2021/06/24 更新

写真a

エバタ フユキ
江畑 冬生
EBATA Fuyuki
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
現代社会文化研究科 現代文化専攻 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2012年7月   東京大学 )

  • 修士(文学) ( 2002年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • チュルク諸語

  • 記述言語学

  • 対照言語学

  • 言語学

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文社会・教育科学系   准教授

    2013年

      詳細を見る

  • 東京外国語大学   アジア・アフリカ言語文化研究所   日本学術振興会特別研究員

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2013年4月 - 現在

 

書籍等出版物

  • サハ語文法 : 統語的派生と言語類型論的特異性

    江畑, 冬生

    勉誠出版  2020年3月  ( ISBN:9784585280491

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 249p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • シベリア先住民の食卓 : 食べものから見たシベリア先住民の暮らし

    永山, ゆかり, 長崎, 郁, 江畑, 冬生, 小野, 智香子, 風間, 伸次郎, 鍛治, 広真, 丹菊, 逸治, 藤代, 節

    東海大学出版部  2016年3月  ( ISBN:9784486020899

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 206p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 水雪氷のフォークロア : 北の人々の伝承世界

    山田, 仁史, 永山, ゆかり, 藤原, 潤子, 高橋, 靖以, 山田, 祥子, 丹菊, 逸治, 小野, 智香子, 長崎, 郁, 江畑, 冬生, 荏原, 小百合

    勉誠出版  2014年3月  ( ISBN:9784585220831

     詳細を見る

    総ページ数:8, 345p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本語の隣人たち

    月田, 尚美, 中川, 裕, 丹菊, 逸治, 李, 林静, 小野, 智香子, 江畑, 冬生, 長崎, 郁, 永井, 佳代, 塩谷, 亨, 北原, 次郎太, 永山, ゆかり, 児倉, 徳和, 久保, 智之, 西田, 文信, 加藤, 高志, 野島, 本泰, Long, Daniel

    白水社  2009年7月  ( ISBN:9784560085028

     詳細を見る

    総ページ数:冊  

    CiNii Books

    researchmap

  • チュルク諸語における固有と外来に関する総合的調査研究 = Native and loan in Turkic languages

    久保, 智之, 林, 徹, 藤代, 節

    九州大学人文科学研究院言語学研究室  2009年  ( ISBN:9784903875187

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 290p  

    CiNii Books

    researchmap

  • Linguistic typology of the North

    呉人, 徳司, 江畑, 冬生

    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies  2008年  ( ISBN:9784872979978

     詳細を見る

    総ページ数:v.   記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

  • サハ語-日本語辞書 = Сахалыыーдьоппуоннуу тылдьыт

    江畑 冬生, Popova Nadezhda

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2006年11月  ( ISBN:4872979621

     詳細を見る

    総ページ数:ii, 69p  

    CiNii Books

    researchmap

  • サハ語文法 = Саха тыла [本編]

    江畑 冬生, Popova Nadezhda

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2006年11月  ( ISBN:4872979605

     詳細を見る

    総ページ数:2冊  

    CiNii Books

    researchmap

  • 文法を描く : フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ

    中山, 俊秀, 江畑, 冬生, 山越, 康裕

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2006年9月  ( ISBN:4872979435

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • チュルク系諸言語における接触と変容のメカニズムに関する調査研究

    林 徹, 江畑 冬生

    東京大学人文社会系研究科・文学部言語学研究室  2005年 

     詳細を見る

    総ページ数:353p  

    CiNii Books

    researchmap

  • 文法を描く : フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ 2

    中山 俊秀, 江畑 冬生, 山越 康裕

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  ( ISBN:9784872979831

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • サハ語文法 = Саха тыла テキストと練習問題

    江畑 冬生, Popova Nadezhda

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  ( ISBN:4872979613

     詳細を見る

  • Linguistic typology of the North v. 3

    呉人 徳司, 江畑 冬生

    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies  ( ISBN:9784863372184

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

  • Linguistic typology of the North v. 2

    呉人 徳司, 江畑 冬生

    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies  ( ISBN:9784863370852

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • Agglutinativeness, Polysynthesis, and Syntactic Derivation in Northeastern Eurasian Languages 査読

