2021/10/20 更新

写真a

フナヤマ アキノリ
船山 昭典
FUNAYAMA Akinori
所属
医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科 講師
職名
講師
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • (歯学) ( 2007年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔再建外科   講師

    2017年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 組織再建口腔外科   助教

    2013年11月 - 2017年6月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔再建外科   助教

    2012年12月 - 2013年10月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔再建外科   医員

    2012年4月 - 2012年11月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 組織再建口腔外科   特任助教

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔再建外科   医員

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 富山県立中央病院   歯科口腔外科   医員

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科   講師

    2017年7月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学   助教

    2013年11月 - 2017年6月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科   助教

    2012年12月 - 2013年10月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任助教

    2011年4月 - 2012年3月

学歴

  • 新潟大学   歯学部   歯学科 卒業

      詳細を見る

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科   博士課程 修了

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

取得資格

  • 歯科医師

  • 日本口腔外科学会認定口腔外科認定医

  • 日本口腔外科学会認定口腔外科専門医

  • がん治療認定医(歯科口腔外科)

 

論文

  • Maxillary sinus aspergillosis associated with migration of a dental implant: A case report

    Wataru Katagiri, Kosuke Hashizume, Naoaki Saito, Akinori Funayama, Tadaharu Kobayashi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   4   100157 - 100157   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.adoms.2021.100157

    researchmap

  • The prosthodontic recovery of the damaged external hexagon due to improper implant position. A case report

    Wataru Katagiri, Daisuke Suda, Daichi Hasebe, Akinori Funayama, Tadaharu Kobayashi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.adoms.2021.100184

    researchmap

  • HEATR1, a novel interactor of Pontin/Reptin, stabilizes Pontin/Reptin and promotes cell proliferation of oral squamous cell carcinoma

    Akihiko Nakamura, Yoshito Kakihara, Akinori Funayama, Kenta Haga, Toshihiko Mikami, Daiki Kobayashi, Yutaka Yoshida, Kenji Izumi, Tadaharu Kobayashi, Makio Saeki

    Biochemical and Biophysical Research Communications   557   294 - 301   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.04.021

    researchmap

  • Evaluation of factors affecting health-related quality of life in patients treated for oral cancer 査読

    Naoko Ogino, Akinori Funayama, Kanae Niimi, Toshihiko Mikami, Makoto Inoue, Tadaharu Kobayashi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   2   100057 - 100057   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.adoms.2021.100057

    researchmap

  • 舌上皮性異形成および上皮内癌と診断された病変の診断および治療の検討 査読

    新美 奏恵, 船山 昭典, 丸山 智, 勝良 剛詞, 新國 農, 田沼 順一, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔診断学会雑誌   33 ( 1 )   126 - 126   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • 骨髄間葉系幹細胞培養上清のマクロファージスイッチング作用は早期の骨形成を誘導する 査読

    片桐 渉, 竹内 涼子, 遠藤 諭, 斎藤 直朗, 長谷部 大地, 船山 昭典, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   18 ( 3 )   208 - 208   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 下顎骨に発生した象牙質形成性幻影細胞腫の1例 査読

    船山 昭典, 三上 俊彦, 新美 奏恵, 片桐 渉, 金丸 祥平, 西山 秀昌, 林 孝文, 阿部 達也, 山崎 学, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 2 )   188 - 188   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 放射線誘発が疑われた口腔内多発癌の1例

    三上 俊彦, 船山 昭典, 金丸 祥平, 新美 奏恵, 丸山 智, 小林 正治

    日本口腔内科学会雑誌   25 ( 1 )   10 - 15   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    患者は60歳の女性で、右側上顎の疼痛を主訴に受診した。当科受診7年前に他院で左側舌縁部扁平上皮癌の診断で舌部分切除術と術後放射線治療を受けていた。当科初診時、右側上顎、左側頬粘膜、下顎唇側歯肉に腫瘍性病変を認め、生検の結果3部位とも扁平上皮癌の診断であった。右側上顎骨部分切除術、左側頬粘膜部腫瘍切除術および下顎骨辺縁切除術を施行したが、原発巣の再発と頸部転移を認め、制御不能となり当科における初回手術から3年後に永眠された。(著者抄録)

    researchmap

  • 同種幹細胞移植後の慢性GVHDに伴う白板症より発生した舌扁平上皮癌の1例

    新美 奏恵, 芳澤 享子, 船山 昭典, 小林 正治

    日本口腔内科学会雑誌   24 ( 2 )   46 - 52   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔内科学会  

    造血器悪性腫瘍に対する造血幹細胞移植後に慢性GVHDや二次がんを発症することがある。今回末梢血幹細胞移植後に舌癌を発症した1例を経験した。患者は57歳、女性。41歳時に急性骨髄性白血病に対し化学療法、同種末梢血幹細胞移植を施行後、慢性GVHDを発症。治療後16年経過し舌側右側縁に扁平上皮癌を認め加療を行った。造血器悪性腫瘍加療後は、主疾患治療後も長期の口腔内の経過観察の継続が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Vertical distraction osteogenesis of a reconstructed mandible with a free vascularized fibula flap: A report of two cases 査読

    Saito N, Funayama, Arai Y, Suda D, Takata Y, Kobayashi T

    Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgery   40 ( 32 )   1 - 8   2018年11月

  • 顎顔面領域の多発開放骨折を伴った交通外傷の1例

    新美 奏恵, 長谷部 大地, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷   17 ( 2 )   58 - 63   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    症例は67歳女性で、運転中にトラックと衝突して受傷した。口腔外所見では眼瞼周囲から顎下部にかけてび漫性の腫脹、上唇の裂傷、鼻腔からの持続的な出血を認めた。口腔内所見では、上顎両側小臼歯間での歯肉裂創と裂創部からの持続的な出血、上顎両側小臼歯部間と、下顎左側小臼歯部の開放骨折、左上中切歯、右下犬歯の歯の完全脱臼、右上第1大臼歯の破折を認めた。CTでは上顎洞内と鼻腔内に多量の液体貯留を認め、鼻骨、頬骨、上顎骨、蝶形骨と下顎骨の骨折を認めた。顎顔面の裂創と骨折以外は保存的治療の方針となった。到着8時間後、DICと診断した。DICからの脱却と循環動態の安定を目的に輸血を行った。口腔内からの出血は徐々に軽減したが、骨折部位で出血が持続していることが示唆された。受傷後10日目に骨折部位での止血と骨片の整復咬合の再構築を目的に、観血的整復術を行った。上顎整復時には顎間固定を行ったが複数個所にわたる骨折と多数歯の欠損により中心咬合位の完全な再現は困難であった。39日目に退院となった。術後6ヵ月経過し、良好な顔貌と咬合関係を得られている。

    researchmap

  • Recurrent congenital double upper lip: A case report 査読

    Eri Uchikawa, Michiko Yoshizawa, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Tadaharu Kobayashi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   30 ( 3 )   247 - 251   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Double lip is a rare anomaly characterized by hyperplastic mucosal tissue. It may occur either congenital or acquired. Surgical treatment, carried out under either local or general anesthesia, is indicated for cosmetic reasons and produces good functional and cosmetic results. Several surgical methods have been used, such as transverse elliptical excision, W-plasty, electrosurgical excision. Post-operative recurrence is rare. The present report describes a rare case of post-surgery recurrent double upper lip, necessitating a second operation. A literature review presents the origin of this anomaly, the method of surgery, and the histology of the double lip, and the two operations are compared.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2017.11.010

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Oral and maxillofacial manifestations of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder in a patient with rheumatoid arthritis: Report of a case. 査読

    Niimi K, Shingaki S, Funayama A, Mikami T, Nishiyama H, Hayashi T, Yamazaki M, Maruyama S, Saku T, Kobayashi T

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   8月11日受理 ( 印刷中 )   2018年

     詳細を見る

  • 歯科領域における周術期患者の抗菌薬使用実態調査―経口スイッチ療法の評価

    吉田謙介, 田村隆, 田村隆, 磯辺浩和, 新木貴大, 中川裕介, 石田みなみ, 鈴木直人, 西川敦, 船山昭典, 児玉泰光, 小林正治, 高木律男, 田邊嘉也, 外山聡

