2022/09/28 更新

写真a

ウラベ アツシ
卜部 厚志
URABE Atsushi
所属
災害・復興科学研究所 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1994年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 災害科学

  • 地質学

研究分野

  • 自然科学一般 / 地球人間圏科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害復興科学センター   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害復興科学センター 防災部門   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   積雪地域災害研究センター   助教授

    1998年6月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 工業技術院地質調査所科学技術特別研究員   研究員

    1994年10月 - 1995年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所   教授

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   防災部門   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2011年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   災害復興科学センター   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

  • 新潟大学   防災部門   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   助教授

    1998年6月 - 2006年3月

▶ 全件表示

 

論文

  • Crisis hazard assessment for snow-related lahars from an unforeseen new vent eruption: the 2018 eruption of Kusatsu-Shirane volcano, Japan 査読

    Kyoko S. Kataoka, Kae Tsunematsu, Takane Matsumoto, Atsushi Urabe, Katsuhisa Kawashima

    Earth, Planets and Space   73 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    Two-thirds of the 111 active volcanoes in Japan are covered with snow for several months during winter and demonstrate high hazard and risk potentials associated with snow-related lahars during and after eruptions. On 23 January 2018, a sudden phreatic eruption occurred at the ski field on Kusatsu-Shirane (Mt. Motoshirane) volcano, Japan. This new vent eruption from the snow-clad pyroclastic cone required forecasting of future snow-related lahars and crisis hazards zonation of downslope areas including Kusatsu town, a popular tourist site for skiing and hot springs. In order to achieve a prompt hazard assessment for snow-related lahars, a multidisciplinary approach was carried out involving characterization of proximal tephra deposits, snow surveys, and numerical lahar flow simulations using the Titan2D model. To determine the input parameters for the flow model, the consideration of snow water equivalent (SWE) immediately after the eruption (on 29 January) and in the post-eruptive period (on 12 March), was significant. In the case of Kusatsu-Shirane volcano during the winter of 2018, linear relationships between altitude and SWE, obtained at different elevations, were used to estimate the snow volume around the new vents. Several scenarios incorporating snow and snowmelt (water), with or without the occurrence of a new eruption, were simulated for the prediction of future lahars. Three lahar scenarios were simulated, including A) rain-on-snow triggered, B) ice/snow slurry, and C) full snowmelt triggered by a new eruption, and indicated the flow paths (inundation areas) and travel distances. These were useful for lahar hazard zonation and identification of potential high-risk areas. Since the input parameters required for the Titan2D flow model can be relatively easily determined, the model was suitable for the 2018 eruption at Motoshirane where historical and geological lahar records are not available for calibration. The procedure used in the study will enable rapid lahar prediction and hazard zonation at snow-clad volcanoes. Further consideration for simulating a cohesive-type flow, which was predicted by the primary deposits containing large amounts of clay minerals and could not be expressed in the Titan2D flow model, is necessary.

    DOI: 10.1186/s40623-021-01522-0

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s40623-021-01522-0/fulltext.html

  • 地震による崩壊裸地斜面の降雨・融雪に伴う土砂動態:高頻度UAV-SfM測量による検討 査読

    輿水 健一, 石丸 聡, 川上 源太郎, 中田 康隆, 高見 雅三, 卜部 厚志

    新砂防   74 ( 3 )   26 - 36   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tsunamis caused by offshore active faults and their deposits

    Yasuhiro Takashimizu, Gentaro Kawakami, Atsushi Urabe

    Earth-Science Reviews   211   103380 - 103380   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.earscirev.2020.103380

    researchmap

  • 仙台平野における2011年東北地方太平洋沖地震の津波堆積物および津波前の土壌堆積物中に含まれる珪藻 査読

    佐藤 善輝, 髙清水 康博, 卜部 厚志

    Diatom   36   85 - 91   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11464/diatom.36.85

    researchmap

  • 冬季の地下水利用による六日町盆地の広域地盤沈下の考察 査読

    大塚 悟, 卜部 厚志, 粟田 裕司

    応用地質   61 ( 2 )   38 - 49   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5110/jjseg.61.38

    researchmap

  • 第8部 地震による都市の地盤変動とその対策 8.1 札幌市里塚地区における液状化被害と谷埋め盛土地盤 査読

    卜部 厚志, 廣瀬 亘, 川上 源太郎

    地震による地すべり災害-2018年北海道胆振東部地震   248 - 259   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  • 急崖斜面を対象としたUAV-SfM 測量におけるカメラ撮影方向の検討 査読

    輿水 健一, 川上 源太郎, 石丸 聡, 小安 浩理, 加瀬 善洋, 廣瀬 亘, 高橋 良, 卜部 厚志

    北海道地質研究所報告   91   49 - 53   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 長崎県壱岐市芦辺港における 完新世の古環境と相対的海水準変動 査読

    佐々木聡史, 入月俊明, 卜部厚志, 林 広樹, 瀬戸浩二, 酒井哲弥

    Laguna   27   1 - 18   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 噴砂の磁化による古地震の年代推定-御館山館跡と四方背戸割遺跡において 査読

    酒井英男, 泉吉紀, 名古屋岳秀, 野垣好史, 卜部厚志

    情報考古学   24   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 西南日本の日本海側における堆積物による津波履歴調査

    卜部 厚志

    地震予知連絡会会報   102   420 - 421   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 新潟県津南町笹葉峰の崩壊地とその周辺の地形・地質

    渡辺 秀男, 渡辺 文雄, 卜部 厚志

    苗場山麓ジオパーク研究集録   43 ( 52 )   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 特別天然記念物である古代の魚津埋没林の探査と掘削による新たな発見 査読

    酒井英男, 泉吉紀, 卜部厚志, 石須秀知, 打越山詩子, 麻柄一志

    情報考古学   23   32 - 38   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simple assessment of shallow velocity structures with small-scale microtremor arrays: interval-averaged S-wave velocities 査読

    Ikuo Cho, Atsushi Urabe, Tsutomu Nakazawa, Yoshiki Sato, Kentaro Sakata

    Exploration Geophysics   49 ( 6 )   922 - 927   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/EG18020

    Web of Science

    researchmap

  • 2011年東北地方太平洋沖地震による液状化層のボーリングおよびトレンチ調査の結果 査読

    小松原琢, 水野清秀, 齋藤 勝, 細矢卓志, 卜部厚志, 宮地良典, 風岡 修

    地学雑誌   127   361 - 389   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:東京地学協会  

    researchmap

  • 2016年熊本地震で甚大な被害を受けた益城町市街地の地下を構成する火山性堆積物の層序と分布形態 査読

    中澤 努, 坂田 健太郎, 佐藤 善輝, 星住 英夫, 卜部 厚志, 吉見 雅行

    地質学雑誌   124   347 - 359   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    researchmap

  • Results of All-core Drilling and Trenching Surveys of Liquefied Sediments Associated with the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake 査読

    Komatsubara Taku, Mizuno Kiyohide, Saito Masaru, Hosoya Takashi, Urabe Atsushi, Miyachi Yoshinori, Kazaoka Osamu

    JOURNAL OF GEOGRAPHY-CHIGAKU ZASSHI   127 ( 3 )   361 - 389   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5026/jgeography.127.361

    Web of Science

    researchmap

  • 北海道・奥尻島南部の沖積層におけるイベント堆積物

    卜部 厚志, 加瀬 善洋, 川上 源太郎, 仁科 健二, 小安 浩理

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 ( 0 )   85 - 85   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_85

    CiNii Article

    researchmap

  • 北海道檜山沿岸域における津波波源の活動履歴(予察)

    加瀬 善洋, 卜部 厚志, 川上 源太郎, 仁科 健二, 小安 浩理

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 ( 0 )   84 - 84   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_84

    CiNii Article

    researchmap

  • 日本海沿岸の津波堆積物と数値計算した複数の津波高との比較と対比

    仁科 健二, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 ( 0 )   81 - 81   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_81

    CiNii Article

    researchmap

  • 1741年渡島大島山体崩壊による津波のシミュレーションと歴史記録および津波堆積物に基づく復元

    川上 源太郎, 伊尾木 圭衣, 栁澤 英明, 谷岡 勇市郎, 加瀬 善洋, 仁科 健二, 廣瀬 亘, 小安 浩理, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018   83 - 83   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_83

    CiNii Article

    researchmap

  • Reconstruction of tsunami history based on event deposits in the Niigata area, eastern coast of the Sea of Japan 査読

    Atsushi Urabe

    QUATERNARY INTERNATIONAL   456   53 - 68   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Although extensive research on tsunami deposits has been conducted on the Pacific coast of Japan, such deposits on the Sea of Japan coast have received little attention. Consequently, little is known about tsunamis along this coastline, especially for events that occurred before the 19th century. The aim of the present study is to enhance this record based on tsunami deposits in Lake Kamo and Iwafune Lagoon in the Niigata area.
    Based on analysis of six borehole cores, twenty-four likely tsunami deposits that formed during the last approximately 9000 years were identified in Lake Kamo, and nine likely tsunami deposits that from between approximately 9000 and 2200 cal BP were identified in Iwafune Lagoon.
    The likely tsunami deposits of Lake Kamo and Iwafune Lagoon have revealed the first detailed tsunami history for the last approximately 9000 years in the northern Sea of Japan. (C) 2017 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.quaint.2017.05.045

    Web of Science

    researchmap

  • Photogrammetry-based texture analysis of a volcaniclastic outcrop-peel: Low-cost alternative to TLS and automation potentialities using Haar Wavelet and Spatial- Analysis Algorithms 査読

    Gomez, C, Kataoka, K.S, Saputra, A. Wassmer, P, Urabe, A, Morgenroth, J, Kato, A

    Forum Geografi (Indonesian Journal of Spatial and Regional Analysis)   31   16 - 27   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.23917/forgeo.v31i1.3977

    researchmap

  • 鬼怒川中流域,茨城県常総市上三坂地区における平成27年9月関東・東北豪雨の破堤堆積物 査読

    佐藤善輝, 宮地良典, 卜部厚志, 小松原純子, 納谷友規

    第四紀研究   56 ( 2 )   37 - 50   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本第四紀学会  

    <p>平成27年9月関東・東北豪雨により鬼怒川中流域の常総市上三坂地区で生じた人工堤防の決壊による堆積物について,トレンチ掘削や粒度分析を行い,その堆積学的特徴を明らかにした.破堤堆積物は全体的に細粒砂〜中粒砂を主体とし,下位から順に,上方粗粒化を示す細粒砂層(ユニットA),上方細粒化を示す細粒砂〜中粒砂層(ユニットB),低角斜交層理や平行葉理の発達する細粒〜中粒砂層(ユニットC)に細分される.各堆積ユニットは,鬼怒川の越水,破堤,さらに河川水が氾濫原に流入した後,氾濫が収束するという一連の堆積プロセスを反映していると推定される.ユニットAは越水による氾濫堆積の特徴としてよく知られているものである.今回の破堤堆積物では,その上に上方細粒化するユニットBが重なることが特徴である.</p>

