2021/08/06 更新

写真a

マルヤマ ケンジ
丸山 健二
MARUYAMA Kenji
所属
教育研究院 自然科学系 数理物質科学系列 教授
理学部 教授
自然科学研究科 数理物質科学専攻 教授
創生学部 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1991年9月   京都大学 )

研究キーワード

  • 粒子線散乱

  • 液体金属・半導体

  • 臨界現象

  • Liquid Metals and Semiconductors

  • Critical Phenomena

研究分野

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系

経歴(researchmap)

  • 新潟大学

    1991年 - 1994年

      詳細を見る

  • Graduate School, Niigata University,

    1991年 - 1994年

      詳細を見る

  • Research Associate

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   創生学部   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   准教授

    2010年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   化学科   准教授

    2004年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   助教授

    1994年7月 - 2004年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1991年1月 - 1994年6月

▶ 全件表示

学歴

  • 京都大学大学院   理学研究科   物理学第1専攻

    1987年4月 - 1991年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学大学院 修士課程   理学研究科   物理学第1専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

  • 京都大学

    - 1986年

      詳細を見る

  • 京都大学   理学部

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • The seeds of Zn<inf>6</inf>Y<inf>8</inf> L1<inf>2</inf>-type clusters in amorphous Mg<inf>85</inf>Zn<inf>6</inf>Y<inf>9</inf> alloy investigated by photoemission spectroscopy 査読

    Shinya Hosokawa, Jens Rüdiger Stellhorn, Benedict Paulus, Kenji Maruyama, Kentaro Kobayashi, Hiroshi Okuda, Michiaki Yamasaki, Yoshihito Kawamura, Hitoshi Sato

    Journal of Alloys and Compounds   764   431 - 436   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018 Elsevier B.V. Photoemission and inverse-photoemission spectroscopy (PES and IPES) measurements were carried out on amorphous Mg85Zn6Y9 alloy together with the polycrystal of the same concentrations with a synchronized long-period stacking ordered phase to investigate the valence- and conduction-band electronic structures, respectively. The valence- and conduction-band density of states (DOS) seems to be mostly the same as that of the crystalline phase. The core-level PES measurements were also performed at the Mg 2s, 2p, Zn 3p, 3d, and Y 3d levels to study the chemical natures of the constituent elements. The Y 3d core spectrum exhibits mostly three doublets in the amorphous phase, while mostly only one in the crystalline phase. This result reflects a coexistence of three different sites of the Y atoms in the amorphous phase; ones in the Zn6Y8 L12 clusters or their large fragments of about 57%, ones in their small fragments of about 20%, and isolated atoms of about 23%, which are mostly the same as those in the Mg97Zn1Y2 lightly doped LPSO alloy. Thus, it is concluded that well-fledged seeds of the L12 clusters are already provided even in the amorphous phase.

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2018.06.012

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Electronic structures and impurity cluster features in Mg-Zn-Y alloys with a synchronized long-period stacking ordered phase 査読

    Hosokawa, Shinya, Maruyama, Kenji, Kobayashi, Kentaro, Stellhorn, Jens Rudiger, Paulus, Benedict, Koura, Akihide, Shimojo, Fuyuki, Tsumuraya, Takao, Yamasaki, Michiaki, Kawamura, Yoshihito, Yoshioka, Satoru, Sato, Hitoshi

    JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS   762   797 - 805   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    Photoemission and inverse-photoemission spectroscopy (PES and IPES) measurements were carried out on polycrystalline Mg97Zn1Y2 , Mg85Zn6Y9, and Mg25Zn10Y15 alloys with a synchronized long-period stacking ordered phase together with non-doped Mg to investigate the valence- and conduction-band electronic structures, respectively. It was found from the valence-band PES spectra that the non-doped Mg includes at most 25% of an intrinsic oxidation portion. With increasing impurity concentration, the valence-band density of states (DOS) very slightly changes, while the conduction-band DOS drastically varies. The contributions of the impurity elements are clarified using a density functional theory calculation for the Mg85Zn6Y9 alloy. The core-level PES measurements were also performed at the Mg 2s, 2p, Zn 3p, 3d, and Y 3d levels to study the chemical natures of the corresponding elements. The Y 3d core spectrum exhibits mostly three doublets in Mg97Zn1Y2, while mostly only one in the heavily doped alloys, reflecting a coexistence of three different sites of the Y atoms; ones in the Zn(6)Y(8)L1(2) clusters, ones in their fragments, and isolated ones in Mg97Zn1Y2. (C) 2018 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2018.05.163

    Web of Science

    researchmap

  • The Packing of Helical and Zigzag Chains and Distribution of Interstitial Voids in Expanded Liquid Se near the Semiconductor to Metal Transition 査読

    Kenji Maruyama, Satoshi Hiroi Sato, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino, Takashi Odagaki, Friedrich Hensel

    EPJ Web of Conferences   151   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:EDP Sciences  

    The reverse Monte Carlo (RMC) and Voronoi-Delaunay (VD) void analyses were applied to study the modification of chain geometries near the semiconductor (SC) to metal (M) transition in expanded liquid Se along the isochore of d = 3.4 g/cm3. Fluctuations of dihedral angles with increasing temperature and pressure cause modification of the helical (H) chain to the planar zigzag (Z) chain conformations. The distribution of voids size (rV) supported by chain segments and distances to the 4th ~ 6th neighbor atoms on the chain segments provide information on the stacking of planar zigzag chains compensated by empty space (L-voids, rV ~ 3.6 Å) which leads to the formation of metallic domains. Near SC-M transition region the number fraction NZ/NH for Z and H chain segments increases.

    DOI: 10.1051/epjconf/201715101003

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Packing of Tetrahedral Hg-4 Blocks and Distribution of Interstitial Voids in Expanded Liquid Hg 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino, Friedrich Hensel, Takashi Odagaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   82 ( 12 )   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The Voronoi-Delaunay tessellation indicates that the local structure of expanded liquid Hg is characterized by the packing of edge-shared (E-S) tetrahedral Hg-4 blocks and corner-shared (C-S) tetrahedral Hg-4 blocks. The thermal expansion causes the removal of four top sites with an edge length of similar to 3.1 angstrom and two corner sites with an edge length of similar to 3.6 angstrom from hexagonally close-packed E-S tetrahedral blocks. Such removal is compensated by the creation of large voids (L-voids) similar to 3.6 angstrom in radius, enclosed with a three-coordinate C-S tetrahedral network. This results in the conversion of connectivity from E-S blocks [metallic domains (M domains)] to C-S blocks [nonmetallic domains (NM domains)] near the metal-nonmetal (M-NM) transition. The population of M domains estimated from the number fraction of tetrahedral Hg-4 blocks at 9.5 g cm(-3) near the M-NM transition region is close to the value estimated for the critical volume fraction similar to 0.16 for the continuum percolation. The structural transformation near the M-NM transition region is accompanied with the microsegregation (clustering) of M and NM domains.

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.124605

    Web of Science

    researchmap

  • Modification of the sampling algorithm for reverse Monte Carlo modeling with an insufficient data set 査読

    Satoshi Sato, Kenji Maruyama

    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   25 ( 45 )   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    A new sampling method for reverse Monte Carlo (RMC) modeling has been developed to constitute a reasonable structural model with insufficient experimental data. Another merit of this method is its very low computational cost because the algorithm uses only the three nearest atomic coordinations in moving a selected atom. In order to test the method, RMC modeling with this algorithm was carried out for the scattering data of NaCl melts. The partial pair distribution functions obtained by the RMC modeling had no spikes or atomic aggregation in the cutoff distance region and agreed well with experimental data.

