2021/10/20 更新

写真a

サイトウ イサオ
齋藤 功
SAITO Isao
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 教授
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 教授
歯学部 歯学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 歯学博士 ( 1988年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学  / 歯科矯正学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院   副病院長(企画戦略・医歯学連携)

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科   副研究科長

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部   教授

    2004年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 歯科矯正学分野   教授

    2004年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院   講師

    2003年10月 - 2004年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部附属病院   講師

    1996年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 矯正・小児系歯科 矯正歯科   副病院長(企画戦略・医歯学連携)

    2019年4月 - 2022年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   副研究科長

    2016年4月 - 2018年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻   教授

    2004年10月 - 現在

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   教授

    2004年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院   講師

    2003年10月 - 2004年9月

  • 新潟大学   歯学部附属病院   講師

    1996年4月 - 2003年9月

▶ 全件表示

学歴

  • 新潟大学   大学院歯学研究科

    1984年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部

    1978年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • (公社)日本矯正歯科学会   危機管理WG副委員長  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本歯科医学会連合   会員代表者(公社・日本矯正歯科学会)  

    2020年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本歯科医師会   保険適用検討委員会委員  

    2019年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   国際会議準備委員会・国際委員会委員  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本歯科審美学会   常任理事  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   認定師認定委員会  

    2018年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (一社)日本歯科専門医機構   学会専門医小委員会委員  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本歯科医学会連合   日本歯科専門医機構・学会専門医小委員会委員  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   9th IOC大会実行委員会副委員長  

    2018年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   総務委員会委員長  

    2018年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   公益社団法人管理運営委員会委員  

    2018年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   認定師制度委員会  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   将来検討委員会  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 医療系大学間共用試験実施評価機構   国際連携推進歯学系専門部会長  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本顎変形症学会   副理事長  

    2016年7月 - 2020年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   奨励賞選考委員会委員  

    2016年2月 - 2018年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本歯科医学教育学会   教育国際化推進委員会委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本矯正歯科学会   管理指導医委員会  

    2012年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本顎変形症学会   理事  

    2012年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本顎変形症学会   診療ガイドライン策定委員会委員長  

    2012年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本歯科審美学会   編集委員会委員  

    2012年4月 - 2019年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 甲北信越矯正歯科学会   会長  

    2012年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   学術大会運営委員会委員長  

    2012年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   常務理事  

    2012年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   国際賞渉外委員会委員  

    2012年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本矯正歯科学会   総務委員会委員  

    2012年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   優秀論文賞選考委員会委員  

    2011年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 医療系大学間共用試験実施評価機構   歯学系OSCE実施小委員会委員  

    2011年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本歯科審美学会   理事  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   理事  

    2009年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本口蓋裂学会   Japancleft委員会委員長  

    2009年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本顎変形症学会   認定医制度検討委員会委員  

    2008年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本顎変形症学会   編集委員会委員  

    2008年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公社)日本矯正歯科学会   理事  

    2008年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本矯正歯科学会   編集委員会委員長  

    2008年2月 - 2012年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本矯正歯科学会   診療ガイドライン検討委員会委員  

    2008年2月 - 2012年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本矯正歯科学会   奨励賞選考委員会委員  

    2008年2月 - 2012年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本顔学会   編集委員会委員  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

取得資格

  • 歯科医師

  • 日本矯正歯科学会指導医

  • 日本矯正歯科学会認定医

  • 日本歯科歯科審美学会認定医

 

論文

  • In vivo cell proliferation analysis and cell-tracing reveal the global cellular dynamics of periodontal ligament cells under mechanical-loading 査読

    Masaru Mizukoshi, Masaru Kaku, Lay Thant, Kohei Kitami, Moe Arai, Isao Saito, Katsumi Uoshima

    Scientific Reports   11 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>Periodontal ligament (PDL) is a uniquely differentiated tissue that anchors the tooth to the alveolar bone socket and plays key roles in oral function. PDL cells can respond rapidly to mechanical stimuli, resulting in accelerated tissue remodeling. Cell proliferation is an initial event in tissue remodeling and participates in maintaining the cell supply; therefore, analyzing cell-proliferative activity might provide a comprehensive view of cellular dynamics at the tissue level. In this study, we investigated proliferating cells in mouse molar PDL during orthodontic tooth movement (OTM)-induced tissue remodeling. Our results demonstrated that the mechanical stimuli evoked a dynamic change in the proliferative-cell profile at the entire PDL. Additionally, cell-tracing analysis revealed that the proliferated cells underwent further division and subsequently contributed to tissue remodeling. Moreover, OTM-induced proliferating cells expressed various molecular markers that most likely arise from a wide range of cell types, indicating the lineage plasticity of PDL cells in vivo. Although further studies are required, these findings partially elucidated the global views of the cell trajectory in mouse molar PDL under mechanical-loading conditions, which is vital for understanding the cellular dynamics of the PDL and beneficial for dental treatment in humans.

    DOI: 10.1038/s41598-021-89156-w

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-89156-w

  • Relationship between mandibular dimensions and bite force: an exploratory study 査読

    Talat Hasan Al-Gunaid, Abdullah Khaled Sunitan, Abdullah Bader Alharbi, Emad Ali Alhrbei, Isao Saito

    Orthodontic Waves   80 ( 3 )   117 - 123   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/13440241.2021.1937785

    researchmap

  • Three‐dimensional analysis of the temporal bone and mandibular morphology in mandibular prognathism with facial asymmetry 査読

    Tomoko Kawamura, Tadao Fukui, Hideyoshi Nishiyama, Tadaharu Kobayashi, Ritsuo Takagi, Takafumi Hayashi, Isao Saito

    Oral Science International   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/osi2.1111

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/osi2.1111

  • MicroRNAs regulate distal region of mandibular development through Hh signaling 査読

    Supaluk Trakanant, Jun Nihara, Takahiro Nagai, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Yoko Ishida, Fumiya Meguro, Takehisa Kudo, Akane Yamada, Takeyasu Maeda, Isao Saito, Atsushi Ohazama

    Journal of Anatomy   238 ( 3 )   711 - 719   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/joa.13328

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/joa.13328

  • 本邦における外科的矯正治療の実態調査-2017年度日本顎変形症学会実態調査の結果より- 査読

    片桐 渉, 小林正治, 佐々木朗, 須佐美隆史, 須田直人, 田中栄二, 近津大地, 冨永和宏, 森山啓司, 山城 隆, 齋藤 功, 高橋 哲

    30 ( 3 )   213 - 225   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The relationship between severity of obstructive sleep apnea and maxillofacial morphology and BMI; from the point of view of sex and age distribution 査読

    Kiriko Amitani, Masaki Takeyama, Jun Nihara, Kojiro Takahashi, Yasuyoshi Ohshima, Tadaharu Kobayashi, Isao Saito

    Oral Science International   17 ( 3 )   147 - 157   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/osi2.1061

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/osi2.1061

  • Changes in vermilion lip morphology following orthodontic treatment with premolar extraction for Angle Class II maxillary protrusion 査読

    Yuko Oomori, Jun Nihara, Kojiro Takahashi, Isao Saito

    APOS Trends in Orthodontics   10   89 - 95   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Scholar  

    <sec id="st1">
    <title>Objectives:</title>
    The objective of the study was to clarify the changes in vermilion lip morphology following orthodontic treatment in Japanese patients with Class II maxillary protrusion.


    </sec>
    <sec id="st2">
    <title>Materials and Methods:</title>
    The subjects were 15 adult women diagnosed as having Angle Class II maxillary protrusion who had undergone orthodontic treatment with premolar extraction. For analysis, profile photographs taken at the first examination and at completion of active treatment were used for linear and angular measurements. For linear measurements on the lateral facial photographs, an X–Y coordinate system was established using a lateral cephalogram superimposed along the line of the profile. Measurement points relating to the vermilion lip morphology were measured on the facial photographs by digital processing, with the Frankfort horizontal (FH) plane as the X-axis, and the line perpendicular to the X-axis passing through the alar curvature point (Ac) as the Y-axis.


    </sec>
    <sec id="st3">
    <title>Results:</title>
    The results of linear measurements showed significant retraction of approximately 3.0 mm in the upper vermilion lip, and mean retraction of the upper incisors after treatment was approximately 6.0 mm. However, whereas mean retraction of the lower incisors was approximately 1.0 mm, there was significant retraction of the lower vermilion lip of over 3.0 mm. Significant reduction in vermilion height was also found in the upper vermilion lip. With regard to angular measurements, the upper lip and total vermilion showed significant reductions that indicated inversion.


    </sec>
    <sec id="st4">
    <title>Conclusion:</title>
    Adequate retraction of the upper incisors in the maxillary protrusion with excessive overjet may retract not only the upper vermilion lip but also the lower one, suggesting that morphological changes in the lower lip are affected by the positioning of the upper incisors. In addition, the patterns of morphological changes differed between the upper and lower vermilion lips, with a large proportion of rotational change toward the mucous membrane in the upper vermilion lip and with a pattern of change resembling horizontal displacement in the lower vermilion lip. Total vermilion showed a significant reduction in vermilion height due to the reduction in height of the upper vermilion lip.


    </sec>

    DOI: 10.25259/apos_63_2020

    researchmap

  • ROCK inhibitors enhance bone healing by promoting osteoclastic and osteoblastic differentiation 査読

    Juri Nakata, Yosuke Akiba, Jun Nihara, Lay Thant, Kaori Eguchi, Hiroko Kato, Kenji Izumi, Mariko Ohkura, Masanori Otake, Yoshito Kakihara, Isao Saito, Makio Saeki

    Biochemical and Biophysical Research Communications   526 ( 3 )   547 - 552   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Elsevier Inc. Osteoclast and osteoblast are essential for proper bone development and remodeling as well as recovery of bone fracture. In this study, we seek chemical compounds that enhance turnover of bone metabolism for promoting bone healing. First, we screen a chemical library which includes 378 compounds by using murine pre-osteoclastic RAW264.7 cells to identify compounds that promote osteoclastic differentiation. We find that two ROCK (Rho-associated coiled-coil kinase) inhibitors, HA-1077 (Fasudil) and Y-27632, enhance osteoclastogenesis. Subsequently, we identify that these two compounds also increase osteoblastic differentiation of MC3T3-E1 cells. Finally, our in vivo experiment shows that the local administration of ROCK inhibitors accelerate the bone healing of the rat calvarial defect.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.033

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 本邦における外科的矯正治療に関する実態調査 査読

    片桐 渉, 小林 正治, 佐々木 朗, 須佐美 隆史, 須田 直人, 田中 栄二, 近津 大地, 冨永 和宏, 森山 啓司, 山城 隆, 齋藤 功, 高橋 哲

    日本顎変形症学会雑誌   30 ( 2 )   127 - 127   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顎変形症学科者の心理・社会的変化の過程:グラウンデッド・セオリー・アプローチによる解析 査読

    倉部華奈, 隅田好美, 小嶋 拓, 加藤祐介, 齋藤 功, 小林正治

    日口外誌   66 ( 4 )   178 - 187   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Molecular mechanisms in palatal rugae development. 査読 国際誌

    Supaluk Trakanant, Jun Nihara, Maiko Kawasaki, Fumiya Meguro, Akane Yamada, Katsushige Kawasaki, Isao Saito, Maeda Takeyasu, Atsushi Ohazama

    Journal of oral biosciences   62 ( 1 )   30 - 35   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    BACKGROUND: Periodic patterning of iterative structures is diverse across the animal kingdom. Clarifying the molecular mechanisms involved in the formation of these structures helps to elucidate the genetic commonality of developmental processes, as organs with these structures are believed to share the same molecular mechanisms and fundamental processes. Palatal rugae are periodic corrugated structures on the hard palate and are conserved in all mammals. Although the numbers and patterns of the palatal rugae are species specific, they are consistent in each mammalian species, except humans. HIGHLIGHT: Palatal rugae development is thus under strict genetic control in most mammals and is an excellent model to investigate the genetic commonality of developmental processes to form periodic patterning. CONCLUSION: This review highlights the current understanding of the molecular mechanisms of palatal rugae development.

    DOI: 10.1016/j.job.2019.12.002

    PubMed

    researchmap

  • 外科的矯正治療の適応基準と矯正治療単独のボーダー症例の検討 査読

    長谷部 大地, 片桐 渉, 小林 正治, 竹山 雅規, 齋藤 功

    日本形成外科学会会誌   40 ( 3 )   139 - 139   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 日本人におけるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の有用性についての検討(第2報) 外科的矯正治療と矯正歯科治療のボーダーライン 査読

    長谷部 大地, 高橋 功次朗, 加藤 祐介, 齋藤 大輔, 丹原 惇, 新美 奏恵, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 4 )   289 - 294   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    外科的矯正治療症例と矯正歯科治療単独症例を対象に、Index of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)を用いて各治療法のボーダーラインについて検証した。顎変形症の診断で外科的矯正治療を行ったSO群92名(男性29名、女性63名、平均24±8歳)とスケルタル・アンカレッジ併用の矯正歯科治療を行ったSA群41名(男性13名、女性28名、平均26±8歳)、それ以外の矯正歯科治療を行ったCO群51名(男性19名、女性32名、平均23±8歳)を対象とした。診療録、頭部X線規格写真、研究用模型等を用いてIOFTNに準じてCategory 1(none)からCategory 5(very great)の5段階に分類した。Category分類の結果では、SO群で最も多かったのはCategory 4の44例、次いでCategory 5の42例で、両者で手術群の9割以上を占めていた。SA群ではCategory 4が18例と最も多く、その他のCategoryはほぼ同数であった。CO群はCategory 1の22例が最多で、ついでCategory 4の17例となっており、二峰性のピークを認めた。

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院においてPNAM治療を行った片側口唇口蓋裂患児における外鼻形態変化の短期的評価 査読

    市川佳弥, 丹原 惇, 朝日藤寿一, 宮田昌幸, 親松 宏, 児玉泰光, 新美奏惠, 高木律男, 小林正治, 齋藤 功

    日口蓋誌   44 ( 3 )   182 - 191   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The effect of tongue thrusting on tongue pressure production during swallowing in adult anterior open bite cases. 査読 国際誌

    Kanako Kurihara, Tadao Fukui, Kei Sakaue, Kazuhiro Hori, Takahiro Ono, Isao Saito

    Journal of oral rehabilitation   46 ( 10 )   895 - 902   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Tongue thrusting, which often occurs during swallowing in patients with anterior open bite, is considered to show different tongue dynamics from healthy individuals, but the details are still unclear. OBJECTIVE: This study aimed to identify the effect of tongue thrusting on tongue pressure production during swallowing in patients with anterior open bite. METHODS: The subjects were 11 patients with an anterior open bite and 8 healthy volunteers with individual normal occlusion. The patients were divided into a tongue-thrusting group (n = 8) and a non-thrusting group (n = 3). Tongue pressures while swallowing jelly (4 mL) were recorded by a sensor sheet system with five measuring points (Chs1-5) attached to the palatal mucosa. The time sequences, maximum magnitude and duration of tongue pressure, and swallowing time of tongue pressure were analysed. RESULTS: Tongue pressure waveforms in the tongue-thrusting group were quite diverse compared with the other two groups. The duration at the posterior-median part in the tongue-thrusting group was significantly shorter, and the maximum magnitudes at the mid-median, posterior-median and the peripheral part were also significantly lower than in the healthy group. These results suggest that the compensatory tongue thrust action by which the tongue closes the front part of the oral cavity may make it difficult to lift the tongue and transfer the bolus. CONCLUSION: Patients with an anterior open bite and tongue thrusting at swallowing showed diversity of tongue pressure waveforms and noticeably weaker tongue pressures from mid-median to posterior-median regions than healthy individuals.

    DOI: 10.1111/joor.12820

    PubMed

    researchmap

  • 全自動解析装置を用いた骨格性下顎前突症患者における咀嚼能力と顎顔面形態との関連 査読

    深町 直哉, 坂上 馨, 栗原 加奈子, 阿部 遼, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 3 )   237 - 246   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    短時間で計測可能な全自動咀嚼能力測定装置を用いて、骨格性下顎前突症患者の咀嚼能力と顎顔面形態との関連について検討した。骨格性下顎前突症と診断された10名(男性5名、女性5名、平均16.6歳)、個性正常咬合者10名(男性2名、女性8名、平均24.1歳)を対象とした。咀嚼能率の平均は健常群で5204.8±660.9mm2、下突群で2919.9±578.3mm2となり、下突群が有意に低い値を示した。下突群の咀嚼能率と咬合接触面積、咀嚼能率と最大咬合力との間には有意な相関は認められなかったが、咀嚼能率と咀嚼時間との間に有意な正の相関を認めた。また、下突群の咀嚼能率とGonial angle、咀嚼能率と前下顔面高との間に有意な負の相関を認めたが、咬合接触面積と側面頭部X線規格写真の各計測値との間に有意な相関は認められなかった。一方、最大咬合力と下顎骨体長、下顎骨長との間には有意な正の相関を認めた。

    researchmap

  • 超音波診断装置を用いた骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動様相の検討 査読

    阿部 遼, 坂上 馨, 福井 忠雄, 深町 直哉, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 3 )   229 - 236   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    骨格性下顎前突症患者を対象として超音波断層法による嚥下時舌運動様相の測定を行い、個性正常咬合者と比較検討した。外科的矯正治療の適応症と診断された骨格性下顎前突症患者10名(男性6名、女性4名、平均20.6±7.4歳)、個性正常咬合者10名(男性2名、女性8名、平均21.5±4.0歳)を対象とした。嚥下時舌運動をみると、舌中央部において、健常群では舌安静位から急速に舌表面が下降して陥凹形成した後、口蓋へと挙上し、再度、舌安静位へと戻っていた。下突群では、波形の性状は健常群とほぼ同様であったが、舌の口蓋への挙上は緩やかに行われていた。舌周縁部においては、健常群では舌中央部が陥凹形成を開始した時点から舌表面の滑らかな挙上と下降を示したが、下突群では長時間にわたり持続的な上下動を呈しており、このことは下突群すべての被験者において認められた。

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における最近14年間の歯科矯正用インプラントアンカー(仮称)の使用状況調査 査読

    井表千馨, 福井忠雄, 小栗由充, 小田陽平, 池田順行, 児玉泰光, 小林正治, 齋藤 功

    甲北信越矯歯誌   27 ( 1 )   37 - 44   2019年7月

     詳細を見る

  • Hotz床併用二段階口蓋形成手術法で治療を行った片側性唇顎口蓋裂症例 査読

    北見公平, 竹山雅規, 小栗由充, 丹原 惇, 小林正治, 齋藤 功

    甲北信越矯歯誌   27 ( 1 )   72 - 72   2019年6月

     詳細を見る

  • Index of Orthognathic Functional Treatment Needを用いた外科的矯正治療の適応におけるBorderlineの検証 査読

    長谷部 大地, 高橋 功次朗, 須田 大亮, 齋藤 大輔, 佐久間 英伸, 加藤 祐介, 丹原 惇, 新美 奏恵, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   184 - 184   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者における形態的不調和と咀嚼機能との関連の解明 査読

    佐久間 英伸, 長谷部 大地, 新美 奏恵, 加藤 祐介, 齋藤 大輔, 齋藤 直朗, 荻野 奈保子, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 2 )   186 - 186   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者の顎矯正手術後における嚥下時舌圧発現様相の解析 査読

    坂上 馨, 栗原 加奈子, 深町 直哉, 阿部 遼, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 1 )   42 - 50   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    顎矯正手術を施行した骨格性下顎前突症患者10名(全例女性)を対象に、舌圧センサシートを用いて舌の機能的特徴を解析し、過去に報告した個性正常咬合者10名および骨格性下顎前突症患者(顎矯正手術施行前)10名の結果と比較することで術後における嚥下時舌動態の傾向について検討した。術後6ヵ月経過した症例の舌圧波形は各Chの舌圧発現からそれぞれ約200〜400msec後にピーク値をむかえたが、その後もピーク値に近似した舌圧が持続的に働いた。術後群の舌圧発現順序は、舌圧発現開始時刻よりCh1、Ch4、Ch5、Ch2、Ch3の順となり健常群と同じ順序であった。舌圧発現開始時刻、舌圧ピーク発現時刻は健常群と比較し有意差を認めなかったが、Ch4、Ch5における舌圧消失時刻は遅延した。そのため、Ch4、Ch5の舌圧持続時間の延長という下突群と同じ特徴を有していたが、術後群と下突群を比較するとCh4、Ch5における舌圧消失時刻は有意に早期化していた。

    researchmap

  • 日本人におけるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の有用性についての検討(第1報) 査読

    長谷部 大地, 高橋 功次朗, 遠藤 愉, 竹内 奈苗, 羽賀 健太, 荻野 奈保子, 竹内 涼子, 原 太一, 加藤 祐介, 齋藤 大輔, 丹原 惇, 新美 奏恵, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   29 ( 1 )   5 - 10   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    外科的矯正治療の適応の指標であるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の日本人における有用性について検証した。当科で顎矯正手術を施行した顎変形症患者128名(男性37名、女性91名、平均23±8歳)を対象とした。IOFTN分類の結果で最も多かったのはvery greatであるCategory 5の61例(47.7%)で、次いでgreatであるCategory 4の57例(44.5%)、moderateであるCategory3の10例(7.8%)の順であった。対象の症型分類で最も多かったのはClass 3の82例(64.1%)で、男女ともClass 3が対象の大半を占めていた。一方、Class 1は29例(22.7%)、Class 2においては17例(13.3%)しか認めなかった。症型分類とIOFTNとの関連について検討したところ、Class 1では顔面非対称を呈するCategory 4.10が10例(34.5%)と最多であったが、反対咬合を呈する症例が9例、上顎前歯部の前突を呈するCategory 4.2(1例)、開咬を呈するCategory 5.4、Category 4.4ならびにCategory 3.4(計3例)なども認めた。Class 2はCategory 5.2およびCategory 4.2の上顎前突または下顎後退症を呈する症例が7例と41.2%を占めていた。

    researchmap

  • 顎変形症患者における外科的矯正治療後アンケート調査 査読

    小島 拓, 倉部華奈, 加藤祐介, 長谷部大地, 齋藤 功, 小林正治

    新潟歯学会誌   50 ( 2 )   47 - 55   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂治療における顎裂部骨移植-おもに矯正歯科の視点から-総説 招待 査読

    齋藤 功, 丹原 惇, 高橋功次朗, 市川佳弥

    61 ( 7 )   1 - 12   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂治療における顎裂部骨移植-おもに矯正歯科の視点から- 招待 査読

    齋藤 功, 丹原 惇, 高橋功次朗, 市川佳弥

    形成外科   61 ( 7 )   779 - 790   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    researchmap

  • A collaborative survey on occlusion after orthodontic treatment in patients with unilateral cleft lip and palate in Japan 査読

    Mikiko Mano, Yasuo Ishiwata, Toshikazu Asahito, Teruo Sakamoto, Tadashi Morishita, Yuri Yamamoto Oonishi, Toshio Iwata, Naoto Suda, Takafumi Susami, Isao Saito

    Orthodontic Waves   77 ( 2 )   101 - 110   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Purpose: A nationwide collaborative survey was performed in Japan to evaluate the recent treatment outcomes on occlusion after orthodontic/orthognathic treatment for patients with unilateral cleft lip and palate (UCLP). Methods: A retrospective collaborative survey was performed. Twenty-five facilities, including 14 university hospitals, examined their orthodontic records and cast models of patients with UCLP. Using common format, information of 492 non-syndromic UCLP cases were reported. Patients with syndromic UCLP or congenital missing maxillary central incisors were excluded. Basically, each facility reported their most recent 30 cases. Results: Of 492 cases, 330 cases (67.1%) were reported from 11 facilities, suggesting that orthodontic treatment for patients with CL/P was not fully centralized in Japan. Secondary alveolar bone grafting and orthognathic surgery were performed in 92.7% and 22.5% of cases, respectively. A significantly higher rate of orthognathic surgery was seen in cases reported from university hospitals (27.5%) than other facilities (14.8%). Average age at the end of active orthodontic/orthognathic treatment was 18.5 years. The lateral incisors on cleft sides were congenitally missing in 50.2% and displayed microdontia in 42.9% of cases. After orthodontic treatment, the central incisors and the canines were aligned without interdental spaces in 55.3% of cases. The positive anterior overjet was seen in 88.2%, and the centerline discrepancies between maxillary and mandibular incisors within 1/4 of mandibular incisor width was in 74.8% of cases. Conclusions: The final occlusion after orthodontic treatment was satisfactory in most cases. Findings of this study are referable for improving standard Japanese orthodontic care for patients with CL/P.

    DOI: 10.1016/j.odw.2018.02.003

    Scopus

    researchmap

  • Questionnaire investigation after orthodontic treatment in patients with unilateral cleft lip and palate: An inter-clinic collaborative study 査読

    Mari Okayasu, Takafumi Susami, Toshikazu Asahito, Teruo Sakamoto, Kazuyuki Kurata, Yasuo Ishiwata, Kouhei Nagahama, Tsuyoshi Takato, Isao Saito

    Orthodontic Waves   77 ( 2 )   90 - 100   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Purpose: This six-clinic collaborative study collected patient opinions after orthodontic treatment, for quality improvement. Materials and methods: Participants comprised 477 patients with unilateral cleft lip and palate (UCLP) who had undergone orthodontic treatment at orthodontic clinics in five university hospitals and one private office in Japan. The questionnaire sent to patients contained 33 questions in five categories, about the respondent, before, during and after orthodontic treatment, and overall treatment. Questionnaires were returned by mail anonymously. Results: Responses were received from 183 patients (response rate, 38.4%). Patients tended to anticipate esthetic improvements in anterior teeth and facial appearance, and reported great improvements with orthodontic treatment. Masticatory problems also improved and orthodontic treatment had positive effects on speech. Almost all respondents were satisfied with orthodontic treatment. Problems with overall treatment were long treatment period, difficulty attending clinics and maintenance of oral hygiene during treatment. Conclusion: This study clarified the subjective effects and problems with orthodontic treatment in patients with UCLP in Japan. Satisfaction after treatment was high. Anticipated esthetic improvement was accomplished and masticatory problems improved. Orthodontic treatment also positively affected speech. Efficient orthodontic treatment to minimize treatment duration and improved treatment systems for easier access are needed to reduce patient burdens in Japan.

    DOI: 10.1016/j.odw.2018.02.002

    Scopus

    researchmap

  • Orthodontic force application upregulated pain-associated prostaglandin-I2/PGI2-receptor/TRPV1 pathway-related gene expression in rat molars. 査読

    Mariko Ohkura, Naoto Ohkura, Nagako Yoshiba, Kunihiko Yoshiba, Hiroko Ida-Yonemochi, Hayato Ohshima, Isao Saito, Takashi Okiji

    Odontology   106 ( 1 )   2 - 10   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to analyze the mRNA expression and protein localization of prostaglandin I2 (PGI2) synthase (PGIS), the PGI2 receptor (IP receptor) and transient receptor potential cation channel, subfamily V, member 1 (TRPV1) in force-stimulated rat molars, toward the elucidation of the PGI2-IP receptor-TRPV1 pathway that is in operation in the pulp and possibly associated with orthodontic pain and inflammation. Experimental force was applied to the maxillary first and second molars by inserting an elastic band between them for 6-72 h. PGIS, PTGIR (the IP receptor gene), and TRPV1 mRNA levels in the coronal pulp were analyzed with real-time PCR. PGIS, IP receptor, and TRPV1 proteins were immunostained. The force stimulation induced significant upregulation of PGIS at 6-24 h, and PTGIR and TRPV1 at 6 and 12 h in the pulp. PGIS was immunolocalized in odontoblasts and some fibroblasts in the force-stimulated pulp. The IP receptor and TRPV1 immunoreactivities were detected on odontoblasts and some nerve fibers. It was concluded that PGIS, PTGIR, and TRPV1 in rat molar pulp were significantly upregulated shortly after the force application, and that the IP receptor was co-expressed on TRPV1-expressing nerves and odontoblasts. These findings suggest that the PGI2-IP receptor-TRPV1 pathway is associated with the acute phase of force-induced pulp changes involving odontoblasts and nerves.

