2022/12/01 更新

写真a

ムラカミ レイコ
村上 玲子
MURAKAMI Reiko
所属
医歯学総合研究科 特任准教授
職名
特任准教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2009年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 小児整形外科

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任准教授

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   助教

    2015年6月 - 2022年3月

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Drehmann Sign and Femoro-acetabular Impingement in SCFE 査読

    Makoto Kamegaya, Takashi Saisu, Junichi Nakamura, Reiko Murakami, Yuko Segawa, Masanori Wakou

    JOURNAL OF PEDIATRIC ORTHOPAEDICS   31 ( 8 )   853 - 857   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Background: Drehmann sign is a characteristic clinical feature in slipped capital femoral epiphysis (SCFE). The presence of SCFE indicates an anatomic change of the proximal femur, which induces obligatory hip external rotation with hip flexion. In contrast, a cam-type femoro-acetabular impingement (FAI) is well known as sequelae of SCFE. The purpose of this study was to clarify the relationship between Drehmann sign and radiologic FAI.
    Methods: We studied 92 hips of 80 SCFE patients who had been treated with in situ fixation. The occurrence rate of Drehmann sign was analyzed according to the degree of remodeling (the Jones classification) and the radiologic alpha-angle measured in each class at the final follow-up. At a mean 12.2 years after the final follow-up, the patients' present condition was clinically investigated with a questionnaire using a part of the Harris Hip Rating Scale (HHRS). In addition, 3-dimensional computed tomography analysis was performed to clarify the anatomic relationship between the femoral head and the acetabulum during testing for Drehmann sign.
    Results: Among the 92 hips in the study, 60 were well remodeled (Jones type A), 24 were type B, and 8 were type C, with 6.5 years of mean follow-up. The mean of the modified alpha-angles for the 3 groups (A, B, and C) were 61.8, 84.7, and 119.4, respectively (P<0.05); 25%, 75%, and 100% of the hips in the 3 groups, respectively, exhibited Drehmann sign. The set of hips (n = 41) with a positive Drehmann sign had a mean alpha-angle of 85.6 versus 63.0 degrees for the set of hips (n = 51) with a negative Drehmann sign (P<0.05). Seven (13.5%) of 52 patients responding to the questionnaire reported hip pain and/or limp in the positive Drehmann sign group, but no patient in the negative sign group complained of either. Three-dimensional computed tomography delineated FAI at 2 different positions during testing for Drehmann sign.
    Conclusions: Drehmann sign is highly valuable for clinically evaluating the existence of FAI and for following up with observation or realignment to prevent early osteoarthritis.

    DOI: 10.1097/BPO.0b013e31822ed320

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Glucocorticoid Inhibits Bone Regeneration after Osteonecrosis of the Femoral Head in Aged Female Rats 査読

    Reiko Takano-Murakami, Kunihiko Tokunaga, Naoki Kondo, Tomoyuki Ito, Hiroshi Kitahara, Masayuki Ito, Naoto Endo

    TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   217 ( 1 )   51 - 58   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TOHOKU UNIV MEDICAL PRESS  

    Idiopathic osteonecrosis of the femoral head (ION) is a painful disease of the hip, the pathogenic mechanism of which is still unclear. The most common extraneous factor is steroid treatment. Steroids have inhibiting effects on bone formation and resorption. When bone regenerative treatments are indicated for ION patients who are exposed to steroids, we cannot ignore the effects of corticosteroid itself on bone healing. The aim of this study was to investigate the effects of glucocorticoid on bone regeneration after osteonecrosis of the femoral head in a rat model. Osteonecrosis was induced surgically on the left femoral heads of aged female rats (about 6 months old) on day 0. Methylprednisolone sodium succinate (MPSS) or normal saline was administrated at a dose of 100 mg/kg/day from day 7 to 11. Femoral heads were analyzed histologically. There were no pathological findings in the right femoral heads of the MPSS-treated and saline-treated rats, as control for the contralateral injury. The newly formed bone volume and the osteoclast number were significantly smaller in the MPSS-treated group. The normal bone marrow was regenerated in the saline-treated group, whereas most of the bone marrow space still contained fibroblast-like spindle-shaped cells in the MPSS-treated group on day 42. Alkaline phosphatase-positive cells were only seen in the areas around the regenerated bone marrow cavities. Thus, MPSS inhibits bone formation by suppressing osteoblast proliferation and resorption by suppressing the recruitment of osteoclast precursors. These findings may be useful when designing treatments for ION patients exposed to steroids.

    DOI: 10.1620/tjem.217.51

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • High dose glucocorticoid hampers bone formation and resorption after bone marrow ablation in rat 査読

    Naoki Kondo, Kunihiko Tokunaga, Tomoyuki Ito, Katsumitsu Arai, Norio Amizuka, Li Minqi, Hiroshi Kitahara, Masayuki Ito, Makoto Naito, Jiang Shu-Ying, Kimimitsu Oda, Takehiro Murai, Reiko Takano, Akira Ogose, Naoto Endo

    MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE   69 ( 10 )   839 - 846   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    We analyzed the effect of glucocorticoid on bone regeneration after bone marrow ablation in tibiae of 8-week-old rats. Methylprednisolone sodium succinate (MPSS) was injected intramuscularly at a dose of 100 mg/kg/day for 3 days. Tibiae on days 1, 3, 5, 7, 10, 12, and 14 after ablation were subjected to tartrate-resistant acid phosphatase staining, immunohistochemistry, in situ hybridization, and transmission electron microscopy (TEM), and measurement of the volume of newly-formed bone and the osteoclast number. MPSS significantly decreased the newly-formed bone volume on day 7, and immature bone still remained on day 10 in the MPSS-treated group. The volume of this bone was significantly higher than that in the control group. However, there were no differences between the groups in the osteoclast number, the expression of mRNAs for osteoblast differentiation markers, and alkaline phosphatase and cathepsin K judged by immunohistochemistry. TEM findings showed no difference in the form of osteoblasts, whereas osteoclasts in the MPSS-treated group had less developed ruffled borders, compared to those in the control group. These results suggest that MPSS treatment affects neither the differentiation nor the shape of osteoblasts, and does not change the osteoclast number or the cathepsin K level. However, high dose MPSS inhibits both bone formation and resorption during bone regeneration after rat tibial bone marrow ablation, and inhibits ruffled border formation in osteoclasts. These data will be useful to develop bone regenerative therapies for bone diseases due to high dose steroid administration.

    DOI: 10.1002/jemt.20355

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

MISC

  • 新潟市における近年の股関節脱臼例の疫学調査

    村上 玲子, 遠藤 直人, 高橋 牧, 畠山 征也, 渡辺 研二, 本間 政文, 榮森 景子, 北原 洋

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   164 - 164   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 小児下肢骨折・骨端線損傷の治療 小児大腿骨骨折の4例

    渡邊 要, 普久原 朝海, 村上 玲子, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   61 ( 1 )   149 - 149   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • (1)諸外国の検診体制の現状,(2)新潟市がどうやって検診体制を構築したのか

    村上玲子

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S390   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Salter骨盤骨切り術後の成長時臼蓋角は予測できるか

    榮森景子, 村上玲子, 高橋牧, 畠山征也, 本間政文, 伊賀敏朗

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S91 - S91   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脱臼歴のない遺残した臼蓋形成不全に対するSalter骨盤骨切り術の長期成績

    高橋牧, 村上玲子, 榮森景子, 畠山征也, 本間政文, 伊賀敏朗

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S90 - S90   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学の現状と取り組み

    村上玲子

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S94   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乳児期の股関節脱臼を見逃さないために 諸外国の検診体制の現状 新潟市がどうやって検診体制を構築したのか

    村上 玲子

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S390 - S390   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 女性整形外科医の勤務実状と勤務環境改善に向けて 新潟大学の現状と取り組み

    村上 玲子

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S94 - S94   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 新潟県内の乳児股関節検診~啓発活動でどう変わったか

    村上玲子, 犬飼友哉, 遠藤直人

    新潟整形外科研究会会誌   33 ( 2 )   112 - 112   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 整形外科外来で注意すべき小児の臨床所見 斜頚の診断―筋性斜頚以外の原因疾患

    村上玲子

    Monthly Book Orthopaedics   30 ( 13 )   39‐46   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ソルター骨盤骨切り術後の臼蓋角は予測できるか

    榮森景子, 高橋牧, 村上玲子, 畠山征也, 内山政二, 高橋美徳

    日本小児整形外科学会雑誌   26 ( 3 )   S78   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 観血的治療を施行した筋性斜頸再発の2例

