2022/12/01 更新

写真a

スガイ ミカ
須貝 美佳
SUGAI Mika
所属
教育研究院 医歯学系 保健学系列 准教授
医学部 保健学科 検査技術科学専攻 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2009年9月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 細胞検査学

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医学部 保健学科 検査技術科学専攻   助教

    2015年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医学部 保健学科 検査技術科学専攻   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 新潟大学   医学部 保健学科 検査技術科学専攻   助教

    2015年4月 - 2020年3月

学歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻

    2005年10月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 泌尿器細胞診(別府)カンファレンス

    2016年2月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本臨床衛生検査技師会

      詳細を見る

  • 一般社団法人 日本病理学会

      詳細を見る

  • 公益社団法人 日本臨床細胞学会

      詳細を見る

委員歴

  • 公益社団法人日本臨床細胞学会   評議員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 公益社団法人 日本臨床細胞学会   細胞検査士認定試験問題作製委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 臨床検査技師

  • 細胞検査士

  • 国際細胞検査士

 

論文

  • 【胆道癌診療の最前線】胆道癌のゲノム医療

    若井 俊文, 島田 能史, 奥田 修二郎, 栗山 洋子, 須貝 美佳, 中野 麻恵, 松本 瑛生, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 市川 寛, 坂田 純

    消化器外科   44 ( 2 )   207 - 212   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • Profiling of host genetic alterations and intra-tumor microbiomes in colorectal cancer. 国際誌

    Shujiro Okuda, Yoshifumi Shimada, Yosuke Tajima, Kizuki Yuza, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Yiwei Ling, Nobuaki Miura, Mika Sugai, Yu Watanabe, Shiho Takeuchi, Toshifumi Wakai

    Computational and structural biotechnology journal   19   3330 - 3338   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Some bacteria are symbiotic in tumor tissues, and metabolites of several bacterial species have been found to cause DNA damage. However, to date, the association between bacteria and host genetic alterations in colorectal cancer (CRC) has not been fully investigated. We evaluated the association between the intra-tumor microbiome and host genetic alterations in 29 Japanese CRC patients. The tumor and non-tumor tissues were extracted from the patients, and 16S rRNA genes were sequenced for each sample. We identified enriched bacteria in tumor and non-tumor tissues. Some bacteria, such as Fusobacterium, which is already known to be enriched in CRC, were found to be enriched in tumor tissues. Interestingly, Bacteroides, which is also known to be enriched in CRC, was enriched in non-tumor tissues. Furthermore, it was shown that certain bacteria that often coexist within tumor tissue were enriched in the presence of a mutated gene or signal pathway with mutated genes in the host cells. Fusobacterium was associated with many mutated genes, as well as cell cycle-related pathways including mutated genes. In addition, the patients with a high abundance of Campylobacter were suggested to be associated with mutational signature 3 indicating failure of double-strand DNA break repairs. These results suggest that CRC development may be partly caused by DNA damage caused by substances released by bacterial infection. Taken together, the identification of distinct gut microbiome patterns and their host specific genetic alterations might facilitate targeted interventions, such as modulation of the microbiome in addition to anticancer agents or immunotherapy.

    DOI: 10.1016/j.csbj.2021.05.049

    PubMed

    researchmap

  • Bepridil Inhibits Premature Ventricular Complexes Induced by Cardio-Sympathetic Nerve Stimulation in a Canine Experimental Model. 査読

    Osamu Saitoh, Junya Watanabe, Ayari Sugai, Ayaka Oikawa, Mika Sugai, Masaomi Chinushi

    International heart journal   61 ( 2 )   338 - 346   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sympathetic nerve activity has arrhythmogenic potential for ventricular arrhythmias associated with structural heart diseases. However, a sufficient amount of beta-blockers occasionally cannot be prescribed in some patients.An experimental study was performed to clarify the therapeutic effects of bepridil, a multiple ionic current inhibitor that does not affect beta-adrenergic receptors, for premature beats occurring during enhanced sympathetic nerve activity. Cardio-sympathetic nerve activity was augmented via stellate-ganglion (SG) stimulation in a canine model (n = 8), and the arrhythmogenic potential and anti-arrhythmic effects of bepridil (2 and 4 mg/kg intravenously) were assessed. For safe use, vagal-stimulation-induced slow HR and programmed electrical stimulation were applied to evaluate possible pro-arrhythmic effects of the drug. Heart rate variability (HRV) indexes were used to estimate cardio-autonomic nerve activity.Either side of the SG-stimulation increased BP and HR. Premature beats were induced in 10/16 SG-stimulations and it was more frequent in left (8/8) rather than right stimulation (2/8). Following 2 mg/kg drug administration, premature beats were still inducible in 8/16 stimulations (7/8 in left and 1/8 in right), but burden of the premature beats decreased from 87.1 ± 46.8 to 62.1 ± 42.6 beats. After 4 mg/kg administration, premature beats were inducible in one SG-stimulation. Proarrhythmic effects were not observed in all experiments. Steady-state HRV indexes and percent increases in SG-stimulation-induced BP-elevation and HR-acceleration were similar among the 3 periods (before, 2 and 4 mg/kg of the drug).Bepridil may be an option for ventricular arrhythmias developed during enhanced cardio-sympathetic nerve activity with minimal effect on autonomic nerve responses.

