2021/12/01 更新

写真a

カトウ ダイスケ
加藤 大介
KATO Daisuke
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
工学部 工学科 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 1984年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 耐震設計

  • 耐震壁

  • 変形能力

  • 鉄筋コンクリート

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 建設学科   教授

    1998年11月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   助教授

    1985年5月 - 1998年1月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   建設学科   教授

    1998年11月 - 2017年3月

  • 新潟大学   工学部   助教授

    1985年5月 - 1998年1月

学歴

  • 東京大学大学院工学系研究科建築学専門課程博士課程

    1981年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院工学系研究科建築学専門課程修士課程

    1979年4月 - 1981年3月

      詳細を見る

  • 東京大学工学部建築学科

    1975年4月 - 1979年3月

      詳細を見る

委員歴

  • 日本建築学会   RC構造運営委員会委員  

    2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新潟県耐震判定委員会   委員長  

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 日本建築防災協会   建築物等防災技術評価委員会委員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • 壁厚とシアスパンおよび圧縮端部の拘束条件を変化させた曲げ降伏するRC造袖壁の静加力実験

    肥後朋宏, 加藤大介, 安尻竜基

    コンクリート工学年次論文集   42 ( 2 )   307 - 312   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • RC造有開口耐震壁の弾塑性骨組解析モデルの最大耐力とその時の変形機構に及ぼす開口の大きさと位置の影響の検討 査読

    白石芽依, 加藤大介, 中村孝也

    コンクリート工学年次論文集   42 ( 2 )   13 - 18   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  • 構造設計で用いるRC造有開口耐震壁の解析モデル 査読

    加藤大介, 白石芽依, 中村孝也

    日本建築学会構造系論文集   85 ( 770 )   575 - 583   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.85.575

    researchmap

  • RESTORING FORCE DRIFT ANGLE RELATIONSHIP MODELS OF REINFORCED CONCRETE COLUMNS WITH SIDE WALLS 査読

    D. KATO, R. KURAMOTO, N. ABE, T. NAKAMURA

    16th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 軸方向筋の座屈とコンクリートに対する基礎からの拘束効果に着目した変動軸力を受けるRC造柱のモーメント-曲率解析 査読

    加藤大介, 千葉勇輝, 中村孝也, 本多良政

    日本建築学会構造系論文集   84 ( 763 )   1271 - 1279   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • RC造袖壁付柱の曲げ挙動に及ぼす開口位置の影響に関する実験的研究 査読

    加藤大介, 佐藤大典, 高松恭

    日本建築学会構造系論文集   82 ( 735 )   693 - 700   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.82.693

    Scopus

    researchmap

  • 袖壁付き柱に着目したRC造学校建物の被害の検討 査読

    加藤大介, 小林正英, 高松恭, 大塩謙一

    日本建築学会構造系論文集   80 ( 718 )   1931 - 1939   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.80.1931

    Scopus

    researchmap

  • 東日本大震災で大破したRC造学校建物の壁抜け柱に関する検討(隣接する2棟の建物の被害の比較) 査読

    加藤大介, 細貝翔太, 渡邊哲央

    日本建築学会構造系論文集   79 ( 702 )   1157 - 1165   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.79.1157

    Scopus

    researchmap

  • カットオフ筋を有するRC造柱の強度と変形能(主筋降伏位置と腰壁の有無の影響) 査読

    加藤大介, 吉沢克司, 長橋鉄雄, 中村友紀子

    日本建築学会構造系論文集   78 ( 683 )   139 - 145   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.78.139

    Scopus

    researchmap

  • 東日本大震災で大破したRC造学校建物の壁抜け柱に関する検討(地震時作用軸力と軸力負担能力の推定) 査読

    加藤大介, 細貝翔太, 広瀬裕三郎, 清水秀則

    日本建築学会構造系論文集   77 ( 681 )   1747 - 1753   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aijs.77.1747

    Scopus

    researchmap

  • 複合災害への備え

    加藤 大介

    コンクリート工学 = Concrete journal   49 ( 11 )   1 - 1   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Concrete Institute  

    DOI: 10.3151/coj.49.11_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Loading Conditions and Hoop Details on Residual Axial Load Capacity of R/C Columns Failing in Shear 査読

    Daisuke Kato, Yukiko Nakamura

    JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING   10 ( 2 )   399 - 405   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ARCHITECTURAL INST JAPAN  

    In order to avoid pancake-type collapse of existing old R/C buildings during severe earthquakes, it is necessary to evaluate the residual axial load capacities of the existing R/C columns. These "residual axial load capacity" is defined as the axial load carrying capacity of a column after the column suffers serious damage; it corresponds to the safety limit. The standard popularly used in Japan for the evaluation of seismic performances of existing R/C buildings includes evaluation methods for residual axial load capacities, which have dramatic effects on seismic performance indexes. The objectives of this study are to examine the residual axial load carrying capacities of R/C columns after shear failure. We have focused on the loading methods and the confining effects of hoop reinforcement depending on the reinforcing details of the columns.