    DOI: 10.4116/jaqua.56.37

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2011年東北地方太平洋沖地震による潮来市日の出地区の液状化被害と液状化層の粒度組成 査読

    卜部厚志, 山本泰士

    地学雑誌   126   731 - 748   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5026/jgeography.126.731

    researchmap

  • 日本海東縁の津波とイベント堆積物 招待 査読

    川上源太郎, 加瀬善洋, 卜部厚志, 髙清水康博, 仁科健二

    地質学雑誌   123 ( 10 )   857 - 877   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    <p>日本海東縁の沿岸域では,津波起源とされるイベント堆積物の報告が急増している.その時間-空間分布を整理し,地域間の対比と推定される波源を提示した.19~18世紀にはいくつかの歴史津波が知られ,地点数は多くないが対応するイベント堆積物が報告されている.18世紀以前は歴史記録に乏しいが,イベント堆積物から14~9世紀の間に次の4つの津波イベントの存在が示唆される-14世紀:青森~山形北部,12世紀:北海道南西部,11世紀(西暦1092年?):佐渡/新潟~山形南部,9世紀(西暦850年?):(佐渡~)山形~青森-.これらのイベントは日本海盆の地震性タービダイトにも記録されている.より古いイベント堆積物は,奥尻島や佐渡島などの離島で認められている.現時点では堆積物の起源の認定や正確な年代決定などに多くの問題が残っており,この総説が今後の問題点の解決と日本海東縁の古津波像解明の一助となることを期待する.</p>

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0054

    CiNii Article

    researchmap

  • 富山湾沿岸地域における潟湖の成立年代-貝塚および低湿地遺跡の成立に関して- 査読

    卜部厚志, 酒井英男, 麻柄一志

    大境   36   32 - 41   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Millennial-scale reworking of tephra in alluvial to shallow marine settings: Distinguishing pseudo-isochrons from genuine ones 査読

    Kyoko S. Kataoka, Atsushi Urabe, Yoshitaka Nagahashi

    QUATERNARY INTERNATIONAL   397   173 - 193   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Primary tephra layers can provide isochrons in a stratigraphic sequence. Such isochrons are powerful tools in terms of correlation and chronology of strata, and they constrain a chronological framework for geology, geomorphology, archaeology and palaeo-environmental studies in the Neogene to Quaternary. However, reworking processes can re-distribute tephra materials in both time and space, so that a given tephra can form a new discrete layer later in the depositional sequence, or it can be distributed in low concentrations (no visible layers, i.e., crypto-tephras) over a range of different stratigraphic horizons. The present study, based on sedimentological, petrographical, and geochemical analyses of reworked tephras in Japan, evaluates the duration and persistence of reworking and the tephra mobilisation and delivery to watersheds. Furthermore, it discusses how a unique isochron can be constructed from tephra distribution in a sedimentary sequence. Examples presented here are from fluvial and deltaic sequences in the Japanese Quaternary, which contain several visible tephra layers and a certain amount of tephra materials from multiple sources at different stratigraphical horizons. In the Niigata Plain, 5.4 ka Numazawako tephra material continued to be reworked for more than 4000 years after the eruption of Numazawa volcano, and was re-deposited as reworked pumice grains consisting of a "visible" tephra layer in delta front deposits. Mixed tephra materials originating from an earlier eruption of Numazawa volcano and eruptions from other calderas were also identified. In the Tsugaru Plain, post-2.5 ka subsurface deposits have &gt; 10% glass shards content throughout the sequence. Glass shards were derived from several different tephra materials, such as those from the most recent eruption of Towada volcano (AD 915), and earlier caldera forming eruptions (30 ka, 15 ka). Some of the glass shards probably originated from erosion of exposed Pliocene pyroclastic bedrock. Thus, tephra reworking processes in alluvial to shallow marine settings can continue long after an eruption has ended, and can persist even during inter-eruptive (i.e., background sedimentation) periods. As tephra reworking involves complicated processes, careful observation and interpretations are necessary to evaluate whether tephra materials can truly provide an isochron for the strata in which they are found to exist. (C) 2015 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.03.022

    Web of Science

    researchmap

  • 北海道南西部奥尻島で発見された津波堆積物 査読

    加瀬善洋, 仁科健二, 川上源太郎, 林 圭一, 髙清水康博, 廣瀬 亘, 嵯峨山 積, 高橋 良, 渡邊達也, 輿水健一, 田近 淳, 大津 直, 卜部厚志, 岡崎紀俊, 深見浩司, 石丸 聡

    地質学雑誌   122 ( 11 )   587 - 602   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    <p>北海道南西部奥尻島南端の低地における掘削調査から,泥炭層中に5枚のイベント堆積物を見出した.イベント堆積物の特徴は次の通りである; (1)陸方向および川から離れる方向へ薄層化・細粒化する,(2)級化層理を示す,(3)粒度組成の特徴は河床砂とは異なり,海浜砂に類似する,(4)粒子ファブリックおよび堆積構造から推定される古流向は概ね陸方向を示す,(5)渦鞭毛藻シストおよび底生有孔虫の有機質内膜が産出する,(6)海側前面に標高の高い沿岸砂丘が発達する閉塞した地形において,現海岸線から内陸へ最大450mほど離れた場所まで分布する.以上の地質・地形学的特徴に加え,過去に高潮が調査地域に浸水した記録は認められないことから,イベント堆積物は津波起源である可能性が極めて高い.<sup>14</sup>C年代測定結果と合わせて考えると,過去3000-4000年の間に1741年および1993年を含めて少なくとも6回の津波が発生しているものと考えられる.</p>

    DOI: 10.5575/geosoc.2016.0042

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 南関東各遺跡の富士-河村城スコリア(Fj-Kw)対比候補--Fj-Kw:1590年直後に富士山から噴出した新発見テフラ-- 査読

    上本進二, 上杉 陽, 卜部厚志

    関東の四紀   35   37 - 55   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:関東第四紀研究会  

    researchmap

  • 新潟地域における小・中学生にむけた防災教育の取り組み 査読

    卜部厚志

    第四紀研究   55   169 - 174   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.55.169

    researchmap

  • (講演取消)日本海東縁変動帯に位置する飛島の完新世段丘中に挟在する古津波堆積物

    高清水 康博, 小野 勝則, 卜部 厚志, 仁科 健二, 川上 源太郎, 平川 一臣

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )   351 - 351   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    本講演は発表キャンセルとなりました.キャンセルされた講演要旨は引用できません.ご注意ください.

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_351

    CiNii Article

    researchmap

  • 津波堆積物の堆積過程における有機質微化石の比重分別

    林 圭一, 加瀬 善洋, 卜部 厚志, 髙清水 康博, 川上 源太郎, 仁科 健二

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )   37 - 37   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_037

    CiNii Article

    researchmap

  • 静穏な海岸背後にあるストーム性段丘(storm swash terrace)上の礫の分布 ―ストームと津波による分布特性の相違-

    仁科 健二, 川上 源太郎, 加瀬 善洋, 廣瀬 亘, 卜部 厚志, 高清水 康博, 平川 一臣

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )   36 - 36   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_036

    CiNii Article

    researchmap

  • 無機化学分析による津波堆積物の認定:予察的検討

    加瀬 善洋, 川上 源太郎, 仁科 健二, 林 圭一, 卜部 厚志, 髙清水 康博

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 ( 0 )   38 - 38   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_038

    CiNii Article

    researchmap

  • 富山湾沿岸地域の沖積層に記録されたイベント堆積物

    卜部 厚志, 高清水 康博, 鈴木 幸治, 片岡 香子, 仁科 健二, 川上 源太郎, 平川 一臣, 酒井 英男

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015   321 - 321   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_321

    CiNii Article

    researchmap

  • 磁気ファブリックと粒度特性を用いた名取川河口左岸域における2011年東北地方太平洋沖地震津波の挙動 査読

    澁谷剛丈, 髙清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    堆積学研究   73   3 - 17   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本堆積学会  

    DOI: 10.4096/jssj.73.3

    researchmap

  • Evidential Support Logicを用いた調査・解析結果の不確実性評価-隆起速度の産出に関する調査・解析の事例- 査読

    中安昭夫, 道家涼介, 新里忠史, 卜部厚志, 小野映介

    情報地質   25 ( 4 )   189 - 203   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6010/geoinformatics.25.4_189

    researchmap

  • 新潟県佐渡市加茂湖におけるイベント堆積物 査読

    卜部厚志

    佐渡の自然史   2   67 - 78   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:佐渡市教育委員会  

    researchmap

  • A new Miocene three-spined stickleback (Pisces: Gasterosteidae) from Central Japan 査読

    Mikhail V. Nazarkin, Yoshitaka Yabumoto, Atsushi Urabe

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH   16 ( 4 )   318 - 328   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    Gasterosteus kamoensis sp. nov. is described from the Upper Miocene Minamiimogawa Formation in Kamo City, Niigata, Japan. The new species represents the oceanic complete morph. It is characterized by: short and high ectocoracoid; presence of posttemporal bone; fully developed pelvic girdle with convex anterior margin; wide and not tapering posterior process of pelvic bone; four dorsal spines; comparatively long spines in dorsal, pelvic and anal fins; and large body size, apparently exceeding 130 mm in standard length. Gasterosteus kamoensis sp. nov. is the third nominal fossil species of this genus described from East Asia, along with freshwater G. orientalis Sytchevskaya and the marine G. abnormis Gretchina. Together, these discoveries demonstrate the wide distribution and morphological and ecological diversity of this genus during the Miocene in the northwestern Pacific.

    DOI: 10.2517/1342-8144-16.4.318

    Web of Science

    researchmap

  • 苗場山山頂の湿原堆積物に挟在するテフラ層 査読

    卜部厚志, 片岡香子

    第四紀研究   52 ( 6 )   241 - 254   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本第四紀学会  

    苗場山山頂の湿原堆積物に挟在するテフラ層の層相,鉱物組成,火山ガラスの形状・屈折率・化学組成を検討した.また泥炭質な湿原堆積物から<sup>14</sup>C年代値を得た.その結果,湿原堆積物は完新世に堆積した肉眼で確認できるテフラ層12層(NB1〜12)を記録しており,下位から,NB3は鬼界アカホヤテフラ(K-Ah)と妙高赤倉テフラ(My-A)との混在層,NB8は草津白根熊倉軽石層(KS-Ku),NB10は草津sp1-3テフラ層,NB11は妙高大田切川テフラ層(My-Ot),NB12は高谷池火山灰層グループc(KGc)にそれぞれ同定・対比した.それらテフラ層の間に浅間・草津白根・妙高・新潟焼山火山起源の可能性があるテフラ層が挟在する.苗場山はこれらテフラの供給源となる北関東・信越と日本海側の沖積平野との中間地点に位置するため,本研究による結果は,地域的ではあるが,周辺地域の層序や編年に参考となるテフラ層序を提供する.また,山頂での湿原環境下では,肉眼で観察できるテフラ層でも,その構成物が複数起源に由来するテフラの混在や再堆積によるものが含まれることが明らかとなった.

