2022/12/10 更新

写真a

トシカワ チエ
利川 千絵
TOSHIKAWA Chie
所属
医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2021年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科   特任助教

    2021年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科   助教

    2020年10月 - 2021年9月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科   特任助教

    2020年4月 - 2020年9月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 腫瘍センター   特任助教

    2014年10月 - 2015年3月

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Plasma Sphingosine-1-Phosphate Levels Are Associated with Progression of Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer. 国際誌

    Mayuko Ikarashi, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Shiho Takeuchi, Kazuki Moro, Chie Toshikawa, Shun Abe, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Yu Koyama, Nobuaki Sato, Nitai C Hait, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    International journal of molecular sciences   22 ( 24 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although numerous experiments revealed an essential role of a lipid mediator, sphingosine-1-phosphate (S1P), in breast cancer (BC) progression, the clinical significance of S1P remains unclear due to the difficulty of measuring lipids in patients. The aim of this study was to determine the plasma concentration of S1P in estrogen receptor (ER)-positive BC patients, as well as to investigate its clinical significance. We further explored the possibility of a treatment strategy targeting S1P in ER-positive BC patients by examining the effect of FTY720, a functional antagonist of S1P receptors, on hormone therapy-resistant cells. Plasma S1P levels were significantly higher in patients negative for progesterone receptor (PgR) expression than in those positive for expression (p = 0.003). Plasma S1P levels were also significantly higher in patients with larger tumor size (p = 0.012), lymph node metastasis (p = 0.014), and advanced cancer stage (p = 0.003), suggesting that higher levels of plasma S1P are associated with cancer progression. FTY720 suppressed the viability of not only wildtype MCF-7 cells, but also hormone therapy-resistant MCF-7 cells. Targeting S1P signaling in ER-positive BC appears to be a possible new treatment strategy, even for hormone therapy-resistant patients.

    DOI: 10.3390/ijms222413367

    PubMed

    researchmap

  • HER2陽性再発乳癌とGIST肝転移に対し抗HER2療法とイマチニブを併用した1例

    内田 遥, 利川 千絵, 諸 和樹, 石川 卓, 小幡 泰生, 土田 純子, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 坂田 純, 梅津 哉, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は70歳、女性。胃GIST術後3ヵ月目に左乳癌、腋窩リンパ節転移、GIST肝転移を認め、左乳癌に対し手術を施行した。病理組織学的結果はHER2陽性乳癌、pT1miN1M0、pStage IIAであった。予後規定因子はGIST肝転移と考え、イマチニブを開始した。乳癌術後4ヵ月目に乳癌左鎖骨下リンパ節再発を認めた。GIST肝転移の病勢は安定していたためイマチニブをいったん休薬し、パクリタキセル、抗HER2療法を開始した。忍容性を確認した後、慎重にイマチニブを併用した。リンパ節は著明に縮小し肝転移も増大を認めず、パクリタキセルを7コースで終了した。現在は抗HER2療法、イマチニブを継続中である。転移性の重複癌において両者に対する薬物療法を同時併用した報告は少なく、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20220117600064&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • [A Case of HER2-Positive Recurrent Breast Cancer and Liver Metastases of GIST Treated with Combined Anti-HER2 Therapy and Imatinib].

    Haruka Uchida, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Takashi Ishikawa, Yasuo Obata, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hajime Umezu, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 70-year-old female with liver metastases from gastrointestinal stromal tumor(GIST)that were found 3 months after partial gastrectomy for the primary GIST underwent Auchincloss operation for left breast cancer with ipsilateral axillary lymph node metastases. The diagnosis was microinvasive ductal cancer that was pT1miN1M0, pStage ⅡA, hormone receptor negative, and HER2 positive. Given the impact of this cancer on the prognosis of liver metastases of GIST, imatinib therapy, but not adjuvant chemotherapy, was started promptly for breast cancer after surgery. Four months after the surgery, left subclavian lymph node recurrence of breast cancer was found. Since the liver metastases of GIST had been stable, imatinib was discontinued, and paclitaxel and anti-HER2 therapy were administered. After confirming tolerability, imatinib was carefully added in combination. Because the lymph nodes shrank and liver metastases of GIST were stable, both anti-HER2 therapy and imatinib were continued. There are few reports of combined chemotherapy for synchronous double cancer, and we report our experience in which careful treatment was required.

    PubMed

    researchmap

  • 肥満状態下の乳癌転移におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 長谷川 遥, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   46 - 46   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血清グルコシルセラミドの臨床的意義

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   70 - 70   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対するリスク低減手術実施の取り組み

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 遥, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   47 - 47   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法で病理学的完全奏功を得たBRCA1遺伝子変異陽性乳癌の2例

    長谷川 遥, 永橋 昌幸, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   53 - 53   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌において腫瘍組織のみを用いた癌遺伝子パネル検査で検出された二次的所見開示を検討すべき体細胞変異

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌に対する治療戦略 日本人トリプルネガティブ乳癌における治療標的となりうる遺伝子変異

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 利川 千絵, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SY - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌術前患者用パンフレットの有用性に関する研究

    土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 小林 隆, 石川 卓, 金子 耕司, 神林 智寿子, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • [A Case of Invasive Lobular Carcinoma of Accessory Mammary Gland That Was Difficult for Evaluate for Lesion Spread].