    DOI: 10.1536/ihj.19-494

    PubMed

    researchmap

  • 結節状、顆粒状、微細顆粒状、絨毛上、分葉状、脳回状 査読

    岩渕三哉, 須貝美佳

    胃と腸   52 ( 5 )   680 - 681   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Electrical stimulation-based evaluation for functional modification of renal autonomic nerve activities induced by catheter ablation 査読

    Masaomi Chinushi, Katsuya Suzuki, Osamu Saitoh, Hiroshi Furushima, Kenichi Iijima, Daisuke Izumi, Akinori Sato, Mika Sugai, Mitsuya Iwafuchi

    HEART RHYTHM   13 ( 8 )   1707 - 1715   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    BACKGROUND Catheter ablation of the renal artery can be performed without apparent angiographic stenosis. This suggests that renal nerve function can be attenuated with minor structural damage to the renal artery.
    OBJECTIVE To clarify this hypothesis, we examined the relationship between electrical nerve stimulation (ENS)-induced blood pressure (BP) response and severity of histological injury of the renal artery using an acute canine model of renal artery ablation.
    METHODS An irrigation catheter was inserted into the renal arteries of 8 dogs, and radiofrequency current was delivered at 15, 20, or 25 W. ENS was applied to each artery before and after ablation.
    RESULTS Before ablation, ENS increased the BP and heart rate from 145 15/86 13 to 189 21/111 19 mm Hg and from 116 9 to 130 6 beats/min, respectively. Heart rate variability indices and serum catecholamine levels were elevated concomitantly. After ablation, the ENS -induced increase in BP and heart rate were markedly attenuated after 15 W ablation and those were nearly completely inhibited after 20 or 25 W ablation. An increase in heart rate variability indices and serum catecholamine levels became insignificant regardless of the applied energy. Renal artery angiograms revealed stenotic lesions only after 25 W ablation procedures. Histological studies showed mild to moderate injury of the arterial wall and autonomic nerves caused by 20 and 25 W ablation procedures, whereas only minor changes caused by 15 W ablation.
    CONCLUSION Functional renal autonomic nerve ablation is potentially performable with the guidance of ENS.

    DOI: 10.1016/j.hrthm.2016.04.021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 血圧調整における左右腎交感神経興奮の役割(実験モデルの神経電気刺激と高周波アブレ―ション). 査読

    池主正臣, 鈴木克弥, 齋藤修, 大矢佳奈, 飯嶋賢一, 佐藤光希, 和泉大輔, 須貝美佳, 古嶋博司

    心臓   48 ( 6 )   608 - 616   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11281/shinzo.48.608

    researchmap

  • 特集:よくわかる消化器神経内分泌腫瘍(NET/NEC) 株消化管 NEC/MANEC(大腸)の特徴. 査読

    岩渕三哉, 須貝美佳, 林真也

    消化器内視鏡   28 ( 11 )   1812 - 1822   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 尿路上皮腫瘍における異型度判定の可能性 ~尿中異型細胞のスコアリングの試み~

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津哉

    新潟県臨床細胞学会会報   ( 第29号 )   1 - 8   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 当院における超音波内視鏡下穿刺吸引法の実際 査読

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 山本幹, 塩路和彦, 梅津哉

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   317 - 325   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 体腔液細胞診標本におけるHNF4α発現の検討~腫瘍細胞と非腫瘍細胞との鑑別及び原発巣推定の可能性~ 査読

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 内藤眞, 梅津哉

    日本臨床細胞学会雑誌   第53巻 ( 第3号 )   176 - 181   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5795/jjscc.53.176

    researchmap

  • 消化管内分泌細胞腫瘍の日本の分類と 2010年 WHO分類との比較 査読

    岩渕三哉, 渡辺徹, 本間陽奈, 山貝悠, 小菅優子, 田中雄也, 須貝美佳

    胃と腸   第48巻 ( 第7号 )   941 - 955   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1403113852