    医薬品相互作用研究   41 ( 3 )   174‐177   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A simple technique for repositioning of the mandible by a surgical guide prepared using a three-dimensional model after segmental mandibulectomy. 査読

    Funayama A, Kojima T, Yoshizawa M, Mikami T, Kanemaru S, Niimi K, Oda Y, Kato Y, Kobayashi T

    Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgery   39 ( 1 )   16   2017年6月

  • 下顎歯肉扁平上皮癌の臨床的検討

    船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣晋, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   77‐82   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ツキノワグマによる下顎骨粉砕骨折の1例

    船山昭典, 三上俊彦, 長谷部大地, 芳澤享子, 小林正治

    口腔顎顔面外傷   15 ( 1/2 )   32‐37   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術後に末梢性顔面神経麻痺を生じた5例

    小島拓, 長谷部大地, 加藤祐介, 倉部華奈, 船山昭典, 新美奏恵, 加納浩之, 齊藤力, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 3 )   237‐242   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.26.237

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著しい開口障害をきたした両側筋突起過形成症の1例

    加藤祐介, 三上俊彦, 船山昭典, 新美奏恵, 田中礼, 林孝文, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 3 )   214‐219   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.26.214

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行した1例

    小島拓, 加藤祐介, 船山昭典, 三上俊彦, 倉部華奈, 原省司, 朝日藤寿一, 八巻正樹, 斎藤功, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   46 ( 1 )   21‐26   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Electron Probe Microanalysis of Exogenous Pigmentation of Oral Mucosa Originating from Dental Alloy: Two Case Reports 査読

    Funayama A, Mikami T, Niimi1 K, Kano H, Nikkuni Y, Yamazaki M, Kobayashi T

    Open Journal of Stomatology   2016 ( 6 )   120 - 126   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科において,粘膜・皮膚疾患に分類された外来初診患者の臨床統計的検討

    芳澤享子, 新美奏恵, 三上俊彦, 船山昭典, 鈴木一郎, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   67‐72   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Changes in maximum lip closing force following orthognathic surgery in patients with jaw deformities 査読

    Gentaro Takeuchi, Tadaharu Kobayashi, Daichi Hasebe, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Chikara Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   27 ( 4 )   465 - 469   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Objective: This study was conducted to investigate the changes in maximum lip closing force and craniofacial morphology following orthognathic surgery. Methods: The subjects were 36 female patients with skeletal Class III malocclusions and 12 female patients with skeletal Class II malocclusions in whom dentofacial deformities had been surgically corrected. The control group consisted of 25 females with normal occlusion. Maximum lip closing force was measured with a strain-measuring device before surgery and 2 weeks, 6 months and 1 year after surgery. Skeletal morphologies were evaluated using lateral cephalograms taken before and immediately after surgery. Results: Mean maximum lip closing force in the Class II group was significantly lower than that in the Class III group but not significantly different from that in the control group, and correlation analysis between maximum lip closing force and cephalometric analysis items suggested that patients with protrusive maxilla and long face pattern have lower lip closing force. Maximum lip closing forces in Class II and III groups at 1 year after surgery were significantly larger than that before surgery and not significantly different from that in the control group. There was no significant difference between maximum lip closing forces in one-jaw and two-jaw surgery groups. Conclusion: Patients with protrusive maxilla and long face pattern have lower lip closing force, and orthognathic surgery improves maximum lip closing force regardless of the surgical procedure.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2014.04.010

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Keratin 17 is co-expressed with 14-3-3 sigma in oral carcinoma in situ and squamous cell carcinoma and modulates cell proliferation and size but not cell migration 査読

    Toshihiko Mikami, Satoshi Maruyama, Tatsuya Abe, Takanori Kobayashi, Manabu Yamazaki, Akinori Funayama, Susumu Shingaki, Tadaharu Kobayashi, Cheng Jun, Takashi Saku

    VIRCHOWS ARCHIV   466 ( 5 )   559 - 569   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Expression of keratin (K) 13 is replaced with that of K17 when squamous cells of the oral mucosa transform from normal and dysplastic epithelia to carcinoma in situ (CIS) and squamous cell carcinoma (SCC). Since 14-3-3 sigma is functionally associated with K17, we examined possible relationships between expression of K17 and 14-3-3 sigma in oral CIS and SCC tissues by immunohistochemistry. We furthermore examined whether or not K17 expression or knockdown by small interfering RNA (siRNA) modulates the behavior of SCC cells in culture in terms of cell proliferation and migration. In tissue specimens of oral SCC and CIS, the pattern of cytoplasmic expression of 14-3-3 sigma and K17 was similar but neither was expressed in normal or dysplastic epithelia. Both proteins were demonstrated in the cytoplasm of control oral SCC ZK-1 cells, but expression of 14-3-3 sigma changed from cytoplasmic to nuclear upon knockdown of K17. In carcinoma cells, therefore, cytoplasmic localization of 14-3-3 sigma seems to accompany expression of K17. In K17-knockdown cells, proliferation was significantly suppressed at 4 days after seeding. In addition, the cell size of K17-knockdown cells was significantly smaller than that of control cells; as a result of which in the migration experiments, we found delayed closure of scratch wounds but migration as such was not affected. We conclude that K17 expression promotes SCC cell growth and cell size but does not affect cell migration. K17 expression is accompanied by cytoplasmic expression of 14-3-3 sigma, indicative of their functional relationship.

    DOI: 10.1007/s00428-015-1735-6

    Web of Science

    researchmap

  • 頸部壊死性筋膜炎の一例

    倉部華奈, 芳澤享子, 小田陽平, 金丸祥平, 船山昭典, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   107 - 112   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨に発症したサルコイドーシスの1例

    船山昭典, 新垣晋, 加納浩之, 林孝文, 朔敬, 齊藤力

    日本口腔外科学会雑誌   60 ( 6 )   348 - 353   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5794/jjoms.60.348

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Autotransplantation or replantation of cryopreserved teeth: a case series and literature review 査読

    Michiko Yoshizawa, Takahiro Koyama, Naoya Izumi, Kanae Niimi, Yukiko Ono, Hisao Ajima, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Tadaharu Kobayashi, Kazuhiro Ono, Ritsuo Takagi, Chikara Saito

    DENTAL TRAUMATOLOGY   30 ( 1 )   71 - 75   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Background: The aim of this report was to evaluate the outcome of autotransplantation or replantation of cryopreserved teeth clinically and radiographically. Donor teeth were slowly frozen in a controlled-rate freezer using 5% dimethylsulfoxide (DMSO) and 6% hydroxyethyl starch (HES) as protectants. Seven cryopreserved teeth, with duration of storage ranging from 4 to 36 months, were autotransplanted or replanted at Niigata University Medical and Dental Hospital. Endodontic treatment involving root canal debridement followed by interim root canal filling with calcium hydroxide was started 3 weeks after the operation and continued with replacement of the calcium hydroxide filling at 2-week to 3-month intervals. Three transplants showed periodontal regeneration clinically and radiographically, whereas replacement root resorption was observed in the remaining transplants. From the results, it can be concluded that cryopreserved tooth autotransplantation has potential for clinical use; however, the risk of replacement root resorption remains.

