2021/12/01 更新

写真a

サジ エツジ
佐治 越爾
SAJI Etsuji
所属
医歯学総合病院 脳神経内科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2013年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経内科   助教

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   助教

    2017年11月 - 2019年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2017年4月 - 2017年10月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2015年4月 - 2017年3月

 

論文

  • HLA genotype-clinical phenotype correlations in multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorders based on Japan MS/NMOSD Biobank data. 国際誌

    Mitsuru Watanabe, Yuri Nakamura, Shinya Sato, Masaaki Niino, Hikoaki Fukaura, Masami Tanaka, Hirofumi Ochi, Takashi Kanda, Yukio Takeshita, Takanori Yokota, Yoichiro Nishida, Makoto Matsui, Shigemi Nagayama, Susumu Kusunoki, Katsuichi Miyamoto, Masanori Mizuno, Izumi Kawachi, Etsuji Saji, Takashi Ohashi, Shun Shimohama, Shin Hisahara, Kazutoshi Nishiyama, Takahiro Iizuka, Yuji Nakatsuji, Tatsusada Okuno, Kazuhide Ochi, Akio Suzumura, Ken Yamamoto, Yuji Kawano, Shoji Tsuji, Makoto Hirata, Ryuichi Sakate, Tomonori Kimura, Yuko Shimizu, Akiko Nagaishi, Kazumasa Okada, Fumie Hayashi, Ayako Sakoda, Katsuhisa Masaki, Koji Shinoda, Noriko Isobe, Takuya Matsushita, Jun-Ichi Kira

    Scientific reports   11 ( 1 )   607 - 607   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HLA genotype-clinical phenotype correlations are not established for multiple sclerosis (MS) and neuromyelitis optica spectrum disorders (NMOSD). We studied HLA-DRB1/DPB1 genotype-phenotype correlations in 528 MS and 165 NMOSD cases using Japan MS/NMOSD Biobank materials. HLA-DRB1*04:05, DRB1*15:01 and DPB1*03:01 correlated with MS susceptibility and DRB1*01:01, DRB1*09:01, DRB1*13:02 and DPB1*04:01 were protective against MS. HLA-DRB1*15:01 was associated with increased optic neuritis and cerebellar involvement and worsened visual and pyramidal functional scale (FS) scores, resulting in higher progression index values. HLA-DRB1*04:05 was associated with younger onset age, high visual FS scores, and a high tendency to develop optic neuritis. HLA-DPB1*03:01 increased brainstem and cerebellar FS scores. By contrast, HLA-DRB1*01:01 decreased spinal cord involvement and sensory FS scores, HLA-DRB1*09:01 decreased annualized relapse rate, brainstem involvement and bowel and bladder FS scores, and HLA-DRB1*13:02 decreased spinal cord and brainstem involvement. In NMOSD, HLA-DRB1*08:02 and DPB1*05:01 were associated with susceptibility and DRB1*09:01 was protective. Multivariable analysis revealed old onset age, long disease duration, and many relapses as independent disability risks in both MS and NMOSD, and HLA-DRB1*15:01 as an independent risk only in MS. Therefore, both susceptibility and protective alleles can influence the clinical manifestations in MS, while such genotype-phenotype correlations are unclear in NMOSD.

    DOI: 10.1038/s41598-020-79833-7

    PubMed

    researchmap

  • The compartmentalized inflammatory response in the multiple sclerosis brain is composed of tissue-resident CD8+ T lymphocytes and B cells. 査読 国際誌

    Joana Machado-Santos, Etsuji Saji, Anna R Tröscher, Manuela Paunovic, Roland Liblau, Galina Gabriely, Christian G Bien, Jan Bauer, Hans Lassmann

    Brain : a journal of neurology   141 ( 7 )   2066 - 2082   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Multiple sclerosis is an inflammatory demyelinating disease in which active demyelination and neurodegeneration are associated with lymphocyte infiltrates in the brain. However, so far little is known regarding the phenotype and function of these infiltrating lymphocyte populations. In this study, we performed an in-depth phenotypic characterization of T and B cell infiltrates in a large set of multiple sclerosis cases with different disease and lesion stages and compared the findings with those seen in inflammatory, non-inflammatory and normal human controls. In multiple sclerosis lesions, we found a dominance of CD8+ T cells and a prominent contribution of CD20+ B cells in all disease courses and lesion stages, including acute multiple sclerosis cases with very short disease duration, while CD4+ T cells were sparse. A dominance of CD8+ T cells was also seen in other inflammatory controls, such as Rasmussen's encephalitis and viral encephalitis, but the contribution of B cells in these diseases was modest. Phenotypic analysis of the CD8+ T cells suggested that part of the infiltrating cells in active lesions proliferate, show an activated cytotoxic phenotype and are in part destroyed by apoptosis. Further characterization of the remaining cells suggest that CD8+ T cells acquire features of tissue-resident memory cells, which may be focally reactivated in active lesions of acute, relapsing and progressive multiple sclerosis, while B cells, at least in part, gradually transform into plasma cells. The loss of surface molecules involved in the egress of leucocytes from inflamed tissue, such as S1P1 or CCR7, and the upregulation of CD103 expression may be responsible for the compartmentalization of the inflammatory response in established lesions. Similar phenotypic changes of tissue-infiltrating CD8+ T cells were also seen in Rasmussen's encephalitis. Our data underline the potential importance of CD8+ T lymphocytes and B cells in the inflammatory response in established multiple sclerosis lesions. Tissue-resident T and B cells may represent guardians of previous inflammatory brain disease, which can be reactivated and sustain the inflammatory response, when they are re-exposed to their specific antigen.

    DOI: 10.1093/brain/awy151

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Differences in T cell cytotoxicity and cell death mechanisms between progressive multifocal leukoencephalopathy, herpes simplex virus encephalitis and cytomegalovirus encephalitis. 査読 国際誌

    Susanne Laukoter, Helmut Rauschka, Anna R Tröscher, Ulrike Köck, Etsuji Saji, Kurt Jellinger, Hans Lassmann, Jan Bauer