    Web of Science

    researchmap

  • Failure Mode of Columns of Existing R/C Building Damaged During the 2007 Niigata Chuetsu-Oki Earthquake 査読

    Daisuke Kato, Tetsuo Nagahashi

    PROCEEDINGS OF THE TWELFTH EAST ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON STRUCTURAL ENGINEERING AND CONSTRUCTION (EASEC12)   14   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The school building investigated was a 3-story reinforced concrete (R/C) building built in 1963. The building suffered from a great deal of damage during both the 2004 Chuetsu Earthquake and the 2007 Chuetsu-Oki Earthquake. The damage of the first and second floors during Chuetsu Earthquake was light and that by Chuetsu-Oki Earthquake was moderate. The previous study revealed that the anticipated design failure modes of most of the columns of the building were flexure although most of them actually failed in shear during the 2007 earthquake. This is an important problem to be studied.
    In order to study the reason why the columns failed in shear rather than in flexural, a parametric study was conducted, paying attention to parameters including the strength of concrete, hoop spacing and subjected axial force. But those studies could not explain the real phenomenon clearly. After that the effects of cutoff location of longitudinal reinforcement bars were examined and it was concluded that the diagonal crack generated from cutoff point caused shear failure in these columns. (C) 2011 Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.proeng.2011.07.024

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluating Method of Deformation at Losing Point of Axial Load Carrying Capacity of RC Columns 査読

    Daisuke Kato, Yudai Miyajima, Yukiko Nakamura

    JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING   8 ( 2 )   501 - 508   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ARCHITECTURAL INST JAPAN  

    RC buildings often suffer severe damage, including pancake-type total collapse, during strong earthquakes. The objective of this study is to find a way to prevent pancake-type collapse ill old RC buildings during strong earthquakes. In 2006, the authors conducted static loading tests oil RC column specimens failing In shear and proposed all equation for evaluating the lateral deflection angle at the losing point of axial load carrying capacity. In this study, first, the equation was reexamined using data for specimens with a wider range of parameters. Comparison with this new experimental data showed that the equation is effective for conservative evaluation. Second, the applicability of the equation to RC columns failing flexure was also examined. For this, the lateral deflection angle of columns failing in flexure was obtained by adding the flexural component to the shear component proposed already. The proposed method was found to be effective Finally, a trial evaluation of the axial deformation at the losing point of the axial load carrying capacity was performed, and the equation was found to be effective, though with some exceptions

    Web of Science

    researchmap

  • RC造柱の残存軸耐力に関する実験と考察 査読

    加藤大介, 李柱振, 中村友紀子, 本多良政

    日本建築学会構造系論文集   ( 619 )   127 - 132   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 配筋詳細に着目したRC造せん断破壊柱の軸力保持性能の評価法に関する考察 査読

    加藤大介, 李柱振, 中村友紀子, 本多良政

    日本建築学会構造系論文集   ( 616 )   173 - 178   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 配筋詳細に着目したRC造せん断破壊柱の軸力保持性能に関する実験(軸加力実験と曲げせん断加力実験の関係) 査読

    加藤大介, 李柱振, 中村友紀子, 本多良政

    日本建築学会構造系論文集   ( 610 )   153 - 159   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • RC造柱にとりつく面外袖壁の軸力負担性能の評価法 査読

    加藤大介, 大塚祐二

    日本建築学会構造系論文集   ( 567 )   93 - 100   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 袖壁つきRC造柱の最大耐力以降の挙動の評価法 査読

    加藤大介, 孫浩陽

    日本建築学会構造系論文集   ( 566 )   97 - 103   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋コンクリート造連層有開口耐震壁の変形能の評価方法 査読

    加藤大介, 杉下陽一, 小倉宏一, 大谷裕美

    日本建築学会構造系論文集   65 ( 530 )   107 - 113   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 変動軸力を考慮したRC柱の変形能の評価法 査読

    加藤大介, 芝譲, 松田壮史

    日本建築学会構造系論文集   ( 506 )   155 - 161   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高強度材料を用いたRC部材の主筋の座屈性状 査読

    加藤大介

    日本建築学会構造系論文集   ( 452 )   99 - 107   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 配筋法を考慮した鉄筋コンクリート柱の変形能の評価法 査読