    EBATA Fuyuki

    北方言語研究 = Northern language studies ( 10 ) 1 - 16   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本北方言語学会  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/77608

  • トゥバ語の証拠性を表すとされる接辞-dirの機能 : 話し手・聞き手の認識からの説明 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 = Northern language studies ( 9 ) 31 - 39   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本北方言語学会  

    トゥバ語には、もっぱら主節述語に付加される接尾辞 -dir がある。この接尾辞は、動詞述語文の述語にも名詞述語文の述語にも付加される。本稿では、名詞述語文に現れる接尾辞 -dir がどのような機能を持つか明らにすることを試みる。接尾辞 -dir が動詞述語文に現れることは、頻度の上で高くない。この接尾辞が動詞述語文に現れる場合には、証拠性(推測・知覚心理状態)に関わる機能を持つ(第2節で 簡単に触れる)。 これに対し名詞述語文(形容詞述語文を含む)では、接尾辞 -dir が頻出する。接尾辞 -dir は、(語用論的な差異を無視すれば)いかなる名詞述語文にも現れうる。Anderson and Harrison (1999 : 89) では、この接尾辞は断定または証拠性 (assertive or evidential) の機能を持ち、非動詞述語文においては義務的であると記述される。しかし筆者の調査によれば、接尾辞 -dir を決して用いてはならないような語用論的状況が確実に存在する。本稿ではこの接尾辞の機能を、語用論および談話の観点から解明する。結論として、接尾辞 -dir は 名詞述語文において義務的ではないこと、接尾辞 -dir は証拠性でなく話し手・聞き手・の認識から説明すべきであることを主張する。

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/73725

  • 部分格から見るサハ語の位置と歴史 査読

    江畑冬生, エバタ フユキ, EBATA Fuyuki

    Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編] ( 21 ) 7 - 7   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

    DOI: 10.15026/93794

    CiNii Article

    researchmap

  • シベリア先住民の豊かな言語世界 (アジアとしてのシベリア : ロシアの中のシベリア先住民世界) -- (シベリアという地域) 査読

    江畑 冬生

    アジア遊学 ( 227 ) 51 - 62   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:勉誠出版  

    CiNii Article

    researchmap

  • 統語的要素を入力に含む派生に見る語彙的緊密性 (lexical integrity) の問題 査読

    江畑 冬生

    東京大学言語学論集 = Tokyo University linguistic papers (TULIP) ( 39 ) 41 - 53   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室  

    形態法の理論的研究においては,語彙的緊密性 (lexical integrity) と呼ばれる仮説が提唱されている.この仮説は,「語の内部には統語的要素が介入しない」という通言語的な制約を主張するものである.チュルク諸語に属するサハ語およびトゥバ語では,筆者が「統語的派生」と呼ぶ現象がみられる.統語的派生では,修飾や支配あるいは疑問詞疑問や全部否定のような統語的関係を含む派生が可能である.つまり統語的派生は,明らかに語彙的緊密性に反する現象であり通言語的な特異性を持っている.本論文では,語彙的緊密性は決して言語普遍的な制約とは言えないことを示し,語彙的緊密性が適用される範囲は言語ごとに異なっているのだと主張する.論文 Articles

    DOI: 10.15083/00074532

    CiNii Article

    researchmap

  • 表音文字の非表音性 : サハ語と現代韓国語の対照を中心に 査読

    江畑 冬生

    言語の普遍性と個別性 ( 9 ) 1 - 10   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科「言語の普遍性と個別性」プロジェクト  

    This paper provides a contrastive analysis on the writing systems of Sakha and Modern Korean. Both languages use a phonetic writing system and exhibit rich patterns in their morphophonemic alternation. In spite of this similarity, the two languages show difference in the degree of how phonetically consistent with morphophonemic alternation. The orthography of Sakha tries to be phonetically consistent, while that of Modern Korean tends to be consistency in indicating morphemes.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/50154

