2021/12/04 更新

写真a

オオタ コウジ
太田 紘史
OTA Koji
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
現代社会文化研究科 現代文化専攻 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2011年11月   京都大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文学部   准教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 現代文化専攻   准教授

    2015年4月 - 現在

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2015年4月 - 現在

委員歴

  • 科学基礎論学会   評議員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 科学基礎論学会   編集委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本科学哲学会   評議員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 応用哲学会   理事  

    2018年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Frankfurt-Style Cases and Moral Responsibility: A Methodological Reflection 査読

    Koji Ota

    International Journal of Philosophical Studies   1 - 25   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/09672559.2021.1924226

    researchmap

  • 二つの倫理学領域における進化的暴露論証:対比と反省 招待

    太田紘史

    社会と倫理   近刊   2021年

     詳細を見る

  • Phylogenetic Distribution and Trajectories of Visual Consciousness: Examining Feinberg and Mallatt’s Neurobiological Naturalism 査読

    Koji Ota, Daichi G Suzuki, Senji Tanaka

    Journal for General Philosophy of Science   (forthcoming)   2021年

     詳細を見る

  • Neuroscientific threat to free will as non-veridicality of agentive experience 査読 国際誌

    Koji Ota

    Journal of Mind and Behavior   41 ( 2 )   109 - 130   2020年

     詳細を見る

    Libet-style experiments appear to present a threat to free will, establishing that conscious will to voluntary action is causally preceded by non-conscious brain activity. However, philosophers have proposed many objections to this threat, focusing on conceptual gaps between the non-reality of free will and the relevant neural event sequence. Contrary to this philosophical tendency, I argue that the neural event sequence, if empirically established, poses a threat to free will. However, the threat should be reconceptualized as the idea that our actions are not freely willed in the way we experience them, as suggested by Benjamin Libet. To develop this idea, I characterize the phenomenology of agentive experience and argue that our agentive experience turns out to be non-veridical in light of the relevant neural event sequence. The resultant argument seems invulnerable to the existing objections and their adaptations.

    researchmap

  • How do Japanese conceptualize free will? A case study of the free description method 査読

    Takumi Watanabe, Koji Ota, Kaori Karasawa

    Journal of Human Environmental Studies   17 ( 1 )   79 - 84   2019年

     詳細を見る

    自由意志に関する信念は責任帰属や自己コントロールなど、われわれの社会生活で重要な機能を果たすことがこれまでに提起・実証されている。しかし、「自由意志」が何を意味するのか、という根本的な問題について、個々の研究者の想定は異なっている。そこで、本研究は人々の自由意志概念を構成する具体的な要素について、Monroe and Malle(2010)にもとづき、自由記述の方法を通じて検証をおこなった。大学生301名の回答をコーディングした結果、人々の自由意志概念の主要な要素は他行為可能性(「複数の行為が可能である」ということ)、行為者性(「自分の心理状態が行為を引き起こす」ということ)、制約からの自由(「内外の要因に制約されずに行動する」ということ)の3つであることが明らかになった。つまり、人々にとって自由意志とは、「何ものにも拘束されず、自分の心理状態にそって行為を選択する」ということを基本的に意味すると示唆される。これらの結果にもとづき、考察では心理学の先行研究や哲学領域の知見との整合性について議論した。

    researchmap

  • 物理主義者であるとはどのようなことか : 鈴木貴之『ぼくらが原子の集まりなら,なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』を評して 招待 査読

    太田 紘史

    科学哲学   52 ( 1 )   143 - 162   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学哲学会 ; 1968-  

    鈴木貴之は最近の著書において、意識のハード・プロブレムに対する新たな物理主義的解決策を提案しており、そこでは内在的な表象概念の導入を通じたクオリアの表象主義的分析が展開されている。この書評では、彼がとることになる立場の形而上学的性格を批判的に検討するとともに、それが物理主義にとって核心となるテーゼをどれくらい満たしているのかについて疑問を呈示する。教訓とすべきは、物理主義と現象原理の間に重大な緊張関係であるということであり、現象原理の是認が予期せぬ仕方で問題含みの立場へと我々を導くということである。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 物理主義を論駁することの難しさについて 招待

    太田 紘史

    現代思想   46   267 - 277   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:青土社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 意識をめぐる物理主義と反物理主義のバトルライン 招待

    太田 紘史

    現代思想   45   133 - 153   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:青土社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 一般的・個人的自由意志尺度 (Free Will and Determinism Scale: FWDS) 日本語版の作成 査読

    渡辺 匠, 松本 龍児, 太田 紘史, 唐沢 かおり

    パーソナリティ研究   24 ( 3 )   228 - 231   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This article describes the development and validation of a Japanese version of the Free Will and Determinism Scale (FWDS) to measure people's beliefs about free will. The scale was evaluated with two samples of 166 and 171 undergraduates. The resulting data fit the two-factor model with general free will as one factor and personal free will as the other. Furthermore, only personal free will was associated with self-control, consistent with expectations indicating the test's validity.

