of concrete structures, non-destructive tests (NDT) are often conducted and then mechanical properties are compared with detected NDT parameters. In this chapter, damage evaluation of concrete by AE and X-ray computerized tomography (CT) tests are presented. The concrete damage is visualized by X-ray CT. Since nucleation of AE events in damaged concrete is affected by crack distribution, the damage parameter estimated is correlated with the dynamic modulus of elasticity Ed which is calculated from P-wave velocity. The results confirm that the damage of concrete could be estimated by applying AE measurement, damage parameter in damage mechanics, CT images and modulus Ed. It is also shown that the static modulus E0 is closely correlated with the dynamic modulus Ed. Based on a relation between AE rate and the damage parameter, the damage of concrete is quantitatively estimated.

    DOI: 10.1007/978-94-017-7606-6_9

    Scopus

    researchmap

  • AE法を援用したひび割れコンクリートの損傷度評価 招待

    鈴木哲也

    非破壊検査   64 ( 6 )   267 - 273   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Damage Estimation of Concrete Canal due to Earthquake Effects by Acoustic Emission Method 査読

    Suzuki, T., Ohtsu, M.

    Construction and Building Materials   67   186 - 191   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    The Great East-Japan Earthquake hit Tohoku area in Japan on March 11, 2011. A large number of concrete structures were damaged due to the 9.0 magnitude earthquake of the Richter-scale. Prior to reconstruction and retrofit of these structures, damage evaluation of in situ concrete structures is now in urgent demand. In this concern, quantitative damage estimation of concrete is proposed to be performed, applying acoustic emission (AE) measurement in a uniaxial compression test of core samples. Generating behavior of AE events in the core test is quantitatively analyzed, based on the rate process theory, because notable discrepancy of AE activity is observed between damaged concrete and undamaged concrete. The damage is quantitatively defined by a scalar damage parameter in damage mechanics. Correlating AE rate with the damage parameter, quantitative estimation of damage is proposed in terms of the relative modulus of elasticity (E-0/E*). Concrete core samples were taken from reinforced concrete columns of an existing canal in the both periods of pre and post the earthquake. Prior to the compression test, distribution of microcracks in a concrete-core sample was inspected by helical X-ray computed tomography (CT), which scans at 1-mm intervals. The results suggest that the damage of concrete could be quantitatively estimated from damage parameter E-0/E* without knowing the original state of the concrete at construction. The static moduli E-0/E* and dynamic moduli E-d/E* is closely correlated. A relation between AE rate and the damage parameters is correlated, and thus the earthquake damage of concrete is quantitatively estimated using AE. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2014.05.016

    Web of Science

    researchmap

  • AE波形解析による鋼矢板-コンクリート複合材の曲げ破壊源評価に関する研究 査読

    鈴木哲也

    土木学会論文集A2(応用力学)   70 ( 2 )   Ⅰ_81 - Ⅰ_89   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    近年,鋼矢板を用いた農業用開水路の早期腐食に伴う耐久性低下が技術的問題となっている.本報では,既設鋼矢板にコンクリート被覆を施した複合材の曲げ載荷時の力学特性評価を試みた結果を報告する.検討にはAE法とデジタル画像相関法(DICM)を用いた.試験体は,既設鋼矢板,コンクリートおよびプレキャストパネルの三層で構成されている.検討の結果,試験体の変形挙動は,AEやDICMの試験パラメータを用いることにより評価可能であることが明らかになった.鋼矢板‐コンクリート複合材の変形挙動は,鋼矢板の凸凹形状に起因すると考えられるねじれ現象と密接に関連していることが示唆された.

    DOI: 10.2208/jscejam.70.I_81

    CiNii Article

    researchmap

  • 送水パイプラインの事故後復旧過程の非破壊安全性診断に関する研究 査読

    鈴木哲也

    土木学会論文集F6(安全問題)   70 ( 2 )   I_143 - I_148   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    パイプランの効果的な維持管理や安全性診断には,管材損傷に加えて水撃圧に代表される圧力波の検出が不可欠である.本報では,事故後復旧過程の非破壊安全性診断に資する圧力波の非破壊検出について検討した結果を報告する.計測にはAE(Acoustic Emission)法と画像解析を用いた.実験的検討の結果,圧力波は制水弁閉塞時間を0.40~10.48sに調整したモデルパイプラインにおいてAE法と画像解析で検出された.圧力波のAE発生挙動は,水圧の最大値と関連し,AEパラメータにより評価可能であることが明らかになった.デジタル画像相関法(DICM)により画像解析を行った結果,最大水圧と管体変位量に関連性が確認された.これらの結果から,発生した圧力波はAE法や画像解析により検出可能であることが示され,現状において計測が困難であった配管内の圧力波を非破壊計測により検出可能であることが明らかになった.