    Hikaru Ohzeki, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Haruka Hasegawa, Junko Tsuchida, Mayuko Ikarashi, Masayuki Nagahashi, Maya Katsumi, Yoriko Nakajima, Tatsuya Abe, Yusuke Tani, Jun Sakata, Hajime Umezu, Ken Matsuda, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2044 - 2046   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 48-year-old female discovered a mass in her left axilla. A thorough examination resulted in a diagnosis of left invasive lobular carcinoma(ILC)of the accessory mammary gland with wide ductal spread. Considering the wide ductal spread, massive resection of the left axilla mass, left lymph node dissection, and a latissimus dorsi musculocutaneous flap procedure were performed. However, histological analysis revealed ILC measuring 80×50 mm with lymph node metastases(5/23)and extensive cancer spread, resulting in a positive surgical margin. It is important to recognize the characteristics of ILC, axillary accessory breast cancer, and the axilla in a treatment strategy.

    PubMed

    researchmap

  • 術前化学療法を施行したトリプルネガティブ乳癌におけるTP53及びPI3K関連遺伝子変異の臨床的意義

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 小山 諭, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   521 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術後13年目に眼窩転移を来たし急速に進行した再発乳癌の1例

    長谷川 遥, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽生 隆晃, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 小林 隆, 梅津 哉, 小山 論, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   556 - 556   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法を施行したトリプルネガティブ乳癌におけるTP53及びPI3K関連遺伝子変異の臨床的意義

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 小山 諭, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   521 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科の乳癌術前化学療法AC-DTX療法における好中球減少症の現状及びPegfilgrastim使用の検討

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   416 - 416   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性乳癌患者における血中スフィンゴシン-1-リン酸の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   520 - 520   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA体細胞変異の同定について

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • [A Case of High-Frequency Microsatellite Instability in Colorectal Cancer with MSH2 Mutation Detected Using Gene Panel Testing with a Next-Generation Sequencer].

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Michiru Arabiki, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Kaoru Abe, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yuki Hirose, Yosuke Kano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we report about a woman in her 30s who had peritoneal dissemination and multiple colon cancer with high-frequency microsatellite instability(MSI-H). Her father, paternal grandfather, and maternal grandmother had a history of colorectal cancer treatment. Thus, Lynch syndrome was suspected. We performed R0 resection for peritoneal dissemination and subsequent peritoneal dissemination. A 435-gene panel testing using a next-generation sequencer identified MSH2 and other mutations in the tumor. Hence, we speculated that she could have a germline mutation of MSH2, which causes Lynch syndrome. In the future, if she wishes to receive genetic counseling and undergo germline testing for variants to confirm the diagnosis of Lynch syndrome, we will perform them after receiving informed consent.

    PubMed

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査によりMSH2変異を認めた高頻度マイクロサテライト不安定性大腸癌の1例

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は30歳代、女性。家族歴は父、父方祖父、母方祖母が大腸癌である。高頻度マイクロサテライト不安定性(high-frequency microsatellite instability:MSI-H)Stage II大腸癌の術後経過観察中に、腹膜播種再発および多発大腸癌を指摘された。現病歴および家族歴からリンチ症候群が疑われたため、当院を紹介された。当院では腹膜播種再発と、その後の腹膜播種再々発に対して2回のR0切除術を施行した。腹膜播種再発の癌組織を用いて、次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査を施行したところ、MSH2変異(c.A2211-2G)を認めた。本症例では、生殖細胞系列におけるMSH2変異がリンチ症候群の原因遺伝子変異となり、MSI-H大腸癌の発生に関与している可能性がある。今後は、必要に応じて遺伝カウンセリングや生殖細胞系列の遺伝子変異検査を実施する予定である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20200728400024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 乳腺外科医を目指す若手女性外科医にとってのロールモデルとキャリア形成

    土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • [A Case of Metachronal Phyllodes Tumors That Presented Bilaterally in the Breast].

    Daisuke Motegi, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Kumiko Yamaura, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Masato Nakajima, Yu Koyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 33-year-old woman underwent resection of a right breast mass, which was diagnosed as a fibroadenoma 15 years ago. Ten years later, a right breast mass appeared again, and it was diagnosed as a fibroadenoma based on core needle biopsy. After observation for a while, the mass increased in size, and she underwent resection of the tumor, which was diagnosed as a borderline-malignant phyllodes tumor. A mass appeared again in the right breast and rapidly expanded. A malignant phyllodes tumor was suspected, and right mastectomy was performed. The pathological diagnosis revealed a benign phyllodes tumor. Four years ago, a left breast mass was also detected. Because the mass was suspected to be a fibroadenoma, it has been observed for a few years. The mass has increased in size since 1 year ago, and another mass emerged 2 months ago. Core needle biopsy of the 2 masses revealed that both were phyllodes tumors. She underwent left mastectomy, and the pathological examination revealed that both masses were benign phyllodes tumors. We report this rare case of metachronal phyllodes tumors that presented bilaterally.

