2021/10/25 更新

写真a

アオヤギ ユウジン
青栁 裕仁
AOYAGI Yujin
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2005年3月   東京医科歯科大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体材料学

経歴(researchmap)

  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学   助教

    2014年4月 - 現在

 

論文

  • Effect of Modification with Helium Atmospheric-Pressure Plasma and Deep-Ultraviolet Light on Adhesive Shear Strength of Fiber-Reinforced Poly(ether-ether-ketone) Polymer 査読

    Seigo Okawa, Norimasa Taka, Yujin Aoyagi

    JOURNAL OF FUNCTIONAL BIOMATERIALS   11 ( 2 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    We investigated the effect of helium atmospheric-pressure plasma (PL) and deep-ultraviolet (UV) light treatments on the adhesive properties of fiber-reinforced poly(ether-ether-ketone) polymer (PEEK). PEEK disks reinforced with carbon (CPEEK) or glass (GPEEK) fibers were polished, modified with PL and UV for 60 s, and the surface energy was calculated by measuring the contact angles. The disk surfaces were analyzed by X-ray photoemission spectroscopy. Shear bond strength testing was performed using a universal testing machine, and the fracture surfaces were observed by electron probe microanalyzer. Data were analyzed with one and two-way ANOVA and Tukey's post-hoc test (p< 0.05). The surface energies were increased by the modifications, which created OH functional groups on the surfaces. The bond strengths of CPEEK were increased by PL, and those of GPEEK were increased by PL and UV, owing to chemical bonding at the interface.

    DOI: 10.3390/jfb11020027

    Web of Science

    researchmap

  • Biological reaction control using topography regulation of nanostructured titanium 査読

    Mayuko Shiozawa, Haruka Takeuchi, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Yujin Aoyagi, Masako Nagasawa, Hiroyuki Kuwae, Kenji Izumi, Katsumi Uoshima, Jun Mizuno

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    The micro- and nanosize surface topography of dental implants has been shown to affect the growth of surrounding cells. In this study, standardized and controlled periodic nanopatterns were fabricated with nanosized surface roughness on titanium substrates, and their influence on bone marrow stromal cells investigated. Cell proliferation assays revealed that the bare substrate with a 1.7 nm surface roughness has lower hydrophilicity but higher proliferation ability than that with a 0.6 nm surface roughness. Further, with the latter substrate, directional cell growth was observed for line and groove patterns with a width of 100 nm and a height of 50 or 100 nm, but not for those with a height of 10 or 25 nm. With the smooth substrate, time-lapse microscopic analyses showed that more than 80% of the bone marrow cells on the line and groove pattern with a height of 100 nm grew and divided along the lines. As the nanosized grain structure controls the cell proliferation rate and the nanosized line and groove structure (50-100 nm) controls cell migration, division, and growth orientation, these standardized nanosized titanium structures can be used to elucidate the mechanisms by which surface topography regulates tissue responses to biomaterials.

    DOI: 10.1038/s41598-020-59395-4

    Web of Science

    researchmap

  • Response to Letter to the Editor: Concerns on modeling postmenopausal osteoporosis in young female rats 査読

    Juan Marcelo Rosales Rocabado, Masaru Kaku, Kosuke Nozaki, Takako Ida, Megumi Kitami, Yujin Aoyagi, Katsumi Uoshima

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH   14 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BMC  

    DOI: 10.1186/s13018-019-1485-2

    Web of Science

    researchmap

  • A multi-factorial analysis of bone morphology and fracture strength of rat femur in response to ovariectomy 査読

    Juan Marcelo Rosales Rocabado, Masaru Kaku, Kosuke Nozaki, Takako Ida, Megumi Kitami, Yujin Aoyagi, Katsumi Uoshima

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH   13   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC  

