2022/11/29 更新

写真a

マドスーダン サテイツシユ クマール
MADHUSOODHAN SATISH KUMAR
MADHUSOODHAN SATISH KUMAR
所属
教育研究院 自然科学系 地球・生物科学系列 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
理学部 理学科 教授
職名
教授
通称等の別名
サテイツシユ
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1998年3月   大阪市立大学 )

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学  / 地質学・岩石学・地球化学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   副学長(研究)

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部 地質科学科 地球物質科学   教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 静岡大学   理学部   准教授

    2006年1月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 静岡大学   理学部   助教

    1999年4月 - 2005年12月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2012年4月 - 現在

  • 新潟大学   地球物質科学   教授

    2012年4月 - 2017年3月

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本鉱物科学会   理事  

    2022年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本鉱物科学会   編集長  

    2022年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Lithos (Elsevier)   Editorial Board Member  

    2021年8月 - 現在   

      詳細を見る

  • Journal of Metamorphic Geology   Editorial Review Board Member  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Progress in Earth and Planetary Science   Associate Editor  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Experimental results   Reviewing Editor  

    2020年1月 - 現在   

      詳細を見る

  • Japan Geoscience Union (JpGU)   Board Member, Solid Earth Sciences Section  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • Polar Science   Associate Editor  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Geochemical Journal   Associate Editor  

    2012年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Geological Society of London   Books Editorial Committee Member  

    2011年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   Chief Handling Editor  

    2008年4月 - 2022年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本地質学会   Associate Editor  

    2007年11月 - 2020年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Special issue in Precambrian Research “Crossing of Neoproterozoic Orogens”

    Satish-Kumar, M, Hokada, T( 担当: 編集)

    ELSEVIER  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Geodynamic evolution of East Antarctica: a key to East-West Gondwana connection

    Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Osanai, Y, Hiroi, Y, Shiraishi, K( 担当: 編集)

    Geological Society of London, Special Publications  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • インドSinghbhumおよびDharwarコマチアイトの<sup>182</sup>W同位体システマティクス:3.3Gaマントル進化への示唆

    鈴木 勝彦, Madhusoodhan Satish-Kumar, Trisrota Chaudhuri, M. Jayananda

    日本地球化学会年会要旨集   67   125   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    本研究では,3.5Gaから3.0Gaの期間のマントルのW同位体変動を明らかにするため,インドの3.3GaのSinghbhumとDharwarコマティアイトのW同位体を分析した。その結果,μ182W値は,それぞれ-0.5から+5.6(n=3),-1.4から+5.0(n=4)であった。これらの値は,上述したように2.5 Ga以上の古い岩石の一様なμ182W値の範囲(+10から+15より)もはるかに小さい。この結果は,3.5〜3.0Gaの間にはすでに,μ182Wが正の値を持った始原マントルは,負のμ182W値を持ったLate Veneerなどの地球外物質と十分に混合して,マントルの大部分は現在のマントルのμ182W値を持っていた可能性を示唆する。すなわち,マントル対流がこの頃には活発であった可能性を示す。

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_125

    CiNii Article

    researchmap

  • 飛騨花崗岩類のジルコンU-Pb年代と地球化学的特徴

    山田 来樹, 沢田 輝, 青山 慎之介, 大内 航, 仁木 創太, 長田 充弘, M サティッシュ クマール, 高橋 俊郎, 平田 岳史

    日本地質学会学術大会講演要旨   2019   126   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2019.0_126

    CiNii Article

    researchmap

  • 四種硫黄同位体比迅速計測法の開発と花崗岩試料への応用

    青山 慎之介, M. Satish-Kumar

    日本地球化学会年会要旨集   66   241   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    四種硫黄同位体比は、古大気組成の復元や古気候情報の解読、微生物活動の追跡などに有効であり、生物地球化学的循環を追跡するための重要な指標として用いられている。本研究では、四種硫黄同位体分析普及のため、新潟大学に設置された安定同位体質量分析計 (Thermo Fisher Scientific, MAT253)と硫黄同位体専用前処理真空ラインの立ち上げと分析条件の最適化を行った。標準試料の繰り返し分析の結果、d34S = ±0.40‰, D33S = ± 0.016‰, D36S = ±0.06‰という高精度で四種硫黄同位体比を分析可能となった。さらに、四種硫黄同位体分析の応用例として、近年発表者が開拓している花崗岩の四種硫黄同位体分析結果を報告する。飛騨帯、および北部・南部北上帯の磁鉄鉱系列花崗岩類の四種硫黄同位体比を報告し、顕生代における沈み込み硫黄循環を追証する

    DOI: 10.14862/geochemproc.66.0_241

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟県青海に産する中部石炭系海山型石灰岩の化学層序学

    田中 良樹, M.Satish Kumar

    日本地質学会学術大会講演要旨   2019   466   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2019.0_466

    CiNii Article

    researchmap

  • 高温変成作用下における塩水流入時の物質移動・鉱物組成変化プロセス

    東野 文子, 河上 哲生, 土屋 範芳, サティシュ クマール, 石川 正弘, グランサム ジェフ, 坂田 周平, 平田 岳史

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018   114   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    【災害のためプログラム中止】 平成30年北海道胆振東部地震により学術大会のプログラムが大幅に中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地からJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「災害のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_114

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴルアルタイ山脈,昇温期および降温期の紅柱石と珪線石を含む粗粒藍閃石泥質変成岩の形成過程

    中野 伸彦, 小山内 康人, Jargalan Serenen, 足立 達朗, Syeryekkhaan Kundyz, 大和田 正明, Satish-Kumar M.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2018   173   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    モンゴルアルタイ山脈の珪線石・紅柱石・藍閃石を含む泥質変成岩の顕性過程を議論した.

    DOI: 10.14824/jakoka.2018.0_173

    CiNii Article

    researchmap

  • 花崗岩の四種硫黄同位体から読み解く40億年前の全球的な微生物硫酸還元活動

    青山慎之介, 上野雄一郎, 小宮剛, 飯塚毅, 亀井淳志, SATISH-KUMAR M.

    日本地球化学会年会要旨集(Web)   64th   2017年

     詳細を見る

  • 示差熱分析を利用した変成岩中天然炭質物の不均一再結晶プロセスの評価

    中村 佳博, M. Satish-Kumar

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2017   90   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    本研究では不均一性な天然炭質物の結晶構造を評価するために、空気中での炭質物の酸化を利用した結晶構造評価を行った。炭質物やグラファイトの燃焼キネティクスは、温度・酸素分圧・比表面積に強く依存しており、酸素分圧一定では炭質物の結晶構造に相関性があることが推測される。本研究では、あらかじめc軸方向の大きさを決定した試料を用いて示差熱分析を実施した。その結果452℃~918℃まで連続的に放熱ピークがシフトすることを見出した。この放熱ピークと<i>L</i>c(002)を比較すると以下の式にフィッティングすることができた。<br><i>L</i>c(002) = 0.0049exp(0.017<i>T</i><sub>ex</sub>), R<sup>2</sup> = 0.92<br>結晶子サイズと放熱ピークは指数関数的な高い相関性を有しており、放熱ピークから岩石中に含まれる炭質物の結晶子サイズを推定できる可能性がある。さらに複数の放熱ピークから構成されている炭質物は、熱重量分析と組み合わせることでそれぞれの結晶子ごとの重量%を導くことができるようになった。今後異なる昇温レートにて実験を実施し、それぞれの酸化速度の温度依存性からも炭質物の結晶構造を議論する。

    DOI: 10.14824/jakoka.2017.0_90

    CiNii Article

    researchmap

  • Zircon geochronology in metacarbonate rocks from Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Satish-Kumar M., Horie K., Williams Ian, Takehara M., Hokada T., Otsuji N.

    日本地質学会学術大会講演要旨   2017   123   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    【台風のためプログラム中止】 台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地から今回に限りJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「台風のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_123

    CiNii Article

    researchmap

  • オマーンオフィオライトのマントルかんらん岩から推測されるマントルウェッジの酸化還元状態

    高澤 栄一, 谷 雅史, Satish-Kumar Madhusoodhan, 赤坂 正秀, 田村 芳彦

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2016   165   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    オマーンオフィオライト北部フィズ岩体のマントルセクション岩を用いて,マントルウェッジの酸化還元状態を検討した。かんらん岩に含まれるカンラン石とスピネルの化学組成からBallhaus et al. (1991) の計算式を用いてdelta log fO<sub>2</sub> (FMQ)を算出した。その値をFizh岩体の地形図上にプロットしたところ,東部のモホ面側でより酸化的に,西部の基底スラスト面側でより還元的になることが分かった。delta log fO<sub>2</sub> (FMQ)が低くなるほど全岩のV/Sc比が上昇する負の相関も確かめられた。Fizh岩体マントルセクションの最下部が還元的となる要因として,沈み込んだ還元的な堆積物の溶融で生じた還元的なメルトとマントルかんらん岩の反応が考えられる。このことはdelta log fO<sub>2</sub> (FMQ)値の低い試料が全岩および単斜輝石でともに比較的高いTh/Ce比を持つ傾向とも調和的である。<br>

    DOI: 10.14824/jakoka.2016.0_165

    CiNii Article

    researchmap

  • Comparison between natural and experimental structural evolution of CM to graphite

    中村 佳博, 芳野 極, M. Satish-Kumar

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2016   236   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    we compare the detailed crystallinity data of natural CM in Hidaka metamorphic belt and our experimental kinetic model for fully understanding the natural crystallization. The experimental model required activation energies of ~380 kJ/mol, whereas, the natural structural changes fitted by experimental sigmoid function display activation energies of 230 and 255 kJ/mol, respectively. This suggest that our <i>P-T-t</i> kinetic model is lacking some factors for fully understanding graphitization.

    DOI: 10.14824/jakoka.2016.0_236

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴル・アルタイ山脈,粗粒藍晶石を含む泥質変成岩中の紅柱石と珪線石

    中野 伸彦, 小山内 康人, 足立 達朗, 大和田 正明, Satish-Kumar M., Jargalan Sereenen, Syeryekhan Kundyz

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016   131   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_131

    CiNii Article

    researchmap

  • 東南極セール・ロンダーネ山地パーレバンデにおける大陸衝突帯中-下部地殻への塩素に富む流体流入のタイミング

    河上 哲生, 東野 文子, スクリペク エティエン, サティシュ・クマール M., グランサム ジェフリー, 土屋 範芳, 石川 正弘, 坂田 周平, 平田 岳史

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016   132   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_132

    CiNii Article

    researchmap

  • ザクロ石とジルコンの微量元素組成から制約する高温変成作用と流体の挙動:東南極セール・ロンダーネ山地の例

    東野 文子, 河上 哲生, 土屋 範芳, サティシュ クマール, 石川 正弘, グランサム ジェフ, 坂田 周平, 平田 岳史

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016   400   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_400

    CiNii Article

    researchmap

  • 東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネで見られるザクロ石-角閃石脈の形成と物質移動

    東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, SATISH-KUMAR M., 石川正弘, GRANTHAM Geoffrey H.

    日本地質学会学術大会講演要旨   122nd   2015年

     詳細を見る

  • グラニュライト中の「珪長岩包有物」から推定された大陸衝突型造山帯での地殻深部過程

    廣井美邦, 鹿山雅裕, 三宅亮, 足立達朗, 外田智千, PRAME B., SATISH-KUMAR M., 柳綾彦, 加藤睦実, 小林記之, 石川正弘, 小山内康人, 西戸裕嗣, 本吉洋一, 白石和行

    日本地質学会学術大会講演要旨   122nd   2015年

     詳細を見る

  • ラマンスペクトルを使用した菫青石の結晶方位測定とCO<sub>2</sub>定量法への応用

    ABE M., SATISH-KUMAR M., KAGI H.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2015   2015年

     詳細を見る

  • 角閃岩相高温部で見られる塩水活動に伴う鉱物組成変化プロセス

    東野 文子, 河上 哲生, 土屋 範芳, Satish-Kumar M., 石川 正弘, Grantham Geoffrey, 坂田 周平, 平田 岳史

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2015   19   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    東南極セール・ロンダーネ山地中央部ブラットニーパネに産するGrt-Opx-Hbl片麻岩には、主たる片麻状構造を切って、GrtとHblから成る幅約1cmの脈が貫入する。この脈は、角閃岩相高温部で外部から流体流入を受けて形成されたと解釈でき、脈から離れるにつれ、HblとBtのCl濃度とHblのK濃度は減少し、PlのNaに富むリムは薄くなることからNaCl-KClを含む塩水の流入が示唆される。さらに、LA-ICPMSを用いた微量元素組成分析から、脈から離れるにつれ、Hbl中のZn, Sr, Ba, Pb, U濃度、Pl中のLi, Sr, Ba, Pb濃度が低下することが分かった。個々の元素濃度が一定になる距離は、鉱物種ではなく元素によって異なり、脈からの距離に応じた微量元素組成変化プロファイルは、脈から壁岩にかけての元素拡散を示唆する。本発表では、拡散速度と鉱物組織の関係性を考慮して検討を行う。

    DOI: 10.14824/jakoka.2015.0_19

    CiNii Article

    researchmap

  • Report of the 2nd International Symposium on Earth History of Asia, 31 October – 3 November, 2014, Niigata, Japan

    M Satish‐Kumar

    Science reports of Niigata University.   30   89 - 96   2015年

     詳細を見る

  • インド南西部太古代後期ダールワール岩体西部,チトラドゥルガ片岩帯の大構造

    豊島 剛志, Satish-Kumar Madhusoodhan, 外田 智千, 三島 郁, 片岡 香子, 亀井 淳志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015   423   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_423

    CiNii Article

    researchmap

  • 石墨化実験のアレーニウス則に基づく地質学的外挿

    中村 佳博, 芳野 極, Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015   430   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_430

    CiNii Article

    researchmap

  • Rare earth element and Nd isotope geochemistry of Archaean banded iron formations in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton, Southern India

    Koinuma, Kentaro, Satish-Kumar, M, Mishima, Kaoru, Ueno, Yuichiro, Hokada, Tomokazu

    Science reports of Niigata University. (Geology)   29(Supplement)   64 - 65   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟大学理学部  

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia 31 October – 3 November, Niigata, Japan

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/30780

  • 新潟県糸魚川市青海地区の高圧変成岩の分布と岩石学的特徴

    YOSHIDA Takumi, SATISH-KUMAR M.

    Science Reports of Niigata University. Geology   ( 29 Supplement )   2014年

     詳細を見る

  • インドの始生代ダールワール岩体:地球生成初期の地表環境と生命の起源を理解するための理想的なテレーン

    SATISH-KUMAR M., MISHIMA Kaoru, KOINUMA Kentaro, UENO Yuichiro, HOKADA Tomokazu

    Science Reports of Niigata University. Geology   ( 29 Supplement )   2014年

     詳細を見る

  • ゴンドワナの観点からのインドとマダガスカルの地質対比

    SAJEEV K., ISHWAR-KUMAR C., RATHEESH-KUMAR R.T., SATISH-KUMAR M.

    Science Reports of Niigata University. Geology   ( 29 Supplement )   2014年

     詳細を見る

  • ラマン分光パターンを用いた菫青石の結晶方位の決定

    ABE Miyako, SATISH-KUMAR M., KAGI Hiroyuki, HOKADA Tomokazu

    Science Reports of Niigata University. Geology   ( 29 Supplement )   2014年

     詳細を見る

  • 日高変成帯上部シーケンスにおけるピーク時変成条件と地質構造との関係

    NAKAMURA Y., TOYOSHIMA T., SATISH-KUMAR M.

