2021/10/20 更新

写真a

アリイズミ タカシ
有泉 高志
ARIIZUMI Takashi
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2009年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学 大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻

      詳細を見る

  • 新潟大学   助教

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学   助教

    2015年7月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 整形外科   助教

    2012年9月 - 2013年3月

 

論文

  • Stanniocalcin-1 mRNA expression in soft-tissue tumors 査読

    Tetsuro Yamagishi, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Naoki Oike, Taro Sasaki, Hiroshi Hatano, Naoto Endo

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 ( 1 )   85 - 92   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    Stanniocalcin-1 (STC1) is a glycoprotein that was originally identified as a calcium-regulating hormone in bony fish, and that has been shown to also critically mediate cell growth, proliferation and differentiation, etc. in humans. Increased STC1 expression levels have been previously detected in different human cancer samples, such as those isolated from lung, breast, ovary, colon, pancreas. and liver tumors; thus, the present study evaluated STC1 expression in various soft-tissue tumors. STC1 mRNA isolated from 16 cell lines and 186 clinical soft-tissue tumor specimens were analyzed via quantitative real-time PCR, and the calculated expression levels were normalized to those exhibited by STC1-expressing MDA-MB-231 cells. The results of these analyses did not reveal any specific histological tumor types that displayed significantly increased STC1 expression; however, they did not indicate that STC1 expression was significantly higher in malignant compared to benign soft-tissue tumors. Furthermore, in adipocytic tumors, STC1 expression in dedifferentiated liposarcomas was found to be highest and lowest in lipoma tissues, respectively, suggesting that adipocytic tumors may express increasely high levels of STC1 mRNA as they become histologically more advanced. STC1 expression correlates with the malignancy grade in soft-tissue tumors.

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.85

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Expression Profiling of Receptor-Activator of Nuclear Factor-Kappa B Ligand in Soft Tissue Tumors. 査読

    Yamagishi T, Kawashima H, Ogose A, Ariizumi T, Oike N, Sasaki T, Hatano H, Ohashi R, Umezu H, Ajioka Y, Endo N

    The Tohoku journal of experimental medicine   248 ( 2 )   87 - 97   2019年6月

  • Aortic mural leiomyosarcoma with spinal involvement. 査読

    Kawashima H, Ariizumi T, Ogose A, Umezu H, Okamoto T, Oike N, Endo N

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   2019年4月

  • Symptom Burden and End-of-Life Palliative Treatments during the Last Two Weeks of Life in Patients with Advanced Musculoskeletal Sarcoma. 査読

    Kawashima H, Ariizumi T, Yamagishi T, Ogose A, Ikoma M, Hotta T, Endo N

    Journal of palliative medicine   2019年2月

  • The natural history of incidental retroperitoneal schwannomas. 査読

    Ogose A, Kawashima H, Hatano H, Ariizumi T, Sasaki T, Yamagishi T, Oike N, Inagawa S, Endo N

    PloS one   14 ( 4 )   e0215336   2019年

  • Successful resuscitation from cardiac arrest due to histologically revealed tumor embolism following bilateral intramedullary nailing of metastatic femoral lesions. 査読

    Fujita Y, Kawashima H, Ariizumi T, Watanabe Y, Aoki K, Imai H, Umezu H, Endo N

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2018年10月

  • Prognostic impact of the tumor immune microenvironment in synovial sarcoma. 査読

    Oike N, Kawashima H, Ogose A, Hotta T, Hatano H, Ariizumi T, Sasaki T, Yamagishi T, Umezu H, Endo N

    Cancer science   109 ( 10 )   3043 - 3054   2018年10月

  • The Diagnostic and Prognostic Value of Hematological and Chemical Abnormalities in Soft Tissue Sarcoma: A Comparative Study in Patients with Benign and Malignant Soft Tissue Tumors. 査読

    Ariizumi T, Kawashima H, Ogose A, Sasaki T, Hotta T, Hatano H, Morita T, Endo N

    Annals of clinical and laboratory science   48 ( 1 )   11 - 17   2018年1月

     詳細を見る

  • Denosumab as a potential therapeutic option for leiomyosarcoma with osteoclast-like giant cells: A case report. 査読

    Sasaki T, Kawashima H, Ariizumi T, Yamagishi T, Oike N, Umezu H, Inagawa S, Hotta T, Endo N, Ogose A

    Molecular and clinical oncology   8 ( 1 )   30 - 33   2018年1月

  • Extensor reconstruction of the knee using the fibular transposition technique after proximal tibial resection 査読

    Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Tetsuo Hotta, Takashi Ariizumi, Tetsuro Yamagishi, Naoto Endo

    KNEE   24 ( 3 )   657 - 662   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background: Reconstruction of the extensor mechanism after resection of the proximal tibia is challenging, and several surgical procedures are available. The purpose of this study was to determine the outcome of the fibular transposition technique for reconstruction of the extensor mechanism of the knee after proximal tibial resection.
    Methods: We retrospectively reviewed five consecutive patients who underwent resection of the proximal tibia with prosthetic reconstruction and reconstruction of the extensor using fibular transposition between 1997 and 2011. There were two female and three male patients with a mean age of 50 years (range, 27 to 76 years). A follow-up evaluation included both passive and active range of motion, extensor lag, the MSTS score and complications.
    Results: Patients were followed up for 93 months (range, 44 to 160 months). The mean extensor lag and active flexion were four degrees (range, 0 to 10 degrees) and 103 degrees (range, 85 to 110 degrees), respectively. The mean MSTS score was 80% (range, 73 to 90%). All patients were able to ambulate without crutches at the latest follow-up.
    Conclusions: The utilization of the fibular transposition technique is a simple, reliable, and successful procedure for extensor reconstruction after proximal tibial resection. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.knee.2016.11.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A malignant solitary fibrous tumour arising from the first lumbar vertebra and mimicking an osteosarcoma: a case report 査読

    Naoki Oike, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Tetsuo Hotta, Toru Hirano, Takashi Ariizumi, Tetsuro Yamagishi, Hajime Umezu, Shoichi Inagawa, Naoto Endo

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   15 ( 1 )   100   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: A solitary fibrous tumour (SFT) is an unusual neoplasm typically found in soft tissues. Although SFTs can arise in the bones, they very rarely arise in the vertebral arch. Here, we describe a case of a SFT that arose in the vertebral arch of the first lumbar (L1) spinal vertebrae and mimicked osteosarcoma.
    Case presentation: A 49-year-old woman presented with a 2-month history of lower back pain and a lumbar region mass. Magnetic resonance imaging demonstrated a heterogeneously enhanced mass in the L1 vertebral arch. The patient received neoadjuvant chemotherapy, followed by a surgical procedure comprising an anterior spinal fusion and en bloc resection. Histologically, our initial diagnosis was osteosarcoma. The postoperative course was uneventful, and the patient received adjuvant chemotherapy. However, the tumour metastasised to the lung 5 years after the first surgery, and a second surgery was performed for lung tumour resection. The histology of the metastatic lung tumour appeared similar to that of the malignant SFT, and the specimen from the first surgery was re-examined. Immunohistochemically, the tumour was positive for STAT6. Reverse transcription-polymerase chain reaction revealed a NAB2-STAT6 fusion gene, thus confirming our final diagnosis of malignant SFT. The patient died of disease progression 8 years after the first surgery; however, there was no evidence of local recurrence.
    Conclusions: Malignant SFT in the vertebral arch is extremely rare and very difficult to distinguish histologically an osteoid from lace-like collagen. STAT6 immunostaining is useful for distinguishing malignant SFTs from other neoplasms. Although it is difficult to completely resect a SFT arising from the spine, we demonstrated the feasibility of an en bloc resection of spinal tumours arising from posterior elements, without local recurrence.

    DOI: 10.1186/s12957-017-1161-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Frequent expression of human leukocyte antigen class I and the status of intratumoral immune cells in alveolar soft part sarcoma 査読

    Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Takashi Ariizumi, Tetsuro Yamagishi, Naoki Oike, Taro Sasaki, Hiroshi Hatano, Hajime Umezu, Naoto Endo

    ONCOLOGY LETTERS   13 ( 4 )   2169 - 2176   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    The prognosis of alveolar soft part sarcoma is poor, despite the slow growth of the tumor. A number of cases with spontaneous regression of this rare tumor have been reported. Although the mechanisms underlying spontaneous regression remain uncertain, local immune reaction may be a possible contributing factor. Immunohistochemical expression of human leukocyte antigen (HLA) class I, cluster of differentiation (CD) 3, CD4, CD8, CD20, CD45, CD56, CD68, CD138 and CD163 were assessed in a series of 10 alveolar soft part sarcomas, and the expression profiles were associated with patients' clinicopathological parameters. Expression of HLA class I was observed in almost all the tumor cells of all cases. CD8(+) cells were identified in all tumors with varying densities. Moderate infiltration of CD8(+) cells was detected in three patients; one of these patients survived with long-term tumor remission. Infiltration of CD10(+), CD20(+), CD56(+) or CD138(+) cells was not revealed in all tumors. Moderate-diffuse infiltration of CD163(+) cells was observed in all tumors. To the best of our knowledge, the present study represents the first report of intratumoral immune cells in alveolar soft part sarcoma. Frequent expression of HLA class I in tumor cells was observed. CD8(+) cells were identified at various densi-sarcoma. Moderate infiltration of CD8(+) cells in patients with a good prognosis may indicate the antitumor effects of immune cells in alveolar soft part sarcoma.

    DOI: 10.3892/ol.2017.5696

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intravertebral cleft in pathological vertebral collapse resulting from cancer metastasis: report of three cases 査読

    Hiroshi Hatano, Naoki Oike, Takashi Ariizumi, Taro Sasaki, Hiroyuki Kawashima

    SKELETAL RADIOLOGY   45 ( 12 )   1747 - 1750   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Intravertebral cleft (IVC) is a common finding in osteoporotic compression fracture. However, since the vertebral collapse attributable to cancer metastasis is rarely associated with IVC, the phenomenon is generally considered as a sign of a benign lesion. In this study, we retrospectively reviewed the radiographs, computed tomography scans, and magnetic resonance images of 111 patients with spinal metastasis. Three cases (2.7 %) had IVC in the collapsed thoracic vertebral bodies (T7, T8, and T11) attributable to cancer metastasis. IVC alone is not necessarily an indicator of a benign vertebral collapse.