    DOI: 10.1007/s10266-017-0309-2

    PubMed

    researchmap

  • Orthodontic force application upregulated pain-associated prostaglandin-I2/PGI2-receptor/TRPV1 pathway-related gene expression in rat molars. 査読

    Mariko Ohkura, Naoto Ohkura, Nagako Yoshiba, Kunihiko Yoshiba, Hiroko Ida-Yonemochi, Hayato Ohshima, Isao Saito, Takashi Okiji

    Odontology   106 ( 1 )   2 - 10   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to analyze the mRNA expression and protein localization of prostaglandin I2 (PGI2) synthase (PGIS), the PGI2 receptor (IP receptor) and transient receptor potential cation channel, subfamily V, member 1 (TRPV1) in force-stimulated rat molars, toward the elucidation of the PGI2-IP receptor-TRPV1 pathway that is in operation in the pulp and possibly associated with orthodontic pain and inflammation. Experimental force was applied to the maxillary first and second molars by inserting an elastic band between them for 6-72 h. PGIS, PTGIR (the IP receptor gene), and TRPV1 mRNA levels in the coronal pulp were analyzed with real-time PCR. PGIS, IP receptor, and TRPV1 proteins were immunostained. The force stimulation induced significant upregulation of PGIS at 6-24 h, and PTGIR and TRPV1 at 6 and 12 h in the pulp. PGIS was immunolocalized in odontoblasts and some fibroblasts in the force-stimulated pulp. The IP receptor and TRPV1 immunoreactivities were detected on odontoblasts and some nerve fibers. It was concluded that PGIS, PTGIR, and TRPV1 in rat molar pulp were significantly upregulated shortly after the force application, and that the IP receptor was co-expressed on TRPV1-expressing nerves and odontoblasts. These findings suggest that the PGI2-IP receptor-TRPV1 pathway is associated with the acute phase of force-induced pulp changes involving odontoblasts and nerves.

    DOI: 10.1007/s10266-017-0309-2

    PubMed

    researchmap

  • A survey of orthodontic treatment in team care for patients with syndromic craniosynostosis in Japan 査読

    Takafumi Susami, Toshihiko Fukawa, Haruyo Miyazaki, Teruo Sakamoto, Tadashi Morishita, Yoshiaki Sato, Yoshiaki Kinno, Kazuyuki Kurata, Keiichiro Watanabe, Toshikazu Asahito, Isao Saito

    Cleft Palate-Craniofacial Journal   55 ( 4 )   479 - 486   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications Ltd  

    Objective: To understand the actual condition of orthodontic treatment in team care for patients with syndromic craniosynostosis (SCS) in Japan. Design: A nationwide collaborative survey. Setting: Twenty-four orthodontic clinics in Japan. Patients: A total of 246 patients with SCS. Main Outcome Measure: Treatment history was examined based on orthodontic records using common survey sheets. Results: Most patients first visited the orthodontic clinic in the deciduous or mixed dentition phase. Midface advancement was performed without visiting the orthodontic clinic in about a quarter of the patients, and more than a half of the patients underwent “surgery-first” midface advancement. First-phase orthodontic treatment was carried out in about a half of the patients, and maxillary expansion and protraction were performed. Tooth extraction was required in about two-thirds of patients, and the extraction of maxillary teeth was required in most patients. Tooth abnormalities were found in 37.8% of patients, and abnormalities of maxillary molars were frequently (58.3%) found in patients who had undergone midface surgery below the age of 6 years. Conclusions: Many patients underwent “surgery-first” midface advancement, and visiting the orthodontic clinic at least before advancement was considered desirable. First-phase orthodontic treatment should be performed considering the burden of care. Midface advancement below the age of 6 years had a high risk of injury to the maxillary molars. This survey is considered useful for improving orthodontic treatment in team care of patients with SCS.

    DOI: 10.1177/1055665617747703

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Inhibition of the degrading of 2-arachydonoylglycerol (2-AG) attenuated orofacial neuropathic pain following an injury to the trigeminal nerve in mice 査読

    Kamimura R, Hossain MZ, Unnno S, Ando H, Masuda Y, Takahashi K, Otake M, Saito I, Kitagawa J

    J Oral Sci   60 ( 1 )   37 - 44   2018年

     詳細を見る

  • Changes of nasal and oronasopharyngeal airway morphologies and nasal respiratory function following orthognathic surgery 査読

    Yusuke Asai, Daichi Hasebe, Isao Saito, Tadaharu Kobayashi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   30 ( 4 )   313 - 318   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Objective: The aim of this study was to determine the effects of maxillomandibular movements by orthognathic surgery on nasal and oronasopharyngeal airway morphologies and nasal respiratory function. Methods: The subjects were 32 patients in whom jaw deformities were corrected by two jaw surgery. The amount of jaw movements was evaluated on cephalograms taken before surgery and more than six months after surgery, and morphological changes were evaluated using helical computed tomography (CT), and nasal airway resistance (NAR) for the objective evaluation of nasal respiratory function was measured by anterior rhinomanometry. The results showed that the volume of the nasal cavity and NAR was not changed significantly after surgery. However, the change of NAR was negatively correlated with changes of nasopharyngeal volume and the cross-sectional area in the palatal section (P-CSA). The change of NAR correlated with horizontal movement at B-point. Furthermore, the amount of vertical movement of the maxilla at the posterior nasal spine (PNS) was significantly correlated with reductions in the volume of the oropharynx upper region. Conclusion: There was little association of changes in maxillomandibular position or nasal and oronasopharyngeal airway morphologies with nasal respiratory function. This might be because of compensatory biomedical action to maintain nasal respiratory function.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2017.11.011

    Scopus

    researchmap

  • Inhibition of 2-arachydonoylgycerol degradation attenuates orofacial neuropathic pain in trigeminal nerve-injured mice 査読

    Rantaro Kamimura, Mohammad Zakir Hossain, Shumpei Unno, Hiroshi Ando, Yuji Masuda, Kojiro Takahashi, Masanori Otake, Isao Saito, Junichi Kitagawa

    Journal of Oral Science   60 ( 1 )   37 - 44   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon University, School of Dentistry  

    Current therapeutics are not effective for orofacial neuropathic pain, and better options are needed. The present study used inferior orbital nerve (ION)-injured mice to investigate the effect of inhibiting monoacylglycerol lipase (MAGL), an enzyme that degrades the major endocannabinoid 2-arachydonoylgycerol (2-AG) in orofacial neuropathic pain. The head-withdrawal threshold to mechanical stimulation of the whisker pad was reduced on days 3, 5, and 7 after ION injury. Injection of JZL184, a selective inhibitor of MAGL, on day 7 after ION injury attenuated the reduction in head-withdrawal threshold at 2 h after administration. Moreover, the numbers of MAGL-immunoreactive neurons in the trigeminal subnucleus caudalis (Vc) and upper cervical spinal cord (C1-C2) were significantly greater in ION-injured mice than in sham-operated mice but were reduced after administration of JZL184. The increase in MAGL immunoreactivity suggests that increased 2-AG production is followed by rapid enzymatic degradation of 2-AG. JZL184 inhibited this degradation and thus increased 2-AG concentra- tion in the brain, particularly in the Vc and C1-C2 regions, thus attenuating pain. Our findings suggest that inhibition of 2-AG degradation by MAGL inhibitors is a promising therapeutic option for treatment of orofacial neuropathic pain.

    DOI: 10.2334/josnusd.17-0005

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The effect of ROCK inhibitor on bone remodeling 査読

    Juri Nakata, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Jun Nihara, Isao Saito, Yoshito Kakihara, Makio Saeki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   32   S229 - S229   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

    researchmap

  • Cephalometric evaluation after two-stage palatoplasty combined with a Hotz plate: a comparative study between the modified Furlow and Widmaier-Perko methods 査読

    K. Madachi, R. Takagi, T. Asahito, Y. Kodama, R. Ominato, A. Iida, K. Ono, I. Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   46 ( 5 )   539 - 547   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The effects on craniofacial growth of two different soft palate repair techniques in two-stage palatoplasty were investigated. This was a retrospective, cross-sectional cohort study of 68 children with non-syndromic, complete unilateral cleft lip and palate. Thirty-four patients were treated with the modified Furlow method (F-group) and the remaining 34 with the Widmaier-Perko method (P-group). Craniofacial growth was assessed by analyzing 12 angular and 12 linear measurements on lateral cephalograms. Composite facial diagrams from the two groups were compared with those of a control non-cleft group. Angular and linear measurements did not differ significantly between the two groups, implying that the craniofacial morphology was not affected by the difference in soft palate repair technique. However, small differences in anterior nasal spine and posterior nasal spine were found in cleft patients compared with controls. These findings suggest that the modified Furlow and Widmaier-Perko methods have a similar impact on craniofacial growth. Considering speech function, the modified Furlow method provides better craniofacial growth and speech function. However, the long-term effects of both methods on craniofacial growth after growth cessation remain to be determined.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2017.01.009

    Web of Science

    researchmap

  • Impact of orthognathic surgery on oral health-related quality of life in patients with jaw deformities

    K. Kurabe, T. Kojima, Y. Kato, I. Saito, T. Kobayashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   45 ( 12 )   1513 - 1519   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The purpose of this study was to clarify the impact of orthognathic surgery on oral health-related quality of life (OHRQOL) in patients with jaw deformities. The subjects were 65 patients (21 males and 44 females) who underwent orthognathic surgery. The mean age of the patients was 23.6 years. Forty-seven patients had skeletal class III malocclusions, eight patients had skeletal class II, and 10 patients had skeletal class I with facial asymmetry and/or open bite. OHRQOL was assessed using the Japanese version of the Oral Health Impact Profile (OHIP-J54) before and 6 months after surgery. While OHIP-J54 scores in the patients before surgery were significantly higher than those in the control subjects, OHIP-J54 scores after surgery were significantly lower than those before surgery. OHIP-J54 scores in older patients were significantly higher than those in younger patients. In conclusion, most patients with jaw deformities have lower OHRQOL than individuals with normal occlusion, and orthognathic surgery has a positive impact on OHRQOL. The determination of OHRQOL in patients with jaw deformities seems to be very useful for understanding the patients' problems and for assessing the extent of changes in terms of patient well-being.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2016.07.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Three-dimensional analysis of facial changes in skeletal Class III patients following mandibular setback surgery 査読

    Kazuomi Nishino, Akihiro Kohara, Yuri Yakita, Kanako Ochi, Takafumi Hayashi, Ritsuo Takagi, Tadaharu Kobayashi, Kazuto Terada, Isao Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   28 ( 6 )   481 - 487   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Objective To identify the degree of correlation of various parameters using multiple linear regression analysis with soft tissue changes as the response variable. Subjects and methods The subjects comprised 10 skeletal Class III patients who had undergone bilateral sagittal split osteotomy (BSSO). The candidates for the explanatory variables included 10 parameters, such as overjet, overbite, sella–nasion–A point angle (SNA), upper incisor inclination (U1-SN), incisor mandibular plane angle (IMPA), gonial angle, nasolabial angle, menton deviation, soft tissue thickness, and hard tissue changes. These parameters were measured using cephalograms, dental cast models, and a three-dimensional integration model. Finally, 5 parameters were chosen as explanatory variables. A standard regression coefficient (β value) and an adjusted R-square (R*2 value) were used to assess correlations between soft tissue changes and to evaluate the regression equation. Results In the zygomatic arch and maxillary regions, β values for overjet and SNA were particularly positive and high, whereas those for hard tissue changes were negative and low. In the mandibular central regions, β values for hard tissue changes were positive and high. In the other mandibular regions, β values for menton deviation were higher than those for hard tissue changes. The R*2 values in all regions were greater than 0.5. Conclusion Overjet and SNA were more strongly associated with soft tissue changes in the zygomatic arch maxillary regions than hard tissue changes. The extent of mandibular retraction and menton deviation was highly correlated with the mandibular central regions and the other mandibular regions, respectively.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2016.05.006

    Scopus

    researchmap

  • The interactions between different tastes on initiation of reflex swallow elicited by electrical stimulation in humans 査読

    Masanori Otake, Masayuki Kurose, Yoshiaki Uchida, Mana Hasegawa, Yoshiaki Yamada, Isao Saito, Kensuke Yamamura

    ODONTOLOGY   104 ( 3 )   282 - 290   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The act of eating is a source of pleasure for people and is a major factor in maintaining a good quality of life. Several types of products for dysphagia patients are available to decrease aspiration of food that often accompanies daily food intake. The final goal of these products is to improve the ease of forming a food bolus and/or the safety of the swallowing process; however, tastes of products are not a major concern with initiation of swallowing. In the present study, we investigated the effect of bitter taste stimuli (quinine) and the combination of quinine and umami (monosodium glutamate: MSG) applied to the oropharynx on reflex swallows evoked by electrical stimulation to the oropharyngeal mucosa. Each of the distilled water (DW), quinine and quinine-MSG mixture solution (volume of each solutions, 100 A mu l) was applied 1 s prior to electrical stimulation. No swallow was evoked when each of the solutions was applied without electrical stimulation. The application of DW and lower concentration of quinine (&lt; 100 A mu M) did not affect the latency of reflex swallow, but 100 A mu M quinine application increased the latency of the reflex swallow. In addition, application of quinine-MSG mixture solution counteracted the increase in latency induced by quinine application alone. These findings suggest that MSG enhances the initiation of swallowing along with its well-known increase in appetite stimulation. Adding MSG might be effective when creating food to promote swallowing.

    DOI: 10.1007/s10266-015-0226-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Relationships among. maxillofacial morphologies, bone properties, and bone metabolic markers in patients with jaw deformities 査読

    D. Saito, T. Mikami, Y. Oda, D. Hasebe, H. Nishiyama, I. Saito, T. Kobayashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   45 ( 8 )   985 - 991   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The aim of this study was to determine the relationships among bone properties, bone metabolic markers, and types of jaw deformity. The subjects were 55 female patients with jaw deformities. Skeletal morphology was examined using lateral cephalograms, and the patients were divided into three groups according to the type of anteroposterior skeletal pattern. Serum osteocalcin, bone alkaline phosphatase, and tartrate-resistant acid phosphatase isoform 5b, as well as deoxypyridinoline in urine, were measured as bone metabolic markers Quantitative ultrasound (QUS) measurements were used to assess bone properties at the calcaneal bone. The bone volume and bone density of the condylar process were measured in 43 patients by computed tomography. There were no significant differences in bone metabolic markers and QUS parameters between the groups, although bone formation and resorption markers tended to be higher in patients with a protrusive mandible. On the other hand, patients with mandibular retrusion had a higher tendency to have small and dense condylar processes. In conclusion, the results suggest that growth depression or a degenerative change in the mandibular condyle is involved in the pathogenesis of mandibular retrusion, although risk factors for progressive condylar resorption were not determined.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2016.02.003

    Web of Science

    researchmap

  • Nonsurgical treatment of an adult with an open bite and large lower anterior facial height with edgewise appliances and temporary anchorage devices 査読

    Tadao Fukui, Hiroyuki Kano, Isao Saito

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   149 ( 6 )   889 - 898   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    A woman was referred to the orthodontic clinic for treatment. She was diagnosed with a skeletal Class II malocclusion, a steep mandibular plane, and an anterior open bite. Conventional orthodontic treatment was considered to correct the maxillary protrusion and anterior open bite, but the patient also requested improvement of her facial esthetics. We therefore decided that nonsurgical treatment consisting of 4 premolar extractions combined with temporary anchorage devices was indicated. Satisfactory improvement of the overjet and overbite, and proper functional occlusion were obtained, resulting in a Class I molar relationship. Active treatment was completed in 2 years 10 months, and the result remained stable at 2 years 6 months after debonding.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2015.07.043

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Tongue pressure production during swallowing in patients with mandibular prognathism 査読

    K. Sakaue, T. Fukui, C. Sasakura, K. Hori, T. Ono, I. Saito

    JOURNAL OF ORAL REHABILITATION   43 ( 5 )   348 - 355   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Abnormalities of swallowing in patients with mandibular prognathism have not been evaluated quantitatively. The aim of this study was to compare tongue pressure production for bolus transfer between volunteers with normal occlusion and patients with mandibular prognathism. The control group had 10 female volunteers with normal occlusion, and the patient group had 10 women with mandibular prognathism. Tongue pressure was measured by a palatal sensor sheet at five sites on swallowing 4 mL of a tasteless and odourless jelly. Results: The tongue pressure waveform differed between the control and patient groups. The incidence of a double-peak tongue pressure waveform was more frequent in the patient group. In both groups, the exertion of tongue pressure began at the anterior point of the sensor sheet, followed by the peripheral parts. Although the order of expression of tongue pressure was the same for the two groups, maximum tongue pressure at all parts of the sensor sheet was lower in the patient group than in the control group. Furthermore, swallowing time was longer in the patient group than in the control group at the peripheral parts of the palate. These results clearly show the difference in tongue pressure production during swallowing between patients with mandibular prognathism and volunteers with normal occlusion. The current findings suggest that maxillofacial morphology may affect tongue movement during swallowing.

    DOI: 10.1111/joor.12379

    Web of Science

    researchmap

  • The inhibitors of cyclin-dependent kinases and GSK-3β enhance osteoclastogenesis 査読

    Yosuke Akiba, Akiko Mizuta, Yoshito Kakihara, Juri Nakata, Jun Nihara, Isao Saito, Hiroshi Egusa, Makio Saeki

    Biochemistry and Biophysics Reports   5   253 - 258   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2016 The Authors. Published by Elsevier B.V. Osteoclasts are multinucleated cells with bone resorption activity that is crucial for bone remodeling. RANK-RANKL (receptor activator of nuclear factor κB ligand) signaling has been shown as a main signal pathway for osteoclast differentiation. However, the molecular mechanism and the factors regulating osteoclastogenesis remain to be fully understood. In this study, we performed a chemical genetic screen, and identified a Cdks/GSK-3β (cyclin-dependent kinases/glycogen synthase kinase 3β) inhibitor, kenpaullone, and two Cdks inhibitors, olomoucine and roscovitine, all of which significantly enhance osteoclastogenesis of RAW264.7 cells by upregulating NFATc1 (nuclear factor of activated T cells, cytoplasmic 1) levels. We also determined that the all three compounds increase the number of osteoclast differentiated from murine bone marrow cells. Furthermore, the three inhibitors, especially kenpaullone, promoted maturation of cathepsin K, suggesting that the resorption activity of the resultant osteoclasts is also activated. Our findings indicate that inhibition of GSK-3β and/or Cdks enhance osteoclastogenesis by modulating the RANK-RANKL signaling pathway.

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2015.12.011

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effects of orthognathic surgery on psychological status of patients with jaw deformities

    H. Takatsuji, T. Kobayashi, T. Kojima, D. Hasebe, N. Izumi, I. Saito, C. Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   44 ( 9 )   1125 - 1130   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The purpose of this study was to determine the effect of orthognathic surgery on psychological status. The subjects were 119 patients (38 males and 81 females, mean age 25.5 +/- 9.4 years) who underwent orthognathic surgery. They were divided into class III (84 patients), class II (20 patients), and class I (15 patients) groups according to the anteroposterior skeletal pattern, and they were also divided into an asymmetry group (51 patients) and a symmetry group (68 patients). We assessed psychological status using the Minnesota Multiphasic Personality Inventory (MMPI) before surgery and at more than 6 months after surgery. The MMPI scores for the depression, hysteria, psychasthenia, and social introversion scales were significantly higher than standard values before surgery, and the hypomania scale significantly lower. The cannot say scale, depression scale, and hysteria scale decreased significantly after surgery. A comparison of MMPI scores among the groups showed the depression scale in the class III group to be higher than those in the class I and II groups; there was no significant difference between the asymmetry and symmetry groups. In conclusion, orthognathic surgery has a positive influence on the psychological status of patients with jaw deformities, especially patients with skeletal class III malocclusion.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2015.02.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Alterations in the expression pattern of the acid-sensing ion channel 3 (AcSIC3) during the regeneration of periodontal Ruffini endings 査読

    Ihyo C, SAITO I

    Niigata Dent J   45 ( 1 )   7 - 17   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Finite element analysis of mandibular molar protraction mechanics using miniscrews 査読

    Jun Nihara, Krystyna Gielo-Perczak, Lucas Cardinal, Isao Saito, Ravindra Nanda, Flavio Uribe

    EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS   37 ( 1 )   95 - 100   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Background/Objectives: The aim of this study was to determine the most desirable force system to achieve molar protraction from an interdental miniscrew minimizing side-effects. Several iterations of force delivery were simulated through variations in the height of a miniscrew, length of a molar extension arm, and incorporation of a lingual force.
    Materials/Methods: A three-dimensional mesh model of the right posterior segment of the mandible was developed from cone beam computed tomography data from a patient missing a first molar. Protraction appliances were constructed using computer-aided design software and integrated with finite element software. After mesh generation, a total of 80 loading conditions were simulated by altering the extension arm length (2-10 mm), miniscrew height (0-8 mm), and magnitude of protraction force from the lingual side (0-1.5 N). A constant labial force of 1 N was used in all models.
    Results: As the length of the extension arm increased, mesial tipping decreased, rotation decreased, and buccolingual inclination remained the same without lingual traction force. Lingual traction reduced rotation but increased tipping. Similar trends were observed in all situations despite of the height of the miniscrew.
    Conclusions: The height of the miniscrew is not as critical in affecting tooth movement during mandibular second molar protraction as the length of the extension arm. The most ideal force system in the model appeared to be the longest extension arm (10 mm) with the addition of a lingual force of half or equal magnitude of the labial force.

    DOI: 10.1093/ejo/cju017

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 口蓋裂言語評価セミナー:―日本口蓋裂学会Japancleft委員会活動報告―

    藤原 百合, 後藤 昌昭, 鈴木 恵子, 齋藤 功, 須佐美 隆史, 朝日藤 寿一, 槇 宏太郎, 吉村 陽子, 鈴木 茂彦, 小野 和宏

    日口蓋誌   40 ( 3 )   248 - 252   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本口蓋裂学会  

    A seminar on the assessment of cleft palate speech hosted by the Japancleft Committee, Japanese Cleft Palate Association, was held at the University Hospital and the Sanjo Conference Hall, the University of Tokyo on January 31 and February 1, 2015. The purpose of the seminar was to increase awareness of the issues on standardized speech assessment among Japanese speech and language therapists and researchers in the field, and to propose a standardized system which is compatible with international approaches. A training protocol for valid and reliable assessment is to be developed, taking lessons from experiences in the UK and Ireland. Dr. Debbie Sell and Dr. Triona Sweeney, who developed the Cleft Audit Protocol for Speech-Augmented (CAPS-A) and a training package, were invited as lecturers at the seminar. The number of participants was 134, including 67 speech therapists, 57 dentists, and 10 plastic surgeons.&lt;br&gt;The questionnaire survey at the end of the seminar revealed that the importance of developing a standardized assessment system in Japan was fully recognized. From now on, efforts to develop a standardized assessment system will be continued by the working group in the Japancleft Committee.

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of local application of an antibody against brain-derived neurotrophic factor on neuroma formation after transection of the inferior alveolar nerve in the rat 査読

    Yessenia M. Valverde Guevara, Hiroyuki Yoshikawa, Isao Saito, Takeyasu Maeda, Kenji Seo

    NEUROREPORT   25 ( 13 )   1069 - 1074   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    This study aimed to examine the contributions of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) at the injury site toward neuroma formation and nerve regeneration after inferior alveolar nerve transection. Histological analysis confirmed neuroma formation at 2 weeks after complete transection of the inferior alveolar nerve. A local administration of an antibody to BDNF inhibited connective tissue proliferation at the injury site and promoted nerve fiber integrity. Fluorogold labeling showed a significantly higher number of labeled cells in the trigeminal ganglion in the anti-BDNFtreated group compared with the vehicle control group. In-situ hybridization histochemistry showed intense signals for tropomyosin receptor kinase B mRNA in the area of the injury site containing fibrous or granular tissue in the anti-BDNF-treated group. In contrast, these signals were close to the detection limit in the area of the perineurium in intact nerve trunks, indicating that the signals were expressed by fibroblasts within the connective tissue. These findings suggest that antagonization of endogenous BDNF induced by nerve injury reduces neuroma formation, without inhibiting damaged axon regeneration. (C) 2014 Wolters Kluwer Health vertical bar Lippincott Williams & Wilkins.

    DOI: 10.1097/WNR.0000000000000231

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Orthodontic treatment combined with tooth transplantation for an adult patient with a missing mandibular first molar: Long-term follow-up 査読

    Yohei Watanabe, Tamaki Mohri, Rumi Yoshida, Masaki Yamaki, Isao Saito

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   145 ( 4 )   S114 - S124   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    A Japanese woman, age 29 years 8 months, had a missing mandibular left first molar, bimaxillary dentoalveolar protrusion, and crowding. She had a skeletal Class II relationship and a long face with a steep mandible. She had previously undergone root canal treatment for the mandibular right second premolar, and the mandibular left third molar was impacted. The maxillary left first premolar was extracted for autotransplantation to the mandibular left first molar region. After confirmation of a favorable prognosis for the transplanted tooth, the maxillary right first premolar, the mandibular right second premolar, and the impacted mandibular left third molar were extracted for orthodontic treatment. The active orthodontic treatment period was 32 months. The patient returned for follow-up records 12 years 7 months after the active treatment, and her facial profile and occlusion were well maintained. At 13 years 9 months after transplantation, no abnormalities were observed with the transplanted tooth in the radiographic and clinical evaluations.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2013.07.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Facilitation of the swallowing reflex with bilateral afferent input from the superior laryngeal nerve 査読

    Kojiro Takahashi, Tomio Shingai, Isao Saito, Kensuke Yamamura, Yoshiaki Yamada, Junichi Kitagawa

    NEUROSCIENCE LETTERS   562   50 - 53   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    To determine the cooperative effect of laryngeal afferent signals on the swallowing reflex, we examined whether afferent signals originating from the left and right superior laryngeal nerve (SLN) modulates elicitation of the swallowing reflex in urethane-anesthetized rats. Mylohyoid electromyographic activity was recorded to quantify the swallowing reflex. The onset latency of the swallowing reflex and the time intervals between successive swallows were used to quantify and compare the effects of unilateral and bilateral electrical stimulations of the SLN. The mean latency of the first swallow and the mean time interval between swallows evoked with low frequency stimulation were both significantly different between unilateral and bilateral stimulations of the SLN. These findings suggest that facilitatory effect of afferent signals originating from the SLN bilaterally increase the motoneuronal activity in the medullary swallowing center and enhance the swallowing reflex. (C) 2014 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2014.01.017

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of speech and morphological changes after maxillary advancement for patients with velopharyngeal insufficiency due to repaired cleft palate using a nasometer and lateral cephalogram 査読

    Kazuko Kudo, Ritsuo Takagi, Yasumitsu Kodama, Emiko Terao, Toshikazu Asahito, Isao Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   26 ( 1 )   22 - 27   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: To assess the postoperative speech and pharyngeal space changes after surgical maxillary advancement, we sought to objectively evaluate these parameters in patients with velopharyngeal insufficiency following palatoplasty due to cleft palate. Subjects and methods: The subjects were 10 cleft palate patients (Group C: 4 males and 6 females, with a mean age of 18 years and 1 month at the time of operation) who had undergone Le-Fort I osteotomies with a mean maxillary advancement of 3.85. mm (range 3.0-5.0. mm). A nasometer test was performed using a nasometer. Articulation during speech was evaluated by a speech therapist. These evaluations were performed immediately before surgery and several weeks, 3 months, and 6 months after the surgery, respectively. Lateral cephalograms of the skull were used for morphological evaluation at 3 months before the surgery and at several weeks and 6 months after the surgery. We examined several parameters using the cephalograms. These data were compared with those of 10 patients without cleft palate who had undergone surgical maxillary advancement for jaw deformities. Results: The nasalance scores (p= 0.001) and the lengths of the soft palate (p&lt
    . 0.0001) before surgery differed significantly between the two groups. The nasalance score in Group C was found to temporarily worsen after the surgery, but recovered within 6 months. Abnormal articulations were detected in two Group C patients, but this similarly recovered within 6 months. Discussion and conclusions: Surgical maxillary advancement may be a useful strategy for patients with velopharyngeal insufficiency following palatoplasty due to cleft palate. © 2013 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2013.07.006

    Scopus

    researchmap

  • DAI scores and its relation to self-perceived dental aesthetic and orthodontic concern in Bangladesh and Japan 査読