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Breast Cancer with Metastatic Nodules in Additionally Resected Specimens].

    Maiko Endo, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Kumiko Yamaura, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Masato Nakajima, Yu Koyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 68-year-old woman who had leftbreastcancer (cT2N0M0, cStage ⅡA)underwentbreast -conserving therapy and sentinel lymph node biopsy. Pathological diagnosis of the resected specimen revealed a 60mm cancer lesion including a 50 mm invasive ductal carcinoma with surrounding ductal carcinoma in situ, although the pre-operative MRI suggested a 30mm invasive cancer. The surgical margin was positive with the exposure of ductal carcinoma in situ. Additional resection was performed with a resection margin of 20mm from the head-side stump of the previous surgery. Pathological diagnosis of the additionally resected specimen revealed a 6mm invasive carcinoma with its exposure on the surface of the specimen around the new surgical stump distant from the initial surgical margin, where no remnant cancer was noted. She underwent left mastectomy. Pathological diagnosis further revealed 7mm and 2mm invasive carcinomas in the remnant breast. The preoperative imaging was reviewed retrospectively, and it was found that identifying the nodules in the remnant breast was quite difficult based on the images, including MRI. We report a case of breast cancer with metastatic nodules in additionally resected specimens.

    PubMed

    researchmap

  • 両側乳房に異時性に発生した多発葉状腫瘍の1例

    茂木 大輔, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は33歳、女性。15年前に右乳房の腫瘤摘出術を施行され、線維腺腫と診断された。5年前に再度右乳房に腫瘤を認め、針生検で線維腺腫と診断され経過観察となったが、その後増大を認め4年前に腫瘤摘出術が施行された。病理診断は境界悪性葉状腫瘍で、切除断端は陰性であった。2年前に右乳房に再度腫瘤を認め、針生検で葉状腫瘍と診断された。急速な増大を認めたため悪性化を疑い、右乳房切除術を施行された。病理診断は良性葉状腫瘍であった。また、左乳房には4年前より腫瘤を指摘されていたが、線維腺腫の疑いで経過観察されていた。1年前より腫瘤の増大を認め、2ヵ月前よりさらに新たに腫瘤が出現し増大を認めた。針生検でいずれの腫瘤も葉状腫瘍と診断され、左乳房切除術を施行した。病理診断はいずれも良性葉状腫瘍であった。両側に異時性に多発した葉状腫瘍の1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600022&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。左乳癌、cT2N0M0、cStage IIAに対して、左乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術前MRI検査で浸潤癌の長径は30mmと診断されていたが、術後病理組織診断では浸潤癌は長径50mmで周囲に非浸潤性乳管癌を伴い、病変全体の範囲は60mmに及び、頭側断端に非浸潤性乳管癌の露出を認めた。追加切除を希望し、前回手術の頭側断端より20mmの切除範囲で、乳房追加部分切除術を施行した。病理組織診断では前回手術断端周囲に癌の遺残は認めなかったが、その頭側に6mm大の浸潤癌を認め、体表側断端に癌が露出していたため左残存乳房に対して全摘術を行った。病理組織診断では7mmと2mmの浸潤癌をさらに認めた。術前画像の見直しを行ったが、乳房内転移と一致する結節の同定はできなかった。追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • HBOS治療の現状と問題点 当院における遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)未発症者変異保有者のマネージメントの現状と課題について

    利川 千絵, 吉田 敦, 竹井 淳子, 大川 恵, 鈴木 美慧, 山内 英子

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   372 - 372   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Actionable gene alterations in an Asian population with triple-negative breast cancer. 国際誌

    Masayuki Nagahashi, YiWei Ling, Tetsu Hayashida, Yuko Kitagawa, Manabu Futamura, Kazuhiro Yoshida, Takashi Kuwayama, Seigo Nakamura, Chie Toshikawa, Hideko Yamauchi, Teruo Yamauchi, Koji Kaneko, Chizuko Kanbayashi, Nobuaki Sato, Yasuo Miyoshi, Junko Tsuchida, Masato Nakajima, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Shujiro Okuda, Toshifumi Wakai

    JCO precision oncology   2   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: It has been suggested that the biological characteristics of breast cancer may differ among different geographic or ethnic populations. Indeed, triple-negative breast cancer (TNBC), the most lethal breast cancer subgroup, has been reported to show a higher incidence in Japan than in the US. However, most genomic studies of these tumors are from Western countries and the genomic landscape of TNBC in an Asian population has not been thoroughly investigated. Here, we sought to elucidate the geographic and ethnic diversity of breast cancer by examining actionable driver alterations in TNBC tumors from Japanese patients and comparing them with The Cancer Genome Atlas (TCGA) database, which gather data primarily from non-Asian patients. Materials and Methods: We performed comprehensive genomic profiling, including an analysis of 435 known cancer genes on Japanese TNBC patients (N=53) and compared the results to independent data obtained from TCGA (N=123). Results: Driver alterations were identified in 51 out of 53 Japanese patients (96%). Although the overall alteration spectrum of Japanese patients was similar to that of the TCGA, we found significant differences in the frequencies of alterations in MYC and PTK2. We identified three patients (5.7%) with a high tumor mutation burden, although no microsatellite instability was observed in any of the Japanese patients. Importantly, pathway analysis revealed that 66.0% (35/53) of Japanese patients, as well as 66.7% (82/123) of the TCGA cohort, had alterations in at least one actionable gene targetable by an FDA-approved drug. Conclusion: Our study identified actionable driver alterations in Japanese patients with TNBC, revealing new opportunities for targeted therapies in Asian patients.

