2022/12/10 更新

写真a

モロ カズキ
諸 和樹
MORO Kazuki
所属
医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科 助教
職名
助教
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2018年9月 )

研究キーワード

  • 腫瘍外科

  • 癌アポトーシス

  • 癌免疫

  • 癌代謝システム

  • 薬剤耐性

  • 癌微小環境

  • 脂質メディエーター

  • 乳癌

研究分野

  • ライフサイエンス / 医化学  / 脂質メディエーター

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学  / 遺伝性乳癌卵巣癌

  • ライフサイエンス / 医化学  / NQO1

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科   助教

    2022年9月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 腫瘍センター   特任助教

    2021年6月 - 2022年8月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 乳腺・内分泌外科   助教

    2020年4月 - 2021年5月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 腫瘍センター   特任助教

    2015年2月 - 2016年3月

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Plasma Sphingosine-1-Phosphate Levels Are Associated with Progression of Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer. 国際誌

    Mayuko Ikarashi, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Shiho Takeuchi, Kazuki Moro, Chie Toshikawa, Shun Abe, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Yu Koyama, Nobuaki Sato, Nitai C Hait, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    International journal of molecular sciences   22 ( 24 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although numerous experiments revealed an essential role of a lipid mediator, sphingosine-1-phosphate (S1P), in breast cancer (BC) progression, the clinical significance of S1P remains unclear due to the difficulty of measuring lipids in patients. The aim of this study was to determine the plasma concentration of S1P in estrogen receptor (ER)-positive BC patients, as well as to investigate its clinical significance. We further explored the possibility of a treatment strategy targeting S1P in ER-positive BC patients by examining the effect of FTY720, a functional antagonist of S1P receptors, on hormone therapy-resistant cells. Plasma S1P levels were significantly higher in patients negative for progesterone receptor (PgR) expression than in those positive for expression (p = 0.003). Plasma S1P levels were also significantly higher in patients with larger tumor size (p = 0.012), lymph node metastasis (p = 0.014), and advanced cancer stage (p = 0.003), suggesting that higher levels of plasma S1P are associated with cancer progression. FTY720 suppressed the viability of not only wildtype MCF-7 cells, but also hormone therapy-resistant MCF-7 cells. Targeting S1P signaling in ER-positive BC appears to be a possible new treatment strategy, even for hormone therapy-resistant patients.

    DOI: 10.3390/ijms222413367

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of HER2-Positive Recurrent Breast Cancer and Liver Metastases of GIST Treated with Combined Anti-HER2 Therapy and Imatinib].

    Haruka Uchida, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Takashi Ishikawa, Yasuo Obata, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hajime Umezu, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 70-year-old female with liver metastases from gastrointestinal stromal tumor(GIST)that were found 3 months after partial gastrectomy for the primary GIST underwent Auchincloss operation for left breast cancer with ipsilateral axillary lymph node metastases. The diagnosis was microinvasive ductal cancer that was pT1miN1M0, pStage ⅡA, hormone receptor negative, and HER2 positive. Given the impact of this cancer on the prognosis of liver metastases of GIST, imatinib therapy, but not adjuvant chemotherapy, was started promptly for breast cancer after surgery. Four months after the surgery, left subclavian lymph node recurrence of breast cancer was found. Since the liver metastases of GIST had been stable, imatinib was discontinued, and paclitaxel and anti-HER2 therapy were administered. After confirming tolerability, imatinib was carefully added in combination. Because the lymph nodes shrank and liver metastases of GIST were stable, both anti-HER2 therapy and imatinib were continued. There are few reports of combined chemotherapy for synchronous double cancer, and we report our experience in which careful treatment was required.

    PubMed

    researchmap

  • HER2陽性再発乳癌とGIST肝転移に対し抗HER2療法とイマチニブを併用した1例

    内田 遥, 利川 千絵, 諸 和樹, 石川 卓, 小幡 泰生, 土田 純子, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 坂田 純, 梅津 哉, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は70歳、女性。胃GIST術後3ヵ月目に左乳癌、腋窩リンパ節転移、GIST肝転移を認め、左乳癌に対し手術を施行した。病理組織学的結果はHER2陽性乳癌、pT1miN1M0、pStage IIAであった。予後規定因子はGIST肝転移と考え、イマチニブを開始した。乳癌術後4ヵ月目に乳癌左鎖骨下リンパ節再発を認めた。GIST肝転移の病勢は安定していたためイマチニブをいったん休薬し、パクリタキセル、抗HER2療法を開始した。忍容性を確認した後、慎重にイマチニブを併用した。リンパ節は著明に縮小し肝転移も増大を認めず、パクリタキセルを7コースで終了した。現在は抗HER2療法、イマチニブを継続中である。転移性の重複癌において両者に対する薬物療法を同時併用した報告は少なく、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20220117600064&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • トリプルネガティブ乳癌において腫瘍組織のみを用いた癌遺伝子パネル検査で検出された二次的所見開示を検討すべき体細胞変異

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌に対する治療戦略 日本人トリプルネガティブ乳癌における治療標的となりうる遺伝子変異

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 利川 千絵, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SY - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遺伝性大腸癌診療ガイドライン2020年版に準じたMSI-H大腸癌に対するリンチ症候群スクリーニング

    田中 花菜, 島田 能史, 小柳 英人, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌におけるBRCA遺伝子変異の臨床的意義

    小柳 英人, 島田 能史, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ゲノム解析による外科治療の進歩 固形癌におけるゲノム解析に基づく外科治療の現況と将来展望

    若井 俊文, 島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 諸 和樹, 土田 純子, 中野 麻恵, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 加納 陽介, 中野 雅人, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   NES - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌の化学放射線療法における治療効果予測 がん遺伝子パネル検査による遺伝子変異プロファイリングから

    島田 能史, 小柳 英人, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 病変の広がり診断に苦慮した腋窩副乳原発浸潤性小葉癌の1例

    大関 瑛, 利川 千絵, 諸 和樹, 長谷川 遥, 土田 純子, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 勝見 茉耶, 中島 順子, 阿部 達也, 谷 優佑, 坂田 純, 梅津 哉, 松田 健, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2044 - 2046   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は48歳、女性。左腋窩副乳原発の浸潤性小葉癌(invasive lobular carcinoma:ILC)と診断され、当科を受診した。MRI検査では49×43mm大のILC病変と乳管内進展を含む70mm大の広がりを認めた。手術は左腋窩部広範切除、左腋窩リンパ節郭清を施行し、上肢の可動域制限を避けるために広背筋皮弁で腋窩を再建した。病理組織学的検査では副乳原発ILC、浸潤径80×50mm、リンパ節転移陽性、切除検体の外下方の皮膚側断端で浸潤癌陽性であった。局在の特殊性およびILCの浸潤様式の特徴を考慮した画像診断と、外科治療戦略が必要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600102&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F102%2F2044b2046%26dl%3D3&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F102%2F2044b2046%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 非浸潤性乳管癌との鑑別を要した慢性リンパ性白血病乳房内浸潤の1例

    遠藤 麻巳子, 島影 尚弘, 諸 和樹, 谷 由子, 薄田 浩幸, 永橋 昌幸, 谷 達夫, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 12 )   2425 - 2431   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は76歳,女性.7年前に慢性リンパ性白血病(chronic lymphocytic leukemia,以下CLL)と診断され,無症状のため経過観察していたが,白血球数およびリンパ球割合の上昇と全身の腫大リンパ節の増大を認め,化学療法の導入が検討されていた.マンモグラフィー検診で右乳房に局所的非対称性陰影を指摘され,当科を受診した.超音波検査では右乳房C領域に22mm大の地図状の低エコー領域を認め,非浸潤性乳管癌が疑われた.腋窩リンパ節は両側とも腫大していたが,リンパ門は保たれていた.針生検ではリンパ球浸潤を認め,表面マーカー解析でCD20陽性,CD5陽性,CD23陽性であり,CLLの乳房内浸潤の診断に至った.CLLの病勢進行に対して化学療法が開始され,治療開始3ヵ月後には白血球数およびリンパ球割合の低下とともに乳房内病変の消失を認めた.造血器悪性腫瘍を背景に持つ患者の乳房内に病変を認めた際には,髄外浸潤も鑑別に挙げることが重要である.(著者抄録)

    researchmap

  • [A Case of Invasive Lobular Carcinoma of Accessory Mammary Gland That Was Difficult for Evaluate for Lesion Spread].

    Hikaru Ohzeki, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Haruka Hasegawa, Junko Tsuchida, Mayuko Ikarashi, Masayuki Nagahashi, Maya Katsumi, Yoriko Nakajima, Tatsuya Abe, Yusuke Tani, Jun Sakata, Hajime Umezu, Ken Matsuda, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2044 - 2046   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 48-year-old female discovered a mass in her left axilla. A thorough examination resulted in a diagnosis of left invasive lobular carcinoma(ILC)of the accessory mammary gland with wide ductal spread. Considering the wide ductal spread, massive resection of the left axilla mass, left lymph node dissection, and a latissimus dorsi musculocutaneous flap procedure were performed. However, histological analysis revealed ILC measuring 80×50 mm with lymph node metastases(5/23)and extensive cancer spread, resulting in a positive surgical margin. It is important to recognize the characteristics of ILC, axillary accessory breast cancer, and the axilla in a treatment strategy.