    DOI: 10.1007/s00256-016-2505-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Chromosomal rearrangements in myoepithelial carcinoma of the breast that presented as metachronic double cancer with invasive ductal carcinoma in the ipsilateral breast 査読

    Hiroyuki Kawashima, Takashi Ariizumi, Yasuo Saijo, Masato Moriyama, Hajime Umezu, Yoshiyuki Ikeda, Akira Ogose, Naoto Endo

    CANCER GENETICS   209 ( 11 )   501 - 505   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Myoepithelial carcinoma of the breast is an extremely rare tumor composed entirely of malignant spindle cells with myoepithelial differentiation. The majority of previously reported cases have mainly described the clinicopathological features of the disease, and few have presented cytogenetic data. We herein present the case of a 48-year-old woman who was admitted with a left sided breast lump in the inner upper quadrant that was initially diagnosed as a myoepithelioma with potentially malignant disorder. At 12 months after resection, she complained about a newly developed solid mass in the subareolar region of the ipsilateral breast that was diagnosed as an invasive ductal carcinoma. In addition, 16 months after the initial admission, a re-growing remnant lesion recurred in the inner upper quadrant and was ultimately diagnosed as a myoepithelial carcinoma. Lymph node metastasis of the myoepithelial carcinoma was also observed in her left axillary region 11 months after local recurrence. A cytogenetic analysis showed recurring specific chromosomal alterations both in the locally recurrent and in the lymph-node metastatic lesion: 48, XX, t(5;18)(q13;q23),del(6)(q?),+14. + marl. To our knowledge, this is the first published report of clonal chromosomal rearrangements in myoepithelial carcinoma of the breast that presented as metachronic double cancer with invasive ductal carcinoma in the ipsilateral breast.

    DOI: 10.1016/j.cancergen.2016.10.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Receptor-Activator of Nuclear KappaB Ligand Expression as a New Therapeutic Target in Primary Bone Tumors 査読

    Tetsuro Yamagishi, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Taro Sasaki, Hiroshi Hatano, Tetsuo Hotta, Naoto Endo

    PLOS ONE   11 ( 5 )   e0154680   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    The receptor-activator of nuclear kappaB ligand (RANKL) signaling pathway plays an important role in the regulation of bone growth and mediates the formation and activation of osteoclasts. Osteoclasts are involved in significant bone resorption and destruction. Denosumab is a fully human monoclonal antibody against RANKL that specifically inhibits osteoclast differentiation and bone resorption. It has been approved for use for multiple myeloma and bone metastases, as well as for giant cell tumor of bone. However, there is no previous report quantitatively, comparing RANKL expression in histologically varied bone tumors. Therefore, we analyzed the mRNA level of various bone tumors and investigated the possibility of these tumors as a new therapeutic target for denosumab. We examined RANKL mRNA expression in 135 clinical specimens of primary and metastatic bone tumors using real-time PCR. The relative quantification of mRNA expression levels was performed via normalization with RPMI8226, a human multiple myeloma cell line that is recognized to express RANKL. Of 135 cases, 64 were also evaluated for RANKL expression by using immunohistochemistry. Among all of the tumors investigated, RANKL expression and the RANKL/osteoprotegerin ratio were highest in giant cell tumor of bone. High RANKL mRNA expression was observed in cases of aneurysmal bone cyst, fibrous dysplasia, osteosarcoma, chondrosarcoma, and enchondroma, as compared to cases of multiple myeloma and bone lesions from metastatic carcinoma. RANKL-positive stromal cells were detected in six cases: five cases of GCTB and one case of fibrous dysplasia. The current study findings indicate that some primary bone tumors present new therapeutic targets for denosumab, particularly those tumors expressing RANKL and those involving bone resorption by osteoclasts.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0154680

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of temozolomide on the viability of musculoskeletal sarcoma cells 査読

    Yuta Kusabe, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Taro Sasaki, Takashi Ariizumi, Tetsuo Hotta, Naoto Endo

    ONCOLOGY LETTERS   10 ( 4 )   2511 - 2518   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Musculoskeletal sarcomas (MSS) are a heterogeneous group of malignancies with relatively high mortality rates. The prognosis for patients with MSS is poor, with few drugs inducing measurable activity. Alkylating agents, namely ifosfamide and dacarbazine, which act nonspecifically on proliferating cells, are the typical therapy prescribed for advanced MSS. A novel alkylating agent, temozolomide (TMZ), has several advantages over existing alkylating agents. TMZ induces the formation of O-6-methylguanine in DNA, thereby inducing mismatches during DNA replication and the subsequent activation of apoptotic pathways. However, due to conflicting data in the literature, the mechanism of TMZ action has remained elusive. Therefore, the present study aimed to evaluate apoptosis in MSS cells treated with TMZ, and to evaluate the correlation between TMZ action and survival pathways, including the phosphoinositide 3-kinase (PI3K)/Akt and extracellular signal-regulated kinase (ERK)1/2 mitogen activated protein kinase (MAPK) pathways. Cell proliferation was evaluated by performing an XTT (sodium 3'-[1-(phenylaminocarbony1)-3,4-tetrazolium] -bis (4-methoxy-6-nitro) benzene sulfonic acid hydrate) assay. Apoptotic morphological changes, for example chromatin condensation, were evaluated by fluorescence confocal microscopy. The expression of the apoptosis-associated proteins caspase-3, poly adenosine diphosphate ribose polymerase (PARP), Akt and ERK1/2, was determined by western blotting. The results of the present study indicated that, in certain MSS cells, the IC50 value was lower than that in TMZ-sensitive U-87 MG cells. Furthermore, TMZ treatment was associated with apoptotic morphological changes and the expression levels of pro-apoptotic cleaved caspase-3 and PARP were also increased in TMZ-treated MSS cells. In addition, the result indicated that PI3K/Akt and ERK1/2 MAPK were constitutively phosphorylated in MSS cells, and phosphorylation of PI3K/Akt was suppressed in certain cells, and maintained in other cells, by TMZ. These observations emphasized the plasticity of MSS cells, and suggested that this plasticity may contribute to the variance in cell sensitivity to TMZ and TMZ-resistance in MSS.

    DOI: 10.3892/ol.2015.3506

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Malignant transformation of fibrous dysplasia: A case report 査読

    Hiroshi Hatano, Tetsuro Morita, Takashi Ariizumi, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose

    ONCOLOGY LETTERS   8 ( 1 )   384 - 386   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Secondary osteosarcoma from fibrous dysplasia (FD) is very rare. The etiology of FD is linked to activating missense mutations of the guanine nucleotide-binding protein alpha-subunit (GNAS) gene, which encodes the stimulatory alpha subunit of the G protein (G(s)alpha) and is located at chromosome 20q13. These mutations are central to the pathogenesis of FD; however, it is not known whether G(s)alpha mutations are retained following malignant transformation in FD. In addition, to the best of our knowledge, no studies have been performed on chromosomal analysis of secondary osteosarcoma from FD. The present study presents a case of secondary osteosarcoma arising from polyostotic FD in a 72-year-old male. Chromosomal analysis showed 44, X, -Y, add(4)(p11), add(5)(p15), der(11)add(11)(p15) t(1;11)(q21;q23), add(12)(q11), -13, der(22)t(12;22)(q11;p12). Reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR) analysis demonstrated the presence of a G(s)alpha mutation in both the primary tumor cells and secondary osteosarcoma cells. There was no alteration in this mutation in the region of malignant transformation, which suggests that this mutation may be a useful clinical marker for distinguishing de novo osteosarcoma (primary osteosarcoma) from secondary osteosarcoma arising from FD.

    DOI: 10.3892/ol.2014.2082

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Real-time polymerase chain reaction analysis of MDM2 and CDK4 expression using total RNA from core-needle biopsies is useful for diagnosing adipocytic tumors 査読

    Taro Sasaki, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Hiroshi Hatano, Takashi Ariizumi, Hajime Umezu, Riuko Ohashi, Tsuyoshi Tohyama, Naohito Tanabe, Naoto Endo

    BMC CANCER   14   468   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Diagnosing adipocytic tumors can be challenging because it is often difficult to morphologically distinguish between benign, intermediate and malignant adipocytic tumors, and other sarcomas that are histologically similar. Recently, a number of tumor-specific chromosome translocations and associated fusion genes have been identified in adipocytic tumors and atypical lipomatous tumors/well-differentiated liposarcomas (ALT/WDL), which have a supernumerary ring and/or giant chromosome marker with amplified sequences of the MDM2 and CDK4 genes. The purpose of this study was to investigate whether quantitative real-time polymerase chain reaction (PCR) could be used to amplify MDM2 and CDK4 from total RNA samples obtained from core-needle biopsy sections for the diagnosis of ALT/WDL.
    Methods: A series of lipoma (n = 124) and ALT/WDL (n = 44) cases were analyzed for cytogenetic analysis and lipoma fusion genes, as well as for MDM2 and CDK4 expression by real-time PCR. Moreover, the expression of MDM2 and CDK4 in whole tissue sections was compared with that in core-needle biopsy sections of the same tumor in order to determine whether real-time PCR could be used to distinguish ALT/WDL from lipoma at the preoperative stage.
    Results: In whole tissue sections, the medians for MDM2 and CDK4 expression in ALT/WDL were higher than those in the lipomas (P < 0.05). Moreover, karyotype subdivisions with rings and/or giant chromosomes had higher MDM2 and CDK4 expression levels compared to karyotypes with 12q13-15 rearrangements, other abnormal karyotypes, and normal karyotypes (P < 0.05). On the other hand, MDM2 and CDK4 expression levels in core-needle biopsy sections were similar to those in whole-tissue sections (MDM2: P = 0.6, CDK4: P = 0.8, Wilcoxon signed-rank test).
    Conclusion: Quantitative real-time PCR of total RNA can be used to evaluate the MDM2 and CDK4 expression levels in core-needle biopsies and may be useful for distinguishing ALT/WDL from adipocytic tumors. Thus, total RNA from core-needle biopsy sections may have potential as a routine diagnostic tool for other tumors where gene overexpression is a feature of the tumor.

    DOI: 10.1186/1471-2407-14-468

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Telomelysin shows potent antitumor activity through apoptotic and non-apoptotic cell death in soft tissue sarcoma cells 査読

    Gui-Dong Li, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Tetsuo Hotta, Ryozo Kuwano, Yasuo Urata, Toshiyoshi Fujiwara, Naoto Endo

    Cancer Science   104 ( 9 )   1178 - 1188   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study investigated the pathway underlying the antitumor activity of telomelysin, a telomerase-dependent, replication-selective oncolytic adenovirus, in soft tissue sarcoma cells. Treatment with telomelysin alone resulted in simultaneous induction of apoptosis and autophagy, whereas cotreatment with telomelysin and 3-methyladenine significantly reduced cell viability and increased apoptosis and the cellular ATP level compared to treatment with telomelysin alone, indicating that telomelysin-mediated autophagy is a death-protective but not death-promoting process. Cotreatment with Z-Val-Ala-Asp-CH2F significantly increased cellular ATP depletion compared to telomelysin-alone treatment while inhibiting telomelysin-induced apoptosis and having no significant effect on cell viability, indicating that it promotes transition from apoptotic to necrotic cell death. © 2013 Japanese Cancer Association.