    DOI: 10.2132/personality.24.228

    researchmap

  • 自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから:哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見 査読

    渡辺 匠, 太田 紘史, 唐沢 かおり

    社会心理学研究   31 ( 1 )   56 - 69   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Social psychologists have recently begun to explore the problem of free-will beliefs. Philosophers have been working on the problem of free will over the ages, and studies of social psychologists on free-will beliefs are based on past philosophical theories. Meanwhile, philosophers not only argue over the theoretical issue of free will but also engage with the research program of experimental philosophy. This program shares the methodology of social psychology, and experimental investigation of belief in free will is proceeding at a rapid pace. In consideration of the above arguments, it seems obvious that social psychologists need to collaborate with philosophers on the problem of free-will beliefs. The authors therefore review the findings of each discipline and construct a model of people’s free-will beliefs. In this model, we consider free-will beliefs as composed by alternative possibility and agency, and these components function to promote attribution of moral responsibility, self-control, and social fit.

    DOI: 10.14966/jssp.31.1_56

    Scopus

    researchmap

  • How (not) to draw philosophical implications from the cognitive nature of concepts: the case of intentionality 査読

    Kazuki Iijima, Koji Ota

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION  

    Philosophers have often appealed to intuitive judgments in various thought experiments to support or reject particular theses. Experimental philosophy is an emerging discipline that examines the cognitive nature of such intuitive judgments. In this paper, we assess the methodological and epistemological status of experimental philosophy. We focus on the Knobe effect, in which our intuitive judgment of the intentionality of an action seems to depend on the perceived moral status of that action. The debate on the philosophical implications of the Knobe effect has been framed in terms of the distinction between the competence and performance of the concept of intentionality. Some scholars seem to suggest that the Knobe effect reflects the competence (or otherwise, the performance error) of the concept of intentionality. However, we argue that these notions are purely functional and thus do not have philosophical implications, without assuming normativism, which we see as problematic in a psychological methodology. Finally, focusing on the gap between competence and rationality, we suggest future directions for experimental philosophy.

    DOI: 10.3389/fpsyg.2014.00799

    Web of Science

    researchmap

  • 脳への機械介入による心理的変化について 査読

    太田 紘史

    哲学・科学史論叢   16   83 - 99   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 概念の能力と合理性 : 実験哲学は心理学以上の含意を持つか (特集 生物としての人間と哲学・地球惑星科学の科学史(続)) 査読

    飯島 和樹, 太田 紘史

    Nagoya journal of philosophy   11   39 - 61   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 直観的な道徳判断における抽象性と具体性の問題 査読

    太田 紘史

    哲学論叢   ( 40 )   129 - 140   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 意識と時間 : 表象説からのアプローチ 査読

    太田 紘史, 佐金 武

    科学基礎論研究   39 ( 1 )   1 - 11   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Temporality is an essential part of our conscious experience. Indeed, it is difficult to conceive of a conscious individual who does not know what it's like to "experience time." For instance, we know what it's like to see bubbles in a glass rising up to the surface, to hear music playing, and even to feel time passing. In this paper, we first clarify three temporal characteristics of conscious experience: change, duration, and direction. Next, we criticize a memory-based account of those characteristics and suggest a representationalist account as an alternative approach. We also consider some objections to the representationalist account raised by B. Dainton, and try to reply to them. Finally, we give an outline of a systematic representationalist theory of all the three temporal characteristics.

    CiNii Article

    researchmap

  • 意識経験の現象的統一 : 表象主義的アプローチとその問題 査読

    太田 紘史, 佐金 武

    Contemporary and Applied Philosophy   3   1 - 27   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    In this study, we will examine the "unity of consciousness," focusing on its phenomenological aspect: the "phenomenal unity." Although we agree with the representationalist idea of unity, we will argue that we should be neutral on the individuation of phenomenally unified experiences. In addition, we will point out that the representationalist idea is incompatible with the idea concerning consciousness that has been recently suggested by functionalists. We will consider two options for this problem: one is to abandon the functionalist idea and another is to deny a phenomenologically plausible thesis about unity. Each option has significant implications on understanding certain empirical studies such as the split-brain syndrome.