  • トゥバ語の再帰 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 = Northern language studies ( 8 ) 81 - 89   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学人文学部  

    Tyvan reflexive voice has a seemingly wide range of use. This paper divides the Tyvan reflexive into two uses: reflexive and anticausative. This classification is not only based on the semantic properties of the reflexive but also corresponds to its morpho-syntactic behaviors. In reflexive use, the reflexive suffix can be attached to an intransitive stem,and the clause may have an accusative NP as its direct object. The derivative verb is not semantically predictable from the base, since it covers non-prototypical meanings such as "patientless" and "possibility." In anticausative use, in contrast, the reflexive suffix cannot be attached to an intransitive stem, and the clause never has an object in the accusative case. The resultant verb is semantically quite transparent, and its meaning is highly predictable based on the base verb. The two uses are also different when it comes to possibilities of derivational morphology: a volitional, an actor nominal, or a causative suffix can follow the reflexive suffix in reflexive use, while a potential suffix can follow the reflexive suffix in anticausative use.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/68729

  • サハ語(ヤクート語)の「双数」の解釈 : 聞き手の数からの分析 査読

    江畑 冬生

    言語研究 = Journal of the Linguistic Society of Japan ( 151 ) 63 - 74   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本 言語 学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • トゥバ語との対照から明らかになるサハ語の規則性と義務性 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 ( 7 ) 23 - 33   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学文学研究科  

    This paper examines difference in phonology and morphosyntax between the two cognate languages, Sakha and Tyvan. It is concluded that the two languages differ in a consistent way. First, Sakha exhibits regularity in its phonological rules (the nasal alternation of suffix-initial consonants, the accent rule, and the vowel harmony rule) while Tyvan shows some exceptions under the apparently same rules. In other words, the regularity in Sakha phonological rules is interpreted as 'leveling'. Secondly, Sakha grammatical elements tend to be explicit or obligatory in such morphosyntactic properties as 3rd person plural subject marking, dative marking for goal, the adverbializing suffix, accusative marking, marking for juxtaposed noun phrases, and existential predicate. It is likely that the regularity in Sakha phonology and the obligatoriness in Sakha morphosyntax are obtained through language contact with the neighboring Tungusic languages.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/64507

  • サハ語(ヤクート語)の「双数」の解釈:―聞き手の数からの分析― 査読

    江畑 冬生

    言語研究151 ( 0 ) 63 - 79   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本言語学会  

    <p>サハ語には2種類の勧誘形がある。一方は主語が双数の場合に,他方は主語が複数(3者以上)の場合に用いられる。「複数形」は双数形に接尾辞-(i)ŋを付加することで形成される。これに対し命令形では,「単数形」に同じ接尾辞-(i)ŋを付加することで複数形(2者以上)が形成される。先行研究では主語の数にのみ注目していたため,同一の接尾辞の有無に関して,ある場合には双数/複数の対立として,別な場合には単数/複数の対立として記述される結果になる。本論文では,接尾辞-(i)ŋは聞き手の複数性を指示するのだと主張する。この新たな分析により,パラダイムの中に部分的に存在していた「双数」という概念を解消できる。当該接尾辞を用いて聞き手の数を区別するのは,勧誘形・命令形・挨拶言葉である。これらには眼前の聞き手に対し強い働きかけを有するという共通点がある。挨拶言葉において聞き手の数が区別されやすくなる現象は,近隣の言語にも観察される*。</p>

    DOI: 10.11435/gengo.151.0_63

    CiNii Article

    researchmap

  • サハ語の再帰接辞・逆使役接辞・受身接辞 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 ( 6 ) 43 - 52   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学文学研究科  

