2021/10/25 更新

写真a

スワマ カナ
諏訪間 加奈
SUWAMA Kana
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
歯学部 口腔生命福祉学科 助教
医歯学総合研究科 口腔生命福祉学専攻 口腔生命福祉学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 口腔保健福祉学 ( 2010年3月   新潟大学 )

  • 口腔保健福祉学 ( 2008年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 社会系歯学

経歴

  • 新潟大学   歯学部 口腔生命福祉学科   助教

    2013年5月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命福祉学専攻 口腔生命福祉学   助教

    2013年5月 - 現在

委員歴

  • 公益社団法人日本歯科衛生士会   教育養成委員会  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 一般社団法人日本障害者歯科学会   医療福祉連携委員会  

    2016年2月 - 2020年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 社会福祉士

  • 歯科衛生士

 

論文

  • Diet and root surface caries in a cohort of older Japanese. 国際誌

    Akihiro Yoshihara, Kana Suwama, Akane Miyamoto, Reiko Watanabe, Hiroshi Ogawa

    Community dentistry and oral epidemiology   49 ( 3 )   301 - 308   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Root surface caries experience tends to increase with age. The purpose of this longitudinal study was to evaluate the relationship between aspects of dietary intake, including milk and sucrose in coffee or tea (SCT), and root surface caries in older Japanese individuals. METHODS: 303 community-dwelling older individuals (age 75 years) were enrolled for analysis. All participants underwent a dental examination at baseline and then annually from 2003 to 2008 (ie six times over a 5-year period). A disease event was considered to have occurred when root surface caries was detected on a previously sound or nonexposed root surface. Over the observation period, disease events in each year were counted. Dietary habits during the preceding month were evaluated using a brief self-administered diet history questionnaire (BDHQ) in 2003 and 2008. Poisson regression analysis performed crude and adjusted increment-rate ratios (IRRs) for root surface caries and the intake of milk and SCT. RESULTS: The adjusted increment-rate ratio (IRR) of the increment of root surface caries for participants in the highest SCT tertile was 1.72 (95%CI: 1.40-2.14) compared with the referent group. In addition, for the amount of milk intake, the adjusted IRR in the highest tertile was 0.63 (95% CI: 0.51-0.78) compared with the referent group. CONCLUSIONS: Much SCT and low milk intake were associated with the increment of root surface caries in community-dwelling older people in Japan. These findings suggest that to help prevent root surface caries, community-dwelling older people in Japan should consume adequate amounts of milk daily and limit their intake of SCT.

    DOI: 10.1111/cdoe.12602

    PubMed

    researchmap

  • The relationship between sucrose intake in coffee or tea, and root or coronal caries in an elderly Japanese population. 査読 国際誌

    A Yoshihara, K Suwama, A Miyamoto, R Watanabe, H Ogawa

    Community dental health   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Few studies have examined the effect of sucrose intake in coffee or tea (SCT) on dental caries, especially root caries, in elderly people. The purpose of the present study was to examine the associations between SCT and the prevalence of root or coronal caries in community-dwelling elderly Japanese. METHODS: Participants were 370 elders aged 75 years from a larger cohort study of elders in Niigata City, Japan. Dietary habits during the preceding month were assessed with a validated brief self-administered diet history questionnaire (BDHQ). The caries examination was conducted using mirror and ball-pointed periodontal probes under artificial light. Poisson regression analysis was performed to analyze the prevalence-rate ratios (PRRs) between SCT and the root or coronal caries. The number of root or coronal caries was selected as the dependent variable for the analysis. Then, SCT (tertiles labeled low, medium and high) and other 4 variables were selected as independent variables. RESULTS: The PRRs between the number of root caries lesions and SCT were signifi cantly higher in the second (medium intake, 1.38, p ⟨ 0.001) and third tertiles (high intake, 2.07, p ⟨ 0.001). Similar tendencies were seen for the number of coronal caries lesions (PRRs in the second and third tertiles 1.74 and 2.46, respectively, both p ⟨ 0.001). CONCLUSION: A significant positive relationship was observed between sucrose in coffee and tea and the number of coronal or root caries lesions in community-dwelling elderly Japanese.

