2022/12/10 更新

写真a

イソベ マサノリ
磯部 真倫
ISOBE Masanori
所属
医歯学総合病院 総合臨床研修センター 特任講師
職名
特任講師
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2021年3月   新潟大学 )

  • 学士(医学) ( 2002年3月   山形大学 )

研究キーワード

  • 産科婦人科学

  • 婦人科腹腔鏡手術

  • 臨床疫学

  • 医学教育学

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 医学教育学

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   総合研修部・医師研修センター   特任講師・副部長・副センター長

    2021年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   戦略企画室(兼任)

    2018年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 福島県立医科大学   ふくしま女性・子供支援センター   特任講師(兼任)

    2017年10月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 総合臨床研修センター   特任講師

    2021年5月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 産科婦人科   助教

    2013年12月 - 2021年4月

学歴

  • 山形大学大学院   医学系研究科   医学専攻

    2005年 - 2007年

      詳細を見る

  • 山形大学   医学部   医学科

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

  • 名古屋大学   大学院医学系研究科   総合医学教育学

    2020年4月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 厚労科研 河北研究   医学教育コンテンツ作成班 協力員  

    2022年   

      詳細を見る

  • 医学教育モデル・コア・カリキュラム   調査研究特別委員会 協力員  

    2021年6月   

      詳細を見る

  • 日本産科婦人科学会   教育委員会 医学教育改革小委員会  

    2021年5月   

      詳細を見る

  • 日本産科婦人科学会   未来委員会  

    2021年5月   

      詳細を見る

  • 日本産科婦人科内視鏡学会   幹事、評議員、教育委員会、編集委員会、技術認定施設委員会、技術認定医審査員  

    2021年4月   

      詳細を見る

  • 日本医学教育学会   学術大会運営委員会  

    2020年7月   

      詳細を見る

  • 日本医学教育学会   臨床研修部会  

    2020年7月   

      詳細を見る

  • OSCEの模擬患者・評価者養成及び評価のあり方に係る調査・実証事業   評価のあり方小委員会Delphi法を応用したコンピテンス評価WG  

    2020年   

      詳細を見る

▶ 全件表示

 

論文

  • 「教育」を専門とした新潟大学での7年間の活動~腹腔鏡手術教育,卒前教育,教育者の育成の取り組み(Faculty Development)を中心に~

    磯部真倫

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

  • 医学教育up-to-date 2)新潟大学産科婦人科における学生実習改革~実習改革からコロナ禍における工夫まで~

    磯部真倫

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 11 )   2021年11月

     詳細を見る

  • 卵黄嚢腫瘍に酷似する組織所見を呈した卵巣明細胞癌の一例

    島 英里, 西野 幸治, 黒澤 めぐみ, 田村 亮, 磯部 真倫, 安達 聡介, 安田 麻友, 齋藤 宏美, 工藤 梨沙, 鈴木 美保, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集   63回   223 - 223   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当院における保険適用下のリスク低減卵管卵巣摘出術(RRSO)の導入と実施状況

    黒澤 めぐみ, 西野 幸治, 安田 麻友, 齋藤 宏美, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 島 英里, 田村 亮, 須田 一暁, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之, 利川 千絵, 諸 和樹, 永橋 昌幸

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集   63回   259 - 259   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 子宮体癌における卵巣転移症例の臨床病理学的特徴の検討

    谷地田 希, 吉原 弘祐, 安田 麻友, 黒澤 めぐみ, 齋藤 宏美, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 島 英里, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集   63回   312 - 312   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 多様化する手術教育の実践 医師として教育を学ぶ Faculty Developmentの可能性

    磯部 真倫

    産婦人科手術   ( 32 )   55 - 62   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 完全直腸脱を伴うstage IV骨盤臓器脱に対して腹腔鏡下直腸固定術と同時に腹腔鏡下仙骨腟固定術を行った2症例

    春谷 千智, 小林 暁子, 明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 2 )   81 - 85   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    症例1は80歳で、約2年前から子宮下垂感を自覚し、約1年前から排便時に直腸脱を認めるようになった。今回、Stage IVの子宮脱および完全直腸脱の診断で一期的根治手術を行う方針となり、腹腔鏡下にWells直腸後方固定術+子宮腟上部切断+両側付属器切除+シングルメッシュによる仙骨腟固定術を施行し、術後経過良好であった。症例2は78歳で、約2年前から子宮脱を自覚し、間欠的自己還納で対応していた。半年前に排尿困難感が出現し、手術目的で当科を紹介受診した。初回受診時は子宮脱のみであったが、2回目の診察で直腸脱の併発を認めた。今回、Stage IVの子宮脱および完全直腸脱の診断で症例1と同様の手術を行い、術後経過良好であった。

    researchmap

  • Correlation between the number of laparoscopy-qualified gynecologists and the proportion of laparoscopic surgeries for benign gynecological diseases in Japan: An ecological study. 国際誌

    Masanori Isobe, Yuki Kataoka, Kenro Chikazawa, Tomonori Hada, Hiroshi Nishigori, Toshifumi Takahashi, Takayuki Enomoto

    The journal of obstetrics and gynaecology research   47 ( 1 )   329 - 336   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: We aimed to evaluate regional disparities in the proportion of the three main laparoscopic surgeries for benign gynecological diseases among 47 prefectures in Japan and their correlation with the number of laparoscopy-qualified gynecologists per population. METHODS: In this retrospective ecological study, we collected the data of patients from 47 prefectures in 2017 using "The National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan" Open Data from the Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan. The primary outcome of the study was the proportion of laparoscopic surgeries conducted for benign gynecologic diseases (hysterectomy, myomectomy and surgery for the benign ovarian diseases). The main exposure was the number of laparoscopy-qualified gynecologists per 100 000 females. RESULTS: The average proportion of laparoscopic hysterectomies, myomectomies and surgeries for the benign ovarian disease were 38% (standard deviation (SD) 16, range 12-74), 48% (SD 18, range 9-81) and 60% (SD 11, range 36-79), respectively. Multiple regression analysis showed a significant correlation between the number of laparoscopy-qualified gynecologists per 100 000 females and the proportion of the three main laparoscopic surgeries. CONCLUSION: There are obvious regional disparities in the proportion of the three main laparoscopic procedures for benign gynecological diseases among 47 prefectures. The number of laparoscopy-qualified gynecologists correlated significantly with these regional disparities. The academic society should monitor these regional disparities and make an effort to reduce these regional disparities by increasing laparoscopy-qualified gynecologists in areas where the widespread use of laparoscopic techniques is lagging.

    DOI: 10.1111/jog.14528

    PubMed

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術におけるセプラフィルム体腔内搬入および貼付法の工夫 Endoロールの使用経験

    鈴木 美保, 小林 暁子, 黒澤 めぐみ, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   1 - 6   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    セプラフィルムは優れた癒着防止効果が報告されているが、腹腔鏡下手術での体腔内搬入や貼付操作に難渋することが多い。今回、セプラフィルムの操作にEndoロールを用いた方法を試行し、その有効性について従来法(リデューサーを用いる方法)と比較検討した。腹腔鏡下単純子宮全摘出術3例にEndoロールを使用した結果、3例とも充填が比較的簡便に途中で破損することなく可能であった。最も優れていた点は、5mmポートから挿入可能なため、カメラで確認しながら安全に体腔内搬入でき、周囲臓器にセプラフィルムが付着する前に、広がったままの状態で受け取ることにより貼付が容易な点であった。

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下仙骨腟固定術の治療成績

    明石 英彦, 小林 暁子, 春谷 千智, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   25 - 30   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    骨盤臓器脱に対して2018年6月〜2020年2月に腹腔鏡下仙骨腟固定術を行った31例のうち、直腸脱の同時手術を行った2例を除く29例を対象とし、「手術時間」「術中出血量」「術中・術後合併症」「再発の有無」「術前後の排尿機能」などについて検討した。手術時間は128〜256分(中央値199分)、出血量は5〜10mL(中央値5mL)であった。術中合併症は認めなかった。術後合併症として腹腔内感染を1例に認めたが保存的治療で改善した。再発は1例に認め、再発部位はメッシュ固定部位以外の後壁であり、追加手術は要しなかった。排尿機能はOABSSとIPSSで評価し、術前のOABSSは軽症(5点以下)5例、中等症(6〜11点)6例、術後のOABSSは軽症1例、中等症1例、重症(12点以上)1例であった。術前のIPSSは軽症(0〜7点)50%、中等症(8〜19点)35%、重症(20〜35点)15%、術後のIPSSは軽症81%、中等症15%、重症4%であった。

    researchmap

  • The number of overall hysterectomies per population with the perimenopausal status is increasing in Japan: A national representative cohort study. 国際誌

    Masanori Isobe, Yuki Kataoka, Kenro Chikazawa, Hiroshi Nishigori, Toshifumi Takahashi, Takayuki Enomoto

    The journal of obstetrics and gynaecology research   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: This study aimed to investigate the trends in overall hysterectomy and other alternative therapies for benign uterine diseases per population aged 40-54 years in Japan. METHODS: We conducted a national representative cohort study in Japan. We obtained data from 'The National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan' Open Data. The primary outcome was the number of overall hysterectomies for benign gynecologic diseases per population aged 40-54 years, from 2014 to 2017 in Japan. The secondary outcome was the number of alternative surgical and drug therapies to hysterectomy per population. We also analyzed the correlation between the number of laparoscopy-qualified gynecologists and the number of overall hysterectomies per population among 47 prefectures in 2017. RESULTS: The number of overall hysterectomies for benign gynecological diseases per 100 000 females aged 40-54 years gradually increased from 320 in 2014 to 344 in 2017 (7.5% increase overall). Moreover, there was a significant increase in the use of levonorgestrel intrauterine systems. We could not explain the reason for this increase in the rate of overall hysterectomies by summarizing the increase or decrease of alternative therapies to hysterectomy. Multiple regression analysis showed a significant correlation between the number of laparoscopy-qualified gynecologists and the number of overall hysterectomies among 47 prefectures. CONCLUSION: Despite the spread of alternative therapies to hysterectomy, there was an increasing trend for overall hysterectomies in Japan. The reason was not clear but may be related to the spread of laparoscopic hysterectomy.

    DOI: 10.1111/jog.14517

    PubMed

    researchmap

  • ARID1A protein expression is retained in ovarian endometriosis with ARID1A loss-of-function mutations: implication for the two-hit hypothesis. 国際誌

    Nozomi Yachida, Kosuke Yoshihara, Kazuaki Suda, Hirofumi Nakaoka, Haruka Ueda, Kentaro Sugino, Manako Yamaguchi, Yutaro Mori, Kaoru Yamawaki, Ryo Tamura, Tatsuya Ishiguro, Masanori Isobe, Teiichi Motoyama, Ituro Inoue, Takayuki Enomoto

    Scientific reports   10 ( 1 )   14260 - 14260   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ARID1A loss-of-function mutation accompanied by a loss of ARID1A protein expression is considered one of the most important driver events in endometriosis-associated ovarian cancer. Although our recent genomic study clarified that ARID1A loss-of-function mutations were detected in 13% of ovarian endometriosis, an association between the ARID1A mutation status and ARID1A protein expression in ovarian endometriosis remains unclear. We performed immunohistochemical staining for ARID1A in 78 ovarian endometriosis samples and 99 clear cell carcinoma samples. We revealed that not only 70 endometriosis samples without ARID1A mutations but also eight endometriosis samples with ARID1A loss-of-function mutations retained ARID1A protein expression. On the other hand, most of clear cell carcinomas with ARID1A loss-of-function mutations showed a loss of ARID1A protein expression. In particular, clear cell carcinoma samples which harbor multiple ARID1A loss-of-function mutations or both a single ARID1A loss-of-function mutation and ARID1A allelic imbalance lost ARID1A protein expression. However, ARID1A protein expression was retained in seven clear cell carcinomas with ARID1A loss-of-function mutations. These results suggest that a single ARID1A loss-of-function mutation is insufficient for ARID1A loss in ovarian endometriosis and some clear cell carcinoma. Further driver events may be needed for the malignant transformation of ovarian endometriosis with ARID1A loss-of-function mutations.

    DOI: 10.1038/s41598-020-71273-7

    PubMed

    researchmap

  • 【パンデミック下の医学教育-現在進行形の実践報告-】ファカルティ・ディベロップメント Zoomによる教育事例検討会 オンラインFaculty Development

    磯部 真倫, 榎本 隆之, 錦織 宏

    医学教育   51 ( 3 )   338 - 340   2020年6月

  • Germline and somatic mutations of homologous recombination-associated genes in Japanese ovarian cancer patients. 国際誌

    Kentaro Sugino, Ryo Tamura, Hirofumi Nakaoka, Nozomi Yachida, Manako Yamaguchi, Yutaro Mori, Kaoru Yamawaki, Kazuaki Suda, Tatsuya Ishiguro, Sosuke Adachi, Masanori Isobe, Masayuki Yamaguchi, Katsunori Kashima, Teiichi Motoyama, Ituro Inoue, Kosuke Yoshihara, Takayuki Enomoto

    Scientific reports   9 ( 1 )   17808 - 17808   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We explored the frequency of germline and somatic mutations in homologous recombination (HR)-associated genes in major histological types of ovarian cancer. We performed targeted sequencing to assess germline and somatic mutations of 16 HR-associated genes and 4 mismatch repair (MMR) genes among 207 ovarian cancer patients (50 high-grade serous carcinomas (HGSC), 99 clear cell carcinomas (CCC), 39 endometrioid carcinomas (EC), 13 mucinous carcinomas (MC), and 6 low-grade serous carcinomas (LGSC)). Germline or somatic mutations of HR-associated genes were detected in 44% of HGSC, 28% of CCC, 23% of EC, 16% of MC, and 17% of LGSC patients. The profile of HR-associated gene mutations was remarkably different among each histological type. Germline BRCA1/2 mutations were frequently detected in HGSC and were rarely observed in CCC, EC, and MC patients. ATM somatic mutation was more frequently detected in CCC (9%) and EC patients (18%) than in HGSC patients (4%). There was a positive correlation between MMR gene mutations and HR-associated gene mutations (p = 0.0072). Our findings might be useful in selection of ovarian cancer patients that should be treated with PARP inhibitors.

    DOI: 10.1038/s41598-019-54116-y

    PubMed

    researchmap

  • 3270gの巨大子宮筋腫核を腹腔鏡下手術にて摘出した一例

    高柳 健史, 磯部 真倫, 戸田 紀夫, 五十嵐 裕一

    鶴岡市立荘内病院医学雑誌   29   57 - 60   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鶴岡市立荘内病院  

    産婦人科良性腫瘍手術における腹腔鏡下手術の適応は徐々に拡大しており、巨大腫瘤に対する手術も積極的に行われるようになってきている。今回、腹腔鏡下巨大子宮筋腫核出術を施行し、摘出物の体外搬出にメスを用いた変形・細切法行ったが、回収に難渋する結果となった。今後の新たなテクノロジーに期待するところである。(著者抄録)

    researchmap

  • Concurrent isolated retroperitoneal HGSC and STIC defined by somatic mutation analysis: a case report. 国際誌

    Kazuaki Suda, Hirofumi Nakaoka, Chihiro Hata, Natsumi Yahata, Masanori Isobe, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai, Teiichi Motoyama, Ituro Inoue, Kosuke Yoshihara, Takayuki Enomoto

    Diagnostic pathology   14 ( 1 )   17 - 17   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Retroperitoneal high-grade serous carcinoma (HGSC) is extremely rare and the origin remains unclear. We present a case of retroperitoneal HGSC and coexisting serous tubal intraepithelial carcinoma (STIC), which is considered as the main origin of ovarian HGSC. We reviewed the available literature and discussed about the origin of this rare disease. CASE PRESENTATION: A 58-year-old female with a 93 × 65 × 62 mm-solid tumor with a cystic part was located immediately dorsal to the rectum underwent bilateral salpingo-oophorectomy, total abdominal hysterectomy, and en bloc resection of the retroperitoneal tumor together with lower anterior resection of the rectum. Histological diagnosis was retroperitoneal HGSC and STIC at the right fallopian tube. Two deleterious somatic mutations in TP53 and BRCA2 genes were shared between retroperitoneal HGSC and STIC. CONCLUSIONS: In addition to clinical features in the previous reports, our genetic findings suggest the origin of retroperitoneal HGSC might be STIC.

    DOI: 10.1186/s13000-019-0795-3

    PubMed

    researchmap

  • 小児の腟原発胎児型横紋筋肉腫の診断と治療に鏡視下手術が有用であった1例

    山岸 葉子, 関根 正幸, 須田 一暁, 茅原 誠, 南川 高廣, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 2 )   70 - 74   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    3歳女児。性器出血と外陰から突出する腫瘤に母親が気づき近医を受診後、精査目的で当科へ紹介となった。初診時、静脈麻酔下に腫瘤生検を行ったが、病理組織診断では悪性所見を認めず、良性の処女膜ポリープとして経過観察していた。しかし、その後も性器出血が持続したため、初診5ヵ月目に全身麻酔下にて硬性子宮鏡を用い腟内を観察したところ、腟壁から無数のポリープ様腫瘤がブドウの房状に発育しており、鏡視下に腫瘤を切除したが、完全切除には至らなかった。病理組織学的に胎児型横紋筋肉腫と確定診断され、術後は4剤併用化学療法と放射線療法を行った。その結果、残存病変は消失し、治療から4年以上経過現在、再発所見は認められていない。

    researchmap

  • 帝王切開既往症例における膀胱挙上、癒着に対する腹腔鏡下子宮全摘術時の膀胱剥離の定型化

    小林 暁子, 磯部 真倫, 上田 遥香, 小木 幹奈, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 1 )   21 - 25   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)を施行した既往帝王切開31例を対象とし、定型化した帝王切開術後の膀胱剥離法を開始前の3例(42〜51歳)と開始後28例(41〜62歳)であった。手術適応では、開始後で子宮体癌の症例数が11例と多かった。開腹への移行、膀胱損傷など、手技に関係する術中・術後の合併症は認めなかった。入院期間、手術時間に顕著な差は認めなかったが、出血量は開始後で少ない傾向にあった。

    researchmap

  • The Safety and Effectiveness of Abdominal Radical Trachelectomy for Early-Stage Cervical Cancer During Pregnancy. 国際誌

    Kosuke Yoshihara, Tatsuya Ishiguro, Makoto Chihara, Eiri Shima, Sosuke Adachi, Masanori Isobe, Kazufumi Haino, Masayuki Yamaguchi, Masayuki Sekine, Katsunori Kashima, Koichi Takakuwa, Nobumichi Nishikawa, Takayuki Enomoto

    International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society   28 ( 4 )   782 - 787   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Cervical cancer is one of the most frequently diagnosed cancers in pregnancy. Our aim was to evaluate the safety and efficacy of abdominal radical trachelectomy (ART) for pregnant women with early-stage cervical cancer who strongly desire to preserve their pregnancies. METHODS/MATERIALS: A retrospective observational study was performed for stage IB1 cervical cancer patients who underwent ART or radical hysterectomy (RH) at our hospital between February 2013 and June 2017. We compared differences in perioperative findings and oncologic outcomes among ART during pregnancy (ART-DP), ART, and RH groups. RESULTS: A total of 38 patients were included in this analysis. Six, 10, and 22 patients were assigned to the ART-DP, ART, and RH groups, respectively. There were no significant differences in the distribution of pathological TNM classifications, histology, tumor size, stromal invasion, and lymph-vascular space invasion among the 3 groups. The patients in the ART-DP group were younger than those in the RH group (P = 0.014). The ART-DP group was associated with more blood loss and prolonged surgery compared with the RH group (P = 0.017 and P = 0.014). The number of total lymph nodes in the ART-DP group was lower than that in the RH group (P = 0.036). However, there were no significant differences in age, surgical time, blood loss, or lymph node count between the ART-DP and ART groups. There were no significant differences in progression-free and overall survival times among the 3 groups, and no recurrence was observed in the ART-DP group. CONCLUSIONS: Abdominal radical trachelectomy may be a tolerable treatment option for pregnant women with early-stage cervical cancer who strongly desire a baby.