    BackgroundPostmenopausal osteoporosis develops due to a deficiency of estrogen that causes a decrease in bone mass and changes in the macro- and micro-architectural structure of the bone, leading to the loss of mechanical strength and an increased risk of fracture. Although the assessment of bone mineral density (BMD) has been widely used as a gold standard for diagnostic screening of bone fracture risks, it accounts for only a part of the variation in bone fragility; thus, it is necessary to consider other determinants of bone strength. Therefore, we aimed to comprehensively evaluate the architectural changes of the bone that influence bone fracture strength, together with the different sensitivities of cortical and trabecular bone in response to ovariectomy (OVX).MethodsBone morphology parameters were separately analyzed both in cortical and in trabecular bones, at distal-metaphysis, and mid-diaphysis of OVX rat femurs. Three-point bending test was performed at mid-diaphysis of the femurs. Correlation of OVX-induced changes of morphological parameters with breaking force was analyzed using Pearson's correlation coefficient.ResultsOVX resulted in a decline in the bone volume of distal-metaphysis trabecular bone, but an increase in distal-metaphysis and mid-diaphysis cortical bone volume. Tissue mineral density (TMD) remained unchanged in both the trabecular and cortical bone of the distal metaphysis but decreased in cortical bone of the mid-diaphysis. The OVX significantly increased the breaking force at mid-diaphysis of the femurs.ConclusionsOVX decreased the trabecular bone volume of the distal-metaphysis and increased the cortical bone volume of the distal-metaphysis and mid-diaphysis. Despite the reduction in TMD and increased cortical porosity, bone fracture strength increased in the mid-diaphysis after OVX. These results indicate that analyzing a single factor, i.e., BMD, is not sufficient to predict the absolute fracture risk of the bone, as OVX-induced bone response vary, depending on the bone type and location. Our results strongly support the necessity of analyzing bone micro-architecture and site specificity to clarify the true etiology of osteoporosis in a clinical setting.

    DOI: 10.1186/s13018-018-1018-4

    Web of Science

    researchmap

  • 訪問診療用トレーに関する比較検討

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 赤坂 徹, 高橋 英和, 宮城 敦, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   18 ( 1 )   47 - 50   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 家庭用口腔ケアに応用できる訪問診療用小型軽量吸引装置の試作

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 赤坂 徹, 宮城 敦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   17 ( 1 )   33 - 36   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    著者等は以前、サイクロン方式による訪問診療用小型軽量吸引装置を開発したことを報告した。この装置の特徴は、構造が単純で、かつ既製品で構成されており、総重量が約1kgと軽いことである。しかし、使用条件を訪問診療に限定したことと、軽量化を目的として開発を行ったため、動力源を内蔵しておらず、また、使用時に口腔内細菌を排気口から大気中に拡散させてしまう恐れがあるなど、汎用化するには問題となる点があった。そこで今回、動力源とフィルターを内蔵させ、「サイクロン部」「集塵部」「フィルター部」「動力部」から成る訪問診療用小型軽量吸引装置を開発した。動力部には、市販のハンドクリーナーに使用されているモーターを利用し、無段階調節器を有する制御回路を組み込んだ。装置カバー(1kg)を含めた装置総重量は2.7kgであり、訪問診療用としてだけでなく家庭用の吸引装置としても使用可能と考えられた。

    researchmap

  • Chemical properties of 1,3-bis(3-methacryloxypropyl)-1,1,3,3-tetramethyldisiloxane - methyl methacrylate copolymer 査読

    Yujin Aoyagi, Kozo Umemoto, Shigeaki Kurata

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   31 ( 2 )   215 - 218   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    This study evaluated the chemical properties such as water sorption, water solubility and solvent resistance of a new resin material consisting of 1,3-bis(3-methacryloxypropyl)-1,1,3,3-tetramethyldisiloxane (BMPMS) and methyl methacrylate (MMA). Water sorption was evaluated by immersing the specimens in water at 37 +/- 1 degrees C for 1 week, water solubility was evaluated by keeping the specimens in a desiccator under dry conditions at 37 +/- 1 degrees C until the weight became constant, and solvent resistance was evaluated by immersing the specimens in acetone for 1 week and measuring the dissolved weight of acetone volatilized from those liquids. The water sorption and solvent resistance of the new resin were improved with increasing amount of BMPMS, whereas the water solubility remained the same value and did not depend on the amount of BMPMS.