    DOI: 10.1111/edt.12039

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Distant metastasis and survival of adenoid cystic carcinoma after definitive treatment 査読

    Susumu Shingaki, Shohei Kanemaru, Yohei Oda, Kanae Niimi, Toshihiko Mikami, Akinori Funayama, Chikara Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   26 ( 3 )   312 - 316   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Objective: Adenoid cystic carcinoma (ACC) is an aggressive tumor and characterized by late development of distant metastases (DM). The aim of study was to analyze the clinicopathological predictors of DM in ACC and to determine survival after the development of DM. Methods: Thirty patients with ACC treated by surgery and/or radiotherapy were included. The impact of clinicopathological factors on DM was assessed. Factors included primary site, T stage, histological growth pattern, surgical margin, perineural invasion (PNI), postoperative radiotherapy (PORT) and local recurrence. The median follow-up was 62 months (range, 3-267 months). Results: Twenty-four patients have relapsed local and/or distant metastases. The most common pattern of tumor relapse was DM, which developed in 17 patients. The 5-year, 10-year, and 15-year disease-free survival rate was 46%, 19%, and 15%, respectively. The positive surgical margin was significantly associated with DM rate. Neither primary site, T stage, histologic growth pattern, PNI, PORT nor local recurrence influenced on DM rates. The median survival period after the detection of DM for lung metastasis alone or bone and others were 47 months and 19 months, respectively (P= 0.03). Conclusions: ACC develops DM frequently even without locoregional recurrences. Only the status of surgical margins showed an association with the occurrence of DM. The survival of patients developing DM is significantly associated with the site of metastases and better in patients with lung compared to bone and other organs. A multimodality treatment approach including chemotherapy and molecular targets therapy is warranted to treat distant metastatic disease. © 2013 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2013.09.013

    Scopus

    researchmap

  • ラテックスと機械的刺激が誘因と考えられた舌・口底部・頬部血管浮腫の1例

    小野由起子, 芳澤享子, 船山昭典, 三上俊彦, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   129 - 134   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Changes in overnight arterial oxygen saturation after mandibular setback 査読

    Tadaharu Kobayashi, Akinori Funayama, Daichi Hasebe, Yusuke Kato, Michiko Yoshizawa, Chikara Saito

    BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY   51 ( 4 )   312 - 318   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    Mandibular setback reduces space in the pharyngeal airway, and it has been suggested that it might induce sleep-disordered breathing. We report on its effects on space in the pharyngeal airway and respiratory function during sleep. We studied 78 patients (29 men and 49 women) in whom skeletal class III malocclusions had been corrected. The mean (range) age at operation was 24 (16-38) years and body mass index (BMI) 21.4 (16.1-30.9) kg/m(2). Morphological changes were evaluated on lateral cephalograms taken three times: preoperatively, a few days postoperatively, and more than 6 months postoperatively. Overnight arterial oxygen saturation (SpO(2)) was measured by pulse oximetry 6 times: preoperatively, and on days 1, 3, 5, and 7, and 6 months postoperatively; oximetric indices were calculated. Those immediately after mandibular setback were significantly worse than those preoperatively, although they gradually improved. There were positive correlations between BMI and oximetric indices, and little association between changes in mandibular position and oximetric indices. There was no evidence of sleep-disordered breathing 6 months after mandibular setback because most patients adapt to the new environment for respiratory function during sleep. However, some (particularly obese) patients may develop sleep-disordered breathing just after mandibular setback. In such patients attention should be paid to respiratory function during sleep in the immediate postoperative period, and careful postoperative follow-up is needed. (C) 2012 The British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bjoms.2012.07.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Inflammatory histopathogenesis of nasopalatine duct cyst: a clinicopathological study of 41 cases 査読

    M. Tsuneki, S. Maruyama, M. Yamazaki, T. Abe, H. A. Adeola, J. Cheng, H. Nishiyama, T. Hayashi, T. Kobayashi, R. Takagi, A. Funayama, C. Saito, T. Saku

    ORAL DISEASES   19 ( 4 )   415 - 424   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Objective The aim of this study is to characterize immunohistochemical profiles of lining epithelia of nasopalatine duct cyst (NPC) as well as to correlate those findings with their clinicopathological features to understand the histopathogenesis of NPC. Materials and methods Forty-one surgical specimens from NPC were examined for clinical profiles and expression of keratin-7, 13, MUC-1, and P63 by immunohistochemistry, compared to radicular cyst (RC) and maxillary sinusitis. Results Nasopalatine duct cyst was clinically characterized by male predominant occurrence: 44% of the cases involved tooth roots, and 70% with inflammatory backgrounds. Lining epithelia of NPCs without daughter cysts were immunohistochemically distinguished into three layers: a keratin 7-positive (+) ciliated cell layer in the surface, a keratin-13+ middle layer, and a MUC-1+/P63+ lower half, indicating that they were not respiratory epithelia, and the same layering pattern was observed in RC. However, those immunolocalization patterns of the main cyst lining with daughter cyst were exactly the same as those of daughter cyst linings as well as duct epithelia of mucous glands. Conclusions Two possible histopathogeneses of NPC were clarified: one was inflammatory cyst like RC and the other was salivary duct cyst-like mucocele. Oral Diseases (2013) 19, 415-424

    DOI: 10.1111/odi.12022

    Web of Science

    researchmap

  • 上下顎移動術にポリ‐L‐乳酸/ポリ‐D‐乳酸/ポリグリコール酸生体吸収性骨接合材を使用した下顎前突症患者の術後顎骨安定性

    加納浩之, 小林正治, 船山昭典, 三上俊彦, 齋藤功, 齊藤力

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 1 )   8 - 14   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.23.8

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects of surgical orthodontic treatment for dentofacial deformities on signs and symptoms of temporomandibular joint 査読

    Masaki Togashi, Tadaharu Kobayashi, Daichi Hasebe, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Isao Saito, Takafumi Hayashi, Chikara Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   25 ( 1 )   18 - 23   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: The purpose of this study was to determine the incidence of temporomandibular joint (TMJ) signs and symptoms in patients with dentofacial deformities and to assess longitudinally the changes in TMJ signs and symptoms after surgical orthodontic treatment. Materials and methods: The subjects consisted of 170 patients with dentofacial deformities. A combination of Le Fort I osteotomy and bilateral sagittal split osteotomies was used in 112 patients, bilateral sagittal split osteotomies were performed in 58 patients. The joints were examined clinically and by computed tomography. Results: TMJ signs and symptoms were recognized in 29.5% of the patients, and disk displacements and condylar bone changes were recognized in 22.1% and 13.4% of the joints, respectively. More patients with mandibular retrusion and asymmetry had TMJ signs and symptoms, disk displacements and condylar bone changes than those with mandibular prognathism. The incidence of TMJ signs and symptoms had significantly decreased to 12.1% at one year after orthognathic surgery, and there were no significant differences in the incidences of TMJ signs and symptoms among the types of dentofacial deformity. Conclusion: Surgical orthodontic treatment has a beneficial effect on TMJ signs and symptoms in most patients with dentofacial deformities. However, there is a risk of TMJ symptoms and signs developing in preoperative asymptomatic patients after orthognathic surgery though the risk is low. © 2012 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2012.05.014

    Scopus

    researchmap

  • 化粧品による接触性口唇炎および皮膚炎と考えられた1例

    芳澤享子, 船山昭典, 三上俊彦, 新美奏恵, 小野由起子, 齊藤力

    新潟歯学会雑誌   42 ( 2 )   103 - 106   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Intraepithelially entrapped blood vessels in oral carcinoma in-situ 査読

    Akinori Funayama, Satoshi Maruyama, Manabu Yamazaki, Kamal Al-Eryani, Susumu Shingaki, Chikara Saito, Jun Cheng, Takashi Saku

    VIRCHOWS ARCHIV   460 ( 5 )   473 - 480   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    It can be difficult to make a certain diagnosis in case of an oral borderline malignant lesion on hematoxylin-eosin-stained sections only. Furthermore, assessment of surgical margins of borderline lesions is difficult with the naked eye. We set out to determine the topographical distribution of capillary blood vessels within the epithelial zone and to assess its use as an aid for histopathological diagnosis and a framework for clinical assessment of lesional margins using optical techniques, such as narrow-band imaging (NBI) endoscopy. Capillary blood vessels entrapped in the epithelial compartment, which we have designated as intraepithelially entrapped blood vessels (IEBVs), were examined for their frequency, location, and shape in normal mucosa, dysplasia, and carcinoma in-situ (CIS) of the tongue using immunohistochemistry for CD31 and type IV collagen. When counted per unit length of epithelial surface, IEBVs increased in number significantly in CIS (5.6 +/- 2.8), which was two times more than in normal (1.9 +/- 1.6) and dysplastic (2.4 +/- 1.5) epithelia. In addition, IEBVs in CIS had compressed shapes with occasional obstruction or collapse with hemorrhage and were arranged perpendicular to and extending up to the epithelial surface. These characteristic IEBVs in CIS were considered to be generated by complex expansion of rete ridges due to carcinoma cell proliferation within the limited epithelial space determined by the basement membrane. The recognition of IEBVs was helpful in the differential diagnosis of oral CIS, and the present data provide a valuable frame of reference for detecting oral CIS areas using such NBI-based optical devices.