    PubMed

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法を施行したトリプルネガティブ乳癌におけるTP53及びPI3K関連遺伝子変異の臨床的意義

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 小山 諭, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   521 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術後13年目に眼窩転移を来たし急速に進行した再発乳癌の1例

    長谷川 遥, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽生 隆晃, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 小林 隆, 梅津 哉, 小山 論, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   556 - 556   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性乳癌患者における血中スフィンゴシン-1-リン酸の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   520 - 520   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科の乳癌術前化学療法AC-DTX療法における好中球減少症の現状及びPegfilgrastim使用の検討

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   416 - 416   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA体細胞変異の同定について

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 日本人外科医として世界に発信できるトランスレーショナルリサーチ

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SSF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 慢性炎症による癌の増殖・転移を促進する脂質メディエーター分子機構

    永橋 昌幸, 土田 純子, 油座 築, 諸 和樹, 根本 万里子, 廣瀬 雄己, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • [A Case of High-Frequency Microsatellite Instability in Colorectal Cancer with MSH2 Mutation Detected Using Gene Panel Testing with a Next-Generation Sequencer].

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Michiru Arabiki, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Kaoru Abe, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yuki Hirose, Yosuke Kano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we report about a woman in her 30s who had peritoneal dissemination and multiple colon cancer with high-frequency microsatellite instability(MSI-H). Her father, paternal grandfather, and maternal grandmother had a history of colorectal cancer treatment. Thus, Lynch syndrome was suspected. We performed R0 resection for peritoneal dissemination and subsequent peritoneal dissemination. A 435-gene panel testing using a next-generation sequencer identified MSH2 and other mutations in the tumor. Hence, we speculated that she could have a germline mutation of MSH2, which causes Lynch syndrome. In the future, if she wishes to receive genetic counseling and undergo germline testing for variants to confirm the diagnosis of Lynch syndrome, we will perform them after receiving informed consent.

    PubMed

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査によりMSH2変異を認めた高頻度マイクロサテライト不安定性大腸癌の1例

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は30歳代、女性。家族歴は父、父方祖父、母方祖母が大腸癌である。高頻度マイクロサテライト不安定性(high-frequency microsatellite instability:MSI-H)Stage II大腸癌の術後経過観察中に、腹膜播種再発および多発大腸癌を指摘された。現病歴および家族歴からリンチ症候群が疑われたため、当院を紹介された。当院では腹膜播種再発と、その後の腹膜播種再々発に対して2回のR0切除術を施行した。腹膜播種再発の癌組織を用いて、次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査を施行したところ、MSH2変異(c.A2211-2G)を認めた。本症例では、生殖細胞系列におけるMSH2変異がリンチ症候群の原因遺伝子変異となり、MSI-H大腸癌の発生に関与している可能性がある。今後は、必要に応じて遺伝カウンセリングや生殖細胞系列の遺伝子変異検査を実施する予定である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20200728400024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Early-stage T1b adenocarcinoma arising in the remnant cystic duct after laparoscopic cholecystectomy: a case report and literature review. 査読 国際誌

    Prasoon P, Hirose Y, Sakata J, Yuza K, Moro K, Toge K, Miura K, Nagahashi M, Kobayashi T, Nihei K, Nakamura A, Wakai T

    BMC surgery   19 ( 1 )   183 - 183   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-019-0647-9

    PubMed

    researchmap

  • 肝外胆管切除を伴う肝切除症例における予後予測因子の検討

    安藤 拓也, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   218 - 218   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 高齢者術後再発膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel併用療法の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   157 - 157   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後の繰り返す肝性脳症に対し門脈大循環シャント離断術が有効であった1例

    三浦 宏平, 小林 隆, 安藤 拓也, 油座 築, 諸 和樹, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   277 - 277   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝外胆管切除を伴う肝切除症例における予後予測因子の検討

    安藤 拓也, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   218 - 218   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 術前に経カテーテル動脈塞栓術を施行し安全に切除できたIGF-II産生孤立性線維性腫瘍の1例

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 斎藤 敬太, 滝沢 一泰, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   249 - 249   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌に対するInvasive tumor thickness分類の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 斎藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   112 - 112   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 高齢者術後再発膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel併用療法の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   157 - 157   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • ストーマ外来受診患者のストーマ管理の現状と問題点

    亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A100 - A100   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌Hypermutationの臨床病理学的特徴(Clinicopathological features of hypermutation in colorectal cancer)

    島田 能史, 田島 陽介, 小柳 英人, 永橋 昌幸, 市川 寛, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事   78回   P - 3046   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 大腸癌のPrecision medicineの現状と展望 大腸癌診療における遺伝子パネル検査の可能性

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A71 - A71   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • Clinical application of ceramide in cancer treatment. 査読

    Moro K, Nagahashi M, Gabriel E, Takabe K, Wakai T

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   26 ( 4 )   407 - 415   2019年7月

  • 診断に苦慮した乳腺悪性腫瘍の2症例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 加藤 卓, 高村 佳緒里, 梅津 哉, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   749 - 749   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がんゲノム医療における検体品質管理と遺伝カウンセリング体制の整備

    永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 田澤 立之, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   395 - 395   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血漿中スフィンゴシン-1-リン酸濃度の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   425 - 425   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌におけるAJCC第8版のT分類(depth of invasion)の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌ゲノム医療の推進に向けた取り組み 当科における乳癌ゲノム医療の推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺外科医を目指す若手女性外科医にとってのロールモデルとキャリア形成

    土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 外科医の特性を活かしたトランスレーショナル研究の試み

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 川口 耕, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌におけるAJCC第8版のN分類の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後de novo悪性腫瘍発症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 諸 和樹, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 田島 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳頭部癌における根治切除後再発 再発率、再発形式、危険因子、再発治療

    堅田 朋大, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌史, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆道癌において脂質メディエーターS1Pの産生は亢進しリンパ行性進展に寄与する TCGAデータと自施設データ解析による検討

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Left colic artery aneurysm rupture after stent placement for abdominal aortic aneurysm associated with neurofibromatosis type 1. 国際誌

    Kazuki Moro, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Junko Tsuchida, Yosuke Tajima, Hiroshi Ichikawa, Masato Nakano, Mayuko Ikarashi, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Kaori Kato, Takeshi Okamoto, Hajime Umezu, Emmanuel Gabriel, Masanori Tsuchida, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports   5 ( 1 )   12 - 12   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Neurofibromatosis type 1 (NF1) is an autosomal dominant disease of the skin and soft tissue. Aneurysms associated with NF1 can occur, but a secondary aneurysm rupture is very rare, with very few cases reported in literature. CASE PRESENTATION: We describe the case of a 67-year-old female with NF1 who underwent endovascular aneurysm repair (EVAR) for an abdominal aortic aneurysm (AAA) rupture. She developed a type Ib endoleak requiring a redo-EVAR. Eighteen days after her primary operation, she was found to have two new left colic artery aneurysms. She required emergency surgery consisting of a left hemicolectomy and transverse colon colostomy. Pathology showed neurofibromatous changes to the peri-vasculature tissue, consistent with her underlying disease. CONCLUSIONS: Although rare, secondary aneurysms can occur following AAA repair. Patients with soft tissue connective tissue disorders, like NF1, may be at an increased risk for development of these secondary aneurysms. Endovascular repair appears to be a safe approach for NF1 patients with AAA, but endovascular management can be challenging in the setting of NF1. Surgeons should be ready to convert to open surgery if the patient displays persistent signs of bleeding or structural changes related to connective tissue disorders like NF1.

    DOI: 10.1186/s40792-019-0570-4

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Breast Cancer with Metastatic Nodules in Additionally Resected Specimens]. 査読

    Endo M, Nagahashi M, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Yamaura K, Toshikawa C, Hasegawa M, Ikarashi M, Nakajima M, Koyama Y, Kobayashi T, Sakata J, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Metachronal Phyllodes Tumors That Presented Bilaterally in the Breast]. 査読

    Motegi D, Nagahashi M, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Yamaura K, Toshikawa C, Hasegawa M, Ikarashi M, Nakajima M, Koyama Y, Kobayashi T, Sakata J, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。左乳癌、cT2N0M0、cStage IIAに対して、左乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術前MRI検査で浸潤癌の長径は30mmと診断されていたが、術後病理組織診断では浸潤癌は長径50mmで周囲に非浸潤性乳管癌を伴い、病変全体の範囲は60mmに及び、頭側断端に非浸潤性乳管癌の露出を認めた。追加切除を希望し、前回手術の頭側断端より20mmの切除範囲で、乳房追加部分切除術を施行した。病理組織診断では前回手術断端周囲に癌の遺残は認めなかったが、その頭側に6mm大の浸潤癌を認め、体表側断端に癌が露出していたため左残存乳房に対して全摘術を行った。病理組織診断では7mmと2mmの浸潤癌をさらに認めた。術前画像の見直しを行ったが、乳房内転移と一致する結節の同定はできなかった。追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 両側乳房に異時性に発生した多発葉状腫瘍の1例

