2024/04/23 更新

写真a

マツモト ソウキチ
松本 壮吉
MATSUMOTO Sohkichi
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 教授
医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 1998年12月   長崎大学 )

  • 博士(歯学) ( 1999年9月   長崎大学 )

研究キーワード

  • Mycobacterium

  • Infectious diseases

  • 抗酸菌症の診断法開発

  • 宿主応答解析と結核ワクチン開発

  • 結核・抗酸菌症に対する創薬

  • 抗酸菌

  • 細菌

  • 休眠と潜伏感染

  • 結核

  • パーシスター

研究分野

  • ライフサイエンス / 細菌学

  • ライフサイエンス / 免疫学

経歴(researchmap)

  • 北海道大学   ワクチン研究開発拠点   客員教授

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

  • アイルランガ大学   医学部   Adjunct Professor

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:インドネシア共和国

    researchmap

  • 大阪市立大学   大学院医学研究科   客員教授

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   細菌学   教授

    2013年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 大阪市立大学   細菌学   准教授

    2007年4月 - 2013年8月

      詳細を見る

  • 大阪市立大学   感染防御学   助教授

    2006年1月 - 2006年12月

      詳細を見る

  • 大阪市立大学   感染防御学   講師

    2002年1月 - 2005年12月

      詳細を見る

  • National Institutes of Health   Tuberculosis Research Section   Fellow

    1999年10月 - 2001年12月

      詳細を見る

  • 長崎大学歯学部   口腔細菌学講座   助手

    1992年9月 - 1999年9月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 国際感染医学   教授

    2013年9月 - 現在

学歴

  • 長崎大学   歯学部

    1986年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • 日米医学協力計画 抗酸菌症専門部会   部会長  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 長崎大学熱帯医学研究所「熱帯医学研究拠点」運営協議会   委員  

    2016年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本バイオフィルム学会   理事  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日米医学協力計画 結核・ハンセン病専門部会   パネル  

    2012年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

  • 日本細菌学会   評議員  

    2009年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

留学歴

  • 国立衛生研究所   研究員

    1999年10月 - 2001年12月

 

論文

  • Evaluation of cytokine profiles related to Mycobacterium tuberculosis latent antigens using a whole-blood assay in the Philippines

    Ikkoh Yasuda, Naomi Ruth D. Saludar, Ana Ria Sayo, Shuichi Suzuki, Akira Yokoyama, Yuriko Ozeki, Haruka Kobayashi, Akihito Nishiyama, Sohkichi Matsumoto, Sharon E. Cox, Takeshi Tanaka, Yoshiro Yamashita

    Frontiers in Immunology   15   2024年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Introduction

    There is no useful method to discriminate between latent tuberculosis infection (LTBI) and active pulmonary tuberculosis (PTB). This study aimed to investigate the potential of cytokine profiles to discriminate between LTBI and active PTB using whole-blood stimulation with Mycobacterium tuberculosis (MTB) antigens, including latency-associated antigens.

    Materials and methods

    Patients with active PTB, household contacts of active PTB patients and community exposure subjects were recruited in Manila, the Philippines. Peripheral blood was collected from the participants and used for whole-blood stimulation (WBS) with either the early secretory antigenic target and the 10-kDa culture filtrate protein (ESAT-6/CFP-10), Rv3879c or latency-associated MTB antigens, including mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP-1), α-crystallin (Acr) and heparin-binding hemagglutinin (HBHA). Multiple cytokine concentrations were analyzed using the Bio-Plex™ multiplex cytokine assay.

    Results

    A total of 78 participants consisting of 15 active PTB patients, 48 household contacts and 15 community exposure subjects were eligible. The MDP-1-specific IFN-γ level in the active PTB group was significantly lower than that in the household contact group (p < 0.001) and the community exposure group (p < 0.001). The Acr-specific TNF-α and IL-10 levels in the active PTB group were significantly higher than those in the household contact (TNF-α; p = 0.001, IL-10; p = 0.001) and community exposure (TNF-α; p < 0.001, IL-10; p = 0.01) groups. However, there was no significant difference in the ESAT-6/CFP-10-specific IFN-γ levels among the groups.

    Conclusion

    The patterns of cytokine profiles induced by latency-associated MTB antigens using WBS have the potential to discriminate between LTBI and active PTB. In particular, combinations of IFN-γ and MDP-1, TNF-α and Acr, and IL-10 and Acr are promising. This study provides the first demonstration of the utility of MDP-1-specific cytokine responses in WBS.

    DOI: 10.3389/fimmu.2024.1330796

    researchmap

  • Genetic engineering employing MPB70 and its promoter enables efficient secretion and expression of foreign antigen in bacillus Calmette Guérin (BCG) Tokyo

    Atsuki Takeishi, Amina K. Shaban, Taichi Kakihana, Hayato Takihara, Shujiro Okuda, Hidekazu Osada, Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Yuriko Ozeki, Yutaka Yoshida, Akihito Nishiyama, Yoshitaka Tateishi, Yuki Aizu, Yasushi Chuma, Kazuyo Onishi, Daisuke Hayashi, Saburo Yamamoto, Tetsu Mukai, Manabu Ato, Duong Huu Thai, Huynh Thi Thao Nhi, Tsuyoshi Shirai, Satoshi Shibata, Fumiko Obata, Jun Fujii, Seiya Yamayoshi, Maki Kiso, Sohkichi Matsumoto

    Microbiology and Immunology   2024年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Abstract

    Vaccination is an important factor in public health. The recombinant bacillus Calmette Guérin (rBCG) vaccine, which expresses foreign antigens, is expected to be a superior vaccine against infectious diseases. Here, we report a new recombination platform in which the BCG Tokyo strain is transformed with nucleotide sequences encoding foreign protein fused with the MPB70 immunogenic protein precursor. By RNA‐sequencing, mpb70 was found to be the most transcribed among all known genes of BCG Tokyo. Small oligopeptide, namely, polyhistidine tag, was able to be expressed in and secreted from rBCG through a process in which polyhistidine tag fused with intact MPB70 were transcribed by an mpb70 promoter. This methodology was applied to develop an rBCG expressing the receptor binding domain (RBD) of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2. Immunoblotting images and mass spectrometry data showed that RBD was also secreted from rBCG. Sera from mice vaccinated with the rBCG showed a tendency of weak neutralizing capacity. The secretion was retained even after a freeze‐drying process. The freeze‐dried rBCG was administered to and recovered from mice. Recovered rBCG kept secreting RBD. Collectively, our recombination platform offers stable secretion of foreign antigens and can be applied to the development of practical rBCGs.

    DOI: 10.1111/1348-0421.13116

    researchmap

  • Dynamic action of an intrinsically disordered protein in DNA compaction that induces mycobacterial dormancy. 国際誌

    Akihito Nishiyama, Masahiro Shimizu, Tomoyuki Narita, Noriyuki Kodera, Yuriko Ozeki, Akira Yokoyama, Kouta Mayanagi, Takehiro Yamaguchi, Mariko Hakamata, Amina Kaboso Shaban, Yoshitaka Tateishi, Kosuke Ito, Sohkichi Matsumoto

    Nucleic acids research   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacteria are the major human pathogens with the capacity to become dormant persisters. Mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1), an abundant histone-like protein in dormant mycobacteria, induces dormancy phenotypes, e.g. chromosome compaction and growth suppression. For these functions, the polycationic intrinsically disordered region (IDR) is essential. However, the disordered property of IDR stands in the way of clarifying the molecular mechanism. Here we clarified the molecular and structural mechanism of DNA compaction by MDP1. Using high-speed atomic force microscopy, we observed that monomeric MDP1 bundles two adjacent DNA duplexes side-by-side via IDR. Combined with coarse-grained molecular dynamics simulation, we revealed the novel dynamic DNA cross-linking model of MDP1 in which a stretched IDR cross-links two DNA duplexes like double-sided tape. IDR is able to hijack HU function, resulting in the induction of strong mycobacterial growth arrest. This IDR-mediated reversible DNA cross-linking is a reasonable model for MDP1 suppression of the genomic function in the resuscitable non-replicating dormant mycobacteria.

    DOI: 10.1093/nar/gkad1149

    PubMed

    researchmap

  • Limited proteolysis of mycobacterial DNA-binding protein 1 with an extended, lysine-rich, intrinsically disordered region to unveil posttranslational modifications

    Yutaka Yoshida, Akihito Nishiyama, Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Tomoya Yamazaki, Akira Yokoyama, Daiki Kobayashi, Hitoshi Kondo, Yuriko Ozeki, Sohkichi Matsumoto

    Biochemical and Biophysical Research Communications   2023年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2023.09.028

    researchmap

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1 is critical for BCG survival in stressful environments and simultaneously regulates gene expression. 国際誌

    Amina K Shaban, Gebremichal Gebretsadik, Mariko Hakamata, Hayato Takihara, Erina Inouchi, Akihito Nishiyama, Yuriko Ozeki, Yoshitaka Tateishi, Yukiko Nishiuchi, Takehiro Yamaguchi, Naoya Ohara, Shujiro Okuda, Sohkichi Matsumoto

    Scientific reports   13 ( 1 )   14157 - 14157   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Survival of the live attenuated Bacillus Calmette-Guérin (BCG) vaccine amidst harsh host environments is key for BCG effectiveness as it allows continuous immune response induction and protection against tuberculosis. Mycobacterial DNA binding protein 1 (MDP1), a nucleoid associated protein, is essential in BCG. However, there is limited knowledge on the extent of MDP1 gene regulation and how this influences BCG survival. Here, we demonstrate that MDP1 conditional knockdown (cKD) BCG grows slower than vector control in vitro, and dies faster upon exposure to antibiotics (bedaquiline) and oxidative stress (H2O2 and menadione). MDP1-cKD BCG also exhibited low infectivity and survival in THP-1 macrophages and mice indicating possible susceptibility to host mediated stress. Consequently, low in vivo survival resulted in reduced cytokine (IFN-gamma and TNF-alpha) production by splenocytes. Temporal transcriptome profiling showed more upregulated (81-240) than downregulated (5-175) genes in response to MDP1 suppression. Pathway analysis showed suppression of biosynthetic pathways that coincide with low in vitro growth. Notable was the deferential expression of genes involved in stress response (sigI), maintenance of DNA integrity (mutT1), REDOX balance (WhiB3), and host interactions (PE/PE_PGRS). Thus, this study shows MDP1's importance in BCG survival and highlights MDP1-dependent gene regulation suggesting its role in growth and stress adaptation.

    DOI: 10.1038/s41598-023-40941-9

    PubMed

    researchmap

  • Antibodies against native proteins of Mycobacterium tuberculosis can detect pulmonary tuberculosis patients

    Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Ni Made Mertaniasih, Soedarsono, Kimika Hagino, Tomoya Yamazaki, Yuriko Ozeki, Wayan Tunas Artama, Haruka Kobayashi, Erina Inouchi, Yutaka Yoshida, Satoshi Ishikawa, Amina Kaboso Shaban, Yoshitaka Tateishi, Akihito Nishiyama, Manabu Ato, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>Accurate point-of-care testing (POCT) is critical for managing tuberculosis (TB). However, current antibody-based diagnosis shows low specificity and sensitivity. To find proper antigen candidates for TB diagnosis by antibodies, we assessed IgGs responsiveness to <jats:italic>Mycobacterium tuberculosis</jats:italic> proteins in pulmonary TB (PTB) patients. We employed major secreted proteins, such as Rv1860, Ag85C, PstS1, Rv2878c, Ag85B, and Rv1926c that were directly purified from <jats:italic>M. tuberculosis</jats:italic>. In the first screening, we found that IgG levels were significantly elevated in PTB patients only against Rv1860, PstS1, and Ag85B among tested antigens. However, recombinant PstS1 and Ag85B from <jats:italic>Escherichia coli (E. coli)</jats:italic> couldn’t distinguish PTB patients and healthy controls (HC). Recombinant Rv1860 was not checked due to its little expression. Then, the 59 confirmed PTB patients from Soetomo General Academic Hospital, Surabaya, Indonesia, and 102 HC were tested to Rv1860 and Ag85B only due to the low yield of the PstS1 from <jats:italic>M. tuberculosis</jats:italic>. The ROC analysis using native Ag85B and Rv1860 showed an acceptable area under curve for diagnosis, which is 0.812 (95% CI 0.734–0.890, <jats:italic>p</jats:italic> &lt; 0.0001) and 0.821 (95% CI 0.752–0.890, <jats:italic>p</jats:italic> &lt; 0.0001). This study indicates that taking consideration of native protein structure is key in developing TB’s POCT by antibody-based diagnosis.</jats:p>

    DOI: 10.1038/s41598-023-39436-4

    researchmap

  • Virulence of Mycobacterium intracellulare clinical strains in a mouse model of lung infection - role of neutrophilic inflammation in disease severity. 国際誌

    Yoshitaka Tateishi, Yuriko Ozeki, Akihito Nishiyama, Mari Miki, Ryoji Maekura, Hiroshi Kida, Sohkichi Matsumoto

    BMC microbiology   23 ( 1 )   94 - 94   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Mycobacterium intracellulare is a major etiological agent of Mycobacterium avium-intracellulare pulmonary disease (MAC-PD). However, the characteristics of the virulence of M. intracellulare and the in vivo chemotherapeutic efficacy remain unclear. In this study, we examined the virulence of nine M. intracellulare strains with different clinical phenotypes and genotypes in C57BL/6 mice. RESULTS: We classified three types of virulence phenotypes (high, intermediate, and low) based on the kinetics of the bacterial load, histological lung inflammation, and neutrophilic infiltration. High virulence strains showed more severe neutrophilic infiltration in the lungs than intermediate and low virulence strains, with 6.27-fold and 11.0-fold differences of the average percentage of neutrophils in bronchoalveolar lavage fluid, respectively. In particular, the high virulence strain M.i.198 showed the highest mortality in mice, which corresponded to the rapid progression of clinical disease. In mice infected with the drug-sensitive high virulence strain M019, clarithromycin-containing chemotherapy showed the highest efficacy. Monotherapy with rifampicin exacerbated lung inflammation with increased lymphocytic and neutrophilic infiltration into the lungs. CONCLUSIONS: The virulence phenotypes of clinical strains of M. intracellulare were diverse, with high virulence strains being associated with neutrophilic infiltration and disease progression in infected mice. These high virulence strains were proposed as a useful subject for in vivo chemotherapeutic experiments.

    DOI: 10.1186/s12866-023-02831-y

    PubMed

    researchmap

  • Antigen-specific cytokine profiles for pulmonary Mycobacterium avium complex disease stage diagnosis. 国際誌

    Yoshiro Yamashita, Ikkoh Yasuda, Takeshi Tanaka, Toru Ikeda, Mayumi Terada, Masahiro Takaki, Yoshiko Tsuchihashi, Norichika Asoh, Yukiko Ohara, Shymaa Enany, Haruka Kobayashi, Sohkichi Matsumoto, Konosuke Morimoto

    Frontiers in immunology   14   1222428 - 1222428   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Controlling pulmonary Mycobacterium avium complex (MAC) disease is difficult because there is no way to know the clinical stage accurately. There have been few attempts to use cell-mediated immunity for diagnosing the stage. The objective of this study was to characterize cytokine profiles of CD4+T and CD19+B cells that recognize various Mycobacterium avium-associated antigens in different clinical stages of MAC. METHODS: A total of 47 MAC patients at different stages based on clinical information (14 before-treatment, 16 on-treatment, and 17 after-treatment) and 17 healthy controls were recruited. Peripheral blood mononuclear cells were cultured with specific antigens (MAV0968, 1160, 1276, and 4925), and the cytokine profiles (IFN-γ, TNF-α, IL-2, IL-10, IL-13, and IL-17) of CD4+/CD3+ and CD19+ cells were analyzed by flow cytometry. RESULTS: The response of Th1 cytokines such as IFN-γ and TNF-α against various antigens was significantly higher in both the on-treatment and after-treatment groups than in the before-treatment group and control (P < 0.01-0.0001 and P < 0.05-0.0001). An analysis of polyfunctional T cells suggested that the presence of IL-2 is closely related to the stage after the start of treatment (P = 0.0309-P < 0.0001) and is involved in memory function. Non-Th1 cytokines, such as IL-10 and IL-17, showed significantly higher responses in the before-treatment group (P < 0.0001 and P < 0.01-0.0001). These responses were not observed with purified protein derivative (PPD). CD19+B cells showed a response similar to that of CD4+T cells. CONCLUSION: There is a characteristic cytokine profile at each clinical stage of MAC.

    DOI: 10.3389/fimmu.2023.1222428

    PubMed

    researchmap

  • An efficient CRISPR interference-based prediction method for synergistic/additive effects of novel combinations of anti-tuberculosis drugs. 国際誌

    Noriaki Samukawa, Takehiro Yamaguchi, Yuriko Ozeki, Sohkichi Matsumoto, Masayuki Igarashi, Naoko Kinoshita, Masaki Hatano, Kentaro Tokudome, Shinji Matsunaga, Shuhei Tomita

    Microbiology (Reading, England)   168 ( 12 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tuberculosis (TB) is treated by chemotherapy with multiple anti-TB drugs for a long period, spanning 6 months even in a standard course. In perspective, to prevent the emergence of antimicrobial resistance, novel drugs that act synergistically or additively in combination with major anti-TB drugs and, if possible, shorten the duration of TB therapy are needed. However, their combinatorial effect cannot be predicted until the lead identification phase of the drug development. Clustered regularly interspaced short palindromic repeats interference (CRISPRi) is a powerful genetic tool that enables high-throughput screening of novel drug targets. The development of anti-TB drugs promises to be accelerated by CRISPRi. This study determined whether CRISPRi could be applicable for predictive screening of the combinatorial effect between major anti-TB drugs and an inhibitor of a novel target. In the checkerboard assay, isoniazid killed Mycobacterium smegmatis synergistically or additively in combinations with rifampicin or ethambutol, respectively. The susceptibility to rifampicin and ethambutol was increased by knockdown of inhA, which encodes a target molecule of isoniazid. Additionally, knockdown of rpoB, which encodes a target molecule of rifampicin, increased the susceptibility to isoniazid and ethambutol, which act synergistically with rifampicin in the checkerboard assay. Moreover, CRISPRi could successfully predict the synergistic action of cyclomarin A, a novel TB drug candidate, with isoniazid or rifampicin. These results demonstrate that CRISPRi is a useful tool not only for drug target exploration but also for screening the combinatorial effects of novel combinations of anti-TB drugs. This study provides a rationale for anti-TB drug development using CRISPRi.

    DOI: 10.1099/mic.0.001285

    PubMed

    researchmap

  • Lysocin E Targeting Menaquinone in the Membrane of Mycobacterium tuberculosis Is a Promising Lead Compound for Antituberculosis Drugs. 国際誌

    Geberemichal Geberetsadik, Akane Inaizumi, Akihito Nishiyama, Takehiro Yamaguchi, Hiroshi Hamamoto, Suresh Panthee, Aki Tamaru, Manabu Hayatsu, Yusuke Mizutani, Shaban Amina Kaboso, Mariko Hakamata, Aleksandr Ilinov, Yuriko Ozeki, Yoshitaka Tateishi, Kazuhisa Sekimizu, Sohkichi Matsumoto

    Antimicrobial agents and chemotherapy   66 ( 9 )   e0017122   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tuberculosis remains a public health crisis and a health security threat. There is an urgent need to develop new antituberculosis drugs with novel modes of action to cure drug-resistant tuberculosis and shorten the chemotherapy period by sterilizing tissues infected with dormant bacteria. Lysocin E is an antibiotic that showed antibacterial activity against Staphylococcus aureus by binding to its menaquinone (commonly known as vitamin K2). Unlike S. aureus, menaquinone is essential in both growing and dormant Mycobacterium tuberculosis. This study aims to evaluate the antituberculosis activities of lysocin E and decipher its mode of action. We show that lysocin E has high in vitro activity against both drug-susceptible and drug-resistant Mycobacterium tuberculosis var. tuberculosis and dormant mycobacteria. Lysocin E is likely bound to menaquinone, causing M. tuberculosis membrane disruption, inhibition of oxygen consumption, and ATP synthesis. Thus, we have concluded that the high antituberculosis activity of lysocin E is attributable to its synergistic effects of membrane disruption and respiratory inhibition. The efficacy of lysocin E against intracellular M. tuberculosis in macrophages was lower than its potent activity against M. tuberculosis in culture medium, probably due to its low ability to penetrate cells, but its efficacy in mice was still superior to that of streptomycin. Our findings indicate that lysocin E is a promising lead compound for the development of a new tuberculosis drug that cures drug-resistant and latent tuberculosis in a shorter period.

    DOI: 10.1128/aac.00171-22

    PubMed

    researchmap

  • 結核・非結核性抗酸菌感染検出パネル開発

    木田 博, 松本 壮吉, 前倉 亮治

    結核   97 ( 4 )   119 - 119   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会  

    researchmap

  • Direct Attachment with Erythrocytes Augments Extracellular Growth of Pathogenic Mycobacteria

    Yukiko Nishiuchi, Yoshitaka Tateishi, Hiroshi Hirano, Yuriko Ozeki, Takehiro Yamaguchi, Mari Miki, Seigo Kitada, Fumito Maruyama, Sohkichi Matsumoto

    Microbiology Spectrum   10 ( 2 )   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    Pathogenic mycobacteria, such as Mycobacterium tuberculosis , Mycobacterium avium subsp. hominissuis (MAH), and Mycobacterium intracellulare , cause pulmonary infections as intracellular parasites of lung macrophages and epithelial cells. Here, using histopathological examinations we found that MAH and M. intracellulare colocalized with erythrocytes in lung infection sites.

    DOI: 10.1128/spectrum.02454-21

    researchmap

  • Long-Term Prognosis and Antimycobacterial Glycolipid Antibody as Biomarker in Mycobacterium avium-intracellulare Complex Pulmonary Disease. 国際誌

    Ryoji Maekura, Keisuke Miki, Yoshitaka Tateishi, Sohkichi Matsumoto, Seigo Kitada, Mari Miki, Hiroshi Kida

    Microbiology spectrum   10 ( 3 )   e0053022   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Clinical characteristics and outcomes of multidrug chemotherapy have been used as the main prognostic factors for Mycobacterium avium-intracellulare complex pulmonary disease (MAC-PD) over the last decade; however, no useful prognostic biomarkers have been reported. The aim is to ascertain whether the serum antibody titers could include useful prognostic predictors of MAC-PD. Ninety-four patients with MAC-PD were enrolled and regularly followed up with for more than 5 years or until death. Cox proportional hazard regression and receiver operating characteristic (ROC) curve analyses were used to identify predictors of mortality in this prospective observational study. According to treatment outcomes, 85 patients completed follow-up and were classified into four groups. Seventeen patients (20%) died during follow-up (median, 10.1 years; interquartile range, 8.1 to 12.4 years). All 11 patients with MAC-PD-specific death were included in the 14 patients of the group nonresponsive to the multidrug chemotherapy. They had significantly higher anti-Mycobacterium glycolipid (MBGL) antibody titers than those in the other groups and a significantly (P < 0.0001) poorer survival prognosis. The anti-MBGL antibody titers also served as a negative prognostic factor. A cutoff score of 7, which was calculated by clinical poor prognostic characteristics and anti-MBGL antibody titers, differentiated the nonresponse group and the other groups at baseline (sensitivity, specificity, and area under the curve: 92.9%, 81.7%, and 0.95, respectively). In conclusion, anti-MBGL antibody titers were useful to assess the refractory MAC-PD. The predictions of treatment outcome and mortality become more accurate by using anti-MBGL antibody and clinical poor prognostic characteristics together. IMPORTANCE The natural history of MAC-PD is challenging to predict in immunocompetent patients at diagnosis, and the current multidrug chemotherapy options are not strong enough to eliminate mycobacteria from the lungs. Therefore, the diagnosis of MAC-PD does not necessarily lead to the decision to start chemotherapy. We have also observed refractory patients in clinical practice, who were resistant to multiple-drug chemotherapy and showed persistent excretion of MAC bacilli and progressive worsening of chest radiographic findings until death. We have reported that the measurements of anti-MBGL antibody titers helped assess refractory MAC-PD in this study. Furthermore, the predictions of treatment outcome and mortality become more accurate by using the anti-MBGL antibody in addition to clinical poor prognostic characteristics, which were older age, lower body mass index, the positive results of a smear test for acid-fast bacteria (AFB), and presence of cavitary disease.

    DOI: 10.1128/spectrum.00530-22

    PubMed

    researchmap

  • Monitoring IgG against Mycobacterium tuberculosis proteins in an Asian elephant cured of tuberculosis that developed from long-term latency. 国際誌

    Satoshi Ishikawa, Yuriko Ozeki, Satomi Suga, Yasuhiko Mukai, Haruka Kobayashi, Erina Inouchi, Shaban A Kaboso, Gebremichal Gebretsadik, Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Akihito Nishiyama, Yoshitaka Tateishi, Hayato Takihara, Shujiro Okuda, Shiomi Yoshida, Naoaki Misawa, Sohkichi Matsumoto

    Scientific reports   12 ( 1 )   4310 - 4310   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tuberculosis (TB) is fatal in elephants, hence protecting elephants from TB is key not only in the conservation of this endangered animal, but also to prevent TB transmission from elephants to humans. Most human TB cases arise from long-term asymptomatic infections. Significant diagnostic challenges remain in the detection of both infection and disease development from latency in elephants due to their huge bodies. In this study, we assessed cryopreserved sera collected for over 16 years, from the first Japanese treatment case of elephant TB. Semi-quantification of IgG levels to 11 proteins showed high detection levels of 3 proteins, namely ESAT6/CFP10, MPB83 and Ag85B. The level of IgG specific to these 3 antigens was measured longitudinally, revealing high and stable ESAT6/CFP10 IgG levels regardless of onset or treatment. Ag85B-specifc IgG levels were largely responsive to onset or treatment, while those of MPB83 showed intermediate responses. These results suggest that ESAT6/CFP10 is immunodominant in both asymptomatic and symptomatic phases, making it useful in the detection of infection. On the other hand, Ag85B has the potential to be a marker for the prediction of disease onset and in the evaluation of treatment effectiveness in elephants.

    DOI: 10.1038/s41598-022-08228-7

    PubMed

    researchmap

  • Identification and functional analysis of a new type of <i>Z,E</i> ‐mixed prenyl reductase from mycobacteria

    Tohru Abe, Mariko Hakamata, Akihito Nishiyama, Yoshitaka Tateishi, Sohkichi Matsumoto, Hisashi Hemmi, Daijiro Ueda, Tsutomu Sato

    The FEBS Journal   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/febs.16412

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/febs.16412

  • 抗酸菌の新しいタイプのZ、E混成型プレニル基還元酵素の同定と機能解析(Identification and functional analysis of a new type of Z,E-mixed prenyl reductase from mycobacteria)

    阿部 透, 袴田 真理子, 西山 晃史, 立石 善隆, 松本 壮吉, 邊見 久, 上田 大次郎, 佐藤 努

    日本細菌学雑誌   77 ( 1 )   68 - 68   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • GRIM‐19 is a target of mycobacterial Zn2+ metalloprotease 1 and indispensable for NLRP3 inflammasome activation 査読 国際誌

    Tomomi Kurane, Tetsuro Matsunaga, Tomoaki Ida, Kazuko Sawada, Akira Nishimura, Masayuki Fukui, Masayuki Umemura, Masaaki Nakayama, Naoya Ohara, Sohkichi Matsumoto, Takaaki Akaike, Goro Matsuzaki, Giichi Takaesu

    The FASEB Journal   36 ( 1 )   e22096   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Tuberculosis is a communicable disease caused by Mycobacterium tuberculosis which primarily infects macrophages and establishes intracellular parasitism. A mycobacterial virulence factor Zn2+ metalloprotease 1 (Zmp1) is known to suppress interleukin (IL)-1β production by inhibiting caspase-1 resulting in phagosome maturation arrest. However, the molecular mechanism of caspase-1 inhibition by Zmp1 is still elusive. Here, we identified GRIM-19 (also known as NDUFA13), an essential subunit of mitochondrial respiratory chain complex I, as a novel Zmp1-binding protein. Using the CRISPR/Cas9 system, we generated GRIM-19 knockout murine macrophage cell line J774.1 and found that GRIM-19 is essential for IL-1β production during mycobacterial infection as well as in response to NLRP3 inflammasome-activating stimuli such as extracellular ATP or nigericin. We also found that GRIM-19 is required for the generation of mitochondrial reactive oxygen species and NLRP3-dependent activation of caspase-1. Loss of GRIM-19 or forced expression of Zmp1 resulted in a decrease in mitochondrial membrane potential. Our study revealed a previously unrecognized role of GRIM-19 as an essential regulator of NLRP3 inflammasome and a molecular mechanism underlying Zmp1-mediated suppression of IL-1β production during mycobacterial infection.

    DOI: 10.1096/fj.202101074rr

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1096/fj.202101074RR

  • Extracellular DNA of slow growers of mycobacteria and its contribution to biofilm formation and drug tolerance 国際誌

    Aleksandr Ilinov, Akihito Nishiyama, Hiroki Namba, Yukari Fukushima, Hayato Takihara, Chie Nakajima, Anna Savitskaya, Gebremichal Gebretsadik, Mariko Hakamata, Yuriko Ozeki, Yoshitaka Tateishi, Shujiro Okuda, Yasuhiko Suzuki, Yuri S. Vinnik, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   11 ( 1 )   10953 - 10953   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>DNA is basically an intracellular molecule that stores genetic information and carries instructions for growth and reproduction in all cellular organisms. However, in some bacteria, DNA has additional roles outside the cells as extracellular DNA (eDNA), which is an essential component of biofilm formation and hence antibiotic tolerance. Mycobacteria include life-threating human pathogens, most of which are slow growers. However, little is known about the nature of pathogenic mycobacteria’s eDNA. Here we found that eDNA is present in slow-growing mycobacterial pathogens, such as <italic>Mycobacterium tuberculosis</italic>, <italic>M. intracellulare</italic>, and <italic>M. avium</italic> at exponential growth phase. In contrast, eDNA is little in all tested rapid-growing mycobacteria. The physiological impact of disrupted eDNA on slow-growing mycobacteria include reduced pellicle formation, floating biofilm, and enhanced susceptibility to isoniazid and amikacin. Isolation and sequencing of eDNA revealed that it is identical to the genomic DNA in <italic>M. tuberculosis</italic> and <italic>M. intracellulare</italic>. In contrast, accumulation of phage DNA in eDNA of <italic>M. avium</italic>, suggests that the DNA released differs among mycobacterial species. Our data show important functions of eDNA necessary for biofilm formation and drug tolerance in slow-growing mycobacteria.

    DOI: 10.1038/s41598-021-90156-z

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-90156-z

  • Comparative genomic analysis of Mycobacterium intracellulare: implications for clinical taxonomic classification in pulmonary Mycobacterium avium-intracellulare complex disease 国際誌

    Yoshitaka Tateishi, Yuriko Ozeki, Akihito Nishiyama, Mari Miki, Ryoji Maekura, Yukari Fukushima, Chie Nakajima, Yasuhiko Suzuki, Sohkichi Matsumoto

    BMC Microbiology   21 ( 1 )   103 - 103   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    <italic>Mycobacterium intracellulare</italic> is a representative etiological agent of emerging pulmonary <italic>M. avium-intracellulare</italic> complex disease in the industrialized countries worldwide. The recent genome sequencing of clinical strains isolated from pulmonary <italic>M. avium-intracellulare</italic> complex disease has provided insight into the genomic characteristics of pathogenic mycobacteria, especially for <italic>M. avium</italic>; however, the genomic characteristics of <italic>M. intracellulare</italic> remain to be elucidated.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    In this study, we performed comparative genomic analysis of 55 <italic>M. intracellulare</italic> and related strains such as <italic>M. paraintracellulare</italic> (MP), <italic>M. indicus pranii</italic> (MIP) and <italic>M. yonogonense</italic>. Based on the average nucleotide identity, the clinical <italic>M. intracellulare</italic> strains were phylogenetically grouped in two clusters: (1) the typical <italic>M. intracellulare</italic> (TMI) group, including ATCC13950 and virulent M.i.27 and M.i.198 that we previously reported, and (2) the MP-MIP group. The alignment of the genomic regions was mostly preserved between groups. Plasmids were identified between groups and subgroups, including a plasmid common among some strains of the M.i.27 subgroup. Several genomic regions including those encoding factors involved in lipid metabolism (e.g., <italic>fadE3</italic>, <italic>fadE33</italic>), transporters (e.g., <italic>mce3</italic>), and type VII secretion system (genes of ESX-2 system) were shown to be hypermutated in the clinical strains. <italic>M. intracellulare</italic> was shown to be pan-genomic at the species and subspecies levels. The <italic>mce</italic> genes were specific to particular subspecies, suggesting that these genes may be helpful in discriminating virulence phenotypes between subspecies.


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    Our data suggest that genomic diversity among <italic>M. intracellulare</italic>, <italic>M. paraintracellulare</italic>, <italic>M. indicus pranii</italic> and <italic>M. yonogonense</italic> remains at the subspecies or genovar levels and does not reach the species level. Genetic components such as <italic>mce</italic> genes revealed by the comparative genomic analysis could be the novel focus for further insight into the mechanism of human pathogenesis for <italic>M. intracellulare</italic> and related strains.


    </sec>

    DOI: 10.1186/s12866-021-02163-9

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12866-021-02163-9/fulltext.html

  • Microbiome in sputum as a potential biomarker of chronicity in pulmonary resistant to rifampicin-tuberculosis and multidrug-resistant-tuberculosis patients.

    Wiqoyah N, Mertaniasih NM, Artama WT, Matsumoto S

    2021年7月

     詳細を見る

  • Evaluation of a booster tuberculosis vaccine containing mycobacterial DNA-binding protein 1 and CpG oligodeoxynucleotide G9.1 using a Guinea pig model that elicits immunity to Bacillus Calmette–Guérin 国際誌

    Jun-ichi Maeyama, Sumiko Iho, Fumiko Suzuki, Daisuke Hayashi, Toshiko Yamamoto, Toshio Yamazaki, Yoshitaka Goto, Yuriko Ozeki, Sohkichi Matsumoto, Saburo Yamamoto

    Tuberculosis   128   102067 - 102067   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Tuberculosis is a major threat to global health and its increased incidence in adolescents as well as onset in the elderly presents a serious problem. One strategy to control tuberculosis involves taking advantage of Bacillus Calmette-Guérin's (BCG) superior effects on childhood tuberculosis. Accordingly, here we aimed to develop a booster vaccine for adults who received the BCG vaccine during early childhood. Therefore, we first devised a system to assess the efficacy of a candidate booster vaccine. Specifically, variant strain BCG-II, a minor component of BCG-Tokyo strain, which elicits weak immunity, was administered to guinea pigs. Vaccine-induced immunity and protection against Mycobacterium tuberculosis (Mtb) infection were evaluated using skin delayed-type hypersensitivity (DTH) and Mtb colony forming unit counts in organs, respectively. Candidate booster vaccine containing the mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) as antigen and CpG oligodeoxynucleotide G9.1 as adjuvant increased T-bet expression and IFN-γ production in human peripheral blood mononuclear cells. Intradermal administration of MDP1 or MDP1 and G9.1 to unimmunized guinea pigs produced DTH on MDP1-inoculated skin. Boosting BCG-II-primed guinea pigs with this protocol effectively enhanced DTH against MDP1 and protection against Mtb infection, particularly when combined with G9.1. The candidate vaccine may contribute to efforts to prevent tuberculosis.

    DOI: 10.1016/j.tube.2021.102067

    PubMed

    researchmap

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異解析

    袴田 真理子, 瀧原 速仁, 岩本 朋忠, 田丸 亜貴, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 菊地 利明, 奥田 修二郎, 松本 壮吉

    結核   96 ( 3 )   83 - 86   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会  

    [目的]全ゲノム解析を用いて,早期発症者と長期潜伏後発症者から分離した結核菌北京株のゲノム変異を解析した。[方法]1999年に中学校で発生した結核集団感染の接触者と二次感染者のうち2009年までに結核を発症した患者より分離した結核菌北京株6株と,別の事例で初発時と再発時の患者より分離した結核菌北京株2株の計8株の全ゲノム解析を行った。結核菌の突然変異率は,初発から1年以内に発症した早期発症者と1年以上の潜伏期を経てから発症または再燃した長期潜伏後発症者の2群間で比較した。[結果]結核菌北京株の突然変異率は,Lineage 4に属する結核菌よりも高く,結核菌北京株の高い病原性や薬剤耐性の要因である可能性が示唆された。遺伝子多型解析では,酸化的損傷に起因すると推定されている突然変異が長期潜伏後発症群のほうに多く,潜伏期間中にも薬剤耐性変異が起こる可能性が示唆された。[結論]結核菌北京株の高頻度の薬剤耐性化を防ぐためには,感染した結核菌の系統により治療法を検討する必要性も考えられた。今後,結核菌系統の特性を理解し,治療法を工夫することで結核の薬剤耐性化や重篤化を防ぐ有効な対策の構築につながることが期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • 病原因子と生態防御(感染モデル・寄生・免疫・ワクチン)/病原体と感染症 組織透明化/3次元イメージング「CUBIC」による抗酸菌感染の生体内モニタリング

    袴田 真理子, 井内 絵梨奈, 横山 晃, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 大橋 璃子, 菊地 利明, 田井中 一貴, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   76 ( 1 )   59 - 59   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 四半世紀に及んだ腸管出血性大腸菌感染症の戦いと未来 感染症ミューズ細胞治療の挑戦(Quarter century battle against EHEC infectious disease; Muse cell therapy challenge on infectious diseases)

    藤井 潤, 出澤 真理, 尾鶴 亮, 若尾 昌平, 辻 高寛, 松葉 隆司, 黒沢 洋一, 大原 直也, 松本 壮吉, 安田 香央里, 飯野 守男

    日本細菌学雑誌   76 ( 1 )   126 - 126   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 低酸素環境と疾患(がん、感染症)の分子論 低酸素休眠抗酸菌の主要タンパク質Mycobacterial DNA-binding protein 1(My cobacterial DNA-binding protein 1, a major protein in hypoxic dormant mycobacteria)

    西山 晃史, 古寺 哲幸, 清水 将裕, Savitskaya Anna, Enany Shymaa, 真柳 浩太, 山口 雄大, 尾関 百合子, 立石 善隆, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   76 ( 1 )   57 - 57   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 世界結核デーにちなんで、世界の結核・抗酸菌症研究のこれまでと今 結核菌北京株のゲノム解析と組織透明化/3次元イメージング「CUBIC」による抗酸菌感染の生体内モニタリング

    袴田 真理子, 瀧原 速仁, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 大橋 璃子, 奥田 修二郎, 田井中 一貴, 菊地 利明, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   76 ( 1 )   65 - 65   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Differential Protein Expression in Exponential and Stationary Growth Phases of Mycobacterium avium subsp. hominissuis 104 国際誌

    Shymaa Enany, Manabu Ato, Sohkichi Matsumoto

    Molecules   26 ( 2 )   305 - 305   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Mycobacterium avium complex (MAC) is the most common non-tuberculous mycobacterium (NTM) and causes different types of pulmonary diseases. While genomic and transcriptomic analysis of Mycobacterium avium 104 (M. avium 104) has been extensive, little is known about the proteomics of M. avium 104. We utilized proteomics technology to analyze the changes in the whole proteome of M. avium 104 during exponential and stationary growth phases. We found 12 dys-regulated proteins; the up-regulated protein hits in the stationary phase were involved in aminopeptidase, choline dehydrogenase, oxidoreductase, and ATP binding, while the down-regulated proteins in the stationary phase were acetyl-CoA acetyltransferase, universal stress protein, catalase peroxidase, and elongation factor (Tu). The differently expressed proteins between exponential and stationary phases were implicated in metabolism and stress response, pointing to the functional adaptation of the cells to the environment. Proteomic analysis in different growth phases could participate in understanding the course of infection, the mechanisms of virulence, the means of survival, and the possible targets for treatment.