    DOI: 10.1007/s00428-012-1224-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of orthognathic surgery on middle ear condition 査読

    Hideki Sato, Tadaharu Kobayashi, Hiroyuki Takatsuji, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Chikara Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   24 ( 2 )   75 - 79   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Objectives: The aim of this study was to determine the effects of orthognathic surgery on middle ear condition assessed by tympanometry. Materials and methods: The subjects were 239 patients inwhomjaw deformities were surgically corrected. Bilateral sagittal split osteotomies were performed in 80 patients and a combination of Le Fort I osteotomy and bilateral sagittal split osteotomies was used in 159 patients. Tympanometry was performed before surgery and one day, three days, five days, seven days and nine days after surgery. Tympanometric peak pressure and static compliance were used to assess Eustachian tube function, and the tympanograms were divided into three basic types. Results: Tympanometric peak pressure significantly decreased one day after surgery and gradually recovered within nine days after surgery. Tympanometric peak pressure immediately after surgery in the two-jaw surgery group was significantly lower than those in the one-jaw surgery group. The percentage of normal tympanogram decreased immediately after surgery, especially in the two jaw surgery group, and gradually recovered by nine days after surgery. The percentages of normal tympanogram in the patients with ear symptoms were significantly lower than those in the patients without ear symptoms for the entire period. Conclusion: Orthognathic surgery, especially maxillary osteotomy, can cause Eustachian tube dysfunction, though it is mild and transient and requires no intervention in most cases. However, 13% of patients had Eustachian tube dysfunction at the end of the study. These results suggest the importance of careful monitoring middle ear condition in patients undergoing orthognathic surgery. © 2011 Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2011.10.003

    Scopus

    researchmap

  • 睡眠呼吸障害の原因であった舌口底部動静脈奇形の1例

    高田佳之, 小林正治, 泉直也, 船山昭典, 長谷部大地, 齊藤力

    新潟歯学会雑誌   41 ( 2 )   85 - 90   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎枝矢状分割法が下顎頭の位置と顎関節症状に及ぼす影響について―3種類の術式の比較―

    高田佳之, 小林正治, 小野由起子, 上杉崇史, 加藤祐介, 船山昭典, 三上俊彦, 齊藤力

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 4 )   225 - 231   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.21.225

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頬粘膜扁平上皮癌の臨床的検討

    新美奏恵, 芳澤享子, 新垣晋, 小田陽平, 船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 泉直也, 齊藤力

    新潟歯学会雑誌   41 ( 1 )   31 - 37   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Emergence of keratin 17 vs. loss of keratin 13: Their reciprocal immunohistochemical profiles in oral carcinoma in situ 査読

    Toshihiko Mikami, Jun Cheng, Satoshi Maruyama, Takanori Kobayashi, Akinori Funayama, Manabu Yamazaki, Henry A. Adeola, Lanyan Wu, Susumu Shingaki, Chikara Saito, Takashi Saku

    ORAL ONCOLOGY   47 ( 6 )   497 - 503   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    To evaluate differential expressions for keratin (K) subtypes 13 and 17 in oral borderline malignancies, we examined 67 surgical specimens of the oral mucosa for their immunohistochemical profiles. From those specimens, 173 foci of epithelial dysplasia, 152 foci of carcinoma in situ (CIS), and 82 foci of squamous cell carcinoma (SCC) were selected according to our diagnostic criteria, along with 20 areas of normal epithelia. In normal epithelia, there was no K17 positivity (0%), whereas definite K13 positivity (100%) was observed. The same tendencies were obtained in mild (undefined) and moderate (true) epithelial dysplasias (K17: 0%; K13: 100%). In contrast, all CIS (100%) had K17 positivities, while K13 positivities were lost in many of them (7%). Similar tendencies were confirmed in invasive SCC (K17: 100%, K13: 4%). Simultaneous immunopositivities for K17 and K13 were found only in SCC (7%) and CIS (4%) foci with distinct keratinization. These foci also showed K10 positivities, though K10 positive areas were not identical to K13 positive areas. The results indicate that expressions of K17 and K13 are reciprocal in oral epithelial lesions and that the K17 emergence is related to malignancies. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2011.03.015

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Regeneration process after intraoral grafting of tissue-engineered human oral mucosa in athymic mice 査読

    Yoshizawa M, Koyama T, Funayama A, Mikami T, Saito C

    Oral Craniofacial Engineering   1 ( 4 )   376 - 376   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Enhanced Expression of Podoplanin in Oral Carcinomas in situ and Squamous Cell Carcinomas 査読

    Akinori Funayama, Jun Cheng, Satoshi Maruyama, Manabu Yamazaki, Takanori Kobayashi, Mei Syafriadi, Sukalyan Kundu, Susumu Shingaki, Chikara Saito, Takashi Saku

    PATHOBIOLOGY   78 ( 3 )   171 - 180   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    Objective: Podoplanin, a known lymphatic endothelial cell marker, has been reported to be expressed in various types of cancer. To elucidate the expression of podoplanin in precancerous lesions, we examined the immunohistochemical profiles of podoplanin in oral squamous epithelial lesions. Method: We studied a total of 298 foci of squamous cell carcinoma (SCC), carcinoma in situ (CIS), epithelial dysplasia, and hyperplastic and/or normal epithelial lesions by immunohistochemistry using D2-40. Results: There was no positivity for podoplanin in normal or hyperplastic epithelia, while all of the CIS and SCC foci stained positive. Approximately one third of the mild dysplasia foci (10 of 36 foci, 28%) and 80% of moderate dysplasia foci (78/98) showed grade 1 positive reactions (positive only in the 1st layer). Grade 2 reactions (up to 4th layer) were seen in 4 of 98 moderate dysplasia foci (4%), 29 of 74 CIS foci (39%), and 3 of 30 SCC foci (10%). Grade 3 reactions (to more than 5th layer) were found in 35 (47%) CIS foci and 26 (87%) SCC foci. Conclusions: The relationship between the present histological categorization and podoplanin grade was statistically significant. D2-40 expression is considered to be related to the severity of oral precancerous lesions. Copyright (C) 2011 S. Karger AG, Basel

    DOI: 10.1159/000324926

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 最近14年間に外科療法を行った舌がん79例の治療成績に関する臨床的検討

    小田陽平, 金丸祥平, 船山昭典, 新美奏恵, 新垣晋, 齊藤力

    新潟歯学会雑誌   39 ( 2 )   165 - 170   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎臼歯部に生じたエナメル上皮線維歯牙腫の1例

    横林康男, 中條智恵, 船山昭典, 佐藤秀樹, 三輪淳夫, 内山明央, 中西ゆう子

    富山県立中央病院医学雑誌   31 ( 3-4 )   49 - 51   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術後クレアチンキナーゼが高値を示した1例

    船山昭典, 横林康男, 中條智恵

    富山県立中央病院医学雑誌   31 ( 1-2 )   21 - 23   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔扁平上皮がん細胞株におけるVEGF‐familyの発現とリンパ節転移との関連について

    中里隆之, 新垣晋, 北村信隆, 船山昭典, 斉藤力

    頭頸部癌   31 ( 1 )   84 - 88   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5981/jjhnc.31.84

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨粘液腫

    山崎学, 船山昭典, 林孝文, 鈴木誠

    新潟歯学会雑誌   34 ( 1 )   41 - 44   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 舌上皮性異形成および上皮内癌と診断された病変の診断および治療の検討

    新美 奏恵, 船山 昭典, 丸山 智, 勝良 剛詞, 新國 農, 田沼 順一, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔診断学会雑誌   33 ( 1 )   126 - 126   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔診断学会  

    researchmap

  • メトトレキサート投与中止後、顎骨に発生したと考えられたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例