    It is supposed that there are two allomorphs of the reflexive suffix and also two allomorphs of the passive suffix in Sakha. Contrary to this traditional explanation, this paper provides a new analysis: The author argues that the reflexive, the anticausative, and the passive suffixes should be distinguished as distinct morphemes. The reflexive suffix and the anticausative suffix show semantic differences as well as morphophonological, morphotactic, and syntactic differences in a consistent way. The anticausative suffix and the passive suffix should be distinguished since impersonal passive constructions are possible only with the passive suffix. Turkic languages have a cognate reflecive suffix -(i)n in common. Judging from their behavior, however, it is not the reflexive suffix but the anticausative suffix that is similar to the reflexive suffix of most other Turkic languages.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/60791

  • サハ語における肯否の対称性と否定を含む派生 (特集 否定構造) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 ( 5 ) 5 - 13   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    In Sakha, negation is denoted by the presence of the negative suffix, which appears nearest to the stem among inflectional suffixes. Almost all verbal forms (including finite forms, verbal nouns, and converbs) can take the negative suffix. That is, Sakha is highly symmetric in terms of the polarity. This paper first shows that Sakha allows productive derivation from negative verbs, i.e., derivation including the negative suffix.There are three dervational suffixes that can follow the negaive suffix: adverbializing, proprietive, and similative suffixes. In derivation from negative verbs, the negative suffix not only conveys a negative meaning, but also functions as complete nagation along with a negative pronoun. In other words, though the negative suffix is morphologically a part of the derivational base, it still has a syntactic power to form complete negation. This morpho-syntactic mismatch is idiosyncratic to Sakha, considering that such type of derivation is impossible in Tyvan, another Turkic language spoken in Siberia.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/58322

  • 統語的派生再論 査読

    江畑 冬生

    人文科学研究135   1 - 20   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学人文学部  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/30107

  • ウワロフスキによる最古のサハ語文の特徴 査読

    江畑 冬生

    北方人文研究 ( 7 ) 55 - 69   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科北方研究教育センター  

    CiNii Article

    researchmap

  • サハ語・トルコ語・トゥバ語の目的語格標示 (特集 名詞項標示) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 ( 4 ) 33 - 42   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学文学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/55117

  • 北東ユーラシア諸言語の名詞項標示 (特集 名詞項標示) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究 ( 4 ) 1 - 4   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    CiNii Article

    researchmap

  • 形態素タイプの認定 : 日本語動詞における屈折を例に 査読

    江畑 冬生

    日本エドワード・サピア協会研究年報 ( 28 ) 29 - 39   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本エドワード・サピア協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 統語法から見た日本語動詞の活用体系 査読

    江畑 冬生

    人文科学研究133   1 - 19   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学人文学部  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/23902

  • サハ語の動詞屈折形式とその統語機能 (特集 動詞屈折形式) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究3 ( 3 ) 11 - 23   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    Sakha verbal inflectional forms are traditionally divided into three classes: finite verbs, participles, and converbs.It is very salient in Sakha that this classification is strongly related to the syntactic functions of these classes. Some participles may appear as the predicate of a main clause, which is the only case towhich therelation between form and functiondoes not apply.Sakha participles can contain verbal grammatical categories such as polarity, tense, and person/number;Sakha converbs also exhibitpolarity and person/number. Compared with these inflectional forms, deverbal nounshave fewerverbal properties; specifically,theycannot contain polarity or person/number, although they can retain the valencyof the base verb.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/52596

  • サハ語の使役文と受動文 : 二重対格使役文と非人称受動文を中心に 査読

    江畑 冬生

    北方人文研究6 ( 6 ) 65 - 81   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科北方研究教育センター  

    This paper examines Sakha causative and passive, focusing on double-accusative causativeand impersonal passive. With regard to Sakha causatives, it is pointed out that the case-markingof causee is related to the type of causation meant. Double-accusative causatives are possible inSakha. Additionally, Sakha allows impersonal passives, which are derived from both transitiveand intransitive clauses. The unexpressed agent in impersonal passives must be human.Double-accusative causative is impossible in most Turkic languages other than Sakha, butpossible in almost all Tungusic languages. Therefore, it is highly probable that Sakhadouble-accusative causative has developed through contact with Tungusic languages. In contrastto double-accusative causatives, impersonal passives are not possible in Tungusic languages butfound in other Turkic languages. Thus, it is unlikely that Sakha impersonal passives havedeveloped through language contact.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/52613

