2021/05/15 更新

写真a

カミムラ ナツオ
上村 夏生
KAMIMURA Natsuo
所属
医歯学総合病院 高次救命災害治療センター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2020年3月   新潟大学 )

  • 学士(医学) ( 2013年3月   佐賀大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   助教

    2020年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2015年4月 - 2020年3月

 

論文

  • Lactate indices as predictors of in-hospital mortality or 90-day survival after admission to an intensive care unit in unselected critically ill patients. 国際誌

    Yusuke Hayashi, Hiroshi Endoh, Natuo Kamimura, Taro Tamakawa, Masakazu Nitta

    PloS one15 ( 3 ) e0229135   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We performed an exclusive study to investigate the associations between a total of 23 lactate-related indices during the first 24h in an intensive care unit (ICU) and in-hospital mortality. METHODS: Nine static and 14 dynamic lactate indices, including changes in lactate concentrations (Δ Lac) and slope (linear regression coefficient), were calculated from individual critically ill patient data extracted from the Multiparameter Intelligent Monitoring for Intensive Care (MIMIC) III database. RESULTS: Data from a total of 781 ICU patients were extracted, consisted of 523 survivors and 258 non-survivors. The in-hospital mortality rate for this cohort was 33.0%. A multivariate logistic regression model identified maximal lactate concentration at 24h after ICU admission (max lactate at T24) as a significant predictor of in-hospital mortality (odds ratio = 1.431, 95% confidence interval [CI] = 1.278-1.604, p<0.001) after adjusting for predefined confounders (age, gender, sepsis, Elixhauser comorbidity score, mechanical ventilation, renal replacement therapy, vasopressors, ICU severity scores). Area under curve (AUC) for max lactate at T24 was larger (AUC = 0.776, 95% CI = 0.740-0.812) than other indices (p<0.001), comparable to an APACHE III score of 0.771. When combining max lactate at T24 with APACHE III, the AUC was increased to 0.815 (95% CI:0.783-0.847). The sensitivity, specificity, and positive and negative predictive values for the cut-off value of 3.05 mmol/L were 64.3%, 77.4%, 58.5%, and 81.5%, respectively. Kaplan-Myer survival curves of the max lactate at T24 for 90-day survival after admission to ICU demonstrated a significant difference according to the cut-off value (p<0.001). CONCLUSIONS: These data indicate that the maximal arterial lactate concentration at T24 is a robust predictor of in-hospital mortality as well as 90-day survival in unselected ICU patients with predictive ability as comparable with APACHE III score.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0229135

    PubMed

    researchmap

  • A case of diffuse alveolar hemorrhage following synthetic cathinone inhalation. 国際誌

    Masakazu Nitta, Taro Tamakawa, Natsuo Kamimura, Tadayuki Honda, Hiroshi Endoh

    World journal of emergency medicine11 ( 3 ) 182 - 184   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5847/wjem.j.1920-8642.2020.03.009

    PubMed

    researchmap

  • Early prognostication of neurological outcome by heart rate variability in adult patients with out-of-hospital sudden cardiac arrest. 国際誌