    DOI: 10.2208/jscejsp.70.I_143

    CiNii Article

    researchmap

  • 東日本大震災で被災したため池施設の損傷実態と非破壊診断に関する実証的研究 査読

    鈴木哲也

    環境情報科学・学術研究論文集   27   73 - 78   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • パイプラインに発生した圧力波の非破壊検出に関する研究 査読

    鈴木哲也, 久保成隆, 飯田俊彰

    農業農村工学会論文集   287 ( 5 )   95 - 103   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    パイプランの効果的な維持管理には,管材損傷に加えて水撃圧に代表される圧力波の検出が不可欠である.本報では,AE(Acoustic Emission)法と画像解析による圧力波の非破壊検出について検討した結果を報告する.実験的検討の結果,圧力波は制水弁閉塞時間を0.40~10.48sに調整したモデルパイプラインにおいてAE法と画像解析で検出された.圧力波のAE発生挙動は,水圧の最大値と関連し,AEパラメータにより評価可能であることが明らかになった.デジタル画像相関法(DICM)により画像解析を行った結果,最大水圧と管体変位量に関連性が確認された.これらの結果から,発生した圧力波はAE法や画像解析により検出可能であることが示された.

    DOI: 10.11408/jsidre.81.479

    CiNii Article

    researchmap

  • 弾性波計測による損傷パイプラインの水密性評価に関する研究 査読

    鈴木哲也, 久保成隆, 飯田俊彰

    土木学会論文集F6(安全問題)   69 ( 2 )   Ⅰ49 - Ⅰ54   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.2208/jscejsp.69.I_49

    researchmap

  • C/Sマクロセル腐食による老朽化が顕在化した鋼製パイプラインの非破壊評価に関する実証的研究 査読

    伊藤久也, 鈴木哲也, 河野英一, 青木正雄

    開発学研究   22 ( 3 )   24 - 33   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Damage Evaluation of Core Concrete by AE 招待 査読

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    Concrete Research Letters   2 ( 3 )   275 - 279   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Use of Acoustic Emission and X-ray Computed Tomography for Damage Evaluation of Freeze-Thawed Concrete 査読

    Suzuki, T., Ogata, H., Takada, R., Aoki, M., Ohtsu, M.

    Construction and Building Materials   24 ( 12 )   2347 - 2352   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    As a detailed inspection of a concrete structure in service, core samples are usually drilled out and then mechanical properties are measured. In this study, damage estimation of concrete structures from core samples is developed, applying acoustic emission (AE) and X-ray computed tomography method. Concrete-core samples were taken from reinforced concrete of an existing canal. These samples are strongly damaged by freezing and thawing process. Crack distributions of concrete-core samples were inspected with helical Computerized Tomography (CT) scans, which were undertaken at 1-mm intervals. After helical CT scan, damage of testing samples was evaluated, based on fracturing behavior under compression and AE activity. AE behavior is dependent on the degree of damage, and could be approximated by applying the AE rate-process analysis and damage mechanics. AE generation behavior is associated with crack volume due to damage accumulation in concrete. The damage is quantitatively defined by a scalar damage parameter in damage mechanics. Applying the scalar damage parameter, quantitative estimation of damage is proposed in terms of relative modulus of elasticity which is named "durability index". By calculating the durability index, the initial damage of samples is estimated from AE database. The decrease in mechanical properties could be evaluated by comparing the average CT number with the durability index, both of which are affected by internal cracks generated. Thus, the damage of concrete structures is quantitatively evaluated by AE and X-ray computed tomography method. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2010.05.005

    Web of Science

    researchmap

  • Recommendation of RILEM TC 212-ACD: acoustic emission and related NDE techniques for crack detection and damage evaluation in concrete, Test method for classification of active cracks in concrete structures by acoustic emission