    CiNii Article

    researchmap

  • 質的意識の表象説 査読

    太田 紘史

    哲学研究   ( 592 )   42 - 63   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 高階思考と質的意識 査読

    太田 紘史

    哲学研究   ( 589 )   51 - 76   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 身体知覚はいつ感情になるのか? --視覚意識と情動意識の中間レベル説に対する疑問--

    太田 紘史

    京都大学文学部哲学研究室紀要 : Prospectus   12   18 - 31   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 知識論証に対するタイプA物理主義的応答 査読

    太田 紘史

    哲学論叢   ( 37 )   94 - 105   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 反機能主義者であるとはどのようなことか 査読

    太田 紘史, 山口 尚

    Contemporary and Applied Philosophy   2   1001 - 1017   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Ned Block has dedicated himself to many topics of philosophy of mind in the past thirty years. We survey his contribution to the philosophical investigations of mind, consciousness and qualia by taking up principal papers contained in his Consciousness, Function, and Representation: Collected Papers, Volume 1 (2007, Cambridge, MA: MIT Press). The article is divided into five sections. In section 1, we explain what functionalism is and take up Block's refutation of this position. In section 2 and 3, we introduce Block's analysis of consciousness based on his anti-functionalism and consider how he applies this analysis to several new findings in contemporary scientific consciousness research. In section 3, we consider a series of his arguments against representationalism. In section 4, we formulate the harder problem of consciousness which Block regards as an obstacle to his position.

    CiNii Article

    researchmap

  • 現象性へのアクセス 査読

    太田 紘史

    哲学論叢   ( 35 )   70 - 81   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 意識の表象理論

    太田 紘史

    哲学論叢   ( 34 )   102 - 113   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 経験科学における多重実現と多様性探求 査読

    太田 紘史

    哲学論叢   ( 33 )   79 - 90   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • ユーモア解体新書 : 笑いをめぐる人間学の試み

    佐金, 武, 佐伯, 大輔, 高梨, 友宏( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章「ユーモアは不道徳だとつまらなくなってしまうのか:面白さの存在論と倫理学」)

    清文堂出版  2020年9月  ( ISBN:9784792414788

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 274p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 実験哲学入門

    鈴木 貴之( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章「自由意志の実験哲学」pp.67–88; 第7章「道徳の実験哲学2––メタ倫理学」pp.139–154)

    勁草書房  2020年6月  ( ISBN:9784326102822

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 201p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • メタ倫理学の最前線

    蝶名林 亮( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第11章「我々は客観主義者なのか?--メタ倫理学への実験哲学的アプローチ」, pp.319-343)

    勁草書房  2019年9月  ( ISBN:9784326102754

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • <概念工学>宣言! : 哲学×心理学による知のエンジニアリング

    戸田山 和久, 唐沢 かおり( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章2節「自由意志の概念を工学する:哲学側からの応答」, pp.127-148)

    名古屋大学出版会  2019年3月  ( ISBN:9784815809416

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ワードマップ 心の哲学

    信原 幸弘, 信原 幸弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「現象的概念」, pp.126-129;「意識の統一性」, pp.13-143)

    新曜社  2017年7月  ( ISBN:4788515253

     詳細を見る

    総ページ数:301  

    ASIN

    researchmap

  • 時間・自己・物語

    信原 幸弘, 信原 幸弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章「主観的な現在をめぐる哲学的論争:意識の流れからポストディクションまで」, pp.37-80)

    春秋社  2017年6月  ( ISBN:439332370X

     詳細を見る

    総ページ数:288  

    ASIN

    researchmap

  • 意識の諸相 下

    太田 紘史, 源河 亨, 佐金 武, 佐藤 亮司, 前田 高弘, 山口 尚( 担当: 共訳)

    春秋社  2016年9月  ( ISBN:4393323483

     詳細を見る

    総ページ数:403  

    ASIN

    researchmap

  • 意識の諸相 上

    太田 紘史, 源河 亨, 佐金 武, 佐藤 亮司, 前田 高弘, 山口 尚( 担当: 共訳)

    春秋社  2016年9月  ( ISBN:4393323475

     詳細を見る

    総ページ数:363  

    ASIN

    researchmap

  • モラル・サイコロジー: 心と行動から探る倫理学

    太田 紘史, 太田 紘史( 担当: 編集 ,  範囲: 序論「モラル・サイコロジーの展開」pp.3-27; 第5章「道徳直観は信頼不可能なのか」, pp.219-269)