    茂木 大輔, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は33歳、女性。15年前に右乳房の腫瘤摘出術を施行され、線維腺腫と診断された。5年前に再度右乳房に腫瘤を認め、針生検で線維腺腫と診断され経過観察となったが、その後増大を認め4年前に腫瘤摘出術が施行された。病理診断は境界悪性葉状腫瘍で、切除断端は陰性であった。2年前に右乳房に再度腫瘤を認め、針生検で葉状腫瘍と診断された。急速な増大を認めたため悪性化を疑い、右乳房切除術を施行された。病理診断は良性葉状腫瘍であった。また、左乳房には4年前より腫瘤を指摘されていたが、線維腺腫の疑いで経過観察されていた。1年前より腫瘤の増大を認め、2ヵ月前よりさらに新たに腫瘤が出現し増大を認めた。針生検でいずれの腫瘤も葉状腫瘍と診断され、左乳房切除術を施行した。病理診断はいずれも良性葉状腫瘍であった。両側に異時性に多発した葉状腫瘍の1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600022&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Ceramide species are elevated in human breast cancer and are associated with less aggressiveness 査読

    Kazuki Moro, Tsutomu Kawaguchi, Junko Tsuchida, Emmanuel Gabriel, Qianya Qi, Li Yan, Toshifumi Wakai, Kazuaki Takabe, Masayuki Nagahashi

    Oncotarget   9 ( 28 )   19874 - 19890   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Impact Journals LLC  

    Sphingolipids have emerged as key regulatory molecules in cancer cell survival and death. Although important roles of sphingolipids in breast cancer progression have been reported in experimental models, their roles in human patients are yet to be revealed. The aim of this study was to investigate the ceramide levels and its biosynthesis pathways in human breast cancer patients. Breast cancer, peri-tumor and normal breast tissue samples were collected from surgical specimens from a series of 44 patients with breast cancer. The amount of sphingolipid metabolites in the tissue were determined by mass spectrometry. The Cancer Genome Atlas was used to analyze gene expression related to the sphingolipid metabolism. Ceramide levels were higher in breast cancer tissue compared to both normal and peri-tumor breast tissue. Substrates and enzymes that generate ceramide were significantly increased in all three ceramide biosynthesis pathways in cancer. Further, higher levels of ceramide in breast cancer were associated with less aggressive cancer biology presented by Ki-67 index and nuclear grade of the cancer. Interestingly, patients with higher gene expressions of enzymes in the three major ceramide synthesis pathways showed significantly worse prognosis. This is the first study to reveal the clinical relevance of ceramide metabolism in breast cancer patients. We demonstrated that ceramide levels in breast cancer tissue were significantly higher than those in normal tissue, with activation of the three ceramide biosynthesis pathways. We also identified that ceramide levels have a significant association with aggressive phenotype and its enzymes have prognostic impact on breast cancer patients.

    DOI: 10.18632/oncotarget.24903

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Gastric adenosquamous carcinoma producing granulocyte-colony stimulating factor: a case of a rare malignancy. 査読 国際誌

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Tetsuya Naito, Yu Nagai, Tomohiro Katada, Masahiro Minagawa, Jun Hasegawa, Tatsuo Tani, Naohiro Shimakage, Hiroyuki Usuda, Emmanuel Gabriel, Tsutomu Kawaguchi, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports   3 ( 1 )   67 - 67   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A gastric adenosquamous carcinoma (ASC) that produces granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) is an uncommon malignancy with a poor prognosis. Due to the rarity of this lesion, a standard treatment for the disease has not been established. CASE PRESENTATION: We describe a case of a 66-year-old male with a G-CSF-producing gastric ASC who presented with severe anemia and leukocytosis. A radical resection was performed, followed by a course of adjuvant chemotherapy. Histopathologic examination revealed that the tumor consisted of areas of both squamous cell carcinoma and adenocarcinoma. Immunohistochemical staining with an anti-G-CSF antibody was also positive. He was started on adjuvant capecitabine and oxaliplatin (CapeOX) 6 weeks after surgery. The patient stopped treatment after 3 months due to his own preference. Eight months following surgery, the patient was found to have diffuse lymph node, liver, and peritoneal metastases. CONCLUSIONS: G-CSF-producing gastric ASC is a rare and aggressive tumor. Because patients are usually diagnosed at an advanced stage, multidisciplinary evaluation and innovative treatments are needed. The rarity of this disease, with its aggressive features, poses a significant challenge in its treatment. In this brief case report, we summarize the management and outcomes of G-CSF-producing gastric ASC.

    DOI: 10.1186/s40792-017-0338-7

    PubMed

    researchmap

  • [Clinical Experience of a Primary Accessory Breast Cancer Patient]. 査読

    Ikarashi M, Nagahashi M, Endo M, Otani A, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Yamaura K, Toshikawa C, Hasegawa M, Nakajima M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Intravenous Carnitine Administration in Addition to Parenteral Nutrition With Lipid Emulsion May Decrease the Inflammatory Reaction in Postoperative Surgical Patients. 査読 国際誌

    Koyama Y, Moro K, Nakano M, Miura K, Nagahashi M, Kosugi SI, Tsuchida J, Ikarashi M, Nakajima M, Ichikawa H, Hanyu T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Journal of clinical medicine research   9 ( 10 )   831 - 837   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14740/jocmr3113w

    PubMed

    researchmap

  • Right-sided Bochdalek hernia in an elderly adult: a case report with a review of surgical management. 査読 国際誌

    Moro K, Kawahara M, Muneoka Y, Sato Y, Kitami C, Makino S, Nishimura A, Kawachi Y, Gabriel E, Nikkuni K

    Surgical case reports   3 ( 1 )   109 - 109   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0385-0

    PubMed

    researchmap

  • Benign esophageal schwannoma: a brief overview and our experience with this rare tumor. 査読 国際誌

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Kotaro Hirashima, Shin-Ichi Kosugi, Takaaki Hanyu, Hiroshi Ichikawa, Takashi Ishikawa, Gen Watanabe, Emmanuel Gabriel, Tsutomu Kawaguchi, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports   3 ( 1 )   97 - 97   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Benign esophageal tumors are uncommon, comprising approximately 2% of esophageal tumors. Esophageal schwannomas constitute an even rarer entity, with few cases reported in the literature. CASE PRESENTATION: We present a 66-year-old male who was referred for dysphagia. A computed tomography scan showed a well-demarcated, enhancing, and homogenous esophageal tumor measuring 50 mm. The tumor was hypermetabolic on positron emission tomography, and an endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration demonstrated the presence of benign spindle cells. We performed an uncomplicated, simple, tumor enucleation through a cervical approach. Histology revealed spindle-shaped cells in a fasciculated, disarrayed pattern. Immunohistochemistry demonstrated positive staining for S-100 protein and negative staining for KIT, CD34, desmin, and α-smooth muscle actin. These findings were consistent with a benign esophageal schwannoma. CONCLUSIONS: We report our experience with esophageal schwannoma, a rare but benign diagnosis of the esophagus.

    DOI: 10.1186/s40792-017-0369-0

    PubMed

    researchmap

  • Low fat-containing elemental formula is effective for postoperative recovery and potentially useful for preventing chyle leak during postoperative early enteral nutrition after esophagectomy 査読

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Shin-ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kumiko Tatsuda, Junko Tsuchida, Chie Toshikawa, Mayuko Ikarashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    CLINICAL NUTRITION   35 ( 6 )   1423 - 1428   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    Background and aims: Transthoracic esophagectomy using 3-field lymphadenectomy (TTE-3FL) for esophageal cancer is one of the most aggressive gastrointestinal surgeries. Early enteral nutrition (EN) for TTE-3FL patients is useful and valid for early recovery; however, EN using a fat-containing formula risks inducing chyle leak. In the present study, we retrospectively examined esophageal cancer patients treated byTTE-3FL and administered postoperative EN to elucidate the validity of lowering the fat levels in elemental formulas to prevent postoperative chyle leak and improve postoperative recovery.
    Methods: A total of 74 patients who received TTE-3FL for esophageal cancer were retrospectively examined. Patients were classified into two groups according to the type of postoperative EN: Group LF patients received a low-fat elemental formula, and Group F patients received a standard fat-containing polymeric formula. The following clinical factors were compared between the groups: EN start day, maximum EN calories administered, duration of respirator use, length of ICU stay, incidence of postoperative infectious complications, use of parenteral nutrition (PN), and incidence of postoperative chyle leak.
    Results: Patients in Group LF were started on EN significantly earlier after surgery and they consumed significantly higher maximum EN calories compared to Group F patients (P < 0.01). Duration of respirator use and length of ICU stay were also significantly shorter, and TPN was used significantly less in Group LF compared to Group F (P < 0.05). Postoperative chyle leak was observed in six patients in total (8.1%); five patients in Group F and one patient in Group LF, although there was no significant difference in frequency of chyle leak per patient between Group LF and Group F.
    Conclusions: Early EN using low-fat elemental formula after esophagectomy with three-field lymphadenectomy was safe and valid for postoperative recovery and potentially useful in preventing chyle leak. (C) 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.clnu.2016.03.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [Study of Breast Cancer Patients Diagnosed Preoperatively with Ductal Carcinoma In Situ]. 査読

    Nakajima M, Nagahashi M, Endo M, Otani A, Tsuchida J, Moro K, Niwano T, Toshikawa C, Hasegawa M, Ikarashi M, Tatsuda K, Kameyama H, Kobayashi T, Koyama Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • DNA damage response and sphingolipid signaling in liver diseases 査読

    Masayuki Nagahashi, Yasunobu Matsuda, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Daiki Soma, Yuki Hirose, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Kazuaki Takabe, Masaaki Komatsu, Toshifumi Wakai

    SURGERY TODAY   46 ( 9 )   995 - 1005   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Patients with unresectable hepatocellular carcinoma (HCC) cannot generally be cured by systemic chemotherapy or radiotherapy due to their poor response to conventional therapeutic agents. The development of novel and efficient targeted therapies to increase their treatment options depends on the elucidation of the molecular mechanisms that underlie the pathogenesis of HCC. The DNA damage response (DDR) is a network of cell-signaling events that are triggered by DNA damage. Its dysregulation is thought to be one of the key mechanisms underlying the generation of HCC. Sphingosine-1-phosphate (S1P), a lipid mediator, has emerged as an important signaling molecule that has been found to be involved in many cellular functions. In the liver, the alteration of S1P signaling potentially affects the DDR pathways. In this review, we explore the role of the DDR in hepatocarcinogenesis of various etiologies, including hepatitis B and C infection and non-alcoholic steatohepatitis. Furthermore, we discuss the metabolism and functions of S1P that may affect the hepatic DDR. The elucidation of the pathogenic role of S1P may create new avenues of research into therapeutic strategies for patients with HCC.