    日本地質学会学術大会講演要旨   121st   2014年

     詳細を見る

  • 大陸衝突帯で見られる高濃度塩水活動に伴う物質移動

    東野 文子, 河上 哲生, 土屋 範芳, 坂田 周平, Satish-Kumar M., 石川 正弘, Grantham Geoff, 平田 岳史

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2014   21   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    東南極セール・ロンダーネ山地中央部ブラットニーパネに産するGrt-Opx-Hbl片麻岩には、主たる面構造を切って、GrtとHblから成る幅1cmの小岩脈が貫入する。脈の中心から離れるにつれ、HblとBtのCl濃度とHblのK濃度は下がり、PlのNaに富むリムは脈から離れるほど薄くなるため、このGrt-Hbl脈は、NaCl-KClを含む高濃度塩水の流入によって形成されたと考えられる。地質温度圧力計を用いた温度圧力見積もりにより、この高濃度塩水は、片麻状構造の形成後、後退変成期初期に流入したと分かった。さらに、Hbl中のZn, Sr, Ba, Pb, U濃度は脈から離れるにつれて低下し、Nb, Y, REE濃度は脈から離れるほど上昇するため、これらの元素は脈の形成時に、流入・流出したと考えられる。今後さらなる解析を進めることで、高濃度塩水活動に伴う物質移動の解明が期待される。

    DOI: 10.14824/jakoka.2014.0_21

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴル中・南部の古生代火成活動場

    大和田 正明, 小山内 康人, 中野 伸彦, 足立 達朗, Satish-Kumar M., Sereenen Jargalan, Boldbaatar Chimedteie

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2014   170   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    モンゴルは,原生代から古生代にかけて発達した中央アジア造山帯の中央に位置し,特に中央部から西部にかけて,地殻深部の地質体に由来する各種変成岩類とそれらを貫く火成岩類が分布する.本報告では特に中央部ハンガイ山地に分布する花崗岩類とその南西部に位置する古生代初期の造山帯(Lake Zone)に産する花崗岩類について,それぞれの形成場を議論する.各種岩石化学的特徴を考慮すると,ハンガイ山地とLake Zoneの花崗岩類は,古生代末期の沈み込み帯と古生代初期の衝突帯に由来したと推察される.

    DOI: 10.14824/jakoka.2014.0_170

    CiNii Article

    researchmap

  • 複数段階の高濃度塩水活動の意義-東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネの例

    東野 文子, 河上 哲生, 土屋 範芳, サティシュ クマール, 石川 正弘, グランサム ジェフ

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014   142   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_142

    CiNii Article

    researchmap

  • Microstructural evolution of Carbonaceous Material (CM) under low temperature condition

    中村 佳博, M. Satish-Kumar, 豊島 剛志

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2014   222   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    本研究では,低温下における炭質物の詳細な微細構造の記載とXRD, micro-Raman spectroscopyを用いて結晶構造の分析を行った.この分析により,約400℃で構造変化が起きる場合,前後100℃前後の温度幅で非常に不均質な微細構造と結晶度を示すことが明らかになった.この不均質性が結晶度の値や地域ごとに変化する天然の石墨化に大きく影響している可能性が考えられる.

    DOI: 10.14824/jakoka.2014.0_222

    CiNii Article

    researchmap

  • 南インド西ダルワール剛塊チトラドゥルガ地域に産する花崗岩質岩石の岩石学的特徴

    福嵜 秀明, 亀井 淳志, Satish-Kumar M, 豊島 剛志, 外田 智千

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014   392   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_392

    CiNii Article

    researchmap

  • インド南西部太古代後期ダールワール岩体西部,チトラドゥルガ地域のペニンシュラ片麻岩体・花崗岩体・結晶片岩の変形作用

    豊島 剛志, Satish-Kumar M., 外田 智千, 片岡 香子, 亀井 淳志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014   439   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_439

    CiNii Article

    researchmap

  • 南インドダールワールクラトンチトラドルガシストベルトにおける縞状鉄鉱層中のNd同位体を用いた地球化学的研究

    鯉沼 健太郎, Satish-Kumar M., 三島 郁, 上野 雄一郎, 外田 智千

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014   598   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_598

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴル・アルタイ山脈に認められる時計回りと反時計回りの変成履歴とその年代学的特徴

    中野 伸彦, 小山内 康人, 大和田 正明, Satish-Kumar M., 足立 達朗, 吉本 紋, Jargalan Sereenen, Syeryekhan Kundyz

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014   131   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_131

    CiNii Article

    researchmap

  • インド南部太古代ダールワール岩体の片麻岩-片岩帯の地質関係と変成作用

    外田 智千, 堀江 憲路, 上野 雄一郎, 三島 郁, 奥平 敬元, 白石 和行

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   213   2013年9月

     詳細を見る

  • Experimental studies on carbon isotope fractionation in the deep Earth

    SATISH-KUMAR M., YOSHINO Takashi, MIZUTANI Shogo

    2013   10   2013年9月

     詳細を見る

  • モンゴル・アルタイ山脈の変成作用とテクトニクス

    NAKANO N., OSANAI Y., ADACHI T., SATISH-KUMAR M., OWADA M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YOSHIMOTO A., SYERYEKHAN K.

    2013   218   2013年9月

     詳細を見る

  • 大陸衝突帯で見られる複数段階の塩素に富む流体活動と希±類元素に富む鉱物の挙動

    東野 文子, 河上 哲生, サティシュ クマール, 土屋 範芳, 石川 正弘, グランサム シェフ

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   46   2013年9月

     詳細を見る

  • 大陸衝突帯で見られる複数段階の塩素に富む流体活動と希土類元素に富む鉱物の挙動

    東野文子, 河上哲生, SATISH-KUMAR M., 土屋範芳, 石川正弘, GRANTHAM Geoff

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   2013年

     詳細を見る

  • インド南部太古代ダールワール岩体の片麻岩-片岩帯の地質関係と変成作用

    外田智千, SATISH-KUMAR M., 上野雄一郎, 三島郁, NASHEETH Abdulla, 奥平敬元, 白石和行

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   2013年

     詳細を見る

  • 地球深部における炭素同位体分別作用についての実験的研究

    SATISH-KUMAR M., YOSHINO Takashi, MIZUTANI Shogo

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   2013年

     詳細を見る

  • モンゴル・アルタイ山脈の変成作用とテクトニクス

    NAKANO N., OSANAI Y., ADACHI T., SATISH-KUMAR M., OWADA M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YOSHIMOTO A., SYERYEKHAN K.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   2013年

     詳細を見る

  • Tuva-Mongolian山塊西部,Hanhohiyn山脈の変成岩についてのP/T条件推定とモナズ石EPMAによる年代測定

    ADACHI T., OSANAI Y., NAKANO N., OWADA M., SATISH-KUMAR M., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本地質学会学術大会講演要旨   120th   2013年

     詳細を見る

  • 北海道,日高変成帯の断層帯における応力による花崗岩のアモルファス化と同化の過程

    NAKAMURA Y., SATISH-KUMAR M., TOYOSHIMA T.

    日本地質学会学術大会講演要旨   120th   2013年

     詳細を見る

  • 南インドの局所的にチャルノッカイト化した黒雲母-ザクロ石片麻岩中の「珪長岩包有物」

    廣井美邦, 加藤睦実, SATISH-KUMAR M., DUNKLEY D.J.

    日本地質学会学術大会講演要旨   120th   2013年

     詳細を見る

  • COH fluid in graphite-bearing pseudotachylyte: An example from the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, Japan

    中村 佳博, 豊島 剛志

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   200   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    日高変成帯上部層に産するグラファイトを含むシュードタキライトの形成メカニズムと摩擦溶融時のグラファイトの挙動について顕微ラマン分光・XRD・安定炭素同位体分析・HRTEMを用いて多角的に分析を行った.分析の結果,高温型のシュードタキライトでは非常に軽い炭素同位体比を持つ球状のグラファイトが沈殿していることを発見した.これは,シリケイトメルトに溶けていたCOH流体が再沈殿したことを示唆している.岩石中に含まれる炭素の量は微量であるがシュードタキライトが形成されるような高速すべり領域で層状ケイ酸鉱物の脱水反応と炭質物の熱酸化によって大量の流体が供給されることは断層面での力学的特性を変化させ,地震発生後のCO<sub>2</sub>などの異常な放出を説明することができるかもしれない.

    DOI: 10.14824/jakoka.2013.0_200

    CiNii Article

    researchmap

  • Carbon geodynamic cycle in the continental crust

    M. Satish-Kumar

    日本地球化学会年会要旨集   60   77   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    A compilation on the field occurrence, distribution and carbon isotope characteristics of carbon-bearing rocks in lower crustal rocks in different settings and discuss the mechanism of isotopic partitioning in a context of carbon geodynamic cycle is presented in this talk.

    DOI: 10.14862/geochemproc.60.0.77.0

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴル西部,古生代火成岩類の活動史と形成場

    大和田 正明, 小山内 康人, 中野 伸彦, 足立 達朗, 吉本 紋, 米村 和紘, M. Satish-Kumar, Sereenen Jargalan, Boldbaatar Chimedteie

    日本地質学会学術大会講演要旨   2013   069   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2013.0_069

    CiNii Article

    researchmap

  • 南極セール・ロンダーネ山地中央部および西部の温度圧力構造

    坪川 祐美子, 石川 正弘, 河上 哲生, 土屋 範芳

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2013   212   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    南極セール・ロンダーネ山地中央部および西部に産する変成岩類について変成温度圧力条件を見積もり,広域的な温度圧力の分布を検討した。その結果,中央部のブラットニーパネおよびアウストカンパーネ南部を中心に約800℃以上を示し,より南に向かうにつれて低い温度が見積もられる。圧力については,中央部 のアウストカンパーネおよびルンケリッゲン北部にて約8-9kbarを示し,より南および北東へ向かって低い圧力が見積もられる。急激な温度変化の見られる中央部のブラットニーパネからルンケリッゲン北部とその西方への延伸地域を囲む地帯は,セール・ロンダーネ縫合線の分布する地帯とほぼ一致する。急激な圧力変化が見られる中央部のルンケリッゲン付近とその西方への延伸地域を囲む地帯は,主剪断帯の分布する地帯とほぼ一致する。

    DOI: 10.14824/jakoka.2013.0_212

    CiNii Article

    researchmap

  • 太古代ダールワール岩体の片麻岩基盤に挟在される片岩帯の層序区分の再検討:SHRIMPジルコン年代による制約

    外田智千, 堀江憲路, SATISH-KUMAR M., 上野雄一郎, 三島郁, NASHEETH Abdulla, 奥平敬元, 白石和行

    日本地質学会学術大会講演要旨   119th   2012年

     詳細を見る

  • 大陸衝突型造山帯のグラニュライト中に産出する珪長質火山岩様包有物:そのテクトニクスにおける重要性

    廣井美邦, 柳綾彦, 加藤睦実, 小林記之, PRAME B., 石川正弘, SATISH-KUMAR M., 外田智千, 本吉洋一, 白石和行

    日本地質学会学術大会講演要旨   119th   2012年

     詳細を見る

  • 東ゴンドワナ大陸と同一化する新原生代の造山帯:それらは互いに交差したか?

    SATISH-KUMAR M., HOKADA T., OSANAI Y., OWADA M., SHIRAISHI K.

    日本地質学会学術大会講演要旨   119th   2012年

     詳細を見る

  • 南極セールロンダーネ山地東部の引張・横ずれテクトニクス

    石川正弘, 河上哲生, SATISH-KUMAR M., 土屋範芳, GRANTHAM Geoff

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2012   2012年

     詳細を見る

  • 高温変成地域における塩素に富む流体の流入時期と希土類元素に富む鉱物の挙動

    東野文子, 河上哲生, SATISH-KUMAR M., 土屋範芳, 石川正弘, GRANTHAM Geoff

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2012   2012年

     詳細を見る

  • モンゴル・アルタイ山脈に分布する高Al片麻岩類の形成過程とテクトニクス

    中野伸彦, 小山内康人, 足立達朗, SATISH-KUMAR M., 大和田正明, JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., 吉本紋, 米村和紘

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2012   2012年

     詳細を見る

  • モンゴル西部のHanhohiyn山脈の泥質片麻岩に記録された変成過程

    ADACHI T., OSANAI Y., NAKANO N., OWADA M., SATISH-KUMAR M., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本地質学会学術大会講演要旨   119th   2012年

     詳細を見る

  • Chlorine-rich fluid in granulite facies continental collision zone. 査読

    Higashino F, Kawakami T, Satish-Kumar M, Ishikawa, M. Maki, K. Tsuchiya, N. Grantham, G.H, Hirata, T

    Goldschmidt 2012 (Montreal), poster #21   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental determination of carbon isotope fractionation in the deep Earth

    Satish-Kumar M., 芳野 極, 水谷 匠吾, 宗 勇人, 加藤 睦実

    日本地球化学会年会要旨集   59   85   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    「炭素(C)」は全生物の生命活動に必須であるとともに, その地球表層と内部(マントル・核)における循環が「居住可能な惑星」としての地球を成立させている。それゆえ地球内部を含めた全球的な炭素循環理論が, 地球システムを駆動させる基本原理を理解し, 人類の生存基盤を脅かす環境問題に関する答えを得るために重要となる。高温高圧実験における炭素同位体の結果を紹介する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.85.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 脆性剪断帯に見られる低結晶度炭素の起源

    中村佳博, 豊島剛志, SATISH-KUMAR M., 赤井純治

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2012   2012年

     詳細を見る

  • 微小剪断帯における炭質物の挙動

    中村佳博, 豊島剛志, SATISH-KUMAR M, 赤井純治

    日本地質学会学術大会講演要旨   119th   2012年

     詳細を見る

  • Garnet, Clinopyroxene megacrysts and Garnet-bearing mantle xenoliths from the Tariat Depression, Mongolia

    OSANAI Y., NAKANO N., ADACHI T., OWADA M., SATISH-KUMAR M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    2011   102   2011年9月

     詳細を見る

  • High-Al-Mg gneisses and related rocks from the Mongolian Altay Mountains

    NAKANO N., OSANAI Y., ADACHI T., SATISH-KUMAR M., OWADA M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    2011   101   2011年9月

     詳細を見る

  • Paleozoic subduction and collision magmatism in west Mongolia : Evidence from geochronology and geochemistry of the intrusive rocks

    OWADA M., OSANAI Y., NAKANO N., ADACHI T., YONEMURA K., YOSHIMOTO A., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., SATISH-KUMAR M.

    2011   92   2011年9月

     詳細を見る

  • Stable isotope study of metacarbonate rocks from western Mongolia : Implications for fluid-rock interaction processes in the Central Asian Orogenic Belt

    SATISH-KUMAR M., OSANAI Y., NAKANO N., KAMEI A., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., OWADA M., ADACHI T., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    2011   103   2011年9月

     詳細を見る

  • 炭化鉄メルトと炭素との間における炭素同位体分別の実験的な決定:地球の核には<sup>12</sup>Cに富んだ炭素が存在するのか?

    SATISH-KUMAR M., SO H., YOSHINO T., KATO M., HIROI Y.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   2011年

     詳細を見る

  • グラニュライト中のザクロ石中の火山岩様包有物:大陸衝突型造山帯深部からの岩石の急速上昇・冷却の証拠

    廣井美邦, 柳綾彦, 加藤睦実, 小林記之, 外田智千, 本吉洋一, 白石和行, 石川正弘, SATISH-KUMAR M.

    日本地質学会学術大会講演要旨   118th   2011年

     詳細を見る

  • インド,始生代Dharwar盾状地の Chitradurga片岩帯からの変成堆積岩の炭素,硫黄,酸素およびストロンチウム同位体の研究

    YAMAZAKI R., SATISH-KUMAR M., KAMEI A., NAKAGAWA M., UENO Y., HOKADA T., NASHEETH A., YOSHIDA Y.

    日本地球化学会年会講演要旨集   58th   2011年

     詳細を見る

  • 西モンゴルにおける古生代の沈み込みと衝突に伴う火成活動:貫入岩類の地質年代学と地球化学に基づく証拠

    OWADA M., OSANAI Y., NAKANO N., ADACHI T., YONEMURA K., YOSHIMOTO A., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., SATISH-KUMAR M.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   2011年

     詳細を見る

  • モンゴル,Tariat凹地からのザクロ石と単斜輝石巨晶及びザクロ石含有マントル捕獲岩

    OSANAI Y., NAKANO N., ADACHI T., OWADA M., SATISH-KUMAR M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   2011年

     詳細を見る

  • モンゴル,アルタイ山脈の高Al-Mg片麻岩類とその関連岩類

    NAKANO N., OSANAI Y., ADACHI T., SATISH-KUMAR M., OWADA M., JARGALAN S., BOLDBAATAR Ch., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   2011年

     詳細を見る

  • モンゴル西部の変炭酸塩岩の安定同位体の研究:中央アジア造山帯の流体-岩石相互作用の過程について

    SATISH-KUMAR M., OSANAI Y., NAKANO N., KAMEI A., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., OWADA M., ADACHI T., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   2011年

     詳細を見る

  • 始生代インド南部ダールワール岩体の変成作用プロセス

    外田 智千, Satish-Kumar M., Nasheeth Abdulla, 上野 雄一郎, 山崎 里英, 奥平 敬元, 白石 和行

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011   403 - 403   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2011.0.403.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Petrology and geochronology of pelitic gneisses in the Hanhohiyn Mountains, the northwestern part of Mongolia

    足立 達朗, 小山内 康人, 中野 伸彦, 大和田 正明, Satish-Kumar M., Jargalan S., Boldbaatar C., 米村 和紘, 吉本 紋

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011   98 - 98   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本鉱物科学会  

    モンゴル北西部に位置するハンホヒン山地は,主にマーブルや変成クォーツァイト,泥質変成岩から構成され,少量の苦鉄質変成岩が狭在する.泥質変成岩は,ザクロ石‐珪線石‐黒雲母片麻岩,ザクロ石‐菫青石‐黒雲母片麻岩などが存在する.これらの泥質変成岩には,減圧を示す組織が観察され,変成条件は600-700℃,5.5-6kbarが見積もられる.泥質変成岩に含まれるモナズ石のEPMA年代は,480-510 Maに集中することから,これが変成作用の時期であると考えられる.

