2022/12/01 更新

写真a

タジマ ヨウスケ
田島 陽介
TAJIMA Yosuke
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学 助教
職名
助教
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

代表的な業績

    • 【共同研究・競争的資金等の研究課題】 ヨーグルトの抗菌-整腸作用に着目した術後難治性炎症病態に対する新規治療法の開拓  2016年4月

    • 【共同研究・競争的資金等の研究課題】 大腸粘液層のバリア機能破綻に着目した炎症性発癌に関与する腸内細菌叢の解明  2019年4月

    • 【論文】 Association between poorly differentiated clusters and efficacy of 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in stage III colorectal cancer  2017年4月

学位

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科生体機能調節医学専攻博士課程 ( 2018年3月   新潟大学 )

  • 新潟大学医学部医学科学士課程 ( 2002年4月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学   助教

    2022年7月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 医歯学系 医学系列   助教

    2022年7月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   助教

    2022年4月 - 2022年6月

  • 藤田保健衛生大学   総合消化器外科   講師   講師

    2018年10月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 新潟大学   医歯学総合病院 光学医療診療部   助教

    2015年6月 - 2018年9月

留学歴

  • 藤田医科大学 総合消化器外科   国内臨床留学

    2018年10月 - 2022年3月

 

論文

  • Unveiling microbiome profiles in human inner body fluids and tumor tissues with pancreatic or biliary tract cancer

    Shujiro Okuda, Yuki Hirose, Hayato Takihara, Akiko Okuda, Yiwei Ling, Yosuke Tajima, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Kazuyasu Takizawa, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Scientific Reports   12 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    With the discovery of bacterial symbiosis in the tissues of various cancers, the study of the tumor microbiome is attracting a great deal of attention. Anatomically, since the gastrointestinal tract, liver, and pancreas form a continuous ductal structure, the microbiomes in the digestive juices of these organs may influence each other. Here, we report a series of microbiome data in tumor-associated tissues such as tumor, non-tumor, and lymph nodes, and body fluids such as saliva, gastric juice, pancreatic juice, bile, and feces of patients with pancreatic or biliary tract cancers. The results show that the microbiome of tumor-associated tissues has a very similar bacterial composition, but that in body fluids has different bacterial composition which varies by location, where some bacteria localize to specific body fluids. Surprisingly, Akkermansia was only detected in the bile of patients with biliary tract cancer and its presence was significantly associated with the performance of external biliary drainage (P = 0.041). Furthermore, we found that tumor-associated tissues and body fluids in deep inner body are mostly inhabited by unidentified and uncharacterized bacteria, suggesting that such bacteria may be potential targets for precision therapy in the future.

    DOI: 10.1038/s41598-022-12658-8

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-022-12658-8

  • Usefulness of laparoscopic right colectomy with intracorporeal anastomosis and preoperative weight reduction for ascending colon cancer in a severely obese patient.

    Gaku Inaguma, Yosuke Tajima, Junichiro Hiro, Tsunekazu Hanai, Hidetoshi Katsuno, Koji Masumori, Yoshikazu Koide, Hiroshi Matsuoka, Tomoyoshi Endo, Tadahiro Kamiya, Yongchol Chong, Harunobu Sato, Kotaro Maeda, Ichiro Uyama, Koichi Suda

    Asian journal of endoscopic surgery   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Obesity has been considered a risk factor for postoperative complications following colorectal cancer surgery. However, the usefulness of a combination of intracorporeal anastomosis and preoperative weight reduction for severely obese patients with colon cancer remains unclear. A 66-year-old man with a body mass index (BMI) of 43 kg/m2 presented with abdominal pain and iron deficiency anemia. Colonoscopy and computed tomography revealed advanced ascending colon cancer with regional lymph node metastasis and excessive abdominal fat. Preoperative diet-induced weight reduction was performed for severe obesity, which decreased his BMI to 39.7 kg/m2 after 1 month. Thereafter, curative resection was performed using intracorporeal anastomosis for reconstruction to achieve minimal colon and mesentery mobilization and a shorter incision. The patient was discharged from the hospital without complications. Laparoscopic right hemicolectomy combining intracorporeal anastomosis and preoperative weight reduction was extremely useful in the current patient with severe obesity and ascending colon cancer.

    DOI: 10.1111/ases.13022

    PubMed

    researchmap

  • [Clinical Study of Inguinal Lymph Node Metastasis in Anal Canal Adenocarcinoma].

    Harunobu Sato, Koji Masumori, Yoshikazu Koide, Junichiro Hiro, Yosuke Tajima, Tadahiro Kamiya, Yeongcheol Cheong, Kunihiro Toyama, Koichi Suda

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1944 - 1946   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We reviewed clinical records of 73 cases with anal canal adenocarcinoma who underwent bilateral inguinal lymph node (ILN)dissection. Eleven patients with positive ILN metastasis(ILNM)were compared with 62 patients with negative ILNM in clinicopathological items and treatment outcomes to evaluate the effectiveness of ILN dissection. Positive ILNM were older, higher preoperative serum levels of CEA and CA19-9, more frequencies of undifferentiated carcinoma, T4b and severe lymphatic invasion than negative ILNM. And the number of mesorectal and lateral node metastasis were significantly more in positive ILNM than negative ILNM. Although the frequency of curability A surgery was significantly less in positive ILNM (63.6%)than negative ILNM(93.5%), there were no significant differences in recurrence rate and prognosis between positive ILNM and negative ILNM in Stage Ⅲ cancer. Recurrence in ILN occurred significantly more in positive ILNM (2 cases) than in negative ILNM(0 case)as initial recurrent site. And recurrence in pelvic local site occurred significantly more in positive ILNM(4 cases)than in negative ILNM(6 cases). Although there was no significant difference in oncological outcome in Stage Ⅲ anal canal adenocarcinoma, ILN recurrence and pelvic local recurrence should be cared for positive ILNM in postoperative follow-up.

    PubMed

    researchmap

  • Histopathological characteristics and artificial intelligence for predicting tumor mutational burden-high colorectal cancer.

    Yoshifumi Shimada, Shujiro Okuda, Yu Watanabe, Yosuke Tajima, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Masato Nakano, Jun Sakata, Yasumasa Takii, Takashi Kawasaki, Kei-Ichi Homma, Tomohiro Kamori, Eiji Oki, Yiwei Ling, Shiho Takeuchi, Toshifumi Wakai

    Journal of gastroenterology   56 ( 6 )   547 - 559   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Tumor mutational burden-high (TMB-H), which is detected with gene panel testing, is a promising biomarker for immune checkpoint inhibitors (ICIs) in colorectal cancer (CRC). However, in clinical practice, not every patient is tested for TMB-H using gene panel testing. We aimed to identify the histopathological characteristics of TMB-H CRC for efficient selection of patients who should undergo gene panel testing. Moreover, we attempted to develop a convolutional neural network (CNN)-based algorithm to predict TMB-H CRC directly from hematoxylin and eosin (H&E) slides. METHODS: We used two CRC cohorts tested for TMB-H, and whole-slide H&E digital images were obtained from the cohorts. The Japanese CRC (JP-CRC) cohort (N = 201) was evaluated to detect the histopathological characteristics of TMB-H using H&E slides. The JP-CRC cohort and The Cancer Genome Atlas (TCGA) CRC cohort (N = 77) were used to develop a CNN-based TMB-H prediction model from the H&E digital images. RESULTS: Tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) were significantly associated with TMB-H CRC (P < 0.001). The area under the curve (AUC) for predicting TMB-H CRC was 0.910. We developed a CNN-based TMB-H prediction model. Validation tests were conducted 10 times using randomly selected slides, and the average AUC for predicting TMB-H slides was 0.934. CONCLUSIONS: TILs, a histopathological characteristic detected with H&E slides, are associated with TMB-H CRC. Our CNN-based model has the potential to predict TMB-H CRC directly from H&E slides, thereby reducing the burden on pathologists. These approaches will provide clinicians with important information about the applications of ICIs at low cost.

    DOI: 10.1007/s00535-021-01789-w

    PubMed

    researchmap

  • Predicting Potential of Rapid Tumor Growth in Small to Medium Vestibular Schwannomas on the Basis of Sway Assessed Using Posturography. 国際誌

    Yoshinori Higuchi, Shiro Ikegami, Kentaro Horiguchi, Kyoko Aoyagi, Osamu Nagano, Toru Serizawa, Yosuke Tajima, Toyoyuki Hanazawa, Iwao Yamakami, Yasuo Iwadate

    World neurosurgery   148   e406-e414   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: The relationship between quantitative posturography results and growth of vestibular schwannomas (VSs) during conservative management has not been studied. We aimed to clarify the relationship between the presence of disequilibrium based on posturographic measurement and VS growth. METHODS: This retrospective, single-center study included 53 patients with VSs (Koos stage I or II) managed conservatively after initial diagnosis. Radiographic progression was considered present if 20% volumetric growth was observed over the imaging interval. Posturography was performed at initial diagnosis, and sway velocity (SV) and sway area were calculated. Tumor growth-free survival was estimated using the Kaplan-Meier method. RESULTS: Mean follow-up period was 2.87 ± 2.58 years, up to tumor growth detection or last follow-up magnetic resonance imaging. Tumor growth incidence was 40.8% and 61.2% at 2 and 5 years, respectively. Cerebellopontine angle extension and SV with eyes open were related to tumor growth. Tumor growth-free survival of patients with cerebellopontine angle extension and patients with intracanalicular tumor at 2 years was 37.3% and 76.4%, respectively. Tumor growth-free survival of patients with SV >2.06 cm/second and patients with SV ≤2.06 cm/second at 2 years was 30.8% and 68.9%, respectively. The Cox hazard model demonstrated a significant risk for future tumor growth with SV >2.06 cm/second (relative risk, 2.475; 95% confidence interval, 1.11-5.37, P = 0.027). CONCLUSIONS: We demonstrated a positive correlation between SV with eyes open and future tumor growth. Posturographic data are objective and quantitative; thus, SV may be a potential predictor of future growth of VSs.

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.12.175

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of intestinal microbiota, short-chain fatty acids, and immunoglobulin a in diversion colitis. 国際誌

    Kentaro Tominaga, Atsunori Tsuchiya, Takeshi Mizusawa, Asami Matsumoto, Ayaka Minemura, Kentaro Oka, Motomichi Takahashi, Tomoaki Yosida, Yuzo Kawata, Kazuya Takahashi, Hiroki Sato, Satoshi Ikarashi, Kazunao Hayashi, Ken-Ichi Mizuno, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Junji Yokoyama, Toshifumi Wakai, Shuji Terai

    Biochemistry and biophysics reports   25   100892 - 100892   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is reported that an increase in aerobic bacteria, a lack of short-chain fatty acids (SCFAs), and immune disorders in the diverted colon are major causes of diversion colitis. However, the precise pathogenesis of this condition remains unclear. The aim of the present study was to examine the microbiota, intestinal SCFAs, and immunoglobulin A (IgA) in the diverted colon. Eight patients underwent operative procedures for colostomies. We assessed the diverted colon using endoscopy and obtained intestinal samples from the diverted colon and oral colon in these patients. We analyzed the microbiota and SCFAs of the intestinal samples. The bacterial communities were investigated using a 16S rRNA gene sequencing method. The microbiota demonstrated a change in the proportion of some species, especially Lactobacillus, which significantly decreased in the diverted colon at the genus level. We also showed that intestinal SCFA values were significantly decreased in the diverted colon. Furthermore, intestinal IgA levels were significantly increased in the diverted colon. This study was the first to show that intestinal SCFAs were significantly decreased and intestinal IgA was significantly increased in the diverted colon. Our data suggest that SCFAs affect the microbiota and may play an immunological role in diversion colitis.

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2020.100892

    PubMed

    researchmap

  • 直腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下手術の現状と展望およびエビデンス 直腸癌に対するロボット支援下手術の短期および長期成績

    勝野 秀稔, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 遠藤 智美, 鄭 栄哲, 菊地 健司, 松尾 一勲, 鈴木 和光, 守瀬 善一, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   SY18 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • Robotic low anterior resection for rectal cancer with side-to-end anastomosis in a patient with anal stenosis. 国際誌

    Yosuke Tajima, Tsunekazu Hanai, Hidetoshi Katsuno, Koji Masumori, Yoshikazu Koide, Keigo Ashida, Hiroshi Matsuoka, Junichiro Hiro, Tomoyoshi Endo, Tadahiro Kamiya, Yongchol Chong, Kotaro Maeda, Ichiro Uyama

    World journal of surgical oncology   19 ( 1 )   14 - 14   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Colorectal anastomosis using the double stapling technique (DST) has become a standard procedure. However, DST is difficult to perform in patients with anal stenosis because a circular stapler cannot be inserted into the rectum through the anus. Thus, an alternative procedure is required for colorectal anastomosis. CASE PRESENTATION: A 78-year-old woman presented with bloody stool. Colonoscopy and computed tomography revealed advanced low rectal cancer without lymph node or distant metastasis. We initially planned to perform low anterior resection using a double stapling technique or transanal hand-sewn anastomosis, but this would have been too difficult due to anal stenosis and fibrosis caused by a Milligan-Morgan hemorrhoidectomy performed 20 years earlier. The patient had never experienced defecation problems and declined a stoma. Therefore, we inserted an anvil into the rectal stump and fixed it robotically with a purse-string suture followed by insertion of the shaft of the circular stapler from the sigmoidal side. In this way, side-to-end anastomosis was accomplished laparoscopically. The distance from the anus to the anastomosis was 5 cm. The patient was discharged with no anastomotic leakage. Robotic assistance proved extremely useful for low anterior resection with side-to-end anastomosis. CONCLUSION: Performing side-to-end anastomosis with robotic assistance was extremely useful in this patient with rectal cancer and anal stenosis.