    村上玲子, 関本浩之, 遠藤直人

    日本小児整形外科学会雑誌   26 ( 3 )   S135   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【整形外科外来で注意すべき小児の臨床所見】 斜頸の診断 筋性斜頸以外の原因疾患

    村上 玲子

    Orthopaedics   30 ( 13 )   39 - 46   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    斜頸を主訴に小児整形外科外来を訪れる原因疾患で最多なのは先天性筋性斜頸だが、それ以外の疾患が原因になっていることも稀ではない。その場合、鑑別診断をすすめ原因疾患を確定する必要がある。本稿では筋性斜頸以外に斜頸を呈する疾患の臨床所見を中心に述べる。斜頸は先天性と後天性に分けられ、前者は筋性、骨性、眼性、後者は外傷性、炎症性、痙性、腫瘍性、靱帯弛緩性、その他など多彩な原因が考えられ、原因疾患は多岐にわたる。疼痛やその他の症状の有無、契機、既往歴、臨床所見などが鑑別のヒントになる。疑わなければ確定診断に至るまでに時間を要してしまう疾患もあり治療開始時期を遅らせかねないため、様々な可能性を考えて診察し、鑑別を進めて確定診断することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 下肢変形に対しguided growth法を行った脊椎骨幹端異形成症Sutcliffe型の1例

    村上玲子, 遠藤直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 10 )   747 - 747   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 本邦初となるRhizomelic chondrodysplasia punctata type 2の女児例

    入月 浩美, 長崎 啓祐, 村上 玲子, 柴田 奈央, 佐々木 直, 小川 洋平, 才津 浩智, 西村 玄, 高島 茂雄, 下澤 伸行

    日本先天代謝異常学会雑誌   33   175 - 175   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本先天代謝異常学会  

    researchmap

  • 新潟市における発育性股関節形成不全発生率の推移(1975〜2013年度)

    村上 玲子, 高橋 牧, 渡邉 研二, 本間 政文, 榮森 景子, 畠山 征也, 遠藤 直人

    日本小児整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   1 - 5   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    新潟市では、1971年度から乳児股関節検診を開始し、2002年度には評価法を単純X線から超音波検査に変更して継続している。本研究では、検診結果を把握可能であった1975〜2013年度について、検診受診率と発育性股関節形成不全の発生率を調査した。検診受診率は、超音波検査を導入すると50%台から80%台へ急増し、2013年度には94.8%まで増加していた。脱臼発生率は、1980年代後半までに約1%から0.1%へと著減したまま推移していたが、2000年代後半より減少傾向にあり、直近4年間は平均0.04%だった。先股脱予防運動実施後に亜脱臼発生率は半減していたが、寛骨臼形成不全発生率には変化がなかった。近年の脱臼発生率は、政令指定都市で高い受診率の人数から得られ、超音波検査による一次検診後の再検結果に基づくことから、本研究の結果は正確な数値が反映された重要なデータであると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 小児大腿骨骨折に対する治療の小経験

    大渓 一孝, 村上 玲子, 普久原 朝海, 渡辺 要, 遠藤 直人, 堂前 洋一郎

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   239 - 239   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 乳児股関節検診を契機に診断された亜脱臼・寛骨臼形成不全例の自然経過

    村上 玲子, 宮坂 大, 遠藤 直人, 高橋 牧, 畠山 征也

    東北整形災害外科学会雑誌   60 ( 1 )   237 - 238   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 地域連携によりリハビリテーションを継続し,在宅復帰できた重症熱傷の一例

    坂野周平, 張替徹, 張替徹, 野本規絵, 田畑智, 村上玲子, 志田香奈子, 高橋雄樹, 田中亮介, 加藤諄一, 上路拓美, 木村慎二, 遠藤直人

    Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54 ( Supplement )   S1608(J‐STAGE) - P2K   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本リハビリテーション医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児大腿骨骨折の4例

    渡邊要, 普久原朝海, 村上玲子, 遠藤直人

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   114th   56   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟市における近年の股関節脱臼例の疫学調査

    村上玲子, 高橋牧, 渡辺研二, 本間政文, 榮森景子, 北原洋, 畠山征也, 遠藤直人

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   114th   78   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟県内の乳児股関節一次健診の現状―啓発活動によりどう変わったか

    村上玲子, 犬飼友哉, 遠藤直人

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 3 )   S53   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高次救命災害治療センターにおける専任PT体制開始前後でのリハビリテーション実施状況の報告

    加藤諄一, 村上玲子, 坂野周平, 佐藤三奈希, 清野健二, 上路拓美, 張替徹, 本田博之, 木村慎二, 遠藤直人

    新潟県理学療法士学会学会誌   25th   47   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生後3か月未満でリーメンビューゲル装具を装着した股関節脱臼例の治療成績

    村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人, 高橋牧, 畠山征也, 本間政文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 1 )   11‐15   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹部開放創を有し長期人工呼吸器管理を必要とした新生児への呼吸リハビリテーション介入の一症例

    韮澤紀文, 荒井勇樹, 木村慎二, 村上玲子, 上路拓美, 窪田正幸

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   26 ( Suppl. )   242s - 242s   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生後3ヵ月未満でリーメンビューゲル装具を装着した股関節脱臼例の治療成績

    村上 玲子, 宮坂 大, 遠藤 直人, 高橋 牧, 畠山 征也, 本間 政文

    日本小児整形外科学会雑誌   25 ( 1 )   11 - 15   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    本邦では、股関節脱臼例に対するリーメンビューゲル装具(以下、RB)の装着は、生後3ヵ月以降に開始するとの意見が多いが、欧米ではそれよりも早期からの装着が推奨されている。本研究では生後3ヵ月未満でRB装着を開始した症例の背景や脱臼整復率、大腿骨頭壊死(Avascular Necrosis of Femoral Head:以下、AN)の頻度を調査することを目的とした。1986〜2000年度に生後3ヵ月未満にRBの装着を開始した26例27股について診療録と画像により調査した。脱臼発見の契機は42.3%が整形外科医師による診察で、70°以下の開排制限は51.9%、Ortolani click sign陽性は92%であった。RBによる脱臼整復率は、92.6%と高かった。成長終了まで経過観察し得た12例13股のAN発生率は、患側の38.5%、健側の16.7%で、内訳はKalamchi-MacEwen分類のグループ2が4例6股、グループ3が1例1股だった。生後3ヵ月未満でRB装着を開始する場合でも、ANを生じないよう十分な予防策を講じるべきと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 乳児超音波検診で亜脱臼・寛骨臼形成不全と診断された股関節の自然経過

    村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人, 高橋牧, 畠山征也

    Hip Joint   42 ( 1 )   12‐17 - 17   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    2002年〜2003年度に乳児股関節検診の2次検診を受診した395例中24例が亜脱臼、260例が寛骨臼形成不全と確定診断された。今回、これらのうち10年以上経過観察を継続できた20例(男児1例、女児19例)を対象に治療成績について検討した。その結果、1)両側4例を含む20例24関節中、18例21関節が初期治療にリーメンビューゲル装置を3ヵ月間装着したが、最終経過観察時まで補正手術例はなかった。2)初診時のAcetabular index(AI)は閉鎖孔が左右対称の12例15関節のみで計測した。患側は健側よりAIは有意に大きかったが、5〜6歳時では患側と健側に有意差はみられず、AIは改善していた。また、5〜6歳時のOE角、最終観察時CE角は患側と健側に有意差はなかった。3)寛骨臼形成不全のcut off値をSharp角50°以上では初診時に患側と診断されたうちの45.8%(11関節)、健側の18.7%(3関節)が含まれていた。4)経過中に疼痛の自覚は5例9関節であったが、これは本対象の25%で、乳児期股関節2次検診で亜脱臼や形成不全と確定診断された284例の1.8%であった。また、初診時に患側と診断されたうちの29%(7関節)、および健側と診断されたうちの12.5%(2関節)であった。開排制限が1例で認められたが、骨盤位の既往はなかった。5)最終診断時に疼痛を自覚した5例は10.8±0.5歳、無症状例は12.0±0.8歳と前者が有意に若かった。6)疼痛の誘因は股関節に大きな負荷がかかった時のみであったが、日常生活では無症状であった。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟県内におけるDDH検診の現状

    村上玲子, 遠藤直人

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59   65   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.65

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DDH検診 新潟県内におけるDDH検診の現状

    村上 玲子, 遠藤 直人

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 春季学会 )   65 - 65   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.65

    researchmap

  • Percutaneus epiphysiodesis using transphyseal screw(PETS)による成長抑制術の治療経験

    柿崎 潤, 西須 孝, 亀ヶ谷 真琴, 村上 玲子, 及川 泰宏, 秋本 浩二, 山口 玲子, 瀬川 裕子, 千本 英一, 森田 光明, 高橋 和久

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S452 - S452   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乳児股関節検診を契機に診断された亜脱臼・寛骨臼形成不全例の自然経過