    Ali Ahsan, Masaki Yamaki, Hirotomi Toshinobu, Zakir Hossain, Isao Saito

    Orthodontic Waves   72 ( 3 )   99 - 104   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: To investigate the relationship between the severity of occlusal irregularities and orthodontic treatment concern among the population of a developing country using DAI score and to compare with the relationship found in a developed country. Materials and methods: The sample comprised 400 randomly selected university students of Bangladesh, a developing country, 210 males and 190 females, aged 20-27 years. A pretested questionnaire was used to assess the subjects' satisfaction with own dental appearance and orthodontic treatment concern
    the actual severity of malocclusion was determined using the Dental Aesthetic Index (DAI). Statistical analysis was carried out using t-test for gender differences
    Spearman rank-order correlation coefficients, Scheffe's post hoc test, one way ANOVA and logistic regression analysis were done for correlation between malocclusion severity and response to questionnaire. The data from a similar study that was carried out on the university students of Japan, a developed country, was compared. Result: In Bangladeshi sample, males were more affected by malocclusion. Moderate correlation was found between malocclusion, self-satisfaction and treatment concern where satisfaction was decreased and treatment desire was increased with the severity of malocclusion. In Japanese sample, the prevalence of malocclusion was found more in females. Self-satisfaction and malocclusion showed weak correlation and no significant correlation was found between treatment concern and malocclusion. Conclusion: Although DAI can be used universally to evaluate malocclusion and self-perception, it should be used carefully to determine the subjects' actual desire for orthodontic treatment where the socio-economic condition can be a provocative factor. © 2013 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2013.05.003

    Scopus

    researchmap

  • Effects of surgical orthodontic treatment for dentofacial deformities on signs and symptoms of temporomandibular joint 査読

    Masaki Togashi, Tadaharu Kobayashi, Daichi Hasebe, Akinori Funayama, Toshihiko Mikami, Isao Saito, Takafumi Hayashi, Chikara Saito

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   25 ( 1 )   18 - 23   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: The purpose of this study was to determine the incidence of temporomandibular joint (TMJ) signs and symptoms in patients with dentofacial deformities and to assess longitudinally the changes in TMJ signs and symptoms after surgical orthodontic treatment. Materials and methods: The subjects consisted of 170 patients with dentofacial deformities. A combination of Le Fort I osteotomy and bilateral sagittal split osteotomies was used in 112 patients, bilateral sagittal split osteotomies were performed in 58 patients. The joints were examined clinically and by computed tomography. Results: TMJ signs and symptoms were recognized in 29.5% of the patients, and disk displacements and condylar bone changes were recognized in 22.1% and 13.4% of the joints, respectively. More patients with mandibular retrusion and asymmetry had TMJ signs and symptoms, disk displacements and condylar bone changes than those with mandibular prognathism. The incidence of TMJ signs and symptoms had significantly decreased to 12.1% at one year after orthognathic surgery, and there were no significant differences in the incidences of TMJ signs and symptoms among the types of dentofacial deformity. Conclusion: Surgical orthodontic treatment has a beneficial effect on TMJ signs and symptoms in most patients with dentofacial deformities. However, there is a risk of TMJ symptoms and signs developing in preoperative asymptomatic patients after orthognathic surgery though the risk is low. © 2012 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2012.05.014

    Scopus

    researchmap

  • Craniofacial cephalometric analysis of Bangladeshi and Japanese adults with normal occlusion and balanced faces: A comparative study. 査読

    Ahsan A, Yamaki M, Hossain Z, Saito I

    Journal of orthodontic science   2 ( 1 )   7 - 15   2013年1月

  • Postoperative changes in mandibular prognathism surgically treated by intraoral vertical ramus osteotomy 査読

    J. Nihara, M. Takeyama, Y. Takayama, Y. Mutoh, I. Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   42 ( 1 )   62 - 70   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    This study investigated short- and long-term postoperative skeletal changes following intraoral vertical ramus osteotomy (IVRO) for mandibular prognathism, as determined from lateral cephalograms. The subjects were 20 patients with mandibular prognathism who had undergone surgical orthodontic treatment combined with IVRO. Lateral cephalograms were taken at six time points: 1 month before surgery, and 1 day, 3 months, 6 months, 1 year, and approximately 2 years after surgery. Intermaxillary fixation (IMF) with four monocortical screws was maintained for 1 week in all patients. Mean posterior movement of the menton (Me) was 5.9 mm at surgery. 3 months after surgery, the FMA and FH-CorMe angles had increased 6.3 and 6.2 degrees, respectively, indicating clockwise rotation of the distal segment of the mandible. This rotation was observed in all 20 patients, suggesting that postoperative rotation of the mandible in the postoperative short term is likely to occur after IVRO and could be considered an adaptation of the mastication system newly established by surgery. In the long term after IVRO, Me had moved anteriorly by only 0.9 mm. and the relapse ratio was 15.3%. These findings suggest the excellent long-term stability of surgical orthodontic treatment combined with IVRO in patients with mandibular prognathism.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2012.06.024

    Web of Science

    researchmap

  • Induction of the Swallowing Reflex by Electrical Stimulation of the Posterior Oropharyngeal Region in Awake Humans 査読

    Hanako Takatsuji, Hossain Md. Zakir, Rahman Md. Mostafeezur, Isao Saito, Yoshiaki Yamada, Kensuke Yamamura, Junichi Kitagawa

    DYSPHAGIA   27 ( 4 )   473 - 480   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    We designed an electrical stimulation system to safely and reliably evoke the swallowing reflex in awake humans, and then examined the neural control of reflex swallowing initiated by oropharyngeal stimulation. A custom-made electrode connected to a flexible stainless-steel coil spring tube was introduced into the pharyngeal region through the nasal cavity and placed against the posterior wall of the oropharynx. Surface electrodes placed over the suprahyoid muscles recorded the electromyogram during swallowing. Swallowing reflexes were induced several times by 30 s of repetitive electrical pulse stimulation (intensity: 0.2-1.2 mA, frequency: 10-70 Hz, pulse duration: 1.0 ms). The onset latency of the swallowing reflex was measured over the 10-70 Hz frequency range. In addition, the two time intervals between the first three swallows were measured. The onset latency of the swallowing reflex became shorter as the stimulus frequency increased up to a parts per thousand currency sign30 Hz. Once the frequency exceeded 30 Hz, there was no further reduction in the latency. This finding was consistent with those of previous studies in anesthetized animals. The time intervals between successive swallowing reflexes did not change with increased stimulus frequencies. Furthermore, prolonged stimulation often failed to elicit multiple swallowing reflexes. The frequency dependence of onset latency suggests that temporal summation of pharyngeal afferents is required to activate the medullary swallowing center. This reliable stimulation method may help in rehabilitation of dysphagic patients without causing aspiration.

    DOI: 10.1007/s00455-012-9393-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)と矯正歯科治療とのかかわり 査読

    竹山雅規, 齋藤 功

    伊藤学而、中島縈一朗、槇 宏太郎、齋藤 功、市川和博 編;臨床家のための矯正YEAR BOOK‘12   34 - 36   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:クインテッセンス出版  

    researchmap

  • Orthodontic treatment combined with temporary anchorage device for a case of Class II with osteoarthrosis of the temporomandibular joint 査読

    Naoko Watanabe, Tadao Fukui, Isao Saito

    Orthodontic Waves   71 ( 3 )   99 - 104   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An adult female patient presented with open bite at Orthodontic Clinic, Niigata University Medical and Dental Hospital. The patient was diagnosed as skeletal Class II open bite with Class III molar relationship, because of temporomandibular joint-osteoarthrosis (TMJ-OA) and the congenital absence of the mandibular lateral incisors. To correct anterior open bite, surgical orthodontic treatment was considered, but post treatment stability was unpredictable and doubtful due to condylar erosion on the CT. We therefore determined that nonsurgical treatment with maxillary first premolars extraction and plate type temporary anchorage device (TAD) placement bilaterally for intruding the maxillary molars would be indicated. At the completion of the active treatment, ideal occlusion was achieved without further resorption of the condyles. Even two years after the treatment, the stable occlusion has been maintained. In conclusion, the orthodontic treatment with TAD is one of the potent devices to provide the ideal occlusion for the patient with TMJ-OA. © 2012 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2012.04.002

    Scopus

    researchmap

  • Immunoexpression of aquaporin-1 in the rat periodontal ligament during experimental tooth movement 査読

    Tomoko Yoshii, Fumiko Harada, Isao Saito, Kayoko Nozawa-Inoue, Yoshiro Kawano, Takeyasu Maeda

    BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO   33 ( 4 )   225 - 233   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMEDICAL RESEARCH PRESS LTD  

    This study examined the immunoexpression pattern of aquaporin-1 (AQP1), first identified as a water channel protein, in the periodontal ligament of rat molars during experimental tooth movement to clarify its role in periodontal responses in an overloaded model by the insertion of a piece of elastic band. In the control group without any treatment, the cementoblasts and osteogenic cells as well as the vascular endothelial cells showed AQP1 immunoreaction. In the experimental group, hyalinized tissue and intensely AQP1 positive amorphous structures which were identified as degenerated endothelial cells by immunoelectron microscopy, occurred at the compression side on Days 1 and 3. AQP1 immunoreaction came to be stronger in the intact endothelial cells around the hyalinized tissue. The hyalinized tissue had almost disappeared by Day 5 when many macrophages reactive to acid phosphatase activity appeared. The periodontal width on Day 7 became almost the same as that in the control group. These findings indicate that the hyalinized tissue and damaged AQP1 positive endothelial cells are phagocytized by macrophages which have temporally migrated, and suggest that the surviving endothelial cells with intense AQP1 reaction are involved in periodontal regeneration by capillary sprouting.

    DOI: 10.2220/biomedres.33.225

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Soft and hard tissue changes after bimaxillary surgery in Japanese Class III asymmetric patients 査読

    Al-Gunaid T, Yamaki M, Takagi R, Saito I

    J Orthod Sci   1 ( 3 )   69 - 76   2012年7月

  • Mesiodistal tooth width and tooth size discrepancies of Yemeni Arabians: A pilot study. 査読

    Al-Gunaid T, Yamaki M, Saito I

    Journal of orthodontic science   1 ( 2 )   40 - 45   2012年4月

  • Progressive condylar resorption after mandibular advancement 査読

    Tadaharu Kobayashi, Naoya Izumi, Taku Kojima, Naoko Sakagami, Isao Saito, Chikara Saito

    BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY   50 ( 2 )   176 - 180   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    Progressive condylar resorption is an irreversible complication and a factor in the development of late skeletal relapse after orthognathic surgery. We have evaluated cephalometric characteristics, signs and symptoms in the temporomandibular joint (TMJ), and surgical factors in six patients (one man and five women) who developed it after orthognathic surgery. The findings in preoperative cephalograms indicated that the patients had clockwise rotation of the mandible and retrognathism because of a small SNB angle, a wide mandibular plane angle, and a "minus" value for inclination of the ratrius. There were erosions or deformities of the condyles, or both, on three-dimensional computed tomography (CT) taken before treatment. The mean (SD) anterior movement of the mandible at operation was 12.1 (3.9) mm and the mean relapse was -6.4 (2.5) mm. The mean change in posterior facial height was 4.5 (2.1) mm at operation and the mean relapse was -5.3 (1.8) mm. Two patients had click, or pain, or both, preoperatively. The click disappeared in one patient postoperatively, but one of the patients who had been symptom-free developed crepitus postoperatively. In the classified resorption pattern, posterior superior bone loss was seen in three cases, anterior superior bone loss in two, and superior bone loss in one. Progressive condylar resorption after orthognathic surgery is multifactorial, and some of the risk factors are inter-related. Patients with clockwise rotation of the mandible and retrognathism in preoperative cephalograms; erosion, or deformity of the condyle, or both, on preoperative CT; and wide mandibular advancement and counterclockwise rotation of the mandibular proximal segment at operation, seemed to be at risk. The mandible should therefore be advanced only when the condyles are stable on radiographs, and careful attention should be paid to postoperative mechanical loading on the TMJ in high-risk patients. (C) 2011 The British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bjoms.2011.02.006

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Nonsurgical treatment of adult skeletal Class III malocclusion with crowding and missing four premolars corrected with extraction of mandibular first molars 査読

    Tadao Fukui, Fumiko Harada, Shuichi Morita, Isao Saito

    Orthodontic Waves   71 ( 1 )   31 - 38   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An adult male patient was present with anterior cross bite. He was referred to Orthodontic Clinic of Niigata University Medical and Dental Hospital for recommendation of surgical orthodontic treatment by general practitioner. The patient was diagnosed as skeletal Class III with anterior crowding and missing four premolars. To correct anterior cross bite and crowding, surgical orthodontic treatment was considered, but the patient refused orthognathic surgery. We therefore determined that nonsurgical treatment with mandibular bilateral first molar extraction would be indicated. After treatment, suitable overjet, overbite and proper functional occlusion were attained with Class I molar relation. Active treatment was 34 months, and the treatment result remained stable 2 years and 4 months after debonding. © 2011 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2011.09.005

    Scopus

    researchmap

  • Mesiodistal tooth width and size discrepancies of Yemeni Arabians: A piloto study 査読

    Al-Gunaid T, Yamaki M, Saito I

    J Orthod Sci   1 ( 2 )   40 - 45   2012年

     詳細を見る

  • Long-term changes in the occlusion post-retention on Japanese 査読

    K. Kanayama, N. Watanabe, M. Takeyama, M. Yamaki, K. Ishii, I. Saito

    Orthodontic Waves   70 ( 3 )   89 - 94   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: This study was designed to elucidate the changes in the occlusal condition over a long period of time post-retention in Japanese patients who had undergone extraction treatment with the standard edgewise system (SES), a method of treatment in which the intercanine width and intermolar width are kept unchanged in pre- and post-treatment. Materials and methods: 21 patients were selected from the records of Niigata University Medical and Dental Hospital. These patients had undergone extraction treatment with SES, and their retainers were removed 5 or more years before. The study models were assessed pre-treatment (T1), post-treatment (T2), post-retention (T3), and more than 5. years post-retention (T4) to investigate overjet, overbite, intercanine and intermolar widths, total arch depth and the Irregularity Index (I.I.). Results and discussion: The number of subjects in this study was larger than that in other long-term progress reports on Japanese patients post-retention. The interval between T3 and T4 was on average 8. years and 2 months. Both the mandibular I.I. and the maxillary I.I. became minimum values, suggesting that all the cases had been stable for a long period time post-retention.There were no significant changes in the intercanine width between T1 and T2, which means that the treatment had been performed based on a concept of minimizing any potential changes in intercanine width. Conclusion: The treatment procedure of minimizing potential changes in intercanine width and aligning the teeth in consideration of individual alveolar morphology would contribute to long-term stability of occlusion after retention. © 2011 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2011.02.004

    Scopus

    researchmap

  • Detection of acid-sensing ion channel 3 (ASIC3) in periodontal Ruffini endings of mouse incisors 査読

    Farhana Rahman, Fumiko Harada, Isao Saito, Akiko Suzuki, Yoshiro Kawano, Kenji Izumi, Kayoko Nozawa-Inoue, Takeyasu Maeda

    NEUROSCIENCE LETTERS   488 ( 2 )   173 - 177   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    The acid-sensing ion channel 3 (ASIC3), a member of the epithelial sodium channel/degenerin (ENaC/DEG) superfamily, has been reported to participate in acid sensing, mechanosensation, and nociception. However, no information is available regarding the precise localization and function of this molecule in the periodontal ligament, which contains abundant sensory nerves originating from the trigeminal ganglion. The present study examined the expression of ASIC3 in the lingual periodontal ligament of mouse incisors by immunohistochemistry. Furthermore, the expression of ASIC3 in the trigeminal ganglion which innervates the periodontal ligament - was investigated at protein (immunohistochemistry and quantitative analysis) and mRNA levels (RT-PCR technique and in situ hybridization histochemistry). Immunohistochemistry for ASIC3 was able to demonstrate dendritic profiles of the periodontal Ruffini endings in the mouse incisors. No thin fibers terminating as nociceptive free nerve endings exhibited ASIC3 immunoreactivity. Double immunofluorescent staining revealed ASIC3 immunoreaction in the axoplasm but not in the ordinary Schwann cells - including the associated terminal Schwann cells. Observation of the trigeminal ganglia showed variously sized neurons expressing ASIC3 immunoreaction; the most intense immunopositivity was found in the small and medium-sized neurons, as confirmed by in situ hybridization histochemistry using a specific cRNA probe. Quantitative analysis on trigeminal ganglion neurons showed that 38.0% of ASIC3 neurons could be categorized as medium-sized neurons which mediate mechanotransduction. These findings suggest that ASIC3 functions as a molecule for mechanosensation in the periodontal Ruffini endings. (C) 2010 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2010.11.023

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical considerations in adult orthodontic treatment 査読

    SAITO I, Sasagawa M, Watanabe Y, Watanabe N, Takeyama M

    World J Orthod   167 - 169   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Long-term observation of autotransplanted teeth with complete root formation in orthodontic patients 査読

    Yohei Watanabe, Tamaki Mohri, Masaki Takeyama, Masaki Yamaki, Takashi Okiji, Chikara Saito, Isao Saito

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   138 ( 6 )   720 - 726   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Introduction: The objective of this investigation was to examine the factors influencing the long-term prognosis of autotransplanted teeth with complete root formation. Methods: Thirty-eight teeth, autotransplanted in 32 patients, were examined more than 6 years after transplantation. Periodontal health, condition of restoration, mobility, occlusal contact, level of gingival margin, and course of orthodontic movement were investigated clinically and with radiographs. Results: More than 6 years after autotransplanation, 33 teeth survived in 27 patients. The survival rate was 86.8% (mean observation time, 9.2 years). Abnormal findings were observed in 9 teeth, so the success rate was 63.1%. An inadequate root filling tended to give rise to abnormal findings. Conclusions: The success of autotransplantation of a tooth with complete root formation is affected by the quality of root filling. When possible, clinicians should consider autotransplantation before root formation is complete. (Am J Orthod Dentofacial Orthop 2010;138:720-6)

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2009.03.043

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 口腔顔面領域の慢性疼痛患者に対する初診時の心理的因子の検討

    田中 裕, 村松 芳幸, 真島 一郎, 片桐 敦子, 藤村 健夫, 清水 夏恵, 斉藤 功, 吉嶺 文俊, 下条 文武, 村松 公美子, 櫻井 浩治, 瀬尾 憲司, 染矢 源治

    心身医学   50 ( 12 )   1187 - 1196   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.50.12_1187

    researchmap

  • The effect of timing of secondary alveolar bone graft on craniofacial morphology in patients with unilateral cleft lip and alveolus 査読

    Hemoudi Y, Yamada K, Asahito T, Ono K, Saito C, Takagi R, SAITO I

    Niigata Dent J   40 ( 1 )   19 - 28   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Availability of air powder polishing with crystalline cellulose as a prophylactic method for orthodontic patients with a multi-bracket appliance 査読

    Makiko Shinzawa-Fukushima, Tokiko Kanaya, Noboru Kaneko, Shuichi Morita, Hideo Miyazaki, Isao Saito

    Orthodontic Waves   69 ( 2 )   75 - 81   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to comparatively evaluate the air powder polishing (APP) system with crystalline cellulose with the rubber cup and pumice (RCP) method as prophylactic methods in orthodontic patients. This study included two examinations. First, 58 orthodontic patients were randomized into the APP group or RCP group, and the changes in the colony counts of salivary mutans streptococci (MS) assessed before and after the prophylactic treatment were evaluated. Assessment of MS was conducted three times: immediately before the treatment (Test 1), immediately after the treatment (Test 2), and 1 month after the treatment (Test 3). The samples were inoculated on modified Mitis-Salivarius-Bactracin (MSB) agar plates. Under the microscope, the colonies were counted. In the second experiment, using a randomized split-mouth design, half the mouths of 8 patients were treated with APP and the contralateral side with RCP by three dentists, and then the time required for plaque removal was compared. Significant reduction in the colony count of MS in the saliva was observed in both the APP and RCP groups. However, the count of MS returned to the baseline level after 1 month in both groups. APP removed dental plaques in less time than RCP. APP with crystalline cellulose is a clinically available prophylaxis method for orthodontic patients, and appears to succeed in removing the plaque more quickly. © 2010.

    DOI: 10.1016/j.odw.2009.12.015

    Scopus

    researchmap

  • A cross-sectional study on the relationship between craniofacial morphology and the coronoid process 査読

    Takahiro Torisu, Kazuhiro Yamada, Tadao Fukui, Masaki Yamaki, Junichi Nakamura, Isao Saito

    EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS   31 ( 6 )   613 - 619   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Anterior coronoid marginal depth correlated negatively (r = 0.71) with gonial angle, SNA, and overjet. The coronoid angle also correlated negatively (r = 0.86) with both the vertical and horizontal lengths from sella to the coronoid tip as well as with the horizontal length from sella to the posterior ramus margin. Furthermore, the coronoid length correlated positively (r = 0.61) with the coronoid angle and the anterior coronoid marginal depth. The coronoid width was also positively (r = 0.69) correlated with overbite.
    Coronoid process morphology is related not only to mandibular morphology and position but also to maxillary position and the dental relationship in the anterior region. It therefore seems clear that coronoid process morphology might be related to temporal muscle functioning and its associated craniofacial morphological measurements.

    DOI: 10.1093/ejo/cjp043

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Unilateral Condylar Bone Deformity and Slope of Articular Eminence Related to Mandibular Asymmetry 査読

    Makoto Yahata, Kazuhiro Yamada, Takafumi Hayashi, Isao Saito

    CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE   27 ( 4 )   261 - 267   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHROMA INC  

    The present study was undertaken to investigate the correlation between condylar position, articular eminence morphology, and mandibular deviation using helical CT in a group of 22 female subjects (mean age 19.2 +/- 5.3 years) with mandibular deviation. There was a significant difference in the angles of the posterior-slope of the articular eminence (PSA) between the deviated (44.27 +/- 10.29 degrees) and non-deviated (42.50 +/- 9.90 degrees) sides. Mandibular deviation also correlated significantly with both medial joint space (r=0.581) and the PSA (r=0.653). A significant negative correlation was also found between mandibular deviation and the anterior/posterior joint space ratio (r=-0.450). These results demonstrated that patients with mandibular deviation possibly show asymmetries not only in their glenoid fossa morphology but also in their condylar position.

    DOI: 10.1179/crn.2009.037

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • GDNF Expression in Terminal Schwann Cells Associated With the Periodontal Ruffini Endings of the Rat Incisors During Nerve Regeneration 査読

    Megumi Ohishi, Fumiko Harada, Farhana Rahman, Isao Saito, Yoshiro Kawano, Kayoko Nozawa-Inoue, Takeyasu Maeda

    ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY   292 ( 8 )   1182 - 1191   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The terminal Schwann cells (TSCs) which play crucial roles in regeneration of the periodontal Ruffini endings (RE) exhibit immunoreaction for glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF). However, no information is available regarding the role of GDNF in the periodontal RE during nerve regeneration. This study was undertaken to examine the changes in GDNF expression in the rat periodontal RE following transection of the inferior alveolar nerve (IAN) using immunohistochemistry for GDNF and S-100 protein, a marker for the TSCs. We additionally investigated the changes in expression of GDNF in the trigeminal ganglion (TG) at protein and mRNA levels. A transection to IAN induced a disappearance of the TSCs from the alveolus-related part (ARP), followed by a migration of spindle-shaped cells with S-100 but without GDNF immunoreactions into the tooth-related part (TRP) by postoperative (PO) week 2. At PO week 2, GDNF immunoreacted cellular elements increased in number in the ARP although the spindle-shaped cells without GDNF reaction remained in the TRP After PO week 4, many GDNF-positive TSCs appeared in the ARP though the spindle-shaped cells vanished from the TRP. A real time RT-PCR analysis demonstrated the highest elevation of GDNT mRNA in the TG at PO week 2. These findings suggested the involvement of this molecule in the maturation and maintenance of the periodontal RE during regeneration. Taken together with our previous and current studies, it appears that the regeneration of the periodontal RE is controlled by multiple neurotrophins in a stage-specific manner. Anat Rec, 292:1182-1191, 2009. (C) 2009 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ar.20931

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • コンピュータグラフィックスを用いた矯正治療後の表情認知 査読

    寺田員人, 吉田 満, 佐野奈都貴, 齋藤 功, 宮永美知代, 森島繁生, 胡 敏

    顎顔面バイオメカニクス学会誌   14 ( 1 )   1 - 13   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Current Status of Inter-Center Collaboration in Japan 査読

    T. Susami, T. Asahito, I. Saito, T. Uchiyama, J. Nishio, K. Nagahama

    11TH INTERNATIONAL CONGRESS ON CLEFT LIP AND PALATE AND RELATED CRANIOFACIAL ANOMALIES (CLEFT)   217 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:MEDIMOND S R L  

    Inter-center collaboration in Japan has been growing rapidly in recent years. A six-center collaborative study on the outcomes of primary surgeries in patients with unilateral cleft lip and palate was performed in 2002-2005 (Japancleft Study). After this study, the number of participants in this collaborative study group has increased to more than 20 and a survey on the orthodontic treatment was performed. Opinions of the orthodontic patients after treatment were also collected. The Japanese Cleft Palate Association (JCPA) conducted a nation wide survey on 4349 patients with cleft lip and/or plate about the primary care. JCPA also performed a survey on the current team care in Japan. Large number of hospitals and small number of patients in many hospitals seems to be the problem in Japan.

    Web of Science

    researchmap

  • Postoperative stability of bimaxillary surgery in Class III patients with mandibular protrusion and mandibular deviation: a frontal cephalometric study 査読

    Talat Al-Gunaid, Kazuhiro Yamada, Ritsuo Takagi, Chikara Saito, Isao Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   37 ( 11 )   992 - 998   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The aims of this study into bimaxillary surgery were to investigate and compare the postoperative stability of deviated side (lengthened side) and non-deviated side (shortened side), the effect of the type Of Surgery performed in the mandible, and the changes in signs and symptoms of temporomandibular joint (TMJ) disorders before and after Surgery. The sample consisted of 31 Class III patients in whom imbalance between the maxilla and the mandible were corrected by Le Fort I osteotomy combined with bilateral intraoral vertical ramus osteotomy, (BIVRO group, n = 9), bilateral sagittal split ramus osteotomy (BSSRO group, it = 10), or IVRO and SSRO (IVRO + SSRO group, n = 12). IVRO+SSRO and BIVRO are more effective in improving TMJ signs and symptoms. There was no significant post-surgical difference between deviated and non-deviated sides in any group. BIVRO and BSSRO showed excellent post-surgical stability on both sides, less was found in the IVRO + SSRO group. The IVRO + SSRO group showed greater transverse displacement in menton point than the BIVRO group. In conclusion, after bimaxillary Surgery and in asymmetric patients there were no differences between deviated and non-deviated sides, BIVRO and BSSRO appear to be more stable than IVRO + SSRO.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2008.05.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Unilateral condylar bone change, inclination of the posterior slope of the articular eminence and craniofacial morphology 査読

    Gary A. Estomaguio, Kazuhiro Yamada, Isao Saito

    Orthodontic Waves   67 ( 3 )   113 - 119   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to investigate the association of frontal and lateral craniofacial morphology with the inclination of the articular eminence and TMJ pathology, in orthodontic patients with TMJ disorders and unilateral condylar bone change, using helical CT scans. Fifty-nine female patients were divided into a unilateral condylar bone change (UBC) group (39 subjects) and a no condylar bone change (NBC) group (20 subjects). Lateral and frontal cephalograms and panoramic radiographs were taken to evaluate their craniofacial morphology, and condylar and ramal heights. All subjects had CT scans taken to evaluate their TMJs. The inclination angle of the posterior slope of the articular eminence was then measured using National Institute of Health software. CT and cephalometric measurements showed that articular eminence inclination was significantly smaller on the affected side than on the non-affected side (p &lt
    0.0001), and that the mandible deviated to the ipsilateral side in UBC, with decreased condylar height and more inclined frontal maxillary, interocclusal and gonial planes (p &lt
    0.0001). The difference in articular eminence inclination was correlated significantly with UBC (p &lt
    0.05). These results suggested that asymmetrical frontal craniofacial morphology could be clinical indicators of unilateral condylar bone change and remodeling of the articular eminence. © 2008 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2008.04.001

    Scopus

    researchmap

  • Relapse tendency in maxillary arch width in unilateral cleft lip and palate patients with different maxillary arch forms 査読

    Talat Al-Gunaid, Toshikazu Asahito, Masaki Yamaki, Kooji Hanada, Ritsuo Takagi, Kazuhiro Ono, Isao Saito

    CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL   45 ( 3 )   278 - 283   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS  

    Objective: The aim of this study was to investigate the relapse tendency in the maxillary dental arch widths in unilateral cleft lip and palate patients with different types of maxillary arch form.
    Subjects: Thirty-two unilateral cleft lip and palate patients treated by one-stage surgical palatal closure were included. The subjects were divided into three groups according to the types of the maxillary arch forms: group A, symmetrical arch form; group 13, collapse of minor segment; group C, collapse of both segments.
    Methods: Using dental casts obtained at three different times, relapse in the intercanine, interpremolar, and intermolar widths in each group was assessed and differences between groups were investigated.
    Results: Patients in group A showed stable results in all measurements. Patients in group B showed posttreatment relapse in the intercanine width only, whereas patients in group C demonstrated significant posttreatment relapses in the interpremolar and intermolar widths. Comparison between groups showed more significant relapse in the interpremolar and intermolar widths of group C than in those of group B.
    Conclusion: The types of the maxillary arch forms in unilateral cleft lip and palate patients might play a stronger role in the stability of the maxillary dental arch widths after orthodontic treatment in patients with collapse of both segments and a severe degree of maxillary narrowness.