    DOI: 10.14824/jakoka.2011.0.98.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 南極、昭和基地南方地域に産出するMg-Alに富むグラニュライト中の渦巻き成長した石墨

    廣井 美邦, サティッシュ・クマール M., ダンクリー D., 加藤 睦実, 足立 達朗, 外田 智千, 本吉 洋一, 白石 和行

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2009   15   2010年4月

     詳細を見る

  • Fingerprinting multistage fluid-rock history during metamorphism : Evidence from grain scale Sr, O and C isotopic and trace element variations in high-grade marbles from East Antarctica

    SATISH-KUMAR M., HERMANN J., MIYAMOTO T., OSANAI Y., MOTOYOSHI Y.

    2009   14   2010年4月

     詳細を見る

  • 南インド、ケララコンダライト帯の泥質ミグマタイト中の紅柱石

    加藤 睦実, 三井 兵衛, 廣井 美邦, サティッシュ・クマール M., ダンクリー D.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2009   45   2010年4月

     詳細を見る

  • 方解石-石墨炭素同位体温度計を用いた,再水和高度変成テレーンにおけるピーク変成温度の決定

    SATISH-KUMAR M., TSUCHIYA N., KAWAKAMI T., ISHIKAWA M.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2010   2010年

     詳細を見る

  • Fe-C系の高圧実験による地球内部炭素について

    宗勇人, 芳野極, SATISH-KUMAR M., 加藤睦実, 廣井美邦

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2010   2010年

     詳細を見る

  • モンゴル西部における変成岩のEPMA年代測定の予報

    ADACHI T., OSANAI Y., NAKANO N., OWADA M., SATISH-KUMAR M., JARGALAN S., BOLDBAATAR C., YONEMURA K., YOSHIMOTO A.

    日本地質学会学術大会講演要旨   117th   2010年

     詳細を見る

  • インド南部,始生代,Dharwarクラトンに含まれるCrに富んだカルクシリケート岩の鉱物学的特徴

    TAGUCHI Tomoki, SATISH-KUMAR M., JAYANANDA M., DUNKLEY D. J.

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2010   2010年

     詳細を見る

  • High pressure experiments in the Fe-C system: Implications for carbon content in the core

    So Hayato, Yoshino Takashi, Satish-Kumar M, Kato Mutsumi, Hiroi Yoshikuni

    Abstracts for Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences   2010   131 - 131   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japan Association of Mineralogical Sciences  

    We present here results of high pressure experiments in the Fe-C system at 5GPa, 1200 to 1500 C. We have observed Fe3C, Fe7C3 and graphtie as stable phases in the run products. Based on the results obtained, we speculate the amount of carbon presentin the core.

    DOI: 10.14824/jakoka.2010.0.131.0

    CiNii Article

    researchmap

  • モンゴルアルタイ山脈に産する層状片麻岩の全岩化学組成と温度・圧力条件

    中野 伸彦, 小山内 康人, 足立 達朗, 大和田 正明, Satish-Kumar M., Jargalan Sereenen, Boldbaatar Chimedtseie, 吉本 紋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010   360 - 360   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.360.0

    CiNii Article

    researchmap

  • アジア大陸形成に関わる大陸衝突と変成作用

    小山内 康人, 中野 伸彦, 大和田 正明, サティッシュクマール エム, 河上 哲生, 宮本 知治, 米村 和紘, 吉本 紋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010   128 - 128   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.128.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Petrologic significance of calc-silicate rocks in the Bulgan area, Altai Metamorphic Belt, Mongolia

    Satish-Kumar M., 小山内 康人, 鈴木 淳士, 中野 伸彦, 大和田 正明, Jargalan Sereenen, Boldbaatar Chimedtseie, 吉本 紋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010   361 - 361   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.361.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 東ゴンドワナと西ゴンドワナの間のモザンビーク外洋に堆積した変成岩の化学層序について

    SATISH-KUMAR M., MIYAMOTO T., HERMANN Joerg, WINDLEY Brian, GRANTHAM Geoff, DUNKLEY Dan, MOTOYOSHI Y., OSANAI Y., HIROI Y., SHIRAISHI K., WADA H.

    日本地質学会学術大会講演要旨   116th   2009年

     詳細を見る

  • ギリシャ,ナクソス島からの大理石中のグラファイトの形態特性及び炭素同位体組成

    SATISH-KUMAR M., HAMAMATSU T., WADA H., JASZCZAK J.

    日本地質学会学術大会講演要旨   115th   2008年

     詳細を見る

  • 三波川変成帯の方解石を含む鉱物脈の同位体組成からみた流体移動

    諸橋 啓介, 岡本 敦, Madhusoodhan Satish-Kumar, 土屋 範芳

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008   272 - 272   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2008.0.272.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 東南極,リュツォ・ホルム複合岩体,Rundvagshettaから採集されたUHTカルク-珪酸塩岩のチタナイト SHRIMP地球年代学

    SATISH-KUMAR M., DUNKLEY D.J., MOTOYOSHI Y.

    日本地質学会学術大会講演要旨   114th   2007年

     詳細を見る

  • 東南極,Skallevikshalsenで採集された高変成度大理石におけるカルサイト-ドロマイト離溶形態とソルバス温度計

    MIZUOCHI H., SATISH-KUMAR M., MOTOYOSHI Y., MICHIBAYASHI K.

    日本地質学会学術大会講演要旨   114th   2007年

     詳細を見る

  • ロディニアからゴンドワナへ:南極基盤地質からの視点

    HOKADA T., SHIRAISHI K., MOTOYOSHI Y., DUNKLEY D.J., SUDA Y., HIROI Y., OSANAI Y., OWADA M., BABA S., SATISH-KUMAR M., FANNING C.M.

    日本地質学会学術大会講演要旨   113th   2006年

     詳細を見る

  • 東南極,リュツオ・ホルム岩体,ルンドボークスヘッタにおける超高温変成イベントの時期

    MOTOYOSHI Y., HIROI Y., SATISH-KUMAR M., HOKADA T.

    日本地質学会学術大会講演要旨   113th   2006年

     詳細を見る

  • 東南極プリンスオラフ海岸,びょうぶ岩の泥質変成岩およびミグマタイト

    加々島慎一, SATISH-KUMAR M., 隅田祥光

    日本地質学会学術大会講演要旨   112th   2005年

     詳細を見る

  • 東南極,レイナー岩体内陸部の泥質グラニュライト(予報)

    本吉洋一, 広井美邦, SATISH-KUMAR M., 加々島慎一, 隅田祥光, 石川尚人

    日本地質学会学術大会講演要旨   112th   2005年

     詳細を見る

  • 東南極,ルンドボークスヘッタの珪灰質グラニュライトにおける変成流体の進化

    SATISH-KUMAR M., MOTOYOSHI Y., HIROI Y., KAGASHIMA S., SUDA Y.

    日本地質学会学術大会講演要旨   112th   2005年

     詳細を見る

  • 南極の顕生代リュツォ・ホルム岩体中の原生代異質岩塊:プリンス・オラフ海岸,日の出岬地域のグラニュライト相岩類

    広井美邦, 本吉洋一, 石川尚人, SATISH-KUMAR M., 加々島慎一, 隅田祥光

    日本地質学会学術大会講演要旨   112th   2005年

     詳細を見る

  • 岡山県,布賀のスパーライトスカルン形成における水に富んだシリカ活動の役割

    SATISH-KUMAR M, KUSACHI I

    日本地質学会学術大会講演要旨   109th   2002年

     詳細を見る

  • 南インドグラナイトテラインにおける地域的UHL変成活動に対する炭素アイソトープ温度測定的な証拠

    SATISH-KUMAR M, WADA H, SANTOSH M, YOSHIDA M

    Gondwana Research   4 ( 4 )   2001年

  • 岡山、布賀の高温スカルン形成の間の流動体流れ

    SATISH-KUMAR M, YOSHIDA Y, WADA H, KUSACHI I

    日本地質学会学術大会講演要旨   108th   2001年

     詳細を見る

  • 東ゴンドワナからの大理石の変成流動体進展 安定アイソトープの展望

    SATISH-KUMAR M

    Gondwana Research   4 ( 4 )   2001年

  • 流体含有物の黒鉛:白粒岩内の流体からの黒鉛形成に対する直接的証拠

    SATISH-KUMAR M

    日本地質学会学術大会講演要旨   107th   2000年

     詳細を見る

  • 南インドの白粒岩地域におけるUHT変成作用:炭素同位体検温からの証拠

    SATISH-KUMAR M, WADA H

    日本地質学会学術大会講演要旨   106th   1999年

     詳細を見る

  • カルクシリケイトから求めた南インド,ケララ・コンダライト帯のP-T-Fluid履歴

    SATISH-KUMAR M, YOSHIDA M, SANTOSH M

    日本地質学会学術大会講演要旨   103rd   1996年

     詳細を見る

  • Significance of Wollastonite- and Scapolite-bearing assemblages from the Kerala Khondalite belt, southern India

    Satish-Kumar, M.

    Journal of Southeast Asian Earth Sciences   14 ( 5 )   1996年

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • モンゴル西部に産する変成岩類のEPMA年代測定

    足立 達朗, 小山内 康人, 中野 伸彦, 大和田 正明, Madhusoodhan Satish-Kumar, Jargalan Sereenen, Boldbaatar Chimedtseie, 米村 和紘, 吉本 紋

    日本地質学会学術大会講演要旨  2010年  一般社団法人 日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fingerprinting fluid processes in the continental crust: An integrated approach using grain-scale Sr, C, O isotopes and REE geochemistry

    M. Satish-Kumar, J. Hermann, T. Miyamoto, Y. Osanai

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA  2006年8月  PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 炭素, 炭酸塩: IMA-KOBEにむけて

    黒澤 正紀, 宮脇 律郎, 佐藤 努, 村上 浩康

    岩石鉱物科学  2004年  一般社団法人 日本鉱物科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 石墨質変泥質岩の部分融解中における炭素の挙動

    SATISH-KUMAR M

    日本地質学会学術大会講演要旨  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    researchmap

  • Mineralogic and stable isotopic evolution during high temperature skarn formation at Fuka, Okayama.

    M Satish-Kumar, 草地 功

    日本鉱物学会年会講演要旨集  2003年  一般社団法人 日本鉱物科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    Igneous-limestone contact metamorphic environment is most suited for studies on metasomatism, fluid flow and transport of material. Despite the voluminous studies on contact metamorphic environments, there is still ambiguity in skarn formation mechanism and related processes in high temperature accompanied with fluid flow. The contact aureole at Fuka, Okayama, Japan is renowned for its peculiar occurrence of extensive high-temperature skarn resulting from the intrusion of Mesozoic quartz monzonite into Paleozoic marine carbonate rocks. Here we present the results on the petrologic and systematic stable isotope studies of the high-temperature spurrite-bearing skarn formation at Fuka, and consider the transport of material, formation conditions and origin of fluids. The limestone mine at Fuka exposes several quarry faces having continuous limestone-skarn-igneous rock outcrops. In general, the skarn occurs as three distinct mineralogical zones, the wollastonite zone, the spurrite zone and the gehlenite zone. Gehlenite-zone associate closely with igneous intrusion and are extensive (decimeter to meter thick). Retrogression of gehlenite to hydrogrossular is common. Accessory phases include schrolomite, vesuvianite and perovskite. Predominantly monomineralic spurrite-zone forms in the outer zone of the gehlenite-zone and also as independent veins. Spurrite-zone may extend up to tens of meters. At places tilleyite or rankinite coexists with the spurrite, however larnite is absent. Vesuvianite is the most common accessory phase observed. Retrograde hydration of spurrite to foshagite, scawtite and hillebrandite is commonly observed. Grossular-wollastonite skarn forms very narrow (few centimeter width) zone usually separating the spurrite-skarn and the igneous intrusion. It is also developed along the younger basic intrusive dykes in the region. The spurrite skarn at Fuka formed at high-temperature contact metamorphism with considerable amounts of material transport from the intrusive quartz monzonite. Average aqueous silica concentration of the fluid was about 2.5x10<sup>-3</sup> mol/liter. Temperature condition during the spurrite formation is between 980℃ and 1080℃ and the XCO<sub>2</sub> was between 0.25 and 0.42. Large-scale carbon and oxygen isotope shifts in the spurrite zone is caused by the combined effect of decarbonation and massive fluid flow. Earlier geochemical studies also suggested extensive mass transport during the skarn formation. The carbon and oxygen isotope profile within marble from spurrite-marble contact indicates that carbon has moved by lattice diffusion, whereas oxygen moved by both lattice and grain boundary diffusion. Also, it is found that during high temperature (1000℃) skarn formation the diffusion constants of carbon and oxygen species resembles, in contrast to the low temperature hydrothermal skarn forming fluids, where oxygen diffuses several times faster than carbon.

    researchmap

  • 炭素・炭酸塩:IMA-KOBEにむけて

    黒沢正紀, 宮脇律郎, 佐藤努, SATISH-KUMAR M, 村上浩康

    日本岩石鉱物鉱床学会学術講演会講演要旨集  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    researchmap

  • Causes for anamolous oxygen and strontium isotope compostions of marbles from Skallen, East Antactica

    OSANAI Y, MIYAMOTO T, SATISH-KUMAR M

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    researchmap

  • Trace element, REE and C-13 melt-restite partitioning in graphite-bearing metapelitic migmatites

    HERMAN J, BUICK Is, SATISH-KUMAR M, SHABEER Kp

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    researchmap

  • 鉱物及び安定同位体進化

    SATISH-KUMAR M, KUSACHI I

    日本岩石鉱物鉱床学会学術講演会講演要旨集  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    researchmap

  • O-350 The role of aqueous silica activity in the formation of spurrite skarn at Fuka, Okayama

    Satish-Kumar M., Kusachi I.

    日本地質学会学術大会講演要旨  2002年  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 南インドグラナイトテラインにおける地域的UHL変成活動に対する炭素アイソトープ温度測定的な証拠

    SATISH-KUMAR M, WADA H, SANTOSH M, YOSHIDA M

    Gondwana Research  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 東ゴンドワナからの大理石の変成流動体進展 安定アイソトープの展望

    SATISH-KUMAR M

    Gondwana Research  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • インド、東Ghats、Pangidi複合岩体からのハイグレード灰珪岩石における後期流体浸透と微小鉱脈層のための岩石学と安定同位体的証拠

    DHARMA RAO C V, SATISH-KUMAR M

    Gondwana Research  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    researchmap

  • P-194 Fluid flow during high temperature skarn formation at Fuka, Okayama

    Satish-Kumar M., Yoshida Y., Wada H., Kusachi I.

    日本地質学会学術大会講演要旨  2001年  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • O-267 Graphite in fluid inclusions : Direct evidence for graphite formation from fluids in granulites

    Satish-Kumar M.