    DOI: 10.1922/CDH_00011Yoshihara05

    PubMed

    researchmap

  • Predicting gingivitis using visual gingival redness examination on 11 years old Japanese schoolchildren: A ROC analysis 査読

    Lisdrianto Hanindriyo, Akihiro Yoshihara, Hiro-O Ito, Kana Suwama, Satoko Kakuta, Makoto Fukui, Masanori Iwasaki, Naofumi Tamaki, Toshihiro Ansai

    PEDIATRIC DENTAL JOURNAL   29 ( 2 )   66 - 71   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    Aims: To identify more reliable and cost-effective methods to detect gingivitis, such as visual examinations, questionnaires, and salivary occult blood tests (SOBT).Methods: Sixty-five elementary school students in Yahiko Village, Niigata, Japan were recruited. Questionnaire was used to assess subjective gingival status. Hemoglobin (Hb) and lactate dehydrogenase (LDH) levels were measured by SOBT. Bleeding on marginal probing (BOMP) method at three labial sites per tooth for all anterior teeth was used to examine clinical gingiva condition. Occurrence of at least 1 site with BOMP positive was defined as gingivitis. Visual gingival redness examination was done at the same sites examined by probing.Results: Participants with gingivitis had higher numbers of sites with redness than those without [6 (0.25-12) vs 0 (0-2), p < 0.001]. Participants with more sites with redness had a 1.29-fold higher risk of suffering from gingivitis (p = 0.002). The overall model had a 77.3% probability of predicting a gingivitis event by the number of sites with gingival redness (p < 0.001). Highest Youden Index was 1.453, yielded from the cut-off value of 4-5 sites with gingival redness.Conclusion(s): This study found that a predictive model using visual gingival redness examination is a viable non-invasive screening test for gingivitis. (C) 2019 Japanese Society of Pediatric Dentistry. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pdj.2019.05.001

    Web of Science

    researchmap

  • 小児の歯肉炎評価におけるGCFの応用に関する検討

    角田 聡子, 邵 仁浩, 葭原 明弘, 福井 誠, 岩崎 正則, 諏訪間 加奈, 鶴田 実穂, 平山 綾, 片岡 正太, 茂山 博代, 横田 誠, 牛島 直文, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 安細 敏弘

    口腔衛生学会雑誌   69 ( 1 )   19 - 26   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    歯肉炎の評価は視診もしくはプロービングによる方法が一般的であり、検診の場で使用可能な非侵襲的で簡便性、客観性、再現性を併せもつ検査方法はないのが現状である。本研究では、歯肉溝滲出液(GCF)中の成分が歯肉炎バイオマーカーとして有用であるかを検討した。対象は北九州市内某小学校5、6年生107名である。ブロッティングブラシ(以下、ブラシ)で採取したGCF中のα-1アンチトリプシン(A1AT)、ラクトフェリン(Lf)他4成分(AST、ALT、ALP、LDH)を定量し、PMA index(PMA)、プラーク付着状態(PlI)との比較を行った。PMA、PlIを低値群と高値群に2値化し、GCF成分との比較を行ったところ、PMAではすべての成分、PlIではLDH以外の成分で有意(p<0.05)に関連していた。さらに、ROC曲線から求めたPMA、PlIに対する各成分のカットオフ値はそれぞれ、A1ATが283.8、248.3、Lfが152.1、114.4、ASTが4.5、2.5、ALTはともに1.5、ALPは2.5、PMAでのLDHが26.0であった。陽性尤度比は1.5から3.0程度となった。以上の結果からGCF中A1AT、Lf、AST、ALTおよびALPは小児を対象とした歯肉炎スクリーニングのバイオマーカーとして有用であることが示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.5834/jdh.69.1_19