    DOI: 10.3390/molecules26020305

    PubMed

    researchmap

  • Correction: Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis. 国際誌

    Yukiko Ohara, Yuriko Ozeki, Yoshitaka Tateishi, Tsukasa Mashima, Fumio Arisaka, Yasuo Tsunaka, Yoshie Fujiwara, Akihito Nishiyama, Yutaka Yoshida, Kengo Kitadokoro, Haruka Kobayashi, Yukihiro Kaneko, Ichiro Nakagawa, Ryoji Maekura, Saburo Yamamoto, Masato Katahira, Sohkichi Matsumoto

    PloS one   16 ( 8 )   e0256946   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    [This corrects the article DOI: 10.1371/journal.pone.0204160.].

    DOI: 10.1371/journal.pone.0256946

    PubMed

    researchmap

  • Genome-wide identification of essential genes in Mycobacterium intracellulare by transposon sequencing — Implication for metabolic remodeling

    Yoshitaka Tateishi, Yusuke Minato, Anthony D. Baughn, Hiroaki Ohnishi, Akihito Nishiyama, Yuriko Ozeki, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>The global incidence of the human nontuberculous mycobacteria (NTM) disease is rapidly increasing. However, knowledge of gene essentiality under optimal growth conditions and conditions relevant to the natural ecology of NTM, such as hypoxia, is lacking. In this study, we utilized transposon sequencing to comprehensively identify genes essential for growth in <italic>Mycobacterium intracellulare</italic>. Of 5126 genes of <italic>M. intracellulare</italic> ATCC13950, 506 genes were identified as essential genes, of which 280 and 158 genes were shared with essential genes of <italic>M. tuberculosis</italic> and <italic>M. marinum</italic>, respectively. The shared genes included target genes of existing antituberculous drugs including SQ109, which targets the trehalose monomycolate transporter MmpL3. From 175 genes showing decreased fitness as conditionally essential under hypoxia, preferential carbohydrate metabolism including gluconeogenesis, glyoxylate cycle and succinate production was suggested under hypoxia. Virulence-associated genes including proteasome system and mycothiol redox system were also identified as conditionally essential under hypoxia, which was further supported by the higher effective suppression of bacterial growth under hypoxia compared to aerobic conditions in the presence of these inhibitors. This study has comprehensively identified functions essential for growth of <italic>M. intracellulare</italic> under conditions relevant to the host environment. These findings provide critical functional genomic information for drug discovery.

    DOI: 10.1038/s41598-020-62287-2

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-62287-2

  • Higher genome mutation rates of Beijing lineage of Mycobacterium tuberculosis during human infection 国際誌

    Mariko Hakamata, Hayato Takihara, Tomotada Iwamoto, Aki Tamaru, Atsushi Hashimoto, Takahiro Tanaka, Shaban A. Kaboso, Gebremichal Gebretsadik, Aleksandr Ilinov, Akira Yokoyama, Yuriko Ozeki, Akihito Nishiyama, Yoshitaka Tateishi, Hiroshi Moro, Toshiaki Kikuchi, Shujiro Okuda, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   10 ( 1 )   17997 - 17997   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    <italic>Mycobacterium tuberculosis</italic> (<italic>Mtb</italic>) strains of Beijing lineage have caused great concern because of their rapid emergence of drug resistance and worldwide spread. DNA mutation rates that reflect evolutional adaptation to host responses and the appearance of drug resistance have not been elucidated in human-infected Beijing strains. We tracked and obtained an original <italic>Mtb</italic> isolate of Beijing lineage from the 1999 tuberculosis outbreak in Japan, as well as five other isolates that spread in humans, and two isolates from the patient caused recurrence. Three isolates were from patients who developed TB within one year after infection (rapid-progressor, RP), and the other three isolates were from those who developed TB more than one year after infection (slow-progressor, SP). We sequenced genomes of these isolates and analyzed the propensity and rate of genomic mutations. Generation time versus mutation rate curves were significantly higher for RP. The ratio of oxidative versus non-oxidation damages induced mutations was higher in SP than RP, suggesting that persistent <italic>Mtb</italic> are exposed to oxidative stress in the latent state. Our data thus demonstrates that higher mutation rates of <italic>Mtb</italic> Beijing strains during human infection is likely to account for the higher adaptability and an emergence ratio of drug resistance.

    DOI: 10.1038/s41598-020-75028-2

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-75028-2

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異解析

    袴田 真理子, 瀧原 速仁, 岩本 朋忠, 田丸 亜貴, 尾関 百合子, 西山 晃史, 菊地 利明, 奥田 修二郎, 松本 壮吉

    結核   95 ( 5 )   115 - 115   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会  

    researchmap

  • 【結核を考える-肺結核を中心に】結核の分子疫学検査

    袴田 真理子, 茂呂 寛, 松本 壮吉, 菊地 利明

    呼吸器内科   37 ( 5 )   465 - 470   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 抗酸菌のバイオフィルム形成と休眠時遺伝子発現比較

    西内 由紀子, 大田 篤, 矢野 大和, 岩本 朋忠, 阿戸 学, 松本 壮吉, 大原 直也, 丸山 史人

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   33   49 - 52   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    環境から感染する肺非結核性抗酸菌症は世界中で著しく増加しているため公衆衛生上の解決すべき課題の一つである。私たちは主な起因菌であるMycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)は低酸素環境にするとバイオフィルム形成が促進されることを見出した。一方で類縁菌の結核菌は酸素欠乏で休眠する。結核菌は二成分制御系のDosS、DosTが酸素濃度の低下を感知し、DosRが休眠に必要なタンパク質の発現調節を行なっている。MAHも結核菌と同様に二成分制御系が働いているとの仮説を立て、トランスクリプトーム解析を行って検証した。MAHを大気条件下または5%酸素条件下で培養後RNAを抽出し、RNAseq解析を行った。その結果、141/109遺伝子の有意な発現増加/低下が認められた。MAH 104は17セットの2成分制御系がゲノム上認められる。このうち結核菌のDosS/DosRオルソログに相当する遺伝子(MAV_RS19700/MAV_RS19705)は変化しなかった。結核菌にはないセンサーヒスチジンキナーゼ遺伝子(MAV_RS11960)の発現が増加した。この遺伝子は低酸素を感知するPASドメイン構造を有し、DosSと相同性の高いヒスチジンキナーゼを有していることから、有力な候補遺伝子であると思われた。次に、低酸素環境に適応する共通の変化があるのではないかと考え、MAH発現増加遺伝子中にDosRレギュロンのオルソログがないか検索したところ、10遺伝子が該当した。これらの遺伝子は、低酸素環境に適応して生存を維持するために必要な遺伝子であると推察された。(著者抄録)

    researchmap

  • Adduct Formation of Delamanid with NAD in Mycobacteria

    Mikayo Hayashi, Akihito Nishiyama, Ryuki Kitamoto, Yoshitaka Tateishi, Mayuko Osada-Oka, Yukiko Nishiuchi, Shaban A. Kaboso, Xiuhao Chen, Mamoru Fujiwara, Yusuke Inoue, Yoshikazu Kawano, Masanori Kawasaki, Tohru Abe, Tsutomu Sato, Kentaro Kaneko, Kimiko Itoh, Sohkichi Matsumoto, Makoto Matsumoto

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   64 ( 5 )   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    Delamanid (DLM), a nitro-dihydroimidazooxazole derivative currently approved for pulmonary multidrug-resistant tuberculosis (TB) therapy, is a prodrug activated by mycobacterial 7,8-didemethyl-8-hydroxy 5-deazaflavin electron transfer coenzyme (F
    <sub>420</sub>
    )-dependent nitroreductase (Ddn). Despite inhibiting the biosynthesis of a subclass of mycolic acids, the active DLM metabolite remained unknown. Comparative liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS) analysis of DLM metabolites revealed covalent binding of reduced DLM with a nicotinamide ring of NAD derivatives (oxidized form) in DLM-treated
    <named-content content-type="genus-species">Mycobacterium tuberculosis</named-content>
    var.

    DOI: 10.1128/aac.01755-19

    PubMed

    researchmap

  • Adduct Formation of Delamanid with NAD in Mycobacteria 査読

    Mikayo Hayashi, Akihito Nishiyama, Ryuki Kitamoto, Yoshitaka Tateishi, Mayuko Osada-Oka, Yukiko Nishiuchi, Shaban A. Kaboso, Xiuhao Chen, Mamoru Fujiwara, Yusuke Inoue, Yoshikazu Kawano, Masanori Kawasaki, Tohru Abe, Tsutomu Sato, Kentaro Kaneko, Kimiko Itoh, Sohkichi Matsumoto, Makoto Matsumoto

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   64 ( 5 )   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    <title>ABSTRACT</title>
    Delamanid (DLM), a nitro-dihydroimidazooxazole derivative currently approved for pulmonary multidrug-resistant tuberculosis (TB) therapy, is a prodrug activated by mycobacterial 7,8-didemethyl-8-hydroxy 5-deazaflavin electron transfer coenzyme (F<sub>420</sub>)-dependent nitroreductase (Ddn). Despite inhibiting the biosynthesis of a subclass of mycolic acids, the active DLM metabolite remained unknown. Comparative liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS) analysis of DLM metabolites revealed covalent binding of reduced DLM with a nicotinamide ring of NAD derivatives (oxidized form) in DLM-treated <named-content content-type="genus-species">Mycobacterium tuberculosis</named-content> var. Bacille de Calmette et Guérin. Isoniazid-resistant mutations in the type II NADH dehydrogenase gene (<italic>ndh</italic>) showed a higher intracellular NADH/NAD ratio and cross-resistance to DLM, which were restored by complementation of the mutants with wild-type <italic>ndh</italic>. Our data demonstrated for the first time the adduct formation of reduced DLM with NAD in mycobacterial cells and its importance in the action of DLM.

    DOI: 10.1128/aac.01755-19

    PubMed

    researchmap

  • Rescue from Stx2-Producing E. coli-Associated Encephalopathy by Intravenous Injection of Muse Cells in NOD-SCID Mice

    Ryo Ozuru, Shohei Wakao, Takahiro Tsuji, Naoya Ohara, Takashi Matsuba, Muhammad Y. Amuran, Junko Isobe, Morio Iino, Naoki Nishida, Sari Matsumoto, Kimiharu Iwadate, Noriko Konishi, Kaori Yasuda, Kosuke Tashiro, Misato Hida, Arisato Yadoiwa, Shinsuke Kato, Eijiro Yamashita, Sohkichi Matsumoto, Yoichi Kurozawa, Mari Dezawa, Jun Fujii

    Molecular Therapy   28 ( 1 )   100 - 118   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ymthe.2019.09.023

    researchmap

  • 病原性抗酸菌における細胞外DNAの存在と抗酸菌の生理におけるその役割(Existence of extracellular DNA in pathogenic mycobacteria and its role in mycobacterial physiology)

    イリノフ・アレクサンドル, シャバン・アミナ, 袴田 真理子, 西山 晃史, 尾関 百合子, 福島 由華里, 中島 千絵, 立石 善隆, 鈴木 定彦, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   74 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異についての解析

    袴田 真理子, 瀧原 速仁, 岩本 朋忠, 田丸 亜貴, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 菊地 利明, 奥田 修二郎, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   129 - 129   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌症治療薬を目指した標的蛋白質の発現と精製

    大原 由貴子, 小林 悠, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 奥田 修二郎, 神谷 重樹, 北所 健悟, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   74 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌ヒストン様タンパク質の天然変性領域依存的なDNA凝集作用

    西山 晃史, 成田 知恕, 古寺 哲幸, 小林 瑶子, 武藤 寛亨, 渡辺 順也, 大原 直也, 尾関 百合子, 立石 善隆, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   132 - 132   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • MDP1はM.tuberculosis var BCG株の生存を確固とするための代謝と複製を調節する(MDP1 regulates metabolism and replication ensuring the survival of M. tuberculosis var BCG)

    シャバン・アミナ, 西山 晃史, 立石 善隆, 山口 雄大, 西内 由紀子, 瀧原 速仁, 奥田 修二郎, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   88 - 88   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Nutritional status positively impacts humoral immunity against its Mycobacterium tuberculosis, disease progression, and vaccine development. 査読 国際誌

    Mamiko Niki, Takashi Yoshiyama, Hideaki Nagai, Yuji Miyamoto, Makoto Niki, Ken-Ichi Oinuma, Taishi Tsubouchi, Yukihiro Kaneko, Sohkichi Matsumoto, Yuka Sasaki, Yoshihiko Hoshino

    PloS one   15 ( 8 )   e0237062   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nutritional status contributes to the regulation of immune responses against pathogens, and malnutrition has been considered as a risk factor for tuberculosis (TB). Mycobacterium tuberculosis (Mtb), the causative agent of TB, can modulate host lipid metabolism and induce lipid accumulation in macrophages, where the bacilli adopt a dormant phenotype. In addition, serum lipid components play dual roles in the regulation of and protection from Mtb infection. We analyzed the relationship between nutritional status and the humoral immune response in TB patients. We found that serum HDL levels are positively correlated with the serum IgA specific for Mtb antigens. Analysis of the relationship between serum nutritional parameters and clinical parameters in TB patients showed that serum albumin and CRP levels were negatively correlated before treatment. We also observed reduced serum LDL levels in TB patients following treatment. These findings may provide insight into the role of serum lipids in host immune responses against Mtb infection. Furthermore, improving the nutritional status may enhance vaccination efficacy.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0237062

    PubMed

    researchmap

  • Characteristic profile of antibody responses to PPD, ESAT-6, and CFP-10 of Mycobacterium tuberculosis in pulmonary tuberculosis suspected cases in Surabaya, Indonesia

    Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Ni Made Mertaniasih, Soedarsono, Yuriko Ozeki, Wayan Tunas Artama, Fihiruddin, Mamiko Niki, Yoshitaka Tateishi, Manabu Ato, Sohkichi Matsumoto

    The Brazilian Journal of Infectious Diseases   23 ( 4 )   246 - 253   2019年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bjid.2019.07.001

    researchmap

  • Metabolic adaptation to glycolysis is a basic defense mechanism of macrophages for Mycobacterium tuberculosis infection. 査読

    Osada-Oka M, Goda N, Saiga H, Yamamoto M, Takeda K, Ozeki Y, Yamaguchi T, Soga T, Tateishi Y, Miura K, Okuzaki D, Kobayashi K, Matsumoto S

    International immunology   31 ( 12 )   781 - 793   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxz048

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 抗酸菌のバイオフィルム形成と休眠時遺伝子発現比較

    西内 由紀子, 大田 篤, 矢野 大和, 岩本 朋忠, 阿戸 学, 松本 壮吉, 大原 直也, 丸山 史人

    日本バイオフィルム学会学術集会プログラム・抄録集   33回   24 - 25   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • バイオフィルム形成条件における遺伝子発現解析

    西内 由紀子, 大田 篤, 岩本 朋忠, 阿戸 学, 松本 壮吉, 丸山 史人

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   32   37 - 42   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    肺非結核性抗酸菌症は近年世界中で著しく増加している。日本など先進国において増加率が高く、環境から感染することから公衆衛生上の重要課題になっている。なかでも患者の多いMycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)がシャワーヘッドや浴槽内注水口に生息していることを報告し、その浴室ではバイオフィルムを形成していることを見出した。罹患率の増加を阻止するために、浴室など感染源のバイオフィルムを除去する必要がある。私たちは次に除去方法の標的を見出すためにMAHのバイオフィルム形成機構解明に取り組んだ。その結果気液界面の菌膜形成がバイオフィルムの一形態であり、低酸素(5%O2)環境が形成促進因子であることを見出した。この事実は、MAHが低酸素を感知するセンサーとその感知を菌膜形成につなげる遺伝子発現変化が起きていることを示唆する。そこで、遺伝子発現変化を解析する目的でRNAseq法を行った。ゲノム配列がわかっている3株(MAH 104、MAH OCU464、MAH OCU873)を用いて低酸素条件で培養して得られたmRNA発現量を通常の培養条件で得られたmRNA発現量と比較した。その結果、有意に発現量が変化した遺伝子は250、うち141遺伝子が増加、109遺伝子が減少した。このうちセンサー機能を持つDevSホモログ(RS11960)が増加していた。今後、このセンサー候補が実際にセンサーとして働くことを検証し、レスポンスレギュレーターやレギュロンを明らかにしたい。(著者抄録)

    researchmap

  • Serum antibody profiles in individuals with latent Mycobacterium tuberculosis infection. 査読 国際誌

    Maekura R, Kitada S, Osada-Oka M, Tateishi Y, Ozeki Y, Fujicawa T, Miki M, Jyunnko O, Mori M, Matsumoto S

    Microbiology and immunology   63 ( 3-4 )   130 - 138   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12674

    PubMed

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成条件における遺伝子発現解析(Detection of Differential Gene Expression in Biofilm-Forming Mycobacterium avium subsp. hominissuis)

    西内 由紀子, 大田 篤, 岩本 朋忠, 阿戸 学, 松本 壮吉, 大原 直也, 丸山 史人

    日本細菌学雑誌   74 ( 1 )   109 - 109   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 菌の休眠と覚醒のメカニズムと意義 休眠中のマイコバクテリアの主要タンパク質であるマイコバクテリアのヒストン様タンパク質MDP1の機能(The functions of mycobacterial histone-like protein MDP1, a major protein in dormant mycobacteria)

    西山 晃史, Savitskaya Anna, 山口 雄大, 大原 直也, 成田 知恕, 古寺 哲幸, 尾関 百合子, 立石 善隆, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   74 ( 1 )   8 - 8   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • CD4+ T Responses Other Than Th1 Type Are Preferentially Induced by Latency-Associated Antigens in the State of Latent Mycobacterium tuberculosis Infection. 査読 国際誌

    Yoshiro Yamashita, Toshiyuki Oe, Kenji Kawakami, Mayuko Osada-Oka, Yuriko Ozeki, Kazutaka Terahara, Ikkoh Yasuda, Tansy Edwards, Takeshi Tanaka, Yasuko Tsunetsugu-Yokota, Sohkichi Matsumoto, Koya Ariyoshi

    Frontiers in immunology   10   2807 - 2807   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium tuberculosis (M. tuberculosis) produces a diverse range of antigenic proteins in its dormant phase. The cytokine profiles of CD4+ T cell responses, especially subsets other than Th1 type (non-Th1 type), against these latency-associated M. tuberculosis antigens such as α-crystallin (Acr), heparin-binding hemagglutinin (HBHA), and mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP-1) remain elusive in relation to the clinical stage of M. tuberculosis infection. In the present study, peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) collected from different stages of M. tuberculosis-infected cases and control PBMCs were stimulated with these antigens and ESAT-6/CFP-10. Cytokine profiles of CD4+ T cells were evaluated by intracellular cytokine staining using multicolor flow cytometry. Our results demonstrate that Th1 cytokine responses were predominant after TB onset independent of the type of antigen stimulation. On the contrary, non-Th1 cytokine responses were preferentially induced by latency-associated M. tuberculosis antigens, specifically IL-10 response against Acr in latent M. tuberculosis infection. From these results, we surmise a shift in the CD4+ T cell response from mixed non-Th1 to Th1 dominant type during TB progression.

    DOI: 10.3389/fimmu.2019.02807

    PubMed

    researchmap

  • C-terminal intrinsically disordered region-dependent organization of the mycobacterial genome by a histone-like protein 査読

    Anna Savitskaya, Akihito Nishiyama, Takehiro Yamaguchi, Yoshitaka Tateishi, Yuriko Ozeki, Masaaki Nameta, Tomohiro Kon, Shaban A. Kaboso, Naoya Ohara, Olga V. Peryanova, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   8 ( 1 )   8197   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    The architecture of the genome influences the functions of DNA from bacteria to eukaryotes. Intrinsically disordered regions (IDR) of eukaryotic histones have pivotal roles in various processes of gene expression. IDR is rare in bacteria, but interestingly, mycobacteria produce a unique histone-like protein, MDP1 that contains a long C-terminal IDR. Here we analyzed the role of IDR in MDP1 function. By employing Mycobacterium smegmatis that inducibly expresses MDP1 or its IDR-deficient mutant, we observed that MDP1 induces IDR-dependent DNA compaction. MDP1-IDR is also responsible for the induction of growth arrest and tolerance to isoniazid, a front line tuberculosis drug that kills growing but not growth-retardated mycobacteria. We demonstrated that MDP1-deficiency and conditional knock out of MDP1 cause spreading of the M. smegmatis genome in the stationary phase. This study thus demonstrates for the first time a C-terminal region-dependent organization of the genome architecture by MDP1, implying the significance of IDR in the function of bacterial histone-like protein.

    DOI: 10.1038/s41598-018-26463-9

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • High-density lipoprotein suppresses tumor necrosis factor alpha production by mycobacteria-infected human macrophages 査読

    Manabu Inoue, Mamiko Niki, Yuriko Ozeki, Sachiyo Nagi, Evans Asena Chadeka, Takehiro Yamaguchi, Mayuko Osada-Oka, Kenji Ono, Tetsuya Oda, Faith Mwende, Yukihiro Kaneko, Makoto Matsumoto, Satoshi Kaneko, Yoshio Ichinose, Sammy M. Njenga, Shinjiro Hamano, Sohkichi Matsumoto

    Scientific Reports   8 ( 1 )   6736   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    Immune responses to parasitic pathogens are affected by the host physiological condition. High-density lipoprotein (HDL) and low-density lipoprotein (LDL) are transporters of lipids between the liver and peripheral tissues, and modulate pro-inflammatory immune responses. Pathogenic mycobacteria are parasitic intracellular bacteria that can survive within macrophages for a long period. Macrophage function is thus key for host defense against mycobacteria. These basic facts suggest possible effects of HDL and LDL on mycobacterial diseases, which have not been elucidated so far. In this study, we found that HDL and not LDL enhanced mycobacterial infections in human macrophages. Nevertheless, we observed that HDL remarkably suppressed production of tumor necrosis factor alpha (TNF-α) upon mycobacterial infections. TNF-α is a critical host-protective cytokine against mycobacterial diseases. We proved that toll-like receptor (TLR)-2 is responsible for TNF-α production by human macrophages infected with mycobacteria. Subsequent analysis showed that HDL downregulates TLR2 expression and suppresses its intracellular signaling pathways. This report demonstrates for the first time the substantial action of HDL in mycobacterial infections to human macrophages.

    DOI: 10.1038/s41598-018-24233-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Longitudinal Evaluation of Humoral Immunity and Bacterial and Clinical Parameters Reveals That Antigen-Specific Antibodies Suppress Inflammatory Responses in Active Tuberculosis Patients. 査読 国際誌

    Mamiko Niki, Takashi Yoshiyama, Yuji Miyamoto, Masao Okumura, Makoto Niki, Ken-Ichi Oinuma, Yukihiro Kaneko, Sohkichi Matsumoto, Yuka Sasaki, Hideo Ogata, Hajime Goto, Shoji Kudoh, Yoshihiko Hoshino

    Journal of immunology research   2018   4928757 - 4928757   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel tuberculosis vaccine to replace BCG has long been desired. However, recent vaccine trials focused on cell-mediated immunity have failed to produce promising results. It is worth noting that most commercially available successful vaccines rely on humoral immunity. To establish a basic understanding of humoral immunity against tuberculosis, we analyzed and evaluated longitudinal levels and avidity of immunoglobulin to various tuberculosis antigens compared with bacterial and clinical parameters during treatment. We found that levels of IgG antibodies against HrpA and HBHA prior to treatment exhibited a positive correlation with bacterial burden. Analysis of changes in CRP during treatment revealed an association with high levels of specific IgG and IgA antibodies against mycobacterial antigens. Levels of CRP prior to treatment were negatively associated with IgG avidity to CFP-10 and MDP1 and IgA avidity to HrpA, while IgA avidity to MDP1 and Acr exhibited a negative correlation with CRP levels after 60 days of treatment. These results may provide insight for the development of a novel tuberculosis (TB) vaccine candidate to induce protective humoral immunity against tuberculosis.

    DOI: 10.1155/2018/4928757

    PubMed

    researchmap

  • Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis. 査読 国際誌

    Ohara Y, Ozeki Y, Tateishi Y, Mashima T, Arisaka F, Tsunaka Y, Fujiwara Y, Nishiyama A, Yoshida Y, Kitadokoro K, Kobayashi H, Kaneko Y, Nakagawa I, Maekura R, Yamamoto S, Katahira M, Matsumoto S

    PloS one   13 ( 10 )   e0204160   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204160

    PubMed

    researchmap

  • Spatial distribution and risk factors of Schistosoma haematobium and hookworm infections among schoolchildren in Kwale, Kenya 査読

    Evans Asena Chadeka, Sachiyo Nagi, Toshihiko Sunahara, Ngetich Benard Cheruiyot, Felix Bahati, Yuriko Ozeki, Manabu Inoue, Mayuko Osada-Oka, Mayuko Okabe, Yukio Hirayama, Mwatasa Changoma, Keishi Adachi, Faith Mwende, Mihoko Kikuchi, Risa Nakamura, Yombo Dan Justin Kalenda, Satoshi Kaneko, Kenji Hirayama, Masaaki Shimada, Yoshio Ichinose, Sammy M. Njenga, Sohkichi Matsumoto, Shinjiro Hamano

    PLoS Neglected Tropical Diseases   11 ( 9 )   e0005872   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science  

    Background: Large-scale schistosomiasis control programs are implemented in regions with diverse social and economic environments. A key epidemiological feature of schistosomiasis is its small-scale heterogeneity. Locally profiling disease dynamics including risk factors associated with its transmission is essential for designing appropriate control programs. To determine spatial distribution of schistosomiasis and its drivers, we examined schoolchildren in Kwale, Kenya. Methodology/Principal findings: We conducted a cross-sectional study of 368 schoolchildren from six primary schools. Soil-transmitted helminths and Schistosoma mansoni eggs in stool were evaluated by the Kato-Katz method. We measured the intensity of Schistosoma haematobium infection by urine filtration. The geometrical mean intensity of S. haematobium was 3.1 eggs/10 ml urine (school range, 1.4–9.2). The hookworm geometric mean intensity was 3.2 eggs/g feces (school range, 0–17.4). Heterogeneity in the intensity of S. haematobium and hookworm infections was evident in the study area. To identify factors associated with the intensity of helminth infections, we utilized negative binomial generalized linear mixed models. The intensity of S. haematobium infection was associated with religion and socioeconomic status (SES), while that of hookworm infection was related to SES, sex, distance to river and history of anthelmintic treatment. Conclusions/Significance: Both S. haematobium and hookworm infections showed micro-geographical heterogeneities in this Kwale community. To confirm and explain our observation of high S. haematobium risk among Muslims, further extensive investigations are necessary. The observed small scale clustering of the S. haematobium and hookworm infections might imply less uniform strategies even at finer scale for efficient utilization of limited resources.

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0005872

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Spatial distribution and risk factors of Schistosoma haematobium and hookworm infections among schoolchildren in Kwale, Kenya 査読

    Evans Asena Chadeka, Sachiyo Nagi, Toshihiko Sunahara, Ngetich Benard Cheruiyot, Felix Bahati, Yuriko Ozeki, Manabu Inoue, Mayuko Osada-Oka, Mayuko Okabe, Yukio Hirayama, Mwatasa Changoma, Keishi Adach, Faith Mwende, Mihoko Kikuchi, Risa Nakamura, Yombo Dan Justin Kalenda, Satoshi Kaneko, Kenji Hirayama, Masaaki Shimada, Yoshio Ichinose, Sammy M. Njenga, Sohkichi Matsumoto, Shinjiro Hamano

    PLOS NEGLECTED TROPICAL DISEASES   11 ( 9 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Background
    Large-scale schistosomiasis control programs are implemented in regions with diverse social and economic environments. A key epidemiological feature of schistosomiasis is its small-scale heterogeneity. Locally profiling disease dynamics including risk factors associated with its transmission is essential for designing appropriate control programs. To determine spatial distribution of schistosomiasis and its drivers, we examined schoolchildren in Kwale, Kenya.
    Methodology/Principal findings
    We conducted a cross-sectional study of 368 schoolchildren from six primary schools. Soiltransmitted helminths and Schistosoma mansoni eggs in stool were evaluated by the KatoKatz method. We measured the intensity of Schistosoma haematobium infection by urine filtration. The geometrical mean intensity of S. haematobium was 3.1 eggs/10 ml urine (school range, 1.4-9.2). The hookworm geometric mean intensity was 3.2 eggs/g feces (school range, 0-17.4). Heterogeneity in the intensity of S. haematobium and hookworm infections was evident in the study area. To identify factors associated with the intensity of helminth infections, we utilized negative binomial generalized linear mixed models. The intensity of S. haematobium infection was associated with religion and socioeconomic status (SES), while that of hookworm infection was related to SES, sex, distance to river and history of anthelmintic treatment.
    Conclusions/Significance
    Both S. haematobium and hookworm infections showed micro-geographical heterogeneities in this Kwale community. To confirm and explain our observation of high S. haematobium risk among Muslims, further extensive investigations are necessary. The observed small scale clustering of the S. haematobium and hookworm infections might imply less uniform strategies even at finer scale for efficient utilization of limited resources.

    DOI: 10.1371/journal.pntd.000587

    Web of Science

    researchmap

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1 is critical for long term survival of Mycobacterium smegmatis and simultaneously coordinates cellular functions 査読

    Shymaa Enany, Yutaka Yoshida, Yoshitaka Tateishi, Yuriko Ozeki, Akihito Nishiyama, Anna Savitskaya, Takehiro Yamaguchi, Yukiko Ohara, Tadashi Yamamoto, Manabu Ato, Sohkichi Matsumoto

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   6810   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Bacteria can proliferate perpetually without ageing, but they also face conditions where they must persist. Mycobacteria can survive for a long period. This state appears during mycobacterial diseases such as tuberculosis and leprosy, which are chronic and develop after long-term persistent infections. However, the fundamental mechanisms of the long-term living of mycobacteria are unknown. Every Mycobacterium species expresses Mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1), a histone-like nucleoid associated protein. Mycobacterium smegmatis is a saprophytic fast grower and used as a model of mycobacterial persistence, since it shares the characteristics of the long-term survival observed in pathogenic mycobacteria. Here we show that MDP1-deficient M. smegmatis dies more rapidly than the parental strain after entering stationary phase. Proteomic analyses revealed 21 upregulated proteins with more than 3-fold in MDP1-deficient strain, including DnaA, a replication initiator, NDH, a NADH dehydrogenase that catalyzes downhill electron transfer, Fas1, a critical fatty acid synthase, and antioxidants such as AhpC and KatG. Biochemical analyses showed elevated levels of DNA and ATP syntheses, a decreased NADH/NAD(+) ratio, and a loss of resistance to oxidative stress in the MDP1-knockout strain. This study suggests the importance of MDP1-dependent simultaneous control of the cellular functions in the long-term survival of mycobacteria.

    DOI: 10.1038/s41598-017-06480-w

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of nutritional and ambient oxygen condition on biofilm formation in Mycobacterium avium subsp hominissuis via altered glycolipid expression 査読

    Takahiro Totani, Yukiko Nishiuchi, Yoshitaka Tateishi, Yutaka Yoshida, Hiromi Kitanaka, Mamiko Niki, Yukihiro Kaneko, Sohkichi Matsumoto

    SCIENTIFIC REPORTS   7   41775   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Mycobacterium avium subsp. hominissuis (MAH) is the major causative agent of nontuberculous mycobacteriosis, the representative case of environment-related infectious diseases the incidence of which is increasing in industrialized countries. MAH is found in biofilm in drinking water distribution system and residential environments. We investigated the effect of gaseous and nutritional conditions, and the role of glycopeptidolipids (GPLs) on biofilm-like pellicle formation in MAH. Pellicle formation was observed under 5% oxygen in Middlebrook 7H9 broth containing 0.2% glycerol and 10% albumindextrose- catalase enrichment but not under normoxia or in nutrient- poor media. An analysis of 17 environmental isolates revealed that hypoxia (5% oxygen) preferentially enhanced pellicle formation both in plastic plates and in glass tubes, compared with hypercapnia (5% carbon dioxide). Wild-type strains (WT) developed much thicker pellicles than GPL-deficient rough mutants (RM). WT bacterial cells distributed randomly and individually in contrast to that RM cells positioned linearly in a definite order. Exogenous supplementation of GPLs thickened the pellicles of RM, resulting in a similar morphological pattern to WT. These data suggest a significant implication of eutrophication and hypoxia in biofilm-like pellicle formation, and a functional role of GPLs on development of pellicles in MAH.

    DOI: 10.1038/srep41775

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Meningococcal carriage rates in healthy individuals in Japan determined using Loop-Mediated Isothermal Amplification and oral throat wash specimens 査読

    Hideyuki Takahashi, Masae Haga, Tomimasa Sunagawa, Takehito Saitoh, Takeru Kitahara, Sohkichi Matsumoto, Makoto Ohnishi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 7-8 )   501 - 504   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The detailed epidemiology of meningococcal diseases in Japan has yet to be determined and, moreover, the healthy carriage rate is also unknown. In this study, to obtain insight into the carriage rate of Neisseria meningitidis in healthy individuals in Japan, we developed a new method to detect the N. meningitidisspecific ctrB gene, one of the genes encoding enzymes for capsule synthesis, by Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP) and examined the meningococcal carriage rate by using self collected oral throat wash specimens from 836 students at a university. Examination by LAMP showed that 7 out of 836 samples were positive for N. meningitidis DNA, and the results were also verified by the nested PCR method for the meningococcus specific ggt gene. The N. meningitidis carriage rate in healthy individuals was estimated to be 0.84%. Moreover, we further confirmed by the nested-PCR-based serogroup typing method that 5 of the positive samples belonged to serogroup Y, 1 belonged to group B and 1 was unidentifiable. Considering the epidemiology for meningococcal diseases in Japan, the carriage rate and the serogroup profile seem to be consistent with low incidence of meningococcal diseases and serogroup distribution of clinical meningococcal isolates in Japan, respectively. (C) 2016 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2015.12.016

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A New Screen for Tuberculosis Drug Candidates Utilizing a Luciferase-Expressing Recombinant Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guéren. 査読

    Ozeki Y, Igarashi M, Doe M, Tamaru A, Kinoshita N, Ogura Y, Iwamoto T, Sawa R, Umekita M, Enany S, Nishiuchi Y, Osada-Oka M, Hayashi T, Niki M, Tateishi Y, Hatano M, Matsumoto S

    PloS one   10 ( 11 )   e0141658   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0141658

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of Humoral Immunity to Mycobacterium tuberculosis-Specific Antigens for Correlation with Clinical Status and Effective Vaccine Development 査読

    Mamiko Niki, Maho Suzukawa, Shunsuke Akashi, Hideaki Nagai, Ken Ohta, Manabu Inoue, Makoto Niki, Yukihiro Kaneko, Kozo Morimoto, Atsuyuki Kurashima, Seigo Kitada, Sohkichi Matsumoto, Koichi Suzuki, Yoshihiko Hoshino

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY RESEARCH   2015   527395   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    Although tuberculosis remains a major global health problem, Bacille Calmette-Guerin (BCG) is the only available vaccine. However, BCG has limited applications, and a more effective vaccine is needed. Cellular mediated immunity (CMI) is thought to be the most important immune response for protection against Mycobacterium tuberculosis (Mtb). However, the recent failure of a clinical trial for a booster BCGvaccine and increasing evidence of antibody-mediated immunity prompted us to evaluate humoral immunity to Mtb-specific antigens. Using Enzyme-Linked Immuno Spot and Enzyme-Linked ImmunoSorbentAssays, we observed less correlation of both CMI and IgG titers with patient clinical status, including serumconcentration of C reactive protein. However, IgA titers against Mtb were significantly correlated with clinical status, suggesting that specific IgA antibodies protect against Mtb proliferation. In addition, in some cases, IgA antibody titers were significantly associated with the serum concentration of total albumin, which supports the idea that humoral immunity can be influenced by the nutritional status. Based on these observations, we propose that the induction of humoral immunity should be included as an option in TB vaccine development strategies.

    DOI: 10.1155/2015/527395

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Whole-Genome Sequence of Mycobacterium kyorinense. 査読 国際誌

    Kouki Ohtsuka, Hiroaki Ohnishi, Eriko Nozaki, Jesus Pais Ramos, Enrico Tortoli, Shota Yonetani, Satsuki Matsushima, Yoshitaka Tateishi, Sohkichi Matsumoto, Takashi Watanabe

    Genome announcements   2 ( 5 )   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report here the first draft genome sequence of Mycobacterium kyorinense, which was described in 2009 and exhibits significant pathogenicity to humans.