    Acta neuropathologica   133 ( 4 )   613 - 627   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    During the appearance of human immunodeficiency virus infection in the 1980 and the 1990s, progressive multifocal leukoencephalopathy (PML), a viral encephalitis induced by the JC virus, was the leading opportunistic brain infection. As a result of the use of modern immunomodulatory compounds such as Natalizumab and Rituximab, the number of patients with PML is once again increasing. Despite the presence of PML over decades, little is known regarding the mechanisms leading to death of infected cells and the role the immune system plays in this process. Here we compared the presence of inflammatory T cells and the targeting of infected cells by cytotoxic T cells in PML, herpes simplex virus encephalitis (HSVE) and cytomegalovirus encephalitis (CMVE). In addition, we analyzed cell death mechanisms in infected cells in these encephalitides. Our results show that large numbers of inflammatory cytotoxic T cells are present in PML lesions. Whereas in HSVE and CMVE, single or multiple appositions of CD8+ or granzyme-B+ T cells to infected cells are found, in PML such appositions are significantly less apparent. Analysis of apoptotic pathways by markers such as activated caspase-3, caspase-6, poly(ADP-ribose) polymerase-1 (PARP-1) and apoptosis-inducing factor (AIF) showed upregulation of caspase-3 and loss of caspase-6 from mitochondria in CMVE and HSVE infected cells. Infected oligodendrocytes in PML did not upregulate activated caspase-3 but instead showed translocation of PARP-1 from nucleus to cytoplasm and AIF from mitochondria to nucleus. These findings suggest that in HSVE and CMVE, cells die by caspase-mediated apoptosis induced by cytotoxic T cells. In PML, on the other hand, infected cells are not eliminated by the immune system but seem to die by virus-induced PARP and AIF translocation in a type of cell death defined as parthanatos.

    DOI: 10.1007/s00401-016-1642-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Clinicopathological features in anterior visual pathway in neuromyelitis optica. 査読 国際誌

    Mariko Hokari, Akiko Yokoseki, Musashi Arakawa, Etsuji Saji, Kaori Yanagawa, Fumihiro Yanagimura, Yasuko Toyoshima, Kouichirou Okamoto, Satoshi Ueki, Tetsuhisa Hatase, Riuko Ohashi, Takeo Fukuchi, Kohei Akazawa, Mitsunori Yamada, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    Annals of neurology   79 ( 4 )   605 - 24   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    OBJECTIVE: Neuromyelitis optica spectrum disorder (NMOsd) is an autoimmune disorder of the central nervous system characterized by aquaporin-4 (AQP4) autoantibodies. The aim of this study was to elucidate the characteristics of involvement of the anterior visual pathway (AVP) and neurodegeneration via glia-neuron interaction in NMOsd. METHODS: Thirty Japanese patients with serologically verified NMOsd were assessed with a neuro-ophthalmological study. Using 27 tissue blocks from 13 other cases of NMOsd, we performed neuropathological analysis of glial and neuroaxonal involvement in the AVP. RESULTS: The AVP involvement in NMOsd was characterized by the following, compared to multiple sclerosis: (1) longitudinally extensive optic neuritis (ON); (2) more severe visual impairment and worse prognosis for ON; (3) unique AQP4 dynamics, including loss of AQP4 immunoreactivity on astrocytes with complement activation in ON lesions, loss of AQP4 immunoreactivity on Müller cells with no deposition of complement in the retinas, and densely packed AQP4 immunoreactivity on astrocytes in gliosis of secondary anterograde/retrograde degeneration in the optic nerves and retinal nerve fiber layer (RNFL); and (4) more severe neurodegeneration, including axonal accumulation of degenerative mitochondria and transient receptor potential melastatin 4 channel with complement-dependent astrocyte pathology in ON lesions, mild loss of horizontal cells, and RNFL thinning and loss of ganglion cells with abundance of AQP4(+) astrocytes, indicating secondary retrograde degeneration after ON. INTERPRETATION: Severe and widespread neuroaxonal damage and unique dynamics of astrocytes/Müller cells with alterations of AQP4 were prominent in the AVP and may be associated with poor visual function and prognosis in NMOsd.

    DOI: 10.1002/ana.24608

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hypertrophic pachymeningitis: significance of myeloperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody. 査読 国際誌

    Akiko Yokoseki, Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Takayuki Kosaka, Mariko Hokari, Yasuko Toyoshima, Kouichirou Okamoto, Shigeki Takeda, Kazuhiro Sanpei, Hirotoshi Kikuchi, Shunsei Hirohata, Kouhei Akazawa, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    Brain : a journal of neurology   137 ( Pt 2 )   520 - 36   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press  

    The aim of this study was to elucidate the characteristics, pathogenesis and treatment strategy of hypertrophic pachymeningitis that is associated with myeloperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody (ANCA). We retrospectively investigated clinical, radiological, immunological and pathological profiles of 36 patients with immune-mediated or idiopathic hypertrophic pachymeningitis, including 17 patients with myeloperoxidase-ANCA, four patients with proteinase 3-ANCA, six patients with other immune-mediated disorders, and nine patients with 'idiopathic' variety. Myeloperoxidase-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis was characterized by: (i) an elderly female predominance; (ii) 82% of patients diagnosed with granulomatosis with polyangiitis (previously known as Wegener's granulomatosis) according to Watts' algorithm; (iii) a high frequency of patients with lesions limited to the dura mater and upper airways, developing headaches, chronic sinusitis, otitis media or mastoiditis; (iv) a low frequency of patients with the 'classical or generalized form' of granulomatosis with polyangiitis involving the entire upper and lower airways and kidney, or progressing to generalized disease, in contrast to proteinase 3-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis; (v) less severe neurological damage according to the modified Rankin Scale and low disease activity according to the Birmingham Vasculitis Activity Score compared with proteinase 3-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis; (vi) increased levels of CXCL10, CXCL8 and interleukin 6 in cerebrospinal fluids, and increased numbers of T cells, neutrophils, eosinophils, plasma cells and monocytes/macrophages in autopsied or biopsied dura mater with pachymeningitis, suggesting TH1-predominant granulomatous lesions in hypertrophic pachymeningitis, as previously reported in pulmonary or renal lesions of granulomatosis with polyangiitis; and (vii) greater efficacy of combination therapy with prednisolone and cyclophosphamide compared with monotherapy with prednisolone. Proteinase 3-ANCA may be considered a marker for more severe neurological damage, higher disease activity and a higher frequency of the generalized form compared with myeloperoxidase-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis. However, categorization into 'granulomatosis with polyangiitis' according to Watts' algorithm and immunological or pathological features were common in both proteinase 3- and myeloperoxidase-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis. These data indicate that most patients with myeloperoxidase-ANCA-positive hypertrophic pachymeningitis should be categorized as having the central nervous system-limited form of ANCA-associated vasculitis, consistent with the concept of ophthalmic-, pulmonary- or renal-limited vasculitis.