    DOI: 10.4012/dmj.2009-121

    Web of Science

    researchmap

  • 不慮の転帰となった色素性乾皮症(xeroderma pigmentosum:XP)患者の歯科治療経験

    赤坂 徹, 青柳 裕仁, 時安 喜彦, 村井 朋代, 宮城 敦

    障害者歯科   33 ( 1 )   47 - 55   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    色素性乾皮症(XP)は本来、紫外線によって生じるDNA損傷を修復する生体に備わっているべきシステムが遺伝的異常により機能しないことで、紫外線下での高度な日焼け症状や皮膚癌などの特徴的な皮膚症状を呈する疾患である。加えて、精神遅滞、運動障害などの進行性の神経症状を併発する症例が高頻度に認められる。今回、われわれはXP患者の摂食指導と歯科治療を経験したが、歯科治療後に患者の容体が急変し、死亡することを経験した。これらの経験を通じてXP患者の歯科領域にかかわる特性や対応する医療者が配慮すべき事項についていくつかの知見を得た。とりわけ思春期前後のXP患者では嚥下機能が急激に悪化し、重篤な状態にいたる可能性が高く、本症例の患者の死亡の原因としても嚥下機能の障害がかかわっている可能性が高いと考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 頬側拡大を左右側それぞれで行うことができるフリーサイズ型上顎印象用トレーの開発

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   15 ( 1 )   28 - 30   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    著者等は前報で、市販の印象採得用トレーを改良することにより院内で容易に作製でき、かつ安価にできるフリーサイズの上顎印象用トレーについて報告した。このトレーはSタイプからLタイプまでの範囲調節が可能であり、院内もしくは家庭内にある道具で作製することができる。しかし口蓋側の櫛型形態のため、咽頭方向への拡大は可能であるが頬側への拡大は難しく、左右側を個別に調整することは不可能であった。そこで今回、このフリーサイズ型上顎印象用トレーを基に、頬側方向への拡大を左右側それぞれ個別に調整でき、より簡便な構造としつつ口蓋部の補強を考慮したトレーを開発し、有用性が認められたので報告した。

    researchmap

  • 下顎印象用トレーのフリーサイズ化への試み

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   15 ( 1 )   31 - 32   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    著者等はこれまでに、市販の上顎印象採得用トレーを改良し、SタイプからLタイプまでの範囲調節が行え、かつ左右側が独立して調節できるリンク式構造を持ったフリーサイズ型上顎印象用トレーを開発した。今回、本トレーを基に、左右側の拡大が咽頭側および頬側へ個別に調整できるフリーサイズ型下顎印象用トレーを開発し、有用性が認められたので報告した。

    researchmap

  • 訪問診療用小型軽量吸引集塵装置の試作

    高橋 英和, 青柳 裕仁, 岩崎 直彦

    日本医用歯科機器学会誌   12 ( 2 )   52 - 55   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    簡易で軽量な訪問診療用吸引集塵装置としてサイクロン方式を応用し、排気装置に家庭用の掃除機を利用した装置を考案した。簡易軽量訪問診療用吸引集塵装置の製作方法とその有用性について報告した。連続的に多量の懸濁液を吸引した場合以外ではアウトレットノズル内への水分の明らかな吸引は認めなかった。粉塵回収率を懸濁水溶液の吸引重量と回収重量で比較して評価すると、集塵回収率とその標準偏差は集塵部で吸引量の99.4±1.3%が回収され、シリカゲルで0.5±0.1%(0.51±O.07g)が除湿された。集塵部の水溶液を回収せずに40秒間の吸引のみを行ったところ、シリカゲルは平均0.36±0.04gの重量増加を観察した。吸引集塵装置は軽量で集塵除去効果が十分で、訪問診療等で有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 最近のデュアルキュア型支台築造用コンポジットレジンの諸性質

    高橋 英和, 岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 金 景月, 砺波 健一, マンスワン・アクソヌキット