    Hiroshi Endoh, Natuo Kamimura, Hiroyuki Honda, Masakazu Nitta

    Critical care (London, England)23 ( 1 ) 323 - 323   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Most deaths of comatose survivors of out-of-hospital sudden cardiac arrest result from withdrawal of life-sustaining treatment (WLST) decisions based on poor neurological prognostication and the family's intention. Thus, accurate prognostication is crucial to avoid premature WLST decisions. However, targeted temperature management (TTM) with sedation or neuromuscular blockade against shivering significantly affects early prognostication. In this study, we investigated whether heart rate variability (HRV) analysis could prognosticate poor neurological outcome in comatose patients undergoing hypothermic TTM. METHODS: Between January 2015 and December 2017, adult patients with out-of-hospital sudden cardiac arrest, successfully resuscitated in the emergency department and admitted to the intensive care unit of the Niigata University in Japan, were prospectively included. All patients had an initial Glasgow Coma Scale motor score of 1 and received hypothermic TTM (at 34 °C). Twenty HRV-related variables (deceleration capacity; 4 time-, 3 geometric-, and 7 frequency-domain; and 5 complexity variables) were computed based on RR intervals between 0:00 and 8:00 am within 24 h after return of spontaneous circulation (ROSC). Based on Glasgow Outcome Scale (GOS) at 2 weeks after ROSC, patients were divided into good outcome (GOS 1-2) and poor outcome (GOS 3-5) groups. RESULTS: Seventy-six patients were recruited and allocated to the good (n = 22) or poor (n = 54) outcome groups. Of the 20 HRV-related variables, ln very-low frequency (ln VLF) power, detrended fluctuation analysis (DFA) (α1), and multiscale entropy (MSE) index significantly differed between the groups (p = 0.001), with a statistically significant odds ratio (OR) by univariate logistic regression analysis (p = 0.001). Multivariate logistic regression analysis of the 3 variables identified ln VLF power and DFA (α1) as significant predictors for poor outcome (OR = 0.436, p = 0.006 and OR = 0.709, p = 0.024, respectively). The area under the receiver operating characteristic curve for ln VLF power and DFA (α1) in predicting poor outcome was 0.84 and 0.82, respectively. In addition, the minimum value of ln VLF power or DFA (α1) for the good outcome group predicted poor outcome with sensitivity = 61% and specificity = 100%. CONCLUSIONS: The present data indicate that HRV analysis could be useful for prognostication for comatose patients during hypothermic TTM.

    DOI: 10.1186/s13054-019-2603-6

    PubMed

    researchmap

MISC

  • VV-ECMOを含めた集学的治療で救命しえた小児インフルエンザ肺炎の一例

    玉川 大朗, 上村 夏生, 星野 芳史, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸

    日本救急医学会雑誌31 ( 11 ) 2141 - 2141   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 当救命センター・ICUにおける超高齢患者の臨床的特徴とACPに関する調査

    上村 夏生, 玉川 大朗, 渡邊 要, 林 悠介, 新田 正和, 本多 忠幸

    日本救急医学会雑誌31 ( 11 ) 2266 - 2266   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 気管挿管時の筋弛緩薬単回投与が呼吸管理に与える影響 傾向スコア法による比較

    本田 博之, 松井 亨, 清水 大喜, 吉澤 和孝, 上村 夏生, 星野 芳史, 肥田 誠治, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌27 ( Suppl. ) 454 - 454   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 心拍変動の複雑性とICU重症度スコアの負相関

    遠藤 裕, 上村 夏生, 玉川 太朗, 新田 正和, 本田 博之

    日本集中治療医学会雑誌27 ( Suppl. ) 459 - 459   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 外傷患者におけるHeparin-Binding Protein(HBP)の初期反応 HBP、インターロイキン(IL)-6、IL-10との比較

    上村 夏生

    新潟医学会雑誌134 ( 2 ) 53 - 60   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】Heparin-Binding Protein(HBP)は、敗血症患者の臓器障害を予測するバイオマーカーとして報告されている。本研究ではHBP、インターロイキン(IL)-6、およびIL-10が集中治療および外傷の重症度スコアと相関するかどうかを評価し、感染を伴わない外傷患者の臓器障害を早期に予測し得るか検討した。【方法】2017年6月から2018年4月の間に当院救命救急センターに入院した成人の外傷患者を対象とし、前向き観察単施設研究を行った。入院後24時間以内に、バイオマーカーとして、血中HBP、IL-6、IL-10の濃度を同時に測定し、入院日Acute Physiology and Chronic Health Score II(APACHE II)スコア、入院日Sequential Organ Failure Assessment(SOFA)スコア、及びInjury Severity Score(ISS)との、相関係数と線形回帰係数を算出した。また、入院2日目のSOFAスコア>5点の場合を臓器障害有りと判定、各バイオマーカーによる臓器障害の予測能を評価した。【結果】40例の患者が対象となった。HBP、IL-6、IL-10とAPACHE II、入院日SOFA、ISSとの間には有意な正の相関と回帰係数を認めた。臓器障害は6/40人に認め、HBP、IL-6、IL-10のReceiver Operating Characteristic curve(ROC)の曲線下面積は、それぞれ0.80、0.90、0.80だった。HBPによる臓器障害の予測能は、カットオフ値18.3(ng/mL)で、感度=100%、特異度=64.7%だった。同様に、IL-6はカットオフ値42.9(pg/mL)で、感度=100%、特異度=80.6%、IL-10はカットオフ値11.9(pg/mL)で、感度=100%、特異度=70.6%だった。【結論】外傷患者において、入院24時間以内のHBP、IL-6、IL-10と集中治療及び外傷の重症度スコア間に有意な正相関を認めた。更に、HBPやIL-6の測定により、外傷患者の臓器障害の発生を早期に予測し得ることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 東部ドクターヘリにおける産科関連対応事例の検討