    河原田 壮史, 片桐 渉, 荻野 奈保子, 齋藤 大輔, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 山崎 学, 田沼 順一, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   68 ( 2 )   172 - 172   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • メトトレキサート投与中止後,顎骨に発生したと考えられたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例

    河原田壮史, 片桐渉, 荻野奈保子, 齋藤大輔, 三上俊彦, 船山昭典, 新美奏恵, 山崎学, 田沼順一, 小林正治

    日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   73rd   242   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌における「厚み」の臨床病理学的検討

    三上俊彦, 金丸祥平, 千田正, 船山昭典, 小田陽平, 新美奏恵, 丸山智, 林孝文, 小林正治

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   204   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ)患者に対する治療法の検討

    遠藤 諭, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 長谷部 大地, 船山 昭典, 加藤 祐介, 小田 陽平, 新美 奏恵, 片桐 渉, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   118 - 119   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科における過去10年間の小児顔面骨骨折の臨床的検討

    金丸 祥平, 加藤 祐介, 小田 陽平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 長谷部 大地, 新美 奏恵, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷   16 ( 2 )   92 - 93   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 感染性リンパ節腫脹との鑑別に苦慮した悪性リンパ腫の1例

    三上 俊彦, 原 太一, 加藤 祐介, 船山 昭典, 金丸 祥平, 小田 陽平, 新美 奏恵, 阿部 達也, 丸山 智, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   66 ( 2 )   182 - 182   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科において過去5年間に入院加療を要した急性歯性感染症患者の臨床統計的検討

    荻野 奈保子, 新美 奏恵, 小田 洋平, 加藤 祐介, 小島 拓, 船山 昭典, 長谷部 大地, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 片桐 渉, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   47 ( 1 )   54 - 54   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における医科と歯科の連携の試み―アンケート結果報告―

    山崎恵介, 富樫孝文, 植木雄志, 岡部隆一, 松山洋, 船山昭典, 小田陽平, 新美奏恵, 三上俊彦, 金丸祥平, 勝見祐二, 勝良剛詞, 永田昌毅, 小林正治, 堀井新

    頭けい部癌   43 ( 2 )   255   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 前舌腺に発生した腺癌NOSの1例

    三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 山崎学, 丸山智, 西山秀昌, 林孝文, 小林正治

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35th   174   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎顔面に多発開放骨折を伴った交通外傷の1例

    新美 奏恵, 長谷部 大地, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷   15 ( 1-2 )   64 - 64   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • ツキノワグマによる右側下顎骨粉砕骨折の1例

    船山 昭典, 三上 俊彦, 長谷部 大地, 芳澤 享子, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷   14 ( 1 )   47 - 47   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌の頸部郭清術施行症例に対する郭清範囲内再発の臨床統計的検討

    三上俊彦, 船山昭典, 長谷部大地, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣晋, 小林正治

    頭けい部癌   40 ( 2 )   242 - 242   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における過去10年間の口腔がん患者の臨床的検討

    三上俊彦, 船山昭典, 芳澤享子, 新垣晋, 林孝文, 丸山智, 朔敬, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   163 - 164   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上顎歯肉扁平上皮癌の頸部転移様相

    新垣晋, 金丸祥平, 船山昭典, 新美奏恵, 小田陽平, 三上俊彦, 菅井登志子, 齊藤力, 星名秀行, 永田昌毅, 高木律男

    新潟医学会雑誌   127 ( 11 )   636   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト抜歯窩治癒過程における歯槽骨の骨梁構造・骨塩量の変化

    三上 絵美, 田中 みか子, 櫻井 直樹, 芳澤 享子, 山田 一穂, 船山 昭典, 三上 俊彦, 野村 修一, 江尻 貞一

    日本骨形態計測学会雑誌   23 ( 1 )   S93 - S93   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用いて改善を行った1例

    小島 拓, 小林 正治, 加藤 祐介, 船山 昭典, 三上 俊彦, 倉部 華奈, 原 省司, 朝日藤 寿一, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   111 - 111   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎後退症患者に対する下顎骨前方移動術後の顎骨安定性について

    小林 正治, 長谷部 大地, 上杉 崇史, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌   62 ( 1 )   74 - 74   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 30歳未満の舌扁平上皮癌の臨床的検討

    新垣晋, 金丸祥平, 三上俊彦, 船山昭典, 新美奏恵, 小田陽平, 菅井登志子, 芳澤亨子, 斎藤力, 永田昌毅, 星名秀行, 高木律男, 林孝文

    新潟医学会雑誌   126 ( 9 )   504   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨前方移動術後のProgressive Condylar Resorption発症リスクの検討

    小林 正治, 長谷部 大地, 船山 昭典, 三上 俊彦, 芳澤 享子, 齊藤 力

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   112 - 112   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 当科における舌癌後発転移症例の臨床統計的検討

    三上 俊彦, 船山 昭典, 長谷部 大地, 小田 陽平, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 泉 直也, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   325 - 325   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 当科における口底扁平上皮癌の臨床統計的検討

    船山 昭典, 芳澤 享子, 三上 俊彦, 菅井 登志子, 小田 陽平, 新美 奏恵, 金丸 祥平, 長谷部 大地, 泉 直也, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   311 - 311   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 顎顔面変治骨折の咬合再建に外科的矯正治療を施行した1例

    小林 正治, 小田 陽平, 泉 直也, 船山 昭典, 芳澤 享子, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   105 - 105   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術後に末梢性顔面神経麻痺を生じた5例の臨床的検討

    小島 拓, 小林 正治, 新美 奏恵, 加藤 祐介, 船山 昭典, 長谷部 大地, 加納 浩之, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   21 ( 2 )   97 - 97   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 当科における過去5年間の顎変形症手術に関する臨床統計的検討

    小島 拓, 小林 正治, 船山 昭典, 長谷部 大地, 菅井 登志子, 加藤 寛子, 小田 陽平, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   20 ( 2 )   203 - 203   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌の頸部転移様相と予後因子の検討

    新垣 晋, 金丸 祥平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 芳澤 享子, 菅井 登志子, 齊藤 力, 星名 秀行, 永田 昌毅, 藤田 一, 高木 律男, 林 孝文

    新潟医学会雑誌   124 ( 3 )   171 - 171   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 口腔粘膜悪性境界病変の病理組織学的分類のための新たな免疫組織化学的手段の考察(New immunohistochemical aids for histopathological categorization of borderline malignancies of the oral mucosa)

    船山 昭典

    新潟歯学会雑誌   38 ( 1 )   39 - 40   2008年

     詳細を見る

  • 口腔多発癌の1例

    三上 俊彦, 小田 陽平, 中里 隆之, 船山 昭典, 金丸 祥平, 芳澤 享子, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔腫瘍学会誌   19 ( 4 )   256 - 257   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮内癌の鑑別診断にはCK17の免疫組織化学が有用である

    三上俊彦, 程くん, 船山昭典, 丸山智, スカリアン クンドゥ, スカリアン クンドゥ, 新垣晋, 齊藤力, 朔敬

    日本病理学会会誌   96 ( 1 )   291 - 291   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔多発癌の1例

    三上俊彦, 小田陽平, 中里隆之, 船山昭典, 金丸祥平, 芳澤享子, 新垣晋, 齊藤力

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   25th   63   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頭頸部腺様嚢胞癌の治療成績

    新垣 晋, 小田 陽平, 中里 隆之, 船山 昭典, 金丸 祥平, 齊藤 力, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男, 林 孝文

    日本口腔外科学会雑誌   52 ( Suppl. )   75 - 75   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮悪性境界病変におけるいわゆる幹細胞マーカ分子の発現様式

    小林 孝憲, 依田 浩子, 船山 昭典, 丸山 智, 程 君, 高木 律男, 朔 敬

    日本病理学会会誌   95 ( 1 )   288 - 288   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 船山 昭典,三上俊彦,新美奏恵,芳澤享子,齋藤大輔,野澤舞,小林正治