    DOI: 10.1200/po.17.00211

    PubMed

    researchmap

  • [Clinical Experience of a Primary Accessory Breast Cancer Patient].

    Mayuko Ikarashi, Masayuki Nagahashi, Maiko Endo, Ayaka Otani, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Kumiko Yamaura, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Masato Nakajima, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 59-year-old woman attended a previous hospital complaining of a nodule of the right axilla. Although ultrasonography had shown no evidenceof malignancy, a growth of thenodulewas found on follow-up. Excisional biopsy revealed a primary accessory breast cancer. Because the resected margins were involved, she was referred to our hospital for additional treatment. Based on imaging, both bilateral mammary glands and axillary lymph nodes were reported normal, and distant metastasis was not observed. We performed additional resection of the right axillary tissue around the biopsy site and the right axillary lymph nodedisse ction. Histo-pathological examination revealed the residual invasive ductal carcinoma in the resected specimen. Both the new surgical margins and the lymph nodes were free of disease. Accessory breast cancer is relatively rare, with the incidence being less than 1% of all breast cancers. It is most frequent in the axillary region. Local extensive resection with sufficient surgical margin and axillary lymph node dissection are generally required. This case report presents our clinical experience of accessory breast cancer with some discussion of the literature.

    PubMed

    researchmap

  • Low fat-containing elemental formula is effective for postoperative recovery and potentially useful for preventing chyle leak during postoperative early enteral nutrition after esophagectomy. 国際誌

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Shin-Ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kumiko Tatsuda, Junko Tsuchida, Chie Toshikawa, Mayuko Ikarashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   35 ( 6 )   1423 - 1428   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND AIMS: Transthoracic esophagectomy using 3-field lymphadenectomy (TTE-3FL) for esophageal cancer is one of the most aggressive gastrointestinal surgeries. Early enteral nutrition (EN) for TTE-3FL patients is useful and valid for early recovery; however, EN using a fat-containing formula risks inducing chyle leak. In the present study, we retrospectively examined esophageal cancer patients treated byTTE-3FL and administered postoperative EN to elucidate the validity of lowering the fat levels in elemental formulas to prevent postoperative chyle leak and improve postoperative recovery. METHODS: A total of 74 patients who received TTE-3FL for esophageal cancer were retrospectively examined. Patients were classified into two groups according to the type of postoperative EN: Group LF patients received a low-fat elemental formula, and Group F patients received a standard fat-containing polymeric formula. The following clinical factors were compared between the groups: EN start day, maximum EN calories administered, duration of respirator use, length of ICU stay, incidence of postoperative infectious complications, use of parenteral nutrition (PN), and incidence of postoperative chyle leak. RESULTS: Patients in Group LF were started on EN significantly earlier after surgery and they consumed significantly higher maximum EN calories compared to Group F patients (P < 0.01). Duration of respirator use and length of ICU stay were also significantly shorter, and TPN was used significantly less in Group LF compared to Group F (P < 0.05). Postoperative chyle leak was observed in six patients in total (8.1%); five patients in Group F and one patient in Group LF, although there was no significant difference in frequency of chyle leak per patient between Group LF and Group F. CONCLUSIONS: Early EN using low-fat elemental formula after esophagectomy with three-field lymphadenectomy was safe and valid for postoperative recovery and potentially useful in preventing chyle leak.

    DOI: 10.1016/j.clnu.2016.03.018

    PubMed

    researchmap

  • [Study of Breast Cancer Patients Diagnosed Preoperatively with Ductal Carcinoma In Situ].

    Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Maiko Endo, Ayaka Otani, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Kumiko Tatsuda, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although ductal carcinoma in situ(DCIS)is generally cured by surgical resection, it has been suggested that resection is over-treatment for some patients with DCIS. The aim of this study was to reconsider operative indications for patients with DCIS by examining clinicopathological features of 23 patients who underwent surgical resection for DCIS in our institute over a single year. Postoperative histological examination revealed that there were Luminal and HER2-positive subtypes, but no triple negative cancers. We found coincidental invasive ductal carcinoma(IDC)in 5 patients, and in all 5 the tumor size exceeded 60 mm. There was no coincidence of IDC in patients with a Ki-67 index ≤5%. Positive surgical margins were observed in 7 patients, all of which were histologically diagnosed as DCIS. Only 1 of the 7 patients underwent additional surgical resection; the 6 remaining patients, including 2 patients who received no treatment, did not undergo additional resection. All patients including those with positive surgical margins have had a 5-year relapse-free survival. Our findings imply that the subgroup of DCIS patients without IDC could be followed up without surgery.

