2022/11/29 更新

写真a

オザキ カズユキ
尾﨑 和幸
OZAKI Kazuyuki
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 准教授
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2001年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 臨床心臓学

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   循環器内科学分野   准教授

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   先進心肺血管治療学講座   特任准教授

    2015年4月 - 2016年7月

      詳細を見る

  • 新潟市民病院   循環器内科   副部長

    2009年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 新潟市民病院   循環器内科   医長

    2005年5月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医学部   第一内科

    1996年5月 - 2005年4月

      詳細を見る

  • 新潟大学医学部附属病院   内科系臨床研修医

    1994年5月 - 1996年4月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   准教授

    2016年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 循環器内科   准教授

    2016年8月 - 2016年9月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任准教授

    2015年4月 - 2016年7月

学歴

  • 新潟大学大学院医学研究科   循環器内科学専攻

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

 

論文

  • Clinical Predictors of Recurrent Ventricular Arrhythmias in Secondary Prevention Implantable Cardioverter Defibrillator Recipients With Coronary Artery Disease - Lower Left Ventricular Ejection Fraction and Incomplete Revascularization. 査読

    Takano T, Tanaka K, Ozaki K, Sato A, Iijima K, Yanagawa T, Izumi D, Ozawa T, Fuse K, Sato M, Tanabe N, Minamino T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 12 )   3037 - 3043   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0646

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy of Corticosteroid Treatment for Refractory Multivessel Vasospastic Coronary Angina with Hypereosinophilia. 査読

    Takano T, Ozaki K, Tanaka K, Yanagawa T, Ozawa T, Minamino T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 21 )   3111 - 3115   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0886-18

    PubMed

    researchmap

  • Bidirectional Shunt Trajectory in Ventricular Septal Defect With Eisenmenger's Syndrome. 査読

    Kayamori H, Kashimura T, Horii Y, Kanazawa T, Fujita T, Kubota N, Ikami Y, Takano T, Okubo T, Hoyano M, Yanagawa T, Ozawa T, Ozaki K, Minamino T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 11 )   2925 - 2926   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0332

    PubMed

    researchmap

  • Burden of cardiovascular disease in Japanese cancer patients and survivors: a single cancer-center study in Niigata City. 査読

    Okura Y, Takayama T, Ozaki K, Tanaka H, Seki H, Takenouchi T, Sato N, Minamino T

    International journal of clinical oncology   24 ( 2 )   196 - 210   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-018-1341-0

    PubMed

    researchmap

  • Prognosis of Cancer Patients with Aortic Stenosis Under Optimal Cancer Therapies and Conservative Cardiac Treatments. 査読

    Okura Y, Ishigaki S, Sakakibara S, Yumoto C, Hashitate M, Sekine C, Fujita T, Takayama T, Ozaki K, Sato N, Minamino T

    International heart journal   59 ( 4 )   750 - 758   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1536/ihj.17-320

    PubMed

    researchmap

  • Dual Antiplatelet Therapy Guided by CYP2C19 Polymorphisms after Implantation of Second-Generation Drug-Eluting Stents for Management of Acute Coronary Syndrome. 査読

    Takuya Ozawa, Masayoshi Suda, Ryutaro Ikegami, Toshiki Takano, Takayuki Wakasugi, Takao Yanagawa, Komei Tanaka, Kazuyuki Ozaki, Satoru Hirono, Tohru Minamino

    International heart journal   59 ( 1 )   21 - 26   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Prasugrel, a novel P2Y12 receptor inhibitor, is administered to patients with acute coronary syndrome (ACS) after percutaneous coronary intervention (PCI), but it can increase the risk of bleeding. The Japanese exhibit weaker responses to clopidogrel than other races because of CYP2C19 polymorphisms; thus, it is unclear whether these patients should continue dual antiplatelet therapy (DAPT) using prasugrel or switch to clopidogrel in the chronic phase. Here we evaluated the clinical outcomes of DAPT guided by CYP2C19 polymorphisms after implantation of second-generation drug-eluting stents (DESs) for ACS management. Patients with ACS receiving PCI via DES from November 2011 to March 2015 were divided into two groups: conventional DAPT with clopidogrel (n = 41) and gene-guided DAPT (n = 24). In the gene-guided DAPT group, all patients with ACS were given DAPT using prasugrel as soon as possible; extensive and intermediate metabolizers receiving PCI for the first time were switched to clopidogrel at least 2 weeks after discharge, and intermediate metabolizers with repeated ACS and poor metabolizers continued on DAPT using prasugrel. Notably, gene-guided DAPT significantly reduced major adverse cardiovascular/cerebrovascular events (MACCEs; 22.0% versus 4.2%, hazard ratio [HR]: 0.15, 95% confidence interval [CI]: 0.01-0.81; P = 0.0247). Hemorrhagic complications were observed in 3.1% of patients receiving conventional DAPT and absent in the gene-guided group. Moreover, multivariate analysis showed that gene-guided DAPT significantly decreased MACCE incidence (HR: 0.15, 95% CI: 0.01-0.81; P = 0.033). Collectively, these data suggest that CYP2C19 polymorphism analysis may improve treatment decisions in patients with ACS receiving DES-PCI.

    DOI: 10.1536/ihj.17-005

    PubMed

    researchmap

  • Dynamic left ventricular outflow tract obstruction complicated with takotsubo cardiomyopathy: The acute phase of takotsubo cardiomyopathy manifests latent left ventricular outflow tract obstruction 査読

    Yuta Sakaguchi, Kazuyuki Ozaki, Toshiki Takano, Hitomi Namba, Komei Tanaka, Takao Yanagawa, Takuya Ozawa, Tohru Minamino

    Journal of Cardiology Cases   18 ( 2 )   60 - 64   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Dynamic left ventricular (LV) outflow tract (LVOT) obstruction is sometimes complicated with takotsubo cardiomyopathy (TC). The present case involves a 70-year-old woman with chest discomfort. Seven years earlier, transthoracic echocardiography revealed LVOT obstruction due to a sigmoid-shaped septum. She underwent urgent cardiac catheterization for suspected acute coronary syndrome. She was diagnosed as having TC with LVOT obstruction. After undergoing conservative treatment, her LV function normalized and the LVOT obstruction resolved. After the LV wall motion normalized, administering an intravenous infusion of dobutamine again provoked LVOT obstruction. In this situation, the presence of TC manifested latent LVOT obstruction. &lt
    Learning objective: Although dynamic left ventricular outflow tract (LVOT) obstruction is the important compication of takotsubo cardiomyopaty (TC), the mechanism of LVOT obstruction remains unclear. This case had latent LVOT obstruction due to sigmoid-shaped septum, and LVOT obstruction might be manifested in the acute phase of TC. This phenomenon has potential for mechanism of LVOT obstruction complicated with TC.&gt

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.04.010

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Percutaneous coronary intervention for a patient with left main coronary compression syndrome 査読

    Ryutaro Ikegami, Kazuyuki Ozaki, Takuya Ozawa, Satoru Hirono, Masahiro Ito, Tohru Minamino

    Internal Medicine   57 ( 10 )   1421 - 1424   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Internal Medicine  

    Left main coronary compression syndrome rarely occurs in patients with severe pulmonary hypertension. A 65-year-old woman with severe pulmonary hypertension due to an atrial septal defect suffered from angina on effort. Cardiac computed-tomography and coronary angiography revealed considerable stenosis of the left main coronary artery (LMA) caused by compression between the dilated main pulmonary artery trunk and the sinus of valsalva. Stenting of the LMA under intravascular ultrasound imaging was effective for the treatment of angina. We herein report the diagnosis and management of this condition with a brief literature review.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9534-17

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy of multidetector computed tomography for diagnosis of unroofed coronary sinus 査読

    Nozomi Miyake, Kazuyuki Ozaki, Kaori Kato, Hiroshi Kanazawa, Kazuyoshi Takahashi, Keiichi Tsuchida, Yukio Hosaka, Asami Kashiwa, Norihito Nakamura, Hirotaka Oda

    Journal of Cardiology Cases   14 ( 2 )   43 - 45   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    The patient was a 62-year-old woman with a chest X-ray abnormality. Transthoracic echocardiography (TTE) showed a dilated right ventricle and right atrium and an enlarged coronary sinus (CS), but definite diagnosis was not possible. Using contrast-enhanced 64-slice multidetector computed tomography (MDCT), curved planar reconstruction along the CS showed a direct connection of the left atrium and CS, in addition to the CS to right atrium connection. Unroofed CS is a rare congenital cardiac anomaly that is difficult to diagnose with TTE alone. Our case indicates that MDCT is useful for determining structural information that cannot be obtained from TTE. &lt
    Learning objective: The diagnosis of unroofed coronary sinus (CS) is often difficult because the ability of transthoracic echocardiography to visualize the posterior cardiac structure is limited. In our case, images from 64-slice multidetector computed tomography provided clear visualization of the morphology of the CS and permitted a definite diagnosis of unroofed CS.&gt

    DOI: 10.1016/j.jccase.2016.03.017

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Manifestation of Latent Left Ventricular Outflow Tract Obstruction in the Acute Phase of Takotsubo Cardiomyopathy 査読

    Kazuyuki Ozaki, Takeshi Okubo, Komei Tanaka, Yukio Hosaka, Keiichi Tsuchida, Kazuyoshi Takahashi, Hirotaka Oda, Tohru Minamino

    INTERNAL MEDICINE   55 ( 23 )   3413 - 3420   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    Objective Left ventricular outflow tract (LVOT) obstruction is a complication in 15-25% of patients with Takotsubo cardiomyopathy and sometimes leads to catastrophic outcomes, such as cardiogenic shock or cardiac rupture. However, the underlying mechanisms have not been clarified.
    Methods and Results We experienced 22 cases of Takotsubo cardiomyopathy during 3 years, and 4 of these 22 cases were complicated with LVOT obstruction in the acute phase (mean age 79 +/- 5 years, 1 man, 21 women). The LVOT pressure gradient in the acute phase was 100 +/- 17 mmHg. Transthoracic echocardiogram (TTE) revealed left ventricular hypertrophy (LVH) in one case and sigmoid-shaped septum without LVH in three cases. The complete resolution of the LVOT obstruction was achieved in a few days with normalization of the left ventricular wall motion following administration of beta-blockers. A dobutamine provocation test after normalization of the left ventricular wall motion reproduced the LVOT obstruction in all cases and revealed the presence of latent LVOT obstruction.
    Conclusion The manifestation of latent LVOT obstruction in the acute phase of Takotsubo cardiomyopathy is one potential reason for the complication of LVOT obstruction with Takotsubo cardiomyopathy.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7119

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Primary percutaneous coronary intervention and bleeding risk in the era of drug-eluting stent: a long-term cohort study. 査読

    Keiichi Tsuchida, Ryutaro Ikegami, Michio Sato, Yugo Shobugawa, Takeshi Okubo, Toshiaki Yano, Komei Tanaka, Tsuyoshi Kobayashi, Yukio Hosaka, Kazuyuki Ozaki, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida, Hirotaka Oda

    Cardiovascular intervention and therapeutics   30 ( 3 )   216 - 26   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Data of long-term efficacy and safety including bleeding risk associated with antithrombotic regimens after primary percutaneous coronary intervention (PCI) using first-generation drug-eluting stent (1st DES) are scarce. Consecutive 422 patients with ST-elevation myocardial infarction (STEMI) underwent primary PCI with DES (285 patients), bare metal stent (BMS, 58 patients) or balloon angioplasty (BA 79 patients). At a median follow-up of 44 months, major cardiovascular events were significantly lower for 1st DES compared with BMS and BA (11.9 vs. 25.9 vs. 16.5 %, p = 0.027). Cardiac death, recurrent myocardial infarction and target lesion revascularization (TLR), differed among the groups (DES 8.8 %; BMS 13.8 %; BA 17.7 %; p = 0.019), although the superiority of DES subsided beyond 1 year by increased late TLRs. Major bleedings were not higher in DES than in BMS and BA (4.6 vs. 6.9 vs. 1.5 %, p = 0.252). Multivariate logistic regression analysis revealed that both dual antiplatelet therapy (DAPT) >24 months and indefinite oral anticoagulation (OAC) were associated with a major bleeding. The risk was even greater with triple antithrombotic therapy (odds ratio 19.5; 95 % confidence interval 3.73-102.07; p < 0.0001). 1st DES showed favorable overall long-term clinical outcome in STEMI, with an inherent limitation of an increased risk of late TLR. Prolonged DAPT and OAC synergistically increase the risk of major bleeding after primary PCI.

    DOI: 10.1007/s12928-014-0306-0

    PubMed

    researchmap

  • Manifestation of latent left ventricular outflow tract obstruction caused by acute myocardial infarction: An important complication of acute myocardial infarction 査読

    Kazuyuki Ozaki, Takeshi Okubo, Toshiaki Yano, Komei Tanaka, Yukio Hosaka, Keiichi Tsuchida, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida, Hirotaka Oda

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   65 ( 5-6 )   514 - 518   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background: Although transient left ventricular outflow tract (LVOT) obstruction is reported as a complication with acute myocardial infarction (AMI), the mechanisms and features of LVOT obstruction in AMI are unclear.
    Methods and results: Herein, we present two cases of transient LVOT obstruction with anteroseptal AMI. The features of these two cases were one-vessel disease (1-VD) of the left anterior descending artery (LAD) and maintenance of blood flow to the major septal branch (SB). Moreover, LVOT obstruction was revealed after dobutamine infusion in the chronic phase and the aorto-septal angle was low in these two cases, meaning that latent LVOT obstruction was due to sigmoid-shaped septum.
    Conclusions: Latent LVOT obstruction would be manifested in the acute phase of AMI. 1-VD of LAD and the maintenance of major SB blood flow are important factors with respect to the manifestation of latent LVOT obstruction. (C) 2014 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2014.08.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Treating coil migration in combination therapy involving stenting and coiling for a wide-necked renal aneurysm 査読

    Hirotaka Oda, Tomoyasu Suzuki, Keiichi Tsuchida, Kazuyuki Ozaki, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   26 ( 3 )   286 - 289   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A man with a wide-necked renal artery aneurysm underwent combination therapy involving stenting and coiling to embolize it. However, a large section of one of the coils had migrated outside the stent implanted across the orifice of the aneurysm. After repositioning the migrated coil inside the stent, the implantation of another stent together with sandwiching of the coil between two stents repaired the prolapsed coil. This report describes precautions that should be taken during combination therapy involving stenting and coiling to embolize a wide-necked aneurysm. © 2011 Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics.