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍の病理診断の問題点 骨・軟部腫瘍に対する針生検の有用性

    堀田 哲夫, 梅津 哉, 須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 生越 章, 川島 寛之, 有泉 高志, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 12 )   1103 - 1107   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    表在性の軟部腫瘍や骨外性病変が触知できる骨腫瘍では触診しながら腫瘍または骨外病変を直接穿刺し、通常の骨腫瘍はX線透視下に穿刺を行った。深部の骨・軟部腫瘍に対してはCTガイド下に穿刺を行った。骨腫瘍および軟部腫瘍に対して行われた針生検983例のうち、最終的に切除材料または開放生検で確認ができた穿刺吸引細胞診(FNAC)359例(骨腫瘍90例、軟部腫瘍269例)、針組織生検(CNB)127例(骨腫瘍40例、軟部腫瘍87例)を対象とした。FNACでは、誤診はすべて偽陰性で3例に認めた。感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率はそれぞれび94.3%、100%、0%、5%で、正診率は96.7%であった。CNBでは、臨床所見より判定が正しいものと判断された。誤診例はなかった。感度、特異度、偽陽性率、偽陰性率はそれぞれ100%、100%、0%、0%であり、正診率は100%であった。

    researchmap

  • 生検:骨・軟部腫瘍に対する穿刺吸引細胞診の有用性 (特集 骨・軟部腫瘍-先端的研究と臨床の現況) 査読

    堀田哲夫, 梅津 哉, 須貝美佳, 生越章, 川島寛之, 遠藤直人

    整形外科   第61巻 ( 第8号 )   783 - 786   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expression of podoplanin in human bone and bone tumors: New marker of osteogenic and chondrogenic bone tumors 査読

    Takashi Ariizumi, Akira Ogose, Hiroyuki Kawashima, Tetsuo Hotta, Guidong Li, Yongjun Xu, Hajime Umezu, Mika Sugai, Naoto Endo

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   60 ( 3 )   193 - 202   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Podoplanin is known as a lymphatic marker because its expression is detected in lymphatic but not vascular endothelium. Podoplanin is also expressed in several normal tissues including osteocytes or osteoblasts. A systematic examination of the podoplanin expression was conducted in normal skeletal tissues and some bone tumor cell lines, and the diagnostic value determined in primary bone tumors. Podoplanin mRNA was expressed at a high level in bone marrow tissue and cartilage, and was upregulated with differentiation to osteoblasts in bone marrow cells. Strong podoplanin expression was seen in osteocytes, chondrocytes, and osteoblasts on immunohistochemistry. Podoplanin mRNA was expressed at a high level in several osteosarcoma and chondrosarcoma cell lines, whereas podoplanin was expressed at a low level in a Ewing's/primitive neuroectodermal tumor cell line. In the clinical samples, osteosarcomas (22/26) expressed podoplanin at various levels. In small cell osteosarcomas (2/2), podoplanin was expressed strongly, although the tissue samples included few diagnostic osteoids. Chondrosarcomas (10/10) expressed podoplanin strongly, and chondroblastomas (5/5) expressed podoplanin moderately, while podoplanin was absent or expressed at low levels in Ewing's sarcomas (0/5), chordomas (0/6) and giant cell tumors of bone (1/7). Therefore, podoplanin may be a sensitive immunohistochemical marker of osteogenic and chondrogenic bone tumors.

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2009.02510.x

    Web of Science

    researchmap

  • Expression of hepatocyte nuclear factor 4 alpha in primary ovarian mucinous tumors 査読

    Mika Sugai, Hajime Umezu, Takashi Yamamoto, Shuying Jiang, Hiroko Iwanari, Toshiya Tanaka, Takao Hamakubo, Tatsuhiko Kodama, Makoto Naito

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   58 ( 11 )   681 - 686   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Hepatocyte nuclear factor 4 alpha (HNF4 alpha) is a member of the nuclear receptor superfamily and is expressed in several endodermal tissues. The aim of the present study was to examine the expression of HNF4 alpha on ovarian epithelial tumors with immunocytochemistry and immunohistochemistry using mAbs recognizing P1 and P2 promoter-driven HNF4 alpha. Ovarian mucinous adenoma, mucinous tumors of borderline malignancy, and mucinous adenocarcinoma had positive nuclear staining for HNF4 alpha (41/45, 91%). One-third (34%) of mucinous tumors had P1-positive staining and most had P1/P2-positive staining (93%). MUC2- and MUC5AC-positive staining was observed in 34% and 95% of mucinous tumors, respectively. The histological subtype of these mucinous tumors was not correlated with HNF4 alpha expression. On cytology it was found that cancer cells in the ascites from ovarian mucinous adenocarcinomas were HNF4 alpha positive, but tumor cells in ascites from other types of ovarian carcinomas were negative for HNF4 alpha. Thus, HNF4 alpha is demonstrated to be a useful marker for histological and cytological diagnosis of ovarian mucinous tumors.