    DOI: 10.1093/brain/awt314

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Gray matter lesions and cognitive impairment in multiple sclerosis]. 査読

    Izumi Kawachi, Etsuji Saji, Masatoyo Nishizawa

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54 ( 12 )   1060 - 2   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Societas Neurologica Japonica  

    Multiple sclerosis (MS) has long been considered to be the autoimmune disease that primarily affects oligodendrocyte and myelin in the white matter (WM) of the CNS. However, renewed interest in the gray matter (GM) pathology including cortical and deep GM of MS is emerging. Radiological and pathological assessments demonstrate that substantial cortical demyelination is prominent in all stages or courses of MS, and cortical neurodegeneration is also present in even normal-appearing GM in MS. Patients with MS have cognitive impairment as represented by the latent start of impairment from the very early stage of the disease course, and not only WM lesions but also GM lesions might be good predictors for cognitive impairment in MS. Although the cause of the GM lesions in MS has not been fully determined, an increase in knowledge of the structure of GM lesions in MS brains will result in more targeted therapeutic approaches to the disease.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.54.1060

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Relapse of multiple sclerosis in a patient retaining CCR7-expressing T cells in CSF under fingolimod therapy. 査読 国際誌

    Akiko Yokoseki, Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Mariko Hokari, Takanobu Ishiguro, Fumihiro Yanagimura, Tomohiko Ishihara, Kouichirou Okamoto, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    Multiple sclerosis (Houndmills, Basingstoke, England)   19 ( 9 )   1230 - 3   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fingolimod acts as a functional antagonist of the sphingosine-1-phosphate receptor, and it traps lymphocytes in secondary lymphoid organs and precludes their migration into the central nervous system. We report the case of a patient who suffered a relatively severe relapse of multiple sclerosis (MS) during the initial 3 months of fingolimod therapy, with retention of CCR7 expression on CD4(+) T cells in the cerebrospinal fluid (CSF) despite decreased numbers of lymphocytes and decreased expression of CCR7 on CD4(+) T cells in the blood. These data suggest that fingolimod may cause differential effects on the CSF and blood lymphocytes of patients with MS during the initial months of therapy.

    DOI: 10.1177/1352458513481395

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cognitive impairment and cortical degeneration in neuromyelitis optica. 査読 国際誌

    Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Kaori Yanagawa, Yasuko Toyoshima, Akiko Yokoseki, Kouichirou Okamoto, Mika Otsuki, Kohei Akazawa, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    Annals of neurology   73 ( 1 )   65 - 76   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Neuromyelitis optica spectrum disorder (NMOsd) is an inflammatory and demyelinating syndrome characterized by optic neuritis and myelitis. Several magnetization transfer magnetic resonance imaging (MRI) studies have revealed abnormalities in normal-appearing gray matter in NMOsd. The aim of this study is to elucidate the characteristics and pathogenesis of cognitive impairment and neurodegeneration in NMOsd brains. METHODS: Fourteen Japanese patients with serologically verified NMOsd, 17 patients with multiple sclerosis (MS), and 37 healthy controls were assessed with the Rao's Brief Repeatable Battery of Neuropsychological Tests (BRBN). Using 128 tissue blocks from 6 other cases of NMOsd, 3 cases of MS, and 4 controls without central nervous system involvement, we performed quantitative analysis of cortical neuronal loss and layer-specific changes in NMOsd. RESULTS: In BRBN assessments, 57% of NMOsd patients and 47% of MS patients had impaired performance on at least 3 cognitive tests. Cognitive impairment in NMOsd was common even in the limited form of disease, indicating that NMOsd may progress insidiously from early stages of disease. Neuropathological assessments showed neuronal loss in cortical layers II, III, and IV, with nonlytic reaction of aquaporin-4 (AQP4)-negative astrocytes in layer I, massive activated microglia in layer II, and meningeal inflammation in NMOsd brains. All NMO cases showed no evidence of cortical demyelination. INTERPRETATION: We demonstrate cognitive impairment and substantial cortical neuronal loss with unique AQP4 dynamics in astrocytes in NMOsd. These data indicate pathological processes consisting not only of inflammatory demyelinating events characterized by pattern-specific loss of AQP4 immunoreactivity but also cortical neurodegeneration in NMOsd brains.

    DOI: 10.1002/ana.23721

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Reduced bowel sounds in Parkinson's disease and multiple system atrophy patients. 査読 国際誌

    Tetsutaro Ozawa, Etsuji Saji, Ryuji Yajima, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa

    Clinical autonomic research : official journal of the Clinical Autonomic Research Society   21 ( 3 )   181 - 4   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    Digital auscultation of bowel sounds was performed in newly diagnosed, drug-naïve patients with Parkinson's disease (PD) (n = 10), multiple system atrophy (MSA) (n = 12), progressive supranuclear palsy/corticobasal degeneration (PSP/CBD) (n = 7), and control subjects (n = 18). The number of bowel sounds per minute and the integrated time of bowel sounds were significantly lower in PD and MSA patients than in control subjects. Reduced bowel sounds may herald compromised gastrointestinal motility in patients with PD and MSA.

    DOI: 10.1007/s10286-010-0102-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Treatment responsive opsoclonus-ataxia associated with ovarian teratoma 査読

    I. Kawachi, E. Saji, Y. Toyoshima, J. Dalmau, M. Nishizawa

    Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry   81 ( 5 )   581 - 582   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jnnp.2009.177261

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Diagnosis and management of paraneoplastic neurological syndromes]. 査読

    Etsuji Saji, Izumi Kawachi, Masatoyo Nishizawa

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   62 ( 4 )   319 - 30   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Paraneoplastic neurological syndromes (PNS) are infrequent tumor-related disorders that are not caused by direct tumor invasion or metastases, metabolic and nutritional deficits, infections, coagulopathy, or the side effects of cancer treatment. PNS can affect any part of the central and peripheral nervous systems, the neuromuscular junction, or muscles. Because the onset of PNS often antedates the diagnosis of an underlying cancer, it is difficult to establish a definitive early diagnosis. Therefore, it is important for neurologists to consider the possibility of PNS when rapidly progressive neurological syndromes cannot be explained by other causes. Detection of onconeural antibodies is useful for diagnosing PNS, and detection of specific antibodies can aid the identification of the underlying tumor. However, not all patients with PNS have onconeural antibodies, and not all patients with onconeural antibodies have PNS. Although PNS are considered to be mediated by the immune system, various forms of immunotherapy have yielded disappointing results, with some exceptions (i.e., PNS cases with antibodies against neuronal cell-surface antigens such as N-methyl-D-aspartate receptors). The lack of clinical trials due to the rarity of patients with PNS makes it difficult to test the efficacy of immunomodulatory treatment. Rapid detection and immediate treatment of the underlying tumor is an important approach that offers the highest chances of improvilng or stabilizing the syndrome before irreversible neuronal damage occurs. In this review, we discuss the diagnostic criteria and management of PNS based on the PNS Euronetwork and other reports.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 再発性多発性軟骨炎との関与が疑われた髄膜脳炎の68歳女性例 査読

    佐藤 迪夫, 佐藤 晶, 佐治 越爾, 五十嵐 修一, 山崎 元義

    臨床神経学   49 ( 10 )   679 - 679   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Aortocoronary dissection complicated with percutaneous coronary intervention: a case report. 査読 国際誌