    DOI: 10.1007/s12928-011-0072-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effects of chronic cigarette smoking on endothelial function in young men 査読

    Kazuyuki Ozaki, Tomoyuki Hori, Takaharu Ishibashi, Matomo Nishio, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   56 ( 3 )   307 - 313   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    The aim of this study was to elucidate endothelial dysfunction due to chronic cigarette smoking in young smokers and to determine practical markers of the functional derangement. The subjects were young, healthy, mate non-smokers (n=11) and smokers (n=9). Endothelium-dependent and -independent vasodilation was assessed by flow-mediated vasodilation (FMD) and nitroglycerine-induced vasodilation (NID), respectively, and possible markers of endothelial function were measured. FMD in smokers was significantly lower than in control subjects (5.0 +/- 2.6% and 9.5 +/- 5.2%, p &lt; 0.05). Plasminogen activator inhibitor type 1 (PAI-1) and tissue plasminogen activator levels were significantly (p &lt; 0.05) higher in smokers (6.7 +/- 4.5 ng/ml and 4.3 +/- 2.0 ng/ml) compared with control subjects (2.9 +/- 1.9 ng/ml and 3.0 +/- 0.6 ng/ml). Furthermore, PAI-1 levels correlated inversely with FMD (r= -0.451, p&lt;0.05). No significant differences were observed for NID, or plasma NO(2)(-), NO(x), thrombomodulin, von Willebrand factor, and tissue factor pathway inhibitor levels. Chronic cigarette smoking-induced endothelial dysfunction and the PAI-1 level could be a good marker of endothelial dysfunction in young smokers. (C) 2010 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2010.07.003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Two-wire protection of side branches to prevent side branch occlusion during stent implantation for bifurcational lesions 査読

    Hirotaka Oda, Keiichi Tsuchida, Kazuki Okamura, Kazuyuki Ozaki, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   25 ( 2 )   112 - 116   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To prevent side branch occlusion during bifurcational lesion stenting, the placement of a wire in both the main branch and side-branch is performed for "sidebranch protection". However, this procedure does not always prevent side branch occlusion. A procedure for placing two wires in the side branch, called "two-wire protection of side branches", is considered to be more likely to prevent occlusion compared with one-wire protection of the side branch. We report on three cases in which "two-wire protection of side branches" was effectively performed during the stenting of bifurcational lesions. © Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics 2010.

    DOI: 10.1007/s12928-009-0010-7

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Coronary vasospasm triggered ventricular fibrillation delayed after radiofrequency ablation of the right accessory pathway 査読

    Yukio Hosaka, Masaomi Chinushi, Kazuyoshi Takahashi, Kazuyuki Ozaki, Takao Yanagawa, Tsutomu Miida, Hirotaka Oda, Yoshifusa Aizawa

    EUROPACE   11 ( 11 )   1554 - 1556   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Ventricular fibrillation associated with coronary vasospasm developed 8 h after successful radiofrequency (RF) ablation of the right accessory pathway in an 81-year-old male. A segment of the coronary vasospasm was located close to the accessory pathway, where seven RF ablations had been applied. Although rare, physicians should carefully consider the risk of such events when an RF current is applied near a coronary artery.

    DOI: 10.1093/europace/eup219

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Improved cardiac function after sirolimus-eluting stent placement in diabetic patients by pioglitazone: Combination therapy with statin 査読

    Takuya Ozawa, Hirotaka Oda, Masato Oda, Yukio Hosaka, Takeshi Kashimura, Kazuyuki Ozaki, Keiichi Tsuchida, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   53 ( 3 )   402 - 409   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Background: Peroxisome proliferator-activated receptor-gamma (PPAR-gamma) agonists are used as anti-diabetic drugs, and their pleiotrophic action has been reported to improve endothelial function leading to cardioprotective effects. In this study we evaluated the tong-term effect of pioglitazone on cardiac function in diabetic patients after percutaneous coronary intervention (PCI) by drug-eluting stent (DES).
    Methods and results: We investigated 54 diabetic patients who received PCI using a sirolimus-eluting stent. We excluded cases of acute myocardial infarction. They were divided into two groups: Group C received only conventional therapy (n = 26) and Group P received additionally pioglitazone 15 mg/day (n = 28). The left ventricular ejection fraction (LVEF) was measured by left ventriculography and analyzed before and 8 months after PCI. In Group C, LVEF did not change significantly: 55.6% vs. 56.7%, before and after PCI respectively (p=0.58). However, pioglitazone significantly improved LVEF: 54.4% vs. 60.0% (p=0.014). Multiple linear regression analysis showed that Delta LVEF was significantly related to pioglitazone therapy (p = 0.037). In particular, the combination of pioglitazone and statin improved LVEF (Delta LVEF 9.6% with vs. 2.2% without statin).
    Conclusions: Pioglitazone improved cardiac function after PCI using SES in diabetic patients, especially in combination with a statin. (C) 2009 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2009.01.011

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of cibenzoline and atenolol administration on dynamic left ventricular obstruction due to sigmoid-shaped septum. 査読

    Ozaki K, Sakuma I, Mitsuma K, Suzuki T, Tsuchida K, Takahashi K, Miida T, Oda H

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 12 )   2087 - 2091   2008年12月

     詳細を見る

  • A case of intracoronary protruded thrombus caused after bailout stenting for side branch occlusion 査読

    Kazuyuki Ozaki, Hirotaka Oda, Tomoyasu Suzuki, Yukiko Ohno, Kefichi Tsuchida, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   51 ( 1 )   70 - 73   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    A 69-year-old woman underwent percutaneous coronary intervention for a severe stenotic lesion in the bifurcation of the mid-left anterior descending artery and first diagonal branch. A single stent was implanted into the left anterior descending artery. After the stent strut was dilated by balloon inflation in the diagonal branch, dissection occurred at the ostium of the diagonal branch and resulted in side branch occlusion due to hematoma. Bailout stenting was performed in the diagonal branch, but thrombus projection occurred in the left anterior descending artery. Aspiration, balloon inflation and thrombolytic therapy were performed, but distal embolism developed. This case illustrates that thrombus projection caused by stenting in a side branch may occur as a rare complication in percutaneous coronary intervention. (c) 2008 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ireland Ltd. All, rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2007.11.001

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Dynamic intraventricular obstruction in acute myocardial infarction with administration of cilostazol. 査読

    Ozaki K, Maeda C, Takayama T, Hoyano M, Yanagawa T, Tsuchida K, Takahashi K, Miida T, Oda H

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 4 )   608 - 612   2007年4月

     詳細を見る

  • The anti-atherosclerotic effects of lipid lowering with atorvastatin in patients with hypercholesterolemia 査読

    Kazuyuki Ozaki, Takaaki Kubo, Ryuta Imaki, Hisahito Shinagawa, Hidehira Fukaya, Keita Ohtaki, Seiga Ozaki, Tohru Izumi, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   13 ( 4 )   216 - 219   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ATHEROSCLEROSIS SOC  

    We investigated the lipid lowering and anti-atherosclerotic effects of atorvastatin in patients with hypercholesterolemia. Thirty patients were given atorvastatin 10 mg daily, and assessed for serum lipids, intima-media thickness (IMT), and brachial-ankle pulse wave velocity (ba-PWV) at the baseline, 6 months, and 12 months. Remnant-like particle-cholesterol (RLP-C), lipoprotein (a) (Lp(a)), and high-sensitivity C-reactive protein (hs-CRP) were measured in some patients at the baseline and at 6 months. Total cholesterol, triglyceride and low-density lipoprotein cholesterol were significantly decreased by 32%, 23% and 44% at 6 months, respectively, and these effects were sustained at 12 months. There was no change in high-density lipoprotein cholesterol. IMT at the baseline was 0.88 +/- 0.16 mm and decreased to 0.76 +/- 0.13 mm at 6 months, remaining at 0.75 +/- 0.12 mm at 12 months. We did not observe any significant changes in ba-PWV. RLP-C and hs-CRP were significantly reduced from 7.3 +/- 10.8 mg/dL to 4.3 +/- 5.3 mg/dL and 0.075 +/- 0.065 mg/dL to 0.039 +/- 0.043 mg/dL at 6 months, respectively. There was no change in Lp(a). The observed decrease in IMT suggests that atorvastatin possibly improves atherosclerosis, in addition to the significant reduction of serum lipids.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Estimating the fasting triglyceride concentration from the postprandial HDL-cholesterol and apolipoprotein CIII concentrations 査読

    K Kosuge, T Miida, A Takahashi, K Obayashi, M Ito, T Ito, S Soda, K Ozaki, S Hirayama, O Hanyu, Y Aizawa, Y Nakamura

    ATHEROSCLEROSIS   184 ( 2 )   413 - 419   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Hypertriglyceridemia is an important risk factor for atherosclerosis. In the fasting state, the triglyceride (TG) concentration is correlated significantly with the high-density lipoprotein-cholesterol (HDL-C) and apolipoprotein CIII (apoCIII) concentrations. A postprandial change is evident in TG, but negligible in HDL-C and apoCIII. We investigated whether the fasting TG concentration could be estimated from the postprandial HDL-C and apoCIII concentrations. We measured the TG, HDL-C, and apoCIII concentrations at seven points a day in 58 inpatients. Multiple regression analysis showed that the actual fasting TG concentration was strongly correlated with the TG concentration estimated from the fasting HDL-C and apoCIII concentrations (In[TG](fasting) = 0.0140[apoCIII](fasting) - 0.724[HDL-C](fasting) - 0. 142, r=0.852, p &lt; 0.001). This equation was also fit to the fasting data from 163 outpatients (r=0.883, p &lt; 0.001). Although the TG concentration increased by up to 28.2%, the HDL-C and apoCIII concentrations changed little during the day. When we substituted the postprandial HDL-C and apoCIII concentrations for the respective fasting values in this equation, there were still strong positive correlations (r=0.794-0.840) between the actual and estimated fasting TG concentrations throughout the day. In conclusion, the fasting TG concentration can be estimated from the postprandial HDL-C and apoCIII concentrations. (c) 2005 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.atheroselerosis.2005.05.037

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Aortocoronary dissection complicated with percutaneous coronary intervention: A case report 査読

    Kazuyuki Ozaki, Takaaki Kubo, Etsuji Saji, Keita Ohtaki, Hidehira Fukaya, Yoshifusa Aizawa

    Journal of Cardiology   47 ( 3 )   143 - 146   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 74-year-old female developed aortocoronary dissection during percutaneous coronary intervention. The forceful manipulation of the guide catheter and contrast medium injection seemed to be the cause of the aortocoronary dissection involving the coronary sinus of Valsalva. The entry of the dissection was closed with subsequent obliteration of the false lumen by coronary stenting under the guidance of intracoronary ultrasonography and angiography.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • High-output heart failure caused by arteriovenous fistula long after nephrectomy 査読

    K Ozaki, T Kubo, N Hanayama, K Hatada, H Shinagawa, S Maeba, K Hirata, T Aoki, M Kodama, Y Aizawa

    HEART AND VESSELS   20 ( 5 )   236 - 238   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    A 70-year-old Japanese woman was admitted to our hospital because of anasarca. At 32 years of age, she had undergone nephrectomy for renal tuberculosis. A continuous abdominal bruit was heard. The chest X-ray showed cardiomegaly and dilatation of the pulmonary artery. Abdominal three-dimensional computed tomography scanning clearly revealed an arteriovenous fistula. Cardiac catheterization disclosed cardiac output of 9.21/min and a step-up of oxygen saturation at the renal vein level of the inferior vena cava. Surgical closure of the fistula promptly decreased her cardiac output and improved the heart failure. This is a rare case of an arteriovenous fistula developing long after nephrectomy and causing high-output heart failure.

    DOI: 10.1007/s00380-004-0814-4

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Esophageal varices without porto-systemic venous pressure gradient in a patient with post-pericardiotomy constrictive pericarditis: A case report 査読

    Kazuyuki Ozaki, Makoto Kodama, Fumio Yamashita, Tsuyoshi Yoshida, Satoru Hirono, Kiminori Kato, Yoshifusa Aizawa

    Journal of Cardiology   45 ( 4 )   161 - 164   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 51-year-old woman was admitted with intractable congestive heart failure and progressive anemia. She had undergone mitral valve replacement for mitral regurgitation at age 23 years. Subsequently, her mitral prosthesis was replaced twice due to thrombotic stack and valve insufficiency. Signs of congestive heart failure became evident at age 46 years. Gastrointestinal endoscopy revealed esophageal varices, which were treated by endoscopic variceal ligation. Cardiac catheterization disclosed elevated pulmonary capillary wedge pressure (mean 16 mmHg), right atrial pressure (mean 15 mmHg), and hepatic vein wedge pressure (mean 15 mmHg). She died at age 53 years. Autopsy showed severe congestive liver but not liver cirrhosis. Esophageal varices may progress in spite of the absence of porto-systemic pressure gradient in patients with severely high venous pressure.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Plasma concentrations of monocyte chemoattractant protein 1 (MCP-1) and neopterin in the coronary circulation of patients with coronary artery disease. 査読

    Tanaka T, Nakamura Y, Nasuno A, Mezaki T, Higuchi K, Fukunaga H, Tsuchida K, Ozaki K, Hori T, Matsubara T, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68 ( 2 )   114 - 120   2004年2月

     詳細を見る

  • Effects of 4,4 '-diisothiocyanato-stilbene-2,2 '-disulfonic acid (DIDS) and chlorpromazine on NO3- transport via anion exchanger in erythrocytes: Inertness of DIDS in whole blood 査読

    K Kubota, T Ishibashi, T Matsubara, T Hori, K Ozaki, M Yamazoe, J Yoshida, M Nishio, Y Aizawa