    歯科材料・器械   23 ( 4 )   287 - 293   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    従来型の支台築造用コンポジットレジンの特性についてはいくつかの報告があるが,新しい支台築造用材料の特徴がどのようなものであるかは十分に明らかではない.そこで,これらの製品の特徴を明らかにするために曲げ特性,被削性,X線不透過性,フィラー含有量などを検討し,従来のデュアルキュア製品との比較を行った.デュアルキュア型支台築造用コンポジットレジン4製品を用いた.曲げ特性は重合方法によって異なり,3製品では化学重合のみでは光重合での値に達しなかったが,1製品では化学重合のみで十分に硬化した.曲げ強さはいずれの製品も象牙質に劣るが,曲げ弾性係数は3製品が象牙質に近似した.被削性とX線不透過性はいずれも象牙質よりも大きかった.走査電子顕微鏡観察では形状と粒径の異なるフィラーから構成され,バリウムもしくはストロンチウムを含有し,これらの元素によりX線不透過性が付与されていると考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2004&ichushi_jid=J00565&link_issn=&doc_id=20040803170008&doc_link_id=10.18939%2Fjjdm.23.4_287&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18939%2Fjjdm.23.4_287&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Bis-GMA系レジンを用いたコンポジットレジンにおける被削性に及ぼすフィラー形状及びフィラー含有量の影響

    岩崎 直彦, 高橋 英和, 青柳 裕仁, 金 景月, 砺波 健一, 西村 文夫

    歯科材料・器械   22 ( 3 )   194 - 200   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    ベースレジンにBis-GMA系レジンを用い,平均粒径0.2μmと4.3μmの球状フィラー,平均粒径6.6μmの不定型ハイブリッドタイプフィラーを加えて,含有量を50,80mass%とした6種類のコンポジットレジンを試作し,フィラー形状とフィラー含有量が被削性に及ぼす影響を検討した.球状フィラーを用いたコンポジットレジンの研削量は不定形フィラーの場合より大きかった.大きな球状フィラーは小さな球状フィラーより大きな研削量を示した.研削量はフィラー含有量が多いほど大きくなった

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J00565&link_issn=&doc_id=20030512020003&doc_link_id=10.18939%2Fjjdm.22.3_194&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18939%2Fjjdm.22.3_194&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

▶ 全件表示

MISC

  • ジルコニアへの新規表面処理による接着強さへの影響

    木村 龍弥, 三井田 慶斗, 高 昇将, 青柳 裕仁, 大川 成剛

    日本歯科理工学会誌   39 ( Special Issue75 )   2 - 2   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 歯科金属アレルギーによる乾癬発症の可能性探索

    高岡 由梨那, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 青柳 裕仁, 竹内 陽香, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   83 - 84   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 紫外線光重合開始剤を含むMMAにより前処理したPEEKの接着強さ

    大川 成剛, 木村 龍弥, 高 昇将, 青柳 裕仁, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   38 ( Special Issue74 )   69 - 69   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 本学歯学部学生の歯冠修復学実習における支台歯形成自己評価能力について

    長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 秋葉 陽介, 加来 賢, 青柳 裕仁, Rosales Rocabado J.M., 江口 香里, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   38回   94 - 94   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 化学修飾によるPEEK表面の改質とその接着特性

    大川 成剛, 高 昇将, 木村 龍弥, 青柳 裕仁, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   38 ( Special Issue73 )   75 - 75   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • SiC繊維に対するシラン処理がSiC繊維強化型レジンの曲げ強さに及ぼす影響

    高 昇将, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   48 ( 2 )   122 - 123   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 表面改質した繊維強化PEEKの接着特性

    大川 成剛, 高 昇将, 木村 龍弥, 青柳 裕仁, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   37 ( Special Issue72 )   85 - 85   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 能動的学習法を用いた新たな冠ブリッジ実習プログラム

    長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 秋葉 陽介, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37回   83 - 83   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 大気プラズマ処理したPEEKの接着特性

    大川 成剛, 高 昇将, 青柳 裕仁, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   37 ( Special Issue71 )   32 - 32   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • SiC繊維 アクリル複合体の機械的強度