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2008.02293.x

    Web of Science

    researchmap

  • Expression of hepatocyte nuclear factor 4 alpha in primary ovarian mucinous tumors 査読

    Mika Sugai, Hajime Umezu, Takashi Yamamoto, Shuying Jiang, Hiroko Iwanari, Toshiya Tanaka, Takao Hamakubo, Tatsuhiko Kodama, Makoto Naito

    PATHOLOGY INTERNATIONAL   58 ( 11 )   681 - 686   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Hepatocyte nuclear factor 4 alpha (HNF4 alpha) is a member of the nuclear receptor superfamily and is expressed in several endodermal tissues. The aim of the present study was to examine the expression of HNF4 alpha on ovarian epithelial tumors with immunocytochemistry and immunohistochemistry using mAbs recognizing P1 and P2 promoter-driven HNF4 alpha. Ovarian mucinous adenoma, mucinous tumors of borderline malignancy, and mucinous adenocarcinoma had positive nuclear staining for HNF4 alpha (41/45, 91%). One-third (34%) of mucinous tumors had P1-positive staining and most had P1/P2-positive staining (93%). MUC2- and MUC5AC-positive staining was observed in 34% and 95% of mucinous tumors, respectively. The histological subtype of these mucinous tumors was not correlated with HNF4 alpha expression. On cytology it was found that cancer cells in the ascites from ovarian mucinous adenocarcinomas were HNF4 alpha positive, but tumor cells in ascites from other types of ovarian carcinomas were negative for HNF4 alpha. Thus, HNF4 alpha is demonstrated to be a useful marker for histological and cytological diagnosis of ovarian mucinous tumors.

    DOI: 10.1111/j.1440-1827.2008.02293.x

    Web of Science

    researchmap

  • Dysregulated expression of P1 and P2 promoter-driven hepatocyte nuclear factor-4 alpha in the pathogenesis of human cancer 査読

    T Tanaka, S Jiang, H Hotta, K Takano, H Iwanari, K Sumi, K Daigo, R Ohashi, M Sugai, C Ikegame, H Umezu, Y Hirayama, Y Midorikawa, Y Hippo, A Watanabe, Y Uchiyama, G Hasegawa, PC Reid, H Aburatani, T Hamakubo, J Sakai, M Naito, T Kodama

    JOURNAL OF PATHOLOGY   208 ( 5 )   662 - 672   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Hepatocyte nuclear factor-4 alpha (HNF4 alpha) exists in multiple isoforms that are generated by alternative promoter (PI and P2) usage and splicing. Here we establish monoclonal antibodies (mAbs) for detecting P1 and P2 promoter-driven HNF4 alpha, and evaluate their expression in normal adult human tissues and surgically resected carcinomas of different origins. Using immunohistochemical analysis, we demonstrate that, while P1 promoter-driven HNF4 alpha is expressed in hepatocytes, small intestine, colon, kidney and epididymis, P2 promoter-driven HNF4 alpha is expressed in bile duct, pancreas, stomach, small intestine, colon and epididymis. Altered expression patterns of PI and P2 promoter-driven HNF4 alpha were observed in gastric, hepatocellular and colorectal carcinomas. HNF4 alpha was expressed in lung metastases from renal cell, hepatocellular and colorectal carcinoma but was not observed in lung tumours. The P1 and P2 promoter-driven HNF4 alpha expression pattern of tumour metastases correlated with the primary site of origin. P1 promoter-driven HNF4 alpha was also found in intestinal metaplasia of the stomach. These data provide evidence for the tissue distribution of P1 and P2 promoter-driven HNF4 alpha at the protein level and suggest that HNF4 alpha may be a novel diagnostic marker for metastases of unknown primary. We propose that the dysregulation of alternative promoter usage of HNF4 alpha is associated with the pathogenesis of certain cancers. Copyright (c) 2006 Pathological Society of Great Britain and Ireland. Published by John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/path.1928

    Web of Science

    researchmap

  • 細胞診が有用であった悪性リンパ腫に伴う膝関節水腫 査読

    生越章, 堀田哲夫, 川島寛之, 須貝美佳, 梅津哉, 遠藤直人

    整形外科   第56巻 ( 5号 )   580 - 581   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 骨・軟部腫瘍に対する穿刺細胞診の有用性とその限界 査読