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   93 ( 4 )   505 - 508   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    We examined the effects of chlorpromazine on NO3- transport between erythrocytes (RBCs) and extracellular fluid. Chlorpromazine (10 mug/ml) did not influence NO3- movement in both whole blood and RBC suspension. Though an anion exchanger (AEI) inhibitor DIDS (4,4'-diisothiocyanato-stilbene-2,2'-disulfonic acid, 100 muM) did not alter NO3- movement in whole blood, it inhibited the movement in a concentration-dependent manner in the RBC suspension. The inhibition was abrogated by plasma and albumin concentration-dependently. Our results indicated that chlorpromazine had no effect on NO3- transport through AE1 and that the inertness of DIDS on AE1 in whole blood is due to interference by albumin in plasma.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Plasma levels of soluble thrombomodulin, C-reactive protein, and serum amyloid A protein in the atherosclerotic coronary circulation 査読

    T Mezaki, T Matsubara, T Hori, K Higuchi, A Nakamura, Nakagawa, I, S Imai, K Ozaki, K Tsuchida, A Nasuno, T Tanaka, K Kubota, M Nakano, T Miida, Y Aizawa

    JAPANESE HEART JOURNAL   44 ( 5 )   601 - 612   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN HEART JOURNAL, SECOND DEPT OF INTERNAL MED  

    Plasma levels of C-reactive protein (CRP) and serum amyloid A protein (SAA), inflammatory markers, and soluble thrombomodulin (s-TM), a marker of endothelial damage, are thought to be related to coronary artery disease. However, the relationship between these inflammatory markers and endothelial injury in atherosclerotic coronary arteries is still unclear. Fifty-five patients who underwent coronary angiography were classified into 3 groups according to the severity of left coronary arterial atherosclerosis evaluated by the Gensini score (GS; normal: score = 0, n = 15; mild: 0 &lt; score &lt; 15, n = 29; severe: score greater than or equal to 15, n = 11). Blood samples were obtained from the aortic root (Ao) and coronary sinus (CS) and plasma CRO and SAA levels were measured by latex turbidimetric immunoassays, and s-TM levels were determined by an enzyme-linked immunosorbent assay. The difference between marker concentrations in the Ao and CS of the coronary circulation was expressed as the coronary sino-arterial (CS-Ao) difference. The CS-Ao differences of s-TM and SAA were significantly higher in patients with severe atherosclerosis than in normal patients (P &lt; 0.01), and showed weak but significant positive correlations with the GS (r = 0.34, P &lt; 0.01 and r = 0.33, P &lt; 0.05, respectively). The CS-Ao differences in CRP did not differ among the three groups, and did not correlate with the GS. The results of our study reveal a possible relationship between endothelial cell injury and inflammation in atherosclerotic coronary arteries.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Association between coronary endothelial dysfunction and local inflammation of atherosclerotic coronary arteries 査読

    T Matsubara, T Ishibashi, T Hori, K Ozaki, T Mezaki, K Tsuchida, A Nasuno, K Kubota, T Tanaka, T Miida, Y Aizawa, M Nishio

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOCHEMISTRY   249 ( 1-2 )   67 - 73   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    We have examined a possibility whether or not severity and extent of coronary atherosclerosis may associate with degree of local inflammation in relation to endothelial dysfunction as is indicated by reduced NO formation. Blood samples were obtained from aortic root (Ao) and coronary sinus ( CS) of 39 patients who underwent coronary angiography. Plasma NOx levels ( nitrite + nitrate, stable NO end-products) were evaluated by HPLC-Griess system, and markers of inflammation, C-reactive protein (CRP) and serum amyloid A protein (SAA), were measured by Latex Turbidimetric Immunoassay. To evaluate the changes of these substances through coronary circulation, the percentage changes of respective markers [( CS - Ao) x 100/Ao] were calculated. The extent and severity of atherosclerosis of left coronary arteries were evaluated with Gensini Score (GS). The GS correlated with the percentage changes of NOx (r = - 0.35, p &lt; 0.05) and that of SAA ( r = 0.43, p &lt; 0.05) across coronary circulation, but not with changes in CRP. Moreover, the percentage changes of NOx correlated with that of SAA ( r = - 0.36, p &lt; 0.05). These results indicated that severity and extent of coronary atherosclerosis related to degree of local inflammation which has a possible association with coronary endothelial dysfunction.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Highly vascular pelvic tumor causing high-output heart failure because of massive arteriovenous shunting: a case report. 査読

    Ozaki K, Oda H, Hatada K, Sakai K, Takahashi K, Miida T, Higuma N

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67 ( 6 )   554 - 555   2003年6月

     詳細を見る

  • Significance of asymmetric dimethylarginine (ADMA) concentrations during coronary circulation in patients with vasospastic angina. 査読

    Hori T, Matsubara T, Ishibashi T, Ozaki K, Tsuchida K, Mezaki T, Tanaka T, Nasuno A, Kubota K, Nakamura Y, Yamazoe M, Aizawa Y, Nishio M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67 ( 4 )   305 - 311   2003年4月

     詳細を見る

  • Decrease in plasma NOx concentration by isosorbide dinitrate, an organic nitrate ester 査読

    T Ishibashi, T Himeno, K Kubota, T Matsubara, T Hori, K Ozaki, M Yamazoe, T Aizawa, J Yoshida, M Nishio

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY   41 ( 1 )   40 - 48   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    It has been suggested that isosorbide dinitrate (ISDN)-induced venodilation could be ascribed to preferential accumulation of the agent in venous tissues, resulting in higher concentrations of nitric oxide (NO). Here, the authors investigated whether the venodilating effect of ISDN is associated with a preferential increase in plasma concentrations of NOx (NO2- and NO3-, stable end-products of NO) in venous blood than arterial blood. Plasma NOx was measured by high-performance liquid chromatography-Griess system with a sensitivity of 0.01 muM for NO2- and 0.1 muM for NO3-. Arterial and venous blood samples were obtained after coronary angiography from the aorta and right atrium of patients with or without ischemic heart disease. Nicardipine, a calcium channel blocker, was used as a non-NO-related arteriovasodilator. At 1 mg i.v., it did not cause any changes in NOx concentration in arterial and venous blood irrespective of hemodynamic changes. However, ISDN (3 mg i.v.) increased NO2- and decreased NO3- in both arterial and venous blood, with concomitant venodilation. Further analysis revealed that plasma NO2- increased in the pulmonary circulation and this increase was preserved after nicardipine and ISDN, and that ISDN, but not nicardipine, increased plasma NO3- in the pulmonary circulation. The authors did not detect higher concentrations of NOx in venous blood relative to their level in arterial blood. Further studies are necessary to clarify the kinetics of NO and NO-related compounds in the whole body.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Levels of soluble E-selectin and ICAM-1 in the coronary circulation of patients with stable coronary artery disease - Association with the severity of coronary atherosclerosis 査読

    A Nasuno, T Matsubara, T Hori, K Higuchi, S Imai, Nakagawa, I, K Tsuchida, K Ozaki, T Mezaki, T Tanaka, Fuse, I, Y Aizawa

    JAPANESE HEART JOURNAL   43 ( 2 )   93 - 101   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN HEART JOURNAL, SECOND DEPT OF INTERNAL MED  

    The recruitment of circulating leukocytes to atherosclerotic sites is mediated by a family of adhesion molecules.
    The objective of the present study was to evaluate the relationship between circulating adhesion molecule levels in the coronary circulation and the severity of coronary atherosclerosis in patients with stable coronary artery disease.
    The subjects ere 79 patients undergoing coronary angiography. According to the severity of coronary atherosclerosis as assessed by the Gensini Score (GS) of the left coronary artery, they were classified into three groups: group C (no organic stenosis. score 0, n=14), group M (mild organic stenosis, score 1-13. n=39) and group S (severe organic stenosis, score greater than or equal to14, n=26). Blood samples were taken front the aorta (Ao) and coronary sinus (CS), and plasma levels of soluble E-selectin (sE-selectin) and soluble intercellular adhesion molecule-1 (sICAM-1) were measured by enzyme-linked immunosorbent assay. These levels were then compared between groups.
    There were no significant differences in plasma sICAM-1 levels in the Ao or CS between the three groups. The difference in sICAM-1 levels between the CS and Ao (CS-Ao) also showed no significant difference. plasma sE-selectin levels in both the Ao and CS were significantly higher in group S than in groups C and M (p&lt;0.05), but there were no significant differences in CS-Ao. There was a weak but significant correlation between the plasma levels of these adhesion molecules and the number of coronary risk factors present. Multivariate analysis showed that the number of coronary risk factors, as the only positive predictor (p=0.0048) of the GS there was no association between the plasma level of either adhesion Molecule and the GS.
    In patients with stable coronary artery disease, sICAM-1 plasma levels do not indicate the severity of coronary atherosclerosis, while sE-selectin plasma levels appear to reflect the severity of systemic rather than coronary atherosclerosis.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Respiratory alkalosis does not alter NOx concentrations in human plasma and erythrocytes

    Takaharu Ishibashi, Takaharu Ishibashi, Kaname Kubota, Mariko Himeno, Taku Matsubara, Tomoyuki Hori, Kazuyuki Ozaki, Masaru Yamozoe, Yoshifusa Aizawa, Junko Yoshida, Matomo Nishio

    American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology   281   2001年12月

     詳細を見る

    To test the hypothesis that NOx (NO2- and NO3-, metabolites of NO) accumulates in red blood cells (RBC) in response to changes in PCO2 and bicarbonate (HCO3-) concentration in blood, we examined the effect of changes in PCO2 and HCO3- induced by hyperventilation in healthy adults on partitioning of NOx in whole blood. NOx in hemolysate was measured by a high-performance liquid chromatography Griess system equipped with a C18 reverse phase column to trap hemoglobin, which enables determination of whole blood NOx concentration and calculation of NOx concentration in RBC with high accuracy and reproducibility. NOx concentration in RBC was lower than that in plasma, and equilibrium between plasma and RBC was achieved rapidly after addition of NO3- Changes in PCO2 and HCO3- by hyperventilation failed to influence NOx concentrations in both plasma and RBC. Plasma NOx concentrations correlated with whole blood NOx and RBC NOx concentrations. Our results indicate that changes in PCO2 or HCO3- induced by hyperventilation do not influence NOx compartmentalization in plasma and RBC.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Prominent systolic coronary flow in a coronary artery fistula with a giant aneurysma

    Tomoyuki Hori, Taku Matsubara, Iwao Nakagawa, Shunsuke Imai, Kazuyuki Ozaki, Katsuharu Hatada, Keiichi Tsuchida, Hiroshi Watanabe, Masaya Kitamura, Jun-Ichi Hayashi, Yoshifusa Aizawa

    Japanese Heart Journal   42 ( 4 )   525 - 531   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 68-year-old Japanese woman was admitted to hospital because of chest oppression during exertion. Coronary angiography showed a coronary artery fistula with a giant aneurysm, which originated from both the left anterior descending (LAD) and right coronary arteries. We investigated coronary blood flow velocity using the Doppler guide wire technique. The coronary flow pattern showed a very prominent systolic component, whereas the diastolic flow components were nearly normal before the operation at the LAD site proximal to the coronary artery fistula. This pattern returned to normal after the operation. This report describes the relationship between the coronary steal phenomenon and coronary flow dynamics investigated directly using the Doppler guidewire technique.

    DOI: 10.1536/jhj.42.525

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Regulation of endothelial nitric oxide synthase and endothelin-1 expression by fluvastatin in human vascular endothelial cells

    K. Ozaki, T. Yamamoto, T. Ishibashi, T. Matsubara, M. Nishio, Y. Aizawa

    Japanese Journal of Pharmacology   85 ( 2 )   147 - 154   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the effects of fluvastatin, a 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A (HMG-CoA) reductase inhibitor, on endothelial vasoactive substances using human umbilical vein endothelial cells (HUVECs). Incubation of HUVECs with fluvastatin for 12 h increased endothelial nitric oxide synthase (eNOS) mRNA expression in a concentration-dependent manner (peak, 276 ± 38%, mean ± S.D., of the control, at 1.0 μM fluvastatin, P&lt
    0.01). In addition, fluvastatin increased eNOS protein production (245 ± 51% of the control level, P&lt
    0.05) as well as nitrite production (165 ± 35% of the control level, P&lt
    0.01). In contrast, incubation of HUVECs with 1.0 μM fluvastatin for 12 h significantly reduced the production of endothelin-1 (ET-1) and preproET-1 mRNA expression in HUVECs (28 ± 1% and 39 ± 1% of the control level, respectively, P&lt
    0.01). Our results suggest that fluvastatin might be involved in improvement of endothelial function and prevention of the progression of atherosclerosis.

    DOI: 10.1254/jjp.85.147

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Preβ1-high-density lipoprotein (preβ1-HDL) concentration can change with low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-C) concentration independent of cholesteryl ester transfer protein (CETP)

    Takashi Miida, Kazuyuki Ozaki, Toru Murakami, Takayuki Kashiwa, Toru Yamadera, Takashi Tsuda, Koichi Inano, Masahiko Okada

    Clinica Chimica Acta   292 ( 1-2 )   69 - 80   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To clarify whether preβ1-high-density lipoprotein (preβ1-HDL) concentration changes with low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-C) concentration independent of cholesteryl ester transfer protein (CETP), we determined preβ1-HDL concentration by native two-dimensional gel electrophoresis in 58 subjects with normal triglyceride and HDL-cholesterol concentrations. We also measured LDL-C and CETP concentrations. In 17 subjects, a second blood sample was taken 1-6 months after the first. We found that preβ1-HDL concentration was positively correlated with LDL-C concentration (r=0.529, P &lt; 0.0001) and with CETP mass (r=0.398, P &lt; 0.01). In 17 patients, Δpreβ1-HDL was positively correlated with ΔLDL-C (r=0.635, P &lt; 0.01), but not with ΔCETP mass (r=0.275). In conclusion, preβ1-HDL concentration changes with LDL-C concentration independent of CETP. These results suggest that preβ1-HDL concentration may reflect the balance between several regulatory factors, including LDL-C and CETP concentrations. (C) 2000 Elsevier Science B.V.