    青柳 裕仁, 高 昇将, 木村 龍弥, 大川 成剛

    日本歯科理工学会誌   36 ( 5 )   321 - 321   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 放射光蛍光X線分析による口腔扁平苔癬組織中の歯科用合金由来成分の検出

    宇尾 基弘, 和田 敬広, 青柳 裕仁, 秋葉 陽介

    日本歯科理工学会誌   36 ( 5 )   408 - 408   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • SiC繊維強化型コンポジットレジンの機械的性質

    高 昇将, 青柳 裕仁, 木村 龍弥, 大川 成剛

    日本歯科理工学会誌   36 ( 5 )   320 - 320   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 紫外線によって表面改質したPEEKの接着特性について

    大川 成剛, 高 昇将, 青柳 裕仁, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   36 ( 5 )   326 - 326   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • ナノフィラーを用いた新規歯冠用硬質レジンの着色性

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   218 - 218   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの色調安定性

    石田 光, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 2 )   E65 - E65   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの物性 フィラー形状と強度

    青柳 裕仁, 石田 光, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 2 )   E64 - E64   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 訪問診療用トレーに関する比較検討

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 赤坂 徹, 高橋 英和, 宮城 敦, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   17 ( 2 )   30 - 30   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 歯科用CTファントムの開発

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 楳本 貢三, 鈴木 哲也

    日本歯科産業学会誌   26 ( 1 )   62 - 62   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科産業学会  

    researchmap

  • 放射線照射が歯冠修復用硬質レジンおよびレジンセメントの物性におよぼす影響

    青柳 裕仁, 吉田 みどり, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本歯科理工学会誌   31 ( 2 )   167 - 167   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 歯科用CT用口腔内皮質骨骨密度測定ファントムの開発

    青柳 裕仁, 吉田 みどり, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本歯科理工学会誌   31 ( 2 )   129 - 129   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 放射線照射がコンポジットレジンの物性におよぼす影響

    青柳 裕仁, 吉田 みどり, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本歯科理工学会誌   30 ( 5 )   341 - 341   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 家庭用口腔ケアに応用できる訪問診療用小型軽量吸引装置の試作

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 赤坂 徹, 宮城 敦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   16 ( 2 )   30 - 30   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 1軸ロボットを応用した摩耗試験機の試作

    高橋 英和, 岩崎 直彦, Koottathape Natthavoot, 青柳 裕仁, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   16 ( 1 )   34 - 35   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    1軸ロボット2個を用い、50Nの負荷に耐えられる摩耗試験機を製作し、試験機の概要について報告した。試作した摩耗試験機を用いることで負荷荷重を50Nとする摩耗試験を行うことが可能であった。1軸ロボット二つを用いて作製した摩耗試験機で、今までと異なる荷重方法で負荷した摩耗試験を行ったところ、コンポジットレジンの摩耗条痕が観察でき、歯科材料の耐摩耗性の評価に使用可能であることが判明した。

    researchmap

  • 新規義歯床用レジンの開発 粉末および液の組成の違いによる餅状化時間への影響

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    日本歯科理工学会誌   29 ( 5 )   422 - 422   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 1軸ロボットを応用した摩耗試験機の試作

    高橋 英和, 岩崎 直彦, Koottathape Natthavoot, 青柳 裕仁, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   15 ( 2 )   26 - 26   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 新規義歯床用レジンの開発 懸濁重合による粉末の調製

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    日本歯科理工学会誌   29 ( 2 )   190 - 190   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 左右独立型フリーサイズ型上顎印象用トレーの開発

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   14 ( 3 )   27 - 27   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 新規義歯床用レジンの開発 曲げ強度による評価

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   322 - 322   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 下顎印象用トレーのフリーサイズ化への試み

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   14 ( 3 )   28 - 28   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 上顎印象用トレーのフリーサイズ化への試み