    DOI: 10.4116/jaqua.52.241

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10027165606?from=CiNii

  • Deposition by the 2011 Tohoku-oki tsunami on coastal lowland controlled by beach ridges near Sendai, Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Atsushi Urabe, Koji Suzuki, Yoshiki Sato

    SEDIMENTARY GEOLOGY   282   124 - 141   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A study of the 2011 Tohoku-oki tsunami deposits on the coastal lowland of the Sendai Plain, Japan was carried out along a shore-perpendicular survey line in the Arahama area. Field descriptions and tsunami water depth measurements were complemented by sedimentary analyses, including grain size, grain fabric and diatom analysis. The tsunami deposits show a generally fining-inland trend along the 3.4 km long transect. The depositional facies, grain size analysis and grain fabric data suggest that most of the tsunami deposits were laid down during the tsunami inflow, except at one site. These tsunami deposits are characterized by parallel-laminated or massive sand and silt with pieces of woods, fragments of glass, rip-up mud clasts and an erosional base. Minor backwash deposits overlying the inflow sand layer were only observed on one beach ridge and attributed to the topographic high. Marine diatom species comprised only approximately 2% of the diatom assemblage in tsunami deposits and their content decreased landward. In this study, diatom assemblages were similar in the rice field soil and tsunami layers, suggesting that the muddy fraction of the deposits mainly consists of sediments derived from the tsunami-eroded rice field soil. As a result of soil erosion, the tsunami had a high suspended sediment load. Furthermore, after the first tsunami inundation, seawater left by the tsunami did not drain completely to the sea because of the high coastal beach ridge and/or coastal subsidence due to the massive earthquake. Therefore, strong tsunami outflows to the sea did not occur and these areas were covered by mud deposited from stagnant water. (c) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2012.07.004

    Web of Science

    researchmap

  • 2011年度(平成23年度)東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物の緊急調査速報:仙台平野を遡上した津波による堆積物の例

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   ( 1 )   79 - 80   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1751年越後高田地震による被害分布と震源域の再検討(共著) 査読

    矢田俊文, 卜部厚志

    資料学研究   ( 8 )   1 - 23   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/16702

  • 北陸の地体構造と地震・地震災害--これからの地震防災に向けて-- 査読

    竹内 章, 平松良浩, 卜部厚志

    地盤工学会誌   59 ( 2 )   8 - 11   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • 越後平野の沖積層形成における火山性洪水イベントの影響 査読

    卜部厚志, 藤本裕介, 片岡香子

    地質学雑誌   117 ( 9 )   483 - 494   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    越後平野は,日本海に面した沖積低地で複数の砂丘列が発達している.平野部の阿賀野川流域の沖積層において,複数のボーリング試料の堆積相や構成鉱物の特徴から,約5000年前の沼沢湖噴火によるラハール堆積物の堆積過程を検討した.<br>ラハールによる堆積物は,当時の海岸部では層厚5~8 m程度の軽石質なデルタを形成した.また,決壊洪水イベントによる膨大な量の火砕物は,デルタシステムを急速に前進させ海岸地形を変化させた.このような大規模な火砕物の再堆積作用の解明は,平野の形成過程における影響だけでなく,下流域での火山土砂災害としての予測につながる課題となるものである.

    DOI: 10.5575/geosoc.117.483

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00380388842?from=CiNii

  • 越後平野沖積層の堆積様式と堆積速度

    船引 彩子, 宮地 良典, 卜部 厚志, 鴨井 幸彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011   339 - 339   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2011.0.339.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 1828年三条地震における与板町の被害

    矢田俊文, 卜部厚志

    災害と資料   ( 4 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 1828年三条地震による被害分布と震源域の再検討 査読

    矢田俊文, 卜部厚志

    資料学研究   ( 7 )   1 - 14   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/12854

  • ボーリングコア解析による新潟平野西縁,角田・弥彦断層の完新世における活動度 査読

    中西利典, 宮地良典, 田辺 晋, 卜部厚志, 安井 賢, 若林 徹

    活断層研究   32 ( 32 )   9 - 25   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本活断層学会  

    The Kakuda-Yahiko fault is a west-dipping blind thrust along the western margin of the Niigata plain, central Japan. The slip rate has not clearly estimated because the fault is buried under thick sediments. We obtained and analyzed three core samples (GS-KNM-1, GS-SGT-1, and AK-1) crossing the fault, and we recognized the Holocene vertical movement on the basis of correlation of detailed description, radiocarbon ages, and diatom assemblages. Based on these analyses, we interpreted nine sedimentary facies: the late Pleistocene marine sediments, meandering river sediments, salt to freshwater marsh sediments, offshore sediments, lower and upper shoreface sediments, foreshore sediments, modern river sediments, dune sediments, and surface soils, in ascending order. The average vertical-slip rate is estimated 3.6-4.6 mm/yr based on the vertical-offsets of the ravinement surface dated 9.4-8.2 cal kyr BP and the pumice layer dated 6-5 cal kyr BP. However, this slip rate might contain at best 1.3 mm/yr compaction effects of unconsolidated muddy sediments. Therefore, the average vertical-slip rate of Kakuda-Yahiko fault would be estimated about 3 mm/yr.

    DOI: 10.11462/afr.2010.32_9

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 海陸シームレスな沖積層地質構造の解明 ~新潟平野沿岸域を例に~

    宮地 良典, 卜部 厚志, 井上 卓彦, 天野 敦子, 楮原 京子, 船引 彩子, 木村 克己

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010   83 - 83   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.83.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟平野地域のボーリングデータベースと沖積層モデル

    船引 彩子, 木村 克己, 宮地 良典, 卜部 厚志, 鴨井 幸彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010   349 - 349   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.349.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Impacts of explosive volcanism on distal alluvial sedimentation: Examples from the Pliocene–Holocene volcaniclastic successions of Japan 査読

    Kyoko S, Kataoka, Vern Manville, Takeshi Nakajo, Atsushi Urabe

    Sedimentary Geology   220 ( 3-4 )   306 - 317   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2009.04.016

    Web of Science

    researchmap

  • 信濃川北岸における更新世末期の武道窪陥没盆地と2004新潟県中越地震

    信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ, 卜部 厚志, 古川 昭夫, 大塚 富男, 渡辺 秀男, 安井 賢, 高橋 明, 小坂 共栄, 飯川 健勝, 岡本 郁栄, 今井 秀浩, 信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ

    地球科学   63 ( 3 )   167 - 181   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地学団体研究会  

    本研究では,2004新潟県中越地震の震央付近で存在が確認された更新世末期の武道窪陥没盆地の詳細を報告するとともに,形成史に関して検討した。武道窪陥没盆地は,径2×1.5kmの多角形・直線的な境界で周囲の丘陵と接する.この盆地を構成する武道窪層は,広域テフラ(AT)を挟在し,砂,礫,シルトの不規則で不淘汰な互層からなり,ピート層をはさむ停滞水域における堆積物である.盆地縁辺部の武道窪層は不淘汰堆積物から構成され,基盤の新第三系と高角不整合関係で接する.武道窪層堆積直前まで,この地域には信濃川本流が流入し,盆地内に4段の河成段丘面を形成した.信濃川は,武道窪陥没盆地形成直前の断層・隆起運動で盆地域への流入が遮断され,流路を変えた.引き続き発生した陥没盆地の陥没・沈降量は約25mで,これに先行した隆起量はそれ以上であると見積もられる.武道窪陥没盆地の規模と形成過程は,先に報告した田麦山陥没盆地(武道窪陥没盆地の約5km南)とほぼ同一で,その形成時期も一致する.2つの陥没盆地が同時に形成したことは,陥没に先行する隆起運動が両盆地を含むより広い範囲での現象とみなされる.2つの盆地に近接し,更新世末期以後に活発な隆起運動をつづける山本山ブロック,信濃川・魚野川合流部付近の著しい蛇行もこの「隆起域」に含まれる一連の現象と推測される.国土地理院の「新潟県中越地震に伴う三角点の高低変動図」による最大隆起部はほぼ武道窪盆地と重なる.武道窪地域には後期更新世以降の断続的で活発な隆起過程が河成段丘に記録されている.中越地震は,この隆起運動の延長と推測される.

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.63.3_167

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Breakout flood from an ignimbrite-dammed valley after the 5 ka Numazawako eruption, northeast Japan 査読

    Kataoka, K, Urabe, A, Manville, V, Kajiyama, A

    Geological Society of America, Bulletin   120 ( 9/10 )   1233 - 1247   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1130/B26159.1

    researchmap

  • 越後平野の阿賀野川沿いにおける沖積層の堆積システム 査読

    卜部厚志

    第四紀研究   47 ( 3 )   191 - 201   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association for Quaternary Research  

    越後平野は,日本海に面した信濃川と阿賀野川の下流に発達する海岸平野であり,複数の砂丘列が発達する.このうち,越後平野の阿賀野川沿いでボーリングを行い,堆積相と堆積システムの復元を行った.この結果,この地域は,デルタシステムを基礎として形成されていることが明らかとなった.<BR>越後平野の堆積システムは,新潟市西部の信濃川沿いではバリアー-ラグーンシステム,新潟市東部の阿賀野川下流ではデルタシステムが成立していたと考えられ,越後平野の沖積層は,2つの異なる堆積システムの前進により形成されたことが明らかとなった.

    DOI: 10.4116/jaqua.47.191

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00315111699?from=CiNii

  • 2007年新潟県中越沖地震による建物被害と地盤災害

    卜部厚志, 高濱信行, 河島克久, 鈴木幸治, 和泉薫, 福留邦洋, 梶壮志, 本田孝子

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 2 )   135 - 163   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 只見川・阿賀野川流域における沼沢火山5万年前の火砕流噴火後の火砕物二次堆積作用

    馬場 綾佳, 卜部 厚志, 片岡 香子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008   423 - 423   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2008.0.423.0

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟地域の沖積平野の地形・堆積過程に認められる構造運動

    卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008   116 - 116   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2008.0.116.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 越後平野北部の沿岸湖沼の珪藻化石群集と環境変遷史 査読

    安井 賢, 藤田 剛, 木村 広, 渡辺 勇, 吉田真見子, 卜部厚志

    地球科学   61 ( 1 )   49 - 62   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地学団体研究会  

    越後平野北部の福島潟地域において1本のボーリングコアの詳細な珪藻分析を実施し,紫雲寺潟地域における安井ほか(2002)の結果を含めて,北蒲原潟の珪藻化石群集の特徴と完新世の環境変遷を明らかにした.紫雲寺潟地域および福島潟地域は北蒲原潟の奥部および潮流口部に位置する.両地域の珪藻化石群集は,数種の浮遊生種の消長と交替で特徴づけられる.福島潟地域の珪藻化石群集はAulacoseira granulataの繁茂とCyclotella caspiaによる急激な交替,および浮源生種の低率な群集が繰り返し出現することが特徴的である.これらの変化の要因はそれぞれ,潮流口の縮小や閉鎖による表層水の淡水化・止水化,表層海水の潟内への急激な流入,河川水の流入による表層水の不安定化や水域の縮小による浅化と考えられる.北蒲原潟は約8,000 yrs BPに汽水湖沼化し,約5,000 yrs BPには淡水化が進行し,約3,000 yrs BPになると紫雲寺潟地域から福島潟地域に至る一連の北蒲原潟は消滅した.この経緯の中で約6,500 yrs BP,約6,000〜約5,000 yrs BP,約3,500 yrs BPの3回にわたって表層海水が進入した.