    DOI: 10.1128/genomeA.01062-14

    PubMed

    researchmap

  • Photodynamic Therapy Using Systemic Administration of 5-Aminolevulinic Acid and a 410-nm Wavelength Light-Emitting Diode for Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus-Infected Ulcers in Mice 査読

    Kuniyuki Morimoto, Toshiyuki Ozawa, Kunio Awazu, Nobuhisa Ito, Norihiro Honda, Sohkichi Matsumoto, Daisuke Tsuruta

    PLOS ONE   9 ( 8 )   e105173   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Bacterial resistance to antibiotics has become a worldwide problem. One potential alternative for bacterial control is photodynamic therapy. 5-aminolevulinic acid is a natural precursor of the photosensitizer protoporphyrin IX. Relatively little is known about the antibacterial efficacy of photodynamic therapy using the systemic administration of 5-aminolevulinic acid; a few reports have shown that 5-aminolevulinic acid exerts photodynamic effects on methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) in vitro. In this study, we evaluated the effectiveness of photodynamic therapy using 5-aminolevulinic acid and a 410-nm wavelength light-emitting diode in vitro and in vivo for the treatment of MRSA. We found that 5-aminolevulinic acid photodynamic therapy with the light-emitting diode had an in-vitro bactericidal effect on MRSA. In vivo, protoporphyrin IX successfully accumulated in MRSA on ulcer surfaces after intraperitoneal administration of 5-aminolevulinic acid to mice. Furthermore, 5-aminolevulinic acid photodynamic therapy accelerated wound healing and decreased bacterial counts on ulcer surfaces; in contrast, vancomycin treatment did not accelerate wound healing. Our findings indicate that 5-aminolevulinic acid photodynamic therapy may be a new treatment option for MRSA-infected wounds.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0105173

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Serological Surveillance Development for Tropical Infectious Diseases Using Simultaneous Microsphere-Based Multiplex Assays and Finite Mixture Models 査読

    Fujii Yoshito, Kaneko Satoshi, Nzou Samson Muuo, Mwau Matilu, Njenga Sammy M, Tanigawa Chihiro, Kimotho James, Mwangi Anne Wanjiru, Kiche Ibrahim, Matsumoto Sohkichi, Niki Mamiko, Osada-Oka Mayuko, Ichinose Yoshio, Inoue Manabu, Itoh Makoto, Tachibana Hiroshi, Ishii Kazunari, Tsuboi Takafumi, Yoshida Lay Myint, Mondal Dinesh, Haque Rashidul, Hamano Shinjiro, Changoma Mwatasa, Hoshi Tomonori, Kamo Ken-ichi, Karama Mohamed, Miura Masashi, Hirayama Kenji

    PLOS NEGLECTED TROPICAL DISEASES   8 ( 7 )   2014年7月

  • Risk Factors and Spatial Distribution of Schistosoma mansoni Infection among Primary School Children in Mbita District, Western Kenya 査読

    Sachiyo Nagi, Evans A. Chadeka, Toshihiko Sunahara, Faith Mutungi, Yombo K. Dan Justin, Satoshi Kaneko, Yoshio Ichinose, Sohkichi Matsumoto, Sammy M. Njenga, Masahiro Hashizume, Masaaki Shimada, Shinjiro Hamano

    PLOS NEGLECTED TROPICAL DISEASES   8 ( 7 )   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Background: An increasing risk of Schistosoma mansoni infection has been observed around Lake Victoria, western Kenya since the 1970s. Understanding local transmission dynamics of schistosomiasis is crucial in curtailing increased risk of infection.
    Methodology/Principal Findings: We carried out a cross sectional study on a population of 310 children from eight primary schools. Overall, a total of 238 (76.8%) children were infected with S. mansoni, while seven (2.3%) had S. haematobium. The prevalence of hookworm, Trichuris trichiura and Ascaris lumbricoides were 6.1%, 5.2% and 2.3%, respectively. Plasmodium falciparum was the only malaria parasite detected (12.0%). High local population density within a 1 km radius around houses was identified as a major independent risk factor of S. mansoni infection. A spatial cluster of high infection risk was detected around the Mbita causeway following adjustment for population density and other potential risk factors.
    Conclusions/Significance: Population density was shown to be a major factor fuelling schistosome infection while individual socio-economic factors appeared not to affect the infection risk. The high-risk cluster around the Mbita causeway may be explained by the construction of an artificial pathway that may cause increased numbers of S. mansoni host snails through obstruction of the waterway. This construction may have, therefore, a significant negative impact on the health of the local population, especially school-aged children who frequently come in contact with lake water.

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0002991

    Web of Science

    researchmap

  • Direct detection of Mycobacterium avium in environmental water and scale samples by loop-mediated isothermal amplification

    Yukiko Nishiuchi, Aki Tamaru, Yasuhiko Suzuki, Seigo Kitada, Ryoji Maekura, Yoshitaka Tateishi, Mamiko Niki, Hisashi Ogura, Sohkichi Matsumoto

    JOURNAL OF WATER AND HEALTH   12 ( 2 )   211 - 219   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IWA PUBLISHING  

    We previously demonstrated the colonization of Mycobacterium avium complex in bathrooms by the conventional culture method. In the present study, we aimed to directly detect M. avium organisms in the environment using loop-mediated isothermal amplification (LAMP), and to demonstrate the efficacy of LAMP by comparing the results with those obtained by culture. Our data showed that LAMP analysis has detection limits of 100 fg DNA/reaction for M. avium. Using an FTA (R) elute card,DNA templates were extracted from environmental samples from bathrooms in the residences of 29 patients with pulmonary M. avium disease. Of the 162 environmental samples examined, 143 (88%) showed identical results by both methods; 20 (12%) and 123 (76%) samples were positive and negative, respectively, for M. avium. Of the remaining 19 samples (12%), seven (5%) and 12 (7%) samples were positive by the LAMP and culture methods, respectively. All samples that contained over 20 colony forming units/primary isolation plate, as measured by the culture method, were also positive by the LAMP method. Our data demonstrate that the combination of the FTA elute card and LAMP can facilitate prompt detection of M. avium in the environment.

    DOI: 10.2166/wh.2013.007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Risk Factors and Spatial Distribution of Schistosoma mansoni Infection among Primary School Children in Mbita District, Western Kenya 査読

    Sachiyo Nagi, Evans A. Chadeka, Toshihiko Sunahara, Faith Mutungi, Yombo K. Dan Justin, Satoshi Kaneko, Yoshio Ichinose, Sohkichi Matsumoto, Sammy M. Njenga, Masahiro Hashizume, Masaaki Shimada, Shinjiro Hamano

    PLoS Neglected Tropical Diseases   8 ( 7 )   e2991   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science  

    Background:An increasing risk of Schistosoma mansoni infection has been observed around Lake Victoria, western Kenya since the 1970s. Understanding local transmission dynamics of schistosomiasis is crucial in curtailing increased risk of infection.Methodology/Principal Findings:We carried out a cross sectional study on a population of 310 children from eight primary schools. Overall, a total of 238 (76.8%) children were infected with S. mansoni, while seven (2.3%) had S. haematobium. The prevalence of hookworm, Trichuris trichiura and Ascaris lumbricoides were 6.1%, 5.2% and 2.3%, respectively. Plasmodium falciparum was the only malaria parasite detected (12.0%). High local population density within a 1 km radius around houses was identified as a major independent risk factor of S. mansoni infection. A spatial cluster of high infection risk was detected around the Mbita causeway following adjustment for population density and other potential risk factors.Conclusions/Significance:Population density was shown to be a major factor fuelling schistosome infection while individual socio-economic factors appeared not to affect the infection risk. The high-risk cluster around the Mbita causeway may be explained by the construction of an artificial pathway that may cause increased numbers of S. mansoni host snails through obstruction of the waterway. This construction may have, therefore, a significant negative impact on the health of the local population, especially school-aged children who frequently come in contact with lake water. © 2014 Nagi et al.

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0002991

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Serological surveillance development for tropical infectious diseases using simultaneous microsphere-based multiplex assays and finite mixture models. 査読 国際誌

    Yoshito Fujii, Satoshi Kaneko, Samson Muuo Nzou, Matilu Mwau, Sammy M Njenga, Chihiro Tanigawa, James Kimotho, Anne Wanjiru Mwangi, Ibrahim Kiche, Sohkichi Matsumoto, Mamiko Niki, Mayuko Osada-Oka, Yoshio Ichinose, Manabu Inoue, Makoto Itoh, Hiroshi Tachibana, Kazunari Ishii, Takafumi Tsuboi, Lay Myint Yoshida, Dinesh Mondal, Rashidul Haque, Shinjiro Hamano, Mwatasa Changoma, Tomonori Hoshi, Ken-Ichi Kamo, Mohamed Karama, Masashi Miura, Kenji Hirayama

    PLoS neglected tropical diseases   8 ( 7 )   e3040   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A strategy to combat infectious diseases, including neglected tropical diseases (NTDs), will depend on the development of reliable epidemiological surveillance methods. To establish a simple and practical seroprevalence detection system, we developed a microsphere-based multiplex immunoassay system and evaluated utility using samples obtained in Kenya. METHODS: We developed a microsphere-based immuno-assay system to simultaneously measure the individual levels of plasma antibody (IgG) against 8 antigens derived from 6 pathogens: Entamoeba histolytica (C-IgL), Leishmania donovani (KRP42), Toxoplasma gondii (SAG1), Wuchereria bancrofti (SXP1), HIV (gag, gp120 and gp41), and Vibrio cholerae (cholera toxin). The assay system was validated using appropriate control samples. The assay system was applied for 3411 blood samples collected from the general population randomly selected from two health and demographic surveillance system (HDSS) cohorts in the coastal and western regions of Kenya. The immunoassay values distribution for each antigen was mathematically defined by a finite mixture model, and cut-off values were optimized. FINDINGS: Sensitivities and specificities for each antigen ranged between 71 and 100%. Seroprevalences for each pathogen from the Kwale and Mbita HDSS sites (respectively) were as follows: HIV, 3.0% and 20.1%; L. donovani, 12.6% and 17.3%; E. histolytica, 12.8% and 16.6%; and T. gondii, 30.9% and 28.2%. Seroprevalences of W. bancrofti and V. cholerae showed relatively high figures, especially among children. The results might be affected by immunological cross reactions between W. bancrofti-SXP1 and other parasitic infections; and cholera toxin and the enterotoxigenic E. coli (ETEC), respectively. INTERPRETATION: A microsphere-based multi-serological assay system can provide an opportunity to comprehensively grasp epidemiological features for NTDs. By adding pathogens and antigens of interest, optimized made-to-order high-quality programs can be established to utilize limited resources to effectively control NTDs in Africa.

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0003040

    PubMed

    researchmap

  • [Molecular mechanisms of dormancy and drug tolerance in mycobacteria]. 査読

    Matsumoto S

    Nihon Hansenbyo Gakkai zasshi = Japanese journal of leprosy : official organ of the Japanese Leprosy Association   82 ( 3 )   119 - 22   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5025/hansen.82.119

    PubMed

    researchmap

  • T cell and B cell immunological responses by tuberculous antigens in Japanese populations with different bacterial antigen expressions 査読

    Sakakibara Yumi, Niki Mamiko, Sakagami Takuro, Ariga Haruyuki, Matsumoto Sohkichi, Inase Naohiko, Nagai Hideaki, Reche Pedro A, Hoshino Yoshihiko

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   42   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Reactivation of immune responses against Mycobacterium tuberculosis by boosting with the CpG oligomer in aged mice primarily vaccinated with Mycobacterium bovis BCG

    Keiichi Taniguchi, Takemasa Takii, Saburo Yamamoto, Jun-ichi Maeyama, Sumiko Iho, Mitsuo Maruyama, Narushi Iizuka, Yuriko Ozeki, Sohkichi Matsumoto, Tomohiro Hasegawa, Yuuji Miyatake, Saotomo Itoh, Kikuo Onozaki

    IMMUNITY & AGEING   10 ( 1 )   25 - 25   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Mycobacterium bovis bacillus Calmette Guerin (BCG) vaccine, which has been inoculated to more than one billion people world-wide, has significant effect in preventing tuberculous meningitis and miliary tuberculosis (TB) in neonate and early childhood. However, BCG fails to adequately protect against pulmonary TB and reactivation of latent infections in adults. To overcome this problem, adequate booster is urgently desired in adult who received prior BCG vaccination, and appropriate animal models that substitute human cases would be highly valuable for further experimentation.
    Findings: The booster effect of the synthesized CpG oligomer (Oligo-B) on aged mice which had been primarily vaccinated with BCG at the age of 4-week old. The specific Th1 type reaction, production of interferon-gamma, in response to TB antigens, purified protein derivatives (PPD) and protection against challenge with Mycobacterium tuberculosis (MTB) H(37)Rv decreased with increasing age and were not observed in 89-week old mice. In order to rejuvenate the Th1 type response against PPD and protection activity against MTB infection, Oligo-B, which is known to augment Th1 responses, was administered as a booster to 81-90-week old mice (late 50's in human equivalent) vaccinated with BCG at 4-week old. The boosting with Oligo-B increased the number of CD4(+)CD44(high) CD62L(high), central memory type T cell. Furthermore, the Oligo-B boosting rejuvenated the ability of mice to protect against infection with MTB H(37)Rv.
    Conclusions: Th1-adjuvant CpG oligo DNA, such as Oligo-B, may be a promising booster when coupled with BCG priming.

    DOI: 10.1186/1742-4933-10-25

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Critical Roles for Lipomannan and Lipoarabinomannan in Cell Wall Integrity of Mycobacteria and Pathogenesis of Tuberculosis

    Takeshi Fukuda, Takayuki Matsumura, Manabu Ato, Maho Hamasaki, Yukiko Nishiuchi, Yoshiko Murakami, Yusuke Maeda, Tamotsu Yoshimori, Sohkichi Matsumoto, Kazuo Kobayashi, Taroh Kinoshita, Yasu S. Morita

    MBIO   4 ( 1 )   e00472 - e00412   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Lipomannan (LM) and lipoarabinomannan (LAM) are mycobacterial glycolipids containing a long mannose polymer. While they are implicated in immune modulations, the significance of LM and LAM as structural components of the mycobacterial cell wall remains unknown. We have previously reported that a branch-forming mannosyltransferase plays a critical role in controlling the sizes of LM and LAM and that deletion or overexpression of this enzyme results in gross changes in LM/LAM structures. Here, we show that such changes in LM/LAM structures have a significant impact on the cell wall integrity of mycobacteria. In Mycobacterium smegmatis, structural defects in LM and LAM resulted in loss of acid-fast staining, increased sensitivity to beta-lactam antibiotics, and faster killing by THP-1 macrophages. Furthermore, equivalent Mycobacterium tuberculosis mutants became more sensitive to beta-lactams, and one mutant showed attenuated virulence in mice. Our results revealed previously unknown structural roles for LM and LAM and further demonstrated that they are important for the pathogenesis of tuberculosis.
    IMPORTANCE Tuberculosis (TB) is a global burden, affecting millions of people worldwide. Mycobacterium tuberculosis is a causative agent of TB, and understanding the biology of M. tuberculosis is essential for tackling this devastating disease. The cell wall of M. tuberculosis is highly impermeable and plays a protective role in establishing infection. Among the cell wall components, LM and LAM are major glycolipids found in all Mycobacterium species, show various immunomodulatory activities, and have been thought to play roles in TB pathogenesis. However, the roles of LM and LAM as integral parts of the cell wall structure have not been elucidated. Here we show that LM and LAM play critical roles in the integrity of mycobacterial cell wall and the pathogenesis of TB. These findings will now allow us to seek the possibility that the LM/LAM biosynthetic pathway is a chemotherapeutic target.

    DOI: 10.1128/mBio.00472-12

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Antigen 85A and mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of immunoglobulin G in individuals with past tuberculosis.

    Osada-Oka Mayuko, Tateishi Yoshitaka, Hirayama Yukio, Ozeki Yuriko, Niki Mamiko, Kitada Seigo, Maekura Ryoji, Tsujimura Kunio, Koide Yukio, Ohara Naoya, Yamamoto Taro, Kobayashi Kazuo, Matsumoto Sohkichi

    Microbiol Immunol   57 ( 1 )   30 - 37   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Development of accurate methods for predicting progression of tuberculosis (TB) from the latent state is recognized as vitally important in controlling TB, because a majority of cases develop from latent infections. Past TB that has never been treated has a higher risk of progressing than does latent Mycobacterium tuberculosis infection in patients who have previously received treatment. Antibody responses against 23 kinds of M. tuberculosis proteins in individuals with past TB who had not been medicated were evaluated. These individuals had significantly higher concentrations of antibodies against Antigen 85A and mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) than did those with active TB and uninfected controls. In addition, immunohistochemistry revealed colocalization of tubercle bacilli, antigen 85 and MDP1 inside tuberculous granuloma lesions in an asymptomatic subject, showing that M. tuberculosis in lesions expresses both antigen 85 and MDP1. Our study suggests the potential usefulness of measuring antibody responses to antigen 85A and MDP1 for assessing the risk of TB progression.

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.2012.12005.x

    PubMed

    researchmap

  • Antigen 85A and mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of immunoglobulin G in individuals with past tuberculosis. 査読

    Osada-Oka M, Tateishi Y, Hirayama Y, Ozeki Y, Niki M, Kitada S, Maekura R, Tsujimura K, Koide Y, Ohara N, Yamamoto T, Kobayashi K, Matsumoto S

    Microbiology and immunology   57 ( 1 )   30 - 37   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Blackwell Publishing Asia Pty  

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.2012.12005.x

    PubMed

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013358036

  • Multicolor flow cytometric analyses of CD4+ T cell responses to Mycobacterium tuberculosis-related latent antigens

    Yoshiro Yamashita, Yoshihiko Hoshino, Mayuko Oka, Sokichi Matsumoto, Haruyuki Ariga, Hideaki Nagai, Masahiko Makino, Koya Ariyoshi, Yasuko Tsunetsugu-Yokota

    Japanese Journal of Infectious Diseases   66 ( 3 )   207 - 215   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although IFN-γ release assays (IγRAs) provide increased specificity over tuberculin skin tests, the early and sensitive detection of reactivation of latently infected Mycobacterium tuberculosis is required to control tuberculosis (TB). Recently, a multicolor flow cytometry has been developed to study CD4+ T cell cytokine responses (IFN-γ/IL-2/TNF-a) to purified protein derivatives (PPD) and M. tuberculosis-specific antigens (ESAT-6/CFP-10) and provided useful information regarding anti-TB immunity. However, the diagnostic relevancy remains uncertain. Here, we analyzed three additional CD4+ T cell cytokine responses (IL-10/IL-13/IL-17) to latent mycobacterial antigens (a-crystallin, methylated heparin-binding hemagglutinin [HBHA], and mycobacterial DNA-binding protein 1 [MDP-1]) as well as PPD and ESAT-6/CFP-10 in 12 IGRA+ TB cases and 8 healthy controls. No significant difference in IFN-γ response was observed between TB cases and controls, which was likely due to the high variation among the individuals. However, we found a significant increase over healthy controls in (i) the IL-2 response to HBHA in recovery stage TB cases, (ii) the number of M. tuberculosisspecific polyfunctional CD4+ T cells in on-treatment and recovery stage cases, and (iii) the IL-17 response to HBHA and MDP-1 in on-treatment and recovery stage cases. These results suggest that a combination of these T cell cytokine parameters could aid in accurate diagnosis of latent TB infection.

    DOI: 10.7883/yoken.66.207

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Whole-genome sequence of the potentially hypertransmissible multidrug-resistant Mycobacterium tuberculosis Beijing strain OM-V02_005

    Yoshitaka Tateishi, Aki Tamaru, Yoshitoshi Ogura, Mamiko Niki, Takayuki Wada, Taro Yamamoto, Kazuto Hirata, Tetsuya Hayashi, Sohkichi Matsumoto

    Genome Announcements   1 ( 4 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    We report the draft genome sequence of Mycobacterium tuberculosis Beijing strain OM-V02_005, which exhibits possible hypertransmissible characteristics among the population of patients with multidrug-resistant tuberculosis in Osaka Prefecture, the largest urban area in western Japan.

    DOI: 10.1128/genomeA.00608-13

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Multicolor flow cytometric analyses of CD4+ T cell responses to Mycobacterium tuberculosis-related latent antigens. 査読

    Yamashita Y, Hoshino Y, Oka M, Matsumoto S, Ariga H, Nagai H, Makino M, Ariyoshi K, Tsunetsugu-Yokota Y

    Japanese journal of infectious diseases   66 ( 3 )   207 - 215   2013年

  • Glucose metabolism in macrophage suppresses intracellular growth of Mycobacterium tuberculosis 査読

    Oka Mayuko, Matsumoto Sohkichi, Kobayashi Kazuo, Nishiyama Masaki, Shiota Masayuki, Izumi Yasukatsu, Miura Katsuyuki, Iwao Hitoshi, Minamiyama Yukiko

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   121   124P - 124P   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Protection by a recombinant Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guérin vaccine expressing Shiga toxin 2 B subunit against Shiga toxin-producing Escherichia coli in mice

    Jun Fujii, Mariko Naito, Takashi Yutsudo, Sohkichi Matsumoto, Daniel P. Heatherly, Takeshi Yamada, Hideyuki Kobayashi, Shin-Ichi Yoshida, Tom Obrig

    Clinical and Vaccine Immunology   19 ( 12 )   1932 - 1937   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed a novel vaccine against Shiga toxin (Stx)-producing Escherichia coli (STEC) infection using a recombinant Mycobacterium bovis BCG (rBCG) system. Two intraperitoneal vaccinations with rBCG expressing the Stx2 B subunit (Stx2B) resulted in an increase of protective serum IgG and mucosal IgA responses to Stx2B in BALB/c mice. When orally challenged with 103 CFU of STEC strain B2F1 (O91: H21), the immunized mice survived statistically significantly longer than the nonvaccinated mice. We suggest that intraperitoneal immunization with rBCG expressing Stx2B would be a potential vaccine strategy for STEC. Copyright © 2012, American Society for Microbiology. All Rights Reserved.

    DOI: 10.1128/CVI.00473-12

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Protection by a recombinant Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guerin vaccine expressing Shiga toxin 2 B subunit against Shiga toxin-producing Escherichia coli in mice. 査読

    Fujii J, Naito M, Yutsudo T, Matsumoto S, Heatherly DP, Yamada T, Kobayashi H, Yoshida S, Obrig T

    Clinical and vaccine immunology : CVI   19 ( 12 )   1932 - 1937   2012年12月

  • Whole-genome sequence of the hypervirulent clinical strain Mycobacterium intracellulare M.i.198. 国際誌

    Yoshitaka Tateishi, Seigo Kitada, Keisuke Miki, Ryoji Maekura, Yoshitoshi Ogura, Yuriko Ozeki, Yukiko Nishiuchi, Mamiko Niki, Tetsuya Hayashi, Kazuto Hirata, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    Journal of bacteriology   194 ( 22 )   6336 - 6336   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report herein the draft genome sequence of Mycobacterium intracellulare clinical strain M.i.198, which consistently exhibits hypervirulence in human patients, human macrophages in vitro, and immunocompetent mice.

    DOI: 10.1128/JB.01439-12

    PubMed

    researchmap

  • Whole-genome sequence of the hypervirulent clinical strain Mycobacterium intracellulare M.i.198. 査読

    Tateishi Y, Kitada S, Miki K, Maekura R, Ogura Y, Ozeki Y, Nishiuchi Y, Niki M, Hayashi T, Hirata K, Kobayashi K, Matsumoto S

    Journal of bacteriology   194 ( 22 )   6336   2012年11月

  • A novel mechanism of growth phase-dependent tolerance to isoniazid in mycobacteria

    Makoto Niki, Mamiko Niki, Yoshitaka Tateishi, Yuriko Ozeki, Teruo Kirikae, Astrid Lewin, Yusuke Inoue, Makoto Matsumoto, John L. Dahl, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    Journal of Biological Chemistry   287 ( 33 )   27743 - 27752   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tuberculosis remains one of the most deadly infectious diseases worldwide and is a leading public health problem. Although isoniazid (INH) is a key drug for the treatment of tuberculosis, tolerance to INH necessitates prolonged treatment, which is a concern for effective tuberculosis chemotherapy. INH is a prodrug that is activated by the mycobacterial enzyme, KatG. Here, we show that mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1), which is a histone-like protein conserved in mycobacteria, negatively regulates katG transcription and leads to phenotypic tolerance to INH in mycobacteria. Mycobacterium smegmatis deficient for MDP1 exhibited increased expression of KatG and showed enhanced INH activation compared with the wild-type strain. Expression of MDP1 was increased in the stationary phase and conferred growth phase-dependent tolerance to INH in M. smegmatis. Regulation of KatG expression is conserved between M. smegmatis and Mycobacterium tuberculosis complex. Artificial reduction of MDP1 in Mycobacterium bovis BCG was shown to lead to increased KatG expression and susceptibility to INH. These data suggest a mechanism by which phenotypic tolerance to INH is acquired in mycobacteria. © 2012 by The American Society for Biochemistry and Molecular Biology, Inc.

    DOI: 10.1074/jbc.M111.333385

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Dominant Incidence of Multidrug and Extensively Drug-Resistant Specific Mycobacterium tuberculosis Clones in Osaka Prefecture, Japan

    Aki Tamaru, Chie Nakajima, Takayuki Wada, Yajun Wang, Manabu Inoue, Ryuji Kawahara, Ryoji Maekura, Yuriko Ozeki, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Yasuhiko Suzuki, Sohkichi Matsumoto

    PLOS ONE   7 ( 8 )   e42505 - e42505   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Infection and transmission of multidrug-resistant Mycobacterium tuberculosis (MDR-Mtb) and extensively drug-resistant M. tuberculosis (XDR-Mtb) is a serious health problem. We analyzed a total of 1,110 Mtb isolates in Osaka Prefecture and neighboring areas from April 2000 to March 2009. A total of 89 MDR-Mtb were identified, 36 (48.5%) of which were determined to be XDR-Mtb. Among the 89 MDR-Mtb isolates, 24 (27.0%) phylogenetically distributed into six clusters based on mycobacterial interspersed repetitive units-various number of tandem repeats (MIRU-VNTR) typing. Among these six clusters, the MIRU-VNTR patterns of four (OM-V02, OM-V03, OM-V04, and OM-V06) were only found for MDR-Mtb. Further analysis revealed that all isolates belonging to OM-V02 and OM-V03, and two isolates from OM-V04 were clonal. Importantly such genotypes were not observed for drug-sensitive isolates. These suggest that few but transmissible clones can transmit after acquiring multidrug resistance and colonize even in a country with a developed, well-organized healthcare system.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0042505

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A novel mechanism of growth phase-dependent tolerance to isoniazid in mycobacteria. 査読

    Niki M, Niki M, Tateishi Y, Ozeki Y, Kirikae T, Lewin A, Inoue Y, Matsumoto M, Dahl JL, Ogura H, Kobayashi K, Matsumoto S

    The Journal of biological chemistry   287 ( 33 )   27743 - 27752   2012年8月

  • 結核菌の病原性および増殖制御機構の分子遺伝学的解析と応用研究

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   66 ( 4 )   531 - 537   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY  

    結核菌は,飛沫核感染によって,肺を侵入門戸としてヒトに感染する。感染者の約5%が速やかに結核を発症するが,多くの場合(感染者の約95%),無症候感染が成立する。ヒト型結核菌は,ヒトに特化した寄生病原体であり,感染成立後,免疫系は菌を生体から駆逐することができない。現在,無症候感染者は人類の1/3にのぼると推定されている。結核菌をはじめ,ヒトに寄生する病原性抗酸菌は遅発育性である。さらに潜伏感染菌の多くは,増殖を停止しているが死滅しない休眠状態に移行する。遅発育性や休眠現象は,疾患の慢性化や宿主―菌双方の長期生存につながる病原性抗酸菌に特徴的な形質である。一方,無症候結核菌感染者の5-10%で感染菌の再増殖,すなわち内因性再燃が生じる。成人肺結核の多くがこの機序で発症し,現在,年間約100万人以上の命が失われている。このように結核の無症候化(潜在化)と発症は,結核菌自身の増殖と密接にリンクする。以上の背景のもと,結核菌の病原性解析のベースとなる,抗酸菌の宿主ベクター系の構築とその応用を図るとともに,菌の増殖制御メカニズムを解析し,結核菌の生体内増殖を促進する宿主分子や,菌自身の遅発育性や休眠現象に関わる増殖抑止蛋白質を同定した。<br>

    DOI: 10.3412/jsb.66.531

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00385387338?from=CiNii

  • Loss of anti-mycobacterial efficacy in mice over time following vaccination with Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin

    Yuriko Ozeki, Yukio Hirayama, Takemasa Takii, Saburo Yamamoto, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    Vaccine   29 ( 40 )   6881 - 6887   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin (BCG) is the most often used vaccine worldwide and sole vaccine against tuberculosis. BCG is protective against severe form of childhood tuberculosis but less or not protective to adult pulmonary tuberculosis. Therefore, improved vaccination strategies and development of new tuberculosis vaccines are urgent demands. For those purposes, appropriate animal models that reflect human are critically useful. However, in animal models, BCG vaccination protects well against subsequent challenge of Mycobacterium tuberculosis. In this study we evaluated the duration of protective efficacy of the BCG vaccination in mice over time and found that efficacy was diminished 40 weeks after vaccination. The aged mice older than 45 weeks are protected sufficiently after the vaccination with BCG, suggesting that loss of its efficacy is not dependent on the age of mice but rather depends on the period from vaccination. The loss of protection occurred in TH1 polarized STAT6 deficient mice despite the maintenance of interferon (IFN)-gamma production activity of lymph node cells and splenic CD4 + T cells against M. tuberculosis antigens. Our data suggest that the duration from vaccination may explain the variation in BCG efficacy against adult pulmonary tuberculosis. © 2011 Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.07.051

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Loss of anti-mycobacterial efficacy in mice over time following vaccination with Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin. 査読

    Ozeki Y, Hirayama Y, Takii T, Yamamoto S, Kobayashi K, Matsumoto S

    Vaccine.   29 ( 40 )   6881 - 6887   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.07.051

    Web of Science

    researchmap

  • Mitochondrial density contributes to the immune response of macrophages to lipopolysaccharide via the MAPK pathway

    Emiko Kasahara, Atsuo Sekiyama, Mika Hori, Kenjiro Hara, Nozomi Takahashi, Masami Konishi, Eisuke F Sato, Sohkichi Matsumoto, Haruki Okamura, Masayasu Inoue

    FEBS Letters   585 ( 14 )   2263 - 2268   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the role of mitochondrial reactive oxygen species (ROS) in the response of macrophages to lipopolysaccharide (LPS) using RAW 264.7 cells and their ρo cells lacking mitochondria. Mitochondrial density, respiratory activity and related proteins in ρo cells were significantly lower than those in RAW cells. LPS rapidly stimulated mitochondrial ROS prior to cytokine secretion, such as TNF-α and IL-6, from RAW 264.7 cells by activating the MAPK pathway, while the response was attenuated in ρo cells. Exposure of ρo cells to H2O2 partially restored the secretion of cytokines induced by LPS. These results suggest that mitochondrial density and/or the respiratory state contribute to intracellular oxidative stress, which is responsible for the stimulation of LPS-induced MAPK signaling to enhance cytokine release from macrophages. © 2011 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2011.05.049

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A Histone-Like Protein of Mycobacteria Possesses Ferritin Superfamily Protein-Like Activity and Protects against DNA Damage by Fenton Reaction

    Masaki Takatsuka, Mayuko Osada-Oka, Eisuke F. Satoh, Kengo Kitadokoro, Yukiko Nishiuchi, Mamiko Niki, Masayasu Inoue, Kazuhiro Iwai, Tetsuo Arakawa, Yoshihiro Shimoji, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Anura Rambukkana, Sohkichi Matsumoto

    PLOS ONE   6 ( 6 )   e20985 - e20985   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Iron is an essential metal for living organisms but its level must be strictly controlled in cells, because ferrous ion induces toxicity by generating highly active reactive oxygen, hydroxyl radicals, through the Fenton reaction. In addition, ferric ion shows low solubility under physiological conditions. To overcome these obstacles living organisms possess Ferritin superfamily proteins that are distributed in all three domains of life: bacteria, archaea, and eukaryotes. These proteins minimize hydroxyl radical formation by ferroxidase activity that converts Fe(2+) into Fe(3+) and sequesters iron by storing it as a mineral inside a protein cage. In this study, we discovered that mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1), a histone-like protein, has similar activity to ferritin superfamily proteins. MDP1 prevented the Fenton reaction and protects DNA by the ferroxidase activity. The K(m) values of the ferroxidase activity by MDP1 of Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin (BCG-3007c), Mycobacterium tuberculosis (Rv2986c), and Mycobacterium leprae (ML1683; ML-LBP) were 0.292, 0.252, and 0.129 mM, respectively. Furthermore, one MDP1 molecule directly captured 81.4 +/- 19.1 iron atoms, suggesting the role of this protein in iron storage. This study describes for the first time a ferroxidase-iron storage protein outside of the ferritin superfamily proteins and the protective role of this bacterial protein from DNA damage.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0020985

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of avian influenza virus H5 DNA vaccine and MDP-1 gene of Mycobacterium bovis as genetic adjuvant

    Babak Jalilian, Abdul R. Omar, Mohd H. Bejo, Noorjahan B. Alitheen, Mehdi Rasoli, Sohkichi Matsumoto

    Genetic Vaccines and Therapy   8   4 - 4   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Studies have shown that DNA vaccines can induce protective immunity, which demonstrated the high potential of DNA vaccines as an alternative to inactivated vaccines. Vaccines are frequently formulated with adjuvants to improve their release, delivery and presentation to the host immune system.Methods: The H5 gene of H5N1 virus (A/Ck/Malaysia/5858/04) was cloned separately into pcDNA3.1 + vector. The immunogenicity of the cloned H5 DNA vaccine was tested on SPF chickens using two different approaches. First approach was using H5 DNA vaccine (pcDNA3.1/H5) and the second was using H5 DNA vaccine in addition to the pcDNA3.1/MDP1 vaccine. Ten days old chickens inoculated three times with two weeks intervals. The spleen and muscle samples from chickens immunized with H5 (pcDNA3.1/H5) and H5 + MDP1 (pcDNA3.1/H5 + pcDNA3.1/MDP1) vaccines were collected after sacrificing the chickens and successfully expressed H5 and MDP1 RNA transcripts. The sera of immunized chickens were collected prior to first immunization and every week after immunization
    and analyzed using enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) and hemagglutination inhibition (HI) test.Results: Results of competitive ELISA showed successful antibody responses two weeks post immunization. The HI test showed an increased in antibody titers during the course of experiment in group immunized with H5 and H5 + MDP1 vaccines. The result showed that the constructed DNA vaccines were able to produce detectable antibody titer in which the group immunized with H5 + MDP1 vaccine produced higher antibody comparing to H5 vaccine alone.Conclusions: This study shows for the first time the usefulness of MDP1 as a genetic adjuvant for H5 DNA vaccine. © 2010 Jalilian et al
    licensee BioMed Central Ltd.

    DOI: 10.1186/1479-0556-8-4

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Controlled expression of branch-forming mannosyltransferase is critical for mycobacterial lipoarabinomannan biosynthesis

    Chubert B. C. Sena, Takeshi Fukuda, Kana Miyanagi, Sohkichi Matsumoto, Kazuo Kobayashi, Yoshiko Murakami, Yusuke Maeda, Taroh Kinoshita, Yasu S. Morita

    Journal of Biological Chemistry   285 ( 18 )   13326 - 13336   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lipomannan (LM) and lipoarabinomannan (LAM) are phosphatidylinositol- anchored glycans present in the mycobacterial cell wall. In Mycobacterium smegmatis, the mannan core of LM/LAM constitutes a linear chain of 20-25 α1,6-mannoses elaborated by 8-9 α1,2-monomannose side branches. At least two α1,6-mannosyltransferases mediate the linear mannose chain elongation, and one branching α1,2-mannosyltransferase (encoded by MSMEG-4247) transfers monomannose branches. An MSMEG-4247 deletion mutant accumulates branchless LAM and interestingly fails to accumulate LM, suggesting an unexpected role of mannose branching for LM synthesis or maintenance. To understand the roles of MSMEG-4247-mediated branching more clearly, we analyzed the MSMEG-4247 deletion mutant in detail. Our study showed that the deletion mutant restored the synthesis of wild-type LM and LAM upon the expression of MSMEG-4247 at wild-type levels. In striking contrast, overexpression of MSMEG-4247 resulted in the accumulation of dwarfed LM/LAM, although monomannose branching was restored. The dwarfedLAMcarried a mannan chain less than half the length of wild-type LAM and was elaborated by an arabinan that was about 4 times smaller. Induced overexpression of an elongating α1,6-mannosyltransferase competed with the overexpressed branching enzyme, alleviating the dwarfing effect of the branching enzyme. In wild-type cells, LM and LAM decreased in quantity in the stationary phase, and the expression levels of branching and elongating mannosyltransferases were reduced in concert, presumably to avoid producing abnormal LM/LAM. These data suggest that the coordinated expressions of branching and elongating mannosyltransferases are critical for mannan backbone elongation. © 2010 by The American Society for Biochemistry and Molecular Biology, Inc.

    DOI: 10.1074/jbc.M109.077297

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Differential recruitment of CD63 and Rab7-interacting-lysosomal-protein to phagosomes containing Mycobacterium tuberculosis in macrophages

    Shintaro Seto, Sohkichi Matsumoto, Kunio Tsujimura, Yukio Koide

    MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   54 ( 3 )   170 - 174   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    M.tb is an intracellular pathogen which survives within the phagosomes of host macrophages by inhibiting their fusion with lysosomes. Here, it has been demonstrated that a lysosomal glycoprotein, CD63, is recruited to the majority of M.tb phagosomes, while RILP shows limited localization. This is consistent with the author&apos;s findings that CD63, but not RILP, is recruited to the phagosomes in macrophages expressing the dominant negative form of Rab7. These results suggest that M.tb phagosomes selectively fuse with endosomes and lysosomes to escape killing activity while acquiring nutrients.

    DOI: 10.1111/j.1348-0421.2010.00199.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Transient role of CD4+CD25+ regulatory T cells in mycobacterial infection in mice. 査読

    Ozeki Y, Sugawara I, Udagawa T, Aoki T, Osada-Oka M, Tateishi Y, Hisaeda H, Nishiuchi Y, Harada N, Kobayashi K, Matsumoto S

    International immunology   22 ( 3 )   179 - 189   2010年3月

  • Characterization of murine T-cell epitopes on mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) using DNA vaccination. 国際誌

    Suzuki Daisuke, Nagata Toshi, Eweda Ghada, Matsumoto Sohkichi, Matsumoto Makoto, Tsujimura Kunio, Koide Yukio

    Vaccine   28 ( 8 )   2020 - 2025   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) is a major protein antigen in mycobacteria and induces protective immunity against Mycobacterium tuberculosis infection in mice. In this study we determined murine T-cell epitopes on MDP1 with MDP1 DNA immunization in mice. We analyzed interferon-gamma production from the MDP1 DNA-immune splenocytes in response to 20-mer overlapping peptides covering MDP1 protein. We identified several CD4+ T-cell epitopes in three inbred mouse strains and one CD8+ T-cell epitope in C57BL/6 mice. These T-cell epitopes would be feasible for analysis of the role of MDP1-specific T-cells in protective immunity and for future vaccine design against M. tuberculosis infection.