    DOI: 10.1016/S0009-8981(99)00259-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Hypertrophic cardiomyopathy with dominant hypertrophy in the right anterobasal region of the ventricular septum: A case report

    T. Matsubara, M. Yamazoe, M. Kimura, T. Hori, K. Ozaki, K. Hatada, Y. Aizawa

    Journal of Cardiology   36 ( 1 )   45 - 48   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 62-year-old man was referred to our hospital for investigation of abnormal electrocardiography findings. The mean frontal plane QRS axis was directed toward the right superior quadrant (- 125 °). Terminal S waves were present in all 3 bipolar standard leads and an R wave in lead aVR. RS complex was seen in lead V1 and deep S waves in leads V2-V6. Left ventricular hypertrophy associated with asymmetrical septal hypertrophy was suspected based on transthoracic echocardiography, but the echocardiographic quality was poor. Magnetic resonance imaging revealed hypertrophic cardiomyopathy with massive wall thickening involving the right anterobasal region of the ventricular septum. Magnetic resonance imaging may provide useful information about the distribution of ventricular myocardial hypertrophy in patients with hypertrophic cardiomyopathy and unusual electrocardiography findings.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Bezafibrate increases preβ1-HDL at the expense of HDL(2b) in hypertriglyceridemia

    Takashi Miida, Takashi Miida, Katsuyuki Sakai, Kazuyuki Ozaki, Yuichi Nakamura, Toshio Yamaguchi, Takashi Tsuda, Takayuki Kashiwa, Toru Murakami, Koichi Inano, Masahiko Okada

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   20 ( 11 )   2428 - 2433   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Preβ1-high density lipoprotein (preβ1-HDL), the initial acceptor of cell-derived cholesterol, can be generated from HDL2 by hepatic lipase. Because bezafibrate elevates lipase activity, it may increase preβ1-HDL at the expense of HDL2. To answer this question, we determined the apolipoprotein A-I (apoA-I) distribution in 20 hypertriglyceridemics (triglycerides&gt;2.26 mmol/L) and 20 sex-matched normolipidemics by native 2-dimensional gel electrophoresis. At baseline, preβ1-HDL was 70% higher in hypertriglyceridemics than in normolipidemics (123.5 ± 49.9 versus 72.5 ± 34.1 mg/L apoA-I, P&lt;0.01). Preβ1-HDL was positively correlated with triglyceride (r = 0.624, P&lt;0.0001). A 4-week bezafibrate treatment (400 mg daily) increased preβ1-HDL by 30% (160.2 ± 64.5 mg/L apoA-I, P&lt;0.05) but decreased HDL(2b) by 31% (from 188.8 ± 94.9 to 129.3 ± 78.7 mg/L apoA-I, P&lt;0.05). Hepatic lipase activity increased by 24% (P&lt;0.005). Preβ1-HDL was generated either from ultracentrifugally isolated HDL2 or from plasma during incubation with triglyceride lipase. In conclusion, bezafibrate increases preβ1-HDL at the expense of HDL2. We speculate that such an effect might partly contribute to the antiatherogenic action of bezafibrate.

    DOI: 10.1161/01.ATV.20.11.2428

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Serum amyloid a protein generates preβ1 high-density lipoprotein from α-migrating high-density lipoprotein

    Takashi Miida, Toshiyuki Yamada, Toru Yamadera, Kazuyuki Ozaki, Koichi Inano, Masahiko Okada

    Biochemistry   38 ( 51 )   16958 - 16962   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Serum amyloid A protein (SAA), an acute-phase reactant in reactive amyloidosis, has high affinity for high-density lipoprotein (HDL). When SAA is added to HDL, SAA displaces apolipoprotein A-I (apoA-I) and phospholipid from the HDL particles. These dissociated components may form preβ1-HDL because free apoA-I can associate with phospholipid to become a lipoprotein having preβ mobility. To determine whether SAA generates preβ1-HDL from α- migrating HDL, we investigated the effects of recombinant SAA on HDL subfraction concentration using nondenaturing two-dimensional gradient gel electrophoresis. When we added SAA (0.5 mg/mL) to plasma, the preβ1-HDL concentration increased by 164% (from 4.7% ± 1.3% to 12.4% ± 3.2% of apoA- I, p &lt; 0.005). The increase in preβ1-HDL was proportional to the dose of SAA. When we added SAA to a column of Sepharose beads coupled to the isolated HDL (α-migrating HDL), preβ1-HDL was dissociated from the column together with the SAA-associated HDL. In summary, we demonstrate that SAA generates preβ1-HDL from α-migrating HDL. We speculate that SAA-mediated HDL remodeling may take place in inflammation.

    DOI: 10.1021/bi9913045

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 重症大動脈弁狭窄症を合併し心破裂を生じた急性心筋梗塞の1例

    松尾 佑治, 尾崎 和幸, 高野 俊樹, 渡邊 達, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 南野 徹

    心臓   50 ( 9 )   1041 - 1046   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は82歳の女性。2年前に大動脈弁狭窄症(弁口面積1.0cm2)と診断され、経過観察されていた。今回、心不全を合併した前壁中隔の急性心筋梗塞を発症した。心エコーでは前壁中隔から心尖部の左室壁運動は低下し、左室-大動脈弁の最大圧較差は50mmHgであり、low-flow low-gradientと考えられた。緊急冠動脈造影では左前下行枝の完全閉塞を認め、経皮的冠動脈形成術にて再灌流を得た。クレアチンキナーゼは13109IU/Lまで上昇、心不全、循環動態の管理に難渋し、人工呼吸器や大動脈内バルーンパンピングを要した。集中治療室入室より数時間後に心破裂による心タンポナーデを生じ、外科的修復術を施行した。血行動態の改善を年的に、第5病日に経皮的大動脈弁形成術を施行、平均圧較差は29→24mmHgへ低下し、以後の循環状態は安定した。大動脈弁狭窄症を伴う急性心筋梗塞は心破裂の危険性が大きく、注意が必要である。また、大動脈弁狭窄症を合併した急性心筋梗塞において、大動脈弁に対する介入方法、時期の検討が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Cabrol graftと両側冠動脈の吻合部狭窄に対して待機的PCIを施行したMarfan症候群の1例

    山口 祐美, 尾崎 和幸, 高野 俊樹, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 岡本 竹司, 小澤 拓也, 柏村 健, 名村 理, 南野 徹

    心臓   50 ( 8 )   902 - 907   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は60歳、男性。幼少期にMarfan症候群と診断され、25歳時にStanford Aの急性大動脈解離に対してCabrol手術を施行された。6年前に施行したCTでgraftと両側冠動脈の吻合部狭窄を指摘されたが無症候であり経過観察となった。半年前より労作時呼吸困難を自覚、うっ血性心不全を発症し入院となった。心不全の治療後に冠動脈造影検査を施行し、graftと両側冠動脈の吻合部に99%狭窄を認めた。graftが胸骨の後面に位置していること等から再開胸術による危険性を考慮し、段階的に経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行する方針となった。最終的には両側冠動脈の吻合部へそれぞれ3.5×14mmのバイオリムス溶出性ステントを留置し、良好に開大した。Cabrol graftと両側冠動脈の吻合部狭窄に対する待機的PCIの報告はなく、文献的考察を交えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00679&link_issn=&doc_id=20180813190009&doc_link_id=%2Fah2sinzd%2F2018%2F005008%2F010%2F0902-0907%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fah2sinzd%2F2018%2F005008%2F010%2F0902-0907%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当院における心血管カテーテル治療の現状と今後の展望

    尾崎 和幸

    新潟医学会雑誌   132 ( 1 )   1 - 4   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    当院における心血管カテーテル治療は増加傾向にあり、2016年度に虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈インターベンションは過去最高の年間226件を施行した。同年より石灰化病変に威力を発揮するロータブレーターの使用を開始し、軌道に乗りつつある状況である。また、慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する経皮的肺動脈形成術、閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術を導入し、徐々に適応症例が増加している。今後は、重症大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術の導入を目指している。(著者抄録)

    researchmap

  • バルーン大動脈弁切開術を施行した二尖弁重症大動脈弁狭窄症による急性心筋梗塞・心原性ショックの1例

    三宅 望, 土田 圭一, 三島 健人, 高橋 和義, 尾崎 和幸, 保坂 幸男, 眞田 明子, 藤原 裕季, 柏 麻美, 中村 則人, 廣木 次郎, 加藤 香, 菊地 千鶴男, 中澤 聡, 小田 弘隆

    心臓   49 ( 3 )   292 - 297   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は69歳男性。150m程の歩行後に呼吸苦と前胸部絞扼感を自覚し救急搬送された。来院時ショックと低酸素血症を認め、両肺でcoarse cracklesを聴取した。心電図で完全左脚ブロックとaVR誘導のST上昇を認めた。心エコーで求心性左室肥大とびまん性左室壁運動低下、大動脈弁の輝度亢進と開放制限を認め、大動脈弁狭窄症(AS)が疑われた。緊急冠動脈造影では冠動脈に閉塞および狭窄病変はなく、重症ASによる急性心筋梗塞、心原性ショックと診断し、大動脈内バルーンパンピングを挿入した。第2病日に呼吸状態が悪化し人工呼吸器管理とした。経食道心エコーで二尖弁が疑われた。Peak CK 16,000(CK-MB 1,397)IU/Lと心筋障害は高度であり、準緊急での大動脈弁置換術(AVR)は高リスクと考えられ、内科的治療による心不全改善後にAVRを考慮する方針であったが、第5病日に頻脈性の発作性心房細動/粗動により血行動態が破綻し、頻回の電気的除細動にても改善せず、弁狭窄緩和による循環動態改善目的に同日緊急経皮的バルーン大動脈弁形成術(PTAV)を行うこととした。順行性アプローチでInoueバルーンを用い20mmと21mmで2回の裂開を行った。PTAV後は不整脈の再発なく、心拍出量の上昇を認めるなど血行動態が改善し、第9病日に待機的に生体弁によるAVRを行った。以降経過順調で第28病日に自宅退院された。(著者抄録)

    researchmap

  • 第一世代シロリムス溶出性ステントを用いて待機的に経皮的冠動脈形成術を施行した慢性腎臓病患者の中期的臨床成績

    尾崎 和幸, 土田 圭一, 田中 孔明, 保坂 幸男, 高橋 和義, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   37 ( 1 )   16 - 23   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    慢性腎臓病(CKD)は、血液透析に至る末期腎不全のみならず、心血管死亡を規定する重要な危険因子である。一方、薬剤溶出性ステントは経皮的冠動脈形成術(PCI)において再狭窄を減少させる効果を有する。我々は、2005年5月より2006年4月まで、当院にて第一世代シロリムス溶出性ステント(SES)を用いて待機的PCIを受けたCKD群(62名、86病変)および非CKD群(101名、135病変)の中期的臨床予後を検討した。CKD患者は推定糸球体濾過量(eGFR)が60ml/min/1.73m2未満と定義した。臨床予後として、総死亡、心イベント(心臓死、心筋梗塞、心不全の顕在化)、すべての血行再建につき、PCIから1年後および3年後に検討した。また、PCIから8ヵ月後に追跡冠動脈造影を施行し得た症例において(CKD群:64病変、非CKD群:123病変)、定量的冠動脈造影法(QCA)による成績を検討した。PCIから1年後では心不全の顕在化のみCKD群で多く認められたが(11% vs 0%、p&lt;0.01)、3年後の時点では、総死亡(16% vs 6%、p&lt;0.05)、心臓死(11% vs 2%、p&lt;0.01)、心不全の顕在化(24% vs 0%、p&lt;0.01)がCKD群において有意に多く認められた。心筋梗塞およびすべての血行再建には両群間に有意差を認めなかった。QCAではlate lossおよびbinary restenosisを含め、両群間に有意差を認めなかった。CKD群では、駆出率、eGFRおよび血中クレアチニン濃度の腎機能が、総死亡および心イベントを認めた患者において有意に高値を示した。両群間において再狭窄や血行再建の頻度に有意差は認められずSESの効果は示されたが、CKD群において総死亡、心イベントは多く認められ、CKD群は予後不良であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 出力を変えた洞調律時ペースマッピングと頻拍中エントレインメントペーシングで、2つの心室頻拍の近接必須緩徐伝導部位を同定した陳旧性心筋梗塞例

    保坂 幸男, 高橋 和義, 柏 麻美, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 真田 明子, 藤原 裕季, 中村 則人, 廣木 次郎, 小田 弘隆, 池主 雅臣

    臨床心臓電気生理   39   205 - 214   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:臨床心臓電気生理研究会  

    陳旧性心筋梗塞の82歳、男性。2種類の心室頻拍(VT-1とVT-2)によるelectrical stormのためカテーテルアブレーションを行った。Voltage mappingで左室中隔に低電位領域を認めた。同部位から洞調律時に出力を変えてペーシングを行うと5VでVT-2、10VではVT-1の波形が長い刺激-QRS間隔(VT-1:70msec、VT-2:130msec)を介して再現された。さらに同部位ではVT-1中とVT-2中にmid-diastolic potential(MDP)とsystolic potential(SP)の2つの電位(aとb)が記録され、その出現順序はVT-1とVT-2で逆転していた。VT-1とVT-2中に5Vでペーシングを行うと、刺激はそれぞれのVTのMDPを捕捉してconcealed entrainmentを呈した。VT-2中に10Vでペーシングを行うと、MDPとSPの両者を捕捉してQRS波形はVT-1に変化し、刺激中止後はVT-2に復し、post-pacing intervalはVT-2に近似していた。VT-1とVT-2の必須緩徐伝導路は近接しており、MDPはそれぞれのVT維持に必須な電位で、SPはもう一方のVT回路の緩徐伝導路の興奮を反映していると解された。(著者抄録)

    researchmap

  • 冠動脈疾患の診断と治療 冠動脈インターベンションの現状と課題

    尾崎 和幸

    新潟医学会雑誌   130 ( 4 )   223 - 225   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention;PCI)は1981年に本邦第一例が施行されてから30年以上が経過し、その大きな課題であった再狭窄の問題は薬剤溶出性ステント(drug eluting stent;DES)の登場にて概ね解決された。しかし、超遅発性ステント血栓症(very late stent thrombosis;VLST)に代表されるような新たな問題も出現した。今後は、生体吸収性スキャフォールド(bioresorbable scaffold;BRS)をはじめとした新しいデバイスの登場により、金属性のステントに頼らないPCIへと大きく変革していくことが予想される。(著者抄録)

    researchmap

  • 心筋中層・心外膜側・心内膜側にそれぞれの主起源を有する3種類の心室頻拍にカテーテル治療を行った催不整脈性右室心筋症の1例

    保坂 幸男, 池主 雅臣, 高橋 和義, 真田 明子, 柏 麻美, 廣木 次郎, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 藤原 裕季, 中村 則人, 小田 弘隆

