2021/09/24 更新

写真a

ウラベ アツシ
卜部 厚志
URABE Atsushi
所属
災害・復興科学研究所 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1994年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 災害科学

  • 地質学

研究分野

  • 自然科学一般 / 地球人間圏科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害復興科学センター   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害復興科学センター 防災部門   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   積雪地域災害研究センター   助教授

    1998年6月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 工業技術院地質調査所科学技術特別研究員   研究員

    1994年10月 - 1995年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   教授

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   防災部門   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   災害復興科学センター   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

  • 新潟大学   防災部門   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   助教授

    1998年6月 - 2006年3月

▶ 全件表示

 

論文

  • 噴砂の磁化による古地震の年代推定-御館山館跡と四方背戸割遺跡において 査読

    酒井英男, 泉吉紀, 名古屋岳秀, 野垣好史, 卜部厚志

    情報考古学   24   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2016年熊本地震で甚大な被害を受けた益城町市街地の地下を構成する火山性堆積物の層序と分布形態 査読

    中澤 努, 坂田 健太郎, 佐藤 善輝, 星住 英夫, 卜部 厚志, 吉見 雅行

    地質学雑誌   124   347 - 359   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    researchmap

  • 特別天然記念物である古代の魚津埋没林の探査と掘削による新たな発見 査読

    酒井英男, 泉吉紀, 卜部厚志, 石須秀知, 打越山詩子, 麻柄一志

    情報考古学   23   32 - 38   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simple assessment of shallow velocity structures with small-scale microtremor arrays: interval-averaged S-wave velocities 査読

    Ikuo Cho, Atsushi Urabe, Tsutomu Nakazawa, Yoshiki Sato, Kentaro Sakata

    Exploration Geophysics   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/EG18020

    researchmap

  • 2011年東北地方太平洋沖地震による液状化層のボーリングおよびトレンチ調査の結果 査読

    小松原琢, 水野清秀, 齋藤 勝, 細矢卓志, 卜部厚志, 宮地良典, 風岡 修

    地学雑誌   127   361 - 389   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:東京地学協会  

    researchmap

  • Results of All-core Drilling and Trenching Surveys of Liquefied Sediments Associated with the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake 査読

    Komatsubara Taku, Mizuno Kiyohide, Saito Masaru, Hosoya Takashi, Urabe Atsushi, Miyachi Yoshinori, Kazaoka Osamu

    JOURNAL OF GEOGRAPHY-CHIGAKU ZASSHI   127 ( 3 )   361 - 389   2018年

  • Reconstruction of tsunami history based on event deposits in the Niigata area, eastern coast of the Sea of Japan 査読

    Atsushi Urabe

    QUATERNARY INTERNATIONAL   456   53 - 68   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Although extensive research on tsunami deposits has been conducted on the Pacific coast of Japan, such deposits on the Sea of Japan coast have received little attention. Consequently, little is known about tsunamis along this coastline, especially for events that occurred before the 19th century. The aim of the present study is to enhance this record based on tsunami deposits in Lake Kamo and Iwafune Lagoon in the Niigata area.
    Based on analysis of six borehole cores, twenty-four likely tsunami deposits that formed during the last approximately 9000 years were identified in Lake Kamo, and nine likely tsunami deposits that from between approximately 9000 and 2200 cal BP were identified in Iwafune Lagoon.
    The likely tsunami deposits of Lake Kamo and Iwafune Lagoon have revealed the first detailed tsunami history for the last approximately 9000 years in the northern Sea of Japan. (C) 2017 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.quaint.2017.05.045

    Web of Science

    researchmap

  • Photogrammetry-based texture analysis of a volcaniclastic outcrop-peel: Low-cost alternative to TLS and automation potentialities using Haar Wavelet and Spatial- Analysis Algorithms 査読