    村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人, 高橋牧, 畠山征也

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   113th   104   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児大腿骨骨折に対する治療の小経験

    大渓一孝, 村上玲子, 普久原朝海, 渡辺要, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   113th   106   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術後3ケ月のMRIで壊死所見が明らかでなかった大腿骨頭すべり症の1例

    鈴木勇人, 宮坂大, 村上玲子, 酒井芳倫, 井渕慎弥, 遠藤直人

    日本小児整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   S148   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生後3か月未満でリーメンビューゲルを装着した股関節脱臼例の治療成績

    村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人, 高橋牧, 本間政文, 畠山征也

    日本小児整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   S94   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児大腿骨頚部骨折後に大腿骨頭壊死を発症し圧潰した3例

    宮坂大, 鈴木勇人, 酒井芳倫, 井渕慎弥, 今井教雄, 村上玲子, 遠藤直人

    日本小児整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   S150   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド リハビリテーション 6)MMT

    村上玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   964 - 965   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド リハビリテーション 7)ROM

    村上玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   966 - 968   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド リハビリテーション 8)転倒スコア

    村上玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   969 - 970   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リハビリテーション (特集 カンファレンスや記録でもう困らない! 整形外科でよく使われる評価法がわかる! まるごとガイド)

    村上 玲子

    整形外科看護 = The Japanese journal of orthopaedic nursing   20 ( 10 )   964 - 970   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカ出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 【カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド】 リハビリテーション MMT

    村上 玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   964 - 965   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 【カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド】 リハビリテーション ROM

    村上 玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   966 - 968   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 【カンファレンスや記録でもう困らない!整形外科でよく使われる評価法がわかる!まるごとガイド】 リハビリテーション 転倒スコア

    村上 玲子

    整形外科看護   20 ( 10 )   969 - 970   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 新潟県内の乳児股関節検診の実施状況

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄

    新潟整形外科研究会会誌   31 ( 1 )   27‐30 - 30   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    新潟県内の乳児股関節検診の実施状況を把握する目的で、新潟県内全30市町村の乳児検診担当部署に対してアンケート調査を実施した。その結果、1)アンケートの回収率は100%で、乳児股関節検診は25市町村(83.3%)で実施されていた。2)今回の調査では、検診の質や乳児股関節脱臼に対する意識の地域差が大きいこと、見逃し例の発生が危惧される方法で検診を実施している市町村が多いことが判明し、その問題点を改善していく必要があると考えられた。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 若手整形外科医が知っておきたい小児整形外科の手術 第2回 筋性斜頚の手術

    村上玲子

    整形外科Surgical Technique   5 ( 2 )   210 - 213   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカ出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 若手整形外科医が知っておきたい小児整形外科の手術(第2回) 筋性斜頸の手術

    村上 玲子

    整形外科Surgical Technique   5 ( 2 )   210 - 213   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

  • 新潟市における発育性股関節形成不全の疫学調査

    村上玲子, 遠藤直人, 高橋牧, 渡辺研二, 本間政文, 榮森景子, 畠山征也

    日本整形外科学会雑誌   89 ( 2 )   S49 - S49   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乳児超音波検診で亜脱臼・寛骨臼形成不全と診断された股関節の自然経過

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 高橋牧, 畠山征也

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   42nd   194   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 若手整形外科医が知っておきたい 小児整形外科の手術(第2回)筋性斜頚の手術

    村上 玲子

    整形外科surgical technique : 手術が見える・わかる専門誌   5 ( 2 )   210 - 213   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカ出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県内の乳児股関節健診の実施状況

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄

    新潟整形外科研究会会誌   30 ( 2 )   165 - 165   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟市における発育性股関節形成不全発生率の経年的推移

    村上玲子, 遠藤直人, 高橋牧, 渡辺研二, 本間政文, 榮森景子, 畠山征也

    日本小児整形外科学会雑誌   23 ( 3 )   S90   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Kalamchi‐MacEwen分類II型の骨頭変形を来した発育性股関節形成不全長期経過観察例の検討

    村上玲子, 遠藤直人, 伊藤知之, 宮坂大, 畠山征也

    日本小児整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   10 - 16   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    発育性股関節形成不全を整復後、Kalamchi-MacEwen分類II型の骨頭変形を有し30歳以上まで経過観察を継続している9例11股について、その経過を調査した。脱臼整復時年齢は1.1±0.6歳、最終経過観察時年齢は34.5±4.5歳だった。観血的整復は2股、補正手術は小児期に6股、成長終了後に1股に対し施行していた。最終経過観察時の変形性股関節症の病期は前期が4股、初期が5股、末期が2股だった。骨頭変形が顕在化するまでの単純X線像の経過は3つのパターンに分けられ、脱臼整復後1〜2年で骨端核の異常像がなく骨端の成長も正常な例で変形顕在化の時期が8歳以降になる傾向があることがわかった。成長終了時にShenton線が破綻し、臼蓋形成不全を伴うSeverin分類class IIIの例と大腿骨頭荷重面に不整像がみられたSeverin分類class IIの例が、最終経過観察時に変形性股関節症の末期に至っていた。本研究は対象数が少ないという限界があり、今後も症例を重ねて検討する必要がある。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • NICUにおける股関節検診

    村上玲子, 遠藤直人, 榮森恵子, 山中佳代

    日本小児整形外科学会雑誌   23 ( 1 )   171 - 174   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    新生児集中治療室にて触診とエコーによる股関節検診を施行した150例の結果について調査した。エコーはGraf法に基づいて行い、type 1を正常、それ以外をDevelopmental Dysplasia of the Hip(以下、DDH)とした。開排制限とDDHの頻度、性別、罹患側、出生体重、出生週数、検診時体重、検診時修正週数、胎位、分娩方法によるDDH頻度の差について検討した。DDHはtype 2a 63股、2c 4股、3a1股、3b 4股を含む24%だった。開排制限は正常の6.6%、DDHの31.8%に認めた。DDHの頻度は女児が男児に比べて有意に高かったが、その他の因子では有意差はなかった。また、Graf type 3の5股のうち4股は開放性脊髄髄膜瘤を既往に有していた。本研究のDDH頻度は過去の報告に比して高かった。母集団の違い、エコー施行時期、児の下肢自動運動を妨げる可能性のある環境が原因として考えられた。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟市保健所の乳児超音波股関節検診

    高橋牧, 渡辺研二, 本間政文, 村上玲子, 榮森景子

    日本整形外科超音波学会学術集会プログラム・抄録集   26th   53 - 53   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本整形外科超音波学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重複子宮での双胎妊娠に対する帝王切開後に発見された新生児大腿骨骨折をリーメンビューゲル装具にて治療した一例

    北原洋, 村上玲子

    日本小児整形外科学会雑誌   22 ( 3 )   S116   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性股関節脱臼長期経過観察例の検討

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 伊藤知之

    Hip Jt   39   71 - 75   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    先天性股関節脱臼(DDH)整復後の遺残性股関節障害の長期経過観察例について検討した。DDHを整復し、30歳以上まで経過観察を行っている21例25関節を対象とした。補正手術なし群10例12関節、補正手術あり群12例13関節であった。あり群の術前AIは、なし群に比べ有意に大きかったが、術後1年では有意差がなくなった。あり群の術前AHIは、なし群の値に比べ有意に小さかったが、術後1年では有意差はなくなった。成長終了時のSharp角は、あり群が有意に低値であった。骨頭変形は、なし群の8関節、あり群の10関節に認めた。早期にOAに至るとされる、K-M分類III、IVの割合はあり群に多い傾向を認めた。最終経過観察時のOA変化は、なし群の75%、あり群の69.2%に認めた。最終経過観察時のJOAスコアは、なし群が87.7±8.2点、あり群が92.3±10.8点で、有意差はなかった。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 専門医試験をめざす症例問題トレーニング 代謝性骨疾患(骨粗鬆症を含む)

    村上 玲子

    整形外科 = Orthopedic surgery   64 ( 7 )   674 - 678   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 臼蓋形成不全長期経過観察例の検討

    村上玲子, 遠藤直人, 伊藤知之, 畠山征也

    日本小児整形外科学会雑誌   21 ( 2 )   410 - 410   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Kalamchi‐McEwen分類2型の骨頭変形を来した長期経過観察例の検討