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00440&link_issn=&doc_id=20190207240004&doc_link_id=%2Fdk1dehea%2F2019%2F006901%2F002%2F0019-0026%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdk1dehea%2F2019%2F006901%2F002%2F0019-0026%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Relationship between alcohol consumption and periodontal tissue condition in community-dwelling elderly Japanese. 査読 国際誌

    Kana Suwama, Akihiro Yoshihara, Reiko Watanabe, Roxana Stegaroiu, Satoko Shibata, Hideo Miyazaki

    Gerodontology   35 ( 3 )   170 - 176   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To examine the associations among alcohol consumption level, dietary intake and other lifestyle factors, and periodontal condition, in community-dwelling elderly Japanese of a specific age. BACKGROUND: The relationship between alcohol consumption level and periodontitis is a controversial issue. METHODS: Participants were 438 dentate elders aged 73 years from a larger cohort survey of elders in Niigata City, Japan. Data collected from oral examination of each participant, including number of the existing teeth, mean probing pocket depth and mean clinical attachment level (CAL) were used for the analyses. A semiquantitative food frequency questionnaire and a lifestyle habit questionnaire were used to assess food and alcohol consumption, smoking experience, frequency of tooth brushing, interdental brush use, and visits to a dental clinic during the previous year. Blood glucose control was assessed by the glycated haemoglobin (HbA1c) level. Body mass index was calculated from height and weight measurements. The relationships between each variable and the individual mean CAL were analysed by univariate and multivariate analyses. RESULTS: According to logistic regression analysis, the mean CAL was significantly associated with the number of existing teeth (odds ratio [OR] = 0.90; P < .001), being a heavy drinker (OR = 2.44; P < .05), and smoking experience (OR = 2.37; P < .01). CONCLUSION: This study showed that increased mean CAL was significantly associated with heavy drinking in community-dwelling elderly Japanese (aged 73 years) compared with non-drinking. Our results provide new evidence that high alcohol consumption is associated with an increased risk of periodontal disease and its progression.

    DOI: 10.1111/ger.12335

    PubMed

    researchmap

  • 社会福祉講座(第2回) 権利擁護と制度・事業および法律

    諏訪間 加奈, 日本障害者歯科学会医療福祉連携委員会

    障害者歯科   37 ( 2 )   192 - 194   2016年6月

  • Relationships between the amount of saliva and medications in elderly individuals. 査読 国際誌

    Kana Ichikawa, Shihoko Sakuma, Akihiro Yoshihara, Hideo Miyazaki, Saori Funayama, Kayoko Ito, Atsuko Igarashi

    Gerodontology   28 ( 2 )   116 - 20   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    OBJECTIVE: To investigate medications that are related to volume of saliva in the elderly. BACKGROUND DATA: In the elderly, many cases of mouth dryness may represent side effects of medication. MATERIALS AND METHODS: The volume of unstimulated saliva was measured for 30 s (cotton roll test), and with stimulation for 3 min (gum test) in 368 subjects 79-80 years old (177 men, 191 women). Medications were investigated using subject's medication notebooks. RESULTS: Mean volumes of unstimulated and stimulated saliva were 0.14±0.13 and 4.30±2.54 ml respectively. Significant differences were seen between gender and mean volume of saliva. The volume of unstimulated saliva was 0.16±0.15 ml for men and 0.11±0.10 ml for women. The volume of stimulated saliva was 4.99±2.67 ml for men and 3.67±2.25 ml for women. The percentage of subjects taking medication was 64.7% (238/368). Mean number of medications was 2.08±2.26, with no significant difference with gender (2.01±2.37 for men, 2.16±2.16 for women). In a stepwise multiple regression analysis with volume of saliva as the objective variable and number of drugs by category as explanatory variables, significant explanatory variables in addition to gender and number of medications were blood-coagulating agents, Ca antagonists and peptic ulcer drugs for volume of unstimulated saliva, and diabetes medications and peptic ulcer drugs for volume of stimulated saliva. CONCLUSION: These findings suggest that differences exist between gender in volume of saliva for elderly individuals, and that the volume of saliva is affected by the number and type of medications.