    DOI: 10.1097/IGC.0000000000001218

    PubMed

    researchmap

  • 腹腔鏡下付属器手術後に境界悪性あるいは悪性卵巣腫瘍と診断された9例の検討

    茅原 誠, 関根 正幸, 石黒 竜也, 森 裕太郎, 吉田 邦彦, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 2 )   89 - 93   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    良性付属器腫瘍の診断で腹腔鏡下手術を施行した症例のうち、術後永久組織診断で境界悪性(LPM)あるいは悪性の卵巣腫瘍と診断された9例(LPM:8例、悪性:1例)について検討した。その結果、腫瘍径は全例が6cm以上であった。術前のMRI所見では多房性が6例(66.7%)を占めており、充実性病変・壁肥厚・小嚢胞の集簇を疑う所見をいずれも認めなかったものは2例のみであった。だが、うち1例は腫瘍径が370mmと最大であった。CA125の上昇は3例で認められ、うち1例でRMIが200以上である最終的な診断が明細胞癌であった。迅速組織診断は8例に施行されたが、永久組織診断との一致率は25.0%と低く、特に永久組織診断で粘液性LPS腫瘍であった7例に限ると正診率は14.3%とさらに低くなった。8例が術中破綻をきたしたが、現在のところ全例で再発を認めていない。今回の検討から、LPMの診断は腫瘍径、MRI所見に加え、RMI項目を総合的に判断しないと困難であることが示唆された。

    researchmap

  • 完全型アンドロゲン不応症に対し腹腔鏡下性腺摘出術を施行した症例の検討

    茅原 誠, 安達 聡介, 谷地田 希, 田村 亮, 石黒 竜也, 吉田 邦彦, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 2 )   84 - 88   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    完全型アンドロゲン不応症(AIS)に対し腹腔鏡下性腺摘出術を施行した4例について検討した。年齢は16歳が2例、19歳が2例であった。性腺が鼠径管内に存在した1例も含めて、全例で腹腔鏡下に性腺摘出が可能であった。全例、術後経過は良好で、外来通院にてエストロゲン補充療法中である。今回の検討から、術前画像診断(特にMRI所見)により性腺の存在位置を予測し、鼠径管内に存在が疑われる場合には開腹手術への移行に備えることで、腹腔鏡下手術をAISに対する予防的性腺摘出術に適応することが可能であると考えられた。

    researchmap

  • 当科における大型子宮に対する全腹腔鏡下子宮全摘術の検討

    南川 高廣, 君島 世理, 水野 泉, 安田 雅子, 遠間 浩, 安達 茂實, 磯部 真倫, 関根 正幸

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   18 - 21   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    大型子宮に対する全腹腔鏡下子宮全摘術について検討した。TLHを施行した95例を対象とし、摘出子宮の重量が500gを超える19例(45.3±5.3歳;L群)と500g以下の76例(52.3±10.5歳;S群)で比較検討した。経腟分娩の既往、開腹手術の既往はS群で有意に多かった。手術成績では、L群で有意に出血量が多く、手術時間も有意に延長した。子宮を腟管より切断するまでの時間もL群では有意に延長し、標本を体外へ摘出する時間も有意に延長した。術後1日目のCRP値はL群で有意に高値であった。合併症、開腹移行はL群で1例、S群で2例みられたが、有意差は認めなかった。手術手技の工夫については、ボルトの位置変更は1例、前方アプローチにて尿管を同定したのは7例、標本の回収を経腟的ではなく経腹的に行ったのは4例(重複あり)であったが、L群の症例であった。

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍手術の周術期予防的抗菌薬投与について

    西川 伸道, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   26 - 28   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    婦人科悪性腫瘍手術の周術期予防的抗菌薬投与について検討した。開腹による悪性腫瘍根治術を施行し、術後の抗生剤を使用せず周術期のみセファゾリン(CEZ)を使用した140例を対象とした。手術部位感染(SSI)を発症した感染例6例、非感染例134例であった。6例でSSIを認めたが、6時間以上の手術20例では3例でSSIを発症した。術後1日目のCRP値は、感染群で高値の傾向があった。発症率は、腸管切除施行83%、施行していない32%であったが、有意差を認めなかった。抗菌剤投与が適正に行われていた60例中1例、適正投与されなかった44例中3例でSSIを発症していたが、有意差は認めなかった。腸管切除を施行した12例のうち8例に3時間毎の適正な抗菌剤投与が施行された。

    researchmap

  • 庄内地域における腹腔鏡下手術トレーニングセミナーの試み

    古俣 大, 磯部 真倫, 山脇 芳, 茅原 誠, 渡辺 憲和, 高柳 健史, 五十嵐 裕一

    鶴岡市立荘内病院医学雑誌   26   70 - 74   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鶴岡市立荘内病院  

    山形県庄内地域は他地域へのアクセスが悪いという地理的な不利を乗り越えるべく、庄内地方の病院に勤務する医師を対象とした腹腔鏡下手術のトレーニングセミナーを開催した。他地域より招いた講師とその補助者を除く当地域からの参加者は15名で、その内訳は婦人科5名、外科7名、臨床研修医3名であった。これまでに同様のセミナー参加経験のない医師の参加が多く、今後トレーニングを開始し続けていく意思が芽生えたようであった。今後も同様の形式でのセミナー継続意見が多くみられた。このセミナーを今後も開催するにあたっては、参加者間での交流を深め、複数診療科の医師が集まることを生かしていくことが望まれる。(著者抄録)

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術中、皮下気腫を生じた一例

    浅野 堅策, 山口 真奈子, 山岸 葉子, 磯部 真倫, 安達 聡介

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   64 - 66   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    症例は32歳女性で、原発性不妊症を主訴に受診した。多発筋腫と両側の子宮内膜症性嚢胞を指摘された。骨盤MRIにて子宮底部から体部左側に5cm大の筋層内筋腫、子宮前方に3cm大の漿膜下筋腫、子宮体部後方に3cm大の漿膜下筋腫、両側卵巣に子宮内膜症性嚢胞(左7cm大、右4cm大)を認めた。腹腔鏡下子宮筋腫核出術及び両側卵巣嚢腫摘出術を施行した。術後胸腹部X線では両側側腹部および左大腿部の皮下に透亮像を認め、皮下気腫の残存を認めたが、縦隔気腫、気胸、気管の偏位は認めなかった。なお、術中麻酔管理上、呼気終末CO2濃度は最大49mmHgで特に皮下気腫発症前後で急激な上昇は認めず、通常通り抜管可能であった。皮下気腫は術後徐々に退縮し、術後3日目にはほぼ消失、経過良好にて術後5日目に退院となった。

    researchmap

  • ドロスピレノン含有LEP投与中にVTEを発症し、血栓治療のためTLHを施行した一例

    古俣 大, 高柳 健史, 五十嵐 裕一, 渡辺 智, 磯部 真倫

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   51 - 54   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    症例は44歳女性で、1年前に月経困難及び過多月経を主訴に受診した。Low dose Estrogen and Progestin(LEP)療法(ノルエチステロン含有)を開始した。その後、転院によりドロスピレノン含有のLEP製剤に変更した。ほぼ毎日の不正出血をきたすようになったが、そのまま治療を継続した。左下肢の浮腫を自覚し、造影CT検査にて下大静脈流入部の左総腸骨静脈まで拡がる広範囲の深部静脈血栓症(DVT)を認めた。肺塞栓予防の目的で一時留置型下大静脈フィルターを留置した。MRI検査で多発筋腫を認め、その中で高度に子宮内腔に突出する粘膜下筋腫を認めた。出血のリスクを血栓治療の必要性が上回るものと判断し、ウロキナーゼによる血栓溶解療法を開始した。治療開始8日目にヘパリンによる抗凝固療法に変更のうえ血栓症治療を継続した。発症35日目に全身麻酔下に気腹法にて全腹腔鏡下子宮全摘術を施行した。手術翌日よりヘパリンによる抗凝固療法を再開したが、出血症状は認めなかった。術後14日目に退院した。以後外来通院にてワルファリン投与を継続している。

    researchmap

  • 腹水貯留に対して腹腔鏡下に診断し得た結核性腹膜炎の1例

    吉野 愛, 香林 正樹, 奥野 幸一郎, 直居 裕和, 渡邉 正洋, 横山 拓平, 尾崎 公章, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    大阪労災病院医学雑誌   37 ( 1-2 )   23 - 26   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    結核性腹膜炎は比較的稀な疾患であるが、その症状・検査所見は非特異的であり確定診断に苦慮することが多い。結核菌の検出率やツベルクリン反応、TB-IFNγの陽性率は高くなく、診断が困難な場合も多い。今回、発熱・腹膜炎・腹水貯留に対して血液検査や画像検査・腹水検査で精査するも確定診断が困難であり、腹腔鏡下生検で診断し得た結核性腹膜炎の1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 乳癌と診断され妊娠中に化学療法を行った1例

    吉野 愛, 香林 正樹, 奥野 幸一郎, 直居 裕和, 渡邉 正洋, 横山 拓平, 尾崎 公章, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    大阪労災病院医学雑誌   37 ( 1-2 )   20 - 22   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    妊娠に合併する悪性腫瘍の中では乳癌が最も多く、欧米では3,000例に1例であり32-38歳が好発年齢であると報告されている。近年、初産の高齢化に伴って乳癌合併妊娠例が増加傾向である。妊娠中の乳癌に対する治療は手術と化学療法が中心であるが、投与された薬剤の多くは胎盤を通過するため、化学療法を行う際には胎児への影響を考慮しなければならない。(著者抄録)

    researchmap

  • 淋菌性腹膜炎で麻痺性イレウスを呈した1例

    松本 賢典, 磯部 真倫, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   109 ( 2 )   72 - 74   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    17歳女。既往歴として1年前に性感染症と診断され抗菌薬治療を受けていた。当科受診の2週間前から腹痛があり、徐々に増強し発熱も伴ってきたため救急車を要請し、当院に搬送された。腹部は全体的に膨満して硬く、反跳痛と筋性防御を認め、内診では子宮頸部可動痛を認めた。腹部X線で大腸ガスと小腸ガスを認め、ニボー像も認めた。腹部骨盤部造影CTで小腸や大腸の拡張と液体貯留、壁肥厚濃染を認め、虫垂炎の所見は認めなかった。既往歴と各種所見から骨盤内炎症疾患(PID)に起因するイレウスと考え、抗菌薬治療を行った。使用する抗菌薬については、PIDの原因菌としてクラミジア・嫌気性菌が多いことや、性感染症の既往があり淋菌感染も否定できないことなどを考慮し、アジスロマイシン、クリンダマイシン、セフトリアキソンを選択した。結果、投与開始後に症状・検査所見とも速やかに改善し、第7病日に退院となった。子宮頸部擦過検体の淋菌DNA検査で陽性を示し、クラミジアDNAは陰性であった。

    researchmap

  • 二次周産期医療機関における分娩時出血の検討 山形県立新庄病院の101ヵ月間の報告(その2)

    椎名 有二, 大貫 毅, 磯部 真倫, 原 周一郎, 小幡 美由紀, 早坂 典子, 早坂 直, 清野 学, 中原 健次

    産婦人科の実際   63 ( 8 )   1135 - 1140   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    当院で分娩した3659例のうち、大量出血のため分娩後に子宮全摘出となった7例について検討した。その結果、大量出血の原因は、子宮が弛緩した例が2例、DICを発症した例が1例、子宮のなかに出血の原因があった例が3例であった。弛緩やDICに対しては多くの対策が報告されているが、子宮内に出血点をもつ場合、保存的な対応には限界があると思われた。また突然に発症する出血への予測は、7例全てで不可能であった。

    researchmap

  • 二次周産期医療機関における分娩時出血の検討 山形県立新庄病院の101ヵ月間の報告(その1)

    椎名 有二, 大貫 毅, 磯部 真倫, 原 周一郎, 小幡 美由紀, 早坂 典子, 早坂 直, 清野 学, 中原 健次

    産婦人科の実際   63 ( 7 )   999 - 1005   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    2004年4月〜2012年8月に分娩した33週以降3659例で全例の妊娠分娩経過についてデータベースを作成しSPSSを用い分析した。経腟分娩では重回帰分析により胎盤用手剥離と分娩III期の長さで偏回帰係数が|r|≧0.2であった。多重ロジスティック回帰分析により1000以上の出血に対するオッズ比は分娩III期の長さ16.523、用手剥離0.098であった。胎盤の娩出の異常は強く影響していた。誘発促進は0.378、クリステレルは0.487で、分娩の介入も影響していた。メテルギン投与は0.389で出血に関係していた。帝王切開においては緊急帝王切開より予定帝王切開で出血量が多かった。

    researchmap

  • Anorectal abscess during pregnancy. 国際誌

    Shinsuke Koyama, Masaki Hirota, Masaki Kobayashi, Yusuke Tanaka, Satoshi Kubota, Ryo Nakamura, Masanori Isobe, Yasuhiko Shiki

    The journal of obstetrics and gynaecology research   40 ( 2 )   595 - 8   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Anorectal symptoms and complaints caused by hemorrhoids or anal fissures are common during pregnancy. It is known that one-third of pregnant women complain of anal pain in the third trimester. Anal pain may be caused by a wide spectrum of conditions, but if it begins gradually and becomes excruciating within a few days it may indicate anorectal abscess. We experienced a case of anorectal abscess during pregnancy which was diagnosed by magnetic resonance imaging and treated by incision and seton drainage at 36 weeks of gestation, followed by a normal spontaneous delivery at 38 weeks of gestation. To our knowledge, this is the first case report of anorectal abscess during pregnancy in the English-language published work. The clinical course of our case and clinical considerations of anorectal abscesses are discussed.

    DOI: 10.1111/jog.12184

    PubMed

    researchmap

  • Laparoscopic Repair of a Post-Myomectomy Spontaneous Uterine Perforation Accompanied by a Bizarre Tumor Resembling Polypoid Endometriosis

    Shinsuke Koyama, Masaki Kobayashi, Yusuke Tanaka, Masanori Isobe, Hideaki Miwa, Yasuhiko Shiki

    JOURNAL OF MINIMALLY INVASIVE GYNECOLOGY   20 ( 6 )   912 - 916   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Among various long-term complications after previous myomectomy, increasing risk of uterine rupture or dehiscence during pregnancy, and in particular during labor, has been widely recognized. In contrast, the world literature includes no case report of spontaneous uterine perforation or rupture after myomectomy in a nonpregnant woman, and only 1 case of iatrogenic uterine perforation after uterine artery embolization has been reported. Recently, we encountered an extremely rare case of spontaneous uterine perforation after previous myomectomy accompanied by a bizarre tumor resembling polypoid endometriosis, which was successfully treated via laparoscopic surgery. The patient reported genital bleeding and lower abdominal pain. Preoperative magnetic resonance imaging and intraoperative findings clearly demonstrated the presence of a uterine wall defect and a multicystic tumor that had developed from the perforated portion of the uterus. The patient underwent successful laparoscopic surgery for repair of the perforated uterus and resection of the tumor. The clinicopathologic diagnosis of the tumor was tentatively confirmed as an endometriosis-like lesion resembling polypoid endometriosis. We speculate that the cause of the tumor was retrograde menstruation, as in the pathogenesis of endometriosis. (C) 2013 AAGL. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmig.2013.05.018

    Web of Science

    researchmap

  • 化学療法が著効した子宮頸部小細胞癌の転移再発の1例

    直居 裕和, 吉野 愛, 香林 正樹, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    大阪労災病院医学雑誌   36 ( 1-2 )   20 - 24   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    子宮頸部小細胞癌は稀な婦人科悪性腫瘍であり予後は悪く、治療法が確立されていないのが現状である。症例は71歳の女性、子宮頸部小細胞癌T2bN1M0(stageIII)に対し初回治療として放射線療法(外照射46Gy、RALS29Gy)を行った。初回治療終了後9ヵ月の時点で黄疸と肝機能低下を認め、CTで多発性肝転移・傍大動脈リンパ節転移・肝門部リンパ節転移を認めた。多発性遠隔転移を伴う再発に対してnedaplatin 100mg/bodyを4週毎に投与した。7コース投与時点でCRとなり、最終的に合計9回の投与を行った。投与後8年9ヵ月が経過したが、再発なく長期生存中である。(著者抄録)

    researchmap

  • Rupture of renal artery aneurysm during the early post-partum period. 国際誌

    Ryo Nakamura, Shinsuke Koyama, Munehiro Maeda, Masaki Kobayashi, Yusuke Tanaka, Satoshi Kubota, Masanori Isobe, Yasuhiko Shiki

    The journal of obstetrics and gynaecology research   39 ( 10 )   1476 - 9   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rupture of renal artery aneurysm associated with pregnancy is an uncommon condition. It is known that almost all previously reported cases have occurred during pregnancy. We experienced a case of rupture of renal artery aneurysm during the early post-partum period which was diagnosed by computed tomography and treated by angiographic embolization. To our knowledge, only two cases of rupture of renal artery aneurysm during the post-partum period have been reported in the English-language published work. An early diagnosis of rupture of renal artery aneurysm during the post-partum period is very challenging because the clinical symptoms of this condition are acute abdominal, flank or back pain, which are relatively common signs caused by more common post-partum complications. However, rupture of renal artery aneurysm is a life-threatening emergency condition requiring prompt diagnosis and treatment. The possibility of a rupture of renal artery aneurysm should be considered in any pregnant women with symptoms of an acute abdomen with hemorrhagic shock.