    DOI: 10.1111/cas.12208

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか 類上皮肉腫および胞巣状軟部肉腫の診断と治療成績

    生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 真喜子, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 大塚 寛

    日本整形外科学会雑誌   86 ( 9 )   665 - 674   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 仙骨脊索腫の外科療法と重粒子線治療の長期成績(5-10年未満と10年以上) 仙骨脊索腫に対する手術療法の治療成績

    堀田 哲夫, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 井上 善也, 斎藤 英彦

    日本整形外科学会雑誌   86 ( 1 )   4 - 8   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Long-term efficacy of oral alendronate therapy in an elderly patient with polyostotic fibrous dysplasia: A case report 査読

    Gui-Dong Li, Akira Ogose, Tetsuo Hotta, Hiroyuki Kawashima, Takashi Ariizumi, Yongjun Xu, Naoto Endo

    ONCOLOGY LETTERS   2 ( 6 )   1239 - 1242   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Polyostotic fibrous dysplasia (PFD) is a high-turnover bone disease that frequently entails chronic bone pain, pathological fractures and severe deformities. Recently, bisphosphonates have shown effective antiresorptive properties in the treatment of children or adults with PFD. We report on a 79-year-old female with PR), who had severe lower limb deformity and chronic bone pain in multiple sites of her extremities for more than 55 years. The patient experienced significant decrease in bone pain and bone turnover markers following long-term (8.5 years) treatment with a low-dose oral alendronate treatment (5 mg/day). To the best of our knowledge, this is the first report of a long-term follow-up of a postmenopausal elderly patient with long-standing symptomatic PFD following continuous low-dose oral alendronate therapy. This case report indicates that long-term daily administration of low-dose alendronate alone is a potential treatment option for elderly patients with PFD, particularly those with long-standing bone pain.

    DOI: 10.3892/ol.2011.369

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Establishment and characterization of a novel dedifferentiated liposarcoma cell line, NDDLS-1 査読

    Takashi Ariizumi, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Guidong Li, Yongjun Xu, Takanori Hirose, Naoto Endo

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   61 ( 8 )   461 - 468   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    We established a dedifferentiated liposarcoma cell line (NDDLS-1) that produces interleukin-6 (IL-6) and granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF). The parental tumor showed high leukemoid reactions. The NDDLS-1 cell line was established from a pleural effusion associated with a lung metastasis. Pleomorphic tumor cells arranged in a haphazard growth pattern were seen in xenograft tumors. Numerous inflammatory cells including neutrophils or eosinophils were present throughout the tumor cells. This finding resembled the dedifferentiated area of the parental tumor. The mice bearing NDDLS-1 showed marked leukocytosis. In addition, the NDDLS-1 cells expressed IL-6 and G-CSF at both the mRNA and protein levels, while the NDDLS-1 cells produced near normal levels of tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha). In the cytogenetic analysis, both the parental tumor and the NDDLS-1 cells showed a ring or giant marker chromosomes. The NDDLS-1 cell line demonstrated the amplification and expression of both MDM2 and CDK4 by fluorescence in situ hybridization and immunohistochemical analysis. The NDDLS-1 cell line is consistent with the parental dedifferentiated liposarcoma, and it should therefore be useful for further investigations of human dedifferentiated liposarcomas.

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2011.02683.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Efficient virotherapy for osteosarcoma by telomerase-specific oncolytic adenovirus 査読

    Guidong Li, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Yongjun Xu, Tetsuo Hotta, Yasuo Urata, Toshiyoshi Fujiwara, Naoto Endo

    JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY   137 ( 6 )   1037 - 1051   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    A telomerase-specific oncolytic adenovirus, Telomelysin, can selectively kill cancer cells, and be attenuated in normal cells. We herein describe the oncolytic effect of Telomelysin on human osteosarcoma both in vitro and in vivo.
    The anti-tumor effects of Telomelysin were evaluated on human osteosarcoma cell lines in vitro and in a mouse xenograft model of human osteosarcoma in vivo. The replication efficiencies of Telomelysin in human osteosarcoma cell lines and normal cell lines and in osteosarcoma xenografts were determined by the expression levels of E1 mRNA and E1A protein using real-time quantitative PCR, Western blot analysis and immunohistochemistry. The in vitro telomerase-specific replication and the viral infection rate were also confirmed by TelomeScan (Telomelysin-GFP), using fluorescent microscopy and flow cytometry, respectively. The cell viabilities were examined by XTT assay, and the tumor volumes were measured every 2 days. The induction of apoptosis was assessed by Western blot analysis, as well as by TUNEL assay.
    TelomeScan and Telomelysin were efficiently replicated in human osteosarcoma cell lines and led to a dose- and time-dependent expression of GFP, E1 mRNA and E1A protein. Telomelysin infection induced marked cytolysis and apoptosis in osteosarcoma cell lines in vitro. Neither cytotoxicity nor apoptosis were induced in normal human cell lines. In the human osteosarcoma cell xenograft model, intratumoral injection of Telomelysin resulted in increased viral replication, significant tumor growth suppression and distinct apoptotic cell death.
    This study indicated that virotherapy with Telomelysin may provide a promising strategy for the treatment of human osteosarcoma.

    DOI: 10.1007/s00432-010-0969-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 経皮的血管形成術を用いた足壊疽病変に対する患肢温存戦略 査読

    浦川 貴朗, 有泉 高志, 望月 友晴, 畑田 勝治, 今井 俊介, 松原 琢

    東北整形災害外科学会雑誌   55 ( 1 )   23 - 27   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    末梢動脈疾患による足壊疽15例15足(男13例・女2例・49〜91歳)を対象に、経皮的血管形成術(PTA)による再建術を施行した9足と非施行の6足(コントロール群)で治療成績を比較した。コントロール群の内訳は、PTA導入(2008年4月)以前に足関節以遠で切断していたのが4足、バルーン付きカテーテルが閉塞部を通過せずPTA不可能であったのが2足であった。PTA群では、PTA施行後に表層までの壊疽で自然脱落が期待できるものは保存療法を行い、深部に及ぶ壊疽には壊疽部付近での切断またはデブリドマンを行った。PTA群の創治癒率は88.8%であった。最終診察時におけるmajor amputation回避率は、PTA群100%、コントロール群50%と有意差を認めた。以上、足壊疽が足の一部に限局している症例に対しPTAを事前に行うことで、創は十分に治癒し、major amputationも回避可能となることが示唆された。

    researchmap

  • 膝関節部に発生した骨巨細胞腫の再建法による術後成績の検討

    權 斎増, 生越 章, 畠野 宏史, 守田 哲郎, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   55 ( 1 )   40 - 44   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    膝関節荷重部に発生した骨巨細胞腫26例(男13例・女13例・平均38歳)の治療成績を検討した。初回手術として腫瘍切除または掻爬後に再建術を行い、再発などに対する追加手術を含め最終手術は人工骨充填術13例、セメント充填術8例、固定術3例、腫瘍型人工関節置換術2例であった。観察期間2〜280ヵ月で、再建術後の新たなX線学的関節症性変化の出現は人工骨群1例、セメント群3例に認めた。International Society of Limb Salvage(ISOLS)患肢機能評価で平均点が他の群より低かったのは、painではセメント群4点、functionでは人工関節群3点、emotional acceptanceでは関節固定群1.3点、supportでは人工関節群4点、walkingでは人工関節群3.5点、gaitでは人工関節群3点であった。ISOLS患肢機能評価の総合平均は89%で、人工骨群97%、セメント群85%、関節固定群71%、人工関節群73%であった。人工骨群では、12例中10例が総合100%と良好であった。

    researchmap

  • High-level expression of podoplanin in benign and malignant soft tissue tumors: Immunohistochemical and quantitative real-time RT-PCR analysis 査読

    Yongjun Xu, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Takashi Ariizumi, Guidong Li, Hajime Umezu, Naoto Endo

    ONCOLOGY REPORTS   25 ( 3 )   599 - 607   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Podoplanin is a 38 kDa mucin-type transmembrane glycoprotein that was first identified in rat glomerular epithelial cells (podocytes). It is expressed in normal lymphatic endothelium, but is absent from vascular endothelial cells. D2-40 is a commercially available mouse monoclonal antibody which binds to an epitope on human podoplanin. D2-40 immunoreactivity is therefore highly sensitive and specific for lymphatic endothelium. Recent investigations have shown widespread applications of immunohistochemical staining with D2-40 in evaluating podoplanin expression as an immunohistochemical marker for diagnosis and prognosis in various tumors. To determine whether the podoplanin (D2-40) antibody may be useful for the diagnosis of soft tissue tumors, 125 cases, including 4 kinds of benign tumors, 15 kinds of malignant tumors and 3 kinds of tumor-like lesions were immunostained using the D2-40 antibody. Total RNA was extracted from frozen tumor tissue obtained from 41 corresponding soft tissue tumor patients and 12 kinds of soft tissue tumor cell lines. Quantitative real-time PCR reactions were performed. Immunohistochemical and quantitative real-time RT-PCR analyses demonstrated the expression of the podoplanin protein and mRNA in the majority of benign and malignant soft tissue tumors and tumor-like lesions examined, with the exception of alveolar soft part sarcoma, embryonal and alveolar rhabdomyosarcoma, extraskeletal Ewing's sarcoma/peripheral primitive neuro-ectodermal tumor and lipoma, which were completely negative for podoplanin. Since it is widely and highly expressed in nearly all kinds of soft tissue tumors, especially in spindle cell sarcoma, myxoid type soft tissue tumors and soft tissue tumors of the nervous system, podoplanin is considered to have little value in the differential diagnosis of soft tissue tumors.