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 伊藤知之, 畠山征也

    日本小児整形外科学会雑誌   21 ( 3 )   S46   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 食物アレルギーの児に認められた低骨密度・O脚変形

    村上玲子, 遠藤直人, 山際浩史, 長崎啓祐, 佐藤英利, 渡部和敏

    Osteoporosis Jpn   20 ( Suppl.1 )   281 - 281   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ライフサイエンス出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Locking compression plate用いた小児の大腿骨近位骨切術

    村上玲子, 伊藤知之, 宮坂大, 今井教雄, 遠藤直人, 須田健

    新潟整形外科研究会会誌   28 ( 1 )   69 - 69   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性股関節脱臼長期経過観察例の検討

    村上玲子, 遠藤直人, 宮坂大, 伊藤知之, 畠山征也

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   205   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • NICUにおける股関節エコー検診

    村上玲子, 遠藤直人, 榮森景子, 山中佳代

    日本小児整形外科学会雑誌   20 ( 3 )   607   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リーメンビューゲル再装着法の治療成績

    村上玲子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 瀬川裕子, 若生政憲

    新潟整形外科研究会会誌   27 ( 1 )   66 - 172   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】当院におけるリーメンビューゲル(以下、RB)再装着法の治療成績を明らかにし、その是非を考えること。【対象と方法】1989〜2004年までRB再装着法(以下、再装着法)による治療を試みた先天性股関節脱臼40例42股を対象とした。初回RB治療不成功後、4週間の待機期間をおいて再装着を開始、初回同様2週間まで継続した。再装着による整復率、整復成功例については再装着から整復確認までの期間と骨頭壊死の有無を調査した。整復予測因子として初回RB法を行った医療機関、家族歴、性別、罹患側、再装着前のクリックの有無を調査し、項目ごとに整復率を比較した。【結果】整復率は47.6%で再装着から整復確認までにかかった期間は7.3±3.5日、骨頭壊死はなかった。再装着前にクリックを認めた例と左罹患例は有意に整復率が高かった。【結論】RB再装着法は簡便で比較的安全に行える治療法であり、初回RB治療不成功後の選択肢の一つとなる治療法である。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リーメンビューゲル再装着法の治療成績

    村上玲子, 西須孝, 中村順一, 瀬川裕子, 若生政憲, 赤木隆一郎, 小林倫子, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   20 ( 1 )   168 - 172   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リーメンビューゲル再装着法の治療成績

    村上玲子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 瀬川裕子, 若生政憲

    日本整形外科学会雑誌   85 ( 2 )   S127 - S127   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 橈骨頭脱臼に対するM2MultiPlanar MiniRail Fixatorの使用経験

    西須孝, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 若生政憲, 小林倫子, 國吉一樹, 亀ケ谷真琴

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   22   107 - 110   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    レンチで漸進的に2方向へレールを曲げることができる創外固定器(M511)を用い、橈骨頭脱臼の整復を試みた。手術時年齢5〜13歳の5症例を対象とした。延長用ダイアルの逆回転と溶接部の破損が3例にみられた。そのうち、2例は、このためにpremature consolidationが生じ、骨切り術・創外固定期の変更、および観血整復術・プレート固定が必要であった。逆回転防止プラグの使用とともに強度不足が改善されない限り橈骨頭脱臼の治療には適応がないものと考えられた。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 近県3施設における単純性股関節炎の疫学的検討

    赤木 龍一郎, 西須 孝, 中村 順一, 村上 玲子, 瀬川 裕子, 日下部 浩, 平良 勝章, 亀ヶ谷 真琴

    日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association   19 ( 2 )   293 - 297   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    単純性股関節炎の疫学的傾向を明らかにすることを目的に、股関節痛の発症した日を調査した。対象は2002年4月〜2009年3月の間に千葉県こども病院(千葉県)、国立成育医療センター(東京都)、埼玉県立小児医療センター(埼玉県)を受診した200例211股で、平均年齢は6.3±2.8歳(0.8〜17歳)であった。各施設の発生数が2〜6ヵ月間にわたり同時に増加する時期が認められたが、全期間を通してみると必ずしも一致していなかった。月別では2月に少ない傾向が認められたが、一定の季節性は認められなかった。本研究の結果、明らかな疫学的傾向は認められなかったが、本疾患はある期間に集中して発症する傾向があった。複数病原体による感染症である無菌性髄膜炎と年間の発生件数を比較すると、極めて類似した変動を示しており、共通の病原体の存在が示唆された。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 青少年期における先天性股関節脱臼遺残変形の手術成績

    西須 孝, 中村 順一, 村上 玲子, 瀬川 裕子, 伊藤 錦哉, 赤木 龍一郎, 若生 政憲, 小林 倫子, 亀ヶ谷 真琴

    日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association   19 ( 2 )   388 - 392   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4歳未満で発症したペルテス病の治療成績

    中村順一, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 赤木龍一郎, 伊藤錦哉, 小林倫子, 瀬川裕子, 村上玲子, 若生政憲

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   343 - 348   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における小児上腕骨内上顆骨折の治療成績

    若生政憲, 西須孝, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 小林倫子, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   411 - 412   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Madelung変形の臨床経過

    小林倫子, 西須孝, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 若生政憲, 加藤健, 佐々木康人, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   411 - 411   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児膝関節障害と関節鏡診断

    村上玲子, 西須孝, 中村順一, 瀬川裕子, 若生政憲, 小林倫子, 守屋秀繁, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   412 - 412   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 青少年期における先天性股関節脱臼遺残変形の手術成績

    西須孝, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 伊藤錦哉, 赤木龍一郎, 若生政憲, 小林倫子, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   388 - 392   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4歳未満で発症したペルテス病の治療成績

    中村 順一, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 赤木 龍一郎, 伊藤 錦哉, 小林 倫子, 瀬川 裕子, 村上 玲子, 若生 政憲

    日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association   19 ( 2 )   343 - 348   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 小児膝内反変形に対して観血的治療を行った8例

    瀬川 裕子, 西須 孝, 中村 順一, 村上 玲子, 若生 政憲, 亀ヶ谷 真琴

    日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association   19 ( 2 )   243 - 248   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】当科では膝内反変形で4歳までに自然改善がない症例に対して観血的治療を行ってきた。その成績について報告する。【対象・方法】1988〜2006年までに初診した膝内反変形(症候性を除く)232例中、手術を施行した症例は8例(3.4%)10肢であった。全例創外固定を用いた変形矯正を行った。1例は前医で2回の手術後に変形が再発し当科紹介となった症例であった。手術時年齢は平均6.9歳、最終経過観察時年齢は平均14.1歳、術後経過観察期間は平均7.2年であった。再手術の有無、術前・術後・最終経過観察時のfemoro-tibial angleについて調査した。【結果】再手術を要した症例は1肢であった。Femoro-tibial angleは術前平均193°、術後平均174°、最終経過観察時平均175°であった。【結論】膝内反変形の改善が認められない症例に対する創外固定を用いた変形矯正骨切り術は、再手術率が少なく有用な方法であった。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スプレンゲル変形に対する肩甲骨骨切り術後の下方回旋について

    瀬川裕子, 西須孝, 中村順一, 小林倫子, 村上玲子, 若生政憲, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   408 - 408   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ペルテス病の治療成績4歳以下 4歳未満で発症したペルテス病の治療成績

    中村 順一, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 赤木 龍一郎, 伊藤 錦哉, 小林 倫子, 瀬川 裕子, 村上 玲子, 若生 政憲

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   343 - 348   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】4歳未満で発症したペルテス病の治療成績を検討すること。【対象・方法】4歳未満で発症したペルテス病30例36股について、発症年齢、初診時病期、Lateral Pillar分類、亀ヶ谷の予測式、治療法、最終成績、% sphericityを検討した。【成績】発症年齢は平均3.3歳であった。初診時病期は滑膜炎期24股、分節期11股、修復期1股であった。Lateral Pillar分類はA3股、B6股、B/C border 5股、C22股であった。治療法は運動制限のみ18股、数週間の入院牽引11股、Aキャスト3股、装具治療8股、手術治療5股であった。最終診察時年齢平均13.0歳、経過観察期間平均9.1年間の時点で修正Stulberg分類はI3股、II6股、IIIa13股、IIIb12股、IV2股であった。亀ヶ谷の予測式で1.5以下の8股はすべて保存治療で最終成績はgood(I3股、II5股)であった。% sphericityは平均72.6%、AHIは平均73.2%、ATDは平均14.9mmであり、3者間に相関を認めた。【結論】年少児ペルテス病でも予後不良例は少なからず存在するため注意が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 遺残性股関節亜脱臼の治療 青少年期における先天性股関節脱臼遺残変形の手術成績