    DOI: 10.1186/s12957-021-02121-9

    PubMed

    researchmap

  • Prevalence and Risk Factors of Anal and Fecal Incontinence in Japanese Medical Personnel.

    Kotaro Maeda, Yoshikazu Koide, Hidetoshi Katsuno, Tsunekazu Hanai, Koji Masumori, Hiroshi Matsuoka, Yosuke Tajima, Tomoyoshi Endo, Yeong Cheol Cheong

    Journal of the anus, rectum and colon   5 ( 4 )   386 - 394   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: This study aimed to elucidate the actual state of anal incontinence (AI), fecal incontinence (FI), and the associated factors in Japanese medical personnel. Methods: A questionnaire was completed by Japanese medical personnel after listening to lectures on AI. AI was defined as involuntary loss of feces or flatus. Results: A total of 463 persons (mean age, 35.6 years; range, 20-91; male/female/no answer, 132/324/7) participated in the questionnaire. AI occurred in 34.4% of 450 participants (flatus/liquid stool/solid stool: 30.4%/3.6%/0.4%). AI was significantly more prevalent in females (male/female: 15.5%/42.7%, p < 0.001). AI and FI occurred significantly more prevalent in participants aged ≧40 years (p < 0.024). AI was significantly associated with childbirth, frequency of childbirth (more than three times), vaginal delivery, urinary incontinence, the style of urination/defecation, and a history of gynecologic surgery and systemic diseases (p < 0.05). Female gender and age as well as urinary incontinence and inability to defecate separately in female and previous colorectal disease and/or surgery in male were risk factors of AI by multivariate analysis (p < 0.05). FI was correlated with urinary incontinence. Conclusions: AI and FI occurred in 34.4% and 4.0% of Japanese medical personnel, respectively. Gas incontinence was common in every age group. AI was associated with female gender, higher age group, urinary incontinence, the style of urination and defecation in female, and previous colorectal disease and/or surgery in male. FI was associated with urinary incontinence.

    DOI: 10.23922/jarc.2021-025

    PubMed

    researchmap

  • Profiling of host genetic alterations and intra-tumor microbiomes in colorectal cancer. 国際誌

    Shujiro Okuda, Yoshifumi Shimada, Yosuke Tajima, Kizuki Yuza, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Yiwei Ling, Nobuaki Miura, Mika Sugai, Yu Watanabe, Shiho Takeuchi, Toshifumi Wakai

    Computational and structural biotechnology journal   19   3330 - 3338   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Some bacteria are symbiotic in tumor tissues, and metabolites of several bacterial species have been found to cause DNA damage. However, to date, the association between bacteria and host genetic alterations in colorectal cancer (CRC) has not been fully investigated. We evaluated the association between the intra-tumor microbiome and host genetic alterations in 29 Japanese CRC patients. The tumor and non-tumor tissues were extracted from the patients, and 16S rRNA genes were sequenced for each sample. We identified enriched bacteria in tumor and non-tumor tissues. Some bacteria, such as Fusobacterium, which is already known to be enriched in CRC, were found to be enriched in tumor tissues. Interestingly, Bacteroides, which is also known to be enriched in CRC, was enriched in non-tumor tissues. Furthermore, it was shown that certain bacteria that often coexist within tumor tissue were enriched in the presence of a mutated gene or signal pathway with mutated genes in the host cells. Fusobacterium was associated with many mutated genes, as well as cell cycle-related pathways including mutated genes. In addition, the patients with a high abundance of Campylobacter were suggested to be associated with mutational signature 3 indicating failure of double-strand DNA break repairs. These results suggest that CRC development may be partly caused by DNA damage caused by substances released by bacterial infection. Taken together, the identification of distinct gut microbiome patterns and their host specific genetic alterations might facilitate targeted interventions, such as modulation of the microbiome in addition to anticancer agents or immunotherapy.

    DOI: 10.1016/j.csbj.2021.05.049

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of High-Frequency Microsatellite Instability in Colorectal Cancer with MSH2 Mutation Detected Using Gene Panel Testing with a Next-Generation Sequencer].

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Junko Tsuchida, Michiru Arabiki, Akio Matsumoto, Kana Tanaka, Kaoru Abe, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yuki Hirose, Yosuke Kano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we report about a woman in her 30s who had peritoneal dissemination and multiple colon cancer with high-frequency microsatellite instability(MSI-H). Her father, paternal grandfather, and maternal grandmother had a history of colorectal cancer treatment. Thus, Lynch syndrome was suspected. We performed R0 resection for peritoneal dissemination and subsequent peritoneal dissemination. A 435-gene panel testing using a next-generation sequencer identified MSH2 and other mutations in the tumor. Hence, we speculated that she could have a germline mutation of MSH2, which causes Lynch syndrome. In the future, if she wishes to receive genetic counseling and undergo germline testing for variants to confirm the diagnosis of Lynch syndrome, we will perform them after receiving informed consent.

    PubMed

    researchmap

  • Short- and long-term outcomes of robotic surgery for rectal cancer: a single-center retrospective cohort study.

    Hidetoshi Katsuno, Tsunekazu Hanai, Koji Masumori, Yoshikazu Koide, Hiroshi Matsuoka, Yosuke Tajima, Tomoyoshi Endo, Masahiro Mizuno, Yongchol Chong, Kotaro Maeda, Ichiro Uyama

    Surgery today   50 ( 3 )   240 - 247   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study aimed to clarify the short- and long-term outcomes of robotic surgery with or without lateral lymph node dissection (LLND) for rectal cancer at Fujita Health University Hospital, Aichi, Japan, during a self-pay period. METHODS: We retrospectively evaluated 115 consecutive patients who underwent robotic surgery for rectal cancer between September 2009 and March 2018, with a median follow-up period of 48 months. Total mesorectal excision was completed by two certified surgeons using a da Vinci S, Si, or Xi Surgical System with an entirely robotic single-docking technique. The surgical and pathological outcomes, morbidity, and oncological results were examined. RESULTS: Lateral lymph node dissection was performed in 26 patients (22.6%). Neither conversion to open surgery nor perioperative blood transfusion occurred. Ten patients (8.7%) experienced Clavien-Dindo grade III postoperative complications. Pathologically, both the distal and radial margins were negative in all cases. The 5-year relapse-free survival rates for stages I, II, III, and IV were 93.5%, 100%, 83.8%, and not reached, respectively. CONCLUSIONS: Even in the period before coverage by the health insurance system, robotic surgery for rectal cancer performed by experienced surgeons was safe and technically feasible, with favorable perioperative results and long-term oncological outcomes, including rates of the relapse-free survival.

    DOI: 10.1007/s00595-019-01874-x

    PubMed

    researchmap

  • Timing of Surgery to Treat Ulcerative Colitis: An Investigation Focused on Japanese Adults. 国際誌

    Saki Yamada, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Toshifumi Wakai

    Inflammatory intestinal diseases   5 ( 1 )   20 - 26   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction: There are no specific standards for the timing of surgery to treat ulcerative colitis, so reaching a decision on timing is often difficult. Objective: The aim of this study was to evaluate the timing of surgery from the patients' perspective. Methods: From among 203 patients who underwent restorative proctocolectomy with ileal pouch anal anastomosis to treat ulcerative colitis at our hospital from 1985 to 2013, we mailed a questionnaire to 101 of those who are currently attending periodic follow-up at our hospital. Results: We analyzed 72 valid responses (71.2%). Overall, 65 patients (90.3%) responded that they were happy that they underwent surgery, 38 patients (52.8%) responded that the timing of surgery was appropriate, and 32 patients (44.4%) responded that they would have preferred to have had surgery earlier. The group of patients who would have preferred to have had surgery earlier included 23 patients (71.9%) who had undergone emergency surgery; the incidence of emergency surgery was significantly higher than in the group of 13 patients (34.2%) who had responded that the timing of surgery was appropriate (p = 0.002). Scores on the Medical Outcomes Study 36-Item Short-Form Health Survey (SF36), which reflect postoperative quality of life, were maintained at the same level as the Japanese standard values in our Japanese patients. Conclusion: The degree of satisfaction of patients who underwent surgery for ulcerative colitis was favorable, although it is important to consider surgery at an earlier stage in patients who may need emergency surgery.

    DOI: 10.1159/000504885

    PubMed

    researchmap

  • RNF43 mutation is associated with aggressive tumor biology along with BRAF V600E mutation in right-sided colorectal cancer 査読

    2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival after Resection for Metachronous Liver and Lung Metastases of Rectal Cancer Associated with Familial Adenomatous Polyposis].

    Michiru Arabiki, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Yosuke Tajima, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2228 - 2230   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 37-year-old man was admitted to our hospital for the treatment of familial adenomatous polyposis and rectal carcinoma. He underwent total colectomy with ileoanal anastomosis(pT3N1M0, pStage Ⅲa)followed by adjuvant therapy with S-1. Three months after primary surgery, CT and MRIrevealed liver metastases(S5, S6). Laparoscopic partial hepatectomy was performed. Two years after primary surgery, new liver metastases(S2, S8)were found and we performed open partial hepatectomy and administered mFOLFOX6. Three years and 5 months after primary surgery, right lung metastases(S6, S9) were detected and the patient underwent a thoracoscopic-assisted right lung wedge resection. Repeated resection of metastases might have contributed to the long-survival in our case.

    PubMed

    researchmap

  • SMAD4 alteration associates with invasive-front pathological markers and poor prognosis in colorectal cancer. 査読 国際誌

    Oyanagi H, Shimada Y, Nagahashi M, Ichikawa H, Tajima Y, Abe K, Nakano M, Kameyama H, Takii Y, Kawasaki T, Homma KI, Ling Y, Okuda S, Takabe K, Wakai T

    Histopathology   74 ( 6 )   873 - 882   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/his.13805

    PubMed

    researchmap

  • BRAF V600E and SRC mutations as molecular markers for predicting prognosis and conversion surgery in Stage IV colorectal cancer. 査読 国際誌

    Shimada Y, Muneoka Y, Nagahashi M, Ichikawa H, Tajima Y, Hirose Y, Ando T, Nakano M, Sakata J, Kameyama H, Takii Y, Ling Y, Okuda S, Takabe K, Wakai T

    Scientific reports   9 ( 1 )   2466 - 2466   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-39328-6

    PubMed

    researchmap

  • Effectiveness of Low-Dose Intravenous Tissue Plasminogen Activator before Stent Retriever or Aspiration Mechanical Thrombectomy. 国際誌

    Yosuke Tajima, Michihiro Hayasaka, Kouichi Ebihara, Masaaki Kubota, Tatsuma Matsuda, Wataru Nishino, Sumio Suda

    Journal of vascular and interventional radiology : JVIR   30 ( 2 )   134 - 140   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To determine whether thrombolysis with a lower dose of intravenous recombinant tissue plasminogen activator before mechanical thrombectomy is beneficial for functional outcomes compared with mechanical thrombectomy alone. MATERIALS AND METHODS: Data for 100 Japanese patients who underwent mechanical thrombectomy between July 2014 and November 2017 were retrospectively reviewed. These patients were divided into groups according to whether they received intravenous thrombolysis before mechanical thrombectomy, and outcomes were compared. Favorable outcome was defined as a modified Rankin scale score ≤ 2 at 3 months after treatment. RESULTS: Thirty-four patients for the thrombolysis group and 66 patients for the thrombectomy-only group were identified. The thrombolysis and nonthrombolysis groups did not differ significantly in baseline characteristics (mean age, 74.3 y vs 75.7 y [P = .485]; mean preoperative National Institute Health Stroke Scale score, 19.8 vs 19.6 [P = .825]). There were no significant differences in the times required for, or the rates of, successful recanalization. However, the thrombolysis group had a higher rate of complete recanalization (67.6% vs 43.9%; P = .041). Postoperative symptomatic intracranial hemorrhage was not significantly different between groups. Favorable outcomes were observed in 73.5% of patients in the thrombolysis group and 51.5% in the nonthrombolysis group (P = .028). CONCLUSIONS: This single-center retrospective study shows that lower-dose intravenous thrombolysis improves the outcomes of mechanical thrombectomy for Japanese patients with acute anterior-circulation stroke treated within 4.5 hours of onset.