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   14 ( 2 )   55 - 57   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    従来から用いられている市販の印象採得用トレーをもとに、院内にて容易に作製でき、かつ、安価にできるフリーサイズの上顎印象用トレーの開発を行った。有歯顎の上顎模型を用い、印象精度の測定を行った。模型の印象を既製のLサイズ上顎用トレーおよび開発したトレーにてアルジネート印象を行い、印象採得後、直ちに硬質石膏を注入して模型を複製した。トレーのフリーサイズ化に成功し、喉咽頭方向への拡大も行えた。しかし、左右の歯列弓の大きさの違いへの個別対応は可能であるが、トレーの口蓋部を凹凸状になるように分割を行ったため個別対応に一部制限が生じた。2通りの測定を行ったが、既製トレーとフリーサイズ型上顎印象用トレーとの間に有意差は認めなかった。院内にて短時間で容易に作製でき、2500円という安価にてフリーサイズの上顎印象用トレーを作製できた。

    researchmap

  • 二官能性シロキサンオリゴマー MMA共重合体を応用した新規レジンの熱的性質について

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    歯科材料・器械   28 ( 2 )   68 - 68   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 上顎印象用トレーのフリーサイズ化への試み

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    日本医用歯科機器学会誌   14 ( 1 )   18 - 18   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 二官能性シロキサンオリゴマー MMA共重合体を応用した新規レジンの動的粘弾性について

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    歯科材料・器械   27 ( 5 )   424 - 424   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 二官能性シロキサンオリゴマー MMA共重合体を応用した新規レジンの耐溶剤性について

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    歯科材料・器械   27 ( 5 )   367 - 367   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 2種類の計測システムによるマウスガードによる衝撃強さの違い

    レザ・ファザル, 高橋 英和, 青柳 裕仁, 中禮 宏, 上野 俊明

    日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集   19回   42 - 42   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本スポーツ歯科医学会  

    researchmap

  • 試作コンポジットレジンにおける各種造影材の効果について

    青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和, 楳本 貢三

    歯科材料・器械   27 ( 2 )   152 - 152   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 二官能性シロキサンオリゴマー MMA共重合体を応用した新規レジンの物性について

    青柳 裕仁, 楳本 貢三, 倉田 茂昭

    歯科材料・器械   27 ( 2 )   217 - 217   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 訪問診療用吸引集塵装置の開発

    岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 高橋 英和

    日本歯科評論   66 ( 12 )   155 - 158   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    researchmap

  • 訪問診療用小型軽量吸引装置の試作

    高橋 英和, 青柳 裕仁, 岩崎 直彦

    日本医用歯科機器学会誌   12 ( 1 )   20 - 20   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医用歯科機器学会  

    researchmap

  • 歯科用セラミックスの繰返し疲労と静疲労

    高橋 英和, 金 景月, 加来 賢, 中里 孝宏, 北崎 祐之, 岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 三浦 宏之, 黒崎 紀正

    歯界展望   特別号 ( 健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004- )   316 - 316   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 歯科用セラミックスの繰返し疲労と静疲労

    高橋 英和, 金 景月, 加来 賢, 中里 孝宏, 北崎 祐之, 岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 三浦 宏之, 黒崎 紀正

    日本歯科医師会雑誌   57 ( 4 )   422 - 422   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 試作コンポジットレジンにおけるX線不透過性に関する研究(第3報) ストロンチウム及びジルコニウムの効果

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 岩崎 直彦, 金 景月, 馬場園 健一

    歯科材料・器械   23 ( 2 )   84 - 84   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 試作コンポジットレジンにおけるX線不透過性に関する研究(第二報) 半価層の厚さについて

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 岩崎 直彦, 金 景月, 馬場園 健一, 倉林 亨

    口腔病学会雑誌   71 ( 1 )   49 - 49   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:口腔病学会  

    researchmap

  • 市販ファイバーポストの加速度劣化試験における曲げ特性

    岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 金 景月, 馬場園 健一, 高橋 英和

    歯科材料・器械   23 ( 2 )   103 - 103   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 歯科用セラミックスの曲げ強さに及ぼす試験方法の影響