    堀田哲夫, 梅津 哉, 須貝美佳, 生越章, 川島寛之, 遠藤直人

    別冊整形外科   ( 第43号 )   65 - 69   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 子宮がん集団検診で発見された卵管上皮内癌の1例 査読

    五十嵐裕一, 児玉省二, 吉谷徳夫, 田中憲一, 永井絵津子, 江村巌, 渡辺徹, 須貝美佳

    日本臨床細胞学会雑誌   第34巻 ( 第4号 )   65 - 69   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Clinical Cytology  

    子宮がん集団検診の頸部細胞診が端緒となって発見された卵管上皮内癌の1例を経験したので報告する. その細胞診像は, きれいな背景の中に, 大型で厚みのある重積性腫瘍細胞集塊としてみられ, 核は大型類円形で, 大小不同, N/C比の増大, 配列の乱れを示し, 細顆粒状クロマチンの密な分布と肥大した核小体を伴っていたことから, 腺細胞系由来の悪性細胞でクラスVと診断した. 子宮腔内細胞診および腹腔洗浄液細胞診でも同様な悪性細胞が出現した. 摘出左卵管は, 肉眼的に病変は明らかでなかったが, 組織学的に卵管上皮細胞の多層化と乳頭状増殖, 核異型, 核分裂像を呈する間質浸潤のない上皮内腺癌を認めた. 手術後, 化学療法を3コース施行し, 2年10カ月経過後も再発徴候を認めていない.<BR>本疾患はきわめてまれで, 術前に正しく診断することは困難とされる. 子宮頸部あるいは子宮体部の細胞診で腺癌細胞が出現し, 組織診で悪性病変が明らかでないかきわめて少量の場合には, 本疾患を疑うことが必要である.

    DOI: 10.5795/jjscc.34.666

    CiNii Article

    researchmap

  • 細胞診で診断した pulmonary blastoma の一例

    菅孝, 薄田浩幸, 江村巌, 白浜美佳, 渡辺徹

    日本臨床細胞学会新潟支部会報   ( 第8号 )   16 - 19   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 穿刺細胞診検体の処理に関する検討 ~生理食塩水に浮遊させた細胞は何時間診断可能な状態で保持されるか?~

    渡辺徹, 江村巌, 白浜美佳

    日本臨床細胞学会新潟支部会報   ( 第8号 )   5 - 11   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 子宮頸部紡錘細胞癌の1例 査読

    上島朋子, 福田剛明, 江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳, 児玉省二, 田中憲一, 内藤眞

    日本臨床細胞学会雑誌   第33巻 ( 第1号 )   53 - 58   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Clinical Cytology  

    細胞診でClass Vと診断され, 発見された子宮頸部腫瘍である.腫瘍細胞の大部分は紡錘型で, 中等度の集塊形成を示していたが, 一部に重厚な胞体を持つ集籏性のある悪性細胞がみられたため, 扁平上皮癌が最も疑われた.その後の生検および摘出臓器の組織所見では, 子宮頸部の扁平上皮粘膜層に連続して紡錘細胞が束状配列を示しながら増殖している肉腫様腫瘍であった.扁平上皮癌と判断できる成分は認められず, 組織学的には平滑筋肉腫と診断された.しかし免疫組織学的には, ケラチンおよびビメンチンが陽性であり, また電顕所見からは, 少数の細胞にトノフィラメント様マイクロフィラメントとデスモゾームが観察された.これらの所見から扁平上皮癌の一亜型である紡錘細胞癌と判断した.本症例のように, 細胞診において肉腫様細胞とともに上皮由来の腫瘍細胞を認めた場合, 悪性ミューラー管性混合腫瘍や肉腫のほかに, 紡錘細胞癌も鑑別に考慮すべきである.

    DOI: 10.5795/jjscc.33.53

    CiNii Article

    researchmap

  • 線維化巣(瘢痕)や浸滑性増殖を示す癌組織のほとんどない細気管支肺胞型腺癌の検討 査読

    江村巌, 白浜美佳, 渡辺徹, 内藤真

    日本臨床細胞学会雑誌   第33巻 ( 第1号 )   19 - 26   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本臨床細胞学会  

    DOI: 10.5795/jjscc.33.19

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非乳頭状移行上皮癌19例の細胞学的及び病理学的検討

    江村巌, 白浜美佳, 渡辺徹

    日本臨床細胞学会新潟支部会報   ( 第7号 )   6 - 18   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 偏光レンズを用いた子宮頸部角化型扁平上皮癌および関連病変の診断 査読