    DOI: 10.1597/07-053.1

    Web of Science

    researchmap

  • Relapse tendency in maxillary arch width in unilateral cleft lip and palate patients with different maxillary arch forms 査読

    Talat Al-Gunaid, Toshikazu Asahito, Masaki Yamaki, Kooji Hanada, Ritsuo Takagi, Kazuhiro Ono, Isao Saito

    CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL   45 ( 3 )   278 - 283   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS  

    Objective: The aim of this study was to investigate the relapse tendency in the maxillary dental arch widths in unilateral cleft lip and palate patients with different types of maxillary arch form.
    Subjects: Thirty-two unilateral cleft lip and palate patients treated by one-stage surgical palatal closure were included. The subjects were divided into three groups according to the types of the maxillary arch forms: group A, symmetrical arch form; group 13, collapse of minor segment; group C, collapse of both segments.
    Methods: Using dental casts obtained at three different times, relapse in the intercanine, interpremolar, and intermolar widths in each group was assessed and differences between groups were investigated.
    Results: Patients in group A showed stable results in all measurements. Patients in group B showed posttreatment relapse in the intercanine width only, whereas patients in group C demonstrated significant posttreatment relapses in the interpremolar and intermolar widths. Comparison between groups showed more significant relapse in the interpremolar and intermolar widths of group C than in those of group B.
    Conclusion: The types of the maxillary arch forms in unilateral cleft lip and palate patients might play a stronger role in the stability of the maxillary dental arch widths after orthodontic treatment in patients with collapse of both segments and a severe degree of maxillary narrowness.

    DOI: 10.1597/07-053.1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Balancing the role of the dental school in teaching, research and patient care; including care for underserved areas 査読

    W. P. Holbrook, P. Brodin, I. Balciuniene, V. Brukiene, M. V. Bucur, E. Corbet, J. Dillenberg, D. Djukanovic, K. Ekanayake, H. Eriksen, J. Fisher, G. Goffin, P. Hull, T. Kumchai, P. Lumley, J. Lund, V. Mathur, A. Novaes, A. Puriene, V. Roger-Leroi, I. Saito, S. Turner, L. Mabelya

    EUROPEAN JOURNAL OF DENTAL EDUCATION   12   161 - 166   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Inequalities within dentistry are common and are reflected in wide differences in the levels of oral health and the standard of care available both within and between countries and communities. Furthermore there are patients, particularly those with special treatment needs, who do not have the same access to dental services as the general public. The dental school should aim to recruit students from varied backgrounds into all areas covered by the oral healthcare team and to train students to treat the full spectrum of patients including those with special needs. It is essential, however, that the dental student achieves a high standard of clinical competence and this cannot be gained by treating only those patients with low expectations for care. Balancing these aspects of clinical education is difficult. Research is an important stimulus to better teaching and better clinical care. It is recognized that dental school staff should be active in research, teaching, clinical work and frequently administration. Maintaining a balance between the commitments to clinical care, teaching and research while also taking account of underserved areas in each of these categories is a difficult challenge but one that has to be met to a high degree in a successful, modern dental school.

    DOI: 10.1111/j.1600-0579.2007.00497.x

    Web of Science

    researchmap

  • Dental arch widths and mandibular-maxillary base widths in Class III malocclusions from ages 10 to 14 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Luyi Yang, Isao Saito

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   133 ( 1 )   65 - 69   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Introduction: Evaluations of the dental arch widths and mandibular-maxillary base are needed for a comprehensive dentofacial analysis in subjects with Class III malocclusion. The aim of this study was to analyze the development of the dental arches and the skeletal mandibular-maxillary bases in untreated subjects with Class III malocclusions. Methods: Two groups of subjects, 1 with Class III malocclusion and the other with Class I malocclusion, were examined. Maxillary skeletal base width, biantegonial widths, and maxillary and mandibular intermolar widths were determined on posteroanterior cephalograms at annual intervals between the ages of 10 and 14 years. Results: Maxillary skeletal base widths and intermolar widths in the Class III subjects were significantly smaller than those in the Class I subjects (P &lt;.05). No statistically significant differences were found among the groups for skeletal mandibular width or intermolar width for the total observation period. The deviations in molar differences increased from ages 10 to 14 in the Class III group. Conclusions: The main transverse deficiencies in the Class III group were maxillary deficiencies in both skeletal and dental widths. The deviations in molar differences appear to become larger from age 10 to age 14.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2006.01.045

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Correction of mandibular asymmetry due to hemifacial microsomia using a custom-made implant 査読

    Yasumitsu Kodama, Jun-Ichi Fukuda, Naoko Watanabe, Hideyoshi Nishiyama, Kazuhiro Ono, Isao Saito, Takafumi Hayashi, Ritsuo Takagi

    Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   20 ( 4 )   204 - 208   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Communications International Ltd  

    Custom-made artificial bone produced by the figurative lithographic method based on 3-dimensional computed tomography data is now available as a compatible and reliable implant. We describe a patient with hemifacial microsomia who was treated with custom-made artificial bone, made from hydroxyapatite, for facial symmetry. Using the implant was less invasive surgically and shortened the operating time. A full-scale model and template were created using the binder jet method and 3-dimensional computed tomography images reformatted with single-helical scan data. These technologies were useful for producing the custom-made implant and explaining the procedure to the patient perioperatively. A symmetrical profile of the patient's face has been maintained without any resorption of the implant and graft bed for 3 years. The hydroxyapatite custom-made implant was effective for facial rehabilitation in the treatment of mandibular asymmetry due to hemifacial microsomia. © 2008 Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.

    DOI: 10.1016/S0915-6992(08)80028-3

    Scopus

    researchmap

  • Soft-tissue cephalometric norms in Yemeni men 査読

    Talat Al-Gunaid, Kazuhiro Yamada, Masaki Yamaki, Isao Saitod

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   132 ( 5 )   576.e7 - 14   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    The main purpose of this study was to develop soft-tissue cephalometric standards for Yemeni men and compare them with the cephalometric standards of normal North American white people.
    Methods: Fifty Yemeni men ( ages, 20-27 years; mean, 23.1 years) with normal occlusion were selected. With double selection by orthodontists and laypersons, a subsample of esthetically pleasing subjects was selected. Lateral cephalometric radiographs of all subjects were analyzed according to the Legan-Burstone and the Holdaway analyses.
    Results: The Yemeni esthetically pleasing subjects (YPG) and the remaining subjects (YNG) showed significant differences with respect to mandibular prognathism, lower face-throat angle, nasolabial angle, mentolabial sulcus depth, and interlabial gap, when compared with the Legan-Burstone norms for white Americans; the YPG also had significantly less obtuse facial convexity angle than the YNG. Most values of both Yemeni groups were generally within the range of the values reported by Holdaway, except for 3 variables: skeletal profile convexity, basic upper-lip thickness, and H-angle, which were all significantly larger than those of Holdaway; the YPG showed less skeletal profile convexity than the YNG.
    Conclusions: These results show that the soft-tissue facial profiles of white Yemenis and Americans are different in certain respects; these racial differences must be considered during diagnosis and treatment planning. These results should serve as a useful reference for orthodontists and maxillofacial surgeons who treat Yemeni patients and also contribute to more satisfactory diagnosis and treatment planning for them.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2007.03.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A study on changes in caries risk and microbial flora with the placement of edgewise appliance 査読

    Tokiko Kanaya, Noboru Kaneko, Chikako Amaike, Makiko Fukushima, Shuichi Morita, Hideo Miyazaki, Isao Saito

    Orthodontic Waves   66 ( 2 )   27 - 32   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to evaluate the changes of caries risk and oral microbial flora in the patients having edgewise appliance. Forty-two patients treated at the Orthodontic Clinic of Niigata University Hospital participated. Using a caries risk examination kit by Bio Medical Laboratory (BML, Tokyo), stimulated saliva test was performed to investigate the salivary flow rate, pH of saliva, buffer capacity, and the levels of lactobacilli. Modified Mitis-Salivarius-Bacitracin (MSB) agar plates were used to detect and count Streptococcus mutans and S. sobrinus. Furthermore, the members of commensal bacteria and transient bacteria in aerobic culture medium were examined in salivary level to investigate the alterations in oral microbial flora. The number of mutans streptococci and lactobacilli decreased after 1 month of treatment, and then increased to reach the initial level at 3 months. While the amount of plaque increased and saliva pH deteriorated after the onset of treatment, the salivary flow rate improved. The number of transient bacteria showed a tendency toward an increase. These results demonstrate that both caries risk and oral microbial flora balance possibly change with the placement of appliances. Therefore, caries risk test should be performed before and during orthodontic treatment to monitor alterations in intraoral environment of the orthodontic patients not to cause an iatrogenic caries. © 2007 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2007.03.001

    Scopus

    researchmap

  • Longitudinal intermaxillary relationships in Class III malocclusions with low and high mandibular plane angles 査読

    Fengshan Chen, LiPing Wu, Kazuto Terada, Isao Saito

    ANGLE ORTHODONTIST   77 ( 3 )   397 - 403   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    Objective: To analyze the sagittal, vertical, and transverse relationships of the maxilla and mandible in Japanese girls with Class III malocclusions with different inclination of mandibular plane.
    Materials and Methods: This longitudinal study utilized serial posteroanterior and lateral cephalograms of 56 untreated subjects from the age of 8 years until the age of 14 years (low mandibular plane angle group: n = 20; average mandibular plane angle group: n = 15; high mandibular plane angle group: n = 21). Sagittal and vertical growth was analyzed on the basis of lateral cephalograms, and transverse growth was analyzed on the basis of posteroanterior cephalograms.
    Results: There was no significant difference in intermaxillary sagittal relationships among the three groups from age 8 until 14. On the other hand, there were significant changes in the vertical and transverse intermaxillary relationships during this period. When comparing the three groups at the same age, there were significant differences in vertical and transverse intermaxillary relationships in some ages, whereas no significant difference was found in sagittal relationships in any ages.
    Conclusions: The inclination of mandibular plane might play a role in anticipating changes in vertical and transverse intermaxillary relationships from 8 until 14 years of age.

    DOI: 10.2319/042506-174

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of bimaxillary surgery and mandibular setback surgery on pharyngeal airway measurements in patients with Class III skeletal deformities 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Yongmei Hua, Isao Saito

    AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS   131 ( 3 )   372 - 377   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Introduction: The purpose of this study was to compare the short-term and long-term effects of bimaxillary surgery with those of mandibular setback surgery concerning pharyngeal airway measurements at 3 levels: nasopharynx, oropharynx, and hypopharynx. Methods: The sample included 66 Japanese women in 2 groups who had been diagnosed with Class III skeletal deformities and had undergone surgical-orthodontic treatment. Those in group A (35 patients) underwent bilateral sagittal split ramus osteotomies; those in group B (31 patients) underwent LeFort I procedures with bilateral sagittal split ramus osteotomies. Lateral cephalograms were assessed within 6 months before surgery and at short-term (3-6 months after surgery) and long-term (at least 2 years after surgery) follow-ups. Results: In group A, the pharyngeal airway was constricted significantly at the oropharyngeal and hypopharyngeal levels at both the short-term and the long-term follow-ups. In group B, significant changes were shown at the 3 pharyngeal levels at the short-term follow-up, whereas no significant changes were shown at the long-term follow-up. Conclusions: These results indicate that, when possible, bimaxillary surgery rather than only mandibular setback surgery is preferable to correct a Class III deformity to prevent narrowing of the pharyngeal airway space, a possible predisposing factor in the development of obstructive sleep apnea.

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2005.06.028

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Involvement of neurotrophin-4/5 in regeneration of the periodontal Ruffini endings at the early stage 査読

    Shahiqul Jabbar, Fumiko Harada, Megumi Aita, Megumi Ohishi, Isao Saito, Yoshiro Kawano, Akiko Suzuki, Kayoko Nozawa-Inoue, Takeyasu Maeda

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   501 ( 3 )   400 - 412   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Little is known about the role of neurotrophin-4/5 (NT-4/5) in the regeneration of mechano-receptors. Therefore, the present study examined the regeneration process of Ruffini endings in the periodontal ligament in nt-4/5-deficient and wildtype mice following transection of the inferior alveolar nerve by immunohistochemistry for protein gene product 9.5 (PGP 9.5), a general neuronal marker, and by computer-assisted quantitative image analysis. Furthermore, rescue experiments by a continuous administration of recombinant NT-4/5 were performed and analyzed quantitatively. At postoperative day 3 (PO 3d), almost all PGP 9.5-positive neural elements had disappeared; they began to appear in both types of animals at PO 7d. At PO 10d, almost all nerve fibers showed a beaded appearance, with fewer ramifications in both types of mice. Although the regeneration proceeded in the wildtype, a major population of the periodontal Ruffini endings continued to display smooth outlines at PO 28d in the nt-4/5 homozygous mice. The reduction ratio of neural density reached a maximum at PO 3d, decreased at PO 10d, and later showed a plateau. In a rescue experiment, an administration of NT-4/5 showed an acceleration of nerve regeneration in the homozygous mice. These findings indicate that the nt-4/5depletion causes a delay in the regeneration of the periodontal Ruffini endings, but the delay is shortened by an exogenous administration of NT-4/5. Combined with our previous findings of bdnf-deficient mice (Harada et al. [2003] Arch Histol Cytol 66:183-194), these morphological and numerical data suggest that multiple neurotrophins such as NT-4/5 and brain-derived neurotrophic factor (BDNF) play roles in their regeneration in a stage-specific manner.

    DOI: 10.1002/cne.21256

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Dental arch widths and mandibular-maxillary base width in Class III malocclusions with low, average and high MP-SN angles 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Liping Wu, Isao Saito

    ANGLE ORTHODONTIST   77 ( 1 )   36 - 41   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    Objective: To analyze the development of the dental arches and skeletal mandibular-maxillary bases in untreated Class III malocclusions with low averages and high mandibular plane angles in subjects aged 10 to 14.
    Materials and Methods: The records of 50 untreated Japanese girls with Class III malocclusions at age 10 were selected from the files of patients pending orthodontic surgery. The patients included those with low (&lt;= 27 degrees), average (27 degrees through 37 degrees) and high (&gt; 37 degrees) mandibular plane angles. The maxillary skeletal base width, biantegonial width, and maxillary and mandibular intermolar width were determined on posteroanterior cephalograms obtained at annual intervals when subjects were between 10 and 14 years of age. The difference between the maxillary and mandibular intermolar width was also calculated and reported.
    Results: All skeletal and dental transverse widths in the high-angle group were significantly smaller than those in the low-angle group (P &lt;.05) from ages 10 to 14. On the other hand, the maxillary to mandibular molar difference was the same for the three groups (P &gt;.05) at each age. The deviations in molar differences did increase from age 10 to age 14 in all three groups.
    Conclusion: Mandibular plane angles might play a stronger role in the transverse skeletal growth of the maxilla and the mandible than the transverse dental growth of the maxilla and the mandible.

    DOI: 10.2319/011006-15

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • An evaluation of problem-based learning course at Niigata University Faculty of Dentisitry 招待 査読

    Maeda T, Ono K, Ohuchi A, Hayashi T, Saito I, Okiji T, Uoshima K

    Dentistry in Japan   43   166 - 171   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Longitudinal evaluation of the intermaxillary relationship in Class III malocclusions 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Liping Wu, Isao Saito

    ANGLE ORTHODONTIST   76 ( 6 )   955 - 961   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    Objective: To analyze the sagittal, vertical, and transverse relationship of the maxilla and mandible in Japanese girls with Class III malocclusions.
    Materials and Methods: This longitudinal study utilized biannual posteroanterior and lateral cephalograms of 44 untreated subjects from age 8 to 14 years (Class I, 23 girls; Class III, 21 girls). Sagittal and vertical growths were analyzed on the basis of lateral cephalograms, and transverse growth was analyzed on the basis of posteroanterior cephalograms.
    Results: There was no significant difference in sagittal intermaxillary relationships in Class III malocclusion from age 8 to 14 years, whereas significant difference in vertical and transverse intermaxillary relationships appeared with ages during this period. When comparing Class III to Class I malocclusions at the same age point, there were significant differences in sagittal and transverse intermaxillary relationships, whereas significant difference in vertical intermaxillary relationship appeared after 12 years of age.
    Conclusion: The results suggest that the sagittal intermaxillary relationships in Class III malocclusions were established before 8 years of age and remained through puberty and that the vertical and transverse intermaxillary relationships in Class III malocclusions changed with ages from 8 to 14 years.

    DOI: 10.2319/102005-371

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Anchorage effect of osseointegrated vs nonosseointegrated palatal implants 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Kooji Hanada, Isao Saito

    ANGLE ORTHODONTIST   76 ( 4 )   660 - 665   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    Palatal implants can be used with a transpalatal arch (TPA) connected with the second premolar to provide anchorage. The purpose of this study was to compare the anchorage effects of an osseointegrated palatal implant (OPI) with a nonosseointegrated palatal implant (NOPI), using finite element analysis. One model, which was composed of two maxillary premolars, periodontal ligament (PDL), alveolar bone, a palatal implant, palatal bone, a bracket, band, and TPA, was created on the basis of the clinical situation. The palatal implant was treated as either NOPI or OPI. The force on the premolars was investigated under three conditions: a distomesial horizontal force, a buccolingual horizontal force, and a vertical intrusive force. The PDL stress was calculated and compared with a model without an implant. The result showed that OPI could reduce PDL stress significantly. (The average stress was reduced by 14.44% for the distomesial horizontal force, 60.28% for the buccolingual horizontal force, and 17.31% for the vertical intrusive force.) The NOPI showed almost the same anchorage effect as OPI. The stress on the NOPI surface was higher than that on the OPI surface, but the stress was not high enough to result in failure of the implant. These results suggested that waiting for osseointegration might be unnecessary for an orthodontic implant.

    DOI: 10.1043/0003-3219(2006)076[0660:AEOOVN]2.0.CO;2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 上顎歯列の狭窄を伴う顎変形症に対して,Le Fort I型骨切り術に口蓋傍正中分割を加えた2例

    山中 正文, 福田 純一, 高木 律男, 児玉 泰光, 津端 久美子, 中村 順一, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   16 ( 1 )   16 - 22   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    Le Fort Iに口蓋傍正中分割の併用が必要であった上顎歯列弓の狭窄を伴った顎変形症の2例を経験した.上顎歯列弓の狭窄を伴う顎変形症に対してLe Fort Iに口蓋傍正中分割を加えた.大口蓋動静脈の損傷,歯根損傷の危険性が少なく安全かつ容易に上顎歯列弓の拡大が可能であった.側方への拡大量に限界があるが,一期的に歯列弓形態の改善が可能で,矯正治療の補助のひとつとして有用であることが示唆された.施行後の矯正治療において,さらなる上顎歯列弓拡大の可能性が示唆された

    DOI: 10.5927/jjjd1991.16.16

    researchmap

  • Anchorage effect of palatal implants under various forces: A finite element study 査読

    Fengshan Chen, Kazuto Terada, Kooji Hanada, Isao Saito

    Orthodontic Waves   65 ( 1 )   1 - 8   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The palatal implant can be used with a transpalatal arch (TPA) connected with the second premolar to provide anchorage. The purpose of this study was to analyze the anchorage effects of a palatal implant by using a finite element analysis. Four models (Model 1 with a 6-mm implant, Model 2 with a 4-mm implant, Model 3 without an implant, Model 4 without TPA or an implant) were created according to the clinical situation. Stress induced in three dimensions (mesial, transversal, and vertical) was investigated. The results showed that a 6-mm palatal implant could reduce periodontal ligament stress significantly (average stress was reduced 14.44% for the mesial force, 17.31% for the vertical force, and 60.28% for the transversal force separately). The 4-mm palatal implant showed almost the same anchorage effect as the 6-mm implant. TPA showed significant anchorage effect (average stress was reduced 8.16%) only when the second premolars were subjected to transversal force. These results suggest that the anchorage effect of palatal implants was related to the direction of the forces and that a 4-mm implant might have the same anchorage effect as a 6-mm implant. © 2006 Elsevier Ltd and the Japanese Orthodontic Society.

    DOI: 10.1016/j.odw.2005.11.001

    Scopus

    researchmap

  • 歯科医学教育へのPBLチュートリアルの導入−新潟大学歯学部のこころみ− 査読

    小野和宏, 大内章嗣, 魚島勝美, 林 孝文, 西山秀昌, 安島久雄, 小林正治, 瀬尾憲司, 齋藤 功, 程 君, 山田好秋, 前田健康

    日歯教誌   22 ( 1 )   58 - 71   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Neurotrophin-4/5-depletion induces a delay in maturation of the periodontal Ruffini endings in mice 査読

    Y Maruyama, F Harada, S Jabbar, Saito, I, M Aita, Y Kawano, A Suzuki, K Nozawa-Inoue, T Maeda

    ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY   68 ( 4 )   267 - 288   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT SOC HISTOLOGY & CYTOLOGY  

    Neurotrophin-4/5 (NT-4/5)-a member of the neurotrophic factors-is a ligand for TrkB, which has been reported to be expressed in the mechanoreceptive Ruffini endings of the periodontal ligament. The present study examined developmental changes in the terminal morphology and neural density in homozygous mice with a targeted disruption of the nt-4/5 gene and wild-type mice by immunohistochemistry for protein gene product 9.5 (PGP 9.5), a general neuronal marker, and by quantitative analysis using an image analyzer. Postnatal development of terminal Schwann cells was also investigated by enzymatic histochemistry for non-specific cholinesterase activity (ChE). Furthermore, the immuno-expression of TrkB and low affinity nerve growth factor receptor (p75-NGFR) was surveyed in the periodontal Ruffini endings as well as trigeminal ganglion. At postnatal 1 week, the lingual periodontal ligament of both types of mice contained PGP 9.5-positive nerve fibers showing a tree-like ramification with axonal swellings in their course. In both types of mice at 2 weeks of age, comparatively thick nerve fibers with a smooth outline increased in number, and frequently ramified to form nerve terminals with dendritic profiles. However, no typical Ruffini endings with irregular outlines observed in the adult wild-type mice were found in the periodontal ligament at this stage. At postnatal 3 weeks, typical Ruffini endings with irregular outlines were discernable in the periodontal ligament of the wild-type mice while the dendritic endings showing smooth outlines were restricted to the homozygous mice. After postnatal 8 weeks, both types of mice showed an increase in the number of Ruffini endings, but the morphology differed between the wildtype and NT-4/5 homozygous mice. In the wild-type mice, a major population of the Ruffini endings expanded their axonal branches and developed many microprojections, resulting in a reduction of endings with smooth outlines. In contrast, we failed to find such typical Ruffini endings in the periodontal ligament of the homozygous mice: A majority of the periodontal Ruffini endings continued to show smooth outlines at postnatal 12 weeks. Quantitative analysis on neural density demonstrated a reduction in the homozygous mice with a significant difference by postnatal 8 weeks. Enzymatic histochemistry for non-specific ChE did not exhibit a distinct difference in the distribution and density of terminal Schwann cells between wild-type and homozygous mice. Furthermore, TrkB and p75-NGFR mRNA and proteins did not differ in the trigeminal ganglion between the two types. The periodontal Ruffini endings also displayed immunoreactivities for TrkB and p75-NGFR in both phenotypes. These findings suggest that the nt-4/5 gene depletion caused a delay in the formation and maturation of the periodontal Ruffini endings in the mice by inhibiting the growth of the periodontal nerves at an early stage, and indicate that multiple neurotrophins such as NT-4/5 and BDNF might play roles in the development and/or maturation of the periodontal Ruffini endings.

    DOI: 10.1679/aohc.68.267

    Web of Science

    researchmap

  • Predicting the pharyngeal airway space after mandibular setback surgery 査読

    FS Chen, K Terada, K Hanada, Saito, I

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   63 ( 10 )   1509 - 1514   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Purpose: The purpose of this study is to propose a mathematical model to predict the change in pharyngeal airway space (PAS) associated with mandibular setback surgery.
    Patients and Methods: Twenty-three female adults, who were diagnosed as having skeletal Class III deformity, underwent mandibular setback surgery by bilateral sagittal split ramus osteotomy (BSSO) and orthodontic multibracket treatment. The subjects were assessed within 6 months before operation (T1) and 1 to 1.5 years after mandibular setback surgery (T2). The PAS change in the level of the base of the tongue was predicted.
    Results: The equation is: PAS narrowing = 0.386 - 0.541 ANB (T1 - T2) + 0.253 Co-Gn (T1 - T2) - 0.098 SN-GoGn (T1 - T2), where ANB is the angle formed by the planes nasion-point A and nasion-point B, Co is condylion, Go is gonion, and Gn is gnathion. The PAS change can be predicted by the mandibular changes after setback surgery 66.2% with the regression equation using the change of the ANB angle, the total mandibular length (Co-Gn) and the mandibular plane (SN-GoGn), where SN is sella-nasion.
    Conclusions: The equation can be used to predict the change of pharyngeal airway space after mandibular setback surgery. In patients who have other risk factors, such as obesity, short neck, macroglossia, large uvula, and excessive soft tissue around the nasopharyngeal region, a mandibular setback surgery could possibly predispose to the development of sleep apnea syndrome. (c) 2005 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

    DOI: 10.1016/j.joms.2005.06.007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における顎矯正手術後の硬組織変化に対する軟組織変化の三次元分析

    山崎 幸一, 寺田 員人, 中村 順一, 中川 公貴, 川原 のぞみ, 松原 大樹, 森田 修一, 齊藤 力, 高木 律男, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   15 ( 2 )   87 - 94   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    主にX線CT三次元再構築画像を用いて,顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症患者の顎矯正手術前後における顔面硬組織変化量に対する軟組織変化量(硬組織に対する軟組織の追従率)について,正中付近を含めた,頬部外側縁までの広範囲な領域を測定範囲として分析した.分析のため,領域1(偏位側頬部),領域2(非偏位側頬部),領域3(偏位側オトガイ部),領域4(非偏位側オトガイ部)とした.術前後の変化で後退を示した計測点は,領域1で910点,領域2で114点,領域3で1435点,領域4で417点,突出を示した計測点は,領域1で86点,領域2で401点,領域3で1点,領域4で434点であった.三次元分析は左右差の検出能に優れ,顔面非対称患者の顎矯正手術前後における硬組織変化量に対する軟組織変化量を広範囲かつ客観的に扱えることが示唆された

    DOI: 10.5927/jjjd1991.15.87

    researchmap

  • Anchorage effects of a palatal osseointegrated implant with different fixation: A finite element study 査読

    FS Chen, K Terada, K Hanada, Saito, I

    ANGLE ORTHODONTIST   75 ( 4 )   593 - 601   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    The purpose of this study was to compare the anchorage effect of the osseointegrated implant with different fixation types using finite element analysis. Three fixation types were investigated. fixation type 1: implant neck in the oral-palatal cortical bone and implant tip in the cancellous bone; fixation type 2: implant neck in the oral-palatal cortical bone and implant tip in the nasal-palatal cortical bone; fixation type 3: implant neck in the oral-palatal cortical bone and implant tip projecting into the nasal cavity. Three finite element models were constructed. Each consisted of two maxillary second premolars, their associated periodontal ligament (PDL), alveolar bones, palatal bone, palatal implant, and a transpalatal arch. Another model without an implant was used to compare with the previous models. The horizontal force (mesial five N, palatal one N) was loaded at the buccal bracket of each second premolar. The stress was calculated in the PDL and implant surrounding bone. The result showed that the palatal implant could significantly reduce von Mises stress (maximum von Mises stress was reduced 30%) and evenly distribute stress in the PDL. The stress magnitude and distribution in the PDL was almost the same in the three implant models. These results suggest that different implant fixation types have almost the same anchorage effects.