    M. Ohtsu, T. Shiotani, M. Shigeishi, T. Kamada, S. Yuyama, T. Watanabe, T. Suzuki, J. G. M. van Mier, T. Vogel, C. Grosse, R. Helmerich, M. C. Forde, A. Moczko, D. Breysse, S. A. Ivanovich, A. Sajna, D. Aggelis, G. Lacidogna

    Materials and Structures   43 ( 9 )   1187 - 1189   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1617/s11527-010-9640-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1617/s11527-010-9640-6/fulltext.html

  • Recommendation of RILEM TC 212-ACD: acoustic emission and related NDE techniques for crack detection and damage evaluation in concrete, Test method for damage qualification of reinforced concrete beams by acoustic emission

    M. Ohtsu, T. Shiotani, M. Shigeishi, T. Kamada, S. Yuyama, T. Watanabe, T. Suzuki, J. G. M. van Mier, T. Vogel, C. Grosse, R. Helmerich, M. C. Forde, A. Moczko, D. Breysse, S. A. Ivanovich, A. Sajna, D. Aggelis, G. Lacidogna

    Materials and Structures   43 ( 9 )   1183 - 1186   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1617/s11527-010-9639-z

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1617/s11527-010-9639-z/fulltext.html

  • Recommendation of RILEM TC 212-ACD: acoustic emission and related NDE techniques for crack detection and damage evaluation in concrete, Measurement method for acoustic emission signals in concrete

    M. Ohtsu, T. Shiotani, M. Shigeishi, T. Kamada, S. Yuyama, T. Watanabe, T. Suzuki, J. G. M. van Mier, T. Vogel, C. Grosse, R. Helmerich, M. C. Forde, A. Moczko, D. Breysse, S. A. Ivanovich, A. Sajna, D. Aggelis, G. Lacidogna

    Materials and Structures   43 ( 9 )   1177 - 1181   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1617/s11527-010-9638-0

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1617/s11527-010-9638-0/fulltext.html

  • RC開水路の側壁内部における凍害ひび割れの発生形態 査読

    緒方 英彦, 高田 龍一, 鈴木 哲也

    水土の知   78 ( 5 )   405 - 409   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • AE法を用いたオープン型パイプラインに発生する気液二相流の特性評価 査読

    鈴木哲也, 中達雄, 樽屋啓之, 田中良和, 青木正雄

    構造工学論文集   56 ( A )   665 - 670   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11532/structcivil.56A.665

    CiNii Article

    researchmap

  • 凍結融解損傷が進行したコンクリートの材質評価 査読

    鈴木哲也, 緒方英彦, 高田龍一, 佐藤周之

    セメント・コンクリート論文集   63 ( 1 )   204 - 2011   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Cement Association  

    コンクリート構造物の詳細調査ではコア供試体を採取し、物性評価が行われる。本論では、凍害の進行したコンクリート開水路より採取したコンクリート・コアを対象にX線CT法を用いたクラック構造の可視化と弾性波法による速度場の評価を組み合わせ、凍害の進行が物性値へ及ぼす影響を検証した。クラック構造は、X線CT法により1.0mm間隔で評価した。X線CT計測を行った後に、弾性波法による物性値評価を試みた。検討の結果、クラック構造の発達したコンクリート・コアでは、CT値の低下と弾性波速度の減少が局部的に確認された。これらの評価値は、コンクリート内部に発達したクラック構造に強く影響され、その定量的評価には弾性波法やX線CT法が有効であることが示唆された。

    DOI: 10.14250/cement.63.204

    CiNii Article

    researchmap

  • バリオグラムによる表面被覆工を施したコンクリートの熱特性評価 査読

    鈴木哲也, 青木正雄, 大津政康

    コンクリート工学年次論文集   32 ( 2 )   763 - 768   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コンクリート工学協会  

    コンクリート構造物の損傷は,局所的に進行し,構造体の耐力を低下させる。本研究では,損傷が進行したコンクリート水路構造物の補修効果を熱特性の空間的分布構造の観点から評価した。評価手法には,推計統計学指標に加えて,空間データの評価手法の一つである地質統計学のセミバリオグラムを用いた。検討の結果,表面被覆工を施したコンクリート壁面の熱特性は,明確なセミバリアンスとラグの関係が得られ,コンクリート構造物の補修効果の検証へのセミバリオグラムの有効性が明らかになった。損傷部の検出には,セミバリアンスと統計指標である尖度と歪度の関係が有効であることが示唆された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10641491

  • Relative Damage Evaluation of Concrete in a Road Bridge by AE Rate-Process Analysis

    Suzuki, T., Ohtsu, M., Shigeishi, M.