    Gomez, C, Kataoka, K.S, Saputra, A. Wassmer, P, Urabe, A, Morgenroth, J, Kato, A

    Forum Geografi (Indonesian Journal of Spatial and Regional Analysis)   31   16 - 27   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.23917/forgeo.v31i1.3977

    researchmap

  • 鬼怒川中流域,茨城県常総市上三坂地区における平成27年9月関東・東北豪雨の破堤堆積物 査読

    佐藤善輝, 宮地良典, 卜部厚志, 小松原純子, 納谷友規

    第四紀研究   56   37 - 50   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.56.37

    researchmap

  • 2011年東北地方太平洋沖地震による潮来市日の出地区の液状化被害と液状化層の粒度組成 査読

    卜部厚志, 山本泰士

    地学雑誌   126   731 - 748   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5026/jgeography.126.731

    researchmap

  • 日本海東縁の津波とイベント堆積物 招待 査読

    川上源太郎, 加瀬善洋, 卜部厚志, 髙清水康博, 仁科健二

    地質学雑誌   123   857 - 877   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0054

    researchmap

  • 富山湾沿岸地域における潟湖の成立年代-貝塚および低湿地遺跡の成立に関して- 査読

    卜部厚志, 酒井英男, 麻柄一志

    大境   36   32 - 41   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Millennial-scale reworking of tephra in alluvial to shallow marine settings: Distinguishing pseudo-isochrons from genuine ones 査読

    Kyoko S. Kataoka, Atsushi Urabe, Yoshitaka Nagahashi

    QUATERNARY INTERNATIONAL   397   173 - 193   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Primary tephra layers can provide isochrons in a stratigraphic sequence. Such isochrons are powerful tools in terms of correlation and chronology of strata, and they constrain a chronological framework for geology, geomorphology, archaeology and palaeo-environmental studies in the Neogene to Quaternary. However, reworking processes can re-distribute tephra materials in both time and space, so that a given tephra can form a new discrete layer later in the depositional sequence, or it can be distributed in low concentrations (no visible layers, i.e., crypto-tephras) over a range of different stratigraphic horizons. The present study, based on sedimentological, petrographical, and geochemical analyses of reworked tephras in Japan, evaluates the duration and persistence of reworking and the tephra mobilisation and delivery to watersheds. Furthermore, it discusses how a unique isochron can be constructed from tephra distribution in a sedimentary sequence. Examples presented here are from fluvial and deltaic sequences in the Japanese Quaternary, which contain several visible tephra layers and a certain amount of tephra materials from multiple sources at different stratigraphical horizons. In the Niigata Plain, 5.4 ka Numazawako tephra material continued to be reworked for more than 4000 years after the eruption of Numazawa volcano, and was re-deposited as reworked pumice grains consisting of a "visible" tephra layer in delta front deposits. Mixed tephra materials originating from an earlier eruption of Numazawa volcano and eruptions from other calderas were also identified. In the Tsugaru Plain, post-2.5 ka subsurface deposits have > 10% glass shards content throughout the sequence. Glass shards were derived from several different tephra materials, such as those from the most recent eruption of Towada volcano (AD 915), and earlier caldera forming eruptions (30 ka, 15 ka). Some of the glass shards probably originated from erosion of exposed Pliocene pyroclastic bedrock. Thus, tephra reworking processes in alluvial to shallow marine settings can continue long after an eruption has ended, and can persist even during inter-eruptive (i.e., background sedimentation) periods. As tephra reworking involves complicated processes, careful observation and interpretations are necessary to evaluate whether tephra materials can truly provide an isochron for the strata in which they are found to exist. (C) 2015 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.03.022

    Web of Science

    researchmap

  • 北海道南西部奥尻島で発見された津波堆積物 査読

    加瀬善洋, 仁科健二, 川上源太郎, 林 圭一, 髙清水康博, 廣瀬 亘, 嵯峨山 積, 高橋 良, 渡邊達也, 輿水健一, 田近 淳, 大津 直, 卜部厚志, 岡崎紀俊, 深見浩司, 石丸 聡

    地質学雑誌   122   587 - 602   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2016.0042

    researchmap

  • 南関東各遺跡の富士-河村城スコリア(Fj-Kw)対比候補--Fj-Kw:1590年直後に富士山から噴出した新発見テフラ-- 査読

    上本進二, 上杉 陽, 卜部厚志

    関東の四紀   35   37 - 55   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:関東第四紀研究会  

    researchmap

  • 新潟地域における小・中学生にむけた防災教育の取り組み 査読

    卜部厚志

    第四紀研究   55   169 - 174   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.55.169

    researchmap

  • 磁気ファブリックと粒度特性を用いた名取川河口左岸域における2011年東北地方太平洋沖地震津波の挙動 査読

    澁谷剛丈, 髙清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    堆積学研究   73   3 - 17   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本堆積学会  