    DOI: 10.1111/jog.12083

    PubMed

    researchmap

  • Angiographic findings after vaginal gauze packing: New insight into an old technique. 国際誌

    Shinsuke Koyama, Munehiro Maeda, Masaki Kobayashi, Yusuke Tanaka, Satoshi Kubota, Ryo Nakamura, Masanori Isobe, Yasuhiko Shiki

    The journal of obstetrics and gynaecology research   39 ( 6 )   1212 - 6   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We had a transferred case of cervical ectopic pregnancy with hemorrhagic shock at 6 weeks of gestation. Upon arrival at hospital, we performed tight and full vaginal gauze packing to push the uterus upward to control the patient's hemorrhage. Following stabilization of her general condition, she was treated with uterine artery embolization. Using angiography, the effectiveness of vaginal gauze packing for emergency hemostasis by the presumed mechanism of impairing blood flow through the uterine artery was demonstrated. To our knowledge, there are no reports that have previously demonstrated angiographic findings similar to ours after vaginal gauze packing. Vaginal gauze packing is an effective, rapid, and convenient hemostatic procedure able to be carried out in a time-sensitive and challenging situation. As a result, this procedure gives clinicians more time to improve the patients' general status and arrange for transfusion and further definitive treatment.

    DOI: 10.1111/jog.12037

    PubMed

    researchmap

  • Complex Müllerian malformation without any present classification: unilateral ovarian and tubal absence with an arcuate uterus.

    Yusuke Tanaka, Shinsuke Koyama, Masaki Kobayashi, Satoshi Kubota, Ryo Nakamura, Masanori Isobe, Yasuhiko Shiki

    Asian journal of endoscopic surgery   6 ( 1 )   55 - 7   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Müllerian duct anomalies are known to cause infertility and reproductive problems. The true incidence of such abnormalities is not well defined. The most widely accepted method of classification for a Müllerian duct anomaly is the American Society of Reproductive Medicine classification (1988). However, there are some rare anomalies inconsistent with the current classification. Herein, we report a rare case of Müllerian duct anomaly, unilateral ovarian and tubal absence with an arcuate uterus. The failure of the Müllerian ducts to canalize can also lead to the development of a unicornuate uterus and adnexal agenesis. An arcuate uterus indicates incomplete septal absorption after normal fusion of the Müllerian ducts. Therefore, its coexistence with adnexal absence and an arcuate uterus is considered to be extremely unlikely.

    DOI: 10.1111/j.1758-5910.2012.00159.x

    PubMed

    researchmap

  • 自然経腟分娩後にレチウス窩に大量出血を合併した1例

    香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    大阪労災病院医学雑誌   35 ( 1-2 )   56 - 59   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    症例は28歳女性。妊娠40週0日で、自然経腟分娩で胎児と胎盤を娩出し、分娩時の出血量は羊水込みで400mlであった。その約5時間半後より腹痛症状と頻脈、血圧低下が出現し、超音波検査で骨盤内に急激に増大する血腫を認めた。止血目的に緊急開腹手術を施行し、レチウス窩血腫との診断を得た。電気凝固や縫合結紮では十分な止血効果は得られず、最終的にはサージセルニューニットの充填による圧迫を行うことで止血効果を得ることができた。分娩後の出血性ショックの鑑別には、レチウス窩血腫も念頭に置くべきであると考えられた。レチウス窩血腫は外出血を伴わないために早期診断は困難であり、分娩後も患者のバイタルサイン症状の有無を注意深く観察する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • Ovarian vein thrombosis following total laparoscopic hysterectomy.

    Yusuke Tanaka, Hiroyasu Kato, Ayako Hosoi, Masanori Isobe, Shinsuke Koyama, Yasuhiko Shiki

    Asian journal of endoscopic surgery   5 ( 4 )   179 - 82   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ovarian vein thrombosis usually occurs in pregnant patients, especially during the postpartum period. However, it is a rare complication following laparoscopic surgery in gynecology. The risk of a thromboembolic event is not well defined, and evidence-based guidelines regarding deep vein thrombosis prophylaxis in gynecological laparoscopic surgery are still lacking. Herein we report a rare case of ovarian vein thrombosis following total laparoscopic hysterectomy in a 35-year-old woman who developed a fever of unknown origin on postoperative day 3. A complete fever work-up was done. Her urine, vaginal stump and blood culture were all negative, and her white blood cell count was normal. CT revealed left ovarian vein thrombosis. The patient responded well to anticoagulation in conjunction with antibiotic therapy.

    DOI: 10.1111/j.1758-5910.2012.00147.x

    PubMed

    researchmap

  • 保存的治療で子宮温存し得た頸管妊娠の5例

    鶴房 聖子, 田中 佑典, 久保田 哲, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 3 )   326 - 330   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    5例(症例1:34歳、症例2:27歳、症例3:35歳、症例4:33歳、症例5:26歳)ともメトトレキサートの全身投与による保存的治療が奏効した。2例は経過中に大量出血をきたし、輸血を必要とした。うち1例では出血のコントロールに難渋したが、子宮動脈塞栓術を併用することで良好な止血が得られた。各症例の臨床経過を提示した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20120905180006&doc_link_id=%2Fch5aioag%2F2012%2F006403%2F006%2F0326-0330%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fch5aioag%2F2012%2F006403%2F006%2F0326-0330%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 診断に難渋した妊娠初期の急性腹症に対して腹腔鏡が有用であった1症例

    細井 文子, 磯部 真倫, 廣田 昌紀, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   389 - 393   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    30歳(1経妊1経産婦)。下腹部痛を主訴に近医を受診、骨盤内腹膜炎を疑われ、著者らの施設へ紹介となった。初診時、妊娠反応は陽性で、内診をはじめ経腟超音波、採血より、妊娠4週4日目に急性腹症および腹膜炎と診断された。そこで、抗生剤の投与を開始したところ、感染徴候や腹部症状は改善したものの、第20病日目に再び腹痛が出現した。腹部超音波検査を行なうも優位な所見が得られず、原因検索のため腹腔鏡手術が施行された結果、急性虫垂炎が確認されたため、虫垂切除術と腹腔内洗浄が行われた。以後、経過は良好で、患者は6日目に軽快退院となり、妊娠経過も順調であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J02563&link_issn=&doc_id=20120831480487&doc_link_id=%2Fcj7sanai%2F2012%2Fs02801%2F011%2F0389-0393%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcj7sanai%2F2012%2Fs02801%2F011%2F0389-0393%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • β-catenin (CTNNB1) S33C mutation in ovarian microcystic stromal tumors. 国際誌

    Daichi Maeda, Junji Shibahara, Takahiko Sakuma, Masanori Isobe, Shinichi Teshima, Masaya Mori, Katsutoshi Oda, Shunsuke Nakagawa, Yuji Taketani, Shumpei Ishikawa, Masashi Fukayama

    The American journal of surgical pathology   35 ( 10 )   1429 - 40   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Microcystic stromal tumor (MCST) is a recently described subtype of ovarian tumor characterized by prominent microcystic histologic pattern and diffuse immunoreactivity for CD10 and vimentin. However, its pathobiology, particularly its histogenesis, remains largely unclear. Here, we report 2 cases of ovarian MCST, in which we have performed extensive histologic, immunohistochemical, and genetic investigations to determine its distinct nature among ovarian neoplasms. The patients were 32 and 41 years of age. Both tumors were solid and cystic masses involving the right ovary. Microscopically, tumor cells with generally bland, round-to-ovoid nuclei grew in microcystic, macrocystic, and solid patterns. Intervening thick fibrous stroma was observed. Immunohistochemically, tumor cells were diffusely and strongly positive for CD10, vimentin, and Wilms tumor 1. Furthermore, we detected aberrant nuclear expression of β-catenin protein in both cases. Of interest, mutation analyses revealed the presence of an identical point mutation, c.98C>G, in exon 3 of β-catenin (CTNNB1) in both tumors. This is an oncogenic mutation that causes replacement of serine with cysteine at codon 33, leading to the loss of a phosphorylation site in the β-catenin protein. The results of this study strongly suggest that dysregulation of the Wnt/β-catenin pathway plays a fundamental role in the pathogenesis of ovarian MCST. Finally, by comparing the immunophenotype of MCST with its histologic mimics and other ovarian sex cord-stromal tumors, we were able to identify unique features of MCST and a panel of markers useful in differential diagnosis.

    DOI: 10.1097/PAS.0b013e31822d6c71

    PubMed

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌に対し根治術前に脂肪層切除術を施行した2症例

    細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 4 )   859 - 864   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    子宮体癌の標準的治療は手術であるが、高度肥満のため手術困難な例も少なくない。今回我々は脂肪層切除術により良好な視野が得られ安全な手術が可能であった症例を経験したので報告する。症例1:39歳、G0、BMI47。主訴、不正性器出血。子宮内膜生検にて類内膜腺癌と診断。高度肥満のため脂肪層切除術の後開腹し手術を施行した。迅速病理検査は類内膜腺癌、grade 1、筋層浸潤は極軽度のため単純子宮全摘出術(abdominal total hysterectomy以下TAH)、両側付属器切除術(bilateral salpingo oophorectomy以下BSO)のみを施行した。術後診断は類内膜腺癌、grade 1、pT1bNxM0。術後の補助療法は施行しなかった。術後14ヵ月現在、再発を認めていない。症例2:39歳、G0、BMI41。主訴、過多・過長月経。粘膜下筋腫と診断し子宮鏡下手術を施行。病理診断の結果は類内膜腺癌であった。高度肥満のため症例1と同様の手順で開腹し手術を施行した。迅速病理検査は類内膜腺癌、grade 2、筋層浸潤2分の1以上のためTAH、BSO、骨盤内リンパ節郭清術(pelvic lymphadenectomy以下PLN)を施行した。術後診断は類内膜腺癌、grade 3、pT2bN0M0。術後化学療法を6コース施行した。術後13ヵ月現在、再発を認めていない。脂肪層切除術は、高度肥満患者の安全な手術を可能にする為の有効な手段と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 子宮体癌の横隔膜再発に対して腹腔鏡下摘出術を施行した1症例

    磯部 真倫, 金 よう国, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   63 ( 3 )   295 - 300   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    59歳。子宮体癌の診断で腹式単純子宮全摘出術、両側付属器摘出術、骨盤リンパ節郭清術を施行し、病理所見よりGrade 1の類内膜腺癌、FIGO(1988) stage III、pT3aN0M0と診断した。術後TAC療法を施行したが、4年後のフォローアップCTで右横隔膜、肝臓のS8領域の表面に径16mmの占拠性病変を認めた。FDG-PET/CTでは横隔膜腫瘍に集積を認め、子宮体癌の転移を疑った。他に再発所見はなく、腫瘍マーカーの上昇は認めなかった。腹腔鏡下摘出術を選択・施行し、癒着の剥離を進めたところ横隔膜表面に腫瘍を確認した。電気メスでストリッピングを試み、血管はハーモニックエースで凝固切離したが、腫瘍は横隔膜の筋層に深く浸潤していたため開胸の上で全層切除となり、腫瘍を摘出した。手術時間156分、出血少量であった。術後7日目に合併症なく退院し、病理結果より子宮体癌の横隔膜転移と診断した。術後TC療法を6コース行い、治療終了後2年経過して再発徴候はない。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20110811140005&doc_link_id=%2Fch5aioag%2F2011%2F006303%2F005%2F0295-0300%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fch5aioag%2F2011%2F006303%2F005%2F0295-0300%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 良性卵巣腫瘍に対する2孔式腹腔鏡手術におけるMiniLap鉗子の使用経験

    田中佑典, 芝博子, 鶴房聖子, 中村涼, 古谷毅一郎, 細井文子, 磯部真倫, 志岐保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 2 )   2011年

     詳細を見る

  • 婦人科悪性腫瘍再発診断におけるPET-CTの意義

    磯部 真倫, 大武 慧子, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   62 ( 3 )   281 - 282   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    再発診断目的におけるPET-CTの適応について検討した。治療後、一度寛解を得られた子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌543症例を対象とした。全癌腫において、CT画像・臨床所見で再発を疑った症例の感度・特異度は高く、感度は90.9〜100%、特異度は85.7〜100%であった。一方、マーカー上昇のみで、CT画像には異常がみられなかった症例においては、卵巣癌の感度は85.7%と高かったが、子宮頸癌の感度は40.0%と低く、その後の検索が必要であることが示された。また、子宮体癌では、マーカーが上昇する状況では既にCTで十分判断できる腫瘍が存在しており、PET-CTの必要性は低いと思われた。PET-CTは、一定の確率で感染・生理的集積などによる偽陽性は存在するが、CT画像・臨床所見で再発を疑った症例に対しては有用であると思われた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20100809090014&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.62.281&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.62.281&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 分娩後出血に対する子宮摘出と子宮動脈塞栓術(UAE)の比較検討

    磯部 真倫, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   62 ( 2 )   103 - 104   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    2000年1月〜2008年12月の8年間に産後出血に対して子宮摘出、子宮動脈塞栓術(UAE)を施行した15例を対象に、両者の患者背景、経過、転帰について後方視的に比較検討した。分娩総数は6822例で子宮摘出は10例(うち搬送は3例)で、院内発生の頻度は1.0/1000分娩であった。UAEは5例(うち搬送は2例)で、院内発生の頻度は0.82/1000分娩であった。両者の比較では母体年齢が子宮摘出群で有意に高かった。適応としては両群とも癒着胎盤を疑っての施行が最も多く、常位胎盤早期剥離、弛緩出血が多かった。子宮摘出とUAEの時間経過の比較としては決定から摘出(塞栓終了)までの時間(分)が有意に子宮摘出群で有意に短く、同様に、術開始から摘出(塞栓終了)までの時間(分)が有意に子宮摘出群で有意に短かった。子宮摘出群とUAE群の経過の比較としては両群で有意であったものは全出血量、MAP輸血単位数で、子宮摘出群でより多量の出血を認めMAP輸血をより多く必要としたが母体死亡は両群で認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20100519050013&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.62.103&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.62.103&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 当科における卵巣粘液性腺癌の検討

    三宅 貴仁, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   62 ( 1 )   37 - 38   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    卵巣粘液性腺癌と診断された症例において、卵巣原発症例と他臓器からの転移症例とを比較した。手術を行った卵巣癌症例は196例で、粘液性卵巣癌は42症例であった。このうち浸潤型15例(34%)を対象とした。卵巣原発は11例(73%)を占めた。他臓器からの転移は4例(27%)で、原発部位は大腸、虫垂、膵臓であった。卵巣原発症例(原発群)と他臓器からの転移症例(転移群)を比較したところ、原発群の72%(8例)が片側性病変かつ腫瘍径10cm以上であった。一方、両側性病変、もしくは腫瘍径10cm未満の群は7例で、うち4例(57%)は他臓器からの転移であった。卵巣粘液性腺癌の中には他臓器からの転移も一定の割合で含まれ、両側性の病変を有する症例や腫瘍最大径が10cm未満の症例では他臓器からの転移の可能性を考慮する必要があると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20100205070011&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.62.37&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.62.37&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • The Akt and ERK activation by platinum-based chemotherapy in ovarian cancer is associated with favorable patient outcome. 国際誌

    Tsuyoshi Ohta, Masanori Isobe, Toshifumi Takahashi, Maki Saitoh-Sekiguchi, Teiichi Motoyama, Hirohisa Kurachi

    Anticancer research   29 ( 11 )   4639 - 47   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: To investigate the phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)-Akt and extracellular signal regulated protein kinase (ERK) activation by chemotherapy, and the relationship between the activation of them and patient outcomes. The effect of chemotherapy on the cell proliferation and apoptosis markers and their role in the biology of ovarian cancer were also investigated. MATERIALS AND METHODS: This study was carried out in a series of 10 ovarian (or tubal) cancer patients whose specimens were obtained before and after chemotherapy. PI3K-Akt and ERK activation were evaluated by immunohistochemical staining for phosphorylated Akt and ERK. Their correlation with patient outcome was investigated by survival curves using the Kaplan-Meier method. Cell proliferation was evaluated by Ki-67 expression using immunofluorescent staining. Apoptosis was examined by caspase-3 and cleaved Poly ADP ribose polymerase (PARP) using immunofluorescent staining. RESULTS: An increase in Akt and ERK phosphorylation after chemotherapy was observed in 5 and 8 patients, respectively out of 10 patients examined. Akt and ERK activation by chemotherapy were associated with a favorable overall survival. In almost all patients, Ki-67 expression was initially high and largely decreased after chemotherapy. An increase in apoptotic marker expression was observed in almost all patients exposed to chemotherapy. CONCLUSION: Our findings suggest that Akt and ERK activation by chemotherapy may be associated with favorable prognosis.

    PubMed

    researchmap

  • A novel technique for the management of the vesicouterine ligament during radical hysterectomy. 国際誌

    Eiji Kobayashi, Tadashi Iwamiya, Masanori Isobe, Takahito Miyake, Yasuhiko Shiki, Masato Yamasaki

    Gynecologic oncology   115 ( 1 )   56 - 59   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To introduce a simple and safe method for the management of the vesicouterine ligament (VUL) during radical hysterectomy. METHOD: From 2004 to 2006, 35 patients with the International Federation of Gynecology and Obstetrics (FIGO) stage IB1 (n=32) and IB2 (n=3) invasive cervical cancer underwent radical hysterectomy. Epinephrine, which was diluted 1:1,000,000 times with saline solution, was injected into the VUL. We investigated whether this hydrodissection technique is safe and simple to apply in the management of the VUL during radical hysterectomy. RESULT: The hydrodissection technique enabled us to easily identify cervicovesical vessels. As a result, none of the patients suffered ureteral injury during radical hysterectomy. CONCLUSION: The injection of diluted epinephrine into the VUL is safe and simple to apply in the management of the VUL during radical hysterectomy.