    DOI: 10.1007/s00595-015-1270-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Breast cancer sphingosine-1-phosphate is associated with phospho-sphingosine kinase 1 and lymphatic metastasis 査読

    Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kazuki Moro, Kumiko Tatsuda, Rajesh Ramanathan, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH   205 ( 1 )   85 - 94   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: Sphingosine-1-phosphate (S1P), a pleiotropic bioactive lipid mediator, has been implicated as a key regulatory molecule in cancer through its ability to promote cell proliferation, migration, angiogenesis, and lymphangiogenesis. Previous studies suggested that S1P produced by sphingosine kinase 1 (SphK1) in breast cancer plays important roles in progression of disease and metastasis. However, the associations between S1P and clinical parameters in human breast cancer have not been well investigated to date.
    Materials and methods: We determined levels of S1P and other sphingolipids in breast cancer tissue by electrospray ionization-tandem mass spectrometry. Associations between S1P levels and clinicopathologic features of the tumors were analyzed. Expression of phospho-SphK1 (pSphK1) in breast cancer tissues was determined by immunohistochemical scoring.
    Results: Levels of S1P in breast cancer tissues were significantly higher in patients with high white blood cell count in the blood than those patients without. S1P levels were lower in patients with human epidermal growth factor receptor 2 overexpression and/or amplification than those patients without. Furthermore, cancer tissues with high pSphK1 expression showed significantly higher levels of S1P than cancer tissues without. Finally, patients with lymph node metastasis showed significantly higher levels of S1P in tumor tissues than the patients with negative nodes.
    Conclusions: To our knowledge, this is the first study to demonstrate that high expression of pSphK1 is associated with higher levels of S1P, which in turn is associated with lymphatic metastasis in breast cancer. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2016.06.022

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • High levels of sphingolipids in human breast cancer 査読

    Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Miki Hasegawa, Kumiko Tatsuda, Ingrid A. Woelfel, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH   204 ( 2 )   435 - 444   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Background: Sphingolipids, including sphingosine-1-phosphate (S1P) and ceramide, have emerged as key regulatory molecules that control various aspects of cell growth and proliferation in cancer. Although important roles of sphingolipids in breast cancer progression have been reported in experimental models, their roles in human patients have yet to be determined. The aims of this study were to determine the levels of sphingolipids including S1P, ceramides, and other sphingolipids, in breast cancer and normal breast tissue and to compare the difference in levels of each sphingolipid between the two tissues.
    Materials and methods: Tumor and noncancerous breast tissue were obtained from 12 patients with breast cancer. Sphingolipids including S1P, ceramides, and their metabolites of sphingosine, sphingomyelin, and monohexosylceramide were measured by liquid chromatography-electrospray ionization-tandem mass spectrometry.
    Results: The levels of S1P, ceramides, and other sphingolipids in the tumor were significantly higher than those in normal breast tissue. There was a relatively strong correlation in the levels of S1P between the tumor and those of normal breast tissue from the same person. On the other hand, there was no correlation in the levels of most of the ceramide species between the tumor and those of normal breast tissue from the same person.
    Conclusions: To our knowledge, this is the first study to reveal that levels of sphingolipids in cancer tissue are generally higher than those of normal breast tissue in patients with breast cancer. The correlation of S1P levels in these tissues implicates the role of S1P in interaction between cancer and the tumor microenvironment. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jss.2016.05.022

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Resolvins and omega three polyunsaturated fatty acids: Clinical implications in inflammatory diseases and cancer 査読

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Rajesh Ramanathan, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    WORLD JOURNAL OF CLINICAL CASES   4 ( 7 )   155 - 164   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BAISHIDENG PUBLISHING GROUP INC  

    Inflammation is a central process in several disorders and contributes to cancer progression. Inflammation involves a complex cascade of pro-inflammatory and anti-inflammatory signaling events with protein and lipid mediators. Recent advances in lipid detection have revealed the importance of lipid mediators in inflammation. Omega three polyunsaturated fatty acids (omega-3 PUFA) are found naturally in fish oil and have been extensively studied in multiple inflammatory diseases with improved outcomes. Resolvins are thought to be the active metabolites of omega-3 PUFA, and are responsible for facilitating the resolving phase of acute inflammation. Clinically, resolvins have been associated with resolution of acute kidney injury and acute lung injury, micro and macro vascular response to injury, and inhibition of microglia-activated inflammation in neurodegenerative disorders. In addition to inflammatory diseases, omega-3 PUFA and resolvins appear to modulate cancer progression. omega-3 PUFA intake has been associated with reduced inflammation in colorectal cancer, and favorable phenotype in breast cancer. Resolvins offer promising therapeutic potential as they may modulate inflammation with minimal side-effects, in contrast to currently available anti-inflammatory medications. This review describes the roles of omega-3 PUFA and resolvins in the inflammatory cascade, various inflammatory diseases, and specific cancers. Additionally, it will discuss the clinical therapeutic potential of resolvins as targets in inflammatory diseases and cancers.

    DOI: 10.12998/wjcc.v4.i7.155

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mutation burden and microsatellite instability in colorectal cancer in Japan and US 査読

    Masayuki Nagahashi, Toshifumi Wakai, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masato Nakajima, Yusuke Muneoka, Kohei Akazawa, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Daiki Soma, Kizuki Yuza, Takuya Ando, Hiroshi Izutsu, Julie Tse, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Alexei Protopopov, Stephen Lyle

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 15 )   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2016.34.15_suppl.e15103

    Web of Science

    researchmap

  • [A Case of Minimally Invasive Apocrine Carcinoma Derived from Ductal Adenoma]. 査読

    Moro K, Koyama Y, Nagahashi M, Hasegawa M, Toshikawa C, Tsuchida J, Hanyu T, Ishikawa T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Kato T, Watanabe G, Ajioka Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 2 )   235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Locally Advanced Breast Cancer Treated with Halsted's Operation Because of Drug-Induced Lung Injury Caused by Neoadjuvant Chemotherapy--A Case Report]. 査読

    Moro K, Nagahashi M, Tsuchida J, Tatsuda K, Toshikawa C, Hasegawa M, Ishikawa T, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Koyama Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Predictive Factors for Non-Sentinel Lymph Node Metastasis in the Case of Positive Sentinel Lymph Node Metastasis in Two or Fewer Nodes in Breast Cancer. 査読 国際誌

    Toshikawa C, Koyama Y, Nagahashi M, Tatsuda K, Moro K, Tsuchida J, Hasegawa M, Niwano T, Manba N, Ikarashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Journal of clinical medicine research   7 ( 8 )   620 - 626   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14740/jocmr2195w

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 当科における乳癌に対する経皮的ラジオ波熱凝固療法の経験

    金子 耕司, 佐藤 信昭, 神林 智寿子, 長谷川 美樹, 諸 和樹, 本間 慶一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   682 - 682   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるOligometastases23例の検討

    諸 和樹, 金子 耕司, 長谷川 美樹, 神林 智寿子, 佐藤 信昭

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   422 - 422   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科におけるセンチネルリンパ節「微小」転移陽性乳癌の腋窩治療戦略

    神林 智寿子, 諸 和樹, 金子 耕司, 本間 慶一, 佐藤 信昭

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   574 - 574   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 二次検診における三次元乳腺密度とマンモグラフィ再撮影の意義

    長谷川 美樹, 小柳 敬子, 諸 和樹, 金子 耕司, 神林 智寿子, 本間 慶一, 佐藤 信昭

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   802 - 802   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ヒト胆道癌組織における脂質メディエーターS1Pの発現とその意義

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 諸 和樹, 峠 弘治, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2040 - 2040   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌患者におけるスフィンゴシン-1-リン酸の腫瘍関連免疫細胞に対する役割

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1034 - 1034   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌で断端陽性であった乳癌症例37例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1784 - 1784   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヒト乳癌組織では全てのCeramide主合成経路が活性化されている

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 川口 耕, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1763 - 1763   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清省略の可能性

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2482 - 2482   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺円柱腫(Cylindroma of the breast)の1例

    神林 智寿子, 諸 和樹, 長谷川 美樹, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 本間 慶一

    乳腺甲状腺超音波医学   7 ( 2 )   138 - 138   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳腺甲状腺超音波医学会  

    researchmap

  • 胃切除後局所再発による通過障害に対する治療(バイパスか?ステントか?) 新しい食道空腸バイパス術(Treatment for Stenosis Due To Local Recurrence Following Gastrectomy (Bypass or Stent?))