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.61.1_49

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2007年能登半島地震による地震被害(フォト)

    卜部 厚志, 田村 圭子, 鈴木 幸治, 高濱 信行

    地球科学   61 ( 3 )   171 - 172   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地学団体研究会  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.61.3_171

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟ガス田の中部更新統完新統の層序特に軽石層の特徴とその給源 査読

    卜部厚志, 安井 賢, 稲葉 充, 片岡香子, 高浜信行, 満田信一

    石油技術協会誌   71   337 - 348   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3720/japt.71.337

    researchmap

  • 堆積相と全有機炭素・窒素・イオウ濃度を用いた堆積環境の復元-新潟平野上部更新統?完新統の例- 査読

    吉田真見子, 保柳康一, 卜部厚志, 山崎 梓, 山岸美由紀, 大村亜希子

    地質学論集   59   93 - 109   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 更新世末期の陥没盆地魚沼丘陵北部・田麦山陥没盆地 査読

    信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ, 古川昭夫, 大塚富男, 高橋 明, 小坂共栄, 渡辺秀男, 安井 賢, 高浜信行, 卜部厚志

    地球科学   60 ( 6 )   465 - 479   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地学団体研究会  

    2004年10月に発生した新潟県中越地震の激震地の一部である,魚沼丘陵北部の田麦山地区で,更新世末期の田麦山陥没盆地を発見した.これは現在の時点で最も新しい時代の陥没事例の報告である.田麦山陥没盆地は,径1〜2kmのほぼ菱形で周囲の丘陵と境され,この盆地を構成する田麦山層は丘陵との境界で高角のアバット不整合で基盤の鮮新統と接する.高角不整合面には陥没時の崩壊・地すべり堆積物(縁辺不淘汰堆積物)を伴う.高角不整合面は断層崖あるいはその崩壊面である.田麦山層は,約2.6〜2.9万年に降灰した広域火山灰・姶良Tn(AT)を挟在し,礫,砂,シルトの不淘汰で不規則な互層から構成され,泥炭層を挟む停滞水域における堆積物である.田麦山層の下位の小和北層は,旧魚野川の河床礫層から構成され,その堆積時には田麦山には魚野川が流入していたことがわかる.この旧魚野川は田麦山陥没盆地形成直前の断層・隆起運動で遮断され,流路を変えた.この魚野川の流路の急変を沈降運動で説明することはできない.本地域を含む山本山ブロックは信濃川流域のなかでも,後期更新世以後現在までもつとも隆起運動が活発な地域である.更新世末期の小和北層から田麦山層の急激な堆積環境の変化は,この地域のブロック運動にともなう隆起→断裂→陥没の結果と判断できる.中越地震はこのような地質背景をもつ場の一部で発生した.しかし,この陥没構造と中越地震の直接の関連については今後の課題である.

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.60.6_465

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 越後平野の沖積層におけるバリアー・ラグーンシステムの発達様式 査読

    卜部厚志, 吉田真見子, 高浜信行

    地質学論集   59   111 - 127   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2004年新潟県中越地震の地震動を増幅させた扇状地堆積物:新潟県川口町田麦山盆地の例 査読

    小松原琢, 中沢 努, 宮地良典, 中島 礼, 吉見雅行, 卜部厚志

    地質学雑誌   112   188 - 196   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.112.188

    researchmap

  • 二次堆積した火山砕屑物と地形から読み取れる火山性大規模洪水流と火山土砂災害 招待

    片岡香子, 卜部厚志, 梶山敦司, Manville, V

    月刊地球   28 ( 8 )   507 - 511   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • O-220 新潟県中越地震により信濃川高水敷で生じた液状化被害(24.環境地質,口頭およびポスター発表,一般講演)

    本郷 美佐緒, 片岡 香子, 卜部 厚志, 鈴木 幸治

    日本地質学会学術大会講演要旨   2006   153 - 153   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2006.0_153_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-26 越後平野の砂丘列を形成する2つの堆積システム(3.沖積層研究の新展開,口頭およびポスター発表,一般講演)

    卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2006   56 - 56   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2006.0_56_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平成16年7月新潟・福島豪雨による刈谷田川の洪水災害-洪水流の流下様式と地形の関係- 査読

    平松由起子, 安井 賢, 卜部厚志, 本郷美佐緒

    応用地質   46 ( 3 )   153 - 161   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本応用地質学会  

    2004年7月13日, 新潟県中越地方を中心とした記録的な集中豪雨により, 五十嵐川や刈谷田川など複数の河川が各所で越流および破堤し, 三条市, 中之島町および見附市などで甚大な被害が発生した.筆者らは刈谷田川沿いの中之島町中之島および見附市南部の被害状況について調査し, 洪水流の流下様式と地形の関係について検討した.中之島町中之島は沖積低地上に立地し, 堤防の急激な破堤によって破堤箇所近傍では段波が発生した.洪水流は主に道路や空き地を通って拡散したこと, 自然堤防の高まりを避けて途中から流路を変更したこと, および寺院に植えられている樹木や今回の破堤で生じた瓦礫の存在により, 洪水流の嵩上げが生じたことなどが明らかになった.一方, 見附市南部は多くの段丘面で囲まれた谷底平野に位置し, 稚児清水川の破堤によって堤内に流入した洪水流の流路は現堤防と段丘面に規制された.洪水流は沖積面の狭まる地形的狭窄部に位置していた旧堤防により一時的に塞き止められて嵩上げされ, その後, 旧堤防を破壊して, 稚児清水川から4km下流の, 堤防よりも低い段丘面の狭窄部を直撃したことが明らかとなった.

    DOI: 10.5110/jjseg.46.153

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00255202631?from=CiNii

  • 山古志地域の地震被害 査読

    卜部厚志, 高浜信行, 本郷美佐緒, 鈴木幸治, 片岡香子, 安井 賢

    地団研専報   54   60 - 67   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 小千谷・川口地域の地震被害 査読

    荒川勝利, 堀川秀夫, 山崎興輔, 吉越正勝, 卜部厚志, 高浜信行, 本郷美佐緒, 片岡香子, 鈴木 幸治, 安井 賢, 川辺孝幸

    地団研専報   54   68 - 77   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟平野におけるイベント性堆積作用における堆積システムの変化(12.堆積作用・堆積過程)

    卜部 厚志, 片岡 香子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2005   107 - 107   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2005.0_107_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 火砕流噴火後に発生した大規模洪水流 : 福島県沼沢火山,沼沢湖噴火の例(12.堆積作用・堆積過程)

    片岡 香子, 卜部 厚志, 梶山 敦司, マンヴィル ヴァーン

    日本地質学会学術大会講演要旨   2005   251 - 251   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2005.0_251_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県中越地震による地震災害と建物被害 査読

    本郷美佐緒, 卜部厚志, 片岡香子, 鈴木幸治, 高浜信行

    地球科学   59 ( 1 )   3 - 4   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地学団体研究会  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.59.1_3

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Lake-level changes during the past 100,000 years at Lake Baikal, southern Siberia 査読

    A Urabe, M Tateishi, Y Inouchi, H Matsuoka, T Inoue, A Dmytriev, OM Khlystov

    QUATERNARY RESEARCH   62 ( 2 )   214 - 222   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Lake-level changes inferred from seismic surveying and core sampling of the floor of Lake Baikal near the Selenga River delta can be used to constrain regional climatic history and appear to be correlated to global climate changes represented by marine oxygen isotope stages (MIS). The reflection pattern and correlation to the isotope stages indicate that the topset and progradational foreset sediments of the deltas formed during periods of stable lake levels and warm climatic conditions. During warm stages, the lake level was high, and during cold stages it was low. The drop in the lake level due to cooling from MIS 5 through MIS 4 is estimated to be 33-38 m; from MIS 3 through MIS 2, it fell an additional 11-15 m. Because the lake level is chiefly controlled by evaporation and river input, we infer that more water was supplied to Lake Baikal during warm stages. (C) 2004 University of Washington. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.yqres.2004.06.002

    Web of Science

    researchmap

  • Holocene paleoenvironmental changes inferred from the diatom records of the Echigo Plain, central Japan 査読

    H Yabe, S Yasui, A Urabe, N Takahama

    QUATERNARY INTERNATIONAL   115   117 - 130   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The Echigo Plain (=Niigata Plain) located along the Japan Sea (East Sea) is one of the largest coastal plains in the Japanese Islands. The post-Wurm glacial sediments are well developed, reaching a thickness over 140 in in the central part of the Echigo Plain. Diatom floral changes of the Holocene borehole cores from the Tsukigata and Shirone areas of the Echigo Plain in Niigata were examined to infer the paleoenvironmental changes in this part of East Asia. Over 290 diatom taxa were identified in the Tsukigata TG-1 and Shirone S9-4 borehole cores, and were divided into nine and 13 provisional diatom units, respectively. Most of the horizons analyzed were characterized by fresh water species, and their environments were inferred as marshes, bogs and small ponds. The major brackish water horizon dated as 10,000-6800yr BP in the Shirone borehole core was correlated with the Jomon Transgression, which was the Holocene maximum transgression in the Japanese Islands. Several minor sea-level changes in the Echigo Plain were also recognized for the past 6800yr, which were caused not only by global eustatic changes, but also by the relative subsidence of the basin on account of its location in a tectonically active zone. (C) 2003 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1040-6182(03)00101-0

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and characterization of a subsided barrier island in the Holocene alluvial plain, Niigata, central Japan 査読

    A Urabe, N Takahama, H Yabe

    QUATERNARY INTERNATIONAL   115   93 - 104   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The Echigo Plain in the Niigata area of central Japan is a coastal alluvial plain facing the Sea of Japan. The Plain contains several rows of coastal sand dunes. During the Holocene maximum transgression, a barrier island sand body was formed on the plain. However, the distribution of this barrier island is partially intermittent. Based on facies analysis of cores, the barrier island succession was found to be buried by alluvium in the central part of the Echigo Plain. The barrier sand bodies do occur in the central part of the Echigo Plain, but they are deeply subsided and tilted by an active fault in the western margin of the plain. The alluvium in this area records a history of subsidence and changes in the depositional system due to the movements on the active fault. (C) 2003 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1040-6182(03)00099-5

