2021/09/27 更新

写真a

トヨシマ ツヨシ
豊島 剛志
TOYOSHIMA Tsuyoshi
所属
教育研究院 自然科学系 地球・生物科学系列 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
理学部 理学科 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 理学博士 ( 1989年9月   広島大学 )

  • 理学修士 ( 1983年3月   新潟大学 )

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部 地質科学科 地球進化学   教授

    2010年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 自然構造科学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部   助教授

    1994年9月 - 1997年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部   助手

    1992年2月 - 1994年8月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1990年4月 - 1992年1月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   地球進化学   教授

    2010年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 自然構造科学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

  • 新潟大学   理学部   助教授

    1994年9月 - 1997年3月

  • 新潟大学   理学部   助手

    1992年2月 - 1994年8月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1990年4月 - 1992年1月

▶ 全件表示

所属学協会

 

論文

  • Sinistral transpressional and extensional tectonics in Dronning Maud Land, East Antarctica, including the Sør Rondane Mountains 査読

    「Toyoshima, T.」「Osanai, Y.」「Baba, S.」「Hokada, T.」「Nakano, N.」「Adachi, T.」「Otsubo, M.」「Ishikawa, M.」「Nogi, Y

    Precambrian Research   234   30 - 46   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2013.05.010

    Web of Science

    researchmap

  • Geologic evolution of the Sør Rondane Mountains, East Antarctica: Collision tectonics proposed based on metamorphic processes and magnetic anomalies 査読

    「Osanai, Y.」「Nogi, Y.」「Baba, S.」「Nakano, N.」「Adachi, T.」「Hokada, T.」「Toyoshima, T.」「Owada, M.」「Satish-Kumar, M.」「Kamei, A.」「Kitano, I

    Precambrian Research   234   8 - 29   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2013.05.017

    Web of Science

    researchmap

  • Crystal bending, subgrain boundary development, and recrystallization in orthopyroxene during granulite-facies deformation 査読

    Hugues Raimbourg, Toshihiro Kogure, Tsuyoshi Toyoshima

    CONTRIBUTIONS TO MINERALOGY AND PETROLOGY   162 ( 5 )   1093 - 1111   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    A prominent feature of a granulite-facies shear zone from the Hidaka Main Zone (Japan) is the folding of orthopyroxene (opx) porphyroclasts. Dislocation density estimated by transmission electron microscope (TEM) and chemical etching in homogeneously folded domains is too low to account for the amplitude of crystallographic bending, leading us to propose a model similar to "flexural slip" folding, where folded layers are micrometer-wide opx layers between thin planar clinopyroxene (cpx) exsolutions. Extension (compression) in the extrados (intrados) of the folded layer is accommodated by dislocations at the cpx-opx interfaces. Alternatively to distributed deformation, crystal bending also localizes in grain boundaries (GBs), mostly oriented close to the (001) plane and with various misorientation angles but misorientation axes consistently close to the b-axis. For misorientation up to a few degrees, GBs were imaged as tilt walls composed of regularly spaced (100)[001] dislocations. For misorientation angles of 7A degrees, individual dislocations are no longer visible, but high-resolution TEM (HRTEM) observation showed the partial continuity of opx tetrahedral chains through the boundary. For 21A degrees misorientation, the two adjacent crystals are completely separated by an incoherent boundary. In spite of these atomic-scale variations, all GBs share orientation and rotation axis, suggesting a continuous process of misorientation by symmetric incorporation of (100)[001] dislocations. In addition to the dominant GBs perpendicular to the (100) plane, boundaries at low angle with (100) planes are also present, incorporating dislocations with a component of Burgers vector along the a-axis. The two kinds of boundaries combine to delimit subgrains, which progressively rotate with respect to host grains around the b-axis, eventually leading to recrystallization of large porphyroclasts.

    DOI: 10.1007/s00410-011-0642-3

    Web of Science

    researchmap

  • Inferred ultrahigh-temperature metamorphism of amphibolitized olivine granulite from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica 査読

    「Nakano, N.」「Osanai, Y.」「Baba, S.」「Adachi, T.」「Hokada, T.」「Toyoshima, T

    Polar Science   5 ( 3 )   345 - 359   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polar.2011.03.005

    Web of Science

    researchmap

  • Titanium behavior in quartz during retrograde hydration: Occurrence of rutile exsolution and implications for metamorphic processes in the Sør Rondane Mountains, East Antarctica 査読

    「Adachi, T.」「Hokada, T.」「Osanai, Y.」「Toyoshima, T.」「Baba, S.」「Nakano, N

    Polar Science   3 ( 4 )   222 - 234   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polar.2009.08.005

    Web of Science

    researchmap

  • Grain-size reduction mechanisms and rheological consequences in high-temperature gabbro mylonites of Hidaka, Japan 査読

    Hugues Raimbourg, Tsuyoshi Toyoshima, Yuta Harima, Gaku Kimura

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   267 ( 3-4 )   637 - 653   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The study of microstructures and crystallographic fabrics in a granulite-facies shear zone of the Hidaka Metamorphic Belt showed that the strong shearing localized within the mylonite resulted in the asymmetrical elongation of the inherited orthopyroxene porphyroclasts and the generation of fine-grained plagioclase and orthopyroxene layers as asymmetric tails of orthopyroxene porphyroclasts. The orthopyroxene porphyroclasts and the coarse plagioclase matrix surrounding them have a strong crystallographic preferred orientation acquired through deformation by dislocation creep. In contrast, the small orthopyroxene and plagioclase grains located in the tails have equant shapes and random fabric that are interpreted as the result of deformation by grain-boundary sliding. The small orthopyroxene grains are generated on the sheared rims of the orthopyroxene porphyroclasts by subgrain rotation, inheriting the orientation of the porphyroclasts before deforming by grain-boundary sliding (GBS) and losing this fabric. Additional mechanism of grain-size reduction is the disruption of orthopyroxene porphyroclasts by synthetic shear zones localized on clinopyroxene exsolutions. The switch in deformation mechanism from dislocation creep to GBS, associated with the grain-size reduction, yielded estimates of deviatoric stress one order smaller than lithostatic pressure. Besides, such theological evolution attests of the mechanical softening during deformation, which contributed to the localization of the strain within the mylonite. (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.epsl.2007.12.012