    DOI: 10.1043/0003-3219(2005)75[593:AEOAPO]2.0.CO;2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Nonsurgical treatment of adult open bite using edgewise appliance combined with high-pull headgear and Class III elastics 査読

    Saito, I, M Yamaki, K Hanada

    ANGLE ORTHODONTIST   75 ( 2 )   277 - 283   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC  

    This case report describes the effect of a combination of high-pull headgear and Class III elastics on the nonsurgical treatment of an adult open bite. The 19-year 1-irionth-old Japanese female presented with the anterior open bite of 4.0 min and mild crowding. She had a skeletal Class II but a Class III molar relationship due to a severe proclination of the mandibular dental arch. Unilateral congenital missing premolars caused a discrepancy between the facial and dental midline. After extraction of two premolars and the impacted mandibular third molars, nonsurgical therapy was performed using the standard edgewise appliance combined with a high-pull headgear and Class III elastics. The successful treatment outcome and stability of the final occlusion indicates that a combination of high-pull headgear and Class III elastics is one of the effective devices in the nonsurgical treatment of open bite and, is especially helpful in uprighting the mandibular dental arch.

    DOI: 10.1043/0003-3219(2005)075<0273:NTOAOB>2.0.CO;2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Fengshan Chen, Kazuto Terada, Yassin Hemoudi, Fumi Takemura, Kooji Hanada, Isao Saito: Anchorage effect of palatal osseointegrated implant on teeth with simulated bone loss: A finite element study. 査読

    Fengshan C, Terada K, Hemoudi Y, Takemura F, Hanada K, Saito I

    Niigata Dent J   35 ( 2 )   1 - 8   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • リハビリメイクの精神心理学的効果についての研究

    内田嘉寿子, 寺田員人, 北村絵里子, 朝日藤寿一, 齋藤功

    新潟歯学会誌   35 ( 1 )   19 - 28   2005年

     詳細を見る

  • Anchorage effect of palatal osseointegated implant on teeth with simulated bone loss: A finite element study

    Chen F, Terada K, Hemoudi Y, Takemura F, Hanada K, Saito

    Niigata Dent J   35 ( 2 )   185 - 191   2005年

     詳細を見る

  • A study on the anterior ratio in patients showing mandibular prognathism 査読

    Edanami K, Yamazaki K, Matsubara T, SAITO I, Terada K

    Niigata Dent J   35 ( 1 )   41 - 50   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Alterations in staining intensity for calcitonin gene-related peptide (CGRP) in osteoblasts of the periodontal ligament during orthodontic tooth movement 査読

    Saito, I, Y Oramoto, H Gogen, J Shanfeld, K Hanada, Z Davidovitch

    BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO   25 ( 3 )   147 - 154   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMEDICAL RESEARCH PRESS LTD  

    Calcitonin gene-related peptide (CGRP) is a neuropeptide, which has multiple functions, and CGRP-containing nerves are prolific in the periodontal tissues., Tooth movement accompanies active tissue remodeling, including bone formation and resorption in the periodontal ligament. Although it has been suggested that CGRP contributes to tissue remodeling incident to tooth movement, little information is available for this issue. In the present study, immunohistochemistry combined with a computer-assisted quantitative analysis was employed to examine chronological changes in staining intensity for CGRP in osteoblasts during experimental tooth movement. The maxillary canine on one side was moved distally and fixed for 1 h to 56 days, leaving an untreated canine at the opposite side to serve as a control. Undecalcified sagittal sections of each maxilla, 6 im in thickness, were processed by immunohistochemistry for CGRP. The distal alveolar bone around the root apex was selected for the analysis because of active bone formation in this area, due to constant tension during tooth movement. Percent staining intensity (SI) for osteoblastic CGRP in the experimental and control groups was calculated using a Zeiss microphotometer equipped with a Microscope Analysis with Photometric Scanning (MAPS) program. The mean SI for CGRP increased daily, peaked at postoperative Day 7, and decreased gradually thereafter. The relative ratio of SI in the experimental and control groups was about 200% at 1 h postoperatively and increased to approximately 300% during postoperative Days 7-14. The surface area of CGRP-labeled osteoblasts also showed the same alternation pattern as that of SI. These findings indicate that CGRP is released from neurons and can be bound to osteoblasts, and that orthodontic forces can alter the levels of SI for CGRP, suggesting the involvement of CGRP in regulation of osteoblastic activity. High SI for CGRP in the osteoblasts at time periods when the surface area of osteoblasts was increased, suggests that CGRP possibly participates in mediating the effects of orthodontic forces on alveolar osteoblasts.

    DOI: 10.2220/biomedres.25.147

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of three cases of temporomandibular joint osteoarthritis and mandibular morphology during adolescence using helical CT 査読

    K. Yamada, I. Saito, K. Hanada, T. Hayashi

    Journal of Oral Rehabilitation   31 ( 4 )   298 - 305   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Blackwell Publishing Ltd  

    Temporomandibular joint (TMJ) osteoarthritis (OA) is a potential cause of craniofacial deformity. If TMJ OA appears during orthodontic treatment, the mandible usually rotates posteriorly, resulting in an unsatisfactory profile, especially in patients with pre-treatment mandibular retrusion. Although it is important to confirm the kind of TMJ pathosis at the start of orthodontic treatment, the relationship between TMJ OA, condylar remodelling and changes in craniofacial morphology remains unclear because of a lack of longitudinal studies. Elucidating this relationship might allow better prediction of post-treatment craniofacial morphology. In the present case reports, helical computed tomography and cephalometry were used to analyse relationships between the pattern and location of condylar remodelling and the changes in craniofacial morphology in three patients with TMJ OA.

    DOI: 10.1046/j.1365-2842.2003.01246.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 下顎後退症患者における外科的矯正治療前後の顎関節症状と下顎骨の安定性について

    小林 正治, 加納 浩之, 本間 克彦, 新垣 晋, 山田 一尋, 斉藤 功, 林 孝文, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   12 ( 1 )   9 - 14   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本顎変形症学会  

    In this study, changes in temporomandibular joint symptoms and mandibular stability after orthognathic surgery in patients with mandibular retrognathism were investigated. Eight patients were examined clinically for pain, sound, movement and limitation of TMJ and by computed tomography (CT) and lateral cephalograms. TMJ signs and symptoms disappeared in two of the symptomatic patients after surgery, whereas two of the asymptomatic patients developed TMJ signs and symptoms postoperatively. The incidences of TMJ signs and symptoms before treatment and a year after surgery were both 3/8 (27.5%). The position of the disk and the condylar morphology were evaluated with CT. Six patients had disk displacements before treatment and seven patients a year after surgery. Erosions and/or deformities of the condyles were observed in six patients before treatment and all (eight) patients a year after surgery. The diagnosis in five patients was progressive condylar resorption because the ramus vertical hights decreased more than 4mm and/or counterclockwise rotation of the proximal segment was observed on the cephalograms, and remarkable resorption was also identified on postoperative CT. There was no association between signs and symptoms of TMJ and CT findings. The mean anterior movement of the mandible at surgery was 10.1mm at pogonion, and the mean horizontal relapse was 4.1mm. Large horizontal relapses were recognized in cases with progressive condylar resorption.&lt;BR&gt;In conclusion, patients with large mandibular advancement and counterclockwise rotation at surgery and condylar erosive bone change at preoperative examination appear to be at risk for progressive condylar resorption, but the mechanism is obscure.

    DOI: 10.5927/jjjd1991.12.9

    CiNii Article

    researchmap

  • 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症における上下顎歯列弓の長期的変化 査読

    甲斐康司, 竹山雅規, 斉藤功, 森田修一, 花田晃治

    新潟歯学会雑誌   31 ( 2 )   167 - 172   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 矯正治療の効率化を考える−特に矯正力に対する骨形成ならびに骨芽細胞の動態に着目して− 査読

    斉藤 功

    甲北信越矯歯誌   9 ( 1 )   19 - 24   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of Hotz' plate-based two-stage palatoplasty in unilateral cleft lip and palate -A comparative study of subjects treated with one-stage palatoplasty and normal subjects- 査読

    Ishii K, Arai T, SAITO I, Morita S, Hanada K, Ono K, Takagi R

    Orthodontic Waves   59 ( 6 )   402 - 406   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部附属病院矯正科に来院した過去10年間の顎変形症患者に関する臨床統計的調査

    町田直樹, 斉藤功, 寺田員人, 川原のぞみ, 原田史子, 松久淳子, 宮城尚史, 山岸美紀子, 森田修一, 花田晃治

    甲北信越矯歯誌   8 ( 1 )   31 - 34   2000年

     詳細を見る

  • Alterations in ultrastructural localization of growth-associated protein-43 (GAP-43) in periodontal Ruffini endings of rat molars during experimental tooth movement 査読

    H Kobayashi, K Ochi, Saito, I, K Hanada, T Maeda

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   77 ( 3 )   503 - 517   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    It is known that orthodontic forces induce discomfort and/or abnormal sensation after application of an orthodontic appliance in patients, suggesting the adaptation of periodontal neural elements to environmental changes. However, no morphological data have been provided. The present study investigated, by immunoelectron microscopy, the localization of growth-associated protein-43 (GAP-43) in periodontal Ruffini endings in rat molars during experimental tooth movement. In the untreated control group, immunoelectron microscopy demonstrated that GAP-43-like immunoreactivity in the Ruffini endings was confined to the Schwann sheaths around the axon terminals, and was in neither the cell bodies of terminal Schwann cells nor the axon terminals themselves. Immunoelectron microscopic observation revealed alterations in the localization of GAP-43-like immunoreactivity in the periodontal Ruffini endings during experimental tooth movement. After 1 day of treatment, the cell bodies of the terminal Schwann cells associated with Ruffini endings appeared to contain immunoreaction products for GAP-43, and retained GAP-43-like immunoreactivity during tooth movement. From 5 to 7 days, a major population of the axoplasm of the periodontal Ruffini endings, which was immunonegative in control, filled the GAP-43 immunoreactions, showing a tendency to decrease in number later, and disappeared completely at 14 days. These findings suggest that orthodontic forces easily induce the remodeling of the mechanoreceptive Ruffini endings as well as the active tissue remodeling in a close relationship. Since the ultrastructural localization of GAP-43-like immunoreactivity was drastically changed in the Ruffini endings during tooth movement, GAP-43 functions as one of the key molecules in the remodeling of mechanoreceptive Ruffini endings during tooth movement.

    Web of Science

    researchmap

  • WWW-based investigation of profile preference among Caucasians and Japanese 査読

    Ishii K, Yamaki M, SAITO I, Kaloust S, Hanada K

    J Jpn Orthod Soc   57 ( 6 )   425 - 430   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of conditioned medium of continuously compressed Human Periodontal Ligament Fibroblasts on MC3T3-E1 cells 査読

    Watanabe K, SAITO I, Hanada K

    J Jpn Orthod Soc   57 ( 3 )   173 - 179   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expression of TrkB-like immunoreactivity in non-neural cells of rat periodontal ligament 査読

    K Ochi, Saito, I, K Hanada, T Maeda

    ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY   42 ( 6 )   455 - 464   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The Trk family, a group of high-affinity neurotrophin receptors, is divided into three subtypes, TrkA, TrkB and TrkC. These were originally found in neural elements, and are involved in neural development, maintenance and survival. Recent studies have shown that non-neural cells in vitro also express mRNA encoding some neurotrophin receptors. In our preliminary study, TrkB-like immunoreactivity (LI) was found in the various non-neural cells in the rat periodontal ligament. The present study was undertaken to clarify which cell types express Trk-LI, in particular two types of TrkB-LI, in the periodontal ligament of mature rats? using an immunocytochemical technique with polyclonal antibodies. Intense full-length TrkB-LI was clearly recognized in non-neural cells such as fibroblasts, osteoclasts, odontoclasts and cementoblasts as well as in neural elements. Relatively large cells with many cytoplasmic processes were also frequently immunopositive for full-length TrkB. Immunocytochemistry for TrkB[TK-], a truncated type, also demonstrated a similar immunostaining pattern to that of full-length TrkB in non-neural periodontal cells, and intense positive reactions in endothelial cells. Some non-neural cells were positive for TrkA and TrkC. These findings suggest that neurotrophic factors, the ligands of the Trk family, have certain effects on the proliferation and/or differentiation of non-neural cells, as well as on their neurotrophic functions. (C) 1997 Elsevier Science Ltd.

    DOI: 10.1016/S0003-9969(97)00030-7

    Web of Science

    researchmap

  • 思春期に顎偏位が増悪した反対咬合の長期観察例 査読

    小林元夫, 斉藤功, 石井一裕, 竹山雅規, 森田修一, 花田晃治

    日本矯正歯科学会雑誌   55 ( 3 )   234 - 245   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 実験的歯の移動時における三叉神経節ニューロンの反応に関する免疫組織化学的研究 査読

    花見重幸, 斉藤 功, 花田晃治, 高野吉郎

    日矯歯誌   55 ( 3 )   211 - 222   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歯の移動時における歯根膜神経線維の動態および神経ペプチドの骨代謝への影響 査読

    斉藤 功, 花見重幸, 渡部宏一, 花田晃治

    甲北信越歯誌   3 ( 1 )   10 - 17   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Longitudinal study on the length change of digital bones and mandible with a logistic curve 査読

    Terada K, SAITO I, Liu H, Hanada K

    J Jpn Orthod Soc   54 ( 6 )   413 - 424   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ALTERATION OF NERVE GROWTH FACTOR-RECEPTOR EXPRESSION IN THE PERIODONTAL-LIGAMENT OF THE RAT DURING EXPERIMENTAL TOOTH MOVEMENT 査読

    SAITO, I, K HANADA, T MAEDA

    ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY   38 ( 11 )   923 - 929   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This pilot study deals with the initial responses of neural elements showing nerve growth factor-receptor (NGFR) immunoreactivity in the periodontal ligament of rats to orthodontic forces. The animals were killed at intervals of 1, 2, 6, 12 h and 1, 3, 5, 7 days after the insertion of elastic bands between the maxillary first and second molars. Serial frozen sections. prepared from each animal, were processed immunohistochemically to demonstrate NGFR, after which the periodontal ligament of the mesial root of the maxillary second molar was examined microscopically. In control sections, NGFR-positive neural elements were predominantly distributed at the apex of the bony socket on the distal side of the periodontal ligament. After 1 h of tooth movement. NGFR positively-stained nerve fibres tended to disappear slightly in both the intermediate and coronal regions of the distal periodontal ligament. By the third day of tooth movement, the periodontal ligament nerve fibres showed more intense NGFR-immunoreactivity; thick, positively stained nerve fibres were recognized on the distal side in which active bone remodelling was occurring, and a few of these fibres were densely distributed around blood vessels or near Howship's lacunae. The distribution of NGFR-positive neural elements on the mesial side increased at 5 days of tooth movement. Finally, at 7 days of tooth movement, staining intensity for NGFR appeared to decrease. These findings demonstrate that an alteration in the distribution and the intensity of immunoreactive staining for NGFR in the periodontal ligament is associated with the bone remodelling induced by orthodontic tooth movement.

    Web of Science

    researchmap

  • RESPONSES OF CALCITONIN GENE-RELATED PEPTIDE-IMMUNOPOSITIVE NERVE-FIBERS IN THE PERIODONTAL-LIGAMENT OF RAT MOLARS TO EXPERIMENTAL TOOTH MOVEMENT 査読

    SAITO, I, K ISHII, K HANADA, O SATO, T MAEDA

    ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY   36 ( 9 )   689 - 692   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Nerve fibres showing CGRP-immunoreactivity were exclusively distributed around blood vessels in the periodontal ligament of normal teeth. The CGRP-positive nerves as well as the vessels were more dense during tooth movement and reached a maximum density and intensity of immunoreaction after 3 days. After that, the immunoreactive nerves gradually disappeared, and returned to the control level by the 7th day. Some of the CGRP-nerves were adjacent to bone resorptive lacunae at 3 days when active remodelling of alveolar bone was taking place. These findings suggest that the distribution of CGRP-positive nerves is dynamically changed around the blood vessels in the periodontal ligament during tooth movement, and that CGRP might affect the regulation of blood flow in the ligament. CGRP is possibly involved in the tissue remodelling, directly or indirectly, in addition to its function as a neurotransmitter.

    Web of Science

    researchmap

  • 実験的歯牙移動時におけるラット臼歯歯根膜内神経線維の免疫組織化学的研究 査読

    斉藤 功, 石井一裕, 小林元夫, 花田晃治, 前田健康, 佐藤 修

    日矯歯誌   49 ( 5 )   466 - 474   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • パーソナルコンピューターを用いた外科的矯正治療のためのシミュレーションについて 査読

    寺田一員, 斉藤 功, 花田晃治

    日矯歯誌   49 ( 4 )   331 - 340   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 拡大力に対するラット頭蓋矢状縫合部組織の初期反応に関する実験的研究 -2種類の初期荷重を与えて- 査読

    斉藤 功

    日矯歯誌   49 ( 4 )   721 - 738   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 「症例でわかる 歯科矯正用アンカースクリュー活用術」

    齋藤 功( 担当: 共編者(共編著者))

    医歯薬出版  2019年11月 

     詳細を見る

  • 臨床家のための矯正YEAR BOOK 2019

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: エッジワイズ法の基本を知り、未来を語ろう-管理指導医の立場から)

    クインテッセンス出版  2019年11月 

     詳細を見る

  • 『歯科審美学』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 能療法(MFT)について)

    永末書店  2019年8月 

     詳細を見る

  • 『歯科矯正学 第6版』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 保定.I保定とは)

    医歯薬出版  2019年3月 

     詳細を見る

  • 歯界展望 2017年特別号 歯科医療 未来と夢

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 顎変形症における顎矯正手術施行前後の形態的・機能的様相)

    医歯薬出版株式会社  2017年5月 

     詳細を見る

  • 『歯科衛生士のためのポケット版・最新歯科衛生士用語辞典

    齋藤 功( 担当: 共著)

    クインテッセンス出版  2016年12月 

     詳細を見る

  • 21世紀は『食べる』時代-食べるを考えたことありますか?-

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 美しいスマイルと『食べる』)

    医歯薬出版株式会社  2016年7月 

     詳細を見る

  • 『顔の百科事典』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 顔の成長・発達、顔の左右対称性・歪)

    丸善出版株式会社  2015年9月 

     詳細を見る

  • 臨床家のための矯正YEAR BOOK‘14

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 治療メカニクスから生じる望ましくない反作用を抜去適用歯の利用によりコントロールした症例)

    クインテッセンス出版  2014年10月 

     詳細を見る

  • Class III eBook

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: Class III facial asymmetry and surgical orthodontic treatment)

    Bentham Science Publishers  2014年 

     詳細を見る

  • 『口腔科学』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 顎変形症の治療(1)診査・分析・診断, (2)治療法の決定, (2)治療法の決定, (2)治療法の決定)

    朝倉書店  2013年11月 

     詳細を見る

  • 臨床家のための矯正YEAR BOOK‘13

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 第一期治療の意義について考える-第二期治療との関わりの中で-)

    クインテッセンス出版  2013年10月 

     詳細を見る

  • 『口腔診療必携-困ったときのマニュアル・ヒント集-』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 第I章 ④-11 顔が変形していると訴える患者が来院したら)

    金原出版  2010年10月 

     詳細を見る

  • 臨床家のための矯正YEAR BOOK‘08

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 留学生大学院教育とアジアへの貢献-新潟大学医歯学総合研究科・口腔生命科学専攻の取り組み-)

    クインテッセンス出版  2008年10月 

     詳細を見る

  • 『歯科矯正学 第5版』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: II.顎変形症の矯正治療)

    医歯薬出版株式会社  2008年3月 

     詳細を見る

  • 歯の移動の臨床バイオメカニクス−骨と歯根膜のダイナミズム−

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 加齢と歯の移動)

    医歯薬出版株式会社  2006年5月 

     詳細を見る

  • 新潟発『食べる』

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: 美しいスマイルで楽しく食べよう)

    新潟日報事業社  2005年 

     詳細を見る

  • Interface oral health science

    齋藤 功( 担当: 共著 ,  範囲: The effects of orthodontic appliances on levels of Streptococcus mutans. Streptococcus sobrinus and microbial flora in saliva)

    Elsevier  2005年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第3報) 共通プロトコール策定への意見

    吉田 章太, 丹原 惇, 内野 夏子, 大久保 和美, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   112 - 112   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第1報) 資料採得環境について

    丹原 惇, 内野 夏子, 吉田 章太, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   111 - 111   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第2報) 資料採得時期について

    内野 夏子, 丹原 惇, 吉田 章太, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 大久保 和美, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 星 和人, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   111 - 111   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第3報) 共通プロトコール策定への意見

    吉田 章太, 丹原 惇, 内野 夏子, 大久保 和美, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   112 - 112   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第1報) 資料採得環境について

    丹原 惇, 内野 夏子, 吉田 章太, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   111 - 111   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第2報) 資料採得時期について

    内野 夏子, 丹原 惇, 吉田 章太, 朝日藤 寿一, 石渡 靖夫, 岩田 敏男, 大久保 和美, 金高 弘恭, 佐藤 友紀, 谷川 千尋, 中納 治久, 春山 直人, 真野 樹子, 渡邉 佳一郎, 星 和人, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   111 - 111   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    本多 綾子, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   48 ( 2 )   75 - 83   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    本研究の目的は、正貌顔面規格写真を用いて骨格性下顎前突症例における正貌軟組織形態の計測結果をもとにクラスター分析を行い、分類された各群の特徴を明らかにすることである。対象は、骨格性下顎前突症と診断された100名(男性40名、女性60名)である。正貌顔面規格写真上に顔面構造物および顔面輪郭に計測点を設定し、7つの角度計測項目を定義し算出した。これらの計測結果をもとにクラスター分析にて正貌を分類し、各群における計測項目の結果について多群比較を行った。クラスター分析により4つの群に分類され、近似している群から順にA群、B群、C群、D群とした。4群の特徴を要約すると、A群(22名):顔面輪郭の非対称は強いが顔面構造物の位置の非対称が軽度、B群(9名):顔面構造物の位置の非対称および顔面輪郭の非対称が強い、C群(29名):顔面輪郭の非対称は軽度だが顔面構造物において鼻下点および上唇の非対称が強い、D群(40名):顔面構造物の位置の非対称と顔面輪郭の非対称の両方が軽度となった。以上のことから、A群はおもに下顎の偏位が大きく、B群は上下顎に偏位を持ち、また、C群は偏位が上顎に限局し、D群は顔面非対称が少ない群という特徴を有すると考えられた。本研究の結果、顔面構造物の位置の非対称と顔面輪郭形態の特徴から4群に分類することができ、顎偏位を伴う顎変形症例の治療計画立案に有用であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時のマウス歯根膜における増殖/静止期細胞の局在

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 井田 貴子, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77回   231 - 231   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 【長期成績を踏まえた顎裂部骨移植のコツ】 口唇裂・口蓋裂治療における顎裂部骨移植 主に矯正歯科の視点から

    齋藤 功, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 市川 佳弥

    形成外科   61 ( 7 )   779 - 790   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Hotz床併用二段階口蓋形成手術法で治療を行った片側性唇顎口蓋裂症例.

    北見 公平, 竹山 雅規, 小栗 由充, 丹原 淳, 小林 正治, 齋藤 功

    第33回甲北信越矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集   41 - 41   2018年6月

     詳細を見る

  • 下顎骨右方偏位と叢生を伴うAngle Class II subdivision歯性上下顎前突症例

    眞舘幸平, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Angle Class II叢生症例

    西野和臣, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   67   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯の移植を併用した過蓋咬合症例の長期経過

    竹山雅規, 小栗由充, 大森裕子, 芳澤享子, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   61   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨軽度右方偏位を伴うAngle Class III叢生症例

    大倉麻里子, 越知佳奈子, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   66   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性

    佐藤知弥子, 八巻正樹, 渡辺和子, 八木稔, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   63   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨左方偏位を伴うAngle Class I上顎前突症例

    高橋功次朗, 竹山雅規, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   67   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 叢生を伴うAngle Class II上顎前突症例

    丹原惇, 高橋功次朗, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   68   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上顎右側犬歯の矮小を伴うAngle Class II上下顎前突症例

    大竹正紀, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 叢生を伴うAngle Class I上下顎前突症例

    坂上馨, 竹山雅規, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   65   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顔面軟組織の萎縮を伴う顔面非対称の1例

    加藤祐介, 佐久間英伸, 原太一, 羽賀健太, 福井忠雄, 齋藤功, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   178   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症の顎骨内応力解析

    藤田瑛, 丹原惇, 池真樹子, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   174   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術後軟組織シミュレーション実現に向けての現状と課題

    西野和臣, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   100‐101   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋功次朗, 丹原惇, 森田修一, 小林正治, 池田順行, 林孝文, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   115   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術後2か月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田順行, 小玉直樹, 西野和臣, 西山秀昌, 齋藤功, 高木律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療における形態と機能を考察する―治療例と臨床研究をもとに―

    齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   108‐109   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人におけるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の有用性についての検討

    長谷部大地, 加藤祐介, 齋藤大輔, 高橋功次朗, 丹原惇, 新美奏恵, 片桐渉, 齋藤功, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   123   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性

    佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   63 - 63   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 歯の移植を併用した過蓋咬合症例の長期経過

    竹山 雅規, 小栗 由充, 大森 裕子, 芳澤 享子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   61 - 61   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 顔面軟組織の萎縮を伴う顔面非対称の1例

    加藤 祐介, 佐久間 英伸, 原 太一, 羽賀 健太, 福井 忠雄, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   178 - 178   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症の顎骨内応力解析

    藤田 瑛, 丹原 惇, 池 真樹子, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   174 - 174   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136 - 136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 日本人におけるIndex of Orthognathic Functional Treatment Need(IOFTN)の有用性についての検討

    長谷部 大地, 加藤 祐介, 齋藤 大輔, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 新美 奏恵, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   123 - 123   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   115 - 115   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 技術と知識の伝承(次世代を担う若手矯正科医のためのセミナー) 外科的矯正治療における形態と機能を考察する 治療例と臨床研究をもとに

    齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   108 - 108   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 3D画像技術の展望:3Dシミュレーションの実践と評価 術後軟組織シミュレーション実現に向けての現状と課題

    西野 和臣, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   100 - 101   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 下顎骨右方偏位と叢生を伴うAngle Class II subdivision歯性上下顎前突症例

    眞舘 幸平, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69 - 69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎右側犬歯の矮小を伴うAngle Class II上下顎前突症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69 - 69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うAngle Class II上顎前突症例

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   68 - 68   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎骨左方偏位を伴うAngle Class I上顎前突症例

    高橋 功次朗, 竹山 雅規, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   67 - 67   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class II叢生症例

    西野 和臣, 福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   67 - 67   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎骨軽度右方偏位を伴うAngle Class III叢生症例

    大倉 麻里子, 越知 佳奈子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   66 - 66   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うAngle Class I上下顎前突症例

    坂上 馨, 竹山 雅規, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   65 - 65   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 口唇口蓋裂症例における歯科矯正治療の要点

    佐藤嘉晃, 飯田順一郎, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   107   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術前顎矯正治療を行った片側性唇顎口蓋裂患者の外鼻形態の変化

    市川佳弥, 丹原惇, 朝日藤寿一, 宮田昌幸, 親松宏, 新美奏恵, 児玉泰光, 小林正治, 高木律男, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   152   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌縮小術を行った口蓋裂を伴うBeckwith‐Wiedemann症候群の1例

    児玉泰光, 児玉泰光, 大湊麗, 大湊麗, 永井孝宏, 渡部桃子, 山田茜, 結城龍太郎, SALAZAR Andrea Rei, 市川佳弥, 丹原惇, 齋藤功, 小野和宏, 小野和宏, 高木律男

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   141   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口唇口蓋裂症例における歯科矯正治療の要点

    佐藤 嘉晃, 飯田 順一郎, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   107 - 107   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 術前顎矯正治療を行った片側性唇顎口蓋裂患者の外鼻形態の変化

    市川 佳弥, 丹原 惇, 朝日藤 寿一, 宮田 昌幸, 親松 宏, 新美 奏恵, 児玉 泰光, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   152 - 152   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 舌縮小術を行った口蓋裂を伴うBeckwith-Wiedemann症候群の1例