    DOI: 10.1088/0953-8984/25/45/454208

    Web of Science

    researchmap

  • A partial structure factor investigation of the bulk metallic glass Zr63Ni25Al12 as studied by using a combination of anomalous X-ray scattering and reverse Monte Carlo modeling 査読

    Shinya Hosokawa, Jean-Francois Berar, Nathalie Boudet, Shinji Kohara, Wolf-Christian Pilgrim, Maike Joester, Jens Stellhorn, Anita Zeidler, Kenji Maruyama, Toshio Nasu, Wei Zhang, Hidemi Kato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MATERIALS RESEARCH   103 ( 9 )   1108 - 1112   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CARL HANSER VERLAG  

    Anomalous X-ray scattering experiments were performed on Zr63Ni25Al12 bulk metallic glass. The results were analyzed using reverse Monte Carlo modeling to obtain local- and intermediate-range atomic configurations of this good metallic glass former. Although the Al-related partial information is not reliable due to the small values of their weighting factors in X-ray scattering, good partial information could be obtained from a reverse Monte Carlo analysis. The obtained structural information is given by parameters such as bond angle distributions, bond orientation order parameters, the Warren-Cowley order parameters, and Voronoi polyhedra. Results are compared to the previous results from Fukunaga et al. using X-ray and neutron total scattering.

    DOI: 10.3139/146.110774

    Web of Science

    researchmap

  • Key experimental information on intermediate-range atomic structures in amorphous Ge2Sb2Te5 phase change material 査読

    Shinya Hosokawa, Wolf-Christian Pilgrim, Astrid Hoehle, Daniel Szubrin, Nathalie Boudet, Jean-Francois Berar, Kenji Maruyama

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   111 ( 8 )   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Laser-induced crystalline-amorphous phase change of Ge-Sb-Te alloys is the key mechanism enabling the fast and stable writing/erasing processes in rewritable optical storage devices, such as digital versatile disk (DVD) or blu-ray disk. Although the structural information in the amorphous phase is essential for clarifying this fast process, as well as long lasting stabilities of both the phases, experimental works were mostly limited to the short-range order by x ray absorption fine structure. Here we show both the short and intermediate-range atomic structures of amorphous DVD material, Ge2Sb2Te5 (GST), investigated by a combination of anomalous x ray scattering and reverse Monte Carlo modeling. From the obtained atomic configurations of amorphous GST, we have found that the Sb atoms and half of the Ge atoms play roles in the fast phase change process of order-disorder transition, while the remaining Ge atoms act for the proper activation energy of barriers between the amorphous and crystalline phases. (C) 2012 American Institute of Physics. [http://dx.doi.org/10.1063/1.3703570]

    DOI: 10.1063/1.3703570

    Web of Science

    researchmap

  • Unified Effect of Hydrophobic Hydration on the Dynamics and the Structure of Water Molecules in Lower Alcohol Aqueous Solutions 査読

    Masaru Nakada, Kenji Maruyama, Osamu Yamamuro, Tatsuya Kikuchi, Masakatsu Misawa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   80 ( 4 )   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    After the analysis of the quasi-elastic neutron scattering (QENS) spectra of lower alcoholic aqueous solutions, we found that the parameter alpha, which is the number fraction of hydrophobic hydrating water molecules, has an important role in describing the dynamics and other properties of these solutions. The diffusion coefficient D was obtained from QENS spectra using the relaxing cage model, and D was found to have the same linear relation against alpha for ethyl alcohol, n-propyl alcohol, i-propyl alcohol, and t-butyl alcohol (with a small deviation) aqueous solutions. The excess molar volume and average hydration number of these solutions could also be expressed with common parameters, which are independent of the alcohol species.

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.044604

    Web of Science

    researchmap

  • Packing structure of chains and rings in an expanded liquid Se80Te20 mixture near the semiconductor to metal transition 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino, Yukio Kajihara, Masaru Nakada, Satoshi Sato

    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   22 ( 45 )   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    X-ray scattering measurements of an expanded liquid Se80Te20 mixture in the temperature range between 300 and 1000 degrees C and at pressures of 10, 200, and 1600 bar have been carried out. The reverse Monte Carlo simulation and Voronoi-Delaunay void analyses have been applied to clarify the relationship between the voids and chain geometries in the intermediate scale near the semiconductor to metal (SC-M) transition at 800 degrees C under 200 bar accompanied by a shrinkage of molar volume. The structure of the liquid mixture can be envisaged in terms of a packing of covalently bonded chains and interstitial voids. The thermal expansion leads to a decrease in the number of chains around a chain and is compensated for by empty spaces (voids). The packing density of helical chains decreases and so voids supported by chains increase with rising temperature. At high temperature the shortening of chains and frequent transfer of lone pair electrons on Se (or Te) atoms cause modification of the helical chain to ring and zigzag chain conformations. The stacking of zigzag chains, joined to layers above 800 degrees C, leads to the formation of metallic domains separated by voids. The shrinkage of molar volume near the SC-M transition arises through the progressive filling of the voids around chains with (Se, Te)(5,6,7,8) rings.

    DOI: 10.1088/0953-8984/22/45/455103

    Web of Science

    researchmap

  • Icosahedral ordering in liquid iron studied via x-ray scattering and Monte Carlo simulations 査読

    Masanori Inui, Kenji Maruyama, Yukio Kajihara, Masaru Nakada

    PHYSICAL REVIEW B   80 ( 18 )   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    X-ray diffraction measurements were carried out for liquid iron near the melting temperature and atomic configurations were constructed from the structure factor S(Q) obtained, by reverse Monte Carlo modeling and Monte Carlo simulation with the effective pair potential deduced by the inverse method. The bond-orientational order parameter W-6 calculated from the atomic configurations obtained from both simulations indicates a pronounced icosahedral ordering, and the fraction of nearly icosahedral configurations is estimated to be approximately 14% in liquid iron. These experimentally obtained results seem consistent with recent results of ab initio molecular-dynamics simulation for liquid iron [P. Ganesh and M. Widom, Phys. Rev. B 77, 014205 (2008)].

    DOI: 10.1103/PhysRevB.80.180201

    Web of Science

    researchmap

  • Void structure and intermediate-range fluctuations in the metal-nonmetal transition range in expanded liquid Hg 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino, Friedrich Hensel

    PHYSICAL REVIEW B   80 ( 1 )   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    The reverse Monte Carlo and Voronoi-Delaunay analyses have been applied to characterize the intermediate-range fluctuations near the metal-nonmetal transition in expanded liquid Hg. An analysis of voids acts as a useful adjunct to the normally discussed structural properties in interpreting the origin of intermediate-range fluctuations in the expanded liquids. The results for Hg-based and void-based partial pair distribution functions and the partial coordination number distributions reveal that the metallic domains (M domains) are built with packing of tetrahedral Hg(4) blocks. The M domains transform into the nonmetallic domains (NM domains) creating large voids (L voids) similar to 3.1 A degrees in radius, which are supported by the network linked with tetrahedral Hg(4) blocks containing small voids (S voids) similar to 2.3 A degrees in radius at densities of 9.2-10.5 g cm(-3), where the coordination number is rapidly reduced below six. The estimated density variations in S(cc)(&apos;)(0) from "domain model" and "void model" exhibit a peak around 10.5 g cm(-3), which indicates that M domains and NM domains coexist near the metal-nonmetal transition region. There appears the prepeak at 0.8-1.2 A degrees(-1) in the partial structure factor of L voids around the L voids, S(LV-LV)(&apos;)(Q), suggesting the chemical ordering of L voids. It follows that the intermediate-range concentration fluctuations resulting in microphase separation (clustering) of NM domains and M domains are reflected in the structural change near the metal-nonmetal transition.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.80.014201

    Web of Science

    researchmap

  • Metabolic Syndrome and Its Components as Risk Factors for First-Ever Acute Ischemic Noncardioembolic Stroke 査読

    Kenji Maruyama, Shinichiro Uchiyama, Makoto Iwata

    JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES   18 ( 3 )   173 - 177   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background: Metabolic syndrome (MetS) has been studied as a cardiovascular risk factor. We evaluated MetS and its individual components as risk factors for acute ischemic noncardioembolic stroke (AINS). Methods: The relationships of AINS with MetS and its components were analyzed in 200 patients with first-ever AINS and 200 age-matched control subjects. Results: Patients with AINS had a higher MetS prevalence than control subjects (45.5% v 26.5%, P &lt; .001). On logistic regression analysis, the adjusted odds ratio (OR) for MetS as a risk factor for AINS was 2.39 (95% confidence interval [CI] 1.14-4.98, P = .021). The AINS risk increased as the number of MetS components increased. Hypertension (OR 3.21, 95% CI 1.48-6.94, P = .003) and fasting hyperglycemia (OR 2.73, 95% CI 1.53-4.87, P = .001) were particularly significant risk factors among MetS components for AINS. Conclusion: MetS is an independent risk factor for AINS. Stroke risk increased as the number of MetS components increased. Hypertension and hyperglycemia were particularly significant components as risk factors for AINS.