    河内 保之, 牧野 成人, 佐藤 優, 宗岡 悠介, 北見 智恵, 諸 和樹, 川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也

    日本胃癌学会総会記事   90回   398 - 398   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 高度進行胃癌に対するNACとしての分割DCS療法の治療成績(Treatment outcomes of divided DCS therapy as neoadjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer)

    佐藤 優, 河内 保之, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也

    日本胃癌学会総会記事   90回   375 - 375   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 診断過程で腫瘤が消失した浸潤性乳癌の一例

    小柳 敬子, 神林 智寿子, 金子 耕司, 長谷川 美樹, 諸 和樹, 佐藤 信昭, 本間 慶一

    乳腺甲状腺超音波医学   7 ( 2 )   141 - 141   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳腺甲状腺超音波医学会  

    researchmap

  • 【遺伝子とがん】 乳癌診療におけるゲノム医療

    金子 耕司, 佐藤 信昭, 神林 智寿子, 長谷川 美樹, 諸 和樹

    県立がんセンター新潟病院医誌   57 ( 1 )   14 - 22   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県立がんセンター新潟病院  

    乳癌は女性のがんのなかで最も多いがんであり、罹患率、死亡率ともに増加の一途をたどっている。近年、個人のゲノム(遺伝子)情報に基づき、個人ごとの違いを考慮したゲノム医療への期待が高まる中、2017年10月24日に「第3期がん対策推進基本計画」が閣議決定され、がんゲノム医療等を推進していくことが個別目標として掲げられた。乳癌診療においても個人のゲノム情報が利用され、治療の個別化やさらなる治療成績の向上が試みられている。今回、乳癌診療におけるゲノム医療の現状を概説する。(著者抄録)

    researchmap

  • エコーで嚢胞内腫瘍像を呈した乳房悪性腺筋上皮腫の一例

    長谷川 美樹, 神林 智寿子, 小柳 敬子, 諸 和樹, 金子 耕司, 本間 慶一, 三尾 圭司, 佐藤 信昭

    乳腺甲状腺超音波医学   7 ( 2 )   139 - 139   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳腺甲状腺超音波医学会  

    researchmap

  • 食道癌手術における腹腔鏡補助下胃管作成の短期成績

    宗岡 悠介, 牧野 成人, 河内 保之, 諸 和樹, 佐藤 優, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP012 - 05   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 横行結腸癌に対する腹腔鏡手術の治療成績

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 佐藤 優, 宗岡 悠介, 諸 和樹

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP004 - 06   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下幽門側胃切除デルタ再建後の逆流性食道炎に対し腹腔鏡下に再再建を施行した1例

    平井 基晴, 牧野 成人, 佐藤 優, 諸 和樹, 宗岡 悠介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP083 - 09   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡下胃局所切除 LECS、Crown法の経験を含めて

    山下 裕美子, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 西村 淳, 北見 智恵, 新国 恵也, 諸 和樹, 佐藤 優, 宗岡 悠介

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP061 - 05   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下噴門側胃切除術における再建方法 Double tract法と食道残胃吻合の比較

    佐藤 優, 牧野 成人, 諸 和樹, 宗岡 悠介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP058 - 04   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下幽門側胃切除におけるデルタ吻合の工夫と安全性 体外吻合との比較

    牧野 成人, 諸 和樹, 宗岡 悠介, 佐藤 優, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP125 - 01   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腋窩に発症した副乳癌の1例

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1104 - 1106   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は59歳、女性。右腋窩に腫瘤を自覚し、前医を受診した。超音波検査で明らかな悪性所見を認めず経過観察されていたが、腫瘤が増大したため摘出術を施行された。病理組織診断で副乳癌と診断され、切除断端が陽性であったため、治療目的に当院へ紹介された。画像上、両側乳腺、腋窩リンパ節に異常を認めず、遠隔転移を認めなかった。切除部周囲組織の追加切除および右腋窩リンパ節郭清を施行した。術後病理組織診断では切除した組織内に浸潤癌の遺残を認めたが、追加切除断端は陰性で、リンパ節転移を認めなかった。副乳癌は副乳に発生した癌を指し、乳癌全体の1%未満と比較的まれな疾患である。発生部位としては腋窩が最も多く、手術は局所広範切除と腋窩リンパ節郭清が第一選択となる。今回われわれは、右腋窩に発生した副乳癌の1例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 超高齢者右側Bochdalek孔ヘルニア小腸嵌頓の一例

    諸 和樹, 川原 聖佳子, 宗岡 悠介, 佐藤 優, 北見 智恵, 牧野 成人, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   846 - 846   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高度肺高血圧と冠動脈狭窄を合併した局所進行乳癌の治療経験

    大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   629 - 629   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • mTOR阻害剤投与中の薬剤性間質性肺炎の経験

    遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   628 - 628   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • セラミド濃度はヒト乳癌組織においてセラミド合成酵素の活性化に伴い上昇している

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 島田 能史, 中島 真人, 市川 寛, 廣瀬 雄己, 土田 純子, 油座 築, 高部 和明, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事   76回   P - 2195   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 私たちが日本で行うべき乳癌研究 基礎から臨床まで 日本だからこそできるトランスレーショナルリサーチの実践を目指して

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   245 - 245   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサー解析に必要な乳癌手術および生検組織ブロック検体の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   496 - 496   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科におけるエリブリン使用成績

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   599 - 599   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌にて断端陽性であった乳癌症例25例の検討

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 論, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   498 - 498   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 腋窩リンパ節に対する術前画像評価の再検討

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 塩谷 基, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   672 - 672   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9を用いた乳がんにおけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   263 - 263   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 周術期末梢静脈栄養 脂肪乳剤投与におけるカルニチン併用による炎症反応の軽減効果

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   51 ( 3 )   106 - 106   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下かつ非センチネルリンパ節転移陽性例におけるpN2以上の症例の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 鹿野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 154   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清の意義

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 153   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌および周囲微小環境では高濃度のセラミドが産生される

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 068   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 低悪性度DCISに対する手術省略の可能性を考える

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 157   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • プレシジョン・メディスンを見据えた次世代シークエンサー解析に必要な乳癌FFPEブロック検体の条件

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 児玉 啓輔, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 067   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の定量と臨床的意義

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 068   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸切断術後のストーマ脱出に対し腹腔鏡補助下修復術を行った1例

    永井 佑, 長谷川 潤, 諸 和樹, 堅田 朋大, 内藤 哲也, 皆川 昌広, 谷 達夫, 島影 尚弘

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   DP25 - 7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下幽門側胃切除術導入期100例の検討

    内藤 哲也, 谷 達夫, 長谷川 潤, 皆川 昌広, 堅田 朋大, 諸 和樹, 永井 佑

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   OS121 - 3   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後早期の経腸栄養に際し低脂質栄養剤は乳び胸の予防に有用か?

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 市川 寛, 羽生 隆晃, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 利川 千絵, 三浦 宏平, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   46回   133 - 133   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本創傷治癒学会  

    researchmap

  • 術前に非浸潤性乳管癌と診断された乳癌手術症例の検討

    中島 真人, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 辰田 久美子, 亀山 仁史, 小林 隆, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    非浸潤性乳管癌(ductal carcinoma in situ:DCIS)は、切除により治癒が期待できるが、一部の患者ではover treatmentとなる可能性が示唆されている。今回われわれは、自施設で単年に手術を施行したDCIS 23例の臨床病理学的検討から、手術適応について再考した。術後病理では、サブタイプ分類でLuminalとHER2のみが認められ、triple negativeは認められなかった。5例に浸潤癌の併存を認めたが、浸潤癌症例は腫瘍径が60mm以上と大きい傾向にあった。またKi-67 index≦5%の症例では、浸潤癌の併存は認めなかった。切除断端陽性例は7例あり、すべてDCISでの断端陽性であった。追加切除は1例に行われた。無治療経過観察の2例を含む6例では追加切除を行わなかったが、術後5年が経過し全例無再発生存中である。DCISには浸潤癌の合併がなければ、経過観察できるサブグループが存在すると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480042&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • がん関連遺伝子パネルにより耐性機序が示唆されたHER2陽性再発乳がんの1例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 小山 諭, 若井 俊文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P30 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 組織球系マーカーを発現した多形性乳管癌の1例

    島影 尚弘, 諸 和樹

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   840 - 840   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移進展度

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   637 - 637   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵領域手術創閉鎖に対するコロジオン塗布

    皆川 昌広, 内藤 哲也, 谷 達夫, 長谷川 潤, 島影 尚弘, 永井 佑, 諸 和樹, 堅田 朋大, 若井 俊文

    日本外科感染症学会雑誌   13 ( 5 )   543 - 543   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  • G-CSF産生胃腺扁平上皮癌の一切除例