    本多 忠幸, 上村 夏生, 渡邉 要, 林 悠介, 遠藤 裕

    日本航空医療学会雑誌20 ( 2 ) 111 - 111   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • インフルエンザ関連肺炎から心肺停止に至った2例の報告

    上村 夏生, 玉川 太朗, 渡邊 要, 林 悠介, 星野 芳史, 肥田 誠治, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌30 ( 9 ) 801 - 801   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 両大腿骨骨幹部骨折に対して即時髄内釘を施行した1例 分節骨折に対する術中工夫

    渡邊 要, 上村 夏生, 林 悠介, 普久原 朝海, 星野 芳史, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌30 ( 9 ) 820 - 820   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • グルコースおよびインスリン投与の有効性が示唆されたカルシウム拮抗薬中毒の一例

    戸田 遼, 上村 夏生, 星野 芳史, 新田 正和, 本田 博之, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集33回   87 - 87   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • 2018年度当院救命センターに入院したインフルエンザ患者のまとめ

    上村 夏生, 玉川 大朗, 林 悠介, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集33回   83 - 83   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • 自然気管破裂患者の気管裂傷部に二腔チューブが迷入した1症例

    清水 大喜, 上村 夏生, 清野 豊, 馬場 洋, 小池 輝元, 土田 正則

    臨床麻酔43 ( 5 ) 693 - 696   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:真興交易(株)医書出版部  

    非常に稀な自然気管破裂の1症例を経験した。症例は85歳の女性で、高度肥満、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、関節リウマチの現病歴があり、ステロイド治療中であった。外傷などの誘因なく背部痛、呼吸困難が出現し、気管支鏡で分岐部直上の気管破裂を認めた。手術のために挿管された二腔チューブが、気管裂傷部に迷入し、換気困難になった。体外式膜型人工肺を使用して、手術を完遂し、治療を継続したが死亡した。(著者抄録)

    researchmap

  • 経皮的穿刺で起炎菌を同定し、保存的に治療を行った感染性大動脈瘤の2症例

    清水 大喜, 上村 夏生, 間 崇史, 遠藤 裕, 岡本 竹司, 名村 理

    臨床麻酔43 ( 4 ) 565 - 568   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:真興交易(株)医書出版部  

    経皮的穿刺で起炎菌を同定し、保存的に治療した感染性大動脈瘤の2症例を経験した。2症例ともコンピュータ断層撮影(computed tomography:CT)と血液検査で感染性大動脈瘤が疑われたが血液培養は陰性であった。抗菌薬の効果は不良であったため、症例1はリアルタイムCT透視ガイドで、症例2は超音波ガイドでの経皮的膿瘍穿刺を行った。2症例とも、起炎菌が同定され、保存的治療を行った。(著者抄録)

    researchmap

  • 左母指、両下腿轢断の1例

    渡邊 要, 上村 夏生, 林 悠介, 星野 芳史, 本田 博之, 普久原 朝海, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌29 ( 10 ) 588 - 588   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • ビッグデータを用いた救急医学研究 MIMIC-IIIを用いた敗血症における乳酸クリアランスと転帰との関係

    遠藤 裕, 林 悠介, 上村 夏生, 間 崇史, 渡邊 要, 星野 芳史, 本田 博之, 本多 忠幸, 新田 正和

    日本救急医学会雑誌29 ( 10 ) 380 - 380   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 地域医療を支えるドクターヘリ

    本多 忠幸, 上村 夏生, 間 崇史, 渡邊 要, 林 悠介, 長谷川 聡, 木下 秀則, 遠藤 裕

    日本航空医療学会雑誌19 ( 2 ) 202 - 202   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • 新潟県ドクターヘリ事業における連携体制について

    本多 忠幸, 上村 夏生, 間 崇史, 渡邉 要, 林 悠介, 宮島 衛, 木下 秀則, 江部 克也, 遠藤 裕

    日本航空医療学会雑誌19 ( 2 ) 179 - 179   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • 新潟東部ドクターヘリにおける高齢者出動例の検討