    児玉 泰光, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 結城 龍太郎, Salazar Andrea Rei, 市川 佳弥, 丹原 惇, 齋藤 功, 小野 和宏, 高木 律男, 新潟大学医歯学総合病院口唇口蓋裂診療チーム

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   141 - 141   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 下顎骨軽度左方偏位を伴うAngle Class I叢生症例

    上村藍太郎, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   33rd   48   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群をともなう患者の矯正歯科治療例

    渡邉直子, 三上俊彦, 小林正治, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   87‐95   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における側頭骨と下顎骨形態についての検討

    村上智子, 福井忠雄, 西山秀昌, 林孝文, 小林正治, 高木律男, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   125   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝および矯正学的歯の移動への影響

    中田 樹里, 柿原 嘉人, 秋葉 陽介, 江口 香里, 丹原 惇, 大倉 麻里子, 加藤 寛子, 泉 健次, 佐伯 万騎男, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   120 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群をともなう患者の矯正歯科治療例

    渡邉 直子, 三上 俊彦, 小林 正治, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   87 - 95   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    基底細胞母斑症候群NNevoid Basal Cell Carcinoma Syndromeは、GorlinとGoltzによって体系づけられた常染色体優性遺伝性疾患で、主に皮膚の多発性基底細胞母斑、基底細胞癌、顎骨の多発性角化嚢胞や、種々の骨格系統の異常を呈する症候群であるが、特に口腔領域では10代に多発する顎骨嚢胞が特徴的な疾患である。今回、複数の顎骨嚢胞、特に第二大臼歯の歯冠を含む巨大な含歯性嚢胞を有した症例に対し、10歳2ヵ月より16歳10ヵ月まで長期に渡って管理し、開窓術及び埋伏歯の矯正による牽引誘導を行うことで、嚢胞の縮小と良好な骨成長および咬合状態を得ることができた症例を経験したので、その治療経過と結果について報告する。また、巨大な含歯性嚢胞の埋状歯牽引の必要性について、その効果と限界について考察するとともに、基底細胞母斑症候群の患者に対する矯正治療の適応について考察した。(著者抄録)

    researchmap

  • 超音波診断装置を用いた骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動様態の検討

    阿部 遼, 福井 忠雄, 坂上 馨, 小林 太一, 林 孝文, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   125 - 126   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における側頭骨と下顎骨形態についての検討

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   125 - 125   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝および矯正学的歯の移動への影響

    中田 樹里, 柿原 嘉人, 秋葉 陽介, 江口 香里, 丹原 惇, 大倉 麻里子, 加藤 寛子, 泉 健次, 佐伯 万騎男, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   120 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 小児期における上唇小帯および舌小帯伸展術に関する臨床統計調査

    丹原惇, 高橋功次朗, 大貫尚志, 児玉泰光, 新美奏恵, 高木律男, 齋藤功

    小児口腔外科   27 ( 2 )   95   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症の重症度と顎顔面形態、性別、年代ならびにBMIとの関連

    網谷 季莉子, 竹山 雅規, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 大嶋 康義, 小林 正治, 齋藤 功

    睡眠口腔医学   4 ( 1 )   82 - 82   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本睡眠歯科学会  

    researchmap

  • 矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について

    西野 和臣, 市川 佳弥, 山添 佳奈子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   248 - 248   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症の重症度と顎顔面形態、性別、年代ならびにBMIとの関連

    網谷 季莉子, 竹山 雅規, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 大嶋 康義, 小林 正治, 齋藤 功

    睡眠口腔医学   4 ( 1 )   82 - 82   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本睡眠歯科学会  

    researchmap

  • 3本の先天性欠如に対し歯胚移植を併用して治療した症例の長期経過

    山田 秀樹, 寺田 康子, 竹山 雅規, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   297 - 297   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸患者における重症度と側面セファログラム分析項目との相関について

    網谷 季莉子, 竹山 雅規, 丹原 淳, 高橋 功次朗, 大嶋 康義, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   269 - 269   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小児期における上唇小帯および舌小帯伸展術に関する臨床統計調査

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 大貫 尚志, 児玉 泰光, 新美 奏恵, 高木 律男, 齋藤 功

    小児口腔外科   27 ( 2 )   95 - 95   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例の正貌パターンにおける臨床統計調査

    新島 綾子, 森田 修一, 工藤 武久, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   217 - 217   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • DNA損傷修復機構は口蓋の発生に重要である

    北見 公平, 北見 恩美, 小松 義広, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   189 - 189   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • ROCK阻害剤による骨形成促進メカニズムの解析

    中田 樹里, 柿原 嘉人, 丹原 惇, 佐伯 万騎男, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   184 - 184   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動におけるprostaglandin I2合成酵素の発現解析と3次元的応力分布解析

    大倉 麻里子, 大倉 直人, 丹原 惇, 藤田 瑛, 野杁 由一郎, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   183 - 183   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 内因性カンナビノイド分解酵素阻害剤を用いた口腔顔面領域の神経障害性疼痛における鎮痛効果の検討

    上村 藍太郎, 山村 健介, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   166 - 166   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症例の顎骨内応力解析

    藤田 瑛, 丹原 惇, 池 真樹子, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   153 - 153   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class I上下顎前突とAngle Class II上顎前突における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化の比較

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   150 - 150   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における下顎窩と下顎骨形態の関連性の検討

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   147 - 147   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 成人前歯部開咬症の舌突出が嚥下時舌圧発現様相に与える影響

    栗原 加奈子, 福井 忠雄, 坂上 馨, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   139 - 139   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝への影響とその作用機序の解析

    中田 樹里, 秋葉 陽介, 江口 香里, 丹原 惇, 齋藤 功, 柿原 嘉人, 佐伯 万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35回   184 - 184   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島綾子, 森田修一, 丹原惇, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 1 )   51‐52   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島 綾子, 森田 修一, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 1 )   51 - 52   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 先天性欠如歯を伴う成人Angle Class II上顎前突症例

    越知佳奈子, 越知佳奈子, 山添清文, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   37‐44   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における正貌パターンの臨床統計

    新島綾子, 森田修一, 工藤武久, 高橋功次朗, 丹原惇, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   155   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 側面頭部エックス線規格写真を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨形態のクラスター分析

    大澤知朗, 丹原惇, 新島綾子, 高橋功次朗, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   127   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者における術前後の嚥下機能変化

    福井忠雄, 坂上馨, 阿部遼, 篠倉千恵, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   72‐73   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非接触型3D画像撮影装置とCTを用いた顔面形態分析手法の検討

    原太一, 小田陽平, 西野和臣, 丹原惇, 齋藤功, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   96   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人前歯部開咬症における嚥下時舌圧発現様相の検討―健常者との比較―

    栗原加奈子, 福井忠雄, 坂上馨, 堀一浩, 小野高裕, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   157   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超音波診断装置を用いた個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動の比較

    阿部遼, 福井忠雄, 坂上馨, 林孝文, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   157   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性欠如歯を伴う成人Angle Class II上顎前突症例

    越知 佳奈子, 山添 清文, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   37 - 44   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    成人症例では、歯科的既往により治療方針の立案に制約を受ける場合が多い。先天性欠如歯と多数の修復処置歯を伴う成人上顎前突症例に対して、変則的な抜歯と矯正用インプラントアンカー(仮称:以下アンカープレート)により咬合を改善したので報告する。下顎前歯部の叢生と上顎前歯部修復物の審美障害を主訴に来院した39歳10ヵ月の女性。SNA 76.0°、ANB+6.0°で、臼歯関係は両側Angle II級、overjet+5.5mm、overbite+2.0mm、下顎右側側切歯が先天性欠如で、下顎前歯部に叢生を認めた。多数の修復処置歯を認め、上顎前歯部は連結冠により修復されており、下顎左側第一大臼歯の遠心根歯根歯質は菲薄であった。下顎右側側切歯の先天性欠如を伴うAngle Class II上顎前突症例と診断し、上顎両側第一小臼歯、下顎左側第一大臼歯を抜去し、上顎臼歯部にアンカープレートを埋入して治療を行った。動的治療期間は4年1ヵ月で、叢生および臼歯関係が改善し、上顎切歯の後退により、適切なアンテリアガイダンスが獲得できた。動的治療終了後約2年を経過しているが、咬合は安定している。(著者抄録)

    researchmap

  • 上顎切歯の唇側傾斜を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   59 - 59   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査

    坂上 馨, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   51 - 51   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 多数歯先天性欠如を伴う不正咬合に対する矯正治療

    竹山 雅規, 八巻 正樹, 福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   51 - 51   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顎口腔機能変化 骨格性下顎前突症患者における術前後の嚥下機能変化

    福井 忠雄, 坂上 馨, 阿部 遼, 篠倉 千恵, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   72 - 72   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 超音波診断装置を用いた個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動の比較

    阿部 遼, 福井 忠雄, 坂上 馨, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   157 - 157   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 成人前歯部開咬症における嚥下時舌圧発現様相の検討 健常者との比較

    栗原 加奈子, 福井 忠雄, 坂上 馨, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   157 - 157   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における正貌パターンの臨床統計

    新島 綾子, 森田 修一, 工藤 武久, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   155 - 155   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 側面頭部エックス線規格写真を用いた骨格性下顎前突症患者における下顎骨形態のクラスター分析

    大澤 知朗, 丹原 惇, 新島 綾子, 高橋 功次朗, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   127 - 127   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 非接触型3D画像撮影装置とCTを用いた顔面形態分析手法の検討

    原 太一, 小田 陽平, 西野 和臣, 丹原 惇, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   96 - 96   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第二期動的矯正治療開始時の側面セファログラム分析

    丹原惇, 市川佳弥, 高橋功次朗, 眞舘幸平, 朝日藤寿一, 森田修一, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   150   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂児におけるHuddart/Bodenham Indexを用いた咬合評価

    児玉泰光, 丹原惇, 市川佳弥, 大湊麗, 深井真澄, 渡部桃子, 永井孝宏, 小山貴寛, 永田昌毅, 飯田明彦, 小野和宏, 齋藤功, 高木律男

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   166   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口蓋形成2回法:新潟大学/矯正(成長)分野

    丹原惇, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   62   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • BRCA1およびBRCA2を介したDNA修復機能は口蓋の発生に重要である

    北見公平, 小松義広, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   163   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における骨架橋の状態と顎裂部に排列した犬歯歯軸傾斜の検討

    市川佳弥, 丹原惇, 高橋功次郎, 朝日藤寿一, 森田修一, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   141   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における骨架橋の状態と顎裂部に排列した犬歯歯軸傾斜の検討

    市川 佳弥, 丹原 惇, 高橋 功次郎, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   141 - 141   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 1 )   1 - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    偏位を伴う骨格性下顎前突症と診断し、両側下顎枝矢状分割法による下顎単独後退術を施行し、術前後で下顎正中部の側方移動を伴いかつ下顎後退量に左右差を認めた15例(男性4名、女性11名、平均21歳2ヵ月)を対象とした。術前におけるoverjetの平均は-3.7±1.9mmであった。偏位側と非偏位側における後方移動量は各5.0+2.6mm(平均値と標準偏差)と6.9+2.0mmで、左右平均後方移動量は5.9+2.2mmであった。後方移動量の左右差は1.9+1.4mm、L1とPogの後方移動量は、各6.2+2.2mm、5.6+3.0mm、下顎正中部の平均側方移動量は2.4+1.1mmであった。各症例のL1における後方移動量と下顎左右後退量の平均値との間、Pogにおける後方移動量と下顎左右後退量の平均値の関係、下顎後退量の左右差と下顎正中部側方移動量間に有意な相関関係を認めた。回帰係数および切片についてT値を算出し、それぞれ4.26、5.46と有意であった。

    DOI: 10.5927/jjjd.27.1

    researchmap

  • 長期結果からみた各チーム医療の現状と展望 乳児から成人まで 口蓋形成2回法 新潟大学/矯正(成長)分野

    丹原 惇, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   62 - 62   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第二期動的矯正治療開始時の側面セファログラム分析

    丹原 惇, 市川 佳弥, 高橋 功次朗, 眞舘 幸平, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   150 - 150   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂児におけるHuddart/Bodenham Indexを用いた咬合評価

    児玉 泰光, 丹原 惇, 市川 佳弥, 大湊 麗, 深井 真澄, 渡部 桃子, 永井 孝宏, 小山 貴寛, 永田 昌毅, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   166 - 166   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • BRCA1およびBRCA2を介したDNA修復機能は口蓋の発生に重要である

    北見 公平, 小松 義広, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   163 - 163   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性

    佐藤知弥子, 八巻正樹, 渡辺和子, 八木稔, 齋藤功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   76 ( 1 )   17‐29   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯列に対する自己評価および客観的評価と矯正歯科治療の動機づけとの関連性

    佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   76 ( 1 )   17 - 29   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    先行研究において、「歯並び」に不満があっても矯正歯科治療(以下、矯正治療)を希望しない場合が認められた。そこで、歯列や顔貌などの審美的要素に対する満足度および矯正治療に対する認識度(=自己評価)とdental aesthetic index(DAI)を構成する評価項目(=客観的評価)との関連性を統計学的に検討し、矯正治療の動機づけとなる要因を明らかにすることを目的として本調査研究を行った。2014年度または2015年度の「新潟大学新入生口腔健康診断」を受診した新入生3,515名に対して、自己評価に関する計15項目についてアンケート調査を実施した。そのうち、自己の「歯並び」に対して不満足と回答した1,134名を解析対象とした。また、5年以上の矯正歯科臨床経験を有する歯科医師らがDAIに基づき診査した。統計学的分析では、目的変数を矯正治療に対する希望の有無、説明変数を自己評価項目と客観的評価項目として、二変量解析と多変量解析を行い両者の関連性を検討した。その結果、矯正治療希望者の割合に男女差を認め、男性に対して女性の方が矯正治療を希望する傾向にあった。矯正治療の動機づけに影響する要因は、自己評価項目では男女に共通した項目や男女で異なる項目があげられ、各項目の影響度に男女間で相違を認めた。一方、客観的評価項目では男女ともにDAI値のみ矯正治療の動機づけに影響する要因として示され、DAI値は矯正治療の動機づけにかかる客観的指標として有用であることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋功次朗, 丹原惇, 森田修一, 小林正治, 池田順行, 林孝文, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 1 )   1‐7(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.27.1

    J-GLOBAL

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例の正貌パターンにおける臨床統計調査

    新島綾子, 森田修一, 工藤武久, 高橋功次朗, 丹原惇, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   217   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝への影響とその作用機序の解析

    中田樹里, 中田樹里, 秋葉陽介, 江口香里, 丹原惇, 齋藤功, 柿原嘉人, 佐伯万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35th   184   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた顎偏位を伴う骨格性下顎前突症例の顎骨内応力解析

    藤田瑛, 丹原惇, 池真樹子, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   153   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ROCK阻害剤による骨形成促進メカニズムの解析

    中田樹里, 中田樹里, 柿原嘉人, 丹原惇, 佐伯万騎男, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   184   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DNA損傷修復機構は口蓋の発生に重要である

    北見公平, 北見恩美, 小松義広, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   189   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Angle Class I上下顎前突とAngle Class II上顎前突における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化の比較

    大森裕子, 丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   150   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内因性カンナビノイド分解酵素阻害剤を用いた口腔顔面領域の神経障害性疼痛における鎮痛効果の検討

    上村藍太郎, 山村健介, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   166   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3本の先天性欠如に対し歯胚移植を併用して治療した症例の長期経過

    山田秀樹, 寺田康子, 竹山雅規, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   297   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸患者における重症度と側面セファログラム分析項目との相関について

    網谷季莉子, 竹山雅規, 丹原淳, 高橋功次朗, 大嶋康義, 小林正治, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   269   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腿骨近位部骨折患者の入院中誤嚥性肺炎予防に向けての取り組み

    齋藤功, 鈴木恵里, 杉浦佳苗, 岩瀬敏樹, 清水雄太, 竹本元大, 日比野卓哉, 牧田和也

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th   395   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について

    西野和臣, 市川佳弥, 山添佳奈子, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   248   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人前歯部開咬症の舌突出が嚥下時舌圧発現様相に与える影響

    栗原加奈子, 福井忠雄, 坂上馨, 堀一浩, 小野高裕, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   139   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における下顎窩と下顎骨形態の関連性の検討

    村上智子, 福井忠雄, 西山秀昌, 小林正治, 高木律男, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   147   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正的歯の移動におけるprostaglandin I<sub>2</sub>合成酵素の発現解析と3次元的応力分布解析

    大倉麻里子, 大倉直人, 丹原惇, 藤田瑛, 野杁由一郎, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76th   183   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ウェアラブル・デバイスによる咀嚼回数計測

    山鹿義郎, 堀一浩, 上原文子, 谷村基樹, 齋藤功, 小野高裕

    日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集   59th   22‐23   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術を行った筋緊張性ジストロフィーに伴う顎変形症の1例

    池田順行, 小原彰浩, 弦巻立, 瀬尾憲司, 齋藤功, 高木律男

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 12 )   612‐617   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5794/jjoms.62.612

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術が鼻咽腔気道に及ぼす影響について

    浅井佑介, 長谷部大地, 小島拓, 齋藤功, 小林正治

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   119   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人を対象とした小臼歯抜去を適用した矯正歯科治療前後の赤唇形態の変化

    大森裕子, 丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   109‐110   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は顎顔面骨の形態形成に必須である

    北見公平, 北見恩美, 加来賢, 小松義広, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   112‐113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 最近10年間の新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査

    坂上馨, 高橋功次朗, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   83‐88   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三叉神経領域の神経障害性疼痛に対する内因性カンナビノイドの鎮痛作用

    上村藍太郎, 上村藍太郎, ザキル ホサイン, 高橋功次朗, 大竹正紀, 北川純一, 山村健介, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術を行った筋緊張性ジストロフィーに伴う顎変形症の1例

    池田 順行, 小原 彰浩, 弦巻 立, 瀬尾 憲司, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 12 )   612 - 617   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は15歳男児で、11歳頃から前歯部の開咬に気づき、うまく咬めなくなり、矯正治療を開始したが改善が得られなかった。開咬を伴う骨格性下顎前突症と診断し、顎矯正手術を併用した外科的矯正治療を行う方針とした。同時期に心房粗動と左室機能低下の診断を受け、鎮静下で経皮的カテーテル心筋焼灼を行った。また、把握性筋緊張が顕著になり、遺伝子検索で筋緊張性ジストロフィーの診断に至った。手術は、主訴である開咬の改善を図ることを目的とし、時間の短縮と骨片の安定性を考慮して下顎単独のObwegeser-Dal Pont法による下顎枝矢状分割法(SSRO)を選択した。全身麻酔は、悪性高熱症を誘発する可能性のある吸入麻酔薬を避けプロポフォールとレミフェンタニルによる全静脈麻酔とし、筋弛緩薬は非脱分極性のロクロニウム臭化物を選択した。術後2年4ヵ月が経過した現在も経過観察中であるが、開咬と反対咬合は改善し、患者自身の満足も得られている。

    DOI: 10.5794/jjoms.62.612

    researchmap

  • 顎矯正手術が鼻咽腔気道に及ぼす影響について

    浅井 佑介, 長谷部 大地, 小島 拓, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   119 - 119   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 三叉神経領域の神経障害性疼痛に対する内因性カンナビノイドの鎮痛作用

    上村 藍太郎, ザキル・ホサイン, 高橋 功次朗, 大竹 正紀, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   113 - 113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は顎顔面骨の形態形成に必須である

    北見 公平, 北見 恩美, 加来 賢, 小松 義広, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   112 - 113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 日本人を対象とした小臼歯抜去を適用した矯正歯科治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   109 - 110   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 最近10年間の新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査

    坂上 馨, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   83 - 88   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    今回、最近10年間に新潟大学医歯学総合病院矯正歯科(以下、当院矯正歯科)に来院した患者の先天性欠如歯および過剰歯について調査を行った。対象は、2006年1月から2015年12月までの10年間における当院矯正歯科の新規登録患者のうち、顎変形症および口唇裂・口蓋裂症例を除外した一般矯正患者1,571名(男性585名、女性986名)とした。これらの症例について、治療のために採得した資料(診療録、エックス線写真、研究用模型)を用いて、調査・分析を行った。その結果、先天性欠如歯の発現率は12.5%で、女性が男性の約1.1倍であった。これに対し、過剰歯の発現率は3.4%であり、男性の発現頻度が女性の約2.5倍であった。先天性欠如を歯数別でみると、1歯発現が46.1%、2歯32.3%、3歯6.2%、4歯3.1%、5歯2.6%、6歯以上が9.7%、過剰歯では、1歯発現が85.2%、2歯14.8%であった。発現部位について先天性欠如歯では、下顎第二小臼歯25.8%、下顎側切歯15.9%、上顎側切歯11.4%、上顎第二小臼歯11.2%、上顎第一小臼歯6.9%の順であった。過剰歯では上顎前歯が88.7%と大多数を占めた。これらの結果は、過去の報告と類似していたが、6歯以上の先天性部分(性)無歯症患者については過去の文献と比較し増加傾向を示し、矯正歯科治療の保険適応が影響していると推察された。(著者抄録)

    researchmap

  • スタンダードエッジワイズ装置を基本に据えた矯正歯科治療と臨床教育

    齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   98 - 98   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症患者に対するチーム医療の実態調査 矯正歯科医による多施設共同研究

    須佐美 隆史, 府川 俊彦, 宮崎 晴代, 坂本 輝雄, 森下 格, 佐藤 嘉晃, 金野 吉晃, 倉田 和之, 渡邉 佳一郎, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   266 - 266   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について(Pilot study)

    西野 和臣, 市川 佳弥, 越知 佳奈子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   253 - 253   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化(第2報)

    大竹 正紀, 丹原 惇, 大竹 正人, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   252 - 252   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の統計調査

    坂上 馨, 高橋 功次郎, 丹原 惇, 大森 裕子, 中田 樹里, 新島 綾子, 村上 智子, 阿部 遼, 網谷 季莉子, 市川 佳弥, 栗原 加奈子, 藤田 瑛, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   226 - 226   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における過去10年間の新規登録患者の臨床統計調査

    眞舘 幸平, 大澤 知朗, 深町 直哉, 水越 優, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   224 - 224   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 総合大学新入生における矯正歯科治療経験者の矯正治療に対する認識度の検討

    佐藤 知弥子, 丹原 惇, 八巻 正樹, 渡辺 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   219 - 219   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 実験的歯の移動時におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I2合成酵素とIP受容体の発現解析

    大倉 麻里子, 大倉 直人, 野杁 由一郎, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   203 - 203   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は口蓋形成に必須である

    北見 公平, 北見 恩美, 齋藤 功, 小松 義広

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   193 - 193   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた下顎枝垂直骨切り術施行後の術後変化予測

    丹原 惇, 藤田 瑛, 池 真樹子, 児玉 泰光, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   178 - 178   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class III下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   146 - 146   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   136 - 136   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 大学が関わるコミュニティカフェ「金曜カフェ」の実践について

    齋藤 功子

    日本看護福祉学会誌   22 ( 1 )   36 - 39   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本看護福祉学会  

    researchmap

  • 矯正治療の質向上のために―基本コンセプトと長期安定性の考察―

    齋藤功

    日本臨床矯正歯科医会雑誌   28 ( 1 )   7   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人を対象とした矯正歯科治療後の赤唇に関する形態学的研究―小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突症例における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化―

    大森裕子, 丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   75 ( 2 )   97‐105   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人を対象とした矯正歯科治療前後の赤唇に関する形態学的研究 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突症例における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   75 ( 2 )   97 - 105   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    大学医歯学総合病院矯正歯科を受診しAngleクラスI歯性上下顎前突症と診断され、上下顎両側第一小臼歯を抜去してマルチブラケット装置により矯正歯科治療を受け、動的治療が終了した成人女性20名(20〜34歳)を対象に、治療前後の口唇、特に赤唇状態の変化様相について顔面規格写真を用い検討した。上下両側小臼歯を抜去して矯正歯科治療を行ったAngle I級歯性上下顎前突症例では、前歯の後退によって赤唇は上下とも高径を減少させて後退するが、その変化量は臨床的にみてわずかであった。また、赤唇の変化様相は上下で異なり、上唇については粘膜側へ反転しながら後退し、下唇は形態を維持したまま後退する変化を示すことが明らかになった。

    researchmap

  • 矯正治療の質向上のために 基本コンセプトと長期安定性の考察

    齋藤 功

    日本臨床矯正歯科医会雑誌   28 ( 1 )   7 - 7   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本臨床矯正歯科医会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌圧発現様相

    坂上馨, 福井忠雄, 栗原加奈子, 堀一浩, 小野高裕, 齋藤功

    日本歯科医師会雑誌   69 ( 5 )   496   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌圧発現様相

    坂上 馨, 福井 忠雄, 栗原 加奈子, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本歯科医師会雑誌   69 ( 5 )   496 - 496   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田順行, 福井忠雄, 大貫尚志, 齋藤太郎, 北村厚, 中谷暢佑, 西山秀昌, 荒井良明, 齋藤功, 齋藤功, 高木律男, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   28   136   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田 順行, 福井 忠雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 西山 秀昌, 荒井 良明, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   28 ( Suppl. )   136 - 136   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行した1例

    小島 拓, 加藤 祐介, 船山 昭典, 三上 俊彦, 倉部 華奈, 原 省司, 朝日藤 寿一, 八巻 正樹, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   46 ( 1 )   21 - 26   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    長顔を呈する患者では、口唇の閉鎖が困難となり安静時でも上顎歯肉の露出を伴うことがある。そのような症例において良好な顔貌を獲得するには、上顎骨を上方に大きく移動させる必要があるが、通常のLe Fort I型骨切り術で上顎骨を挙上する場合、下行口蓋動脈周囲の骨や下鼻甲介が障害となり上方移動が困難となることがある。今回われわれは、著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行して上顎骨を上方移動することで、良好な顔貌が得られたのでその概要を報告する。患者は20歳の女性で、口唇の閉鎖困難を主訴に当院を受診した。著しい長顔を呈する顎変形症と診断し、上下顎移動術によって上下顎骨を上方移動させ顔面高の短縮を図る方針とした。術前矯正治療終了後に馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術と両側下顎枝矢状分割法を施行し、上顎骨全体を8mm上方に移動させた。その1年後にオトガイ形成術を施行し、下顔面高を5mm短縮させた。初回手術から2年経過時において前歯部でわずかな開咬を認めたが、良好な顔貌が維持され口唇の閉鎖が容易になり患者の満足が得られた。(著者抄録)

    researchmap

  • 破骨細胞分化に影響を与える薬剤のスクリーニングとその作用機序の解析

    中田 樹里, 柿原 嘉人, 秋葉 陽介, 丹原 惇, 齋藤 功, 佐伯 万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34回   207 - 207   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 新潟大学の矯正臨床は今―そして近未来の治療戦略

    福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   3‐10   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯周疾患を伴う成人Angle Class II subdivision叢生症例

    越知佳奈子, 山添清文, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   83‐91   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三大学の臨床は今 基礎的・臨床的研究を踏まえ 新潟大学の矯正臨床は今 そして近未来の治療戦略

    福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   3 - 10   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    最近10年の新潟大学の矯正臨床においては、矯正治療の主たる形態的目標は変わっていない。すなわち、安定した個性正常咬合の確立、軟組織と硬組織の調和を図ることによるバランスのとれたプロファイルの確立および形態と口腔機能との調和である。近年、歯科矯正用アンカースクリューやアンカープレート(仮称)、あるいはハーブスト装置の応用などにより矯正治療の戦略性の拡充が図られつつある。新しいデバイスの併用により、一部の症例では患者の負担軽減に配慮した矯正治療の低侵襲化が可能である。たとえば、難症例における多数歯抜去の回避や先天性多数歯欠如あるいは欠損症例に対する補綴処置の回避、さらには外科的矯正治療と矯正単独治療とのボーダーライン症例における顎矯正手術の回避である。一方、人口の年齢構成の変化により成人矯正患者が増加したことで、来院患者のうち顎変形症患者の占める割合が増加傾向にある。外科的矯正治療においては顎矯正手術の複雑化・高精度化が計られ、これまで以上に予知性が高く十分満足できる治療結果を達成できるようになってきた。当分野では、外科的矯正治療適応症を対象とした術前後の顎顔面三次元計測の研究から、術後顔貌の予測(プレディクション)を高精度とするために必要な要素の抽出を図り、治療計画立案への臨床応用の可能性を追求している。また、顎変形症患者を対象とした形態と機能との関連性に係る臨床研究において、骨格性下顎前突症例の嚥下時における顎顔面関連筋の活動を解析し、顎顔面形態と嚥下関連筋の筋活動との関連性の検索、さらに下顎前突症患者の術前後の嚥下時関連筋活動の変化様相についても明らかにした。近未来における治療戦略を考えると、歯科矯正用アンカースクリューを併用した外科的矯正治療の効率化や低侵襲化が見込まれ、治療期間の短縮化、術前矯正治療の精度向上、術後矯正治療での利用など有用性に拡がりを見せている。また、多くの矯正歯科医を悩ましてきた下顎頭吸収に対する新しいアプローチとしてハーブスト装置や矯正用インプラントアンカー(仮称)よる治療が期待できる。世界において類をみない超高齢社会となった日本では、QOLの低下が少ない健康長寿社会の形成が国策として重要視されている。こういった背景から、学童期や青年期における矯正治療の必要性を社会に再認識してもらうとともに、増加していく複合症例に対する包括的歯科医療におけるわれわれ矯正歯科医の役割を積極的に発信し、矯正患者の潜在的需要を掘り起こしていくことが社会貢献の一つになると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 変則的な抜歯を行った成人上顎前突症例