    西須 孝, 中村 順一, 村上 玲子, 瀬川 裕子, 伊藤 錦哉, 赤木 龍一郎, 若生 政憲, 小林 倫子, 亀ヶ谷 真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 2 )   388 - 392   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    先天性股関節脱臼後遺残変形に対して当科で10歳代に手術治療を行い2年以上経過観察した13例14股の臨床成績を調査した。手術時年齢は10歳から17歳、平均13.8歳であった。術式は、タナ形成術が8股(2股はWagner法、2股は大腿骨転子部内反骨切り術、1股は大転子下降術を合併)、寛骨臼回転骨切り術が4股、Pemberton骨切り術と大腿骨内反骨切り術の合併手術が2股であった。大腿骨頭壊死は12股86%で術前からみられた。術後経過観察期間は平均6.4年、最終診察時年齢は平均20.2歳であった。Severin分類class I、IIを成績良好とすると11股79%がこれに該当した。しかし9股64%で跛行、疼痛などの症状が断続的または持続的にみられていた。どの術式にも課題が残されていたが、姑息的手術と考えられるタナ形成術は意外に好結果をもたらしていた。(著者抄録)

    researchmap

  • 先天性下腿偽関節症に対するKirschner鋼線髄内釘固定術の検討

    伊藤錦哉, 西須孝, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 亀ケ谷真琴

    整形外科   61 ( 9 )   984 - 987   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性下腿偽関節症に対するKirschner銅線髄内釘固定術の検討

    伊藤 錦哉, 西須 孝, 中村 順一, 村上 玲子, 瀬川 裕子, 亀ヶ谷 真琴

    整形外科   61 ( 9 )   984 - 987   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    先天性偽関節症に対し、初期治療としてKirschner鋼線髄内釘固定術を行った症例8例8肢(男児4例、女児4例:手術時年齢1歳2ヵ月〜8歳5ヵ月)を対象に、治療成績について後向き調査を行った。術後観察期間は5ヵ月〜8年10ヵ月である。その結果、8肢中5肢で初期骨癒合を得た。術後合併症はKirschner鋼線刺入部の感染を1例認めた。また、骨癒合を得た症例のうち、2例で下腿前方彎曲が進行し、2例で骨癒合部に不十分な石灰化域の残存を認めた。再骨折例はなかった。以上より、比較的侵襲が少ないKirschner鋼線髄内釘固定術は、先天性偽関節症の初期治療として有用であると思われた。

    researchmap

  • 小児膝内反変形に対する創外固定を用いた矯正骨切り術の成績

    瀬川裕子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 中村順一, 村上玲子, 若生政憲, 小林倫子

    JOSKAS   35 ( 4 )   156 - 156   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロッキングプレートを用いた上腕骨外科頸骨折後偽関節の治療

    塩崎 浩之, 近 良明, 速水 正, 村上 玲子

    東北整形災害外科学会雑誌   54 ( 1 )   105 - 106   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 乳児化膿性手関節炎・足趾関節炎の1例

    村上 玲子, 塩崎 浩之, 速水 正, 近 良明, 伊藤 知之

    東北整形災害外科学会雑誌   54 ( 1 )   115 - 116   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 三次元術前計画ソフトZed Hipを用いて施行した人工股関節置換術の小経験

    伊藤 知之, 今井 教雄, 須田 健, 宮坂 大, 遠藤 直人, 湊 泉, 村上 玲子, 速水 正

    東北整形災害外科学会雑誌   54 ( 1 )   145 - 145   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 6歳未満で発症したペルテス病の治療成績

    中村順一, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 赤木龍一郎, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 村上玲子, 池川直志, 見目智紀, 高澤誠, 高橋和久

    日本整形外科学会雑誌   84 ( 4 )   S682 - S682   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重度不安定型大腿骨頭すべり症における我々の治療方針―二次的大腿骨骨切り(POTOF)の適応―

    中村順一, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 赤木龍一郎, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 村上玲子, 池川直志, 榮森景子

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   167   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性股関節脱臼に対する広範囲展開法の中期成績

    瀬川裕子, 西須孝, 中村順一, 森田光明, 赤木龍一郎, 伊藤錦哉, 村上玲子, 西村暁, 池川直志, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   160 - 160   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 股関節外転拘縮が急速に進行したIdiopathic Chondrolysisの1症例―続編―

    赤木龍一郎, 西須孝, 中村順一, 村上玲子, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 西村暁, 池川直志, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   155 - 155   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不安定型SCFEの治療 重度不安定型大腿骨頭すべり症における我々の治療方針 二次的大腿骨骨切り(POTOF)の適応

    中村 順一, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 赤木 龍一郎, 伊藤 錦哉, 瀬川 裕子, 村上 玲子, 池川 直志, 榮森 景子

    日本小児整形外科学会雑誌   19 ( 1 )   167 - 167   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • Taylor Spatial Frame を用いて矯正を行なった両側外反膝変形の1例

    山際 浩史, 目良 恒, 村上 玲子, 榮森 景子, 遠藤 直人

    日本創外固定・骨延長学会雑誌 = The journal of the Japanese Association of External Fixation and Limb Lengthening   21   47 - 50   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    12歳男児。患者は6歳頃から両膝痛と膝外反変形を認め、近医にて経過観察中であったが、両膝の外反変形が徐々に進行し、著者らの施設へ紹介となった。受診時、身長や四肢は均衡がとれていたものの、X線では下肢機能軸は右外反36°、左外反29°と両膝関節は著明な外反変形が認められた。多発性骨端異形成症と診断され、高度な両膝外反変形による歩行困難のため、TSF創外固定器を用いた緩徐矯正を片側ずつ行う方針とした。術後は31日目で矯正を終了し、下肢アライメントは良好な改善が得られ、早期に良好な骨癒合、リハビリテーションの継続となったものの、可動域制限が生じ、矯正開始後4ヵ月経過でTSF抜釘と膝拘縮解離術が行われた。その結果、抜釘後2ヵ月で可動域は良好となり、対側の治療を同様に行われ、初回手術から2年経過現在、下肢のアライメントは良好、拘縮の残存もみられていない。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 千葉県こども病院における分娩骨折の疫学

    池川直志, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 中村順一, 赤木龍一郎, 小林倫子, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 村上玲子, 萬納寺誓人

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   459   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児膝内反変形に対して観血的治療を行った8例

    瀬川裕子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 中村順一, 赤木龍一郎, 村上玲子, 伊藤錦哉

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   431   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 近県3施設における単純性股関節炎発症時期の検討

    赤木龍一郎, 日下部浩, 平良勝章, 西須孝, 中村順一, 伊藤錦哉, 村上玲子, 瀬川裕子, 亀ケ谷真琴

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   446   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性股関節脱臼におけるいわゆる健側股関節の経過

    榮森景子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 中村順一, 瀬川裕子, 村上玲子, 池川直志

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   468   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4歳未満で発症したペルテス病の治療成績

    中村順一, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 赤木龍一郎, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 村上玲子

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   411   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 青少年期における先天性股関節脱臼遺残変形の手術成績

    西須孝, 亀ケ谷真琴, 中村順一, 村上玲子, 瀬川裕子, 伊藤錦哉, 赤木龍一郎, 若生政憲, 小林倫子

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   416   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リーメンビューゲル再装着法の治療成績

    村上玲子, 亀ケ谷真琴, 西須孝, 中村順一, 伊藤錦哉, 瀬川裕子, 赤木龍一郎

    日本小児整形外科学会雑誌   18 ( 3 )   470   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工股関節置換術前後における骨盤傾斜の変化

    宮坂大, 伊藤知之, 今井教雄, 遠藤直人, 村上玲子

    Hip Jt   35   698 - 701   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節置換術(THA)前後における骨盤傾斜の変化について検討した。THAを施行した53関節を対象とし、両側罹患29関節、片側罹患24関節であった。術前及び術後1ヵ月以内にCTを撮影、3Dテンプレートにてanteriorpelvic plane(APP)を設定した。骨盤傾斜角は矢状面におけるAPPとCT台とのなす角度とし、APPとCT台が平行である時を0度、前傾をプラスと定義した。罹患側は両側罹患片側THA後・両側罹患両側THA後・片側罹患に分類した。臥位ではTHA術前後において骨盤傾斜角の変化量は平均0.7±3.5度で、臥位の骨盤傾斜を基準にカップ設置角度を計画すべきと思われた。屈曲拘縮、両側または片側罹患は術後早期の臥位骨盤傾斜には影響を与えなかったが、立位での評価と共に経過を見てく必要があるものと思われた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工股関節置換術における術後三次元計測を用いたインプラント設置角度と脱臼との関係