  • 対事的モダリティ・対人的モダリティを表すサハ語の文末接語 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究3 ( 3 ) 69 - 83   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    Sakha hasseveral sentence-final cliticsfor both propositional and interpersonal modalityexpressions. This paper first classifies Sakha sentence-finalclitics aspropositional or interpersonal, and thendescribes theirusage. In Sakha, interestingly, this semantic-based classification of modalclitics reflects their morphosyntactic behaviorsin several respects, such as the position of person/number marking and the relative order of theclitics.

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/52600

  • サハ語のアスペクト・モダリティ・ヴォイス (補遺) 査読

    江畑 冬生

    語学研究所論集 ( 18 ) 486 - 512   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学語学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • トゥバ語のアスペクト・モダリティ・ヴォイス (補遺) 査読

    風間 伸次郎, 江畑 冬生

    語学研究所論集 ( 18 ) 513 - 531   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学語学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • サハ語(ヤクート語)の後置型連体修飾と数の一致 査読

    江畑 冬生

    東京大学言語学論集32 ( 32 ) 11 - 21   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室  

    サハ語はいわゆる「アルタイ型」の言語であり, 修飾要素は被修飾要素に先行することを統語上の原則とする. 本稿では, このようなサハ語の統語法に反し被修飾名詞に後続する連体修飾語について報告する. 後置型連体修飾を行う語は6つあり, それらには話者による親近感を表すという意味的共通性がある. 後置型連体修飾においては, 修飾語は数において被修飾語と一致しなければならないという特異性を持つが, 一方で格接辞については, 通常の名詞句の場合と同じく句末にのみ付加される.論文 Articles

    DOI: 10.15083/00027524

    CiNii Article

    researchmap

  • ユーラシア北東部諸言語の所有を表す接辞の意味論と構文論 : 導入と総括 (特集 所有表現) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究2 ( 2 ) 1 - 10   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    特集 所有表現

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/49257

  • サハ語の所有を表す接尾辞-LEEx (特集 所有表現) 査読

    江畑 冬生

    北方言語研究2 ( 2 ) 73 - 90   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道大学大学院文学研究科  

    特集 所有表現

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2115/49259

  • Valency retention in Sakha derivational nominalization (Special Feature : Transitivity and Its Related Phenomena) 査読

    EBATA Fuyuki

    アジア・アフリカの言語と言語学7 ( 7 ) 53 - 66   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10108/73106

  • サハ語(ヤクート語)のクリティック (特集 クリティックの諸相) 査読

    江畑 冬生, エバタ フユキ, EBATA Fuyuki

    アジア・アフリカの言語と言語学2 ( 2 ) 17 - 27   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10108/51088

  • 文法記述の方法の研究 査読

    加藤 昌彦, 笹間 史子, 蝦名 大助, 阿部 優子, 江畑 冬生, 月田 尚美, 笹原 健, 塩原 朝子, 中山 俊秀

    アジア・アフリカ言語文化研究所通信113   49 - 52   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 文法記述の方法の研究 査読

    加藤 昌彦, 笹間 史子, 蝦名 大助, 阿部 優子, 江畑 冬生, 塩原 朝子, 中山 俊秀

    アジア・アフリカ言語文化研究所通信111   41 - 45   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 文法記述の方法の研究 査読

    加藤 昌彦, 笹間 史子, 蝦名 大助, 阿部 優子, 江畑 冬生, 塩原 朝子

    アジア・アフリカ言語文化研究所通信110   42 - 44   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京外国語大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • ことばというパスポート(22)サハ語 査読

    江畑 冬生

    言語31 ( 11 ) 86 - 89   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大修館書店  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • シベリア先住民諸語の総合的研究: 文献以前の歴史的空白の解明と言語類型論への展開