    Materials and Structures   40 ( 2 )   221 - 227   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    It is widely reported and realized that durability of concrete decreases due to such effects, as salt and chemical attack, freezing and thawing, and carbonation and fatigue. In existing structures mechanical damage of concrete has been practically estimated from the strength by a compression test and a rebound hammer test. For effective maintenance of concrete structures, it is necessary to evaluate quantitatively not only the strength of concrete but also the degree of damage. Quantitative damage evaluation of structural concrete is proposed by applying acoustic emission (AE) technique and damage mechanics. Consequently, damage evaluation is conducted on concrete cores of an existing structure.
    Core-samples were collected from an arch fragment of a reinforced concrete road bridge that had been in service for 87 years. Compressive strengths and Young's moduli were measured during the compression test along with AE measurement. Dynamic Young's moduli were also calculated from the longitudinal wave velocity. Thus the relative damages are quantitatively evaluated from static and dynamic Young's moduli and compared with results of AE rate-process analysis.

    DOI: 10.1617/s11527-006-9133-9

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • 曲げ載荷過程のAEモニタリングに基づく石綿セメント管の損傷度評価 査読

    鈴木哲也, 大津政康, 青木正雄, 中村良太

    セメント・コンクリート論文集   60   615 - 620   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evaluation of Water-Leak Phenomena in-Service Pipeline by Acoustic Emission 査読

    Suzuki, T. Ikeda, Y. Tomoda, Y, Ohtsu, M

    Journal of Acoustic Emission   23   272 - 276   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    CiNii Article

    researchmap

  • Quantitative Damage Evaluation of Structural Concrete by a Compression Test based on AE Rate Process Analysis 査読

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    Construction and Building Materials   18 ( 3 )   197 - 202   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    In recent years, deterioration of concrete structures has been widespread and become a social problem. Because the durability of concrete structures decreases easily due to such external effects, as carbonation and freezing-thawing process, it has been important to evaluate not only the strength but also the damage of concrete. Thus, damage evaluation of structural concrete is developed, applying acoustic emission (AE) method. Damaged concrete samples are examined, based on fracturing behavior under unconfined compression. AE behavior of the concrete under compression is dependent on the degree of damage, and could be analyzed by the rate process analysis. Using Loland's model, a relationship between stress and strain is modeled, and a relation between the AE rate and the damage parameter is correlated. By calculating Young's modulus of the intact concrete from the database of this correlation, the relative damage of the concrete in an actual structure is successfully estimated. (C) 2003 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2003.10.009

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 農業用鋼矢板水路の機能診断と保全-非破壊検査と新たな材料開発-

    鈴木哲也, 浅野勇編著( 担当: 編集)

    株式会社養賢堂  2022年9月  ( ISBN:9784842505893

     詳細を見る

  • Computational Modelling of Concrete and Concrete Structures

    Günther Meschke, Bernhard Pichler, Jan G. Rots Edit( 担当: 共著)

    CRC Press  2022年6月  ( ISBN:9781032327242

     詳細を見る

  • 農業水利学

    飯田, 俊彰, 加藤, 亮編( 担当: 共著 ,  範囲: 7.1 日本の農業水利ストックの現状)

    文永堂出版  2021年4月  ( ISBN:9784830041365

     詳細を見る

    総ページ数:xx, 321p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Acoustic Emission and Related Non-destructive Evaluation Techniques in the Fracture Mechanics of Concrete, 2nd Edition

    Ohtsu, M. Edit, Suzuki, T, Shimamoto, Y( 担当: 共著)

    Wood head Publishing  2020年9月  ( ISBN:9780128221365

     詳細を見る

  • 農業用鋼矢板水路の腐食実態と長寿命化対策‐補修・補強・更新への性能設計‐

    鈴木哲也, 浅野勇, 石神暁郎編著( 担当: 編集)

    株式会社養賢堂  2019年10月  ( ISBN:9784842505756

     詳細を見る

  • 鋼矢板水路の腐食実態と補修・補強対策

    鈴木哲也, 浅野勇, 石神暁郎編著( 担当: 編集)