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2008.03.008

    Web of Science

    researchmap

  • Quasielastic neutron scattering investigation of motion of water molecules in n-propyl alcohol-water mixture 査読

    Masaru Nakada, Kenji Maruyama, Osamu Yamamuro, Masakatsu Misawa

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   130 ( 7 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    The dynamics of water molecules in the n-propyl alcohol-water mixtures is investigated by using quasielastic neutron scattering measurements. The dynamic structure factor S(Q,E) obtained from incoherent scattering of hydrogen atoms of water is fitted with jump diffusion and relaxing cage models. The diffusion constant obtained from the relaxing cage model, which gives better fitting with S(Q,E), shows better agreement to the experimental value than that of jump diffusion model. The dependence of translational relaxation time tau(T)(Q) and stretched exponent beta(T)(Q) on the fraction of hydrophobic hydrating water molecules in the solution is discussed.

    DOI: 10.1063/1.3073881

    Web of Science

    researchmap

  • Chain geometries around voids in liquid Te 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 ( 3 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The reverse Monte Carlo (RMC) and Voronoi-Delaunay analyses have been applied to derive the void-based partial pair distribution functions g'(Te-Te)(r), g'(V-Te) (r), and g'(V-V)(r), the partial coordination number distributions P(N-TeTe), P(N-VTe), and P(N-VV), and the bond angle and dihedral angle in 1-Te to clarify the connectivity of the covalently bonded Te chains supporting voids. The P(N-TeTe) reveals that shorter and longer interchain bonds coexist. Large fluctuations in the interchain distance create the small voids (2.5 angstrom in radius) supported by stacked chains and the large voids (3.1 angstrom in radius) supported by rings of similar to 8 Te atoms. The number of Te rings increases with increasing temperature. It is found that the inter-Te ring correlation dominates the intermediate-range chemical ordering of voids-Te atoms and voids-voids in 1-Te, which is responsible for a small shoulder on the leading edge of the principal peak of S(Q).

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.034603

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of TiO2-Na2O glass by sol-gel method and structural characterization 査読

    Toru Sato, Masakatsu Misawa, Kenji Maruyama, Keiji Itoh

    JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS   353 ( 30-31 )   2832 - 2836   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The applicability of sol-gel process in glass formation of binary system, (100 -x)TiO2-xNa(2)O(x = 10,20,30), was investigated and the glasses were prepared successfully by the sol-gel process for the first time. The process of glass formation was checked by using X-ray diffraction measurement and DTA-TG analysis. In the baking step, a DTA peak related to the crystallization of gel was found. The short-range structure of glassified samples was studied by neutron scattering measurement. It is found from the results of neutron scattering measurement that the coordination number of Oatom around Ti atom is about 4, and the O atoms around Ti atom form a planer square rather than a regular tetrahedron. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2007.06.001

    Web of Science

    researchmap

  • Structural study of molten Ag halides and molten AgCl-Agl mixture 査読

    Yukinobu Kawakita, Takeshi Enosaki, Shin'ichi Takeda, Kenji Maruyama

    JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS   353 ( 32-40 )   3035 - 3039   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The structures of molten Ag halides and pseudo-binary mixtures between AgCl and AgI have been investigated by neutron diffraction measurements. For AgI, a crystalline local configuration persists even in the molten state while, for AgG and AgBr, the first neighbor coordination number decreases to 3.4 compared with 6 in the crystalline rock salt structure and the second neighbor distribution is modified according to the shortening of Ag-halogen distance. This difference between AgI and AgCl (AgBr) may be originated from the nature of unlike-pair bonding. The former has much covalent character. The eutectic mixture between AgCl and AgI, AgCl0.43I0.57, exhibits large temperature dependence in the total structure from the AgG like feature at a lower temperature to the AgI like feature at a high temperature. As increasing temperature, Cl ions become more diffusive and relatively strong interaction between Ag and I rules physical property such as sound absorption. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2007.05.161

    Web of Science

    researchmap

  • Voids and intermediate-range order in network-forming liquids: Rb20Se80 and BiBr3 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The RMC and Voronoi-Delaunay analyses were applied to study the void structure in the network-forming liquids: Rb20Se80 and BiBr3. The distribution function of the relative positions of atoms and void centers in space, the coordination number of atoms and voids around a void and the size distribution of voids were examined using the previous experimental data for S(Q) to characterize the connectivity of the bonding network supporting voids and the intermediate-range correlation as manifested in the pre-peak of S(Q). The voids in 1-Rb20Se80 are formed by the 8-membered ring-like Se chains. A Rb cluster composed of 3-4 Rb atoms replaces one of five void sites and binds similar to 4 Se rings involving voids around it through the interactions between Rb and Se and between Rb and Rb. In 1-BiBr3 the hexagonal cages involving voids are formed by the corner-sharing of the trigonal pyramidal BiBr3 blocks. The strong preference of Bi ion for three-fold coordination helps to bind between the neighboring cages and to construct a honeycomb network in highly correlated fashion. The pre-peak of the observed S(Q) indicative of the intermediate-range order arises from the correlation between the neighboring Se rings in 1-Rb20Se80 and between the neighboring hexagonal cages formed by BiBr3 blocks in 1-BiBr3. In conclusion the pre-peak of S(Q) in 1-Rb20Se80 and 1-BiBr3 is related to the pre-peak of the void-based concentration-concentration structure factor S'(CC)(Q) due to an intermediate chemical order in the structure.

    DOI: 10.1143/JPSJ.074601

    Web of Science

    researchmap

  • Static and dynamic structures of liquid GeTe mixtures 査読

    Yukinobu Kawakita, Yasuhiko Kato, Shuta Tahara, Hiroyuki Fujii, Shin'ichi Takeda, Kenji Maruyama

    JOURNAL OF NON-CRYSTALLINE SOLIDS   353 ( 18-21 )   1999 - 2003   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Neutron diffraction measurements of the liquid Ge-Te system and quasi- and inelastic neutron scattering experiments of the eutectic liquid Ge15Te85 were performed in the temperature range from 400 to 560 degrees C. The large temperature dependence of the static structure for liquid Ge15Te85 is reconfirmed; however it is found that the compositional dependence obtained at around 80 degrees C above the liquidus curve is rather small. The dynamic structure factors of liquid Ge15Te85 in the Q-region from 0.2 to 2.6 angstrom(-1) show a normal temperature dependence. From the vibrational density of states, it is found that the Te-Te covalent bond persists in liquid Ge15Te85; however a bending mode was not assigned clearly. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2007.01.063

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrophobic hydration and anomalous excess partial molar volume of tert-butyl alcohol-water mixture studied by quasielastic neutron scattering 査読

    Masaru Nakada, Osamu Yamamuro, Kenji Maruyama, Masakatsu Misawa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 ( 5 )   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Quasielastic neutron scattering has been used to investigate the hydration of alcohol clusters in tertbutyl alcohol-water mixture. The measurements were made in a range of alcohol concentration, chi(TBA), from 0.0 to 0.17 in mole fraction at 25 degrees C. Fraction, alpha, of water molecules hydrated to fractal-surface of alcohol clusters in tert-butyl alcohol-water mixture was obtained as a function of alcohol concentration. Average hydration number N-ws of tert-butyl alcohol molecule was derived from the value of alpha as a function of alcohol concentration. The value of N-ws for an isolated alcohol molecule in water was 19-21. The anomalous excess partial molar volume of tert-butyl alcohol-water mixture was interpreted successfully by applying the same model with the same values of volume parameter as used for 1-propanol-water mixture, delta(1) (= -0.36 cm(3) . mol(-1)) and delta(2) (= 0.60 cm(3) . mol(-1)).