    Web of Science

    researchmap

  • Groundwater changes associated with the 2004 Niigata-Chuetsu and 2007 Chuetsu-oki earthquakes 査読

    Satoshi Itaba, Naoji Koizumi, Tsuyoshi Toyoshima, Masashi Kaneko, Kazuyoshi Sekiya, Kunio Ozawa

    EARTH PLANETS AND SPACE   60 ( 12 )   1161 - 1168   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TERRA SCIENTIFIC PUBL CO  

    The Geological Survey of Japan, AIST, has been monitoring groundwater in and around the Kinki and Tokai districts for earthquake prediction research. The Niigata Prefectural Office has also been observing groundwater for monitoring land subsidence in Niigata Prefecture. The 2004 Niigata-Chuetsu (M(JMA) 6.8) and 2007 Chuetsuoki (M(JMA) 6.8) earthquakes occurred in Niigata Prefecture, Japan, on October 23, 2004 and July 16, 2007, respectively. The two earthquakes have a similar magnitude, epicenter, and mechanism. At many of the observation wells, we detected changes in groundwater level or pressure related to the two earthquakes, but no clear precursory changes. At all of our observation wells in Niigata Prefecture, trend changes were observed after coseismic step-like changes for both of the earthquakes. At some of the Stations in and around the Kinki and Tokai districts, coseismic trend changes and/or step-like changes were observed. The pattern of the changes were almost similar for the two earthquakes. Those changes were considered to be caused not by the static crustal deformation but by the ground shaking.

    DOI: 10.1186/BF03352873

    Web of Science

    researchmap

  • Carbonic fluids in ultrahigh-temperature metamorphism: evidence from Raman spectroscopic study of fluid inclusions in granulites from the Napier Complex, East Antarctica(共著) 査読

    「Tsunogae, T.」「Santosh, M.」「Dubessy, J.」「Osanai, Y.」「Owada, M.」「Hokada, T.」「Toyoshima, T

    Geological Society Special Publication   308   317 - 332   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1144/SP308.15

    Scopus

    researchmap

  • Macroscopic geological structures of the Napier and Rayner Complexes, East Antarctica 査読

    T. Toyoshima, Y. Osanai, Y. Nogi

    Geological Society Special Publication   308   139 - 146   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper presents a form-line map of the Napier and Rayner Complexes, East Antarctica, constructed from attitude data for foliations shown on published geological maps, and discusses the macroscopic geological structures. The form-line map shows that the two complexes consist of several, structurally distinct, units or blocks bounded by east-west-,NE-SW- and NW-SE-striking faults. The major boundary between the two complexes, as indicated on the published geological maps, is a structural discontinuity shown as a large fault on the form-line map. On the form-line map, east-west- and NE-SW-trending folds are abundant and NW-SE-trending ones occur locally in both complexes. North-south-trending folds are also abundant in the Napier Complex. Dome-and-basin fold patterns on a regional scale occur in some regions. The regional strikes, macroscopic structures, and the major boundary between the two complexes are considered to have resulted from the same later deformation episode. The form-line map and distribution map of key mineral assemblages show that the Napier Complex is not uniform and includes at least two types of metamorphic units or fragments of the Archaean crust that were formed through distinct P-T-t evolutionary processes and divided by several faults. © The Geological Society of London 2008.

    DOI: 10.1144/SP308.6

    Scopus

    researchmap

  • Crustal anatexis and formation of two types of granitic magmas in the Kontum massif, central Vietnam: Implications for magma processes in collision zones(共著) 査読

    「Owada, M.」「Osanai, Y.」「Nakano, N.」「Matsushita, T.」「Nam, T. N.」「Tsunogae, T.」「Toyoshima, T.」「Binh, P.」「Kagami, H

    Gondwana Research   12 ( 4 )   428 - 437   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gr.2006.11.001

    Web of Science

    researchmap

  • Geologic and metamorphic evolution of the basement complexes in the Kontum Massif, central Vietnam(共著) 査読

    「Nakano, N.」「Osanai, Y.」「Owada, M.」「Nam, T. N.」「Toyoshima, T.」「Binh, P.」「Tsunogae, T.」「Kagami, H

    Gondwana Research   12 ( 4 )   438 - 453   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gr.2007.01.003

    Web of Science

    researchmap

  • 日高衝突帯下部地殻の岩石構成と変形運動(共著) 査読

    小山内康人, 大和田雅昭, 豊島剛志

    地質学雑誌   113   29 - 50   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Pan-African adakitic rocks from the Sr Rondane Mountains, East Antarctica 査読

    Owada, M, Toyoshima, T, Shiraishi, K, Kagami, H

    Polar Geoscience   19   173 - 188   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日高変成帯,最下部トーナル岩マグマの冷却プロセス 査読

    志村俊昭, 小山内康人, 豊島剛志, 大和田正明, 小松正幸

    地質学雑誌   112   654 - 665   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.112.654

    researchmap

  • 日高変成帯にみられる地殻深部現象

    小山内康人, 豊島剛志, 大和田正明, 志村俊昭

    地質学雑誌   112   XXI - XXII   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Provenance of Paleozoic-Mesozoic sedimentary rocks in the Inner Zone of Southwest Japan: An evaluation based on Nd model ages 査読

    H. Kagami, Y. Kawano, M. Akiyama, T. Ikawa, T. Imaoka, J. Ishioka, T. Toyoshima, T. Hamamoto, Y. Hayasaka, Y. Ikeda, M. Yuhara, Y. Tainosho