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2009.06.034

    PubMed

    researchmap

  • Postoperative abdominal aspergilloma mimicking cervical cancer recurrence and diagnostic imaging, including F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography, with false-positive findings. 国際誌

    Eiji Kobayashi, Tadashi Iwamiya, Hidetake Masaki, Ai Yamagata, Masanori Isobe, Takahito Miyake, Yasuhiko Shiki, Ryuichi Nakashima, Masato Yamasaki

    The journal of obstetrics and gynaecology research   35 ( 4 )   808 - 11   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present the case of a 39-year-old woman with a subfascial abscess. The patient had undergone radical hysterectomy for stage Ib1 cervical cancer. Six months after the surgery, she was found to have an elevated concentration of the serum squamous cell carcinoma antigen. Thereafter, she underwent magnetic resonance imaging and positron emission tomography-computed tomography. Magnetic resonance imaging revealed an irregular mass (diameter: 2 cm) in the abdominal wall. Increased (18)F-fluorodeoxyglucose uptake into the mass was observed on positron emission tomography. Therefore, we could not rule out the possibility of the peritoneal dissemination of cervical cancer, and we resected the mass. The mass was pathologically and microbiologically diagnosed as a subfascial aspergilloma. The lesion was located in the subfascial area where a drain was inserted at the time of the primary laparotomy.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2009.01019.x

    PubMed

    researchmap

  • 卵巣癌に起因する悪性腸閉塞についての検討

    小林 栄仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 3 )   230 - 233   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    卵巣癌に起因する悪性腸閉塞について検討した。対象は1996年1月〜2007年9月までに悪性腸閉塞を発症した卵巣癌患者12例(平均年齢54歳)で、FIGO stageはI:1例、II:1例、III:8例、IV:2例、病理分類は漿液性:5例、粘液性:3例、明細胞腺癌:2例、その他:2例であった。初回手術はoptimal surgery:4例、suboptimal surgery:6例、未施行:2例であった。また、閉塞部位は大腸4例、小腸4例、両方2例、不明2例で、最終的には人工肛門造設5例、保存的治療7例であった。初回治療から腸閉塞までは平均439日、腸閉塞から死亡までは平均91日で、発症後の食事摂取率は人工肛門造設群60%(3/5)、保存的治療群28.6%(2/7)、退院率は60%(3/5)、42.8%(3/7)、平均在宅日数は32日、25日といずれも有意差は認められなかった。だが、人工肛門造設群で良好で、腸閉塞発症からの生存曲線においても人工肛門造設群で生存期間が長い傾向が認められた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20090805180004&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.61.230&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.61.230&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 当科における肥満妊婦の妊娠・分娩に関する転帰の検討

    志岐 保彦, 岩宮 正, 正木 秀武, 山縣 愛, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 3 )   277 - 279   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    著者らの施設における肥満妊婦の妊娠・分娩に関する転帰について検討した。対象は2002年4月から2004年3月までに分娩した合併症のない妊婦398例で、これらを妊娠後期に積極的に歩行を指導した歩行指導群(174例)と無指導群(224例)、妊娠初期のBMI別に肥満群(30kg/m2以上、6例:1.5%)と非肥満群(30kg/m2未満、392例:98.5%)に分けて比較した。その結果、肥満群では平均体重が非肥満群と比較して29kg多かったが、分娩時の体重増加は平均4.0kgと非肥満群の平均9.7kgの半分以下と有意に少なく、産褥1ヵ月健診時の体重は肥満群で妊娠初期より平均4.4kg減少し、非肥満群の平均2.6kg増加に比し有意に増加の程度が少なかった。妊娠後期の歩行時間は、歩行指導群では肥満群・非肥満群とも無指導群に比し有意に長く、無指導群では肥満群と非肥満群で同程度であり、肥満妊婦の歩行時間が長いため体重増加が少ないという仮設は否定されたと思われた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20090805180019&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.61.277&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.61.277&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 婦人科周術期(準清潔手術)における抗生物質の予防投与

    志岐 保彦, 岩宮 正, 山縣 愛, 久 毅, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 3 )   211 - 216   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    婦人科周術期(準清潔手術)における抗生物質の予防投与について検討した。対象は2002年4月〜2004年3月までに子宮摘出術を行った306例で、抗生物質を術直後より投与した149例(術後投与群)と手術開始直前と術中追加投与した157例(術前・術中投与群)に分け手術部位感染(SSI)発生頻度を比較した。その結果、1)患者背景は両群間で有意差はなく、抗生物質総投与量は術前・術中投与群で有意に少なかった。2)SSIは術後投与群9例(6.0%)、術前・術中投与群8例(5.1%)、SSIが原因でない発熱で術後追加投与を行ったのは1例(0.7%)、4例(2.6%)と有意差はなかった。3)良性疾患群(術後投与群82例、術前・術中投与群66例)、悪性疾患群(同35例、50例)、腟式単純子宮全摘出術群(同18例、22例)、広汎子宮全摘出術群(同14例、19例)に分けても両群間に有意差はなかったが、広汎子宮全摘出術群では他群より頻度が高く、ドレーン留置日数短縮及び無留置化で頻度は減少傾向となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20090805180001&doc_link_id=%2Fch5aioag%2F2009%2F006103%2F001%2F0211-0216%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fch5aioag%2F2009%2F006103%2F001%2F0211-0216%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当科における陣痛誘発・促進の適応と転帰

    志岐 保彦, 岩宮 正, 正木 秀武, 山縣 愛, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   109 - 111   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    著者らの施設における陣痛誘発・促進の適応と転帰について検討した。対象は2005年〜2007年までに分娩し、予定帝王切開術となっていなかった1929例で、内訳は自然陣痛分娩1407例、陣痛誘発318例、陣痛促進204例であった。1)自然陣痛群の帝王切開率は5.1%(72例)で、吸引分娩107例(7.7%)中の8例(8.1%)が最終的に帝王切開となっていた。2)陣痛誘発群では帝王切開率は17.6%(56例)で、39例(12.3%)中の5例(12.8%)が最終的に帝王切開となっていた。3)陣痛促進群では帝王切開率は4.4%(9例)で、53例(26%)中の1例(1.9%)が最終的に帝王切開となっていた。4)陣痛誘発群のビショップスコア3点以下の215例(71%)中30例(14.0%)、4〜7点の80例(25%)中7例(8.8%)、8〜13点の12例(4%)中2例(16.7%)が帝王切開に至った。5)陣痛誘発群の平均分娩時間は16時間26分と自然陣痛群の8時間33分に比し約2倍であったが、新生児体重や出血量に有意差はなかった。6)陣痛誘発の適応は予定日超過157例(49%)、前期破水57例(18%)、妊娠高血圧症候群47例(15%)、IUGR6例、双胎4例などであった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20090511090007&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.61.109&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.61.109&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 当院での治療抵抗性卵巣癌に対するセカンドライン化学療法についての検討

    小林 栄仁, 榎本 隆之, 岩宮 正, 正木 秀武, 山縣 愛, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 1 )   38 - 40   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:近畿産科婦人科学会  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.61.38

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00326435593?from=CiNii

  • 婦人科腹腔鏡手術後の経口摂取開始について、流動食開始群と常食開始群の比較検討

    山縣 愛, 志岐 保彦, 岩宮 正, 正木 秀武, 久 毅, 磯部 真倫, 金 雅子, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   24 ( 2 )   356 - 359   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    婦人科腹腔鏡手術後の経口摂取開始時の食事状態について検討した。対象は婦人科疾患に対して腹腔鏡下手術を施行した178例で、2006年7月までに手術を施行した89例は、流動食から開始し、漸時固形成分を増量した(流動食群)。2006年7月以降に手術を施行した89例は、手術翌日から常食から開始した(常食群)。術後入院期間は、流動食群:4.4±1.3日、常食群:4.0±1.2日で、両群に有意差を認めなかった。術後合併症は、流動食群:4.5%(4例)、常食群:2.2%(2例)で、両群に有意差はみられず、術後腸閉塞も皆無であった。排ガス・排便に要した日数、緩下剤の使用頻度、食事摂取量のいずれも、両群に有意差を認めなかった。婦人科疾患に対する腹腔鏡下手術後、常食から経口摂取を開始しても術後腸閉塞やその他の合併症は増加せず、術後入院期間も延長しなかった。また、常食は患者の受け入れも良好で、流動食から開始するが必要がないことが示唆された。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J02563&link_issn=&doc_id=20090403460015&doc_link_id=%2Fcj7sanai%2F2008%2F002402%2F015%2F0356-0359%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcj7sanai%2F2008%2F002402%2F015%2F0356-0359%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 子宮内膜症性嚢胞に対する外科的治療後の再発についての検討

    小林 栄仁, 岩宮 正, 正木 秀武, 山縣 愛, 久 毅, 金 雅子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   24 ( 2 )   409 - 412   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    子宮内膜症性嚢胞の術後再発率、再発に関与する因子を明らかにした。子宮内膜症性嚢胞に対して嚢腫核出、および片側付属器切除を施行した98例を対象とした。平均観察期間は31ヵ月であった。嚢胞摘出の63例(開腹手術:20例、腹腔鏡手術:43例)は、観察期間中の再発率は17.4%(11例)、術後5年間での累計再発率は22.6%であった。付属器切除の35例(開腹手術:30例、腹腔鏡手術:5例)は、観察期間中の再発率は28.5%(10例)、術後5年間での累計再発率は46.8%であった。嚢胞摘出例における再発のリスク因子を検討したところ、r-ASRMスコアが高値であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J02563&link_issn=&doc_id=20090403460027&doc_link_id=%2Fcj7sanai%2F2008%2F002402%2F027%2F0409-0412%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcj7sanai%2F2008%2F002402%2F027%2F0409-0412%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術前に診断可能であった卵管癌の1症例

    山縣 愛, 久 毅, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    大阪労災病院医学雑誌   29 ( 1-2 )   53 - 56   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    65歳女。2経妊2経産で、53歳に閉経した。不正性器出血、大量の水様帯下を認め受診したが異常が認められなかった。再度受診し頸部細胞診、体部細胞診、経腟超音波検査を行ったが、いずれも前回と同様の所見であった。血液検査ではCA125は66U/mlと高値を認めるのみで、CT、MRIでも腹部〜骨盤内に有意な所見は認められなかった。しかし、左下腹部に圧痛を認め受診したところ、経腟超音波検査で左付属器に5cmの腫瘤を認め精査目的のため入院となった。経腟超音波検査で子宮内膜に肥厚は認めず、左付属器に一部蛇行して見える径4×2.7cmの腫瘤を認めた。開腹手術を行ったところ左卵管に腫瘍を認めた。迅速病理診断は腺癌であったため、単純子宮全摘術、両側付属器摘出術、S状結腸切除術を行った。術後TC療法(Paclitaxel+Carboplatin)6コースを実施したところCA125は正常化し、胸部〜骨盤CTも再発兆候を認めていない。

    researchmap

  • 腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術におけるハーモニックスカルペル5mmダイセクティングフックの応用

    志岐 保彦, 山縣 愛, 久 毅, 金 雅子, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    大阪労災病院医学雑誌   29 ( 1-2 )   41 - 43   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(独)労働者健康安全機構大阪労災病院  

    2005年2月から2005年12月までの11ヵ月間、腹腔鏡下皮様嚢腫核出術(片側)を行った連続10症例に対し、ハーモニックスカルペル5mmダイセクティングフックを用い、体内法で手術を行った。このうち5症例にはバイポーラー電気メスを止血操作のみに用いた。また、それ以前にモノポーラー電気メスおよびバイポーラー電気メスのみを用いて行った腹腔鏡下皮様嚢腫摘出術(片側)連続10症例(2004年1月〜2005年1月)と比較検討した。その結果、平均手術時間ではハーモニックスカルペル使用群が有意に短く、嚢腫破綻率は統計的な有意差はなかったが、ハーモニックスカルペル使用群で破綻率が少ない傾向にあった。これについては用具や手技の慣れの問題もあり、さらなる症例の追加による検定を要すると考えられた。ハーモニックスカルペルは電気メスに比べ止血能力に劣るので、現在バイポーラー電気メスも同時に準備をして手術を行っている。

    researchmap

  • 当院における過去10年間の卵巣境界悪性腫瘍についての臨床病理学的検討

    小林 栄仁, 山縣 愛, 久 毅, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 4 )   399 - 403   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    著者らの施設における過去10年間の卵巣境界悪性腫瘍について臨床病理学的検討を行った。対象は、過去10年間に経験した境界悪性卵巣腫瘍49例であった。1)病理組織は粘液性27例、漿液性13例、顆粒膜細胞腫4例、セルトリ細胞腫2例、未熟奇形腫2例、類内膜腫瘍1例で、上皮性卵巣腫瘍が40例(81.6%)を占めていた。2)進行期分類はI期42例、II期2例、III期4例、IV期1例で、早期症例が44例(89.8%)を占めていた。3)外科的治療は、30歳未満(9例)では全例に妊孕能温存の患側付属器切除のみを行い、現在まで再発は認められていない。一方、30歳以上では患側付属器切除のみ11例、両側付属器切除3例、子宮全摘・両側付属器切除26例であった。4)転帰は44例中死亡例はなく、4例で再発を認め再治療を行い、うち3例は性索間質性腫瘍であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20061110230015&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.58.399&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.58.399&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 当院における子宮筋腫に対する治療についての検討

    久 毅, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 2 )   167 - 169   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    手術を施行した子宮筋腫266例の成績を報告した.術式の内訳は,子宮鏡下子宮筋腫核出術30例(A群),腹式単純子宮全摘出術148例(B群),腟式単純子宮全摘出術15例(C群),腹式子宮筋腫核出術61例(D群),腟式子宮筋腫核出術10例(E群),腹腔鏡下子宮筋腫核出術2例(F群)であった.麻酔時間,手術時間,入院日数はA群がB群,C群,D群,F群に比較して短く,輸血はB群4例,D群3例に認めた.術中合併症はA群で子宮穿孔を1例認めたが,電解質異常や強出血はなく,B群とD群では多量出血を各4例,2例に認めた.術後合併症は全体で出血2例,感染14例,創部離開2例,腸閉塞2例を認め,術式別ではA群0例,B群14例,C群1例,D群5例,E群・F群0例であった.症状消失率はA群88.5%,D群86.4%,E群・F群100%で,術後妊娠はA群2例,D群9例,E群1例に認めた.子宮鏡下子宮筋腫核出術は合併症が少なく,低侵襲で症状の改善が得られる術式であることが示された

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00536&link_issn=&doc_id=20060511090009&doc_link_id=10.11437%2Fsanpunosinpo.58.167&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.58.167&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 肥満女性への防風通聖散の使用経験

    小田 隆晴, 羽根田 健, 磯部 真倫, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 軽部 敬子, 西塔 房子, 井上 とし子

    山形県立病院医学雑誌   40 ( 1 )   1 - 5   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    体格指数(BMI)25以上,35未満の1度,2度の閉経前後の肥満女性19例を対象に,防風通聖散を24週間投与し,その臨床効果と脂質代謝に及ぼす効果について検討した.下痢でドロップアウトした2例以外の17例において,平均3.5kg体重が有意に減少した.BMIが有意に下降した著効例は4例(23.5%)であったが,waist周径/hip周径での著効例は7例(41.2%)と高頻度であった.脂質代謝においては,血清トリグリセライドが有意に低下したのが確認された

    researchmap

  • 当科における子宮筋腫に対する治療についての検討

    久 毅, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 藤田 征巳, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   57 ( 4 )   469 - 469   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 肥満女性への防已黄耆湯の使用経験

    小田 隆晴, 羽根田 健, 磯部 真倫, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 軽部 敬子, 西塔 房子, 井上 とし子