    諸 和樹, 内藤 哲也, 永井 佑, 堅田 朋大, 皆川 昌広, 長谷川 潤, 谷 達夫, 島影 尚弘

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   867 - 867   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症の推移 シナカルセト治療の影響

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 縦隔内異所性副甲状腺腫を伴った二次性副甲状腺機能亢進症の3症例

    辰田 久美子, 小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 保存的に軽快した鈍的甲状腺外傷による頸部血腫の1例

    遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 庭野 稔之, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   130 ( 9 )   543 - 549   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    頸部鈍的外傷により甲状腺損傷および頸部血腫が出現するも、保存的に軽快した1例を経験したので報告する。症例は28歳、女性。直進中の普通乗用車の助手席に乗っていた際、右折してきた乗用車に衝突され、自家用車は横転し炎上寸前のところを救助され、救急車にて当院救急外来に搬送された。来院時、意識は清明であったが、事故直後のことは記憶になかった。血圧129/81mmHg、脈拍95/分と循環動態は安定していたが、前頸部の腫脹および皮下出血を認めた。右前胸部の軽度圧痛を認める以外は、ほかに明らかな異常所見は認めなかった。血液生化学所見では、白血球数の軽度増多と、トランスアミナーゼの軽度上昇を認めたが、明らかな貧血は認めなかった。TSH 0.42μIU/ml、FT3 11.7pg/ml、FT4 2.7ng/dlと甲状腺機能亢進を認めた。CT検査では、甲状腺右葉下極の腫大と前頸部から上縦隔に至る血腫を認め、気管損傷は認めなかったが気管は軽度左側に圧排されていた。呼吸苦・呼吸困難の所見は認めなかったが、血腫増大による気道狭窄が出現してくる危険もあったため、入院の上、保存的に経過観察を行った。翌日、血腫は縮小傾向となり、血液所見でも貧血の進行を認めず、CT検査では血腫は縮小しており、水分摂取・食事を開始した。入院後3日目の採血では、FT3 6.4pg/ml、FT4 2.8ng/dlと甲状腺機能亢進は改善し全身状態も良好であったため、入院後4日目に退院となった。退院2週間後の外来受診時、前頸部腫脹は消失しており、血液生化学検査では貧血を認めず、TSH 0.07μIU/ml、FT3 3.6pg/ml、FT4 1.4ng/dlと甲状腺機能もほぼ正常となっていた。鈍的外傷による頸部甲状腺損傷の報告は文献的にも少ないが、甲状腺血腫が増大せず、気道狭窄を伴わない状態であれば、まず保存的治療を試みることが勧められる。また、本症例のように、甲状腺外傷に伴い甲状腺機能亢進を認めた例も報告されており、全身管理にも注意が必要である。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/45622

  • 周術期末梢静脈栄養における脂肪乳剤とカルニチン投与の検討

    小山 諭, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   50 ( 3 )   169 - 169   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 当科における炎症性乳癌7例の検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   542 - 542   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症を合併し腋窩リンパ節郭清を行ったcN0乳癌の一例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   640 - 640   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん手術検体におけるスフィンゴリン脂質の定量

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   471 - 471   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 肥満によって促進される乳癌の血管新生に対する抗スフィンゴシン-1-リン酸受容体治療

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   258 - 258   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血清および組織中セラミド濃度の意義について

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   547 - 547   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の経過中に発見された大腸腫瘍に対する治療戦略

    堀田 真之介, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 寛, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 062   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 卵巣癌の直腸浸潤に対する直腸合併切除の検討

    八木 寛, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 051   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡的切除後pT1b胃癌における簇出はリンパ節転移と関連するか?

    岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 八木 亮磨, 田島 陽介, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 臼井 賢司, 須藤 翔, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 130   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 検診発見および自己発見乳癌の臨床病理学的特徴と長期成績

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 170   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 中島 真人, 辰田 久美子, 土田 純子, 諸 和樹, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 042   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 2 )   235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、女性。検診で右乳房腫瘤を指摘され、当科を受診した。精査で非浸潤性乳管癌と診断され、右乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術後病理組織学的検査では診断に苦慮したが、最終的に乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌と診断した。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別は難しく病理診断上しばしば問題となる。本症例のように乳管腺腫を背景としてアポクリン癌を合併することもあり、良悪性の判別には注意を要する。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別が困難な場合は診断を兼ねた完全切除が望ましいと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20160225470018&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術前化学療法による薬剤性肺障害のためハルステッド手術を選択した局所進行乳癌の1例

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し当科を受診した。精査の結果、左乳癌cT4bN3(左腋窩、胸筋間、左鎖骨上リンパ節転移陽性)、M0、cStage IIIcと診断され、針生検診断は浸潤性乳管癌、サブタイプはトリプルネガティブであった。術前化学療法としてadriamycin+cyclophosphamide(AC)療法4コースを施行したが、grade 2の薬剤性肺障害が出現したため継続を断念した。遠隔転移を認めなかったことから、局所制御に重点を置いた治療方針の下、ハルステッド手術、術後放射線療法を施行した。9ヵ月経過した現在も再発を認めていない。化学療法有害事象発生例においては、患者の状態に合わせ施行可能な治療法を選択することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470119&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Development of the autologous islet transplantation model with miniature swine

    Zhengkun Zhang, Kohei Miura, Takuya Ando, Kazuki Moro, Yuki Hirose, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Shinichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    XENOTRANSPLANTATION   22   S173 - S173   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • DEVELOPMENT OF THE AUTOLOGOUS ISLET TRANSPLANTATION MODEL WITH MINIATURE SWINE

    Zhengkun Zhang, Kohei Miura, Takuya Ando, Kazuki Moro, Yuki Hirose, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Shinichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    TRANSPLANTATION   99 ( 11 )   S287 - S287   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • マンモグラフィ検診開始年齢に関する検討 日米比較より

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   907 - 907   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるセンチネルリンパ節生検、色素法単独と色存・RI併用法の再検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   807 - 807   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移と腫瘍浸潤径の関連

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   808 - 808   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • サイトメガロウイルス感染による直腸潰瘍の1例

    諸 和樹, 島田 能文, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1053 - 1053   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 保存的に軽快した鈍的外傷による甲状腺血腫の一例

    小山 諭, 永橋 昌幸, 辰田 久美子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   32 ( Suppl.2 )   S276 - S276   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 乳房切除後疼痛症候群に対する胸筋ブロック(PECSB)の有効性の検討 前向き二重盲検無作為化比較試験

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   304 - 304   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 手術により精神症状の著明な改善を認めた傍腫瘍性神経症候群合併乳癌の一例

    日紫喜 万理子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   738 - 738   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 高齢者Triple negative乳癌の治療 若年者との比較

    小山 諭, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   449 - 449   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎患者の人工肛門造設術後ストーマサイズの経時的変化

    諸 和樹, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 71   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • MRIで発見された乳癌骨梁間型骨転移の1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1810   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 膵内副脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸 和樹, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 7 )   401 - 407   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は35歳男性。検診腹部エコーで脾門部に2cm大の腫瘤を指摘された。2年後検診で腫瘤の増大傾向を認め、腹部造影CT検査で膵尾部に44mm大の多房性分葉状腫瘤を認めた。血算・生化学・凝固系、腫瘍マーカー、各種ホルモン値は正常範囲内であった。SPIO造影MRIを施行したが、腫瘍より尾側におけるT2強調画像信号低下を確認したのみで、確定診断を下すことができなかった。腹腔鏡下膵尾部切除を施行し、術後病理診断で膵内副脾に生じた類上皮嚢胞と診断された。診断に苦渋した1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20160108140009&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012907%2F009%2F0401-0407%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012907%2F009%2F0401-0407%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術後に傍腫瘍性神経症候群が強く疑われた乳癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   746 - 746   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 甲状腺乳頭癌に対する甲状腺亜全摘術と全摘術の比較

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1809   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 下大静脈高度圧排をきたした巨大後腹膜漿液性嚢胞の1例

    阿部 馨, 皆川 昌広, 諸 和樹, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 諸 和樹, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   326 - 330   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され、その3年後に骨転移が出現し、初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する。症例は61歳、男性。他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され、術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた。しかし、術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現、その後、下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ、術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった。経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた。甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている。濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44091

  • 乳癌手術における胸筋神経ブロックの有用性 食事摂取と鎮痛の面から

    小山 諭, 紙谷 義孝, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 馬場 洋, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   49 ( 3 )   174 - 174   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し、切除標本マンモグラフィーが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   331 - 336   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    近年、マンモグラフィー検診の普及に伴い、非触知乳癌の発見率が上昇してきている。非触知乳癌の中には、石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ:DCIS)も多く含まれるが、石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり、手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い。臨床上、実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは、その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である。今回、石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し、術中に切除標本のマンモグラフィーを撮影し、石灰化病変が切除できていることを確認できた症例を経験した。症例は51歳、女性。検診マンモグラフィーで右乳房の石灰化を指摘され、ステレオガイド下マンモトーム生検を施行し乳癌と診断された。超音波検査では石灰化病変の描出は困難であったが、マンモトーム生検時に留置したクリップ部位をマーキングし、乳房温存手術を施行した。術中に切除標本マンモグラフィーを施行し、ターゲットとした石灰化病変が切除できていることを確認して手術を終了した。術後病理診断でも術前に予測した石灰化病変が完全に切除できていることを確認できた。切除標本マンモグラフィーは、簡便に石灰化病変の切除範囲の確認が可能な方法として有用であり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44092