    越知 佳奈子, 山添 清文, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   114 - 114   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class III叢生症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   113 - 113   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class II subdivision叢生症例

    井表 千馨, 小栗 由充, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   112 - 112   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称;プレートタイプ)を併用した重度上下顎前突症例

    篠倉 千恵, 福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   111 - 111   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎右側側切歯の先天性欠如を伴うアングルIII級subdivision叢生症例

    小原 彰浩, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   110 - 110   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎左側第二小臼歯の舌側傾斜によるアングルIII級subdivision骨格性II級上顎前突症例

    焼田 裕里, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   108 - 108   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルI級歯性上下顎前突・開咬症例

    高辻 華子, 福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   108 - 108   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 軽度の下顎偏位と過蓋咬合を伴うアングルIII級下顎前突症例

    吉居 朋子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   106 - 106   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 混合歯列期上顎前突の治療管理に関する調査

    上村 藍太郎, 高橋 功次朗, 大森 裕子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   105 - 105   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における口腔衛生指導システムの紹介

    土田 麻衣子, 近藤 淳子, 丹原 惇, 福井 忠雄, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   104 - 104   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 三大学の臨床は今 基礎的・臨床的研究を踏まえ 新潟大学の矯正臨床は今 そして近未来の治療戦略

    福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   93 - 93   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 歯周疾患を伴う成人Angle Class II subdivision叢生症例

    越知 佳奈子, 山添 清文, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   83 - 91   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    広汎型慢性歯周炎と多数の修復処置歯を伴う成人に対して、変則的な抜歯を伴う矯正治療により咬合を改善したので報告する。症例は広汎型慢性歯周炎の治療開始2年後に、下顎前歯部の叢生を主訴に来院した41歳4ヵ月の女性。SNA86.5°、ANB+6.0°で、臼歯関係は左側Angle II級、右側Angle I級、overjet+4.0mm、overbite+1.5mm、前歯部の叢生と上下顎切歯の唇側傾斜を認めた。多数の修復歯を認め、下顎左側第一大臼歯は歯根破折が疑われた。中等度広汎型慢性歯周炎を伴うAngle Class II subdivision叢生症例と診断し、上顎両側第一小臼歯、下顎左側第一大臼歯、下顎右側第一小臼歯を抜去して治療を行った。動的治療期間は4年4ヵ月で、叢生および臼歯関係が改善し、上下顎切歯の後退により、適切なアンテリアガイダンスが獲得できた。動的治療終了後約5年を経過しているが、咬合は安定している。(著者抄録)

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顎変形症患者の心理・社会的変化の過程

    倉部 華奈, 隅田 好美, 小島 拓, 加藤 祐介, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   109 - 109   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 馬蹄形Le Fort I型骨切り術による上顎骨後方移動術

    小林正治, 加藤祐介, 新美奏恵, 長谷部大地, 池元太郎, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   129   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者における嚥下時舌圧発現様相の分析

    坂上馨, 福井忠雄, 栗原加奈子, 堀一浩, 小野高裕, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   156   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 嚥下時舌機能評価における超音波断層法の有用性

    阿部遼, 福井忠雄, 坂上馨, 林孝文, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   156   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係

    新島綾子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原惇, 池田順行, 小林正治, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療に係わる教育の現状(教える立場から)

    齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   98‐99   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における脳頭蓋底の三次元形態分析

    村上智子, 福井忠雄, 西山秀昌, 林孝文, 小林正治, 高木律男, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 今月の新技術 1)粉塵爆発対策型小型集塵機について

    齋藤功

    産業機械   ( 788 )   35‐37   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 馬蹄形Le Fort I型骨切り術による上顎骨後方移動術

    小林 正治, 加藤 祐介, 新美 奏恵, 長谷部 大地, 池 元太郎, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   129 - 129   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における脳頭蓋底の三次元形態分析

    村上 智子, 福井 忠雄, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療における若手教育 教える立場・教わる立場から 外科的矯正治療に係わる教育の現状 教える立場から

    齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   98 - 98   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者における嚥下時舌圧発現様相の分析

    坂上 馨, 福井 忠雄, 栗原 加奈子, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   156 - 156   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 嚥下時舌機能評価における超音波断層法の有用性

    阿部 遼, 福井 忠雄, 坂上 馨, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   156 - 156   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第II期治療に関する調査

    丹原惇, 高橋功次朗, 市川佳弥, 朝日藤寿一, 森田修一, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   41 ( 2 )   136   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第II期治療に関する調査

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 市川 佳弥, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   41 ( 2 )   136 - 136   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症患者に対するチーム医療の実態調査―矯正歯科医による多施設共同研究―

    須佐美隆史, 府川俊彦, 宮崎晴代, 坂本輝雄, 森下格, 佐藤嘉晃, 金野吉晃, 倉田和之, 渡邉佳一郎, 朝日藤寿一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   266   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 実験的歯の移動時におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I<sub>2</sub>合成酵素とIP受容体の発現解析

    大倉麻里子, 大倉直人, 野杁由一郎, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   203   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島綾子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原惇, 池田順行, 小林正治, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   136   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化に影響を与える薬剤のスクリーニングとその作用機序の解析

    中田樹里, 中田樹里, 柿原嘉人, 秋葉陽介, 丹原惇, 齋藤功, 佐伯万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34th   207   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class III下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森裕子, 丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   146   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多数歯先天性欠如を伴う不正咬合に対する矯正治療

    竹山雅規, 八巻正樹, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   31st   35   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における過去10年間の新規登録患者の臨床統計調査

    眞舘幸平, 大澤知朗, 深町直哉, 水越優, 高橋功次朗, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   224   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化―第2報―

    大竹正紀, 丹原惇, 大竹正人, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   252   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上顎切歯の唇側傾斜を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例

    大竹正紀, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   31st   53   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の統計調査

    坂上馨, 高橋功次郎, 丹原惇, 大森裕子, 中田樹里, 新島綾子, 村上智子, 阿部遼, 網谷季莉子, 市川佳弥, 栗原加奈子, 藤田瑛, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   226   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合大学新入生における矯正歯科治療経験者の矯正治療に対する認識度の検討

    佐藤知弥子, 丹原惇, 八巻正樹, 渡辺和子, 八木稔, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   219   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の臨床統計調査

    坂上馨, 高橋功次朗, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   31st   36   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正治療前後における下顎歯槽部形態の三次元的変化について―Pilot study―

    西野和臣, 市川佳弥, 越知佳奈子, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   253   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は口蓋形成に必須である

    北見公平, 北見公平, 北見恩美, 齋藤功, 小松義広

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   193   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 有限要素解析を用いた下顎枝垂直骨切り術施行後の術後変化予測

    丹原惇, 藤田瑛, 池真樹子, 児玉泰光, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   178   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スタンダードエッジワイズ装置を基本に据えた矯正歯科治療と臨床教育

    齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75th   98   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移植歯を含む歯の矯正移動により歯列および歯槽骨の回復をはかった小児石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例

    山田瑛子, 池田順行, 小玉直樹, 齋藤功, 高木律男

    小児口腔外科   25 ( 3 )   150 - 155   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術が顎変形症患者の口腔関連QOLに及ぼす影響

    倉部 華奈, 加藤 祐介, 小島 拓, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   110 - 110   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顎変形症患者の心理・社会的変化の過程 グラウンデッド・セオリー・アプローチによる解析

    倉部 華奈, 隅田 好美, 加藤 祐介, 小島 拓, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   110 - 110   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤知弥子, 八巻正樹, 工藤和子, 八木稔, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   97   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移植歯を含む歯の矯正移動により歯列および歯槽骨の回復をはかった小児石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例

    山田 瑛子, 池田 順行, 小玉 直樹, 齋藤 功, 高木 律男

    小児口腔外科   25 ( 3 )   150 - 155   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    症例は10歳女児で、塀から転落して上顎前歯部を強打し、左側上顎中切歯の歯冠破折にて抜髄処置と歯冠修復を受けた。左側上顎前歯部に腫脹と疼痛が出現し、パノラマエックス線写真にて左側上顎側切歯根尖部に透過像を認めた。CT画像では左側上顎側切歯と犬歯の歯根間の歯槽骨は境界がやや不明瞭に吸収され、内部には不整形の不透過像を2個確認した。また、左側上顎中切歯には根尖病巣があり、左側上顎側切歯の病変と連続していた。左側上顎腫瘍と診断し、全身麻酔下にて腫瘍摘出術と左側上顎側切歯の抜歯を施行した。病理組織診断は歯牙腫を伴った石灰化嚢胞性歯原性腫瘍であった。術後12ヵ月目に左側上顎中切歯が歯頸部から破折し、再び歯肉に腫脹と排膿を認めた。歯の移植と矯正治療を併用し、歯列の回復をはかることとした。動的矯正治療期間は26ヵ月で、移植歯は最終的に接着性レジンで歯冠形態を修正した。現在、腫瘍摘出後から7年、歯の移植後から5年が経過しているが腫瘍再発所見、移植歯の動揺および歯根吸収を認めず経過良好である。

    researchmap

  • 実験的歯の移動におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I2合成酵素と受容体の発現解析

    大倉 麻里子, 大倉 直人, 吉羽 永子, 吉羽 邦彦, 依田 浩子, 大島 勇人, 齋藤 功, 興地 隆史

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   97 - 98   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 工藤 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   97 - 97   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 実験的歯の移動におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I2合成酵素と受容体の発現解析

    大倉 麻里子, 大倉 直人, 吉羽 永子, 吉羽 邦彦, 依田 浩子, 大島 勇人, 齋藤 功, 興地 隆史

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   97 - 98   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューについての臨床的検討

    小田陽平, 小林正治, 八巻正樹, 齋藤功

    日本形成外科学会会誌   35 ( 11 )   669   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューについての臨床的検討

    小田 陽平, 小林 正治, 八巻 正樹, 齋藤 功

    日本形成外科学会会誌   35 ( 11 )   669 - 669   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化

    大竹 正紀, 丹原 惇, 大竹 正人, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   270 - 270   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科において混合歯列期より治療・管理を開始した上顎前突症患者の治療効果

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 大森 裕子, 上村 藍太郎, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   238 - 238   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 工藤 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   229 - 229   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者における嚥下時舌圧発現様相の解析

    坂上 馨, 篠倉 千恵, 福井 忠雄, 堀 一浩, 小野 高裕, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   171 - 171   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • モーションキャプチャーを用いた表情筋動態解析(第一報) 正確なマーカー添付が可能な検査システムの開発

    小原 彰浩, 西野 和臣, 坂上 馨, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   159 - 159   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上下顎歯列-歯槽部のコーディネーション評価システムの開発

    越知 佳奈子, 山添 清文, 小原 彰浩, 西野 和臣, 齊藤 力, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   156 - 156   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class II上顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   155 - 155   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • アンケートを用いた顎裂部骨移植に関する多施設共同研究

    朝日藤寿一, 幸地省子, 須佐美隆史, 丹原惇, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 3 )   219‐225   2015年10月

     詳細を見る

  • アンケートを用いた顎裂部骨移植に関する多施設共同研究

    朝日藤 寿一, 幸地 省子, 須佐美 隆史, 丹原 惇, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 3 )   219 - 225   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    顎裂を有する患者に対し顎裂部骨移植は広く行われている。しかし、施設により移植方法、時期、結果の評価法は様々で、その実態を知ることは、治療の質向上を図るために重要である。今回多施設共同研究の一環として、顎裂部骨移植に関するアンケート調査を実施した。対象は矯正歯科医を中心とした「日本における口唇裂・口蓋裂治療に関する多施設共同研究を考える会」に参加している国内28施設で、26施設(88%)が回答した。対象症例は片側性唇顎口蓋裂とし、調査項目は1.過去3年間(2011年1月から2013年12月)に骨移植を施行した時の患者の年齢、2.移植時期を決定する診療科、3.移植時期決定の指標、4.骨移植を行う診療科、5.移植骨採取部位、6.骨移植結果の判定資料、7.結果の判定基準、8.骨移植前の前処置、9.顎裂部骨移植を施行する際の各施設における問題点の9項目とした。その結果、施術年齢の平均は8歳3ヵ月で、骨移植の時期を決定する診療科は矯正歯科が多く、隣接する犬歯の歯根形成状態を指標としていた。しかし、3施設が永久切歯の配列や社会的環境に配慮し、小学校就学前に行っていた。また、骨移植を行う診療科は連携する形成外科および口腔外科といった複数の施設・診療科を挙げた施設が最も多く、続いて形成外科のみ、口腔外科のみの順であった。移植骨採取部位はすべての施設で腸骨からであったが、1施設はオトガイ皮質骨の場合もあると回答した。骨移植の結果については、ほとんどの施設がパノラマ、デンタル、オクルーザルX線写真を用いて評価すると回答したが、CTを加えて評価すると回答した施設も多かった。移植結果の評価時期・方法は施設により様々であった。顎裂部骨移植の術後評価については統一した見解は認められず、治療の質向上を図るためにはいつ、どのような方法で評価を行うか評価基準について検討する必要があると思われた。(著者抄録)

    DOI: 10.11224/cleftpalate.40.219

    researchmap

  • 動的矯正歯科治療開始前における顎顔面形態と睡眠呼吸機能との関連

    竹山 雅規, 小林 正治, 齋藤 功

    睡眠口腔医学   2 ( 1 )   46 - 46   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本睡眠歯科学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者における顎顔面形態と骨代謝ならびに骨質の評価

    齋藤大輔, 三上俊彦, 小田陽平, 長谷部大地, 西山秀昌, 齋藤功, 小林正治

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   163(J‐STAGE)   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化に影響を与える薬剤の探索

    中田 樹里, 柿原 嘉人, 丹原 惇, 齋藤 功, 江草 宏, 佐伯 万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33回   196 - 196   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者における顎顔面形態と骨代謝ならびに骨質の評価

    齋藤 大輔, 三上 俊彦, 小田 陽平, 長谷部 大地, 西山 秀昌, 齋藤 功, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   163 - 163   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成法においてFurlow法を施行した口蓋裂児の顎発育―Perko法との比較―

    眞舘幸平, 高木律男, 大湊麗, 児玉泰光, 飯田明彦, 小野和宏, 朝日藤寿一, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   45 ( 1 )   27   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカーのタイプ別適用について考察する―大臼歯を圧下した2症例をもとに―

    竹山雅規, 福井忠雄, 小栗由充, 越知佳奈子, 中川麻里, 焼田裕里, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   23 ( 1 )   34 - 42   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯根膜ルフィニ神経終末の再生過程におけるASIC3発現様式の変化(Alterations in the Expression Pattern of the Acid-Sensing Ion Channel 3(ASIC3) during the Regeneration of Periodontal Ruffini Endings)

    井表 千馨, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   45 ( 1 )   7 - 17   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    Acid-sensing ion channel 3(ASIC3)は、上皮性ナトリウムチャネル/degenerin(ENaC/DEG)遺伝子スーパーファミリーに属する非電位依存性陽イオンチャネルで、機械刺激受容に重要な役割を担う。近年、我々はASIC3が歯根膜の機械受容器である歯根膜ルフィニ神経終末に発現することを報告し、機械受容器の新たなマーカーとなり得ることを示した。歯根膜ルフィニ神経終末は、高い神経可塑性を有することが報告されているが、神経傷害後の再生過程におけるASIC3の役割については全く不明である。従って本研究では、ラットの歯根膜ルフィニ神経終末および三叉神経節における下歯槽神経傷害後のASIC3の発現様式の変化を検討した。下歯槽神経切断後、切歯舌側歯根膜を含む下顎骨と三叉神経節の凍結切片を作製し、神経線維のマーカーであるprotein gene product 9.5(PGP 9.5)とASIC3の局在を免疫組織化学的手法を用いて検索した。過去の報告と同様に、切歯歯根膜ルフィニ神経終末は、下歯槽神経切断3日後に完全に消失したが、7日後には再生を開始し、切断後28日目には正常なルフィニ神経終末の形態に回復した。しかしながら、観察期間を通してASIC3の免疫陽性反応は歯根膜ルフィニ神経終末には認められなかった。一方、切断側の三叉神経節では神経細胞周囲の衛星細胞が強いASIC3免疫陽性反応を示した。これらのことから、ASIC3は歯根膜ルフィニ神経終末の再生過程において、軸索終末の形態回復に直接的には関与しないが、三叉神経節における神経活性の調節といったneuron-glia interactionに関与する可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 下顎骨の軽度下顎左方偏位を伴うアングルII級上顎前突症例

    工藤 和子, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   23 ( 1 )   53 - 53   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルII級上下顎前突症

    小栗 由充, 井表 千馨, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   23 ( 1 )   50 - 50   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における矯正用インプラントアンカー(仮称)併用症例を顧みて

    小栗 由充, 福井 忠雄, 森田 修一, 竹山 雅規, 越知 佳奈子, 中川 麻里, 篠倉 千恵, 焼田 裕里, 井表 千馨, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   23 ( 1 )   49 - 49   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカーのタイプ別適用について考察する 大臼歯を圧下した2症例をもとに

    竹山 雅規, 福井 忠雄, 小栗 由充, 越知 佳奈子, 中川 麻里, 焼田 裕里, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   23 ( 1 )   34 - 42   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    【目的】矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用して大臼歯の圧下を行い良好な治療結果を得た2症例を報告し、その適用基準を考察する。【症例1】初診時年齢28歳1ヵ月の女性。顔貌所見では、オトガイが後退し、前下顔面高が過大で口唇閉鎖時に口腔周囲軟組織の緊張が認められた。口腔内所見では、前歯部開咬で臼歯関係は左右ともアングルII級であった。側面セファログラム分析では下顎後退型を呈していた。叢生を伴うアングルII級骨格性開咬と診断し、以下の方針により治療した。右上顎歯4、左上顎歯4、右下顎歯5、左下顎歯5、8を抜去し、上下顎大臼歯の圧下を目的に矯正用インプラントアンカー(仮称、プレートタイプ)を併用してマルチブラケット装置で治療を行った。その結果、上下顎大臼歯の圧下により、下顎骨が反時計方向に回転し、咬合および側貌が著しく改善した。【症例2】初診時年齢45歳1ヵ月の男性。左下顎歯6欠損のためブリッジが装着され、隣在歯は舌側傾斜していた。近遠心的な咬合関係に問題はなかったが、上下顎臼歯部が鋏状咬合を呈し、左上顎歯6の挺出が著しかった。上顎左側臼歯部の過萠出と鋏状咬合を伴う上下顎前突と診断し、上顎左側臼歯部圧下を目的に左上顎歯6頬舌側に埋入した歯科矯正用アンカースクリューを併用して上下顎セクショナルアーチで治療を行った。その結果、左上顎歯6は治療により約3mm圧下し、良好な咬合が獲得された。【考察およびまとめ】矯正用インプラントアンカー(仮称)は大臼歯の圧下に極めて効果的であったが、併用にあたっては、大臼歯の近遠心的移動量や頬側傾斜の防止策などに配慮したタイプの選択が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 二段階口蓋形成法においてFurlow法を施行した口蓋裂児の顎発育 Perko法との比較

    眞舘 幸平, 高木 律男, 大湊 麗, 児玉 泰光, 飯田 明彦, 小野 和宏, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   45 ( 1 )   27 - 27   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顎変形症患者における口腔関連QOLの評価

    倉部 華奈, 加藤 祐介, 小島 拓, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   122 - 122   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における移動量の左右差と正中部移動量との関係

    丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 小林正治, 池田順行, 林孝文, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   153   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術後の正貌輪郭の変化

    新島綾子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原惇, 池田順行, 小林正治, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   155   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における移動量の左右差と正中部移動量との関係

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   153 - 153   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術後の正貌輪郭の変化

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   155 - 155   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における前歯部排列に関する臨床統計調査

    西野和臣, 丹原惇, 朝日藤寿一, 森田修一, 宮田昌幸, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   164   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における埋伏犬歯に関する臨床統計調査

    村上智子, 丹原惇, 朝日藤寿一, 森田修一, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   170   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂における矯正歯科治療後の咬合に関する多施設アンケート調査

    真野樹子, 石渡靖夫, 朝日藤寿一, 岩田敏男, 坂本輝雄, 森下格, 山元有理, 須田直人, 須佐美隆史, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   166   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における永久歯列期矯正治療後の咬合評価

    朝日藤寿一, 丹原惇, 竹山雅規, 眞館幸平, 中田樹里, 西野和臣, 小林正治, 高木律男, 宮田昌幸, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   166   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口唇口蓋裂形成時期の違いが咬合状態や矯正歯科管理に及ぼす影響について

    朝日藤寿一, 丹原惇, 中田樹里, 高木律男, 小林正治, 宮田昌幸, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   79 - 80   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口蓋裂言語が長期化している口蓋裂成人患者の心情に関する質的研究

    深井真澄, 大湊麗, 工藤和子, 児玉泰光, 永田昌毅, 今井信行, 小野和宏, 齋藤功, 小林正治, 高木律男

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   156   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂症例における混合歯列前期の咬合評価

    中田樹里, 丹原惇, 朝日籐寿一, 森田修一, 宮田昌幸, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   170   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する骨格性開咬症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用い改善を行った1例

    小島拓, 小林正治, 齊藤力, 朝日藤寿一, 齋藤功, 原省司

    日本形成外科学会会誌   35 ( 4 )   228   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における前歯部排列に関する臨床統計調査

    西野 和臣, 丹原 惇, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 宮田 昌幸, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   164 - 164   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 口蓋裂言語が長期化している口蓋裂成人患者の心情に関する質的研究

    深井 真澄, 大湊 麗, 工藤 和子, 児玉 泰光, 永田 昌毅, 今井 信行, 小野 和宏, 齋藤 功, 小林 正治, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   156 - 156   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 口唇口蓋形成手術時期の違いが形態と機能に及ぼす影響 口唇口蓋裂形成時期の違いが咬合状態や矯正歯科管理に及ぼす影響について

    朝日藤 寿一, 丹原 惇, 中田 樹里, 高木 律男, 小林 正治, 宮田 昌幸, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   79 - 79   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する骨格性開咬症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用い改善を行った1例

    小島 拓, 小林 正治, 齊藤 力, 朝日藤 寿一, 齋藤 功, 原 省司

    日本形成外科学会会誌   35 ( 4 )   228 - 228   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂症例における混合歯列前期の咬合評価

    中田 樹里, 丹原 惇, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 宮田 昌幸, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   170 - 170   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂患者における埋伏犬歯に関する臨床統計調査

    村上 智子, 丹原 惇, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 児玉 泰光, 高木 律男, 小林 正治, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   170 - 170   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂における矯正歯科治療後の咬合に関する多施設アンケート調査

    真野 樹子, 石渡 靖夫, 朝日藤 寿一, 岩田 敏男, 坂本 輝雄, 森下 格, 山元 有理, 須田 直人, 須佐美 隆史, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   166 - 166   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における永久歯列期矯正治療後の咬合評価

    朝日藤 寿一, 丹原 惇, 竹山 雅規, 眞館 幸平, 中田 樹里, 西野 和臣, 小林 正治, 高木 律男, 宮田 昌幸, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   40 ( 2 )   166 - 166   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療後のスマイルについて

    寺田員人, 佐野奈都貴, 寺嶋縁里, 亀田剛, 小原彰浩, 齋藤功, 森島繁生

    顎顔面バイオメカニクス学会誌   19/20 ( 1 )   64‐70   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上下顎歯列‐歯槽部のコーディネーション評価システムの開発

    越知佳奈子, 山添清文, 小原彰浩, 西野和臣, 齊藤力, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   156   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤知弥子, 八巻正樹, 工藤和子, 八木稔, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   229   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化

    大竹正紀, 丹原惇, 大竹正人, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   270   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症患者における嚥下時舌圧発現様相の解析

    坂上馨, 篠倉千恵, 福井忠雄, 堀一浩, 小野高裕, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   171   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化に影響を与える薬剤のケミカルライブラリースクリーニング

    中田樹里, 中田樹里, 柿原嘉人, 秋葉陽介, 丹原惇, 齋藤功, 江草宏, 佐伯万騎男

    日本薬理学会北部会プログラム・抄録集   66th   53   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における口腔衛生指導システムの紹介

    土田麻衣子, 近藤淳子, 丹原惇, 福井忠雄, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   54   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class II上顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森裕子, 丹原惇, 高橋功次朗, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   155   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モーションキャプチャーを用いた表情筋動態解析―第一報 正確なマーカー添付が可能な検査システムの開発

    小原彰浩, 西野和臣, 坂上馨, 越知佳奈子, 寺田員人, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   159   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科において混合歯列期より治療・管理を開始した上顎前突症患者の治療効果

    高橋功次朗, 丹原惇, 大森裕子, 上村藍太郎, 森田修一, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74th   238   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称;プレートタイプ)を併用した重度上下顎前突症例

    篠倉千恵, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学の矯正臨床は今―そして近未来の治療戦略

    福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   30   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎左側第二小臼歯の舌側傾斜によるアングルIII級subdivision骨格性II級上顎前突症例

    焼田裕里, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   64   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Angle Class III叢生症例

    大竹正紀, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   74   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 変則的な抜歯を行った成人上顎前突症例

    越知佳奈子, 山添清文, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   75   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化に影響を与える薬剤の探索

    中田樹里, 中田樹里, 柿原嘉人, 丹原惇, 齋藤功, 江草宏, 佐伯万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   196   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎右側側切歯の先天性欠如を伴うアングルIII級subdivision叢生症例

    小原彰浩, 朝日藤寿一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   68   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルI級歯性上下顎前突・開咬症例

    高辻華子, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   63   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Angle Class II subdivision叢生症例

    井表千馨, 小栗由充, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   71   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軽度の下顎偏位と過蓋咬合を伴うアングルIII級下顎前突症例

    吉居朋子, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   60   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 混合歯列期上顎前突の治療管理に関する調査

    上村藍太郎, 高橋功次朗, 大森裕子, 丹原惇, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   30th   55   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格性II級症例に対する外科的矯正治療―治療方針の決定における基本的事項と留意点―

    齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 4 )   352 - 360   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析

    西野和臣, 小原彰浩, 焼田裕理, 越知佳奈子, 寺田員人, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   128   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌圧発現様相の特徴

    坂上馨, 篠倉千恵, 福井忠雄, 堀一浩, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   121   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌圧発現様相の特徴

    坂上 馨, 篠倉 千恵, 福井 忠雄, 堀 一浩, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   121 - 121   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 骨格性II級症例に対する外科的矯正治療 治療方針の決定における基本的事項と留意点

    齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 4 )   352 - 360   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析

    西野 和臣, 小原 彰浩, 焼田 裕理, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   44 ( 2 )   128 - 128   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 院内におけるICMTの役割―ICT院内セミナーを通して―

    加茂綾子, 小越亮太, 小柳浩子, 齋藤功

    日本農村医学会雑誌   63 ( 4 )   702   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎矯正手術の効果が不十分であった閉塞型睡眠時無呼吸症を有する顎変形症患者の検討

    小林正治, 長谷部大地, 竹山雅規, 齋藤功

    睡眠口腔医学   1 ( 1 )   78   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正移動時におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I2受容体の発現解析

    大倉 麻里子, 大倉 直人, 興地 隆史, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   208 - 208   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 大臼歯の圧下に矯正用インプラントアンカー(仮称)が有効であった2症例