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.054601

    Web of Science

    researchmap

  • Short- and intermediate-range order in liquid Bi-BiBr3 mixtures: Importance of voids 査読

    Kenji Maruyama, Hirohisa Endo, Hideoki Hoshino

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 ( 2 )   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The neutron diffraction (ND) measurements and the detailed structural modeling by reverse Monte Calro (RMC) simulation have been performed for 1-BiBr3 and 1-45 and 55 mol % Bi mixtures. The partial structure factor S-ij(Q), partial radial distribution function g(ij)(r), and snapshot produced from RMC configurations have been examined. The structure of 1-BiBr3 is dominated by the network of trigonal pyramidal units. The 1-mixtures consist of the -Br-Bi-Br- chain fragments terminated by Br. A Voronoi-Delaunay analysis has been applied to characterize the voids within network or chain. We find that the voids are surrounded by six pyramids in 1-BiBr3 and by chains in 1-mixture. The packing density is 0.59 for 1-BiBr3 and 0.45 for 1-45 mol % Bi mixture which is substantially low compared with that of dense random packing. The void-void structure factor S'(V-V)(Q) involving void centers have the pre-peak similar to 1.2 angstrom(-1) which is in common with the pre-peak in experimentally observed S(Q). It is concluded that the spatial distribution of voids couples to the appearance of a pre-peak in S(Q) indicative of the intermediate range order. The disappearance of the miscibility gap in Bi-rich concentration region under pressure is briefly discussed in connection with void concentration.

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.024601

    Web of Science

    researchmap

  • Structure and dynamic properties on molten cuprous halides 査読

    Shin'ichi Takeda, Hiroyuki Fujii, Yukinobu Kawakita, Yasuhiko Kato, Sinji Kohara, Kenji Maruyama

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385   249 - 251   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Neutron and X-ray diffraction measurements have been carried out for molten CuI at 650 degrees C. Both structure factors have been obtained in the wavenumber region beyond 20 angstrom(-1). The three partial structure factors and partial correlation functions have been derived from them with the aid of Reverse Monte Carlo analysis. The Cu-Cu correlation function has the first peak at 2.7 angstrom penetrating into the first coordination shell of Cu-I correlation and a structureless tail, while the I-I correlation exibits long-range oscillations behind the first peak located around 4.35 angstrom. The atomic arrangements for molten CuI are visualized in the figures. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.058

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 21pJF-2 低級アルコール水溶液における疎水性水和効果の温度依存性(21pJF 化学物理,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))

    中田 克, 丸山 健二, 大野 哲史, 山室 修, 古府 麻衣子, 菊地 龍弥

    日本物理学会講演概要集   66 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.044604

    CiNii Article

    researchmap

  • 26aEH-1 液体Seにおける半導体-金属転移 : 鎖とvoid分布に現れる濃度ゆらぎ(26aEH 液体金属,領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興, Hensel F, 佐藤 慧, 山田 佳寛

    日本物理学会講演概要集   66 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23aGD-1 膨張・低密度化液体HgにおけるHg_4四面体ブロックとvoid(23aGD 液体金属,領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興, Hensel F, 小田垣 孝

    日本物理学会講演概要集   66 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 22pHY-9 液体Se-Te混合系のvoid分布と鎖のトポロジーIII(22pHY 液体金属,領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興, 佐藤 慧, 中田 克

    日本物理学会講演概要集   65 ( 0 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pQE-10 低級アルコール水溶液における水分子のダイナミクスと疎水性水和の効果(溶液・液体・相転移,領域12,ソフトマター物理,化学物理,生物物理)

    中田 克, 丸山 健二, 山室 修, 菊池 龍弥, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 27aYB-9 放射光を利用した液体鉄のX線回折測定(液体金属,領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    乾 雅祝, 丸山 健二, 梶原 行夫, 中田 克

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30aRE-7 高強度中性子全散乱装置(NOVA)の建設(30aRE X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    大友 季哉, 亀田 恭男, 山口 敏男, 吉田 亨次, 川北 至信, 丸山 健二, 社本 真一, 高田 慎一, 佐藤 節夫, 武藤 豪, 鈴木 純一, 三沢 正勝, 安 芳次, 仲吉 一男, 宇野 彰二, 田中 真伸, 鈴谷 賢太郎, 金子 直勝, 大下 英敏, 福永 俊晴, 伊藤 恵司, 森 一広, 杉山 正明

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 27aYB-8 液体Se-Te混合系のvoid分布と鎖のトポロジー(液体金属,領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興, 佐藤 慧, 中田 克

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26pRE-4 液体の小角・広角散乱実験による構造解析 : 中・長距離構造の理解のためのRMC法の発展(液体系の物理の最新の展開-中・長距離領域の秩序を焦点に,領域6,領域12合同シンポジウム,領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26pRE-4 液体の小角・広角散乱実験による構造解析 : 中・長距離構造の理解のためのRMC法の発展(領域6,領域12合同シンポジウム:液体系の物理の最新の展開--中・長距離領域の秩序を焦点に,領域12,ソフトマター物理,化学物理,生物物理)

    丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   64 ( 0 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23aYJ-8 液体Hg中のvoid分布と中距離のゆらぎ(23aYJ 液体金属,領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興

    日本物理学会講演概要集   63 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pPSB-39 液体Rb-Se混合系の構造 : 逆モンテカルロ・シミュレーションとクラスター解析(ポスターセッション,領域12,ソフトマター物理,化学物理,生物物理)

    近藤 正信, 亀浜 紘祐, 丸山 健二, 家富 洋

    日本物理学会講演概要集   63 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26aTH-2 液体Teにおけるvoid周りの鎖構造(液体金属,領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興

    日本物理学会講演概要集   63 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.034603

    CiNii Article

    researchmap

  • 19aXF-13 ネットワークを形成する液体の中距離秩序とvoid構造 : Rb-SeとBi-BiBr_3(液体金属(単元素・カルコゲン),領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興

    日本物理学会講演概要集   62 ( 0 )   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 19aXF-12 液体Tl-Se混合系の短・中距離構造(液体金属(単元素・カルコゲン),領域6,金属,超低温,超伝導・密度波)

    丸山 健二, 南場 悠佑, 乾 雅祝, 梶原 行夫, 遠藤 裕久, 星野 英興

    日本物理学会講演概要集   62 ( 0 )   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25aYP-12 液体Bi-BiBr_3混合系のゆらぎ構造 : pyramid, chain, void(25aYP 液体金属(単元素系・カルコゲン系),領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 遠藤 裕久, 星野 英興

    日本物理学会講演概要集   61 ( 0 )   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30pXE-4 液体Bi-BiBr_3混合系の相分離近傍における局所構造(30pXE 液体金属(液体混合系・アモルファス・結晶),領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 星野 英興, 遠藤 裕久

    日本物理学会講演概要集   61 ( 0 )   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25aYQ-5 液体Rb-Se混合系における二液相分離の出現と局所構造III(液体金属(カルコゲン系),領域6(金属,超低音,超電導・密度波))

    丸山 健二, 星野 英興, 遠藤 裕久, 宮永 崇史, 池本 弘之, 山崎 淳

    日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 19pXG-13 アルコール水溶液の濃度ゆらぎの可視化と多分散マスフラクタル描像(溶液・液体,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))

    佐藤 剛, 鈴木 春, 大友 季哉, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 21pYK-7 液体Rb-Se混合系の局所構造 : chainとinterstitial voidの構造(液体金属(カルコゲン系),領域6(金属,超低温,超伝導・密度波))

    丸山 健二, 星野 英興, 遠藤 裕久, 山崎 淳

    日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Mass-fractal clustering and power-law decay of cluster size in 1-propanol aqueous solution

    M Misawa, Dairoku, I, A Honma, Y Yamada, T Sato, K Maruyama, K Mori, S Suzuki, T Otomo