    日本地質学会学術大会講演要旨  2000年  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • O-114 UHT metamorphism in southern Indian granulite terrain : evidence from carbon isotope thermometry

    Satish-Kumar M., Wada Hideki

    日本地質学会学術大会講演要旨  1999年  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Eighth Annual V.M. Goldschmidt Conference

    Satish-Kumar, M, Wada, H

    Gondwana Research  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Significance of wollastonite- and scapolite-bearing assemblages from the Kerala Khondalite Belt, southern India. Gondwana News Letter No. 7

    Satish-Kumar, M

    Journal of African Earth Sciences  1999年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 高温変成作用における方解石およびグラファイトの炭素同位体の分別

    SATISH-KUMAR M, WADA H

    Mineralogical Magazine  1998年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    researchmap

  • 変成大理石中の炭素および酸素輸送の性質:化学反応、溶解および拡散の役割

    WADA H, SATISH-KUMAR M, SUZUKI M

    Mineralogical Magazine  1998年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    researchmap

  • International Symposium and Field Workshop on the Proterozoic Continental Crust of Southern India

    M SatishKumar, Y Tani

    JOURNAL OF AFRICAN EARTH SCIENCES  1997年4月  PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 変成作用中の大理石における化学的および同位体的先端にある粒界の役割

    WADA H, SATISH-KUMAR M

    地球惑星科学関連学会合同大会予稿集  1997年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    researchmap

  • International symposium and field workshop on the Proterozoic continental crust of southern India.

    SATISH-KUMAR M, TANI Y

    Journal of South American Earth Sciences  1997年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    researchmap

  • Significance of Wollastonite- and Scapolite-bearing assemblages from the Kerala Khondalite belt, southern India

    Satish-Kumar, M.

    Journal of Southeast Asian Earth Sciences  1996年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    researchmap

  • 435 カルクシリケイトから求めた南インド,ケララ・コンダライト帯のP-T-Fluid履歴(変成岩)

    サティッシュクマール M., 吉田 勝, サントシュ M.

    日本地質学会学術大会講演要旨  1996年  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • インド南部からのカルク-ケイ酸塩の岩石学および安定同位体研究:P-T-X史への含意

    SATISH-KUMAR M, SANTOSH M, WADA H, YOSHIDA M

    地球惑星科学関連学会合同大会予稿集  1995年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    researchmap

  • VII international symposium on Antarctic Earth Sciences. Gondwana News Letter No. 5

    Satish-Kumar, M, Tani Y

    Journal of African Earth Sciences  1995年 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 飛騨花崗岩類のジルコンU–Pb年代と地球化学的特徴

    山田来樹, 沢田 輝, 青山慎之介, 大内 航, 仁木創太, 長田充弘, M サティッシュ クマール, 高橋俊郎, 平田岳史

    日本地質学会第126年学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Early Carboniferous HP metamorphism in the Hida Gaien Belt, Japan: Implications for the Paleozoic tectonic history of proto-Japan

    Madhusoodhan Satishkumar, Yoshida Takumi, Taguchi Tomoki, Ueda Hayato, Horie Kenji

    日本地質学会第126年学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Pressure–temperature-time conditions of metamorphism of pelitic gneisses in the Gobi-Altai Mountains from southwestern Mongolia

    Kundyz Syeryekkhaan, Y. Osanai, N. Nakano, T. Adachi, S. Jargalan, M. Owada, M. Satish-Kumar, Ch. Boldbaatar

    日本鉱物科学会2019年年会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モンゴル北西部・ハンホヒン山地に産する泥質片麻岩に含まれるザクロ石中のクリストバライト包有物

    足立達朗, 小山内康人, 中野伸彦, Syeryekkhaan Kundyz, Jargalan Sereenen, 大和田正明, Satish-Kumar M

    日本鉱物科学会2019年年会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 四種硫黄同位体比迅速計測法の開発と花崗岩試料への応用

    青山慎之介, M. Satish-Kumar

    日本地球化学会第66回年会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 蛇紋岩体中のドロマイトー滑石脈の形成と泥質片岩境界との反応帯:三波川帯関東山地長瀞の例

    岡本 敦, 大柳良介, 吉田一貴, サティッシュ クマール, 宇野正起

    日本地質学会第126年学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県青海に産する中部石炭系海山型石灰岩の化学層序学

    田中良樹, M. Satish Kumar

    日本地質学会第126年学術大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • モンゴルアルタイ山脈の泥質変成岩に記録された古生代・沈み込みー付加ー大陸衝突に伴う造山帯運動

    中野伸彦, 小山内康人, Jargalan Sereenen, 足立達朗, Syeryekkhaan Kundyz, 大和田正明, Satish-Kumar M

    本鉱物科学会2019年年会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isotope geochemistry of metacarbonate rocks in continental collision zones as proxies for estimating the sedimentation age and understanding the tectonic setting of deposition 国際会議

    M. Satish Kumar, A. Imura, M. Shirakawa, G. Shimoda, K.T. Goto, S.P.K. Malaviarachchi

    XIII International Symposium on Antarctic Earth Science  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Stable isotopes as tracers for elucidating the origin of siderite in the volcanogenic Lake Inawashiro-ko, Japan 国際会議

    Satish Kumar, Madhusoodhan, Kyoko S. Kataoka, Yoshitaka Nagahashi

    20th Congress of the International Union for Quaternary Research  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Behaviour of C, O, Sr, Nd and Pb isotopes in high-grade metacarbonate rocks

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Akari Imura, Momoko Shirakawa, Gen Shimoda, Kosuke T. Goto, M A Sanjeewa, K Malaviarachchi

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preliminary paleomagnetic studies on the mafic dykes in Western Dharwar craton, South India

    Silpa Ammini Sasidharan, Madhusoodhan Satish-Kumar, Naoto Ishikawa, Krishnan Sajeev

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Microvolume stable isotope measuremetns and its applicaiton for high-pressure high-temperature experimental run products

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Shinnosuke Aoyama

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Source, geochemical evolution and tectonic settings of granitic rocks from Karagwe Ankole Belt (Rwanda), center-east Africa 国際会議

    C. Nambaje, M. Satish Kumar, K. Sajeev

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Timing and evolution of UHT metamorphism in eastern Gondwana 国際会議

    Durgalakshmi, I. S. Williams, K. Sajeev, D. Harinadha Reddy, M. Satish-Kumar

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Detrital zircon geochronology, Hf isotope studies and geochemistry of beach sediments from southwest coast of India: Implications for provenance 国際会議

    P.G. Athira, K. Sajeev, M. Zhai, M. Satish-Kumar, V.A. Ayisha

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Lead and neodymium isotope geochemistry of metacarbonate rocks from the Highland Complex, Sri Lanka 国際会議

    A. Imura, M. Satish-Kumar, G. Shimoda, K.T. Goto, S.P.K. Malaviarachchi

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Multiple sulfur isotopes constraints on the origin of sulfide sulfur in Archean granitoids from Dharwar craton, Southern India 国際会議

    S. Aoyama, T. Oneyama, W. Ouchi, Y. Ueno, M. Satish-Kumar

    Origin, Evolution & Dynamics of the Earth & Planetary Interiors  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isotope geochemistry of metacarbonate rocks in continental collision zones as proxies for sedimentation age, tectonic setting and environment of deposition 国際会議

    M. Satish-Kumar, A. Imura, M. Shirakawa, G. Shimoda, K.T. Goto, S.P.K Malaviarachchi

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Geochemical evolution of mafic dykes from Tiptur area, Western Dharwar craton, southern India 国際会議

    A.S. Silpa, M. Satish-Kumar

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surface sulfur in Archean granitoids from Dharwar craton, Southern India constrained by multiple sulfur isotopes 国際会議

    S. Aoyama, T. Oneyama, W. Ouchi, Y. Ueno, M. Satish-Kumar

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A comparative anatomy of mafic dyke swarms in Dharwar and other Archean cratons 国際会議

    A.S. Silpa, M. Satish-Kumar, N. Ishikawa, K. Sajeev

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Recent developments in stable isotope measurements on high-pressure high-temperature experimental run products and natural samples 国際会議

    M. Satish-Kumar, S. Aoyama

    Origin, Evolution & Dynamics of the Earth & Planetary Interiors  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sulfur and carbon isotope fractionation under mantle conditions 国際会議

    F. Maeda, Y. Horioka, S. Kamada, S. Aoyama, S. Ozawa, M. Satish-Kumar, A. Suzuki

    Origin, Evolution & Dynamics of the Earth & Planetary Interiors  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Geological and geochemical evidence for short lived rifting and arc volcanism in the Archean Western Dharwar Craton, southern India 国際会議

    M. Satish-Kumar, Y. Enya, T. Iizuka, G. Shimoda, K.T. Goto, K. Mishima, Y. Ueno, T. Toyoshima

    JSPS-DST Japan-India Forum for Advanced Study  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • NPD as a carbon isotope standard for in situ analysis 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar

    Science and Technology of Nano-Polycrystalline Diamond 2019  2019年2月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Precambrian mafic dykes in Western Dharwar craton and their implications on the evolution of Dharwar craton

    Silpa Ammini Sasidharan, Madhusoodhan Satish-Kumar

    第9回極域科学シンポジウム  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県青海に産する中部石炭系海山型石灰岩の炭素・酸素同位体組成の研究

    田中良樹, M. Satish-Kumar

    日本地質学会第125年学術大会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Tectonic evolution of Highland Complex, Sri Lanka and its bearing on Gondwana amalgamation tectonics 招待 国際会議

    M. Satish-Kumar, M. Shirakawa, Sanjeewa Malaviarachchi

    Sri Lanka-Japan Collaborative Research (SLJCR2018)  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Geochemistry of Charnockites, Northern Sri Lanka 国際会議

    H.M.D.A.H. Bandara, Sanjeewa, P, K. Malaviarachchi, M. Satish-Kumar, P.L. Dharmapriya, N.D. Subasinghe, Toshiro Takahashi

    Sri Lanka-Japan Collaborative Research (SLJCR2018)  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evidence from Archean granitoids for microbial sulfate reduction before 4.0 Ga 国際会議

    Shinnosuke Aoyama, Yuichiro Ueno, Tsuyoshi Komiya, Tsuyoshi Iizuka, Atsushi Kamei, M. Satish-Kumar

    Goldschmidt2018  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Geochemical evolution of Late Archean volcanism in the Western Dharwar Craton, Southern India

    塩谷 佳大, Satish-Kumar Madhusoodhan, 高橋 俊郎, 飯塚 毅, 下田 玄, 後藤 孝介, 三島 郁, 上野 雄一郎, 豊島 剛志

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Precise timing of HP metamorphism in the Hida Gaien Belt, Japan: Implications for the Paleozoic tectonic history of proto-Japan

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Takumi Yoshida, Hayato Ueda, Kenji Horie, Tomoki Taguchi

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isotope geochemistry of metacarbonate rocks as tools for reconstructing supercontinents

    Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A comparison between the mafic dykes in the Western and Eastern Dharwar cratons, southern India: Implications for cratonization 国際会議

    Silpa Ammini Sasidharan, Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Multiple sulfur isotope analytical system using IRMS MAT-253 for high pressure experimental run products 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Shinnosuke Aoyama, Miyako Abe

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Geochemcial contraints on origin and evolution of the Vijayan Complex, Sri Lanka and its role in Gondwana formation 国際会議

    M. A. Sanjeewa, P, K. Malaviarachchi, H.M.D.A.H. Bandara, P.L. Dharmapriya, M. Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Younging direction of carbonate depositional age in Highland Complex, Sri Lanka: Implications for Gondwana amalgamation tectonics 国際会議

    白川 桃子, Satish-Kumar Madhusoodhan, P.K Malaviarachchi Sanjeewa

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A comparative study on graphitization process in limestone and pelites at low pressure contact metamorphism

    村松 樹, 中村 佳博, Satish-Kumar Madhusoodhan

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hydrogen isotope study of serpentinite from the Happo-O'ne area: Implications for the water cycle in subduction zone 国際会議

    Wataru Ouchi, Shinnosuke Aoyama, Tomokazu Murai, Yuichiro Ueno, Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Stable isotopes as tools for exploring the deep Earth 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar

    Integration and Coevolution of the Core and Mantle Towards Deep Earth Science International Symposium and Annual General Meeting  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nano-mole sulfur, carbon and oxygen isotope measurement system using IRMS MAT-253 for high pressure experiment run products 国際会議

    Satish-Kumar M, Aoyama S, Abe M

    Integration and Coevolution of the Core and Mantle Towards Deep Earth Science International Symposium and Annual General Meeting  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Tectonic evolution of Sri Lanka based on isotope geochemistry of meta-carbonate rocks

    Momoko Shirakawa, M. Satish-Kumar, Sanjeewa P.K. Malaviarachchi

    第8回極域科学シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Petrology and geochronology of rocks in and around Chitradurga shear zone: Some insights to the mode and timing of amalgamation of western and eastern Dharwar cratons, South India

    Abdulla Nasheeth, Takamoto Okudaira, Tomokazu Hokada, Kenji Horie, Satish-Kumar Madhusoodhan, Yuichiro Ueno

    第8回極域科学シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 接触変成岩における炭質物石墨かの圧力-温度-時間依存性

    村松樹, 中村佳博, マドスーダン サティッシュ クマール

    日本地質学会第124年学術大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 花崗岩の四種硫黄同位体から読み解く40億年前の全球的な微生物硫酸還元活動

    青山 慎之介, 上野 雄一郎, 小宮 剛, 飯塚 毅, 亀井 淳志, M. Satish-Kumar

    2017年度日本地球化学会年会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Zircon geochronology in metacarbonate rocks from Sor Rondane Mountains East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Horie, K, Williams S. Ian, Takehara, M, Hokada, T, Otsuji, N

    日本地質学会第124年学術大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 示差熱分を利用した変成岩中天然炭質物の不均⼀再結晶プロセスの評価

    中村 佳博, M. Satish-Kumar

    日本鉱物科学会2017年年会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ehime University,Ehime, Japan  

    researchmap

  • 玄武岩質マグマとFe-FeS融体間の硫黄分配 国際会議

    堀岡 祥生, 鎌田 誠司, 小澤 信, 前田 郁也, Satish-Kumar Madhusoodhan, 鈴木 昭夫

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Setting up of oxygen extraction system for stable isotope analysis of silicate minerals 国際会議

    久保田 海帆, Satish-Kumar Madhusoodhan

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Sr isotope chemostratigraphy of metacarbonate rocks from East Gondwana; Implications for depositional environments and correlations 国際会議

    Momoko Shirakawa, Madhusoodhan Satish-Kumar, Sanjeewa Malaviarachchi, Krishnan Sajeev, Geoffrey Hugo Grantham

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Petrology and geochemistry of post-tectonic dykes in Tiptur area, Western Dharwar craton, Southern India 国際会議

    Silpa Ammini Sasidharan, Madhusoodhan Satish-Kumar

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Light element isotope fractionation processes in the deep Earth 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Miyako Abe

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Oxygen isotope evidence for growth of zircon in metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Kenji Horie, Ian S. Williams, Mami Takehara, Tomokazu Hokada, Naho Otsuji

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Paleozoic multiple thermal events in the Altai Range, Mongolia 国際会議

    中野 伸彦, 小山内 康人, 大和田 正明, Satish-Kumar Madhusoodhan, 足立 達朗, Jargalan Sereenen, Syeryekhan Kundyz, Boldbaatar Chimedtseie

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Pressure dependence of structural evolution of CM: Implication for fast graphitization in subduction zone 国際会議

    中村 佳博, 芳野 極, Satish-Kumar Madhusoodhan

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Timing of UHT metamorphism in eastern Gondwana 国際会議

    Durgalakshmi, Ian S Williams, Satish Kumar M, Sanjeewa Malaviarachchi, Krishnan Sajeev

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Prograde infiltration of Cl-rich fluid into the granulitic continental crust from a collision zone in Perlebandet, Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    河上 哲生, 東野 文子, Skrzypek Etienne, Satish-Kumar Madhusoodhan, Grantham Geoffrey, 土屋 範芳, 石川 正弘, 坂田 周平, 平田 岳史

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Micro-volume stable isotope measurement using IRMS and its application in high pressure research 国際会議

    阿部 都, Satish-Kumar Madhusoodhan

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Tiba, Japan  

    researchmap

  • Carbon isotope heterogeneities in deep Earth: Recycling of surface carbon or from core? 国際会議

    Madhusoodhan Satish-Kumar

    European Geosciences Union General Assembly 2017  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Austria Center Vienna, Vienna, Austria  

    researchmap

  • Short-lived brine infiltration during upper amphibolite facies metamorphism in the continental collision zone 国際会議

    Fumiko Higashino, Tetsuo Kawakami, Noriyoshi Tsuchiya, Madhusoodhan Satish-Kumar, Masahiro Ishikawa, Geoffrey Grantham, Shuhei Sakata, Takafumi Hirata

    European Geosciences Union General Assembly 2017  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Austria Center Vienna, Vienna, Austria  

    researchmap

  • Progress report on light element partitioning and isotope fractionation process in deep Earth

    Satish-Kumar, M, Abe, M

    新学術領域研究「核-マントルの相互作用と共進化」平成28年度成果報告会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:海洋研究開発機構(神奈川県横浜市)  

    researchmap

  • Micro-volume stable isotope measurement system using IRMS MAT-253 for high pressure experiment run products

    Abe, M, Satish-Kumar, M

    新学術領域研究「核-マントルの相互作用と共進化」平成28年度成果報告会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:海洋研究開発機構(神奈川県横浜市)  

    researchmap

  • NPD as a carbon isotope standard

    Satish-Kumar, M

    第4回愛媛大学先進超高圧科学研究拠点(PRIUS)シンポジウム  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • Adjustment of dual inlet gas source mass spectrometer, MAT253, for micro-volume isotope measurement of samples in high-pressure experiment.