    Kazuyuki Ozaki, Takaaki Kubo, Etsuji Saji, Keita Ohtaki, Hidehira Fukaya, Yoshifusa Aizawa

    Journal of cardiology   47 ( 3 )   143 - 6   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    A 74-year-old female developed aortocoronary dissection during percutaneous coronary intervention. The forceful manipulation of the guide catheter and contrast medium injection seemed to be the cause of the aortocoronary dissection involving the coronary sinus of Valsalva. The entry of the dissection was closed with subsequent obliteration of the false lumen by coronary stenting under the guidance of intracoronary ultrasonography and angiography.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J02134&link_issn=&doc_id=20060323230004&doc_link_id=10017967933&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10017967933&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

▶ 全件表示

MISC

  • ANCA関連脊髄肥厚性硬膜炎の臨床免疫病理学的検討

    中島 章博, 佐治 越爾, 清水 宏, 豊島 靖子, 岡本 浩一郎, 若杉 尚宏, 柳村 文寛, 柳川 香織, 柿田 明美, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   25 ( 1 )   134 - 134   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 進行性腎細胞癌へのニボルマブ・イピリムマブ併用療法後に生じた自己免疫性脳炎の1例

    小林 彩夏, 小出 眞悟, 佐治 越爾, 山名 一寿, 河内 泉, 富田 善彦, 小野寺 理

    神経免疫学   25 ( 1 )   131 - 131   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 重症筋無力症合併視神経脊髄炎関連疾患の解析

    佐治 越爾, 中島 章博, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   25 ( 1 )   115 - 115   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 多発性硬化症における大脳萎縮の解析

    若杉 尚宏, 佐治 越爾, 中島 章博, 柳村 文寛, 柳川 香織, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   25 ( 1 )   106 - 106   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • クエチアピン単剤化により精神症状と運動症状が改善したハンチントン病による認知症の1例

    宮下 真子, 渡部 雄一郎, 本郷 祥子, 小池 直人, 佐治 越爾, 深石 翔, 三上 剛明, 小野寺 理, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2020特別号 )   S313 - S313   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 全脳室および後頭蓋窩拡大を呈した水頭症に対し第3脳室底開窓術を行った42歳男性例

    勇 亜衣子, 中村 航世, 太田 智慶, 柳村 文寛, 畠山 公大, 佐治 越爾, 佐野 正和, 河内 泉, 岡本 浩一郎, 小野寺 理

    神経治療学   36 ( 6 )   S231 - S231   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • 急性脳炎・脳炎 抗GABAB受容体抗体脳炎の臨床的・免疫学的解析

    勇 亜衣子, 坂田 佑輔, 柳村 文寛, 今野 卓哉, 佐治 越爾, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   24 ( 1 )   110 - 110   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 視神経脊髄炎の病変局所における炎症極性の解析

    柳村 文寛, 佐治 越爾, 若杉 尚宏, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 豊島 靖子, 高橋 均, 柿田 明美, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   24 ( 1 )   131 - 131   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 持続性部分てんかんで発症しfalse lateralizationを認めた抗GAD抗体陽性脳炎成人例

    坂田 佑輔, 佐治 越爾, 永井 貴大, 渡邉 緑, 柴田 健太郎, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    てんかん研究   37 ( 2 )   679 - 679   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

    researchmap

  • MS/NMO1 多発性硬化症における認知機能障害と頭部MRIを用いたVBM解析

    若杉 尚宏, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   24 ( 1 )   106 - 106   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 多発性硬化症および視神経脊髄炎患者の臨床的特徴 過去28年間における変遷

    佐治 越爾, 中島 章博, 若杉 尚宏, 柳村 文寛, 柳川 香織, 穂苅 万李子, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   24 ( 1 )   144 - 144   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 本邦における高齢発症視神経脊髄炎の臨床免疫学的特徴 連続73症例の解析から

    中島 章博, 佐治 越爾, 若杉 尚宏, 柳村 文寛, 柳川 香織, 穂苅 万李子, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   24 ( 1 )   144 - 144   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 環軸椎後方固定術11年後に脳梗塞を繰り返した46歳男性例

    柴田 健太郎, 坂田 佑輔, 佐治 越爾, 石原 智彦, 小野寺 理, 平野 徹

    臨床神経学   59 ( 7 )   465 - 465   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 自己免疫性脳炎 Neuromyelitis opticaにおけるTRPM4分子発現動態の解析

    穂苅 万李子, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   23 ( 1 )   87 - 87   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 多発性硬化症の縦断的認知機能動態とQOLの解析

    若杉 尚宏, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   23 ( 1 )   130 - 130   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 視神経脊髄炎関連疾患におけるジェンダー効果の解析

    佐治 越爾, 中島 章博, 若杉 尚宏, 柳村 文寛, 柳川 香織, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   23 ( 1 )   129 - 129   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 急性脳炎・脳症 Cortical midline structuresを主病変とする抗GAD抗体関連自己免疫性脳炎の1例

    坂田 佑輔, 佐治 越爾, 永井 貴大, 渡邉 緑, 柴田 健太郎, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    神経免疫学   23 ( 1 )   97 - 97   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • MS/NMO 視神経脊髄炎におけるmelanoma cell adhesion moleculeの病理学的検討

    柳村 文寛, 佐治 越爾, 若杉 尚宏, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   23 ( 1 )   93 - 93   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 急性脳炎・脳症 自己免疫性脳炎の臨床的・免疫学的・放射線学的特徴の解析

    若杉 尚宏, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   22 ( 1 )   102 - 102   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • MS・NMO2 視神経脊髄炎における脳室上衣の免疫学的・病理学的検討

    柳村 文寛, 佐治 越爾, 穂苅 万李子, 若杉 尚宏, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   22 ( 1 )   113 - 113   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Double inversion recovery MRI in the evaluation of the anterior visual pathway in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorders

    E. Saji, M. Hokari, A. Yokoseki, T. Wakasugi, F. Yanagimura, K. Yanagawa, M. Nishizawa, O. Onodera, I. Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   23   102 - 102   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 臨床ケース 再発性胸腺腫術後に腹壁の難治性疼痛を呈した重症筋無力症の44歳男性例

    山岸 拓磨, 佐治 越爾, 荻根沢 真也, 安藤 昭一郎, 茂木 崇秀, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    神経免疫学   22 ( 1 )   106 - 106   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 臨床ケース 再発性胸腺腫術後に腹壁の難治性疼痛を呈した重症筋無力症の44歳男性例

    山岸 拓磨, 佐治 越爾, 荻根沢 真也, 安藤 昭一郎, 茂木 崇秀, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    神経免疫学   22 ( 1 )   106 - 106   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 肥厚性硬膜炎・自己免疫疾患・膠原病 診断基準・重症度分類作成に向けた肥厚性硬膜炎の臨床的・免疫学的解析