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   121 ( 10 )   4716 - 4723   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Mesoscale structure of 1-propanol aqueous solutions with propanol mole fraction x(p) ranging from 0.1 to 0.33 has been studied by means of small angle neutron scattering (SANS) and large-scale reverse Monte Carlo (RMC) technique. Analysis of the SANS intensities in terms of a fractal model shows that the fractal dimension d(f) of mesoscale structure of the solution is about 1.8-1.9 for water-rich solution and about 1.5 for propanol-rich solution. Percolation analysis on the RMC results reveals that the water molecules and the propanol molecules cluster, respectively, as a mass fractal, the dimension d(M) of which is about 2.3-2.5 for both clusters for water-rich solution. Furthermore, the distribution of the cluster size is expressed by a simple power law with an exponent tau of about 1.35-1.5 for the propanol clusters and 1.05-1.2 for the water clusters. These results imply that the current solution is characterized by polydisperse mass fractals. In fact, a theoretical relation for polydisperse system of mass fractals, d(f)=d(M)(2-tau), holds well in the current solution. The characteristic change in d(f) from 1.8-1.9 to 1.5 described above is attributed to the crossover between the water-rich regime and the propanol-rich regime. Most of the water molecules and the propanol molecules are located on the interface between clusters, and the water molecules form thin layers of about 10 Angstrom thick irrespective of 1-propanol content studied. (C) 2004 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1780931

    Web of Science

    researchmap

  • Neutron diffraction studies on the liquid Te and As-Te mixtures

    K Maruyama, H Hoshino, H Ikemoto, H Endo

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   73 ( 2 )   380 - 387   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Neutron diffraction measurements for liquid (1-) Te and 1-As-Te mixtures (10, 20, 30 and 40 at.% As) have been performed. The first minimum after the first peak of g(r) for 1-Te and 1-As-Te mixtures is filled up with temperature, and the second peak diminishes substantially and flattens out at high temperature. The temperature variations of g(r) are discussed combining the structural information available from EXAFS and computer simulation results. We propose that the volume contraction near the semiconductor to metal (S-M) transition causes the shrinkage of the inter-chain distance, and the short-and long-distance inter-chain correlations may coexist at high temperature. In the metallic region the -As-Te- chains are inferred to have nearly the same configuration as in 1-Te. The prepeak near Q = 1.1-1.5 Angstrom(-1) is observed for 1-As20Te80 and 1-As40Te60, which diminishes with increasing temperature. The prepeak in 1-As40Te60 lies at lower Q region compared with I-As,oTeso. It is concluded that the S-M transition observed for 1-Te and 1-As-Te mixtures is associated with the transformation to the densely packed configuration composed of shortened chain molecules.

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.380

    Web of Science

    researchmap

  • 27pWK-13 液体Rb-Se混合系における二液相分離と局所構造(液体金属・液体半導体)(領域6)

    星野 英興, 丸山 健二, 遠藤 裕久, 池本 弘之, 宮永 崇史

    日本物理学会講演概要集   59 ( 0 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13pZA-4 液体混合系の相分離近傍における構造変化(主題 : 構造不規則系科学の新展開, 領域 6)

    丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   59 ( 0 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 27pWK-9 液体As-Te混合系の半導体-金属転移領域における中性子回折IV(液体金属・液体半導体)(領域6)

    丸山 健二, 澁谷 輝文, 星野 英興, 遠藤 裕久

    日本物理学会講演概要集   59 ( 0 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13pTH-1 ゆらきに基づいて計算された超臨界水の構造(化学物理・理論, 領域 12)

    鈴木 春, 大友 季哉, 古坂 道弘, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   59 ( 0 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 14pXE-6 液体 Rb-Se 混合系における二液相分離の出現と局所構造 II(液体合金, 液体半導体, 分子性液体, 領域 6)

    丸山 健二, 星野 英興, 遠藤 裕久, 宮永 崇史, 池本 弘之

    日本物理学会講演概要集   59 ( 0 )   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • The Network-Chain Transformation in the Liquid As-Te Mixtures near the Semiconductor-Metal Transition (jointly worked)

    Z. Phys. Chem.   217, 847-861   2003年

  • 21aTK-4 液体 As-Te 混合系の半導体-金属転移領域における中性子回折 IV

    丸山 健二, 池本 弘之, 星野 英興, 遠藤 裕久

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Local Structure of Liquid Te Studied by Neutron Diffraction and EXAFS (jointly worked)

    Z. Phys. Chem.   217, 863-877   2003年

  • 29aZC-9 溶融ハロゲン化銀混合系の構造

    榎崎 豪, 加藤 保彦, 川北 至信, 武田 信一, 澁谷 輝文, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Structural study of Li2O-V2O5 glasses by neutron and X-ray diffraction

    H. Munemura, S. Tanaka, K. Maruyama, M. Misawa

    Journal of Non-Crystalline Solids   312-314   557 - 560   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Neutron and X-ray diffraction measurements were made for xLi2O · (100-x)V2O5 glasses (x = 0, 10, 20, 30 and 40) prepared by a single roller melt-spinning technique. By fitting the peaks in the radial distribution function, the coordination number of O atoms around V atoms, NV-O, is estimated to be 4.33. A change of NV-O by the addition of Li2O is not observed in the Li2O-V2O5 glasses. It is confirmed that the network structure is made of corner-shared polyhedral units. It is also suggested that non-bridging oxygens increase by the addition of Li2O. © 2002 Published by Elsevier Science B.V.

    DOI: 10.1016/S0022-3093(02)01770-2

    Scopus

    researchmap

  • Structure and dynamical Properties of liquid In<sub>2</sub>Te<sub>3</sub>(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalling Solids   312-314, 366-370   2002年

  • 27pXE-13 液体As-Te混合系の半導体-金属転移領域における中性子回折(27pXE 液体混合系・溶融塩,領域6(金属,超低温,超伝導・密度波分野))

    丸山 健一, 宮永 崇史, 池本 弘之, 星野 英興, 遠藤 裕久

    日本物理学会講演概要集   57 ( 0 )   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Neutron diffrection of liquid arsenic-tellurium mixtures near the semiconductor-metal tronsition(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   312-314, 356-360   2002年

  • シェーグレン症候群に合併した感覚失調性ニューロパチーで,亜急性憎悪の自然軽快をみとめた1例

    丸山 健二, 大矢 寧, 重藤 寛史, 小川 雅文, 川井 充

    臨床神経学   41 ( 9 )   617 - 620   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 下腿前面筋に萎縮の部位差をみとめた腰仙髄梗塞

    丸山 健二, 大矢 寧, 重藤 寛史, 小川 雅文, 川井 充

    臨床神経学   41 ( 6 )   325 - 328   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Network structure of M<sub>2</sub>O-TeO<sub>2</sub>(M=Li, Na, L: O, 62 No. 38)glasses(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   293-295, 700-704   2001年

     詳細を見る

  • 28aYH-11 液体Gaの構造と電子: イオン相関

    武田 信一, 川北 至信, 榎崎 豪, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   56 ( 0 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28aYH-4 グリセリン-グアヤコール混合系の準弾性散乱 II

    丸山 健二, 川瀬 俊為

    日本物理学会講演概要集   56 ( 0 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 18pTK-10 ハロゲン化銀溶融塩混合系の構造

    榎崎 豪, 川北 至信, 武田 信一, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   56 ( 0 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 18aTK-1 液体In-Te混合系の局所構造とゆらぎ

    川北 至信, 武田 信一, 榎崎 豪, 執行 信彦, 乾 雅祝, 細川 伸也, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   56 ( 0 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Structure and Dynamic Properties of Molten IVb-Te Mixtures Around Eutectic Region

    Journal of the Physical Society of Japan.   70 Suppl ,265-267   2001年

     詳細を見る

  • 頸部伸展筋群の負荷増大はisolated neck extensor myopathy (Katz)の首下がりをさらに進行させる

    大石 健一, 重藤 寛史, 丸山 健二, 大矢 寧, 小川 雅文, 埜中 征哉, 川井 充

    臨床神経学   40 ( 9 )   933 - 936   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • Small angle neutron scattering study on the salt-induced phase separation of 1-propanol aqueous solution(jointly worked)