    遠藤 裕, 上村 夏生, 間 崇志, 渡辺 要, 林 悠介, 本多 忠幸, 本間 宙, 長谷川 聡, 木下 秀則

    日本航空医療学会雑誌19 ( 2 ) 97 - 97   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • 外傷患者におけるHeparin Binding Proteinと重症度との関連

    上村 夏生, 間 崇史, 渡邊 要, 星野 芳文, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌29 ( 10 ) 460 - 460   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 頸髄硬膜外血腫3例の経験

    本多 忠幸, 上村 夏生, 間 崇史, 渡邊 要, 星野 芳史, 普久原 朝海, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌29 ( 10 ) 614 - 614   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 人工呼吸開始時の動的肺コンプライアンスの有用性

    本田 博之, 上村 夏生, 間 崇史, 鈴木 友康, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌25 ( Suppl. ) [P69 - 7]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 当救命センターにおけるseptic shock症例での初期水分バランスと転帰との関係

    新田 正和, 上村 夏生, 間 崇史, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌25 ( Suppl. ) [O8 - 6]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 敗血症患者における24時間の整数心拍数のエントロピーとICU重症度スコアとの関連

    遠藤 裕, 上村 夏生, 間 崇史, 本多 忠幸, 岡部 康之, 新田 正和, 鈴木 康友, 本田 博之

    日本集中治療医学会雑誌25 ( Suppl. ) [O74 - 2]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 救急患者におけるHeparin Binding Proteinと臓器障害との関連

    上村 夏生, 永野 啓, 間 崇史, 林 悠介, 鈴木 友康, 星野 芳文, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌25 ( Suppl. ) [O56 - 7]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 繰り返す心停止を速やかな連携により救命した1例

    本多 忠幸, 上村 夏生, 林 悠介, 竹内 一郎, 遠藤 裕

    日本航空医療学会雑誌18 ( 2 ) 235 - 235   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • 新潟県ドクターヘリ2機体制と連携体制の構築

    遠藤 裕, 本多 忠幸, 上村 夏生, 間 崇史, 渡邊 要, 林 悠介, 本間 宙, 木下 秀則, 長谷川 聡, 江部 克也

    日本救急医学会雑誌28 ( 9 ) 589 - 589   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 産後弛緩出血による凝固障害に対し濃縮フィブリノゲン製剤を使用した2例

    上村 夏生, 渡邊 要, 林 悠介, 星野 芳史, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌28 ( 9 ) 727 - 727   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 壊死性筋膜炎の6例

    渡邊 要, 普久原 朝海, 上村 夏生, 林 悠介, 星野 芳史, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌28 ( 9 ) 721 - 721   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 当施設における熱傷初期輸液の実際

    新田 正和, 遠藤 裕, 星野 芳史, 渡邊 要, 上村 夏生

    日本救急医学会雑誌28 ( 9 ) 591 - 591   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • ICU緊急入室患者におけるqSOFAとSIRSの有用性の比較

    上村 夏生, 林 悠介, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集31回   87 - 87   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • カルシウム拮抗薬中毒による低血圧に対し塩化カルシウム投与が有効であった1例

    鴨田 知明, 上村 夏生, 林 悠介, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集31回   88 - 88   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • 心停止患者における自己心拍再開24時間以内の心拍変動解析による転帰予測

    遠藤 裕, 本多 忠幸, 新田 正和, 本田 博之, 星野 芳史, 上村 夏生, 林 悠介, 鈴木 友康

    日本集中治療医学会雑誌24 ( Suppl. ) DP68 - 5   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 農薬中毒症例での高アンモニア血症が臨床経過に与える影響の検討

    新田 正和, 本多 忠幸, 上村 夏生, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌24 ( Suppl. ) DP167 - 2   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • qSOFAはSepsisの早期診断に有用か?