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2009.10.062

    PubMed

    researchmap

  • Transient role of CD4+CD25+ regulatory T cells in mycobacterial infection in mice

    Yuriko Ozeki, Isamu Sugawara, Tadashi Udagawa, Toshiaki Aoki, Mayuko Osada-Oka, Yoshitaka Tateishi, Hajime Hisaeda, Yuji Nishiuchi, Nobuyuki Harada, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    International Immunology   22 ( 3 )   179 - 189   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CD4+CD25+ regulatory T (Treg) cells cause immune suppression by inhibiting T cell effector functions and play pivotal roles not only in self-tolerance but also in immune response to parasitic microbial pathogens. Mycobacteria are major parasitic bacterial pathogens, but the role of CD4+CD25+ Treg cells in mycobacterial infection is not yet defined. In this study we found that, at the early stage of infection, depletion of CD25+ cells reduced both bacterial load and granuloma formation in mice infected with Mycobacterium tuberculosis strains, such as M. tuberculosis Erdman or M. tuberculosis Kurono. However, at a later stage of infection, bacterial burden and histopathology were similar regardless of depletion of CD25+ cells. Severe combined immunodeficient (SCID) mice reconstituted with CD4+CD25- T cells alone or a combination of CD4+CD25+ and CD4+CD25- T cells showed similar bacterial loads and survival kinetics after infection with M. tuberculosis Erdman. Consistent with in vivo data, in vitro studies revealed that mycobacterial antigens, purified protein derivative of tuberculin (PPD), failed to induce the suppressive function of CD4+CD25+ Treg cells to CD4+CD25- effector T cells, as demonstrated by the lack of response of CD4+CD25+ T cells to PPD, in mice chronically infected with Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin and M. tuberculosis.Our data show that CD4+CD25+ Treg cells have a transient effect at the early stage of mycobacterial infection but, contrary to the expectation, have little impact on the overall course of infection. © The Japanese Society for Immunology. 2010.

    DOI: 10.1093/intimm/dxp126

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacteria exploit host hyaluronan for efficient extracellular replication

    Yukio Hirayama, Mamiko Yoshimura, Yuriko Ozeki, Isamu Sugawara, Tadashi Udagawa, Satoru Mizuno, Naoki Itano, Koji Kimata, Aki Tamaru, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    PLoS Pathogens   5 ( 10 )   e1000643 - e1000643   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In spite of the importance of hyaluronan in host protection against infectious organisms in the alveolar spaces, its role in mycobacterial infection is unknown. In a previous study, we found that mycobacteria interact with hyaluronan on lung epithelial cells. Here, we have analyzed the role of hyaluronan after mycobacterial infection was established and found that pathogenic mycobacteria can grow by utilizing hyaluronan as a carbon source. Both mouse and human possess 3 kinds of hyaluronan synthases (HAS), designated HAS1, HAS2, and HAS3. Utilizing individual HAS-transfected cells, we show that HAS1 and HAS3 but not HAS2 support growth of mycobacteria. We found that the major hyaluronan synthase expressed in the lung is HAS1, and that its expression was increased after infection with Mycobacterium tuberculosis. Histochemical analysis demonstrated that hyaluronan profoundly accumulated in the granulomatous legion of the lungs in M. tuberculosis infected mice and rhesus monkeys that died from tuberculosis. We detected hyaluronidase activity in the lysate of mycobacteria and showed that it was critical for hyaluronan-dependent extracellular growth. Finally, we showed that LAscorbic acid 6-hexadecanoate, a hyaluronidase inhibitor, suppressed growth of mycobacteria in vivo. Taken together, our data show that pathogenic mycobacteria exploit an intrinsic host-protective molecule, hyaluronan, to grow in the respiratory tract and demonstrate the potential usefulness of hyaluronidase inhibitors against mycobacterial diseases. © 2009 Hirayama et al.

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1000643

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacteria Exploit Host Hyaluronan for Efficient Extracellular Replication 査読

    Yukio Hirayama, Mamiko Yoshimura, Yuriko Ozeki, Isamu Sugawara, Tadashi Udagawa, Satoru Mizuno, Naoki Itano, Koji Kimata, Aki Tamaru, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Sohkichi Matsumoto

    PLOS PATHOGENS   5 ( 10 )   e1000643   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    In spite of the importance of hyaluronan in host protection against infectious organisms in the alveolar spaces, its role in mycobacterial infection is unknown. In a previous study, we found that mycobacteria interact with hyaluronan on lung epithelial cells. Here, we have analyzed the role of hyaluronan after mycobacterial infection was established and found that pathogenic mycobacteria can grow by utilizing hyaluronan as a carbon source. Both mouse and human possess 3 kinds of hyaluronan synthases (HAS), designated HAS1, HAS2, and HAS3. Utilizing individual HAS-transfected cells, we show that HAS1 and HAS3 but not HAS2 support growth of mycobacteria. We found that the major hyaluronan synthase expressed in the lung is HAS1, and that its expression was increased after infection with Mycobacterium tuberculosis. Histochemical analysis demonstrated that hyaluronan profoundly accumulated in the granulomatous legion of the lungs in M. tuberculosis-infected mice and rhesus monkeys that died from tuberculosis. We detected hyaluronidase activity in the lysate of mycobacteria and showed that it was critical for hyaluronan-dependent extracellular growth. Finally, we showed that L-Ascorbic acid 6-hexadecanoate, a hyaluronidase inhibitor, suppressed growth of mycobacteria in vivo. Taken together, our data show that pathogenic mycobacteria exploit an intrinsic host-protective molecule, hyaluronan, to grow in the respiratory tract and demonstrate the potential usefulness of hyaluronidase inhibitors against mycobacterial diseases.

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1000643

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Dissection of Rab7 localization on Mycobacterium tuberculosis phagosome

    Shintaro Seto, Sohkichi Matsumoto, Isamu Ohta, Kunio Tsujimura, Yukio Koide

    Biochemical and Biophysical Research Communications   387 ( 2 )   272 - 277   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The late endosomal marker Rab7 has been long believed to be absent from the phagosome containing Mycobacterium tuberculosis (M.tb) in macrophage, but the detail kinetics remains elusive. Here, we found that Rab7 is transiently recruited to and subsequently released from M.tb phagosomes. For further understanding of the effect of Rab7 dissociation from the phagosome, we examined the localization of lysosomal markers on the phagosome in the macrophage expressing a dominant-negative Rab7. The localization of lysosomal associated membrane protein-2 (LAMP-2) on the phagosome was Rab7-independent, while that of cathepsin D was Rab7-dependent. These results agree with the localization of each lysosomal marker on M.tb phagosome at 6 h postinfection-i.e., LAMP-2, but not cathepsin D localized on the majority of M.tb phagosomes. These results suggest that the dissociation of Rab7 from M.tb phagosome is the important process in inhibition of phagolysosome biogenesis. © 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.06.152

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • High transmissibility of the modern Beijing Mycobacterium tuberculosis in homeless patients of Japan.

    Wada Takayuki, Fujihara Sami, Shimouchi Akira, Harada Makoto, Ogura Hisashi, Matsumoto Sohkichi, Hase Atsushi

    Tuberculosis (Edinb)   89 ( 4 )   252 - 255   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A population-based study of Mycobacterium tuberculosis isolated from homeless tuberculosis patients was performed during 2002-2004 in Osaka City, Japan. The data show that the ancient Beijing subfamily was predominant, whereas clustered isolates based on refined variable number of tandem repeats genotyping (19 loci) mainly belonged to the modern Beijing subfamily, suggesting its increased transmissibility.

    DOI: 10.1016/j.tube.2009.05.007

    PubMed

    researchmap

  • High transmissibility of the modern Beijing Mycobacterium tuberculosis in homeless patients of Japan 査読

    Takayuki Wada, Sami Fujihara, Akira Shimouchi, Makoto Harada, Hisashi Ogura, Sohkichi Matsumoto, Atsushi Hase

    TUBERCULOSIS   89 ( 4 )   252 - 255   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    A population-based study of Mycobacterium tuberculosis isolated from homeless tuberculosis patients was performed during 2002-2004 in Osaka City, Japan. The data show that the ancient Beijing subfamily was predominant, whereas clustered isolates based on refined variable number of tandem repeats genotyping (19 loci) mainly belonged to the modern Beijing subfamily, suggesting its increased transmissibility. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.tube.2009.05.007

    Web of Science

    researchmap

  • Mycobacterium kyorinense sp nov., a novel, slow-growing species, related to Mycobacterium celatum, isolated from human clinical specimens

    Mitsuhiro Okazaki, Kiyofumi Ohkusu, Hiroyuki Hata, Hiroaki Ohnishi, Keiko Sugahara, Chizuko Kawamura, Nagatoshi Fujiwara, Sohkichi Matsumoto, Yukiko Nishiuchi, Kouichi Toyoda, Hajime Saito, Shota Yonetani, Yoko Fukugawa, Masayuki Yamamoto, Hiroo Wada, Akiko Sejimo, Akio Ebina, Hajime Goto, Takayuki Ezaki, Takashi Watanabe

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY   59 ( Pt 6 )   1336 - 1341   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC GENERAL MICROBIOLOGY  

    A novel, non-pigmented, slow-growing mycobacterium was identified on the basis of biochemical and nucleic acid analyses, as well as growth characteristics. Three isolates were cultured from clinical samples (two from sputum and one from pus in lymph nodes) obtained from three immunocompetent patients with infections. Bacterial growth occurred at 28-42 degrees C on Middlebrook 7H11-OADC agar. The isolates showed negative results for Tween hydrolysis, nitrate reductase, semiquantitative catalase, urease activity, 3 day arylsulfatase activity, pyrazinamidase, tellurite reduction and niacin accumulation tests, but positive results for 14 day arylsulfatase activity and heat-stable catalase tests. The isolates contained alpha-, keto-, and dicarboxymycolates in their cell walls. Sequence analysis revealed that all isolates had identical, unique 16S rRNA sequences. Phylogenetic analysis of the 16S rRNA, rpoB, hsp65 and sodA gene sequences confirmed that these isolates are unique but closely related to Mycobacterium celatum. DNA-DNA hybridization of the isolates demonstrated less than 50% reassociation with M. celatum and Mycobacterium branderi. On the basis of these findings, a novel species designated Mycobacterium kyorinense sp. nov. is proposed. The type strain is KUM 060204(T) (=JCM 15038(T)=DSM 45166(T)).

    DOI: 10.1099/ijs.0.000760-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacterium avium Complex Organisms Predominantly Colonize in the Bathtub Inlets of Patients' Bathrooms 査読

    Yukiko Nishiuchi, Aki Tamaru, Seigo Kitada, Takahiro Taguri, Sohkichi Matsumoto, Yoshitaka Tateishi, Mamiko Yoshimura, Yuriko Ozeki, Narumi Matsumura, Hisashi Ogura, Ryoji Maekura

    JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   62 ( 3 )   182 - 186   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL INST INFECTIOUS DISEASES  

    Medical treatment of pulmonary Mycobacterium avium complex (MAC) disease does not always provide curative effects and is frequently hampered by recurrence. This suggests the presence of a reservoir for MAC in the environment surrounding patients. We previously reported the recovery of MAC isolates from the residential bathrooms of outpatients. In the present study, to ascertain the colonizing sites and the possibility of an MAC reservoir in the bathrooms of patients, we tested the recovery and the genetic diversity of MAC isolates from 6 sites of specimens, including 2 additional sampling sites, inside the showerhead and the bathtub inlet, in the residential bathrooms of patients with pulmonary MAC disease. MAC isolates were recovered from 15 out of the 29 bathrooms (52%), including specimens from 14 bathtub inlets and 3 showerheads. Nearly half of these bathrooms (7/15) contained MAC strains that were identical or similar to their respective clinical isolates. Additionally, in 5 out of 15 bathrooms, polyclonal colonization was revealed by pulsed-field gel electrophoresis. The results imply that colonization of MAC organisms in the bathrooms of MAC patients occurs predominantly in the bathtub inlets, and there is thus a risk of infection and/or reinfection for patients via use of the bathtub and other sites in the bathroom.

    Web of Science

    researchmap

  • Mycobacterium avium Complex Organisms Predominantly Colonize in the Bathtub Inlets of Patients' Bathrooms

    Yukiko Nishiuchi, Aki Tamaru, Seigo Kitada, Takahiro Taguri, Sohkichi Matsumoto, Yoshitaka Tateishi, Mamiko Yoshimura, Yuriko Ozeki, Narumi Matsumura, Hisashi Ogura, Ryoji Maekura

    JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   62 ( 3 )   182 - 186   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL INST INFECTIOUS DISEASES  

    Medical treatment of pulmonary Mycobacterium avium complex (MAC) disease does not always provide curative effects and is frequently hampered by recurrence. This suggests the presence of a reservoir for MAC in the environment surrounding patients. We previously reported the recovery of MAC isolates from the residential bathrooms of outpatients. In the present study, to ascertain the colonizing sites and the possibility of an MAC reservoir in the bathrooms of patients, we tested the recovery and the genetic diversity of MAC isolates from 6 sites of specimens, including 2 additional sampling sites, inside the showerhead and the bathtub inlet, in the residential bathrooms of patients with pulmonary MAC disease. MAC isolates were recovered from 15 out of the 29 bathrooms (52%), including specimens from 14 bathtub inlets and 3 showerheads. Nearly half of these bathrooms (7/15) contained MAC strains that were identical or similar to their respective clinical isolates. Additionally, in 5 out of 15 bathrooms, polyclonal colonization was revealed by pulsed-field gel electrophoresis. The results imply that colonization of MAC organisms in the bathrooms of MAC patients occurs predominantly in the bathtub inlets, and there is thus a risk of infection and/or reinfection for patients via use of the bathtub and other sites in the bathroom.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Virulence of Mycobacterium avium complex strains isolated from immunocompetent patients. 査読

    Tateishi Y, Hirayama Y, Ozeki Y, Nishiuchi Y, Yoshimura M, Kang J, Shibata A, Hirata K, Kitada S, Maekura R, Ogura H, Kobayashi K, Matsumoto S

    Microbial pathogenesis   46 ( 1 )   6 - 12   2009年1月

  • Lipocalin 2-Dependent Inhibition of Mycobacterial Growth in Alveolar Epithelium 査読

    Hiroyuki Saiga, Junichi Nishimura, Hirotaka Kuwata, Megumi Okuyama, Sohkichi Matsumoto, Shintaro Sato, Makoto Matsumoto, Shizuo Akira, Yasunobu Yoshikai, Kenya Honda, Masahiro Yamamoto, Kiyoshi Takeda

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   181 ( 12 )   8521 - 8527   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    Mycobacterium tuberculosis invades alveolar epithelial cells as well as macrophages. However, the role of alveolar epithelial cells in the host defense against M. tuberculosis remains unknown. In this study, we report that lipocalin 2 (Lcn2)-dependent inhibition of mycobacterial growth within epithelial cells is required for anti-mycobacterial innate immune responses. Lcn2 is secreted into the alveolar space by alveolar macrophages and epithelial cells during the early phase of respiratory mycobacterial infection. Lcn2 inhibits the in vitro growth of mycobacteria through sequestration of iron uptake. Lcn2-deficient mice are highly susceptible to intratracheal infection with M. tuberculosis. Histological analyses at the early phase of mycobacterial infection in Lcn2-deficient mice reveal increased numbers of mycobacteria in epithelial cell layers, but not in macrophages, in the lungs. Increased intracellular mycobacterial growth is observed in alveolar epithelial cells, but not in alveolar macrophages, from Lcn2-deficient mice. The inhibitory action of Lcn2 is blocked by the addition of endocytosis inhibitors, suggesting that internalization of Lcn2 into the epithelial cells is a prerequisite for the inhibition of intracellular mycobacterial growth. Taken together, these findings highlight a pivotal role for alveolar epithelial cells during mycobacterial infection, in which Lcn2 mediates anti-mycobacterial innate immune responses within the epithelial cells. The Journal of Immunology, 2008, 181: 8521-8527.

    Web of Science

    researchmap

  • Structural analysis and biosynthesis gene cluster of an antigenic glycopeptidolipid from Mycobacterium intracellulare. 国際誌

    Fujiwara Nagatoshi, Nakata Noboru, Naka Takashi, Yano Ikuya, Doe Matsumi, Chatterjee Delphi, McNeil Michael, Brennan Patrick J, Kobayashi Kazuo, Makino Masahiko, Matsumoto Sohkichi, Ogura Hisashi, Maeda Shinji

    J Bacteriol   190 ( 10 )   3613 - 3621   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium avium-Mycobacterium intracellulare complex (MAC) is the most common isolate of nontuberculous mycobacteria and causes pulmonary and extrapulmonary diseases. MAC species can be grouped into 31 serotypes by the epitopic oligosaccharide structure of the species-specific glycopeptidolipid (GPL) antigen. The GPL consists of a serotype-common fatty acyl peptide core with 3,4-di-O-methyl-rhamnose at the terminal alaninol and a 6-deoxy-talose at the allo-threonine and serotype-specific oligosaccharides extending from the 6-deoxy-talose. Although the complete structures of 15 serotype-specific GPLs have been defined, the serotype 16-specific GPL structure has not yet been elucidated. In this study, the chemical structure of the serotype 16 GPL derived from M. intracellulare was determined by using chromatography, mass spectrometry, and nuclear magnetic resonance analyses. The result indicates that the terminal carbohydrate epitope of the oligosaccharide is a novel N-acyl-dideoxy-hexose. By the combined linkage analysis, the oligosaccharide structure of serotype 16 GPL was determined to be 3-2&#039;-methyl-3&#039;-hydroxy-4&#039;-methoxy-pentanoyl-amido-3,6-dideoxy-beta-hexose-(1--&gt;3) -4

    DOI: 10.1128/JB.01850-07

    PubMed

    researchmap

  • Structural analysis and biosynthesis gene cluster of an antigenic glycopeptidolipid from Mycobacterium intracellulare. 査読 国際誌

    Fujiwara N, Nakata N, Naka T, Yano I, Doe M, Chatterjee D, McNeil M, Brennan PJ, Kobayashi K, Makino M, Matsumoto S, Ogura H, Maeda S

    Journal of bacteriology   190 ( 10 )   3613 - 3621   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.01850-07

    PubMed

    researchmap

  • Potent antimycobacterial activity of mouse secretory leukocyte protease inhibitor

    Junichi Nishimura, Hiroyuki Saiga, Shintaro Sato, Megumi Okuyama, Hisako Kayama, Hirotaka Kuwata, Sohkichi Matsumoto, Toshirou Nishida, Yoshiki Sawa, Shizuo Akira, Yasunobu Yoshikai, Masahiro Yamamoto, Kiyoshi Takeda

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   180 ( 6 )   4032 - 4039   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    Secretory leukocyte protease inhibitor (SLPT) has multiple functions, including inhibition of protease activity, microbial growth, and inflammatory responses. In this study, we demonstrate that mouse SLPI is critically involved in innate host defense against pulmonary mycobacterial infection. During the early phase of respiratory infection with Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin, SLPI was produced by bronchial and alveolar epithelial cells, as well as alveolar macrophages, and secreted into the alveolar space. Recombinant mouse SLPI effectively inhibited in vitro growth of bacillus Calmette-Guerin and Mycobacterium tuberculosis through disruption of the mycobacterial cell wall structure. Each of the two whey acidic protein domains in SLPI was sufficient for inhibiting mycobacterial growth. Cationic residues within the whey acidic protein domains of SLPI were essential for disruption of mycobacterial cell walls. Mice lacking SLPI were highly susceptible to pulmonary infection with M. tuberculosis. Thus, mouse SLPI is an essential component of innate host defense against mycobacteria at the respiratory mucosal surface.

    DOI: 10.4049/jimmunol.180.6.4032

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Control of cell wall assembly by a histone-like protein in Mycobacteria.

    Katsube Tomoya, Matsumoto Sohkichi, Takatsuka Masaki, Okuyama Megumi, Ozeki Yuriko, Naito Mariko, Nishiuchi Yukiko, Fujiwara Nagatoshi, Yoshimura Mamiko, Tsuboi Takafumi, Torii Motomi, Oshitani Nobuhide, Arakawa Tetsuo, Kobayashi Kazuo

    J Bacteriol   189 ( 22 )   8241 - 8249   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bacteria coordinate assembly of the cell wall as well as synthesis of cellular components depending on the growth state. The mycobacterial cell wall is dominated by mycolic acids covalently linked to sugars, such as trehalose and arabinose, and is critical for pathogenesis of mycobacteria. Transfer of mycolic acids to sugars is necessary for cell wall biogenesis and is mediated by mycolyltransferases, which have been previously identified as three antigen 85 (Ag85) complex proteins. However, the regulation mechanism which links cell wall biogenesis and the growth state has not been elucidated. Here we found that a histone-like protein has a dual concentration-dependent regulatory effect on mycolyltransferase functions of the Ag85 complex through direct binding to both the Ag85 complex and the substrate, trehalose-6-monomycolate, in the cell wall. A histone-like protein-deficient Mycobacterium smegmatis strain has an unusual crenellated cell wall structure and exhibits impaired cessation of glycolipid biosynthesis in the growth-retarded phase. Furthermore, we found that artificial alteration of the amount of the extracellular histone-like protein and the Ag85 complex changes the

    DOI: 10.1128/JB.00550-07

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Control of cell wall assembly by a histone-like protein in Mycobacteria. 査読 国際誌

    Katsube T, Matsumoto S, Takatsuka M, Okuyama M, Ozeki Y, Naito M, Nishiuchi Y, Fujiwara N, Yoshimura M, Tsuboi T, Torii M, Oshitani N, Arakawa T, Kobayashi K

    Journal of bacteriology   189 ( 22 )   8241 - 8249   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.00550-07

    PubMed

    researchmap

  • Priming-boosting vaccination with recombinant Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin and a nonreplicating vaccinia virus recombinant leads to long-lasting and effective immunity

    Y Ami, Y Izumi, K Matsuo, K Someya, M Kanekiyo, S Horibata, N Yoshino, K Sakai, K Shinohara, S Matsumoto, T Yamada, S Yamazaki, N Yamamoto, M Honda

    JOURNAL OF VIROLOGY   79 ( 20 )   12871 - 12879   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Virus-specific T-cell responses can limit immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) transmission and prevent disease progression and so could serve as the basis for an affordable, safe, and effective vaccine in humans. To assess their potential for a vaccine, we used Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin (BCG)-Tokyo and a replication-deficient vaccinia virus strain (DIs) as vectors to express full-length gag from simian immunodeficiency viruses (SIVs) (rBCG-SIVgag and rDIsSIVgag). Cynomolgus macaques were vaccinated with either rBCG-SIVgag dermally as a single modality or in combination with rDIsSIVgag intravenously. When cynomologus macaques were primed with rBCG-SIVgag and then boosted with rDIsSIVgag, high levels of gamma interferon (IFN-gamma) spot-forming cells specific for SIV Gag were induced. This combination regimen elicited effective protective immunity against mucosal challenge with pathogenic simian-human immunodeficiency virus for the 1 year the macaques were under observation. Antigen-specific intracellular IFN-gamma activity was similarly induced in each of the macaques with the priming-boosting regimen. Other groups receiving the opposite combination or the single-modality vaccines were not effectively protected. These results suggest that a recombinant M. bovis BCG-based vector may have potential as an HIV/AIDS vaccine when administered in combination with a replication-deficient vaccinia virus DIs vector in a priming-boosting strategy.

    DOI: 10.1128/JVI.79.20.12871-12879.2005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • DNA augments antigenicity of mycobacterial DNA-binding protein 1 and confers protection against Mycobacterium tuberculosis infection in mice

    S Matsumoto, M Matsumoto, K Umemori, Y Ozeki, M Furugen, T Tatsuo, Y Hirayama, S Yamamoto, T Yamada, K Kobayashi

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   175 ( 1 )   441 - 449   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    Mycobacterium consists up to 7% of mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) in total cellular proteins. Host immune responses to MDP1 were studied in mice to explore the antigenic properties of this protein. Anti-MDP1 IgG was produced after infection with either bacillus Calmette-Guerin or Mycobacterium tuberculosis in C3H/HeJ mice. However, the level of Ab was remarkably low when purified MDPI was injected. MDPI is considered to be associated with DNA in nucleoid, which contains immunostimulatory CpG motif. Therefore, we examined coadministration of MDPI and DNA derived from M. tuberculosis. Consequently, this procedure significantly enhanced the production of MDP1-specific IgG. Five nanograms of DNA was enough to enhance MDP1-specific IgG production in the administration of 5 mu g of MDP1 into mice. Strong immune stimulation by such a small amount of DNA is noteworthy, because &gt; 1,000- to 100,000-fold doses of CpG DNAs are used for immune activation. A synthetic peptide-based study showed that B cell epitopes were different between mice administered MDPI alone and those given a mixture of MDP1 and DNA, suggesting that DNA alters the three-dimensional structure of MDP1. Coadministration of DNA also enhanced MDP1-specific IFN-gamma production and reduced the bacterial burden of a following challenge of M. tuberculosis, showing that MDP1 is a novel vaccine target. Finally, we found that MDP1 remarkably enhanced TLR9-dependent immune stimulation by unmethylated CpG oligo DNA in vitro. To our knowledge, MDPI is the first protein discovered that remarkably augments the CpG-mediated immune response and is a potential adjuvant for CpG DNA-based immune therapies.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacterial trehalose 6,6 '-dimycolate preferentially induces type 1 helper T cell responses through signal transducer and activator of transcription 4 protein

    R Oiso, N Fujiwara, H Yamagami, S Maeda, S Matsumoto, S Nakamura, N Oshitani, T Matsumoto, T Arakawa, K Kobayashi

    MICROBIAL PATHOGENESIS   39 ( 1-2 )   35 - 43   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Mycobacterium tuberculosis is an intracellular pathogen of tuberculosis and its pathogenicity is related to the ability to escape killing by ingested macrophages and induce delayed-type hypersensitivity (DTH). A major component of the cell wall of M. tuberculosis is trehalose 6,6'-dimycolate (TDM), which has been implicated as a pathogenetic factor. The expression of DTH and cell-mediated immunity is dependent on the macrophage-cytokine-type 1 helper T (Th1) lymphocyte axis. Cytokines, interleukin-12 (IL-12) and interferon-gamma (IFN-gamma), play a critical role in the process and IL-12-activated signal transducer and activator of transcription (STAT) 4 is required for the development of fully functional Th1 cells. To clarify host responses to mycobacterial TDM, we have analyzed footpad reaction, histopathology and cytokine profile of experimental granulomatous lesions using STAT4-deficient mice. In the present study, we have demonstrated that mycobacterial TDM selectively induces the Th1 response through the STAT4 signaling pathway, because mice lacking STAT4 protein significantly reduced to develop DTH, hypersensitivity granulomas, and Th1 cytokine responses, when compared to BALB/c mice. These results shed light on the molecular pathogenesis of mycobacterial disease. Taken together with previous studies, TDM is a pleiotropic molecule against the host and participates in the pathogenesis. (C) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.micpath.2005.03.003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacterial codon optimization enhances antigen expression and virus-specific immune responses in recombinant Mycobactetium bovis bacille Calmette-Guerin expressing human immunodeficiency virus type 1 Gag

    M Kanekiyo, K Matsuo, M Hamatake, T Hamano, T Ohsu, S Matsumoto, T Yamada, S Yamazaki, A Hasegawa, N Yamamoto, M Honda

    JOURNAL OF VIROLOGY   79 ( 14 )   8716 - 8723   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Although its potential for vaccine development is already known, the introduction of recombinant human immunodeficiency virus (HIV) genes to Mycobacterium bovis bacille Calmette-Guerin (BCG) has thus far elicited only limited responses. In order to improve the expression levels, we optimized the codon usage of the HIV type 1 (HIV-1) p24 antigen gene of gag (p24 gag) and established a codon-optimized recombinant BCG (rBCG)-p24 Gag which expressed a 40-fold-higher level of p24 Gag than did that of nonoptimized rBCG-p24 Gag. Inoculation of mice with the codon-optimized rBCG-p24 Gag elicited effective immunity, as evidenced by virus-specific lymphocyte proliferation, gamma interferon ELISPOT cell induction, and antibody production. In contrast, inoculation of animals with the nonoptimized rBCG-p24 Gag induced only low levels of immune responses. Furthermore, a dose as small as 0.01 mg of the codon-optimized rBCG per animal proved capable of eliciting immune responses, suggesting that even low doses of a codon-optimized rBCG-based vaccine could effectively elicit HIV-1-specific immune responses.

    DOI: 10.1128/JVI.79.14.8716-8723.2005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular mycobacterial DNA-binding protein 1 participates in mycobacterium-lung epithelial cell interaction through hyaluronic acid

    K Aoki, S Matsumoto, Y Hirayama, T Wada, Y Ozeki, M Niki, P Domenech, K Umemori, S Yamamoto, A Mineda, M Matsumoto, K Kobayashi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   279 ( 38 )   39798 - 39806   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Mycobacterium tuberculosis infects not only host macrophages but also nonprofessional phagocytes, such as alveolar epithelial cells. Glycosaminoglycans (GAGs) are considered as the component of mycobacterial adherence to epithelial cells. Here we show that extracellularly occurring mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1) promotes mycobacterial infection to A549 human lung epithelial cells through hyaluronic acid ( HA). Both surface plasmon resonance analysis and enzyme-linked immunosorbent assay revealed that MDP1 bound to HA, heparin, and chondroitin sulfate. Utilizing synthetic peptides, we next defined heparin-binding site of 20 amino acids from 31 to 50 of MDP1, which is responsible for the specific DNA-binding site of MDP1. MDP1 bound to A549 cells, and exogenous DNA and HA interfered with the interaction. The binding was also abolished by treatment of A549 cells with hyaluronidase, suggesting that HA participates in the MDP1-A549 cell interaction. Adherence of bacillus Calmette-Guerin ( BCG) and M. tuberculosis to A549 cells was inhibited by addition of HA, DNA, and anti-MDP1 antibody, showing that MDP1 participates in the interaction between mycobacteria-alveolar epithelial cells. Simultaneous treatment of intratracheal BCG-infected mice with HA reduced the growth of BCG in vivo. Taken together, theses results suggest that HA participates in Mycobacterium-lung epithelium interaction and has potential for therapeutic and prophylactic interventions in mycobacterial infection.

    DOI: 10.1074/jbc.M402677200

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Combined intrarectal/intradermal inoculation of recombinant Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin (BCG) induces enhanced immune responses against the inserted HIV-1 V3 antigen. 査読

    Kawahara M, Matsuo K, Nakasone T, Hiroi T, Kiyono H, Matsumoto S, Yamada T, Yamamoto N, Honda M

    Vaccine   21 ( 3-4 )   158 - 166   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0264-410X(02)00465-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • <論文168>Interaction between the N-terminal and middle regions is essential for the in vivo function of HSP 90 molecular chaperon 査読

    S. MATSUMOTO, 共著, 松本茂樹の学位論文

    J. Biol. Chem   277 ( 38 )   34959 - 34966   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    長崎大学 学術研究成果リポジトリhttp://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/22177/1/JBC_277_38_34959.pdf

    DOI: 10.1074/jbc.M203038200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Discovery of immunostimulatory CpG-DNA and its application to tuberculosis vaccine development 査読

    S Yamamoto, T Yamamoto, Y Nojima, K Umemori, S Phalen, DN McMurray, E Kuramoto, S Iho, R Takauji, Y Sato, T Yamada, N Ohara, S Matsumoto, Y Goto, K Matsuo, T Tokunaga

    JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   55 ( 2 )   37 - 44   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL INST INFECTIOUS DISEASES  

    DNA containing an unmethylated CpG motif has a potent immunostimulatory effect on the vertebrate immune system. Because such CpG motifs are relatively common in bacterial DNA, but rare in mammalian animal and plant DNA, they may be an evolutionary adaptation augmenting innate immunity, most likely in response to pathogens that replicate within the host cells, such as viruses and intracellular bacteria. Microbial infection induces innate immunity by triggering pattern-recognition systems. The infected cells produce proinflammatory cytokines that directly combat microbial invaders and express costimulating surface molecules, which develop adaptive immunity by inducing distinct T cell differentiation. Bacterial DNA with unmethylated CpG-DNA stimulates vertebrate immature immune cells to induce maturation and to produce TNF-alpha as well as Th1-type cytokines, IL-12 and IFN-gamma. Therefore, CpG-DNA functions as an adjuvant for regulating the initiation of Th1 differentiation. The roles of immunostimulatory CpG motifs in DNA vaccine developments and in therapeutic applications have been discussed.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mycobacterium bovis bacillus calmette-guerin induces protective immunity against infection by Plasmodium yoelii at blood-stage depending on shifting immunity toward Th1 type and inducing protective IgG2a after the parasite infection 査読

    S Matsumoto, H Yukitake, H Kanbara, H Yamada, A Kitamura, T Yamada

    VACCINE   19 ( 7-8 )   779 - 787   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Bacillus calmette-guerin (BCG)-vaccination raised dramatically the survival rates of A/J mice from infection by Plasmodium yoelii 17XL at blood-stage. The analysis of the immune response of spleen cells indicated that BCG vaccination biased the immune response toward Th1 type. Neutralization of IFN-gamma and nitric oxide abrogated the protection. The kinetics of Ab production in the course of P. yoelii 17XL infection was monitored. Surprisingly, larger amounts of parasite-specific Abs were produced in BCC-vaccinated mice than in the placebo control. The vast majority of the produced IgG against parasites in BCG-vaccinated mice was IgG2a, which was observed hardly in placebo controls. The peak of IgG2a production coincided with the clearance of infection. The naive mice transferred adoptively with IgG2a from self-cured mice survived the lethal challenge from the parasite. These data indicated that BCG vaccination protected A/J mouse from P. yoelii 17XL infection by biasing immunity toward Th1-type after parasite infection and enhancing production of IgG2a, which ultimately played a major role in protection. (C) 2000 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • The gene encoding mycobacterial DNA-binding protein I (MDPI) transformed rapidly growing bacteria to slowly growing bacteria 査読

    S Matsumoto, M Furugen, H Yukitake, T Yamada

    FEMS MICROBIOLOGY LETTERS   182 ( 2 )   297 - 301   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Pathogenic species of Mycobacterium are slowly growing intracellular bacteria. Slow growth is import-ant for the parasitism of these organisms and chronicity of the disease, but its precise mechanism has not been elucidated. Recently, we found that a novel DNA-binding protein (MDPI) was expressed (7-10% in total protein) in mycobacteria, such as Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin, Mycobacterium tuberculosis, and Mycobacterium leprae. In this study, we observed that MDPI interfered with replication, transcription, and translation in the analysis in in vitro E. coli cell-free macromolecular biosynthesizing systems. Furthermore, MDPI inhibited the rapid growth of both Escherichia coli and Mycobacterium smegmatis, and NH2-terminal second amino acid, asparagine, was observed to be important in terms of this function. These data suggest an important role of MDPI for suppression of growth rates of mycobacteria. (C) 2000 Federation of European Microbiological Societies. Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • Long-lasting protective immunity against rodent malaria parasite infection at the blood stage by recombinant BCG secreting merozoite surface protein-1 査読

    S Matsumoto, H Yukitake, H Kanbara, T Yamada

    VACCINE   18 ( 9-10 )   832 - 834   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Previously, we constructed a recombinant live BCG (rBCG) secreting a 15 kDa C-terminal region of MSP-1 from Plasmodium yoelii (MSP-1(15)) and succeeded in the induction of more efficient protective immunity against parasite infection than observed with artificial adjuvants (Matsumoto S, Yukitake H, Kanbara H, Yamada T. Recombinant Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin secreting merozoite surface protein 1 (MSP-1) induces protection against rodent malaria parasite infection depending on MSP-1-stimulated interferon gamma and parasite-specific antibodies. J Exp Med 1998;188:845-54 [1]). In this study, we examined the endurance of the protective effects. The protective effect generated by rBCGMSP-1(15) was observed even 9 months after final immunization, whereas the effects of immunization by MSP-1(15) together with incomplete Freund adjuvant (IFA) were found to last only 4 months. (C) 1999 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    Web of Science

    researchmap

  • Host immune responses to ribosome, ribosomal proteins, and RNA from Mycobacterium bovis bacille de Calmette-Gúerin. 査読

    Miyazaki C, Ohara N, Yukitake H, Kinomoto M, Matsushita K, Matsumoto S, Mizuno A, Yamada T

    Vaccine   17 ( 3 )   245 - 251   1999年1月

  • Characterization of the transcriptional initiation regions of genes for the major secreted protein antigens 85C and MPB51 of Mycobacterium bovis BCG. 査読

    Ohara N, Nishiyama T, Ohara-Wada N, Matsumoto S, Matsuo T, Yamada T

    Microbial pathogenesis   23 ( 5 )   303 - 310   1997年11月

  • 癩とそのワクチンの可能性

    松本 壮吉, 山田 毅

    日本らい学会雑誌 = Japanese journal of leprosy   64 ( 3 )   163 - 173   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Leprosy Association  

    DOI: 10.5025/hansen1977.64.163

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study of a antigen from Mycobacterium intracellulare and use of PCR for the rapid identification of Mycobacterium intracellulare. 査読

    Kitaura H, Ohara N, Naito M, Nishiyama T, Wada N, Matsumoto S, Matsuo T, Hotokezaka H, Hayashida H, Kobayashi K, Yamada T

    Procceedings to 4th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases   10 ( 3 )   585 - 586   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1006/bbrc.1993.2417

    researchmap

  • Structure and immunological properties of major secreted antigen a and related antigens of mycobacteria. 査読

    Ohara N, Kitaura H, Naito M, Nishiyama T, Wada N, Matsumoto S, Matsuo T, Hotokezaka H, Hayashida H, Yamada T

    Procceedings to 4th Western Pacifuc Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases   10 ( 3 )   628 - 629   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Regulation of MPB70 gene expression between two major BCG substrains. 査読

    Matsuo T, Ohara N, Matsumoto S, Kitaura H, Naito M, Wada N, Nishiyama T, Hotokezaka H, Hayashida H, Mizuno A, Yamada T

    Procceedings to 4th Western Pacifuc Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases   10 ( 3 )   590 - 591   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • バイオフィルム革新的制御技術

    松本 壮吉、立石 善隆( 担当: 共著 ,  範囲: マイコバクテリウム属細菌(抗酸菌)による疾病とバイオフィルム形成)

    エヌ・ティー・エス  2023年6月  ( ISBN:9784860438340

     詳細を見る

    総ページ数:2, 8, 342, 13p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • BCG : TB vaccine : application against tuberculosis and other diseases

    Yuriko Ozeki, Akihito Nishiyama, Mamiki Niki, Sohkichi Matsumoto( 担当: 共著 ,  範囲: Host and bacterial factors that regulate Mycobacterium tuberculosis infection and persistence)

    Japan Anti-Tuberculosis Association  2022年8月  ( ISBN:9784874513224

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 283 p.   記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