    GONDWANA RESEARCH   9 ( 1-2 )   142 - 151   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Nd model ages using depleted mantle (TDM) values for the sedimentary rocks in the Inner Zone of the SW Japan and western area of Tanakura Tectonic Line in the NE Japan allow classification into five categories: 2.6-2.45, 2.3-2.05, 1.9-1.55, 1.45-1.25, and 1.2-0.85 Ga. The provenance of each terrane/belt/district is interpreted on the basis of the TDMs, Sm-147/Nd-144 vs. Nd-143/Nd-144 relation, Nd isotopic evolution of the source rocks in East China and U-Pb zircon ages. The provenance of 2.6-1.8 Ga rocks, which are reported from Hida-Oki and Renge belts and Kamiaso conglomerates, is inferred to be the Sino-Korean Craton (SKC). The 2.3-1.55 Ga rocks, mostly from Ryoke, Mino and Ashio belts, are originally related with the SKC and/or Yangtze Craton (YC). The provenances of the sedimentary rocks with 1.45-0.85 Ga, from the Suo belt, Higo and some districts in the Mino and Ashio belts, are different from the SKC and YC. Especially, the Higo with 1.2-0.85 Ga is considered as a fragment of collision zone in East China. Akiyosbi belt probably belongs to the youngest age category of 1.2-0.85 Ga.
    Some metasedimentary rocks from the Ryoke belt have extremely high Sm-147/Nd-144 and Nd-143/Nd-144 ratios, whose main components are probably derived from mafic igneous rocks within the Ryoke belt itself and from the adjacent Tamba belt. (c) 2005 International Association for Gondwana Research. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.gr.2005.11.001

    Web of Science

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震震源域周辺における地下水温・水質異常と地下地質構造の関係について

    産業技術総合研究所

    第165回地震予知連絡会資料   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • The Higo metarnorphic complex in Kyushu, Japan as the fragment of Permo-Triassic metamorphic complexes in East Asia 査読

    Y Osanai, M Owada, A Kamei, T Hamamoto, H Kagami, T Toyoshima, N Nakano, TN Nam

    GONDWANA RESEARCH   9 ( 1-2 )   152 - 166   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The Higo terrane in west-central Kyushu Island, southwest Japan consists from north to south of the Manotani, Higo and Ryuhozan metamorphic complexes, which are intruded by the Higo plutonic complex (Miyanohara tonalite and Shiraishino granodiorite). The Higo and Manotani metamorphic complexes indicate an imbricate crustal section in which a sequence of metamorphic rocks with increasing metamorphic grade from high (northern part) to low (southern part) structural levels is exposed. The metamorphic rocks in these complexes can be divided into five metamorphic zones (zone A to zone E) from top to base (i.e., from north to south) on the basis of mineral parageneses of pelitic rocks. Greenschist-facies mineral assemblages in zone A (the Manotani metamorphic complex) give way to amphibolite-facies assemblages in zones B, C and D, which in turn are replaced by granulite-facies assemblages in zone E of the Higo metamorphic complex. The highest-grade part of the complex (zone E) indicates peak P-T conditions of ca. 720 MPa and ca. 870 degrees C. In addition highly aluminous Spr-bearing granulites and related high-temperature metamorphic rocks occur as blocks in peridotite intrusions and show UBT-metamorphic conditions of ca. 900 MPa and ca. 950 degrees C. The prograde and retrograde P-T evolution paths of the Higo and Manotani metamorphic complexes are estimated using reaction textures, mineral inclusion analyses and mineral chemistries, especially in zones A and D, which show a clockwise P-T path from Lws-including Pmp-Act field to Act-Chl-Epi field in zone A and St-Ky field to And field through Sil field in zone D. The Higo metamorphic complex has been traditionally considered to be the western-end of the Ryoke metamorphic belt in the Japanese Islands or part of the Kurosegawa-Paleo Ryoke terrane in south-west Japan. However, recent detailed studies including Permo-Triassic age (ca. 250 Ma) determinations from this complex indicate a close relationship with the high-grade metamorphic terranes in eastern-most Asia (e.g., north Dabie terrane) with similar metamorphic and igneous characteristics, protolith assembly, and metamorphic and igneous ages. The north Dabie high-grade terrane as a collisional metamorphic zone between the North China and the South China cratons could be extended to the N-NE along the transcurrent fault (Tan-Lu Fault) as the Sulu belt in Shandong Peninsula and the lmjingang belt in Korean Peninsula. The Higo and Manotani metamorphic complexes as well as the Hida-Oki terrane in Japan would also have belonged to this type of collisional terrane and then experienced a top-to-the-south displacement with forming a regional nappe structure before the intrusion of younger Shiraishino granodiorite (ca. 120 Ma). 0 2005 International Association for Gondwana Research. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.gr.2005.06.008

    Web of Science

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震・地震断層出現域の浅層反射法地震探査:データ取得と処理について 査読

    佐藤比呂志, 加藤直子, 越後智雄, 萩野スミ子, 立石雅昭, 戸田 茂, 加藤 一, 越谷 信, 豊島剛志, 伊藤谷生, 今泉俊文, 阿部信太郎, 鈴木規眞, 三沢永一, 小田 晋, 楮原京子, 小池太郎, 赤井 智, 野田克也

    地震研究所彙報   80   1 - 9   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2004 年新潟県中越地震に伴う地下水温・水質の異常

    佐藤早苗, 氏原英敏, 豊島剛志, 小林健太, 渡部直喜, 大川直樹, 和田幸永, 小河原孝彦, 播磨雄太, 小泉尚嗣

    新潟大災害研年報   No. 27   41 - 56   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 液状化対策と地下水面変動からみた中越地震

    中野俊郎, 稲葉一成, 豊島剛志, 卯田 強

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   116 - 125   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 新潟県中越地震の地質学的背景

    宮下純夫, 豊島剛志, 小林健太

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   17 - 20   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 新潟県中越地震における地震断層と地表変状の構造地質学的調査

    豊島剛志, 小林健太, 岩下享平, 大塚洋之, 佐藤早苗, 氏原英敏, 大川直樹, 大橋聖和, 和田幸永, 小安孝幸, 小河原孝彦, 山本 亮, 渡部直喜, 立石雅昭, 島津光夫

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   21 - 31   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 2004 年新潟県中越地震の強振動方向小千谷市街地における解析

    小林健太, 豊島剛志, 大川直樹, 播磨雄太, 大橋聖和, 大友隆史, 小久保晋一, 萩原知之, 洞口圭史, 山本 亮

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   46 - 49   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 2004 年新潟県中越地震に伴う小千谷市街周辺の地盤変状