    山形県立病院医学雑誌   39 ( 2 )   108 - 111   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    気虚水滞の証を持つBMI 25以上35未満の中高年肥満女性36例を対象に防已黄耆湯を24週間投与し,その効果について検討した.その結果,服用24週で平均体重は67.6kgから65.2kg(-2.4kg),平均BMIは28.3から27.3(-1.0)へ有意に減少した.BMIが2以上減少した著効例は9例(25%),waist周径/hip周径で0.05以上の低下がみられた著効例は7例(19.4%)であった.また,中性脂肪の有意な減少が確認された

    researchmap

  • 高度の抑うつ状態を合併した更年期障害にエストロゲン補充療法(ERT)が著効であった1症例

    小田 隆晴, 磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小宮 雄一

    山形県立病院医学雑誌   39 ( 1 )   35 - 37   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    49歳女.閉経後のhot flush,発汗,不眠,全身倦怠感を伴う無気力状態などを主訴とした.簡略更年期指数(SMI)は91点,東邦大式抑うつ尺度(SMI)は31点で,重篤な更年期障害を伴った抑うつ状態と診断し,抑うつ剤とともに結合型エストロゲン経口剤を併用した.症状は徐々に改善し,治療後6ヵ月目にはSMIは14点,SRQ-Dは7点となった.治療後1年目には治癒状態となり,減少していた腰椎の骨塩量も上昇傾向にあった

    researchmap

  • パルボウイルス感染に伴う子宮内胎児死亡の1症例

    磯部 真倫, 斉藤 仁昭, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    山形県立病院医学雑誌   39 ( 1 )   42 - 44   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    32歳女,3妊2産.約2ヵ月前の初診時には胎嚢,胎児拍動は+であったが,妊娠12週に家族(幼稚園児)に伝染性紅斑の症状が出現し,13週には本人も発熱した.15週3日の妊婦検診にて子宮内胎児死亡と診断され,病理解剖より,パルボウイルスB19が胎児赤芽球に感染して高度貧血を呈し,子宮内胎児死亡を起こしたと考えられた.本症例は6歳以下の子供を2人持つパルボウイルスB19感染のハイリスク群であり,感染頻度は低いもののパルボウイルスB19感染は子宮内胎児死亡の原因として重要であり,母体感染への注意が必要であると思われた

    researchmap

  • 卵管間質部妊娠に対する腹腔鏡下手術の1例

    小宮 雄一, 磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小田 隆晴

    山形県立病院医学雑誌   39 ( 1 )   38 - 41   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    29歳女.右下腹部痛を主訴とした.既往として右卵管峡部妊娠での線状切開術施行があり,術後の子宮卵管造影で右卵管閉塞の所見を認めていた.経腟エコーで右卵管角付近に胎嚢様の所見を認め,尿中ヒト絨毛性ゴナドトビン(hCG)値は1189IU/Lであった.子宮内容清掃術を行ったが子宮内に明らかな絨毛組織は認められず,尿中hCG値も3524IU/Lと上昇してきた.右卵管間質部妊娠と診断し,腹腔鏡下手術を行った.右卵管角に約3cmの腫瘤を認め,妊娠黄体は卵管閉塞のみられた右側に確認された.右卵管の腫瘤周囲にピトレシンを局注後に線状切開し,絨毛を除去して内容物を残存させた.創部にはフィブリン糊を撒布した.出血は50ml以下であった.術後尿中hCG値は順調に低下し,術後23日目には2IU/Lとなった.全身状態良好で,血腫径3cm程度の未破裂状態の症例であれば,ピトレシンの使用で出血を抑制し,腹腔鏡下卵管線状切開および胎嚢摘出術のみで保存手術は可能であると考えられた

    researchmap

  • 経腟超音波にて頸管内胎胞陥入を認めた頸管無力症の1症例

    磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    山形県立病院医学雑誌   38 ( 2 )   137 - 139   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    32歳.後期流産の既往があった.妊娠28週時の経腟超音波検査で頸管長の短縮を認めた.29週には頸管内胎胞陥入の所見を認めたため早産の危険性が高いと判断し,緊急マクドナルド手術を施行した.手術後は塩酸リトドリンでtocolysisをはかった.妊娠37週に前期破水と切迫子宮破裂のため緊急帝王切開術を施行し,母児とも経過良好であった

    researchmap

  • 長期経口エストロゲン補充療法の脂質代謝に及ぼす影響の検討

    小田 隆晴, 大貫 毅, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一

    山形県立病院医学雑誌   38 ( 2 )   109 - 113   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    経口エストロゲン補充療法(ERT)を5年以上受けている71名について血清脂質値の経時変化を調査し,同時にレムナント様リポ蛋白(RLP)や中間型リポ蛋白(IDL),小型で高比重のLDL(SD-LDL)を測定することにより脂質の質を評価した.長期ERTによりHDLコレステロール(HDL-C)とトリグリセライド(TG)が有意に上昇し,LDLコレステロールは有意に低下した.RLP,IDL,SD-LDLはいずれもTGと有意な正相関,HDL-Cと有意な負の相関を示し,特にTGとの相関は極めて強かった

    researchmap

  • 卵巣腫瘍合併妊娠に対する腹腔鏡下手術の1例

    小宮 雄一, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小田 隆晴

    山形県立病院医学雑誌   38 ( 2 )   133 - 136   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県病医誌編集委員会  

    30歳.MRI上径4.5×7.5×9cmの右卵巣類皮嚢胞腫に対して妊娠14週時に手術を施行した.手術は硬膜外麻酔およびGO麻酔下に気腹法で腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術を体外法で行い,手術時間74分,出血量は42mlであった.術後・妊娠経過は良好で,妊娠40週2日に正常児を出産した

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • こだわりのTLH : エキスパートのTLHを知り,自分のTLHを作ろう

    磯部, 真倫( 担当: 編集)

    中外医学社  2021年6月  ( ISBN:9784498160149

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 184p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 事例で学ぶ医療者のためのWeb会議システム活用メソッド

    磯部, 真倫( 担当: 編集)

    中外医学社  2021年2月  ( ISBN:9784498048881

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 285p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 指導医のための医学教育学 : 実践と科学の往復

    錦織, 宏, 三好, 沙耶佳( 担当: 共著)

    京都大学学術出版会  2020年8月  ( ISBN:9784814002900

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 382p.   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 動画で学ぶ!婦人科腹腔鏡手術トレーニング : 手術経験数より大事なトレーニング法を知る

    磯部, 真倫( 担当: 編集)

    中外医学社  2020年5月  ( ISBN:9784498160040

     詳細を見る

    総ページ数:9,236p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • いきなりTLH : ビギナーとその指導者のために

    万代, 昌紀( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2020年4月  ( ISBN:9784758319829

     詳細を見る

    総ページ数:213p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 産婦人科内視鏡手術スキルアップ

    日本産科婦人科内視鏡学会( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2020年4月  ( ISBN:9784758317658

     詳細を見る

    総ページ数:323p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • マクロ視点とミクロ視点から婦人科腹腔鏡手術を再考する

    磯部 真倫

    産婦人科の進歩   73 ( 4 )   485 - 485   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • オンライン教育の基本と実際 楽しく、学びにつながるオンライン教育を目指して

    磯部 真倫

    関東連合産科婦人科学会誌   58 ( 3 )   358 - 359   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)関東連合産科婦人科学会  

    researchmap

  • 外科系医師はどのようにして医学教育のキャリアを形成していくのか? 臨床医から、臨床医の教育、そして医学教育学へ 医学教育学を学ぶ産婦人科医として

    磯部 真倫, 榎本 隆之, 錦織 宏

    医学教育   52 ( Suppl. )   37 - 37   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 新時代の遠隔ハンズオンセミナー Facebook、LINE、Zoomを用いた遠隔腹腔鏡手術トレーニングの経験

    磯部 真倫, 堀澤 信, 榎本 隆之

    医学教育   52 ( Suppl. )   21 - 21   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 多様化する手術教育への新たな提唱と時代のニーズ 教育できる医師を育てる Faculty developmentの可能性

    磯部 真倫

    産婦人科手術   ( 32 )   125 - 125   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • オンライン内視鏡外科教育実践の共有 オンライン教育コミュニティの構築

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   BSP2 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • HPV16型感染が確認されながらp16免疫染色が陰性であったVIN3の若年症例

    櫛谷 直寿, 小林 暁子, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 295   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下仙骨腟固定術の検討

    島 英里, 小林 暁子, 黒澤 めぐみ, 明石 英彦, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 554   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟大学産科婦人科における学生実習改革 実習改革からコロナ禍における工夫まで

    磯部 真倫

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 68   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • オンライン内視鏡外科教育実践の共有 オンライン教育コミュニティの構築

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   BSP3 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • オンラインで縫合結紮実技セミナーは開催可能なのか? 長野での挑戦

    堀澤 信, 山本 さやか, 今井 賢, 磯部 真倫

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   BSP3 - 5   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 「教育」を専門とした新潟大学での7年間の活動 腹腔鏡手術教育、卒前教育、教育者の育成の取り組み(Faculty Development)を中心に

    磯部 真倫

    日本産科婦人科学会雑誌   73 ( 臨増 )   S - 113   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 同時化学放射線療法中に発症した急性腎障害症例の検討

    鈴木 美保, 関根 正幸, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   357 - 357   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下仙骨腟固定術における後壁修復の術式検討

    明石 英彦, 小林 暁子, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   46 - 46   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術におけるセプラフィルム体腔内挿入および貼付の工夫

    鈴木 美保, 小林 暁子, 黒澤 めぐみ, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   51 - 51   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下試験切除術が診断に有用であった2例

    明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   57 - 57   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • Direct oral anticoagulant導入後の婦人科悪性腫瘍に合併した静脈血栓症の管理

    田村 亮, 西川 伸道, 鈴木 美保, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   437 - 437   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 急激な経過をたどった神経内分泌腫瘍の性格を有する原発不明癌の一例

    工藤 梨沙, 西野 幸治, 明石 英彦, 鈴木 美保, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   448 - 448   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 治療経過中にSIADHを発症した子宮頸部小細胞癌の1例

    渡部 はるか, 工藤 梨沙, 明石 英彦, 鈴木 美保, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘佑, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   35 - 35   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 急性腹症を契機に判明したOHVIRA症候群の1例

    工藤 梨沙, 小林 暁子, 明石 英彦, 鈴木 美保, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘佑, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   115 ( 1 )   39 - 39   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科での高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)固形癌へのペムブロリズマブ使用の現状

    明石 絵里菜, 吉原 弘祐, 明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   39 ( 1 )   314 - 314   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 分娩妄想によるいきみにより完全子宮脱を発症し、腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)後1年メッシュ固定を維持している1例

    黒澤 めぐみ, 小林 暁子, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 500]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮頸部腫大症例に対する腹腔鏡下子宮全摘出術の解剖学的検討

    鈴木 美保, 小林 暁子, 櫛谷 直寿, 黒澤 めぐみ, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 田村 亮, 島 英里, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 178]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮体癌の晩期再発の診断に腹腔鏡下手術が有用であった一例

    吉原 弘祐, 明石 英彦, 櫛谷 直寿, 黒澤 めぐみ, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 460]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮体部漿液性上皮内癌の診断に腹腔鏡下手術が有用であった一例

    吉原 弘祐, 小林 暁子, 櫛谷 直寿, 黒澤 めぐみ, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 470]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下付属器摘出により原発卵巣腫瘍を診断することが可能であった進行子宮頸癌の一例

    吉原 弘祐, 西川 伸道, 櫛谷 直寿, 黒澤 めぐみ, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 田村 亮, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 471]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • ミュラー管発生異常における内視鏡手術 多診療科・多職種による小児泌尿生殖器疾患チーム cloaca board 発足と内視鏡の役割

    小林 暁子, 西川 伸道, 磯部 真倫, 山口 雅幸, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [WS14 - 4]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍が疑われた41症例に対する審査腹腔鏡の後方視的検討

    田村 亮, 小林 暁子, 櫛谷 直寿, 黒澤 めぐみ, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 工藤 梨沙, 鈴木 美保, 島 英里, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 山口 雅幸, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 055]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 難症例での腹腔鏡下子宮全摘における開腹移行と手術完遂の境界の検討

    工藤 梨沙, 小林 暁子, 櫛谷 直寿, 明石 英彦, 明石 絵里菜, 鈴木 美保, 田村 亮, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [O - 126]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 若手医師に対する腹腔鏡手術の教育 地方における婦人科腹腔鏡手術教育の現状と課題

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( Suppl.I )   [SY1 - 6]   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 鏡視下時代の手術教育〜どのように教えるか?〜 NDBオープンデータから見た婦人科腹腔鏡手術の地域間格差とその解決法

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    産婦人科手術   ( 31 )   134 - 134   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 目標・方略・評価を基盤とした卒後・専門教育のあり方〜現状とあるべき姿〜 産婦人科領域における臨床研修医教育、専攻医教育、サブスペシャリティ教育における現状と問題点

    磯部 真倫, 錦織 宏, 榎本 隆之

    医学教育   51 ( Suppl. )   42 - 42   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • プラチナ製剤感受性再発卵巣癌に対するオラパリブ投与に関する検討

    鈴木 美保, 西川 伸道, 田村 亮, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 山口 雅幸, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 臨増 )   S - 309   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • シミュレーターを用いた学生実習改革

    磯部 真倫, 山本 寛人, 堀内 綾乃, 春谷 千智, 明石 英彦, 鈴木 久美子, 工藤 梨沙, 須田 一暁, 五日市 美奈, 小林 暁子

    新潟産科婦人科学会会誌   114 ( 2 )   83 - 83   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • NDBオープンデータから見た婦人科腹腔鏡手術の地域間格差

    磯部 真倫, 榎本 敬之

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   MO212 - 2   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当院でのプラチナ製剤感受性再発卵巣癌に対するオラパリブ投与に関する検討

    西川 伸道, 堀内 綾乃, 春谷 千智, 明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   114 ( 1 )   32 - 32   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 子宮脱に対する腟閉鎖術の術前頸部細胞診にてNILMであったにもかかわらず1年半後に子宮頸部扁平上皮癌IIB期と診断された一例

    小林 暁子, 西野 幸治, 小木 幹奈, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟県臨床細胞学会会報   ( 34 )   20 - 20   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県臨床細胞学会  

    researchmap

  • 急性腹症を契機に診断が修正された子宮・尿路奇形の1症例

    工藤 梨沙, 小林 暁子, 磯部 真倫, 春谷 千智, 明石 英彦, 鈴木 美穂, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本女性医学学会雑誌   27 ( 1 )   250 - 250   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本女性医学学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下仙骨腟固定術の手術成績および排尿

    明石 英彦, 小林 暁子, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   114 - 114   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 完全直腸脱を伴う4度骨盤臓器脱に対して腹腔鏡下直腸固定術と同時に仙骨腟固定術を行った2症例

    春谷 千智, 小林 暁子, 明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之, 中野 雅人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   116 - 116   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 内視鏡手術の地域間格差とその対策 NDBオープンデータから見た婦人科腹腔鏡手術の地域間格差とその解決法

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   27 - 27   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下仙骨固定術における子宮腟上部切断および残存頸部縫合の方法とそれによる感染予防に関する検討 感染例から学ぶ

    小林 暁子, 磯部 真倫, 明石 英彦, 石黒 竜也, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   115 - 115   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 帝王切開既往症例における膀胱挙上、癒着に対する腹腔鏡下子宮全摘術時の膀胱剥離の定型化とその効果

    堀内 綾乃, 小林 暁子, 春谷 千智, 明石 英彦, 鈴木 美保, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   214 - 214   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮筋腫茎捻転における腹腔鏡下手術の有用性

    石黒 竜也, 茅原 誠, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   246 - 246   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮体癌1A期と子宮頸癌3A期が合併した1例

    工藤 梨沙, 磯部 真倫, 春谷 千智, 明石 英彦, 鈴木 美穂, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   294 - 294   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 電解質溶液内経頸管的切除術Trans Cervical Resection in saline, TCRisの使用経験

    鈴木 美保, 小林 暁子, 春谷 千智, 明石 英彦, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   35 ( Suppl.I )   200 - 200   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 【異所性妊娠を考える】卵管妊娠

    磯部 真倫

    産婦人科の実際   68 ( 8 )   993 - 997   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    <文献概要>卵管妊娠は,異所性妊娠のなかで最も頻度の高い部位である。経腟超音波検査,血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の定量,子宮内容除去(D & C),腹腔鏡検査などを複合的に組み合わせることにより,早期に診断,治療が可能となった。また,早期診断が可能になったこともあり,腹腔鏡手術やメトトレキサート(MTX)による薬物療法,経過観察など治療法も多様となった。本稿では,特に未破裂の卵管妊娠に対する診断と治療について焦点をあてた。様々な診断法,治療法の選択肢が増えた昨今,最適な判断となるように,医師間で検討するととともに,患者とよく話し合うことが重要である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00535&link_issn=&doc_id=20190723240005&doc_link_id=10.18888%2Fsp.0000000965&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2Fsp.0000000965&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Googleフォームを用いた双方向性講義の取り組み

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    医学教育   50 ( Suppl. )   210 - 210   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 当院でのプラチナ製剤感受性再発卵巣癌に対するオラパリブ投与に関する検討

    堀内 綾乃, 西川 伸道, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 3 )   546 - 546   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 外科系教育の新時代 医師の現場で教育に必要とされるもの HowとWhyについて

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 3 )   334 - 334   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 子宮原発Perivascular epithelioid cell Tumor、PEComaの2例

    日向 妙子, 関根 正幸, 西川 伸道, 西野 幸治, 小林 暁子, 磯部 真倫, 吉原 弘祐, 安達 聡介, 石黒 竜也, 茅原 誠, 工藤 梨沙, 榎本 隆之, 本山 悌一

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 3 )   521 - 521   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • TLHで技術認定医を取得するためのロードマップ 11名を育成した経験から

    磯部 真倫

    東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   147回   37 - 37   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 帝王切開後の腹壁創部内膜症

    石黒 竜也, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 2 )   92 - 92   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 機能性単角子宮を伴う先天性腟閉鎖に対する腹腔鏡下頸管形成造腟術を施行した1例

    小林 暁子, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 小木 幹奈, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 2 )   99 - 99   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院でのプラチナ製剤感受性再発卵巣癌に対するオラパリブ投与に関する検討

    堀内 綾乃, 西川 伸道, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 439   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • BRCA陰性卵巣癌に対してOlaparib維持療法が有効な1例

    明石 英彦, 吉原 弘祐, 杉野 健太郎, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   71 ( 臨増 )   S - 611   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 鎖肛術後の直腸脱、直腸瘤の一例

    為我井 加菜, 小林 暁子, 長谷川 順紀, 明石 英彦, 工藤 梨紗, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   113 ( 2 )   83 - 83   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 地域医療における専攻医の全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)研修

    明石 英彦, 磯部 真倫, 小池 公美, 石田 道雄, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   66回   0122 - 0122   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 機能性子宮体部を持つ先天性腟・頸管欠損症に対する腹腔鏡下広汎頸部摘出術を応用した腹腔鏡下形成手術

    小林 暁子, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   399 - 399   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • ミューラー管由来組織の遺残を認めた完全型アンドロゲン不応症

    石黒 竜也, 安達 聡介, 茅原 誠, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   363 - 363   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 3720gの巨大子宮筋腫を腹腔鏡下手術にて摘出した一例

    高柳 健史, 磯部 真倫, 戸田 紀夫, 五十嵐 裕一

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   323 - 323   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 離島における専攻医の全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)研修

    明石 英彦, 磯部 真倫, 小池 公美, 石田 道雄, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   185 - 185   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡による迅速な診断が可能であった悪性リンパ腫の一例

    西野 幸治, 安達 聡介, 明石 英彦, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   202 - 202   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下子宮全摘術後、尿管損傷が判明した症例

    安達 聡介, 磯部 真倫, 小林 暁子, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   314 - 314   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡による迅速な診断が可能であった悪性リンパ腫の一例

    西野 幸治, 安達 聡介, 明石 英彦, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   202 - 202   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 機能性子宮体部を持つ先天性腟・頸管欠損症に対する腹腔鏡下広汎頸部摘出術を応用した腹腔鏡下形成手術

    小林 暁子, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 ( Suppl.I )   399 - 399   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 機能性単角子宮を伴う先天性腟閉鎖に対する腹腔鏡下頸管形成造腟術を施行した1例

    小林 暁子, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    産婦人科手術   ( 29 )   165 - 165   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 当科における胞状奇胎症例の後方視的検討

    森 裕太郎, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北海道産科婦人科学会会誌   62 ( 1 )   230 - 230   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道産科婦人科学会  

    researchmap

  • 医師の人材育成における「メンター制度」の有効性 新潟県における腹腔鏡手術の教育から得たもの

    磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北海道産科婦人科学会会誌   62 ( 1 )   221 - 221   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道産科婦人科学会  

    researchmap

  • 2歳女児の腟内異物の一症例

    上田 遥香, 茅原 誠, 磯部 真倫, 山口 真奈子, 小木 幹奈, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 2 )   99 - 99   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 医師の人材育成における「メンター」の有効性

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   SF108 - 07   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 新潟県若手周産期・内視鏡縫合セミナー 若手がつくる新しいリクルートメントの形

    磯部 真倫, 吉原 弘祐, 生野 寿史, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   65回   78 - 78   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 内視鏡技術認定医への道のり 50歳からの腹腔鏡

    浅野 堅策, 八幡 夏美, 山岸 葉子, 磯部 真倫

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   36 - 36   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における前回帝王切開症例の膀胱挙上、癒着に対する剥離の工夫

    小林 暁子, 磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1501 - 1501   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当科で経験した腹腔鏡手術中における器具破損・紛失症例について

    安達 聡介, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1153 - 1153   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 癌性腹膜炎との鑑別に腹腔鏡下生検が有用であった結核性腹膜炎の2例

    上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1460 - 1460   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • アニマルラボ改革 大人数でスキルアップし満足度を上げることは可能なのか?