  • 創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学

    技術情報協会( 担当: 共著 ,  範囲: BCGのウイルス感染症に対する効果と組換えBCG)

    技術情報協会  2021年8月  ( ISBN:9784861048555

     詳細を見る

    総ページ数:602p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 標準微生物学

    錫谷, 達夫, 松本, 哲哉, 神谷, 茂( 担当: 共著 ,  範囲: マイコバクテリア)

    医学書院  2021年3月  ( ISBN:9784260043311

     詳細を見る

    総ページ数:xiv, 690p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • シンプル微生物学

    松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: マイコバクテリウム属、アクチノマイセスとノカルジア)

    南江堂  2018年 

     詳細を見る

  • 結核

    松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: 結核の潜在化と発症機構)

    医薬ジャーナル社  2017年 

     詳細を見る

  • 南山堂医学大事典

    松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: 結核菌)

    南山堂  2015年 

     詳細を見る

  • 病原微生物学

    西山 晃史, 松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: 抗酸菌と放線菌)

    東京化学同人  2014年 

     詳細を見る

  • 微生物の簡易迅速検査法

    仁木 誠, 松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: グラム陰性細菌)

    テクノシステム  2013年 

     詳細を見る

  • 人獣共通感染症

    西内 由紀子, 立石 善隆, 山田 毅, 松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: 非結核性抗酸菌症)

    医薬ジャーナル社  2011年 

     詳細を見る

  • BCG vaccine and adjuvant

    仁木 満美子, 松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: Host and bacterial factors that regulate Mycobacterium tuberculosis infection and persistence)

    2011年 

     詳細を見る

  • 結核Up to Date

    松本 壮吉( 担当: 共著 ,  範囲: 分子生物学から見た結核研究の現在)

    南江堂  2005年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 野生型結核菌抗原を用いた抗体検出による活動性結核の診断と発症予測法の検討

    山崎 智也, 石川 智史, 田村 敏生, 塚本 裕美子, Nyoman Desak, 吉田 豊, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   78 ( 1 )   69 - 69   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • マイコバクテリア由来新規Z,E混成型プレニル基還元酵素の機能解析

    阿部透, 袴田真理子, 西山晃史, 立石善隆, 松本壮吉, 邊見久, 上田大次郎, 佐藤努

    日本放線菌学会大会講演要旨集   35th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • マイコバクテリア由来新規Z,E混成型プレニル基還元酵素の機能解析によるセスクアテルペン生合成の洞察

    阿部透, 袴田真理子, 西山晃史, 立石善隆, 松本壮吉, 邊見久, 上田大次郎, 佐藤努

    イソプレノイド研究会例会講演要旨集   31st (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異解析

    袴田真理子, 袴田真理子, 瀧原速仁, 岩本朋忠, 岩本朋忠, 田丸亜貴, 尾関百合子, 西山晃史, 立石善隆, 菊地利明, 奥田修二郎, 松本壮吉

    結核(Web)   96 ( 3 )   2021年

     詳細を見る

  • 結核菌北京株のゲノム解析と組織透明化/3次元イメージング「CUBIC」による抗酸菌感染の生体内モニタリング

    袴田真理子, 袴田真理子, 瀧原速仁, 尾関百合子, 西山晃史, 立石善隆, 大橋璃子, 奥田修二郎, 田井中一貴, 菊地利明, 松本壮吉

    日本細菌学雑誌(Web)   76 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • 抗結核化合物OCT313と類縁化合物の休眠期結核菌に対する抗菌活性の検討

    瀧井猛将, 瀧井猛将, 安田直美, 長谷川倫宏, 黒石隆司, 堀田康弘, 堀田康弘, 伊藤佐生智, 前田伸司, 和田崇之, 松本壮吉, 肥田重明

    微生物シンポジウム講演要旨集   33rd   2021年

     詳細を見る

  • Existence of extracellular DNA in pathogenic mycobacteria and its role in mycobacterial physiology(和訳中)

    イリノフ・アレクサンドル, シャバン・アミナ, 袴田 真理子, 西山 晃史, 尾関 百合子, 福島 由華里, 中島 千絵, 立石 善隆, 鈴木 定彦, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   74 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌症治療薬を目指した標的蛋白質の発現と精製

    大原 由貴子, 小林 悠, 尾関 百合子, 西山 晃史, 立石 善隆, 奥田 修二郎, 神谷 重樹, 北所 健悟, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   75 ( 1 )   74 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌のバイオフィルム形成と休眠時遺伝子発現比較

    西内由紀子, 大田篤, 矢野大和, 岩本朋忠, 阿戸学, 松本壮吉, 大原直也, 丸山史人

    Bacterial Adherence & Biofilm   33   2020年

     詳細を見る

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異解析

    袴田真理子, 袴田真理子, 瀧原速仁, 岩本朋忠, 田丸亜貴, 尾関百合子, 西山晃史, 菊地利明, 奥田修二郎, 松本壮吉

    結核(Web)   95 ( 5 )   2020年

     詳細を見る

  • 早期発症者と長期潜伏後発症者より分離した結核菌北京株のゲノム変異についての解析

    袴田真理子, 袴田真理子, 瀧原速仁, 岩本朋忠, 田丸亜貴, 尾関百合子, 西山晃史, 立石善隆, 菊地利明, 奥田修二郎, 松本壮吉

    日本細菌学雑誌(Web)   75 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • 【結核・非結核性抗酸菌症-エキスパートが教える 実臨床に役立つ最新知見】結核・非結核性抗酸菌症の基礎研究 結核免疫防御機能

    尾関 百合子, 松本 壮吉

    呼吸器ジャーナル   66 ( 4 )   643 - 649   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ・結核菌は活性化されたマクロファージや樹状細胞での殺菌に抵抗する細胞内寄生性病原体である.・結核菌抗原により誘導されたT細胞を中心とする獲得免疫は多彩で菌の排除を促進するものと許容するものがある.・菌はこのように相反する宿主免疫機構を利用するがごとくに,生体内で排除されず長期の寄生や疾患が成立する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2019048397

  • 病原性抗酸菌はヒト赤血球にin vitroで感染する

    西内 由紀子, 立石 善隆, 北田 清悟, 尾関 百合子, 前倉 亮治, 松本 壮吉

    結核   93 ( 4 )   285 - 285   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌の増殖につながるマクロファージ由来因子のスクリーニング

    岡 真優子, 佐藤 睦, 小林 慧子, 南山 幸子, 尾関 百合子, 松本 壮吉

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   72回   285 - 285   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本栄養・食糧学会  

    researchmap

  • 結核菌の増殖につながるマクロファージ由来因子のスクリーニング

    岡 真優子, 佐藤 睦, 小林 慧子, 南山 幸子, 尾関 百合子, 松本 壮吉

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   72回   285 - 285   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本栄養・食糧学会  

    researchmap

  • 2016年、キュウリを原因とした腸管出血性大腸菌O157の集団感染

    尾鶴 亮, 立石 善隆, 小西 典子, 松本 壮吉, 松葉 隆司, 藤井 潤

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   68 - 68   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在期結核菌抗原の精製と感染診断への応用

    大原 由貴子, 尾関 百合子, 立石 善隆, 西山 晃史, 山本 三郎, 中川 一路, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   64 - 64   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 病原性抗酸菌はヒト赤血球にin vitroで感染する(Pathogenic mycobacteria infect human erythrocytes in vitro)

    西内 由紀子, 立石 善隆, 尾関 百合子, 山口 雄大, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   41 - 41   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • カニクイザルを用いたMDP1とG9.1からなる結核ブースターワクチン候補の有効性評価

    前山 順一, 林 大介, 山本 十糸子, 向井 徹, 岡林 佐知, 田村 敏生, 山崎 利雄, 尾関 百合子, 松本 壮吉, 山本 三郎

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   132 - 132   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • HDLはミコバクテリア感染ヒトマクロファージによる腫瘍壊死因子α産生を阻害する(HDL suppresses tumor necrosis factor alpha production by mycobacteria-infected human macrophages)

    尾関 百合子, 井上 学, 仁木 満美子, 岡 真優子, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   121 - 121   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 誘導型発現制御系を用いた抗酸菌mycobacterial DNA-binding protein 1の機能解析(Conditional control of mycobacterial DNA-binding protein 1 expression in mycobacteria)

    Savitskaya Anna, 西山 晃史, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   97 - 97   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 2016年、キュウリを原因とした腸管出血性大腸菌O157の集団感染

    尾鶴 亮, 立石 善隆, 小西 典子, 松本 壮吉, 松葉 隆司, 藤井 潤

    日本細菌学雑誌   73 ( 1 )   68 - 68   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 【生体および環境におけるバイオフィルム】 バイオフィルム感染症の診断・治療・予防 抗酸菌感染症

    松本 壮吉

    臨床と微生物   45 ( 1 )   063 - 067   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)近代出版  

    抗酸菌は、脂質に富む堅牢な細胞壁を有するがゆえに容易に自己凝集し、菌集塊を作りながら増殖する。菌集塊は結核患者やハンセン病患者の病巣や環境に生育する非結核性抗酸菌に観察される。このように抗酸菌はバイオフィルム様の増殖形態と表現型、すなわち薬剤抵抗性と長期生存能を有しており、それは疾患の成因とかかわる。(著者抄録)

    researchmap

  • ケニア クワレの学童におけるビルハルツ住血吸虫と鉤虫感染症の空間分布とリスク因子

    CHADEKA Evans Asena, NAGI Sachiyo, SUNAHARA Toshihiko, CHERUIYOT Ngetich Benard, BAHATI Felix, OZEKI Yuriko, INOUE Manabu, OSADA-OKA Mayuko, OKABE Mayuko, HIRAYAMA Yukio, CHANGOMA Mwatasa, ADACHI Keishi, MWENDE Faith, KIKUCHI Mihoko, NAKAMURA Risa, KALENDA Yombo Dan Justin, KANEKO Satoshi, KANEKO Satoshi, HIRAYAMA Kenji, SHIMADA Masaaki, SHIMADA Masaaki, ICHINOSE Yoshio, ICHINOSE Yoshio, NJENGA Sammy M., MATSUMOTO Sohkichi, HAMANO Shinjiro, HAMANO Shinjiro

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   87th   2018年

     詳細を見る

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対するヤスダヨーグルトの抗菌活性の検討

    田島 陽介, 立石 善隆, 亀山 仁史, 松本 壮吉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   131 ( 11 )   645 - 653   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】新潟県で開発・市販されているヤスダヨーグルト(以下YYG)は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus;以下MRSA)に対して抗菌活性を示す。本研究の目的は、YYGのMRSAに対する抗菌活性成分を同定することである。【方法】1)抗菌活性の評価:ディスク拡散法により抗菌活性を検討した。2)YYGの遠心分離成分の抗菌活性の評価:YYGを4000rpm、15分の条件で遠心分離し、得られた上清および沈澱物成分について抗菌活性を評価した。3)抗菌活性を示す乳酸菌のYYGからの単離・同定:MRSA菌液を添加したMRS寒天培地にYYGを塗布し、37℃、24時間の好気培養を行った。阻止円を形成したコロニーを採取し、MRS液体培地を用いて24時間静置培養(37℃、好気条件)した。16S rRNA遺伝子解析を行い、抗菌活性を示す乳酸菌種を同定した。4)乳酸菌が産生する抗菌活性成分の同定:抗菌活性を示す乳酸菌培養液上清に対して加熱・限外濾過・アルカリ処理・消化酵素処理の各処理を行い、抗菌活性の変化を評価した。その結果から、抗菌活性成分の同定を試みた。5)培養条件が乳酸菌増殖に与える影響の検討:好気培養と嫌気培養、および静置培養と振盪培養による乳酸菌培養を行い、各培養条件と乳酸菌増殖、培養液上清pHおよび抗菌活性との関連をMann-WhitneyのU検定で解析した。また、培養液上清pHと抗菌活性の強さを検討した。【結果】1)抗菌活性の評価:ディスク拡散法により適切に抗菌活性を半定量的に評価することが可能であった。2)YYGの遠心分離成分の抗菌活性の評価:YYGの遠心分離成分のうち、沈澱物に強い抗菌活性を認めた。また、YYGをビーズ破砕した後に遠心分離すると、沈澱物の抗菌活性は消失した。よって、抗菌活性成分はYYGに含まれる乳酸菌が産生していると推測した。3)抗菌活性を示す乳酸菌のYYGからの分離・同定:16S rRNA遺伝子解析の結果、Lactobacillus delbrueckii subsp.bulgaricus(以下LDB)がMRSAに対する抗菌活性を示すことが判明した。4)乳酸菌が産生する抗菌活性成分の同定:LDB上清はアルカリ処理により抗菌活性が減弱または消失した。さらに、過酸化水素を分解するカタラーゼをLDB培養液に添加すると、抗菌活性が著明に減弱した。5)各培養条件における乳酸菌培養液の比較:静置培養は振盪培養に比べて菌の増殖がよく(P=0.002)、また上清のpHが有意に低下し(P=0.002)、抗菌活性は強かった(P=0.002)。一方、好気培養と嫌気培養の間では、菌の増殖、上清pH、抗菌活性のいずれも有意な差を認めなかった(P=0.310、P=0.589、P=1.000)。また、LDB培養液上清pHと阻止円径との間に強い負の相関関係を認めた(相関係数=-0.875、P&lt;0.001)。【結論】YYGのMRSAに対する抗菌活性は、YYGに含まれる乳酸菌LDBが産生する乳酸および過酸化水素によるものであることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20180328060007&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2017%2F013111%2F007%2F0645-0653%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2017%2F013111%2F007%2F0645-0653%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • CONSIDERATION OF IMPROVEMENT MEASURES FROM LIMITATIONS OF IMMUNOLOGICAL TESTS―INCLUDING INTERFERON-γ RELEASE AND ANTIBODY-BASED DETECTION ASSAYS―FOR MYCOBACTERIUM TUBERCULOSIS INFECTION

    MAEKURA Ryoji, KITADA Seigo, TATEISHI Yoshitaka, MIKI Keisuke, MIKI Mari, YOSHIMURA Kenji, FUJIKAWA Kenya, MATSUMOTO Sohkichi

    結核   92 ( 9 )   551 - 558   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本結核病学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 低栄養条件下における非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   30   29 - 32   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    非結核性抗酸菌症(NTM症)は世界中で増加傾向にある。なかでも日本を始めとする先進国における増加率が高い事、環境から感染すると考えられている事から公衆衛生上の重要な課題として注目されはじめた。環境中のNTMは、バイオフィルムを形成して感染にも関与していると考えられている事からNTMのバイオフィルム形成機構を理解する事はNTM症を制御する上で重要である。我々は、気液界面の菌膜形成がバイオフィルムの一形態であり、バイオフィルム形成には低酸素(5%O2)および富栄養(通常の菌培養メディウム)が必要であることを報告してきた。一方、NTMは上水道の水道管やシャワーヘッド等にもバイオフィルムを形成して感染源のひとつであると考えられている。水道管内の栄養状態は必ずしも豊富でないにもかかわらずバイオフィルムを形成していることから、低栄養条件下におけるバイオフィルム形成について検討した。【方法】抗酸菌用の平板培地にMycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)環境分離株(OCU806)を塗抹してマイクロコロニーを形成させ、これをプラスチック板に移して、炭素および窒素源であるglycerol、dextrose、albuminを除いた抗酸菌用液体培地(低栄養培地)に浮遊させた。プラスチック板上に形成されるバイオフィルムを走査型電子顕微鏡で観察した。【結果】富栄養下で形成されたマイクロコロニーは長い桿菌であるが、低栄養状態におかれると一部の長桿菌に穴が開いて死滅し、細胞壁が残っていた。残った菌体は細胞分裂をして1μm以下の短い菌体が多く観察された。【考察】低栄養条件では長桿菌に穴が開いて死滅したことから、MAHの一部は自己融解を起こして細胞内構成物を外に放出して残りの菌体の栄養源としていると推察される。限られた栄養状態で細胞分裂を繰り返すため、個々の菌体の大きさは小さくなっている。この事実は低栄養状態においてもMAHが力強く増殖していることを示している。(著者抄録)

    researchmap

  • 潜在期結核菌抗原の精製と感染診断への応用(Significance of the histone-like protein with the native structure for diagnosis of asymptomatic tuberculosis)

    西田 由貴子, 尾関 百合子, 立石 善隆, 西山 晃史, 山本 三郎, 中川 一路, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   161 - 161   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在性結核感染症の診断と治療 抗酸菌の「長生き」のメカニズムと結核対策への応用

    松本 壮吉

    結核   92 ( 2 )   182 - 182   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌における誘導発現系を用いたmycobacterial DNA-binding protein 1の機能解析(Conditional expression of mycobacterial DNA-binding protein 1 function in mycobacteria)

    Savitskaya Anna G, 西山 晃史, 大原 直也, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   97 - 97   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成における栄養条件とGlycopeptidolipidの役割

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 立石 善隆, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   81 - 81   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 咽頭うがい液を用いた髄膜炎菌の健康者保菌調査の実施

    高橋 英之, 羽賀 將衛, 砂川 富正, 齋藤 剛仁, 北原 武尊, 松本 壮吉, 大西 真

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   73 - 73   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 遅延型過敏反応から検討したMDP1およびG9.1からなる結核ブースターワクチン候補の免疫条件

    前山 順一, 山崎 利雄, 林 大介, 山本 十糸子, 尾関 百合子, 鈴木 史子, 山口 雄大, 松本 壮吉, 伊保 澄子, 山本 三郎, 網 康至, 須崎 百合子, 後藤 義孝

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   61 - 61   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の長期の生存に必須な細胞機能のヒストン様タンパク質依存的な制御(Histone-like protein-dependent control of mycobacterial functions critical for long-term survival)

    西山 晃史, Enany Shymaa, 立石 善隆, 尾関 百合子, Savitskaya Anna G, 山口 雄大, 西田 由貴子, 阿戸 学, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   72 ( 1 )   97 - 97   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌に特徴的な薬剤標的と新規薬剤の開発研究

    松本 壮吉

    感染症学雑誌   91 ( 1 )   41 - 42   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌に特徴的な薬剤標的と新規薬剤の開発研究

    松本 壮吉

    日本化学療法学会雑誌   65 ( 1 )   50 - 51   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Mycobacterium kyorinenseおよび近縁種Mycobacterium celatumの薬剤耐性関連遺伝子の解析

    大西 宏明, 米谷 正太, 大塚 弘毅, 荒木 光二, 松本 壮吉, 立石 善隆, 河合 伸, 渡邊 卓

    感染症学雑誌   91 ( 1 )   100 - 100   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 新規結核菌抗原MDP1とCpG ODN G9.1アジュバントからなる結核ブースターワクチンのカニクイザルに対する有効性の検討

    山本三郎, 山本三郎, 林大介, 林大介, 山本十糸子, 山本十糸子, 小山明, 前山順一, 網康至, 須崎百合子, 向井徹, 岡林佐知, 田村敏生, 山崎利雄, 松本壮吉, 尾関百合子, 鈴木史子, 後藤義孝

    日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   21st   101   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遅延型過敏反応から検討したMDP1およびG9.1からなる結核ブースターワクチン候補の免疫条件

    前山順一, 山崎利雄, 林大介, 林大介, 山本十糸子, 山本十糸子, 尾関百合子, 鈴木史子, 山口雄大, 松本壮吉, 伊保澄子, 山本三郎, 山本三郎

    日本細菌学雑誌(Web)   72 ( 1 )   61(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ケニア共和国成人を対象としたBCGブースターワクチン候補抗原の適性検討

    尾関百合子, 濱野真二郎, 松本壮吉, 岡真優子, 立石善隆

    長崎大学熱帯医学研究拠点共同研究報告集   2015   25‐29   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低栄養条件下における非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本バイオフィルム学会学術集会プログラム・抄録集   30回   37 - 37   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • バイオフィルム形成と環境中気体組成

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   29   31 - 34   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    非結核性抗酸菌(NTM)はバイオフィルムを形成して環境中に広く分布している。バイオフィルム形成はクオラムセンシングの他、栄養源などの環境因子によって影響をうける。我々は、NTMの気液界面の菌膜がバイオフィルムの一形態であり、低酸素(5%O2)環境が形成促進因子であることを報告してきた。一方、Ohjaらは、結核菌とM.bovis BCGの菌膜形成は二酸化炭素の増加によって促進すると報告している。そこで、環境中気体組成(大気、5%酸素または5%二酸化炭素条件)がMycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)環境分離株、M.bovis BCGのバイオフィルム形成に及ぼす影響を検討した。その結果、MAH環境分離株のバイオフィルム形成は低酸素(5%)で促進されたが、高い二酸化炭素(5%)では遅れて形成がみられた。ガラス試験管の菌膜形成では、5%二酸化炭素条件でもバイオフィルムを形成した。一方、M.bovis BCGは、低酸素条件でバイオフィルム形成が抑制され、その他の条件で厚いバイオフィルムが形成された。MAHは酸素および二酸化炭素、M.bovis BCGは二酸化炭素がバイオフィルム形成を制御していることが示唆された。また、宿主内が主な生育環境である結核菌と、環境や宿主内に広く分布するMAHでは環境(気体)センサーが異なるのかもしれない。今後これらのセンサーとバイオフィルム形成につながる反応系について検討を進めていきたい。(著者抄録)

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成における細胞壁糖脂質の役割

    西内 由紀子, 立石 善隆, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    結核   91 ( 3 )   352 - 352   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • MDP1によるマイコバクテリア代謝抑制(Mycobacterial metabolism repression by MDP1)

    Enany Shymaa, 西山 晃史, 立石 善隆, 松本 壮吉

    感染症学雑誌   90 ( 臨増 )   303 - 303   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • マクロファージのHypoxia-inducible factor-1αによる結核菌の増殖調節機構

    岡 真優子, 尾関 百合子, 山口 雄大, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   151 - 151   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌のタンパク質の抗原性と機能の分析(Analysis of antigenicity and functions of mycobacterial proteins)

    Enany Shymaa, 尾関 百合子, 西山 晃史, Savitskaya Anna, 立石 善隆, 阿戸 学, 山本 格, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   65 - 65   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌症に関する最近のprovocativeな研究 結核・抗酸菌の潜伏感染メカニズム

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   40 - 40   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌症に関する最近のprovocativeな研究 ルシフェラーゼ発現リコンビナントBCGによる新規結核薬の迅速スクリーニング系の確立と実践(Latest provocative studies on tuberculosis and mycobacterial infections A new screen for TB drug candidates utilizing a luciferase-expressing recombinant BCG)

    尾関 百合子, 山口 雄大, Enany Shymaa, 五十嵐 雅之, 西内 由紀子, 岡 真優子, 岩本 朋忠, 小椋 義俊, 林 哲也, 立石 善隆, 西山 晃史, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   40 - 40   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌におけるポリフェノールの抗菌作用の検討

    立石 善隆, 尾関 百合子, 西山 晃史, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   139 - 139   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成におけるGlycopeptidolipidの役割

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 立石 善隆, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   111 - 111   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在期結核菌抗原の精製と感染診断への応用

    西田 由貴子, 北所 健悟, 尾関 百合子, 立石 善隆, 井上 学, 仁木 満美子, 金子 幸弘, 松本 壮吉, 有坂 文雄, 森川 耿右, 津中 康央, 藤原 芳江, 片平 正人, 真嶋 司, 前倉 亮治

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   105 - 105   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 組換え結核菌抗原MDP1およびDNAアジュバントG9.1からなる結核ブースターワクチン候補の最適化の試み

    前山 順一, 山崎 利雄, 山本 十糸子, 林 大介, 鈴木 史子, 尾関 百合子, 伊保 澄子, 松本 壮吉, 山本 三郎, 網 康至, 須崎 百合子, 後藤 義孝

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   99 - 99   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • HDLコレステロールはMycobacterium tuberculosisに感染したマクロファージからのサイトカインの産生を抑制する(HDL-cholesterol suppresses the production of cytokines from M. tuberculosis infected macrophages)

    井上 学, 仁木 満美子, 尾関 百合子, 岡 真優子, 凪 幸世, 一瀬 休生, 金子 幸弘, 濱野 真二郎, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   71 ( 1 )   152 - 152   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌の病原因子

    立石 善隆, 松本 壮吉

    呼吸器内科   29 ( 1 )   65 - 70   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016139494

  • 西ケニアビタ県の学童におけるマンソン住血吸虫の空間分布とその感染リスク要因について

    凪幸世, CHADEKA Evans, 砂原俊彦, MUTUNGI Faith, JUSTIN Yombo, K. Dan, 金子聰, 一瀬休生, 松本壮吉, NJENGA Sammy M, 橋爪真弘, 嶋田雅暁, 濱野真二郎

    日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   56th   38   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • プロバイオティクス医療を視野に入れたヨーグルトの抗菌効果の検討

    田島 陽介, 岡部 康之, 立石 善隆, 西山 晃史, 尾関 百合子, 亀山 仁史, 松本 壮吉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 10 )   593 - 600   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】消化管手術の周術期には、黄色ブドウ球菌などの皮膚常在菌による創部感染、絶食による腸内細菌叢の攪乱に伴うBacterial translocation、抗菌薬使用に伴うmethicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)などの薬剤耐性菌の出現が起こりうる。このような状況に対して応用的プロバイオティクスによる周術期感染制御を視野に、ヨーグルト製品のもつ抗菌効果の特性を微生物学的に解析した。【方法】新潟県で開発され市販されているヤスダヨーグルト(以下、YYG)に注目して、1)抗菌活性スペクトル(被験株:methicillin-sensitive Staphylococcus aureus(MSSA)ならびにMRSA臨床分離株、大腸菌株DH5α)、2)配合菌株の異なる他の5種の市販ヨーグルト製品との抗菌活性の相違、3)YYG各配合菌種(Yc-x11およびYc-180)の示す抗菌作用、および4)抗菌活性を示す分離画分について、ディスク法による阻止円形成により検討した。【結果】YYGは大腸菌に比してMSSAに優位な抗菌活性を示した。また、YYGはMRSA臨床分離株に対しても抗菌活性を示した。他製品との比較において、YYGは最も高い抗菌活性を示した。YYG配合菌種は、通常の低塩濃度培地上では抗菌活性を示したものの高塩濃度条件下では、その効果は減弱あるいは消失した。YYGの抗菌活性は、上清ではなく沈殿画分に認めた。【結論】YYGはMRSAを含む黄色ブドウ球菌に対する直接的な抗菌活性を示した。その抗菌効果は、特有の配合菌種に依拠する抗菌活性物質によることが示唆された。ヨーグルトの中でもYYGは極めて有望な抗菌性機能食品として、周術期感染制御に貢献できる可能性がある。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44215

  • 【持続感染・潜伏感染の機序と病態】 結核菌の潜伏感染に関わるメカニズムと新しい結核制御技術の可能性

    松本 壮吉, 西山 晃史, 尾関 百合子

    化学療法の領域   31 ( 9 )   1863 - 1870   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    結核は三大感染症の一角であり、代表的な再興感染症である。病原体である結核菌はアフリカの東岸に5〜10万年前に出現し、人類の出アフリカにともない世界に伝播した。通常、菌は飛沫核感染で肺を侵入門戸として生体に侵入し感染するが、すみやかに発症に至るケースは5%程度とまれである。一方、感染成立後、ヒトの免疫系は菌を生体から駆逐することはできず、感染は宿主の命が果つるまで継続する。このような無症候感染者は人類の1/3に及び、一部は再燃により結核が発症する。このため無症候感染は潜在性結核と呼ばれる。このような事実は、病原体の源泉である潜在性結核の対処が結核の制御に重要であることを示しており、潜伏感染機構の理解はそのよりどころとなるだろう。本稿では、結核菌の潜伏感染機構についての知見と、潜在性結核の解析をベースにした新しい制御法開発の可能性について述べる。(著者抄録)

    researchmap

  • バイオフィルム形成と環境中気体組成

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本バイオフィルム学会学術集会プログラム・抄録集   29回   29 - 29   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 高グルコースによる結核菌のNO抵抗性と増殖作用

    岡真優子, 大西愛, 石井美菜子, 尾関百合子, 松本壮吉, 三角和広, 市川寛, 南山幸子

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   68th   134   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成時の特徴

    戸谷 孝洋, 西内 由紀子, 北中 博美, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   28   49 - 52   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    非結核性抗酸菌は環境中に広く分布し、バイオフィルムを形成している。このうち30種余が環境からヒトに感染し、日和見感染を起こす。これらの菌のバイオフィルムの特徴を解析することは病原性を理解する上で重要である。そこで環境から分離したMycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)806と標準株のMAH 104、およびglycopeptidolipid(GPL)を欠損したラフ型株(MAH817、MAH104R)を用いてバイオフィルム形成時の特徴を検討した。我々は、気液界面の菌膜形成因子の一つが低酸素であり、GPLが気液界面の菌膜形成に寄与していることを報告した。今回、菌膜や壁面を遡上する菌体は、GPLの有無に関わらず浮遊菌に比べ消毒剤に耐性を示した。走査型電子顕微鏡を用いて観察すると、GPL産生株は厚い菌塊と、ひも状の菌体外成分で菌相互に接着していた。GPL非産生株は菌体同士が密着し、ひも状菌体外成分は殆どみられなかった。これらの結果から、菌膜および遡上する菌体はバイオフィルムと言える。このバイオフィルム形成時、trehalose dimycolate(TDM)、trehalose monomycolate(TMM)の減少が4株ともに認められた。厚い菌膜を形成するMAH806は形成時のGPL産生量が増加した。MAH817にGPLを添加すると、菌膜の形成が促進されて肥厚した。これらの結果から、MAHのバイオフィルム形成はGPLが関わる菌膜形成と、GPLが関わらないバイオフィルム形成があり、どちらにもTDM、TMMが関わっていることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 結核病期特異的CD4陽性T細胞性免疫応答の検討

    山下 嘉郎, 田中 健之, 小江 俊行, 川上 健司, 岡 真優子, 松本 壮吉, 寺原 和孝, 横田 恭子, 森本 浩之輔, 有吉 紅也

    日本呼吸器学会誌   4 ( 増刊 )   253 - 253   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 肺結核特異抗原に対する液性免疫の評価

    星野 仁彦, 仁木 満美子, 鈴川 真穂, 赤司 俊介, 永井 英明, 大田 健, 森本 耕三, 倉島 篤行, 吉山 崇, 工藤 翔二, 松本 壮吉

    日本呼吸器学会誌   4 ( 増刊 )   254 - 254   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 環境から分離した非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成促進因子

    西内 由紀子, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    結核   90 ( 2 )   372 - 372   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • LTBI症例における血清抗体を用いた前発病状態の検出

    藤川 健弥, 北田 清悟, 松本 壮吉, 前倉 亮治

    結核   90 ( 2 )   296 - 296   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核免疫に及ぼす血清脂質の影響

    金子 幸弘, 井上 学, 仁木 満美子, 西内 由紀子, 掛屋 弘, 松本 壮吉

    結核   90 ( 2 )   264 - 264   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 効果的なワクチン開発のための結核特異抗原に対する液性免疫の解析

    星野 仁彦, 仁木 満美子, 永井 英明, 吉山 崇, 森本 耕三, 仁木 誠, 金子 幸弘, 松本 壮吉, 倉島 篤行, 後藤 元, 工藤 翔二

    結核   90 ( 2 )   264 - 264   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌組換えタンパク質MDP1およびCpG-DNAであるG9.1を用いた結核ブースターワクチンの開発

    前山 順一, 山崎 利雄, 山本 十糸子, 林 大介, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   70 ( 1 )   235 - 235   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • HDL-cholesterolが結核菌感染に与える影響

    井上 学, 仁木 満美子, 岡 真優子, 尾関 百合子, 一瀬 休生, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   70 ( 1 )   229 - 229   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • M.aviumのバイオフィルム形成時の特徴

    戸谷 孝洋, 西内 由紀子, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   70 ( 1 )   142 - 142   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌の増殖制御や潜在性結核の解析および、結核ワクチンの開発研究

    松本 壮吉

    臨牀と研究   92 ( 1 )   116 - 116   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大道学館出版部  

    researchmap

  • Unique cytokine profiles of CD4+T cell to Acr, HBHA and MDP-1 antigens in different clinical stage of mycobacterium tuberculosis infection

    Yoshiro Yamashita, Takeshi Tanaka, Toshiyuki Oe, Kenji Kawakami, Mayuko Oka, Sohkichi Matsumoto, Kazutaka Terahara, Yasuko Tsunetsugu-Yokota, Konosuke Morimoto, Koya Ariyoshi

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   44   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:EUROPEAN RESPIRATORY SOC JOURNALS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成時の特徴

    戸谷 孝洋, 西内 由紀子, 北中 博美, 金子 幸弘, 松本 壮吉

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   28回   36 - 36   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成因子

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   27   49 - 52   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    私たちは非結核性抗酸菌Mycobacterium avium subsp.hominissuis(MAH)、Mycobacterium intracellulareに着目し、これらが生活環境のシャワーヘッドや浴槽内注水口に生息していること、MAHのバイオフィルムは、特有の層構造を有することを報告してきた。これらの病原性環境菌の感染を制御するためには、環境中のバイオフィルム形成を制御する因子の理解が重要である。バイオフィルム形成促進因子を明らかにする目的で、環境分離MAHを用いて抗酸菌用液体培地培養時に形成されるバイオフィルム形成能を炭素および窒素源や酸素供給を変化させて検討した。また、バイオフィルム形成に関与が知られているglycopeptidolipid(GPL)を自然発生的に欠損した株との比較を行った。その結果、環境から分離した64株中32株は低酸素条件下で気液界面に著しいバイオフィルム形成が認められた。MAH OCU806およびラフ型菌のガラス試験管気液界面のバイオフィルム検討でも同様であった。このとき、GPL欠損株のバイオフィルム形成能は低かったが、GPL産生株と異なる形態がみられた。クリスタルバイオレット法で行ったバイオフィルム量は、環境分離株MAH806は大気圧下よりも低酸素条件(5%)下で速くバイオフィルムを形成した。低栄養培地ではバイオフィルム形成は遅かった。これらの結果から低酸素条件がMAHのバイオフィルム形成促進因子であることが明らかになった。GPLはバイオフィルム形成に大きく関与するが、GPL合成能がない株でもバイオフィルムを形成することからその他の構成因子の関与が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 私達の研究 結核ワクチン開発の現状と新しい結核ワクチン開発に向けて

    松本 壮吉, 尾関 百合子

    化学療法の領域   30 ( 6 )   1283 - 1290   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    結核はAIDSやマラリアと並ぶ世界三大感染症であり、2013年には860万人の発症と130万人の死亡をもたらしている。WHOは2050年までに結核の根絶を目指しているが、それには新薬に加え、効果的な新ワクチンが必要であろう。我々は結核の病原体の源泉である潜在性結核について、その機構を解析してきたが、潜在性結核の90%が終生結核を発症しないという事実は、ワクチン開発のよりどころになると考える。現行の結核ワクチンBCG(Mycobacterium bovis bacille Calmette-Guerin)は小児の粟粒結核や結核性髄膜炎に対して顕著な効果をもつ一方、結核発症の多くを占める、内因性再燃に起因する成人型肺結核に対する効果は低調である。BCGは生ワクチンで、投与後も長期にわたって宿主内で生存することから、効果は持続すると考えられてきたが、実際には投与後、時間経過とともに減衰する。我々はマウスモデルにおいてもBCGの防御効果が経時的に低下することを見出している。本稿では、結核ワクチン開発に関する現状と潜在期の抗原を利用した新しい結核ワクチンの開発に向けた私たちの取り組みについて紹介する。(著者抄録)

    researchmap

  • 肋骨BCG骨髄炎の一例

    戸田 彩季, 時政 定雄, 山下 加奈子, 趙 有季, 新宅 治夫, 瀬戸 俊之, 松本 壮吉

    小児感染免疫   26 ( 1 )   113 - 114   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児感染症学会  

    researchmap

  • マクロファージの糖代謝酵素とグルコース濃度による結核菌の増殖制御(Glycolytic enzymes and glucose concentration in macrophages regulate the replication of Mycobacteria)

    今川 裕香子, 岡 真優子, 尾関 百合子, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   170 - 170   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ケニア共和国クワレ地区小学生を対象とした潜在性結核感染と寄生虫感染の関連

    尾関 百合子, 武田 知芳里, 岡部 真裕子, 井上 学, 岡 真優子, 平山 幸雄, 一瀬 休生, 小林 和夫, 松本 壮吉, 濱野 真二郎, 松本 真, 織田 哲弥, 石田 英和, 嶋田 雅曉, Juma Mwatasa, Kinyua Faith, Chadeka Asena Evans

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   140 - 140   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Ethidium monoazideを利用した薬剤耐性抗酸菌の迅速検出法の開発

    仁木 誠, 仁木 満美子, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   140 - 140   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在性結核および内因性再燃の検出を目的とした血清診断法の開発

    仁木 満美子, 仁木 誠, 松本 壮吉, 星野 仁彦

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   140 - 140   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌組換えタンパク質およびTLR9リガンドを用いた結核ブースターワクチンの結核菌噴霧感染による評価

    前山 順一, 山崎 利雄, 山本 十糸子, 林 大介, 松本 壮吉, 網 康至, 須崎 百合子, 伊保 澄子, 山本 三郎

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   250 - 250   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成解析

    戸谷 孝洋, 西内 由紀子, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   154 - 154   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 細菌による持続感染の成立と発症の分水嶺 結核菌の潜伏感染機構と新しい結核制御の可能性

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   69 ( 1 )   104 - 104   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 【抗酸菌感染症】 抗酸菌の細菌学的特徴と病原性

    西内 由紀子, 松本 壮吉

    感染症内科   2 ( 1 )   8 - 14   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 結核とその制圧を目指した研究

    松本 壮吉

    新潟県医師会報   ( 766 )   2 - 7   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    結核の歴史と現状、研究動向について以下の項目で解説した。1)結核(症)の歴史的な変遷、2)結核病態の形成と脂質成分、3)蛋白性の病原因子、4)結核菌の生活環と潜在性結核、5)ワクチン開発の試み(BCGを凌駕するワクチンの作成)、6)化学療法薬の開発状況(結核菌の休眠現象への対策)。

    researchmap

  • TLR9リガンドであるG9.1をアジュバントとして用いた結核ブースターワクチンの開発

    前山順一, 山崎利雄, 山本十糸子, 林大介, 尾関百合子, 松本壮吉, 伊保澄子, 山本三郎

    日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   18th   189   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 潜在性結核の成立を担う菌と宿主双方の分子とその機能解明に関する研究

    松本壮吉, 岡真優子, 王亜軍, 仁木満美子, 仁木誠, 平山幸雄, 尾関百合子, 大原直也, 辻村邦夫, 小出幸夫, 北田清悟, 前倉亮治, 阿戸学, 小林和夫

    潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 平成23-25年度 総合研究報告書   17 - 26   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 潜在性結核の成立を担う菌と宿主双方の分子とその機能解明に関する研究

    松本壮吉, 岡真優子, 王亜軍, 平山幸雄, 仁木満美子, 尾関百合子, 大原直也, 辻村邦夫, 小出幸夫, 北田清吾, 前倉亮治, 阿戸学, 小林和夫

    潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   15 - 20   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ケニア西部,Mbite地区における小学校児童間のSchistosoma mansoni感染の危険因子と空間分布

    NAGI Sachiyo, CHADEKA Evans A., SUNAHARA Toshihiko, CHAVES Luis Fernando, MUTUNGI Faith, DAN Yombo Justin K., KANEKO Satoshi, ICHINOSE Yoshio, MATSUMOTO Sohkichi, NJENGA Sammy M., HASHIZUME Masahiro, SHIMADA Masaaki, HAMANO Shinjiro

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   83rd   2014年

     詳細を見る

  • 抗酸菌の休眠現象や薬剤抵抗性に関わる分子メカニズム 抗酸菌の休眠と薬剤耐性機構

    松本 壮吉

    日本ハンセン病学会雑誌   82 ( 3 )   119 - 122   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ハンセン病学会  

    researchmap

  • ケニア共和国Mbita地区の児童における結核菌感染と鉤虫感染の関連

    井上学, 岡真優子, 仁木満美子, 尾関百合子, 一ノ瀬休生, 濱野真二郎, 松本壮吉

    日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   54th   129 - 130   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 潜在性結核のバイオマーカーとしての抗Antigen85およびMycobacteri DNA‐binding protein1抗体

    岡真優子, 立石善隆, 平山幸雄, 尾関百合子, 前倉亮次, 小林和夫, 松本壮吉

    日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   54th   130   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【結核-病態解明と制御の新展開】 潜在性結核と結核菌の潜伏感染メカニズム 結核菌の潜伏感染機構

    松本 壮吉

    医学のあゆみ   246 ( 6-7 )   470 - 473   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    結核菌は飛沫核感染によって肺を侵入門戸としてヒトに感染する。感染者の約5%が速やかに結核を発症するが、感染者の約95%で無症候感染が成立する。ヒト型結核菌はヒトによく適応した寄生病原体であり、感染成立後、免疫系は菌を生体から駆逐できない。無症候感染は潜在性結核と定義されるが、その理由は5〜10%で内因性再燃による病気が生じるからである。結核菌はヒトを住み処とし、ときに発症によって住み処を拡大しながら有史前より今日まで種を継いできた。現在、無症候感染者は人類の1/3にのぼる。このような事実は病原体の源泉である潜在性結核の対処なしには結核を制圧できないことを意味しており、潜伏感染メカニズムの解明はそのよりどころとなる。潜伏菌は休眠と増殖のサイクルを繰り返し、単細胞生物でありながら長期間の生命維持を実現している。本稿では結核菌の潜伏感染のメカニズムについて、これまでの知見を概説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌のバイオフィルム形成因子

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 松本 壮吉

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   27回   42 - 42   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • ケニア国の小学生を対象とした結核菌抗原に対する宿主応答の解析

    岡真優子, 松本壮吉, 尾関百合子

    長崎大学熱帯医学研究拠点共同研究報告集   2012   143 - 147   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結核菌感染に対するマクロファージの生体防御機構

    岡真優子, 松本壮吉, 尾関百合子, 市川寛, 南山幸子

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   66th   92   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再考!バイオフィルム! 結核菌の増殖、長期生存、および静止期以降の薬剤抵抗性獲得の分子メカニズム

    松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   26   21 - 24   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    結核菌は人を住みかとし、菌の旺盛な生体内増殖によって生じる結核(症)は、年間100万人以上の死をもたらす。肉芽腫は、結核に特徴的な病変であり、一般のバイオフィルムと異なり宿主由来成分によって構成されるが、菌の生存や薬剤抵抗性を促す点で&quot;バイオフィルム様&quot;の機能構造体といえる。本稿では、長期の潜伏感染後の発病や肉芽腫形成など、結核に特徴的な病態進行を背景として、結核菌のDNA結合性蛋白質Mycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)の発見とMDP1がヒト結核肉芽腫で発現し、結核菌の増殖制御や薬剤抵抗性を含む長期生存のメカニズムについての研究成果を紹介する。(著者抄録)

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌が形成するバイオフィルムの生態学的特徴

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 立石 善隆, 松本 壮吉

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   26   37 - 40   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    非結核性抗酸菌は世界中の土壌や水系の環境中にバイオフィルムを形成して広く分布しており、ヒトに日和見感染する。なかでもMycobacterium avium、Mycobacterium intracellulareによる肺感染症は近年世界中で増加している。不思議な事にヒト-ヒト感染の報告はないので環境から生成したエアロゾルを吸入して感染している。私たちはM.avium、M.intracellulareが家庭の浴室に生息しており浴室から感染する危険性を報告してきた。そこで環境中のM.aviumが形成するバイオフィルムの生態が感染性およびエアロゾル形成に関与していると考え、その生態を走査型電子顕微鏡で観察した。本研究では抗酸菌のバイオフィルムの細胞外マトリックスの構成成分として知られているglycopeptidolipidの欠損株を用いて生態を比較した。その結果、M.aviumは膜に覆われたバイオフィルムを構築した。その膜の下に小型の桿菌がぎっしり詰まっていた。その桿菌には細胞間マトリックスがほとんど認められなかった。glycopeptidolipid欠損株には、菌を覆う膜の形成は認められなかった。M.aviumが形成するバイオフィルムの生態学的特徴から、菌体は膜状バイオフィルムに守られて、膜の内側で増殖していることが示唆された。同時に細胞間マトリックスがないので膜の一部が破綻すると内側の菌が個々に飛び出しエアロゾル形成に寄与すると思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗酸菌に対する生体防御反応と発症予防方策の開発戦略 抗酸菌の潜伏感染や薬剤抵抗性に関わる分子メカニズム

    松本 壮吉

    日本ハンセン病学会雑誌   82 ( 1-2 )   15 - 15   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ハンセン病学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 環境分離抗酸菌のバイオフィルム形成因子の検討

    戸谷 孝洋, 西内 由紀子, 立石 善隆, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   135 - 135   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核関連抗原に対するCD4陽性T細胞サイトカインプロファイルの検討

    山下 嘉郎, 星野 仁彦, 岡 真優子, 松本 壮吉, 有賀 晴之, 横田 恭子, 有吉 紅也

    日本内科学会雑誌   102 ( Suppl. )   179 - 179   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • リコンビナントBCG(rBCG)を用いた迅速スクリーニング法による抗結核薬の探索と同定

    尾関 百合子, 西内 由紀子, 小椋 義俊, 岩本 朋忠, 林 哲也, 岡 真優子, 仁木 満美子, 立石 善隆, 平山 幸雄, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   181 - 181   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 高病原性非結核性抗酸菌臨床菌株のゲノムシーケンス(Draft Genome Sequence of A Hypervirulent Clinical Mycobacterium intracellulare Strain)

    立石 善隆, 平山 幸雄, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 仁木 満美子, 小椋 義俊, 林 哲也, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   176 - 176   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • BCG Tokyo172株のサブポピュレーションBCG-IIを用いた結核ブースターワクチン候補の評価

    前山 順一, 伊保 澄子, 岡 真優子, 井坂 雅徳, 松本 壮吉, 山本 三郎

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   207 - 207   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ケニア共和国における学生の結核菌感染とhookworm感染の関連

    井上 学, 岡 真優子, 仁木 満美子, 尾関 百合子, 一瀬 休生, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   219 - 219   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在性結核患者の血清中での結核菌抗原に対するイムノグロブリンg(Antigen 85A and Mycobacterial DNA-binding protein 1 are targets of IgG in past tuberculosis)

    岡 真優子, 立石 善隆, 平山 幸雄, 尾関 百合子, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   68 ( 1 )   214 - 214   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ケニア西部の小学生における寄生虫感染とリスク要因に関する研究

    凪幸世, CHADEKA Evans, MUTUNGI Faith, KALENDA Yombo, 伊藤誠, 嶋田雅暁, 一瀬休生, 金子聡, 松本壮吉, NJENGA Sammy, 砂原俊彦, 橋爪真弘, 濱野真二郎

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   82nd   81   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 私達の研究 鉄代謝およびイソニアジド耐性にかかわる結核菌分子の機能と治療法開発の可能性

    仁木 満美子, 松本 壮吉

    化学療法の領域   29 ( 2 )   301 - 306   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    結核菌は宿主に感染後、休眠状態で長期間、潜伏感染することが知られている。また、これらの潜伏感染菌は抗菌薬に対する抵抗性を有しており、結核治療を困難にしている。筆者らは、定常期以降の結核菌体内に大量に発現する分子である抗酸菌特異的ヒストン様タンパク質Mycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)は生体にとって必須の元素である鉄の貯蔵および解毒に関与することで宿主内での長期生存に寄与するのみならず、抗結核薬であるイソニアジド(INH)の活性化酵素の発現を抑制することにより定常期以降にみられる結核菌のINH抵抗性の獲得に関与することを明らかにしている。本稿では、この分子をターゲットとした結核治療法開発の可能性について述べる。(著者抄録)

    researchmap

  • 潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 潜在性結核の成立を担う菌と宿主双方の分子とその機能解明

    松本壮吉, 井上学, 仁木満美子, 濱野真二郎, 嶋田雅暁, 一瀬休生, 凪幸世, 岡真優子, 尾関百合子, 岡部真裕子, 小林和夫

    潜在性抗酸菌感染症の病態機構の解明及び診断・治療・予防に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   15 - 19   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 国際共同基盤研究に応用する抗酸菌感染症研究の整備 結核病態に関する分子生物学的研究

    松本壮吉, 井上学, 仁木満美子, 濱野真二郎, 嶋田雅曉, 一瀬休生, 凪幸世, 岡真優子, 尾関百合子, 岡部真裕子, 小林和夫, 野内英樹, 原田登之

    国際共同基盤研究に応用する抗酸菌感染症研究の整備 平成24年度 総括・分担研究報告書   83 - 87   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ケニア西部の小学生における寄生虫感染率とリスク要因の解析

    凪幸世, EVANS Chadeka, FAITH Mutungi, YOMBO Kalenda Dan Justin, 伊藤誠, 金子聡, 一瀬休生, 嶋田雅暁, 松本壮吉, SAMMY Njenga, 濱野真二郎

    Journal of Epidemiology   23 ( Supplement 1 )   2013年

     詳細を見る

  • BCGの効果判定方法

    平山 幸雄, 松本 壮吉

    日本医事新報   ( 4627 )   98 - 99   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

    researchmap

  • 結核菌感染を診断するバイオマーカー

    岡 真優子, 尾関 百合子, 松本 壮吉, 岩尾 洋

    大阪市医学会雑誌   61 ( 3-4 )   81 - 87   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大阪市医学会  

    結核は、発症者が900万人を超える世界最大の感染症であり、その病原菌Mycobacterium tuberculosisの感染に伴う主に肺肉芽腫を形成する疾患である。全世界人類の3分の1はM.tuberculosisに感染し、無症候状態の潜在性結核と考えられている。潜在性結核の約5%は、内因性再燃に伴い結核を発症することから、潜在性結核に対処することが重要である。結核患者の多くは開発途上国のアジア(55%)とアフリカ(30%)に集中しており、先進国ではほぼ制圧されているように窺える。しかし、最近では、渡航者によって病原菌が伝播されている。さらに、多剤耐性結核菌の出現やヒト免疫不全ウイルス感染者の約26%は結核感染者であることから、今後、結核が流行する可能性がある。結核制圧のためには、活動性結核に加え潜在性結核の早期診断・早期治療が重要だと考えられる。しかし、現在の結核診断法に用いられているインターフェロン-γ産生法(クオンティフェロン)やツベルクリン反応は、潜在性結核を十分に診断できない。そこで、我々は、23種の結核菌抗原を用いて潜在性結核のバイオマーカー探索を開始した。国内で行った研究結果から潜在性結核のバイオマーカーとして4種の抗原候補を見いだし、さらに長崎大学熱帯医学研究所との共同研究によりケニアでの結核感染調査においてもその有用性を確認した。現在、潜在性結核のバイオマーカー探索が世界中で取り組まれている中、我々の研究結果は、新たな潜在性結核の診断法へと繋がる可能性が考えられる。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013189878

  • ケニア共和国における,学生の潜在性結核菌感染と様々な寄生虫感染

    井上学, 岡真優子, 仁木満美子, 尾関百合子, 小野賢司, 松本真, 凪幸世, KALENDA Yombo, Dan Justin, 濱野真二郎, 一瀬休生, 小林和夫, 松本壮吉

    日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   53rd   83   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 細菌付着の制御とBiofilm形成 非結核性抗酸菌が形成するバイオフィルムの生態学的特徴

    西内 由紀子, 戸谷 孝洋, 立石 善隆, 前倉 亮治, 松本 壮吉

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   26回   25 - 25   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 再考!バイオフィルム 結核菌の増殖、長期生存、および静止期以降の薬剤抵抗性獲得の分子メカニズム

    松本 壮吉

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   26回   20 - 21   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 結核―その病態,診断,治療,感染対策 基礎各論 新しい結核ワクチン開発の展望

    松本壮吉, 尾関百合子, 小林和夫

    臨床と微生物   39 ( 2 )   131 - 136   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マクロファージのグルコース代謝と宿主内結核菌の増殖

    岡真優子, 合田亘人, 曽我朋義, 尾関百合子, 小林和夫, 松本壮吉, 岩尾洋

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   104   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 休眠時における抗酸菌の遺伝子発現解析

    仁木 満美子, 仁木 誠, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   150 - 150   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)に見いだされたFerritin-super family蛋白質様活性

    松本 壮吉, 岡 真優子, 西内 由紀子, 仁木 満美子, 尾関 百合子, 立石 善隆, 小林 和夫, 高塚 正樹, 佐藤 英介, 井上 正康

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   149 - 149   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ケニアの学生における、結核菌タンパク質に対する免疫応答の分析

    井上 学, 岡 真優子, 仁木 満美子, 尾関 百合子, 一瀬 休生, 小林 和夫, 松本 壮吉, 濱野 真二郎, 凪 幸世, Kalenda Yombo, 嶋田 雅暁, 小野 賢司, 松本 真, Njenga Sammy

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   129 - 129   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 高病原性Mycobacterium intracellulare臨床分離株のドラフトゲノム解析

    立石 善隆, 小椋 義俊, 平山 幸雄, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 仁木 満美子, 林 哲也, 小林 和夫, 松本 壮吉, 王 亜軍, 北田 清悟, 前倉 亮治

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   119 - 119   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • マウスモデルにおけるBCGワクチン効果の減衰に関する研究(Loss of anti-mycobacterial efficacy in mice over time following vaccination with BCG)

    尾関 百合子, 平山 幸雄, 岡 真優子, 立石 善隆, 瀧井 猛将, 山本 三郎, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   158 - 158   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 定常期抗酸菌にみられるイソニアジド抵抗性の解析

    仁木 誠, 仁木 満美子, 小林 和夫, 松本 壮吉, 切替 照雄

    日本細菌学雑誌   67 ( 1 )   150 - 150   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核研究の最先端 潜在性結核の分子機構と結核制圧研究

    松本 壮吉, 岡 真優子, 北田 清悟, 前倉 亮治, 小林 和夫

    日本医学会総会会誌   28回 ( II )   67 - 67   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医学会  

    researchmap

  • マクロファージのLPS応答におけるミトコンドリアの役割

    笠原 恵美子, 関山 敦生, 堀 美香, 松本 壮吉, 佐藤 英介, 岡村 春樹, 井上 正康, 北川 誠一

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回   4P - 0535   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 結核菌の休眠現象と潜在性結核

    松本 壮吉, 小林 和夫

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回   1S9a - 5   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 環境から分離したMycobacterium aviumのバイオフィルム形成

    西内 由紀子, 松本 壮吉, 立石 善隆, 北田 清悟, 前倉 亮治

    結核   86 ( 3 )   374 - 374   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌検査の進歩 結核血清診断の進歩

    立石 善隆, 北田 清悟, 松本 壮吉, 前倉 亮治

    結核   86 ( 3 )   310 - 310   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核研究の新たな展開:潜在性結核と結核菌—休眠現象の分子メカニズム

    仁木 満美子, 尾関 百合子, 岡 真優子, 松本 壮吉

    最新医学   66 ( 3 )   2011年

     詳細を見る

  • 【環境、生態の変動と感染症】 生活環境における非結核性抗酸菌の分布

    西内 由紀子, 立石 善隆, 松本 壮吉

    化学療法の領域   26 ( 12 )   2405 - 2413   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    非結核性抗酸菌はおもに水系の自然環境や生活環境に広く分布し、ヒト、家畜、鳥、魚に病原性を示して人獣共通感染症を引き起こす。ヒトには日和見感染を起こし、その感染源は生活環境であると考えられている。近年、基礎疾患をもたないヒトが肺Mycobacterium avium complex(MAC)症を発症する例が増加しており、その感染源である生活環境中の分布が注目されている。MACは、家庭のシャワーヘッドや浴槽出水口にバイオフィルムを形成して定着していることがわかってきた。飲料水の汚染や不十分な消毒と管理は、易感染性宿主に非結核性抗酸菌症を起こして院内感染の原因となる。院内感染事例、バイオフィルムの関与、消毒についても解説した。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗酸菌感染症における感染制御の進歩

    松本 壮吉

    感染症学雑誌   84 ( 4 )   489 - 489   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症における感染制御の進歩

    松本 壮吉

    感染症学雑誌   84 ( 臨増 )   100 - 100   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 結核菌感染における制御性T細胞の関与

    尾関 百合子, 菅原 勇, 岡 真優子, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   65 ( 1 )   189 - 189   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 病原性の起源を生態系の視点から考える 自然環境生息菌をモデルとして 生活環境由来Mycobacterium avium complexの遺伝子多型解析

    西内 由紀子, 松本 壮吉, 立石 善隆

    日本細菌学雑誌   65 ( 1 )   91 - 91   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 潜在性結核の診断法の確立に向けた臨床への橋渡し研究(第1報)

    岡 真優子, 平山 幸雄, 立石 善隆, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   65 ( 1 )   198 - 198   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症の発症・診断・治療・新世代予防技術に係わる分子機構に関する研究 結核菌潜伏感染の分子機構と治療・予防戦略

    小林和夫, 前倉亮治, 北田清悟, 松本壮吉, 藤原永年, 阿戸学, 大西和夫, 高橋宜聖, 岡部真裕子, 大原直也

    抗酸菌感染症の発症・診断・治療・新世代予防技術に係わる分子機構に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   17 - 21   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MLPA法による多剤耐性結核菌の検出

    田丸 亜貴, 河原 隆二, 松本 壮吉, 鈴木 定彦

    結核   84 ( 5 )   397 - 397   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 集団感染事例におけるVNTR型とIS6110-RFLPパターンの比較

    田丸 亜貴, 松本 壮吉

    結核   84 ( 5 )   386 - 386   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 肺Mycobacteirum avium complex症患者由来M.aviumと豚由来M.aviumの血清型比較

    西内 由紀子, 田栗 貴博, 松本 壮吉, 立石 善隆, 北田 清悟, 田丸 亜貴, 鈴木 定彦, 前倉 亮治

    結核   84 ( 5 )   409 - 409   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 環境改変と感染症 生活環境に分布するMycobacterium avium complexと臨床分離株の多型解析

    西内 由紀子, 松本 壮吉, 立石 善隆, 鈴木 定彦

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   96 - 96   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗結核薬スクリーニング系の確立と実践

    尾関 百合子, 原田 誠, 西内 由紀子, 山本 三郎, 小林 和夫, 松本 壮吉, 五十嵐 雅之, 木下 直子, 田丸 亜貴

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   193 - 193   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の薬剤感受性におけるMDP1の調節機構の解析

    仁木 誠, 吉村 満美子, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   192 - 192   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • DNAワクチンを用いたMycobacterium DNA-binding protein 1(MDP1)のマウスT細胞エピトープの同定

    鈴木 大介, 永田 年, 辻村 邦夫, 松本 壮吉, 小出 幸夫

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   192 - 192   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症研究における新たな視点 結核菌の増殖に対するヒアルロン酸の作用

    平山 幸雄, 吉村 満美子, 尾関 百合子, 菅原 勇, 小林 和夫, 松本 壮吉, 木全 弘治, 板野 直樹, 青木 俊明

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   93 - 93   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症研究における新たな視点 急速な臨床経過に合致した高病原性Mycobacterium avium-intracellulare complex菌株の同定

    立石 善隆, 平山 幸雄, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 吉村 満美子, 小林 和夫, 松本 壮吉, 北田 清悟, 前倉 亮治

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   93 - 93   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核の生物学から結核対策の進歩まで 抗酸菌の蛋白質機能から分子病態まで(Tuberculosis, from biology to development of control strategies From the functions of a protein to molecular pathogenesis of mycobacteria)

    松本 壮吉, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   43 - 43   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌感染マクロファージにおけるhypoxia-inducible factor-1alphaの作用機構

    岡 真優子, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   190 - 190   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Mycobacterium intracellulare由来血清型7,12,13型糖ペプチド脂質の構造類似性とオリゴ糖解析

    藤原 永年, 中田 登, 中田 崇, 水野 淨子, 合田 麗奈, 牧野 正彦, 吉村 満美子, 松本 壮吉, 前田 伸司

    日本細菌学雑誌   64 ( 1 )   188 - 188   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症の発症・診断・治療・新世代予防技術に係わる分子機構に関する研究 結核菌潜伏感染の分子機構と治療・予防戦略

    小林和夫, 前倉亮治, 北田清悟, 松本壮吉, 藤原永年, 大原直也, 阿戸学, 大西和夫, 高橋宜聖, 岡部真裕子

    抗酸菌感染症の発症・診断・治療・新世代予防技術に係わる分子機構に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   15 - 19   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【結核】 結核ワクチン研究の現状と展望

    松本 壮吉, 小林 和夫

    臨床検査   52 ( 10 )   1149 - 1153   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008350771

  • 抗酸菌の薬剤感受性におけるMDP1の調節機構の解析

    仁木 誠, 吉村 満美子, 和田 崇之, 小林 和夫, 松本 壮吉

    結核   83 ( 3 )   342 - 342   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)による増殖と細胞壁合成の同調メカニズム

    松本 壮吉, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 藤原 永年, 吉村 満美子, 小林 和夫

    結核   83 ( 3 )   341 - 341   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • BCG亜株の脂質生化学的比較研究

    藤原 永年, 瀧井 猛将, 藤田 由希子, 矢野 郁也, 前田 伸司, 松本 壮吉, 山本 三郎

    結核   83 ( 3 )   293 - 293   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 肺Mycobacterium avium complex(MAC)症患者の家庭浴室に常在するMACと喀痰分離株の多型解析

    西内 由紀子, 田丸 亜貴, 北田 清悟, 田栗 貴博, 松本 壮吉, 立石 善隆, 前倉 亮治

    結核   83 ( 3 )   289 - 289   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 家庭浴室由来Mycobacterium avium complexの多型性と臨床分離株との相同性

    西内 由紀子, 松本 壮吉, 立石 善隆, 田丸 亜貴, 前倉 亮治, 北田 清悟, 田栗 貴博

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   163 - 163   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌感染における制御性T細胞の役割(2)

    尾関 百合子, 小林 和夫, 松本 壮吉, 久枝 一, 菅原 勇, 宇田川 忠, 青木 俊明, 田村 敏生

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   157 - 157   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Mycobacterium intracellulare由来血清型7,12型glycopeptidolipid糖鎖合成遺伝子の機能解析

    藤原 永年, 中田 登, 前田 伸司, 中 崇, 水野 淨子, 牧野 正彦, 松本 壮吉, 矢野 郁也

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   97 - 97   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核病巣におけるヒアルロン酸の産生と局在

    平山 幸雄, 吉村 満美子, 尾関 百合子, 菅原 勇, 青木 俊明, 西内 由紀子, 小林 和夫, 松本 壮吉, 木全 弘治, 板野 直樹

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   88 - 88   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の遺伝子発現および薬剤感受性におけるMDP1の役割

    仁木 誠, 吉村 満美子, 和田 崇之, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   183 - 183   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌における増殖と細胞壁合成の同調機構

    松本 壮吉, 奥山 めぐみ, 尾関 百合子, 内藤 真理子, 西内 由紀子, 藤原 永年, 吉村 満美子, 小林 和夫, 勝部 智也, 高塚 正樹, 坪井 敬文

    日本細菌学雑誌   63 ( 1 )   181 - 181   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 【変貌する細菌感染症】 結核における特異性炎の形成メカニズムと結核対策研究の現在 結核菌感染症

    松本 壮吉

    医学のあゆみ   223 ( 8 )   611 - 614   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    結核は年間約200万人が死亡する最大級の細菌感染症である。結核菌は脂質に富む細胞壁を基本バリアとして病原因子を分泌し、宿主の殺菌機構に抵抗する。通常、結核菌と宿主の戦いは宿主優勢で発病しないが&quot;よい勝負&quot;で、宿主が感染菌を駆逐することもない。その結果、無症候の感染者が現人類の1/3に達している。宿主の抵抗力の低下とともに菌が再増殖し発症するが、これを二次結核とよぶ。感染時に発病する一次結核と合わせ、感染者の約10%が結核を発症する。結核病変は基本的には慢性の肉芽腫性炎であり、肉芽腫形成、壊死、陥落、空洞形成と推移する特異性炎である。巨大な肉芽腫は組織破壊を招き個体の死を招来するが、肉芽腫形成は本来宿主の防御応答で、結核菌の増殖をおもに酸素を遮断することで停止させる、いわば&quot;苦肉の策&quot;である。本稿では結核の歴史と現状、結核病態の形成機構、現在の対策研究の動向について概説した。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗酸菌研究の最前線 結核菌病原因子による病変形成と感染防御

    松本 壮吉, 小林 和夫

    結核   82 ( 10 )   786 - 789   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 肺Mycobacterium avium complex(MAC)症患者の家庭浴室内におけるMACの検出

    西内 由紀子, 田丸 亜貴, 北田 清悟, 田栗 貴博, 前倉 亮治, 松本 壮吉, 鈴木 定彦

    結核   82 ( 4 )   439 - 439   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌糖脂質の合成制御におけるmycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)の役割

    松本 壮吉, 藤原 永年, 吉村 満美子, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 和田 崇之, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   402 - 402   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 日本国内の北京型結核菌に見られる遺伝的特異性

    和田 崇之, 長谷 篤, 前田 伸司, Shi Ruiru, 菅原 勇, 松本 壮吉, 岩本 朋忠

    結核   82 ( 4 )   372 - 372   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌研究の最前線 結核菌病原因子による病変形成と感染防御

    松本 壮吉, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   332 - 332   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • BCG感染時におけるTh1/Th2バランスへのSTAT6の役割

    尾関 百合子, 松本 壮吉, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   406 - 406   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • ヒアルロン酸の抗酸菌増殖に対する作用

    平山 幸雄, 吉村 満美子, 仁木 誠, 松本 壮吉, 尾関 百合子, 菅原 勇, 青木 俊明, 和田 崇之, 西内 由紀子, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   404 - 404   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • ミコール酸分子種の異なるcord factorの宿主応答

    藤原 永年, 松本 壮吉, 前田 伸司, 矢野 郁也, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   403 - 403   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の蛋白質発現と薬剤抵抗性におけるMDP1の役割

    仁木 誠, 吉村 満美子, 平山 幸雄, 松本 壮吉, 和田 崇之, 小林 和夫

    結核   82 ( 4 )   403 - 403   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌の新規病原因子MDP1の感染病態への関わり

    松本 壮吉, 尾関 百合子, 小林 和夫

    感染・炎症・免疫   37 ( 1 )   98 - 101   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鳥居薬品(株)  

    researchmap

  • 抗酸菌の増殖に対するヒアルロン酸の作用

    平山幸雄, 吉村満美子, 尾関百合子, 菅原勇, 青木俊明, 和田嵩之, 西内田紀子, 小林和夫, 松本壯吉

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   117 - 117   2007年2月

     詳細を見る

  • 家庭浴室のMycobacterium avium complexの検出 培養法、PCR法およびLAMP法の比較

    西内 由紀子, 松本 壮吉, 鈴木 定彦

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   178 - 178   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌の細胞壁合成におけるmycobacterial DNA-binding protein 1(MDP1)の役割

    松本 壮吉, 奥山 めぐみ, 尾関 百合子, 内藤 真理子, 西内 由紀子, 藤原 永年, 吉村 満美子, 和田 崇之, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   91 - 91   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 休眠期抗酸菌の薬剤抵抗性におけるMDP1の役割

    仁木 誠, 吉村 満美子, 和田 崇之, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   151 - 151   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 新規抗結核薬OPC-67683の抗菌活性に関わる分子同定の試み

    奥山 めぐみ, 川崎 昌則, 松本 真, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   151 - 151   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 【新感染症学 新時代の基礎・臨床研究】 感染症学総論 慢性化、潜伏化、再発再燃の機序 結核菌の潜伏感染と内因性再燃の分子機構

    松本 壮吉, 平山 幸雄, 小林 和夫

    日本臨床   65 ( 増刊2 新感染症学(上) )   124 - 128   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2007232474

  • BCG感染におけるSTAT6の役割

    尾関 百合子, 小林 和夫, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   169 - 169   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Priming-boosting vaccination with recombinant Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin and a nonreplicating vaccinia virus recombinant leads to long-lasting and effective immunity (vol 79, pg 12871, 2005)

    Yasushi Ami, Yasuyuki Izumi, Kazuhiro Matsuo, Kenji Someya, Masaru Kanekiyo, Shigeo Horibata, Naoto Yoshino, Koji Sakai, Katsuaki Shinohara, Sohkichi Matsumoto, Takeshi Yamada, Shudo Yamazaki, Naoki Yamamoto, Mitsuo Honda

    JOURNAL OF VIROLOGY   80 ( 20 )   10288 - 10288   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    DOI: 10.1128/JVI.01681-06

    Web of Science

    researchmap

  • 結核菌の潜伏感染と宿主細胞接着・侵入の分子機序;分指標的療法の開発を目指して

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   61 ( 3 )   345 - 352   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY  

    結核菌は人類の1/3に潜伏感染しており, 時に内因性再燃を引きおこす。成人の肺結核の多くがこの機序で発症し, 現在, 年間約200万人の命が失われている。潜伏感染菌は通常休眠することで, 菌と宿主双方の生存を確保し, 且つ薬剤抵抗性を獲得する。結核菌はヒトを住処としており, ヒト以外の生物や自然環境下での生存は難しい。したがって潜伏感染菌の根絶は根本的な結核対策となる。潜伏感染菌対策を講じるために休眠機構を解かなければならない。細胞を凍らすように菌の代謝を生理的温度下においていかに抑制するのか? 休眠機構は"謎"に包まれていたが, 我々は菌の増殖を停止させる分子MDP1を同定した。加えてMDP1が接着分子として菌の潜伏感染細胞への接着/侵入を促すことを明らかにした。MDP1の活性を中心として, 接着分子を標的とした新しい治療/予防法開発の可能性を紹介する。

    DOI: 10.3412/jsb.61.345

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00284830362?from=CiNii

  • 微生物学の進歩 結核菌の潜伏感染と宿主細胞接着・侵入の分子機序 分子標的療法の開発を目指して

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   61 ( 3 )   345 - 352   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    結核菌は人類の1/3に潜伏感染しており、時に内因性再燃を引きおこす。成人の肺結核の多くがこの機序で発症し、現在、年間約200万人の命が失われている。潜伏感染菌は通常休眠することで、菌と宿主双方の生存を確保し、且つ薬剤抵抗性を獲得する。結核菌はヒトを住処としており、ヒト以外の生物や自然環境下での生存は難しい。したがって潜伏感染菌の根絶は根本的な結核対策となる。潜伏感染菌対策を講じるために休眠機構を解かなければならない。細菌を凍らすように菌の代謝を生理的温度下においていかに抑制するのか?休眠機構は&quot;謎&quot;に包まれていたが、我々は菌の増殖を停止させる分子MDP1を同定した。加えてMDP1が接着分子として菌の潜伏感染細胞への接着/侵入を促すことを明らかにした。MDP1の活性を中心として、接着分子を標的とした新しい治療/予防法開発の可能性を紹介する。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗酸菌のヒトマクロファージ様細胞(THP1)感染におけるグリコサミノグリカンの役割

    平山 幸雄, 松本 壮吉, 仁木 誠, 尾関 百合子, 西内 由紀子, 小林 和夫

    結核   81 ( 3 )   246 - 246   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1の機能解析

    仁木 誠, 松本 壮吉, 平山 幸雄, 尾関 百合子, 西内 由起子, 小林 和夫

    結核   81 ( 3 )   249 - 249   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌の病原性と制御性T細胞(CD4+CD25+Regulatory T細胞)の役割

    尾関 百合子, 松本 壮吉, 小林 和夫, 菅原 勇, 宇田川 忠, 青木 俊明, 久枝 一

    日本細菌学雑誌   61 ( 1 )   92 - 92   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌DNAによるDNA結合性蛋白質の抗原性修飾

    松本 壮吉, 松本 真, 梅森 清子, 尾関 百合子, 山本 三郎, 山田 毅, 小林 和夫, 古堅 誠, 富重 辰夫, 平山 幸雄

    日本細菌学雑誌   61 ( 1 )   92 - 92   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • モルモット肺結核モデルにおける結核免疫の解析とサイトカイン/ケモカインアッセイ系の確立

    山本 三郎, 佐藤 由紀夫, 伊保 澄子, 後藤 義孝, 松本 壮吉, David N. McMurray

    財団法人ヒューマンサイエンス新興財団編:平成17年度創薬等ヒューマンサイエンス研究 国際共同研究事業 研究報告書   79 - 88   2006年

     詳細を見る

  • 結核菌の潜伏感染と内因性再燃の分子機構

    松本 壮吉

    日本臨床 増刊号・新感染症学   21 ( 5 )   709 - 715   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    毎年約200万人の命を奪う結核菌は,現在も20億人に潜伏感染している.感染者の5〜10%が終生の間に結核を発病する.WHOは,今後20年間に7,000万人の発病を予測し警告している.潜伏結核菌は増殖を停止し休眠菌となる.その結果,菌と宿主双方の生存が確保される.潜伏感染菌の根絶は,結核の根本的な対策となる.なぜなら,この菌は一般に人のみをすみかとしているからだ.潜伏感染菌対策を講じるため,休眠機構を解く必要がある.細胞を凍らすように菌の代謝を生理的にいかに抑制するのか?生物学的にも非常に興味深い.結核菌の核酸およびリボゾーム結合性蛋白質の活性を中心に,休眠機構解明に迫る研究成果を紹介する(著者抄録)

    researchmap

  • Mycobacterium avium-intracellulare complexのNO耐性解析

    西内 由紀子, 松本 壮吉

    結核   80 ( 3 )   266 - 266   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 抗酸菌の肺胞上皮細胞侵入におけるMycobacterial DNA-binding protein1(MDP1)とヒアルロン酸の役割

    平山 幸雄, 松本 壮吉, 小林 和夫, 和田 崇之, 尾関 百合子, 西内 由起子, 山本 三郎

    結核   80 ( 3 )   268 - 268   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 制御性T細胞(CD4+CD25+Regulatory T細胞)の結核菌感染における役割

    尾関 百合子, 松本 壮吉, 小林 和夫, 菅原 勇, 宇田川 忠

    結核   80 ( 3 )   267 - 267   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌のヒストン様蛋白質Mycobacterial DNA-binding protein 1の抗原性におけるDNA介在の意義

    松本 壮吉, 小林 和夫, 松本 真, 尾関 百合子, 山本 三郎, 山田 毅

    結核   80 ( 3 )   266 - 266   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌の核酸結合性蛋白質とDNAの複合体に対する免疫応答解析

    松本 壮吉, 松本 真, 梅森 清子, 尾関 百合子, 山本 三郎, 山田 毅, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   60 ( 1 )   157 - 157   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌感染における制御性T細胞(CD4+CD25+ Regulatory T細胞)の役割

    尾関 百合子, 松本 壮吉, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   60 ( 1 )   156 - 156   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核菌の肺胞上皮細胞への接着/侵入における,ヒアルロン酸-MDP1結合の役割

    平山 幸雄, 松本 壮吉, 和田 崇之, 尾関 百合子, 梅森 清子, 山本 三郎, 西内 由紀子, 松本 真, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   60 ( 1 )   104 - 104   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 結核基礎研究の最前線 結核菌潜伏感染の分子機構と新規治療戦略

    松本 壮吉

    結核   79 ( 8 )   490 - 492   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の肺胞上皮細胞接着/侵入におけるグリコサミノグリカンの役割

    平山 幸雄, 松本 壮吉, 西内 由起子, 小林 和夫

    結核   79 ( 3 )   279 - 279   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核基礎研究の最前線 結核菌潜伏感染の分子機構と新規治療戦略

    松本 壮吉

    結核   79 ( 3 )   163 - 163   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の肺胞上皮細胞接着における分子機構

    平山 幸雄, 松本 壮吉, 青木 圭子, 和田 崇之, 尾関 百合子, 松本 真, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   59 ( 1 )   184 - 184   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 【食中毒】 海外旅行と食中毒

    松本 壮吉, 小林 和夫

    医薬ジャーナル   39 ( 5 )   1479 - 1483   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    我が国の年間海外渡航者は約1700万人であり,そのうち,代表的な食中毒である下痢性疾患が蔓延している熱帯地域や開発途上国への渡航者は約500万人と,その3割を占めている.下痢症状を経験する渡航者は全体の20〜50%であり,その渡航先として開発途上国(ラテンアメリカ,アフリカ,中東及びアジア諸国)が多い.渡航者下痢症の約20%は病原微生物感染に起因している.基本的治療は,水分と電解質の補給である.予防は,1)調理,2)煮沸,3)皮をむく,4)疑わしいものは口にしない,5)調理直後に摂取などを遵守することである.更に,渡航先の疾病発生動向や医療情報を事前に把握することは,安全な海外渡航に極めて重要である

    researchmap

  • 新しい結核ワクチンの開発とELISPOT assay(自動解析)を用いたT細胞活性化によるワクチン効果の解析

    田中 高生, 喜多 洋子, 井上 義一, 坂谷 光則, 岡田 全司, 桑山 さち子, 村木 裕美子, 稲永 由紀子, 金丸 典子, 橋元 里実, 高井 寛子, 渡邊 悠子, 岡田 知佳, 森 珠里, 石崎 邦子, 松本 久美, 岡 美穂, 黒川 恵理, 吉田 栄人, 金田 安史, 大原 直也, 内藤 真理子, 山田 毅, 松本 壮吉, Reed Steven, Skeiky Yasir, Gillis Steven

    結核   78 ( 3 )   278 - 278   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • Novel DNA and recombinant BCG vaccinations against tuberculosis by the augmentation of cytotoxic activity

    M Okada, S Yoshida, N Ohara, T Yamada, Y Kaneda, T Tanaka, Y Kita, S Kuwayama, Y Muraki, Y Inanaga, N Kanamaru, Y Inoue, M Matsumoto, K Kimura, M Sakatani, T Mori

    FASEB JOURNAL   16 ( 4 )   A308 - A309   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • 細胞内寄生菌に対する感染防御免疫 抗酸菌感染に対する宿主防御と病変形成機序

    松本 壮吉, 小林 和夫

    日本細菌学雑誌   57 ( 1 )   69 - 69   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ヒトマラリアの防御抗原を発現する組換えBCGワクチンの作製

    雪竹 英治, 大原 直也, 神原 廣二, 山田 毅, 松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   56 ( 1 )   316 - 316   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌抗原DNAワクチンとrBCGワクチンのモルモット免疫応答及び結核防御効果

    山本 三郎, 野島 康弘, 梅森 清子, 野間口 博子, 大原 直也, 山田 毅, 山本 十糸子, 佐藤 由紀夫, 松本 壮吉, 松尾 和浩

    日本細菌学雑誌   56 ( 1 )   315 - 315   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • O157感染症予防のためのベロ毒素Bサブユニット分泌型組み換えBCGワクチンの開発

    藤井 潤, 内藤 真理子, 湯通堂 隆, 松本 壮吉, 山田 毅

    産業医科大学雑誌   22 ( 1 )   80 - 80   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:産業医科大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000140881

  • 多剤耐性結核感染の対策とワクチン開発

    山田 毅, 松本 壮吉

    感染症学雑誌   74 ( 3 )   292 - 293   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 耐性菌感染症の現状と対策 多剤耐性結核感染の対策とワクチン開発

    山田 毅, 松本 壮吉

    日本化学療法学会雑誌   48 ( 2 )   141 - 142   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • BCG及び組み換えBCGによるPlasmodium yoelii感染防御機構について

    松本 壮吉, 雪竹 英治, 神原 廣二, 山田 毅

    日本細菌学雑誌   54 ( 1 )   300 - 300   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 顎関節症患者の関節滑液中の抗体が認識する抗酸菌の44kDa蛋白質について

    安達 紀子, 松本 壮吉, 松尾 長光, 大原 直也, 内藤 真理子, 雪竹 英治, 山田 毅

    日本細菌学雑誌   54 ( 1 )   312 - 312   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 抗酸菌の核酸結合性蛋白質(MDP1;mycobacterial DNA binding protein 1)の同定と解析

    松本 壮吉, 雪竹 英治, 松尾 長光, 山田 毅

    日本細菌学雑誌   54 ( 1 )   188 - 188   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • ゲノム情報 結核菌の全ゲノム配列決定の意義

    山田 毅, 松本 壮吉, 山田 博

    蛋白質・核酸・酵素   44 ( 1 )   65 - 70   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:共立出版(株)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1999089017

  • Identification of a novel DNA-binding protein from Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin

    S Matsumoto, H Yukitake, M Furugen, T Matsuo, T Mineta, T Yamada

    MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   43 ( 11 )   1027 - 1036   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CENTER ACADEMIC PUBL JAPAN  

    A novel DNA-binding protein expressed (8-10% in total protein) in Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guerin was observed. This protein was designated mycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1), MDP1 recognized bases, sugar moieties, phosphate-backbone on DNA and preferentially bound to DNA guanine and cytosine, In the gel retardation assay, MDP1 preferentially bound to closed circular plasmid DNA than open circular and linear form plasmid DNA and also bound to RNA. MDP1 formed a highly polymerized structure and localized not only in the nucleoid but also at the 50S ribosomal subunits and cell surface, MDP1 was conserved in Mycobacterium thus far examined and the expression was enhanced in stationary growth phases, These results will provide a reasonable basis for further study of the function of MDP1 in living mycobacteria.