    Web of Science

    researchmap

  • A18 火砕流堆積物周辺での水流による火砕物質二次堆積作用 : 福島県沼沢火山,沼沢湖噴火の例

    片岡 香子, ト部 厚志

    日本火山学会講演予稿集   2004   18 - 18   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本火山学会  

    DOI: 10.18940/vsj.2004.0_18

    CiNii Article

    researchmap

  • O-32 沈降地域におけるバリアーシステムの発達様式(4. 沖積層研究の新展開)

    卜部 厚志, 吉田 真見子, 高濱 信行, 安井 賢

    日本地質学会学術大会講演要旨   2004   41 - 41   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2004.abst.0_41_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-52 越後平野西縁部における重力探査 : 基盤構造の推定(9. 地域地質・地域層序)

    内藤 信明, 卜部 厚志, 高濱 信行, 牧野 雅彦, 住田 達哉, 渡辺 史郎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2004   185 - 185   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2004.abst.0_185_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 十日町盆地北西部の河成段丘の編年と隆起運動 査読

    渡辺秀男, 卜部厚志

    地球科学   57   173 - 191   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.57.4_173

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-302 沼沢火山 5ka 噴火後の只見川・阿賀野川流域における火砕物の二次堆積過程と地形形成

    卜部 厚志, 片岡 香子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2003   152 - 152   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2003.0_152_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-301 火山近傍地域での火砕物二次堆積作用とその時間的変遷 : 沼沢火山 5ka 噴火の例

    片岡 香子, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2003   151 - 151   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2003.0_151_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 越後平野北部の沖積低地における汽水湖沼の成立過程とその変遷 査読

    安井 賢, 鴨井幸彦, 小林巖雄, 卜部厚志, 渡辺秀男, 見方 功

    第四紀研究   Mar-41 ( 3 )   185 - 197   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association for Quaternary Research  

    越後平野北部における沖積層層序と堆積環境の変遷を解析し,縄文海進期に形成された汽水湖沼の成立過程とその変遷について検討した.その結果は以下のとおりである.(1)8,000年前以前には胎内川扇状地と加治川扇状地との間は低地であった.約8,000年前に海水準の上昇とともに,低地前面に砂州が発達し,低塩分の汽水湖沼が形成された.汽水湖沼の出口は加治川以南に求められる.(2)汽水湖沼は次第に塩分を減少していき,海水や淡水が交互に流入する時期を経て,約5,000年頃までに淡水湖化した.(3)淡水湖は約5,000年前以降に北部から埋積されたが,9世紀になって水域が拡大し,現在の塩津潟となった.

    DOI: 10.4116/jaqua.41.185

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00156953762?from=CiNii

  • 信濃川津南地域における第四紀後期の段丘形成と構造運動 査読

    信濃川ネオテクトニクス団体研究グループ, 荒川勝利, 藤岡比呂志, 古川昭夫, 飯川健勝, 小坂共栄, 大塚富男, 高橋 明, 渡辺秀男, 安井 賢, Choi,J.T, 高浜信行, 卜部厚志, 矢部英生, 藤平秀一郎, 川篤平

    第四紀研究   Mar-41   199 - 212   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.41.199

    researchmap

  • Tephrochronology of Late Pleistocene to Holocene Strath Terraces along the Aburuma River of the Niigata Basin, central Japan 査読

    Choi,J.T, Takahama,N, Urabe,A

    The Quaternary Research   41, No.1 ( 1 )   45 - 51   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association for Quaternary Research  

    本研究では,新潟盆地東縁部に位置する破間川流域の柿木から須原地域における約5万年以降の侵食段丘の火山灰編年を行った.<br>破間川流域では,ロームおよび黒土から約5万年以降に降下した4層(Ab-t1,Ab-t2,Ab-t3,Ab-t4)の火山灰を同定し,これらの対比と地形面区分から6面の段丘(Ab-I,Ab-II,Ab-III,Ab-IV,Ab-V,Ab-VI)を区分した.火山ガラスや輝石の化学組成分析にもとづいて,4層の火山灰層のうちAb-t4はDKP(大山倉吉,50ka),Ab-t3はAT(姶良丹沢,25ka),Ab-t2は広域テフラのAs-K(浅間草津,13ka)にそれぞれ対比ができる.<br>破間川上流域のAb-II段丘には,段丘堆積物中に層厚3~5mの不淘汰な泥層を含む.これらは,層相とその上位のロームの編年から,東野名巨大地すべり(50ka)の初生的活動によって破間川がせき止められて形成した湖沼堆積物であると考えられる.

    DOI: 10.4116/jaqua.41.45

    CiNii Article

    researchmap

  • Paleomagnetic dates of hominid remains from Yuanmou, China, and other Asian sites 査読

    M Hyodo, H Nakaya, A Urabe, H Saegusa, Xue, SR, JY Yin, XP Ji

    JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION   43 ( 1 )   27 - 41   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Two hominid upper central incisors found in the Yuanmou Basin in southwest China in 1965 have affinities with Homo erectus fossils from Zhoukoudian, but exhibit primitive features. The Yuanmou hominid remains are alleged to be coeval with or older than African specimens dated at about 1-8 m.y.a. Recent age refinements of geomagnetic short reversal events and excursions permit assigning the Yuanmou hominid-bearing bed to the early Brunhes chron (about 0.7 m.y.a.). Magnetochronological assessments confirm that the Lantian calotte which has been dated to about 1.2 m.y.a., is the oldest reliable evidence for the emergence of Homo in eastern Asia as well as China, and that hominid fossils from Sangiran and Mojokerto, Java, do not exceed 1.1 Ma in age. These results refute the view that the genus Homo migrated into eastern Asia in the late Pliocene or the earliest Pleistocene. (C) 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1006/jhev.2002.0555

    Web of Science

    researchmap

  • O-92 新潟平野における地震性沈降運動(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,口頭発表,一般講演)

    高濱 信行, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2002   45 - 45   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2002.0_45_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-88 越後平野の沖積層にみられる2つの堆積システム(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,口頭発表,一般講演)

    卜部 厚志, 高濱 信行, 矢部 英生

    日本地質学会学術大会講演要旨   2002   43 - 43   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2002.0_43_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-87 珪藻遺骸群集から見た越後平野中央部における完新統上部の古環境変遷について(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,口頭発表,一般講演)

    矢部 英生, 安井 賢, 丸山 智史, 卜部 厚志, 高浜 信行

    日本地質学会学術大会講演要旨   2002   42 - 42   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2002.0_42_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-89 越後平野北部・旧紫雲寺潟形成前後の地質と古地理(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,口頭発表,一般講演)

    佐藤 充, 高濱 信行, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   2002   43 - 43   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2002.0_43_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Lithostratigraphy and depositional history of the Late Cenozoic hominid-bearing successions in the Yuanmou Basin, southwest China 査読

    Atsushi Urabe, Hideo Nakaya, Tetsuji Muto, Shigehiro Katoh, Masayuki Hyodo, Xue Shunrong

    Quaternary Science Reviews   20 ( 15 )   1671 - 1681   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Late Cenozoic strata bearing hominids and hominoids are distributed in the Yuanmou Basin, Yunnan, southwest China. Incisors of Homo erectus discovered in these strata in 1965 reportedly show primitive features known in Africa Hu, Acta geologica sinica 1 (1973, p. 65). However, recent paleomagnetic study has revealed that the age of the hominid correlates to the early Brunhes chron (Hyodo et al., Journal of human evolution (2001), submitted). The lithostratigraphy of the successions that yield many mammalian fossils including those of the hominid, and the record of Equus is re-examined. The successions are divided in ascending order into the Longchuan, Shagou, Gantang (newly proposed Yangliuchun and Daipojing Members) and Yuanmou (newly proposed Dainawu and Niujianbao Members) Formations, based on different lithology and sedimentary facies. The newly proposed depositional systems of the formations are in ascending order, alluvial fan, ephemeral braided river, sandy braided river, ephemeral gravelly braided river and alluvial fan systems. The change in facies and paleocurrents revealed in the successions suggest that the basin was initiated as a syncline basin at ca 3.5 Ma and was completed as an asymmetric half graben by active movement of the eastern marginal fault in the early Middle Pleistocene. © 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0277-3791(01)00023-3

    Scopus

    researchmap

  • O-245 新潟平野,月潟地域における沖積層の珪藻遺骸群集(22. 新生代古生物,口頭発表,一般発表)

    矢部 英生, 卜部 厚志, 高浜 信行

    日本地質学会学術大会講演要旨   2001   122 - 122   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2001.0_122_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-376 越後平野に埋没したバリアー島-ラグーンシステムとその累重様式(33. 第四紀地質,口頭発表,一般発表)

    ト部 厚志, 高浜 信行

    日本地質学会学術大会講演要旨   2001   188 - 188   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2001.0_188_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Tephrochronology of late Quaternary strath terraces and their implications to neotectonic movements of the Shitada and Tochio regions of the Niigata Basin, central Japan. 査読

    Tad James Choi, Takahama N, Urabe A

    The Quaternary research   39 ( 6 )   521 - 533   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.39.521

    researchmap

  • 鮮新ー更新統に認められる相対的海水準変動とその対比ー大阪・掛川・魚沼・上総層群を例としてー 査読

    ト部厚志

    地球科学   53   247 - 257   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.4_247

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 平野地下19mに埋没した5000年前の遺跡と火山灰層の発見 査読

    ト部厚志, 高浜信行, 寺崎裕助

    新潟応用地質研究会誌   52   33 - 38   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県における歴史地震の液状化跡-その1- 査読

    高濱信行, ト部厚志, 寺崎裕助, 大塚富男, Budi Brahmantyo, 江口友子, 中山俊道, 荒木繁雄, 川上貞雄, 田村浩司

    新潟大災害研年報   20   81 - 104   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県津南町地域の貝坂段丘堆積物中の広域火山灰 査読

    渡辺秀男, ト部厚志, 荒川勝利

    地球科学   53   420 - 433   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.6_420

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 佐渡加茂湖周辺の中・後期更新世堆積層 査読

    国中層団体研究グループ

    地球科学   53 ( 5 )   340 - 358   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地学団体研究会  

    加茂湖地域に分布する中〜上部更新統は両津1段丘堆積物,両津2段丘堆積物,両津3段丘堆積物(潟端層),両津4段丘堆積物(吾潟層)および両津新期扇状地堆積物に分けられ,それらはそれぞれ不整合関係である.潟端層は木次軽石堆積物(K3)や三瓶木次テフラ(SK)に対比される潟端火山灰と漂着軽石を含んでいる.吾潟層は吾潟火山灰を含み,これは御岳第1テフラ(On-Pm1)又はPm-1Aに対比される可能性がある.段丘堆積物を覆う褐色土層は主に後期更新世の風化した風成細粒火山灰で,A〜Dの4層に分けられる.これらの層中には5層の火山灰が挟在し,赤坂B1火山灰はOn-Ktに,赤坂B2火山灰はAso-4に,赤坂B3火山灰はDKPに,赤坂C火山灰はATに,赤坂D火山灰はAs-Kにそれぞれ対比される.段丘堆積物と広域テフラの検討により,両津3段丘堆積物である潟端層は下末吉層に,両津4段丘堆積物である吾潟層は小原台砂礫層に対比される.潟端層上部は典型的な上方粗粒化累重を示し,デルタシステムのブログラデーションにより形成され,1回の相対的海水準変動に対応して堆積した.潟端層上部の前浜相の標高は北東へ行くほど低くなる傾向がある。これは高海水準期にもっとも内陸に後退した前浜がその後の海水準の低下に伴って沖側に前進しつつ堆積したものであることを示している.吾潟層の下半部は顕著な上方細粒化を示し,上半部で上方粗粒化に変化している.吾潟層の上半部を構成する堆積相は北部と南部で異なっている.北部の堆積相が上方粗粒化相累重を示すのに対して,南部では前浜相が欠如し,後浜相,ラグーン相,湿地相,網状河川相が累重している.この堆積相変化は,吾潟層も1回の相対的海水準の変動に対応して形成された地層であり,湾口部のバリアー砂体によって海浜環境とラグーン環境に分かれた後,海岸平野システムで広く覆われたためと考えられる.