    佐治 越爾, 横関 明子, 若杉 尚宏, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 河内 泉

    神経免疫学   22 ( 1 )   89 - 89   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Dynamics of tissue regulatory T cells in neuromyelitis optica spectrum disorders lesions

    F. Yanagimura, E. Saji, T. Wakasugi, M. Hokari, Y. Toyoshima, A. Kakita, H. Takahashi, M. Nishizawa, O. Onodera, I. Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   23   492 - 492   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 単下肢失調を呈した多発性硬化症の30歳女性例

    井上 佳奈, 大原 浩司, 茂木 崇秀, 佐治 越爾, 他田 正義, 河内 泉, 下畑 享良, 小野寺 理

    臨床神経学   57 ( 6 )   335 - 335   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • The 3rd MS Summer College in Kobe (6–7 August 2016)Practical issues and new horizons in MS, NMOSD and related disorders

    Etsuji Saji, Izumi Kawachi

    Clinical and Experimental Neuroimmunology   8   58 - 62   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/cen3.12355

    Scopus

    researchmap

  • エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立に関する研究 肥厚性硬膜炎の診断基準・重症度分類に関する研究

    河内泉, 西澤正豊, 佐治越爾, 横関明子, 柳村文寛, 若杉尚宏, 荒川武蔵, 柳川香織, 穂苅万李子, 小野寺理, 豊島靖子, 柿田明美, 高橋均

    エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   50‐51 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性腎臓病急性増悪時に突然の意識障害とびまん性の脳幹病変を呈した44歳女性例

    齋藤 奈つみ, 石黒 舞乃, 佐治 越爾, 下畑 享良, 小野寺 理, 羽深 将人, 細島 康宏, 山本 卓, 成田 一衛

    臨床神経学   56 ( 9 )   646 - 646   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Neuromyelitis optica脳病変における神経放射線学的・神経病理学的特徴

    穂苅 万李子, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   124 - 124   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 視神経脊髄炎におけるtissue Tregs動態の検討

    柳村 文寛, 佐治 越爾, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   123 - 123   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 重症帯状疱疹のためフィンゴリモド一時中断に伴いbreakthrough disease様の進展を来した多発性硬化症の一例

    大津 裕, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 西澤 正豊, 河内 泉, 小野寺 理

    神経免疫学   21 ( 1 )   108 - 108   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 神経免疫学会はいかに若手を育て、共に成長していくか いかに若手を育て、共に成長していくか 新潟大学脳研究所神経免疫チームの取り組み

    佐治 越爾, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   75 - 75   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Severe neurodegeneration and unique dynamics of aquaporin-4 on astrocytes in the anterior visual pathway of neuromyelitis optica.

    I. Kawachi, M. Hokari, A. Yokoseki, M. Arakawa, E. Saji, K. Yanagawa, F. Yanagimura, Y. Toyoshima, A. Kakita, H. Takahashi, O. Onodera, M. Nishizawa

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   22   24 - 24   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuromyelitis optica脳病変における神経放射線学的・神経病理学的特徴

    穂苅 万李子, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   124 - 124   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 重症帯状疱疹のためフィンゴリモド一時中断に伴いbreakthrough disease様の進展を来した多発性硬化症の一例

    大津 裕, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 西澤 正豊, 河内 泉, 小野寺 理

    神経免疫学   21 ( 1 )   108 - 108   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 眼窩炎症性偽腫瘍における髄液サイトカイン・ケモカインの検討

    佐治 越爾, 西田 茉那, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   139 - 139   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 慢性腎臓病急性増悪時に突然の意識障害とびまん性の脳幹病変を呈した44歳女性例

    齋藤 奈つみ, 石黒 舞乃, 佐治 越爾, 下畑 享良, 小野寺 理, 羽深 将人, 細島 康宏, 山本 卓, 成田 一衛

    臨床神経学   56 ( 9 )   646 - 646   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 眼窩炎症性偽腫瘍における髄液サイトカイン・ケモカインの検討

    佐治 越爾, 西田 茉那, 柳村 文寛, 穂苅 万李子, 若杉 尚宏, 柳川 香織, 小野寺 理, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   21 ( 1 )   139 - 139   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • NMO臨床 視神経脊髄炎における抗ミトコンドリア抗体の検討

    穂苅 万李子, 佐治 越爾, 柳村 文寛, 柳川 香織, 横関 明子, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   20 ( 1 )   85 - 85   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 炎症性脱髄病変の併発が疑われたT3271C変異MELASの一例

    石黒 舞乃, 佐治 越爾, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 関根 有美, 下畑 享良, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   20 ( 1 )   135 - 135   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 神経Behcet's病の脳脊髄液サイトカイン・ケモカインの解析

    柳村 文寛, 佐治 越爾, 穂苅 万李子, 柳川 香織, 横関 明子, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   20 ( 1 )   116 - 116   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 脳炎・その他 炎症性脱髄病変の併発が疑われたT3271C変異MELASの一例

    石黒 舞乃, 佐治 越爾, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 関根 有美, 下畑 享良, 西澤 正豊, 河内 泉

    神経免疫学   20 ( 1 )   108 - 108   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • MSの高次脳機能障害 多発性硬化症における灰白質病変 認知機能障害の観点から

    河内 泉, 佐治 越爾, 西澤 正豊

    臨床神経学   54 ( 12 )   1060 - 1062   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)は時間的・空間的多発性を特徴とする中枢神経系自己免疫性疾患である。これまで中枢神経の乏突起膠細胞と髄鞘の障害がMSの主たる原因と考えられてきたため、髄鞘が豊富な白質こそが病変主座と信じられてきた。しかし近年、灰白質(皮質、深部)病変と認知機能障害との関連を問う報告が相次ぎ、灰白質病変の重要性が再認識されている。MSの灰白質病変は、白質の炎症性脱髄病巣による二次的なワーラー変性や経シナプス変性の他に、一次的な脱髄と神経変性が主な要因になっていると考えられている。今後、認知機能と灰白質病変にターゲットを定めた中枢神経系自己免疫性脱髄疾患の治療研究の発展が期待される。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J01550&link_issn=&doc_id=20150320290039&doc_link_id=130004921202&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130004921202&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Neuromyelitis optica脊髄炎局所におけるTH1細胞の役割

    穂苅 万李子, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 横関 明子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S49 - S49   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • MPO-ANCA関連肥厚性硬膜炎の臨床・免疫・病理学的特徴

    横関 明子, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 穂苅 万李子, 豊島 靖子, 小阪 崇幸, 岡本 浩一郎, 武田 茂樹, 三瓶 一弘, 菊池 弘敏, 廣畑 俊成, 赤澤 宏平, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S25 - S25   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 抗NMDA受容体抗体脳炎における臓器特異的・臓器非特異的自己抗体の検討