    Web of Science

    researchmap

  • マラリア原虫の防御免疫にかかわる研究

    神原 廣二, 上村 春樹, 柳 哲雄, 中澤 秀介, 坪井 敬文, 大橋 真, 前野 芳正, 楠原 康弘, 山田 毅, 松本 壮吉

    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集   11   18 - 22   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:長崎大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 遅発育性抗酸菌からの細菌の遅発育性を誘導する蛋白質の同定

    松本 壮吉, 雪竹 英治, 松尾 長光, 峰田 天雄, 山田 毅

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21   502 - 502   1998年12月

     詳細を見る

  • ヒトフィプロネクチンと抗酸菌主要分泌抗原(α抗原)の結合機序

    内藤 真理子, 大原 直也, 松本 荘吉, 山田 毅

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21   314 - 314   1998年12月

     詳細を見る

  • Recombinant Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guerin secreting merozoite surface protein 1 (MSP1) induces protection against rodent malaria parasite infection depending on MSP1-stimulated interferon gamma and parasite-specific antibodies

    S Matsumoto, H Yukitake, H Kanbara, T Yamada

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   188 ( 5 )   845 - 854   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROCKEFELLER UNIV PRESS  

    The merozoite surface protein 1 (MSP1) has emerged as a leading malaria vaccine candidate at the erythrocytic stage. Recombinant bacillus Calmette-Guerin (rBCG), which expressed a COOH-terminal 15-kD fragment of MSP1 of Plasmodium yoelii (MSP1-15) as a fusion protein with a secretory protein of Mycobacterium kansasii, was constructed. Immunization of mice with this rBCG induced a higher degree of protection against blood-stage parasite infection than with recombinant MSP1-15 in the RIBI adjuvant (RIBI ImmunoChem Research, Inc., Hamilton, MT) or incomplete Freund's adjuvant systems. We studied the mechanism of protection induced by MSP1-15, and found that interferon (IFN)-gamma had a major role in protection in all adjuvant systems we examined. Mice that produced low amounts of MSP1-15 stimulated IFN-gamma and could not control parasite infection. The antibody against MSP1-15 did not play a major role in protection in this system. After parasite infection, immunoglobulin G2a antibodies, which had been produced by IFN-gamma stimulation, were induced and subsequently played an important role in eradicating parasites. Thus, both cellular and humoral immune responses were essential for protection from malaria disease. These data revealed that BCG is a powerful adjuvant to induce such a protective immune response against malaria parasites.

    DOI: 10.1084/jem.188.5.845

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • マウスIL-2分泌recombinant BCGの作成及びその活性について 膀胱癌細胞に対する抗腫瘍エフェクターの解析

    山田 博, 松本 壮吉, 松本 哲朗, 山田 毅, 山下 優毅

    西日本泌尿器科   60 ( 増刊 )   146 - 146   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 細菌の遅発育性を誘導する,抗酸菌由来,新規蛋白質の同定

    松本 壮吉, 峰田 天雄, 山田 毅

    歯科基礎医学会雑誌   40 ( 抄録 )   361 - 361   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Immunological characterization of alpha antigen of Mycobacterium kansasii: B-cell epitope mapping

    M Naito, N Ohara, S Matsumoto, T Yamada

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   48 ( 1 )   73 - 78   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE LTD  

    Mapping of B-cell epitopes on alpha antigen of Mycobacterium kansasii (K-alpha) was carried out by using recombinant truncated K-alpha fusion peptides. We observed that two immunodominant B-cell epitopes (amino acids 222-268 and 267-306) and one minor epitope (amino acid 249-286) were located in the C-terminal region of K-alpha. The other three minor B-cell epitopes were mapped in N-terminal (amino acids 80-98 and 99-166) and central (amino acid 174-203) regions of K-alpha. All defined epitopes were common to Mycobacterium tuberculosis and M. kansasii. Besides these common epitopes, a region in K-alpha (amino acid 290-319) revealed different reactivities between antibodies against K-alpha and alpha antigen of M. tuberculosis. These findings may provide a basis for development of serodiagnosis that can distinguish between M. kansasii and M. tuberculosis infections.

    DOI: 10.1046/j.1365-3083.1998.00368.x

    Web of Science

    researchmap

  • The 16-kDa alpha-crystallin-like protein of Mycobacterium bovis BCG is produced under conditions of oxygen deficiency and is associated with ribosomes

    Y Tabira, N Ohara, N Ohara, H Kitaura, S Matsumoto, M Naito, T Yamada

    RESEARCH IN MICROBIOLOGY   149 ( 4 )   255 - 264   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:EDITIONS SCIENTIFIQUES MEDICALES ELSEVIER  

    A 16-kDa protein, identical to the a-crystallin-like stress protein, was induced under O-2-deficient culture conditions and bound principally to the 30S ribosomal subunits of Mycobacterium bovis BCG substrain Tokyo (BCG). The 16-kDa protein was shown to be tightly associated with the ribosome.

    DOI: 10.1016/S0923-2508(98)80301-X

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Putative heat shock protein 70 gene from Actinobacillus actinomycetemcomitans: molecular cloning and sequence analysis of its gene

    J Minami, S Matsumoto, T Yamada

    ORAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   13 ( 2 )   113 - 119   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MUNKSGAARD INT PUBL LTD  

    We have cloned and sequenced two overlapping fragments of chromosomal DNA from Actinobacillus actinomycetemcomitans. The nucleotide sequence contained two open reading frames. The deduced amino acid sequences of the two open reading frames showed significant homology with the heat shock proteins hsp70 and hsp40 of other organisms respectively. The upstream open reading frame consisted of 1902 bp, corresponding to 634-amino-acid residues. The CAA codon for glutamines was frequently seen in hsp70, i.e., in 30 of 32 glutamines (93.8%). The spacing region between the two open reading frames was unusually long compared with other prokaryotic organisms. A number cf unique and distinguishing features of the sequences in the hsp70 family were verified, sind it was found that a particular spacing sequence between the hsp70 and hsp40 gene loci can be used to identify A. actinomycetemcomitans from the periodontal pocket.

    Web of Science

    researchmap

  • ハンセン氏病予防ワクチンの開発

    山田 毅, 内藤 真理子, 大原 直也, 松本 壮吉, 松岡 正典, 野間口 博子

    日本ハンセン病学会雑誌   67 ( 1 )   63 - 63   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ハンセン病学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 組み換えBCGにより誘導される,マラリア原虫感染防御免疫の解析

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   53 ( 1 )   237 - 237   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • The novel fibronectin-binding motif and key residues of mycobacteria

    M Naito, N Ohara, S Matsumoto, T Yamada

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   273 ( 5 )   2905 - 2909   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    The binding motifs of the immunodominant antigen (Ag) alpha-Ag (Ag 85 complex B) of Mycobacterium kansasii for human fibronectin were examined using digested fragments. We defined two fibronectin-binding epitopes on 27 amino acids from 84 to 110 and on 20 amino acids from 211 to 230, The epitopes were almost conserved in the closely related Ag 85 complex of other mycobacteria species. Inhibition of fibronectin binding to intact alpha-Ag molecules was observed with peptide-(84-110), but not with peptide-(211-230). Peptide (84-110) could also inhibit fibronectin binding to all components of the Ag 85 complex of Bacillus Calmette-Guerin (Ag 85A, Ag 85B, and Ag 85C). Further study with synthetic peptides defined 11 residues from 98 to 108 as the minimum motif. Six residues ((98)FEWYYQ(103)) were critical for interacting with fibronectin. The motif revealed no homology to other known prokaryotic and eukaryotic fibronectin-binding proteins. The defined motif of alpha-Ag is novel and unique for mycobacteria.

    DOI: 10.1074/jbc.273.5.2905

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Shotgun cloning and characterization of the thymidylate synthase-encoding gene from Mycobacterium bovis BCG

    S Matsumoto, H Yukitake, N Ohara, T Dairi, H Kanbara, T Yamada

    MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   42 ( 1 )   15 - 21   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CENTER ACADEMIC PUBL JAPAN  

    The shotgun cloning of a Mycobacterium bovis BCG (BCG) genome into pBluescript SK (+) successfully yielded a 0.9 kbp fragment, confirming the ability of Escherichia coli thyA mutant MH2702 to grow in a thymine-depleted medium. This DNA fragment contained a gene homologous to the thymidylate synthase (TS)-encoding genes (thyA) of other organisms. An inverted repeat sequence and open reading frame (ORF) were observed at the upstream region of the thyA. A computer analysis revealed that the protein encoded by this ORF possessed a structure unique for a DNA binding protein.

    Web of Science

    researchmap

  • Internalization of Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Gv(]J1117[)rin into osteoblast-like MC3T3-E1 Cell and bone resorptive responses of the cells against the infection(共著)

    Scandinavian Journal of Immunology   47   453 - 458   1998年

  • HrpA, a new ribosome-associated protein which appears in heat-stressed Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guerin

    N Ohara, N Ohara, M Naito, C Miyazaki, S Matsumoto, Y Tabira, T Yamada

    JOURNAL OF BACTERIOLOGY   179 ( 20 )   6495 - 6498   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    A novel 18-kDa heat shock protein, HrpA, has been identified from Mycobacterium bovis BCG. HrpA was rapidly synthesized in membrane and ribosome fractions but not in the cytoplasmic fraction under heat shock stress. HrpA bound tightly to 70S ribosomes, mainly in 30S subunits. HrpA might be involved in the initiation step of translation at high temperature.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of the genes encoding the antigen 85 complex and MPT51 from Mycobacterium avium

    N Ohara, N OharaWada, H Kitaura, T Nishiyama, S Matsumoto, T Yamada

    INFECTION AND IMMUNITY   65 ( 9 )   3680 - 3685   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    The components of the fibronectin-binding antigen 85 complex (85A, 85B, and 85C) and the related protein MPB/MPT51 are major secreted proteins in Mycobacterium tuberculosis and Mycobacterium bovis BCT;, The fbpA, fbpC, and mpt51 genes encoding 85A, 85C, and MPT51, respectively, were isolated from Mycobacterium avium and sequenced in this study, The structures of these genes, and that of the fbpB gene encoding the 85B protein, were conserved in these three species. The secreted amounts of 85A, 85B, 85C, and MPB/MPT51 were compared for M. tuberculosis, BCG, and M, avium, These four proteins were found in large amounts in the culture filtrates from M. tuberculosis and BCG, In contrast, in the culture filtrate from M. avium, 85B and MPT51 were abundant whereas 85A and 85C were hardly found, in spite of the presence of the encoding genes, The difference in the secretion amounts might be regulated at the transcription level, These facts might reflect host immunopathogenesis, the protective immunities against infections, and the drug susceptibilities of these organisms.

    Web of Science

    researchmap

  • 顎関節症患者の関節滑液中の抗体が認識する,抗酸菌の蛋白質抗原の同定

    松本 壮吉

    歯科基礎医学会雑誌   39 ( 抄録 )   462 - 462   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Species-specific B-cell epitope on the C-terminal region of the alpha antigen from Mycobacterium scrofulaceum

    M Takano, N Ohara, M Naito, S Matsumoto, T Matsuo, R Shirai, A Mizuno, T Yamada

    MICROBIAL PATHOGENESIS   23 ( 2 )   95 - 100   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD  

    In the amino acid (AA) sequences of alpha antigen from mycobacteria, C-terminal regions were variable among a variety of mycobacterial species though the N-terminal regions were relatively conserved. These regions may possess some species-specific antigenic determinants of the alpha antigen from Mycobacterium scrofulaceum (S-alpha). AAs288-300 of S-alpha fused to beta-galactosidase was reactive with the antisera raised against S-alpha. The same fused peptide did not react with the antisera raised against the alpha antigen from Mycobacterium avium (A-alpha) and Mycobacterium bovis BCG (B-alpha). B-cell epitope mapping then was performed focusing on the C-terminal region of S-alpha using the synthetic peptides. Their reactivities with antisera raised against the alpha antigens of three different mycobacterial species were assessed by ELISA. AAs279-286 were a cross-reactive common immunodominant region among three mycobacterial species. This region may be one of the crossreactive common epitopes in mycobacterial species. And AAs291-300 were reactive only with the antisera raised against S-alpha. This region may possess a species-specific epitope. (C) 1997 Academic Press Limited.

    DOI: 10.1006/mpat.1997.0147

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Inhibition of multiplication of Mycobacterium leprae in mouse foot pads by immunization with ribosomal fraction and culture filtrate from Mycobacterium bovis BCG

    M Matsuoka, H Nomaguchi, H Yukitake, N Ohara, S Matsumoto, K Mise, T Yamada

    VACCINE   15 ( 11 )   1214 - 1217   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Immunization of mice with the ribosomal fraction from ruptured Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Guerin (BCG) and the culture filtrate reduced remarkably the multiplication of Mycobacterium leprae in the foot pads of mice, This is the first reported case of the protective activity against M, leprae multiplication in mice of the BCG ribosomal fraction and culture filtrate. The inhibition was more evident with the culture filtrate than with the ribosomal fraction. When the ribosomal proteins separated from ribosomal RNA were injected into mice, only slight inhibition was observed Ribosomal RNA alone did not inhibit at all, in contrast to the conclusion reported by Youmans and Youmans. (C) 1997 Elsevier Science Ltd.

    DOI: 10.1016/S0264-410X(97)00018-2

    Web of Science

    researchmap

  • Transcriptional analysis of the groESL operon from Porphyromonas gingivalis. 国際誌

    H Hotokezaka, N Ohara, H Hayashida, S Matsumoto, T Matsuo, M Naito, K Kobayashi, T Yamada

    Oral microbiology and immunology   12 ( 4 )   236 - 9   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Transcriptional analysis of the groESL operon from Porphyromonas gingivalis, one of the obligative anaerobic oral microorganisms implicated in adult periodontitis, was performed. P. gingivalis 381 cultured at 37 degrees C was shifted to 42 degrees C, 45 degrees C or 48 degrees C for 10 mins. Northern hybridization analysis revealed that a band with 2.1-kb (kilo base pair) was observed, and the transcripts increased greatly by heat shock. Primer extension and S1 mapping detected four different 5'-ending sites of the mRNAs at the upstream region of the groES. Three sites out of the four were heat-inducible. There were inverted repeats and a Escherichia coli sigma 32-recognizing consensus sequence in the promoter region of the groESL, which may be relevant to the regulation of transcription of groESL operon in P. gingivalis. Both a heat shock promoter and inverted repeats may be relevant to the transcriptional regulation of the groESL operon in P. gingivalis.

    PubMed

    researchmap

  • BCGを用いた,マラリアワクチンの開発

    松本 壮吉

    Parasitology International   46 ( Suppl. )   61 - 61   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 顎関節症患者の関節滑液に認められるマイコバクテリアの43kDa蛋白質に対する抗体について

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   52 ( 1 )   186 - 186   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Mycobacterium bovis BCG由来のチミジル酸シンターゼについて

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   52 ( 1 )   186 - 186   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 組み換えBCGワクチンシステムを用いた,マラリアワクチンの開発

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   52 ( 1 )   332 - 332   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • BCG菌の赤内型マラリア原虫に対する感染予防効果について

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   52 ( 1 )   309 - 309   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 顎関節症患者の関節液中に認められる抗mycobacteria抗体について

    松本 壮吉

    歯科基礎医学会雑誌   38 ( 抄録 )   498 - 498   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Cloning and sequencing of an MPB70 homologue corresponding to MPB83 from Mycobacterium bovis BCG

    T Matsuo, H Matsuo, N Ohara, S Matsumoto, H Kitaura, A Mizuno, T Yamada

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   43 ( 5 )   483 - 489   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE LTD  

    MPB70 is secreted in high concentrations by Mycobacterium bovis BCG substrain Tokyo (BCG Tokyo), but little by substrains Pasteur (BCG Pasteur) and M. tuberculosis. The gene encoding a MPB70 homologue secreted by BCG Tokyo was found at the upstream region of the gene encoding MPB70, with approximately 2.3 kilobase pairs (kbp) spacing: the same gene was also found in BCG Pasteur. This gene was cloned and sequenced from BCG Tokyo. The DNA sequence which contained a 663 base pair (bp) open reading frame beginning at position 1 and ending with a TAA codon at position 661 was found. Its theoretical molecular mass was calculated to be 22.068 kDa. This gene was highly homologous to the coding region of mpb70 and the deduced amino acid sequence was very similar to MPB83 reported by Harboe et al. It was speculated that the gene the authors characterized probably corresponded to the mpb83 gene.

    Web of Science

    researchmap

  • 組み換えBCGを用いたマラリアワクチンの開発

    松本 壮吉

    寄生虫学雑誌   45 ( Suppl. )   34 - 34   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岐阜県立医科大学  

    researchmap

  • Long-lasting immune response induced by recombinant Bacillus Calmette-Guerin (BCG) secretion system

    N Wada, N Ohara, M Kameoka, Y Nishino, S Matsumoto, T Nishiyama, M Naito, H Yukitake, Y Okada, K Ikuta, T Yamada

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   43 ( 2 )   202 - 209   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE LTD  

    The recombinant bacillus Calmette-Guerin (rBCG) secretion system utilizing an extracellular alpha antigen of Mycobacterium kansasii (alpha-K) was characterized biochemically and immunologically. The human immunodeficiency virus type1 (HIV-1)p17(gag) B cell epitope fused to alpha-K was secreted in extremely large amounts. At least three mice out of seven inoculated with rBCG generated high titres of antibody to the epitope. The long-lasting antibody production persisted more than 14 months.

    Web of Science

    researchmap

  • A stable Escherichia coli mycobacteria shuttle vector 'pSO246' in Mycobacterium bovis BCG

    S Matsumoto, M Tamaki, H Yukitake, T Matsuo, M Naito, H Teraoka, T Yamada

    FEMS MICROBIOLOGY LETTERS   135 ( 2-3 )   237 - 243   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The most widely used plasmid vector system in mycobacteria is based on pAL5000 from Mycobacterium fortuitum. The derivatives of the pAL5000-based shuttle vectors between Escherichia coli and mycobacteria, which we have utilized to secrete recombinant antigens, were generated. The stability of the vectors was assessed in Mycobacterium bovis BCG (BCG). The plasmid vector pS0246 was stable in BCG for at least 50 generations.

    DOI: 10.1016/0378-1097(95)00457-2

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 組み換えBCGワクチンシステムを用いた,マラリアワクチンの開発

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   51 ( 1 )   238 - 238   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • Stable expression and secretion of the B-cell epitope of rodent malaria from Mycobacterium bovis BCG and induction of long-lasting humoral response in mouse

    S Matsumoto, T Yanagi, N Ohara, N Wada, H Kanbara, T Yamada

    VACCINE   14 ( 1 )   54 - 60   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BUTTERWORTH-HEINEMANN LTD  

    The live bacterial vaccine Mycobacterium bovis BCG (BCG) is a vehicle worth noticing for various protective antigens. The gene encoding the B-cell epitope of the oligopeptide repeating in the circumsporozoite protein (C.S. protein) of the rodent malaria parasite, Plasmodium yoelii, was inserted into the plasmid vector under the control of an expression cassette carrying the promoter and signal sequence of the a antigen derived from Mycobacterium kansasii (k-a). The B-cell epitope was successfully expressed and secreted from BCG as a fusion protein with k-a. This recombinant BCG was administered subcutaneously into BALB/c mice and the antibody production was measured by the enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA). Long lasting humoral response was found in one of seven mice.

    DOI: 10.1016/0264-410X(95)00131-J

    Web of Science

    researchmap

  • E Long-lasting immune response induced by recombinant Bacillus Calmette-Guerin (BCG) secretion system.

    Wada N., Ohara N., Kameoka M., Nishino Y., Matsumoto S., Nishiyama T., Naito M., Yukitake H., Okada Y., Ikuta K., Yamada T.

    Collected papers from the Institute of Immunological Science Hokkaido University   19   26 - 33   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:北海道大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ヒト結核の感染・発病と免疫 結核発病における菌側の因子:抗酸菌の抗原の研究の意味

    山田 毅, 大原 直也, 松本 壮吉

    結核   70 ( 11 )   639 - 644   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本結核病学会  

    researchmap

  • 結核菌群特異的抗原MPB70の研究

    松本 壮吉

    歯科基礎医学会雑誌   37 ( 抄録 )   144 - 144   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • DIFFERENTIAL TRANSCRIPTION OF THE MPB70 GENES IN 2 MAJOR GROUPS OF MYCOBACTERIUM-BOVIS BCG SUBSTRAINS

    T MATSUO, S MATSUMOTO, N OHARA, H KITAURA, A MIZUNO, T YAMADA

    MICROBIOLOGY-UK   141   1601 - 1607   1995年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SOC GENERAL MICROBIOLOGY  

    Substrains of Mycobacterium bovis BCG (BCG) have been divided into two major groups, high and low producers, on the basis of the amount of secretion of the MPB70 protein. The antigen is produced in high concentration by BCG Tokyo, Moreau, Russia and Sweden (high-producer substrains), whereas in BCG Pasteur, Copenhagen and Tice (low-producer substrains) it is detected at 1% (w/w) or less of the concentration of BCG Tokyo. To investigate why this protein is secreted differently, the MPB70 genes of BCG Tokyo and Pasteur were cloned, sequenced and compared. The MPB70 genes in two substrains showed exactly the same sequence. Even the upstream and downstream regions of the MPB70 gene were identical. MPB70 gene expression was assessed by means of Northern hybridization analysis and reverse transcriptase polymerase chain reaction. The mRNA was clearly detected in BCG Tokyo, but at a very low level in BCG Pasteur. On the basis of these results, the difference in the secretion of the MPB70 protein between BCG Tokyo and Pasteur was attributed to differential transcription efficiencies.

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of the gene encoding the MPB51, one of the major secreted protein antigens of Mycobacterium bovis BCG, and identification of the secreted protein closely related to the fibronectin binding 85 complex. 国際誌

    N Ohara, H Kitaura, H Hotokezaka, T Nishiyama, N Wada, S Matsumoto, T Matsuo, M Naito, T Yamada

    Scandinavian journal of immunology   41 ( 5 )   433 - 42   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The secreted protein MPB51 is one of the major proteins in the culture filtrate of Mycobacterium bovis BCG (BCG) and is a protein immunologically cross-reacting with the fibronectin binding 85 complex secreted by this bacterium. The gene encoding MPB51 (mpb51) was cloned, sequenced, and expressed in Escherichia coli. The mpb51 gene was mapped downstream of the gene for 85A component with 179 bp spaces. The mpb51 gene encoded 299 amino acids, including 33 amino acids for the signal peptide, followed by 266 amino acids for the mature protein with a molecular mass of 27807.37 Da. This is the first complete sequence of MPB51. MPB51 showed 37-43% homology to the components of 85 complex. Two-dimensional electrophoresis of culture fluids of BCG and Western blotting indicated the existence of the other novel protein(s) which strongly cross-reacted with the alpha antigen (85B) and MPB51.

    PubMed

    researchmap

  • Cloning and sequencing of a unique antigen MPT70 from Mycobacterium tuberculosis H37Rv and expression in BCG using E. coli-mycobacteria shuttle vector. 国際誌

    S Matsumoto, T Matsuo, N Ohara, H Hotokezaka, M Naito, J Minami, T Yamada

    Scandinavian journal of immunology   41 ( 3 )   281 - 7   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    MPB70 is known to be an immunogenic mycobacterial protein secreted in large amounts from Mycobacterium bovis BCG (BCG) Tokyo. The analogous gene for MPT70 was cloned from Mycobacterium tuberculosis H37Rv which produces this protein in only a small amount. The gene encoding 193 amino acid residues including 30 amino acids for the signal peptide, the promoter-like sequence, and the ribosome-binding site, was completely identical to that of BCG Tokyo. Computer analysis revealed that the carboxy-terminal half of MPT70 was homologous to amino acid sequences of fasciclin I, osteoblast-specific factor 2 (OSF-2), and human transforming growth factor-beta induced gene product (beta IG-H3). Escherichia coli (E. coli) -mycobacteria shuttle vectors containing mpt70 or mpb70 genes 0.7kbp upstream of the 5' end of them were able to be expressed in BCG Pasteur which is a MPB70 low-producer, but the extent of the expression was not that of a high-producer.

    PubMed

    researchmap

  • 結核菌由来抗原性蛋白質MPT70の遺伝子及びその発現解析

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   50 ( 1 )   210 - 210   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 1. The role of some cellular components of bacterial parasites in determining the incidence of tuberculosis: Studies on mycobacterial antigens, with special reference to mycobacterial immunoreactive ribosomal and secreted proteins

    T. Yamada, N. Ohara, S. Matsumoto, T. Matsuo, H. Kitaura, H. Yukitake, N. Wada, T. Nishiyama, M. Naito, M. Kinomoto, M. Kimura

    Kekkaku   70 ( 11 )   639 - 644   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Tuberculosis remains as major disease, affecting more than 20 million people. The elimination of the disease with vaccination, rapid diagnosis, and efficient therapy is an important objective of our study. To realize the objective, the characterization of antigens is essential. We have chosen two kinds of antigens for our study, the ribosomal antigens and an antigenic proteins secreted by mycobacteria. The biochemical and immunological characterization of ribosomal fraction was carried out. Ribosomal proteins were purified and assessed for DTH reaction. The N-terminal amino acids sequences were determined. Total structures of S19, S7 and S12 in 30S and L7/L12 in 50S subunits were elucidated. L7/L12 had 66% homology with analogue from S. griseus which showed GTPase activity in protein synthesis. This protein was secreted in culture medium and induced strong DTH. Secreted antigenic proteins are of great interest for us. Secreted antigens may he recognized rapidly by immune system and therefore may induce rapid and high level immune response. It is also expected that it may contain protective antigens, since live BCG protect disease more efficiently than heat killed BCG. We have determined and published the total structure of four proteins (MPB64, MPB70, MPB57, anti α antigen). We attempted to utilize this antigen for the diagnosis and the design of vaccine. The structures of a antigens from M. avium, M. intracellulare, M. scrofulaceum, M. kansasii and BCG were determined and its potential for application to diagnosis was presented. Using the operon of M. kansasii, α antigen anti V3 reagion of HIV-1 were expressed by recombinant BCG which induced CTL in mice.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Biochemical and Immunological Characterization of Ribosomal Fraction and Culture Filtrate from Mycobacterium

    YAMADA Takeshi, OHARA Naoya, WADA Naoko, MATSUMOTO Sokichi, YUKITAKE Hideharu, MATSUO Takemitsu, KITAURA Hideki, TAKANO Mikiko, NISHIYAMA Takeshi, NOMOGUCHI Hiroko, MATSUO Masanori

    日本放線菌学会誌   9 ( 2 )   228 - 235   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Society for Actinomycetes Japan  

    DOI: 10.3209/saj.9_228

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1996082802

  • マラリアB-cellエピトープ発現系の研究

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   49 ( 3〜4 )   507 - 507   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • マラリアスポロゾイトワクチンの開発

    松本 壮吉

    日本細菌学雑誌   49 ( 1 )   276 - 276   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Development of control strategies against tuberculosis based on molecular mechanisms of persistence of tuberculosis and host immune response to it (Abstract book P8). 招待 国際会議

    松本 壮吉

    The 1st International Scientific Meeting on Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ISM-CMID). 10th National Congress of Indonesian Society for Clinical Microbiology (KONAS-PAMKI), 12th National Symposium-Indonesian Antimicrobial Resistance Watch (  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • From biology of Mycobacterium to the development of the control strategies against tuberculosis, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    The 13th Nagasaki-Singapore Medical Symposium  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 抗酸菌の「長生き」のメカニズムと結核対策への応用

    松本 壮吉

    第92回日本結核病学会総会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Diagnosis of TB infections. 招待 国際会議

    松本 壮吉

    6th Conference of International Union Against Tuberculosis and Lung Disease, Asia Pacific Region  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌に特徴的な薬剤標的と新規薬剤の開発研究 招待

    松本 壮吉

    65回日本感染症学会東日本地方会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Tuberculosis; Facts, Mechanisms, and Research to control it. 招待 国際会議

    松本 壮吉

    Japan-Russia G-MedEx Project: International symposium of educational and scientific development-2016.  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌の潜伏感染メカニズム

    松本 壮吉

    第89回日本細菌学会総会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Analysis of asympotomatic tuberculosis and its risks, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    50th anniversary, US-Japan, Cooperative Medical Science Program,  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核の歴史や現状と、潜在性結核に学ぶ新しい結核制御法開発の試み 招待

    松本 壮吉

    第56回日本熱帯医学会大会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核・抗酸菌の遅発育性や休眠現象と新しい抗酸菌症戦略の可能性 招待

    松本 壮吉

    第3回 福岡マイコバクテリオーシスシンポジウム  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 人をすみかとする結核菌と結核—病原体の誕生から広がりと現状 招待

    松本 壮吉

    平成27年度にいがた市民大学  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 結核菌の増殖制御や潜在性結核の解析および、結核ワクチンの開発研究

    松本 壮吉

    第90回結核病学会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の増殖制御や潜在性結核の解析および、結核ワクチンの開発研究 招待

    松本 壮吉

    第22回呼吸器疾患・感染症研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • A Novel mechanism of growth phase dependent INH-resistance in mycobacteria, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    16th International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim,  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 抗酸菌の潜伏感染や薬剤抵抗性に関わる分子メカニズム 招待

    松本 壮吉

    第86回日本ハンセン病学会総会・学術大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の潜伏感染機構と新しい結核制御の可能性 招待

    松本 壮吉

    第87回日本細菌学会総会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Functions of mycobacterial DNA binding protein 1 (MDP1) and its contribution to the persistent infection of Mycobacterium tuberculosis, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    The 11th International Symposium on Microbiology  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の増殖、長期生存、および静止期以降の薬剤抵抗性獲得の分子メカニズム 招待

    松本 壮吉

    第26回Bacterial Adherence and Biofilm学術集会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の休眠現象と潜在性結核診断の可能性

    松本 壮吉

    特定非営利活動法人結核診断研究会・第一回総会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌がゆっくりと長く生きる機構と潜在性結核 招待

    松本 壮吉

    第21回学会賞受賞者特別講演会  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Overview, Growth coordination of mycobacteria and latent Mycobacterium tuberculosis infection. 招待 国際会議

    松本 壮吉

    6th US-Japan, Cooperative Medical Science Program,  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 先端医科学研究の現状。結核菌の増殖制御機構と結核制圧戦略 招待

    松本 壮吉

    第7回霊長類医科学フォーラム  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 熱帯医学からの発信。結核菌がゆっくりと長く生きるメカニズムと結核の制圧を目指した研究。 招待

    松本 壮吉

    第52回日本熱帯医学会大会 第26回日本国際保健医療学会学術大会 合同大会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 再考VNC(Viable but Non-Culturable cells)!細菌に学ぶ生残戦略。結核菌の休眠現象と潜在性結核

    松本 壮吉

    第84回日本生化学会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Host Factors having an impact on the growth of Mycobacterium tuberculosis. 招待 国際会議

    松本 壮吉

    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核研究の最先端。潜在性結核の分子機構と結核制圧研究 招待

    松本 壮吉

    第28回日本医学会総会2011  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の長生きのメカニズムと潜在性結核 招待

    松本 壮吉

    第5回久留米日和見感染症研究会学術講演会  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の気道ヒアルロン酸を利用した感染と生体内増殖 招待

    松本 壮吉

    第22回微生物シンポジウム  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Mycobacteria exploit host hyaluronan for efficient extracellular replication, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    The 8th international conference of hyaluronan  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌の長生きのメカニズム;休眠現象と潜在性結核 招待

    松本 壮吉

    第27回東海薬物治療研究会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 抗酸菌感染症における感染制御の進歩 招待

    松本 壮吉

    第84回日本感染症学会総会  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Molecular mechanisms of latent tuberculosis infection (LTBI) and development of diagnosis of LTBI, 招待 国際会議

    松本 壮吉

    第3回日中科学フォーラム  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 気道ヒアルロン酸を利用した、結核菌の感染と増殖のストラテジー

    松本 壮吉

    第50回日本熱帯医学会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • From the function of a protein to molecular pathogenesis of mycobacteria 招待

    松本 壮吉

    第82回日本細菌学会総会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌病原因子による病変形成と感染防御 招待

    松本 壮吉

    第82回日本結核病学会総会  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 結核菌潜伏感染の分子機構と新規治療戦略 招待

    松本 壮吉

    第79回日本結核病学会  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

  • 免疫原性を有するMDP1の製造方法

    松本 壮吉

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-107292  出願日:2018年6月

    researchmap

  • MDP1を用いた炭水化物を有する物質の分離方法

    松本 壮吉

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-277012  出願日:2008年10月

    researchmap

  • MDP1による微生物を凝集および/または沈殿させる方法

    松本 壮吉

     詳細を見る

    出願番号:特願PCT/JP2009/061819 

    researchmap

受賞

  • 小林六造記念賞

    2011年   日本細菌学会   結核菌の病原性および増殖制御機構の分子遺伝学的解析と応用研究

    松本 壮吉

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 抗体を利用する、新しい結核の診断法と制御法の開発を目指した、国際共同研究

    研究課題/領域番号:21KK0136

    2021年10月 - 2025年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 尾関 百合子, 袴田 真理子, 松村 隆之, 中村 梨沙, 大原 由貴子, 田中 崇裕

      詳細を見る

    配分額:19240000円 ( 直接経費:14800000円 、 間接経費:4440000円 )

    researchmap

  • 天然変性ヒストン様蛋白質による、結核菌の個性の創出と多様性獲得の分子機構

    研究課題/領域番号:20H03483

    2020年4月 - 2024年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 白井 剛, 伊東 孝祐, 真柳 浩太

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    researchmap

  • 結核菌によるミトコンドリア障害と免疫抑制の分子基盤と治療への応用

    研究課題/領域番号:20H03487

    2020年4月 - 2023年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松崎 吾朗, 松永 哲郎, 松本 壮吉, 高江洲 義一, 梅村 正幸