    上村 夏生, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌24 ( Suppl. ) FP - 100   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • ドクターヘリ現場出動における現場直近と医師派遣の背景因子

    遠藤 裕, 本多 忠幸, 林 悠介, 渡辺 要, 普久原 朝海, 上村 夏生, 木下 秀則, 長谷川 聡, 江部 克也, 竹内 一郎, 本間 宙

    日本航空医療学会雑誌17 ( 2 ) 164 - 164   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本航空医療学会  

    researchmap

  • 急性カフェイン中毒の4例報告

    上村 夏生, 星野 芳史, 渡辺 要, 岡部 康之, 林 悠介, 普久原 朝海, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌27 ( 9 ) 506 - 506   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 新潟県における救急搬送・受入れの実施基準の運用状況と問題点

    本多 忠幸, 林 悠介, 上村 夏生, 渡辺 要, 星野 芳史, 普久原 朝海, 新田 正和, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌27 ( 9 ) 482 - 482   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 当院における腹部刺創22例の検討

    滝沢 一泰, 林 悠介, 本田 博之, 柳川 貴央, 上村 夏生, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌27 ( 9 ) 457 - 457   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • キョウチクトウ中毒の1例

    渡邊 要, 上村 夏生, 林 悠介, 普久原 朝海, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌27 ( 9 ) 612 - 612   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 重症カフェイン中毒に対し血液透析が有効であった一例

    上村 夏生, 林 悠介, 鈴木 友康, 青木 信将, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    中毒研究29 ( 2 ) 193 - 193   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 当施設における農薬中毒35例の検討

    新田 正和, 本多 忠幸, 本田 博之, 青木 信将, 林 悠介, 鈴木 友康, 星野 芳史, 渡邊 要, 上村 夏生, 遠藤 裕

    中毒研究29 ( 2 ) 225 - 225   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 危険ドラッグ吸入によりびまん性肺胞出血(DAH)をきたした1例

    竹内 亮, 熊木 隆之, 小田 知友美, 上村 夏生, 青木 信将, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    中毒研究29 ( 2 ) 198 - 198   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 当院における緊急大量輸血の予測式採用に関する調査

    上村 夏生, 林 悠介, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集30回   83 - 83   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • 従量式換気と従圧式換気はどのように選択されているか

    本田 博之, 上村 夏生, 鈴木 友康, 青木 信将, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌23 ( Suppl. ) 396 - 396   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 敗血症における心拍変動のDeceleration CapacityとAcceleration Capacityを用いた重症度と転帰予測

    遠藤 裕, 岡部 康之, 上村 夏生, 新田 正和, 林 悠介, 渡邊 要, 本多 忠幸, 本田 博之

    日本集中治療医学会雑誌23 ( Suppl. ) 646 - 646   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • Capnocytophaga感染症による電撃性紫斑病の一例

    上村 夏生, 鈴木 友康, 青木 信将, 本田 博之, 岡部 康之, 林 悠介, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌23 ( Suppl. ) 569 - 569   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 当院救急外来におけるABO異型適合血輸血施行症例の検討

    新田 正和, 本多 忠幸, 本田 博之, 青木 信将, 林 悠介, 上村 夏生, 遠藤 裕

    日本集中治療医学会雑誌23 ( Suppl. ) 567 - 567   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 心拍変動のdeceleration capacityによる蘇生後脳症の早期の転帰予測

    遠藤 裕, 上村 夏生, 普久原 朝海, 渡邊 要, 本多 忠幸, 林 悠介, 新田 正和, 本田 博之

    日本救急医学会雑誌26 ( 8 ) 358 - 358   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 当院における偶発性低体温症の検討

    本多 忠幸, 上村 夏生, 渡邊 要, 林 悠介, 三浦 宏平, 青木 信将, 本田 博之, 普久原 朝海, 新田 正和, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌26 ( 8 ) 498 - 498   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 外傷性凝固障害による大量出血に濃縮フィブリノゲン製剤を使用した3例

    上村 夏生, 渡邊 要, 林 悠介, 普久原 朝海, 本田 博之, 新田 正和, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    日本救急医学会雑誌26 ( 8 ) 379 - 379   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の経過中に心外膜炎を発症した1例

    上村 夏生, 林 悠介, 鈴木 友康, 大橋 さとみ, 新田 正和, 山口 征吾, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集28回   76 - 76   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北救急医学会  

    researchmap

  • 原発性胆汁性肝硬変の経過中に筋炎・II型呼吸不全・不整脈を呈した1例

    上村 夏生, 黒川 允, 鈴木 涼子, 森山 寛史, 各務 博, 高田 俊範, 成田 一衛, 鈴木 栄一, 石原 智彦, 春日 健作, 河内 泉, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌128 ( 6 ) 281 - 281   2014年6月

▶ 全件表示