    金 景月, 高橋 英和, 岩崎 直彦, 青柳 裕仁, 馬場園 健一

    歯科材料・器械   23 ( 2 )   101 - 101   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • IPS Empress 2の1年間精製水中浸漬後における繰返し疲労強度

    金 景月, 青柳 裕仁, 高橋 英和, 岩崎 直彦

    歯科材料・器械   22 ( 5 )   361 - 361   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 試作コンポジットレジンにおけるX線不透過性に関する研究

    青柳 裕仁, 金 景月, 高橋 英和, 岩崎 直彦, 馬場園 健一

    歯科材料・器械   22 ( 5 )   423 - 423   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • ウレタンジメタクリレート/酸性モノマーから構成されるレジンの疲労強度(その2) 酸性モノマーの効果

    岩崎 直彦, 高橋 英和, 田仲 持郎, 青柳 裕仁, 金 景月, 鈴木 一臣

    歯科材料・器械   22 ( 5 )   419 - 419   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 最近のセラミックスの曲げ強さについて

    金 景月, 青柳 裕仁, 岩崎 直彦, 高橋 英和

    歯科材料・器械   22 ( 2 )   154 - 154   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科理工学会  

    researchmap

  • 熱圧入セラミックスEmpress 2の静疲労と繰り返し疲労

    金 景月, 青柳 裕仁, 馬場園 健一, 岩崎 直彦, 高橋 英和

    口腔病学会雑誌   70 ( 1 )   59 - 60   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:口腔病学会  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • SiC繊維強化型歯科用高分子複合材料の開発

    研究課題/領域番号:17K11777  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    青柳 裕仁, 大川 成剛

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    高靭性および高耐久性を歯科用高分子材料に付与するため、SiC繊維との複合材を創製した。
    臨床応用を目指し、昨年度の研究成果を元に、γ-MPTSを用いた適切なシランカップリング処理法(1 mass%γ-MPTSシランカップリング処理剤を用いた風乾法)で作製した試作SiC繊維強化型コンポジットレジンをコントロールとし、市販シランカップリング処理剤を用いて作製した試作SiC繊維強化型コンポジットレジンの機械的強度を比較した。実験に供するベースレジンとして、主成分がウレタンジメタクリレート(UDMA)、および希釈剤としてトリエチレングリコールジメタリレート(TEGDMA)を用い(UDMA : TEGDMA = 70 mass% : 30 mass%)、光増感剤としてカンファーキノン、重合促進剤としてN,N-ジメチルアミノエチルメタクリレートを添加した光重合型ベースレジンを調製した。評価にはシランカップリング処理後のSiC繊維表面へのFTIR分析、ISO4049に準拠した試作SiC繊維強化型コンポジットレジンへの3点曲げ試験およびSEMによる破断様相の観察を用いた。本実験より、メーカ指示に従って市販シランカップリング処理剤を用いる方法は、風乾法による最適なシランカップリング処理法に劣らない効果が得られることが判明した。
    最後に、市販床用アクリルレジンを用いたSiC繊維-アクリル複合体の作製および評価を行った。本実験では、ISO20795-1に準拠し、SiC繊維を単方向に並べたシートおよび繻子織SiC繊維シートを埋入した試験片に対し、シランカップリング処理の有無による評価を行い、シランカップリング処理を行うことにより高い曲げ強度を得られることが判明した。

    researchmap

  • 無機有機融合体による機能的歯科材料の創製とその表面特性

    研究課題/領域番号:17K11776  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大川 成剛, 青柳 裕仁, 金谷 貢