    若杉 尚宏, 佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S14 - S14   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Role of meningeal lymphoid follicle-like structures in the CNS inflammatory disorders

    Izumi Kawachi, Mariko Hokari, Etsuji Saji, Yasuko Toyoshima, Akiko Yokoseki, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizaw

    JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY   275 ( 1-2 )   64 - 64   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    DOI: 10.1016/j.jneuroim.2014.08.169

    Web of Science

    researchmap

  • 中枢神経系におけるリンパ濾胞構造と自己免疫病態の解析

    穂苅 万季子, 河内 泉, 横関 明子, 佐治 越爾, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    神経免疫学   19 ( 1 )   136 - 136   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Clinical and radiological profiles of anterior visual pathway involvement in neuromyelitis optica

    I. Kawachi, A. Yokoseki, E. Saji, M. Hokari, K. Yanagawa, M. Nishizawa

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   20   349 - 350   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical Profiles of Elderly Patients with ADEM in A Japanese Cohort

    Mariko Hokari, Etsuji Saji, Akiko Yokoseki, Musashi Arakawa, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   20 ( 7 )   948 - 948   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuromyelitis Optica with Severe Progressive Cognitive and Psychiatric Impairment: Pathological Analysis of Three Autopsied Cases

    Musashi Arakawa, Etsuji Saji, Yasuko Toyoshima, Mariko Hokari, Akiko Yokoseki, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   20 ( 7 )   945 - 946   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Optic Perineuritis-like Lesions in Neuromyelitis Optica: Radiological Assessments

    Akiko Yokoseki, Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Mariko Hokari, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   20 ( 7 )   940 - 940   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Radiological and Pathological Analyses of Cortical Lesions in Inflammatory Demyelinating Diseases of the Central Nervous System

    Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Akiko Yokoseki, Mariko Hokari, Yasuko Toyoshima, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   20 ( 7 )   940 - 941   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 中枢神経系炎症性脱髄疾患の大脳皮質病変の検討

    荒川 武蔵, 河内 泉, 豊島 靖子, 佐治 越爾, 横関 明子, 穂苅 万李子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1462 - 1462   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 本邦における中枢神経系炎症性脱髄疾患の認知機能障害の特徴

    佐治 越爾, 河内 泉, 荒川 武蔵, 穂苅 万李子, 横関 明子, 豊島 靖子, 赤澤 宏平, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1627 - 1627   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Fingolimod治療による多発性硬化症患者のリンパ球動態変化の解析

    横関 明子, 河内 泉, 佐治 越爾, 穂苅 万李子, 荒川 武蔵, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1569 - 1569   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 骨格筋病理像からみた「原発性胆汁性肝硬変に関連した筋炎」の位置づけの検討

    穂苅 万李子, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 横関 明子, 豊島 靖子, 山田 光則, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1537 - 1537   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 本邦の多発性硬化症における大脳皮質病変の放射線学的検討

    河内 泉, 荒川 武蔵, 佐治 越爾, 穂苅 万李子, 横関 明子, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1472 - 1472   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 本邦の中枢神経系脱髄疾患の大脳皮質病変の検出に3D Double Inversion Recovery法は有用である

    佐治 越爾, 河内 泉, 荒川 武蔵, 横関 明子, 穂苅 万李子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    神経免疫学   18 ( 1 )   128 - 128   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • ANCA関連肥厚性硬膜炎の臨床病理学的特徴

    横関 明子, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 穂苅 万李子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    神経免疫学   18 ( 1 )   117 - 117   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Neuromyelitis opticaの中枢神経組織と末梢血における形質芽細胞動態の解析

    荒川 武蔵, 河内 泉, 佐治 越爾, 横関 明子, 穂苅 万李子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    神経免疫学   18 ( 1 )   91 - 91   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • CNS pathology in neuromyelitis optica: region-dependent dynamics of aquaporin-4

    M. Arakawa, E. Saji, Y. Toyoshima, M. Hokari, A. Yokoseki, A. Kakita, H. Takahashi, M. Nishizawa, I. Kawachi

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   19 ( 11 )   330 - 331   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Longitudinal flow cytometric profiles of immune cells in the cerebrospinal fluid and blood of patients with multiple sclerosis under fingolimod therapy

    I. Kawachi, A. Yokoseki, E. Saji, M. Arakawa, M. Hokari, M. Nishizawa

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   19 ( 11 )   459 - 459   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Cortical degeneration in neuromyelitis optica: Potential pathogenesis of cognitive impairment

    Etsuji Saji, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    Clinical and Experimental Neuroimmunology   4 ( 2 )   162   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cen3.12041

    Scopus

    researchmap

  • 中枢神経系炎症性脱髄疾患におけるCCR6陽性T細胞の解析

    佐治 越爾, 河内 泉, 荒川 武蔵, 柳川 香織, 横関 明子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   52 ( 12 )   1399 - 1399   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 炎症性筋疾患におけるinnate T細胞の解析

    荒川 武蔵, 河内 泉, 佐治 越爾, 柳川 香織, 横関 明子, 豊島 靖子, 西澤 正豊

    臨床神経学   52 ( 12 )   1472 - 1472   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 原発性胆汁性肝硬変に関連した筋炎における臓器障害の検討

    穂苅 万李子, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 柳川 香織, 豊島 靖子, 山田 光則, 松原 奈絵, 山際 訓, 西澤 正豊

    臨床神経学   52 ( 12 )   1471 - 1471   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Neuromyelitis opticaにおける2010年にMcDonald診断基準の適応と問題点

    柳川 香織, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 横関 明子, 西澤 正豊

    臨床神経学   52 ( 12 )   1481 - 1481   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • MRSとDTIを用いたNMO患者のNormal appearing gray matterの解析

    眞島 卓弥, 五十嵐 博中, 佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊, 中田 力

    臨床神経学   52 ( 12 )   1522 - 1522   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Characteristic features of inflammatory demyelination and neurodegeneration in neuromyelitis optica spectrum disorder

    Musashi Arakawa, Yasuko Toyoshima, Etsuji Saji, Kaori Yanagawa, Akiko Yokoseki, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY   253 ( 1-2 )   148 - 148   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • Potential role of CCR6+T cells in inflammatory demyelinating diseases of central nervous system

    Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Mariko Hokari, Yasuko Toyosima, Kaori Yanagawa, Akiko Yokoseki, Akiyoshi Kakita, Hitsohi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY   253 ( 1-2 )   76 - 77   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • Diagnostic dilemma of Japanese patients with AQP4 antibody

    I. Kawachi, K. Yanagawa, E. Saji, M. Arakawa, A. Yokoseki, M. Hokari, M. Nishizawa

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   18   71 - 72   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 中年期以降に発症したADEMの臨床免疫学的特徴