    心臓   47 ( Suppl.2 )   176 - 183   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は心室頻拍(VT)のための緊急入院歴が2回ある催不整脈性右室心筋症の男性。初回入院の契機となったVT1は流出路の中隔起源で、洞調律時の電位高は右室側・左室側ともに正常であった。VT1と同波形の心室性期外収縮(PVC)の先行度は右室側32ms、左室側25msであり、PVCは右室側および左室側からの高周波通電で時間を要して(30〜50秒後)消失したが効果は一過性であった。中隔起源と考えて両心室から中隔に対して高周波通電を追加して治療に成功した。2回目入院では、三尖弁輪10時方向を起源とするVT2を認めた。VT2(PVC)に20ms先行する心内膜側の最早期興奮部位から通電を行うと、通電20〜30秒後にVT(PVC)は抑制されたが容易に再発した。対側の心外膜側には低電位領域が同定され、低電位領域内で140ms先行する局所電位に高周波通電を行ったところVT2は直ちに停止し、その後の誘発は不能となった。効果判定のプログラム刺激で右室下壁の低電位領域を起源とするVT3が繰り返し誘発された。VT3は血行動態が不安定であったため、洞調律時の心内膜側に顕著であった遅延電位部位に心内膜と心外膜側から通電を行い治療に成功した。これまでに、いずれのVTの再発も認めていない。催不整脈性右室心筋症のVTは多様な部位(心内膜側・心筋中層・心外膜側)から生じるが、三次元マッピングシステムを駆使した詳細なマッピングで治療できる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 経皮的冠動脈形成術および経皮的心房中隔欠損閉鎖術を施行した冠動脈疾患合併心房中隔欠損症の高齢者例

    相場 秀太郎, 尾崎 和幸, 田中 孔明, 柏 麻美, 中村 則人, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 小田 弘隆, 佐藤 誠一

    新潟市民病院医誌   36 ( 1 )   50 - 55   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は81歳、女性。6年前に心房中隔欠損症(ASD)を指摘され、利尿薬等の内服治療を施行されていた。今回、うっ血性心不全増悪にて当科入院、内科的治療を行ったが心不全のコントロールに難渋した。心臓カテーテル検査では肺動脈圧54/26(38)mmHg、右房でのO2ステップアップを認め、肺体血流比2.47、冠動脈造影にて#7 90%、左室造影にて#2、3、6の壁運動低下、左室拡張末期容積係数61.4ml/m2、駆出率50%であった。高度の右心負荷、肺高血圧のため外科的治療は危険性が大きいと判断、経カテーテル的治療の方針となった。まず、#7 90%狭窄に対して経皮的冠動脈形成術を施行、ロータブレーターにより切削した後にバルーンにて拡張し、#7 50%に改善した。2ヵ月後、ASDに対して経皮的ASD閉鎖術を施行した。バルーンによる閉鎖試験にて循環動態の大きな変動がないことを確認し、経カテーテル的ASD閉鎖デバイス(ASO)22mmを留置した。術後、心エコーでは左室壁運動および右室負荷、肺高血圧の改善を認め、術後1年間をほぼ無症状で経過した。(著者抄録)

    researchmap

  • 失神を伴う心房頻拍とそのtriggerとなる心房頻拍に対しカテーテルアブレーションが奏功した一例

    柏 麻美, 保坂 幸男, 高橋 和義, 廣木 次郎, 中村 則人, 藤原 裕季, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   36 ( 1 )   43 - 49   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    67歳女性。失神、失禁を伴う動悸発作が頻回となり、当院救急外来を受診した。体表面12誘導心電図にて、P波形の異なる2種類の心房頻拍(AT1、AT2)を繰り返し認めた。心エコーにて全周性の壁運動低下(左室駆出率41%)を認めた。薬物治療開始後も頻拍は抑制されず、カテーテルアブレーションの方針とした。心臓電気生理検査では、非持続性のAT1から持続性のAT2への移行が確認された。AT2は、僧帽弁輪後中隔側を最早期興奮部位とするfocalパターンであり、同部位への通電により頻拍発作が消失した。AT1は左房天蓋部を最早期興奮部位とするfocalパターンであり、同部位への通電により頻拍発作が消失した。治療後、左室駆出率は62%へ改善した。【結語】薬剤抵抗性心房頻拍による頻拍誘発性心筋症の症例を経験した。血圧低下を伴う持続性AT2の発症には、起源を異にした非持続性AT1が関与しており、両起源へのfocalアブレーションが非常に有効であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術の長期成績

    尾崎 和幸, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   36 ( 1 )   25 - 31   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)は薬剤抵抗性の閉塞性肥大型心筋症(HOCM)に対して有効な治療法であるが、長期予後に関しては心室性不整脈の出現を危惧する研究も存在する。我々は、PTSMA施行後のHOCMの長期予後を確認するため、2001年1月より2011年12月まで当科にてPTSMAを施行し、最低1年間の経過観察が可能であった薬剤抵抗性のHOCM患者11例(年齢58±11歳、男性7名)を検討した(観察期間5.6±4.4年)。PTSMAにより左室流出路圧較差は101±36mmHgより31±14mmHgへ有意に低下し(p&lt;0.01)、New York Heart Association(NYHA)心機能分類は3.2±0.4より1.9±0.3へ有意に改善した(p&lt;0.01)。PTSMA施行時の最大クレアチンキナーゼ(CK)値は1526±821IU/Lであった。PTSMAより6ヵ月後、NYHA心機能分類は1.5±0.8であり、安静時左室流出路圧較差は16±36mmHg、10γのドブタミン負荷にて左室流出路圧較差は15±24mmHg(10例)であった。PTSMAより1年以後の経過観察では、7例で有害事象を認めなかった。このうち4例に予定の植え込み型除細動器(ICD)植え込み術をPTSMAの周術期に施行し(2例は一次予防、2例は二次予防)、ICDの適切作動は認められなかった。有害事象を認めた4例のうち、2例では再PTSMAを要し、そのうち1例はその後に有害事象を認めず、1例は非心臓死の転帰をたどった。1例では左室流出路狭窄の再発を伴わない心不全入院を認めた。残りの1例では、PTSMAより6.8年後に失神し、電気生理学的検査にて心室細動が誘発され、ICD植え込み術を施行した。PTSMAは薬剤抵抗性のHOCMに対して有効と考えられたが、心室性不整脈の発症には注意が必要であると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • 【症例から学ぶ 急性冠症候群(ACS)と臨床検査】 急性冠症候群の診療に必要な臨床検査と治療 心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術(PCI)

    尾崎 和幸, 小田 弘隆

    Medical Technology   42 ( 12 )   1215 - 1219   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    急性冠症候群は不安定狭心症、急性心筋梗塞を含み、多くの場合で緊急の対応が必要となる。その診断に重要な心臓カテーテル検査、血行再建の有力な方法である経皮的冠動脈形成術について、具体的な2例の症例提示を含め、解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における感染性心内膜炎手術例の検討

    廣木 次郎, 尾崎 和幸, 大久保 健志, 柏 麻美, 中村 則人, 藤原 裕季, 真田 明子, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 小田 弘隆, 菊池 千鶴男, 高橋 善樹, 金沢 宏, 中澤 聡

    新潟市民病院医誌   35 ( 1 )   12 - 16   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    当院において、2007年11月から2013年10月までの6年間に外科的治療を要した成人感染性心内膜炎の患者連続28例につき検討を行った。手術に至った理由としては、心不全が53.6%と最も多く、次いで塞栓症予防35.7%、抵抗性感染10.7%と続いた。手術時期は、入院後2週間以内に施行された早期手術例は全28例中11例(39%)であったが、最も予後を規定するとされる心不全例においては15例中9例(60%)と早期手術がなされた症例が多くみられた。特に非代償性心不全においては10例中8例が早期に外科的介入を要した。また、死亡例は人工弁感染や低左心機能など周術期リスクの高い心不全患者、および弁周囲破壊が進行していた塞栓症予防の患者の計3例であった。感染性心内膜炎患者では、的確な診断と早期治療の開始に加え、入院期間中の詳密な検査による血行動態評価および治療効果判定を随時行い、外科的治療の至適タイミングを逸しないことが重要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 大動脈弁下膿瘍の診断にMDCTが有用であった感染性心内膜炎の一例

    蛭間 弘光, 尾崎 和幸, 菊池 千鶴男, 中澤 聡, 大久保 健志, 矢野 利明, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   35 ( 1 )   38 - 43   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は40歳代男性。3年前から心拡大、心電図異常を指摘されていた。2ヵ月間持続する発熱を主訴に前医を初診し、血液検査で炎症所見を認め、抗菌薬を投与したが解熱しなかった。心エコーでは高度の大動脈弁逆流、腹部CTで脾梗塞を認め、血液培養でα-streptococcusが検出され、感染性心内膜炎が疑われた。前医初診1ヵ月後、精査加療目的に当科へ入院した。心電図では以前に認めなかったI度房室ブロックを認めた。経胸壁心エコーの再検では、大動脈弁逆流に沿った無冠尖から僧帽弁前尖にかけて肥厚を認めた。経食道心エコーでも明らかな疣腫は認められなかったが、右冠尖、無冠尖の構造変化と中隔内部の低エコースペースを認めた。MDCTでは大動脈弁下に造影される腔を認め、その腔が僧帽弁前尖基部にまで及んでいた。心室中隔へ波及した弁輪部膿瘍と診断し、ペニシリン、ドリペネムで加療した。しかし、感染コントロールが不十分のため、第41病日に外科的感染巣掻爬および大動脈弁置換術を施行し、第74病日に独歩退院した。経食道心エコーでは明らかな疣腫を認めなかったが、心電図、MDCT所見からは中隔に及ぶ大動脈弁下膿瘍の存在が示唆された。本症例ではMDCTを用いることで、膿瘍のより詳細な診断が可能であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 治療に難渋する深部静脈血栓症からTrousseau症候群が疑われた一例

    野澤 昌代, 保坂 幸男, 柏 麻美, 中村 則人, 大久保 健志, 矢野 利明, 田中 孔明, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   35 ( 1 )   32 - 37   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    58歳、男性。既往歴に特記事項なし。左大腿の腫脹・疼痛、呼吸苦を主訴に近医を受診し、下肢静脈エコーにて左外腸骨静脈以下の血栓を認め、深部静脈血栓症(deep vein thrombosis:DVT)・肺血栓塞栓症(pulmonary embolism:PE)の疑いにて当科入院。初回入院時、造影CTでDVT、PEを認め、下大静脈(IVC)フィルターを留置し、血栓溶解療法・抗凝固療法を施行。DVTの明らかな原因疾患を認めず、症状や検査所見の改善を認め当科退院。1ヵ月後、右大腿の腫脹・疼痛、呼吸苦を認め、DVT・PEの再発にて当科再入院。前回入院時の治療に加え、血栓除去術も施行。再度のDVTの原因検索にて、肺の陳旧性変化と考えられた陰影の生検にて肺腺癌が明らかとなり、Trousseau症候群に伴う多発静脈血栓症と診断。本症例は抗凝固療法中にも新規の血栓形成を認め、Trousseau症候群を疑い、念入りな全身検索を行った結果、肺腺癌の診断に至った。深部静脈血栓症の症例において、慎重に原因検索を行うことの重要性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における非保護左冠動脈主幹部病変の血行再建についての検討 PCI vs.CABG

    池上 龍太郎, 土田 圭一, 大久保 健志, 佐藤 迪夫, 真田 明子, 矢野 利明, 小林 剛, 保坂 幸男, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   35 ( 1 )   17 - 25   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    <目的>非保護左冠動脈主幹部(ULM)病変への血行再建では冠動脈バイパス術(CABG)もしくは経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が選択される。ガイドラインではCABGがクラスI、症例によってPCIがクラスIIaとされるが、近年の臨床成績の向上と手技の普及に伴い、PCIが選択されることも増えている。当院での中期的な治療成績に基づき、ULM病変の治療方針の妥当性について検証を行う。<対象と方法>2005年1月〜2012年3月に、ST上昇型心筋梗塞を除くULM病変へ血行再建が行われた124名(CABG群:66名、PCI群58名)の検討を行った。複合1次エンドポイントは、MACCE(総死亡・心筋梗塞(MI)・脳梗塞・標的血管再血行再建(TVR))とし、複合2次エンドポイントはcardiac event(心臓死・MI・TVR)とした。<結果>CABG群で慢性腎不全が有意に多かったが、それ以外の患者背景では両群に有意差を認めなかった。平均追跡期間はCABG群で3.41年、PCI群で3.29年であった。1次エンドポイントでは両群に有意差は認めず(CABG vs.PCI:57% vs 66%;logrank p=0.74)、2次エンドポイントでも有意差は認めなかった(CABG vs.PCI:83% vs 69%;logrank p=0.31)。SYNTAX scoreで階層化した両群の比較では予後に有意差は認めなかったが、ULM分岐部病変に対するPCIを1-stenting crossover法と2-stenting法で分けて比較すると、CABGに比べ有意に2-stenting法の成績が不良であった。<結語>当院におけるULM病変へのCABGとPCIの中期的な治療成績の比較検討では、PCIにおいても良好な治療成績が得られていた。(著者抄録)

    researchmap

  • 気管支喘息とアレルギー性鼻炎を合併した薬剤抵抗性の多枝冠攣縮性狭心症にプレドニゾロン内服が奏功した1例

    大久保 健志, 矢野 利明, 土田 圭一, 池上 龍太郎, 佐藤 迪夫, 真田 明子, 小林 剛, 保坂 幸男, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    心臓   46 ( 8 )   1114 - 1118   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    気管支喘息とアレルギー性鼻炎をもつ63歳男性。安静時胸痛のためエルゴノビン負荷試験を施行し、左冠動脈2枝閉塞となり、冠攣縮性狭心症にて内服を開始。1ヵ月後に発作が再発し、入院するも、治療抵抗性で、喘息悪化を契機に重度の虚血発作を起こし、一時心肺停止状態となった。Ca拮抗薬、硝酸薬、ニコランンジルを増量し、喘息に対してはステロイド吸入を開始し、狭心症発作は鎮静化した。半年後にアナフィラキシー様症状と喘息発作を契機に胸痛発作が増悪した。アレルギー増悪が関与した冠攣縮性狭心症と考え、ステロイド内服を開始し、症状抑制が可能となった。その15ヵ月後、ステロイドを6mgまで漸減したところで胸痛発作が再燃し、好酸球の再上昇やアレルギー症状の再燃を伴っていたため、ステロイドを再増量し、症状を鎮静化し得た。アレルギー学的機序を背景とした難治性冠攣縮性狭心症に対し、ステロイドが奏効した稀な症例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 経皮的腎動脈形成術により血圧の正常化および患側腎の大きさの改善傾向を認めた線維筋性異形成による腎血管性高血圧症の1例