    株式会社第一印刷所  2017年11月  ( ISBN:9784907397098

     詳細を見る

  • Innovative AE and NDE Techniques for On-Site Measurement of Concrete and Masonry Structures

    Ohtsu, M. Edit, Suzuki, T( 担当: 共著)

    Springer  2016年1月  ( ISBN:9402413928

     詳細を見る

  • 最新の物理探査適用事例集

    物理探査学会, 物理探査学会創立60周年記念事業実行委員会( 担当: 共著 ,  範囲: 農業”弾性波を利用したコンクリート系配管材の損傷同定と水密性能評価に関する研究”)

    物理探査学会創立60周年記念事業実行委員会  2008年10月  ( ISBN:9784938493042

     詳細を見る

    総ページ数:418p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 超長期耐久性を考慮した水路護岸材の材料設計とライフサイクルコスト評価 招待 査読

    大高範寛, 藤本雄充, 浅野勇, 山内祐一郎, 萩原大生, 鈴木哲也

    農業農村工学会誌   91 ( 11 )   17 - 20   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鋼矢板と地盤の複合構造の観点による腐食鋼矢板実態の再考 招待 査読

    萩原大生, 鈴木哲也

    農業農村工学会誌   91 ( 11 )   21 - 24   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • レーザ計測による農業水利施設の三次元損傷データの構築 招待 査読

    柴野一真, モロゾワ ナデージダ, 島本由麻, 鈴木哲也, 伊藤久也, 千代田淳, 末松格太郎, 橘勇貴

    農業農村工学会誌   91 ( 6 )   365 - 668   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 材料施工研究への機械学習適用と解析精度へ及ぼす要因分析 招待 査読

    島本由麻, 柴野一真, 鈴木哲也

    農業農村工学会誌   91 ( 6 )   369 - 372   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産学官連携による農業用ポンプ診断技術の検証と新技術分野のリカレント教育 招待 査読

    鈴木哲也, 水島孝典, 小林和夫, 岡本英樹, 星野健介

    農業農村工学会誌   90 ( 12 )   11 - 14   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • International Collaboration on AE: Japan and Turkey

    Ninel Alver, Sena Tayfur, Yuma Shimamoto, Kazunari Inaba, Tetsuya Suzuki

    ACOUSTIC EMISSION WORKING GROUP   ( 2 )   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • デジタル画像のハフ変換を利用した切梁式鋼矢板護岸の座屈破壊検出 招待

    鈴木哲也, 萩原大生, 島本由麻

    画像ラボ   32 ( 7 )   14 - 18   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 現地踏査による農業水利システムの水利用実態の調査診断 (小特集 次世代型農業水利システムの姿)

    鈴木 哲也, 樽屋 啓之, 粟生田 忠雄

    水土の知 : 農業農村工学会誌   83 ( 4 )   267 - 270   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 農業用パイプラインの現地載荷試験による損傷度評価 査読

    伊藤久也, 鈴木哲也

    農業農村工学会誌   82 ( 1 )   23 - 26   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:農業土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 弾性波検出による農業用パイプラインの水理機能診断法の開発 査読

    鈴木 哲也, 樽屋 啓之, 中田 達, 藤山 宗, 中 達雄

    農業農村工学会誌   82 ( 1 )   7 - 10,a1   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 農業農村工学会  

    <p>農業用パイプラインのストックマネジメントの重要性が見直されることに伴い,全国的な規模で既存施設の機能診断や補修・補強工に伴う水路システムの再構築が進められている。農業用パイプラインの更新事業では,一般的に補修・補強工を中心とした構造機能に関する議論が多いのが現状である。適切な水路システムの再構築には,構造機能に加えて水理機能の評価が不可欠である。本報では,農業用パイプラインを対象に水理現象起源の弾性波の検出による水理機能評価を検討した。その結果,水理現象起源の弾性波をAE(Acoustic Emission)法により検出し,AEパラメータによる特性評価により農業用パイプラインで発生する水理現象(水撃圧,混相流)を検出できることが明らかになった。</p>

    DOI: 10.11408/jjsidre.82.1_7

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • AE法を用いたコンクリート破壊挙動モニタリングによる損傷度評価-損傷が進行したコンクリート構造物を対象として- 招待