    DOI: 10.1016/j.jvir.2018.11.005

    PubMed

    researchmap

  • Left colic artery aneurysm rupture after stent placement for abdominal aortic aneurysm associated with neurofibromatosis type 1. 国際誌

    Kazuki Moro, Hitoshi Kameyama, Kaoru Abe, Junko Tsuchida, Yosuke Tajima, Hiroshi Ichikawa, Masato Nakano, Mayuko Ikarashi, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Kaori Kato, Takeshi Okamoto, Hajime Umezu, Emmanuel Gabriel, Masanori Tsuchida, Toshifumi Wakai

    Surgical case reports   5 ( 1 )   12 - 12   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Neurofibromatosis type 1 (NF1) is an autosomal dominant disease of the skin and soft tissue. Aneurysms associated with NF1 can occur, but a secondary aneurysm rupture is very rare, with very few cases reported in literature. CASE PRESENTATION: We describe the case of a 67-year-old female with NF1 who underwent endovascular aneurysm repair (EVAR) for an abdominal aortic aneurysm (AAA) rupture. She developed a type Ib endoleak requiring a redo-EVAR. Eighteen days after her primary operation, she was found to have two new left colic artery aneurysms. She required emergency surgery consisting of a left hemicolectomy and transverse colon colostomy. Pathology showed neurofibromatous changes to the peri-vasculature tissue, consistent with her underlying disease. CONCLUSIONS: Although rare, secondary aneurysms can occur following AAA repair. Patients with soft tissue connective tissue disorders, like NF1, may be at an increased risk for development of these secondary aneurysms. Endovascular repair appears to be a safe approach for NF1 patients with AAA, but endovascular management can be challenging in the setting of NF1. Surgeons should be ready to convert to open surgery if the patient displays persistent signs of bleeding or structural changes related to connective tissue disorders like NF1.

    DOI: 10.1186/s40792-019-0570-4

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival in a Patient with Ascending Colon Cancer and Synchronous Multiple Liver Metastases after Multimodality Therapy Including Multiple Hepatectomy]. 査読

    Hotta S, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Tanaka K, Tajima Y, Nakano M, Ichikawa H, Hanyu T, Takizawa K, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2464 - 2466   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Different Roles of Sphingosine Kinase 1 and 2 in Pancreatic Cancer Progression. 査読 国際誌

    Kizuki Yuza, Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Yuki Hirose, Kohei Miura, Yosuke Tajima, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    The Journal of surgical research   232   186 - 194   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Pancreatic cancer is a disease with poor prognosis, and development of new treatments is necessary. Sphingosine-1-phosphate (S1P), a bioactive lipid mediator produced by sphingosine kinases (SphK1 and SphK2), plays a critical role in progression of many types of cancer. However, little is known about the role of sphingosine kinases in pancreatic cancer. This study investigated the roles of sphingosine kinases in pancreatic cancer progression. MATERIALS AND METHODS: S1P levels in pancreatic cancer and noncancerous pancreatic tissue were measured in 10 patients. We generated PAN02 murine pancreatic cancer cell lines with a clustered regularly interspaced short palindromic repeats (CRISPR)/CRISPR-associated system genes 9 (Cas9)-mediated deletion of SphK1 or SphK2 and assessed cell growth and migration. In an animal model, we assessed the survival of mice injected with PAN02 cells intraperitoneally. RESULTS: S1P levels in the pancreatic cancer tissue were significantly higher than those in noncancerous tissue. SphK1 knockout (KO) cells showed greater proliferation and migration than wild type (WT) cells, and SphK2 KO cells showed less proliferation and migration than WT cells. Animal experiments showed that the survival of mice injected with SphK1 KO cells was significantly shorter than those injected with WT cells, and the survival of mice injected with SphK2 KO cells was longer than those injected with WT cells. Surprisingly, cytotoxic assay using gemcitabine showed that SphK1 KO cells survived less than WT cells, and SphK2 KO cells survived more than WT cells. CONCLUSIONS: S1P produced by SphK1 and SphK2 may have different functions in pancreatic cancer cells. Targeting both SphK1 and SphK2 may be a potential strategy for pancreatic cancer treatment.

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.06.019

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Resistance to Systemic Therapy in Hypermutation of Colorectal Cancer].

    Kana Tanaka, Yoshifumi Shimada, Yosuke Tajima, Saki Yamada, Shinnosuke Hotta, Mae Nakano, Masato Nakano, Hitoshi Kameyama, Kohei Miura, Hiroshi Ichikawa, Masayuki Nagahashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2476 - 2478   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 78-year-old man was admitted with diarrhea. Colonoscopy and computed tomography(CT)revealed rectal cancer with multiple liver metastases. Low anterior resection was performed for local control. After the operation, 5 courses of mFOLFOX6 plus bevacizumab chemotherapy were administered as first-line systemic therapy, but CT showed progressive disease with liver metastases. After the first-line systemic therapy, 2 courses of FOLFIRI plus bevacizumab chemotherapy were performed as second-line systemic therapy, but CT also revealed progressive disease with liver metastases. We retrospectively performed comprehensive genomic sequencing with a 415-gene panel and found that the patient had a hypermutation subtype. Interestingly, the panel also revealed that he had mismatch-repair(MMR)deficiency with MSH2 mutation, which is reported as a possible cause of resistance to 5-fluorouracil in colorectal cancer.

    PubMed

    researchmap

  • [Staged Laparoscopy-Assisted Surgery Including Hand-Assisted Laparoscopic Surgery for Rectal Cancer with Synchronous Liver Metastases-A Case Report].

    Saki Yamada, Yoshifumi Shimada, Akio Matsumoto, Kaoru Abe, Kana Tanaka, Hidehito Oyanagi, Takahiro Otani, Shinnosuke Hotta, Natsuru Sudo, Kohei Miura, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1851 - 1853   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we reported a case of a 39-year-old woman having rectal cancer with multiple liver metastases who underwent staged laparoscopic resection. She was diagnosed with low rectal cancer and multiple liver metastases; thus, she underwent low anterior resection and diverting colostomy. Following the neoadjuvant chemotherapy, she underwent colostomy closure and subsequent hand-assisted laparoscopic partial hepatectomy using the operative site during the colostomy closure. The postoperative course was uneventful, and adjuvant chemotherapy with CapeOX was performed 3 weeks post-surgery. Minimally invasive surgery was performed using hand-assisted laparoscopy.

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Significance of BRAF Non-V600E Mutations in Colorectal Cancer: A Retrospective Study of Two Institutions. 査読 国際誌

    Shimada Y, Tajima Y, Nagahashi M, Ichikawa H, Oyanagi H, Okuda S, Takabe K, Wakai T

    The Journal of surgical research   232   72 - 81   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.06.020

    PubMed

    researchmap

  • Upregulation of phosphorylated sphingosine kinase 1 expression in colitis-associated cancer 査読

    Kizuki Yuza, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Masato Nakajima, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    Journal of Surgical Research   231   323 - 330   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Academic Press Inc.  

    Background: Colitis-associated cancer (CAC) is the most serious complication of inflammatory bowel disease. Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a bioactive lipid mediator that is generated by sphingosine kinase 1 (SphK1) and is known to play an important role in inflammation and cancer progression. Moreover, SphK1 and S1P act as upstream mediators of proinflammatory cytokine interleukin 6 (IL-6) and signal transducer and activator of transcription-3 (STAT3). We hypothesized that the expression levels of phosphorylated SphK1 (pSphK1), phosphorylated STAT3 (pSTAT3), and IL-6 are universally higher in CAC patients than in sporadic colorectal cancer (CRC) patients because all of these factors are associated with inflammation. In this study, we determined the expression levels of pSphK1 in patients with sporadic CRC and CAC and clarified the importance of S1P in CAC patients. Materials and methods: We randomly selected 10 sporadic CRC patients and 10 CAC patients who underwent curative resection, and we examined their surgical specimens by immunohistochemistry. We determined the expression levels of pSphK1, pSTAT3, and IL-6 in these samples. Results: We found pSphK1 expression to be more prevalent in CAC patients (P = 0.019) and to have a higher immunohistochemistry score (P = 0.005) than in sporadic CRC patients. However, the expression of pSTAT3 and IL-6 did not differ between the patient groups. Conclusions: To our knowledge, this is the first report comparing pSphK1 expression levels in CAC with those in sporadic CRC. The high levels of pSphK1 expression in CAC suggest an important role of S1P in the disease process of CAC.

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.05.085

    Scopus

    researchmap

  • 直腸間膜リンパ節に再発をきたした子宮体癌の1例

    岡田 修吉, 島田 能史, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   763 - 763   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 繰り返す嘔吐、腹痛を契機に発見された重複腸管の一例

    山下 裕美子, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 小柳 英人, 田中 花菜, 阿部 馨, 杉野 英明, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   694 - 694   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Genomic characterization of colitis-associated colorectal cancer. 査読 国際誌

    Kameyama H, Nagahashi M, Shimada Y, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Sakata J, Kobayashi T, Narayanan S, Takabe K, Wakai T

    World journal of surgical oncology   16 ( 1 )   121 - 121   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-018-1428-0

    PubMed

    researchmap

  • 包括的癌ゲノム検査からみた高齢者大腸癌の遺伝子変異の特徴

    堀田 真之介, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   820 - 820   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Small bowel obstruction after ileal pouch-anal anastomosis with a loop ileostomy in patients with ulcerative colitis 査読

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Hashimoto, Yoshifumi Shimada, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Annals of Coloproctology   34 ( 2 )   94 - 100   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society of Coloproctology  

    Purpose: Small bowel obstruction (SBO) remains a common complication after pelvic or abdominal surgery. However, the risk factors for SBO in ulcerative colitis (UC) surgery are not well known. The aim of the present study was to clarify the risk factors associated with SBO after ileal pouch-anal anastomosis (IPAA) with a loop ileostomy for patients with UC. Methods: The medical records of 96 patients who underwent IPAA for UC between 1999 and 2011 were reviewed. SBO was confirmed based on the presence of clinical symptoms and radiographic findings. The patients were divided into 2 groups: the SBO group and the non-SBO group. We also analyzed the relationship between SBO and computed tomography (CT) scan image parameters. Results: The study included 49 male and 47 female patients. The median age was 35.5 years (range, 14-72 years). We performed a 2- or 3-stage procedure as a total proctocolectomy and IPAA for patients with UC. SBO in the pretakedown of the loop ileostomy after IPAA occurred in 22 patients (22.9%). Moreover, surgical intervention for SBO was required for 11 patients. In brief, closure of the loop ileostomy was performed earlier than expected. A multivariate logistic regression analysis revealed that the 2-stage procedure (odds ratio, 2.850
    95% confidence interval, 1.009-8.044
    P = 0.048) was a significant independent risk factor associated with SBO. CT scan image parameters were not significant risk factors of SBO. Conclusion: The present study suggests that a 2-stage procedure is a significant risk factor associated with SBO after IPAA in patients with UC.

    DOI: 10.3393/ac.2017.06.14

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1055 - 1055   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Management of rectal gastrointestinal stromal tumor 査読

    Hitoshi Kameyama, Tatsuo Kanda, Yosuke Tajima, Yoshifumi Shimada, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Toshifumi Wakai

    Translational Gastroenterology and Hepatology   2018   8   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AME Publishing Company  

    Gastrointestinal stromal tumor (GIST) is the most common mesenchymal neoplasm of the gastrointestinal tract. However, rectal GIST is rare, the incident rate of it is approximately 5% of all GISTs. Rectal GIST symptoms generally include bleeding and/or pain and occasionally, urinary symptoms. Immunohistochemical evaluation finds that most rectal GIST tumors are CD117 (KIT) positive, and are sometimes CD34, platelet-derived growth factor receptor alpha (PDGFRA), smooth muscle actin, S-100, or vimentin positive. The National Institutes of Health (NIH) classifies rectal GIST as very-low risk, low risk, intermediate risk, or high risk, and the frequencies have been estimated as 0-23.8% for very-low risk, 0-45% for low risk, 0-34% for intermediate risk, and 21-100% for high risk tumors. The first-line treatment for localized GIST is curative resection, but is difficult in rectal GIST because of anatomical characteristics such as the deep, narrow pelvis and proximity to the sphincter muscle or other organs. Several studies noted the efficacy of the minimally invasive surgery, such as trans-anal, trans-sacral, trans-vaginal resection, or laparoscopic resection. The appropriate surgical procedure should be selected depending on the case. Imatinib mesylate (IM) is indicated as first-line treatment of metastatic or unresectable GIST, and clinical outcomes are correlated with KIT mutation genotype. However, the KIT mutation genotypes in rectal GIST are not well known. In this review, as in other GISTs, a large proportion (59-100%) of rectal GISTs carry exon 11 mutations. Although curative resection is indicated for localized rectal GIST, a high rate of local recurrence is a problem. Multimodal therapy including perioperative IM may improve postoperative outcomes, contributing to anus-preserving surgery. Moreover, KIT mutation analysis before IM treatment is important. This review summarizes current treatment strategies for rectal GIST.