    今井教雄, 伊藤知之, 宮坂大, 遠藤直人, 村上玲子, 湊泉

    Hip Jt   35   189 - 193   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節置換術を施行した99関節中、CT-based navigation systemを用いて術前計画を行い、解剖学的基準面に対してカップ外方開角42±5度で設置し、3ヵ月以上経過観察可能であった56関節を対象に、カップ前方開角(CA)およびステム前捻角(SA)の総和と脱臼傾向との関係について検討した。CAとSAの総和は平均56度で、脱臼傾向ありと判定したのは前方が8関節、後方が4関節であった。ROC解析の結果、CA、SAそれぞれ単独では脱臼と関連していなかったが、総和は関連を認め、総和高値の場合は前方脱臼が、総和低値の場合は後方脱臼が生じる傾向に有意差を認めた。CAとSAの総和は、診断効率から信頼区間95%において41〜54度の範囲が安全域と考えられた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 整形外科各疾患における超音波診断の進歩 超音波乳児股関節検診の方法と現状

    村上玲子, 畠山征也, 高橋牧

    整形・災害外科   52 ( 7 )   819 - 825   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学校における運動器検診の実際とその課題―新潟県において―

    榮森景子, 山際浩史, 目良恒, 村上玲子, 大森豪, 山本智章, 遠藤直人

    東北整形災害外科学会雑誌   53 ( 1 )   46 - 49   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    2007年度に新潟県で実施した学校における運動器検診の調査結果と、今後における課題について考察した。小学校3校(児童919人)及び中学校1校(生徒499人)を対象とした。一次検診における問診票で回答を得たのは小学校児童905名、中学校生徒478名で、回収率はそれぞれ98.5%、95.8%であった。二次検診は小学生236人、中学生160人が対象となり、受診率はそれぞれ95.3%、93.1%でいずれも高かった。三次検診での医療機関受診の結果、小学校では該当者54人に対し受診者は36人(66.7%)で、中学校では該当者61名に対し受診者27人(44.3%)といった状況であった。今回の検診における被患率を算出した結果、小学校2.07%、中学校3.01%で、他科疾患との被患率を比較したところ、近視の被患率が著しく高い他は、心疾患、腎疾患、聴力異常の被患率は運動器検診と同程度であった。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学校における運動器検診の実際とその課題 聖籠町学校検診から

    榮森 景子, 山際 浩史, 目良 恒, 村上 玲子, 大森 豪, 遠藤 直人, 山本 智章

    東北整形災害外科学会雑誌   53 ( 1 )   225 - 226   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 超音波乳児股関節検診の方法と現状 (特集 整形外科各疾患における超音波診断の進歩)

    村上 玲子, 畠山 征也, 高橋 牧

    整形・災害外科   52 ( 7 )   819 - 825   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟市保健所での乳児先天股脱超音波検診

    畠山征也, 高橋牧, 村上玲子

    日本整形外科学会雑誌   83 ( 3 )   S648   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児整形外科領域における超音波診断 新潟市保健所での乳児先天股脱超音波検診

    畠山 征也, 高橋 牧, 村上 玲子

    日本整形外科学会雑誌   83 ( 3 )   S648 - S648   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 乳児化膿性手関節炎・足趾関節炎の1例

    村上玲子, 塩崎浩之, 速水正, 近良明, 伊藤知之

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   107th   93   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三次元術前計画ソフトZed Hipを用いて施行した人工股関節置換術の小経験

    伊藤知之, 今井教雄, 須田健, 宮坂大, 湊泉, 村上玲子, 速水正, 遠藤直人

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   107th   128   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロッキングプレートを用いた上腕骨外科頚骨折後偽関節の治療

    塩崎浩之, 近良明, 速水正, 村上玲子

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   107th   81   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Taylor Spatial Frameを用いて矯正を行なった両側外反膝変形の1例

    山際浩史, 目良恒, 村上玲子, 榮森景子, 遠藤直人, 大森豪

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 2 )   102 - 102   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工股関節置換術における術後三次元計測を用いたインプラント設置角度と脱臼との関係

    今井教雄, 伊藤知之, 遠藤直人, 宮坂大, 村上玲子, 湊泉

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 2 )   110 - 110   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工股関節置換術前後における深部静脈血栓の発生率とフォンダパリヌクスの有効性

    田仕英希, 伊藤知之, 今井教雄, 遠藤直人, 村上玲子, 宮坂大

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 2 )   109 - 109   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 三次元術前計画を用いた人工股関節置換術~股関節ナビゲーションは本当に必要なのか?~

    伊藤知之, 今井教雄, 遠藤直人, 宮坂大, 村上玲子, 湊泉

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 2 )   110 - 110   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工股関節における三次元術前計画―インプラント設置角度と前方脱臼との関係―

    今井教雄, 伊藤知之, 村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人

    日本人工関節学会誌   38   458 - 459   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • GAPカップを用いた人工股関節再置換術後の中期成績

    佐野博繁, 伊藤知之, 村上玲子, 宮坂大, 遠藤直人

    日本人工関節学会誌   38   394 - 395   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Supine modified MIS‐Watson‐Jones approachを用いた人工股関節置換術の経験

    伊藤知之, 今井教雄, 村上玲子, 伊藤雅之, 北原洋, 湯朝信博, 宮坂大, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    日本人工関節学会誌   38   254 - 255   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外傷性肩関節脱臼に伴う肩甲骨関節窩骨折の関節鏡視下骨接合術

    近良明, 塩崎浩之, 速水正, 村上玲子

    肩関節   33 ( 1 )   92 - 92   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腱板不全断裂の臨床的特徴と鏡視下修復術の治療成績

    塩崎浩之, 近良明, 速水正, 村上玲子

    肩関節   33 ( 1 )   111 - 111   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肩関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • BMP2導入骨髄間葉系細胞の壊死骨における効果

    村上玲子, 徳永邦彦, 遠藤直人, 山子剛

    日本整形外科学会雑誌   82 ( 8 )   S1046 - S1046   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • SLE患者に対するステロイド性大腿骨頭壊死のスクリーニング

    高野 玲子, 宮坂 大, 伊藤 知之, 遠藤 直人, 徳永 邦彦

    日本整形外科学会雑誌   82 ( 3 )   S523 - S523   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Down症候群に合併した習慣性股関節脱臼の一例

    榮森景子, 遠藤直人, 村上玲子, 畠山征也, 高橋牧

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 1 )   44 - 44   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Supine modified MIS‐Watson‐Jones approachを用いた人工股関節置換術の経験

    伊藤知之, 村上玲子, 今井教雄, 遠藤直人, 宮坂大, 堂前洋一郎, 北原洋, 湯朝信博

    新潟整形外科研究会会誌   24 ( 1 )   45 - 45   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ナビゲーションシステムを用いて設置したステム前捻角の検討

    宮坂 大, 伊藤 知之, 伊藤 雅之, 北原 洋, 徳永 邦彦, 高野 玲子, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   82 ( 2 )   S190 - S190   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 学校における運動器検診の実際とその課題~聖籠町学校検診から

    榮森景子, 山際浩史, 目良恒, 村上玲子, 大森豪, 遠藤直人, 山本智章

    東北整形災害外科学会プログラム・抄録集   106th   96   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ステロイドが骨壊死後の骨再生に及ぼす影響

    高野 玲子, 伊藤 知之, 北原 洋, 伊藤 雅之, 宮坂 大, 遠藤 直人, 徳永 邦彦

    Hip Joint   33   411 - 415   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    ステロイドが骨壊死後の骨再生に及ぼす影響について検討した。方法は雌Wistar系ラットを用い阻血性大腿骨頭壊死モデルを作成し、術後7日〜11日まで連日5日間、臀筋内に生理食塩水を投与したコントロール群(C群)とメチルプレドニゾロン・コハク酸ナトリウム(MPSS)を投与したステロイド群(S群)に分け、術後14日、42日目に大腿骨頭を採取して組織学的評価を行なった。1)HE染色:14日目に骨幹端部の髄腔にC群では線維芽細胞様組織が、S群では赤血球が充満していた。42日目にC群で添加骨形成と髄腔内に正常骨髄の再生を認め、S群では髄腔内に線維芽細胞様細胞が充満していた。2)TRAP染色:14日目に両群とも骨頭壊死部と健常部の境界にTRAP陽性細胞の集積を認め、42日目にC群のみ骨幹端部にもTRAP陽性細胞の集積を認めた。3)ALP免疫染色:14日目に両群ともALP陽性細胞は認めず、42日目にC群のみALP陽性細胞を認めた。以上、これらのことからも、MPSSは骨壊死後の骨再生を遅延させると考えられた。

    researchmap

  • 三次元実体石膏模型を用いて術前シミュレーションを行った大腿骨頭すべり症の2例

    高野 玲子, 徳永 邦彦, 遠藤 直人

    日本小児整形外科学会雑誌   16 ( 2 )   249 - 253   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    三次元実体石膏模型を用いた術前シミュレーションを行って矯正骨切り術を施行した2例を報告する。症例1は15歳男児で1年来の右股関節痛を自覚していた。後方すべり角は62°、骨端線は閉鎖していた。術前シミュレーションで45°屈曲10°内反骨切りを予定した。症例2は13歳男児で2年来の右膝関節痛を自覚していた。後方すべり角は67°だったがCT上骨端線の向きから変形の中心は骨頭内反にあると判断した。術前シミュレーションで30°外反軽度内旋骨切りを予定した。CTデータを基に三次元模型を作製し術前シミュレーションを行うことで、より生理的な骨端部の位置を得ることができる術式を計画できた。三次元模型はSCFEの複雑な立体構造を視覚的に把握でき、矯正術を実際に行うことで綿密な術前計画を立てることができるため、有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 大量ステロイドはラット骨壊死の再生過程を抑制する