    鈴木哲也, 大津政康

    下水道協会誌   49 ( 592 )   28 - 31   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本下水道協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 社会基盤施設の長寿命化における課題と点検技術 招待

    鈴木哲也

    下水道協会誌   49 ( 592 )   1 - 1   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 弾性波を用いた農業用パイプラインの非破壊水密性照査法の開発 招待

    鈴木哲也, 中達雄, 樽屋啓之

    ARIC情報   102   35 - 40   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 弾性波検出による補修パイプラインの水密性照査法の開発 (小特集 パイプラインの再生技術) 査読

    鈴木 哲也, 中 達雄, 樽屋 啓之

    水土の知   78 ( 4 )   287 - 290   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業農村工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • AE法を用いたコンクリート損傷度評価システムDeCATの開発 招待

    鈴木哲也, 中達雄, 大津政康

    ARIC情報   99   15 - 19   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 弾性波検出による補修パイプラインの水密性能照査に関する技術開発 招待

    伊藤久也, 鈴木哲也

    月間下水道   32 ( 3 )   52 - 55   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:環境新聞社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • In-Situ Non-Destructive Monitoring of Water Flow in Damaged Agricultural Pipeline by AE 査読

    Suzuki, T, Ohtsu, M, Aoki, M, Nakamura, R

    日本ICID協会会報   18 ( 第18 )   73 - 83   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    CiNii Article

    researchmap

  • 国際情報 第11回構造物の欠損と補修に関する国際会議 招待

    鈴木哲也

    コンクリート工学   44 ( 11 )   66 - 67   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Use of Infrared Data for Detection of Concrete Defect In-Service Thrust Block Based on Heat Balance Analysis 招待

    Kazuma Shibano, Masaomi Kimura, Kentaro Ohno, Tetsuya Suzuki

    FraMCoS - 11  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Non-Destructive Detection of an Artificial Defect in Concrete with Infrared Thermography and Heat Balance Simulation 招待

    Taiki Hagiwara, Yuma Shimamoto, Tetsuya Suzuki

    FraMCoS - 11  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Non-Destructive Identification of Water Hammer in Service Pipeline with Un-Steady Flow Conditions using Acoustic Emission Energy Parameter

    Tetsuya Suzuki, Masaomi Kimura, Yohei Asada, Toshiaki Iida, Yuma Shimamoto, Kazunari Inaba

    PAWEES International Conference Fukuoka 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Detection of Concrete Damage by X-ray CT and Related Non-Destructive Elastic Wave Monitoring in Core Test

    Tetsuya SUZUKI, Nadezhda MOROZOVA, Yuma SHIMAMOTO, Sena TAYFUR, Ninel ALVER

    NDT-CE 2022  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Detection of Corroded Condition in Agricultural Steel Sheet Pile Canals by using Image Analysis

    Hagiwara, T, Ishigami, A, Shimamoto, Y, Suzuki, T

    TAIWAN PAWEES 2021 International Conference  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Use of Random Forest for Estimating Mechanical Properties of Agro-Infrastructure’s Concrete

    Shimamoto, Y, Tayfur, S, Alver, N, Suzuki, T

    TAIWAN PAWEES 2021 International Conference  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Damage Estimation Method for in-Service Structure by Acoustic Emission

    Morozova, N, Shimamoto, Y, Shibano, K, Suzuki, T

    TAIWAN PAWEES 2021 International Conference  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Damage Parameter for Concrete by using AE and X-ray CT 国際会議

    Suzuki, T, Shimamoto, Y

    FramCos X, 10th International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Concrete Damage Estimation System “i-DeCAT”based on AE Parameter Analysis 国際会議

    Suzuki, T, Shimamoto, Y

    17th Structural Faults and Repair-2018  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Detection of Cracking Damage in-Service Concrete by AE Energy Parameter 国際会議

    Shimamoto, Y, Suzuki, T

    EAC2 2nd International RILEM/COST Conference on Early Age Cracking and Serviceability in Cement-based Materials and Structures  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Improved Water Flow Performance in Pipeline using AE Parameter Analysis 国際会議

    Suzuki, T, Honda, Y, Taruya, H, Naka, T

    Progress in Acoustic Emission XVIII  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On-Site Damage Evaluation of Cracked Concrete by Acoustic Emission and Related Non-Destructive Techniques 国際会議