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)と炭素繊維,ガラス繊維およびリン酸カルシウム(CAP)との融合体を次世代型生体材料として創製することを目的としている.融合体の製作方法としては3Dプリンターまたは溶融法を採用した.炭素繊維またはガラス繊維とPEEK との融合体は,3Dプリンターによって製作した.また,CAPとPEEKの融合体の製作には溶融法を採用した.溶融法ではPEEK融合体へのCAPの均一分散が課題であり,CAPの粒子径およびPEEK粒子への紫外線照射を検討した.つぎに,このようにして創製した無機有機融合体の接着特性を検討した.接着材としては,PEEKに対して浸透性が優れるMMA系接着剤を用いた.また,融合体の表面改質として,172 nm紫外線(UV)照射,大気圧プラズマ処理およびヒドリド化合物による還元処理をおこなった.表面改質後の接触角を測定した結果,いずれの表面処理においても非改質の場合よりも接触角が小さく,よりぬれ易い表面性状であることが分かった.XPSによる表面分析によると,いずれの表面改質においてもPEEKに由来する結合エネルギのピークのほかに新たなピークが検出された.このピークをさらに詳細に検討するために,XPS化学修飾法により,改質後に生成する官能基を決定した.その結果,大気圧プラズマ処理およびヒドリド化合物による還元処理では,水酸基が生成することが分かった.つまり,PEEKのカルボニル基の還元が推察された.UV処理では水酸基の他にカルボキシル基の生成も確認された.接着強さは,大気圧プラズマ処理では13.8±3.0,UV処理では12.5±2.6,ヒドリド化合物による還元処理では10.3±1.9 MPaであった.以上のように,無機有機融合体の表面改質と接着機構が明らかになり,無機有機融合体の臨床応用への可能性が示唆された.

    researchmap

  • 骨質(コラーゲン)が骨代謝に及ぼす影響とそのメカニズムを探る

    研究課題/領域番号:26293408  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    魚島 勝美, 青柳 裕仁, 加来 賢, 長澤 麻沙子, 秋葉 陽介, Mubarak Suliman

      詳細を見る

    配分額:15860000円 ( 直接経費:12200000円 、 間接経費:3660000円 )

    骨組織のコラーゲンクロスリンク形成不全が骨芽細胞/破骨細胞の活性に及ぼす影響を解析するために、まず培養細胞を用いたIn Vitroの実験を行った。その結果、細胞培養系において、マトリックス中のクロスリンク量の減少は骨芽細胞の活性を上昇させ、破骨細胞の活性を低下させた。in vivoでは血清中骨形成マーカーは増加し、骨吸収マーカーは減少の傾向を示した。さらに、クロスリンク形成不全動物モデルによる骨移植実験とインプラント埋入実験を行ったところ、クロスリンク形成不全動物では移植骨周辺の骨形成がコントロールに比較して早く、埋入したインプラント周囲でも、比較的早期から未成熟な骨が大量に形成された。

    researchmap

  • 歯科用コーンビームCTにおける指標となる骨密度測定用ファントムの開発

    研究課題/領域番号:25861870  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    青柳 裕仁

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    近年、歯科界においてインプラント治療の普及により、診断および予後を一般の診療所で行えるよう小型の歯科用CTが開発され、多くの診療所で導入されている。しかし、歯科用CTは従来の医科用CTと異なり、絶対値であるCT値が存在しないため、治療において重要である骨密度の増減を知るための客観的な指標がない。従って、画像上のピクセル値を参考として骨密度の変化を推定しているが、このピクセル値は撮影領域に含まれる周囲の構造のX線透過性により、たとえ同じ部位であっても変動するため、骨量を推定することは非常に難しい。
    本研究では、歯科用CTで当該部位と同時撮影により正確な骨密度を測定できるファントムの開発を行った。

    researchmap

  • 放射線照射が歯科用高分子材料におよぼす影響について

    研究課題/領域番号:23792254  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    青柳 裕仁

      詳細を見る

    配分額:2340000円 ( 直接経費:1800000円 、 間接経費:540000円 )

    市販されている未開封の歯科用高分子材料に対し放射線を照射することにより、どの被曝量まで通常時と変わらず使用できるかの検討を行った。この研究の意義は、特に大震災により原子力発電所で生じたメルトスルーによる歯科用高分子材料への放射線被曝に関し、どの程度の被曝量まで市販の歯科用高分子材料が歯科治療に供する事が出来るかという一定の基準を示す事が出来たこと、また、医療従事者に対し学会発表を通し情報提供および啓蒙活動を行えた事である。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 歯冠修復学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 欠損補綴学Ⅱ

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学