    研究課題/領域番号:21H04346  2021年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:38740000円 ( 直接経費:29800000円 、 間接経費:8940000円 )

    researchmap

  • アルタイ諸言語の文法の総合的研究

    研究課題/領域番号:20H01258  2020年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    風間 伸次郎, 江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:12870000円 ( 直接経費:9900000円 、 間接経費:2970000円 )

    researchmap

  • 北方危機諸言語の形成プロセスの解明に向けたネットワーク強化

    研究課題/領域番号:18H00665  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    呉人 惠, 江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:12350000円 ( 直接経費:9500000円 、 間接経費:2850000円 )

    本研究は,次の2つの課題に取り組むことを目的している。(1) 類型・系統ともに多様な北東アジア諸言語はいかに相互影響し合い形成されてきたのか,(2)「環北太平洋域」として繋がりが指摘される北東アジアと北米の諸言語はいかなる特徴をいかなる歴史的背景により共有しているのか。これらを解明すべく各自が記述研究に従事するとともに,研究者や現地とのネットワーク強化に努めてきた。具体的な実績は以下のとおり。
    ①記述研究と成果発表。代表者の呉人は国研国際シンポ(Approaches to Endangered Languages in Japan and North East Asia,2018.8.7)で充当相と抱合に関する発表を行った。9月にロシア連邦でコリャーク語聞き取り調査を行った(成果は『北方言語研究9』で発表)。コリャーク語語り資料をKoryak Text 5として刊行した。下記④の進捗状況を報告した(『道立北方民族博物館研究紀要28』)。分担者の江畑は,語順類型論講座(大連理工大学,2018.5),日本シベリア学会第4回研究大会(三重大学,2018.6),国際シンポ「北方のフォークロアと言語」(北海道大学,2019.2)に出席し研究者との意見交換を行った。形態類型論に関する口頭発表を行った(大阪府立大学,2018.8)。成果は『北方言語研究9』等に発表。
    ②日本北方言語学会設立(会長:呉人,事務局長:江畑,会員約40名),第1回研究会開催(2018.12.8-9,東外大AA研),WEBサイト管理運営(https://hoppougengo.web.fc2.com/),学会誌『北方言語研究9』刊行,英語論文掲載と査読体制強化。
    ③一次資料のデジタル化。
    ④北方民族資料の試行的WEB公開(https://www.facebook.com/HopphmMuseumCollection/)。

    researchmap

  • アルタイ諸言語を対象とした環境の変化と言語の変容に関する総合的研究

    研究課題/領域番号:18H03578  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    久保 智之, 藤代 節, 菅原 睦, 江畑 冬生, 林 徹, 栗林 裕, 山越 康裕, 児倉 徳和, 梅谷 博之, 大崎 紀子

      詳細を見る

    配分額:44460000円 ( 直接経費:34200000円 、 間接経費:10260000円 )

    本研究課題ではアルタイ諸言語(チュルク諸語・トゥングース諸語・モンゴル諸語)を対象とし,環境の変化(言語外的要因)と言語の変容の間の影響関係を探求している。現地調査(言語構造および言語外的な環境の観察)と文献言語の調査研究により、ユーラシア大陸各地におけるアルタイ諸言語の言語変容の事例を集約しつつある。
    言語の変容に影響する要因として、3つの環境の変化(人の移動・都市化・宗教の導入)を中心的観点とし、研究が蓄積されつつある。次のような研究を進めた(一部を示す)。a. シベ族が中国東北地区から新疆イリに移動した(18世紀半ばすぎ)ことに伴う言語の変容を、文献言語である満洲語や、東北地区にわずかに残る満洲語口語と比較対照することによって、明らかにしようとしている。母音・子音の体系や、動詞活用に注目し、成果を国際学会などで発表した。b. 中国側に亡命・移住したブリヤート語話者の子孫が、移動(越境)・都市化(都市部での定住化)に伴ってどのように母語が変質したか、その実例を分析し、まとめたうえで国際学会にて報告した。c. キルギス語、カザフ語においてイスラーム的価値観の定着が言語に及ぼす影響を述語表現を中心に調査を行なった。
    2018年度末には、九州大学において成果発表の研究会を行なった。また、同じく年度末に、ロシアとチェコから研究者を3名招聘し、九州大学と京都大学において国際研究集会を開催した。テーマは、ロシア語と中国語の言語接触、モンゴル語とシベ語の言語接触などに関するもので、本研究課題とも密接に関連しており、日本側との学術交流が深まった。
    そのほか、国際学会での発表や、海外での現地調査(ロシア、台湾、オーストラリアなど)、学術交流も、積極的に行なった。