    磯部 真倫, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   49 - 49   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 深化 TLHこんな時どうする 教育、普及する側から見たTLH難症例への対応

    磯部 真倫, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   358 - 358   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 非認定研修施設での修練による技術認定取得過程の考察

    古俣 大, 磯部 真倫, 南川 高廣, 浅野 堅策, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   885 - 885   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 地域の実情に合わせたメニューで行う地域型腹腔鏡セミナーの開催

    堀澤 信, 磯部 真倫, 大竹 紀子, 黒田 浩, 砂田 真澄, 高野 みずき, 竹中 慎, 近澤 研郎, 中山 毅

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   923 - 923   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 先進医療「腹腔鏡下広汎子宮全摘術」施設認定の報告

    磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   43 - 43   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡で診断治療した卵巣妊娠の1例

    小林 暁子, 郷戸 千賀子, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   47 - 47   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科で経験した腹腔鏡手術中における器具破損・紛失症例について

    安達 聡介, 磯部 真倫, 上田 遥香, 茅原 誠, 石黒 竜也, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   48 - 48   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 内視鏡技術認定医の申請要件の検討 専攻医から始める申請準備

    古俣 大, 齋藤 強太, 松本 賢典, 横田 有紀, 加勢 宏明, 磯部 真倫

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   48 - 48   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 研修医セミナー改め新潟県若手周産期セミナーのご報告 これからのリクルートメントのかたち

    磯部 真倫, 吉原 弘祐, 生野 寿史, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   112 ( 1 )   35 - 35   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 深化 TLHこんな時どうする 教育、普及する側から見たTLH難症例への対応

    磯部 真倫, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   358 - 358   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院における前回帝王切開症例の膀胱挙上、癒着に対する剥離の工夫

    小林 暁子, 磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1501 - 1501   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当科で経験した腹腔鏡手術中における器具破損・紛失症例について

    安達 聡介, 磯部 真倫, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1153 - 1153   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 癌性腹膜炎との鑑別に腹腔鏡下生検が有用であった結核性腹膜炎の2例

    上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   1460 - 1460   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 卵巣癌に対するベバシズマブ投与後の手術は安全に施行可能か?

    西野 幸治, 上田 遥香, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   35 ( 3 )   634 - 634   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下付属器手術後に境界悪性あるいは悪性卵巣腫瘍と診断された9例の検討

    小林 暁子, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   35 ( 3 )   596 - 596   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 癌性腹膜炎が疑われた結核性腹膜炎の2症例

    安達 聡介, 上田 遥香, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 小林 暁子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   35 ( 3 )   614 - 614   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 非常に稀なPrimary Retroperitoneal Serous Adenocarcinomaの一例

    八幡 夏美, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   69 ( 2 )   828 - 828   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 若手医師が腹腔鏡トレーニングを継続的に行うために有効な施策とは

    竹中 慎, 中山 健, 佐々木 康, 森岡 幹, 小川 公一, 磯部 真倫, 堀澤 信, 高野 みずき, 砂田 真澄, 黒田 浩, 近澤 研郎

    日本産科婦人科学会雑誌   69 ( 2 )   962 - 962   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 内視鏡外科技術認定医への道 その先に求められるもの 医師の人材育成における「メンター制度」の有効性 新潟県における腹腔鏡手術教育から得たもの

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   SS6 - 6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 卵巣 卵巣がんに対する抗がん剤治療 卵巣癌に対するベバシズマブの投与状況 著効例の提示と今後の課題

    西野 幸治, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   WS55 - 5   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 子宮頸癌と結腸癌の重複傍大動脈リンパ節転移を呈した1例

    杉野 健太郎, 関根 正幸, 工藤 梨沙, 島 英里, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 榎本 隆之

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P17 - 4   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当科における胞状奇胎症例の後方視的検討

    森 裕太郎, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   64回   158 - 158   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 医師の人材育成における「メンター制度」の有効性 新潟県における腹腔鏡手術の教育から得たもの

    磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   64回   147 - 147   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に左多房性卵巣嚢腫+右傍卵管嚢腫と診断した一例

    浅野 堅策, 八幡 夏美, 山岸 葉子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   342 - 342   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に治療した卵巣Sertoli-Leydig cell tumorの2症例

    山口 真奈子, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   261 - 261   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 骨盤腹腔鏡手術の若手教育 地方における腹腔鏡手術の教育、普及をいかに行うか? 腹腔鏡に関連した地域全体での「メンター制度」の有効性

    磯部 真倫, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   118 - 118   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の検討

    南川 高廣, 磯部 真倫, 君島 世理, 水野 泉, 安田 雅子, 遠間 浩, 安達 茂實

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   290 - 290   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下リンパ節生検が診断に有用であった原発不明癌の一例

    吉原 弘祐, 磯部 真倫, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   304 - 304   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 非認定研修施設での技術認定医受験 地方での取り組み

    古俣 大, 磯部 真倫, 風間 絵里菜, 松本 賢典, 横田 有紀, 南川 高廣, 高柳 健史, 加勢 宏明, 浅野 堅策, 五十嵐 裕一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   316 - 316   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 癌性腹膜炎との鑑別を要した結核性腹膜炎の一例

    安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   335 - 335   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に腫大リンパ節を摘出後、迅速診断でリンパ節転移陽性と診断し、開腹による根治術を施行したMPA療法後子宮体癌の一例

    茅原 誠, 西野 幸治, 磯部 真倫, 島 英里, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   206 - 206   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術術後血腫感染に対して腹腔鏡下ドレナージを施行した1例

    杉野 健太郎, 磯部 真倫, 工藤 梨沙, 島 英里, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   216 - 216   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • BMI40以上の高度肥満3症例に対する腹腔鏡手術の経験

    西野 幸治, 磯部 真倫, 工藤 梨沙, 島 英里, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 郷戸 千賀子, 吉原 弘祐, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32 ( Suppl.I )   241 - 241   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下準広汎子宮全摘術の工夫

    磯部 真倫, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   51 - 51   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟大学と関連病院における腹腔鏡手術教育の現況(その2) 関連病院全体での安全な手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 杉野 健太郎, 山口 真奈子, 島 英里, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   37 - 37   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科における全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)の導入と現況

    浅野 堅策, 八幡 夏美, 山岸 葉子, 磯部 真倫

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   37 - 37   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に治療した卵巣Sertoli-Leydig cell tumorの2症例

    山口 真奈子, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   41 - 41   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 術後血腫感染に対して腹腔鏡下ドレナージを施行した1例

    杉野 健太郎, 磯部 真倫, 工藤 梨沙, 島 英里, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   48 - 48   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 技術認定医をとるまでの道のりと当院の現状

    森川 香子, 石黒 宏美, 冨永 麻理恵, 上村 直美, 横尾 朋和, 常木 郁之輔, 田村 正毅, 倉林 工, 磯部 真倫, 高木 偉博, 八幡 哲郎

    新潟産科婦人科学会会誌   111 ( 1 )   49 - 49   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に摘出した卵巣Sertoli-Leydig cell tumorの2症例

    磯部 真倫, 山口 真奈子, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   34 ( 3 )   517 - 517   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当科の過去9年間で治療した子宮頸癌I・II期の治療成績について

    西川 伸道, 吉原 弘祐, 島 英里, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   34 ( 3 )   435 - 435   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当院における卵巣癌に対するベバシズマブの使用状況 著効例の提示と今後の課題を踏まえて

    西野 幸治, 谷地田 希, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   34 ( 3 )   441 - 441   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 卵巣成熟奇形腫内の呼吸上皮の腸上皮化生から発生した粘液性癌の一例

    工藤 梨沙, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 谷地田 希, 島 英里, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   34 ( 3 )   526 - 526   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 肝細胞癌あるいは肝様癌との鑑別に苦慮した再発を繰り返す卵巣未分化癌の一例

    市川 希, 石黒 竜也, 西野 幸治, 工藤 梨沙, 島 英里, 茅原 誠, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   34 ( 3 )   525 - 525   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 子宮頸癌に対する広汎子宮全摘後の腸閉塞と術後補助放射線療法についての検討

    西野 幸治, 山口 真奈子, 杉野 健太郎, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 五日市 美奈, 磯部 真倫, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   68 ( 2 )   696 - 696   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡手術を通した医局員の交流

    磯部 真倫, 森 裕太郎, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉田 邦彦, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   82 - 82   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術中に皮下気腫を生じた一例

    浅野 堅策, 石田 真奈子, 山岸 葉子, 磯部 真倫

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   91 - 91   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 難症例に対する腹腔鏡下子宮全摘術 剥離層にこだわる

    磯部 真倫, 杉野 健太郎, 山口 真奈子, 森 裕太郎, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 五日市 美奈, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之, 南川 高廣

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   96 - 96   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟大学とその関連病院における腹腔鏡手術教育の現況(その2)

    磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   20 ( 7 )   OS64 - 1   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科における大型子宮に対する全腹腔鏡下子宮全摘術の検討

    南川 高廣, 杉野 健太郎, 山岸 葉子, 水野 泉, 安田 雅子, 遠間 浩, 安達 茂實, 磯部 真倫, 関根 正幸

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   81 - 81   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 循環式気腹装置エアシールシステムの使用経験

    古俣 大, 高柳 健史, 五十嵐 裕一, 磯部 真倫, 関根 正幸

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 2 )   81 - 81   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下骨盤内リンパ節郭清のピットフォールとその対策 当科における骨盤内リンパ節郭清とその立ち上げ

    藤原 和子, 磯部 真倫, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   20 ( 7 )   WS30 - 3   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科における未熟奇形腫の臨床的検討

    明石 英彦, 西川 伸道, 安達 聡介, 吉原 弘佑, 磯部 真倫, 西野 幸治, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   63回   94 - 94   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟大学における腹腔鏡手術教育の現況(その2) 関連病院全体での安全な腹腔鏡手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 藤原 和子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   63回   111 - 111   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と成績

    南川 高廣, 杉野 健太郎, 山岸 葉子, 水野 泉, 安田 雅子, 遠間 浩, 安達 茂實, 磯部 真倫, 関根 正幸

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 1 )   31 - 31   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟大学とその関連病院における腹腔鏡手術教育の現況 着任後1年間の指導状況の報告

    磯部 真倫, 戸田 紀夫, 井上 清香, 茅原 誠, 吉田 邦彦, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 山口 正幸, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 1 )   45 - 45   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • BMI40の高度肥満を合併するダグラス窩閉鎖子宮内膜症に腹腔鏡手術が有用であった一例

    西野 幸治, 磯部 真倫, 森 裕太郎, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 吉田 邦彦, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31 ( Suppl.I )   164 - 164   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • アンドロゲン不応症に対して腹腔鏡下に性腺を摘出した4例の検討

    茅原 誠, 森 裕太郎, 工藤 梨沙, 石黒 竜也, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31 ( Suppl.I )   183 - 183   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 新潟大学とその関連病院における腹腔鏡手術教育の現況 関連病院全体での安全な腹腔鏡手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 高木 偉博, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 藤原 和子, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31 ( Suppl.I )   207 - 207   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術への道のり 先進医療収載を受けて

    磯部 真倫, 森 裕太郎, 工藤 梨沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉田 邦彦, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 1 )   38 - 38   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 既往帝王切開症例に対するTLHにおける膀胱剥離について

    古俣 大, 磯部 真倫, 高柳 健史, 五十嵐 裕一

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31 ( Suppl.I )   223 - 223   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の成績 開腹手術との比較検討

    磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   31 ( Suppl.I )   247 - 247   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡補助下にDavydov法による造腟術を行ったMayer-Rokitansky-Kuester-Hauser症候群の四例

    西野 幸治, 井上 清香, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之, 山岸 葉子

    新潟産科婦人科学会会誌   110 ( 1 )   30 - 30   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 卵巣原発の横紋筋肉腫の1症例

    森 裕太郎, 西川 伸道, 工藤 理沙, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉田 邦彦, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   33 ( 3 )   546 - 546   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の成績 開腹手術との比較検討

    磯部 真倫, 茅原 誠, 石黒 竜也, 吉田 邦彦, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   33 ( 3 )   599 - 599   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の成績 開腹手術との比較検討

    磯部 真倫, 吉田 邦彦, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   67 ( 2 )   842 - 842   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠初期に発見された子宮頸癌に対して広汎子宮頸部摘出術を施行した3症例

    西川 伸道, 加嶋 克則, 茅原 誠, 石黒 竜也, 磯部 真倫, 生野 寿史, 西野 幸治, 山口 雅幸, 芹川 武大, 関根 正幸, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   67 ( 2 )   651 - 651   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 子宮体癌における卵巣転移のリスク因子に関する検討

    戸田 紀夫, 加嶋 克則, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌   67 ( 2 )   680 - 680   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 医局の全面的支援をうけた出張による腹腔鏡手術の教育 関連病院全体での安全な手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 安達 聡介, 榎本 隆之

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   643 - 643   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 動静脈瘻との鑑別が困難であった絨毛癌

    関塚 智之, 芹川 武大, 安達 聡介, 磯部 真倫, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   62回   73 - 73   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 後腹膜発育の子宮筋腫を有する子宮に対して全腹腔鏡下子宮全摘(TLH)をおこなった1症例

    山脇 芳, 磯部 真倫, 西川 伸道, 芹川 武大, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   109 ( 2 )   108 - 108   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 保険適応となった腹腔鏡下子宮体がん根治術 当院での施行状況の報告

    磯部 真倫, 安達 聡介, 関塚 智之, 君島 世理, 風間 絵里菜, 山岸 葉子, 茅原 誠, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    新潟産科婦人科学会会誌   109 ( 2 )   116 - 116   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    researchmap

  • 新潟県における腹腔鏡手術教育の現況 関連病院全体で安全な手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   62回   49 - 49   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下子宮体がん根治術 保険適応後の施行状況

    安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   62回   58 - 58   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術を施行した傍卵巣腫瘍の臨床的検討

    加嶋 克則, 山岸 葉子, 茅原 誠, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   223 - 223   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 医局の全面的支援をうけた積極的出張による腹腔鏡手術の教育 関連病院全体での安全な腹腔鏡手術の普及を目指して

    磯部 真倫, 山岸 葉子, 茅原 誠, 安達 聡介, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   128 - 128   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 小児腟原発ブドウ状肉腫の診断と治療に鏡視下手術が有用であった1例

    山岸 葉子, 須田 一暁, 茅原 誠, 安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   205 - 205   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 胎盤遺残に対し子宮動脈塞栓術後に子宮鏡下切除術を行い子宮温存が可能であった3例の検討

    茅原 誠, 関根 正幸, 山岸 葉子, 安達 聡介, 磯部 真倫, 生野 寿史, 西野 幸治, 山口 雅幸, 西川 伸道, 芹川 武大, 加嶋 克則, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   209 - 209   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • ドロスピレノン含有LEP製剤投与中にVTEを発症し、血栓治療のためTLHを施行した一例

    古俣 大, 磯部 真倫, 高柳 健史, 五十嵐 裕一, 藤木 信也, 渡辺 智

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   219 - 219   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 小柄な女性医師のための腹腔鏡下手術における工夫

    吉野 愛, 志岐 保彦, 香林 正樹, 田中 祐典, 久保田 哲, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   124 - 124   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 認知症を有する高齢者の巨大卵巣腫瘍に対して腹腔鏡下手術を施行した一例

    安達 聡介, 磯部 真倫, 関塚 智之, 芹川 武大, 榎本 隆之

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30 ( Suppl.I )   223 - 223   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 妊娠初期に発見された子宮頸癌に対して広汎子宮頸部摘出術を施行した2症例

    西川 伸道, 芹川 武大, 山脇 芳, 山岸 葉子, 横田 有紀, 茅原 誠, 安達 聡介, 磯部 真倫, 生野 寿史, 西野 幸治, 山口 雅幸, 関根 正幸, 加嶋 克則, 高桑 好一, 榎本 隆之

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1762 - 1762   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院における婦人科悪性腫瘍脳転移症例の臨床的検討

    山岸 葉子, 山脇 芳, 茅原 誠, 安達 聡介, 萬歳 千秋, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 芹川 武大, 関根 正幸, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1527 - 1527   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌における再発部位の検討

    安達 聡介, 磯部 真倫, 西野 幸治, 西川 伸道, 関根 正幸, 芹川 武大, 加嶋 克則, 榎本 隆之

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   32 ( 3 )   502 - 502   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 妊娠に合併した乳癌に対して妊娠中に化学療法を施行した1例

    吉野 愛, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   66 ( 2 )   243 - 243   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 筋腫核出術後の子宮穿孔部位に生じたPolypoid Endometriosisに類似した腫瘍を腹腔鏡下に摘出した1症例

    香山 晋輔, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   66 ( 2 )   489 - 489   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌患者に対して腹腔鏡下手術を行った2例

    香林 正樹, 吉野 愛, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   66 ( 2 )   634 - 634   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 早期子宮体癌に対する腹腔鏡下および開腹手術の比較とQOL

    吉野 愛, 志岐 保彦, 香山 晋輔, 磯部 真倫, 横山 拓平, 直居 裕和, 香林 正樹

    日本産科婦人科学会雑誌   66 ( 2 )   638 - 638   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科での初期子宮頸癌に対する腹腔鏡下手術および開腹手術との比較