    DOI: 10.21037/tgh.2018.01.08

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Feasibility of restorative proctocolectomy in patients with ulcerative colitis-associated lower rectal cancer: A retrospective study. 査読 国際誌

    Hotta S, Shimada Y, Nakano M, Yamada S, Abe K, Oyanagi H, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Kameyama H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Asian journal of surgery   42 ( 1 )   267 - 273   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.asjsur.2018.01.003

    PubMed

    researchmap

  • Pathogenic germline <i>BRCA1/2</i> mutations and familial predisposition to gastric cancer. 査読 国際誌

    Ichikawa H, Wakai T, Nagahashi M, Shimada Y, Hanyu T, Kano Y, Muneoka Y, Ishikawa T, Takizawa K, Tajima Y, Sakata J, Kobayashi T, Kemeyama H, Yabusaki H, Nakagawa S, Sato N, Kawasaki T, Homma K, Okuda S, Lyle S, Takabe K

    JCO precision oncology   2   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/PO.18.00097

    PubMed

    researchmap

  • [Quality of Life of Patients after Colorectal Cancer Surgery as Assessed Using EQ-5D-5L Scores]. 査読

    Kameyama H, Shimada Y, Yagi R, Yamada S, Hotta S, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Hanyu T, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1083 - 1085   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Comprehensive genomic sequencing detects important genetic differences between right-sided and left-sided colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yusuke Muneoka, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Tetsu Hayashida, Hiromasa Takaishi, Yuko Kitagawa, Eiji Oki, Tsuyoshi Konishi, Fumio Ishida, Shin-ei Kudo, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Takashi Ishikawa, Kohei Akazawa, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    ONCOTARGET   8 ( 55 )   93567 - 93579   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IMPACT JOURNALS LLC  

    Objectives: Anti-epidermal growth factor receptor (EGFR) therapy has been found to be more effective against left-sided colorectal cancer (LCRC) than right-sided colorectal cancer (RCRC). We hypothesized that RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy and tested this using comprehensive genomic sequencing.
    Materials and methods: A total of 201 patients with either primary RCRC or LCRC were analyzed. We investigated tumors for genetic alterations using a 415-gene panel, which included alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy: TK receptors (ERBB2, MET, EGFR, FGFR1, and PDGFRA), RAS pathway (KRAS, NRAS, HRAS, BRAF, and MAPK2K1), and PI3K pathway (PTEN and PIK3CA). Patients whose tumors had no alterations in these 12 genes, theoretically considered to respond to anti-EGFR therapy, were defined as "all wild-type", while remaining patients were defined as "mutant-type".
    Results: Fifty-six patients (28%) and 145 patients (72%) had RCRC and LCRC, respectively. Regarding genetic alterations associated with anti-EGFR therapy, only 6 of 56 patients (11%) with RCRC were "all wild-type" compared with 41 of 145 patients (28%) with LCRC (P = 0.009). Among the 49 patients who received anti-EGFR therapy, RCRC showed significantly worse progression-free survival (PFS) than LCRC (P = 0.022), and "mutant-type" RCRC showed significantly worse PFS compared with "all wild-type" LCRC (P = 0.004).
    Conclusions: RCRC is more likely to harbor genetic alterations associated with resistance to anti-EGFR therapy compared with LCRC. Furthermore, our data shows primary tumor sidedness is a surrogate for the non-random distribution of genetic alterations in CRC.

    DOI: 10.18632/oncotarget.20510

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [Two Cases of Colorectal Cancer with SRC Amplification]. 査読

    Oyanagi H, Shimada Y, Yagi R, Tajima Y, Ichikawa H, Nakano M, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Ascending Colon Cancer with Synchronous Liver Metastases and Peritoneal Dissemination]. 査読

    Mito M, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Hotta S, Hirose Y, Yagi R, Tajima Y, Nakano M, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Prophylactic lateral pelvic lymph node dissection in stage IV low rectal cancer 査読

    Hiroshi Tamura, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-Ichi Kosugi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Toshifumi Wakai

    World Journal of Clinical Oncology   8 ( 5 )   412 - 419   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Baishideng Publishing Group Co., Limited  

    AIM: To assess the clinical significance of prophylactic lateral pelvic lymph node dissection (LPLND) in stage IV low rectal cancer. METHODS: We selected 71 consecutive stage IV low rectal cancer patients who underwent primary tumor resection, and enrolled 50 of these 71 patients without clinical LPLN metastasis. The patients had distant metastasis such as liver, lung, peritoneum, and paraaortic LN. Clinical LPLN metastasis was defined as LN with a maximum diameter of 10 mm or more on preoperative pelvic computed tomography scan. All patients underwent primary tumor resection, 27 patients underwent total mesorectal excision (TME) with LPLND (LPLND group), and 23 patients underwent only TME (TME group). Bilateral LPLND was performed simultaneously with primary tumor resection in LPLND group. R0 resection of both primary and metastatic sites was achieved in 20 of 50 patients. We evaluated possible prognostic factors for 5-year overall survival (OS), and compared 5-year cumulative local recurrence between the LPLND and TME groups. RESULTS: For OS, univariate analyses revealed no significant benefit in the LPLND compared with the TME group (28.7% vs 17.0%, P = 0.523)
    multivariate analysis revealed that R0 resection was an independent prognostic factor. Regarding cumulative local recurrence, the LPLND group showed no significant benefit compared with TME group (21.4% vs 14.8%, P = 0.833). CONCLUSION: Prophylactic LPLND shows no oncological benefits in patients with Stage IV low rectal cancer without clinical LPLN metastasis.

    DOI: 10.5306/wjco.v8.i5.412

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Relevance of Dissection of the Posterior Superior Pancreaticoduodenal Lymph Nodes in Gallbladder Carcinoma 査読

    Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Yosuke Tajima, Taku Ohashi, Yuki Hirose, Kabuto Takano, Kazuyasu Takizawa, Kohei Miura, Toshifumi Wakai

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 ( 9 )   2474 - 2481   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background. This study was designed to evaluate the prognostic value of positive posterior superior pancreaticoduodenal lymph nodes to clarify the need for dissection of these nodes.
    Methods. A total of 148 patients with gallbladder carcinoma who underwent radical resection including dissection of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes were enrolled. The incidence of metastasis and the survival rates among patients with metastasis to each lymph node group were calculated.
    Results. Of the 148 patients, 70 (47%) had nodal disease. The incidences of metastasis in the cystic duct, pericholedochal, retroportal, and hepatic artery node groups, defined as regional nodes in the UICC TNM staging system, ranged from 8.3 to 24.3% with 5-year survival rates of 12.5-46.4% in patients with positive nodes. The incidence of metastasis to the posterior superior pancreaticoduodenal nodes was 12.8% with a 5-year survival rate of 31.6% in patients with positive nodes. Survival after resection was significantly better in patients with distant nodal disease affecting only the posterior superior pancreaticoduodenal nodes (5-year survival, 55.6%) than in patients with distant nodal disease beyond these nodes (5-year survival, 15.0%; p = 0.046), whereas survival after resection was comparable between the former group and patients with regional nodal disease alone (5-year survival, 40.7%; p = 0.426).
    Conclusions. In gallbladder carcinoma, involvement of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes is similar to that of regional nodes in terms of both the incidence of metastasis and the impact on survival. Inclusion of the posterior superior pancreaticoduodenal nodes among the regional nodes should be considered.

    DOI: 10.1245/s10434-017-5939-7

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Utility of comprehensive genomic sequencing for detecting HER2-positive colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Yo Sato, Takeaki Matsuzawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Takashi Kawasaki, Kei-ichi Homma, Hiroshi Izutsu, Keisuke Kodama, Jennifer E. Ring, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Shujiro Okuda, Kohei Akazawa, Toshifumi Wakai

    HUMAN PATHOLOGY   66   1 - 9   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    HER2-targeted therapy is considered effective for KRAS codon 12/13 wild-type, HER2-positive metastatic colorectal cancer (CRC). In general, HER2 status is determined by the use of immunohistochemistry (IHC) and fluorescence in situ hybridization (FISH). Comprehensive genomic sequencing (CGS) enables the detection of gene mutations and copy number alterations including KRAS mutation and HER2 amplification; however, little is known about the utility of CGS for detecting HER2-positive CRC. To assess its utility, we retrospectively investigated 201 patients with stage I-IV CRC. The HER2 status of the primary site was assessed using IHC and FISH, and HER2 amplification of the primary site was also assessed using CGS, and the findings of these approaches were compared in each patient. CGS successfully detected alterations in 415 genes including KRAS codon 12/13 mutation and HER2 amplification. Fifty-nine (29%) patients had a KRAS codon 12/13 mutation. Ten (5%) patients were diagnosed as HER2 positive because of HER2 MC 3+, and the same 10 (5%) patients had HER2 amplification evaluated using CGS. The results of HER2 status and HER2 amplification were completely identical in all 201 patients (P &lt; .001). Nine of the 10 HER2-positive patients were KRAS 12/13 wild-type and were considered possible candidates for HER2-targeted therapy. CGS has the same utility as IHC and FISH for detecting HER2-positive patients who are candidates for HER2-targeted therapy, and facilitates precision medicine and tailor-made treatment. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.humpath.2017.02.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Association between poorly differentiated clusters and efficacy of 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in stage III colorectal cancer 査読

    Yosuke Tajima, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Ryoma Yagi, Takuma Okamura, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   47 ( 4 )   313 - 320   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Objective: Although poorly differentiated cluster has been reported to be a useful grading system for predicting prognosis in colorectal cancer, its relationship to chemotherapy efficacy has not been demonstrated. We aimed to investigate the association between poorly differentiated cluster and the efficacy of 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in stage III colorectal cancer.
    Methods: This retrospective study enrolled 131 patients with stage III colorectal cancer who underwent curative resection: 72 received 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy (chemotherapy group) and 59 did not (surgery-alone group). Poorly differentiated cluster was defined as a cancer cluster of &gt;= 5 cancer cells without gland-like structure, and was classified into poorly differentiated cluster G1, G2 and G3 according to the number of clusters. The benefit of 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy was evaluated based on poorly differentiated cluster grade.
    Results: Thirty-nine, 40 and 52 patients were classified as poorly differentiated cluster G1, G2 and G3, respectively. Significant differences in the 5-year cumulative recurrence rate and relapse-free survival were observed between poorly differentiated cluster G1/G2 and G3 (26.7% vs. 47.5%, P = 0.010; 66.0% vs. 43.9%, P = 0.004). A comparison of cumulative recurrence rate and relapse-free survival between the chemotherapy and surgery-alone groups showed a significant benefit of adjuvant chemotherapy in poorly differentiated cluster G1/G2 patients (cumulative recurrence rate: 17.4% vs. 37.3%, P = 0.035; relapse-free survival: 79.5% vs. 51.9%, P = 0.002), but not in poorly differentiated cluster G3 patients (cumulative recurrence rate: 48.6% vs. 44.8%, P = 0.885; relapse-free survival: 51.4% vs. 32.7%, P = 0.068).
    Conclusions: In stage III colorectal cancer, poorly differentiated cluster G1/G2 predicts a significant benefit from 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy, whereas poorly differentiated cluster G3 predicts a poor response to it.

    DOI: 10.1093/jjco/hyw209

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • An adenocarcinoma arising in the ileal pouch after total proctocolectomy with ileal pouch-anal anastomosis for familial adenomatous polyposis 査読

    Yoshifumi Hashimoto, Masato Nakano, Hitoshi Kameyama, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Yoshifumi Shimada, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Gastroenterological Surgery   50 ( 6 )   469 - 475   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Gastroenterological Surgery  

    We report the case of a 45-year-old man, who at the age of 24 had total proctocolectomy with ileal W-pouch anal anastomosis for familial adenomatous polyposis. A follow-up transanal endoscopy performed at the age of 38 revealed approximately 30 polyps in the ileal pouch, which were then confirmed by biopsy to be tubular adenomas. A transanal endoscopy performed at the age of 44 revealed an 8 mm 0-Is lesion located approximately 1 cm proximal to the ileal pouch-anal anastomosis, which was then removed by EMR. Histopathological analysis showed the presence of well-differentiated tubular adenocarcinoma in adenoma. To date, no recurrence of adenocarcinoma has been confirmed in follow-up transanal endoscopies. We have experienced treating a case of adenocarcinoma arising in the ileal pouch through the adenoma-carcinoma sequence after total proctocolectomy with ileal pouch-anal anastomosis for familial adenomatous polyposis. For early diagnosis and prompt treatment, it is important to perform periodic surveillance of the ileal pouch and conduct aggressive endoscopic resection when a large adenoma exceeding 10 mm is found.