    DOI: 10.3892/or.2011.1141

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Lipoma-like lipoblastoma arising from the femoral vein 査読

    Yongjun Xu, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Guidong Li, Hajime Umezu, Naoto Endo

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   16 ( 1 )   114 - 118   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    DOI: 10.1007/s00776-010-0001-7

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Frequent Absence of Tumor Suppressor FUS1 Protein Expression in Human Bone and Soft Tissue Sarcomas 査読

    Guidong Li, Hiroyuki Kawashima, Lin Ji, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Hajime Umezu, Yongjun Xu, Tetsuo Hotta, Naoto Endo

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 1 )   11 - 21   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: FUS1 is a tumor suppressor gene located on human chromosome 3p21.3. Frequent loss of FUS1 protein expression is associated with lung cancer development. This study examined FUS1 expression and its possible tumor-suppressive role in bone and soft tissue sarcomas. Materials and Methods: The expressions of FUS1 mRNA and FUS1 protein were assessed in sarcoma cell lines, sarcoma tissues, benign bone and soft-tissue tumor (BST) tissues, and healthy tissues. Exogenous FUS1 gene transfection was performed on sarcoma cell lines. Results: FUS1 mRNA expression was detected in all sarcoma cell lines, all benign BSTs and healthy tissues, and almost all sarcoma tissues. In contrast, FUS1 protein expression was frequently lost in sarcoma cells and sarcoma tissues. The exogenous PUS1 gene delivery induced strong FUS1 protein expression, inhibition of cell viability and apoptosis in sarcoma cells. Conclusion: PUS1 may act as a tumor suppressor in bone and soft-tissue sarcomas.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍の病理診断の問題点 骨・軟部腫瘍に対する針生検の有用性

    堀田 哲夫, 梅津 哉, 須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 12 )   1103 - 1107   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    表在性の軟部腫瘍や骨外性病変が触知できる骨腫瘍では触診しながら腫瘍または骨外病変を直接穿刺し、通常の骨腫瘍はX線透視下に穿刺を行った。深部の骨・軟部腫瘍に対してはCTガイド下に穿刺を行った。骨腫瘍および軟部腫瘍に対して行われた針生検983例のうち、最終的に切除材料または開放生検で確認ができた穿刺吸引細胞診(FNAC)359例(骨腫瘍90例、軟部腫瘍269例)、針組織生検(CNB)127例(骨腫瘍40例、軟部腫瘍87例)を対象とした。FNACでは、誤診はすべて偽陰性で3例に認めた。感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率はそれぞれび94.3%、100%、0%、5%で、正診率は96.7%であった。CNBでは、臨床所見より判定が正しいものと判断された。誤診例はなかった。感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率はそれぞれ100%、100%、0%、0%であり、正診率は100%であった。

    researchmap

  • Serum CA 125 expression as a tumor marker for diagnosis and monitoring the clinical course of epithelioid sarcoma 査読

    Makiko Hoshino, Hiroyuki Kawashima, Akira Ogose, Naoko Kudo, Takashi Ariizumi, Tetsuo Hotta, Hajime Umezu, Hiroshi Hatano, Tetsuro Morita, Jyun Nishio, Hiroshi Iwasaki, Naoto Endo

    JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY   136 ( 3 )   457 - 464   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    We report here, our experience of seven patients with epithelioid sarcomas and their serum CA 125 levels, as well as the results of an in vitro and in vivo study of CA 125 expression in epithelioid sarcoma cells and xenografts using three epithelioid sarcoma cell lines.
    In the clinical study, the serum CA 125 levels of seven epithelioid sarcoma patients were examined at multiple time points. Expression of the MUC16 gene that encodes the CA 125 sequence was examined using RT-PCR methods in three epithelioid sarcoma cell lines, FU-EPS-1, SFT-8606 and NEPS, and the CA 125 protein in each cell lysate was examined by Western blot using anti-CA 125 clone OC125 antibody. The concentration of CA 125 in the conditioned medium of each cell line was also measured.
    In five of the seven epithelioid sarcoma patients, CA 125 levels reflected regression and progression of their disease. The CA 125 concentrations in the conditioned medium of FU-EPS-1, SFT-8606 and NEPS cells were 259, 252, and 6 U/ml, respectively. Strong expression of MUC16 mRNA was shown in FU-EPS-1 and SFT-8606 cells: correspondingly, a thick band was observed by Western blot analysis in only FU-EPS-1 and SFT-8606 cells.
    We concluded that epithelioid sarcoma cells produce and secrete CA 125 into the blood serum and that the elevation of serum CA 125 correlates with disease progression. Therefore, measuring the serum CA 125 level should provide an useful index for diagnosing and monitoring the course of epithelioid sarcoma.

    DOI: 10.1007/s00432-009-0678-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Expression of podoplanin in human bone and bone tumors: New marker of osteogenic and chondrogenic bone tumors 査読

    Takashi Ariizumi, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Guidong Li, Yongjun Xu, Hajime Umezu, Mika Sugai, Naoto Endo

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   60 ( 3 )   193 - 202   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Podoplanin is known as a lymphatic marker because its expression is detected in lymphatic but not vascular endothelium. Podoplanin is also expressed in several normal tissues including osteocytes or osteoblasts. A systematic examination of the podoplanin expression was conducted in normal skeletal tissues and some bone tumor cell lines, and the diagnostic value determined in primary bone tumors. Podoplanin mRNA was expressed at a high level in bone marrow tissue and cartilage, and was upregulated with differentiation to osteoblasts in bone marrow cells. Strong podoplanin expression was seen in osteocytes, chondrocytes, and osteoblasts on immunohistochemistry. Podoplanin mRNA was expressed at a high level in several osteosarcoma and chondrosarcoma cell lines, whereas podoplanin was expressed at a low level in a Ewing's/primitive neuroectodermal tumor cell line. In the clinical samples, osteosarcomas (22/26) expressed podoplanin at various levels. In small cell osteosarcomas (2/2), podoplanin was expressed strongly, although the tissue samples included few diagnostic osteoids. Chondrosarcomas (10/10) expressed podoplanin strongly, and chondroblastomas (5/5) expressed podoplanin moderately, while podoplanin was absent or expressed at low levels in Ewing's sarcomas (0/5), chordomas (0/6) and giant cell tumors of bone (1/7). Therefore, podoplanin may be a sensitive immunohistochemical marker of osteogenic and chondrogenic bone tumors.

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2009.02510.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 下肢骨の骨端部に及ぶ良性骨腫瘍に対する掻爬とβリン酸三カルシウム移植による治療経験

    生越 章, 有泉 高志, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    Orthopaedic Ceramic Implants   28   27 - 31   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:整形外科バイオマテリアル研究会  

    下肢骨端の良性腫瘍に対する掻爬とβ-リン酸三カルシウム(β-TCP)移植の効果を後ろ向きに調べた。患者10名(男7名、女3名、手術時平均29歳)を対象とした。組織型は骨巨細胞腫が7名、軟骨芽細胞腫が3名であった。まず病巣に大きな開窓を施し、病巣を掻爬後、アルゴンビームレーザーと電気メスで掻爬壁を焼灼した。その後骨髄液を添加したβ-TCPを移植した。大腿骨頭例には血管付腸骨移植を、骨皮質の欠損した膝関節症例には遊離腸骨移植を実施した。手術後に再発を認めず、いずれも術後平均3ヵ月目には移植β-TCPと周囲正常骨の境界が不明瞭となり、移植β-TCPは自家骨へと置換されていた。関節可動域は健側と同程度に回復し、両側変形性膝関節症の既往を有する1名以外は疼痛もなく日常生活を送っている。以上より、下肢関節周辺に発生した骨腫瘍に対するβ-TCP移植は長期に安定した成績を期待できる治療法である。

    researchmap

  • Cytogenetic and real-time quantitative reverse-transcriptase polymerase chain reaction analyses in pleomorphic rhabdomyosarcoma 査読

    Guidong Li, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Hajime Umezu, Tetsuo Hotta, Tsuyoshi Tohyama, Takashi Ariizumi, Naoto Endo

    CANCER GENETICS AND CYTOGENETICS   192 ( 1 )   1 - 9   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Pleomorphic rhabdomyosarcoma (PRMS) is a rare variant of rhabdomyosarcoma that occurs mostly in adults. A few cytogenetic studies of PRMS have been reported, but no consistent specific chromosome aberrations were detected. We herein report a cytogenetic study of three cases of pleomorphic rhabdomyosarcoma using a conventional G-banded karyotyping analysis. The three cases appeared to exhibit an extremely complex karyotype with numeric and structural rearrangements. Although the three cases displayed several common aberrations, including -2, -4, -9, -13, -14, -15, -19, -2 1, add(X)(p11), add(1)(q11), add(7)(p11), and add(13)(p11), no recurrent characteristic chromosomal aberrations could be detected. In addition, among these cases and seven other cases of previously reported PRMS, the most frequent chromosomal alterations were -2, -13, -14, -15, -16, and -19. No obviously consistent structural alterations can be found in these 10 PRMS cases, however, thereby suggesting that it is difficult to confirm whether these complex karyotypes correlated with the diagnosis or clinical outcome in PRMS. In this study, we detected MyoDt and myogenin gene transcripts at the mRNA level in four cases of PRMS together with other soft-tissue sarcomas, including seven cases of malignant fibrous hitiocytoma, five cases of liposacroma, and three cases of leiomyosacroma using a real-time quantitative reverse-transcriptase polymerase chain reaction (RT-PCR) analysis. High-level expressions of MyoD1 and myogenin gene transcripts were determined in all cases of PRMS. In contrast, the other non-PRMS sarcomas showed either no expression or extremely weak expressions for both genes. Our findings suggest that the detections of MyoD1 and myogenin transcripts using real-time quantitative RT-PCR, combined with immunohistochemical stains, are extremely sensitive and useful for the diagnosis of PRMS. (C) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.cancergencyto.2009.02.011

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Expression of Bone Morphogenetic Proteins in Giant Cell Tumor of Bone 査読

    Naoko Kudo, Akira Ogose, Takashi Ariizumi, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Hiroshi Hatano, Tetsuro Morita, Masaki Nagata, Yukie Siki, Akira Kawai, Yuko Hotta, Makiko Hoshino, Naoto Endo

    ANTICANCER RESEARCH   29 ( 6 )   2219 - 2225   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: A giant cell tumor (GCT) of bone is a locally aggressive tumor with a propensity for local recurrence. A characteristic pattern of peripheral bone formation has been described in GCT recurrence in soft tissue, and in some pulmonary metastases from benign GCT. Although the bone formation in GCT in supposedly due to bone morphogenetic proteins (BMPs), the expression pattern of BMPs in GCT has not been well investigated. Materials and Methods: The expression of BMPs in GCT tissues, cultured stromal cells from GCT and osteoclast-like giant cells harvested by laser microdissection (LM), as well as from control osteosarcoma (NOS-1) cells was analyzed using reverse transcriptional-semiquantitative PCR. Results: BMP 2, 3, 4, 5 and 6 were expressed in the GCT tissue. The cultured GCT cells expressed BMP 2, 4, 5 and 6. The osteoclast-like giant cells expressed BMP 2, 3, 5 and 6 and BMP 5 was expressed at the highest level. Conclusion: Both stromal cells and osteoclast-like cells in GCT expressed several kinds of BMPs.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Multinucleation followed by an acytokinetic cell division in myxofibrosarcoma with giant cell proliferation. 査読