    当科における過去20年間の口腔がん初診患者の臨床的検討

    第34回日本口腔診断学会、第31回日本口腔内科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    researchmap

  • 舌上皮性異形成および上皮内癌と診断された病変の診断および治療の検討

    新美 奏恵, 船山 昭典, 丸山 智, 勝良 剛詞, 新國 農, 田沼 順一, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔診断学会雑誌  2020年2月  (一社)日本口腔診断学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨髄間葉系幹細胞培養上清のマクロファージスイッチング作用は早期の骨形成を誘導する

    片桐 渉, 竹内 涼子, 遠藤 諭, 斎藤 直朗, 長谷部 大地, 船山 昭典, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2019年11月  (公社)日本顎顔面インプラント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨に発生した象牙質形成性幻影細胞腫の1例

    船山 昭典, 三上 俊彦, 新美 奏恵, 片桐 渉, 金丸 祥平, 西山 秀昌, 林 孝文, 阿部 達也, 山崎 学, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2019年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 幹細胞培養上清・エクソソームを用いた骨再生医療の開発

    片桐 渉, 竹内 涼子, 遠藤 諭, 齋藤 直朗, 長谷部 大地, 船山 昭典, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2018年11月  (公社)日本顎顔面インプラント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における下顎歯肉扁平上皮癌の治療成績

    船山 昭典, 千田 正, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 新美 奏恵, 小田 陽平, 芳澤 享子, 小林 正治

    頭頸部癌  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における口腔粘膜細胞診と組織診の臨床病理学的検討

    船山昭典, 千田正, 三上俊彦, 金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 丸山智, 芳澤享子, 小林正治

    日本口腔腫瘍学会  2018年1月 

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科における口腔扁平苔癬患者の検査、診断、治療法に関する検討

    新美 奏恵, 芳澤 享子, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小林 正治

    日本口腔内科学会雑誌  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ)患者に対する治療法の検討

    遠藤 諭, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 長谷部 大地, 船山 昭典, 加藤 祐介, 小田 陽平, 新美 奏恵, 片桐 渉, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨区域切除術における三次元立体モデルを用いて作製したサージカルガイドの有用性

    小島 拓, 船山 昭典, 長谷部 大地, 三上 俊彦, 芳澤 享子, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Clinical study on allogenic transfusion in oral cancer surgery

    Funayama A, Chida T, Mikami T, Kanemaru S, Niimi K, Oda Y, Yoshizawa M, Kobayashi T

    The 56th Congress of Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons  2017年11月 

     詳細を見る

  • Clinical statistical analysis of oral leukoplakia.

    Chida T, Funayama A, Mikami T, Kanemaru S, Niimi K, Oda Y, Kobayashi T

    The 56th Congress of Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons  2017年11月 

     詳細を見る

  • 当科における口腔がん手術の同種血輸血に関する臨床的検討

    船山昭典, 千田正, 三上俊彦, 金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 芳澤享子, 小林正治

    第62回日本口腔外科学会総会・学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科における過去10年間の小児顔面骨骨折の臨床的検討

    金丸 祥平, 加藤 祐介, 小田 陽平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 長谷部 大地, 新美 奏恵, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎間固定にSMARTLock Hybrid MMFを用いた3症例

    千田正, 船山昭典, 加藤祐介, 新美奏恵, 三上俊彦, 小林正治

    関東形成外科学会第103回新潟地方会  2017年7月 

     詳細を見る

  • 感染性リンパ節腫脹との鑑別に苦慮した悪性リンパ腫の1例

    三上 俊彦, 原 太一, 加藤 祐介, 船山 昭典, 金丸 祥平, 小田 陽平, 新美 奏恵, 阿部 達也, 丸山 智, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科において過去5年間に入院加療を要した急性歯性感染症患者の臨床統計的検討

    荻野 奈保子, 新美 奏恵, 小田 洋平, 加藤 祐介, 小島 拓, 船山 昭典, 長谷部 大地, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 片桐 渉, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再発口腔癌に対しセツキシマブを使用した3例の検討

    船山昭典, 三上俊彦, 小島 拓, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 加納浩之, 小林正治

    第43回日本口腔外科学会北日本地方会  2017年5月 

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院における医科と歯科の連携の試み アンケート結果報告

    山崎 恵介, 富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 船山 昭典, 小田 陽平, 新美 奏恵, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 勝見 祐二, 勝良 剛詞, 永田 昌毅, 小林 正治, 堀井 新

    頭頸部癌  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における口腔白板症患者の臨床統計的検討

    千田 正, 三上 俊彦, 船山 昭典, 小田 陽平, 金丸 祥平, 新美 奏恵, 小林 正治

    頭頸部癌  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における口腔癌T4症例の臨床的検討

    船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 小林正治

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年1月 

     詳細を見る

  • 前舌腺に発生した腺癌NOSの1例

    三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 山崎学, 丸山智, 西山秀昌, 林孝文, 小林正治

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2017年1月 

     詳細を見る

  • 顎顔面に多発開放骨折を伴った交通外傷の1例

    新美 奏恵, 長谷部 大地, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨関節突起骨折~当科における10年間の臨床統計

    髙田寛子, 小田陽平, 三上俊彦, 金丸祥平, 船山昭典, 小林正治

    関東形成外科学会 第101回新潟地方会  2016年12月 

     詳細を見る

  • 当科における舌扁平上皮癌Stage I-II症例の臨床病理学的検討

    三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 小林正治

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年11月 

     詳細を見る

  • 顎顔面に多発開放骨折を伴った交通外傷の1例

    新美奏恵, 長谷部大地, 船山昭典, 三上俊彦, 小林正治

    第18回 日本顎顔面外傷学会総会および学術大会  2016年7月 

     詳細を見る

  • 残留した残根が顎骨内を深部へ移動した1例

    金丸祥平, 芳澤享子, 船山昭典, 池真樹子, 阿部達也, 林孝文,朔敬, 小林正治

    第42回日本口腔外科学会北日本支部学術集会  2016年6月 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者における同時性重複癌の臨床的検討

    船山 昭典, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 新美 奏恵, 小田 陽平, 芳澤 享子, 新垣 晋, 小林 正治

    頭頸部癌  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 関節リウマチ患者の口蓋・顔面腫瘤で発見されたMTX関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の1例

    新美奏恵, 新垣 晋, 三上俊彦, 船山昭典, 小林正治, 西山秀昌, 林 孝文, 山﨑 学, 丸山 智

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2016年1月 

     詳細を見る

  • 口腔粘膜上皮前駆/幹細胞を応用した培養複合口腔粘膜の皮下移植モデルにおける形態学的検討

    芳澤 享子, 小山 貴寛, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齋藤 直朗, 小島 拓, 新美 奏恵, 小林 正治

    日本再生歯科医学会誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌 34年463症例の臨床的検討

    新垣 晋, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔がんの頸部リンパ節転移様相

    新垣 晋, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ツキノワグマによる右側下顎骨粉砕骨折の1例

    船山 昭典, 三上 俊彦, 長谷部 大地, 芳澤 享子, 小林 正治

    口腔顎顔面外傷  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨吸収を認め除去に至ったオトガイ部シリコンインプラントの1例

    浅井 佑介, 船山 昭典, 芳澤 享子, 小林 正治, 西山 秀昌

    日本形成外科学会会誌  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 著しい開口障害をきたした両側筋突起過形成症の1例

    加藤 祐介, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小林 正治

    日本顎関節学会雑誌  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 根治療法を行わなかった口腔がん症例の臨床的検討

    新美 奏恵, 新垣 晋, 船山 昭典, 三上 俊彦, 成松 花弥, 芳澤 享子, 小林 正治

    頭頸部癌  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多血小板血漿(PRP)が抜歯窩の治癒に与える影響 歯の移植への応用を目指した基礎的研究

    新美 奏恵, 芳澤 享子, 三上 俊彦, 船山 昭典, 小山 貴寛, 小林 正治

    日本口腔内科学会雑誌  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨髄細胞・多孔性β-TCPブロック複合体の骨形成過程における培養骨芽細胞様細胞の動態

    小野 由起子, 芳澤 享子, 齋藤 直朗, 小島 拓, 坂上 直子, 三上 俊彦, 船山 昭典, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮前駆/幹細胞を応用した培養複合口腔粘膜の皮下移植後の動態

    芳澤 享子, 小山 貴寛, 三上 俊彦, 船山 昭典, 小野 由起子, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Clinicopathological analyses on predictive factors for loco-regional recurrences in patients with oral squamous cell carcinoma.