    Journal of chemical physics   113 ( 6 )   2343 - 2348   2000年

  • 22pXB-6 1-プロパノール水溶液の濃度ゆらぎと塩誘起パーコレーション

    三沢 正勝, 吉田 勝美, 尾身 俊幸, 宗村 英幸, 丸山 健二, 長尾 道弘

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.3308

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pTF-8 半導体-金属転移近傍における液体As_<20>Te_<80>の構造

    丸山 健二, 星野 英興, 池本 弘之, 宮永 崇史, 遠藤 裕久

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pTF-4 液体Ge-Te混合系の構造

    川北 至信, 武田 信一, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25aTF-11 RMC法によるTeO_2-M_2O(M=Li,Na)ガラスの構造解析

    宗村 英幸, 三沢 正勝, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24pTF-7 液体セレンに適用できる逆モンテカルロ法の開発

    鈴木 春, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 23aQ-7 中性子およびX線回折実験によるTeO_2-M_2O(M=^7Li,Na)ガラスの構造解析

    宗村 英幸, 三留 和子, 江端 英和, 三沢 正勝, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 22aQ-11 グリセリン-グアヤコール混合系の準弾性散乱

    丸山 健二, 川瀬 俊為, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   55 ( 0 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Neutron Diffraction of Liquid Sn-Se System(jointly worked)

    Keiji Itoh, Kenji Maruyama, Masakatsu Misawa, Shigeru Tamaki

    Journal of the physical Society of Japan   69 ( 6 )   1717 - 1722   2000年

  • Structural Analysis of Liquid Chalcogen by RMC Modeling with a Dimer Molecular Model.(jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   69, 3576-3580   2000年

     詳細を見る

  • Salt-induced phase separation in aqueous solution(jointly worked)

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   60,1301-1306   1999年

  • 25pYN-11 HERMESによる液体Ge-S混合系の中性子回折

    丸山 健二, 武田 信一, 金平 誠, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pYN-4 RMC手法による融体Se, Teの構造解析

    鈴木 春, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25aYN-10 中性子回折実験およびRMC法によるTeO_2-R_2O(R=Li, Na)ガラスの構造解析

    宗村 英幸, 三留 和子, 江端 英和, 三沢 正勝, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30p-G-5 液体Sn-Se系の中性子回折

    伊藤 恵司, 丸山 健二, 三沢 正勝, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 29a-G-9 Chain modelを導入したRMCシミュレーションによる融体Seの構造解析

    鈴木 春, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 29a-G-8 液体Seの鎖状構造へのリバースモンテカルロ法の応用

    丸山 健二, 鈴木 春, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25pYN-14 液体Zn, Gaの構造と電子 : イオン相関の導出

    武田 信一, 川北 至信, 丸山 健二, 金平 誠, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫

    日本物理学会講演概要集   54 ( 0 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Structural studies on liquid Ge-chalcogen mixtures by using neutron diffraction(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   250-252,483-487   1999年

  • Local structures of liquid and vitreous(jointly worked)

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   60,1483-1486   1999年

  • Local structure of molten Ag(Cl<sub>1-x</sub>I<sub>x</sub>) mixtures(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   250-252,410-414   1999年

  • 遷移金属カルコゲナイドを担持したゼオライトの磁性(共著)

    超微粒子とクラスター第2回研究会   197   1998年

     詳細を見る

  • Network structure of borate and germanate glasses studied by means of pulsed neutron scattering(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   232-234,574-580   1998年

  • 1p-YY-8 水-プロパノール系におけるクラスター化・相分離現象と水の動的挙動

    三沢 正勝, 吉田 勝美, 宗村 英幸, 丸山 健二, 今井 正幸, 古坂 道弘, 梶谷 剛

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2p-YT-7 液体及びガラス状態におけるV_2O_5の構造

    中嶋 宏幸, 川北 至信, 武田 信一, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30p-YT-13 GeO_2ガラスのネットワーク構造のV_2O_5添加による変化

    山下 修, 丸山 健二, 佐藤 亨, 江端 英和, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26p-Q-11 液体IV_b-Te混合系の構造

    吉岡 伸也, 川北 至信, 金平 誠, 平石 郁雄, 武田 信一, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26p-Q-9 中性子回折による液体Tlカルコゲナイドの構造測定

    丸山 健二, 鈴木 春, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26a-Q-9 溶融銀ハライド混合系の構造

    武田 信一, 川北 至信, 乾 雅祝, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   53 ( 0 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Short range correlation between molecules in the liquid CS<sub>2</sub>(jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   67,2747   1998年

     詳細を見る

  • Magnetic Properties of Transition Metal Clusters in Zeolites

    197   1998年

     詳細を見る

  • 29a-X-2 βピコリン-(重水・水)系のRayleigh-Brillouin散乱と熱力学的性質

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 三沢 正勝, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 7a-R-1 V_2O_5, P_2O_5の液体及びガラス状態における構造

    中嶋 宏幸, 川北 至信, 吉岡 伸也, 武田 信一, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5p-R-13 βピコリン-(重水・水)系のRayleigh-Brillouin散乱と熱力学的性質II

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 三沢 正勝, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 29p-B-8 1-プロバノール-KCI-水系におけるゆらぎ構造と下部臨界2液相分離現象

    三沢 正勝, 丸山 健二, 吉田 勝美

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5p-R-5 溶融銀ハライド混合系の構造と動的性質

    武田 信一, 平松 暁生, 川北 至信, 平石 郁雄, 乾 雅祝, 丸山 健二

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5p-R-1 液体In-Te混合系の構造

    川北 至信, 吉岡 伸也, 松原 良太, 中嶋 宏幸, 丸山 健二, 武田 信一

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5a-R-12 液体Ge-Se混合系の中性子散乱II

    丸山 健二, 川北 至信, 武田 信一, 鈴木 春, 三沢 正勝, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集   52 ( 0 )   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Photoinduced phenomena of chalcogen microclusters confined in the zeolite cages(jointly worked)

    Surf. Rev. Lett.   3,711-715   1996年

     詳細を見る

  • Structure and dynamical properties of molten V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   205-207,151-154   1996年

  • Structural investigation of liquid Ge-chalcogen mixtures(jointly worked)

    J. Non-Cryst. Solids   205-207,106-9   1996年

  • EXAFS measurements on molten AgBr-AgI mixtures(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   205-207,155-158   1996年

  • Electron-ion correlation in liquid metals(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   205-207,365-369   1996年

  • photo-induced phenomena of AsS and As<sub>2</sub>S<sub>3</sub> microclusters encapslated in zaelite(jointly worked)

    Trans. Materials Res. Soc. Jpn.   20,466-469   1996年

     詳細を見る

  • グリセリン-グアヤコール混合系の臨界現象

    丸山 健二, 川瀬 俊為, 三沢 正勝, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996 ( 0 )   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2p-Q-1 水-エタノル系のRayleigh-Brillouin散乱と熱力学的性質(金属)

    川瀬 俊為, 丸山 健一, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 年会   51 ( 0 )   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • M_2O-2B_2O_3(M=Li, Na, Li+Na)ガラスのネットワーク構造

    佐藤 亨, 江端 英和, 吉田 勝美, 徳田 潤, 丸山 健二, 家富 洋, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996 ( 0 )   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 分子性液体のリバースモンテカルロ法による構造解析

    徳田 潤, 江端 英和, 吉田 勝美, 佐藤 亨, 丸山 健二, 三沢 正勝

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996 ( 0 )   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 水-重水系のRayleigh-Brillouin散乱と熱力学的性質

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 三沢 正勝, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996 ( 0 )   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • XAFS measurements on molten silver halides(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   192-193,351-354   1995年

  • Thermodynamic Aspects of the Rayleigh and Brillouin Scattering from a Binary Liquid Mixture: The Hexane-Methanol System(jointly worked)

    The Journal of Physical Chemistry   99,10644-10647   1995年

     詳細を見る

  • Neutron scattering studies on liquid Ge-Se mixtures(jointly worked)

    Physica B   213-214,,558-560   1995年

  • Structural study of liquid V<sub>2</sub>O<sub>5</sub>(jointly worked)

    Physica B   213-214,499-501   1995年

  • SANS measurements of liquid and amorphous selenium(jointly worked)