    Abe, M, Satish-Kumar, M

    MEXT Shin-Gakujutsu “Core-Mantle Coevolution” Winter School 2017 “Origin and Evolution of Deep Primordial Reservoirs”  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Venue Nakazawa Village, Kusatsu Japan  

    researchmap

  • Light element isotope fractionation in the deep Earth

    M. Satish-Kumar

    MEXT Shin-Gakujutsu “Core-Mantle Coevolution” Winter School 2017 “Origin and Evolution of Deep Primordial Reservoirs”  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Venue Nakazawa Village, Kusatsu Japan  

    researchmap

  • Geochemistry of metacarbonate rocks from the Highland Complex, Sri Lanka: Apparent depositional ages and tectonic environments

    M., Shirakawa, M. Satish-Kumar, Sanjeewa, P.K. Malaviarachchi

    第7回極域科学シンポジウム  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Petrology and geochemistry of post-tectonic of dykes in Tiptur area, Western Dharwar craton, Southern India

    A.S. Silpa, M. Satish-Kumar

    第7回極域科学シンポジウム  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Growth of zircon in metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    M. Satish-Kumar, K. Horie, Ian S. Williams, M. Takehara, T. Hokada, N. Otsuji

    第7回極域科学シンポジウム  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Carbon isotope fractionation processes in the deep Earth 国際会議

    Satish-Kumar, M, Yoshino, T, Tasaka, M

    2016 International Symposium on the Earth’s Deep Interior  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Wuhan, China  

    researchmap

  • Comparison between natural and experimental structural evolution of CM to graphite

    中村 佳博, 芳野 極, Satish-Kumar, M

    日本鉱物科学会2016年年会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • オマーンオフィオライトのマントルかんらん岩から推測されるマントルウェッジの酸化還元状態

    高澤栄一, 谷 雅史, Satish-Kumar, M, 赤坂正秀, 田村 芳彦

    日本鉱物科学会2016年年会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • 新潟県糸魚川市に分布する蓮華変成岩類の変成作用と年代学的検討

    吉田拓海, Satish Kumar, 植田勇人

    日本地質学会第123年学術大会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • Contrasting geochemical characteristics in adjacent units of Archean greenstones in the Chitradurga schist belt, Southern India 国際会議

    Enya, Y, Mishima, K, Takahashi, T, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    35TH INTERNATIONAL GEOLOGICAL CONGRESS  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cape Town, South Africa  

    researchmap

  • Oxygen isotope evidence for re-equilibration of zircon in metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Satish-Kumar, M, Horie, K, Williams, I.S, Takehara, M, Hokada, T, Otsuji, N

    35TH INTERNATIONAL GEOLOGICAL CONGRESS  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cape Town, South Africa  

    researchmap

  • Archean volcano-sedimentary sequences in the Chitradurga schist belt, Dharwar craton, southern India 国際会議

    M. Satish-Kumar, Koinuma Kentaro, Mishima Kaoru, Enya Yoshihiro, Muramatsu Itsuki, Toyoshima Tsuyoshi, Hokada Tomokazu, Ueno Yuichiro, Kamei Atsushi, Kataoka Kyoko, Sajeev Krishnan

    35TH INTERNATIONAL GEOLOGICAL CONGRESS  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cape Town, South Africa  

    researchmap

  • Geochemical behaviour of Zr around a metasomatic vein and possible brine infiltration under upper amphibolite facies conditions 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G.H, Sakata, S, Hattori, K, Hirata, T

    35TH INTERNATIONAL GEOLOGICAL CONGRESS  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cape Town, South Africa  

    researchmap

  • Pressure Dependence on Carbon Isotope Fractionation between Diamond and Iron Carbide Melt 国際会議

    Satish-Kumar M, Tasaka M, Yoshino T, So H

    The 26th Goldschmidt Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)  

    researchmap

  • Redox State of Mantle Wedge Above Subducting Slab Inferred from the Mantle Section of Oman Ophiolite 国際会議

    Tani M, Takazawa E, Satish-Kumar M, Akasaka M, Kanke N, Murakami R, Suetake A, Tamura Y

    The 26th Goldschmidt Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)  

    researchmap

  • The Secular Change of S-Mif in the Late Archean, the Dharwar Supergroup, Southern India 国際会議

    Mishima K, Satish-Kumar M, Hokada T, Toyoshima T, Ueno Y

    The 26th Goldschmidt Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)  

    researchmap

  • An experimental study on the kinetics of structural evolution of natural carbonaceous material to graphite 国際会議

    Nakamura Y, Yoshino T, Satish-Kumar M

    the XIIth International GeoRaman Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Novosibirsk, Russia  

    researchmap

  • The redox state in the Fizh mantle section, the northern Oman ophiolite as an analog of mantle wedge in subduction zone

    Masafumi Tani, Eiichi TAKAZAWA, Madhusoodhan Satish-Kumar, Masahide Akasaka, Yoshihiko Tamura

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Possible process of microstructure formation around Cl-rich mineral-bearing vein under upper amphibolite facies conditions

    Fumiko Higashino, Tetsuo Kawakami, Noriyoshi Tsuchiya, Madhusoodhan Satish-Kumar, Masahiro Ishikawa, Geoffrey Grantham, Shuhei Sakata, Kentaro Hattori, Takafumi Hirata

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Pressure-temperature-time dependence of structural evolution of CM to graphite: Implication for fast graphitization in metamorphic terrain

    Yoshihiro Nakamura, Takashi Yoshino, Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Geological evolution of the Archean Chitradurga schist belt, Dharwar Craton, southern India

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Kaoru Mishima, Tsuyoshi Toyoshima, Kentaro Koinuma, Yoshiihiro Enya, Itsuki Muramatsu, Tomokazu Hokada, Yuichiro Ueno, Atsushi Kamei, Kyoko Kataoka, Krishnan Sajeev

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Igneous activity of Paleoarchean TTGs around Chitradurga, western Dharwar craton, India

    Atsushi Kamei, Tomokazu Hokada, Madhusoodhan Satish-Kumar, Tsuyoshi Toyoshima, Kaoru Mishima, Yuichiro Ueno, Kyoko Kataoka

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Determination of channel CO2 contents in random cordierite crystals using Raman spectroscopy

    Miyako Abe, Madhusoodhan Satish-Kumar, Hiroyuki Kagi, Simon Harley

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • The source rock age of Renge metamorphic rock in the Omi-area, Itoigawa city

    Takumi Yoshida, Madhusoodhan Satish-Kumar, Hayato Ueda

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Pressure dependence on carbon isotope fractionation between diamond and iron carbide melt

    Madhusoodhan Satish-Kumar, Miki Tasaka, Takashi Yoshino, Hayato So

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Graphitization of cabonaceous materials from the Archaean Chitradurga schist belt, Dharwar Craton, Southern India

    Itsuki Muramatsu, Yoshihiro Nakamura, Madhusoodhan Satish-Kumar

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Depositional ages for metacarbonate rocks from the Highland Complex, Sri Lanka

    Momoko Shirakawa, Madhusoodhan Satish-Kumar,Sanjeewa, P.K. Malaviarachchi

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Depositional environment of Archaean BIFs in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton, Southern India

    Kentaro Koinuma, Madhusoodhan Satish-Kumar, Kaoru Mishima, Yuichiro Ueno, Tomokazu Hokada, Tsuyoshi Toyoshima

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Contrasting pressure–temperature records from the Altai Range, Mongolia; constraints from multiple growth of garnet, aluminosilicates and monazite

    Nobuhiko Nakano, Yasuhito Osanai, Masaaki Owada, Madhusoodhan Satish-Kumar, Tatsuro Adachi, Sereenen Jargalan, Aya Yoshimoto, Kundyz Syeryekhan,Chimedtseie Boldbaatar, Nomintsetseg Puntsagdamba, Dolzodmaa Boldbaatar

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Geochemical study of Archean greenstones of Ingaldhal Formation in the Chitradurga schist belt, Southern India

    Yoshiihiro Enya, Kaoru Mishima, Toshiro Takahashi, Madhusoodhan Satish-Kumar, Tsuyoshi Toyoshima

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • The estimation of redox state based on the fluid-deposited graphite and sulfide minerals in fault rocks

    Yoshihiro Nakamura, Madhusoodhan Satish-Kumar, Tsuyoshi Toyoshima

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Grandidierite and pseudomorphs of high quartz in “nanogranite” and “felsite inclusion” enclosed in garnet in granulite of the Highland Complex, central Sri Lanka

    Y. Hiroi, T. Hokada, Y. Sun, N. Furukawa, M. Kayama, A. Miyake, T. Adachi, E. S. Grew, B. Prame, M. Satish-Kumar, A. Yanagi, M. Kato, T. Kobayashi, M. Ishikawa, Y. Osanai, H. Nishido, Y. Motoyoshi, K. Shiraishi

    第6回極域科学シンポジウム  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Zircons in metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    M. Satish-Kumar, T. Hokada, K. Horie, N. Otsuji

    第6回極域科学シンポジウム  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Carbon, oxygen and strontium isotope geochemistry of metacarbonate rocks in the Highland Complex, Sri Lanka

    Momoko Shirakawa, Naho Otsuji, M. Satish-Kumar, Sanjeewa, Malaviarachchi

    第6回極域科学シンポジウム  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • ラマンスペクトルを使用した菫青石の結晶方位測定とCO<sub>2</sub>定量法への応用

    阿部都, M. Satish-Kumar, 鍵裕之

    日本鉱物科学会2015年年会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • 角閃岩相高温部で見られる塩水活動に伴う鉱物組成変化プロセス

    東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, ジェフ・グランサム, 坂田周平, 平田岳史

    日本鉱物科学会2015年年会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • A kinetic model based on experimental study of structural evolution of natural carbonaceous material to graphite

    Yoshihiro Nakamura, T. Yoshino, and, M. Satish-Kumar

    日本鉱物科学会2015年年会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Carbon and oxygen isotope composition of metacarbonate rocks and carbon isotope composition of graphite from Sri Lanka 国際会議

    M. Satish-Kumar, Sanjeewa P.K. Malaviarachchi, M. Shirakawa, Y. Nakamura, T.B.N.S. Madugalla, H.M.T.G.A. Pitawala, P.L. Dharmapriya, K.M.P.C. Karunaratne

    Sri Lanka Japan collaborative research  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kandy, Sri Lanka  

    researchmap

  • 石墨化実験のアレーニウス則に基づく地質学的外挿

    中村佳博, 芳野 極, Satish-Kumar Madhusoodhan

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagano, Japan  

    researchmap

  • A new occurrence of eclogite in the Omi-area, Itoigawa-city, Niigata prefecture: P-T condition and tectonic implications

    Takumi Yoshida, M. Satish-Kumar

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagano, Japan  

    researchmap

  • インド南西部太古代後期ダールワール岩体西部,チトラドゥルガ片岩帯の大構造

    豊島剛志, M. Satish-Kumar, 外田智千, 三島 郁, 片岡香子, 亀井淳志

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagano, Japan  

    researchmap

  • 東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネで 見られるザクロ石―角閃石脈の形成と物質移動

    東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, グランサム・ジェフ

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagano, Japan  

    researchmap

  • Geochemistry of Archean greenstones in the Chitradurga schist belt, Dharwar craton, southern India 国際会議

    Yoshihiro Enya, Toshiro Takahashi, Kaoru Mishima, M. Satish-Kumar

    The 4th International Congress on Natural Sciences  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Changhua, Taiwan  

    researchmap

  • Sr-Nd isotope geochemistry of metacarbonate rocks as indicators to unravel supercontinent tectonics 国際会議

    M. Satish-Kumar

    The 4th International Congress on Natural Sciences  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Changhua, Taiwan  

    researchmap

  • Raman spectra of crystallographically orientated cordierite crystals 国際会議

    M. Abe, M. Satish-Kumar, H. Kagi

    The 4th International Congress on Natural Sciences  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Changhua, Taiwan  

    researchmap

  • A carbon isotope perspective on the geodynamic cycle of carbon 国際会議

    M. Satish-Kumar

    The 4th International Congress on Natural Sciences  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Changhua, Taiwan  

    researchmap

  • Graphitization of carbonaceous materials from the Archaean Chitradurga schist belt, Dharwar Craton, Southern India 国際会議

    Itsuki Muramatsu, Hikaru Murakami, Yoshihiro Nakamura, M. Satish-Kumar

    The 4th International Congress on Natural Sciences  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Changhua, Taiwan  

    researchmap

  • Mass transfer in mafic gneiss during upper-amphibolite facies chloride brine infiltration 国際会議

    FUMIKO HIGASHINO, TETSUO KAWAKAMI, NORIYOSHI TSUCHIYA, M. SATISH-KUMAR, MASAHIRO ISHIKAWA, GEOFFREY H. GRANTHAM

    Goldschmidt2015  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Prague  

    researchmap

  • Fluid-deposited graphite in pseudotachylytes: Implication for fault degassing and precipitation by redox change 国際会議

    YOSHIHIRO NAKAMURA, M. SATISH-KUMAR, TOYOSHIMA TSUYOSHI

    Goldschmidt2015  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Prague  

    researchmap

  • Dissolution-reprecipitation of zircon in metacarbonate rocks in response to fluid infiltration 国際会議

    M. Satish-Kumar, T. Hokada, K. Horie, N. Otsuji

    Goldschmidt2015  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Prague  

    researchmap

  • Comparison of Sr-Nd isotope data from southern Africa and Dronning Maud Land and Sør Rondane, Antarctica 国際会議

    G.H. Grantham, M. Satish Kumar, N. Otsuji, E.Burger, T.Kawakami, M.Ishikawa, N.Tsuchiya, P. Le Roux

    XII International Symposium on Antarctic Earth Science  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Goa, India  

    researchmap

  • Tectonic evolution of Sør Rondane Mountains, East Antarctica based on Sr-Nd isotope geochemistry of metacarbonate rocks 国際会議

    Satish-Kumar, M, Otsuji, N, Kamei, A, Takazawa, E, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Kawakami, T, Ishikawa, M, Osanai, Y

    XII International Symposium on Antarctic Earth Science  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Goa, India  

    researchmap

  • Geochemistry of Paleoarchean TTGs and Neoarchean high-K granites around Chitradurga, western Dharwar Craton, India

    FUKUSAKI, Hideaki, KAMEI, Atsushi, HOKADA, Tomokazu, SATISH-KUMAR, Madhusoodhan, TOYOSHIMA, Tsuyoshi

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Sr and Nd isotopes in metacarbonate rocks as proxies for paleo-tectonic reconstruction prior to supercontinent assembly

    SATISH-KUMAR, Madhusoodhan, OTSUJI, Naho, KAMEI, Atsushi, TAKAZAWA, Eiichi, TSUCHIYA, Noriyoshi, GRANTHAM, Geoffrey, ISHIKAWA, Masahiro, KAWAKAMI, Tetsuo, OSANAI, Yasuhito

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Comparison of Sr-Nd isotope data from N. Mozambique and Dronning Maud Land and Sor Rondane, Antarctica

    GRANTHAM, Geoffrey, SATISH-KUMAR, Madhusoodhan, OTSUJI, Naho, BURGER, Erasmus, KAWAKAMI, Tetsuo, ISHIKAWA, Masahiro, TSUCHIYA, Noriyosh

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Garnet-hornblende vein formation and mass transfer by brine infiltration during upper amphibolite facies metamorphism

    Fumiko HIGASHINO, Tetsuo KAWAKAMI, Noriyoshi TSUCHIYA, Madhusoodhan Satish-Kumar, Masahiro ISHIKAWA, Geoffrey Grantham

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Rare earth element and Nd isotope geochemistry of Archaean Banded Iron Formations in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton, Southern India