    DOI: 10.4096/jssj.73.3

    researchmap

  • Evidential Support Logicを用いた調査・解析結果の不確実性評価-隆起速度の産出に関する調査・解析の事例- 査読

    中安昭夫, 道家涼介, 新里忠史, 卜部厚志, 小野映介

    情報地質   25 ( 4 )   189 - 203   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6010/geoinformatics.25.4_189

    researchmap

  • 新潟県佐渡市加茂湖におけるイベント堆積物 査読

    卜部厚志

    佐渡の自然史   2   67 - 78   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:佐渡市教育委員会  

    researchmap

  • A new Miocene three-spined stickleback (Pisces: Gasterosteidae) from Central Japan 査読

    Mikhail V. Nazarkin, Yoshitaka Yabumoto, Atsushi Urabe

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH   16 ( 4 )   318 - 328   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    Gasterosteus kamoensis sp. nov. is described from the Upper Miocene Minamiimogawa Formation in Kamo City, Niigata, Japan. The new species represents the oceanic complete morph. It is characterized by: short and high ectocoracoid; presence of posttemporal bone; fully developed pelvic girdle with convex anterior margin; wide and not tapering posterior process of pelvic bone; four dorsal spines; comparatively long spines in dorsal, pelvic and anal fins; and large body size, apparently exceeding 130 mm in standard length. Gasterosteus kamoensis sp. nov. is the third nominal fossil species of this genus described from East Asia, along with freshwater G. orientalis Sytchevskaya and the marine G. abnormis Gretchina. Together, these discoveries demonstrate the wide distribution and morphological and ecological diversity of this genus during the Miocene in the northwestern Pacific.

    DOI: 10.2517/1342-8144-16.4.318

    Web of Science

    researchmap

  • 苗場山山頂の湿原堆積物に挟在するテフラ層 査読

    卜部厚志, 片岡香子

    第四紀研究   52 ( 6 )   241 - 254   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本第四紀学会  

    DOI: 10.4116/jaqua.52.241

    researchmap

  • Deposition by the 2011 Tohoku-oki tsunami on coastal lowland controlled by beach ridges near Sendai, Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Atsushi Urabe, Koji Suzuki, Yoshiki Sato

    SEDIMENTARY GEOLOGY   282   124 - 141   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A study of the 2011 Tohoku-oki tsunami deposits on the coastal lowland of the Sendai Plain, Japan was carried out along a shore-perpendicular survey line in the Arahama area. Field descriptions and tsunami water depth measurements were complemented by sedimentary analyses, including grain size, grain fabric and diatom analysis. The tsunami deposits show a generally fining-inland trend along the 3.4 km long transect. The depositional facies, grain size analysis and grain fabric data suggest that most of the tsunami deposits were laid down during the tsunami inflow, except at one site. These tsunami deposits are characterized by parallel-laminated or massive sand and silt with pieces of woods, fragments of glass, rip-up mud clasts and an erosional base. Minor backwash deposits overlying the inflow sand layer were only observed on one beach ridge and attributed to the topographic high. Marine diatom species comprised only approximately 2% of the diatom assemblage in tsunami deposits and their content decreased landward. In this study, diatom assemblages were similar in the rice field soil and tsunami layers, suggesting that the muddy fraction of the deposits mainly consists of sediments derived from the tsunami-eroded rice field soil. As a result of soil erosion, the tsunami had a high suspended sediment load. Furthermore, after the first tsunami inundation, seawater left by the tsunami did not drain completely to the sea because of the high coastal beach ridge and/or coastal subsidence due to the massive earthquake. Therefore, strong tsunami outflows to the sea did not occur and these areas were covered by mud deposited from stagnant water. (c) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2012.07.004

    Web of Science

    researchmap

  • 2011年度(平成23年度)東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物の緊急調査速報:仙台平野を遡上した津波による堆積物の例

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   ( 1 )   79 - 80   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1751年越後高田地震による被害分布と震源域の再検討(共著) 査読

    矢田俊文, 卜部厚志

    資料学研究   ( 8 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 北陸の地体構造と地震・地震災害--これからの地震防災に向けて-- 査読