    Funayama A, Mikami T, Niimi K, Kanemaru S, Oda Y, Yoshizawa M, Shingaki S, Kobayashi T

    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  2014年9月 

     詳細を見る

  • An experimental study on the effects of platelet rich plasma on the wound healing of tooth extraction-related bone defects

    Niimi K, Yoshizawa M, Koyama T, Funayama A, Mikami T, Kobayashi T

    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons  2014年9月 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌の頸部郭清術施行症例に対する郭清範囲内再発の臨床統計的検討

    三上 俊彦, 船山 昭典, 長谷部 大地, 金丸 祥平, 小田 陽平, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 新垣 晋, 小林 正治

    頭頸部癌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顆粒球吸着除去療法(GCAP)と陰圧閉鎖療法を施行した壊疽性膿皮症の1例

    貴舩 夏子, 結城 明彦, 松尾 淑江, 藤川 大基, 下村 尚子, 船山 昭典, 熊木 大輔, 横山 純二

    日本皮膚科学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎骨切除を行った口底および頬粘膜がんの局所再発の予測因子

    新垣 晋, 金丸 祥平, 船山 昭典, 小田 陽平, 三上 俊彦, 芳沢 享子, 小林 正治

    新潟医学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔乾燥と白板症の観察中断後に発症した下顎歯肉癌の1例

    小田 陽平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 新垣 晋, 小林 正治

    新潟医学会雑誌  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌癌切除後、再建皮弁に扁平上皮癌を認めた1例

    金丸 祥平, 新垣 晋, 船山 昭典, 小島 拓, 齊藤 力

    日本形成外科学会会誌  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 凍結培養粘膜の皮下移植後の組織学的検討 血管新生について

    小山 貴寛, 芳澤 享子, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小野 由起子, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔診断学会雑誌  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨髄細胞・多孔性β-TCPブロック複合体の骨形成過程に関する組織化学的検討

    小野 由起子, 芳澤 享子, 小島 拓, 齋藤 直朗, 坂上 直子, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 培養複合口腔粘膜の皮下移植モデルにおける培養上皮の動態

    芳澤 享子, 小山 貴寛, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小野 由起子, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における過去10年間の口腔がん患者の臨床的検討

    三上 俊彦, 船山 昭典, 芳澤 享子, 新垣 晋, 林 孝文, 丸山 智, 朔 敬, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 凍結培養粘膜の皮下移植後の組織学的検討 血管新生について

    小山 貴寛, 芳澤 享子, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小野 由起子, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔内科学会雑誌  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 90歳以上の超高齢者に手術療法を行った口腔癌3例の検討

    小田 陽平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 新垣 晋, 齊藤 力

    新潟医学会雑誌  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上顎歯肉扁平上皮癌の頸部転移様相

    新垣 晋, 金丸 祥平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 三上 俊彦, 菅井 登志子, 齊藤 力, 星名 秀行, 永田 昌毅, 高木 律男

    新潟医学会雑誌  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 根治手術を施行した口腔扁平上皮癌の局所再発に関する臨床的検討

    船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 金丸祥平, 長谷部大地, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣 晋, 小林正治

    第58回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2013年10月 

     詳細を見る

  • ヒト抜歯窩治癒過程における歯槽骨の骨梁構造・骨塩量の変化

    三上 絵美, 田中 みか子, 櫻井 直樹, 芳澤 享子, 山田 一穂, 船山 昭典, 三上 俊彦, 野村 修一, 江尻 貞一

    日本骨形態計測学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に合併した下顎扁平上皮癌の1例

    芳澤 享子, 星名 由紀子, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 新垣 晋, 林 孝文, 程 くん, 朔 敬, 齊藤 力

    頭頸部癌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症既往患者の顎矯正手術の経験

    加藤 祐介, 小林 正治, 新美 奏恵, 船山 昭典, 小島 拓, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用いて改善を行った1例

    小島 拓, 小林 正治, 加藤 祐介, 船山 昭典, 三上 俊彦, 倉部 華奈, 原 省司, 朝日藤 寿一, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎後退症患者に対する下顎骨前方移動術後の顎骨安定性について

    小林 正治, 長谷部 大地, 上杉 崇史, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 培養複合口腔粘膜移植後の口腔粘膜再生過程における基底膜の動態

    芳澤 享子, 小山 貴寛, 船山 昭典, 三上 俊彦, 小野 由起子, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前医で観血処置が行われた歯肉癌症例についての検討

    新美 奏恵, 新垣 晋, 小田 陽平, 船山 昭典, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 芳澤 享子, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多血小板血漿が抜歯後の治癒に及ぼす影響に関する検討

    新美 奏恵, 芳澤 享子, 小山 貴寛, 三上 俊彦, 小島 拓, 船山 昭典, 齋藤 直朗, 小野 由起子, 齊藤 力

    日本再生歯科医学会誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌治療におけるSCC抗原(SCCA)の臨床的有用性

    船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 小林正治, 新垣 晋, 齊藤 力

    第57回日本口腔外科学会総会・学術大会  2012年10月 

     詳細を見る

  • 30歳未満の舌扁平上皮癌の臨床的検討

    新垣 晋, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 菅井 登志子, 芳澤 亨子, 斎藤 力, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男, 林 孝文

    新潟医学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨前方移動術後のProgressive Condylar Resorption発症リスクの検討

    小林 正治, 長谷部 大地, 船山 昭典, 三上 俊彦, 芳澤 享子, 齊藤 力

    日本顎関節学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術後に生じた末梢性顔面神経麻痺に関する臨床的検討

    小島 拓, 小林 正治, 新美 奏恵, 加藤 祐介, 船山 昭典, 齊藤 力

    日本形成外科学会会誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラテックスグローブと機械的刺激が誘因と考えられた口腔粘膜にびらんを伴う舌・口底部・頬部血管浮腫の1例

    小野 由起子, 芳澤 享子, 船山 昭典, 三上 俊彦, 新美 奏恵, 鈴木 一郎, 齊藤 力

    日本口腔粘膜学会雑誌  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨髄細胞・多孔性β-TCPブロック複合体による骨増生の評価

    小島 拓, 芳澤 享子, 小野 由起子, 坂上 直子, 船山 昭典, 三上 俊彦, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における口底扁平上皮癌の臨床統計的検討

    船山 昭典, 芳澤 享子, 三上 俊彦, 菅井 登志子, 小田 陽平, 新美 奏恵, 金丸 祥平, 長谷部 大地, 泉 直也, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における舌癌後発転移症例の臨床統計的検討

    三上 俊彦, 船山 昭典, 長谷部 大地, 小田 陽平, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 泉 直也, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔粘膜外来性色素沈着の2例

    船山 昭典, 小林 正治, 新垣 晋, 加納 浩之, 佐藤 直幸, 山崎 学, 朔 敬, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌下腺原発癌3症例の検討:長期予後改善のために

    長谷部大地, 小田陽平, 船山昭典, 三上俊彦, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣 晋, 西山秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 程 珺, 朔 敬, 齊藤 力

    第37回 (社)日本口腔外科学会北日本地方会  2011年5月 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術後に末梢性顔面神経麻痺を生じた5例の臨床的検討

    小島 拓, 小林 正治, 新美 奏恵, 加藤 祐介, 船山 昭典, 長谷部 大地, 加納 浩之, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎顔面変治骨折の咬合再建に外科的矯正治療を施行した1例

    小林 正治, 小田 陽平, 泉 直也, 船山 昭典, 芳澤 享子, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌両側頸部郭清術症例の検討

    新垣 晋, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 斎藤 力, 林 孝文

    新潟医学会雑誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における頬粘膜扁平上皮癌の臨床統計学的検討