    岩下享平, 小林健太, 豊島剛志, 構造地質学研究チーム

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   42 - 45   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 2004 年新潟県中越地震による地下水異常

    佐藤早苗, 氏原英敏, 豊島剛志, 小林健太, 渡部直喜, 大川直樹, 和田幸永, 小河原孝彦, 播磨雄太

    新潟県連続災害の検証と復興への視点 新潟大学・中越地震新潟大学調査団   50 - 56   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 中越地震災害への組織的取り組み-新潟大学調査団の場合

    豊島剛志

    日本大学広報部発行「桜門春秋」   2005春季号No.103   18 - 24   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 陸域地震震源域の地質学的準備過程-日高変成帯南部を例として

    島田耕史, 田中秀実, 豊島剛志, 小原友弘, 新里忠史

    月刊地球号外   no. 50   38 - 44   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 日高変成帯におけるシュードタキライトの分布と地殻構造,アスペリィティ,化石震源域

    豊島剛志, 小原友弘, 新里忠史, 田中秀実, 島田耕史, 小松正幸, 和田幸永, 小安孝幸, 一ノ瀬ゆき

    月刊地球号外   no. 50   31 - 37   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 地震と断層(2004年新潟県中越地震を例として)

    豊島剛志

    証券奨学同友会会報   第26号   29 - 32   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Geologic fault model based on the high-resolution seismic reflection profile and aftershock distribution associated with the 2004 Mid-Niigata Prefecture earthquake (M6.8), central Japan 査読

    N Kato, T Echigo, H Sato, M Tateishi, S Ogino, S Sakai, S Toda, S Koshiya, T Ito, T Toyoshima, T Imaizumi, H Kato, S Abe

    EARTH PLANETS AND SPACE   57 ( 5 )   447 - 452   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TERRA SCIENTIFIC PUBL CO  

    The Mid-Niigata Prefecture earthquake in 2004 (M-JMA 6.8) generated surface ruptures along the eastern rim of the Uonuma Hills. To elucidate the structural linkage between the surface ruptures and the source fault at depth, the high-resolution seismic reflection profile across the surface ruptures and nearby active faults, and the data of aftershock distribution are examined. The 5.2-km-long, high-resolution, depth-converted seismic section reveals an emergent thrust beneath the surface ruptures. A two-dimensional model of the fault geometry has been constructed based on the aftershock distribution and the shallow reflection profile. The development of the main geologic structure are well explained by forward modeling using a balanced cross-section method. In detail, the fault system generated the main shock dips at a steep angle (60 degrees) below 5 km depth and more shallowly (30 degrees) near the surface.

    DOI: 10.1186/BF03351832

    Web of Science

    researchmap

  • Petrogenesis of the Late Permian Plei Man Ko granite in the Kontum Massif, central Vietnam 査読

    Owada, M, Osanai, Y, Nakano, N, Nam, T. N, Binh, P, Matsushita, T, Tsunogae, T, Toyoshima, T, Kagami, H

    Gondwana Research   7   1363 - 1365   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Metamorphic evolution of high-pressure and ultrahigh-temperature granulites from the Kontum Massif, central Vietnam 査読

    Osanai, Y, Nakano, N, Owada , M, Nam, T. N, Toyoshima, T, Tsunogae, T, Binh, P, Kagami, H

    Gondwana Research   7   1360 - 1363   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Finding of UHP metamorphic rocks from the Kontum Massif, central Vietnam 査読

    Nakano, N, Osanai, Y, Owada , M, Nam, T. N, Tsunogae, T, Toyoshima, T, Binh, P

    Gondwana Research   7   1350 - 1352   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Pseudotachylytes and an ancient seismogenic area in the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, northern Japan

    Toyoshima, T, Komatsu, M, Tanaka, H, Shimada, K, Obara, T, Niizato, T, Wada, Y

    PROCEEDINGS, 1st International Workshop on WATER DYNAMICS   1   117 - 122   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Occurrence of mylonite zones and pseudotachylyte veins around the base of the upper crust: An example from the southern Hidaka metamorphic belt, Samani area, Hokkaido, Japan 査読

    Shimada, K, Tanaka, H, Toyoshima, T, Obara, T, Niizato, T

    Earth Planets Space   56   1219 - 1225   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/BF03353343

    researchmap

  • Heterogeneous material distribution, an important reason for generation of strain-localized mylonite and frictional slip zones in the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, Japan 査読

    Tanaka, H, Shimada, K, Toyoshima, T, Obara, T, Niizato, T

    Earth Planets Space   56   1227 - 1234   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/BF03353344

    researchmap

  • Nd-isotopic composition of Phanerozoic sediments in the Inner Zone of Southwest Japan Arc: Implications on provenance characteristics and contribution to formation of mature island arc system 査読

    Hiroo Kagami, Yoshinobu Kawano, Toshiyuki Ikawa, Naoko Nishi, Tsuyoshi Toyoshima, Takuji Hamamoto, Yasutaka Hayasaka, Yasuo Ikeda, Masaki Yuhara, Yoshiaki Tainosho

    Proceedings of the Japan Academy Series B: Physical and Biological Sciences   80 ( 1 )   1 - 9   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Nd-isotopic data on sedimentary and metamorphic rocks of SW Japan Arc allow their discrimination into five different depleted mantle (TDM) model age clusters, 2.6-2.45 Ga, 2.3-2.05 Ga, 1.9-1.55 Ga, 1.45-1.25 Ga, 1.2-0.85 Ga. The 2.6-2.45 Ga and 1.9-1.55 Ga model ages are also coincident with U-Pb inherited zircon ages of the above two epochs as well as the major magmatic activity in the Sino-Korean Craton (SKC). The 2.3-2.05 Ga model ages can be considered as the initial formation ages for the precursors of sedimentary rocks. The Nd-isotopic data suggest that the Hida Belt was most likely formed as a part of the SKC. The mantle underlying the Ryoke Belt had continental lithospheric signature during Triassic-Jurassic period. The 1.9-1.55 Ga model ages, especially 1.8 Ga∼, can be associated with the formation of this belt. The source material for the sedimentary rocks occurring in the accretionary terrane of northeastern areas in the SW Japan Arc was probably in and around the SKC of the Ryoke Belt itself. The sedimentary rocks occurring in southwestern areas of the Arc were mainly composed of materials derived from a relatively younger source (1.45-0.85 Ga).