    竹内 章, 平松良浩, 卜部厚志

    地盤工学会誌   59 ( 2 )   8 - 11   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • 越後平野の沖積層形成における火山性洪水イベントの影響 査読

    卜部厚志, 藤本裕介, 片岡香子

    地質学雑誌   117   483 - 494   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.5575/geosoc.117.483

    researchmap

  • 1828年三条地震における与板町の被害

    矢田俊文, 卜部厚志

    災害と資料   ( 4 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 1828年三条地震による被害分布と震源域の再検討 査読

    矢田俊文, 卜部厚志

    資料学研究   ( 7 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ボーリングコア解析による新潟平野西縁,角田・弥彦断層の完新世における活動度 査読

    中西利典, 宮地良典, 田辺 晋, 卜部厚志, 安井 賢, 若林 徹

    活断層研究   32   9 - 25   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本活断層学会  

    DOI: 10.11462/afr.2010.32_9

    researchmap

  • Impacts of explosive volcanism on distal alluvial sedimentation: Examples from the Pliocene–Holocene volcaniclastic successions of Japan 査読

    Kyoko S, Kataoka, Vern Manville, Takeshi Nakajo, Atsushi Urabe

    Sedimentary Geology   220 ( 3-4 )   306 - 317   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2009.04.016

    Web of Science

    researchmap

  • Breakout flood from an ignimbrite-dammed valley after the 5 ka Numazawako eruption, northeast Japan 査読

    Kataoka, K, Urabe, A, Manville, V, Kajiyama, A

    Geological Society of America, Bulletin   120 ( 9/10 )   1233 - 1247   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1130/B26159.1

    researchmap

  • 越後平野の阿賀野川沿いにおける沖積層の堆積システム 査読

    卜部厚志

    第四紀研究   47 ( 3 )   191 - 201   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.47.191

    researchmap

  • 2007年新潟県中越沖地震による建物被害と地盤災害

    卜部厚志, 高濱信行, 河島克久, 鈴木幸治, 和泉薫, 福留邦洋, 梶壮志, 本田孝子

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 2 )   135 - 163   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 越後平野北部の沿岸湖沼の珪藻化石群集と環境変遷史 査読

    安井 賢, 藤田 剛, 木村 広, 渡辺 勇, 吉田真見子, 卜部厚志

    地球科学   61   49 - 62   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.61.1_49

    researchmap

  • 新潟ガス田の中部更新統完新統の層序特に軽石層の特徴とその給源 査読

    卜部厚志, 安井 賢, 稲葉 充, 片岡香子, 高浜信行, 満田信一

    石油技術協会誌   71   337 - 348   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3720/japt.71.337

    researchmap

  • 堆積相と全有機炭素・窒素・イオウ濃度を用いた堆積環境の復元-新潟平野上部更新統?完新統の例- 査読

    吉田真見子, 保柳康一, 卜部厚志, 山崎 梓, 山岸美由紀, 大村亜希子

    地質学論集   59   93 - 109   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 更新世末期の陥没盆地魚沼丘陵北部・田麦山陥没盆地 査読

    信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ, 古川昭夫, 大塚富男, 高橋 明, 小坂共栄, 渡辺秀男, 安井 賢, 高浜信行, 卜部厚志

    地球科学   60   465 - 479   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.60.6_465

    researchmap

  • 越後平野の沖積層におけるバリアー・ラグーンシステムの発達様式 査読

    卜部厚志, 吉田真見子, 高浜信行

    地質学論集   59   111 - 127   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震の地震動を増幅させた扇状地堆積物:新潟県川口町田麦山盆地の例 査読

    小松原琢, 中沢 努, 宮地良典, 中島 礼, 吉見雅行, 卜部厚志

    地質学雑誌   112   188 - 196   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.112.188

    researchmap

  • 二次堆積した火山砕屑物と地形から読み取れる火山性大規模洪水流と火山土砂災害 招待

    片岡香子, 卜部厚志, 梶山敦司, Manville, V

    月刊地球   28 ( 8 )   507 - 511   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 平成16年7月新潟・福島豪雨による刈谷田川の洪水災害-洪水流の流下様式と地形の関係- 査読