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0055

    Scopus

    researchmap

  • Clinical significance of NQO1 expression in KRAS wild-type colorectal cancer 査読

    Hitoshi Kameyama, Yuki Hirose, Yasunobu Matsuda, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, You Sato, Saki Yamada, Shinnosuke Hotta, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY   10 ( 5 )   5841 - 5849   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E-CENTURY PUBLISHING CORP  

    NAD(P)H: quinone oxidoreductase-1 (NQO1) protects cells against redox cycling and oxidative stress; however, in cancer cells, NQO1 confers resistance against anticancer agents. The aim of this study was to evaluate the association between NQO1 expression and prognosis in patients with advanced (locally advanced or metastatic/recurrent) colorectal cancer (CRC). A retrospective analysis of 47 patients [28 male and 19 female; median age: 62 years (range, 17-78)] with advanced CRC was conducted. Immunohistochemical examination of tumor tissue specimens was performed using monoclonal anti-NQO1 antibody. The association of NQO1 expression with patient characteristics, chemotherapeutic response, and clinical prognosis was assessed. Therapeutic efficacy (complete response, partial response, stable disease, and progressive disease) was evaluated using Response Evaluation Criteria in Solid Tumors (RECIST) version 1.1. We compared the therapeutic efficacy in KRAS wild and mutant CRC because epidermal growth factor receptor (EGFR)-signaling pathway plays a pivotal role in CRC. Of the 47 patients, 31 (66.0%) had KRAS wild CRC and 16 (34.0%) had KRAS mutant CRC. Moreover, 37 (78.7%) had NQO1-positive tumors and 10 (21.3%) had NQO1-negative tumors. Among the patients with KRAS wild CRC, NQO1-negative patients showed significantly better disease control rate (complete response + partial response + stable disease) than NQO1-positive patients (P = 0.028). Moreover, NQO1-negative patients had longer progression-free survival and overall survival than NQO1-positive patients (P = 0.041 and P = 0.043, respectively). NQO1 expression in the tumor may be a predictor of therapeutic efficacy and prognosis in patients with KRAS wild advanced CRC.

    Web of Science

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival after Repeated Peritoneal Recurrences of Perforated Sigmoid Colon Cancer Treated with Systemic Chemotherapy and R0 Resection of Peritoneal Tumors]. 査読

    Watanabe T, Kobayashi T, Wakai A, Yagi R, Tanaka K, Miura K, Tajima Y, Nagahashi M, Shimada Y, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2139 - 2141   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Metastatic Colorectal Cancer with HER2 Overexpression/Amplification]. 査読

    Matsumoto A, Shimada Y, Yagi R, Miura K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Kameyama H, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Ichikawa H, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2307 - 2309   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Metastatic Colon Cancer Dramatically Affected by Anti-EGFR Antibody Therapy]. 査読

    Yagi R, Shimada Y, Miura K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Long-term survival in pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from colon cancer 査読

    Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Saki Yamada, Ryoma Yagi, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hajime Umezu, Toshifumi Wakai

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   14 ( 1 )   286   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Meigs' syndrome is defined as the co-existence of benign ovarian fibroma or fibroma-like tumor, ascites, and pleural effusion. In contrast, pseudo-Meigs' syndrome is defined as the co-existence of other ovarian or pelvic tumors, ascites, and pleural effusion. In Meigs' and pseudo-Meigs' syndromes, ascites and pleural effusion resolve promptly after the complete resection of the ovarian or pelvic tumor(s). Secondary ovarian tumors from colorectal gastrointestinal metastases rarely cause pseudo-Meigs' syndrome; only 11 cases of pseudo-Meigs' syndrome secondary to colorectal cancers have been reported in the literature. Therefore, the prognosis and etiology of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancers remain unclear.
    Case presentation: We report here a rare case of pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastases from sigmoid colon cancer with long-term survival. A 47-year-old woman presented with abdominal distention of 1month duration. She developed acute dyspnea 2 weeks after the initial presentation. Colonoscopy and computed tomography revealed sigmoid colon cancer with an ovarian metastasis, along with massive ascites and bilateral pleural effusion. Emergency operation, including bilateral oophorectomy and sigmoidectomy, was performed. Subsequently, ascites and bilateral pleural effusion resolved rapidly. Curative hepatic resection was performed for liver metastases 29 months after the first operation, and as of this writing, the patient is alive with no evidence of a disease 78 months after the first operation. In general, colorectal cancer with ovarian metastasis is hard to cure, and long-term survival in patients with colorectal cancer with pseudo-Meigs' syndrome is rare. Our experience suggests that curative resection for pseudo-Meigs' syndrome caused by ovarian metastasis from colorectal cancer may offer long-term survival.
    Conclusions: Our experience suggests that pseudo-Meigs' syndrome can occur in a patient with colorectal cancer after metastasis to the ovaries, causing massive ascites and pleural effusion. Aggressive treatment, including R0 resection, for this disease if allowed by the patient's general condition may offer long-term survival.

    DOI: 10.1186/s12957-016-1040-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [A Systematic Analysis of Oncogene and Tumor Suppressor Genes for Panitumumab-Resistant Rectal Cancer with Wild RAS Gene - A Case Report]. 査読

    Tajima Y, Shimada Y, Yagi R, Okamura T, Nakano M, Kameyama H, Nogami H, Maruyama S, Takii Y, Miura K, Ichikawa H, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Significance of Extramural Tumor Deposits in the Lateral Pelvic Lymph Node Area in Low Rectal Cancer: A Retrospective Study at Two Institutions 査読

    Ryoma Yagi, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Takashi Kawasaki, Kei-ichi Honma

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 ( Suppl 4 )   552 - 558   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The presence of extramural tumor deposits without lymph node structure (EX) is an important prognostic factor for patients with colorectal cancer. However, the clinical significance of EX in the lateral pelvic lymph node area (LP-EX) remains unclear. This study aimed to determine the prognostic implications of LP-EX for patients with low rectal cancer.
    This retrospective study involved 172 consecutive patients with stage 2 or 3 low rectal cancer who underwent curative surgery including lateral pelvic lymph node (LPLN) dissection. The patients were classified into the following three groups according to the metastatic status of the LPLN area: patients without metastasis (no-LP-M group), patients with lymph node metastasis (LP-LNM group), and patients with EX (LP-EX group). Potential prognostic factors of overall survival (OS) and relapse-free survival (RFS) were identified in uni- and multivariate analyses.
    Classification assigned 131 patients (76 %) to the no-LP-M group, 27 patients (16 %) to the LP-LNM group, and 14 patients (8 %) to the LP-EX group. The 5-year OS rate was 80.3 % in the no-LP-M group, 61.1 % in the LP-LNM group, and 34.9 % in the LP-EX group (P &lt; 0.001). The corresponding 5-year RFS rates were 62.2, 33.8, and 14.3 %, respectively (P &lt; 0.001). A multivariate Cox proportional hazards regression analysis showed that the presence of LP-EX was an independent prognostic factor for OS (P = 0.006) and RFS (P = 0.001).
    The LP-EX classification is a useful pathologic parameter that can be used to stratify patients with metastasis in the LPLN area.

    DOI: 10.1245/s10434-016-5379-9

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical significance of MED12 expression in colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Yosuke Tajima, Hitoshi Kameyama, Ryoma Yagi, Takuma Okamura, Yuki Hirose, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Yasunobu Matsuda, Yoichi Ajioka, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY   9 ( 7 )   6937 - 6944   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E-CENTURY PUBLISHING CORP  

    MED12 is a transcriptional mediator complex subunit, which negatively regulates the transforming growth factor beta (TGF-beta) pathway. The TGF-beta pathway plays a major role in the induction of epithelial-mesenchymal transition 9EMT). MED12 loss induces activation of the TGF-beta pathway, resulting in EMT and drug resistance to epidermal growth factor receptor (EGFR)-targeted therapy. We aimed to investigate the clinical significance of MED12 loss detected by immunohistochemistry in patients with colorectal cancer (CRC). A total of 100 patients diagnosed with stage I-IV CRC were enrolled in this retrospective study. MED12 expression was evaluated immunohistochemically, and classified as either positive (&gt;= 20%) or negative (&lt;20%) with regard to the percentage of immunoreactive cells. The relationships between MED12 loss and clinicopathological characteristics and RAS mutation status were analyzed. Overall, 79 and 21 patients were classified as MED12 positive and MED12 negative, respectively. MED12 negativity was significantly associated with tumor budding (P = 0.034), N category (P = 0.010), and M category (P = 0.031). Among stage IV CRC patients, 18 of 31 patients had the RAS wild-type gene; 6 of these patients were MED12 negative, and were considered to have the potential for resistance to EGFR-targeted therapy despite the presence of the wild-type gene. In conclusion, MED12 loss is associated with tumor budding, nodal metastasis, and distant metastasis in patients with CRC, suggesting that MED12 loss induces activation of the TGF-beta pathway resulting in EMT. Future treatment strategies focusing on patients MED12 loss may improve the prognosis of patients with CRC.

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical significance of perineural invasion diagnosed by immunohistochemistry with anti-S100 antibody in Stage I-III colorectal cancer 査読

    Yoshifumi Shimada, Tomoki Kido, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Takuma Okamura, Masato Nakano, Masayuki Nagahashi, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai, Yoichi Ajioka

    SURGERY TODAY   45 ( 12 )   1493 - 1500   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Perineural invasion (PN) diagnosed by hematoxylin-eosin (HE) staining is an important prognostic factor after curative-intent surgery in patients with colorectal cancer. However, the clinical significance of PN diagnosed by immunohistochemistry (IHC) has not been investigated. The present study assessed the clinical significance of PN diagnosed by IHC with an anti-S100 antibody in patients with colorectal cancer.
    We retrospectively enrolled 184 consecutive patients with stage I-III colorectal cancer who had undergone curative-intent surgery. We analyzed the absence/presence of PN diagnosed by HE staining (HE-PN) compared to that diagnosed by IHC with the anti-S100 antibody (S100-PN). Potential prognostic factors were identified by univariate and multivariate analyses of the overall and relapse-free survival. The statistics were used to assess the inter-observer reproducibility.
    The incidence of HE-PN and S100-PN among the 184 patients was 60 patients (32.6 %) and 113 patients (61.4 %), respectively (P &lt; 0.001). A multivariate Cox proportional hazards regression model analysis indicated that S100-PN was an independent prognostic factor for both the overall and relapse-free survival. The value was 0.77 for S100-PN and 0.47 for HE-PN.
    PN diagnosed by IHC is an important prognostic factor in patients with colorectal cancer. An inter-observer assessment showed superior judgment reproducibility for S100-PN compared with HE-PN.

    DOI: 10.1007/s00595-014-1096-9

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 症例報告 Pagetoid spreadを契機に発見された直腸癌術後局所再発の1例 査読

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 山田 沙季, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文, Iwaki Takawa, Kameyama Hitoshi, Nakano Masato, Yamada Saki, Hirose Yuki, Yagi Ryoma, Tajima Yosuke, Okamura Takuma, Nagahashi Masayuki, Shimada Yoshifumi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   129 ( 11 )   692 - 698   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は80歳女性. 前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された. 局所切除後2年1か月目に, 外陰部から肛門にかけて掻痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった. 生検でPaget細胞が認められた. 乳房外Paget病は, 皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され, 鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である. 本症例では, 免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性, CK20陽性, CK7陰性であり, Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した. CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった. 外陰部膣合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで, 治癒切除となった. 直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが, Paget細胞遺残の可能性を考慮し, 外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • [A Case of Long-Term Survival Following Metastasectomies of Liver Metastasis, Lung Metastasis, and Peritoneal Dissemination of Cecal Cancer]. 査読

    Yamamoto J, Nakano M, Shimada Y, Kameyama H, Yamada S, Yagi R, Tatsuda K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 卵巣癌直腸浸潤により直腸間膜内リンパ節転移を来した1例

    水木 亨, 島田 能史, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 辰田 久美子, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 榎本 隆之

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、女性。腹部膨満を主訴に近医を受診し、その後当院産婦人科へ紹介された。胸腹骨盤部CT検査では、右卵巣腫大、多発肺転移、多発肝転移、腹膜播種を指摘され、さらにダグラス窩の腹膜播種は直腸への浸潤が疑われた。卵巣癌Stage IVに対して術前化学療法(paclitaxel+carboplatin療法)を3コース行った。その後、腹腔内の腫瘍減量手術(子宮・両側付属器摘出、大網部分切除、腹膜播種切除、Hartmann手術)を施行した。直腸間膜内に多発するリンパ節腫大を認めたため、下腸間膜動脈根部までのリンパ節郭清を行った。術後の病理組織学的診断では、右卵巣漿液性腺癌の診断となった。また、傍直腸リンパ節にも卵巣癌の転移が認められた。術後は化学療法を再開し、現在加療中である。卵巣癌の直腸浸潤では、直腸切除と直腸所属リンパ節郭清を行うことで卵巣癌の腫瘍減量手術に寄与する可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470285&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F285%2F2300-2302%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F285%2F2300-2302%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • [Three Cases of Stage Ⅳ Low Rectal Cancer with Lateral Pelvic Lymph Node Metastasis]. 査読