    PubMed

    researchmap

  • 術前に非浸潤性乳管癌と診断された乳癌手術症例の検討

    中島 真人, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 辰田 久美子, 亀山 仁史, 小林 隆, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    非浸潤性乳管癌(ductal carcinoma in situ:DCIS)は、切除により治癒が期待できるが、一部の患者ではover treatmentとなる可能性が示唆されている。今回われわれは、自施設で単年に手術を施行したDCIS 23例の臨床病理学的検討から、手術適応について再考した。術後病理では、サブタイプ分類でLuminalとHER2のみが認められ、triple negativeは認められなかった。5例に浸潤癌の併存を認めたが、浸潤癌症例は腫瘍径が60mm以上と大きい傾向にあった。またKi-67 index≦5%の症例では、浸潤癌の併存は認めなかった。切除断端陽性例は7例あり、すべてDCISでの断端陽性であった。追加切除は1例に行われた。無治療経過観察の2例を含む6例では追加切除を行わなかったが、術後5年が経過し全例無再発生存中である。DCISには浸潤癌の合併がなければ、経過観察できるサブグループが存在すると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480042&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移進展度

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   637 - 637   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • [A Case of Minimally Invasive Apocrine Carcinoma Derived from Ductal Adenoma].

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Masayuki Nagahashi, Miki Hasegawa, Chie Toshikawa, Junko Tsuchida, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Takashi Kato, Gen Watanabe, Yoichi Ajioka, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 2 )   235 - 7   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 63-year-old woman was found to have a mass in her right breast and visited our hospital to undergo a detailed examination. A histopathological examination by using ultrasound-guided core needle biopsy revealed ductal carcinoma in situ. A partial mastectomy with sentinel lymph node biopsy was performed for the cancer of the right breast. The postoperative histopathological examination indicated apocrine carcinoma with a predominantly intraductal component without lymph node metastasis. The discrimination between ductal adenoma and apocrine carcinoma sometimes becomes a problem in making decisions about treatment. We need to take care when making a diagnosis.

    PubMed

    researchmap

  • 乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 2 )   235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、女性。検診で右乳房腫瘤を指摘され、当科を受診した。精査で非浸潤性乳管癌と診断され、右乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術後病理組織学的検査では診断に苦慮したが、最終的に乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌と診断した。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別は難しく病理診断上しばしば問題となる。本症例のように乳管腺腫を背景としてアポクリン癌を合併することもあり、良悪性の判別には注意を要する。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別が困難な場合は診断を兼ねた完全切除が望ましいと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20160225470018&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • [Locally Advanced Breast Cancer Treated with Halsted's Operation Because of Drug-Induced Lung Injury Caused by Neoadjuvant Chemotherapy--A Case Report].

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kumiko Tatsuda, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1803 - 5   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 64-year-old woman discovered a mass in her left breast and visited our hospital. A thorough examination resulted in a diagnosis of left, locally advanced breast cancer (cT4bN3, M0, cStage Ⅲc) with muscle invasion and Level Ⅲ lymph node metastases. Because of drug-induced lung disease following 4 courses of adriamycin and cyclophosphamide, the chemotherapy had to be stopped. Halsted's operation and postoperative radiotherapy (50 Gy) were performed. The patient was alive with no evidence of recurrence 9 months after surgery. Although multidisciplinary therapy is recommended in locally advanced breast cancer, chemotherapy sometimes cannot be performed due to factors such as age and physical status. Halsted's operation could be considered as a treatment of choice in patients with locally advanced breast cancer. It is important to choose the treatment strategy based on the condition of the patient.

    PubMed

    researchmap

  • 術前化学療法による薬剤性肺障害のためハルステッド手術を選択した局所進行乳癌の1例

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し当科を受診した。精査の結果、左乳癌cT4bN3(左腋窩、胸筋間、左鎖骨上リンパ節転移陽性)、M0、cStage IIIcと診断され、針生検診断は浸潤性乳管癌、サブタイプはトリプルネガティブであった。術前化学療法としてadriamycin+cyclophosphamide(AC)療法4コースを施行したが、grade 2の薬剤性肺障害が出現したため継続を断念した。遠隔転移を認めなかったことから、局所制御に重点を置いた治療方針の下、ハルステッド手術、術後放射線療法を施行した。9ヵ月経過した現在も再発を認めていない。化学療法有害事象発生例においては、患者の状態に合わせ施行可能な治療法を選択することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470119&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移と腫瘍浸潤径の関連

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   808 - 808   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるセンチネルリンパ節生検、色素法単独と色存・RI併用法の再検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   807 - 807   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Predictive Factors for Non-Sentinel Lymph Node Metastasis in the Case of Positive Sentinel Lymph Node Metastasis in Two or Fewer Nodes in Breast Cancer. 国際誌