    高橋 秀典, 尾崎 和幸, 大久保 健志, 矢野 利明, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   34 ( 1 )   25 - 29   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    18歳男性。3ヵ月間持続する頭痛が出現し、高血圧を指摘された。高レニン血症を認め、腎動脈エコーでは右腎動脈狭窄(RAS)の所見を認め、腹部造影CT、腹部大動脈造影で右側のRASの確定診断に至った。右腎は左腎に比較して小さく、レノグラムパターンは機能低下型を呈していた。年齢、患者背景より線維筋性異形成(FMD)を疑い、経皮的腎動脈形成術(PTRA)を施行。術後、血圧は正常化し、レニン活性も低下し、右腎の大きさも徐々に回復した。若年発症のFMDによるRASに対して、PTRAにて血圧正常化および腎機能改善効果が認められた。(著者抄録)

    researchmap

  • 急性心筋梗塞症例におけるJ波による心室細動出現の予測に関する検討

    柏 麻美, 保坂 幸男, 真田 明子, 大久保 健志, 中村 則人, 矢野 利明, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   34 ( 1 )   13 - 18   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    【背景】急性心筋梗塞症例における心室細動とJ波の関連を示唆する報告が散見されるが、十分な解明はされていない。【目的】急性心筋梗塞症例における心室細動の出現と急性期心電図でのJ波との関連について明らかにする。【対象と方法】2008年〜2012年に心室細動による心肺停止で当院に搬送されたST上昇型急性心筋梗塞症例(VF発症群:16例、平均年齢:64.8±10.7歳)と、2011年1月〜12月に心室細動を認めずに当院に搬送されたST上昇型急性心筋梗塞症例(非VF発症群:101例、平均年齢:67.0±12.3歳)を対象とし、年齢、性別、来院時の血清K値・血清Cre値・血糖値・HbA1c値、CPK最大値、責任血管、左室駆出率、急性期12誘導心電図でのJ波の有無・波高・出現誘導・波形について比較検討した。【結果】年齢、性別、来院時の血清K値・血清Cre値・HbA1c値、CPK最大値、責任血管、左室駆出率に有意差を認めなかった。来院時血糖値は、VF発症群で高値を認めた(VF発症群vs非VF発症群:252.4md/dl vs 178.8mg/dl;p=0.03)。急性期心電図の検討では、VF発症群でJ波の出現頻度が高く(12/16例(75%)vs 20/101例(20%);p&lt;0.01)、J波の出現誘導は、VF発症群・非VF発症群いずれにおいても右冠動脈誘導で出現頻度が高く、ST上昇出現誘導とも必ずしも一致しなかった。【結論】急性期の心電図でJ波を認める心筋梗塞症例では、心室細動を合併する危険性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 閉塞性肥大型心筋症で心室細動を合併し、ICDと経皮的心筋中隔焼灼術(PTSMA)を施行された1例

    青木 亜美, 高橋 和義, 大久保 健志, 池上 龍太郎, 佐藤 迪夫, 矢野 利明, 小林 剛, 保坂 幸男, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   33 ( 1 )   29 - 33   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は突然死と肥大型心筋症の家族歴がある45歳の男性。8年前に閉塞性肥大型心筋症と診断された。薬物治療(β遮断薬、カルシウム拮抗薬、抗不整脈薬Ia群)が行われたが、左室流出路圧較差及び労作時息切れの改善は認められなかった。今回、心房細動から心室細動になり、自動体外式除細動器で蘇生された。心臓カテーテル検査で左室流出路圧較差が130mmHgあり、ICD(implantable cardioverter defibrillator)植え込みを行った後に経皮的心筋中隔焼灼術(percutaneous transluminal septal myocardial ablation:PTSMA)を施行され、左室流出路圧較差は110mmHgから26mmHgへ改善した。その後息切れ等なく経過し、6ヵ月後の心臓カテーテル検査で左室流出路圧較差を認められなかった。本症例はPTSMAが奏効した経過良好な症例である。また、PTSMAを施行した後であっても頻脈性不整脈による心停止のリスクはあると報告されており、閉塞性肥大型心筋症で心停止をきたした症例に対してはPTSMAに加えてICDを植え込む必要があると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 心房細動アブレーション治療によりペースメーカ埋込みを回避できた徐脈頻脈症候群の1例 当院における心房細動アブレーション治療成績の検討

    柏 麻美, 保坂 幸男, 大久保 健志, 池上 龍太郎, 佐藤 迪夫, 真田 明子, 矢野 利明, 小林 剛, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   33 ( 1 )   23 - 28   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    73歳男性。診断は徐脈頻脈症候群であり、心房細動停止時に症状を伴う心停止が認められた。心房細動に対するアブレーション治療を施行することにより、心房細動発作が消失し、ペースメーカ埋込みを回避することができた。当院ではこれまでに11例の心房細動に対してアブレーション治療を行っている。11症例中10例において心房細動発作の減少、消失を認めており、BNP値、左房径の改善を認めている。心房細動アブレーション治療は、洞調律維持により、抗不整脈薬からの離脱、QOLの向上をもたらすと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 左冠動脈主幹部閉塞の心筋梗塞に対し経皮的心肺補助装置(PCPS)装着下に経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行し救命しえた1例

    佐藤 里映, 小林 剛, 大久保 健志, 大槻 総, 佐藤 迪夫, 池上 龍太郎, 矢野 利明, 保坂 幸男, 土田 圭一, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   33 ( 1 )   18 - 22   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は45歳男性。仕事中に胸痛の出現とともに意識消失し救急要請となった。救急車内で心室細動を繰り返し電気的除細動および心肺蘇生を受けながら当院へ搬送された。当院到着後も心室細動とPEA(無脈性電気活動)が持続し、救急外来で気管挿管、経皮的心肺補助装置(PCPS)を導入した。急性心筋梗塞を疑い緊急冠動脈造影を施行したところ、左冠動脈主幹部の完全閉塞を認め緊急経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行し再灌流を得た。Max CPK 29779IU/L、Max CK-MB 2500IU/Lと非常に大きな心筋梗塞で、術直後の心エコーではEF 5%に低下していた。術後、低体温療法、PCPSとIABP(大動脈内バルーンパンピング)による機械的循環補助、薬物加療(カテコラミン、PDEIII阻害薬、カルペリチド、硝酸イソソルビド、利尿剤)を併用しながら左室収縮能の回復を待つと、下壁領域の壁運動が徐々に改善した。第7病日にPCPSを離脱、第19病日にIABPを抜去することができた。機械的循環補助離脱後も重篤な左心不全の薬物治療に難渋したが、第30病日に人工呼吸器を離脱、心臓リハビリテーションを行い第93病日に独歩退院となった。左冠動脈主幹部閉塞による急性心筋梗塞で心原性ショックを来した際の院内死亡率は55〜80%と報告される。PCI手技が成熟した現在も極めて予後不良な疾患であり、いまだ確実な治療方法は確立していない。救命例は貴重であると考え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 内腸骨動脈瘤に対するCovered stent治療の検討

    佐藤 迪夫, 大久保 健志, 大槻 総, 池上 龍太郎, 矢野 利明, 小林 剛, 保坂 幸男, 土田 圭一, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   32 ( 1 )   9 - 13   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    【目的】当科で経験した内腸骨動脈瘤に対して、胆管用のカバードステントであるNiti-S Com Vi stent(Medical Co Ltd,Korea)を使用した経皮的カテーテル治療の短期成績について検討する。【対象・方法】2006年11月から2010年9月までの間に6例の内腸骨動脈瘤患者に対し、経皮的カテーテル治療を施行し、カバードステント:Niti-S Com Vi stent(Medical Co Ltd,Korea)留置を行った。6例のうち2例は内腸骨動脈に直接カバードステントを留置したが、4例には総腸骨動脈から外腸骨動脈にかけてカバードステントを留置し、内腸骨動脈の入口部を覆う方法で治療を行った。また6例中4例に対してはステント留置に加え、コイルによる動脈塞栓術を併用した。【結果】検討した6症例の経皮的カテーテル治療は全例で成功し、手技に際して大量出血や動脈解離などの重篤な合併症も認めなかった。更に経皮的カテーテル治療後、5例に対して平均12ヵ月後(1〜26ヵ月)に造影CT撮影を行い、いずれの症例でもステント内再狭窄や瘤内への造影剤漏出を認めなかった。【結論】内腸骨動脈瘤に対するカバードステントを使用した経皮的カテーテル治療は安全でかつ高い成功率を見込める手技である。また手技後の短期的な結果も良好と考えられたが、今後中〜長期結果に関して更なるfollowが必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における感染性心内膜炎の動向

    大久保 健志, 尾崎 和幸, 大槻 総, 池上 龍太郎, 佐藤 迪夫, 矢野 利明, 小林 剛, 保坂 幸男, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   32 ( 1 )   15 - 19   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    当院において2005年5月から2009年6月までの4年間に入院加療を施行した成人の感染性心内膜炎(infective endocarditis:以下IE)患者37例を検討した。年齢層は50歳代から70歳代が多かった。発症のきっかけが歯科治療に関する症例が29.7%を占めたが、病因不明例が最も多かった。起因菌はStreptococcusが49%、次いでStaphylococcus aureusが22%であった。以上の点では本邦でのこれまでの報告と一致していた。弁損傷の部位として僧帽弁単独が59.5%、大動脈弁単独は29.7%であり、大動脈弁損傷例では54%に手術を必要とした。転帰では、軽快退院が30例(81%)認められ、抗菌薬投与のみでの改善例が13例、手術を要したものが17例であった。また、死亡例は7例(19%)であり、起因菌はStaphylococcusが3例と最多で、compromised hostが3例含まれた。IE患者では急速に血行動態の破綻を来たしたり、重篤な転帰を辿ることがあり、早急な起因菌の同定と治療開始、必要に応じて早期に外科的介入を検討する必要があると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 64列マルチディテクターCT(MDCT)にて診断が明確となった部分肺静脈還流異常症の1例

    山岸 葉子, 尾崎 和幸, 萩谷 健一, 小幡 裕明, 岡村 和気, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   31 ( 1 )   17 - 20   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    26歳女性、不完全右脚ブロックを指摘され、心エコーでは右心系拡大を認めるも、心房中隔欠損を認めず、左房が小さいことを指摘された。先天性心疾患の疑いにて心臓カテーテル検査を施行し、左腕頭静脈および右房中位にて酸素飽和度の上昇を認め、肺体血流比は3.15であった。血管造影では、左上肺静脈→左腕頭静脈への短絡を認め、左下肺静脈→冠静脈洞への短絡が疑われた。64列マルチディテクターCT(MDCT)にて、上記の2つの短絡路と左房内隔壁構造が明瞭に描出された。以上より、左側部分肺静脈還流異常症と三心房心に類似した構造の合併心奇形と診断した。MDCTが心奇形の構造診断に有用であった1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 膝窩静脈嚢状瘤が原因した重症肺塞栓症に、カテーテル治療が奏功した1例

    飛田 一樹, 佐藤 迪夫, 池上 龍太郎, 羽尾 和久, 小林 剛, 保坂 幸男, 土田 圭一, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   31 ( 1 )   21 - 24   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は50歳代、男性。既往歴は高血圧症、高尿酸血症。自宅にて突然の意識消失から心肺停止となり、家人により直ちに心肺蘇生を行われた。救急隊到着後に自己心拍再開し、当院搬送されたが、循環動態が安定せず、造影CTにて急性肺塞栓症と左膝窩静脈嚢状瘤と診断した。大量肺動脈血栓に対して、経皮的カテーテル治療を施行し、術直後より循環動態は安定した。血行動態が不安定な重症肺動脈塞栓症に対しては、速やかな血栓除去が必要であり、カテーテル治療は極めて有効であった。又、肺塞栓症の原因である膝窩静脈嚢状瘤に対しては、待機的に瘤の切開縫縮術を施行し、術後も抗凝固療法を併用した。しかし、外科的治療の長期有効性には、更なる検討が必要であると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • 心膜液貯留をきたした後縦隔膿瘍が疑われた1例

    尾崎 和幸, 矢部 正浩, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    心臓   42 ( 4 )   511 - 516   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    82歳、女性。前医にて感染巣不明の感染症に対し抗菌薬投与を施行するも、心膜液が急速に貯留し当科へ転院した。CTにて多量の心膜液、両側胸水、右腎盂腎炎と後縦隔に径4cm大の腫瘤を認めた。腫瘤は下大静脈と右心房に接し、周辺のみ造影効果があり、一部は下大静脈へ突出していた。当科入院当日に心膜穿刺を施行し、排出された心膜液は炎症性で、培養は陰性であった。ガリウムシンチグラフィでは上記腫瘤に一致した集積を認めた。また、血液培養からE.coliおよびBacteroides fragilisが検出された。シプロフロキサシン、クリンダマイシンを投与し、血栓の関与を疑いヘパリン投与を併用し、炎症反応は陰性化した。6ヵ月後にCTを再検し、腫瘤消失を確認した。臨床経過より後縦隔の腫瘤は膿瘍と考えられた。稀な症例と思われここに報告する。(著者抄録)