    Ariizumi T, Ogose A, Kawashima H, Hotta T, Umezu H, Endo N

    Journal of experimental & clinical cancer research : CR   28   44   2009年3月

  • 制圧への治療戦略 再発性骨・軟部悪性腫瘍 進行期骨・軟部腫瘍に対する外来化学療法

    生越 章, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 星野 真喜子, 李 貴東

    日本整形外科学会雑誌   83 ( 1 )   33 - 37   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    切除不能な再発あるいは転移を有する骨・軟部腫瘍症例で、同意が得られた8症例に対しシクロスファミド(CPM)100mgの内服を中心とした外来化学療法を施行しており、その短期成績を報告した。症例により、ドキソルビジン(DOX)の静注を月一回施行した。DOX投与後2、3日は食欲不振を来たすことがあり、吐き気や不快感がある場合は、QOLの維持に主眼を置くためDOX静注は早めに中止した。高齢者の1例、長期の入院抗癌剤治療後の2例は好中球減少が生じてCPMを減量したが、血液毒性は軽度であり、連日投与が可能であった。薬剤投与に関しては外来で十分管理可能であった。投与2ヵ月後では部分奏功1例、安定5例、進行2例であった。部分奏功例では施行後1年間は腫瘍の十分な抑制効果がみられたが、DOXが極量となり、CPM内服単独となって再増悪した。腫瘍進行までの期間は1〜11ヵ月で、最終追跡時3例が有病生存で内服を継続中であり、5例が腫瘍死した。

    researchmap

  • Multinucleation followed by an acytokinetic cell division in myxofibrosarcoma with giant cell proliferation 査読

    Takashi Ariizumi, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Hajime Umezu, Naoto Endo

    Journal of Experimental and Clinical Cancer Research   28 ( 1 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background. Multinucleated cells are frequently seen in association with a malignant neoplasm. Some of these multinucleated cells are considered to be neoplastic. The mechanism of neoplastic multinucleation remains unknown, but is considered to be induced by either cell-cell fusion or acytokinetic cell division. Myxofibrosarcoma consists of spindled and pleomorphic tumor cells and bizarre multinucleated giant cells. Some of these multinucleated cells are considered to be neoplastic. Methods. We studied the mitotic activity of the multinucleated cells by Ki-67 immunohistochemistry, and the dynamics and differentiation by live-cell video microscopy in the two myxofibrosarcoma cell lines to determine whether the mechanism of multinucleation is cell-cell fusion or acytokinetic cell division. Results. A Ki-67 immunohistochemical analysis revealed a high positive rate of multinucleated cells, as well as mononuclear cells, and mitotic ability was shown in the multinucleated cells. In live-cell video microscopy, most of the multinucleated cells were induced via the process of acytokinetic cell division. Conclusion. The current study indicates that a vulnerability of the cytoskeleton components, such as the contractile ring, causes multinucleation to occur from the telophase to the cytokinesis of the cell cycle.

    DOI: 10.1186/1756-9966-28-44

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cystic teratoma of the diaphragm which mimicked soft tissue lipoma 査読

    Takashi Ariizumi, Akira Ogose, Tetsuo Hotta, Hiroyuki Kawashima, Syuntarou Kawachi, Takeshi Kamura, Masashi Suzuki, Naoto Endo

    SKELETAL RADIOLOGY   36 ( 10 )   991 - 994   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    We report a case of cystic teratoma of the diaphragm that was considered to be a soft tissue lipoma by the preoperative examination. A magnetic resonance imaging revealed an 8x8 cm well-demarcated, homogeneous mass. On T1- and T2-weighted imaging, the mass was isointense to fat. On the fat-suppressed imaging, the signal from the mass was reduced to the same degree as subcutaneous fat. We performed marginal excision. The tumor contained a large number of hairs and oily liquid; and it was connected to the diaphragm.

    DOI: 10.1007/s00256-007-0318-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 大動脈、肺動脈原発の平滑筋肉腫

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   188 - 189   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 後腹膜神経鞘腫の自然史の解析

    生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 大池 直樹, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1544 - S1544   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • AYA世代骨軟部肉腫患者の予後と終末期医療

    川島 寛之, 有泉 高志, 生越 章, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    Palliative Care Research   13 ( Suppl. )   S440 - S440   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • 骨腫瘍と鑑別を要した足部慢性再発性多発性骨髄炎の一例

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   192 - 192   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 骨発生乳頭状リンパ管内内皮腫の一例

    有泉 高志, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   190 - 190   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 腫瘍治療に潜む医療事故のリスクと安全対策

    堀田 哲夫, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1382 - S1382   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨転移による病的椎体圧迫骨折におけるintravertebral cleft

    畠野 宏史, 佐々木 太郎, 小林 宏人, 大池 直樹, 有泉 高志

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   192 - 193   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍における術中体外照射骨を用いた骨再建の長期成績

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 大塚 寛, 畠野 宏史, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1401 - S1401   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • AYA世代骨・軟部肉腫患者に対する終末期医療

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1392 - S1392   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 四肢および体幹表面に発生した脱分化型脂肪肉腫の検討

    山岸 哲郎, 川島 寛之, 有泉 高志, 大池 直樹, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 生越 章, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1476 - S1476   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • アレル特異的PCRによるH3F3A遺伝子変異の検出

    有泉 高志, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1458 - S1458   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部肉腫におけるPD-L1の発現と予後の関連

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 畠野 宏史, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 梅津 哉, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1540 - S1540   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • AYA世代骨・軟部肉腫患者の受診状況と予後

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 大塚 寛, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 6 )   S1484 - S1484   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 乳癌大腿骨転移に対し髄内釘固定を行ったところ腫瘍塞栓を生じた1例

    藤田 裕, 川島 寛之, 有泉 高志

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   187 - 187   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 高齢者の骨転移にどう向き合うか-積極的治療と緩和医療- 高齢者骨転移に対する整形外科医の係わり 在宅療養を目指して

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 生越 章, 海津 元樹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S483 - S483   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 軟部肉腫術後合併症と栄養評価指標との関連に対する検討

    有泉 高志, 川島 寛之, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S95 - S95   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 巨細胞腫における免疫担当細胞の浸潤状況

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 畠野 宏史, 山岸 哲郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S910 - S910   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 腓骨神経麻痺をきたした多発性軟骨性外骨腫症の1例

    坂爪 佑輔, 有泉 高志, 川島 寛之, 捧 陽介, 生越 章, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   33 ( 2 )   77 - 81   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    症例は6歳男児で、2歳時に多発性軟骨性外骨腫症と診断され、自覚症状なく経過観察した。3ヵ月前に家族が歩行時の躓きと右下垂足に気づいた。X線検査にて右腓骨頭部に骨軟骨腫増大を認めた。単純X線で右腓骨頭に骨髄腔と連続した腫瘤を認め、初診時と比較し増大していた。右脛腓骨遠位にも腫瘤を認めたが、足関節の内外反変形は認めなかった。単純CTで右腓骨頭前方外側に隆起性病変を認め、MRI造影T1強調脂肪抑制像およびT2強調脂肪抑制像で同部位に骨と同信号の腫瘤を認め、T2強調脂肪抑制像で腫瘤辺縁に軟骨帽と思われる約2mmの高信号域を認めた。右下垂足の原因として腓骨神経領域に一致した筋力低下と右腓骨頭部の骨軟骨腫増大を認めたことより、腓骨頭骨軟骨腫による腓骨神経圧迫を疑い、手術を施行した。腫瘍上に神経が多数分枝し、腫瘍の一塊での摘出は囲難と考え、断片的に腫瘤を摘出して神経の圧迫を解除した。腫瘤の病理診断は、骨軟骨腫であった。術後2ヵ月

    researchmap

  • 隆起性皮膚線維肉腫における免疫担当細胞の浸潤およびHLA class 1の発現解析

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 畠野 宏史, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 梅津 哉, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1530 - S1530   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍におけるスタニオカルシン-1の発現

    山岸 哲郎, 川島 寛之, 有泉 高志, 生越 章, 大池 直樹, 佐々木 太郎, 畠野 宏史, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   S1529 - S1529   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • がん診療の常識への挑戦 骨・軟部腫瘍における時間学 骨・軟部肉腫は先天性か

    生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 大池 直樹, 山岸 哲郎, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 大塚 寛, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 7 )   417 - 422   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    2005〜2015年までに、無治療のまま1ヵ月以上の間隔で複数回の画像評価を行った骨・軟部肉腫症例20例(男性14例、女性6例、年齢14〜85歳)を対象に、CTあるいはMRIのDICOMで腫瘍倍加時間を測定した。その結果、組織診断は未分化多型肉腫4例、高分化型脂肪肉腫、悪性末梢神経鞘腫瘍、平滑筋肉腫が各2例、その他10例で、骨腫瘍3例、軟部腫瘍17例であった。倍加時間は23〜858日、推定腫瘍発生時期は2.4〜84.7年前、推定腫瘍発生年齢は-8〜79歳であった。4例は先天性発生と推定され(生下時3例、-8歳1例)、そのうち2例は高齢者であった。最終転帰は腫瘍死9例、有病生存4例、無病生存7例で、腫瘍倍加時間が100日以内の6例は腫瘍死5例、多発転移1例で予後不良であった。

    researchmap

  • 骨転移に対する緩和的外科治療と放射線治療の現況

    川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 遠藤 直人, 生駒 美穂, 大塚 寛

    Palliative Care Research   12 ( Suppl. )   S326 - S326   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • 右大腿骨遠位部悪性骨巨細胞腫の1例

    有泉 高志, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   228 - 228   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部肉腫に対する患肢温存のあゆみ

    川島 寛之, 守田 哲郎, 井上 善也, 堀田 哲夫, 生越 章, 畠野 宏史, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 6 )   S1293 - S1293   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 傍脊柱筋発生軟部肉腫の臨床的検討

    有泉 高志, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 6 )   S1283 - S1283   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 脂肪系腫瘍の鑑別における微量検体からのRNAを用いたreal-time PCRによる遺伝子発現の有用性

    山岸 哲郎, 川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 大池 直樹, 佐々木 太郎, 畠野 宏史, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 6 )   S1395 - S1395   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 滑膜肉腫における免疫担当細胞の浸潤と予後に関する検討

    大池 直樹, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 畠野 宏史, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 6 )   S1356 - S1356   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 遊離側頭筋膜弁で長母指伸筋腱を再建した母指軟部腫瘍の1例

    河内 俊太郎, 植木 将人, 有泉 高志, 遠藤 直人, 松田 健, 親松 宏

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   221 - 221   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • デノスマブ投与後に脊椎全摘術を施行した腰椎骨巨細胞腫の1例

    湊 圭太郎, 平野 徹, 渡辺 慶, 大橋 正幸, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 遠藤 直人, 生越 章

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   190 - 190   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 小児骨肉腫治療後の二次がん発生状況とその特徴

    大池 直樹, 畠野 宏史, 川島 寛之, 小林 宏人, 佐々木 太郎, 堀田 哲夫, 生越 章, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   50 - 55   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    小児骨肉腫治療を行った51例(男児24例、女児27例、初診時平均年齢12.1歳)を対象に、二次がん(SMN)発生状況とその特徴について検討した。平均観察期間13.2年の結果、SMNの発生率は7.8%(4例)であった。SMN発生例は全て女児であり、女児はリスク因子と考えられた。また、全例で疾患特異的な融合遺伝子や染色体転座を認め、化学療法の影響が示唆された。

    researchmap

  • 日常よく見かける骨・軟部腫瘍に対するアプローチ 末梢に発生する神経鞘腫の診断と治療

    生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 堀田 哲夫, 大塚 寛, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 2 )   S404 - S404   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • がん骨転移に対する集学的治療法の推移