    Tamura H, Shimada Y, Yagi R, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Ishikawa T, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T, Nogami H, Maruyama S, Takii Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2303 - 2305   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [Mesorectal Lymph Node Metastasis Arising from Rectal Invasion by an Ovarian Cancer--A Case Report]. 査読

    Mizuki T, Shimada Y, Yagi Y, Tajima Y, Nakano M, Nakano M, Tatsuda K, Ishikawa T, Sakata J, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Koyama Y, Wakai T, Enomoto T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of Rectal Carcinoma with Recurrence around the Drainage Site Complicated by Fournier's Gangrene]. 査読

    Abe K, Kameyama H, Shimada Y, Yamada S, Soma D, Yagi R, Miura K, Tatsuda K, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nakano M, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2291 - 2293   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎患者の人工肛門造設術後ストーマサイズの経時的変化

    諸 和樹, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 3   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • S状結腸浸潤を伴った腸間膜デスモイド腫瘍の1手術例

    日紫喜 万理子, 中野 雅人, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1807 - 1807   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 同時性脳転移を契機に発見された直腸癌の1例

    田中 花菜, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1807 - 1807   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 当科でのCrohn's Diseaseに合併した痔瘻癌についての検討

    山田 沙季, 亀山 仁史, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   RS - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績 Prognostic nutritional indexは予後予測因子として有用か

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸の癌およびdysplasiaに対する外科治療

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 進行再発大腸癌におけるNQO1発現の臨床的意義

    亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 佐藤 洋, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 大腸癌における肉眼的リンパ節転移診断の意義

    田島 陽介, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 広瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 炎症性腸疾患の長期経過例におけるサーベイランスの臨床的意義

    安藤 拓也, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • A Case of Obstructive Colitis with Elevated Serum Carcinoembryonic Antigen

    Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Yuki Hirose, Natsuru Sudo, Yosuke Tajima, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Shin-ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Journal of Clinical Case Reports   5 ( 11 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OMICS Publishing Group  

    DOI: 10.4172/2165-7920.1000635

    researchmap

  • A chronic idiopathic intestinal pseudo-obstruction triggered by pregnancy 査読

    Yosuke Tajima, Tsuneo Iiai, Hitoshi Nogami, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Mae Fushiki, Kazuhiko Sekine, Ai Hosoi, Katsuyoshi Hatakeyama, Hajime Umezu

    Japanese Journal of Gastroenterological Surgery   45 ( 3 )   326 - 332   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 23-year-old woman presented with a history of repeated abdominal pain and vomiting since the 12th gestational week. Radiological studies revealed dilatation of the entire small intestine without mechanical obstruction, and dysmotility of the ileocecal region was suspected. Her symptoms continued after delivery, despite conservative treatment, and ileocecal resection was performed at age 24 years. The resected specimen showed a remarkable decrease in the density of enteric ganglion cells, therefore chronic idiopathic intestinal pseudo-obstruction (CUP) was diagnosed. Subtotal colectomy was subsequently performed at 25 years of age, but her symptoms persisted. Long-term parenteral nutrition became difficult because of catheter-related complications and her nutritional status worsened. Therefore, at age 29 she underwent jejunostomy, and her symptoms improved. She is now able to eat and her nutritional status continues to improve. Autoimmune abnormality has recently been reported to be one of the causes of CUP, and some relation between pregnancy and autoimmune disease has been recognized. Our case suggests that immunological changes during pregnancy may cause CUP. © 2012 The Japanese Society of Gastroenterological Surgery.

    DOI: 10.5833/jjgs.45.326

    Scopus

    researchmap

  • A case of fungal pyogenic spondylitis with ulcerative colitis 査読

    Yosuke Tajima, Tsuneo Iiai, Mikako Kawahara, Tatsuo Tani, Osamu Morita, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of Japanese Society of Gastroenterology   106 ( 8 )   1183 - 1188   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 58-year-old man with refractory ulcerative colitis underwent subtotal colectomy 4 months after the diagnosis. He developed intense back pain and high fever 9 days after the operation. Findings of a CT scan and an MRI confirmed the diagnosis of pyogenic spondylitis, and Candida albicans was cultured from the biopsy specimen. His clinical condition gradually improved after receiving therapy with rest and antifungal agents. Physicians should be aware of the possibility of pyogenic spondylitis in patients with back pain is treated for ulcerative colitis.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 肛門部扁平上皮癌に対する化学放射線療法の検討

    佐藤 美信, 升森 宏次, 小出 欣和, 廣 純一郎, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 花井 恒一

    日本大腸肛門病学会雑誌   74 ( 9 )   A240 - A240   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • Transvaginal anterior levatorplastyを施行し、症状が改善した直腸瘤を伴う小腸瘤の1例

    小出 欣和, 前田 耕太郎, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 廣 純一郎, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 小林 陽介, 鄭 栄哲, 稲熊 岳, 西村 彰博, 須田 康一

    日本大腸肛門病学会雑誌   74 ( 9 )   A160 - A160   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当科におけるHartmann's reversalの検討

    神谷 忠宏, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   76回   P119 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 消化管穿孔を疑い緊急手術を施行した気腫性膀胱炎に伴う膀胱破裂の1例

    鄭 栄哲, 神谷 忠宏, 田島 陽介, 小出 欣和, 升森 宏次, 佐藤 美信, 花井 恒一, 宇山 一朗, 廣 純一郎, 須田 康一

    日本腹部救急医学会雑誌   41 ( 5 )   375 - 378   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • ロボット支援下手術におけるデバイス選択の工夫 当科でのロボット支援下直腸癌手術におけるデバイス選択の工夫

    蘆田 啓吾, 花井 恒一, 鄭 栄哲, 神谷 忠宏, 田島 陽介, 廣 純一郎, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   76回   RSV17 - 6   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 超高齢者(90歳以上)に対する全身麻酔下大腸手術のリスク因子の検討

    神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 前田 耕太郎, 宇山 一朗

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌手術における胃管再建 当科の標準術式と短期成績

    市川 寛, 羽入 隆晃, 加納 陽介, 石川 卓, 茂木 大輔, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 6   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌におけるBRCA遺伝子変異の臨床的意義

    小柳 英人, 島田 能史, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遺伝性大腸癌診療ガイドライン2020年版に準じたMSI-H大腸癌に対するリンチ症候群スクリーニング

    田中 花菜, 島田 能史, 小柳 英人, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌の化学放射線療法における治療効果予測 がん遺伝子パネル検査による遺伝子変異プロファイリングから

    島田 能史, 小柳 英人, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 土田 純子, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 年代別に見た大腸癌治療成績の比較

    中野 雅人, 島田 能史, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 石川 卓, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌手術における食道胃管吻合部狭窄の検討

    茂木 大輔, 市川 寛, 番場 竹生, 加納 陽介, 羽入 隆晃, 須藤 翔, 石川 卓, 宗岡 悠介, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 中川 悟, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ゲノム解析による外科治療の進歩 固形癌におけるゲノム解析に基づく外科治療の現況と将来展望

    若井 俊文, 島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 茂木 大輔, 松本 瑛生, 諸 和樹, 土田 純子, 中野 麻恵, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 加納 陽介, 中野 雅人, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   NES - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 治癒切除不能な同時性腹膜播種を有する大腸癌に対する原発巣切除の検討

    佐藤 美信, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生理機能から見たハイリスク胃癌患者に対する胃全摘の適応 胃癌根治患者における胃全摘術と他病死に関する検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 加納 陽介, 石川 卓, 小杉 伸一, 宗岡 悠介, 茂木 大輔, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PD - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下腹腔鏡下直腸手術の利点と問題点 本邦におけるロボット支援下腹腔鏡下直腸手術の利点と問題点

    花井 恒一, 宇山 一朗, 勝野 秀稔, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   SY17 - KL1   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 【消化管穿孔・虚血に対する低侵襲アプローチ】S状結腸憩室穿孔に対する低侵襲手術を含めた術式選択

    田島 陽介, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    外科   83 ( 3 )   249 - 253   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>S状結腸憩室穿孔に対しては従来開腹Hartmann手術が標準手術であると考えられてきた.一方,近年は低侵襲性や永久人工肛門回避が求められ,一期的切除吻合・腹腔鏡下切除・腹腔鏡下洗浄ドレナージなどの術式の報告が散見される.しかし,これらの術式は技術的難度や安全性などの点から十分な検証がまだなされておらず,普及していないのが現状である.救命を最優先としたうえで,患者の状態や各施設の状況をふまえた術式選択が肝要である.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20210301230010&doc_link_id=10.15106%2Fj_geka83_249&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_geka83_249&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 直腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下手術の現状と展望およびエビデンス 直腸癌に対するロボット支援下手術の短期および長期成績

    勝野 秀稔, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 遠藤 智美, 鄭 栄哲, 菊地 健司, 松尾 一勲, 鈴木 和光, 守瀬 善一, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   SY18 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 炎症性腸疾患(IBD)に対する腹腔鏡下手術の現状と展望 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の現状と展望 アプローチ法の変遷からロボット支援下手術まで

    廣 純一郎, 問山 裕二, 大北 喜基, 鄭 栄哲, 神谷 忠宏, 田島 陽介, 蘆田 啓吾, 小出 欣和, 升森 宏次, 花井 恒一

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   WS29 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 進行下部直腸癌に対して術前放射線化学療法後にロボット支援下直腸切断術を施行した一例

    田中 花菜, 島田 能史, 小柳 英人, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   25 ( 7 )   DP80 - 5   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 【消化管穿孔・虚血に対する低侵襲アプローチ】S状結腸憩室穿孔に対する低侵襲手術を含めた術式選択

    田島 陽介, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    外科   83 ( 3 )   249 - 253   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>S状結腸憩室穿孔に対しては従来開腹Hartmann手術が標準手術であると考えられてきた.一方,近年は低侵襲性や永久人工肛門回避が求められ,一期的切除吻合・腹腔鏡下切除・腹腔鏡下洗浄ドレナージなどの術式の報告が散見される.しかし,これらの術式は技術的難度や安全性などの点から十分な検証がまだなされておらず,普及していないのが現状である.救命を最優先としたうえで,患者の状態や各施設の状況をふまえた術式選択が肝要である.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20210301230010&doc_link_id=10.15106%2Fj_geka83_249&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_geka83_249&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 消化管縫合不全の予防と治療の工夫 当科の大腸悪性腫瘍手術に対する縫合不全対策と成績

    神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 宇山 一朗

    日本腹部救急医学会雑誌   41 ( 2 )   205 - 205   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 消化管穿孔を疑い緊急手術を施行した膀胱破裂の1例

    伊藤 綾香, 鄭 栄哲, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 松岡 宏, 田島 陽介, 神谷 忠弘, 前田 耕太郎, 宇山 一朗

    日本腹部救急医学会雑誌   41 ( 2 )   264 - 264   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • ダブルバルーン内視鏡検査が診断に有用であったメッケル憩室による腸閉塞の1例

    川瀬 貴久, 神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 宇山 一郎

    日本腹部救急医学会雑誌   41 ( 2 )   238 - 238   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 腸重積により小腸壊死に至ったPeutz-jeghers症候群の1例

    河邊 由佳, 神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 廣 純一郎, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 宇山 一朗

    日本腹部救急医学会雑誌   41 ( 2 )   234 - 234   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 完全直腸脱に対する術式の選択と腹腔鏡下直腸固定術のコツと工夫

    花井 恒一, 小出 欣和, 勝野 秀稔, 田島 陽介, 蘆田 啓吾, 前田 耕太郎, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本外科系連合学会誌   45 ( 5 )   503 - 503   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  • ダブルバイポーラ法を用いた直腸癌ロボット支援下手術

    勝野 秀稔, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 松岡 宏, 田島 陽介, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   75回   P189 - 1   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるロボット支援下下部直腸癌手術の排尿機能温存についての検討

    田島 陽介, 花井 恒一, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 遠藤 智美, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   75回   RSV9 - 7   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸 再発・転移

    佐藤 美信, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会雑誌   53 ( Suppl.2 )   186 - 186   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肛門側へ約6cm以上の壁内進展を認めた直腸癌の1例

    佐藤 美信, 宇山 一朗, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 鄭 永哲

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回   P - 152   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 【早わかり縫合・吻合のすべて】(4章)術式別の縫合・吻合法 大腸 経肛門的直腸切除術・MITASでの縫合

    小出 欣和, 前田 耕太郎, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 鄭 栄哲, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 宇山 一郎

    臨床外科   75 ( 11 )   220 - 224   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>直腸病変に対する,経肛門的切除術の術式選択は,肛門縁から5cm以下の病変では,従来法による経肛門的局所切除を行い,5cm以上の高位の病変にはminimally invasive transanal surgery(MITAS)による局所切除術を選択する.本稿では,これらの術式の縫合を中心に,手技の実際と工夫,コツなどについて概説する.

    researchmap

  • メチル酸イマチニブ投与後にロボット支援下ISRにて切除しえた直腸GISTの1例

    松波 光志朗, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 稲葉 一樹, 加藤 悠太郎, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   577 - 577   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 盲腸癌に対して施行した回盲部切除術後標本にて診断された小腸NETの1例