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    NDT-CE 2015  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of Improved Water Flow Performance in Pipeline using AE Monitoring 国際会議

    Suzuki, T, Naka, T, Taruya, H

    Progress in Acoustic Emission  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Damage Evaluation of Cracked Concrete by DeCAT 国際会議

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    FraMCoS‐8  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Application of DeCAT System for Damage Evaluation of Concrete in Disaster Areas due to the Great East Japan Earthquake

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    Structural Faults and Repair-2012  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Use of Acoustic Emission Method for Detection of Two-Phase Flow in Service Open Type Water Pipeline 国際会議

    Suzuki, T, Naka, T, Ohtsu, M

    NDTMA 2011  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Damage Identification of Cracked Concrete by X-Ray Computed Tomography Method 国際会議

    Suzuki, T, Aoki M, Ohtsu, M

    FraMCoS-7  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Use of Acoustic Emission and X-Ray Computed Tomography for Damage Evaluation of Freeze-Thawed Concrete

    Suzuki, T, Aoki M, Ohtsu, M

    The 5rd Kumamoto International Workshop on Fracture, Acoustic Emission and NDE in Concrete  2009年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Spatial Damage Distribution in Structural Concrete by Semi-Variogram Analysis

    Suzuki, T, Aoki M, Ohtsu, M

    4th International Conference on Construction Materials: Performance, Innovations and Structural Implications  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Water-Tightness in Repaired Pipeline using Acoustic Emission Method

    Suzuki, T., Naka, T., Taruya, H., Tanaka, Y., Miharu, K., Aoki M., Ohtsu, M.

    IAES-19  2008年 

     詳細を見る

  • Estimation of Intact Modulus for Damage Evaluation in Concrete by DeCAT

    Suzuki, T., Aoki M., Ohtsu, M.

    12th International Conference Structural Faults+Repair-2008  2008年 

     詳細を見る

  • In-Situ Non-Destructive Monitoring of Water Flow in Damaged Agricultural Pipeline by Acoustic Emission

    Suzuki, T., Aoki M., Ohtsu, M., Nakamura, R.

    USCID Fourth International Conference  2007年 

     詳細を見る

  • AE and SIBE Techniques for NDT of Crack, Damage, Corrosion and Void in Concrete 招待

    Ohtsu, M., Shigeishi, M., Suzuki, T., Alver, N.

    The 11th International Conference Structural Faults+Repair-2006  2006年 

     詳細を見る

  • Damage Evaluation of Concrete in a Road Bridge by DeCAT

    Suzuki, T, Komeno, G, Ohtsu, M

    The 11th International Conference Structural Faults+Repair-2006  2006年 

     詳細を見る

  • Practical Monitoring in Water-Leaked Pipeline by AE Parameter Analysis

    Suzuki, T, Ikeda, Y, Tomoda, Y, Ohtsu, M

    The 3rd US-Japan Symposium on Advancing Applications and Capabilities in NDE,2005  2005年 

     詳細を見る

  • Damage Mechanics of Carbonated Concrete by AE Rate-Process Analysis

    Suzuki, T, Komeno, G, Ohtsu, M

    International Conference on Fracture,2004  2004年 

     詳細を見る

  • Damage Estimation of Concrete by AE Rate-Process Analysis in Core Test

    Suzuki, T, Ohtsu, M

    International Symposium on NDT in Civil Engineering, 2003  2003年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Damage Evaluation of Concrete using Acoustic Emission

    Suzuki, T, Watanabe, H, Ohtsu, M

    The 6th Far-East Conference on Non-Destructive Testing  2002年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