    DOI: 10.1111/j.1741-2358.2009.00358.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • Relationships between alcohol consumption and number of teeth in community-dweling Japanese

    Kana Suwama, Akihiro Yoshihara, Noboru Kaneko, Takashi Hoshino, Kumiko Minagawa, Masanori Iwasaki, Yumi Ito, Junta Tanaka, Ichiei Narita

    2021年7月

     詳細を見る

  • 血漿中抗Porphyromonas gingivalis抗体価と心房細動との関連

    星野 剛志, 金子 昇, 葭原 明弘, 諏訪間 加奈, 小川 祐司

    新潟歯学会誌   2021年7月

     詳細を見る

  • 65歳以上のメタボリックシンドローム有病者における現在歯数と心の健康状態の関連 魚沼コホート調査より

    皆川 久美子, 葭原 明弘, 諏訪間 加奈, 小川 祐司

    口腔衛生学会雑誌   71 ( 増刊 )   111 - 111   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    researchmap

  • 腎機能と歯の本数との関連(魚沼コホート胴査より)

    皆川 久美子, 葭原 明弘, 諏訪間 加奈, 小川 祐司

    口腔衛生学会雑誌   71 ( 1 )   52 - 52   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    researchmap

  • 歯科衛生士教育における臨床技能評価 ルーブリックを活用したパフォーマンス評価

    柴田 佐都子, 米澤 大輔, 諏訪間 加奈, 小田島 あゆ子

    日本歯科衛生教育学会雑誌   11 ( 2 )   153 - 153   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生教育学会  

    researchmap

  • 小児の口唇閉鎖力と口腔内を含む関連要因の研究 口唇閉鎖習慣と姿勢

    諏訪間 加奈, 野上 有紀子, 葭原 明弘

    小児歯科学雑誌   58 ( 大会抄録(誌上開催)号 )   95 - 95   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 腎機能低下と口腔健康状態の関連について

    諏訪間 加奈, 金子 昇, 星野 剛志, 葭原 明弘

    口腔衛生学会雑誌   70 ( 1 )   47 - 47   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    researchmap

  • 学童期における唾液中乳酸脱水素酵素とストレスの関連について

    田村 浩平, 葭原 明弘, 諏訪間 加奈, 角田 聡子, 岩崎 正則, 安細 敏弘, 小川 祐司

    口腔衛生学会雑誌   70 ( 1 )   47 - 48   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    researchmap

  • Association between fry eye symptoms and periodontitis in community-dwelling elderly in Japan: A population-based cross-sectional study

    Yu Ichikawa, Noboru kaneko, Takayuki Yamaga, Akihiro Yoshihara, Kana Suwama, Ayuko Odajima, Kuniko Minagawa, Hiroshi Ogawa

    Journal of Dental Research, Vol. 99 (Special Issue A):,3138, 2020   2020年

     詳細を見る

  • Association Lower Renal Function with Oral Condition

    Suwama Kana, Kaneko Noboru, Hoshino Takashi, Yoshihara Akihiro

    Journal of Dental Research, Vol. 99 (Special Issue A):1468, 2020   99 ( A )   2020年

     詳細を見る

  • Satisfaction Level of Graduates Erom Oral Health & Welfare Department, Niigata University

    Ishiguro A, Stegaroiu R, Suwama K, Shibata S, Yoshihara A, Ohuchi A

    96th IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition   2018年6月

     詳細を見る

  • 視診による歯肉炎評価の有用性

    渡辺 真光, 葭原 明弘, 諏訪間 加奈, 角田 聡子, 岩崎 正則, 安細 敏弘, 宮崎 秀夫

    口腔衛生学会雑誌   68 ( 1 )   36 - 37   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 緩和ケアが行われたがん死亡患者における口腔衛生管理の潜在的ニーズの推測