    Koinuma Kentaro, Satish-Kumar M, Mishima Kaoru, Ueno Yuichiro, Hokada Tomokazu

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Tectono-metamorphic evolution of the upper sequence of Hidaka Metamorphic rocks in Satsunai-gawa River, Hokkaido, Japan

    Yoshihiro NAKAMURA, Tsuyoshi TOYOSHIMA, Satish-Kumar Madhusoodhan

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Tectono-metamorphic evolution during Asian continental growth

    Yasuhito OSANAI, Sotaro BABA, Masaaki OWADA, Tsuyoshi TOYOSHIMA, M SATISH-KUMAR, Aya YOSHIMOTO, Punya CHARUSIRI, Jargalan

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Mesoproterozoic suture between India and Madagascar

    Krishnan SAJEEV, C ISHWAR-KUMAR, R.t. RATHEESH-KUMAR, M. SATISH-KUMAR

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Dynamic fluctuation of redox state during frictional melting and crystallization of graphite-bearing psuedotachylites

    Yoshihiro NAKAMURA, Satish-Kumar Madhusoodhan, Tsuyoshi TOYOSHIMA

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • A revised tectonostratigraphy for Late Archean supracrustal rocks in the Chitradruga schist belt, Dharwar craton, South India

    KAORU MISHIMA, M. SATISH-KUMAR, TOMOKAZU HOKADA, TSUYOSHI TOYOSHIMA, KENJI HORIE, YUICHIRO UENO

    Japan Geoscience Union Meeting  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Micro-continent collision and related metamorphic evolution during Asian continental growth 国際会議

    Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Adachi, T, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Charusiri, P

    International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyushu University  

    researchmap

  • Garnet-hornblende vein formation and mass transfer by brine infiltration during upper amphibolite facies metamorphism: A case study from Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G.H

    International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyushu University  

    researchmap

  • Cambrian metamorphic event in the Northwestern part of Mongolia 国際会議

    Adachi, T, Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yonemura,K, Yoshimoto, A

    International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyushu University  

    researchmap

  • Felsite inclusions in granulites from continental collision orogens: characterization and tectonic significance 国際会議

    Hiroi, Y, Miyake, A, Kayama, M, Adachi, T, Preme, B, Hokada, T, Satish-Kumar, M, Yanagi, A, Kato, M, Kobayashi, T, Ishikawa, M, Osanai, Y, Nishido, H, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K

    International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyushu University  

    researchmap

  • Nd isotopes in metacarbonate rocks as proxies for identifying tectonic setting of paleo-oceans 国際会議

    Satish-Kumar, M, Otsuji, N

    International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyushu University  

    researchmap

  • Mass transfer during highly saline brine infiltration under upper amphibolite facies metamorphism

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G.H, Sakata, S, Hirata, T

    第5回 極域科学シンポジウム  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Advantage and significance of study on geofluid in Sor Rondane Mountains

    Tsuchiya, N, Uno, M, Hokada, T, Ishikawa, T, Tsubokawa, Y, Kawakami, T, Higashino, F, Toyoshima, T, Satish-Kumar, M, Nakamura, Y

    第5回 極域科学シンポジウム  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Timing of Cl-rich aqueous fluid activity in Perlebandet, Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Kawakami, T, Higashino, F, Grantham, G.H, Ishikawa, M, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Sakata, S, Skrzypek, E, Hirata, T, Takatsuka, K

    第5回 極域科学シンポジウム  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Rare earth element and Nd isotope geochemistry of Archaean banded iron formations in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton, Southern India 国際会議

    Koinuma, K, Satish-Kumar, M, Mishima, K, Ueno, Y, Hokada, T

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Geological correlations between India and Madagascar in a Gondwanan perspective 国際会議

    Sajeev, K, Ishwar-Kumar, C. Ratheesh-Kumar, Satish-Kumar, M

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Determination of crystal orientation of cordierite using Raman spectral patterns 国際会議

    Abe, M, Satish-Kumar, M, Kagi, H, Hokada, T

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Archaean Dharwar craton in India: An ideal terrane to understand the early Earth’s surface environment and origin of life 国際会議

    Satish-Kumar, M, Mishima, K, Koinuma, K, Ueno, Y, Hokada, T

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Regional distribution and petrologic characteristics of the high-pressure metamorphic rocks in the Omi area, Itoigawa, Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Yoshida, T, Satish-Kumar, M

    The 2nd International Symposium on Earth History of Asia  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Continental arc accretion and crustal evolution at the end of the Archean in southern India 国際会議

    George, P.M, Wilde, S.A, Satish-Kumar, M, Sajeev, K

    7th International SHRIMP Workshop  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tachikawa and Kurobe, Japan  

    researchmap

  • A synthesis on Sr-Nd isotope geochemistry and zircon geochronology in metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Otsuji, N, Satish-Kumar, M, Kamei A, Hokada, T, Horie, K, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Kawakami, T, Ishikawa, M

    7th International SHRIMP Workshop  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tachikawa and Kurobe, Japan  

    researchmap

  • モンゴル中・南部の古生代火成活動場

    大和田正明, 小山内康人, 中野伸彦, 足立達朗, M. Satish-Kumar, S. Jargalan, C. Boldbaatar

    日本鉱物科学会2014年年会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • ラマンスペクトルから菫青石の結晶方位決定

    阿部都, M. Satish-Kumar, 鍵裕之, 外田智千

    日本鉱物科学会2014年年会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • 大陸衝突帯で見られる高濃度塩水活動に伴う物質移動

    東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, 坂田周平, サティシュ クマール, 石川正弘, ジェフ グランサム, 平田岳史

    日本鉱物科学会2014年年会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • Microstructural evolution of Carbonaceous Material (CM) under low temperature condition

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    日本鉱物科学会2014年年会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • Relationship between peak metamorphic condition and geological structure in the upper sequence of Hidaka Metamorphic Belt

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Nd isotope geochemistry of Archaean Banded Iron Formations in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton Southern India

    Koinuma, K, Satish-Kumar, M, Mishima, K, Ueno, Y, Hokada, T

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 南インド西ダルワール剛塊チトラドゥルガ地域に産する花崗岩質岩石の岩石学的特徴

    福嵜秀明, 亀井淳志, Satish-Kumar M, 豊島剛志, 外田智千

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • モンゴル・アルタイ山脈に認められる時計回りと反時計回りの変成履歴とその年代学的特徴

    中野伸彦, 小山内康人, 大和田正明, M. Satish-Kumar, 足立達朗, S. Jargalan, 吉本 紋, K. Syeryekhan

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • インド南西部太古代後期ダールワール岩体西部,チトラドゥルガ地域のペニンシュラ片麻岩体・花崗岩体・結晶片岩の変形作用

    豊島剛志, M. Satish-Kumar, 外田智千, 片岡香子, 亀井淳志

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Carbon isotope fractionation during carbonated silicate melting under upper mantle conditions 国際会議

    Satish-Kumar, M, Mizutani, S, Yoshino, T

    21st General Meeting of International Mineralogical Association  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Johannesburg, South Africa  

    researchmap

  • Microstructural evolution of carbonaceous material during natural graphitization process: an integrated HRTEM, micro-Raman and XRD study 国際会議

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    21st General Meeting of International Mineralogical Association  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Johannesburg, South Africa  

    researchmap

  • Carbon isotope systematics during carbonated silicate melting under upper mantle conditions 国際会議

    Satish-Kumar, M, Mizutani, S, Yoshino, T

    Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual meeting  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • P-T estimates of a metapelite containing garnet zoning from Mefjell, Sor Rondane Mountain, East Antarctica

    Tsubokawa, Y, Ishikawa, M, Ichiki, T, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Grantham, G, H

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Geochemistry of Archaean Banded Iron Formations in the Chitradurga Schist Belt, Dharwar Craton, Southern India

    Koinuma, K, Satish-Kumar, M, Mishima, K, Ueno, Y, Hokada, T

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Carbon isotope systematics during carbonated silicate melting under upper mantle conditions

    Satish-Kumar, M, Mizutani, S, Yoshino, T

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Sr and Nd isotope systematics of metacarbonate rocks as proxies for reconstructing extinct oceans: A case study of Mozambique Ocean between East and West Gondwana

    Otsuji, N, Satish-Kumar, M, Kamei, A, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Kawakami, T, Ishikawa, M

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Graphite-bearing pseudotachylytes in metasediment: Implication for CO2 degassing by oxidation of graphite

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Tectonic evolution of Karwar and Coorg blocks, southern India

    Ishwar-Kumar, C, Sajeev K, Windley, B.F, Satish-Kumar, M, Hokada, T, Horie, K, Itaya, T

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Significance of multi-stage chloride brine activity- An example from Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G, H

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Relationship between Raman spectral pattern and crystal orientation of cordierite

    Abe, M, Satish-Kumar, M, Kagi, H

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Widespread analyses of pressure-temperature trajectory and timing in the Altai Range, Mongolia

    Nakano, N, Osanai, Y, Owada, M, Satish-Kumar, M, Adachi, T, Jargalan, S, Yoshimoto, A, Kundyz, S, Boldbaatar, C

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜神奈川県  

    researchmap

  • Graphite-bearing pseudotachylytes in metasediment; Implication for CO<sub>2</sub> degassing by oxidation of graphite 国際会議

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    11th International Workshop on Water Dynamics and Deep Carbon Cycle  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan  

    researchmap

  • Multi-stage brine activity in the granulite terrane- New findings from the mafic gneisses from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G

    11th International Workshop on Water Dynamics and Deep Carbon Cycle  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan  

    researchmap

  • Prograde garnet zoning in a metapelite from Mefjell, Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Tsubokawa, Y, Ishikawa, M, Ichiki, T, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Grantham, G.H

    11th International Workshop on Water Dynamics and Deep Carbon Cycle  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan  

    researchmap

  • Significance of multi-stage chloride brine activity in granulite terrane – An example from Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G

    Geofluid-3: Nature and Dynamics of Fluids in Subduction Zones  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Tokyo Institute of Technology Ookayama, Japan  

    researchmap

  • Syn-metamorphic boron-bearing and chlorine-bearing fluid activities in continental collision settings 国際会議

    Kawakami, T, Higashino, F, Sakai, H, Sato, K, Tsuchiya, N, Ishikawa, M, M. Satish-Kumar, M, Grantham, G.H

    Geofluid-3: Nature and Dynamics of Fluids in Subduction Zones  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Tokyo Institute of Technology Ookayama, Japan  

    researchmap

  • Carbon geodynamic cycle in continental collision zones: An example from East Gondwana

    Satish-Kumar, M

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Paleocontinent-oceanic interaction from Sr and Nd isotope systematics in the the Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Otsuji, N, Satish-Kumar, M, Kamei, A, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Kawakami, T, Ishikawa, M

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Thermobarometric constraints on large-scale structure of the central and western n Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Tsubokawa, Y, Ishikawa, M, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Grantham, G.H, Tsuchiya, N

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Felsite inclusions and arrested charnockitization of garnet-biotite gneisses in southern India

    Hiroi, Y, Kato M, Satish-Kumar, M, Dunkley, D.J

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Archaean supracrustal sequences of Dharwar Craton, southern India

    Hokada, T, Horie, K, Satish-Kumar, M, Ueno Y, Nasheeth A, Mishima, K, Shiraishi K

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Significance of multi-stage chlorine-rich fluid activity in Brattnipane, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Higashino, F, Kawakami, T, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Carbon dioxide degassing process by oxidation of graphite in crustal faults

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T

    第33回極域地学シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立極地研究所  

    researchmap

  • Stromatolites from the Archaean Dharwar craton, India: Raman spectroscopic, and carbon, strontium and multiple sulfur isotopic characterization 国際会議

    Satish-Kumar, M, Nakamura, Y, Murakami, H, Okochi, K, Yamazaki, R, Mishima, K, Ueno, Y, Hokada, T

    The international biogeoscience conference 2013  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

    researchmap

  • Strain-induced amorphization and assimilation process of graphite in fault zone of the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, Japan

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima T

    日本地質学会第120年学術大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • P-T estimation and monazite EPMA dating of metamorphic rocks from the Hanhohiyn Mountains area, western part of Tuva-Mongolian Massif

    Adachi, T, Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yonemura, K, Yoshimoto, A

    日本地質学会第120年学術大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • Felsite inclusions in charnockites in the making from biotite-garnet gneisses in southern India

    Hiroi, Y, Kato, M, Satish-Kumar, M, Dunkley, D.J

    日本地質学会第120年学術大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • Multi-stage chlorine-rich fluid activity and behaviour of REE-bearing minerals in continental collision zone

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Ishikawa, M, Grantham, G.H

    日本鉱物科学会2013年年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Geologic relationship and metamorphism of the gneiss-schist belts in Archaean Dharwar Craton, southern India

    Hokada, T, Horie, K, Satish-Kumar, M, Ueno, Y, Mishima, K, Nasheeth, A, Okudaira, T, Shiraishi, K

    日本鉱物科学会2013年年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Magmatic activities and tectonic setting of the Paleozoic intrusive rocks from west Mongolia

    Owada, M, Osanai, Y, Nakano, N, Adachi, T, Yoshimoto, A, Yonemura, K, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C

    日本鉱物科学会2013年年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Experimental studies on carbon isotope fractionation in the deep Earth

    Satish-Kumar, M, Yoshino, T, Mizutani, S

    日本鉱物科学会2013年年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Carbon geodynamic cycle in the continental crust

    Satish-Kumar, M

    2013年度日本地球化学会第60回年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Thermobarometric constraints on large-scale structure of the central and western Sør Rondane Mountains, Antarctica

    Tsubokawa, Y, Ishikawa, M, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Grantham, G.H, Tsuchiya, N

    日本鉱物科学会2013年年会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Multiple sulfur isotope geochemistry of Dharwar Supergroup, Southern India: late Archean record of changing atmosphere 国際会議

    Mishima, K, Yamazaki, R, Satish-Kumar, M, Hokada, T, Ueno, Y

    The 23rd V.M. Goldschmidt conference  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Florence, Italy  

    researchmap

  • Multi-Stage Cl-Rich Fluid Activity and Behavior of REE-Bearing Minerals in a Neoproterozoic Granulite Terrane 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Tsuchiya, N, Grantham, G.H

    The 23rd V.M. Goldschmidt conference  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Florence, Italy  

    researchmap

  • Behavior of REE-rich minerals during Cl-rich fluid activity under granulite facies metamorphism

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Tsuchiya, N, Grantham, G

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Seismogenic fault lubrication by graphite: Evidence from graphite-bearing pseudotachylyte and cataclasites

    Nakamura, Y, Satish-Kumar, M, Toyoshima, T, Akai, J

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Evolution of Archean high-pressure granulites from the Namakkal Block, southern India

    George, P. M, Itaya, T, Horie, K, Hokada, T, Satish-Kumar, T, Sajeev, K

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • S-MIF Chemostratigraphy of the Late Archean In the Dharwar Supergroup, South India

    Mishima, K, Yamazaki, R, Satish-Kumar, M, Hokada, T, Ueno, Y

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Chemically estimated depositional and zircon ages from metacarbonate rocks in the Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Otsuji, N, Satish-Kumar, M, Hokada, T, Horie, K, Kamei, A, Grantham, G.H, Tsuchiya, N, Kawakami, T, Ishikawa, M

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Carbon isotope fractionation during carbonated mantle melting: Implications for deep carbon cycle

    Mizutani, S, Satish-Kumar, M, Yoshino, T

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Sr and Nd isotope systematics of metacarbonate rocks as proxies for extinct oceans in continental collision zones

    Otsuji, N, Satish-Kumar M, Kamei, A

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Supercooled melt inclusions in lower-crustal granulites and rapid exhumation by channel flow

    Hiroi, H, Yanagi, A, Kato, M, Kobayashi, T, Bernard, P, Hokada, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Adachi, T, Osanai, Y, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Timing of chlorine-rich fluid infiltration and behavior of REE-bearing minerals from Balchenfjella, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Ishikawa, M, Grantham, G.H

    The 32nd Symposium on Polar Geosciences  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Science, Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Comparison of chemically estimated depositional ages with zircon SHRIMP ages from metacarbonate rocks in the Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Otsuji, N, Satish-Kumar, M, Hokada, T, Horie, K, Kamei, A, Grantham, G.H, Tsuchiya, N, Kawakami, T, Ishikawa, M

    The 32nd Symposium on Polar Geosciences  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:National Institute of Polar Science, Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Chlorine-rich fluid activity during retrograde metamorphism – an example from Brattnipane, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Kawakami, T, Higashino, F, Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Grantham, G.H

    The 32nd Symposium on Polar Geosciences  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Science, Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Evolution of Chitradurga Shear Zone; Some insights to the current interpretations in the tectonic context of Dharwar Craton, South India

    Nasheeth, A, Okudaira, T, Hokada, T, Horie, H, Satish-Kumar, M, Ueno, Y

    The 32nd Symposium on Polar Geosciences  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Science, Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Tectonic significance of “felsite inclusions” found in granulites from continental collision orogens worldwide, including the Lützow-Holm Complex of East Antarctica

    Hiroi, Y, Yanagi, A, Kato, M, Kobayashi, T, Prame, B, Hokada, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K

    The 32nd Symposium on Polar Geosciences  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Science, Tokyo, Japan  

    researchmap

  • 南インドダルワール地塊,チトラドゥルガ剪断帯の構造発達とパンアフリカ造山運動

    Chemnad Razak Abdulla Nasheeth, Takamoto Okudaira, Tomokazu Hokada, Kenji Horie, M. Satish-Kumar, Yuichiro Ueno, Kaoru Mishima

    Geological Society of Japan Annual meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • Metamorphic process recorded in pelitic gneisses in the Hanhohiyn Mountains, western part of Mongolia

    足立達朗, 小山内康人, 中野伸彦, 大和田正明, Satish-Kumar, Madhusoodhan,Jargalan Sereenen,Boldbaata Chimedtseye, 米村和紘, 吉本 紋

    Geological Society of Japan Annual meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • 太古代ダールワール岩体の片麻岩基盤に挟在される片岩帯の層序区分の再検討:SHRIMPジルコン年代による制約

    外田智千, 堀江憲路, Satish-Kumar M, 上野雄一郎, 三島 郁, Nasheeth Abdulla, 奥平敬元, 白石和行

    Geological Society of Japan Annual meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • Neoproterozoic orogens amalgamating East Gondwana: Did they cross each other?