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 生越 章, 遠藤 直人, 大塚 寛

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 2 )   S601 - S601   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 転移性骨腫瘍例における原発巣別デノスマブの効果

    有泉 高志, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章, 畠野 宏史, 佐々木 太郎

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 2 )   S603 - S603   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨軟部腫瘍における術中CTの有用性

    荒引 剛, 川島 寛之, 有泉 高志, 生越 章, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 2 )   123 - 123   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 針生検における超音波ガイドの有用性

    有泉 高志, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章, 畠野 宏史

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 2 )   123 - 123   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 上腕骨近位部骨腫瘍切除後広範囲欠損に対するclavicula pro humero法による再建

    畠野 宏史, 佐々木 太郎, 有泉 高志, 小林 宏人

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 2 )   124 - 124   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 腓骨神経麻痺をきたした外骨腫の1例

    坂爪 佑輔, 有泉 高志, 川島 寛之, 捧 陽介, 生越 章, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 2 )   120 - 120   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 骨腫瘍におけるdenosumabの効果とRANKL発現

    山岸 哲郎, 川島 寛之, 有泉 高志, 大池 直樹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 2 )   122 - 123   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 人工関節の長期成績 20年以上経過した下肢腫瘍用人工関節置換術後の下肢機能および就業状況

    畠野 宏史, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 佐々木 太郎, 小林 宏人, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 11 )   932 - 938   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    1988年〜2014年の間に施行された腫瘍用下肢人工関節151例中、20年以上にわたり経過観察が可能であった12例を対象に治療成績について検討した。その結果、12例中、7例(58.3%)で平均1.4回の再置換があった。様々な合併症により再置換の必要な場合があったが、歩行機能をはじめとする患肢機能は良好で、患者の満足度も高かった。就業調査では軽作業への配置転換や定年退職があったものの、失業中の症例はなく、社会復帰は順調であった。

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍におけるスタニオカルシン-1の発現

    川島 寛之, 山岸 哲郎, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 8 )   S1622 - S1622   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 股関節周囲の骨悪性腫瘍切除術後にGAP Cupによる再建を行った3例

    川島 寛之, 宮坂 大, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章, 畠野 宏史

    東日本整形災害外科学会雑誌   28 ( 3 )   301 - 301   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東日本整形災害外科学会  

    researchmap

  • 遊離側頭筋膜弁による長母指伸筋腱再建の1例

    河内 俊太郎, 植木 将人, 松尾 裕次郎, 有泉 高志, 遠藤 直人, 松田 健, 親松 宏

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 1 )   77 - 78   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 骨腫瘍に対するdenosumab使用前後の画像学的および組織学的変化

    山岸 哲郎, 川島 寛之, 有泉 高志, 生越 章, 佐々木 太郎, 畠野 宏史, 梅津 哉, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 6 )   S1385 - S1385   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨転移症例のリハビリ・緩和・在宅 骨転移症例に対する整形外科の係わりと退院先の現況

    川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 6 )   S1292 - S1292   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • がん診療の常識への挑戦 骨・軟部腫瘍の時間学的解析 骨・軟部腫瘍は先天性か

    生越 章, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 大池 直樹, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 6 )   S1187 - S1187   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 針生検での微量検体RNAを用いたreal-time PCRによる遺伝子解析 脂肪腫と高分化型脂肪肉腫の比較

    佐々木 太郎, 畠野 宏史, 大池 直樹, 小林 宏人, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 生越 章, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 6 )   S1356 - S1356   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 未分化円形細胞肉腫の治療成績 Ewing肉腫との比較検討

    有泉 高志, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生越 章

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 6 )   S1328 - S1328   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨軟部肉腫の終末期の特徴と緩和ケア

    川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人, 生越 章, 園部 里美

    Palliative Care Research   11 ( Suppl. )   S295 - S295   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • デノスマブ使用転移性骨腫瘍例における臨床像

    有泉 高志, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 遠藤 直人, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 生越 章, 堀田 哲夫

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S1067 - S1067   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 周囲二重結紮法を用いた易出血性良性腫瘍に対する手術療法

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 有泉 高志, 山岸 哲郎, 遠藤 直人, 白旗 正幸

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S846 - S846   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 高分化型脂肪肉腫におけるp16、CDK4の制御経路異常と補助診断としての有用性

    畠野 宏史, 佐々木 太郎, 小林 宏人, 山岸 哲郎, 有泉 高志, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 3 )   S612 - S612   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 人工骨移植の現状と展望 連通多孔体β-リン酸3カルシウム(β-TCP)人工骨移植

    生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 近藤 直樹, 山岸 哲郎, 渡辺 慶, 平野 徹, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 畠野 宏史, 佐々木 太郎, 小林 宏人, 守田 哲郎

    臨床整形外科   50 ( 10 )   935 - 942   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    1999年から2012年までにβ-リン酸3カルシウム(β-TCP)を使用した整形外科手術714例に対し,合併症を含め後ろ向きに調査した.骨腫瘍(263例)に対して使用した症例では術後早期の骨折が3例にみられたが,遅発性の骨折や変形,術後深部感染は生じず良好な成績が得られていた.β-TCP移植を行った脊椎手術(350例)では3例に術後感染が生じ,5例に再固定手術が施行された.関節疾患,骨折に対して移植を行った101例では深部感染は生じなかった.画像判断の可能な例ではいずれも移植β-TCPと周囲骨とは連続性がみられ,症例によっては継時的にほぼすべてが吸収され新生骨に置き換わっていた.β-TCPは吸収されつつ自家骨形成が生じる優れた骨補填材料であり,整形外科手術に用いた場合,感染率の上昇などの危険性は少ないと考えられた.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1408200344

    researchmap

  • 軟部腫瘍と鑑別を要した下腹部発生子宮内膜症の検討

    有泉 高志, 小林 宏人, 畠野 宏史, 村井 丈寛

    新潟医学会雑誌   129 ( 9 )   552 - 552   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 軟部腫瘍における治療標的としてのRANKL関連分子の発現解析

    山岸 哲郎, 生越 章, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 梅津 哉, 畠野 宏史, 有泉 高志

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 8 )   S1481 - S1481   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 経皮的ドレナージによる筋・関節内膿瘍の治療経験

    村井 丈寛, 小林 宏人, 畠野 宏史, 有泉 高志, 守田 哲郎

    新潟整形外科研究会会誌   31 ( 1 )   60 - 60   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 腎癌上腕骨転移手術の問題点

    小林 宏人, 畠野 宏史, 村井 丈寛, 有泉 高志, 守田 哲郎

    新潟整形外科研究会会誌   31 ( 1 )   57 - 57   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 腎癌上腕骨転移手術の問題点

    小林 宏人, 畠野 宏史, 村井 丈寛, 有泉 高志, 守田 哲郎

    新潟整形外科研究会会誌   31 ( 1 )   43 - 47   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    症例1(64歳男性)。左上腕痛を主訴に受診、精査により腎癌上腕骨転移と診断された。切迫骨折状態となり、転移部が上腕骨骨幹部に近かったため髄内釘固定術が行われたが、ガイドピン刺入部から大量出血を認め、2単位の輸血を必要とした。術後1年の時点での左上肢機能はMSTAの術後評価で50%であった。症例2(56歳男性)。右上腕痛を主訴に受診、精査により腎癌上腕骨転移と診断された。上腕頸部に病的骨折と骨外腫瘤を認めたため、骨腫瘍を一塊切除してKLS補填型人工骨頭置換術が施行された。術後5ヵ月の時点で、右肩の挙上制限がみられ、MSTSの上肢機能評価は50%であった。症例3(50歳男性)。左肩痛を主訴に受診、精査にて腎癌上腕骨転移と診断され、左肩血管造影兼塞栓術を行った後、骨腫瘍を一塊切除し、KLS補填型人工骨頭置換術を施行した。その結果、出血量は少なかったものの、術後9ヵ月の時点でMSTSの上肢機能評価は33%で、その約1ヵ月後、患者は死亡の転帰となった。

    researchmap

  • がん治療に関連する骨・軟部感染症の検討

    有泉 高志, 小林 宏人, 畠野 宏史, 村井 丈寛

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 6 )   S1369 - S1369   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 縮小手術 軟部肉腫に対する術後照射を併用した縮小手術の成績

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 有泉 高志, 畠野 宏史, 守田 哲郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 6 )   S1262 - S1262   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 人工関節の長期成績 20年以上経過した下肢腫瘍用人工関節置換術後の下肢機能および就業状況

    畠野 宏史, 有泉 高志, 村井 丈寛, 小林 宏人, 山岸 哲郎, 佐々木 太郎, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 6 )   S1213 - S1213   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 四肢以外の肉腫の診断・治療の実態と問題点

    畠野 宏史, 有泉 高志, 村井 丈寛, 小林 宏人

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 6 )   S1342 - S1342   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 分子標的療法 骨腫瘍における治療標的としてのRANKL関連分子の発現解析

    山岸 哲郎, 生越 章, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 梅津 哉, 畠野 宏史, 有泉 高志

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 6 )   S1285 - S1285   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 上〜中背部の大きな欠損に対するV-Y型広背筋皮弁による再建

    高野 敏郎, 親松 宏, 柴田 実, 坂村 律生, 生越 章, 川島 寛之, 畠野 宏史, 有泉 高志

    日本形成外科学会会誌   35 ( 4 )   230 - 230   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨近位部骨・軟部腫瘍に対するKyocera KLSおよびKotz型腫瘍用人工骨頭置換システムの治療成績

    畠野 宏史, 有泉 高志, 村井 丈寛, 小林 宏人, 佐々木 太郎, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 3 )   S681 - S681   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 軟部腫瘍と鑑別を要した鼡径部発生子宮内膜症5例の検討

    有泉 高志, 小林 宏人, 畠野 宏史, 村井 丈寛

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 2 )   166 - 166   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 大腿骨近位部骨軟部腫瘍に対するKyocera II型ロングステムおよびKLSの治療成績

    畠野 宏史, 有泉 高志, 村井 丈寛, 小林 宏人

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 2 )   166 - 166   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 胞巣状軟部肉腫にみられる免疫担当細胞の解析

    生越 章, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 有泉 高志, 梅津 哉, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 8 )   S1738 - S1738   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 高純度βリン酸3カルシウム移植後の組織学的解析 再手術症例の検討

    生越 章, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 近藤 直樹, 畠野 宏史, 守田 哲郎, 有泉 高志, 梅津 哉, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 8 )   S1596 - S1596   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨折遷延治癒例におけるリンパ管の発生