    小粥 照子, 黒川 孝一, 諏訪間 加奈, 福島 正義

    老年歯科医学   32 ( 2 )   151 - 152   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 緩和ケアが行われたがん死亡患者における口腔衛生管理の潜在的ニーズの推測

    小粥 照子, 黒川 孝一, 諏訪間 加奈, 福島 正義

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28回   149 - 149   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 小学校における昼休みを活用した歯みがき指導の効果

    高橋 明恵, 葭原 明弘, 中島 俊一, 諏訪間 加奈, 宮崎 晶子

    日本歯科衛生学会雑誌   11 ( 1 )   90 - 90   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自立高齢者における飲酒習慣と歯周組織状態との関係

    諏訪間 加奈, 葭原 明弘, 渡邊 令子, ステガロユ・ロクサーナ, 柴田 佐都子, 宮崎 秀夫

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   100 - 100   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌清掃器具の違いによる舌清掃効果の比較

    諏訪間 加奈, 星野 美帆, 伊藤 加代子, 八木 稔, ステガロユ・ロクサーナ, 柴田 佐都子, 中島 俊一, 大内 章嗣, 中川 兼人

    日本歯科衛生学会雑誌   10 ( 1 )   124 - 124   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学生の自己評価および教員による評価からみた超音波スケーリングの技能習得の現状と課題

    柴田 佐都子, 石川 裕子, 諏訪間 加奈, 米澤 大輔, 八木 稔

    日本歯科衛生学会雑誌   10 ( 1 )   143 - 143   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢者[79歳から80歳]における唾液量・服用薬剤・血液情報[生化学検査]との関連

    市川 加奈, 佐久間 汐子, 葭原 明弘, 宮崎 秀夫, 五十嵐 敦子

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   20回   140 - 140   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • アルコール摂取が歯周病に与える影響および他栄養素を含む包括的環境要因の解明

    研究課題/領域番号:17K17367  2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    諏訪間 加奈

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本調査は、循環器疾患、慢性腎臓病、糖尿病などの全身疾患に対する歯周病の影響をはじめとする歯・口腔の健康と全身の健康の関連を疫学的に解明することを目的としている。メタボリックドミノ進展要因として食生活と身体活動の与える影響の解明を目的とし、新潟県魚沼圏域にて40歳以上を対象に実施されている調査にて歯科的な分析・追加調査をおこなう。
    平成30年度はすでに実施された調査の健診・アンケート調査データに加えて、健診の残余検体から歯周病病原細菌Poryphyromonas gingivalisに対する血清抗体価(P.g抗体価)を測定し、分析を開始した。アルコール摂取の頻度・量とP.g抗体価、現在歯数、かみしめの状況、歯科医師による歯周病の指摘、過去の喫煙歴との関連を評価した。喫煙や飲酒の影響を考慮し、対象は60歳から69歳で、現在喫煙していない男性とした。アルコール摂取量については、健康日本21で示されている「生活習慣病のリスクを高める飲酒(1日の平均純アルコール摂取量が男性40g)」より、「毎日、平均純アルコール40g以上を摂取」と「それ以外」の2郡に分けた。その結果、現在歯数と有意な関連がみられた。
    次年度は、アルコール摂取と口腔内や全身状況の関連について、アルコールの種類の影響など分析をさらに進めるとともに、栄養摂取状況との関連についても評価を進める予定である。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 高齢者福祉論II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者福祉論II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 児童福祉論II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会福祉原論II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生学Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習Ⅱ

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生活援助技術演習

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 口腔健康教育入門

    2017年
    機関名:新潟大学

  • エイジング看護演習

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生学実習Ⅰ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習Ⅰ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科診療補助Ⅱ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生学実習Ⅱ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科診療補助Ⅰ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生学実習Ⅲ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 健康福祉学入門

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会調査法

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 訪問歯科診療

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 保健医療制度

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 医療統計学

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示