    Physica B   213 ( 214 )   ,552-554   1995年

  • 28p-F-1 閉環二相分離系のRayleigh-Brillouin 散乱

    川瀬 俊為, 丸山 健一, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28p-F-9 液体Ge-Se混合系の中性子散乱

    丸山 健二, 乾 雅祝, 武田 信一, 田巻 繁, 川北 至信

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28p-F-10 溶融ハロゲン化銀のXAFS III

    乾 雅祝, 丸山 健二, 白川 善幸, 武田 信一, 古石 貴裕, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 閉環二相分離系のRayleigh-Brillouin散乱II

    川瀬 俊為, 丸山 健一, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1995 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 液体Ge-カルコゲン混合系の構造

    丸山 健二, 三沢 正勝, 川北 至信, 乾 雅祝, 武田 信一, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1995 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28p-F-2 液体におけるRayleigh-Brillouin散乱と熱力学的性質

    丸山 健二, 川瀬 俊為, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 0 )   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Rayleigh-Brillouin散乱による2元系液体の動的構造因子--2相-1相臨界点近傍での挙動 (構造不規則系におけるダイナミックス)

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 田巻 繁

    物性研究   62 ( 2 )   p371 - 373   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:物性研究刊行会  

    この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

    CiNii Article

    researchmap

  • The critical exponent of binary liquid mixtures by Rayleigh and Brillouin scattering measurements : The hexane-methanol system(jointly worked)

    Journal of Physics: Condensed Matter   6 ( 47 )   10237 - 10246   1994年

  • Phase diagram and Rayleigh-Brillouin scattering in binary solution of organic compounds(jointly worked)

    Physics and Chemistry of Liquid   27,49-63   1994年

  • 3p-YC-12 混合液体からのRayleigh-Brilluoin散乱の熱力学的考察

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3p-YC-11 液体V_2O_5の構造

    武田 信一, 乾 雅祝, 川北 至信, 丸山 健二, 田巻 繁, 杉山 和正, 早稲田 嘉夫

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 0 )   201 - 201   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyoj.1994.3.0_201_1

    CiNii Article

    researchmap

  • 3p-YC-10 溶融ハロゲン化銀のXAFS II

    乾 雅祝, 丸山 健二, 白川 善幸, 武田 信一, 古石 貴裕, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 31p-YG-7 液体Caにおける電子-イオン相関

    武田 信一, 乾 雅祝, 丸山 健二, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫

    日本物理学会講演概要集. 年会   49 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30p-YG-13 二相分離を示す混合液体のRayleigh-Brillouin散乱 II

    丸山 健二, 川瀬 俊為, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 年会   49 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30p-YG-12 二相分離を示す混合液体のRayleigh-Brillouin散乱 I

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 年会   49 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30p-YG-11 溶融ハロゲン化銀のEXAFS測定

    乾 雅祝, 丸山 健二, 白川 善幸, 武田 信一, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   49 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3p-YC-13 2相分離を示す混合液体のRayleigh-Brillouin散乱III

    丸山 健二, 川瀬 俊為, 田巻 繁, 岡崎 秀雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 0 )   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Electron Charge Distribution in Amorphous Se(jointly worked)

    Masanori Inui, Kenji Maruyama, Shin&quot, ichi Takeda, Shigeru Tamaki, Yoshio Waseda

    Journal of the Physical Society of Japan   63 ( 4 )   1378 - 1385   1994年

  • Electron-Ion Correlations in Liquid Magnesium(jointly worked)

    Journal of Physical Society of Japan   63 ( 5 )   1794 - 1802   1994年

     詳細を見る

  • Rayleigh and Brillouin Scattering for Binary Systems of Several Organic Liquids(jointly worked)

    Journal of Physics: Condensed Matter   6,339-350   1994年

  • Electron Charge Distribution in Liquid Te (jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   62,4277-4286   1993年

     詳細を見る

  • Photoacoustic Spectroscopy Studies on the FCC Crystal of C<sub>60</sub> (jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   62,2889-2893   1993年

     詳細を見る

  • Electron and Ionic Conductions in Liquid Tl-Chalcogen Systems (jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   156-158,752-755   1993年

     詳細を見る

  • 13p-A-3 アモルファスセレンの粒子線回折

    乾 雅祝, 武田 信一, 丸山 健二, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13p-A-2 液体硫黄の粒子線回折

    丸山 健二, 乾 雅祝, 武田 信一, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30a-X-3 結晶カルコゲンの粒子線回折

    丸山 健二, 乾 雅祝, 武田 信一, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   48 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30a-X-2 液体Teの電子-イオン相関II

    武田 信一, 乾 雅祝, 丸山 健二, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫

    日本物理学会講演概要集. 年会   48 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 30a-X-1 液体Seの粒子線回折II

    乾 雅祝, 武田 信一, 丸山 健二, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   48 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 29p-X-11 液体Tl-カルコゲン合金の電子及びイオン伝導II

    臼杵 毅, 丸山 健二, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 年会   48 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13p-A-4 液体Mgにおける電子-イオン相関

    乾 雅祝, 武田 信一, 丸山 健二, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫, 杉山 和正

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993 ( 0 )   255 - 255   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyoj.1993.3.0_255_2

    CiNii Article

    researchmap

  • 12p-A-6 二次元液体のRayleigh-Brillouin散乱

    川瀬 俊為, 丸山 健二, 岡崎 秀雄, 田巻 繁

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993 ( 0 )   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Reverse Monte Carlo Simulations in Liquid Chalcogens (jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   62,4287-4294   1993年

     詳細を見る

  • EXAFS Study of Chalcogen Microclusters (jointly worked)

    Japanese Journal of Applied Physics Sapplement   32-2,773-775   1993年

     詳細を見る

  • Structural and Magnetic Studies on Binary Mixtures of Molten Noble Metal Halide(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   156-158,767-700   1993年

     詳細を見る

  • Electron-ion correlation in liquid tellurium(jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   156-158,683-686   1993年

     詳細を見る

  • Structures of Molten Tl- and Bi-Chalcogen Systems (jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   156-158,716-719   1993年

     詳細を見る

  • ゼオライト微空間中における配向相関(共著)

    ニューセラミックス   5 ( 10 )   327 - 333   1992年

     詳細を見る

  • Photo darkening and photobleaching of CdS microclusters (jointly worked)

    Journal of Physics: Condensed Matter   4, 5653-5664   1992年

  • Eight-Membered Chalcogen Rings in Micro Pores of Zeolites

    New Ceramics   5 ( 10 )   41 - 44   1992年

     詳細を見る

  • 25p-T-9 液体Seの粒子線回折

    乾 雅祝, 武田 信一, 丸山 健二, 田巻 繁

    秋の分科会予稿集   1992 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28p-ZP-13 液体 Ga, Zn の電子-イオン相関

    武田 信一, 乾 雅祝, 田巻 繁, 丸山 健二, 早稲田 嘉夫

    年会講演予稿集   47 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 28p-M-9 C_<60>の光音響スペクトル

    丸山 健二, 都築 拓也, 遠藤 裕久, 石黒 武彦, 菊池 耕一, 阿知波 洋次, 池本 勲

    年会講演予稿集   47 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 26a-T-10 液体金属のReverse Monte Carlo シミュレーション

    丸山 健二, 田巻 繁, 武田 信一, 乾 雅祝

    秋の分科会予稿集   1992 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25p-T-11 液体Tl-カルコゲン合金の電子及びイオン伝導

    臼杵 毅, 丸山 健二, 田巻 繁

    秋の分科会予稿集   1992 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 25p-T-10 液体Teの電子-イオン相関

    乾 雅祝, 武田 信一, 丸山 健二, 田巻 繁, 早稲田 嘉夫

    秋の分科会予稿集   1992 ( 0 )   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Spatial Correlations and Defects in Isolated Selenium-Sulfur Mixed Chain (jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   60, 2229-2240   1991年

     詳細を見る

  • Intra- and Intermolecular Correlations in Liquid Selenium-Halogen Systems (jointly worked)