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.53.5_340

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • O-202 新潟県小千谷市-川口町地域のネオテクトニクス

    今井 秀浩, 上條 仁志, 高浜 信行, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   1999   112 - 112   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.1999.0_112_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Guide book for excursion of Boso Peninsula 査読

    Suzuki Y, Mitsunashi T, Kodama K, Shinada Y, Yamauchi S, Urabe A

    International symposium on new concepts in global tectonics   0 - 56   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県内の活断層と液状化跡 査読

    ト部厚志, 高濱信行

    新潟の災害と防災   65 - 73   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • プログラデーションと海退浸食面

    立石 雅昭, 畠山 幸司, 神蔵 勝明, 卜部 厚志, 田中 里志

    日本地質学会学術大会講演要旨   1998   P038   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.1998.0_P038

    CiNii Article

    researchmap

  • 中国西南部雲南省元謀盆地の後期新生代の層序と堆積環境 査読

    ト部厚志

    Northern HemisphereGeo-Bio Traverse   4   45 - 60   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 房総半島南端・更新統豊房層群の層序と堆積シ-クェンス 査読

    ト部厚志

    地球科学   51 ( 2 )   83 - 103   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地学団体研究会  

    房総半島南端地域には,更新統の陸棚から斜面の堆積物からなる豊房層群が分布する.豊房層群は,下位より神余畑層と大井層が同時異相関係,その上位が東長田層であり東長田層の上部と滝川礫岩,嵯峨志層,池之内層は同時異相関係からなり,上総層群の中〜上部に対比される.これらは,多くの火山灰層を挟在している.火山灰層の追跡とともに,堆積相解析,層序の連続性や堆積環境の水平垂直方向への変化を明らかにした.そして,豊房層群の陸棚から斜面の堆積物に対してシーケンス層序学な検討を行った.豊房層群は7つの堆積シークェンスに区分される.それぞれの堆積シークェンスは,堆積相や火山灰層,堆積相の不連続面の層序的連続性に基づき認定した.これらの堆積シークェンスは,基本的には低海水準期,海進期,高海水準期堆積体から構成される.それぞれの堆積シークェンスを豊房層群の火山灰層の年代や古地磁気層序を用いて,海水準の変動を示す酸素同位体比曲線と対比すると,豊房層群の堆積シークェンスの形成期間は,氷河性海水準変動の4〜10万年と見積もることができる.よって,豊房層群のこれらの堆積シークェンスは,氷河性海水準変動の影響を強くうけた高周波堆積シークェンスであることが明らかとなった.

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.51.2_83

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1995年兵庫県南部地震による阪神地域の被害と伏在断層との関係

    遠藤 秀典, 渡辺 史郎, 牧野 雅彦, 村田 泰章, 渡辺 和明, 卜部 厚志

    第四紀研究   35 ( 3 )   165 - 178   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Association for Quaternary Research  

    1995年兵庫県南部地震による被害は,六甲山地と大阪湾に挾まれた平地の中の帯状の地帯で,特に著しい.この被害集中地帯は,低層建物の被害率が急に大きくなる境界に挾まれている.また,この境界が直線的に分布するなどの特徴がある.このような被害分布に関する地下地質構造について,反射法弾性波探査および重力探査を実施し検討した.反射法弾性波探査の結果から,平地に断層が伏在することが明らかになった.また重力探査の結果から,基盤の大きな落差が平地に分布し,その一部が伏在断層となっていると推定できる.この平地の中の基盤の大きな落差の位置は,被害集中地帯の北側の境界と一致する.そして,その一部は,菊池(1995b)による震源域の推定位置とほぼ一致する.被害分布には,地層の不連続面である断層破砕帯などが震動の伝播に大きく影響した可能性がある.一方,伏在断層によって,地質構造が平坦でなく不整形をなし,震動が集中した可能性がある.さらに,海側に厚い堆積層の分布をもたらし,震動が増幅するなど,震動の分布に密接に関係したことが考えられる.これらのことから,基盤の大きな落差を伴う伏在断層の存在が,今回の被害に密接に関係していると推定できる.

    DOI: 10.4116/jaqua.35.165

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00041807279?from=CiNii

  • 202. 魚沼層群の海進システムとみかけの海水準変動

    卜部 厚志, 立石 雅昭, 風岡 修

    日本地質学会学術大会講演要旨   1995   185 - 185   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.1995.0_185_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県佐渡島の褐色土中の降下火山灰

    渡辺 秀男, 荒川 勝利, 寺崎 紘一, 神蔵 勝明, ト部 厚志, 立石 雅昭

    地球科学   48 ( 1 )   51 - 56   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地学団体研究会  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.48.1_51

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 201. 房総半島南端・豊房層群に見られる高周波堆積シークェンス

    卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   1994   148 - 148   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.1994.0_148_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 地域地質研究報告 5万分の1地質図幅 新潟及び内野

    鴨井幸彦, 安井 賢, 卜部厚志( 担当: 共著)

    産業技術総合研究所  2016年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:180   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

    researchmap

  • 古代の災害復興と考古学

    卜部厚志( 担当: 編集)

    高志書院  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 地震災害への備えを考える

    卜部厚志( 担当: 分担執筆)

    新潟日報事業社  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 安全・安心の環境づくり

    小宮信夫ほか( 担当: 共著 ,  範囲: 322-333)

    ぎょうせい  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 新潟県中越地震新潟の大地 災害と生活

    高浜信行, ト部厚志( 担当: 共著 ,  範囲: 30)

    新潟日報事業社,新潟  2006年12月  ( ISBN:4861321905

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 味方村史通史編 味方排水機場遺跡調査報告書

    高浜信行, ト部厚志, 寺崎裕助( 担当: 単著 ,  範囲: 10)

    味方村  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 横須賀地域の地質

    江藤哲人, 矢崎清貫, ト部厚志, 磯部一洋( 担当: 単著 ,  範囲: 20)

    地質調査所  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 急崖のUAV-SfM測量における効果的なGCP配置条件の検討 査読

    輿水 健一, 川上 源太郎, 蝦名 益仁, 石丸 聡, 卜部 厚志

    地形   41 ( 1 )   1 - 13   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地形学連合  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 草津白根山2018年噴火における火山-雪氷複合現象を考慮したラハール発生シナリオと流下シミュレーション

    片岡 香子, 常松 佳恵, 松元 高峰, 卜部 厚志, 河島 克久, 長橋 良隆

    日本火山学会講演予稿集   2018 ( 0 )   78 - 78   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本火山学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 長崎県壱岐島における完新世の微化石群集の変化

    佐々木聡史, 入月俊明, 卜部厚志, 林広樹, 瀬戸浩二, 酒井哲弥

    日本古生物学会例会講演予稿集   167th   2018年

     詳細を見る

  • 長崎県壱岐島の微化石と堆積物分析に基づく完新世の環境変化

    佐々木聡史, 入月俊明, 卜部厚志, 瀬戸浩二, 林広樹, 酒井哲弥

    日本古生物学会年会講演予稿集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 常時微動による熊本県益城町の地盤特性と地形との関係

    長 郁夫, 佐藤 善輝, 中津 努, 卜部 厚志

    公益社団法人物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceedings of the SEGJ Conference   135   34 - 36   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:物理探査学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地中レーダによる特別天然記念物・魚津埋没林の研究

    泉吉紀, 酒井英男, 卜部厚志, 麻柄一志, 石須秀和

    日本文化財科学会大会研究発表要旨集   33rd   2016年

     詳細を見る

  • 福井地域の海岸平野における津波堆積物調査(予報)

    卜部 厚志, 山本 博文, 佐々木 直広, 高清水 康博, 片岡 香子

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   3   83 - 84   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本海北部域の離島で見出された津波堆積物の対比 : 奥尻島・飛島・佐渡島

    川上 源太郎, 卜部 厚志, 平川 一臣, 仁科 健二, 髙清水 康博

    新潟大学災害・復興科学研究所年報 = 新潟大学災害・復興科学研究所年報   ( 3 )   149 - 152   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    日本海北部に位置する離島のうち,複数層準の津波堆積物が検出されている北海道奥尻島,山形県飛島,新潟県佐渡島を対象に,それぞれの地域における津波堆積物の層相や堆積場(地形・標高),堆積年代を比較した.また追加的に青森県西津軽~秋田県男鹿にかけて津波堆積物調査を実施し,日本海北部域におけるイベントの規模や波源域の推定を行った.海岸に面する緩斜面や低位段丘,ごく小規模な陸繋島様の地形的鞍部に,礫質の津波堆積物が確認された.それらは有機質な土壌層に挟在し,円磨度やファブリックによって斜面上方に起源をもつ礫質斜面堆積物と区別し得る.イベントの広域対比では,北海道奥尻島で13世紀頃,山形県飛島で9世紀のイベンおよび10世紀以降~13世紀頃までに2つのイベントが,新潟県佐渡島では9世紀および10~12世紀の2つのイベントが推定される.今回,青森県深浦,秋田県男鹿で9世紀頃のイベント堆積物を確認したことから,9世紀および10~13世紀に日本海北部で大きな津波イベントが発生している可能性が指摘される.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 開水路により作成した平滑床の磁気ファブリックの特徴(予報)

    髙清水 康博, 大田 和樹, 卜部 厚志

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   3   88 - 89   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟地域における堆積物調査による津波履歴の復元