    Chie Toshikawa, Yu Koyama, Masayuki Nagahashi, Kumiko Tatsuda, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Miki Hasegawa, Toshiyuki Niwano, Naoko Manba, Mayuko Ikarashi, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Journal of clinical medicine research   7 ( 8 )   620 - 6   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In breast cancer, recent clinical trials have shown that sentinel lymph node biopsy (SLNB) alone without axillary lymph node dissection results in excellent prognosis if there is sentinel lymph node (SLN) metastasis in two or fewer nodes. The aim of the present study was to investigate the association between non-SLN metastasis and clinicopathological factors in case of SLN metastasis in two or fewer nodes in breast cancer. METHODS: Patients who underwent SLNB for invasive breast cancer and were found to have positive SLN in two or fewer nodes were evaluated. The associations between non-SLN metastasis and clinicopahological factors were examined. Statistical analyses were performed using the Mann-Whitney and Chi-square tests, with statistical significance set at P < 0.05. RESULTS: A total of 358 patients were enrolled during the study period and all of these patients were female and 54 patients had SLN metastasis (15%). Positive SLN in two or fewer nodes was identified in 44 patients (81.5%). Among these patients, 17 (38.6%) were found to have non-SLN metastasis. Non-SLN metastasis was associated with invasive tumor size (P = 0.015) and lymphatic involvement (P = 0.035). Multivariate analysis showed that tumor size (P = 0.011) and lymphatic involvement (P = 0.019) remained significant independent predictors of non-SLN metastasis, and that an invasive tumor size cut-off point of 28 mm was useful for dividing patients with positive SLN in two or fewer nodes into non-SLN-positive and non-SLN-negative groups. CONCLUSIONS: Non-SLN metastasis was found in more than 30% of patients with SLN metastasis present in two or fewer nodes. Large tumor size and the presence of lymphatic involvement were significantly associated with non-SLN metastasis.

    DOI: 10.14740/jocmr2195w

    PubMed

    researchmap

  • MRIで発見された乳癌骨梁間型骨転移の1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1810   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 甲状腺乳頭癌に対する甲状腺亜全摘術と全摘術の比較

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1809   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胸骨縦切開を追加して切除し得た無症候性進行甲状腺癌の1例

    庭野 稔之, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳管腺腫との鑑別に苦労した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 羽生 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌弘, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   683 - 683   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ホルモン療法が奏功した肝硬変併存広範なDCISの1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   794 - 794   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における乳癌センチネルリンパ節生検

    辰田 久美子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   333 - 333   2014年7月

  • 乳癌センチネルリンパ節転移陽性における非センチネルリンパ節転移と臨床病理学的因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1044 - 1044   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 脂質含有量が少ない成分栄養剤による食道癌術後早期経腸栄養の乳び胸水・腹水予防効果

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 坂田 純, 皆川 昌広, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   48 ( 3 )   87 - 87   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • タンパク質プロファイルと遺伝子プロファイルの違いによる個別化治療の可能性

    長谷川 美樹, 小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 野上 仁, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 坂田 純, 亀山 仁史, 石川 卓, 高野 可赴, 小林 隆, 吉田 豊, 山本 格, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   867 - 867   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と非センチネルリンパ節転移、および臨床病理学的因子との関連

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   704 - 704   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳房切除術と比較した乳房温存術の長期成績

    辰田 久美子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 利川 千絵, 坂田 純, 野上 仁, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   863 - 863   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Amplification of Genomic DNA for Decoy Receptor 3 Predicts Post-Resection Disease Recurrence in Breast Cancer Patients. 国際誌

    Chizuko Kanbayashi, Yu Koyama, Hiroshi Ichikawa, Eiko Sakata, Miki Hasegawa, Chie Toshikawa, Naoko Manba, Mayuko Ikarashi, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    World journal of oncology   5 ( 1 )   14 - 23   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Decoy receptor 3 (DcR3), a member of the tumor necrosis factor receptor (TNFR) superfamily, shows inhibitory effects on Fas-mediated apoptosis. Currently, data are lacking on the correlation between DcR3 and the recurrence of breast cancer. The authors examined DcR3 mRNA expression and genomic amplification in breast cancer, and investigated the effect of DcR3 gene amplification on prognosis of patients. Methods: A total of 95 patients formed the basis of the current retrospective study. DcR3 mRNA expression in breast cancer tissues was examined by RNase protection assay and in situ hybridization. DcR3 gene amplification was examined by quantitative polymerase chain reaction. The correlation between DcR3 gene amplification status and clinicopathological factors was examined and also the relationship between DcR3-Amp and relapse and survival. Results: The relative copy numbers of DcR3 genomic DNA correlated significantly with the levels of DcR3 mRNA expression (ρ = 0.755, P = 0.0067). In addition, lymphatic invasion correlated significantly with DcR3 gene amplification (P = 0.012). However, there was no correlation between the remaining clinicopathological factors and DcR3 gene amplification. In the univariate analysis, the recurrence-free survival (RFS) rate of patients who were positive for DcR3 gene amplification was significantly lower than that of patients who were negative for DcR3 gene amplification (P = 0.0271). Multivariate analysis showed that DcR3 gene amplification (P = 0.028) and disease stage (P < 0.001) remained significant independent predictors of RFS. Conclusions: DcR3 gene amplification was significantly correlated with lymphatic invasion, and also DcR3 gene amplification predicts recurrence after resection, which may be an important prognostic factor in breast cancer patients.

    DOI: 10.14740/wjon764w

    PubMed

    researchmap

  • 乳房温存手術における術前MRM診断と切除断端の検討

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   555 - 555   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後経腸栄養において、成分栄養剤は乳び胸水・腹水の出現予防に有用か?