    新美 奏恵, 新垣 晋, 小田 洋平, 船山 昭典, 金丸 祥平, 芳澤 享子, 齊藤 力

    日本口腔科学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口蓋導管内乳頭腫内癌腫の1例

    船山 昭典, 芳澤 享子, 小田 陽平, 新垣 晋, 齊藤 力, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 程 くん, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における過去5年間の顎変形症手術に関する臨床統計的検討

    小島 拓, 小林 正治, 船山 昭典, 長谷部 大地, 菅井 登志子, 加藤 寛子, 小田 陽平, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口内型骨延長装置を用いて上顎骨延長を行った片側性唇顎口蓋裂の1例

    本間 克彦, 三上 俊彦, 船山 昭典, 小島 拓, 小林 廣之

    日本顎変形症学会雑誌  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌の頸部転移様相と予後因子の検討

    新垣 晋, 金丸 祥平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 芳澤 享子, 菅井 登志子, 齊藤 力, 星名 秀行, 永田 昌毅, 藤田 一, 高木 律男, 林 孝文

    新潟医学会雑誌  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における下顎歯肉がんの臨床統計的観察

    船山 昭典, 菅井 登志子, 小田 陽平, 金丸 祥平, 新美 奏恵, 芳澤 享子, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科療法を行った頭頸部粘表皮癌の治療成績

    新垣 晋, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 船山 昭典, 新美 奏恵, 小田 陽平, 芳澤 享子, 齊藤 力, 林 孝文

    新潟医学会雑誌  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎に生じたビスホスホネート関連顎骨壊死の1例

    佐藤 秀樹, 横林 康男, 中條 智恵, 船山 昭典, 加藤 祐介

    新潟歯学会雑誌  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頬粘膜に生じた小唾液腺唾石症の2例

    横林 康男, 中條 智恵, 船山 昭典, 佐藤 秀樹

    日本口腔外科学会雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頬粘膜部に生じた骨性分離腫の1例

    横林 康男, 中條 智恵, 船山 昭典

    日本口腔科学会雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科におけるクリニカルパスの使用

    中條 智恵, 横林 康男, 船山 昭典

    日本口腔科学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔多発癌の1例

    三上 俊彦, 小田 陽平, 中里 隆之, 船山 昭典, 金丸 祥平, 芳澤 享子, 新垣 晋, 齊藤 力

    日本口腔腫瘍学会誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 術後クレアチンキナーゼが高値を示した1例

    船山 昭典, 横林 康男, 中条 智恵

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院歯科・口腔外科におけるモジュール型クリニカルパスの使用

    中條 智恵, 横林 康男, 船山 昭典, 野崎 淳子, 高井 雅美, 臼田 和生, 宮澤 秀樹

    日本クリニカルパス学会誌  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮のポドプラニン発現様式は悪性化進行度に対応している

    船山 昭典, 程 くん, 三上 俊彦, 丸山 智, 新垣 晋, 齊藤 力, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2007年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔上皮内癌のケラチン発現プロフィールにおけるレチノイドシグナルの関与可能性(A possible role of retinoid signals in keratin expression profiles of oral carcinoma in-situ)

    Kundu Sukalyan, 三上 俊彦, 丸山 智, 船山 昭典, Ahsan Shahidul, Alvarado Carlos, Al-Eryani Kamal, 程 くん, 川島 博行, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2007年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 上皮内癌における突然の円形角質化の病態形成(Pathogenesis of sudden round-shaped keratinization in carcinoma in-situ)

    Al-Eryani Kamal, 丸山 智, 三上 俊彦, 船山 昭典, 程 くん, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2007年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮内癌の鑑別診断にはCK17の免疫組織化学が有用である

    三上 俊彦, 程 くん, 船山 昭典, 丸山 智, スカリアン・クンドゥ, 新垣 晋, 齊藤 力, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2007年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮内癌における上皮内血管と毛細リンパ管 その病理診断学的意義

    船山 昭典, 程 くん, 丸山 智, 新垣 晋, 齊藤 力, 朔 敬

    新潟歯学会雑誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔および口峡咽頭扁平上皮癌頸部リンパ節転移の臨床病理学的検討

    新垣 晋, 小田 陽平, 新美 奏恵, 中里 隆之, 船山 昭典, 金丸 祥平, 斎藤 力

    日本口腔腫瘍学会誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頭頸部腺様嚢胞癌の治療成績

    新垣 晋, 小田 陽平, 中里 隆之, 船山 昭典, 金丸 祥平, 齊藤 力, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男, 林 孝文

    日本口腔外科学会雑誌  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 末梢血中がん細胞の検出方法に関する検討

    中里 隆之, 新美 奏恵, 新垣 晋, 小田 陽平, 船山 昭典, 金丸 祥平, 三上 俊彦, 齊藤 力

    日本口腔外科学会雑誌  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌粘膜悪性境界病変における線維化の意義

    船山 昭典, 程 君, 小林 孝憲, 丸山 智, 新垣 晋, 齊藤 力, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮悪性境界病変におけるいわゆる幹細胞マーカ分子の発現様式

    小林 孝憲, 依田 浩子, 船山 昭典, 丸山 智, 程 君, 高木 律男, 朔 敬

    日本病理学会会誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頭頸部がん早期後発転移症例の臨床的検討

    小田 陽平, 金丸 昌平, 船山 昭典, 中里 隆之, 新美 奏恵, 新垣 晋, 齊藤 力

    新潟医学会雑誌  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科診療室の受診患者に関する臨床統計学的分析

    橋本 英美, 大沢 大, 小島 拓, 船山 昭典, 鈴木 一郎, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮がん細胞株におけるVEGF-familyの発現について

    中里 隆之, 新垣 晋, 北村 信隆, 新美 奏恵, 小田 陽平, 船山 昭典, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 口腔扁平上皮癌におけるR2TPのターゲット解析と治療標的としての可能性の検討

    研究課題/領域番号:20K10155  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    柿原 嘉人, 佐伯 万騎男, 荒井 雅吉, 船山 昭典

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 癌関連線維芽細胞(CAF)を標的とした新しい口腔癌治療戦略の開発

    2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会:基盤研究(C) 

    三上俊彦,新美奏恵,船山昭典

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 口腔癌進展における癌関連線維芽細胞(CAF)の機能解明

    2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会:基盤研究(C) 

    船山 昭典,田沼順一,泉 健次,三上俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • PCR発症リスク因子の解明とPTH(1-34)間歇投与による予防法の開発

    研究課題/領域番号:25463074  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小林 正治, 船山 昭典, 小島 拓, 三上 俊彦, 井上 佳世子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    顎矯正手術後のPCR症例では、下顎頭の著明な吸収と下顎枝の短縮を特徴とするが、その病因は明らかでない。
    ラット下顎骨延長モデルでは、下顎頭部の骨吸収を認め、特に免疫抑制剤タクロリムス投与ラットでは骨吸収が重度であったことから、過度な力学的負荷と骨強度の低下がPCRの発症要因であると考えられた。
    顎変形症患者を対象とした臨床研究では、下顎前突傾向が強いほど骨形成マーカーと骨吸収マーカーが高値を示して骨代謝が亢進していた。一方、PCRの危険因子を検出することはできなかったが、下顎後退患者では下顎頭体積が小さく、骨密度が高い結果を示し、下顎頭の成長障害や退行性変化が下顎後退の発症要因であると考えられた。

    researchmap

  • 口腔粘膜上皮内癌における粘膜固有層の癌間質としての機能解明

    2013年 - 2015年

    日本学術振興会  若手研究 (B) 

    船山 昭典

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ヒト舌上皮内癌におけるリンパ管新生機序の解明 -口腔癌リンパ節転移抑制にむけて-

    2012年

    新潟大学プロジェクト推進経費:奨励研究 

    船山 昭典

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 口腔粘膜悪性境界病変の診断へのNBIの応用と上皮内血管配置の病理組織学的裏付け

    2009年 - 2010年

    日本学術振興会  若手研究 (B) 

    船山 昭典

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 口腔外科学Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 口腔外科学Ⅱ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅱ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学