    春秋社  2016年5月  ( ISBN:4393323653

     詳細を見る

    総ページ数:456  

    ASIN

    researchmap

  • シリーズ 新・心の哲学III 情動篇

    信原 幸弘, 太田 紘史, 信原 幸弘, 太田 紘史( 担当: 共編者(共編著者))

    勁草書房  2014年5月  ( ISBN:4326199237

     詳細を見る

    総ページ数:248  

    ASIN

    researchmap

  • シリーズ 新・心の哲学I 認知篇

    信原 幸弘, 太田 紘史, 信原 幸弘, 太田 紘史( 担当: 共編者(共編著者))

    勁草書房  2014年5月  ( ISBN:4326199210

     詳細を見る

    総ページ数:275  

    ASIN

    researchmap

  • シリーズ 新・心の哲学II 意識篇

    信原 幸弘, 太田 紘史, 信原 幸弘, 太田 紘史( 担当: 共編者(共編著者))

    勁草書房  2014年5月  ( ISBN:4326199229

     詳細を見る

    総ページ数:324  

    ASIN

    researchmap

  • The Future of Bioethics: International Dialogues

    Akira Akabayashi, Akira Akabayashi( 担当: 共著)

    Oxford University Press  2014年3月  ( ISBN:0199682674

     詳細を見る

    総ページ数:816  

    ASIN

    researchmap

  • 進化論はなぜ哲学の問題になるのか

    松本 俊吉, 松本 俊吉( 担当: 共著)

    勁草書房  2010年7月  ( ISBN:4326101989

     詳細を見る

    総ページ数:233  

    ASIN

    researchmap

  • セックス・アンド・デス―生物学の哲学への招待

    太田 紘史, 大塚 淳, 田中 泉吏, 中尾 央, 西村 正秀( 担当: 共訳)

    春秋社  2009年7月  ( ISBN:4393323238

     詳細を見る

    総ページ数:350  

    ASIN

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 意識の価値に関する哲学的諸見解は使い物になるか

    太田紘史

    科学基礎論学会 2021年度総会ワークショップ「ヒト脳オルガノイドの道徳的地位に関する基礎的検討」  2021年6月 

     詳細を見る

  • 脳オルガノイド倫理にとって意識の重要性はどこにあるのか

    太田紘史

    応用哲学会第13回年次研究大会  2021年5月 

     詳細を見る

  • 功利主義は進化論的暴露から逃れられない

    太田紘史, 笠木雅史

    日本科学哲学会第52回年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

  • Methodological Reflection on the Frankfurt-style Cases 招待

    Koji Ota

    8th Nagoya Meta-Philosophy Workshop  2019年9月 

     詳細を見る

  • Libet-style experiments and the phenomenology of free will 招待

    Koji Ota

    One-day Seminar in Practical Ethics (上廣倫理財団日英交流プログラム)  2019年8月 

     詳細を見る

  • 意識的視覚の神経基盤と進化的可変性

    太田 紘史

    第13回生物学基礎論研究会  2019年8月 

     詳細を見る

  • 心の概念工学にまつわる規範的問題

    太田 紘史

    日本社会心理学会第59回大会 ワークショップ 「心」の概念工学  2018年8月 

     詳細を見る

  • リベット型実験の再検討:経験される自由の観点から

    太田 紘史

    科学基礎論学会2018年度総会  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 実験哲学への誤解反論に潜む誤解:フランクファート型事例の場合

    太田 紘史

    応用哲学会第10回年次研究大会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 意識のハード・プロブレムは自然化できるか:論争史と新たな展望 招待

    太田 紘史

    北海道大学  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • The Complex Nature of the Concept of Free Will 招待

    Koji Ota

    Hiroshima Philosophy Forum #1 Mind and Cognition  2017年4月 

     詳細を見る

  • 自由意志はどのように概念化されるべきか:心理学的な記述の規範的な含意

    太田 紘史

    道徳・社会認知研究会  2017年3月 

     詳細を見る

  • 道徳判断のメカニズムから学ぶべきことは何だろうか 招待

    太田 紘史

    Morality mod Science セミナー  2017年2月 

     詳細を見る

  • 自由意志論を生み出す心理:記述的研究に向けて

    太田 紘史

    日本科学哲学会第49回大会  2016年11月 

     詳細を見る

  • 自由意志論のメタ的検討:哲学的論争の心理学的本性を探る

    太田 紘史

    南山大学哲学セミナー:メタ哲学の諸問題(1)  2016年9月 

     詳細を見る

  • The Philosophical Significance of Social Psychology: The Case of Free Will 国際会議