    Journal of the Physical Society of Japan   60, 3032-3044   1991年

     詳細を見る

  • Chemical Short Range Order of Liquid Selenium Mixture Containing Halogen (jointly worked)

    Photon Factory Activity Report   8   1991年

     詳細を見る

  • EXAFS Measurements of Liquid Se-Te Mixtures (jointly worked)

    Journal of Physics: Condensed Matter   3, 7495-7510   1991年

  • 24a-PS-47 ゼオライト空洞中に閉じ込めたCdS・ZnSマイクロクラスターの光黒化現象

    Moyo Thomas, 丸山 健二, 遠藤 裕久

    春の分科会講演予稿集   1991 ( 0 )   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24a-PS-46 ゼオライト空洞中の孤立カルコゲン環のEXAFS

    丸山 健二, 川北 至信, 都築 拓也, 大政 義典, 八尾 誠, 遠藤 裕久, 乾 雅祝, 星野 英興

    春の分科会講演予稿集   1991 ( 0 )   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 24p-A-9 ハロゲンを含む液体セレンの構造

    川北 至信, 丸山 健二, 八尾 誠, 遠藤 裕久

    春の分科会講演予稿集   1991 ( 0 )   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • アルカリ-カルコゲン系ガラスの物性I

    星野 英興, 遠藤 裕久, 丸山 健二

    秋の分科会予稿集   1990 ( 0 )   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Microclusters Confined in Zeolite Cage (jointly worked)

    Journal of Non-Crystalline Solids   117-118, 485-488   1990年

     詳細を見る

  • Chemical Short Range Order in Liquid Rb-Se Alloys (jointly worked)

    Photon Factory Activity Report   7   1990年

     詳細を見る

  • 2p-Y-7 液体SeCl、SeBr、Selの中性子線回折

    丸山 健二, 川北 至信, 八尾 誠, 遠藤 裕久, 三沢 正勝

    秋の分科会予稿集   1990 ( 0 )   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ハロゲンを含む液体セレン混合系のEXAFS

    川北 至信, 丸山 健二, 八尾 誠, 都築 拓也, 遠藤 裕久, 乾 雅祝, 田村 剛三郎, 細川 伸也, 星野 英興

    秋の分科会予稿集   1990 ( 0 )   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4a-N-9 ゼオライト空洞中の金属クラスター

    丸山 健二, 片山 芳則, 遠藤 裕久

    秋の分科会予稿集   1989 ( 0 )   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5a-E4-9 液体セレン-テルル混合系のEXAFS(II)

    乾 雅祝, 田村 剛三郎, 八尾 誠, 遠藤 裕久, 星野 英興, 細川 伸也, 片山 芳則, 丸山 健二

    秋の分科会予稿集   1988 ( 0 )   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • MÖssbauer Studies on the Tellurium-Selenium Mixed Chain (jointly worked)

    Journal of Physical Society of Japan   57, 3587-3593   1988年

     詳細を見る

  • Structure of One Dimensional Chains in the Channels of Mordenite (jointly worked)

    KENS report   7   1988年

     詳細を見る

  • Structure of Isolated Selenium Chain in the Channels of Mordenite (jointly worked)

    Zeitschrift für Physikalische chemie Neue Folge   156, 507-511   1988年

     詳細を見る

  • 28a-F-1 ゼオライト空洞中に閉じ込めた金属の構造と電子状態 I

    八尾 誠, 丸山 健二, 片山 芳則, 遠藤 裕久

    秋の分科会予稿集   1986 ( 0 )   1986年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 三〇〇万人の大学-18-神戸商船大学--ロマンなき時代への反逆児

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   21 ( 28 )   p44 - 50   1979年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 飛べなくなった円盤が見たい (UFO・宇宙ミステリ-への接近) -- (私のUFO観)

    丸山 健二

    潮   ( 229 )   p122 - 125   1978年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:潮出版社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 核心に迫ろうとする熱い視線--沢木耕太郎著「人の砂漠」

    丸山 健二

    潮   ( 227 )   p266 - 268   1978年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:潮出版社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-21完-カメラマンの証言

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 13 )   p52 - 57   1978年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-20-死の予感

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 12 )   p52 - 53   1978年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-19-ちょっとした犯罪

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 11 )   p56 - 62   1978年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-18-信州クルマ考

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 10 )   p52 - 58   1978年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-17-未熟成人

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 9 )   p52 - 57   1978年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-16-どぎまぎ・ドギマギ

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 8 )   p56 - 58   1978年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-15-嗚呼,カネが降る

    丸山 健二

    朝日ジャーナル   20 ( 7 )   p52 - 58   1978年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-14-青木湖畔の住人たち

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 6 )   p52 - 58   1978年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-13-アウト・ドア・マン

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 5 )   p52 - 58   1978年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-12-安曇結婚競争曲

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 4 )   p56 - 62   1978年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-11-木崎湖の主

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 3 )   p52 - 58   1978年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-10-ル-ツ・松田家

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 2 )   p52 - 58   1978年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-9-山で死ねば

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   20 ( 1 )   p60 - 66   1978年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-8-真夜中の宇宙人

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 52 )   p52 - 58   1977年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-7-祭りの周辺

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 51 )   p52 - 58   1977年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-6-安曇野美人

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 50 )   p53 - 59   1977年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-5-わが心の大町

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 48 )   p52 - 58   1977年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-4-ダムだらけの風景

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 47 )   p52 - 58   1977年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-3-山の彼方の八坂村

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 46 )   p52 - 58   1977年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-2-イヌワシに挑んで

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 45 )   p52 - 58   1977年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私だけの安曇野-1-花火人間

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 44 )   p68 - 74   1977年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 「ふるさと」はいまどこにある (私にとっての「ふるさと」--読者の応募原稿)

    永 六輔, 富岡 多恵子, 丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   19 ( 33 )   p102 - 107   1977年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 私にとっての「旅」をめぐって--指標を失った時代の旅 (私にとっての「旅」(読者の作品))

    安岡 章太郎, 色川 大吉, 丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   17 ( 30 )   p94 - 101   1975年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • タイヤの下敷きになった赤トンボ (都市と地方の相克-続-(特集))

    丸山 健二

    朝日ジャ-ナル   15 ( 3 )   31 - 37   1973年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:朝日新聞社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 小説家になって(わが体験)

    丸山 健二

    潮   ( 140 )   79 - 82   1971年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:潮出版社  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

  • 複雑イオン性液体の構造とダイナミックスおよび. 輸送現象に関する研究

    1999年
    -
    2000年

     詳細を見る

  • Study on the Statical and dynamical Structure of the complex ionic liquid.

    1999年
    -
    2000年

     詳細を見る

  • 高温液体の中性子回折による構造解析

    1991年

     詳細を見る

  • Structural analysis of high temperature liquids by using neutron scattering measurements

    1991年

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • Structure of Liquid Chalcogenides

    1991年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 液体カルコゲン化物の構造

    1991年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Structure and Electronic Properties of Chalcogen Clusters

    1986年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • カルコゲンクラスタ-の物性

    1986年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 化学英語

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学入門

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リフレクションデザインIII

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究 a

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究 b

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 安全教育

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 量子化学Ⅱ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 領域概説 B (理学)

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リフレクションデザインII

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学統計力学Ⅱ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • コミュニケーション演習

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 科学技術英語

    2016年
    機関名:新潟大学

  • Basic Chemistry Ⅱ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 化学コロキュウム

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 量子化学II

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学統計力学II

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学基礎A

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 物理化学演習

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(化学科)

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅲ(化学)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究ⅡB(化学)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学演習Ⅲ(化学)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究ⅡA(化学)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学演習Ⅰ(化学)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅰ(化学)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学演習Ⅱ(化学)

    2012年
    機関名:新潟大学

  • Basic Chemistry I

    2012年
    機関名:新潟大学

  • リサーチキャンプ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅱ(化学)

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 基礎化学Ⅱ

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 化学基礎B

    2009年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 固体化学

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 基礎化学

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 凝縮相物性論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 凝縮相構造特論

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 化学実験

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 凝縮系化学

    2007年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 凝縮系化学演習

    2007年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 物性化学

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 化学実験II

    1993年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示