    志岐 保彦, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科学会雑誌   66 ( 2 )   731 - 731   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 子宮筋腫核出術後の子宮穿孔部位から発生した巨大多房性腫瘤に対して腹腔鏡下に修復術を施行した1症例

    香山 晋輔, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   556 - 556   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌患者に対し、腹腔鏡下手術を施行した一症例

    香林 正樹, 吉野 愛, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2851 - 2851   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌に対する腹腔鏡下横隔膜ストリッピング

    志岐 保彦, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2440 - 2440   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 研修医や婦人科腫瘍医がTLHを習得するために何が必要か 当院におけるTLM未経験である2人のTLHより

    磯部 真倫, 吉野 愛, 香林 正樹, 田中 佑典, 直居 裕和, 横山 拓平, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   128 - 128   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当科での初期子宮頸癌に対する腹腔鏡下手術

    志岐 保彦, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   200 - 200   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌に対する腹腔鏡下横隔膜ストリッピング

    志岐 保彦, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   203 - 203   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮全摘術後の腟断端膿瘍に対する経腟的ドレナージ

    久保田 哲, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   131 - 131   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • Polypoid endometriosisに類似した多房性腫瘍を伴った子宮筋腫核出術後の自然子宮穿孔に対して腹腔鏡下に修復術を施行した1症例

    香山 晋輔, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   141 - 141   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 初期子宮体癌に対する腹腔鏡下および開腹手術の比較

    志岐 保彦, 吉野 愛, 香林 正樹, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   163 - 163   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌患者に対して腹腔鏡下手術を施行した2症例

    香林 正樹, 吉野 愛, 直居 裕和, 横山 拓平, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29 ( Suppl.I )   164 - 164   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌に対する腹腔鏡下横隔膜部分切除術

    志岐 保彦, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   31 ( 3 )   443 - 443   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 一期的に手術しえた急性腹症を伴った転移性卵巣癌の2症例

    磯部 真倫, 廣田 昌紀, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   31 ( 3 )   509 - 509   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 腹膜癌との鑑別に診断的腹腔鏡検査が有用であった結核性腹膜炎の1症例

    香山 晋輔, 中村 涼, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   31 ( 3 )   524 - 524   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • TLH施行に際しTLMの手術経験は必要か? 当院におけるTLM未経験である2人のTLHより

    磯部 真倫, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   135回   73 - 73   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • TLHにおける尿管、子宮動脈同定のコツ 膜、腔、層を意識した手術

    磯部 真倫, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   135回   73 - 73   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 子宮全摘術後の腟断端膿瘍に対する経腟的ドレナージ

    久保田 哲, 香林 正樹, 田中 佑典, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   65 ( 2 )   241 - 241   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 抗癌剤副作用の貧血に対する輸血時に輸血関連急性肺障害を発症した1例

    香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   65 ( 2 )   228 - 228   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 産褥期に左腎動脈瘤破裂を発症した1症例

    中村 涼, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   65 ( 2 )   232 - 232   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 産後出血に対する子宮動脈塞栓術後に発症した子宮壊死の1例

    田中 佑典, 香林 正樹, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   65 ( 2 )   234 - 234   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 腟内ガーゼパッキング法が出血性ショックを伴った頸管妊娠症例に対する止血法として有用であった1症例 血管造影によって得られた旧来の手法における新しい知見

    香山 晋輔, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   65 ( 2 )   558 - 558   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 診断に腹腔鏡検査が有用であった結核性腹膜炎の1症例

    中村 涼, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   723 - 723   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 全腹腔鏡下子宮摘出術後に発症した卵巣静脈血栓症の一例

    田中 佑典, 香林 正樹, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   560 - 560   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌に対する腹腔鏡下横隔膜部分切除術

    志岐 保彦, 金 よう国, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   722 - 722   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌に対して腹腔鏡を併用しcomplete surgeryを達成した1例

    久保田 哲, 香林 正樹, 田中 佑典, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   953 - 953   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • TRYセミナー前後におけるTLH(腹腔鏡下子宮全摘)の変化 腹腔鏡特訓セミナーが一個人の手術に与えた影響

    磯部 真倫, 福原 理恵, 篠倉 千早, 山田 卓博, 高橋 伸卓, 権丈 洋徳, 長瀬 瞳子, 藤原 和子

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   60回   82 - 82   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 第一回TRYセミナー(合宿形式の腹腔鏡特訓セミナー)の効果と今後の展開

    磯部 真倫, 福原 理恵, 篠倉 千早, 山田 卓博, 高橋 伸卓, 権丈 洋徳, 長瀬 瞳子, 藤原 和子

    北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   60回   82 - 82   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌において横隔膜病変に対して腹腔鏡を併用しcomplete surgeryを達成した1例

    久保田 哲, 香林 正樹, 田中 佑典, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 3 )   460 - 460   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 第一回TRYセミナー(合宿形式の腹腔鏡特訓セミナー)の効果と今後の展開

    磯部 真倫, 福原 理恵, 篠倉 千早, 高橋 伸卓, 山田 卓博, 権丈 洋徳, 長瀬 瞳子, 藤原 和子

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   175 - 175   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 妊娠初期の急性腹症に対して腹腔鏡を施行した5症例の検討

    磯部 真倫, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   129 - 129   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • TRYセミナー前後におけるTLHの変化 合宿形式の腹腔鏡特訓セミナーが一個人の手術に与えた影響

    磯部 真倫, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   152 - 152   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下単純子宮全摘出術後に発症した卵巣静脈血栓症の1例

    田中 佑典, 香林 正樹, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   156 - 156   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 進行卵巣癌において横隔膜病変に対して腹腔鏡を併用しcomplete cytoreductive surgeryを達成した1例

    久保田 哲, 香林 正樹, 田中 佑典, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   101 - 101   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 早期子宮体癌に対するextrafascial TLH

    志岐 保彦, 香林 正樹, 田中 佑典, 久保田 哲, 中村 涼, 磯部 真倫, 香山 晋輔

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   111 - 111   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下卵巣手術における抗生物質の予防投与の意義についての検討

    久保田 哲, 香林 正樹, 田中 佑典, 中村 涼, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28 ( 1 )   120 - 120   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮体部原発悪性リンパ腫の1例

    磯部 真倫, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 3 )   442 - 442   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • Pseudo-Meigs' syndromeとCA125の上昇を伴った卵巣甲状腺腫の1例

    細井 文子, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 3 )   444 - 444   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 子宮腺筋症が発生母地と考えられる子宮癌肉腫の一例

    田中 佑典, 久保田 哲, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 3 )   416 - 416   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍に合併した腸閉塞に対する減圧目的の胃瘻若しくは人工肛門造設に関する検討

    古谷 毅一郎, 磯部 真倫, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 中村 涼, 細井 文子, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 3 )   423 - 423   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 後腹膜および腹腔内に発育した異所性脾臓の1例

    古谷 毅一郎, 田中 佑典, 久保田 哲, 鶴房 聖子, 芝 博子, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 2 )   271 - 271   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 卵巣癌術後に多発脳梗塞を発症したTrousseau症候群の1症例

    中村 涼, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 2 )   287 - 287   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮体部原発悪性リンパ腫の1例

    久保田 哲, 芝 博子, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 2 )   289 - 289   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 腹腔鏡下単純子宮全摘出術後に発症した卵巣静脈血栓症の1例

    田中 佑典, 久保田 哲, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   64 ( 2 )   262 - 262   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 早期子宮体癌に対するextrafascial TLH

    志岐 保彦, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 久保田 哲, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    産婦人科の進歩   64 ( 2 )   264 - 264   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮腺筋症が発生母地と考えられる子宮癌肉腫の一例

    田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 2 )   430 - 430   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院における過去10年間の婦人科癌脳転移症例における検討

    中村 涼, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 芝 博子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 2 )   443 - 443   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 粘膜下子宮筋腫および子宮内膜ポリープに対するTCR術後の妊娠・分娩に関する検討

    志岐 保彦, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 2 )   472 - 472   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • Methotrexeteによる保存療法に成功した胎盤ポリープの3症例

    細井 文子, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 芝 博子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 2 )   865 - 865   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 卵巣チョコレート嚢腫に対する二孔式腹腔鏡手術でのMiniLapアリゲーター鉗子の使用経験

    田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   16 ( 7 )   630 - 630   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 準広汎〜広汎子宮全摘出術での膀胱子宮靱帯処理におけるhydrodissectionと子宮動脈尿管枝の温存

    志岐 保彦, 田中 祐典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本内視鏡外科学会雑誌   16 ( 7 )   631 - 631   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した妊娠初期の急性腹症に対して腹腔鏡が有用であった1症例

    磯部 真倫, 相馬 大人, 廣田 昌紀, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   63 ( 4 )   622 - 622   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮腺筋症が発生母地と考えられる子宮癌肉腫の1例

    田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   63 ( 4 )   609 - 609   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍に合併した腸閉塞に対する胃瘻または人工肛門造設に関する検討

    古谷 毅一郎, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   543 - 543   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 子宮腺筋症が発生母地と考えられる子宮癌肉腫の一例

    田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 三輪 秀明

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   623 - 623   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した妊娠初期の急性腹症に対して腹腔鏡が有用であった1症例

    磯部 真倫, 相馬 大人, 廣田 昌紀, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   183 - 183   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院での婦人科腹腔鏡手術におけるMiniLapアリゲーター鉗子の使用経験

    田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 中村 涼, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   81 - 81   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 当科における初期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の成績

    志岐 保彦, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   141 - 141   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 準広汎〜広汎子宮全摘出術での膀胱子宮靱帯処理におけるhydrodissectionの腹腔鏡下手術への応用と子宮動脈尿管枝を温存した手術

    志岐 保彦, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   145 - 145   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍の横隔膜転移を摘出した5症例 腹腔鏡手術と開腹手術の比較検討

    磯部 真倫, 金 よう国, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   146 - 146   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹膜原発表在性漿液性乳頭状腺癌(SSPC)を疑い腹腔鏡によるアプローチで診断を行った後、開腹術によるoptimal surgeryに至った1例

    志岐 保彦, 芝 博子, 田中 佑典, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   148 - 148   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • モノポーラーTCRによる粘膜下子宮筋腫核出術および子宮内膜ポリープ切除術における術後血中Na値の推移

    志岐 保彦, 田中 佑典, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 中村 涼, 細井 文子, 磯部 真倫

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   27 ( 1 )   163 - 163   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 放射線治療後に発症した、2次発癌と考えられる子宮体癌の2症例

    志岐 保彦, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   555 - 555   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍の横隔膜転移を摘出した5症例 腹腔鏡手術と開腹手術の比較検討

    磯部 真倫, 金 よう国, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   532 - 532   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 深部静脈血栓症および肺塞栓症を合併した巨大骨盤内腫瘍の5例

    芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   235 - 235   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 誘発分娩時に子宮破裂を起こした初産婦の1例

    細井 文子, 鶴房 聖子, 芝 博子, 古谷 毅一郎, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   247 - 247   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 横隔膜転移を有する卵巣癌に対するreduction surgeryにおいて下腹部正中切開のみで手術を行った1例 HALS(hand-assisted laparoscopic surgery)による転移性横隔膜腫瘍の摘出

    志岐 保彦, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   253 - 253   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 保存的治療で子宮温存し得た頸管妊娠の3例

    鶴房 聖子, 芝 博子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   262 - 262   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における単孔式手術の成績

    志岐 保彦, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁

    産婦人科の進歩   63 ( 2 )   267 - 267   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 産後2週間で急性腹症を発症し、卵巣癌/腹膜癌と診断した症例

    芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   63 ( 2 )   880 - 880   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 会陰裂傷縫合時における手袋穿刺に対する鋭針および鈍針使用の前向き検討

    志岐 保彦, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁

    日本産科婦人科学会雑誌   63 ( 2 )   574 - 574   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 帝王切開にて分娩となったFreeman-Sheldon症候群の一例

    古谷 毅一郎, 芝 博子, 鶴房 聖子, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   63 ( 2 )   637 - 637   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌に対し根治術前に腹壁皮膚・脂肪切除術を施行した2症例

    細井 文子, 磯部 真倫, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本産科婦人科学会雑誌   63 ( 2 )   831 - 831   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡で診断治療した子宮留膿腫穿孔による汎発性腹膜炎の1症例

    磯部 真倫, 廣田 昌紀, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本内視鏡外科学会雑誌   15 ( 7 )   441 - 441   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるTCRの成績および合併症

    志岐 保彦, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 磯部 真倫, 三宅 貴仁

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   26 ( 1 )   183 - 183   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡で診断治療した子宮留膿腫穿孔による汎発性腹膜炎の1症例

    磯部 真倫, 廣田 昌紀, 芝 博子, 鶴房 聖子, 古谷 毅一郎, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   26 ( 1 )   155 - 155   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 膵臓癌卵巣転移の2症例

    磯部 真倫, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   28 ( 3 )   357 - 357   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 当科での広汎子宮全摘術における血管処理の工夫

    三宅 貴仁, 大武 慧子, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科手術   ( 21 )   157 - 157   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 2度の手術施行で治癒したsecondary trophoblastic implantsの1症例

    磯部 真倫, 大武 慧子, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   62 ( 2 )   216 - 216   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 高度肥満の子宮体癌に対し根治術前に腹壁皮膚・脂肪切除術を施行した2症例

    細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人, 大崎 陽子, 三木 綾子

    産婦人科の進歩   62 ( 2 )   193 - 193   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における卵巣粘液性腺癌の検討

    三宅 貴仁, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   62 ( 2 )   700 - 700   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 婦人科癌末期における治療的腹水穿刺と予後の関係

    磯部 真倫, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   62 ( 2 )   438 - 438   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 子宮体癌に対する放射線治療の成績および手術療法との比較

    志岐 保彦, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   62 ( 2 )   685 - 685   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • P3-184 子宮体癌に対する放射線治療の成績および手術療法との比較(Group121 子宮体部悪性腫瘍9,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)

    志岐 保彦, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科學會雜誌   62 ( 2 )   685 - 685   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=445046

  • P3-227 当科における卵巣粘液性腺癌の検討(Group127 卵巣腫瘍12,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)

    三宅 貴仁, 細井 文子, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科學會雜誌   62 ( 2 )   700 - 700   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=445089

  • 腹腔鏡で診断した大網妊娠を伴った子宮内外同時妊娠の1症例

    磯部 真倫, 大武 慧子, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 ( 7 )   378 - 378   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 女性の骨盤内腫瘤に対して腹腔鏡下回盲部・回腸部分切除を施行しepidermoid cystと診断された症例

    細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 ( 7 )   585 - 585   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 婦人科癌末期における治療的腹水穿刺と予後の関係

    磯部 真倫, 大武 慧子, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 4 )   418 - 418   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍再発診断におけるPET-CTの意義

    磯部 真倫, 大武 慧子, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 4 )   433 - 433   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 初回卵巣癌手術で発見された胃転移の1症例

    大武 慧子, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 4 )   416 - 416   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 骨盤内腫瘤に対し腹腔鏡下回盲部・回腸部分切除を行いepidermoid cystと診断された1例

    志岐 保彦, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   25 ( 1 )   210 - 210   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮体癌に対する放射線治療の成績

    志岐 保彦, 細井 文子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 山嵜 正人

    日本癌治療学会誌   44 ( 2 )   960 - 960   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍における肝表面、横隔膜窩再発に対して腹腔鏡下摘出術を施行した2症例

    磯部 真倫, 金 よう国, 細井 文子, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   25 ( 1 )   91 - 91   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡手術の合併症からの検討

    岩宮 正, 細井 数子, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   25 ( 1 )   131 - 131   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮頸癌放射線治療約8年後に発症した子宮体癌の1例

    志岐 保彦, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   27 ( 3 )   315 - 315   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 子宮体癌に対する放射線治療の成績

    志岐 保彦, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   27 ( 3 )   316 - 316   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 広汎子宮全摘出術における尿管処理の工夫(ゼリー法)について

    小林 栄仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科手術   ( 20 )   160 - 160   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 当科における広汎子宮頸部摘出術に向けた尿管・子宮動脈へのアプローチ

    三宅 貴仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科手術   ( 20 )   160 - 160   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • 卵巣漿液性腺癌における癌抑制因子CRABP1の発現の検討

    三宅 貴仁, 松崎 慎哉, 上田 豊, 宮武 崇, 藤田 征巳, 榎本 隆之, 岩宮 正, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人, 木村 正

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   27 ( 3 )   292 - 292   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 婦人科癌末期における治療的腹水穿刺と予後の関係

    磯部 真倫, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   27 ( 3 )   301 - 301   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡手術におけるトレーニングボックスのピットフォール

    岩宮 正, 竹内 美子, 三宅 達也, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   188 - 188   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における卵巣粘液性腺癌の検討

    三宅 貴仁, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   200 - 200   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 分娩後大量出血に対する子宮摘出と子宮動脈塞栓術(UAE)の比較検討

    磯部 真倫, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   205 - 205   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における妊娠41週以降妊婦の自然分娩・誘発分娩の転帰

    三宅 達也, 竹内 美子, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   166 - 166   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における帝王切開術合併症の検討

    竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   170 - 170   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮外妊娠診断のアルゴリズムにおけるD&Cの検討

    磯部 真倫, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   183 - 183   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 骨盤内腫瘤を指摘された女性に対し腹腔鏡下に回盲部・回腸部分切除術を施行しepidermoid cystと診断された症例

    三宅 達也, 竹内 美子, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   185 - 185   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 腹腔鏡手術の合併症からの検討

    岩宮 正, 竹内 美子, 三宅 達也, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   187 - 187   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下手術の研修

    志岐 保彦, 竹内 美子, 三宅 達也, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   61 ( 2 )   188 - 188   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮外妊娠診断のアルゴリズムにおけるD&Cの検討

    磯部 真倫, 岩宮 正, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   61 ( 2 )   763 - 763   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当科における陣痛誘発・促進の適応と転帰

    志岐 保彦, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   61 ( 2 )   570 - 570   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 当院のプロトコールにて早期診断し得なかった子宮外妊娠の2症例

    磯部 真倫, 岩宮 正, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   436 - 436   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 卵巣癌のターミナルステージにおける悪性腸閉塞の管理について

    小林 栄仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   455 - 455   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 広汎子宮全摘における膀胱子宮靱帯前層処理(ゼリー法)