    有泉 高志, 村井 丈寛, 畠野 宏史, 小林 宏人, 守田 哲郎, 生越 章, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 8 )   S1471 - S1471   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍における治療標的としてのRANKL関連分子の発現解析

    佐々木 太郎, 生越 章, 川島 寛之, 山岸 哲郎, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 有泉 高志, 梅津 哉

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 8 )   S1740 - S1740   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨腫瘍との鑑別を要した骨髄炎の臨床的特徴

    牧野 達夫, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 1 )   19 - 24   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    2006年〜2012年に骨腫瘍の疑いで受診し、最終診断が骨髄炎であった6例(男児3例、女児3例、9〜17歳)を対象に、骨腫瘍と骨髄炎の鑑別について検討した。骨髄炎は高熱や局所の腫脹疼痛、血液検査でのWBC、CRP上昇といった強い炎症反応を伴うものから、これらがほとんどみられないものまで臨床症状は多彩である。炎症反応を伴わないあるいは軽微な場合に骨腫瘍との鑑別にしばしば苦労する。鑑別点は好発部位は骨髄炎は長管骨骨幹端、骨腫瘍は症例により多彩、MRIで骨髄炎は周囲のT2高信号、変化が強い、骨腫瘍は骨内外に腫瘤性病変を形成しやすい等である。いずれも迅速な診断が必須で、開放生検、細菌培養を速やかに施行することが重要である。

    researchmap

  • クロルヘキシジングルコン酸塩により術中アナフィラキシーショックを生じた1例

    村井 丈寛, 守田 哲郎, 小林 宏人, 畠野 宏史, 有泉 高志

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 1 )   64 - 64   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 右前腕悪性リンパ腫上腕切断化学療法寛解22年後の異所再発

    小林 宏人, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 村井 丈寛, 有泉 高志

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 1 )   71 - 71   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 関節リウマチにおけるメトトレキサート週10mg以上増量例の検討

    村井 丈寛, 守田 哲郎, 小林 宏人, 畠野 宏史, 有泉 高志, 堀田 利雄

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 1 )   65 - 65   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • ゲフィチニブ使用非小細胞肺癌例における骨転移の解析

    有泉 高志, 村井 丈寛, 畠野 宏史, 小林 宏人, 守田 哲郎, 生越 章, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 6 )   S1209 - S1209   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 小児骨・軟部肉腫治療後の二次癌および小児癌治療後の二次性骨・軟部肉腫

    畠野 宏史, 守田 哲郎, 小林 宏人, 村井 丈寛, 有泉 高志, 生越 章, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 6 )   S1117 - S1117   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 脂肪腫と高分化型脂肪肉腫の鑑別診断におけるCDK4、MDM2 mRNA発現の有用性と臨床所見との関連

    畠野 宏史, 守田 哲郎, 小林 宏人, 村井 丈寛, 有泉 高志, 生越 章, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 6 )   S1248 - S1248   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 整形外科が初回診断に関与した多発性骨髄腫の臨床的特徴

    有泉 高志, 村井 丈寛, 畠野 宏史, 小林 宏人, 守田 哲郎, 生越 章, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 佐々木 太郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 6 )   S1211 - S1211   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 悪性末梢神経鞘腫瘍を発症した神経線維腫症1型症例における化学療法の効果と予後

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 山岸 哲郎, 遠藤 直人, 守田 哲郎, 有泉 高志, 畠野 宏史

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   5 ( 1 )   64 - 68   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本レックリングハウゼン病学会  

    神経線維腫症1型(NF1)に発症した悪性末梢神経鞘腫瘍MPNSTは予後不良の疾患でしばしば全身性に転移を生じ、抗がん剤抵抗性であるといわれている。我々の施設において治療を行ったNF1に合併したMPNSTの23症例に対して診療録を利用した後ろ向き調査を行った。症例は男13例、女10例、治療開始年齢は15から81歳(平均38歳)、腫瘍径は2-25cm(平均13cm)、症状発生から治療開始までは1-144ヵ月(平均30ヵ月)であった。初回外科治療として広範切除がなされた10例には局所再発がなく、辺縁切除となった(前医を含む)9例のうち8例に局所再発がみられた。抗がん剤治療は13例に対して施行され、効果判定可能であった11例では最高効果時の評価で、部分寛解3例、不変1例、進行7例であった。不変以上の効果が得られたものはいずれも大量イホマイドを主体とするレジメンであったが、いずれも再増悪が生じた。最終転帰は腫瘍死14、持続的無病生存6、有病生存2、他因死1でカプランマイヤー法による累積5年生存

    researchmap

  • 【人工関節置換術-最新の知見】 特殊な疾患、高度の変形を伴う例に対する人工関節 腫瘍 腫瘍用人工膝関節全置換術後の膝蓋骨の位置異常と患肢機能

    畠野 宏史, 守田 哲郎, 有泉 高志, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫

    別冊整形外科   ( 65 )   214 - 217   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    腫瘍用人工膝関節全置換術(TKA)後の膝蓋骨の位置異常と患肢機能について検討した。大腿骨遠位部骨腫瘍に対して腫瘍用TKAを施行し、2年以上経過しX線像で膝蓋骨高位および亜脱臼位(傾斜角)の評価が可能であった23例を対象とした。膝蓋骨低位群8例、正常群15例で、平均膝屈曲角度は低位群が71.3°で、正常群の107.3°に比べて有意に小さかった。ISRと膝属曲角度には中等度の相関関係を認めた。平均ISOLSスコアは両群で有意差はなかった。膝蓋骨傾斜角亜脱臼群6、正常群17例で、平均膝関節屈曲角は亜脱臼群が76.7°で、正常群の101.2°に比べて小さい傾向があった。平均ISOLSスコアは両群で有意差はなかった。ISRと傾斜角には、中等度の負の相関関係を認め、膝蓋骨低位では傾斜角が大きくなる傾向があった。

    researchmap

  • 小児の悪性骨腫瘍治療後の二次癌

    畠野 宏史, 有泉 高志, 守田 哲郎, 佐々木 太郎, 川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 2 )   S132 - S132   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨関節手術におけるβリン酸3カルシウム移植術の臨床成績

    生越 章, 川島 寛之, 平野 徹, 渡辺 慶, 近藤 直樹, 山際 浩史, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 有泉 高志, 小林 宏人, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   88 ( 2 )   S309 - S309   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 神経線維腫瘍1型に発症した悪性末梢神経鞘腫瘍の治療成績と抗がん剤の効果

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 守田 哲郎, 畠野 宏史, 有泉 高志

    日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集   5回   30 - 30   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本レックリングハウゼン病学会  

    researchmap

  • 脂肪腫と高分化型脂肪肉腫に対する針生検での微量検体RNAを用いたreal-time PCRによる遺伝子解析

    佐々木 太郎, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 田中 恵子, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 8 )   S1472 - S1472   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨盤に発生した骨巨細胞腫7例の臨床像と治療成績

    川島 寛之, 生越 章, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1162 - S1162   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 腫瘍用人工膝関節の使用機種と再置換における問題点

    畠野 宏史, 守田 哲郎, 生越 章, 有泉 高志, 小林 宏人, 村井 丈寛, 川島 寛之, 堀田 哲夫

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1182 - S1182   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨・軟部肉腫に対するテモゾロミドによる抗腫瘍効果

    草部 雄太, 川島 寛之, 佐々木 太郎, 田中 恵子, 生越 章, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1179 - S1179   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 皮下に発生した骨外性Ewing肉腫の2例

    渡邉 信, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 權 斎増, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1223 - S1223   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 経皮的腫瘤直接穿刺による塞栓術と周囲二重結紮法を用いた巨大動静脈奇形に対する治療

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人, 稲川 正一

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1191 - S1191   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 骨軟部肉腫患者における終末期の病態と治療

    川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 生駒 美穂

    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   18回   299 - 299   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • 【外来で見逃さない軟部腫瘍】 軟部腫瘍放射線治療における整形外科医の役割

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 遠藤 直人, 青山 英史

    関節外科   32 ( 6 )   678 - 685   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 易出血性神経線維腫に対する手術治療

    生越 章, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   212 - 212   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 多発性の転移性骨腫瘍と思われたがRosai-Dorfman病であった1例

    土方 啓生, 川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   212 - 212   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 脂肪系腫瘍の遺伝子異常と年齢・腫瘍径の関係 脂肪腫は先天性か

    生越 章, 畠野 宏史, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 有泉 高志, 佐々木 太郎, 守田 哲郎, 小林 宏人, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1112 - S1112   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 固形がん骨転移に対するゾレドロン酸の使用状況

    川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   216 - 216   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 脂肪成分を有さないMDM2、CDK4陽性四肢体幹軟部肉腫の3例

    有泉 高志, 生越 章, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 佐々木 太郎, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1133 - S1133   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Fibrous hamartoma of infancyの2例

    佐々木 太郎, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人, 梅津 哉

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 6 )   S1129 - S1129   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 再発・難治性肉腫に対するゲムシタビンとタキサン系薬剤による通院化学療法

    川島 寛之, 生越 章, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 3 )   S727 - S727   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 分子レベルからみた整形外科疾患(シリーズIX) ヒト骨芽細胞様細胞と人工骨のハイブリッドによる新規人工骨

    有泉 高志, 生越 章, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 近藤 直樹, 遠藤 直人

    整形・災害外科   56 ( 2 )   114 - 115   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 培養ヒト骨髄細胞添加β-リン酸三カルシウムのSCIDマウス移植における骨形成細胞の起源の解析 ヒト細胞はマウス骨形成細胞を誘導する