    白浜美佳, 渡辺徹, 江村巌, 内藤真

    日本臨床細胞学会雑誌   第32巻 ( 第4号 )   481 - 488   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本臨床細胞学会  

    DOI: 10.5795/jjscc.32.481

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 偏光レンズを用いた肺角化型扁平上皮癌の診断 査読

    江村巌, 白浜美佳, 渡辺徹

    日本臨床細胞学会雑誌   第32巻 ( 第3号 )   365 - 372   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本臨床細胞学会  

    DOI: 10.5795/jjscc.32.365

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 授乳期の乳腺上皮の形態変化を基礎とした乳腺穿刺細胞診のモルフォメトリーによる再検討

    斉藤孝久, 木島美和子, 渡辺徹, 白浜美佳, 江村巌, 五十嵐俊彦

    日本臨床細胞学会新潟支部会報   ( 第3号 )   1 - 6   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 大腸疾患NOW2015[テーマ2]2.大腸の神経内分泌腫瘍の病理診断

    岩渕三哉, 須貝美佳( 担当: 共著)

    日本メディカルセンター  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 臨床医のための胃がん病理アトラス 学術誌『胃がんperspective』連載合本 第8章 その他の胃がん

    岩渕三哉, 渡辺徹, 須貝美佳( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

講演・口頭発表等

  • 新報告様式と The Paris system の比較から考える 尿細胞診報告様式統一の可能性

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 川口裕貴恵, 梅津哉

    第62回日本臨床細胞学会春季大会(神奈川)  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 体腔液中に出現するマクロファージの形態変化と病態に関連は見出せるか

    須貝美佳, 岩渕三哉, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 横山千明, 川口裕貴恵, 梅津哉

    第58回日本臨床細胞学会秋期大会(岡山)  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 気管支鏡下で採取した細胞診検体における 肺組織マクロファージの表現型解析

    川口裕貴恵, 岩渕三哉, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 横山千明, 梅津哉, 須貝美佳

    第58回日本臨床細胞学会秋期大会(岡山)  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 子宮頸部細胞診標本における腺系異型細胞の解析~HNF4αの発現と細胞形態~

    須貝美佳, 岩渕三哉, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 川口裕貴恵, 梅津哉

    第57回日本臨床細胞学会秋期大会(神奈川)  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 子宮頸部腺癌における Hepatocyte nuclear factor4α (HNF4α) の発現

    須貝美佳, 梅津 哉, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉, 本山悌一

    第35回新潟県臨床細胞学会学術集会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮頸部腺癌におけるHepatocyte nuclear factor4α(HNF4α)の発現

    須貝美佳, 梅津 哉, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉, 本山悌一

    第59回 日本臨床細胞学会総会  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Adamantinoma の一例

    須貝美佳, 梅津 哉, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉

    第56回 日本臨床細胞学会秋季大会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 稀な骨腫瘍の一例

    須貝美佳, 梅津 哉, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉

    第34回新潟県臨床細胞学会学術集会  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 悪性顆粒細胞腫の一例

    須貝美佳, 梅津 哉, 大橋 瑠子, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉

    第55回 日本臨床細胞学会秋季大会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腸がんにおけるRAS 遺伝子変異検索の検討

    林 真也, 池田 友美, 橋詰 香織, 八木 美菜, 上原 桂月, 建部 勝彦, 高橋 直子, 須貝 美佳

    第5回北日本医学検査学会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HNF4αの発現による膵管内乳頭粘液性腫瘍 (IPMN)の悪性度分類の検討

    山田 健太郎, 大沼 睦, 宮下 真平, 宮ノ越 裕理, 岩渕 三哉, 須貝 美佳

    第5回北日本医学検査学会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 泌尿器細胞診新報告様式に則った異型細胞判定の再考

    須貝美佳, 梅津 哉, 大橋 瑠子, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 横山 千明, 川口 裕貴江, 岩渕 三哉

    第33回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎盂癌、尿管癌における尿中異型細胞の検討

    須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 坂下 千明, 大橋 瑠子, 梅津 哉, 岩渕 三哉

    第54回日本臨床細胞学会秋季大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 尿路上皮腫瘍における尿中異型細胞スコアリングの試み

    須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 坂下 千明, 大橋 瑠子, 梅津 哉, 岩渕 三哉

    第54回日本臨床細胞学会秋季大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 細胞診検体を用いたEGFR遺伝子変異検査における検体適否