    DOI: 10.2183/pjab.80.1

    Scopus

    researchmap

  • Decompression process of mafic granulite from eclogite to granulite facies under ultrahigh-temperature condition in the Kontum Massif, Central Vietnam 査読

    Nobuhiko Nakano, Yasuhito Osanai, Masaaki Owada, Tran Ngoc Nam, Toshiaki Tsunogae, Tsuyoshi Toyoshima, Pham Binh

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   99 ( 4 )   242 - 256   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Garnet-bearing mafic granulites from the Ngoc Linh Complex of the Kontum massif in central Vietnam occur as lenses or blocks within felsic gneisses. Some of these granulite blocks show some evidences for ultrahigh-temperature and high-pressure metamorphism. Samples studied here consist mainly of garnet (Alm34-48, Prp27-34, Grs18-24, Sps0-3), clinopyroxene (Mg# = 0.73-0.87) and quartz, which are relatively large grains. The garnet and clinopyroxene are surrounded by symplectites composed of orthopyroxene, plagioclase, magnetite and sometimes spinel. Therefore, the presumed equilibrium peak-pressure assemblage could be of garnet, clinopyroxene and quartz, which was stable at eclogite-facies conditions. Dual-stage generated symplectites involving orthopyroxene and plagioclase were identified among garnet, clinopyroxene and quartz. The first-generated symplectite is composed of Al- and Mg-poor orthopyroxene (Mg# = 0.61-0.68, Al 2O 3 = 1.5-2.6 wt%) and Na-rich plagioclase (An45-53). The second symplectite is composed of Al- and Mg-rich orthopyroxene (Mg# = 0.69-0.72, Al 2O 3 = 4.1-5.3 wt%), Na-poor plagioclase (An86-93), spinel (Mg# = 0.42-0.48) and magnetite. The compositional differences between the two symplectites can be interpreted to be due to the difference in metamorphic reaction stages. The first symplectite had been formed by the reaction between garnet, clinopyroxene and quartz, which occurred during the decompression process just after peak-pressure conditions. The second symplectite could be produced during the late breakdown of garnet. Temperature and pressure conditions around peak-pressure conditions are estimated from the garnet-clinopyroxene thermometries and from the reaction of jadeite + quartz = albite, respectively. The results indicated peak-pressure conditions as ca. 950°C and 1.6 GPa. The pressure-temperature conditions for the formations of first- and second-symplectites were 1000°C at 1.3 GPa and 850°C at 0.8 GPa, respectively. Whole mineral assemblages of the mafic granulites show that the metamorphic evolution took place under completely dry conditions. The textual observations as well as the pressure-temperature estimations indicate a near isothermal decompression process for this granulite. This evolution path is consistent with that of ultrahigh-temperature pelitic granulites from the Kannak Complex. Thus, the possibility of simultaneous ultrahigh-temperature metamorphic event in the Kontum massif can be argued.

    DOI: 10.2465/jmps.99.242

    Scopus

    researchmap

  • Pseudotachylytes, related fault rocks, asperities, and crustal structures in the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, northern Japan 査読

    T Toyoshima, T Obara, T Niizato, H Tanaka, K Shimada, M Komatsu, Y Wada, T Koyasu

    EARTH PLANETS AND SPACE   56 ( 12 )   1209 - 1215   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TERRA SCIENTIFIC PUBL CO  

    Many pseudotachylytes and their related fault rocks are found in the Hidaka metamorphic belt representing an ancient crustal section. On the basis of field observations of the pseudotachylytes and related fault rocks, nature of seismogenic faulting in the Hidaka crust is examined. The field observations suggest the following conclusions. (1) Two structural types of pseudotachylytes are distinguished: layer-parallel and layer-oblique. The latter are scattered in the metamorphic belt, but the former occur only in the southern part of the metarnorphic belt. (2) An abundance of the layer-parallel pseudotachylytes suggests that earthquakes occurred repeatedly and frequently in the southern part, where complicated and duplicated crustal structures occur with many low-temperature thin mylonite zones. The southern part with such crustal structures was an ancient seismogenic area containing asperities and having a radius of a few tens of kilometers in the Hidaka crust. In the seismogenic area, the layer-parallel pseudotachylytes resulted from seismic slip on the mylonitic foliation within the low-temperature mylonite zones with strong preferred orientation of micas. (3) The layer-parallel pseudotachylytes and the subsequent layer-oblique pseudotachylytes post-date the latest and very-low-temperature mylonitization in the metarnorphic belt. The former pseudotachylytes formed just above the upper side of the brittle-plastic transition zone.

    DOI: 10.1186/BF03353342

    Web of Science

    researchmap

  • Permo-triassic ultrahigh-temperature metamorphism in the Kontum Massif, Central Vietnam 査読

    Yasuhito Osanai, Nobuhiko Nakano, Masaaki Owada, Tran Ngoc Nam, Tsuyoshi Toyoshima, Toshiaki Tsunogae, Pham Binh