    工藤 尚子, 生越 章, 有泉 高志, 近藤 直樹, 川島 寛之, 遠藤 直人

    整形外科   62 ( 2 )   172 - 173   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    インフォームド・コンセントの得られた骨移植を必要とする2例から2mlの骨髄を腸骨から採取し、高純度β-リン酸三カルシウム(β-TCP)ディスク上に培養した。これを7〜9週齢のsevere combined immune deficiency(SCID)マウスの背部筋層内に移植し、9週後にディスクを採取して4%パラホルムアルデヒドにより固定し、EDTA脱灰を行った後にパラフィン包埋切片を用いて組織解析を行った。更に、以前に報告した方法に準じて連続切片を用いてヒト特異的Aluプローブとマウス特異的L1プローブを用いてDNA in situ hybridizationを行った。その結果、移植後9週で2例ともβ-TCP上に直接骨形成を認めた。ヒト特異的Aluプローブ陽性細胞はβ-TCP新生骨の境界部にのみ僅かに認め、マウス特異的L1は陰性であった。また、骨内に存在する骨細胞は、マウス特異的L1プローブに陽性かつAlu陰性であった。その他、骨周囲の血管内皮細胞や線維芽細胞の紡錘型細胞は全てL1陽性、Alu陰性で、マウス由来細胞と考えられた。一方、対照として細胞を添加しなかったβ-TCPには骨形成は認めなかった。

    researchmap

  • 【骨・軟部腫瘍 先端的研究と臨床の現況】 診断 生検 骨・軟部腫瘍に対する穿刺吸引細胞診の有用性

    堀田 哲夫, 梅津 哉, 須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人

    整形外科   61 ( 8 )   783 - 786   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    骨・軟部腫瘍に対する穿刺吸引細胞診の有用性について検討した。骨腫瘍は178例の穿刺例のうち細胞が採取できなかった不適切材料が21例で、穿刺のみで最終診断がなされなかったもの48例にみられた。通常型の骨肉腫、Ewing肉腫、癌転移、リンパ腫では100%正診であった。感度、特異度偽陽性率、偽陰性率はそれぞれ95.5%、100%、0%、4.5%で、正診率は97.2%であった。誤診例は非定型的骨肉腫1例とgrade Iの軟骨肉腫が2例で、良性と判定された。軟部腫瘍は826例に対して穿刺が行われたが、不適切材料が109例あり、穿刺のみで最終診断がなされなかったものが394例にみられた。感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率はそれぞれ85.5%、96、9%、2.5%、14.5%であり、正診率は91.3%であった。MFH、粘液型脂肪肉腫、横紋筋肉腫、リンパ腫、癌転移などはほぼ100%正診であった。

    researchmap

  • 【すぐに役立つ日常整形外科診療に対する私の工夫】 腫瘍 筋肉内血管腫の新しい手術手技

    堀田 哲夫, 生越 章, 有海 明央, 川島 寛之, 有泉 高志

    Orthopaedics   22 ( 5 )   169 - 174   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    血管腫の血管は壁に筋層を持たない毛細血管の構造のため、剥離操作で損傷されやすく、電気凝固に対しても抵抗性である。したがって、電気メスでは十分な止血が得られず、特に部分切除(腫瘍内切除)では大出血をきたす場合があった。我々は筋肉内血管腫に対する新しい手術手技を開発し、周囲二重結紮法(circumferential parallel ligation method;CPL法)と名づけた。CPL法は切除線の両側を針糸を用いて平行に結紮した後、結紮部の間を切開する方法である。針糸結紮は盲目的に行い、深部に向かって結紮を繰り返すことで、最終的に血管腫を腫瘍内で切除できる。従来法とCPL法で比較したところ、CPL法で有意に出血量が少なく、CPL法では全例輸血を必要としなかった。CPL法は筋肉内血管腫の切除において確実に出血がコントロールできる有用な方法である。(著者抄録)

    researchmap

  • 整形外科における人工骨移植の現状と展望 人工骨による骨腫瘍治療

    生越 章, 有泉 高志, 川島 寛之, 堀田 哲夫, 遠藤 直人

    臨床整形外科   44 ( 1 )   17 - 24   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    良性骨腫瘍そう爬術後に人工骨移植を行うことで優れた臨床成績が報告されている.現在わが国で広く使用されている人工骨には,ハイドロキシアパタイト,骨ペースト,β-リン酸三カルシウム(β-TCP)などがある.各材料,さらには同じ材料でもメーカーや気孔率,気孔の連通性,表面形状によりその特性が異なり,自分の使用する材料の特性をよく知ることが重要である.筆者が好んで用いているβ-TCPは初期強度は弱いが吸収置換され,旺盛な骨伝導能をもつ優れた材料であり,骨腫瘍領域において優れた臨床成績の報告が多い.(著者抄録)

    researchmap

  • β-リン酸三カルシウムのマイクロポア内におけるI型コラーゲンの形成

    生越 章, 近藤 直樹, 有泉 高志, 堀田 哲夫, 川島 寛之, 遠藤 直人, 梅津 哉, 入江 洋之, 井上 晃, 大石 誠

    Orthopaedic Ceramic Implants   26   25 - 30   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:整形外科バイオマテリアル研究会  

    鍍銀染色法を用いてこの高純度β-リン酸三カルシウム(β-TCP)のマイクロポア構造内にコラーゲンの形成がみられることを報告した。今回、免疫染色と電子顕微鏡的観察を加え更なる解析を行った。8週齢のFisherラット大腿骨に小孔を作成し気孔率75%、100〜500μmのマクロポアと5μm未満マイクロポアを有するβ-TCP顆粒を移植した。ラット移植後4日ではまだ骨形成は確認されないが早期にマイクロポア内に鍍銀染色陽性所見がみられ、この線維はβ-TCP外のコラーゲン線維と一部直接結合した。免疫染色ではTCP間隙、マクロポア内の未分化な紡錘形細胞、細胞外基質、およびβ-TCPの内部表層に1型コラーゲンの陽性所見がみられた。移植後7日でβ-TCP表面には未熟骨が形成され、骨から連続するようにコラーゲン線維の形成を確認した。

    researchmap

  • Malignant Sports Tumors 4例の治療経験

    井上 善也, 長野 純二, 高橋 勇二, 近藤 尚, 有泉 高志, 金井 朋毅

    新潟整形外科研究会会誌   20 ( 1 )   60 - 60   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 仙腸関節部痛は仙骨疲労骨折も疑うべきである

    小林 良充, 林 宗幸, 長野 純二, 井上 善也, 高橋 勇二, 大井 宏之, 近藤 尚, 照喜納 光信, 播磨 憲一郎, 大畑 徹也, 友利 裕二, 有泉 高志, 金井 朋毅, 斎藤 英彦

    中部リウマチ   35 ( 2 )   165 - 165   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部リウマチ学会  

    researchmap

  • 急性大腿神経麻痺 外傷性腸骨筋血腫による下肢障害

    播磨 憲一郎, 小林 良充, 長野 純二, 井上 善也, 高橋 勇二, 大井 宏之, 近藤 尚, 照喜納 光信, 林 宗幸, 大畑 徹也, 友利 裕二, 有泉 高志, 金井 明毅, 斎藤 英彦

    中部リウマチ   35 ( 2 )   165 - 165   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部リウマチ学会  

    researchmap

  • 類骨骨腫が成長期アスリートに及ぼす影響と問題点

    大畑 徹也, 井上 善也, 長野 純二, 小林 良充, 高橋 勇二, 大井 宏之, 近藤 尚, 照喜納 光信, 林 宗幸, 播磨 憲一郎, 友利 祐二, 有泉 高志, 金井 朋毅, 斎藤 英彦

    日本整形外科学会雑誌   78 ( 6 )   S720 - S720   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 脊髄前面に位置する胸椎部脊髄腫瘍の1例

    播磨 憲一郎, 長野 純二, 井上 善也, 高橋 勇二, 小林 良充, 大井 宏之, 近藤 尚, 照喜納 光信, 林 宗幸, 大畑 徹也, 友利 裕二, 有泉 高志, 金井 朋毅, 斎藤 英彦, 長谷川 和宏

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   47 ( 2 )   405 - 405   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 鎖骨遠位端骨折の治療成績の検討

    有泉 高志, 井上 善也, 長野 純二, 高橋 勇二, 小林 良充, 大井 宏之, 近藤 尚, 新城 宏隆, 照喜納 光信, 和泉 智博, 大畑 徹也, 友利 祐二, 播磨 憲一郎, 齋藤 英彦

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   46 ( 6 )   1197 - 1198   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 巨大な脊髄クモ膜嚢腫の1例

    鈴木 敦, 長野 純二, 斎藤 英彦, 井上 善也, 高橋 勇二, 小林 良充, 大井 宏之, 近藤 尚, 新城 宏隆, 岡田 充弘, 湯本 聡, 津布久 義人, 真鍋 健史, 有泉 高志

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   46 ( 4 )   772 - 772   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • Colles骨折に対する掌側プレートの有用性

    湯本 聡, 高橋 勇二, 斎藤 英彦, 大井 宏之, 岡山 充弘, 津布久 義人, 長野 純二, 井上 善也, 小林 良充, 近藤 尚, 新城 宏隆, 真鍋 健史, 鈴木 敦, 有泉 高志

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   46 ( 4 )   771 - 771   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 下腿慢性骨髄炎から発生した扁平上皮癌の1例

    鈴木 敦, 長野 純二, 井上 善也, 斎藤 英彦, 有泉 高志, 真鍋 健史, 湯本 聡, 岡田 充弘, 新城 宏隆, 近藤 尚, 大井 宏之, 小林 良充, 高橋 勇二

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   46 ( 2 )   356 - 357   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 軽度内反肘を有する小児の上腕三頭筋内側頭脱臼

    岡田 充弘, 齋藤 英彦, 高橋 勇二, 大井 宏之, 長野 純二, 井上 善也, 小林 良充, 近藤 尚, 新城 宏隆, 湯本 聡, 真鍋 健史, 鈴木 敦, 有泉 高志

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   46 ( 2 )   353 - 353   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 原発性骨腫瘍における骨破壊発生機序の解明

    研究課題/領域番号:17K10960  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    川島 寛之, 有泉 高志

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    骨腫瘍における骨破壊の発生機序として、腫瘍組織で産生されるRANKL (receptor activator of nuclear factor-κB ligand: RANKリガンド) が非常に重要な役割を果たしていることが報告されている。すなわち、RANKLは破骨細胞の形成、機能、および生存を司る必須の因子であり、破骨細胞および破骨細胞前駆細胞に発現するRANKL受容体 (RANK) に結合し、破骨細胞による骨吸収を促進することで骨破壊を誘導するとされている。2017年度は、原発性および転移性骨腫瘍に対して抗RANKL抗体であるデノスマブを投与した症例について、臨床的な有効性について検討し、すでに報告した。一方で骨・軟部腫瘍の組織学的な解析を進めていく過程において、一部の軟部腫瘍においても骨腫瘍同様に破骨細胞様の多核巨細胞を伴う腫瘍があることを見出した。軟部腫瘍においても周囲の骨破壊を伴って進展するものがあることから、軟部腫瘍においてもこれら破骨細胞様の多核巨細胞がRANKLを介して骨破壊を生じている可能性があるのではないかと考えた。そこで、2018年度は軟部腫瘍におけるRANKLとその関連分子の発現についても蛋白レベルとRNAレベルで検討した。すると腱鞘巨細胞腫や色素性絨毛結節性滑膜炎、平滑筋肉腫、未分化多形肉腫などの一部の軟部腫瘍においてもRANKL関連分子の発現が高いことを見出した。さらに平滑筋肉腫の骨病変を伴う臨床例において、抗RANKL抗体デノスマブを投与したところ、著明な骨硬化が確認でき、デノスマブによる効果であることが推測された。以上の研究結果は、一部はすでに学会、論文で報告し、追加で現在も発表の準備を進めているところである。

    researchmap