    林 真也, 池田 友美, 橋詰 香織, 八木 美菜, 上原 桂月, 建部 勝彦, 高橋 直子, 岩渕 三哉, 須貝 美佳

    第54回日本臨床細胞学会秋季大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 胞巣状軟部肉腫の一例

    須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 坂下 千明, 大橋 瑠子, 梅津 哉

    第29回関東臨床細胞学会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 大腸がんにおけるRAS 遺伝子変異検索の検討

    林 真也, 池田 友美, 橋詰 香織, 八木 美菜, 上原 桂月, 建部 勝彦, 高橋 直子, 須貝 美佳

    平成27年度(第4回)北日本支部医学検査学会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上部尿路上皮癌と膀胱癌~尿中異型細胞の比較検討~

    須貝 美佳, 高橋 加奈絵, 池亀 央嗣, 坂下 千明, 大橋 瑠子, 梅津 哉

    第32回新潟県臨床細胞学会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるEUS-FNA標本作製の実際 ~細胞検査士立ち会いの意義~

    須貝美佳

    第12回甲信越 胆・膵内視鏡フォーラム  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨髄細胞新診でパルボウイルス感染が疑われた一例

    高橋加奈絵, 須貝美佳, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津哉

    第31回新潟県臨床細胞学会学術集会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EUS-FNA施行時の臨床医と細胞検査士のあり方

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津哉

    第63回日本医学検査学会  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膵腫瘤におけるEUS-FNA施行時の臨床医と細胞検査士のあり方

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津

    第52回日本臨床細胞学会秋期大会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 膵腫瘤におけるEUS-FNAの実際

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津哉

    第30回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 尿路上皮系腫瘍における異型度判定の検討

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 坂下千明, 梅津哉

    第29回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 集検にて発見された肺門部早期扁平上皮癌の一例

    池亀央嗣, 須貝美佳, 高橋加奈絵, 坂下千明, 梅津哉, 島垣二佳子, 井上博子, 阿部美香

    第29回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるEUS-FNA の実際

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 横山明彩美, 梅津哉

    第50回日本臨床細胞学会秋期大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院におけるEUS-FNA、EBUS の実際

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 横山明彩美, 梅津哉

    第28回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Intraductalpapillary neoplasm (IPMN)の細胞像

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 梅津哉

    第27回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮内膜細胞診で診断しえた卵巣 Serous papillary tumor の一例

    高橋加奈絵, 須貝美佳, 池亀央嗣, 梅津哉

    第27回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における膵液および膵管ブラッシング細胞診標本でのIPMN の検討

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 内藤眞, 梅津哉

    第51回日本臨床細胞学会総会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 原発巣推定におけるHepatocyte nuclear factor 4αの有用性 ~細胞診での検討を中心に~

    須貝美佳, 梅津哉, 姜淑英, 内藤眞

    平成22年度病理研究会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における骨軟部腫瘍吸引細胞診と組織診との比較

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 梅津哉

    第26回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎癌における Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α)の発現

    須貝美佳, 梅津哉, 姜淑英, 内藤眞

    第98回病理学会総会示説  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 腹水に腫瘍細胞を認めたSteroid cell tumor ,not other specified (NOS) of ovary の1例

    高橋加奈絵, 須貝美佳, 池亀央嗣, 梅津哉

    第26回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 悪性顆粒細胞腫の2例 ~良悪性の鑑別の可能性~

    須貝美佳, 高橋加奈絵, 梅津哉

    第47回日本臨床細胞学会秋期大会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 卵巣腫瘍におけるHepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α)の発現と組織型推定の可能性

    須貝美佳, 梅津哉, 姜淑英, 山本尚, 内藤眞

    第97回日本病理学会総会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中皮腫の一例

    高橋加奈絵, 須貝美佳, 梅津哉

    第25回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α) を用いた卵巣腫瘍の組織型推定について

    須貝美佳, 梅津哉, 姜淑英, 山本尚, 内藤眞

    平成20年度病理研究会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α) の発現による卵巣腫瘍組織型推定の可能性

    須貝美佳, 梅津哉, 高橋加奈絵, 山本尚, 内藤眞

    第46回日本臨床細胞学会秋期大会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中皮細胞と腫瘍細胞の鑑別における Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α) の有用性

    須貝美佳, 梅津哉, 高橋加奈絵, 山本尚, 内藤眞

    第21回日本臨床細胞学会関東連合会学術集会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α)の発現~細胞診標本での原発巣推定の可能性~

    須貝美佳, 梅津哉, 高橋加奈絵, 山本尚, 内藤眞

    第24回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Histological analyses of Granular cell tumor of soft tissue