    平松由起子, 安井 賢, 卜部厚志, 本郷美佐緒

    応用地質   46   153 - 161   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5110/jjseg.46.153

    researchmap

  • 山古志地域の地震被害 査読

    卜部厚志, 高浜信行, 本郷美佐緒, 鈴木幸治, 片岡香子, 安井 賢

    地団研専報   54   60 - 67   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 小千谷・川口地域の地震被害 査読

    荒川勝利, 堀川秀夫, 山崎興輔, 吉越正勝, 卜部厚志, 高浜信行, 本郷美佐緒, 片岡香子, 鈴木 幸治, 安井 賢, 川辺孝幸

    地団研専報   54   68 - 77   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県中越地震による地震災害と建物被害 査読

    本郷美佐緒, 卜部厚志, 片岡香子, 鈴木幸治, 高浜信行

    地球科学   59   3 - 4   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.59.1_3

    researchmap

  • Lake-level changes during the past 100,000 years at Lake Baikal, southern Siberia 査読

    A Urabe, M Tateishi, Y Inouchi, H Matsuoka, T Inoue, A Dmytriev, OM Khlystov

    QUATERNARY RESEARCH   62 ( 2 )   214 - 222   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Lake-level changes inferred from seismic surveying and core sampling of the floor of Lake Baikal near the Selenga River delta can be used to constrain regional climatic history and appear to be correlated to global climate changes represented by marine oxygen isotope stages (MIS). The reflection pattern and correlation to the isotope stages indicate that the topset and progradational foreset sediments of the deltas formed during periods of stable lake levels and warm climatic conditions. During warm stages, the lake level was high, and during cold stages it was low. The drop in the lake level due to cooling from MIS 5 through MIS 4 is estimated to be 33-38 m; from MIS 3 through MIS 2, it fell an additional 11-15 m. Because the lake level is chiefly controlled by evaporation and river input, we infer that more water was supplied to Lake Baikal during warm stages. (C) 2004 University of Washington. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.yqres.2004.06.002

    Web of Science

    researchmap

  • Holocene paleoenvironmental changes inferred from the diatom records of the Echigo Plain, central Japan 査読

    H Yabe, S Yasui, A Urabe, N Takahama

    QUATERNARY INTERNATIONAL   115   117 - 130   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The Echigo Plain (=Niigata Plain) located along the Japan Sea (East Sea) is one of the largest coastal plains in the Japanese Islands. The post-Wurm glacial sediments are well developed, reaching a thickness over 140 in in the central part of the Echigo Plain. Diatom floral changes of the Holocene borehole cores from the Tsukigata and Shirone areas of the Echigo Plain in Niigata were examined to infer the paleoenvironmental changes in this part of East Asia. Over 290 diatom taxa were identified in the Tsukigata TG-1 and Shirone S9-4 borehole cores, and were divided into nine and 13 provisional diatom units, respectively. Most of the horizons analyzed were characterized by fresh water species, and their environments were inferred as marshes, bogs and small ponds. The major brackish water horizon dated as 10,000-6800yr BP in the Shirone borehole core was correlated with the Jomon Transgression, which was the Holocene maximum transgression in the Japanese Islands. Several minor sea-level changes in the Echigo Plain were also recognized for the past 6800yr, which were caused not only by global eustatic changes, but also by the relative subsidence of the basin on account of its location in a tectonically active zone. (C) 2003 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1040-6182(03)00101-0

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and characterization of a subsided barrier island in the Holocene alluvial plain, Niigata, central Japan 査読

    A Urabe, N Takahama, H Yabe

    QUATERNARY INTERNATIONAL   115   93 - 104   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The Echigo Plain in the Niigata area of central Japan is a coastal alluvial plain facing the Sea of Japan. The Plain contains several rows of coastal sand dunes. During the Holocene maximum transgression, a barrier island sand body was formed on the plain. However, the distribution of this barrier island is partially intermittent. Based on facies analysis of cores, the barrier island succession was found to be buried by alluvium in the central part of the Echigo Plain. The barrier sand bodies do occur in the central part of the Echigo Plain, but they are deeply subsided and tilted by an active fault in the western margin of the plain. The alluvium in this area records a history of subsidence and changes in the depositional system due to the movements on the active fault. (C) 2003 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1040-6182(03)00099-5