    researchmap

  • 北東ユーラシアチュルク系諸言語の研究: 分岐と接触の歴史的過程の解明

    研究課題/領域番号:17H04773  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(A)  若手研究(A)

    江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    2018年度には,北東ユーラシアチュルク系諸言語の共時的相違と通時的変遷に関して,主として2つの側面から研究を行った.共時的相違点としては,述語に付加される接辞要素に関する研究を行い,サハ語・トゥバ語の疑問詞疑問接辞の相違点を明らかにした.またトゥバ語の証拠性を表すとされる接辞の用法に関して,話し手・聞き手の認識からの解明を行った.通時的変遷としては,サハ語が周囲のツングース諸語との接触により言語特徴を変えたことを,トゥバ語との対照により示した.本年度における具体的な研究成果は以下の通りである.
    1. 2018年7月にトゥバ共和国クズル市においてトゥバ語の現地調査を行い,トゥバ語の疑問詞疑問接辞および証拠性接辞に関する言語データを得た.同時に,現地出版物の収集を行った.
    2. 現地調査の成果に基づき,2018年6月の日本言語学会第156回大会・第157回大会において口頭発表を行った.2018年11月の国際シンポジウムでは,サハ語に見られる音韻的規則性と文法的義務性が,周囲のツングース諸語との接触によるものであることをトゥバ語との対照により示した.
    3. 2018年度に刊行された論文4編では,次のことについて論じた: [1] サハ語の数量詞句の統語機能.[2] サハ語とトゥバ語の疑問詞疑問接辞の用法の共通点と相違点.[3] サハ語に見られる音韻的規則性と文法的義務性.[4] トゥバ語の証拠性を表すとされる接辞-dirが話し手・聞き手の「認識更新」マーカーとして機能すること.
    4. 2018年11月に新潟大学において国際ワークショップ「北東ユーラシア諸言語の記述と対照2」を主催した.
    5. アウトリーチ活動の一環として,講演会「シベリアの文化に触れてみる」(鶴見大学)において「サハとトゥバの言語と文化」と題する講演を行った.

    researchmap

  • 北東ユーラシア未解明言語の記述と対照:相互影響の歴史的過程を解明する(国際共同研究強化)

    研究課題/領域番号:16KK0026  2017年 - 2019年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:11700000円 ( 直接経費:9000000円 、 間接経費:2700000円 )

    researchmap

  • 北東ユーラシア諸言語の語形成に関する地域類型的研究

    研究課題/領域番号:15H05155  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    呉人 徳司, 風間 伸次郎, 江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:16380000円 ( 直接経費:12600000円 、 間接経費:3780000円 )

    4年間の研究において、メンバーの三人が現地調査を通じて一次データを多く収集し、東北ユーラシア諸言語の語形成に関する類型的比較研究を実施した。そして研究の成果を国内外の学会で発表したほか、『北方言語研究』、"Asian and African Languages and Linguistics", "Linguistic Typology of the North"などの雑誌に多くの論文を投稿し、日本語と英語で刊行することができた。また、言語の基礎資料になり得る民話資料も多く収集し、数冊の本を出版した。この4年間の研究活動は研究だけでなく、先住民言語の記録・保存にも大きく貢献することができた。

    researchmap

  • チュルク諸語北東グループ未解明言語の調査研究: 包括的記述と史的変遷の解明

    研究課題/領域番号:26704004  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(A)  若手研究(A)