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   99 ( 4 )   225 - 241   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Kontum massif in central Vietnam consists of low-grade schists and amphibolite- to granulite-facies metamorphic rocks, that have been intruded by S-type and I-type granites. This terrane was formerly considered to be composed mainly of Archean granulites (the Kannak Complex), Proterozoic amphibolite-facies metamorphic rocks (the Ngoc Linh Complex) and low-grade schists (the Kham Duc Complex). They were thought to be the basement of the Indochina Craton in south-east Asia. The Kannak Complex is dominated by pelitic-semipelitic gneisses metamorphosed under high- to ultrahigh-temperature (UHT) conditions into granulite-facies. A minor amount of mafic and calc-silicate rocks are also intercalated within the gneisses. The major types of ultrahigh-temperature pelitic metamorphic rocks in this complex are garnet-orthopyroxene-sillimanite-cordierite gneiss, orthopyroxene-bearing garnet-cordierite-silliamnite-biotite gneiss and garnet-orthopyroxene charnockitic gneiss. The highest-grade metamorphic condition is determined from garnet-orthopyroxene-sillimanite-cordierite gneiss, which indicates that multi-stage symplectite formation during retrograde stage started from isothermal decompression in UHT condition (1000°C&lt
    ). Because of the high amount of pyrope (up to 59 mole%) in garnet and high-Al 2O 3 in orthopyroxene (up to 10 wt%), these minerals were unstable in the P-T conditions during the retrograde stage. On the other hand, the newly found garnet-clinopyroxene-orthopyroxene granulites (eclogitic ultrahigh-temperature mafic granulite) from the Ngoc Linh Complex shows a series of changes in divariant assemblages from garnet-clinopyroxene-quartz to hornblende-quartz through clinopyroxene-orthopyroxene-plagioclase-(garnet). It was identified that these rocks were formed as a result of their metamorphic evolution of isothermal decompression followed by nearly isobaric cooling. The ultrahigh-temperature metamorphic rocks in the Kontum massif, which are exposed along the Dac To Kan shear zone, show a clockwise pressure-temperature path with the peak metamorphic condition of ca. 12 kbar and ca. 1050°C (M1 metamorphism). High-pressure M0 metamorphism (ca. 17 kbar&lt
    , ca. 1000°C) as part of the prograde metamorphism and low-pressure (but still ultrahigh-temperature) M2 metamorphism (9-10 kbar, ca. 1000°C) as part of the retrograde metamorphism during the clockwise pressure-temperature evolution are also recognized. The widely reported Permo-Triassic metamorphic event (ca. 240-260 Ma) from the ultrahigh-temperature metamorphic rocks would indicate a rapid metamorphic evolution from M0 stage to low-pressure and low-temperature retrograde stage (later M2 stage). The recently determined Sm-Nd internal isochron age of 670 Ma for the garnet amphibolite and monazite-CHIME age of ca. 480-500 Ma for the pelitic granulites from the Kannak Complex would also indicate that the Kontum massif had also undergone the Pan-African metamorphic event. The present results indicate that ultrahigh-temperature metamorphic rocks from the Kontum massif are remnants of previously metamorphosed rocks that might be derived from the Gondwana super continent and then re-metamorphosed by the Permo-Triassic metamorphism during the continents collision in eastern Asia.

    DOI: 10.2465/jmps.99.225

    Scopus

    researchmap

  • Crustal section and anatexis of lower crust due to mantle flux in the Hidaka metamorphic belt, Hokkaido, Japan 査読

    Owada , M, Osanai, Y, Shimura, T, Toyoshima, T, Katsui, Y

    Hutton Symposium V, Field Guidebook, Geological Survey of Japan, Interim-Report no. 28   no. 28   81 - 102   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ベトナムコンツム地塊の変成作用とテクトニクス

    小山内康人, 中野伸彦, 大和田正明, Tran Ngoc Nam, 豊島剛志, 角替敏昭, 加々美寛雄

    月刊地球   25   244 - 250   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Fluid inclusions in an osumilite-bearing granulite from Bunt Island in the Archean Napier Complex, East Antarctica: implications for a decompressional P-T path? 査読

    Tsunogae, T, Santosh, M, Osanai, Y, Owada, M, Toyoshima, T, Hokada, T, Crowe, A. W

    Polar Geoscience   16   61 - 75   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • High fluorine pargasites in ultrahigh temperature granulites From Tonagh island in the Archean Napier Complex, East Antarctica 査読

    T Tsunogae, Y Osanai, M Owada, T Toyoshima, T Hokada, WA Crowe

    LITHOS   70 ( 1-2 )   21 - 38   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Pargasites (F/(F + Cl + OH) ratio (X-F) of up to 0.48) from Tonagh Island in Enderby Land, East Antarctica are closely associated with typical high-grade minerals such as orthopyroxene in quartzo-feldspathic, mafic, and ultramafic granulites, and is regarded as a stable mineral at the peak metamorphic conditions (>1100 degreesC) calculated for the ultrahigh-temperature Archean Napier Complex. Although experimental investigations have suggested that the upper thermal stability limit of F-free pargasite is below 1050 degreesC, thermodynamic calculations for the present pargasite +quartz assemblage indicate that the thermal stability limit of pargasite with X-F = 0.5 is about 150 degreesC higher than that of the hydroxyl end member. Fluorine substitution in the pargasite therefore allowed the mineral to survive the ultrahigh-temperature metamorphism at Tonagh Island.
    A positive correlation between the F content of pargasite and coexisting biotite indicates that the minerals approach chemical equilibrium in terms of F-OH distribution. Although the fluorine composition of pargasites (X-F=0.12-0.48) and bulk rock (300-2500 ppm) varies widely, the log(f(H2O)/F-HF) values calculated for these rocks are relatively constant (3.2-3.7), which is consistent with infiltration of an F-bearing fluid during prograde metamorphism. The infiltration of such a fluid is also supported by the higher bulk F content of most of the analyzed samples compared to those of continental and oceanic basaltic rocks, that is, F had been added from an external source. A positive correlation between bulk MgO and F content suggests that F may have been selectively trapped in high-X-Mg pargasite in MgO-rich rocks. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0024-4937(03)00087-2

    Web of Science

    researchmap

  • Early Proterozoic tectonothermal events in the Napier Complex, East Antarctica: Implications for the formation of East Gondwana 査読

    M. Owada, Y. Osanai, T. Toyoshima, T. Tsunogae, T. Hokada, W. A. Crowe, H. Kagami

    Gondwana Research   6 ( 2 )   231 - 240   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    Sm-Nd internal isochron ages involving retrograde garnet determined from three ultrahigh-temperature (UHT) gneisses taken from Tonagh Island, the western part of the Napier Complex, East Antarctica gave 1870±82 Ma, 1897±50 Ma and 1557±35 Ma. These ages are younger than the late Archaean timing of UHT metamorphism in the Napier Complex. The ca. 1900 Ma age is considered to reflect an important tectonothermal event in the Napier Complex including a tholeiite dyke intrusion. On the other hand, the ca. 1600 Ma age represents a thermal modification lacking signs of deformational events, and separates from the ca. 1900 Ma event. The related East Gondwana fragments such as the Rayner Complex in Antarctica and the Eastern Ghats Belt in India record extensive tectonothermal event of ca. 1400-1600 Ma, and rare indications of ca. 1900-2000 Ma. It is stressed that the assembly of East Gondwana including the Napier Complex, the Rayner Complex, and the Eastern Ghats Belt, if it existed, should be before ca. 1600 Ma, and may be traced back to ca. 2000 Ma of the supercontinent 'Columbia' era.