    Satish-Kumar M, Hokada Tomokazu, Osanai Yasuhito, Owada Masaaki, Shiraishi Kazuyuki

    Geological Society of Japan Annual meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • Late-Tonian to early-Cryogenian apparent depositional ages for metacarbonate rocks from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Otsuji Naho, Satish-Kumar M, Atsushi Kamei, Noriyoshi Tsuchiya, Tetsuo Kawakami, Masahiro Ishikawa, Geoff Grantham

    Geological Society of Japan Annual meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • Experimental determination of carbon isotope fractionation in the deep Earth

    M. Satish-Kumar, T.Yoshino, S.Mizutani, H.So, M. Kato

    Geochemical Society to Japan Meeting  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka  

    researchmap

  • Experimental studies on carbon isotope fractionation in the deep Earth 国際会議

    Satish-Kumar, M, Yoshino, T, Mizutani, S, So, H, Kato, M

    The 22nd V.M. Goldschmidt conference  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal Canada  

    researchmap

  • High-pressure and high-temperature experimental study of carbon isotope fractionation in the Mg-Si-C-O system 国際会議

    Mizutani, S, Satish-Kumar, M, Yoshino, T, Kato, M

    The 22nd V.M. Goldschmidt conference  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal Canada  

    researchmap

  • Litho-, chrono- and S-MIF-chemo-stratigraphy of late Archean Dharwar Supergroup, south India 国際会議

    Mishima, K, Yamazaki, R, Satish-Kumar M, Hokada, T, Ueno, Y

    The 22nd V.M. Goldschmidt conference  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal Canada  

    researchmap

  • Chlorine-rich fluid in granulite facies continental collision zone 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Maki, K, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Hirata, T

    The 22nd V.M. Goldschmidt conference  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal Canada  

    researchmap

  • The chlorine-rich fluid activity during granulite facies metamorphism in the continental collision zone

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Maki, K, Tsuchiya, N, Grantham, G.H, Hirata, T

    Japan Geoscience Union Meeting  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Petrology and geochronology of metamorphic rocks in the Bayankhongor area, the central part of Mongolia

    Adachi, T, Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yonemura, K, Yoshimoto, A

    Japan Geoscience Union Meeting  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Understanding carbon isotope systematics in the deep Earth 国際会議

    Satish-Kumar, M, Yoshino, T, Mizutani, S, So, H, Kato, M

    Joint Symposium of Misasa-2012 and Geofluid-2 Dynamics and Evolution of the Earth's Interior: special emphasis on the role of fluids  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Misasa, Japan  

    researchmap

  • Chlorine-rich fluid activity in the granulite facies continental collision zone –an example from Sør Rondane Mountains, East Antarctica 国際会議

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Ishikawa, M, Maki, K, Tsuchiya, N, Grantham, G, Hirata, T

    Joint Symposium of Misasa-2012 and Geofluid-2 Dynamics and Evolution of the Earth's Interior: special emphasis on the role of fluids  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Misasa, Japan  

    researchmap

  • Geologic Structures of the Balchen Fjella,Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Masahiro Ishikawa, Yuichi Hokazono, Emi Saso(Yokohama National Uni, Tetsuo Kawakami, yoto, Satish-Kumar, M, Shizuoka Uni, Noriyoshi Tsuchiya, Tohoku Uni, Geoff Grantham, Council for Geosci, South Africa

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Sulfur isotope study of Chitradurga schist belt, Archean Dharwar craton, India

    R. Yamazaki, Shizuoka Uni, Satish-Kumar, M, Shizuoka Univ, M. Nakagawa, Tokyo Tec

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Structures in high-grade metamorphic rocks from the Balchen Fjella, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Emi Saso, Masahiro Ishikawa, Yokohama National Uni, Tetsuo Kawakami, yoto, Satish-Kumar, M, Shizuoka Uni, Noriyoshi Tsuchiya, Tohoku Uni, Geoff Grantham, Council for Geosci, South Africa

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Constraining evidence of fluid activity utilizing chlorine concentration of biotite and mode of occurrence of zircon and zircon U-Pb dating in pelitic gneiss

    Fumiko Higashino, yoto Un, Tetsuo Kawakami, yoto, Satish-Kumar, M, Shizuoka Uni, Noriyoshi Tsuchiya, Tohoku Uni, Masahiro Ishikawa, Yokohama National Uni, Kenshi Maki, yoto Un, Takafumi Hirata, Kyoto Un, Geoff Grantham, Council for Geosci, South Africa

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Microstructures in high-grade metamorphic rocks from the Balchen Fjella, Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Yuichi Hokazono, Masahiro Ishikawa, Yokohama National Uni, Tetsuo Kawakami, yoto, Satish-Kumar, M, Shizuoka Uni, Noriyoshi Tsuchiya, Tohoku Uni, Geoff Grantham, Council for Geosci, South Africa

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Apparent age of deposition of metacarbonate rocks from Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    N. otsuji, Shizuoka Uni, Satish-Kumar, M, Shizuoka Univ, A. Kamei, Shimane Univ, T. Kawakami, o, M. Ishikawa, Yokohama National Univ, N. Tsuchiya, Tohoku Univ, G. H. Grantham, Council, for Geoscience

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Constraint on exhumation and cooling processes of deep crustal rocks in continental collision zones on the basis of volcanic rock-like inclusions within garnet crystals in granulites

    Yoshikuni Hiroi, Chiba Univ, Ayahiko Yanagi, Chiba Uni, Mutsumi Kato, Chiba, Tomoyuki Kobayashi, Chiba Univ, Tomokazu Hokada (NIPR, Yoichi Motoyoshi (NIPR, Kazuyuki Shiraishi (NIPR, Masahiro Ishikawa, Yokohama Natl Univ, Satish-Kumar, M

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Hidden light carbon in the Earth's core?: Evdence from high pressure high temperature experiments in the Fe-C system

    Satish-Kumar, M, Shizuoka Univ, H. So, T. Yoshino, M. Kato, Y. Hiroi

    31<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Significance of metacarbonate rocks in understanding the supercontinental evolution

    Satish-Kumar, M, T. Miyamoto, N. Nakano, D. Dunkley, T. Hokada, B. Windley, G. Grantham, J. Hermann, Y. Osanai, Y. Motoyoshi, Kamei, A, Y. Hiroi, K. Shiraishi, H. Wada

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Carbon isotope fractionation during the formation of the Earth’s core

    Satish-Kumar, M, Hayato So, Takashi Yoshino, Mutsumi Kato, Yoshikuni Hiroi

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Mode of occurrence of chlorine-rich biotite and zircon in the pelitic gneiss from Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    Fumiko Higashino, Tetsuo Kawakami, Satish-Kumar, M, Noriyoshi Tsuchiya, Masahiro Ishikawa, Geoff Grantham

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Multiple subduction and collision system in the western part of Mongolia: evidence from geochemistry and geochronology of the granitic rocks

    M. Owada, Y. Osanai, N. Nakano, T. Adachi, K. Yonemura, A. Yoshimoto, S. Jargalan, C. Boldbaatar, Satish-Kumar, M

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Petrology and geochronology of metamorphic rocks in the Hanhohiyn Mountains, the northwestern part of Mongolia

    T. Adachi, Y. Osanai, N. Nakano, M. Owada, Satish-Kumar, M, S. Jargalan, C. Boldbaatar, K. Yonemura, A. Yoshimoto

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Significance of metacarbonate rocks in unraveling the formation of Central Asian Orogenic Belt, Mongolia

    Satish-Kumar, M, Y. Osanai, N. Nakano, S. Jargalan, C. Boldbaatar, M. Owada, T. Adachi, K. Yonemura, A. Yoshimoto

    Japan Geoscience Union Meeting  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Crustal evolution of Archaean Napier Complex, East Antarctica: linkage between Antarctica and India 国際会議

    Hokada, T, Horie, K, Hiroi, Y, Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K

    International Symposium on Precambrian Accretionary Orogens and Field Workshop in the Dharwar craton, Southern India  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Delhi India  

    researchmap

  • Petrological characteristics of Cr-rich calc-silicate rocks from Bandihalli, Archean Dharwar craton, southern India 国際会議

    Taguchi, T, Satish-Kumar, M, Jayananda, M, Dunkley, D. J, Hokada, T

    International Symposium on Precambrian Accretionary Orogens and Field Workshop in the Dharwar craton, Southern India  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Delhi India  

    researchmap

  • Transport of geofluid revealed by stable isotopic compositions of carbon and oxygen of carbonate rocks in Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Tsuchiya, N, Satish-Kumar, M, Kawakami, T, Ishikawa, M, Granthan, G

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Petrology of Cr-rich calc-silicate rocks from the Archean Dharwar craton, southern India

    Taguchi, T, Satish-Kumar, M, Jayanada, M, Dunkley, D.J, Hokada, T

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Mode of occurrence of chlorine-rich biotite in the biotite-garnet-sillimanite gneiss from Balchenfjella, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Higashino, F, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Ishikawa, M, Grantham, G

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Contrasting origin of graphite in Lützow Holm Complex, East Antarctica; Evidence from carbon isotope geochemistry

    So, H, Satish-Kumar, M

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Preliminary results of metamorphic P-T studies on East Sør-Rondane, Antarctica

    Grantham G.H, Kawakami, T, Ishikawa, M, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Graser, P

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Geologic structures of Balchenfjella, Sør Rondane Mountains, East Antarctica:a preliminary report on geological-structural field study during JARE51

    Ishikawa, M, Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Grantham, G, Tsuchiya, N

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Pelitic metamorphic rocks from Perlebandet and Balchenfjella, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Kawakami, T, Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Ishikawa, M, Higashino, F, Grantham, G, Yoshida, K

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Aspects of the structural evolution of Balchenfjella, East Sør-Rondane, Antarctica and its Gondwana context

    Grantham G.H, Ishikawa, M, Tsuchiya, N, Kawakami, T, Satish-Kumar, M

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Geochemical characteristics of major and minor elements of soil and rocks in Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Tsuchiya, N, Miura, H, Suganuma, Y, Hashizume, F, Yamasaki, S, Yamada, R, Ogawa, Y, Satish-Kumar, M, Kawakami, T, Ishikawa, M, Grantham, G

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Application of calcite-graphite carbon isotope thermometry in rehydrated high-grade metamorphic terrains: An example from Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Kawakami, T, Ishikawa, M, Grantham, G

    30<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Determination of peak metamorphic temperature condition using calcite-graphite carbon isotope thermometry in rehydrated high-grade metamorphic terrains

    Satish-Kumar, M, Tsuchiya, N, Kawakami, T, Ishikawa, M

    Japanese Association for Mineralogical Sciences meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shimane, Japan  

    researchmap

  • Fe-C系の高圧実験による地球内部炭素について

    宗 勇人, 芳野 極, Satish-Kumar, M, 加藤 睦実, 廣井 美邦

    Japanese Association for Mineralogical Sciences meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shimane, Japan  

    researchmap

  • Mineralogical characteristics of Cr-rich calc-silicate rocks from the Archean Dharwar craton, southern India

    Taguchi, T, Satish-Kumar, M, Jayananda, M, Dunkley, D. J

    Japanese Association for Mineralogical Sciences meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shimane, Japan  

    researchmap

  • Geochemical signature and P-T conditions of layered gneiss complex in the Mongolian Altai Mountains: A preliminary report

    Nakano, N, Osanai, Y, Adachi, T, Owada, M, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yoshimoto, A

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • Petrologic significance of calc-silicate rocks in the Bulgan area, Altai Metamorphic Belt, Mongolia

    Satish-Kumar, M, Osanai, Y, Suzuki, A, Nakano, N, Owada, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yoshimoto, A

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • Granitic rocks from the western part of Mongolia: A preliminary report of Japan-Mongolia Joint Geological Research

    Owada, M, Osanai, Y, Nakano, N, Yoshimoto, A, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Satish-Kumar, M

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • 東南極, セールロンダーネ山地の炭酸塩岩の炭素、酸素同位体組成と流体移動(予報)

    土屋範芳, Satish-Kumar, M, 河上哲生, 石川正弘

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • Multiple collision system and related metamorphism during Asian continental growth

    Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Satish-Kumar, M, Kawakami, T, Miyamoto, T, Yonemura, K, Yoshimoto, A

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • A preliminary report of EPMA dating of metamorphic rocks in the western part of Mongolia

    Adachi, T, Osanai, Y, Nakano, N, Owada, M, Satish-Kumar, M, Jargalan, S, Boldbaatar, C, Yonemura, K, Yoshimoto, A

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • 東南極セール・ロンダーネ山地に産する泥質変成岩類中のAl<sub>2</sub>SiO<sub>5</sub>鉱物

    河上哲生, 石川正弘, Satish-Kumar, M, 土屋範芳, 吉田健太

    Geological Society of Japan annual meeting  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • アルカリ長石を置換する紅柱石について:南インド,ケララコンダライト帯の例

    加藤 睦実, 三井 兵衛, 金川久一, 廣井 美邦, Satish-Kumar, M, Dunkley, D.J

    Japan Geoscience Union Meeting  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • 南インド、ケララ・コンダライト帯の泥質グラニュライトから初めて確認された藍晶石

    廣井 美邦, 三井兵衛, 加藤 睦実, 外田 智千, Satish-Kumar, M

    Japan Geoscience Union Meeting  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Graphite with growth spirals in Mg-Al-rich granulite from Skallevikshalsen, Antarctica

    Hiroi, Y, Satish-Kumar, M, Dunkley, D, Kato, M, Adachi, T, Hokada, T, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K

    29<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Chemostratigraphy of marbles from East Gondwana: Constraints on the whereabouts of the Mozambique Ocean

    Satish-Kumar, M, Miyamoto, T, Hermann, J, Windley, B, Grantham, G, Dunkley, D, Osanai, Y, Motoyoshi, Y, Hiroi, Y, Shiraishi, K, Wada, H

    29<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Carbon isotopic composition of graphite from Skallevikshalsen, Lutzow Holm Complex, East Antarctica

    So, H, Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y

    29<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Laser ablation sulfur isotope analytical system at Shizuoka University

    Yamazaki, R, Matsuda, J, Takano, A, Satish Kumar, M, Wada, H

    29<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • Andalusite and corundum + quartz in pelitic migmatites from the Kerala Khondalite Belt, South India

    Kato, M, Mitsui, H, Hiroi, Y, Satish-Kumar, M, Dunkley, D

    29<sup>th</sup> Symposium on Polar Geosciences  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Institute of Polar Research, Tokyo  

    researchmap

  • 南極、昭和基地南方地域に産出するMg-Alに富むグラニュライト中の渦巻き成長した石墨

    Hiroi, Y, Satish-Kumar, M, Dunkley, D, Kato, M, Adachi, T, Hokada, T, Motoyoshi Y, Shiraishi, K

    Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • 南インド、ケララコンダライト帯の泥質ミグマタイト中の紅柱石

    Kato, M, Mitsui, H, Hiroi, Y, Satish-Kumar, M, Dunkley, D.J

    Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • Fingerprinting multistage fluid-rock history during metamorphism: Evidence from grain scale Sr, O and C isotopic and trace element variations in high-grade marbles from East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Hermann, J, Miyamoto, T, Osanai, Y, Motoyoshi, Y

    Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • Chemostratigraphy of metacarbonates deposited in the “Mozambique Ocean” between East Gondwana and West Gondwana

    Satish-Kumar, M, Miyamoto, T, Hermann, J, Windley, B, Grantham, G, Dunkley, D, Motoyoshi, Y, Osanai, Y, Hiroi, Y, Shiraishi, K, Wada, H

    GSJ meeting  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama, Japan  

    researchmap

  • Zircon regeneration in the skarns of Skallevikshalsen, East Antarctica: multistage infiltration metasomatism during prolonged granulite metamorphism 国際会議

    Dunkley, D.J, Hiroi, Y, Satish-Kumar, M

    Micro-Analysis, Processes, Time meeting  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Edinburgh  

    researchmap

  • Fluid enhanced element mobility along lihtological contacts: An example from Skallevikshalsen, Lutzow Holm Bay, East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Hiroi, Y, Motoyoshi, Y

    Japan Geoscience Union Meeting  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Zircon production and modification in the skarns of Skallevikshalsen, East Antarctica, and the role of fluids in Zr mobilization

    Dunkley, D. J, Hiroi, Y, Satish-Kumar M, Adachi, T

    Japan Geoscience Union Meeting  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • 三波川帯上昇期に形成した鉱物脈の空間分布

    諸橋啓介, 岡本敦, Satish-Kumar, M, 土屋範芳

    Japan Geoscience Union Meeting  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Japan  

    researchmap

  • Apparent depositional ages of metacarbonates in the Mozambique Ocean between east and west Gondwana 国際会議

    Satish-Kumar, M, Miyamoto, T. Motoyoshi, Y, Hermann, J, Osanai Y, Kagami, H

    International Geological Congress  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo, Norway  

    researchmap

  • Metamorphic response of UHT calc-silicate rocks during Gondwana amalgamation 国際会議

    Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Dunkley, D.J

    International Geological Congress  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo, Norway  

    researchmap

  • ラマン密度計のための二酸化炭素標準試料

    水上知行, 荒川雅, 山本順司, 鍵裕之, 榎並正樹, 川本竜彦, 小林記之, 平島崇男, 小山内康人, 石橋秀巳, Satish-Kumar, M

    Japan Geoscience Union Meeting  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Fingerprinting carbonic fluid movement in crust inferred from the morphology and carbon isotope geochemistry of graphite

    Satish-Kumar, M

    Japan Geoscience Union Meeting  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Effect of lithology on calcite-vein formation in the Sanbagawa metamorphic rocks

    諸橋啓介, 岡本敦, Satish-Kumar, M, 土屋範芳

    Japan Geoscience Union Meeting  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ 国際会議場(千葉市)  

    researchmap

  • Cooling history of UHT calc-silicate rocks from Rundvågshetta, Lützow Holm Complex, East Antarctica: Evidence from titanite SHRIMP ages 国際会議

    Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Dunkley, D. J

    IAGR annual meeting  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka, Japan  

    researchmap

  • Chemostratigraphy of high-grade marbles from the Lützow Holm Complex, East Antarctica: Implications for Gondwana tectonics 国際会議

    Satish-Kumar, M, Miyamoto, T, Motoyoshi, Y, Kagami, H, Osanai, Y

    IAGR annual meeting  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka, Japan  

    researchmap

  • Titanite SHRIMP geochronology of UHT calc-silicate rocks from Rundvågshetta, Lützow Holm Complex, East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Dunkley, D. J

    NIPR symposium  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Titanite SHRIMP geochronology of UHT calc-silicate rocks from Rundvågshetta, Lützow Holm Complex, East Antarctica

    Satish-Kumar, M, Dunkley, D. J, Motoyoshi, Y

    GSJ annual meeting  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

    researchmap

  • Metamorphic evolution of UHT calc-silicate rocks from Rundvågshetta, Lützow Holm Complex (LHC), East Antarctica 国際会議

    Satish-Kumar, M, Motoyoshi, Y, Dunkley, D. J

    ISAES  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Santa Barbara  

    researchmap

  • Ti, F (and H) diffusion zoning in biotite formed during cooling of metapelite granulites, Kerala Khondalite Belt (SE India) 国際会議

    Cesare, B, Satish-Kumar, M, Giuseppe, C

    Frontiers in Mineral Sciences  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cambridge, UK  

    researchmap

  • Graphite-melt-fluid interaction inferred from carbon isootpes in metapelitic migmatites from the Kerala Khondalite Belt (SE India) 国際会議

    Satish-Kumar, M, Cesare, B, Yurimoto, H, Itoh, S

    Frontiers in Mineral Sciences  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cambridge, UK  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • アトムプローブトモグラフィーによる地球最古有機物質の原子構造解析

    研究課題/領域番号:20KK0081  2020年10月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    M Satish‐Kumar, 中村 佳博, 大藤 弘明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

    researchmap

  • 元素分配から制約する核-マントルの相互作用

    研究課題/領域番号:15H05831  2015年6月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    M Satish‐Kumar, 三部 賢治, 舘野 繁彦, 鎌田 誠司, 秋澤 紀克, 小木曽 哲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:179920000円 ( 直接経費:138400000円 、 間接経費:41520000円 )

    高温高圧実験とその合成試料や天然試料の分析を硫黄同位体分析システムを用いて行った。さらにレーザー加熱式ダイヤモンドアンビルセルを用いて、様々な出発物質を使用した実験を行い、以下の代表的な成果を得た。
    (1) 回収試料の硫黄同位体分別測定を行い、高温高圧条件下でのケイ酸塩-金属間の硫黄同位体分別への温度圧力効果の解明を試みた。全ての実験で金属相に重い硫黄34Sが富む結果が得られた。分別に対して、負の温度効果が見られたが、圧力効果は見られなかった。
    (2) 還元的な下部マントル環境下(90-120GPa、2000-2500K)における炭酸塩鉱物の安定性を、レーザー加熱式ダイヤモンドアンビルセルにより調べた。実験には、MgCO3または(Mg,Fe)CO3を封入した、鉄またはニッケル製の微小金属カプセルを用いた。実験の結果、120 GPaを超える高圧下では、還元的環境下でも炭酸塩が安定化する可能性が示唆された。
    (3) ハワイなどの海洋島玄武岩中に見られるオスミウム同位体異常の起源として、内核の成長に伴うRe, Os, Ptの分別が提案されている。これを明らかにするため、液体鉄-固体鉄間の強親鉄性元素の分配実験を60GPaまで行った。実験にはレーザー加熱式ダイヤモンドアンビルセルを用いた。二次イオン質量分析計を用いた上記三元素の定量分析に備え、主成分元素の定量および組織観察をEPMAを用いて行った。
    (4)Tahiti産のカンラン岩捕獲岩を用いたin situまたは全岩の白金族元素分析を行った。天然のカンラン岩試料にみられる全岩白金族元素濃度の大きな多様性の原因を探 るため、白金族元素の高温 高圧での挙動に関する実験的研究についてのレビューを進めている。さらに,カンラン岩捕獲岩を用いた全岩Os同位体分析が完了し、解析中である。

    researchmap

  • 後期太古代氷河期における汎地球的な環境変動の解明:同位体地質学からのアプローチ

    研究課題/領域番号:25302008  2013年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    M Satish‐Kumar, 外田 智千, 豊島 剛志, 亀井 淳志, 片岡 香子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    本研究期間中に収集したデータを用いて、インドダールワール岩体の29~25億年前の地球表層環境解析を行った。特に堆積岩に地球表層環境を記録するような構造ならびに化学的記録が保存されている。チトラドゥルガ片岩帯の広域的な地質図を作成し、構造発達・テクトニクス場の変化・周辺地域の地質体との比較・詳細な年代測定による層序の決定などを行うことで、インドの太古代地層においてこれまで不可能であった地質・環境解析が可能となった。さらにこれらのデータと基盤岩や火山岩の詳細な地球化学的解析により、太古代ポンゴラ氷期による海洋・大気環境の局所的・広域的変化を評価した。

    researchmap

  • 後期太古代大気の酸素濃度上昇は連続的か突発的か?

    研究課題/領域番号:23340155  2011年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    M Satish‐Kumar, 外田 智千

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    本研究でわ、ダールワール岩体の29~25億年前の地球表層環境解析を行った。特にインドダールワール岩体には、縞状鉄鋼層やストロマトライトなど、GOEに深く関わる岩層が多く見られ、層序学的な位置づけを詳細に検討しながら、有機炭素の炭素同位体に着目し、硫黄の四つの同位体比との比較を行った。さらに他地域の後期太古代の地質体から報告されている詳細な年代時系列での同位体データを解析比較し、汎世界的な海洋と大気の環境を復元した。さらに、チトラドゥルガ片岩帯におけるΔ33Sの経年変化はこれまでにまとめられたものと同様の分布を示し、MIFの生成に影響を及ぼす始生代の大気反応は汎世界的に起きていたことを支持する。

    researchmap

  • 地球深部をアナログとしたFe‐C系高温高圧実験における炭素同位体分別の研究

    研究課題/領域番号:23654186  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    M. Satish-Kumar, 芳野 極

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    本研究では,地球コアに含まれる軽元素の主な成分を炭素と想定し,高温高圧実験からFe-C系の状態図について検討した.高圧実験は,出発物質に粉末の鉄と同位体比が既知の粉末のグラファイトを使用し,川井型マルチアンビル装置を用いて5~14GPa,1200~2100℃の条件で反応実験を行った.この実験より鉄の炭化物-固体炭素間における超高温高圧条件での炭素同位体分別を定量化し、炭化物-固体炭素間の炭素同位体分別係数を得ることができた.

    researchmap

  • 安定同位体から見た原生代末期ゴンドワナ超大陸形成に関わる流体の地球規模的動態

    研究課題/領域番号:20684022  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(A)  若手研究(A)

    M. Satish-Kumar

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:24050000円 ( 直接経費:18500000円 、 間接経費:5550000円 )

    本研究では、地球規模で起きた大陸の移動にともなう広域かつ活動的なテクトニクスによる炭素-酸素-硫黄安定同位体の研究から、それらの循環過程を明らかにした。さらに原生代末期ゴンドワナ大陸の衝突時の試料から炭素、酸素、ストロンチウム同位体およびフェムト秒レーザーによる硫黄同位体測定やSIMSによる同位体分析により大陸成長過程に地殻内における流体ダイナミクスを明らかにした。

    researchmap

  • 南極大陸地殻中の炭素収支からみた長期的地球規模の炭素循環

    研究課題/領域番号:18740319  2006年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    M Satish-Kumar

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    本研究では、報告者が第46次南極観測隊に参加して採取してきた東南極リュツォホルム湾地域の大理石やカルクシリケート岩、グラファイトを含む泥質岩など炭素を含む岩石から、炭素循環解明のための基本的な鉱物化学、同位体地球化学的データを得た。変成作用は、最高変成度の温度・圧力条件下で、水の分圧と酸素の分圧も共に低い条件であり、特にカルクシリケート岩の解析から超高温変成作用を被ったことが明らかとなった。また本研究では、後退変成作用において、流体の関与により中程度の水分圧に変化させたことを示す鉱物の反応関係を見っけた。さらに、チタナイトのSHRIMP年代の測定から、510-470Maという値が求められ、これはこの地域の地殻の上昇過程での冷却と後退的な流体流入イベントの起きた年代を示している。
    大理石を構成する方解石の炭素と酸素同位体、及び、グラファイトの炭素同位体の研究を推進した。方解石-グラファイト間の炭素同位体地質温度計を適用し、最高変成度の変成温度において両者が炭素同位体平衡に達していたことを明らかにした。大理石のストロンチウム同位体組成は、かなり幅広い同位体値〔0.758-0.705〕をとり、これは堆積物の変質に由来するものである。この変質は、大理石の変成作用発達での流体と岩石の相互作用で起きたことが考えられる。
    大理石中の方解石、ドロマイト、アパタイトから得られた微小スケールの炭素・酸素同位体、及び、ストロンチウム同位体比の測定は、ゴンドワナ超大陸の集積過程においてリュツォホルム複合岩帯の深部地殻で起きた異なる時期の流体と岩石の相互作用を識別するのに役立つことを示した。さらに、東西のゴンドワナ大陸間に存在した当時のモザンビーク海の石灰岩の堆積年代は、750-830Maの間であると推定される。

    researchmap

  • ゴンドワナ超大陸地殻の炭素貯蔵庫としてのグラファイト

    研究課題/領域番号:15740302  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    M. Satish-Kumar

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    平成17年度マダガスカルと、南インドにおいて得られた試料から、大変に興味深い結果を得ることができた。この地域は、ゴンドワナ超大陸の一部で炭素の地殻とマントルのソースを研究するのに適当な地域である。マダガスカルのAntsirakambo鉱山でに採取されたカルクシリケイト質片麻岩とそれを貫く優白色花崗岩脈に含まれるグラファイトの結晶成長とその起源を明らかにするために、石墨結晶の微少炭素同位体の精密測定、異なった形態のグラファイト結晶のラマンスペクトルを測定した.カルクシリケイト片麻岩中のグラファイトはほぼ自形を示し,ラマンスペクトルは,オーダード結晶を示すスペクトルのみからなり,花崗岩脈中のグラファイトは自形を示す結晶の表面に細粒グラファイト結晶の集合体であるスケルタルグラファイトが見られ、ディスオーダースペクトルが特徴的に見られた.
    炭素同位体の結果から、カルクシリケイト片麻岩のグラファイトは-13.8‰,カルサイトは-10.3‰を示し,それぞれ非常に一定値を示した.この事は,グラファイトと共存するカルサイトが炭素同位体平衡の関係にあることを示し,同位体地質温度計を適用すると変成温度は,約760℃であると見積もることができた。また,産状から,それぞれの炭素の起源は,有機物(約-26‰)と海洋起源炭酸塩(約0‰)と考えられるが,広域的な石灰岩のスカルン化を伴う変成作用を受けて現在のグラファイト(-13.8‰),カルサイト(-10.3‰)に変化したと考えられる.花崗岩脈のスケルタルグラファイトだけからなる試料の炭素同位体比は-15.5‰,自形を示す結晶の表面にスケルタルグラファイトが成長しているものの全体の平均値は-12.9‰で、同位体的累帯構造の平衡関係を調べたところ,明瞭な累帯構造を示しコアからリムに向かって3.2‰も軽くなっていることが分かった.これらの炭素安定同位体比の結果から,自形グラファイトとスケルタルグラファイトは形成時期が異なり,スケルタルグラファイトは二次的に形成されたことを示唆している.
    ほかに、46次の南極調査に参加し、石墨試料の同位体研究を行い、堆積起源の変成岩では、南インドのデーターと比較できる結果を得て、東ゴンドワナの断片において、炭素から見た地殻の進化を議論できるところに進展し、近々、公表される予定である。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 理学スタディ・スキルズ

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 先端科学技術総論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習B

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習I

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 固体地球化学A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 固体地球化学B

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文講読演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義II

    2020年
    機関名:新潟大学

  • Earth Science todayⅠ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学C

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 鉱物・岩石学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2018年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門a

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習a

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • フィールド体験実習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習b

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地質学の基礎

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • グローバルミーティング

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義III

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表D

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Db

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 岩石学実験I

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Da

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地学実験B

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 学術発表演習D

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 論文作成演習D

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習D

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地史学A

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 同位体地質学

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学B

    2013年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地史学原理

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Mb

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Mb

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表M

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • Basic Geology

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学Ⅰ

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学英語

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩石学実験II

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習I

    2012年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎A

    2012年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 固体地球化学

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 岩石学A

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2012年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 学術発表演習M

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Ma

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Ma

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習基礎

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 海洋地質学

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 地球化学分析法

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • リサーチキャンプ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 島弧火成史論

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 論文作成演習M

    2012年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示