    Koji Ota

    31st International Congress of Psychology  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 道徳判断の心理学と倫理学

    太田 紘史

    日本心理学会第79回大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポストディクションと知覚経験の時間的構造

    太田 紘史

    応用哲学会第7回年次研究大会ワークショップ『自己と時間』  2015年4月 

     詳細を見る

  • 多元的草稿モデルとは何か、時間的錯覚はどのように扱われるべきか

    太田 紘史

    第三回時間・自己・物語研究会,  2015年1月 

     詳細を見る

  • 自由意志の実験哲学の展望

    太田 紘史

    科学基礎論学会秋の研究例会ワークショップ『自由意志と道徳的責任を帰属する心理』  2014年11月 

     詳細を見る

  • 認知哲学から見る批判的思考と合理性

    太田 紘史

    日本科学哲学会第47会大会ワークショップ『クリティカルシンキングと合理性』  2014年11月 

     詳細を見る

  • The (Dis)unity of Perceptual Consciousness in the Mind/Brain 招待

    Koji Ota

    Workshop on Philosophy of Perception  2014年7月 

     詳細を見る

  • 道徳直観の心理学は倫理学に何をもたらすか

    太田 紘史

    日本哲学会第73回大会ワークショップ『道徳心理学の最前線』  2014年6月 

     詳細を見る

  • On a Confusion about the Structure of Consciousness: Phenomenally Unified and Causally Integrated 招待

    Koji Ota

    Yang-Ming Kyoto Workshop on Language, Mind, and Action  2014年3月 

     詳細を見る

  • 思考の認知科学と合理性論争 招待

    小口峰樹, 太田紘史

    玉川大学脳科学研究所「心の哲学」研究部門第2回研究会『批判的思考の脳科学と哲学』  2014年3月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 新潟大学 学長賞

    2021年8月  

    太田紘史

     詳細を見る

  • 科学基礎論学会 奨励賞

    2012年11月  

    太田 紘史, 佐金 武

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 脳の越境と融合にまつわる倫理と その認識的ダイナミクスの検討

    2021年10月 - 2022年3月

    科学技術振興機構 社会技術研究開発センター(RISTEX)  科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム  プロジェクト企画調査

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 「感じる心」の知覚と道徳的判断:哲学との連携による統合的理解の構築

    研究課題/領域番号:20H01752  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    唐沢 かおり, 鈴木 貴之, 太田 紘史, 浦 光博

      詳細を見る

    配分額:16510000円 ( 直接経費:12700000円 、 間接経費:3810000円 )

    researchmap

  • 意識のハード・プロブレムの「生物学の哲学」による再構成と解明に向けた研究

    研究課題/領域番号:20K00275  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 泉吏, 鈴木 大地, 太田 紘史

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 自由の一人称的経験を探る:認知哲学的アプローチ

    研究課題/領域番号:20K00002  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    太田 紘史

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 規範倫理学における進化的暴露論証についての研究

    2020年2月 - 2021年1月

    上廣倫理財団  研究助成 

    太田紘史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 哲学的知識の本性と哲学方法論に関するメタ哲学研究

    2016年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B)) 

    鈴木 貴之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 自由意志信念や認知の社会心理学的帰結:哲学との協同による統合的検討

    2016年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B)) 

    唐沢 かおり

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • バイアスから探る道徳的思考の不合理性と多元性

    2016年4月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(A)) 

    太田 紘史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 道徳認知と社会的認知の統合的哲学研究

    2015年4月 - 2018年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B)) 

    信原 幸弘

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 道徳直観の心理学から認識論へ

    2014年4月 - 2016年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(B)) 

    太田 紘史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 新潟産業フィールドワーク・オンライン

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知思想研究

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 新潟産業フィールドワーク

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・思想・表象

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 倫理学概説

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語入門R

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 哲学・倫理学特講I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 哲学研究B

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門B

    2018年
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語R2

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語R1

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文系展開科目C

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目N

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 基礎英語

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習B

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 西洋哲学史概説B

    2016年
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語(リーディング)

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 哲学思想演習

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(太田紘史)

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知哲学特論

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間学概説

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知哲学演習

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門A

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 心の哲学

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 西洋近現代哲学史

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 哲学概説A

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 発展英語

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 哲学特殊研究B

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習B

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学概説

    2015年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示