    DOI: 10.1016/S1342-937X(05)70972-2

    Scopus

    researchmap

  • SHRIMP geochronology of a mylonite zone on Tonagh Island: characterization of the last high-grade tectonothermal event in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Crowe, W. A, Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T

    Polar Geoscience   15   17 - 36   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Very high-density carbonic fluid inclusions in sapphirine-bearing granulites from Tonagh Island in the Archean Napier Complex, East Antarctica: implications for CO2 infiltration during ultrahigh-temperature (T>1000℃) metamorphism 査読

    Tsunogae, T, Santosh, M, Osanai, Y, Owada, M, Toyoshima, T, Hokada, T

    Contributions to Mineralogy and Petrology   143 ( 3 )   279 - 299   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00410-001-0343-4

    Scopus

    researchmap

  • Ultrahigh temperature sapphirine-osumilite and sapphirine-quartz granulites from Bunt Island in the Napier Complex, East Antarctica--Reconnaissance estimation of P-T evolution 査読

    Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Crowe, W. A

    Polar Geoscience   14   1 - 24   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sm-Nd garnet ages of retrograde garnet bearing granulites from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica: A preliminary study 査読

    Owada, M, Osanai, Y, Tsunogae, Hamamoto, T, Kagami, H, Toyoshima, T, Hokada, T

    Polar Geoscience   14   75 - 87   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Carbonic fluid inclusions in ultrahigh-temperature metamorphic rocks from Tonagh Island in the Archean Napier Complex, East Antarctica: A preliminary report 査読

    Tsunogae, T, Santosh, M, Osanai, Y, Owada, M, Toyoshima, T, Hokada, T, Crowe, A. W, Miyano, T

    Polar Geoscience   14   25 - 38   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Ultrahigh-Temperature Pelitic Granulites from Kontum Massif, Central Vietnam: Evidence for East Asian Juxtaposition at ca. 250 Ma 査読

    Y. Osanai, M. Owada, T. Tsunogae, T. Toyoshima, T. Hokada, T. V. Long, K. Sajeev, N. Nakano

    Gondwana Research   4 ( 4 )   720 - 723   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    DOI: 10.1016/S1342-937X(05)70518-9

    Scopus

    researchmap

  • Fluorine-rich calcic amphiboles in ultrahigh-temperature mafic granulite from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica: Preliminary report 査読

    Tsunogae, T, Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Hokada, T, Crowe, A. W

    Polar Geoscience   13   103 - 113   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • LREE-enriched mafic gneiss and meta-ultramafic rock from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Owada, M, Osanai, Y, Tsunogae, Toyoshima, T, Hokada, T, Crowe, A. W

    Polar Geoscience   13   86 - 101   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 北海道イドンナップ帯南部に分布する冬島変成岩類の岩石的構成と変形変成史 査読

    三浦路子, 豊島剛志

    地質学論集   52   83 - 102   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Geology of ultrahigh-temperature metamorphic rocks from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Crowe,W. A

    Polar Geoscience   12   1 - 28   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Deformation of ultrahigh-temperature metamorphic rocks from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Toyoshima, T, Osanai, Y, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Crowe, W. A

    Polar Geoscience   12   29 - 48   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Petrology and metamorphism of sapphirine-bearing aluminous gneisses from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Hokada, T, Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Crowe, W.A

    Polar Geoscience   12   49 - 70   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Petrography and geochemistry of mafic and ultramafic rocks from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica: a preliminary report 査読

    Owada, M, Osanai, Y, Toyoshima, T, Tsunogae, T, Hokada, T, Crawe, W. A

    Polar Geoscience   12   87 - 100   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mineralogy of scapolite from Skallen in the Lutzow-Holm Bay region, East Antarctica 査読

    Kusachi, I, Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Crowe, W.A

    Polar Geoscience   12   143 - 156   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Metamorphic reactions and preliminary P-T estimates of ultrahigh-temperature mafic granulite from Tonagh Island in the Napier Complex, East Antarctica 査読

    Tsunogae, T, Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Hokada, T, Crowe, W.A

    Polar Geoscience   12   71 - 86   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟-福島県境付近の奥只見地域から産出したペルム紀腕足類とその構造地質学的意義 査読

    田澤純一, 新潟県基盤岩研究会

    地質学雑誌   105   729 - 732   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.105.729

    researchmap

  • Tonalite mylonite formed during crustal exhumation 査読

    Toyohima, T

    In Snoke, A. W., Tullis, J. & Todd, V. R. eds., Fault-related Rocks:A Photographic Atlas, Princeton University Press   518 - 519   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Gabbro mylonite developed along a crustal-scale deollement 査読

    Toyohima, T

    In Snoke, A. W., Tullis, J. & Todd, V. R. eds., Fault-related Rocks:A Photographic Atlas, Princeton University Press   426 - 427   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日高変成帯の形成テクトニクス 査読

    豊島剛志, 小松正幸, 志村俊昭

    地質学論集   47   259 - 277   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 新潟県連続災害の検証と復興への視点-2004.7.13水害と中越地震の総合的検証

    中越地震新潟大学調査団( 担当: 共著 ,  範囲: 第2部中越地震で,6編執筆)

    新潟大学・中越地震新潟大学調査団  2005年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 須原地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

    高橋 浩, 豊島剛志, 志村俊昭, 原 英俊, 竹内圭史, 酒井 彰, 中野 俊( 担当: 共著 ,  範囲: 3-24,地質図)

    産総研地質調査総合センター  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • Geological map and its explanatory text of Skallen (revised edition), Antarctica. Antarctic Geological Map Series, Sheet 39

    Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Crowe, A. W, Ikeda, T, Kawakami, T, Kawano, Y, Kawasaki, T, Ishikawa, M, Motoyoshi, Y, Shiraishi, K( 担当: 共著 ,  範囲: 抽出できず)

    National Institute of Polar Reserch  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    researchmap

  • Geological map and its explanatory text of Tonagh Island, Enderby Land, Antarctica. Antarctic Geological Map Series, Sheet 38

    Osanai, Y, Toyoshima, T, Owada, M, Tsunogae, T, Hokada, T, Yoshimura, Y, Miyamoto, T, Motoyoshi, Y, Crowe, A. W, Harley, S. L, Kanao, M, Iwata, M( 担当: 共著 ,  範囲: 抽出できず)

    National Institute of Polar Reserch  2001年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    researchmap

  • カタログ:日本の断層と断層岩

    小坂和夫, 大友幸子, 高木秀雄, 豊島剛志( 担当: 単著 ,  範囲: 16-18,49-50,53-54)

    日本大学文理学部自然科学研究所  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

MISC

  • 東ドロンイングモードランド,セールロンダーネ山地地学調査隊報告2007-2008(JARE-49)(共著)

    小山内康人, 豊島剛志, 馬場壮太郎, 外田智千, 中野伸彦, 阿部幹雄, 足立達郎

    南極資料   52   291 - 398   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:国立極地研究所  

    DOI: 10.15094/00009458

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震と地下水異常・活構造(共著)

    村山友之, 佐藤早苗, 氏原英敏, 森 友紀, 豊島剛志, 渡部直喜, 和田幸永, 小安孝幸, 播磨雄太, 小林健太, 大川直樹, 小泉尚嗣

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 1 )   155 - 174   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    researchmap

  • 2004 年新潟県中越地震震源域周辺における地下水温・水質異常と地下地質構造の関係について(共著)

    豊島剛志, 渡部直喜, 小林健太, 佐藤早苗, 氏原英敏, 小泉尚嗣

    第165回地震予知連絡会会報   75   453 - 457   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:地震予知連絡会  

    researchmap

  • 4.1 新潟県中越地震における地震断層と地表変状の構造地質学的調査および地下水変動調査

    豊島剛志, 小林健太, 岩下享平, 大塚洋之, 佐藤早苗, 氏原英敏, 大川直樹, 大橋聖和, 和田幸永, 小安孝幸, 小河原孝彦, 山本 亮, 渡部直喜, 立石雅昭

    科研費報告書   145 - 156   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2.3.2 日高地域における断層岩解析による断層すべり過程の解明

    豊島剛志

    科学技術振興調整費研究成果報告書(陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究)   199 - 226   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2.3.4 断層深部の反応動力学的機構および動的すべり機構のモデル化

    田中秀実, 島田耕史, 豊島剛志

    科学技術振興調整費研究成果報告書(陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究)   235 - 256   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2.3.4 断層深部の反応動力学的機構および動的すべり機構のモデル化

    田中秀実, 島田耕史, 豊島剛志

    科学技術振興調整費研究成果報告書(陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究)   203 - 223   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2.3.2 日高地域における断層岩解析による断層すべり過程の解明

    豊島剛志

    科学技術振興調整費研究成果報告書(陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究)   183 - 195   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 野外における地殻物質変形の延性-脆性遷移に関する研究

    豊島剛志編

    科研費報告書   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 平成17年度日本岩石鉱物鉱床学会第2回論文賞

    2006年6月   日本岩石鉱物鉱床学会  

    「Osanai, Y.」「Nakano, N.」「Owada, M.」「Nam, T. N.」「Toyoshima, T.」「Tsunogae, T.」「Binh, P

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 新潟県中越地方長岡市及びその周辺地域の活構造

    2010年10月 - 2011年3月

    国際石油開発帝石株式会社  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

    既存調査報告のレビュー等に基づき,新潟県中越地方長岡市及びその周辺地域での活構造に関する情報収集と整理,考察を行う。

    researchmap

  • 知識工学的手法を用いた地質環境の長期安定性に関する調査・解析手法の整備に 関する研究

    2010年8月 - 2011年2月

    独立行政法人日本原子力研究開発機構  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:995220円

    共同研究では、地形発達モデル及び地質発達モデルの構築に関する地形・地質調査等を対象として、タスクフロー及び意思決定プロセスのフローダイアグラム(意思決定フロー)を作成し、それらの様々な地域への適用性を確認するとともに、教育活動等における利用可能性について検討する。

    researchmap

  • 地質構造にもとづく潜在震源断層マッピング

    2010年5月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:770000円 、 間接経費:330000円 )

    地質構造解析

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特別講義II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Db

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質学の基礎

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特別講義IV

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球物理学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • フィールド体験実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Da

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Basic Geology

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎実習b

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特別講義III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 学術発表演習M

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Mb

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 中間発表M

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学演習Mb

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Ma

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学演習Ma

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎実習b

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎実習a

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 理学スタディ・スキルズ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • リサーチキャンプ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 中間発表D

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質学入門a

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特別講義II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 安全教育

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球物理学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Ma

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学演習Ma

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 安全教育

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 安全教育

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特別講義I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 中間発表M

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 学術発表演習M

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学演習Mb

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球科学特定研究Mb

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ジオダイナミクス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 岩圏変形論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 安全教育

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質構造解析法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球物理学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 土木地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地球物理学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 構造地質学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地史学原理

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 論文講読演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造地質学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門a

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習b

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • フィールド体験実習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習a

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義I

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 安全教育

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地球物理学

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 学術発表演習M

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Mb

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表M

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Mb

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Ma

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Ma

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2012年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Da

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義III

    2012年
    機関名:新潟大学

  • Basic Geology

    2012年
    機関名:新潟大学

  • リサーチキャンプ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Db

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表D

    2012年
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 土木地質学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用地質学実習

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地質学の基礎

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義IV

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎A

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2010年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 岩圏変形論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ジオダイナミクス

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質構造解析法

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造地質学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習I

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地史学原理

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズ(地質科学学習法)

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義II

    2007年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示