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究は、結核菌の産生する感染防御分子IL-1β産生を抑制する病原因子、Zmp1の病原性の分子機構解明を目指す。申請者らは、Zmp1がミトコンドリア(Mit)電子伝達系複合体Iの構成分子であるGrim-19/Ndufa13(以降、Grim-19と標記)に結合することを見出しており、この所見を手掛かりとして、Zmp1のMitに対する影響を検討した。その結果、①BCGのZmp1欠損株(⊿Zmp1 BCG)をマクロファージ(Mf)に感染させると、野生株では抑制されていたNLRP3依存性IL-1β産生が回復した。②BCG感染MfのMit内にZmp1が検出され、Grim-19と共局在した。③CRISPR-Cas9システムで作成したGrim-19欠損マウスMf細胞株J774(Grim-19KO J774)ではNLRP3インフラマソーム活性化刺激への応答が消失した。④Grim-19KO J774あるいはZmp1遺伝子発現プラスミド導入細胞では、Mit膜電位の低下が認められ、これがNLRP3インフラマソーム活性化の阻害を引き起こすと考えられた。以上の結果から、Zmp1のIL-1β産生抑制機構は、Mit複合体Iの構成分子Grim-19への結合とMitの膜電位形成阻害に関連すると考えられた。この成果を、FASEB Journalに原著論文として公表した。さらにZmp1の第2の標的分子を同定し、それが炎症性サイトカイン遺伝子の発現制御に重要であることを見出し、その視点からの解析を進めるとともに、細胞内でZmp1の機能を阻害する小分子量抗体の作成およびその結核治療への応用の可能性について検討を進めている。

    researchmap

  • ヨーグルトの抗菌-整腸作用に着目した術後難治性炎症病態に対する新規治療法の開拓

    研究課題/領域番号:16K21041

    2016年4月 - 2019年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    田島 陽介, 若井 俊文, 松本 壮吉, 立石 善隆, 倉元 三八子

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    ヤスダヨーグルトのMRSAに対する抗菌活性成分は、ヤスダヨーグルトに含まれる乳酸菌Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricusが産生する 乳酸および過酸化水素であることが、本研究により示唆された。 今回の研究期間中にヨーグルトの潰瘍性大腸炎術後「回腸嚢炎」に対する感染免疫学的効果を検証するには至らなかったが、今後ヤスダヨーグルトによる回腸嚢炎に対する治療効果を検証する予定である。

    researchmap

  • 結核の潜在化機構の解析と、潜在化の維持による結核制圧戦略の構築

    研究課題/領域番号:16H05187

    2016年4月 - 2019年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 阿戸 学, 田村 敏生, 西山 晃史, 前倉 亮治, 尾関 百合子, 片平 正人, 山口 雄大

      詳細を見る

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    結核は、年間150万人が死亡する最大級の細菌感染症である。結核菌のすみかはヒトであり、感染者(潜在性結核)の5-10%で、菌の再増殖が生じ結核が発症する。したがい潜在性結核に対処し発症を抑止することが疾患の制圧につながる。潜在期において結核菌は、増殖を停止した休眠(dormant)状態にある。本研究は、結核菌の休眠を誘導する分子の解析を基軸として、潜在化の機構解明と、発症抑止による新しい結核制御法の構築を指向した。

    researchmap

  • 結核菌抗原による形質細胞様樹状細胞の活性化を介する新しい結核防御免疫機構の解明

    研究課題/領域番号:15K09565

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    鈴木 史子, 島田 一郎, 西山 晃史, 松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    増殖期および休止期の結核菌が発現するタンパク質抗原である「M」はDNA結合性を保持している。一方、天然型CpGオリゴDNAである「G」は形質細胞様樹状細胞を活性化する。この2つを組み合わせて動物に投与すると結核菌感染への抵抗性が増すことが示唆されたため、本研究はこのメカニズム解明を目的とした。その結果、ヒト末梢血単核球細胞をこの抗原とCpG-DNAと共培養するとIFN-α産生の増強と共刺激分子の発現亢進が誘導されること、この増強作用はこの抗原を介したCpG-DNAの細胞内移行の亢進に起因すると考えられることを明らかにした。
    本研究成果は結核ワクチンの創製につながる重要なものと考えられる。

    researchmap

  • 高まん延多剤耐性結核菌株のゲノム解析による高病原因子の探索

    研究課題/領域番号:15K08489

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    田丸 亜貴, 松本 壮吉, 和田 崇之, 金子 幸弘

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    大阪での地域分子疫学の結果発見された高病原性多剤耐性結核菌V02群の遺伝的特性の解明を試みた。V02群株は 113か所のV02群特異的非同義的変異を持っていた。これらの変異のある遺伝子のうち53個は機能が明らかであり、そのうち4個が病原性に関与する機能を有していた。4個の病原性関与遺伝子のうちpknI遺伝子のみが結核菌の増殖の抑制的制御機能を持っており、V02群株の病原性に寄与していると考えられた。結核菌臨床分離株200株についてpknI遺伝子の有無を調べたが、変異のあった2株は広く感染を起こしていない株であり、pknI遺伝子変異は結核菌全般の感染性の強さには寄与していないと考えられた。

    researchmap

  • 潜在性結核の検出と、結核の発症予知技術の確立を目指した、ケニア国における調査研究

    研究課題/領域番号:26305017

    2014年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 阿戸 学, 濱野 真二郎, 金子 聰, 藤井 仁人, 岡 真優子, 前倉 亮治, 一瀬 休生

      詳細を見る

    配分額:16250000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

    活動性結核の源泉となる無症候感染のリメカニズムや、無症候感染からの発症予知技術の開発を目的として、結核高蔓延地区であるケニア共和国において研究を実施した。その結果、結核患者(発症者)で応答の高い抗原と、無症候感染で検出される抗原応答性を組み合わせて、無症候の結核菌感染者を検出したり、結核菌感染後の発症を予知できる可能性が示された。またケニア結核菌感染者にHDLコレステロール値が高いことをみいだし、その背景となるメカニズムを解析した結果、HDLはマクロファージが結核菌感染によって産生する宿主防御的なサイトカインTNF-alphaをTLR2の発現抑制によって抑制することが分かった。

    researchmap

  • 結核菌ヒストン様蛋白質の翻訳後修飾による、エピジェネティクス制御の可能性

    研究課題/領域番号:25670214

    2013年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:挑戦的萌芽研究

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    真核細胞の染色体を構成するヒストンは、翻訳後修飾により遺伝子発現を調節する。さらに塩基配列の変異に依存しない形質遺伝、すなわちエピジェネティクス制御を担う。一方、細菌のゲノムを構成するヒストン様蛋白質の翻訳後修飾は極めて希である。しかしながら本研究者は、ヒトの主要な病原体である結核菌のヒストン様蛋白質に複数の翻訳後修飾が生じることを見いだしている。本研究は、結核菌におけるヒストン様蛋白質の翻訳後修飾が、遺伝子発現の調節を介した、菌の生存や病原性の発現、さらにエピジェネティクスに関与するかを明かにすることを目的として、翻訳後修飾に関わる酵素の性状検討と同定を実施した。

    researchmap

  • 病原性環境菌の細胞間情報伝達物質によるバイオフィルム形成機構

    研究課題/領域番号:25350968

    2013年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    西内 由紀子, 西内 祐二, 松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    最近、日本で増えている感染症に肺MAC症があります。この病気は環境にいるMAC菌を吸い込んで感染します. MAC菌は環境中や体の中でバイオフィルムを形成してMAC菌の除去を難しくしていると考えられていますが、その生態やバイオフィルム形成を制御する方法など不明な点が多くあります。本研究はバイオフィルムを形成しているメカニズムを解明するために行いました。MAC菌のバイオフィルムは低い酸素濃度と十分な栄養があるところで形成され、細胞壁の糖脂質が重要な役割を果たしている事を明らかにしました。これらの知見を生かして環境中や生体内のMAC菌を除く方法を探索していきます。

    researchmap

  • 結核の潜在化機構の解析と、潜在化を利用した新しい結核制圧戦略の提案

    研究課題/領域番号:24390106

    2012年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 阿戸 学

      詳細を見る

    配分額:18460000円 ( 直接経費:14200000円 、 間接経費:4260000円 )

    結核は、2014年にも150万人が死亡したように現在も最大級の細菌感染症である。結核菌のすみかは人であり、無症候感染者の5-10%において、潜伏感染菌の再増殖が生じ、結核が発症する。したがって活動性結核に加え、無症候感染に対処することが結核の制圧につながる。本研究では、疾患の潜在化の機構解明を目指すとともに、結核の潜在化の維持や誘導による、新しい感染制御法を提案することを目的として実施した。成果として、動物において潜伏感染と再燃のモデルを作成した。また、結核菌の増殖抑止分子の人為的な誘導発現系を作成して菌の増殖を停止させ、増殖制御による治療法開発の可能性を示した。

    researchmap

  • 大阪府に蔓延する多剤耐性結核菌を用いた結核菌感染性マーカーの開発

    研究課題/領域番号:24590651

    2012年4月 - 2015年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    田丸 亜貴, 松本 壮吉, 和田 崇之

      詳細を見る

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    大阪府内の多剤耐性結核菌の地域分子疫学の結果発見した多剤耐性結核菌株のみで構成される大きな同一遺伝子型群(以下、V02群)について、その感染性の強さの原因を調べるべく、次世代シーケンサーによるゲノム解析を実施した。V02群の15株と結核菌標準菌株H37Rvを比較するとV02群株に共通するSNPsは1445か所あったが、V02群株間では51/4Mbpしか相違点のない菌株群であることが分かった。15株は2か所の変異(7582のA→C、3157508のG→A)の有無により大きく2つに分かれ、1つの感染源による集団感染ではないが共通の祖先を有すると強く示唆される結果が得られた。

    researchmap

  • 潜在性結核の検出と、結核の発症予知技術の確立を目指した、ケニア国における調査研究

    研究課題/領域番号:23406011

    2011年4月 - 2014年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 濱野 真二郎, 小林 和夫, 阿戸 学, 嶋田 雅曉, 金子 聡

      詳細を見る

    配分額:18330000円 ( 直接経費:14100000円 、 間接経費:4230000円 )

    ケニア西部の感染症高蔓延地区であるビクトリア湖畔のMbita地区、およびインド洋側のKwale地区の2地区において、参集の容易な小学生総数627名を対象に調査を行った。両地区では、小学生を問診後、体重、身長、体温等を測定、さらに検者より、血液、尿、糞便を採取して健康状態や結核菌をはじめとする各種病原体の感染を検出した。調査の結果、潜在期抗原が、増殖期抗原で検出できない結核菌感染者を検出する可能性を示した。加えて鉤虫や吸虫の感染やコレステロール量が、結核菌感染のリスクである可能性が示唆された。

    researchmap

  • 休眠期抗酸菌における薬剤抵抗性の分子メカニズム解明と薬剤標的の同定

    研究課題/領域番号:21590486

    2009年 - 2011年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 仁木 満美子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    結核の化学療法の問題点の一つとして、最主力結核薬であるイソニアジド(INH)が静止期や休眠期の菌を十分に殺菌できないことがあげられる。本研究では、静止期以降の抗酸菌体内で発現が増強するヒストン様蛋白質MDP1が、INHの活性化に必須なKatGの発現を抑制し、INH耐性が誘導されることを明らかにした。休眠期結核菌のINH耐性化に関わる主要因と考えられることから、MDP1やKatGを標的とした結核治療の短期化の可能性が示された。

    researchmap

  • 潜在性結核対策を想定した、抗酸菌の長期生存を可能にする分子メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:21022043

    2009年 - 2010年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 仁木 満美子, 岡 真優子

      詳細を見る

    配分額:7600000円 ( 直接経費:7600000円 )

    抗酸菌感染症は現在も甚大な健康被害を及ぼしている。特に結核は年間180万人が死亡する最大級の細菌感染症である。結核菌は、人類の1/3に休眠状態で潜伏感染しており、感染者の10%において再燃が生じ病気が発症する。結核菌はヒト以外の宿主や自然環境下で生息できないため、潜伏感染菌の殺傷は病気の制圧に繋がるが、現在まで休眠機構は不明で潜伏感染菌を殺傷することができない。このような状況から抗酸菌の休眠機構を解明し対策を構築することは急務の課題であり本研究の目的である。
    本研究は、休眠期に制御される抗酸菌分子で休眠菌の長期生存を担う分子を同定し、各分子の機能を解析することで、休眠抗酸菌の生存維持のメカニズム解明に迫ることを目的とした。平成21年度には、休眠Mycobacterium smegmatisが発現する遺伝子群の同定を行った。その結果、M.smegmatis遺伝子のうち1200あまりは休眠期で発現が減少するが、逆に900あまりの遺伝子は増加することが判明した。また休眠の導入や維持に重要な役割を果たす蛋白質分子MDP1の欠失で休眠期に減少する遺伝子が約700、逆に増加するものが約500観察された。以上の結果から、M.smegmatis休眠菌は遺伝子の発現を継続していること、またMDP1が休眠期に発現する遺伝子の多くを制御していることが明らかとなった。22年度には、これらの遺伝子発現の変化が、MDP1のゲノムへの直接的結合に依存するのかを明らかにするため、MDP1が結合するゲノム領域をクロマチン沈降法によって沈降させ、その遺伝子配列を次世代シーケンサーで解析する、Chip-sequence法を実施した。現在、次世代シーケンサーによる大規模データを解析しており仮説を検証している。

    researchmap

  • 結核菌蛋白質MDP1のリボゾーム結合能に由来する翻訳阻害と薬剤耐性機構

    研究課題/領域番号:19590454

    2007年 - 2008年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 吉村 満美子, 和田 崇之

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    抗酸菌に特異的なヒストン様蛋白質であるMycobacterial DNA-binding protein 1 (MDP1)の薬剤感受性にかかわる作用を調べた。その結果、MDP1は抗酸菌の薬剤感受性に関わることが判明した。この作用はMDP1分子による直接的な薬剤の競合阻害ではなく、リボゾームに結合することによって生じる構造変化や、複数の薬剤代謝経路を遺伝子発現を介して制御する作用によるものであると推察された。

    researchmap

  • 結核菌の休眠誘導と潜伏感染成立/回避の分子機構

    研究課題/領域番号:18018036

    2006年 - 2007年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉, 吉村 満美子, 小林 和夫

      詳細を見る

    配分額:7300000円 ( 直接経費:7300000円 )

    1,遺伝子転写制御の網羅的解析
    対数増殖期と定常期の野生株およびMDP1欠失株からRNAを抽出し,Mycobacterium smegmatisMC^2155株全遺伝子を標的としたDNAマイクロアレイ解析を行った。対数増殖期から定常期にかけて,既知遺伝子中,181遺伝子が増減し,そのうちの99遺伝子の発現が減衰,82遺伝子が上昇していた。野生株とMDP1欠失株の発現を比較することで,MDP1は既知遺伝子中,171遺伝子の発現制御に関わり,134遺伝子の発現抑制と34遺伝子の発現増強に関わることが明らかになった。特筆すべき点としては,定常期において高分子合成に関わる酵素の発現が終息するが,その終息にMDP1が強く関わることが判明した。
    2,蛋白質発現調節の網羅的解析
    野生株,MDP1の欠失菌,MDP1入れ戻し株の蛋白質発現パターンの違いを二次元電気泳動により比較した。MDP1欠失株は定常期以降死滅しやすく,Mycobacterium smegmatisの死滅にともない顕著に増加する蛋白質二種が認められた。質量分析により細胞壁合成に関わる脱水素酵素と分子シャペロンであった。また死滅以前にMDP1の欠失により顕著に発現変化のみられる蛋白質が少なくとも複数あることが蛋白質二次元電気泳動によっても判明した。アルコール脱水素酵素など,転写レベル(マイクロアレイ)の解析と一致するものとそうでないものが存在した。

    researchmap

  • 結核菌のヒストン様蛋白質MDP1による菌の休眼誘導と潜伏感染成立/回避の分子機構

    研究課題/領域番号:17019059

    2005年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

    本研究は抗酸菌に特異的な核酸結合性蛋白質MDP1が標的として制御する遺伝子群やMDP1の転写抑制を免れ休眠期でも発現する遺伝子群(休眠維持分子)、MDP1の翻訳後活性に作用する分子群、すなわち定常期から休眠導入期にかけてMDP1を活性化する分子(休眠導入分子)、また休眠期から増殖期にかけてMDP1を不活化する分子(休眠解除分子)を全ゲノムレベルで同定し、結核菌の休眠導入-維持-解除の分子機構を解明することを最終の目的としている。
    MDP1が制御する遺伝子群の同定
    MDP1欠失抗酸菌株の蛋白質の二次元電気泳動を行い、野生株のパターンと比較した。MDP1を欠失させることにより、様々な蛋白質が大量に発現されていることが明らかとなった。変化の見られた蛋白質スポットを切り出しトリプシン処理した後、質量分析機にて解析し、MDP1により発現制御される蛋白質群の同定を行った。
    休眠維持分子探索を目的とした、MDP1大量発現株の作成と解析
    弱毒牛型結核菌(BCG)のMDP1遺伝子をシャトルベクターpSO246に導入しBCGの形質転換を行うことで、MDP1を大量に発現するBCGを得た。この形質転換体の発育はMDP1によりその発育が顕著に抑制されていた。MDP1大量発現株の蛋白質発現プロファイルを二次元電気泳動法により比較検討し、MDP1の転写抑制を免れ発現する蛋白質群(休眠維持候補分子)の同定を行った。
    MDP1結合性蛋白質(休眠導入/解除候補分子)の同定
    MDP1の活性を調節する分子の同定を目的として、MDP1結合性蛋白質の同定を行った。抗MDP1抗体を産生する三種のハイブリドーマ細胞を確立し特異抗体を調整した。この抗体を用いて免疫沈降反応を行い、MDP1と結合する蛋白質が存在することを明らかにした。MDP1結合蛋白質の同定を二次元電気泳動および質量分析と、結核菌ゲノム情報を利用して行った。

    researchmap

  • 非結核性抗酸菌細胞壁糖ペプチド脂質に対する宿主応答の分子機序

    研究課題/領域番号:16590368

    2004年 - 2006年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    小林 和夫, 松本 壮吉, 藤原 永年, 前田 伸司

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    抗酸菌-宿主関係において、抗酸菌細胞壁表層分子(特に、糖ペプチド脂質、糖脂質や蛋白質)は多機能分子であり、病原性に関与している。Mycobacterium avium complex(MAC)感染症は結核など抗酸菌感染症の約20%を占める。MAC特異的細胞壁表層糖ペプチド脂質(GPL)抗原を用いた迅速血清診断法の開発を試みた。GPLを用いたMAC感染症の血清診断法は感度および特異度ともに良好な成績(90%以上)を示し、かつ、血清抗GPL抗体価はMAC感染症の疾患活動性を反映した。従って、GPL抗原を用いた血清診断はMAC感染症の診断や疾患活動性の評価に有用であり、今後、臨床応用が期待される。抗酸菌DNA結合蛋白質1(MDP1)は菌体内や細胞壁に存在する抗酸菌特異的蛋白質である。MDP1の発現強度は対数増殖期<定常期=衰退期であった。機能的に細胞質MDP1はDNAと結合し、抗酸菌の増殖速度を遅延させ、休眠関連分子である。他方、抗酸菌表層MDP1は気道上皮細胞表面に存在するグリコサアミノグリカン(ヒアルロン酸など)に結合した。抗酸菌-気道上皮細胞の接着・侵入は抗MDP1抗体やグリコサアミノグリカンで阻害され、MDP1-グリコサアミノグリカン相互作用を介して、抗酸菌が宿主細胞に接着・侵入している。マウスを用いたin vivo感染実験結果から、抗MDP1抗体やグリコサアミノグリカンの結核菌感染前、或いは、感染後投与は生菌数を有意に減少させ、予防・治療の両者に有効な介入手段であった。MDP1-DNA複合体前投与は菌数を有意に減少させた。MDP1-DNA複合体の作用機序を解析したところ、1)抗MDP1抗体および2)interferon-g産生誘導が認められた。すなわち、MDP1を分子標的とした介入は新規治療・予防戦略として有望である。

    researchmap

  • 結核菌の新規蛋白質MDP1による,菌の増殖抑制及び休眠状態誘導の機構解析

    研究課題/領域番号:14770121

    2002年 - 2003年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3900000円 )

    人類の約1/3に結核菌が潜伏感染している。多くの成人型肺結核は潜伏感染菌が原因の再燃による。現在も、毎年8百万人が結核を発病、200万人が死亡している。潜伏感染菌は、一部休眠状態で潜伏しており、既製化学療法薬に対し抵抗性である。潜伏感染菌は肺においてマクロファージのみならず、非貪食性の肺胞状細胞や繊維芽細胞にも感染している。その際結核菌は、細胞表面のムコ多糖を介して上皮細胞に接着し、侵入すると考えられている。
    私は増殖を停止した菌が大量に含有するmycobacterial DNA-binding protein、1(MDP1)を見い出し、MDP1が菌の代謝を強く抑制する分子であることを明らかにした。結核菌の休眠誘導/維持におけるMDP1の役割解析を続けている。
    一方、MDP1は菌体内のみならず、表面にも存在する。核酸との相同性から菌体表面のMDP1がムコ多糖と結合し、上皮細胞との接着に関与する可能性がある。その解析を行なった。
    その結果、MDP1は、ヘパリン、ヘパラン硫酸、コンドロイチン硫酸等と結合することが分かった。結合定数は、10^<-8>〜10^<-12>Mの範囲であった。MDP1はA549ヒト肺胞上皮細胞株に接着し、この結合はヘパリンやDNAまたは抗MDP1抗体で阻害された。細胞をムコ多糖分解酵素処理することでも結合は減衰した。BCGはA549細胞に接着したが、DNAや抗MDP1抗体はこれを阻害した。上記の結果から、菌体表面のMDP1は接着分子としての活性を有し、休眠菌の肺胞上皮細胞への接着に関わると推測された。

    researchmap

  • 抗酸菌感染における気道上皮細胞応答の分子機構

    研究課題/領域番号:14021108

    2002年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    小林 和夫, 前田 伸司, 藤原 永年, 松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    結核菌など抗酸菌の宿主気道上皮細胞への接着・侵入分子機序を解明するため、細胞侵入の分子機構の解析に着手した。抗酸菌感染症の主要病変部位が呼吸器系であることから、ヒトII型肺胞上皮細胞株(A549)を標的細胞として用い、抗酸菌の接着・侵入分子機序について解析した。
    Mycobacterium bovis BCG由来宿主細胞ヘパリン結合性分子についてヘパリンカラム結合性を指標として解析したところ、BCG由来28kDa蛋白質が強い結合性を示した。28kDa蛋白質のアミノ酸配列はDNAやラミニン結合性抗酸菌由来蛋白質であるmycobacterial DNA binding protein 1 (MDP1)と相同性を示した。さらに、MDP1が気道上皮細胞表層グリコサミノグリカンの構成成分であるヘパリン、ヘパラン硫酸、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸に結合することを明らかにした。添加培養1時間以内でMDP1はA549細胞質内に存在し、MDP1はA549細胞への接着・取り込みに関与していることが明らかとなった。
    気道上皮細胞は種々の刺激に応答し、宿主における外界の鋭敏な感知器(センサー)である。気道上皮細胞の感知機能は結核菌など抗酸菌感染においても例外でないと考えられる。この機構に菌因子として菌表層多機能分子が、宿主因子として気道上皮細胞が関与していることが示唆される。今後、抗酸菌-気道上皮細胞の接着・侵入の分子機構、さらに、気道上皮細胞-免疫担当細胞の細胞間相互作用を明らかにし、抗酸菌感染の初期宿主応答を解明する予定である。
    結核など抗酸菌-気道上皮細胞相互作用の分子機序を解明することは抗酸菌の宿主細胞への接着・侵入を初期段階で制御する可能性、すなわち、感染の回避や感染成立後に生ずる病変の限局化を示唆し、抗酸菌感染症における新規予防・治療戦略の開発に糸口を提供するであろう。

    researchmap

  • SERA高分泌型、組み換えBCG菌の作製及び免疫原性の検討

    研究課題/領域番号:14021094

    2002年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    マラリア防御抗原SERA47がBCGの細胞内に留まっている組み換えBCG菌(rBCGSERA47)を培養後細胞壁を粉砕し得た細胞破砕液をマウスに免疫した。結果、rBCGSERA47の免疫では抗SERA抗体は誘導されないが、その細胞破砕液投与では、抗SERA抗体の上昇が認められた。このことから、菌体外にSERAを分泌する必要が考えられた。SERA47は中央にセリンの繰り返し配列を除く事で(SERA36)大腸菌での産生および分泌障害が改善されることが示唆されている。それでBCGからのSERA36発現を試みた。SERA47の発現構築と同様に構築し、BCGの形質転換を行ったが、SERA36の発現および分泌は全く認められなかった。キャリアーとして用いているalpha-抗原とSERAとの融合蛋白質の構造の問題が発現障害を起こしている可能性が示唆されるため、現在、alpha-抗原の立体構造解析結果を基にキャリアー蛋白質の構造を壊さない部位への挿入を計画し実験を進めており、Mycobacterium smegmatisからの分泌に成功した。
    昨年作製したrBCG-MSP1Cをマウスに免疫した。組み換えBCG単独では、顕著な抗体産生が認められなかった。Plasmodium yoelii(マウスマラリア原虫)由来のMSP1の場合、組み換えBCG単独免疫では抗MSP1抗体が上昇せず、原虫感染後に抗体価の上昇が見られた。同様の免疫効果がPlasmodium falciparum由来のMSP1を用いても生じている可能性を検討した。大腸菌で発現させ得られた組み換え蛋白質(MSP1)を追加免疫すると、rBCG-MSP1C免疫群のマウスでのみ抗MSP1抗体の上昇が確認された。この結果から、この組み換えBCGで免疫しておくと、P. falciparumが感染した場合速やかに抗MSP1抗体が産生される可能性が示唆された。

    researchmap

  • ヒトマラリアの防御抗原を発現する組み換えBCGワクチンの作製

    研究課題/領域番号:13226100

    2001年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    1.これまでに組み換えBCGのシステムを用いてPlasmodium falciparumのMSP1のC末端部をコードする遺伝子を組み入れた組み換えBCG菌を作製し、BCG菌からのMSP1-Cの分泌を確認した。またその構造は本来の立体構造に近い構造をとっていることも分かった。しかしながら分泌量に関してはまだ十分ではないことから、この抗原により誘導される防御免疫を高めるのは難しいものと考えられた。今回、発現量を増加させる対策として、MSP1-Cの遺伝子のコドンを抗酸菌型のコドンに適合させた人工の合成遺伝子を作製した。この合成遺伝子を用いて上記と同様にして組み換えBCG菌を作製し、BCGからのMSP1-Cの分泌量を検討したところ分泌量が上昇しているのが確認された。またMSP1-Cの発現領域を修正することによりBCGからの分泌量をさらに増加させることができた。
    2.SERA(SE47')は我々の発現システムを用いた場合、大量分泌系には適さない可能性が示されたことから、今回ストレス蛋白質であるHSP60及びα-crystallin like proteinのプロモーターを用いて菌体内の発現を目指した新しいベクターの構築を行い、BCGを形質転換した。得られた組み換えBCG菌からのSE47'の発現を検討したところ、BCG菌体内でのSE47'の発現が確認された。菌体内での発現はα-crystallin like proteinのプロモーターを用いた場合においてより多く発現しているのが確認された。次に、SE47'の発現が確認された組み換えBCG菌をマウスに投与し、抗体産生誘導能について検討した初回免疫後4週、8週、21週後の抗血清を用いて抗SE47'抗体価をABC-ELISA法で測定したところ、抗体価の上昇は認められなかった。

    researchmap

  • 組み換えBCGワクチンシステムを用いた、う蝕予防ワクチンの開発

    研究課題/領域番号:11771116

    1999年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    researchmap

  • SERAを発現する組み換えBCGワクチンの作製及び防御効果の検討

    研究課題/領域番号:11147223

    1999年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    山田 毅, 松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    (研究の目的)マラリアのワクチン抗原として様々な分子が同定され、ワクチン開発がなされている。その抗原の効果を引き出すのにアジュバントが必要であるが、ヒトに応用可能なアジュバントはまだ十分に開発されていない。結核の予防ワクチンBCG菌はヒトに使用できるアジュバントの中で最大の活性をもし安全性も高い。我々は、抗酸菌の分泌蛋白質α抗原をキャリアーとして外来蛋白質をBCGから分泌させるシステムを作製した。このシステムを用いてネズミマラリアの系で赤内型マラリア原虫の感染防御に成功した。このシステムをヒトに応用するため、ヒト型のP.falciparumの防御抗原SERAをBCG菌から大量に発現分泌させることを試みた。
    (今年度の成果及び考察)1.これまでにP.falciparumの防御抗原SERA(SE47')をコードする合成遺伝子全体とN末端部(SE47'-N),C末端部(SE47'-C)に二分割した断片をそれぞれα抗原遺伝子内に挿入し、組み換えBCGを作製した。それらを培養後、培養上清中の蛋白質にSE47'が分泌されていることを確認した。その結果、培養上清中に、SE47'の存在を確認することができた。
    2.次ぎに、SE47'の発現が確認された組み換えBCGをマウスに免疫し、抗体産生誘導能について検討した。マウスは6週令のBALB/c,♀を用いた。組み換えBCGをマウスの皮下に3回接種し、最終免疫後10日目に抗血清を採取した。そして抗SE47'抗体価をABC-ELISA法で測定したところ、400倍希釈で抗SE47'抗体の産生が認められた。

    researchmap

  • マラリアのワクチン開発を目指した,BCGからのSERA抗原発現の試み

    研究課題/領域番号:10166218

    1998年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:特定領域研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    山田 毅, 内藤 真理子, 松本 壮吉, 大原 直也

      詳細を見る

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    マラリアワクチン開発で,最も障害となっているのがアジュバントの問題である.動物実験等で,防御効果が確認されている抗原を,実際にヒトに投与するには,安全性と有効性を兼ね備えたアジュバントが必要であるが,未だ十分なものが無い.我々は熱帯医学研究所神原廣二教授との共同研究で,組み換えBCGのシステムを用いて,マウスを用いた赤内型マラリア原虫感染防御に成功し,その防御機構が,細胞性免疫をベースにした防御抗体産生誘導であることを,数年にわたる解析の結果,明らかにし,本年発表した(J.Exp.Med.,1998).さらに,BCGシステムを,ヒトに応用するため,熱帯熱マラリアの防御抗原SERAをα抗原をキャリアーとしてBCGから発現させることを試みた.SERAをコードする合成遺伝子をα抗原遺伝子の様々な場所に挿入し,合計7種類の組み換えBCGを作製した.それらを,試験管内で培養し,分泌抗原中の蛋白質を解析してきたが,現在までの所,十分量のSERA抗原を発現する,組み換えBCG菌は得られていない.この原因は,1;発現させるのにSERAの分子量が大きすぎる,2;SERA抗原の一定部位が分泌に適さない(不溶体を形成する),3;使用コドンの不適合,4;プロモーター活性が低い等の原因が考えられた.現在1,2の原因を解決すべく,SERA遺伝子を分割して,発現させることを試みている.また,α抗原以外のキャリアー蛋白質の検討を行い,抗体産生能の高いMDP1等の抗原とSERAの融合蛋白質を発現させる,プラスミッドを構築している.

    researchmap

  • 組み換えBCG菌を用いた非特異的・特異的癌免疫化学療法に関する研究

    研究課題/領域番号:09672056

    1997年 - 2000年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    松尾 長光, 内藤 真理子, 大原 直也, 松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    BCG菌は様々な抗原性蛋白質を分泌するが,菌株によってその分泌量が異なり,抗腫瘍効果も異なっている.また,BCG菌は直接的な抗腫瘍効果とともにマクロファージ(Mφ)を介した間接的な効果も合わせ持っている.組み換えBCG菌を用いた癌免疫化学療法に関する研究にあたり,まず,BCG菌で多量に発現分泌する蛋白質の遺伝子の発現機構,調節因子,DNA結合蛋白質について検討を行った.次にBCG菌由来の蛋白質の直接的抗腫瘍効果を検討し,さらに間接的な効果を検討した.
    MPB70はBCG菌パスツール株ではほとんど分泌されないが東京株では多量に分泌される蛋白質である.その遺伝子構造は全く同じで転写段階で調節されていた.ゲルシフト法でDNA結合蛋白質を確認した後,約20kDaの蛋白質を抽出しsingle-strand DNA-binding proteinであることを確認した.
    BCG菌東京株より分泌蛋白質(CF)細胞破砕液(Ly)を調整し,ヒト舌扁平上皮癌由来樹立細胞株(SCC-25)およびヒト歯肉由来線維芽細胞様細胞を用いて,細胞増殖に及ぼす影響を測定した.CFおよびLyは濃度依存性にSCC-25の増殖を抑制した.CFはLyに比較してより高い増殖抑制効果を認めた.
    Mφを介した間接的な抗腫瘍効果については,BCG菌感染Mφより細胞を分画し,Mφ内でのBCG菌の分泌蛋白質の移行を検討した.MPB70は細胞質のみに確認され,ファゴゾーム内より細胞質に移行していることが示唆された.腫瘍細胞にBCG菌を感染させた場合も,同様の移行が認められた.通常,細菌はMφに貪食され,ファゴゾーム内でペプチドに断片化され,MHCクラスII分子に結合して細胞表面に抗原が提示される.今回の実験結果では,MHCクラスI分子を介して抗原が提示され,CD8T細胞が活性化され,細胞傷害活性が高められる可能性が示唆された.

    researchmap

  • 歯周病関連菌由来,ストレス蛋白質の免疫学的研究

    研究課題/領域番号:08771579

    1996年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    我々は,ヒトの70キロダルトン(kDa)熱ショック蛋白質に相同性のある蛋白質の遺伝子をA.actinomycetecomcomitans(A.a.)の染色体より,その遺伝子を含む,2696bpのDNAフラグメントをクローニングし,その全塩基配列を決定した.これらの結果,以下のことが分かった.A.a.の70kDa蛋白質は,大腸菌の70kDa熱ショック蛋白質(DnaK)とアミノ酸で,83%の相同性があることが分かった.また,大腸菌のdna K遺伝子のプロモーター配列と相同の配列が,70kDa蛋白質遺伝子上流に存在した.クローニングしたDNAフラグメントには,70kDa熱ショック蛋白質以外に,40キロダルトン熱ショック蛋白質と相同性の高い蛋白質が,70kDa蛋白質遺伝子の下流に存在することが分かった.また,70kDaと40kDaをコードする遺伝子間に,400bp程のスペースシーケンスがあり,そこには,逆方向繰り返し配列が複数存在した.我々は,本年度70kDa蛋白質及び,40kDa蛋白質が熱ショックにより,発現が増強されることを,本年度,特異抗体を作成して確認したが,このA.a.に特異的な染色体構造が,70kDa及び40kDa蛋白質の発現調節に関与している可能性について,現在検討している.また,70kDa蛋白質の,歯周疾患との関連を検討するため,70kDa蛋白質遺伝子を,発現用プラスミッドに挿入し,大腸菌で,大量に発現させ,その産物をカラムを用いて精製した.それを用い,ELISA法にて,患者血清中に70kDaに対する,抗体が存在することを確認した.今後,歯周病の惹起及び憎悪に,ストレス蛋白質に対する宿主(ヒト)の免疫応答がどのように関与しているかを検討していきたい.

    researchmap

  • A.actinomycetecomcomitansの熱ショック蛋白質の研究

    研究課題/領域番号:07771620

    1995年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    我々は,A.actinomycetecomcomitans(A.a.)の染色体より,大腸菌の主要な熱ショック蛋白質,Dna K及び,ヒトの70kDa熱ショック蛋白質に相同性のある蛋白質の遺伝子を含む,2696bpのDNAフラグメントをクローニングし,その全塩基配列を決定した.この,DNAフラグメントには,70kDa熱ショック蛋白質以外に,大腸菌の熱ショック蛋白質Dna Jと相同性の高い蛋白質の,アミノ末端領域の塩基配列が見つかった.それは,70kDa蛋白質遺伝子の,カルボ末端側に存在していた.dna J遺伝子の上流には,プロモーターと考えられる塩基配列がなく,この2つの遺伝子は,一つのオペロンとして転写されるものと考えられた.70kDa蛋白質の遺伝子のアミノ末端が,一部,含まれていなかったため,上流領域の遺伝子のクローニングを試み,それをコードする遺伝子断片を含む,約3kbpのDNAフラグメントをクローニングし,その塩基配列を決定した.その結果,A.a.の70kDa蛋白質は,大腸菌のDna Kとアミノ酸で,83%の相同性があることが分かった.また,大腸菌のdna K遺伝子のプロモーター配列と似た配列が,70kDa蛋白質遺伝子上流に存在し,プロモーター配列と考えられた.それは,大腸菌でも認識される可能性が考えられたため,我々は,70kDa熱ショック蛋白質をコードする遺伝子,およびそのプロモーター配列を含むと考えられるDNA断片を,大腸菌のプラスミッドに挿入し,大腸菌内で発現するかどうかを検討したが,その発現は,検出できなかった.70kDa蛋白質の,歯周疾患との関連を検討するため,70kDa蛋白質を,発現用プラスミッドを用いて,大量に発現させ,その産物をカラムを用いて精製した.現在,患者由来のTリンパ球との反応を,免疫学的手法により検討中である.

    researchmap

  • A.actinomycetemcomitansの熱ショック蛋白質の研究

    研究課題/領域番号:06771600

    1994年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    松本 壮吉

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    まずターゲットとしたActinobacillus actinomycetemcomitans(A.a.)の様々な蛋白質のアミノ酸コドンの使用頻度を遺伝子バンクより検証しそれぞれのアミノ酸の最頻用コドンを特定した.次に,既にクローニングされ塩基配列の決定された他菌種の70kDaヒートショック蛋白質のデータを基に,保存された領域を検索し,最頻用コドンのデータを考慮しA.a.の70kDaヒートショック蛋白質特異的なDNAプローブを作成した.それを用いてA.a.ゲノムを鋳型にしてPCR法を行い,予想されたサイズ(およそ400bp)に増幅されたPCR産物をクローニングし塩基配列の決定を行った.その結果大腸菌由来の70kDaヒートショック蛋白質(Dna K)とDNAで53%,アミノ酸で83%の相同性を示しA.a.由来70kDaヒートショック蛋白質遺伝子が増幅されていることが分かった.次に,得られた400bpフラグメントをプローブにしてA.a.染色体を制限酵素Hind III,Spe I,Acc Iで切断しサザンハイブリダイゼイションを行った.15.0kbp(Hind III),10.0kbp(Spe I),4.0kbp(Acc I)の位置に反応する単一のバンドを確認した.(以上の結果は,歯科基礎医学会,平成10月17,18日に発表)次に,A.a.ゲノムをSpe Iで切断し,電気泳動後10.0kbpを抽出し精製した.これを大腸菌用クローニングヴェクターに挿入し遺伝子ライブラリーを作成した.コロニーハイブリダイゼイション法により70kDaヒートショック蛋白質遺伝子を含むDNAフラグメントをクローニングした.現在,それの塩基配列を決定中である.

    researchmap

  • Study of antigenic proteins of mycobacteria

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Development of malaria vaccine

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study of artigenic proteins of the microbiol of periodontal disease

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 細菌学

    機関名:新潟大学医学部、大阪市立大学医学部

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 先端医科学研究概説

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 微生物学Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 感染と免疫

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 微生物学Ⅰ・Ⅱ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生体防御と感染(細菌学)

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学