    高野 玲子, 徳永 邦彦, 近藤 直樹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   81 ( 8 )   S879 - S879   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 術後CTを用いた臼蓋カップ設置角度の精度検定 マニュアルvsナビゲーション

    宮坂 大, 徳永 邦彦, 高野 玲子, 工藤 尚子, 小熊 雄二郎, 星野 正, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   51 ( 1 )   119 - 119   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 骨髄単核球細胞移植を施行した下肢末梢循環不全症例の下肢切断レベルの検討

    徳永 邦彦, 宮坂 大, 高野 玲子, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   51 ( 1 )   139 - 139   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • CT-based navigation THAを施行した90関節の検討

    徳永 邦彦, 伊藤 雅之, 宮坂 大, 北原 洋, 伊藤 知之, 遠藤 栄之介, 高野 玲子, 遠藤 直人

    東北整形災害外科学会雑誌   51 ( 1 )   119 - 119   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • Micro-CT用骨石灰化度測定ファントムの開発

    山子 剛, 津田 貴博, 村山 敦俊, 高野 玲子, 徳永 邦彦, 遠藤 直人, 原 利昭

    日本骨形態計測学会雑誌   17 ( 1 )   S72 - S72   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本骨形態計測学会  

    researchmap

  • 骨盤変形がNavigation THA後の臼蓋カップ設置角度の精度に及ぼす影響

    宮坂 大, 徳永 邦彦, 伊藤 雅之, 高野 玲子, 北原 洋, 伊藤 知之, 遠藤 栄之助, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   81 ( 4 )   S392 - S392   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • CT-based Navigation THAによる臼蓋カップ設置角度の精度と問題点の検討

    徳永 邦彦, 宮坂 大, 伊藤 雅之, 高野 玲子, 北原 洋, 伊藤 知之, 遠藤 栄之助, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   81 ( 3 )   S294 - S294   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 三次元実体石膏模型を用いて術前シミュレーションを行った大腿骨頭すべり症の2例

    高野 玲子, 徳永 邦彦, 宮坂 大, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   22 ( 1 )   76 - 76   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 初診時よりtype3またはstage4と分類された特発性大腿骨頭壊死症の自然経過

    高野 玲子, 徳永 邦彦, 遠藤 直人

    Hip Joint   32   97 - 99   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    特発性大腿骨頭壊死症症例のうち、初診時のX線写真やMRIで病型がtype Cまたは病期がstage 4で手術を施行せず3年以上保存的に治療した32例48関節を対象に、病型分類別の病期の推移およびJOAスコアの推移を検討した。平均経過観察期間は13年であった。病型分類はtype C1が20関節、type C2が18関節、判定不能が10関節であった。type C1の25%、type C2の6%で病期の進行しない壊死例が存在した。圧潰後も保存的治療を継続している群が全体の66%を占め、これらの症例は3年以上の保存的治療後にTHAを施行した群に比較して、JOAスコアの関節可動域と疼痛の点数が有意に高値を示していた。骨頭圧潰変形が生じても、疼痛の増強が顕著でなく、関節可動域もある程度保たれたまま保存的治療を継続できる症例が存在することが示唆された。

    researchmap

  • 先天股脱RB単独治療による大腿骨頭変形発生例の検討

    高野 玲子, 畠山 征也, 高橋 牧

    日本小児整形外科学会雑誌   15 ( 2 )   334 - 334   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨頭前方回転骨切術を施行した特発性大腿骨頭壊死症15例の短中期成績

    伊藤 知之, 徳永 邦彦, 高野 玲子, 小熊 雄二郎, 根津 貴広, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   21 ( 1 )   49 - 49   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 大腿骨頭前方回転骨切り術を施行した特発性大腿骨頭壊死症15例の短中期成績

    伊藤 知之, 高野 玲子, 徳永 邦彦, 小熊 雄二郎, 根津 貴広, 遠藤 直人

    新潟整形外科研究会会誌   21 ( 1 )   37 - 42   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    特発性大腿骨頭壊死症(ION)に対して大腿骨頭前方回転骨切術(ARO)を施行し2年以上経過観察(平均4年9ヵ月)し得た15症例15関節(男性12例,女性3例,15〜49歳・平均34.3歳)の短中期成績について検討した.ION誘因はアルコール性5例・ステロイド性10例で,罹患側は片側8例・両側7例であり,両側例では対側に対して保存的治療が2例に,血管枝付腸骨移植術が5例に施行された.術前の病型はtype C-1;2例・type-C2;13例,初診時病期はstage 3A;13例・stage 3B;2例であった.術後骨切部での回転角度はカルテ記載のあった12関節では平均74(60〜90)度であり,最終評価時の病型はstage 3A;9例・stage 3B;2例・stage 4;4例で不変例10例・進行例5例で,臨床評価のJOAスコア総合点は最終評価時15例中13例(87%)が70点以上であった.以上よりIONに対するAROは比較的良好な短中期成績が得られたが,十分な技術のもと症例を選び施行すれば関節を温存できる可能性が示唆された

    researchmap

  • 足根骨癒合症の観血的治療

    高野 玲子, 斎藤 英彦, 岡田 充弘, 長野 純二, 小林 良充

    臨床整形外科   40 ( 12 )   1325 - 1329   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は10〜17歳の男性3例で,足関節痛や運動時痛を主訴とした.2例は距・踵骨癒合症,1例は踵・舟状骨癒合症と診断し,いずれも癒合部切除術を行い,踵・舟状骨癒合症1例では切除後にできた空隙に外側果上皮弁による血管茎付き脂肪弁を充填した.いずれの症例も術後,自・他覚的に症状の改善を認めた

    DOI: 10.11477/mf.1408100233

    researchmap

  • Dynamic MRIに基づいた大腿骨頸部内側骨折の治療の2報

    小熊 雄二郎, 徳永 邦彦, 高野 玲子, 工藤 尚子, 星野 正

    新潟整形外科研究会会誌   21 ( 1 )   49 - 49   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 【骨壊死 最新の診断と治療】 基礎的アプローチ 原因に関する基礎研究 ラット大腿骨頭壊死モデルにおける骨再生

    北原 洋, 徳永 邦彦, 伊藤 知之, 伊藤 雅之, 近藤 直樹, 高野 玲子, 遠藤 直人

    別冊整形外科   ( 48 )   2 - 7   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    researchmap

  • 【骨壊死 最新の診断と治療】 基礎的アプローチ 原因に関する基礎研究 骨髄損傷後骨再生モデルにおけるステロイドの影響

    近藤 直樹, 徳永 邦彦, 伊藤 知之, 荒井 勝光, 伊藤 雅之, 北原 洋, 網塚 憲生, 李 敏啓, 高野 玲子, 遠藤 直人

    別冊整形外科   ( 48 )   35 - 40   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    8週齢雌ラットの右脛骨骨髄を穿孔して作成した骨髄損傷モデルに,100mg/kg/日のステロイドを3日間臀筋内に投与し,骨再生過程におけるステロイドの影響を組織学的・分子生物学的に検討した.ステロイド投与群(M群)は組織学的に投与7日で新生骨と線維芽細胞様細胞が混在し,10,14日では対照群と比較してより多くの新生骨が残存していた.しかし,新生骨単位面積あたりの破骨細胞数は両群間で有意差を認めず,Cathepsin Kの免疫染色でも染色性に差を認めなかった.また,M群の最大骨量は対照群より有意に小さかったが,骨芽細胞分化マーカー(アルカリホスファターゼ,I型プロコラーゲンα1鎖,オステオポンチン,オステオカルシン)は両群間で差を認めず,ステロイドは出現した骨芽細胞の分化には影響を与えないと考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2005&ichushi_jid=J04037&link_issn=&doc_id=20051004330006&doc_link_id=10.15106%2FJ04037.2006049567&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2FJ04037.2006049567&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 1993〜96年のTHA症例における高度ポリエチレン摩耗例の解析