産業財産権

  • 既設地中構造物の補強構造及び既設地中構造物の補強方法

    鈴木哲也, 阿部幸夫, 原田剛男, 大高範寛, 藤本雄充

     詳細を見る

    出願人:日鉄建材株式会社;国立大学法人 新潟大学

    出願番号:特願2023-051850  出願日:2023年3月

    公開番号:特開2024-014698  公開日:2024年2月

    researchmap

  • 既設地中構造物の補強構造、既設地中構造物の補強方法及び地中構造物の施工方法

    鈴木哲也, 阿部幸夫, 原田剛男, 大高範寛, 藤本雄充

     詳細を見る

    出願人:日鉄建材株式会社;国立大学法人 新潟大学

    出願番号:特願2022-054585  出願日:2022年3月

    公開番号:特開2023-147050  公開日:2023年10月

    researchmap

  • 地中構造物の施工方法

    鈴木哲也, 阿部幸夫, 原田剛男, 大高範寛, 藤本雄充

     詳細を見る

    出願人:日鉄建材株式会社;国立大学法人 新潟大学

    出願番号:特願2022-054584  出願日:2022年3月

    公開番号:特開2023-147049  公開日:2023年10月

    researchmap

  • 機械学習による漏洩現象の同定方法及び同定システム

    鈴木哲也, 五十嵐司, 島本由麻, 北野原朋宏, 本間順

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 新潟大学;国立大学法人東京農工大学;大林道路株式会社

    出願番号:特願2022-037642  出願日:2022年3月

    公開番号:特開2023-132377  公開日:2023年9月

    researchmap

  • 腐食診断装置、腐食診断システム、腐食診断方法、及びプログラム

    鈴木哲也, 萩原大生, 島本由麻, 大高範寛, 藤本雄充, 阿部幸夫, 原田剛男

     詳細を見る

    出願人:日鉄建材株式会社;国立大学法人 新潟大学

    出願番号:特願2019-194755  出願日:2019年10月

    公開番号:特開2021-067617  公開日:2021年4月

    researchmap

  • 応力推定装置、応力推定方法、及びプログラム

    鈴木 哲也

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-116075  出願日:2019年6月

    公開番号:特開2021-001822  公開日:2021年1月

    特許番号/登録番号:特許第7232520号 

    researchmap

  • コンクリート用充填材、コンクリート構造物の補修方法及びコンクリート用充填材の充填確認方法

    鈴木 哲也, 藤井 伸之, 小嶋 篤志, 西脇 健志, 野口 浩, 松田 裕介

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-082990  出願日:2018年4月

    公開番号:特開2019-190100  公開日:2019年10月

    researchmap

  • コンクリート用充填材の確認方法

    鈴木哲也, 藤井伸之, 小嶋篤志, 西脇健志, 野口浩, 松田裕介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 新潟大学;株式会社福田組;株式会社 東邦アーステック

    出願番号:特願2018-082990  出願日:2018年4月

    公開番号:特開2019-190100  公開日:2019年10月

    特許番号/登録番号:特許第6781894号 

    researchmap

  • 管体

    鈴木哲也, 中達雄, 樽屋啓之, 中田達

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-215274  出願日:2014年10月

    公開番号:特開2016-080139  公開日:2016年5月

    特許番号/登録番号:特許第6497693号  発行日:2016年5月

    researchmap

  • 低水圧通水施設の異常箇所検出方法

    鈴木哲也, 伊藤久也, 千代田淳, 本間辰之介

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-222223  出願日:2012年10月

    公開番号:特開2014-074654  公開日:2014年4月

    特許番号/登録番号:特許第5688058号  発行日:2015年1月

    researchmap

  • 配管補修後液密性検査装置

    鈴木哲也, 伊藤久也

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-089146  出願日:2008年3月

    特許番号/登録番号:特許第5211379号  発行日:2009年10月

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 沢田賞

    2020年8月   農業農村工学会   非破壊検査手法等を用いた農業水利施設の機能診断と評価技術に関する一連の研究

    鈴木哲也

     詳細を見る

  • 研究奨励賞

    2014年8月   農業農村工学会   アコースティック・エミッション法を用いた農業水利施設の機能診断技術の開発に関する研究

    鈴木哲也

     詳細を見る

 

担当経験のある授業科目

  • エンジニアリング・デザイン演習

    2021年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIc

    2021年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIc

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 基礎物理学

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 環境材料工学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 流域環境学演習Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 水土環境工学演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 流域環境学演習Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 水土環境工学実験

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農環境デザイン入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造デザイン工学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業資源を知る

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 土と水

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎物理学

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 生産環境基礎数学及び物理

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定演習Ⅱ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 農業工学演習

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 農業工学実験

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 農業工学インターンシップ

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 生産環境科学概論Ⅰ

    2012年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅡ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学総合演習Ⅱ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅱ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅱ(学外発表)

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • チームインターンシップ Ⅰ

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅱ(中間発表)

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • チームインターンシップ Ⅱ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 情報処理演習

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 施設機能工学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基盤施設工学特論

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用構造力学

    2011年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 基礎構造力学

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示