    DOI: 10.11281/shinzo.42.511

    CiNii Article

    researchmap

  • 冠攣縮により2枝同時閉塞を呈したと思われる若年者心筋梗塞の一例

    永井 秀哉, 土田 圭一, 小田 弘隆, 三井田 努, 高橋 和義, 尾崎 和幸, 岡村 和気, 小幡 裕明, 萩谷 健一

    新潟市民病院医誌   30 ( 1 )   33 - 37   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    運動後に突然の胸痛や冷汗を自覚し、発症約40分後にショック状態で搬送された28歳男性について検討した。意識清明であったが、心電図は異常Q波をV1-4に、ST低下をV3、4に、また、来院20分後にST上昇をII、III、aVFに認めた。緊急冠動脈造影検査(CAG)では、右冠動脈近位部に血栓像を伴う99%狭窄と左前下行枝の近位部の完全閉塞を認めた。2枝に同時に血栓性閉塞を来した急性冠症候群であると考え、2枝に対し冠動脈内血栓吸引/溶解療法を行い、再灌流に成功した。第11病日のCAGはほぼ正常の所見であった。冠動脈内アセチルコリン負荷試験では、左前下行枝近位部と高位側壁枝に完全閉塞を起こす冠攣縮が誘発された。2枝閉塞の機序として、冠攣縮ないしびらんによる内皮傷害と、それに続く血栓形成が考えられた。喫煙と家族歴の冠危険因子があった。発症機序として冠攣縮の関与が考えられた。

    researchmap

  • 急性腸骨動脈閉塞症の再灌流障害によるMyonephropathic metabolic syndromeの2例

    小幡 裕明, 鈴木 友康, 萩谷 健一, 岡村 和気, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   30 ( 1 )   27 - 32   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    腸骨動脈レベルでの急性動脈閉塞から死の転帰をたどった2症例について検討した。57歳と74歳の男性で、いずれの症例も閉塞性動脈硬化症(ASO)に血栓閉塞を合併し、患肢の状態はTrans-Atlantic Inter-Society Consensus(TASC)II分類C-IIb以上と考えられた。肺水腫もみられたため血行再建の可否判断は困難で、下肢切断の方針としていたが、急変して死亡した。急変時、カリウム(K)とC反応性タンパク(CRP)の急上昇を認めた。経過中に何らかの機序で再灌流を起こし、Myonephropathic metabolic syndrome(MNMS)が急変の原因だと推測された。血行再建を断念せざるを得ない症例で、近位部の急性閉塞による壊死組織が広範である場合にはMNMSを念頭に置き、速やかな下肢切断術の施行を考慮する必要があると考えられた。

    researchmap

  • 冠動脈肺動脈瘻を合併した冠動脈狭窄に対して経カテーテル的コイル塞栓術および経皮的冠動脈形成術を一期的に施行した1例

    尾崎 和幸, 小田 弘隆, 萩谷 健一, 小幡 裕明, 岡村 和気, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努

    日本心血管インターベンション治療学会誌   1 ( 1 )   76 - 80   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心血管インターベンション治療学会  

    53歳男。48歳時に下壁の急性心筋梗塞を発症し、右冠動脈(RCA)に経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行された。その際、左冠動脈前下行枝(LAD)近位部より起始する冠動脈肺動脈瘻を認められた。今回、胸痛が出現し、冠動脈造影でLADに高度狭窄病変を認めた。治療法の選択にあたり、本例は既にRCA病変に対してPCIが行われていること、外科的治療は望まなかったことから、2通りのPCI治療戦略が考えられた。1つ目は、冠動脈肺動脈瘻の肺体血流比が1.30であることから狭窄解除と冠動脈肺動脈瘻の閉鎖を同時に行う戦略、2つ目は先ず狭窄を解除し後日に冠動脈肺動脈瘻による虚血が証明された場合に閉鎖術を施行する戦略である。本例では冠動脈肺動脈瘻の入口部がLAD狭窄病変の中に存在しており、同部にステントを留置すると冠動脈肺動脈瘻への治療が困難となるため前者を選択し、良好な結果が得られた。

    researchmap

  • 家族性が認められた完全房室ブロックを伴う拡張型心筋症の一例

    番場 景子, 高橋 和義, 萩谷 健一, 小幡 裕明, 岡村 和気, 土田 圭一, 尾崎 和幸, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   29 ( 1 )   17 - 20   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    30歳男。患者は浮腫と息切れを主訴とした。家族歴として4親等以内に5人がペースメーカー植え込み術を受けており、実兄は30歳代で心房細動、拡張型心筋症と完全房室ブロックが指摘された。今回、NYHA II°の心不全症状が出現し、利尿剤の服用でNYHA I°に改善したが、徐脈性不整脈が認められ、精査加療目的で入院となった。所見では心房細動、完全房室ブロックがみられ、左脚ブロック型の心室補充調律であった。心エコーでは左室拡大と瀰漫性壁運動低下が認められ、左室心筋検査を含む心臓カテーテル検査で拡張型心筋症と診断された。患者希望によりペースメーカーの植え込みは行わず、β遮断薬を導入したところ、治療開始後6ヵ月経過で心不全または徐脈の悪化は認められていない。以上、本症例は患者家族に男女の区別なく世代から世代へ連続して罹患者がみられること、血族結婚はなく、正常例の子孫には罹患者は認められないことより、常染色体優性遺伝子形式で家族内に発症したものと考えられた。

    researchmap

  • 経皮的腎動脈形成術の成績

    大嶋 有希子, 鈴木 友康, 土田 圭一, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆

    新潟市民病院医誌   29 ( 1 )   9 - 16   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    過去約2年間に50%以上の腎動脈狭窄を認め、経皮摘腎動脈形成術(PTRA)を施行した連続12症例(15病変)を対象に治療成績を検討した。1)平均年齢は70.9歳で、入院の契機となった疾患は鬱血性心不全と急性冠症候群がともに41.7%を占めて最多であった。2)合併疾患は高血圧、糖尿病、高脂血症が多数認められた。3)腎萎縮は2例に、両側性腎動脈狭窄は3例に認められ、PTRA前の平均推算糸球体濾過量は48.8ml/min/1.73m2と低下していた。4)15病変すべてにステント植え込み術を施行したところ、PTRA前後で収縮期血圧は有意に低下したが、拡張期血圧、腎機能に有意な変化は認めなかった。5)PTRA後の経過は平均観察期間10.2ヵ月で、高血圧を有する患者で降圧剤の減量が可能であったのは9名中2名であった。また、鬱血性心不全の再発により入院したのは5例中2例で、そのうち1例はPTRA 8ヵ月後に透析が導入された。

    researchmap

  • Impact of sirolimus-eluting stents on treating chronic total occlusion

    Kazuyuki Ozaki, Kazuyuki Ozaki, Hirotaka Oda, Tomoyasu Suzuki, Keiichi Tsuchida, Kazuyoshi Takahashi, Tsutomu Miida

    Japanese Journal of Interventional Cardiology   23   183 - 187   2008年7月

     詳細を見る

    Objective : To determine the usefulness of sirolimus-eluting stents (SES) for treating chronic total occlusion (CTO). Methods : A total of 46 CTO lesions in 42 patients were successfully treated with SES and 74 CTO lesions in 70 patients were treated with bare metal stents (BMS) and they all underwent a follow-up angiographic study. Angiograms were quantitatively analyzed and any restenosis and target lesion revascularization (TLR) were evaluated. Results : Minimum luminal diameter did not differ immediately after recanalization (SES group : 2.51 ± 0.37 mm vs. BMS group : 2.67 ± 0.60 mm, p = 0.113). At follow-up study, the SES group had significantly larger minimum luminal diameters (2.11 ± 0.64 mm vs. 1.50 ± 0.92 mm, p &lt; 0.001) and lower restenosis rates (9% vs. 43%, p &lt; 0.001) than the BMS group. Reocclusion rates in the SES group was tended to be lower than in the BMS group (2% vs. 7%, p = 0.405). Late loss was significantly smaller in the SES group than in the BMS group (0.40 ± 0.57 mm vs. 1.19 ± 0.95 mm, p &lt; 0.001). And at follow-up, the SES group had fewer instances of TLR than the BMS group (4% vs. 30%, p &lt; 0.001). Conclusion : SES implantation after recanalization of CTO provides a better clinical outcome with lower restenosis rates and TLR than does BMS alone.

    Scopus

    researchmap

  • 慢性完全閉塞病変に対するシロリムス溶出性ステントの有用性

    尾崎 和幸, 小田 弘隆, 鈴木 友康, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努

    Japanese Journal of Interventional Cardiology   23 ( 3 )   183 - 187   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本心血管インターベンション学会  

    2004年8月〜2006年7月にシロリムス溶出性ステント(SES)を留置した慢性完全閉塞性病変(CTO)の自験例連続53症例57病変中、遠隔期(8±2ヵ月後に追跡冠動脈造影(CAG)を施行できた42症例46病変(SES群)の遠隔成績を検討した。また1993年4月〜2001年3月に金属ステント(BMS)を留置したCTOの自験例連続87症例91病変中、遠隔期(6±2ヵ月)に追跡CAGが施行できた70症例74病変(BMS群)の成績と比較検討した。その結果、SES群とBMS群の患者背景では年齢・性別に差はなかったが、SES群に糖尿病(60%:36%)と高脂血症(64%:36%)の割合が多く認められた。閉塞血管はSES群では左前下行枝(LAD)・左回旋枝(LCX)・右冠動脈(RCA)がほぼ同比率であったが、BMS群ではLADが多くLCXが少なく、再狭窄病変がSES群で4%、BMS群で15%含まれていた。追跡CAGの結果ではSES群はBMS群に比べ最小血管径が有意に大きく、内腔狭窄度は有意に小さく、late lossも有意に小さかった。再狭窄率はSES群9%・BMS群43%と有意差を認め、再狭窄の形態はSES群ではfocalが75%であったのに対し、BMS群ではfocal 16%・diffuse 50%・proliferative 19%であった。以上より、CTOに対するSES留置がlate lossの減少により再狭窄率を低下させ、標的病変再血行再建術や標的血管再血行再建術を減少することで、BMS留置より有効であることが示された。しかし、遅発性ステント血栓症、late catch up現象など未解決の問題が多くあり、今後は多施設における多数例を対象とした無作為割付比較試験の実施が必要と考えられた。

    researchmap

  • Listeria monocytogenesによる感染性心内膜炎の1例

    萩谷 健一, 尾崎 和幸, 鈴木 友康, 大野 有希子, 土田 圭一, 高橋 和義, 三井田 努, 小田 弘隆, 金沢 宏

    新潟市民病院医誌   28 ( 1 )   47 - 50   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は15年前より糖尿病で加療中の65歳女性で、血糖値コントロール不良状態で、1ヵ月前から発熱・全身倦怠感が出現し更に10日前より起座呼吸が出現して近医に入院となった。うっ血性心不全と肺炎を疑われ利尿剤・アンピシリン/スルバクタム6.0g/日の投与を受けたが、うっ血性心不全が改善せず、精査加療目的で紹介転院となった。転院時、胸部X線像ではCTR52%・軽度肺うっ血と両側胸水を認め、心エコーでは僧帽弁の可動性は低下し僧帽弁口面積1.4cm2と中等度の僧帽弁狭窄を認め、心室中隔は扁平化し中等度の三尖弁逆流と肺高血圧症を認めた。以上の所見から僧帽弁狭窄症に伴ううっ血性心不全と診断し、フロセミドの投与によりコントロール良好であった。発熱・炎症所見を伴うことから感染性心内膜炎の合併が疑われたが、3回の血液培養はいずれも陰性であった。経食道エコーでは僧帽弁後交連側の肥厚が著明で可動性がなく、疣贅との判別は困難であった。心臓カテーテル検査にて僧帽弁口面積1.21cm2であったことから中等度の僧帽弁狭窄症と診断して僧帽弁置換術を施行した。術中所見にて僧帽弁後交連付近に疣贅の付着を認め、摘出弁の培養にてListeria monocytogenesが検出され、Listeria monocytogenesによる感染性心内膜炎と診断された。術後経過は良好で3週間後に退院となった。以上よりListeria monocytogenesによる心内膜炎は稀であり、本症例は日本において第1例目であった。

    researchmap

  • シャント狭窄の評価に3D-CT angiographyが有用であった1例

    堂前 圭太郎, 首村 守俊, 森岡 良夫, 長谷川 尚, 塩谷 基, 樋口 健史, 高橋 直也, 前田 春男, 尾崎 和幸, 高橋 和義

    新潟市民病院医誌   27 ( 1 )   53 - 56   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    49歳男性。患者はCrの上昇と呼吸困難の増悪で入院となり、左前腕内シャント造設術を行って血液透析を導入した。退院後、近医で維持透析を継続したが、次第に脱血量が低下しシャント狭窄が疑われ再入院となった。シャント像影では吻合部と橈骨動脈、更に狭窄が疑われる部位も造影されず、評価困難のため3D-CTAを行った。吻合部を含めた静脈と橈骨動脈は良好に描写され、吻合部に狭窄は認めず、その近傍の中枢側静脈に高度の狭窄を認め、経皮的血管形成術(PTA)を施行した。拡張後、シャント音は良好に聴取され、スリルも良好に蝕知された。術後の血液透析で脱血量の改善を認め、同日退院となった。

    researchmap

  • 【どうなる?これからの冠インターベンション治療】 心原性ショックを合併する急性心筋梗塞をいかに救命するか?