    加藤大介

    日本建築学会構造系論文集   ( 450 )   81 - 88   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鉄筋コンクリート部材の主筋の座屈性状に関する研究 査読

    加藤大介

    日本建築学会構造系論文集   ( 436 )   135 - 143   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 角形補強筋で拘束されたコンクリート柱の軸応力度−歪度関係に関する研究 査読

    加藤大介

    日本建築学会構造系論文集   ( 422 )   65 - 74   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 回転壁を含む鉄筋コンクリ−ト造骨組の地震応答解析 査読

    加藤大介

    日本建築学会構造系論文集   ( 360 )   54 - 63   1986年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 無開口後打耐震壁の耐力の評価に関する研究 査読

    加藤大介, 勝俣英雄, 青山博之

    日本建築学会構造系論文集   ( 337 )   81 - 89   1984年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 鉄筋コンクリート造建物の等価線形化法に基づく耐震性能評価型設計指針(案)・同解説

    加藤 大介( 担当: 共著)

    日本建築学会  2019年 

     詳細を見る

  • 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針・同解説

    加藤 大介( 担当: 共著)

    日本建築防災協会  2017年7月 

     詳細を見る

  • 鉄筋コンクリート構造保有水平耐力計算規準(案)・同解説

    加藤 大介( 担当: 共著)

    日本建築学会  2016年4月 

     詳細を見る

  • 鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説(2010)

    加藤 大介( 担当: 共著 ,  範囲: 19条壁部材の算定)

    日本建築学会  2010年 

     詳細を見る

  • 鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針(案)・同解説

    加藤 大介( 担当: 共著 ,  範囲: 7章 耐震性能評価(7~9頁、59~78頁)、実用的評価法6.柱部材の性能評価法(169~194頁)、評価例5.建物の限界変形の評価(322~370頁))

    日本建築学会  2004年1月 

     詳細を見る

  • 鉄筋コンクリート造建物の靭性保証型耐震設計指針(案)・同解説

    加藤 大介( 担当: 共著 ,  範囲: 5章 曲げと軸力に対する設計(91~137頁)、7章 耐震壁のせん断に対する設計(208~248頁)、10章 配筋設計(290~293頁)

    日本建築学会  1997年7月 

     詳細を見る

  • 鉄筋コンクリート建物の終局強度型耐震設計法

    加藤 大介( 担当: 共著)

    技報堂出版  1990年8月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

受賞

  • 功労賞

    2012年6月   日本コンクリート工学会  

    加藤 大介

     詳細を見る

  • 協会賞(論文賞)

    1996年5月   日本コンクリート工学協会   鉄筋コンクリート部材の主筋の座屈防止法に関する一連の研究

    加藤 大介

     詳細を見る

  • 奨励賞(論文)

    1993年9月   日本建築学会   角形補強筋で拘束されたコンクリート柱の軸応力度-歪度関係に関する研究、鉄筋コンクリート部材の靭性評価に関する研究

    加藤 大介

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • RC造袖壁付き柱の最大耐力後の安定した挙動を導入した新しい荷重変形関係のモデ ル化

    2017年4月 - 2021年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • RC造袖壁付き柱の強度と変形性状に及ぼす開口の影響の評価に関する研究

    2013年4月 - 2016年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 単純軸圧縮挙動に基づいたRC系柱の軸力負担能力の評価手法の開発

    2005年4月 - 2009年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新潟地域を念頭においた砂質地盤上のRC造建物の耐震診断と補強法に関する研究

    2005年4月 - 2008年3月

    文部省  科学研究費補助金 萌芽研究 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • せん断挙動が卓越するRC造柱の配筋詳細を考慮した軸力保持性能の評価法の開発

    2002年4月 - 2005年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 変動軸力と2方向横力を受けるSRC柱の変形性能の評価法に関する研究

    1999年4月 - 2002年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 変動軸力と二方向横力を受ける鉄筋コンクリート造柱の靭性能の評価法

    1995年4月 - 1997年3月

    文部省  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    加藤 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 建築設計製図Ⅵ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計特論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造実験I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造実験II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図Ⅶ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図V

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造解析学・演習II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造解析学・演習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築学概論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(建築分野)

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅡ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究又は設計

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修又は基礎設計

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 都市人間環境学Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅲ(中間発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅲ(学外発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学総合演習Ⅲ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅢ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅲ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定演習Ⅲ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学演習Ⅲ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計演習I

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 建築構造解析学演習I

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(建設学科)

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図III

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図II

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図I

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図IV

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造システム論Ⅰ

    2008年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ(建設)

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造概論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 鉄筋コンクリート構造特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造実験

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 建築構造解析学I

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • くらしと環境

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計I

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 構造システム論I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示