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 辰田 久美子, 坂田 英子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 坂田 純, 皆川 昌広, 野上 仁, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   47 ( 3 )   105 - 105   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 食道癌術後の早期経腸栄養開始はより早いほうがよいのか?

    小山 諭, 小杉 伸一, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 神田 達夫

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   446 - 446   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 食道癌手術症例における早期経腸栄養の効果・有用性

    新田 正和, 小山 諭, 小杉 伸一, 坂田 英子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 神田 達夫

    外科と代謝・栄養   46 ( 3 )   63 - 63   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性乳癌患者における血中スフィンゴシン-1-リン酸の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   520 - 520   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血漿中スフィンゴシン-1-リン酸濃度の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   425 - 425   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 遺伝性乳癌の診断、治療、予防の現状と将来展望 当院におけるリスク低減乳房切除の現状と課題について

    吉田 敦, 利川 千絵, 竹井 淳子, 大川 恵, 鈴木 美慧, 山内 英子

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SY - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • HER2陽性転移再発乳癌に対するpertuzumab+trastuzumabによる著効例

    土田 寧恵, 林 直輝, 利川 千絵, 山下 祐司, 鈴木 高祐, 山内 英子

    日本臨床外科学会雑誌   80 ( 3 )   480 - 485   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    目的:転移再発乳癌の根治はほぼ不可能と言われてきたが,HER2陽性転移再発乳癌に対しては化学療法とペルツズマブ,トラスツズマブ併用療法(PER+HER併用療法)により完全消失例が認められるようになった.当院での経験を報告する.方法:2014年3月から2017年8月に当院でPER+HER併用療法により臨床的完全消失(cCR)を認めたHER2陽性転移再発乳癌症例について,治療効果と効果,臨床病理学的因子を検討した.結果:PER+HER併用療法を施行した93例中10例(10.8%)でcCRを認めた.10例中,乳房手術を施行した3例はいずれも病理学的完全消失を認めた.手術未施行7例中5例は中間観察期間12ヵ月でcCRを維持していたが,2例では脳転移が出現した.結語:HER2陽性転移再発乳癌においてPER+HER併用療法により完全消失,および長期CRを得る可能性が示された.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20190409050003&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.80.480&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.80.480&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 【泌尿器科医のためのゲノム腫瘍学入門-時代に取り残されるな】遺伝性乳癌卵巣癌症候群

    利川 千絵, 吉田 敦, 山内 英子

    臨床泌尿器科   72 ( 11 )   882 - 885   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ・遺伝性乳癌卵巣癌症候群はBRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子の生殖細胞系列の病的な変異が原因で乳癌や卵巣癌を高い確率で発症する遺伝性腫瘍の1つである.・BRCA変異保持者に対しては,適切な対策を実施することが推奨されている.・BRCA変異を有する男性では,一般集団よりも高頻度に前立腺癌を発症し,悪性度が高いと報告されている.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01561&link_issn=&doc_id=20181011030006&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1413206402&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1413206402&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Tumor mutation burden in triple negative breast cancer patients in Japan.

    Masayuki Nagahashi, Yiwei Ling, Tetsu Hayashida, Yuko Kitagawa, Manabu Futamura, Kazuhiro Yoshida, Takashi Kuwayama, Seigo Nakamura, Chie Toshikawa, Hideko Yamauchi, Teruo Yamauchi, Koji Kaneko, Chizuko Kanbayashi, Nobuaki Sato, Yasuo Miyoshi, Junko Tsuchida, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Shujiro Okuda, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 ( 15 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2018.36.15_suppl.e13111

    Web of Science

    researchmap

  • ヒト乳癌組織では全てのCeramide主合成経路が活性化されている

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 川口 耕, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1763 - 1763   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌患者におけるスフィンゴシン-1-リン酸の腫瘍関連免疫細胞に対する役割

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1034 - 1034   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌で断端陽性であった乳癌症例37例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1784 - 1784   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 腋窩に発症した副乳癌の1例

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は59歳、女性。右腋窩に腫瘤を自覚し、前医を受診した。超音波検査で明らかな悪性所見を認めず経過観察されていたが、腫瘤が増大したため摘出術を施行された。病理組織診断で副乳癌と診断され、切除断端が陽性であったため、治療目的に当院へ紹介された。画像上、両側乳腺、腋窩リンパ節に異常を認めず、遠隔転移を認めなかった。切除部周囲組織の追加切除および右腋窩リンパ節郭清を施行した。術後病理組織診断では切除した組織内に浸潤癌の遺残を認めたが、追加切除断端は陰性で、リンパ節転移を認めなかった。副乳癌は副乳に発生した癌を指し、乳癌全体の1%未満と比較的まれな疾患である。発生部位としては腋窩が最も多く、手術は局所広範切除と腋窩リンパ節郭清が第一選択となる。今回われわれは、右腋窩に発生した副乳癌の1例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 高度肺高血圧と冠動脈狭窄を合併した局所進行乳癌の治療経験

    大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   629 - 629   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • mTOR阻害剤投与中の薬剤性間質性肺炎の経験

    遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   628 - 628   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌にて断端陽性であった乳癌症例25例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   498 - 498   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9を用いた乳がんにおけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   263 - 263   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 私たちが日本で行うべき乳癌研究 基礎から臨床まで 日本だからこそできるトランスレーショナルリサーチの実践を目指して

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   245 - 245   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科におけるエリブリン使用成績

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   599 - 599   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Comprehensive genomic sequencing for triple negative breast cancer in Japan.