    須貝美佳, 梅津哉, 高橋加奈絵, 池亀央嗣, 児玉純子, 生越章, 堀田哲夫, 守田哲郎, 畠野宏史, 大塚寛

    第39回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Hepatocyte nuclearfactor4α(HNF4α) による原発巣推定への可能性

    須貝美佳, 渡辺徹, 岩渕三哉, 梅津哉, 内藤眞

    第47回日本臨床細胞学会総会  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Spindle cell lipomaの一例

    須貝美佳, 渡辺徹, 岩渕三哉, 梅津哉

    第23回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎癌における Hepatocyte nuclear factor 4α(HNF4α)の発現に関する免疫組織学的研究

    須貝美佳, 梅津哉, 姜淑英, 内藤眞

    第95回日本病理学会総会  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Intra vascular lymphomatosis の2例~末梢血細胞診の有用性

    須貝美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第37回日本臨床細胞学会秋期大会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 積極的肺部分切除を試みた肺腺癌44例の検討

    江村巌, 渡辺徹, 須貝美佳

    第37回日本臨床細胞学会秋期大会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Szanto等のHistologic Gradingと対比したAdenoid cystic carcinomaの細胞像

    須貝美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第15回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surface Syncytial Change(SSC)の細胞像

    渡辺徹, 須貝美佳, 江村巌, 内藤眞

    第36回日本臨床細胞学会秋期大会  1997年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Primary serous papillary adenocarcinoma of the peritoney の一例

    須貝美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第14回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 診断に苦慮した子宮体部癌の検討

    須貝美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第11回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1994年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Malignant progression の過程で観察される白血病細胞のDNA量の推移と形態変化および治療抵抗性白血病細胞の特徴

    江村巌, 渡辺徹, 須貝美佳

    第11回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1994年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 類上皮肉腫の2例-潰瘍面の洗浄細胞診及び擦過面での検討

    須貝美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第35回日本臨床細胞学会総会  1994年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 低分化型子宮頸部腺癌の4例

    福田剛明, 上島朋子, 内藤眞, 江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳, 児玉省二

    第32回日本臨床細胞学会秋期大会  1993年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 髄膜播種を来した子宮頸部腺癌の一例

    上島朋子, 福田剛明, 内藤眞, 江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳, 児玉省二

    第32回日本臨床細胞学会秋期大会  1993年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Well differentiated lipoma-like liposarcomaの2例

    江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳, 内藤眞

    第32回日本臨床細胞学会秋期大会  1993年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 子宮頸部の spindle cell carcinoma の一例

    福田剛明, 上島朋子, 江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳, 児玉省二

    第34回日本臨床細胞学会総会  1993年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • MDSにおける巨核球系細胞の形態異常

    江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳

    第10回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1993年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮頸部擦過スメア―で発見された卵管采上皮内癌の一例

    白浜美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第10回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1993年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 偏光レンズによる肺扁平上皮癌の検討

    江村巌, 渡辺徹, 白浜美佳

    第33回日本臨床細胞学会総会  1992年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 偏光レンズによる子宮膣部扁平上皮癌の検討

    白浜美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第33回日本臨床細胞学会総会  1992年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 偏光レンズを使った角化型扁平上皮癌診断の試み②

    渡辺徹, 白浜美佳, 江村巌

    第9回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1992年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 偏光レンズを使った角化型扁平上皮癌診断の試み①

    白浜美佳, 渡辺徹, 江村巌

    第9回日本臨床細胞学会新潟支部学術集会  1992年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 病理形態学I

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床生理学概論

    2018年12月
    -
    現在
    機関名:新潟医療技術専門学校

     詳細を見る

  • 臨床検査管理概論

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

    researchmap

  • 病態病理検査学実習

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 細胞診実習

    2015年1月
    -
    現在
    機関名:新潟医療技術専門学校

     詳細を見る

  • 医療英語(検査)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語(検査)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特別研究(検査技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床検査管理概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床検査実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 臨床検査管理概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学検査管理総論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語(検査)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 細胞検査学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 病理形態学実習Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 細胞検査学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 病態病理検査科学特講

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生活習慣と健康

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学総合

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人体機能構造学I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病態病理検査科学特講演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ケアの基本理念と実際

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病理形態学Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病理形態学Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ (検査)

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学特別研究(検査技術科学)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医療安全管理学

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 病態病理検査学特論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病態病理検査学実習

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病態病理検査科学特講演習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 医療英語(検査)

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医学検査管理総論

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床検査実習

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床検査管理概論

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病理形態学実習Ⅰ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 病理形態学実習Ⅱ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 細胞検査学実習

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示