    江畑 冬生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9750000円 ( 直接経費:7500000円 、 間接経費:2250000円 )

    本研究課題では,チュルク諸語北東グループのサハ語・トゥバ語・ハカス語を研究対象とし,主として未解明言語の包括的記述と史的変遷の解明を試みた.まず第一に,3度の現地調査を行うことによりトゥバ語文法の未解明部分の調査研究を行った.次に北東グループ諸言語間における相違点と類似点の検証を行い,同グループの中でサハ語のみが有するいくつかの文法的特異性を明らかにした.特にサハ語とトゥバ語の対照を丁寧に行うことで,サハ語が周囲のツングース系言語からの影響を受けながら言語構造を変容させてきた史的変遷の過程を明らかにすることを試みた.

    researchmap

  • 南シベリアチュルク系言語の調査研究: 包括的記述と史的変遷の解明

    研究課題/領域番号:25884027  2013年08月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    江畑 冬生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    平成25年度には,トゥバ語コーパス資料の作成およびトゥバ語現地調査のための予備調査を行った.(1) 『トゥヴァ語基礎例文1500』およびインターネット上で公開されているトゥバ語新聞記事をもとに,トゥバ語のコーパス資料を作成した.(2) 2014年2月に8日間の日程でロシア・サンクトペテルブルクを訪問し,母語話者でもあるアルジャーナ・シュリュン博士の協力のもとトゥバ語の予備調査を進めるとともに,文献資料の収集を行った.
    本年度の研究成果として,日本エドワード・サピア協会第28回研究発表会(聖心女子大学),国研名詞化プロジェクト研究会(筑波大学),韓国アルタイ学会(ソウル大学),NINJAL Typology Festa 2014(国立国語研究所)における口頭発表を行った.さらに,『人文科学研究』第133輯,Tomsk Journal of Linguistics and Anthropology 第3号,『北方人文研究』第7号,『北方言語研究』第4号,『日本エドワード・サピア協会 研究年報』第28号に論文が掲載されることになった.

    researchmap

  • サハ語名詞句の形態統語的・語用論的研究

    研究課題/領域番号:10J10287  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    江畑 冬生

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    平成23年度に行ったサバ語の統語的派生についての研究を敷術し,24年度には,同じく派生形態法により実現する文法カテゴリであるサバ語の態について使役と受動を中心に調査分析を行った.類型的に珍しい2つの構文(二重対格使役文と非人称受動文の成立条件を明らかにし,合わせて言語の系統関係・地理的分布・歴史的変遷の観点からの考察を行った.このテーマについて3つの場所で口頭発表を行った:1日本言語学会第144回大会(2012年6月),2国立国語研究所他動性プロジェクト(2012年6月,京都大学),3共同研究プロジェクト「北方諸言語の類型論的比較研究」の国際シンポジウム"Linguistic Documentation and Description of the North"(2012年12月,東京外国語大学,受入研究者である呉人徳司准教授を研究代表者とする).
    日本言語学会第144回大会(2012年6月)においては,上記の使役と受動に関する研究発表に加えて,「東アジア接尾辞型諸言語における動詞屈折形式:分詞に関する問題を中心に」と題するワークショップのメンバーとして司会および発表を行った.続く第145回大会においては,「サバ語(ヤクート語)の勧誘形における「双数」の解釈」
    と題する口頭発表を行った.第16回国際チュルク諸語会議(2012年9月,トルコ・アンカラ)においても2件の口頭発表を行った.これらの研究成果を査読誌に投稿した結果,平成24年度中に5本の論文が掲載されるに至った.
    2012年5月に『サバ語名詞類の研究-接辞法と統語機能を中心に-』と題する博士論文を東京大学大学院に提出した.6月に行われた口頭試問に合格し,7月に博士号が授与された.この博士論文の内容の大部分は,特別研究員としての研究期間中にまとめたものである.

    researchmap

▶ 全件表示