    鄭 栄哲, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 須田 康一, 稲葉 一樹, 加藤 悠太郎, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 増刊 )   412 - 412   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における結腸憩室炎手術の検討

    田島 陽介, 花井 恒一, 升森 宏次, 勝野 秀稔, 小出 欣和, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 遠藤 智美, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A156 - A156   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • S状結腸軸捻転症64例の臨床的検討

    神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 遠藤 智美, 宇山 一郎

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A141 - A141   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 直腸固定術で改善した直腸重積と脱出を伴う隆起型MPS(直腸粘膜脱症候群)の1例

    小出 欣和, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A135 - A135   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 【保存版!臓器脱の診断と治療】ストーマ脱出の病態生理と治療法

    小出 欣和, 前田 耕太郎, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一郎

    外科   82 ( 10 )   1055 - 1059   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>ストーマ脱出は,ストーマ合併症の晩期合併症の一つであり,患者の生活の質(QOL)を著しく低下させうる疾患である.ストーマ脱出の病態は,過長な移動性のある腸管があって,ストーマと腹壁の間にある程度の大きさの間隙が存在し,その間隙に腹圧がかかるとストーマ脱出が引き起こされる.ストーマ脱出の手術治療法には,低侵襲の順に,(1)脱出腸管巾着縫縮法,(2)脱出腸管粘膜縫縮法,(3)Delorme変法,(4)ボタン固定法,(5)縫合器を用いた脱出腸管切除法,(6)脱出腸管腹壁固定法などの手法が報告されている.治療法の選択は,脱出程度・脱出状況や,全身状態の状況,オストメイトとなった基礎疾患の状況などと,それぞれの手術療法のメリット・デメリットをよく考慮して治療法を選択することが肝要である.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20200831080010&doc_link_id=10.15106%2Fj_geka82_1055&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_geka82_1055&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 当院における腸管子宮内膜症に対する腹腔鏡手術の経験

    鄭 栄哲, 神谷 忠宏, 田島 陽介, 遠藤 智美, 蘆田 啓吾, 小出 欣和, 勝野 秀稔, 松岡 宏, 升森 宏次, 佐藤 美信, 花井 恒一, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A209 - A209   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌における血清CEAとCA19-9値の両者測定の臨床的意義

    佐藤 美信, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A168 - A168   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 鼠径ヘルニア嵌頓後に後腹膜穿孔をきたした下行結腸癌の1例

    伊藤 綾香, 神谷 忠宏, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 松岡 宏, 田島 陽介, 鄭 栄哲, 前田 耕太郎, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 9 )   A218 - A218   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • クローン病における十二指腸瘻孔切除後の大網被覆術有用性の検討

    升森 宏次, 宇山 一朗, 花井 恒一, 佐藤 美信, 小出 欣和, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における院内内視鏡外科合併症カンファレンスを通した安全管理に対する取り組み

    稲葉 一樹, 中村 謙一, 田島 陽介, 柴崎 晋, 小島 正之, 棚橋 義直, 蘆田 啓吾, 菊地 健司, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 須田 康一, 加藤 悠太郎, 花井 恒一, 杉岡 篤, 宇山 一朗, 須田 隆, 星川 康, 鈴木 達也, 安田 あゆ子, 伊東 昌広

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • がんゲノム医療は大腸癌の外科治療戦略を変えるか

    島田 能史, 中野 雅人, 荒引 みちる, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 日本人外科医として世界に発信できるトランスレーショナルリサーチ

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 田島 陽介, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SSF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌Distal spreadの臨床的意義 原発巣の局在による違い

    阿部 馨, 島田 能史, 中野 雅人, 荒引 みちる, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌におけるEXの予後予測因子としての有用性 大腸癌取扱い規約の検証

    荒引 みちる, 島田 能史, 中野 雅人, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 教室におけるクローン病に対する手術成績

    鄭 栄哲, 勝野 秀稔, 水野 真広, 遠藤 智美, 田島 陽介, 松岡 宏, 小出 欣和, 蘆田 啓吾, 升森 宏次, 佐藤 美信, 花井 恒一, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患関連肝細胞癌におけるATM発現が肝切除後の予後に与える影響

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 三浦 要平, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SF - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ミラノ基準内再発肝細胞癌に対する再肝切除症例の予後因子解析

    三浦 宏平, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 加納 陽介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部胃癌に対する噴門側胃切除術の栄養学的意義と再建手技の検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 加納 陽介, 石川 卓, 根本 万理子, 酒井 剛, 宗岡 悠介, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆.癌に対する拡大胆嚢摘出術の適応と限界

    三浦 要平, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 原発性卵巣癌または腹膜癌の直腸浸潤における直腸間膜リンパ節転移は血行性肝転移の危険因子である

    中野 雅人, 島田 能史, 荒引 みちる, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 加納 陽介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 慢性炎症による癌の増殖・転移を促進する脂質メディエーター分子機構

    永橋 昌幸, 土田 純子, 油座 築, 諸 和樹, 根本 万里子, 廣瀬 雄己, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中島 真人, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Actute care surgeryの現状と未来 外科医が担うACS

    滝沢 一泰, 坂田 純, 油座 築, 三浦 要平, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査によりMSH2変異を認めた高頻度マイクロサテライト不安定性大腸癌の1例

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 利川 千絵, 諸 和樹, 土田 純子, 荒引 みちる, 松本 瑛生, 田中 花菜, 阿部 馨, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 雅人, 廣瀬 雄己, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 7 )   1113 - 1115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は30歳代、女性。家族歴は父、父方祖父、母方祖母が大腸癌である。高頻度マイクロサテライト不安定性(high-frequency microsatellite instability:MSI-H)Stage II大腸癌の術後経過観察中に、腹膜播種再発および多発大腸癌を指摘された。現病歴および家族歴からリンチ症候群が疑われたため、当院を紹介された。当院では腹膜播種再発と、その後の腹膜播種再々発に対して2回のR0切除術を施行した。腹膜播種再発の癌組織を用いて、次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査を施行したところ、MSH2変異(c.A2211-2G)を認めた。本症例では、生殖細胞系列におけるMSH2変異がリンチ症候群の原因遺伝子変異となり、MSI-H大腸癌の発生に関与している可能性がある。今後は、必要に応じて遺伝カウンセリングや生殖細胞系列の遺伝子変異検査を実施する予定である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20200728400024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004707%2F025%2F1113-1115%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【この一冊で網羅!ストーマ造設・管理のすべて】ストーマの長期的管理

    升森 宏次, 花井 恒一, 小出 欣和, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 神谷 忠宏, 遠藤 智美, 鄭 栄哲, 前田 耕太郎, 宇山 一朗

    消化器外科   43 ( 3 )   313 - 323   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • ポリスチレンスルホン酸ナトリウム内服下での大腸壊死術後に残存大腸の高度狭窄をきたした1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 田中 花菜, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 佐藤 航, 梅津 哉, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 ( 2 )   64 - 69   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    症例は68歳,男性.慢性腎不全による高カリウム血症に対しポリスチレンスルホン酸ナトリウムを内服中に急性心不全を発症し,弁置換術,弁形成術が施行された.術後9日目に腹痛と血便が出現した.上行結腸壊死による汎発性腹膜炎と診断し,結腸右半切除と二連銃式の人工肛門造設術を行った.術後半年後の人工肛門閉鎖の際に左側結腸に狭窄を認め,残存結腸全摘,直腸S状部切除を行った.下行結腸に著明な狭窄を伴う縦走潰瘍瘢痕を,S状結腸に潰瘍形成を認めた.病理組織検査では狭窄部,潰瘍部の腸管壁内に好塩基性結晶様異物を認め,異物反応を伴っていた.ポリスチレンスルホン酸塩が腸管壁内に取り込まれると排除困難で,慢性的な異物反応や炎症により組織障害が遷延する可能性がある.慢性腎不全患者の腸管壊死,穿孔,腸炎に対し手術を行う際には,ポリスチレンスルホン酸塩製剤の内服歴を確認し,腸切除範囲の決定や吻合の可否に注意する必要がある.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01146&link_issn=&doc_id=20200131180003&doc_link_id=10.3862%2Fjcoloproctology.73.64&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3862%2Fjcoloproctology.73.64&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 繰り返す下行結腸・S状結腸憩室炎に対して結腸左半切除術施行後上行結腸憩室炎を認めた一例

    辻村 和紀, 升森 宏次, 鄭 栄哲, 水野 真広, 遠藤 智美, 田島 陽介, 小出 欣和, 佐藤 美信, 花井 恒一, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本腹部救急医学会雑誌   40 ( 2 )   367 - 367   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • Robotic Surgery for Rectal Cancer: Operative Technique and Review of the Literature.

    Hidetoshi Katsuno, Tsunekazu Hanai, Koji Masumori, Yoshikazu Koide, Keigo Ashida, Hiroshi Matsuoka, Yosuke Tajima, Tomoyoshi Endo, Masahiro Mizuno, Yeongcheol Cheong, Kotaro Maeda, Ichiro Uyama

    Journal of the anus, rectum and colon   4 ( 1 )   14 - 24   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The number of patients undergoing robotic surgery for rectal cancer has rapidly increased in Japan, since the government approved the procedure for national insurance coverage in April 2018. Robotic surgery has the potential to overcome some limitations of laparoscopic surgery, especially in the narrow pelvis, providing a three-dimensional view, articulated instruments, and a stable camera platform. Although meta-analyses and randomized controlled trials have failed to demonstrate the superiority of robotic surgery over laparoscopic surgery with respect to the short-term clinical outcomes, the published findings suggest that robotic surgery may be potentially beneficial for patients who are obese, male, or patients undergoing sphincter-preserving surgery for rectal cancer. The safety and feasibility of robotic surgery for lateral lymph node dissection, the standard procedure for locally advanced lower rectal cancer in Japan, have been demonstrated in some retrospective studies. However, additional prospective, randomized trials are required to determine the actual benefits of robotic surgery to ameliorate the urogenital and oncological outcomes. The cost of this approach is a long-standing principal concern. A literature search showed that the cost of robotic surgery for rectal cancer was 1.3-2.5 times higher per patient than that for the laparoscopic approach. We herein describe our surgical technique using a da Vinci Surgical System (S/Si/Xi) with 10 years of experience in performing robotic surgery. We also review current evidence regarding short-term clinical and long-term oncological outcomes, lateral lymph node dissection, and the cost of the procedure.

    DOI: 10.23922/jarc.2019-037

    PubMed

    researchmap

  • ロボット支援下直腸手術の導入期の手術成績について 2施設間の比較

    蘆田 啓吾, 花井 恒一, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 松岡 宏, 田島 陽介, 水野 真広, 鄭 栄哲, 山本 学, 藤原 義之, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   MO287 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 子宮全摘後に発症した後腹膜平滑筋腫の一例

    犬飼 美智子, 升森 宏次, 鄭 栄哲, 水野 真広, 遠藤 智美, 田島 陽介, 蘆田 啓吾, 小出 欣和, 勝野 秀稔, 松岡 宏, 花井 恒一, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本臨床外科学会雑誌   80 ( 12 )   2314 - 2314   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝転移、肺転移を切除し長期生存が得られている家族性大腸腺腫症に伴う直腸癌の1例

    荒引 みちる, 亀山 仁史, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 市川 寛, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2228 - 2230   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は37歳、男性。家族性大腸腺腫症および直腸癌、cT3N0M0、cStage IIの診断で、大腸全摘、回腸嚢肛門吻合、D3リンパ節郭清術を施行した。病理組織学的診断の結果は直腸癌、pT3N1M0、pStage IIIaであったため、術後補助化学療法としてS-1の内服を開始した。術後3ヵ月目に肝転移(S5、S6)を認め、腹腔鏡下肝部分切除術を施行した。術後24ヵ月後、肝転移再発(S2、S8)を認め、開腹肝部分切除術を施行した。術後41ヵ月後、右肺S6、S9に転移を認め、胸腔鏡補助下肺部分切除術(S6、S9)を行った。転移巣に対し外科的切除を行い、長期生存を得られている家族性大腸腺腫症に伴う直腸癌の1例を経験した。複数回の肝転移切除術、肺転移切除術の意義を示す症例として報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20200117590106&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2019%2F004613%2F106%2F2228-2230%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2019%2F004613%2F106%2F2228-2230%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 側方リンパ節転移を伴うT1下部直腸癌に対してロボット支援下腹会陰式直腸切断術を施行した1例

    田島 陽介, 花井 恒一, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 蘆田 啓吾, 松岡 宏, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   MO149 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • ダブルバイポーラ法を用いた直腸癌ロボット支援手術

    勝野 秀稔, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 蘆田 啓吾, 松岡 宏, 田島 陽介, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   SF094 - 3   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸切除術における血管損傷・腸管損傷のトラブルシューティング