  • 乳癌センチネルリンパ節転移陽性例における非センチネルリンパ節転移の危険因子

    諸 和樹

    新潟医学会雑誌   129 ( 5 )   245 - 255   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    センチネルリンパ節生検(sentinel node biopsy:SNB)は術前評価で原発巣T1-T2、かつ臨床的N0症例では標準手技となっている。センチネルリンパ節転移が陽性であった場合は、センチネルリンパ節以外の腋窩リンパ節(非センチネルリンパ節)にも転移の危険があるため、腋窩郭清を行うことが一般的な治療指針とされてきた。しかし近年、欧米の大規模な前向き臨床試験の結果により、センチネルリンパ節転移個数が2個以下の場合や、センチネルリンパ節転移巣が2mm以下の微小転移の場合では腋窩郭清を省略しても、郭清を行った場合と比較して予後に影響を与えないことから、今後は腋窩郭清を省略する方向に向かうことが予想される。しかし、センチネルリンパ節転移個数が2個以下の場合に、センチネルリンパ節以外の腋窩リンパ節である非センチネルリンパ節に転移が無いのか、あるいは転移の危険が少ないのか、については完全に明らかにされてはいない。したがって、センチネルリンパ節転移個数が2個以下での腋窩郭清の省略の安全性も確実ではないと考えられる。今回我々は、乳癌センチネルリンパ節転移陽性例における、さまざまな臨床病理学的因子と非センチネルリンパ節転移の有無との関連について調べ、また、乳癌センチネルリンパ節転移個数が非センチネルリンパ節転移を予測するのに有用であるか否かを検討した。2010年〜2013年の期間に当科でセンチネルリンパ節生検を行った浸潤性乳管癌症例のうち、センチネルリンパ節転移が陽性で腋窩郭清が施行され、年齢、腫瘍浸潤径、核異型度、脈管侵襲の有無、ホルモン受容体発現、Her2受容体発現、Ki-67標識率などの臨床病理学的因子の検索が全て施行されている症例を検討の対象とした。非センチネルリンパ節転移と年齢、腫瘍浸潤径、核異型度、脈管侵襲の有無、ホルモン受容体発現、Her2受容体発現、subtype分類、Ki-67標識率などの臨床病理学的因子との関連を調べた。また、センチネルリンパ節摘出個数、センチネルリンパ節転移個数と非センチネルリンパ節転移との関連についても検討を行った。統計学的解析はMann-Whitney U検定、カイ2乗検定、およびロジスティック回帰モデルによる多変量解析を用いた。統計学的判定はP<0.05を有意とした。該当期間のセンチネルリンパ節生検施行症例は310例であり、そのうち309例でセンチネルリンパ節を同定することができた(同定率99.7%)。センチネルリンパ節同定症例のうち46例(14.9%)がセンチネルリンパ節転移陽性であった。腫瘍浸潤径の平均は、全体で27.5±21.3mmであり、非センチネルリンパ節転移陽性例では転移陰性例に比し有意差はないものの腫瘍径が大きい傾向があった(34.5±26.3mm vs 21.5±13.8mm;P=0.0603)。非センチネルリンパ節転移の有無は脈管侵襲(リンパ管侵襲・静脈侵襲)と有意な関連を認めたが(P=0.0274)、年齢、核異型度、ホルモン受容体発現、Her2発現、subtype分類、Ki-67標識率との関連は認められなかった。摘出されたセンチネルリンパ節個数は2.9±1.7個(中央値3個)であり、転移陽性センチネルリンパ節個数は1.5±0.8個(中央値1個)であった。センチネルリンパ節転移陽性46例の全例で腋窩リンパ節郭清が施行されたが、非センチネルリンパ節転移陽性は21例、転移陰性が25例であった。また、郭清された非センチネルリンパ節個数は全体で13.3±2.2個(中央値12個)であり、非センチネルリンパ節転移個数は3.2±5.2個(中央値1個)であった。摘出されたセンチネルリンパ節個数は非センチネルリンパ節転移陰性例と陽性例で差を認めなかったが(2.8±1.7個vs3.0±1.0個;P=0.5571)、転移陽性センチネルリンパ節個数は非センチネルリンパ節転移陰性例に比し陽性例で有意に多かった(1.2±0.5個:中央値1個vs1.8±1.7個:中央値2例;P=0.0086)。さらにセンチネルリンパ節転移個数2個以下と3個以上の2群について、非センチネルリンパ節転移との関連を検討したが、有意な関連は認めなかった。しかし、センチネルリンパ節転移個数1個以下と2個以上の2群で検討したところ、センチネルリンパ節転移個数が2個以上では有意に非センチネルリンパ節転移の割合が高かった。単変量解析でセンチネルリンパ節転移の有無と有意な関連を認めた脈管侵襲、およびセンチネルリンパ節転移個数について、ロジスティック回帰モデルによる多変量解析を行った。センチネルリンパ節転移のリスクは、脈管侵襲(LVI)では脈管侵襲ありが脈管侵襲なしに対しハザード比3.868(P=0.068、95%信頼区間0.905-16.531)であった。一方、センチネルリンパ節転移個数ではセンチネルリンパ節転移個数2個以上では、1個以下に対しハザード比4.845(P=0.030、95%信頼区間1.164-20.167)であり、センチネルリンパ節転移個数は非センチネルリンパ節転移の独立した予測因子であることが示された。乳癌センチネルリンパ節生検において、脈管侵襲とセンチネルリンパ節転移個数は非センチネルリンパ節転移の危険性を予測する因子であり、センチネルリンパ節転移陽性例では腋窩郭清を行うべきである。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44071

  • 乳腺・内分泌 肥満はスフィンゴシン-1-リン酸を癌微小環境において増加させる

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 045   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 229   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 高齢者HER2陽性乳癌の治療 若年者との比較

    諸 和樹, 小山 諭, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 114   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 医師に対して必要な臨床栄養教育は行われているのか? 臨床における栄養学教育の現実と展望

    小山 諭, 諸 和樹, 若井 俊文

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 1 )   249 - 249   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 食道癌術後早期経腸栄養における低脂質含有栄養剤による乳び流出の予防効果

    諸 和樹, 小山 諭, 若井 俊文

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 1 )   294 - 294   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 膵内異所性脾に生じた類上皮嚢胞の1例

    諸 和樹, 皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3399 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院で手術を施行した閉鎖孔ヘルニア46例の検討

    諸 和樹, 田島 陽介, 川原 聖佳子, 新国 恵也, 河内 保之, 西村 淳, 牧野 成人, 北見 智恵, 臼井 賢司

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3400 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後多発リンパ節転移に対し、化学療法施行後に切除をし得た1例

    平島 浩太郎, 坂田 純, 三浦 宏平, 諸 和樹, 相馬 大輝, 番場 竹生, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   539 - 539   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ホルモン療法が奏功した肝硬変併存広範なDCISの1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   794 - 794   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳管腺腫との鑑別に苦労した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 羽生 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌弘, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   683 - 683   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • チーム医療賞 最優秀演題賞

    2022年9月   第5回日本腫瘍循環器学会   アントラサイクリン心筋症の早期発見と心不全発症予防のための地域連携の開始

    新潟県立がんセンター新潟病院, 腫瘍循環器科, 新潟大学循環器内科, 新潟大学腫瘍内科, 新潟大学消化器, 一般外科, 新潟市民病院乳腺外科

     詳細を見る

  • 優秀ポスター賞

    2022年7月   第30回日本乳癌学会学術総会   県内における遺伝性乳癌卵巣癌症候群への取り組みと現状

    新潟大学消化器・一般外科 諸 和樹

     詳細を見る

  • Surgical Case Reports優秀論文賞

    2021年3月   日本外科学会  

    新潟大学消化器・一般外科 諸 和樹

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • トリプルネガティブ乳癌における変異シグネチャー解析の臨床病理学的意義の解明

    研究課題/領域番号:22K08748  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    土田 純子, 諸 和樹, 島田 能史, 遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 凌 一葦, 利川 千絵, 須貝 美佳

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 不均一性の強い胃癌のHER2関連遺伝子異常を高精度に同定可能とする人工知能の開発

    研究課題/領域番号:22K07274  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    臼井 賢司, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 島田 能史, 梅津 哉, 市川 寛, 坂田 純, 加納 陽介, 須貝 美佳, 奥田 修二郎

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるTP53と脂質分子の相補的な細胞制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K19522  2021年7月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    永橋 昌幸, 奥田 修二郎, 阿部 学, 諸 和樹, 土田 純子

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    researchmap

  • HER2陽性胆嚢癌の遺伝子異常の包括的癌関連パスウェイ解析とその臨床的意義の解明

    研究課題/領域番号:21K08770  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坂田 純, 若井 俊文, 島田 能史, 滝沢 一泰, 市川 寛, 三浦 宏平, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 石川 博補

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 消化器癌のゲノム高次元データ解析システムを基盤とした深層学習による人工知能の開発