    小林 栄仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   429 - 429   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 肥満女性における婦人科手術(開腹術・腹腔鏡手術)の検討

    三宅 貴仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   425 - 425   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科における術中尿管損傷回避にむけたTLH術式の工夫とTAHでのトレーニング

    志岐 保彦, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   425 - 425   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 子宮動脈塞栓術後に切除しえた胎盤ポリープの1例

    小林 栄仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 志岐 保彦, 山嵜 正

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   426 - 426   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 進行・再発子宮癌における閉塞性尿路合併症に対する介入効果の後方視的検討

    志岐 保彦, 岩宮 正, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   428 - 428   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当科での広汎子宮頸部摘出術に向けた尿管・子宮動脈へのアプローチ

    三宅 貴仁, 岩宮 正, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   60 ( 4 )   429 - 429   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 進行・再発子宮癌における閉塞性尿路合併症に対する介入効果の後方視的検討

    志岐 保彦, 岩宮 正, 山縣 愛, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 小林 栄仁, 山嵜 正人

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   751 - 751   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当科における傍卵巣嚢腫8例の臨床的検討

    志岐 保彦, 岩宮 正, 山縣 愛, 磯部 真倫, 三宅 貴仁, 山嵜 正人

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   24 ( 1 )   189 - 189   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 子宮外妊娠治療に対する手術療法の検討

    岩宮 正, 山嵜 正人, 志岐 保彦, 小林 栄仁, 三宅 貴仁, 磯部 真倫, 山縣 愛

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   24 ( 1 )   71 - 71   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • CA125の上昇が基準値内にとどまった卵巣癌再発の2症例

    原 周一郎, 早坂 直, 磯部 真倫, 刑部 光正, 太田 剛, 関口 真紀, 小島原 敬信, 中原 健次, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 55 )   189 - 190   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 気虚水滞を呈す中高年肥満女性への防已黄耆湯の使用経験

    小田 隆晴, 羽根田 健, 磯部 真倫, 平山 寿雄, 小宮 雄一

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 55 )   77 - 77   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 子宮内膜症腹膜病変より発生した類内膜腺癌を伴った子宮内膜癌の1症例

    磯部 真倫, 太田 剛, 早坂 直, 関口 真紀, 小島原 敬信, 中原 健次, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 55 )   109 - 109   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 機能性間質を伴う粘液性卵巣腫瘍に合併した子宮体癌の1例

    磯部 真倫, 刑部 光正, 関口 真紀, 早坂 直, 小島原 敬信, 中原 健次, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 55 )   173 - 173   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 卵巣癌化学療法前後における細胞内シグナル伝達の変化とアポトーシス

    磯部 真倫, 高橋 俊文, 早坂 直, 中原 健次, 高橋 一広, 本山 悌一, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会雑誌   60 ( 2 )   564 - 564   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • ラロキシフェンは両側卵巣摘出術後の血管内皮機能障害を回復させる

    高橋 一広, 阿部 亜紀子, 高田 恵子, 関口 真紀, 早坂 直, 磯部 真倫, 逸見 典子, 中原 健次, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会雑誌   59 ( 2 )   737 - 737   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • CPT-11/CDDP療法が奏功した卵巣小細胞癌の一例

    磯部 真倫, 関口 真紀, 太田 剛, 大貫 毅, 岩間 英範, 刑部 光正, 川越 淳, 小島原 敬信, 中原 健次, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会雑誌   59 ( 2 )   599 - 599   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 化学療法の具体的なレジメン (特集 卵巣がん患者の治療をめぐって) -- (治療の実際(1)早期癌への対応は)

    中原 健次, 磯部 真倫, 倉智 博久

    臨床腫瘍プラクティス   3 ( 2 )   145 - 148   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヴァン・メディカル  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2007225374

  • 【ホルモン療法UP TO DATE】ピルの普及とOCガイドライン

    倉智 博久, 高橋 俊文, 磯部 真倫

    産婦人科治療   93 ( 4 )   409 - 415   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)永井書店  

    ピルは避妊薬として優れていることはもちろん、種々の副効用が認められ、また、副作用はきわめて低率で安全な薬剤である。「女性のQOL向上」という観点からも日本でもその普及が望まれる。本稿では、昨年末、新たに日本産科婦人科学会が設定した新たなガイドラインを解説する。要点は、「血圧測定」、「注意深い既往・家族暦の聴取」、「喫煙の有無」だけが要確認事項で、処方時の煩雑な検査は必要ないとされたことである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00534&link_issn=&doc_id=20061005170008&doc_link_id=%2Faf2sftye%2F2006%2F009304%2F008%2F0409-0415%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faf2sftye%2F2006%2F009304%2F008%2F0409-0415%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 肥満女性への防已黄耆湯と防風通聖散の使用経験

    小田 隆晴, 磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小宮 雄一

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 54 )   78 - 78   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 経口エストロゲン補充療法(ERT)から経皮ERTへの変更による血清脂質代謝効果に及ぼす影響

    羽根田 健, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    北海道産科婦人科学会会誌   50 ( 1 )   123 - 123   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道産科婦人科学会  

    researchmap

  • stageIVの粘液性境界悪性卵巣腫瘍の2例

    小林 栄仁, 久 毅, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   24 ( 3 )   337 - 337   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • Gauzeomaの一症例の経験より得られた手術用ガーゼカウントの新しい戦略

    磯部 真倫, 羽根田 健, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    北海道産科婦人科学会会誌   50 ( 1 )   118 - 118   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北海道産科婦人科学会  

    researchmap

  • 深部静脈血栓症を発症した巨大子宮筋腫の2症例

    志岐 保彦, 磯部 真倫, 久 毅, 小林 栄仁, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 2 )   297 - 297   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 当院における過去10年間の境界悪性卵巣腫瘍についての臨床病理学的検討

    小林 栄仁, 久 毅, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 2 )   307 - 307   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 術前に診断可能であった卵管癌の1症例

    磯部 真倫, 久 毅, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 2 )   290 - 290   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 大腸癌をフォロー中に急性腹症を発症し,摘除術によって短期予後の改善をみた転移性卵巣癌の1症例

    久 毅, 小林 栄仁, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   58 ( 2 )   290 - 290   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における治療抵抗性卵巣癌に対する,セカンドライン化学療法についての検討

    小林 栄仁, 久 毅, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   58 ( 2 )   432 - 432   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 妊娠,分娩例を含むatypical polypoid adenomyoma(APA)の3症例

    磯部 真倫, 久 毅, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   58 ( 2 )   460 - 460   2006年2月

  • 稽留流産に対するmisoprostolの効果および待機療法,手術療法との比較

    志岐 保彦, 久 毅, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   58 ( 2 )   695 - 695   2006年2月

  • 当院における子宮頸部円錐切除術の治療成績と合併症についての検討

    久 毅, 磯部 真倫, 小林 栄仁, 志岐 保彦, 中嶌 竜一, 山嵜 正人

    日本産科婦人科学会雑誌   58 ( 2 )   386 - 386   2006年2月

  • 経口エストロゲン補充療法(ERT)から経皮ERTへの変更による血清脂質代謝効果に及ぼす影響

    羽根田 健, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 53 )   90 - 90   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • Gauzeomaの一症例の経験より得られた手術用ガーゼカウントの新しい戦略

    磯部 真倫, 羽根田 健, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 53 )   87 - 87   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 治療抵抗性卵巣癌に対するセカンドライン化学療法についての検討

    小林 栄仁, 久 毅, 磯部 真倫, 志岐 保彦, 藤田 征巳, 山嵜 正人

    産婦人科の進歩   57 ( 4 )   467 - 467   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:「産婦人科の進歩」編集室  

    researchmap

  • 閉経後骨粗鬆症および骨量減少症女性に対するアレンドロネート投与の有用性の検討

    小宮 雄一, 磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小田 隆晴

    Clinical Calcium   15 ( 5 )   873 - 873   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    researchmap

  • 子宮動脈塞栓術を施行し妊孕能を温存し得た頸管妊娠の一例

    磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 52 )   59 - 59   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • Weekly TJ療法によるNACが奏功した子宮頸部腺癌の一例

    小宮 雄一, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   ( 52 )   69 - 69   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

  • 新しい手術用ガーゼカウントシステム採用によるガーゼ遺残防止の新しい戦略

    磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会雑誌   57 ( 2 )   778 - 778   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

    researchmap

  • 副作用の発生により経口エストロゲン補充療法(ERT)から経皮ERTへ変更した場合の血清脂質代謝効果に及ぼす影響の検討

    小宮 雄一, 磯部 真倫, 羽根田 健, 平山 寿雄, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会雑誌   57 ( 2 )   758 - 758   2005年2月

  • 粘液性状の検討により腟腺症を発生母地としたと考えられる腟粘液性腺癌の一例

    齋藤 真紀, 大道 正英, 小島原 敬信, 早坂 直, 中原 健次, 磯部 真倫, 本山 悌一, 倉智 博久

    日本産科婦人科学会雑誌   56 ( 2 )   600 - 600   2004年2月

  • 出生時から治療・管理し,正常な性成熟が得られ妊娠・出産に至った21-ヒドロキシラーゼ欠損症の一症例

    磯部 真倫, 大貫 毅, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会雑誌   56 ( 2 )   708 - 708   2004年2月

  • 経口及び経皮エストロゲン補充療法(ERT)における血清脂質の質の評価についての比較検討

    大貫 毅, 磯部 真倫, 木原 香織, 平山 寿雄, 小宮 雄一, 小田 隆晴

    日本産科婦人科学会雑誌   56 ( 2 )   717 - 717   2004年2月

  • 当科にて経験した子宮頸部小細胞癌2例の臨床的検討

    磯部 真倫, 逸見 典子, 齋藤 真紀, 早坂 直, 小島原 敬信, 中原 健次, 大道 正英, 倉智 博久, 本山 悌一

    日本産科婦人科学会東北連合地方部会報   ( 50 )   82 - 83   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本産科婦人科学会-東北連合地方部会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 学部授業におけるオンラインの活用について 招待

    磯部真倫

    順天堂大学医学部 学部授業におけるオンラインの活用に関する FD  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    researchmap

  • 臨床実習を練る会議2021

    磯部真倫

    第54回日本医学教育学会 シンポジウム1  2022年8月 

     詳細を見る

  • 外科教育の実践とキャリア

    磯部真倫

    第54回日本医学教育学会 特別シンポジウム2  2022年8月 

     詳細を見る

  • 大学病院産婦人科において診療参加型臨床実習を導入するための試みと課題 招待

    磯部真倫

    第33回医学教育指導者フォーラム  2022年7月 

     詳細を見る

  • ICT case study meeting for MIS education ~online Faculty development~

    磯部真倫

    第64回日本婦人科腫瘍学会 アジア若手セッション  2022年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • With コロナ時代の臨床実習の在り方 招待

    磯部真倫

    愛知医科大学FD  2022年7月 

     詳細を見る

  • オンライン教育の基本と実際 ~楽しく、学びにつながらオンライン教育を目指して~ 招待

    磯部真倫

    第79回九州連合産科婦人科学会 指導医講習会  2022年5月 

     詳細を見る

  • ICTを駆使した医学教育のTIPS ~リアルの代替ではない新しいオンライン教育の形~ 招待

    磯部 真倫

    大阪大学医学科FD  2022年3月 

     詳細を見る

  • デジタル活用した外科系遠隔教育の工夫 招待

    磯部真倫

    第13回地域医療全国シンポジウム  2022年2月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 指導医講習会 オンライン教育の基本と実際 ~楽しく,学びにつながるオンライン教育を目指して~ 招待

    磯部真倫

    第142回関東連合産科婦人科学会  2021年12月 

     詳細を見る

  • シンポジウム 地方において内視鏡外科医をどのように育成するか ~出張を中心とした新潟大学システム~

    磯部真倫, 榎本隆之

    第34回日本内視鏡外科学会  2021年12月 

     詳細を見る

  • シンポジウム 日本における婦人科腹腔鏡手術の地域間格差の現状

    磯部真倫, 榎本隆之

    第61回日本産科婦人科内視鏡学会  2021年11月 

     詳細を見る

  • 特別シンポジウム Facebook、LINE、Zoomを用いた遠隔腹腔鏡手術トレーニングの経験

    磯部真倫, 堀澤信, 榎本隆之

    第53回日本医学教育学会  2021年7月 

     詳細を見る

  • プレカンファレンスシンポジウム Clinical clerkship during COVID-19 in the Department of Obstetrics and Gynecology, Niigata University

    Masanori Isobe, Takayuki Enomoto, Hiroshi Nishigori

    第53回日本医学教育学会  2021年7月 

     詳細を見る

  • シンポジウム 臨床医から、臨床医の教育、そして医学教育学へ ~医学教育学を学ぶ産婦人科医として~

    磯部真倫, 榎本隆之, 錦織宏

    第53回日本医学教育学会  2021年7月 

     詳細を見る

  • 教育奨励賞受賞講演 「教育」を専門とした新潟大学での7年間の活動 ~腹腔鏡手術教育、卒前 教育、教育者の育成の取り組み(Faculty Development)を中心に~ 招待

    磯部真倫

    第73回日本産科婦人科学会  2021年4月 

     詳細を見る

  • 緊急特別企画 New normal 時代のオンライン外科教育

    磯部真倫, 榎本隆之

    第34回日本内視鏡外科学会  2021年3月 

     詳細を見る

  • 緊急特別企画 オンライン内視鏡外科教育実践の共有 ~オンライン教育コミュニティの構築~

    磯部真倫, 榎本隆之

    第34回日本内視鏡外科学会  2021年3月 

     詳細を見る

  • シンポジウム 地方における婦人科腹腔鏡手術教育の現状と課題

    磯部真倫, 榎本隆之

    第60回日本産科婦人科内視鏡学会  2020年12月 

     詳細を見る

  • 教育セッション 教育できる医師を育てる ~Faculty Developmentの可能性~

    磯部真倫, 榎本隆之

    第44回日本産婦人科手術学会  2020年11月 

     詳細を見る

  • シンポジウム 産婦人科領域における初期研修医教育、専攻医教育、サブスペシャリティ教育における現状と問題点

    磯部真倫, 榎本隆之, 錦織宏

    第52回日本医学教育学会  2020年7月 

     詳細を見る

  • シンポジウム ZOOMによる教育事例検討会:オンラインFaculty Development

    磯部真倫

    医学教育サイバー シンポジウム 「COVID-19時代」の医学教育、第4回:with Corona時代の医学教育  2020年7月 

     詳細を見る

  • NDB オープンデータから見た腹腔鏡手術の地域間格差とその対策

    磯部真倫, 榎本隆之

    第43回日本産婦人科手術学会  2020年2月 

     詳細を見る

  • シンポジウム NDBオープンデータから見た腹腔鏡手術の地域間格差とその対策

    磯部真倫, 榎本隆之

    第60回日本産科婦人科内視鏡学会  2019年12月 

     詳細を見る

  • 教育講演 医師の人材育成におけるメンターの有効性 ~砕身の腹腔鏡手術教育~ 招待

    磯部真倫, 榎本隆之

    第20回Needlescopic surgery meeting  2019年2月 

     詳細を見る

  • 特別企画 医師の人材育成におけるメンターの有効性

    磯部真倫, 榎本隆之

    第29回日本内視鏡外科学会  2016年12月 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション 大阪で技術認定医を取得し、現在、新潟で技術認定医を育てる中で見えるもの大阪で技術認定医を取得し、現在、新潟で技術認定医を育てる中で見えるもの

    磯部真倫, 石黒竜也, 安達聡介, 西野浩二, 西川伸道, 関根正幸

    第 55 回日本産科婦人科内視鏡学会  2015年9月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 令和2年度 教育奨励賞

    2021年4月   日本産科婦人科学会  

     詳細を見る

  • Enthusiastic Education Award

    2019年2月   第20回Needlescopic surgery meeting  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 子宮体がんにおける蛍光法を併用した腹腔鏡下センチネルリンパ節生検

    研究課題/領域番号:16K20179  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    磯部 真倫

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    3年間で計10例の蛍光法を用いた腹腔鏡下センチネルリンパ節を施行した。蛍光法ではインドシアニングリーンを用いた。ステージはすべて1A期疑いの子宮体癌に症例に施行した。両側の検出率は100%であった。術中迅速病理診断での陽性例もなかった。術後、永久病理診断でのリンパ節転移例はなく、陰性的中率は100%であった。蛍光法を用いた腹腔鏡下センチネルリンパ節生検は、十分に施行可能であった。今後も症例を拡大していく。また、国内の学会での発表を進めていく。子宮頸がんの蛍光法を用いた腹腔鏡下センチネルリンパ節生検も施行した。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 医学入門

    2022年1月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療行動学

    2022年1月
    -
    現在
    機関名:広島大学

     詳細を見る

  • 臨床実習入門

    2021年11月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床医学講義

    2021年9月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中講義(症候学)

    2021年1月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 早期医学体験実習

    2014年7月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臓器別講義ー生殖、発達系

    2014年5月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床実習Ⅰ

    2013年12月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床実習Ⅱ

    2013年12月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 産婦人科医として教育者として ~日々のやりがい~

    役割:講師

    新潟県  医学部を目指す高校生・予備校生へ 医学部教員が語る医学部志望者向け最新医療事情セミナー  2021年10月

     詳細を見る

  • 新潟大学医学部医学科Webオープンキャンパス 2021

    役割:講師

    産科婦人科のシミュレーション教育の実際  2021年8月

     詳細を見る

  • 新潟大学医学部医学科Webオープンキャンパス 2021

    役割:講師

    ブラックジャックになろう!オンライン糸結び実習  2021年8月

     詳細を見る

  • 私のキャリア

    役割:講師

    新潟県  医学生に武器を与えるセミナー ハーバードMGH×国内大学 医学教育の真髄  2021年4月

     詳細を見る

メディア報道

  • 新潟大学医歯学総合病院の臨床研修改革 ~よりよい研修、その先の研修医獲得を目指して~ 会誌・広報誌

    新潟大学医学部学士会  有壬だより  https://sksp.jp/niigata-u/yujin/upload/yujin-tayori/attach/0000001A/0104095559.pdf  2021年12月

     詳細を見る

  • 教育は自分の天命。「医学教育」の輪を広げる インターネットメディア

    株式会社GMJ  coFFee doctors  https://coffeedoctors.jp/news/3008/  2021年6月

     詳細を見る