    尾崎 和幸, 小田 弘隆

    ハートナーシング   19 ( 3 )   296 - 300   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    急性心筋梗塞の予後は,経皮的冠動脈形成術(PCI)による再灌流療法の普及で著しく改善した.しかし,心原性ショックを合併した症例では,現在でも高い死亡率を認めている.ショック症例の救命率の向上には,速やかな経皮的冠動脈形成術による閉塞血管の再灌流とともに,血行動態を改善する目的での薬物療法,補助循環装置(大動脈バルーンパンピング,経皮的心肺補助)を用いたサポートが重要である(著者抄録)

    researchmap

  • 発作性心房細動にて発見された右房粘液腫の一例

    佐治 越爾, 尾崎 和幸, 仲川 奈緒子, 大瀧 啓太, 深谷 英平, 久保 貴昭, 華山 直二, 平澤 友司郎, 冨永 邦彦

    竹田綜合病院医学雑誌   31   36 - 39   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)竹田健康財団竹田綜合病院  

    64歳女性.患者は6年前に発作性心房細動で受診したが,経胸壁心エコー(UCG)で異常所見は認めなかった.しかし今回,動悸を主訴に受診となった.心電図では心房細動を認め,薬物的除細動で停止せず,電気的除細動の適応と判断し,UCGを施行して可動性ある右房腫瘤を認めた.経食道心エコー(TEE)では,腫瘤は33×34mm大で可動性があり,内部エコーは不均一で茎は認めず,心房中隔に付着していた.一方,造影CTでは右房内の腫瘤は不均一に造影され,Tc-MAA肺血流シンチグラフィーでは肺塞栓所見はなく,冠動脈造影では両側冠動脈に有意狭窄を認めず,右冠動脈より腫瘍栄養動脈が分岐し腫瘍濃染を認めた.第3病日に右房腫瘤摘出術を施行したところ,病理所見ではHE染色で紡錘形細胞の増殖を認め,アルシアンブルー染色で青色に染まる酸性ムコ多糖を認めて粘液腫と診断された.術後経過は良好で,術後14日目には退院となった

    researchmap

  • アルコール多飲により発症したたこつぼ型心筋症の一例

    尾崎 和幸, 尾崎 青芽, 品川 弥人, 笠井 英裕, 久保 貴昭

    竹田綜合病院医学雑誌   30   41 - 43   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)竹田健康財団竹田綜合病院  

    73歳女.ワイン2本を摂取した翌日に悪寒,戦慄が出現し受診した.心電図検査でST上昇,心エコー検査で左室心尖部の壁運動低下,血液検査で心筋逸脱酵素の高値を認めた.これらの所見から急性心筋梗塞を疑って緊急心カテーテル検査を施行し,左室造影で心尖部無収縮,心基部過収縮のいわゆる「たこつぼ様壁運動異常」を認めた.硝酸薬の投与を行い,第18病日の左室造影で壁運動は正常化,発症3ヵ月後には心電図所見も正常化した

    researchmap

  • 拡張型心筋症合併妊娠の1症例

    加嶋 克則, 能仲 太郎, 萬歳 淳一, 夏目 学浩, 小島 由美, 田村 正毅, 倉林 工, 高桑 好一, 田中 憲一, 尾崎 和幸, 相澤 義房, 小林 弘子, 平沢 浩文, 七里 和良

    日本産科婦人科学会新潟地方部会会誌   88   1 - 3   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟産科婦人科学会  

    21歳初産婦.2歳時より拡張型心筋症の診断で管理され,ニューヨーク心臓病学会心機能分類はI度であった.妊娠24週1日に左室駆出率(EF)が34%に低下したため入院管理となったが定期的な心機能評価およびジゴキシン・スピロノラクトン・フロセミド内服により経過良好で,超音波上,胎児発育も良好であった.妊娠37週3日に循環器内科医立ち会いのもと,フェンタニルによる全身麻酔下で帝王切開術を施行した.術中はSwan-Ganzカテーテルおよび経食道エコーによる循環動態モニタリングを行った.児娩出前後でEF,血圧,心拍数,心拍出量,中心静脈圧に著変を認めず,術後12日目に退院した.新生児は2602g男児でsleeping babyのため挿管管理となり,大動脈縮窄症・動脈管開存・心室中隔欠損症・心房中隔欠損症を認め生後11日目で大動脈狭窄部拡大手術を施行した.又,左心室機能低下を認め拡張型心筋症が疑われた

    researchmap

  • 心室細動を合併した閉塞性肥大型心筋症に経皮的中隔心筋焼灼術(Percutaneous Transluminal Septal Myocardial Ablation)を行った一例

    本迫 郷宏, 堺 勝之, 小田 弘隆, 畑田 勝治, 尾崎 和幸, 高橋 和義, 三井田 努

    新潟市民病院医誌   23 ( 1 )   37 - 43   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    38歳男.突然意識消失心肺停止となり,心室細動が確認され,直流除細動にて洞調律に回復した.家族歴に突然死があり,左心流出路圧較差約60mmHgがあり,心室細動を合併した閉塞性肥大型心筋症(HOCM)の診断を得た.左心流出路較差の改善を目的に経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)を施行した.バルーンカテーテル先端からの造影剤注入によるコントラストエコー法を用いて狭窄部心室中隔心筋を灌流する標的中隔枝を固定し,バルーンを拡張後第一中隔枝に無水エタノールを注入して中隔心筋を凝固壊死させた.流出路圧較差はその後5mmHgまで改善した.心室細動についてPTSMA後に植え込み型除細動器(ICD)を植え込んだ.植え込み10ヵ月後の現在迄,ICDの作動はしなかった.患者は職場を含めて完全社会復帰に至った

    researchmap

  • 冠動脈疾患患者における冠循環中での可溶性トロンボモジュリンの意義

    中川 巌, 松原 琢, 堀 知行, 今井 俊介, 尾崎 和幸, 目崎 亨, 那須野 暁光, 久保田 要, 中野 昌彦, 山添 優, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   38 ( 3 )   145 - 152   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    冠動脈疾患を疑い冠動脈造影を行った160例を対象とし,血中可溶性トロンボモジュリンと冠動脈病変の重症度との関係を検討した.冠動脈病変の重症度の指標として,有意狭窄罹患枝数からO枝病変(OVD),1枝病変(1VD),2枝病変(2VD),3枝病変(左主幹部病変を含む)(3VD/LMT)の4群に分類した.更に,冠動脈硬化について定量的に評価する指標としてGensini score(GS)を用いた.血中トロンボモジュリンのレベルは,末梢血,左冠動脈入口部において4群間に差は認められなかった.しかし,冠静脈洞において,2VD及び3VD/LMTは各々OVD及び1VDに比べて有意に高値であった.又,トロンボモジュリンの変化は,OVDと1VDに差はみられなかったが,2VDはOVDに比べて有意に高値であり,3VD/LMTはOVD,1VDに比べて有意に高値であった.トロンボモジュリンの変化と左冠動脈のGSとの間には有意な正の相関が認められた

    researchmap

  • 若年男性喫煙者における末梢血管内皮機能障害と一酸化窒素産生能との関連

    堀 知行, 松原 琢, 石橋 隆治, 樋口 浩太郎, 落合 幸江, 竹本 稔, 今井 俊介, 中川 巌, 尾崎 和幸, 畑田 勝治, 目崎 亨, 土田 圭一, 那須野 暁光, 西尾 眞友, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   38 ( 1 )   21 - 28   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    若年喫煙者における末梢血管の内皮機能と一酸化窒素(NO)産生能との関連について検討した.対象は喫煙群(男10例,平均31歳)で,非喫煙群(男12例,平均28歳)を対照とし,反応性充血を施行した.検査施行前の血清NOx(nitrate+nitrite)度は,対照群では34.0±8.7μmol/l,喫煙群では27.6±8.0μmol/lであり,喫煙群においてやや低い傾向を認めたが,有意ではなかった.ニトログリセリン投与前後における血管径の増加率,NOxの産生量及び産生率は両群で差はなかった.反応性充血時の血管径の増加率は喫煙群で低下しており,その際のNOx産生率は喫煙群で有意に低下していた.以上より,若年男性喫煙者では反応性充血の際の血管拡張反応は低下しており,その原因として血流増加に伴うNOの産生能が低下している事が考えられた

    researchmap

  • 僧帽弁狭窄症の洞調律の維持に対する経皮的経静脈的僧帽弁交連切開術の効果

    阿部 暁, 松原 琢, 堀 知行, 中川 巌, 今井 俊介, 尾崎 和幸, 目崎 亨, 那須野 暁光, 田中 孝幸, 田村 雄助, 山添 優, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   38 ( 1 )   29 - 34   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    洞調律の僧帽弁狭窄患者に対して施行した経皮的経静脈的僧帽弁交連切開術(PTMC)が,その後の洞調律の維持に及ぼす効果について検討した.対象はPTMC施行前に洞調律であった18例で,経過中に洞調律を維持しえた5例(洞調律群)と,心房細動に移行した13例(細動群)の2群で,PTMC施行前後の血行動態の指標を比較した.2群間において,年齢,平均僧帽弁圧較差,平均左房圧,心拍出量に有意差は認めなかった.PTMC前後の弁口面積では,洞調律群は細動群に比べてより大きな弁口面積の拡大を得ていたが,弁口面積の拡大率に差はなかった.以上より,PTMC施行時には洞調律であった僧帽弁狭窄症例において,その後の洞調律の維持にはPTMCによる弁口平均圧較差,平均左房圧の減少の程度や弁口面積の拡大率よりも,術直後に得られた弁口面積の大きさが関連していると考えた

    researchmap

  • 各科領域における血栓症 冠動脈疾患の病態における血栓症の関与

    松原 琢, 堀 知行, 尾崎 和幸, 中川 巌, 今井 俊介, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   115 ( 6 )   224 - 226   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    1997〜1999年に冠動脈疾患を疑い,冠動脈造影検査を施行した症例を対象として,冠動脈硬化の程度と冠血管内皮細胞障害との関連について検討した.冠動脈造影所見よりGensini Score(GS)を左冠動脈について求め,正常群19例(GS:0),軽度硬化群31例(GS:1〜14),重度硬化群27例(GS:≧15)の3群に分けた.血中 NOx(nitrite+nitrate)のレベルはLCA,Csにおいて3群間で有意差を認めなかったが,NOxの冠循環血中変化率は,重度硬化群は正常群に比し有意に低下していた.更に,GSと冠循環血中NOx変化率の間には有意な負の相関を認めた.GSと冠循環血中のTMレベルの変化に有意な正の相関が認められた

    researchmap

  • 慢性冠動脈疾患及び正常冠動脈例におけるChlamydia pneumoniae感染と冠動脈硬化の重症度との関連

    今井 俊介, 松原 琢, 堀 知行, 中川 巌, 尾崎 和幸, 畑田 勝治, 目崎 亨, 那須野 暁光, 久保田 要, 田中 孝幸, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   37 ( 6 )   293 - 299   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    心臓カテーテル検査を施行した130例を対象とした.抗C.pneumoniae抗体のIgA,IgG抗体インデックスを,C.pneumoniae外膜複合蛋白を抗原として用いたELISA法で測定し,冠動脈造影所見より求めたGensini coronary score(GCS)と比較検討した.また,末梢血C反応性蛋白(CRP)との関連についても検討した.GCSより正常冠動脈群19例,軽度硬化群56例,重度硬化群55例の3群に分けた.IgA抗体インデックスは正常群で1.22±0.59,軽度硬化群で1.58±0.92,重度硬化群で1.53±0.72であり,IgG抗体インデックスはそれぞれ1.28±0.82,1.42±0.86,1.67±0.97であった.IgA,IgGとも正常群に比べて動脈硬化群で抗体インデックスが高い傾向にあったが,3群間において統計学的に有意ではなかった.またGCSとIgA,IgGの回帰分析でも有意の相関は認められなかった.CRP≧0.3mg/dlの群とCRP&lt;0.3mg/dlの群では,GCSや抗C.pneumoniae抗体インデックスに差は認められなかった.以上,我が国において,病変の安定した慢性虚血性心疾患における冠動脈硬化の重症度と末梢血の抗C.pneumoniae-IgA,IgG抗体の間に関連は認められなかった

    researchmap

  • ラット実験的自己免疫性心筋炎におけるcoxsackievirus adenovirus receptorの発現

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 増子 正義, 本田 岳夫, 堀田 優子, 尾崎 和幸, 布施 公一, 塩野 方明, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 渡辺 賢一, 桑野 良三, 相澤 義房

    心筋の構造と代謝   22   37 - 42   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    自己免疫性心筋炎の障害心筋ではCARの発現が誘導され,その機序として炎症性物質の関与が考えられた.CARは心筋細胞の接着,心筋の再生に関与している可能性が示唆された

    researchmap

  • 高トリグリセライド血症患者におけるbezafibrateのレムナント代謝改善効果

    尾崎 和幸, 三井田 孝, 中村 裕一, 山添 優, 相澤 義房

    心臓   32 ( 8 )   627 - 630   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    高TG血症19例にbezafibrate 400 mgを4週間投与し,レムナントの指標としてRLP-C及びPAGによるmidbandを測定し,血清脂質の指標としてTC,TG,HDL-C,アポA-I,B,E,Lp(a),LDL-C(直接法)を測定した.Bezafibrate投与によりRLP-Cは60%低下し,PAG上midbandを認めた10例中9例についてmidbandが減少し,レムナントは低下した.また血清脂質では,TCは11%,TGは53%低下し,HDL-Cは20%,アポA-Iは8%上昇した.アポEは30%低下し,アポBは74%の症例にて低下した.又,LDL-Cは低下傾向を示した.Lp(a)は有意に変化しなかった

    researchmap

  • 難治性冠攣縮性狭心症に対し,塩酸ジルチアゼムに塩酸ベニジピンを追加併用することによりコントロールを得た2例

    中川 巌, 松原 琢, 山添 優, 堀 知行, 井田 徹, 今井 俊介, 尾崎 和幸, 畑田 勝治, 相澤 義房

    呼吸と循環   48 ( 6 )   639 - 644   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    冠攣縮性狭心症患者に数種のカルシウム拮抗薬による発作予防を試みたが,単独及び併用療法に抵抗性を示し,塩酸ジルチアゼムと塩酸ベニジピンの併用で狭心症発作がコントロールできた2例を経験した

    researchmap

  • 【不整脈の新しい薬物療法 新しい展開】 心房細動 リモデリングの概念からの新展開

    相澤 義房, 尾崎 和幸, 田川 実

    循環器科   45 ( 3 )   233 - 238   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 冠攣縮性狭心症を伴った心室中部閉塞性肥大型心筋症の1例

    青木 芳則, 古寺 邦夫, 尾崎 和幸, 熊野 英典

    新潟医学会雑誌   112 ( 11 )   703 - 710   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    64歳の女性で冠攣縮性狭心症を伴った心室中部閉塞性(MV)肥大型心筋症(HCM)の1例を報告した.ST変化にともなって冠攣縮が誘発され通常のアタックと似ており治療にとって有用な情報となっている.この例では血管収縮性の狭心症と関連しMVOの原因を推測するのに興味があった

    researchmap

▶ 全件表示