    Web of Science

    researchmap

  • 十日町盆地北西部の河成段丘の編年と隆起運動 査読

    渡辺秀男, 卜部厚志

    地球科学   57   173 - 191   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.57.4_173

    researchmap

  • 越後平野北部の沖積低地における汽水湖沼の成立過程とその変遷 査読

    安井 賢, 鴨井幸彦, 小林巖雄, 卜部厚志, 渡辺秀男, 見方 功

    第四紀研究   Mar-41   185 - 197   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.41.185

    researchmap

  • 信濃川津南地域における第四紀後期の段丘形成と構造運動 査読

    信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ, 荒川勝利, 藤岡比呂志, 古川昭夫, 飯川健勝, 小坂共栄, 大塚富男, 高橋 明, 渡辺秀男, 安井 賢, Choi,J.T, 高浜信行, 卜部厚志, 矢部英生, 藤平秀一郎, 川篤平

    第四紀研究   Mar-41   199 - 212   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.41.199

    researchmap

  • Tephrochronology of Late Pleistocene to Holocene Strath Terraces along the Aburuma River of the Niigata Basin, central Japan 査読

    Choi,J.T, Takahama,N, Urabe,A

    The Quaternary Research   41, No.1   45 - 51   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.41.45

    researchmap

  • Paleomagnetic dates of hominid remains from Yuanmou, China, and other Asian sites 査読

    M Hyodo, H Nakaya, A Urabe, H Saegusa, Xue, SR, JY Yin, XP Ji

    JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION   43 ( 1 )   27 - 41   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Two hominid upper central incisors found in the Yuanmou Basin in southwest China in 1965 have affinities with Homo erectus fossils from Zhoukoudian, but exhibit primitive features. The Yuanmou hominid remains are alleged to be coeval with or older than African specimens dated at about 1-8 m.y.a. Recent age refinements of geomagnetic short reversal events and excursions permit assigning the Yuanmou hominid-bearing bed to the early Brunhes chron (about 0.7 m.y.a.). Magnetochronological assessments confirm that the Lantian calotte which has been dated to about 1.2 m.y.a., is the oldest reliable evidence for the emergence of Homo in eastern Asia as well as China, and that hominid fossils from Sangiran and Mojokerto, Java, do not exceed 1.1 Ma in age. These results refute the view that the genus Homo migrated into eastern Asia in the late Pliocene or the earliest Pleistocene. (C) 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1006/jhev.2002.0555

    Web of Science

    researchmap

  • Lithostratigraphy and depositional history of the Late Cenozoic hominid-bearing successions in the Yuanmou Basin, southwest China 査読

    Atsushi Urabe, Hideo Nakaya, Tetsuji Muto, Shigehiro Katoh, Masayuki Hyodo, Xue Shunrong

    Quaternary Science Reviews   20 ( 15 )   1671 - 1681   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Late Cenozoic strata bearing hominids and hominoids are distributed in the Yuanmou Basin, Yunnan, southwest China. Incisors of Homo erectus discovered in these strata in 1965 reportedly show primitive features known in Africa Hu, Acta geologica sinica 1 (1973, p. 65). However, recent paleomagnetic study has revealed that the age of the hominid correlates to the early Brunhes chron (Hyodo et al., Journal of human evolution (2001), submitted). The lithostratigraphy of the successions that yield many mammalian fossils including those of the hominid, and the record of Equus is re-examined. The successions are divided in ascending order into the Longchuan, Shagou, Gantang (newly proposed Yangliuchun and Daipojing Members) and Yuanmou (newly proposed Dainawu and Niujianbao Members) Formations, based on different lithology and sedimentary facies. The newly proposed depositional systems of the formations are in ascending order, alluvial fan, ephemeral braided river, sandy braided river, ephemeral gravelly braided river and alluvial fan systems. The change in facies and paleocurrents revealed in the successions suggest that the basin was initiated as a syncline basin at ca 3.5 Ma and was completed as an asymmetric half graben by active movement of the eastern marginal fault in the early Middle Pleistocene. © 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0277-3791(01)00023-3

    Scopus

    researchmap

  • Tephrochronology of late Quaternary strath terraces and their implications to neotectonic movements of the Shitada and Tochio regions of the Niigata Basin, central Japan. 査読