    穂苅 万李子, 河内 泉, 柳川 香織, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 横関 明子, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回   122 - 122   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 本邦neuromyelitis opticaにおける診断プロセスの解析

    柳川 香織, 河内 泉, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 横関 明子, 穂刈 万季子, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回   107 - 107   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 統合失調症様類似の精神症状を伴ったneuromyelitis opticaの解析

    横関 明子, 河内 泉, 柳川 香織, 佐治 越爾, 荒川 武蔵, 穂苅 万季子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回   103 - 103   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • NMO/筋炎 Neuromyelitis opticaの末梢血CD4陽性T細胞における免疫動態解析

    佐治 越爾, 河内 泉, 荒川 武蔵, 柳川 香織, 横関 明子, 穂苅 万李子, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回   74 - 74   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 左中大脳動脈領域の梗塞に対するrt-PA静注療法中に対側の内頸動脈閉塞を来した1例

    荒川 博之, 赤岩 靖久, 佐治 越爾, 下畑 享良, 西澤 正豊

    脳卒中   34 ( 5 )   351 - 355   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    左中大脳動脈領域の脳梗塞に対し、recombinant tissue plasminogen activator(rt-PA)静注療法施行中に対側の内頸動脈閉塞を来し、予後不良な経過をたどった症例を経験した。症例は心房細動を有する79歳女性。左中大脳動脈領域の脳梗塞に対し、rt-PA静注療法を施行。開始後37分で右内頸動脈閉塞を来し、発症2日後に永眠した。rt-PA静注後早期に、責任血管の再閉塞では説明がつかない虚血による神経症状の悪化を来すものはearly recurrent ischemic stroke(ERIS)と呼ばれる。その機序として、心腔内血栓によるものや頸動脈プラークの遊離によるものなどが考えられている。rt-PA静注療法を施行する際はERISの存在も念頭に置いて可能な限り、心腔内血栓や頸動脈のプラーク病変等の検索をする必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01786&link_issn=&doc_id=20121001070010&doc_link_id=10.3995%2Fjstroke.34.351&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3995%2Fjstroke.34.351&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • NMO Neuromyelitis opticaにおける神経変性機構の検討

    荒川 武蔵, 河内 泉, 豊島 靖子, 佐治 越爾, 柳川 香織, 横関 明子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回   58 - 58   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • スペクトラルドメイン光干渉断層計を使った中枢神経系脱髄疾患の病態メカニズムの解析

    佐治 越爾, 河内 泉, 柳川 香織, 横関 明子, 高木 峰夫, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   51 ( 12 )   1221 - 1221   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 中枢神経系脱髄疾患におけるインターロイキン21動態の解析

    河内 泉, 佐治 越爾, 柳川 香織, 横関 明子, 西澤 正豊

    臨床神経学   51 ( 12 )   1395 - 1395   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 髄膜形態からみたneuromyelitis opticaの病態形成メカニズムの解析

    柳川 香織, 河内 泉, 豊島 靖子, 横関 明子, 佐治 越爾, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   51 ( 12 )   1235 - 1235   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Absence of meningeal lymphoid neogenesis in neuromyelitis optica

    I. Kawachi, K. Yanagawa, Y. Toyoshima, E. Saji, M. Arakawa, A. Yokoseki, A. Kakita, H. Takahashi, M. Nishizawa

    MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL   17   S292 - S292   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 周期性発熱に無菌性髄膜炎と認知機能障害を併発しinfliximabが有効であったautoinflammatory syndromeの1例

    二宮 格, 佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    神経治療学   28 ( 5 )   558 - 558   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • 自然免疫システムからみたneuromyelitis optica脊髄病変の解析

    柳川 香織, 河内 泉, 豊島 靖子, 荒川 武蔵, 横関 明子, 佐治 越爾, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   23回   112 - 112   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • NMO-2 Neuromyelitis opticaにおけるインターロイキン21動態の解析

    佐治 越爾, 河内 泉, 柳川 香織, 横関 明子, 荒川 武蔵, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   23回   90 - 90   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 脳炎 AMPA受容体抗体脳炎の髄液サイトカイン・ケモカイン解析

    荒川 武蔵, 河内 泉, 佐治 越爾, 柳川 香織, 横関 明子, 関根 有美, 堅田 慎一, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   23回   85 - 85   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Inflammatory Myopathy Associated with Primary Biliary Cirrhosis

    Mariko Hokari, Izumi Kawachi, Etsuji Saji, Kaori Yanagawa, Akio Yokoseki, Yasuko Toyoshima, Masatoyo Nishizawa

    NEUROLOGY   76 ( 9 )   A105 - A105   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 出血性脳卒中患者におけるω3系高度不飽和脂肪酸(ω3-PUFA)の検討

    赤岩 靖久, 荒川 博之, 佐治 越爾, 矢島 隆二, 高野 弘基, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1102 - 1102   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Neuromyelitis optica spectrum disorderの精神神経症状と高次脳機能障害

    佐治 越爾, 河内 泉, 柳川 香織, 豊島 靖子, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1211 - 1211   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症とパーキンソン病に共通して見られる腸音発生頻度の低下

    小澤 鉄太郎, 佐治 越爾, 矢島 隆二, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1261 - 1261   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Potential role of cellular immunity in neuromyleitis optica

    Kawachi Izumi, Toyoshima Yasuko, Yanagawa Kaori, Saji Etsuji, Kakita Akiyoshi, Takahashi Hitoshi, Nishizawa Masatoyo

    JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY   228 ( 1-2 )   138 - +   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • 亜急性進行性に経過する脳幹脳炎に末梢神経障害を伴った55歳男性例

    徳永 純, 野崎 洋明, 吉野 秀昭, 佐治 越爾, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 6 )   432 - 432   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 亜急性進行性に経過する脳幹脳炎に末梢神経障害を伴った55歳男性例

    鳥谷部 真史, 徳永 純, 野崎 洋明, 吉野 秀昭, 佐治 越爾, 河内 泉, 下畑 享良, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌   124 ( 6 )   352 - 352   2010年6月

  • Treatment responsive opsoclonus-ataxia associated with ovarian teratoma

    I. Kawachi, E. Saji, Y. Toyoshima, J. Dalmau, M. Nishizawa

    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY   81 ( 5 )   581 - 582   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:B M J PUBLISHING GROUP  

    DOI: 10.1136/jnnp.2009.177261

    Web of Science

    researchmap

  • 【傍腫瘍性神経筋疾患update】傍腫瘍性神経症候群の診断と治療

    佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   62 ( 4 )   319 - 330   2010年4月

  • 血清IgG4高値と自己免疫性膵炎を併発した封入体筋炎の1例

    穂苅 万李子, 春日 健作, 矢島 隆二, 佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   22回   70 - 70   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • 脳炎など 抗NMDA受容体脳炎の髄液サイトカイン、ケモカインプロファイル解析

    佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   22回   62 - 62   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • MS/NMO リンパ球浸潤形態からみたneuromyelitis opticaの脊髄病変

    河内 泉, 柳川 香織, 豊島 靖子, 佐治 越爾, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊

    日本神経免疫学会学術集会抄録集   22回   39 - 39   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経免疫学会  

    researchmap

  • Neuropsychiatric Presentation of Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders

    Etsuji Saji, Yasuko Toyoshima, Kaori Yanagawa, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi

    NEUROLOGY   74 ( 9 )   A169 - A169   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 声帯外転障害とCO2ナルコーシス来した61歳女性例

    佐藤 朋江, 横関 明男, 佐治 越爾, 下畑 享良, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 1 )   50 - 50   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 卵巣奇形腫に伴う傍腫瘍神経症候群の臨床的検討

    佐治 越爾, 河内 泉, 西澤 正豊

    臨床神経学   49 ( 12 )   1045 - 1045   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 水痘・帯状疱疹ウイルス感染症の関与が疑われるVernet症候群の一例

    伊藤 岳, 野崎 洋明, 佐治 越爾, 河内 泉, 下畑 享良, 西澤 正豊

    NEUROINFECTION   14 ( 2 )   181 - 181   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    researchmap

  • Opsoclonus-ataxia syndrome(OAS)で発症した卵巣奇形腫関連傍腫瘍神経症候群の24歳女性例

    佐治 越爾, 河内 泉, 田中 惠子, 西澤 正豊

    神経治療学   25 ( 3 )   286 - 286   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • 可逆性脳血管攣縮症候群(reversible cerebral vasoconstriction syndrome,RCVS)の検討

    高野 弘基, 新保 淳輔, 佐治 越爾, 西澤 正豊, 伊藤 靖, 西野 和彦, 遠藤 純男, 渡辺 直人

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy   1 ( 2 )   151 - 151   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Bilateral striopallidodentate calcinosis(BSPDC)によりparkinsonismを呈した1例

    矢島 隆二, 金沢 佑治, 佐治 越爾, 新保 淳輔, 高野 弘基, 西澤 正豊, 良田 千晶

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   539 - 539   2007年9月

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 細胞外小胞の臓器特異性に着目した視神経脊髄炎関連疾患の再発予測の確立

    研究課題/領域番号:21K07412  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    佐治 越爾

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 視神経脊髄炎関連疾患の病態機序へのエクソソームの関与

    研究課題/領域番号:18K15443  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    佐治 越爾

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    中枢神経系自己免疫疾患の代表的疾患である視神経脊髄炎関連疾患 (neuromyelitis optica spectrum disorders; NMOSD)では、アストロサイトに発現するアクアポリン4水チャネルを標的とする自己抗体がアストロサイト障害を誘導し、視神経炎や脊髄炎などの中枢神経症状を引き起こすと想定されている。一方、動物モデルでは血中の自己抗体のみで神経症状を再現することが困難であり,自己抗体以外の何らかの免疫因子の存在が必要と考えられている。近年、細胞外小胞の一つであるエクソソームの細胞間情報伝達ツールとして役割が注目されている。本研究では、1) NMOSDの発症病態にエクソソーム分画成分が関与するのか、2) NMOSDの疾患活動性を反映するエクソソーム内構造物は何であるのかを明らかにすることを目的とする。
    本年度は、検体の収集を継続的に行い,エクソソーム回収を進めている。また,NMOSD症例の過去28年間の長期にわたる臨床的特徴の変化について解析した.2010年以降の最近の発症例において,年間再発回数は低下し,後遺障害も低下いることを明らかにした.初発後の早期診断および再発予防薬の導入により,初回発作のみで再発のない症例の割合が有意に増加していたが,その一方で現行の治療に対するノンレスポンダーが一定数存在している.今後,健常者群とNMOSD患者群との違いおよびNMOSD臨床病型や治療反応性の違いにエクソソームのプロファイルが関与しているか明らかにしていく.

    researchmap

  • 視神経脊髄炎におけるインフラマソームを介した自然免疫機構の解明

    研究課題/領域番号:16K19505  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    佐治 越爾

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    視神経脊髄炎 (neuromyelitis optica; NMO) は、中枢神経系炎症性疾患であり, アクアポリン4 (aquaporin 4; AQP4) 水チャネルを標的とするNMO-IgGの検出により, 多発性硬化症と区別できる.剖検凍結組織でのmRNA発現解析において, 活動性病変を含むNMO症例でインフラマソーム関連分子発現が亢進していることを見出した。NMO末梢血中のリンパ球亜分画においてIFNγに加え、インフラマソーム関連分子の発現が亢進していた。NMOの病態に自然免疫機構が関与していることが示唆される。

    researchmap

  • 多発性硬化症と視神経脊髄炎における神経変性機構の解明

    研究課題/領域番号:25893076  2013年8月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    佐治 越爾

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    多発性硬化症 (multiple sclerosis; MS) と視神経脊髄炎 (neuromyelitis optica; NMO) は中枢神経系の炎症性脱髄疾患である. MSでは髄鞘が, NMOではアクアポリン4 (aquaporin 4; AQP4) 水チャネルを発現するアストロサイトが, 免疫分子の標的となり炎症性脱髄病巣を形成する. MSだけではなくNMOにおいても炎症性脱髄による臨床的再発と独立して, 認知機能障害が出現することが明らかにされている. MSの認知機能障害では大脳皮質内脱髄病変の関与が示唆されているが, NMOにおける認知機能障害の機序は十分に解明されていない.そこで「NMOとMSの認知機能障害とその背景にある神経変性病態の機序」について検討を行った.
    まず,病理学的検索を行った. 1) NMO大脳ではMSと異なり皮質内脱髄病変を認めなかった. 2) NMO髄膜にリンパ球浸潤を認めたが,MSで報告されているリンパ濾胞類似構造を認めなかった. 3) NMO大脳皮質II, III, VI層において神経細胞数が有意に減少していた. 4) II層に強い活性化ミクログリアの増加を認めた. 5) 大脳皮質I層のGFAP陽性アストロサイトのAQP4の発現が低下していた. さらに, スペクトラルドメイン光干渉断層計 (optical coherence tomography: OCT) を用いて, 網膜神経線維層の厚さを評価した. NMO, MS群ともに, 1)視神経炎の既往のある眼で有意に網膜神経線維層の減少を認め, 2) 臨床的に視神経炎の既往のない眼においても菲薄化している群が存在した. この結果は, 視神経炎の発作の有無にかかわらず, 神経変性病態を反映している可能性が示唆された.網膜神経線維層の測定は神経変性機構のバイオマーカーとして有用な可能性がある.

    researchmap