    徳永 邦彦, 伊藤 雅之, 北原 洋, 伊藤 知之, 高野 玲子, 遠藤 直人

    Hip Joint   31   482 - 485   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    1993〜96年にTHAやカップ再置換術を施行し経過観察しえた48例を線摩耗速度(LWR)<0.15mm/年群と>0.15mm/年群に分け,LWRを規定するとされる諸因子の比較検討を行った.手術時年齢,BMI,手術後JOAスコア,カップ設置角度,ポリエチレンの厚み,臼蓋部骨移植の有無,歩行時杖使用の有無,のいずれにおいても統計学的有意差は認められなかった

    researchmap

  • 【骨壊死 最新の診断と治療】 基礎的アプローチ 治療に関する研究 ラット大腿骨頭壊死症モデルにおける遺伝子治療の試み

    伊藤 知之, 近藤 直樹, 高野 玲子, 北原 洋, 伊藤 雅之, 徳永 邦彦, 遠藤 直人

    別冊整形外科   ( 48 )   60 - 63   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    ラット外傷性大腿骨頭壊死症モデルにin vivo electroporation法を用いて遺伝子導入を行い,経時的に対照群と比較した.プラスミドベクターはpCAGGSとpCAGGS-luciferaseを用い,hepatocyte growth factor(HGF)遺伝子を導入した.ルシフェラーゼ発現期間は導入2日目にピークを認め,6週で対照群レベルに戻った.遺伝子治療実験ではHGF導入1週間後,対照群と比較して壊死骨周囲に破骨細胞が多数出現し,6週後では添加骨形成量の増加傾向を認め,特に頸部基部では有意差を認めた.HGFを導入することによりラット骨髄壊死修復過程を装飾することができたが,その効果は一時的であった

    researchmap

  • THA後にアルカプトン尿症と診断し遺伝子解析を施行した1例

    徳永 邦彦, 工藤 尚子, 星野 正, 高野 玲子

    Hip Joint   30   697 - 700   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    79歳女.突然の左股関節痛を主訴に受診し,急速破壊型股関節症の診断でTHA(人工股関節全置換術)を計画した.入院時のX線検査で著明な脊柱変形と石灰化椎間板,肩・膝関節の変形症性変化を認めた.さらにTHAの術中所見として関節軟骨や滑液包に黒色沈着を認めたことからアルカプトン尿症(AKU)を疑い,術後の精査で確定診断した.摘出骨頭の一部からgenomic DNAを抽出し,AKUの一因とされているHGO遺伝子異常の解析を行ったところ,exon4に369(CA)Tが(CA)Aとなる変異とintron10の3番目の塩基がTからCへ変わる変異が認められた

    researchmap

  • Dynamic MRIに基づいた大腿骨頸部内側骨折の治療

    高野 玲子, 徳永 邦彦, 星野 正, 工藤 尚子

    新潟整形外科研究会会誌   20 ( 1 )   23 - 27   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    大腿骨頸部内側骨折6例を対象に,dynamic MRI(DMRI)に基づいた治療法の選択を試みた.その結果,DMRIは大腿骨頭の血流評価に有用な方法の一つであり,大腿骨頸部内側骨折の術式選択の際に有用である可能性があると考えられた

    researchmap

  • Dynamic MRIに基づいた大腿骨頸部内側骨折の治療

    高野 玲子, 星野 正, 工藤 尚子, 徳永 邦彦

    新潟整形外科研究会会誌   20 ( 1 )   58 - 58   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 大腿骨頸部内側骨折に対するcannulated cancellous hip screwによる骨接合術の検討

    皆川 豊, 東條 猛, 田中 英城, 大塚 寛, 真部 達彦, 高野 玲子

    新潟整形外科研究会会誌   19 ( 1 )   68 - 68   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に併発した化膿性関節炎の治験例

    高野 玲子, 東條 猛, 大塚 寛, 三輪 仁, 真部 達彦, 皆川 豊

    東北整形災害外科紀要   46 ( 2 )   241 - 241   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 原始神経外胚葉性腫瘍(PNET)の2例

    大塚 寛, 東條 猛, 三輪 仁, 真部 達彦, 高野 玲子, 皆川 豊, 永井 孝一

    東北整形災害外科紀要   46 ( 2 )   230 - 231   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 上腕部橈骨神経本幹に発生した顆粒細胞腫の1例

    三輪 仁, 東條 猛, 大塚 寛, 真部 達彦, 高野 玲子, 皆川 豊

    新潟整形外科研究会会誌   18 ( 1 )   31 - 31   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 大腿骨近位部転移性腫瘍に対するKotz下肢再建システムの検討

    高野 玲子, 井上 善也, 斎藤 英彦, 長野 純二, 小林 良充, 高橋 勇二, 大井 宏之, 近藤 尚, 加地 良雄, 森谷 浩治

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   44 ( 6 )   1460 - 1460   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 距踵骨癒合症に癒合部切除術を施行した2例

    高野 玲子, 斎藤 英彦, 井上 善也, 小林 良充, 長野 淳二, 高橋 勇二, 大井 宏之, 近藤 尚, 加地 良雄, 森谷 浩治

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   44 ( 5 )   1225 - 1226   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 粘液型脂肪肉腫の転移様式

    高野 玲子, 生越 章, 堀田 哲夫, 山村 倉一郎, 今泉 聡, 塩谷 善雄

    東北整形災害外科紀要   44 ( 2 )   215 - 218   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    過去22年間に治療した粘液型脂肪肉腫23例中,転移をきたした5例の転移様式について検討する為,原発巣とその最大径,初回治療,初回転移巣,2番目以降の転移巣,転帰,初回治療からの時間について調査し,代表的な3症例を呈示した.その結果,粘液型脂肪肉腫は肺外転移する頻度が高かった.自験例では,骨,皮下軟部組織,腹腔内に転移しており,転移部位は多様であるが比較的脂肪組織の多い部位であることが示唆された.四肢に原発した軟部肉腫の腹腔内転移は珍しいことではないとする報告があるように,自験例でも4例に腹腔内転移がみられた.以上より,粘液型脂肪肉腫の転移を検索する際には肺に加えて,皮下軟部組織,骨,腹腔内を標的として進めるべきで,具体的には全身の十分な視診・触診,骨シンチ,腹部・骨盤腔内CTを行うべきである

    researchmap

  • Ilizarov法による大腿骨延長のピン抜去直前にMRSAによる敗血症をきたした1例

    高野 玲子, 遠藤 直人, 大川 豊, 森田 佳明, 本間 政文, 畠山 征也

    日本創外固定・骨延長学会雑誌   11   49 - 53   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

    14歳男.5歳時に左大腿骨内顆骨折し,ギプス固定を受けた.11歳時脚長差は7cmであった.13歳時に大腿骨遠位骨端板閉鎖術を,14歳時に骨切りと脚延長術を施行した.矯正の為,イリザロフリングを装着し,11日目で水痘に罹患した.5週目でMRSAを検出した.チエナム,バンコマイシン投与により5週以後徐々に鎮静化した

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 悪性骨腫瘍に対する体外照射骨関節移植の経験

    堀田 哲夫, 生越 章, 山村 倉一郎, 高野 玲子

    東北整形災害外科紀要   43 ( 2 )   351 - 351   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 粘液型脂肪肉腫の転移様式

    高野 玲子, 堀田 哲夫, 生越 章, 山村 倉一郎

    東北整形災害外科紀要   43 ( 2 )   352 - 353   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東北整形災害外科学会  

    researchmap

  • 皮膚付きHypothenar Muscle Opponoplasty(Huber-Littler法)の経験

    柴田 実, 城倉 雅次, 椙谷 正子, 三輪 仁, 小泉 雅裕, 高野 玲子, 小林 信也

    新潟整形外科研究会会誌   15 ( 1 )   33 - 33   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

  • 放置された肩峰骨折に対し観血的治療を行った1例

    高野 玲子, 恩田 直明, 谷澤 龍彦

    新潟整形外科研究会会誌   15 ( 1 )   29 - 29   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟整形外科研究会  

    researchmap

▶ 全件表示