    研究課題/領域番号:21H02998  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    若井 俊文, 奥田 修二郎, 諸 和樹, 島田 能史, 永橋 昌幸, 松田 康伸, 市川 寛, 坂田 純

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    researchmap

  • セラミドによる免疫制御機構を応用した膵島移植における膵島生着延長の試み

    研究課題/領域番号:20K21628  2020年7月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    小林 隆, 木下 義晶, 松田 康伸, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 諸 和樹

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究はセラミドによる免疫制御機構を応用した膵島移植における膵島生着延長の試みる研究である。脂質メディエーターの一種であるセラミドがTリンパ球の一種である制御性T細胞の機能維持に重要であるとの知見(Nat Immunol 2016)を踏まえ、1型糖尿病に対する細胞治療である膵島移植において、セラミドによる制御性T細胞の活性化、機能維持により移植した膵島細胞の生着延長効果が認められるかどうかについて、検討を予定していた。しかしながら、マウスを用いた自家膵島移植の系が十分に確立できず、今年度予定されていた実験が遅延した。本来は、セラミドの違いによる膵島移植の生着効果を検証する実験を予定していた。具体的には、自家膵モデルをモデルをプラセボ群、セラミド投与群、グリコシルセラミド投与群の3群に分けて、局所免疫動態をフローサイトメトリー、及び、免疫組織学的に解析する予定であった。原因としては、様々な研究環境に制限がかかる状況となり、マウスの自家膵島移植の系について十分に確立できなかったため、セラミド投与の検証、解析に移行することができず、実験の進捗遅延につながった。
    一方、本研究課題の今後の推進方法であるが、現時点で研究計画の変更は予定していない。今年度の研究に制限がかかる様々な状況も、報告書記載時点では克服されつつあり、以前と変わらない研究環境が整備された。従って今年度の遅延を取り戻すべく、今後は次年度前半に今年度予定された実験系を行い、後半にはもともと次年度予定されていた実験系を行う方針とした。具体的には、次年度前半に今年度実施を予定していたセラミドの違いによる膵島移植の生着効果を検証することとし、後半には、セラミド投与方法による違いを検証する実験を予定し研究を推進する。

    researchmap

  • 膵癌患者の免疫微小環境における脂質メディエーター分子の役割と臨床的意義

    研究課題/領域番号:20K09099  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    滝沢 一泰, 油座 築, 廣瀬 雄己, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 坂田 純, 三浦 宏平, 長櫓 宏規

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究の目的は、腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の役割を解明し、その臨床的意義を明らかにし、治療応用のための研究基盤を築くことである。そのために、「膵癌患者におけるS1Pと腫瘍免疫微小環境との関連性とその臨床的意義の解明」および「S1Pによる腫瘍免疫微小環境制御機構の解明とS1P標的治療の可能性の検討」を遂行する。
    令和2年の研究実施計画では、「膵癌患者におけるS1Pと腫瘍免疫微小環境との関連性とその臨床的意義の解明」について、膵癌手術検体を用いた免疫組織化学とリピドミクスを行い、S1Pを含めた脂質メディエーターと腫瘍微小環境との関連性と、その臨床的意義について検討することとした。これに関して、膵癌腫瘍組織に対するリン酸化SphK1抗体を用いた免疫組織化学染色にて、S1P発現を評価した。全120例の免疫組織化学を行い、S1P発現の評価法プロトコールを作成し、30症例について臨床的意義を解析した。S1P発現により高発現群と低発現群の2群間にわけて検討すると、高発現群ではリンパ管侵襲が多い傾向にあった。また、高発現群の方が生存期間が短い傾向にあった。
    「S1Pによる腫瘍免疫微小環境制御機構の解明とS1P標的治療の可能性の検討」については、研究計画ではCRISPR/Cas9遺伝子編集技術を用いて作製したS1P産生酵素ノックアウト(SphK1KO)膵癌細胞株及びSphK1KOマウスを用いて癌移植実験を行い、癌の発育進展と微小環境を解析することとしていた。これに関し、SphK1KOマウスの作成を行った。その評価については今後解析する。

    researchmap

  • グルコシルセラミド分子機構の乳癌免疫微小環境における役割と臨床的意義

    研究課題/領域番号:20K17578  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    諸 和樹

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    グルコシルセラミドは脂質メディエーターの一つであり,細胞損傷を受けると細胞外へ放出され、獲得免疫応答を活性化させる。我々の研究ではヒト乳癌腫瘍部組織においてグルコシルセラミド濃度及びグルコシルセラミド合成酵素遺伝子UGCGの発現が高く、腫瘍免疫微小環境における獲得免疫応答への関与が示唆された。化学療法は乳癌進展を抑制するが、グルコシルセラミドとの関連については明らかになっていない。
    本年度は乳癌患者における血清グルコシルセラミド濃度測定の臨床的意義について検討を行った。新潟大学医歯学総合病院消化器・一般外科学分野で2016年3月から2017年10月の間に乳癌手術を施行した179例を対象とした。術前化学療法(以下NAC)の有無やTNM分類(乳癌取扱い規約第18版)を含め、臨床病理学的因子とグルコシルセラミド濃度とを比較検討した。血清グルコシルセラミド濃度はNAC群が非NAC群よりも有意に高かった(P=0.001)。NAC群における臨床学的因子の検討では、グルコシルセラミド濃度はクリニカルステージIIIの症例がクリニカルステージIIの症例よりも有意に高かった(P=0.044)。グルコシルセラミド濃度はクリニカルN2以上の症例がクリニカルN1の症例よりも高い傾向を認めた(P=0.067)。組織学的治療効果判定および血清腫瘍マーカー、病理学的グレード分類において有意差は認めなかった。本研究によって血清グルコシルセラミド濃度は化学療法を受けることにより高くなり、とりわけ進行度の高い癌において高い傾向があることが明らかになった。

    researchmap

  • 乳癌免疫微小環境における脂質メディエーター分子の役割解明と治療応用を目指した研究

    研究課題/領域番号:19H03714  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    永橋 昌幸, 奥田 修二郎, 阿部 学, 諸 和樹, 崎村 建司, 三好 康雄, 若井 俊文, 土田 純子, 五十嵐 道弘

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    近年、乳癌の転移・再発における腫瘍免疫微小環境の働きが注目されている。腫瘍免疫微小環境においては、癌を抑制する免疫細胞と、癌に対する免疫を抑制し癌の進展を促進する免疫細胞とが存在する。癌を抑制する免疫細胞として腫瘍浸潤リンパ球(TIL)があり、TILが多い癌では転移が抑制される。癌の免疫逃避に重要な役割を果たす免疫細胞には、制御性T細胞(Treg)や骨髄由来免疫抑制細胞(Myeloid derived suppressor cell; 以下、MDSC)等が知られ、癌の転移・再発を促進する。S1Pは腫瘍免疫微小環境において、癌細胞を制御するこれらの免疫細胞に影響を及ぼしている可能性が示唆され、本研究で追究する。申請者は、「乳癌患者の腫瘍免疫微小環境において脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)が重要な役割を担っている」と仮説を立て、本研究を企画した。本研究の目的は、腫瘍免疫微小環境におけるS1Pの役割を解明し、その臨床的意義を明らかにして治療応用のための研究基盤を築くことである。本研究課題では、SphK1KO細胞をSphK1KOマウスに移植する実験を行い、腫瘍微小環境におけるS1Pの重要性が示唆された。免疫微小環境におけるS1Pの作用機構について解析し、免疫逃避機構(PD-1、PD-L1発現)との関連について解析中である。また、患者検体でS1Pを含むリピドミクス解析を行い、臨床病理学的因子との関連を解析した。さらに、TCGA及び自験例におけるバイオインフォマティクス解析により、腫瘍免疫微小環境におけるS1Pの新たな関係を発見し、現在解析を進めている。

    researchmap

  • 周術期の脂肪乳剤投与による血清カルニチン動態およびL-カルニチン製剤投与の効果

    研究課題/領域番号:15K10047  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小山 諭, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 若井 俊文, 三浦 宏平, 小杉 伸一, 小林 隆, 小松 雅明

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    静脈栄養においても、経腸栄養においても基本的に不可欠な主要栄養素の1つである脂質を有効に利用できれば手術後の侵襲下においても患者の回復に役立つ。手術後静脈栄養の際、脂肪乳剤に加えL-カルニチンを投与することにより第3~7病日での炎症反応物質であるCRPが有意に低下することより、術後の炎症反応からの離脱に有用な可能性を示した。
    また、経腸栄養においては、食道癌術後経腸栄養開始の際に低脂質含有栄養剤を使用することにより、術後回復が有意に早く進み、また、術後合併上の1つである乳び胸の予防に有用である可能性を示した。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 基礎配属 動物実験

    2022年9月
    -
    現在
    機関名:新潟大学医学部

     詳細を見る

  • 基礎配属 細胞実験・動物実験

    2021年9月
    -
    2021年10月
    機関名:新潟大学医学部

     詳細を見る

  • 乳腺外科

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学医歯学総合病院

     詳細を見る

 

社会貢献活動

  • 「あなたががんになる前に、なった後に、できること」

    役割:運営参加・支援

    新潟日報社  2022年9月

     詳細を見る

  • リレーフォーライフにいがた

    役割:運営参加・支援

    リレーフォーライフジャパン  2018年9月

     詳細を見る