    卜部 厚志

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   2   83 - 84   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 宮古市真崎海岸の沖積谷中に見られた津波堆積物の岩相と粒度組成

    髙清水 康博, 卜部 厚志, 鈴木 幸治, 澁谷 剛丈, 飯吉 麻衣子

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   2   87 - 88   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地中レーダ探査による火山性扇状地と砂丘地内部構造の観察

    片岡 香子, 卜部 厚志

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   2   85 - 86   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟平野の沖積層の堆積環境変遷から見た断層帯の変位の履歴 (特集 「新潟地域の地震災害に備える」講演会)

    宮地 良典, 中西 利典, 卜部 厚志

    地質ニュース   ( 676 )   45 - 48   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:実業公報社  

    CiNii Article

    researchmap

  • ランドストリーマー高分解能反射法探査による越後平野西縁断層帯の浅部変形構造イメージング

    稲崎 富士, 宮地 良典, 卜部 厚志, 楮原 京子

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   123   195 - 198   2010年9月

     詳細を見る

  • O-58 新潟地域の沖積平野の地形・堆積過程に認められる構造運動(7.沖積層研究の新展開,口頭発表,一般講演)

    卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   115   60 - 60   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2007年能登半島地震による輪島市門前町西部と穴水町市街部の建物被害分布

    卜部 厚志, 田村 圭子, 鈴木 幸治, 井ノ口 宗成, 外崎 宣宏, 倉田 貴史, Urabe Atsushi, Tamura Keiko, Suzuki Koji, Inoguchi Munenari, Tnonosaki Norihiro, Kurata Takafumi

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 2 )   125 - 133   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    The Noto Hanto earthquake, which occurred on March 25, 2007, created severe hazardous conditions and resulted in extensive damage in the northern part of the Noto Peninsula of Ishikawa prefecture, Central Japan. Over 30,000 Japanese-style wooden houses were damaged. We investigated the damage to Japanese wooden houses and structures in the Monzen area of Wajima city and the urban area of Anamizu town. Most of the houses in the Shikaiso, Touge, and Kuroshima districts of the Monzen area are situated on a terrace-formed alluvial cone formed due to slope failures. In contrast, the urban area of Anamizu town is formed on an alluvial coastal plain that has low resistance to strong motion. The extensive damage to houses was concentrated in the Touge district of the Monzen area probably due to the intensive spread of the strong motion from the earthquake source fault. The damage to the buildings in Anamizu town was caused by the amplification of motion from the earthquake.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/6745

  • 反射法弾性波探査による越後平野西縁断層帯の浅層構造調査

    卜部 厚志, 渡部 俊, 鈴木 幸治, 村尾 治祐, 高濱 信行, 渡辺 史郎, 稲崎 富士

    第四紀研究 = The Quaternary research   46 ( 5 )   427 - 431   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本第四紀学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-229 越後平野北部・紫雲寺砂丘地下の沖積層(26.第四紀地質,ポスター発表,一般講演)

    小松原 琢, 卜部 厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   114   330 - 330   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2007年能登半島地震による建物被害と地盤災害

    卜部 厚志, 田村 圭子, 鈴木 幸治

    新潟応用地質研究会誌   68   9 - 12   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟応用地質研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 防災部門 複合防災分野の活動

    高濱 信行, 卜部 厚志, 片岡 香子, 山岸 宏光, 川邉 洋

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 1 )   113 - 119   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/5965

  • 2007年能登半島地震による建物被害と地盤災害 (災害調査報告)

    卜部 厚志, 田村 圭子, 鈴木 幸治

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 1 )   27 - 29   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/5939

  • 「平成18年7月豪雨災害」長野県岡谷市・辰野町地域の土石流災害 (災害調査報告)

    卜部 厚志, 田村 圭子, 鈴木 幸治

    新潟大学災害復興科学センター年報   ( 1 )   11 - 19   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害復興科学センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/5935

  • 中越地震による災害--川口町を中心として 川口町報告会を終えて (特集:新潟県中越地震災害調査結果報告会--川口町の地盤と震災)

    卜部 厚志, 本郷 美佐緒

    地質ニュース   ( 622 )   15 - 16,3   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:実業公報社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県中越地震による建物被害分布からみた激震ゾーン (総特集 2004年新潟県中越地震) -- (4章 中越地震がもたらした災害)

    卜部 厚志, 片岡 香子, 本郷 美佐緒

    号外地球   ( 53 )   126 - 131   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:海洋出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県中越地震による地盤災害と建物被害 : 特に激震地区に着目して

    片岡 香子, 卜部 厚志, 本郷 美佐緒, 鈴木 幸治

    新潟応用地質研究会誌   64   23 - 26   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟応用地質研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県中越地震による新潟県川口町の表層地質と災害

    川辺 孝幸, 卜部 厚志, 片岡 香子

    東北地域災害科学研究   41   233 - 237   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北大学大学院工学研究科東北地区自然災害資料センター  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 48. 2004.7.13新潟豪雨による五十嵐川・刈谷田川の破堤箇所における堤体基礎地盤(環境地質,口頭発表)

    平松 由起子, 安井 賢, 卜部 厚志, 本郷 美佐緒

    研究発表会講演論文集   17   173 - 174   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本応用地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 越後平野の「0m地帯」と浸水被害予測

    高濱 信行, 卜部 厚志

    研究年報   27   11 - 18   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The Echigo Plain facing the Sea of Japan is formed the coastal plain with area of 2,070 km^2. Many rivers such as Shinano River and Agano River flow into this coastal plain, and formed the wide lowland. In the Niigata City with the river mouth of the two rivers, the lowland below the mean sea level "zero meter area" is widely extends. In this area, the occurrence of the widely inundated damage is predicted that the levee breach by flooding or earthquake, tsunami and storm surge are happened. Recently, the formative history of the Echigo Plain is reexamined from the investigation of remains and borehole data. These results show the high possibility that the swamp or pond will be formed by the subsidence of the ground involved the inland earthquake. The subsidence by the inland earthquake has presented the new problem, which is not included for the estimation of the earthquake damage of the Niigata region.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39275

  • 新潟県中越地震の初動期における情報収集 : 陸上自衛隊の活動記録から

    卜部 厚志

    研究年報   27   79 - 83   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39284

  • U-1 7.13新潟豪雨洪水の被害状況

    卜部 厚志, 高浜 信行, 安井 賢, 本郷 美佐緒, 鈴木 幸治, 長谷川 拓也, 平松 由起子, 内藤 信明, 福井 静人, 丹尾 貴志

    日本地質学会学術大会講演要旨   111   S - 1   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2004. 7. 13豪雨による中之島町市街地の被害と洪水流の流下様式

    安井 賢, 卜部 厚志, 本郷 美佐緒, 平松 由紀子, 高濱 信行, 鈴木 幸治, 長谷川 拓也, 内藤 信明, 福井 静人, 丹尾 貴志

    研究年報   26   33 - 38   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The central city area of Nakanoshima Town, Niigata Prefecture was flooded by the rapid levee breach of the Kariyata River on 13 July 2004, which caused damages to many houses. Main flood streams flowed into the central city area, and changed the flow pass westward (clockwise) due to the presence of natural levee high. House damages of the central city area were concentrated approximately 250m around the point of levee breach. The damages were conspicuously occurred in vacant lots and/or streets which became passes of the flows with a hydraulic bore. Locality, house damages were reduced probably by rubbish and grove belts that contributed to reduction of the flow energy. Some house damages were observed 400m from the levee breach that may be caused by a reconcentration of streams.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39262

  • 新潟県中越地震による魚沼市(旧堀之内町)新道島,竜光地区の建物被害

    卜部 厚志, 片岡 香子, 本郷 美佐緒, 鈴木 幸治, 安井 賢

    研究年報   26   55 - 60   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    Niigata-ken Chuetsu earthquake (M6.8) was occurred in the Chuetsu district in Niigata Prefecture at 17:56 23rd October, 2004. Damage becomes the large disaster of fatalities 46 persons, serious or slight injury person 4,791 persons, complete collapsed house 2,827, half collapsed house 12,746, partly failure house 100,453 at 18th March. Serious damages such as Kawaguchi Town and Ojiya City, which recorded seismic intensity of 7, are unevenly distributed. The localization of this damage seemed to appear by many factors such as strong motion, surface geology, structure and actual age of the houses etc. ln this study, distribution of building damage and subsurface deformation were mapped out in the western part of the Uonuma City (ex-Horinouchi Town) at the eastern part of the hypocenter. From the distribution of the completely collapsed house, the concentration of the damage of the western part of the Shin-Doujima were caused by the strong motion from the hypocenter. In the future, ground and geological structure will be examined from field investigations, seismic prospecting, etc.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39267

  • 新潟県中越地震による長岡市六日市町・中潟町の建物被害分布

    安井 賢, 卜部 厚志

    研究年報   26   73 - 77   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    A seriously damage by the Niigata-ken Chuetsu Earthquake in October 23, 2004, was occurred in the south-eastern area of Nagaoka City, which was distant about 10km from its epicenter. Many wooden buildings and dozohs (mud-walled buildings) were transformed, and collapsed, but damage to reinforced concrete building was slight. The damage to wooden buildings was focusing on the range of 80-100m width, extending toward the northeast-southwest, which is identical with the boundary of alluvial plain and more higher plain.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39269

  • 新潟地域の地盤災害に関する研究の現状と展望

    高濱 信行, 卜部 厚志, 片岡 香子

    研究年報   26   1 - 9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39266

  • 新潟県中越地震による川口町田麦山地区における地震災害と建物被害

    片岡 香子, 卜部 厚志, 本郷 美佐緒, 鈴木 幸治

    研究年報   26   67 - 71   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The Niigata Chuetsu earthquake occurred on October 23, 2004 (magnitude 6.8), caused severe hazards and extensive damages in the Chuetu area, Niigata Prefecture. This region is characterized by agricultural lands and hence, there is little variation of buildings and houses. Many Japanese style wooden houses were severely damaged. We investigated the damage of Japanese wooden houses and structures in the Tamugiyama district, Kawaguchi Town. Initially we examined the geomorphological and geological aspects of the land on which the houses are situated. Most of the houses and buildings in the district are situated on poor-sort admixture consisting of sand and mud gravel beds that has low resistance to ground motion. The house damages are concentrated in the east of the district probably due to the intensive spread of strong motion and earthquake energy. Also, the damages are obvious on the edges of terrace surfaces and on steep slopes of small-scale alluvial fans (taluses) accompanied with rupture of ground surfaces.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39274