    竹山 雅規, 福井 忠雄, 小栗 由充, 越知 佳奈子, 中川 麻里, 焼田 裕里, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   298 - 298   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂症例における矯正歯科治療後の前歯部歯肉縁形態の評価

    新島 綾子, 丹原 惇, 北見 公平, 西野 和臣, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   279 - 279   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   271 - 271   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤 知弥子, 八巻 正樹, 工藤 和子, 八木 稔, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   266 - 266   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術の効果が不十分であった閉塞型睡眠時無呼吸症を有する顎変形症患者の検討

    小林 正治, 長谷部 大地, 竹山 雅規, 齋藤 功

    睡眠口腔医学   1 ( 1 )   78 - 78   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本睡眠歯科学会  

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた下顎大臼歯近心移動メカニクスの有限要素解析

    丹原 惇, ウリベ・フラビオ, ナンダ・ラビンドラ, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   187 - 187   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析(第1報)

    西野 和臣, 小原 彰浩, 焼田 裕里, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   165 - 165   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析(第2報)

    西野 和臣, 小原 彰浩, 焼田 裕里, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   165 - 165   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動における歯根膜中のコラーゲン修飾酵素の発現

    北見 公平, 加来 賢, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   197 - 197   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 神経障害性疼痛による開口反射の変調におけるグルタメート-グルタミン酸シャトルの関与(Involvement of astroglial glutamate-glutamine shuttle in modulation of the jaw-opening reflex in rats with infraorbital nerve ligation)

    高橋 功次朗, 篠田 雅路, 海野 俊平, 高辻 華子, 齋藤 功, 山村 健介, 岩田 幸一, 北川 純一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2014   207 - 207   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • CBCT頭蓋顎顔面硬軟組織三次元データと歯列模型三次元データ統合モデルの開発

    小原彰浩, 西野和臣, 焼田裕里, 越知佳奈子, 寺田員人, 齊藤力, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 3 )   218 - 224   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.24.218

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CBCT頭蓋顎顔面硬軟組織三次元データと歯列模型三次元データ統合モデルの開発

    小原 彰浩, 西野 和臣, 焼田 裕里, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齊藤 力, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 3 )   218 - 224   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    顎変形症と診断され、両側下顎枝矢状分割法にて下顎単独後退術を行った下顎前突症5名(女性4名、男性1名、平均20歳)を対象に、CBCT頭蓋顎顔面硬軟組織三次元データと歯列模型三次元データを統合して頭蓋顎顔面硬軟組織三次元モデルを構築し、術後の軟組織変化における精度について検討した。CBCT硬軟組織データの歯列領域を歯列模型三次元データで置換する本統合方法は、歯列部露出顔面三次元データを介して共通領域での位置合わせで統合可能であった。1名の1週間間隔で3回計測した繰り返し精度(平均値)は、下顎右側犬歯尖頭で0.24mm、下顎右側中切歯切縁で0.27mmであり、各任意点での3回の測定値の平均値の差の一元配置分散分析で評価し有意差はなかった。5名の統合精度(平均値)は、下顎右側犬歯尖頭で0.23mm、下顎右側中切歯切縁で0.20mm、下顎左側犬歯尖頭で0.20mmであり、各症例ごと、計測部位ごとの平均値の差を二元配置分散分析で評価し有意差は認めなかった。

    DOI: 10.5927/jjjd.24.218

    researchmap

  • Angle II級subdivision叢生症例

    永井 嘉洋, 八巻 正樹, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   38 - 38   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 不安・抑うつ状態と漢方医学的所見の関連性について

    真島 一郎, 清野 洋, 藤村 健夫, 清水 夏恵, 齋藤 功, 村上 修一, 片桐 敦子, 吉嶺 文俊, 村松 芳幸, 成田 一衛, 田中 裕, 内山 徹, 村松 公美子

    心身医学   54 ( 6 )   573 - 573   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心身医学会  

    researchmap

  • 成人抜歯症例における矯正治療前後の咽頭気道形態および舌骨の位置変化

    竹山 雅規, 八巻 正樹, 丹原 惇, 坂上 馨, 大森 裕子, 西野 和臣, 小林 正治, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   33 - 33   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正歯科石井クリニックにおける患者満足度調査 歯並びvs口もと

    古里 美幸, 石井 一裕, 中村 早紀, 小原 彰浩, 中村 菜々子, 東 愛子, 森 めぐみ, 高浪 悠華, 林田 拓也, 吉澤 真由美, 石井 進子, 八木 稔, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   34 - 34   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 前歯部反対咬合を伴うアングルIII級上下顎前突症例

    中川 麻里, 泉 直也, 小林 正治, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   35 - 35   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルI級上下顎前突症例

    吉田 留巳, 渡邉 直子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   36 - 36   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルII級上顎前突症

    小栗 由充, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   36 - 36   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎枝矢状分割術に下顎前方歯槽部骨切り術を併用して治療したアングルIII級骨格性下顎前突症

    工藤 和子, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   37 - 37   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 過去10年間に外科的矯正治療を適用した骨格性下顎前突症における抜歯症例数の推移

    阿部遼, 丹原惇, 高橋功次朗, 大竹正紀, 西野和臣, 坂上馨, 永井嘉洋, 森田修一, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   157   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顔貌の変化―鼻部・オトガイ部形態に着目して―

    齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   108 - 109   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療を施行した筋緊張性ジストロフィーの1例

    池田順行, 高木律男, 小玉直樹, 勝見祐二, 児玉泰光, 小原彰浩, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   123   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌圧センサシートを用いた個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動の比較

    坂上馨, 篠倉千恵, 福井忠雄, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   177   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療を施行した筋緊張性ジストロフィーの1例

    池田 順行, 高木 律男, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 児玉 泰光, 小原 彰浩, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   123 - 123   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 過去10年間に外科的矯正治療を適用した骨格性下顎前突症における抜歯症例数の推移

    阿部 遼, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 大竹 正紀, 西野 和臣, 坂上 馨, 永井 嘉洋, 森田 修一, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   157 - 157   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 舌圧センサシートを用いた個性正常咬合者と骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動の比較

    坂上 馨, 篠倉 千恵, 福井 忠雄, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   177 - 177   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 外科的矯正治療による顔貌の変化 鼻部・オトガイ部形態に着目して

    齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   108 - 108   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成法においてFurlow法を施行した口蓋裂児の顎発育―Perko法との比較―

    眞舘幸平, 朝日藤寿一, 大湊麗, 児玉泰光, 高木律男, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   190   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎裂部骨移植に関するアンケート調査

    朝日藤寿一, 幸地省子, 須佐美隆史, 丹原惇, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   153   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腸骨移植後顎裂部への歯の移植―凍結保存歯移植の可能性―

    小山貴寛, 芳澤享子, 児玉泰光, 小林孝憲, 安島久雄, 五十嵐友樹, 小野和宏, 齋藤功, 小林正治, 飯田明彦, 高木律男

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   99   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂の治療評価に関するアンケート調査

    朝日藤寿一, 藤原百合, 鈴木茂彦, 吉村陽子, 後藤昌昭, 小野和宏, 須佐美隆史, 槙宏太郎, 峪道代, 鈴木恵子, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   183   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂の治療評価に関するアンケート調査―音声言語領域について―

    藤原百合, 朝日藤寿一, 峪道代, 鈴木恵子, 鈴木茂彦, 吉村陽子, 後藤昌昭, 小野和宏, 須佐美隆史, 槇宏太郎, 齋藤功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   151   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 5‐Year‐Olds’Index講習会―日本口蓋裂学会Japancleft委員会活動報告―

    齋藤功, 須佐美隆史, 朝日藤寿一, 槇宏太郎, 吉村陽子, 鈴木茂彦, 後藤昌昭, 小野和宏, 峪道代, 藤原百合

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 1 )   46 - 50   2014年4月

     詳細を見る

  • 品川駅改良における大規模線路切換工事

    齋藤功次, 安岡洋史

    日本鉄道施設協会誌   52 ( 4 )   316 - 318   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二段階口蓋形成法においてFurlow法を施行した口蓋裂児の顎発育 Perko法との比較

    眞舘 幸平, 朝日藤 寿一, 大湊 麗, 児玉 泰光, 高木 律男, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   190 - 190   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 腸骨移植後顎裂部への歯の移植 凍結保存歯移植の可能性

    小山 貴寛, 芳澤 享子, 児玉 泰光, 小林 孝憲, 安島 久雄, 五十嵐 友樹, 小野 和宏, 齋藤 功, 小林 正治, 飯田 明彦, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   99 - 99   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂の治療評価に関するアンケート調査 音声言語領域について

    藤原 百合, 朝日藤 寿一, 峪 道代, 鈴木 恵子, 鈴木 茂彦, 吉村 陽子, 後藤 昌昭, 小野 和宏, 須佐美 隆史, 槇 宏太郎, 齋藤 功, 一般社団法人日本口蓋裂学会Japancleft委員会

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   151 - 151   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 顎裂部骨移植に関するアンケート調査

    朝日藤 寿一, 幸地 省子, 須佐美 隆史, 丹原 惇, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   153 - 153   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 口唇裂・口蓋裂の治療評価に関するアンケート調査

    朝日藤 寿一, 藤原 百合, 鈴木 茂彦, 吉村 陽子, 後藤 昌昭, 小野 和宏, 須佐美 隆史, 槙 宏太郎, 峪 道代, 鈴木 恵子, 齋藤 功, 一般社団法人日本口蓋裂学会Japancleft委員会

    日本口蓋裂学会雑誌   39 ( 2 )   183 - 183   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析―第2報―

    西野和臣, 小原彰浩, 焼田裕里, 越知佳奈子, 寺田員人, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   165   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森裕子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原惇, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   271   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正移動時におけるラット臼歯歯髄内prostaglandin I<sub>2</sub>受容体の発現解析

    大倉麻里子, 大倉直人, 興地隆史, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   208   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂症例における矯正歯科治療後の前歯部歯肉縁形態の評価

    新島綾子, 丹原惇, 北見公平, 西野和臣, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   279   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合大学新入生における歯列に対する自己評価と客観的評価との関連性

    佐藤知弥子, 八巻正樹, 工藤和子, 八木稔, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   266   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大臼歯の圧下に矯正用インプラントアンカー(仮称)が有効であった2症例

    竹山雅規, 福井忠雄, 小栗由充, 越知佳奈子, 中川麻里, 焼田裕里, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   298   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨の軽度下顎左方偏位を伴うアングルII級上顎前突症例

    工藤和子, 朝日藤寿一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   29th   44   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルII級上下顎前突症

    小栗由充, 井表千馨, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   29th   38   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた下顎大臼歯近心移動メカニクスの有限要素解析

    丹原惇, URIBE F, NANDA R, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   187   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CBCT・歯列模型三次元統合モデルを応用した顎矯正手術前後における顔貌軟組織様相の解析―第1報―

    西野和臣, 小原彰浩, 焼田裕里, 越知佳奈子, 寺田員人, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   165   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正的歯の移動における歯根膜中のコラーゲン修飾酵素の発現

    北見公平, 加来賢, 魚島勝美, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73rd   197   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における矯正用インプラントアンカー(仮称)併用症例を顧みて

    小栗由充, 福井忠雄, 森田修一, 竹山雅規, 越知佳奈子, 中川麻里, 篠倉千倉, 焼田裕里, 井表千馨, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   29th   33   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 両側上喉頭神経刺激による嚥下誘発促進効果

    高橋功次朗, 北川純一, 山村健介, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   160   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療を適用した骨格性下顎前突症患者における舌骨の三次元的位置と上下顎の移動様式との関係

    清水雄介, 永井嘉洋, 八巻正樹, 小林正治, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   159   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラット切歯歯根膜ルフィニ神経終末の再生過程におけるASIC3の役割

    井表千馨, 原田史子, 齋藤功, 前田健康

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   159   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 嚥下誘発における中咽頭への苦味刺激の効果とうま味刺激との相互作用

    大竹正紀, 黒瀬雅之, 長谷川真奈, 齋藤功, 山村健介

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   146   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的矯正治療を適用した骨格性下顎前突症患者における舌骨の三次元的位置と上下顎の移動様式との関係

    清水 雄介, 永井 嘉洋, 八巻 正樹, 小林 正治, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   159 - 159   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 嚥下誘発における中咽頭への苦味刺激の効果とうま味刺激との相互作用

    大竹 正紀, 黒瀬 雅之, 長谷川 真奈, 齋藤 功, 山村 健介

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   146 - 146   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 両側上喉頭神経刺激による嚥下誘発促進効果

    高橋 功次朗, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   160 - 160   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • ラット切歯歯根膜ルフィニ神経終末の再生過程におけるASIC3の役割

    井表 千馨, 原田 史子, 齋藤 功, 前田 健康

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   159 - 159   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 当院における診療報酬改定にともなう院内・地域でのICT活動の現状と今後の課題

    小柳浩子, 齋藤功, 加茂綾子, 小越亮太

    日本農村医学会雑誌   62 ( 4 )   674   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における診療報酬改定にともなう院内・地域でのICT活動の現状と今後の課題

    小柳 浩子, 齋藤 功, 加茂 綾子, 小越 亮太

    日本農村医学会雑誌   62 ( 4 )   674 - 674   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本農村医学会  

    researchmap

  • 中咽頭への味刺激が電気刺激由来の嚥下反射誘発に及ぼす影響

    大竹 正紀, 黒瀬 雅之, 齋藤 功, 山田 好秋, 山村 健介

    日本咀嚼学会雑誌   23 ( 2 )   126 - 127   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本咀嚼学会  

    researchmap

  • 下顎に埋伏犬歯と歯冠崩壊が顕著な大臼歯を有する切端咬合症例

    小栗 由充, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   313 - 313   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • より良い治療結果を求めて 外科的矯正治療適用症例を中心に

    齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   100 - 100   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 苦味刺激およびうま味刺激のヒト咽頭領域における嚥下反射変調効果

    大竹 正紀, 内田 喜昭, 河合 美佐子, 齋藤 功, 山村 健介

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   162 - 162   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上喉頭神経の嚥下誘発における促進効果

    高橋 功次朗, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   163 - 163   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 嚥下時舌機能評価における舌圧センサシートの有用性

    坂上 馨, 篠倉 千恵, 福井 忠雄, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   170 - 170   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正歯科石井クリニックにおける患者満足度調査 主に"歯並びvs口もと"に着目して

    古里 美幸, 石井 一裕, 中村 早紀, 小原 彰浩, 中村 菜々子, 森 めぐみ, 高浪 悠華, 林田 拓也, 吉澤 真由美, 石井 進子, 八木 稔, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   225 - 225   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成手術法における軟口蓋形成術の違いが顎発育に及ぼす影響について(第1報) 6-7歳における検討

    眞舘 幸平, 朝日藤 寿一, 森田 修一, 小原 彰浩, 飯田 明彦, 高木 律男, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   275 - 275   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 歯の自家移植を併用して矯正治療を行った下顎第一大臼歯欠損を伴う成人上下顎前突患者の長期術後経過

    渡邉 洋平, 毛利 環, 吉田 留巳, 八巻 正樹, 濱本 宜興, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   299 - 299   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • ラット臼歯矯正移動時における歯髄内prostanoid receptorの遺伝子発現と免疫組織学的局在解析

    大倉 直人, 大倉 麻里子, 重谷 佳見, 吉羽 永子, 吉羽 邦彦, 齋藤 功, 興地 隆史

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   189 - 189   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 上喉頭神経同時刺激による嚥下誘発の促進

    高橋 功次朗, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   150 - 150   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 表情筋トレーニングの効果に関する定量的評価について

    朝日藤寿一, 長津聡子, 山田好秋, 齋藤功, 山村健介

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   39   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上顎片側犬歯の埋伏を伴うアングルII級叢生症例

    吉田留巳, 渡邉直子, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   42   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎の軽度偏位を伴ったアングルII級叢生症例

    小原彰浩, 朝日藤寿一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   42   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨の軽度左方偏位を伴うアングルIII級叢生症例

    中川麻里, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   45   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用して治療を行った叢生を伴う上顎前突症例

    小栗由充, 池田順行, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   44   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非抜歯により治療した成長期アングルII級上顎前突症例

    篠倉千恵, 福井忠雄, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   41   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群の一例

    渡邉直子, 吉田留巳, 小野由起子, 小林正治, 齊藤力, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   39   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合大学新入生におけるDental Aesthetic Indexと歯列に対する自己評価との関連性について

    渡辺厚, 渡邉直子, 廣冨敏伸, 八巻正樹, 宮崎秀夫, 齋藤功

    Orthodontic Waves Jpn Ed   72 ( 2 )   99 - 105   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎顔面形態の評価に有用な3次元計測点の再現性に関する研究

    永井嘉洋, 西山秀昌, 丹原惇, 田中礼, 八巻正樹, 林孝文, 齋藤功

    日本骨形態計測学会雑誌   23 ( 1 )   S145-S155   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎顔面形態の評価に有用な3次元計測点の再現性に関する研究

    永井 嘉洋, 西山 秀昌, 丹原 惇, 田中 礼, 八巻 正樹, 林 孝文, 齋藤 功

    日本骨形態計測学会雑誌   23 ( 1 )   S145 - S155   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    【目的】外科的矯正治療の矯正学的診断における主たる資料は、顔面規格写真、口腔内写真、歯列模型、正面・側面頭部エックス線規格写真、CTなどで、特にCTによる3次元分析が近年多用されるようになった。しかしながら、3次元分析を行うにあたっての計測点の設定、および再現性については未だ十分な検討がなされていない。本研究では、多断面再構成(multiplanner reconstruction:MPR)画像上で顎顔面形態の把握に有用と思われる計測点の3次元的な定義を行い、それぞれの抽出と再現性を評価した。【資料と方法】新潟大学医歯学総合病院・矯正歯科診療室に来院した顎変形症患者60名のうち、先天異常を認めずアーチファクトのない成人7名(男性3名、女性4名)のCT画像データを用いた。計測点の抽出にはDICOMビューアーソフトExavision Lite(Ziosoft、東京)を使用し、フランクフルト平面(FH平面)を基準平面とし直交MPR画像を表示後、44の計測点(X、Y、Z座標から成る計132の座標値)を2名の矯正歯科医がそれぞれ2回ずつ計測した。計測者内、計測者間における計測値の有意差は分散分析(ANOVA)を用いて評価し、誤差の程度については計測誤差のSDで評価した。【結果】計測者内では1回目と2回目の計測値に有意差は認められなかった。計測者間で有意差を認めた座標は132座標中39座標で、そのうちX座標は10座標、Y座標は15座標、X座標は14座標であった。計測者内誤差のSDは±0.70mm、計測者間誤差のSDは±0.84mmであった。【考察】3次元座標上で、設定困難かつ再現性が低かった計測点は、下顎枝後縁点(Ar)、Go、大口蓋孔であったが、計測値のSDはボクセルサイズと比較して小さかったことから、再現性は高く顎顔面形態の把握に有用であったと考えられた。また、FH平面を基準とし計測することにより、撮影時の頭位の変化に影響されることなくMPR画像上で再現性の高い計測点の抽出が可能であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 成人抜歯症例における矯正歯科治療前後の咽頭気道形態および舌骨の位置変化

    竹山 雅規, 八巻 正樹, 丹原 惇, 坂上 馨, 西野 和臣, 小林 正治, 齋藤 功

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   38回   240 - 240   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 下顎の軽度偏位を伴ったアングルII級叢生症例

    小原 彰浩, 朝日藤 寿一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   42 - 42   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用して治療を行った叢生を伴う上顎前突症例

    小栗 由充, 池田 順行, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   44 - 44   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎骨の軽度左方偏位を伴うアングルIII級叢生症例

    中川 麻里, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   45 - 45   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎片側犬歯の埋伏を伴うアングルII級叢生症例

    吉田 留巳, 渡邉 直子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   42 - 42   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 非抜歯により治療した成長期アングルII級上顎前突症例

    篠倉 千恵, 福井 忠雄, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   41 - 41   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 総合大学新入生におけるDental Aesthetic Indexと歯列に対する自己評価との関連性について

    渡辺 厚, 渡邉 直子, 廣冨 敏伸, 八巻 正樹, 宮崎 秀夫, 齋藤 功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   72 ( 2 )   99 - 105   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    新潟大学新入生口腔健康診断を受診した一般学生1233名(男687名、女546名)を対象に、不正咬合の程度と歯列に対する自己評価との関連について検討した。不正咬合の評価はDental Aesthetic Index(DAI)を用い、アンケートにより歯列の満足度と矯正歯科治療の希望度を4段階で評価させた。平均DAIは27.5で、不正咬合(DAI≧26)は56.8%、重度以上(DAI≧31)は28.5%であった。歯ならびを「やや不満足」「不満足」と答えたのは42.3%で、各回答選択肢4群のDAI平均値は「とても満足」と「満足」との間以外において有意差が認められた。矯正歯科治療を「希望する」「強く希望する」は25.1%で、回答4群のDAI平均値は「希望する」と「強く希望する」との間以外で有意差が認められた。しかしDAI≧31の群においても矯正歯科治療を「希望しない」「全く希望しない」は57.0%で、治療を全く希望しない群を基準とした場合、希望する群の不正咬合が重度以上となる危険度に有意性はなかった。

    researchmap

  • 表情筋トレーニングの効果に関する定量的評価について

    朝日藤 寿一, 長津 聡子, 山田 好秋, 齋藤 功, 山村 健介

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   39 - 39   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 基底細胞母斑症候群の一例

    渡邉 直子, 吉田 留巳, 小野 由起子, 小林 正治, 齊藤 力, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   39 - 39   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 著しい長顔を呈する患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を用いて改善を行った1例

    小島 拓, 小林 正治, 加藤 祐介, 船山 昭典, 三上 俊彦, 倉部 華奈, 原 省司, 朝日藤 寿一, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   111 - 111   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • コーンビームCT・歯列模型三次元モデルを応用した顎矯正手術前後における軟組織様相の解析

    西野和臣, 小原彰浩, 焼田裕里, 越知佳奈子, 寺田員人, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   150   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨後方移動術後の三次元口腔周囲軟組織形態変化解析における重回帰分析の応用

    焼田裕里, 小原彰浩, 寺田員人, 越知佳奈子, 西野和臣, 高木律男, 齊藤力, 齋藤功

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   151   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨後方移動術後の三次元口腔周囲軟組織形態変化解析における重回帰分析の応用

    焼田 裕里, 小原 彰浩, 寺田 員人, 越知 佳奈子, 西野 和臣, 高木 律男, 齊藤 力, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   151 - 151   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • コーンビームCT・歯列模型三次元モデルを応用した顎矯正手術前後における軟組織様相の解析

    西野 和臣, 小原 彰浩, 焼田 裕里, 越知 佳奈子, 寺田 員人, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 2 )   150 - 150   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 上下顎移動術にポリ‐L‐乳酸/ポリ‐D‐乳酸/ポリグリコール酸生体吸収性骨接合材を使用した下顎前突症患者の術後顎骨安定性

    加納浩之, 小林正治, 船山昭典, 三上俊彦, 齋藤功, 齊藤力

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 1 )   8 - 14   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5927/jjjd.23.8

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上下顎移動術にポリ-L-乳酸/ポリ-D-乳酸/ポリグリコール酸生体吸収性骨接合材を使用した下顎前突症患者の術後顎骨安定性

    加納 浩之, 小林 正治, 船山 昭典, 三上 俊彦, 齋藤 功, 齊藤 力

    日本顎変形症学会雑誌   23 ( 1 )   8 - 14   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    Le Fort I型骨切り術および下顎枝矢状分割術による上下顎移動術を施行した下顎前突症46名を対象に、骨接合にチタンミニプレートのみを使用した22名(TI群)、梨状口側縁部にポリ-L-乳酸製生体内吸収性プレートを併用した14名(LA群)、ポリ-L-乳酸/ポリ-D-乳酸/ポリグリコール酸の共重合体(PLDGプレート)を併用した10名(DG群)に分け、術後の顎骨安定性を比較した。術前と術直後、術後6ヵ月〜1年以内に撮影した側面頭部X線規格写真を用い、上顎骨および下顎骨の各2計測点における二次元座標値および水平的・垂直的変化量を算出した。その結果、手術による移動量および術後変化量は、上下顎の各計測点とも3群間に有意差はなかった。またLA群とDG群における下顎の1計測点の水平的変化量以外は、全例で術後変化量1mm以内と安定していた。PLDGプレートは術後安定性が他の素材と差はなく、有用な骨接合材であることが示された。

    DOI: 10.5927/jjjd.23.8

    researchmap

  • インプラント患者と歯科医療従事者におけるリスクコミュニケーションに関するWeb調査

    堀口逸子, 阿部泰彦, 齋藤功, 赤川安正

    日本口腔インプラント学会誌   26 ( 1 )   37 - 44   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11237/jsoi.26.37

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インプラント患者と歯科医療従事者におけるリスクコミュニケーションに関するWeb調査

    堀口 逸子, 阿部 泰彦, 齋藤 功, 赤川 安正

    日本口腔インプラント学会誌   26 ( 1 )   37 - 44   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    調査はWeb調査会社gooリサーチの国内在住登録消費者モニター約65万名を対象に実施され、1週間以内の歯科受診者20〜60歳代の各世代200名(男女各100名)について、「入れ歯を作る」「かぶせ物を作る」「インプラントを入れる」のいずれかを選んだ497名(男性256名、女性241名、平均47.1歳)を対象に、インプラント患者に視点を充て分析した。インプラント患者47名では、40歳代から増加傾向であった。説明を受けた内容について、肯定的回答者割合は「口や歯の状況」100%、「当日の治療内容」91.4%、「医療の順番」89.3%、「いくつかの治療法」87.2%、「治療にかかる費用の概算」85.1%、「治療に関する短所、欠点、リスク」70.2%、「治療にかかる期間・通院回数」63.9%であった。治療の説明に対する患者の意識では、7項目全てで肯定的回答者割合が否定的回答者割合を超えていた。医療従事者との意見交換で肯定的回答者割合は「意見交換」93.6%、「満足度」83.0%であった。

    DOI: 10.11237/jsoi.26.37

    researchmap

  • 矯正歯科石井クリニックにおける患者満足度調査―歯並びvs口もと―

    古里美幸, 石井一裕, 中村早紀, 小原彰浩, 中村菜々子, 東愛子, 森めぐみ, 高浪悠華, 林田拓也, 吉澤真由美, 石井進子, 八木稔, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   28th   27   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正歯科石井クリニックにおける患者満足度調査―主に”歯並びvs口もと”に着目して―

    古里美幸, 石井一裕, 中村早紀, 小原彰浩, 中村奈々子, 森めぐみ, 高浪悠華, 林田拓也, 吉澤真由美, 石井進子, 八木稔, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   225   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上喉頭神経の嚥下誘発における促進効果

    高橋功次朗, 北川純一, 山村健介, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   163   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯の自家移植を併用して矯正治療を行った下顎第一大臼歯欠損を伴う成人上下顎前突患者の長期術後経過

    渡邉洋平, 毛利環, 吉田留巳, 八巻正樹, 濱本宜興, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   299   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 中咽頭への味刺激が電気刺激由来の嚥下反射誘発に及ぼす影響

    大竹正紀, 黒瀬雅之, 齋藤功, 山田好秋, 山村健介

    日本咀嚼学会学術大会プログラム・抄録集   24th   49   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 苦味刺激およびうま味刺激のヒト咽頭領域における嚥下反射変調効果

    大竹正紀, 内田喜昭, 河合美佐子, 齋藤功, 山村健介

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   162   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎に埋伏犬歯と歯冠崩壊が顕著な大臼歯を有する切端咬合症例

    小栗由充, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   313   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • より良い治療結果を求めて―外科的矯正治療適用症例を中心に―

    齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   100   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人抜歯症例における矯正治療前後の咽頭気道形態および舌骨の位置変化

    竹山雅規, 八巻正樹, 丹原惇, 坂上馨, 大森裕子, 西野和臣, 小林正治, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   28th   25   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二段階口蓋形成手術法における軟口蓋形成術の違いが顎発育に及ぼす影響について―第1報 6‐7歳における検討―

    眞舘幸平, 朝日藤寿一, 森田修一, 小原彰浩, 飯田明彦, 高木律男, 齋藤功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72nd   275   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎枝矢状分割術に下顎前方歯槽部骨切り術を併用して治療したアングルIII級骨格性下顎前突症

    工藤和子, 朝日藤寿一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   28th   35   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 叢生を伴うアングルII級上顎前突症

    小栗由充, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   28th   34   2013年