    Masayuki Nagahashi, Tetsu Hayashida, Yuko Kitagawa, Manabu Futamura, Kazuhiro Yoshida, Takashi Kuwayama, Seigo Nakamura, Chie Toshikawa, Hideko Yamauchi, Koji Kaneko, Nobuaki Sato, Junko Tsuchida, Kizuki Yuza, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Jennifer E. Ring, Stephen Lyle, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2017.35.15_suppl.e23122

    Web of Science

    researchmap

  • 乳がん患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の定量と臨床的意義

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌および周囲微小環境では高濃度のセラミドが産生される

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • がん関連遺伝子パネルにより耐性機序が示唆されたHER2陽性再発乳がんの1例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 小山 諭, 若井 俊文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P30 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 縦隔内異所性副甲状腺腫を伴った二次性副甲状腺機能亢進症の3症例

    辰田 久美子, 小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症の推移 シナカルセト治療の影響

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 乳がん手術検体におけるスフィンゴリン脂質の定量

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   471 - 471   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における腫瘍内スフィンゴシン-1-リン酸濃度と臨床病理学的因子の関連について

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   257 - 257   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症を合併し腋窩リンパ節郭清を行ったcN0乳癌の一例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   640 - 640   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における炎症性乳癌7例の検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   542 - 542   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 症例報告 超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し,切除標本マンモグラフィーが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   331 - 336   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    近年, マンモグラフィー検診の普及に伴い, 非触知乳癌の発見率が上昇してきている. 非触知乳癌の中には, 石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ : DCIS)も多く含まれるが, 石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり, 手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い. 臨床上, 実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは, その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である. 今回, 石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し, 術中に切除標本のマンモグラフィーを撮影し, 石灰化病変が切除できていることを確認できた症例を経験した. 症例は51歳, 女性. 検診マンモグラフィーで右乳房の石灰化を指摘され, ステレオガイド下マンモトーム生検を施行し乳癌と診断された. 超音波検査では石灰化病変の描出は困難であったが, マンモトーム生検時に留置したクリップ部位をマーキングし, 乳房温存手術を施行した. 術中に切除標本マンモグラフィーを施行し, ターゲットとした石灰化病変が切除できていることを確認して手術を終了した. 術後病理診断でも術前に予測した石灰化病変が完全に切除できていることを確認できた. 切除標本マンモグラフィーは, 簡便に石灰化病変の切除範囲の確認が可能な方法として有用であり, 文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44092

  • 症例報告 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 諸 和樹, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   326 - 330   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され, その3年後に骨転移が出現し, 初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する. 症例は61歳, 男性. 他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され, 術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた. しかし, 術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現, その後, 下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ, 術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった. 経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた. 甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている. 濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44091

  • 乳腺・内分泌 肥満はスフィンゴシン-1-リン酸を癌微小環境において増加させる

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • PS-146-6 タンパク質プロファイルと遺伝子プロファイルの違いによる個別化治療の可能性(PS-146 乳腺 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    長谷川 美樹, 小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 野上 仁, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 坂田 純, 亀山 仁史, 石川 卓, 高野 可赴, 小林 隆, 吉田 豊, 山本 格, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   867 - 867   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-065-3 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と非センチネルリンパ節転移,および臨床病理学的因子との関連(PS-065 乳腺 センチネル-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   704 - 704   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • マンモグラフィー検診における2重読影要精査判定不一致例の検討

    坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   435 - 435   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移とホルモン感受性、Her2発現およびsubtypeとの関連

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1672 - 1672   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院におけるマンモグラフィー検診2次精検例の検討

    坂田 英子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭

    日本乳癌検診学会誌   21 ( 3 )   470 - 470   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • NST加算後のNST介入と効果は?

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 利川 千絵

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   584 - 584   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌手術例における高齢者と非高齢者の比較

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   367 - 367   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • NSTへの取り組みとその効果 NSTの介入期間と効果との関係は?

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   397 - 397   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科での乳房温存手術における乳房内再発と予後

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   326 - 326   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腋窩リンパ節郭清施行例におけるリンパ節転移個数/lymph node ratioが術後再発に与える影響

    坂田 英子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   359 - 359   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌術後骨転移例の予後と骨転移検索の有用性

    小山 諭, 坂田 英子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   700 - 700   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 2度の妊娠で妊娠性巨大乳房症を繰り返した1例

    坂田 英子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   71 ( 増刊 )   556 - 556   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 甲状腺亜全摘後に甲状腺機能亢進症を発症した1例

    利川 千絵, 坂田 英子, 小山 諭

    日本臨床外科学会雑誌   71 ( 増刊 )   864 - 864   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

▶ 全件表示