    Tad James Choi, Takahama N, Urabe A

    The Quaternary research   39 ( 6 )   521 - 533   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.39.521

    researchmap

  • 鮮新ー更新統に認められる相対的海水準変動とその対比ー大阪・掛川・魚沼・上総層群を例としてー 査読

    ト部厚志

    地球科学   53   247 - 257   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.4_247

    researchmap

  • 平野地下19mに埋没した5000年前の遺跡と火山灰層の発見 査読

    ト部厚志, 高浜信行, 寺崎裕助

    新潟応用地質研究会誌   52   33 - 38   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県における歴史地震の液状化跡-その1- 査読

    高濱信行, ト部厚志, 寺崎裕助, 大塚富男, Budi Brahmantyo, 江口友子, 中山俊道, 荒木繁雄, 川上貞雄, 田村浩司

    新潟大災害研年報   20   81 - 104   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県津南町地域の貝坂段丘堆積物中の広域火山灰 査読

    渡辺秀男, ト部厚志, 荒川勝利

    地球科学   53   420 - 433   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.6_420

    researchmap

  • 佐渡加茂湖周辺の中・後期更新世堆積層 査読

    国中層団体研究グループ

    地球科学   53   340 - 358   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.5_340

    researchmap

  • Guide book for excursion of Boso Peninsula 査読

    Suzuki Y, Mitsunashi T, Kodama K, Shinada Y, Yamauchi S, Urabe A

    International symposium on new concepts in global tectonics   0 - 56   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県内の活断層と液状化跡 査読

    ト部厚志, 高濱信行

    新潟の災害と防災   65 - 73   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 中国西南部雲南省元謀盆地の後期新生代の層序と堆積環境 査読

    ト部厚志

    Northern HemisphereGeo-Bio Traverse   4   45 - 60   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 房総半島南端・更新統豊房層群の層序と堆積シ-クェンス 査読

    ト部厚志

    地球科学   51   83 - 103   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.51.2_83

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 地域地質研究報告 5万分の1地質図幅 新潟及び内野

    鴨井幸彦, 安井 賢, 卜部厚志( 担当: 共著)

    産業技術総合研究所  2016年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:180   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

  • 古代の災害復興と考古学

    卜部厚志( 担当: 編集)

    高志書院  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 地震災害への備えを考える

    卜部厚志( 担当: 分担執筆)

    新潟日報事業社  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 安全・安心の環境づくり

    小宮信夫ほか( 担当: 共著 ,  範囲: 322-333)

    ぎょうせい  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 新潟県中越地震新潟の大地 災害と生活

    高浜信行, ト部厚志( 担当: 共著 ,  範囲: 30)

    新潟日報事業社,新潟  2006年12月  ( ISBN:4861321905

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 味方村史通史編 味方排水機場遺跡調査報告書

    高浜信行, ト部厚志, 寺崎裕助( 担当: 単著 ,  範囲: 10)

    味方村  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 横須賀地域の地質

    江藤哲人, 矢崎清貫, ト部厚志, 磯部一洋( 担当: 単著 ,  範囲: 20)

    地質調査所  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 地形・地質要因による地盤災害の軽減に関する研究

    2009年4月 - 2011年3月

    地方自治体  地域復興支援事業 

    卜部厚志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 沖積平野の形成発達過程を制御する海水準変動以外の要因の抽出とその定量化

    2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 野地遺跡の立地環境に関する地質学的調査

    2005年12月 - 2006年3月

    (財)新潟県埋蔵文化財調査事業団  受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3300000円

    researchmap

  • 大規模なイベント性堆積作用による沖積層の堆積システムの変遷と平野の形成

    2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    researchmap

  • 新潟平野における縄文海進以降の相対的海水準変動と堆積システムの変遷

    2003年4月 - 2005年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学セミナーⅠ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質学入門b

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 論文講読演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 災害・復興科学演習及び実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • フィールドワーカーのためのリスクマネジメント実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • フィールド安全論

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門b

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2012年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅠ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀環境学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用地質学実習

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論Ⅰ

    2011年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅰ

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化財学入門

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論Ⅱ

    2008年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    2008年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学A

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎C

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学実習

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 災害復興科学

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論II

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示