  • 2004. 7. 13新潟豪雨による三条・見附地域の洪水被害状況

    平松 由紀子, 卜部 厚志, 本郷 美佐緒, 安井 賢, 高濱 信行, 鈴木 幸治, 長谷川 拓也, 内藤 信明, 福井 静人, 丹尾 貴志

    研究年報   26   39 - 54   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    A tragic flood disaster was occurred by the unprecedented heavy rainfall around the Chuetsu area of Niigata Prefecture on July 13, 2004. The levees of the Ikarashi-, Kariyata-, and Chigoshimizu Rivers were broken in many places, and the many houses, then, were swept away and the wide area was under muddy flood water in Sanjo and Mitsuke Cities and Nakanoshima Town. The writers made the survey of this disaster and report on the situation of damage of houses, the area and depth of the flood, the scouring and orientation of flood current, and the relation of the damaged area to the geographical condition in this paper.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39270

  • 新潟県中越地震による川口町和南津地区の地盤災害と建物被害

    本郷 美佐緒, 卜部 厚志, 片岡 香子, 鈴木 幸治

    研究年報   26   61 - 65   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The Niigata Chuetsu earthquake (M6.8) occurred on October 23, 2004. It caused widespread hazards and damages in the Chuetsu area, Niigata Prefecture, which including 46 deaths, house destruction of more than 100,000, a great deal of land deformation and structures. Especially, a seismometer installed in the Kawaguchi Town, where located in the eastern part of the epicenter, recorded seismic intensity of 7. We investigated the earthquake hazards and property damages in the Wanazu district, Kawaguchi Town, and preliminary examined the geomorphological and geological aspects of land on which the houses are situated. Most of properties in this district are situated on four terrace surfaces, flood plain, natural levee and two alluvial fans. The house damages are concentrated on steep slopes of alluvial fans overlying terrace and gently slopes of alluvial fan deposits, and are also comparatively concentrated on terraces in the left bank of the Uono River. On the other hand, the house damages situated on terraces in the right bank of the Uono River are less than on which in the left one. Therefore, it is inferred that ground in the Wanazu district were received strong motion by the Niigata Chuetsu earthquake on the left bank of the Uono River.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39260

  • 新潟平野縄文海進期におけるラグーン堆積物の地域特異性

    吉田真見子, 卜部厚志, 保柳康一, 大村亜希子, 山崎梓, 山岸美由紀, 高浜信行

    日本地質学会学術大会講演要旨   110th   244   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 海水準変動に伴うエスチュアリー中の堆積有機物組成変化―新潟平野完新統コアによる解析―

    山崎梓, 山岸美由起, 大村亜希子, 吉田真見子, 卜部厚志, 保柳康一

    日本堆積学会例会プログラム・講演要旨   2003   15 - 16   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • エスチュアリー堆積物の古環境変遷解析―新潟平野縄文海進期の堆積物を例として―

    大村亜希子, 吉田真見子, 山岸美由紀, 山崎梓, 保柳康一, 卜部厚志

    日本堆積学会例会プログラム・講演要旨   2003   13 - 14   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • エスチュアリー堆積物の古環境変遷解析―新潟平野縄文海進期の堆積物を例として(その2)―

    保柳康一, 山崎梓, 山岸美由紀, 吉田真見子, 卜部厚志, 大村亜希子

    日本堆積学会例会プログラム・講演要旨   2003   67 - 68   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 越後平野における沖積層の沈降と約5,000年前の指標火山灰

    卜部 厚志, 高濱 信行

    研究年報   24   63 - 76   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • エスチュアリーシステムの堆積相と有機炭素量変化 新潟平野白根,紫雲寺地域の完新統コアの解析

    保柳康一, 山崎梓, 山岸美由紀, 大村亜希子, 吉田真見子, 卜部厚志

    日本地質学会学術大会講演要旨   109th   262   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟平野紫雲寺地域におけるラグーン埋積完新統の堆積相と有機炭素量の変化

    吉田真見子, 山岸美由起, 山崎梓, 大村亜希子, 卜部厚志, 保柳康一

    日本地質学会学術大会講演要旨   109th   93   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 越後平野中部における古代・9世紀前後の液状化 : 新潟県における歴史地震の液状化跡,その2

    高浜 信行, 卜部 厚志, 布施 智也

    研究年報   23   45 - 52   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    Recently, several paleo-earthquake induced liquefaction structures from the Nara-Heian period (approx. 9th century) have been discovered in the Echigo Plain. During this period, a wake of concentrated large-scale earthquakes may have occurred in this area. In this report, liquefaction and rupture structures confirmed at the Yoshida and Tsubame archaeological sites in the central area of the plain are described. Liquefaction structures dated to be approx. 7-8th century have been confirmed at Kosuwamae A site, approx. after 7-8th century at Kosuwamae B and Sankakuda sites and approx. 9th century at Ohashi and Kitashowaki sites. At the Kosuwamae B site, liquefaction occurred at two different periods and at the Ohashi site a 9th century liquefaction can be confirmed with two stages of sand eruption indicating the main earthquake followed by the aftershock. At the Kitasho-waki site, there is a 7-8m wide rupture zone with several sand dykes where the bedding completely destroyed. It is thought that an earthquake fault must be near by or possibly a massive tremor must have occurred. Up to now, several 9th century liquefaction structures have been discovered in the northern and southern areas of the Echigo Plain. With new discoveries in the central area, there seem to be a possibility that they may be distributed throughout the plain.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39236

  • 珪藻遺骸からみた越後平野,月潟地域における上部完新統の環境変遷とその地史学的意義

    矢部 英生, 卜部 厚志, 高浜 信行

    研究年報   23   53 - 61   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    Analysis of samples from the uppermost Shirone and Kurotori formations of the Tsukigata area, Echigo Plain has shown them to be rich in diatom floras. The age of the samples was estimated to be about 6300y.B.P. or younger (Upper Holocene). Over 130 diatom taxa were identified, and were divided into nine provisional diatom divisions. Most of the assemblages analyzed were dominated by freshwater species, and their environments were inferred to be marshes, moors and ponds. Two brackish water horizons were also recognized, and their environments were inferred to be estuaries or tidal flats. These last were probably deposited during relatively minor transgressions of the Echigo Plain.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/39234

  • 新潟平野西縁部、角田・弥彦断層群における浅層反射法地震探査

    渡部 俊, 卜部 厚志, 高浜 信行, 鈴木 幸治, 村尾 治祐, 渡辺 史郎, 稲崎 富士

    新潟応用地質研究会誌   54   33 - 37   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟応用地質研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 断層の浅部構造の反射法による探査

    渡辺 史郎, 卜部 厚志, 小松原 琢

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference   102   18 - 20   2000年5月

     詳細を見る

  • 兵庫県神戸市及び芦屋市における伏在断層と基盤構造

    遠藤 秀典, 渡辺 史郎, 牧野 雅彦, 村田 泰章, 渡辺 和明, 卜部 厚志

    物理探査   48 ( 6 )   439 - 450   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:物理探査学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • LATE CENOZOIC STRATIGRAPHY AND SEDIMENTARY ENVIRONMENT OF HOMINOIDS SITES IN THE YUANMOU BASIN, YUNNAN, SOUTH CHINA

    Tomomi Miyazaki, Atsushi Urabe, Hideo Nakaya, Jiang Nengren, Xue Shunrong

    JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY   15   45A - 45A   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 魚沼層群にみられる海成層の堆積サイクルと相対的海水準変動

    卜部 厚志, 立石 雅昭, 風岡 修

    地質学論集   ( 45 )   140 - 153   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    新潟県の東頸城丘陵には, 最大層厚3000 mにもおよぶ更新統の魚沼層群が分布している。魚沼層群は, 海成層と非海成層の繰返しからなり, 多くの火山灰鍵層を挟む。これらは, 岩相の特徴から下位より塚山層, 小国層に区分される。これらの海成層と非海成層の繰返しは, 氷河性海水準変動と構造運動による海進・海退により形成されたことが示唆されている。魚沼層群の海成層の堆積相解析から, 海成層は, 内側陸棚, 外浜, 前浜や内湾の堆積物からなる。これらの堆積サイクルは, 塚山層と小国層では異なり, 塚山層では前浜-外浜タイプ, 小国層では内湾-沿岸タイプからなる。魚沼層群の各海成層と酸素同位体比曲線, 火山灰層の年代, ナンノ化石層序との対比から, 魚沼層群の海成層と非海成層の繰り返しの周期は, 4万~10万年周期の氷河性海水準変動に起因している。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10810124

  • 三浦層群における火砕鍵層の対比についての基礎的研究

    卜部 厚志, 赤坂 正秀, 三梨 昂

    島根大学地質学研究報告   9   97 - 115   1990年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:島根大学  

    The Mio-Pliocene Miura Group distributed in the Miuraand Boso Peninsula is composed of marine sediments such as silt, sands, gravels and tuff. The tuff beds are the most useful pyroclastic key beds for correlation. Most of pyroclastic key beds are correlated with the stratigraphical combination of the beds which are distinguished each other by the various characters. We investigated the typical pyroclastic key beds (So tuff, Ok tuff, Hk tuff) of the Miura Group, in terms of the following characters : thickness, color, intralayer lithological succession, size distribution, mineral composition, heavy mineral composition, shape of glass and chemical composition of amphibole. The results show that the each bed of the Ok tuff is distinguished by the heavy mineral composition and the stratigraphical combination of each bed is useful for correlation of the Ok tuff. The Hk tuff and So tuff are characterized by the heavy mineral compositions which are abundant in amphibole, The characters of these pyroclastic key beds in the Miura Peninsula are the same as those in the Boso Peninsula. Thus the heavy mineral compositions of the pyroclastic key beds are useful for correlations in the extensive area.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.lib.shimane-u.ac.jp/6330

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 地形・地質要因による地盤災害の軽減に関する研究

    2009年4月 - 2011年3月

    地方自治体  地域復興支援事業 

    卜部厚志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 沖積平野の形成発達過程を制御する海水準変動以外の要因の抽出とその定量化

    2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 野地遺跡の立地環境に関する地質学的調査

    2005年12月 - 2006年3月

    (財)新潟県埋蔵文化財調査事業団  受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3300000円

    researchmap

  • 大規模なイベント性堆積作用による沖積層の堆積システムの変遷と平野の形成

    2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    researchmap

  • 新潟平野における縄文海進以降の相対的海水準変動と堆積システムの変遷

    2003年4月 - 2005年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質調査法実習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地質学入門b

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 災害復興科学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学セミナーⅠ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野外実習III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 応用地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地盤変動特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀・地盤災害特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 第四紀環境学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 文化財学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 地学基礎C

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究(地質科学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境地質学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 突発災害特論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文講読演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • フィールド安全論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎C

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学実習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 災害・復興科学演習及び実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • フィールドワーカーのためのリスクマネジメント実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • フィールド安全論

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門b

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2012年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅠ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀環境学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用地質学実習

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論Ⅰ

    2011年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅰ

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2010年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 文化財学入門

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論Ⅱ

    2008年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論Ⅱ

    2008年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学A

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 環境地質学実習

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎C

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 新潟の地質・災害をさぐる

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 災害復興科学

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 地盤変動特論II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 第四紀・地盤災害特論II

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示