    升森 宏次, 宇山 一朗, 杉岡 篤, 花井 恒一, 佐藤 美信, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 蘆田 啓吾, 田島 陽介, 水野 真広, 鄭 栄哲

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   SF031 - 1   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌に対するロボット支援手術 直腸癌におけるロボット手術の現状と問題点

    蘆田 啓吾, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 松岡 宏, 田島 陽介, 水野 真広, 鄭 栄哲, 加藤 悠太郎, 須田 康一, 稲葉 一樹, 杉岡 篤, 宇山 一朗

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 7 )   PD1 - 7   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 退院転院先を見据えた周術期リハビリテーション介入・地域連携システムの取り組み

    亀山 仁史, 田中 花菜, 根本 万理子, 山田 沙季, 油座 築, 安藤 拓也, 大渓 隆弘, 堀田 真之介, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   246 - 246   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝外胆管切除を伴う肝切除症例における予後予測因子の検討

    安藤 拓也, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   218 - 218   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 非乳頭部十二指腸m-sm癌に対する外科治療成績 多施設共同研究

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 野村 達也, 高野 可赴, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 齋藤 敬太, 峠 弘治, 安藤 拓也, 油座 築, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   188 - 188   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 高齢者術後再発膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel併用療法の検討

    滝沢 一泰, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 小林 隆, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   157 - 157   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後の繰り返す肝性脳症に対し門脈大循環シャント離断術が有効であった1例

    三浦 宏平, 小林 隆, 安藤 拓也, 油座 築, 諸 和樹, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 齋藤 敬太, 堅田 朋大, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   277 - 277   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 術前に経カテーテル動脈塞栓術を施行し安全に切除できたIGF-II産生孤立性線維性腫瘍の1例

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 斎藤 敬太, 滝沢 一泰, 諸 和樹, 加納 陽介, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   249 - 249   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 日本人ゲノム安定型胃癌の特徴

    酒井 剛, 市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 石川 卓, 臼井 賢司, 根本 万理子, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 藪崎 裕, 中川 悟, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   108 - 108   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 多施設共同研究による残膵全摘術の検討

    堅田 朋大, 野村 達也, 横山 直行, 北見 智恵, 皆川 昌広, 青野 高志, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   142 - 142   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌に対するInvasive tumor thickness分類の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 斎藤 敬太, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   52 ( Suppl.2 )   112 - 112   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • アプローチ法からみた当科における直腸脱手術の検討

    田島 陽介, 花井 恒一, 升森 宏次, 勝野 秀稔, 小出 欣和, 松岡 宏, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A94 - A94   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌Hypermutationの臨床病理学的特徴(Clinicopathological features of hypermutation in colorectal cancer)

    島田 能史, 田島 陽介, 小柳 英人, 永橋 昌幸, 市川 寛, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事   78回   P - 3046   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • ケイキサレートの関与が疑われた大腸狭窄の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 山田 沙季, 田中 花奈, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A248 - A248   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌のPrecision medicineの現状と展望 大腸癌診療における遺伝子パネル検査の可能性

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A71 - A71   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • MPS(直腸粘膜脱症候群)を合併した直腸子宮内膜症の1例

    小出 欣和, 花井 恒一, 佐藤 美信, 升森 宏次, 松岡 宏, 勝野 秀稔, 田島 陽介, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一郎

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A212 - A212   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • ストーマ外来受診患者のストーマ管理の現状と問題点

    亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 諸 和樹, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 9 )   A100 - A100   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 手術支援ロボットは下部直腸癌手術の解剖学的制限を克服できるか? 当科症例の検討

    田島 陽介, 花井 恒一, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   74回   RS7 - 4   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 開腹手術の手技を踏襲した直腸癌に対するロボット支援下側方リンパ節郭清に関して

    勝野 秀稔, 花井 恒一, 升森 宏次, 小出 欣和, 松岡 宏, 田島 陽介, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 宇山 一朗

    日本消化器外科学会総会   74回   P130 - 2   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • がんゲノム医療 大腸癌診療におけるPrecision Cancer Medicine

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 羽入 隆晃, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   35 ( 1 )   56 - 56   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 大腸癌の占拠部位による遺伝子変異の差異とその臨床応用の可能性

    島田 能史, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   289 - 289   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当院における小腸カルチノイド7例の臨床的検討

    冨永 顕太郎, 川田 雄三, 本田 穣, 上村 顕也, 横山 純二, 寺井 崇二, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文, アネコフ・アレクセイ, 味岡 洋一, 阿部 達也, 梅津 哉, 岩渕 三哉

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   348 - 348   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当科における小腸悪性腫瘍に対する術前小腸内視鏡検査の検討

    小柳 英人, 島田 能史, 田島 陽介, 阿部 馨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   328 - 328   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌診療におけるprecision medicine 大腸癌における次世代シークエンサーを使用した遺伝子パネルの臨床応用の可能性

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 阿部 馨, 油座 築, 田中 花菜, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 田島 陽介, 中野 雅人, 羽入 隆晃, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 石川 卓, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援手術の現況と展望 大腸疾患におけるロボット手術の現状と展望

    花井 恒一, 宇山 一朗, 勝野 秀稔, 升森 宏次, 田島 陽介, 遠藤 智美, 水野 真広, 鄭 栄哲, 稲葉 一樹, 加藤 悠太郎, 杉岡 篤

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸間膜全割標本を用いた直腸癌の肛門側癌進展の臨床的意義

    小柳 英人, 島田 能史, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 石川 卓, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当科における高齢者胃癌手術症例の検討

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 酒井 剛, 根本 万理子, 臼井 賢司, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道胃接合部腺癌における術前内視鏡検査による食道浸潤長評価の精度

    酒井 剛, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 臼井 賢司, 根本 万理子, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 外科侵襲と予後 消化器外科入院患者における自宅退院を困難とする因子の検討

    亀山 仁史, 田中 花菜, 島田 能史, 阿部 馨, 油座 築, 小柳 英人, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳頭部癌における根治切除後再発 再発率、再発形式、危険因子、再発治療

    堅田 朋大, 坂田 純, 安藤 拓也, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌史, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部領域胆管癌に対するリンパ節郭清 至適範囲と転移個数による分類の意義

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遠位胆管癌におけるAJCC第8版のT分類(depth of invasion)の検証

    峠 弘治, 坂田 純, 油座 築, 安藤 拓也, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆道癌において脂質メディエーターS1Pの産生は亢進しリンパ行性進展に寄与する TCGAデータと自施設データ解析による検討

    廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 中野 雅人, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage III大腸癌における大腸癌取扱い規約第9版の検証 第8版との比較から

    中野 雅人, 島田 能史, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 石川 卓, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後の内頸静脈血栓症発症の危険因子に関する検討

    根本 万理子, 市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 臼井 賢司, 酒井 剛, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道胃接合部腺癌における肉眼的近位切離断端距離の臨床的意義

    市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 臼井 賢司, 根本 万理子, 酒井 剛, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 田島 陽介, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 3   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌におけるRASおよびBRAF遺伝子変異同時検索の臨床的意義

    阿部 馨, 島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田中 花菜, 小柳 英人, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 油座 築, 廣瀬 雄己, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌に対するUICC TNM病期分類第8版の検証

    安藤 拓也, 滝沢 一泰, 油座 築, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植後de novo悪性腫瘍発症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 諸 和樹, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 田島 陽介, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌におけるAJCC第8版のN分類の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 安藤 拓也, 峠 弘治, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 土田 純子, 諸 和樹, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における小腸カルチノイド7例の臨床的検討

    冨永顕太郎, 川田雄三, 本田穣, 上村顕也, 横山純二, 寺井崇二, 田島陽介, 中野雅人, 島田能史, 亀山仁史, 若井俊文, アネコフ アレクセイ, 味岡洋一, 阿部達也, 梅津哉, 岩渕三哉

    日本大腸肛門病学会雑誌(Web)   72 ( 5 )   2019年

     詳細を見る

  • 複数回肝切除を含む集学的治療が奏効した同時性多発肝転移を有する上行結腸癌の1例

    堀田 真之介, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2464 - 2466   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は65歳、女性。同時性肝転移を伴う上行結腸癌[T3N1M1(H2)、Stage IV]と診断し、結腸右半切除術を施行した。11個の肝転移に対して、5-FU肝動注療法を施行した。縮小率28.9%と奏効していたが、10ヵ月施行時に肝S2の病変が増大した。全身化学療法としてIRIS療法を施行したが奏効せず、拡大肝外側区域切除を施行した。さらに4ヵ月後、肝S6の再発病変に対して肝後区域切除を施行した。その9ヵ月後に肝S1の肝転移巣を指摘され、CapeOX、mFOLFOX6療法を施行したが、標的病変が増大し、肝S1部分切除を施行した。さらに4ヵ月後、肝S8に再発を来し、肝S8部分切除を行った(原発巣切除術後7年)。以後5年5ヵ月、再発を認めていない。本症例は分子標的薬導入以前の症例であり、肝動注療法、全身化学療法、4回の肝切除を行うことで12年5ヵ月の長期生存を得た。大腸癌肝転移に対する肝動注療法、複数回肝切除の意義を示す症例として報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600225&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F225%2F2464-2466%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F225%2F2464-2466%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 薬物治療への抵抗性を示したHypermutation大腸癌の1例

    田中 花菜, 島田 能史, 田島 陽介, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 永橋 昌幸, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2476 - 2478   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は78歳、男性。下痢を主訴に受診し、肝転移を伴う直腸癌と診断された。術中所見で肝転移は切除不能と診断され、局所制御のため超低位前方切除術を施行した。術後にmFOLFOX6+bevacizumab療法を5コース、FOLFIRI+bevacizumab療法を2コース施行したが、どちらも奏効しなかった。後方視的に施行した次世代シークエンサーによる遺伝子変異解析パネル検査(415遺伝子)では、原発巣に高頻度の体細胞変異を有するhypermutationであったことが判明した。大腸癌におけるhypermutationの多くはミスマッチ修復遺伝子の異常を有し、5-fluorouracil系抗癌剤が無効である可能性がある。一方で、免疫チェックポイント阻害薬が有効である可能性がある。薬物療法前に遺伝子変異解析パネル検査を行うことで、個々の患者に最適な治療法を提案できる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600229&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F229%2F2476-2478%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F229%2F2476-2478%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 同時性肝転移を有する直腸癌に対して二期的に用手補助腹腔鏡下肝部分切除術を行った1例

    山田 沙季, 島田 能史, 松本 瑛生, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 大渓 隆弘, 堀田 真之介, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1851 - 1853   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    切除可能な遠隔転移を有する大腸癌は、原発巣に加えて遠隔転移巣に対するR0切除が推奨されている。症例は39歳、女性。血便を主訴に近医を受診した。大腸内視鏡検査を施行し、上部直腸癌と診断した。また、腹部MRI検査を施行し、肝S4およびS5/8に計2個の肝転移を認めた。二期的切除の方針とし、一期目の手術として腹腔鏡補助下低位前方切除術、横行結腸双孔式人工肛門造設術を施行した。肝転移に対する術前補助化学療法としてCapeOX療法を2コース施行した後に、二期目の手術として人工肛門閉鎖術と人工肛門閉鎖創を利用した用手補助腹腔鏡下肝部分切除術の同時手術を施行した。術後経過は良好で、二期目の手術から21日後にCapeOX療法を再開した。人工肛門閉鎖の創部を利用して用手補助用デバイスを装着し、安全かつ低侵襲に肝部分切除を施行できたと考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600021&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F021%2F1851-1853%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F021%2F1851-1853%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【炎症性腸疾患アップデート-いま外科医に求められる知識と技術】周術期管理 炎症性腸疾患の周術期管理

    亀山 仁史, 田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 若井 俊文

    臨床外科   73 ( 12 )   1394 - 1398   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆内科,外科が緊密な連携をとり,ステロイド・免疫調節薬・生物学的製剤などの薬剤管理を行う.◆炎症性腸疾患に特徴的な,日和見感染,血栓症などの合併症も考慮に入れた適切な周術期管理が重要である.◆分割手術,ストーマ管理,合併症について,適切な対応と十分なインフォームド・コンセントが必要である.

    researchmap

  • 【外科医が知っておくべき最新のゲノム医療】大腸癌のゲノム医療

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 廣瀬 雄己, 田島 陽介, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    外科   80 ( 12 )   1218 - 1222   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子パネル検査によって,RAS/RAF遺伝子をはじめとする薬剤耐性関連の遺伝子変異や,HER2遺伝子増幅などの治療標的の候補となる遺伝子変異の網羅的検索が大腸癌において可能となる.今後の遺伝子解析に備え,手術や生検組織検体の適切な保存について熟知しておくことが重要である.Lynch症候群の大腸癌はマイクロサテライト不安定性を呈し,免疫チェックポイント阻害薬が有効である可能性が示唆され注目を集めている.癌遺伝子パネル検査の普及によって,Lynch症候群などの遺伝性腫瘍と診断される症例が今後増加することが予想され,遺伝カウンセリングやサーベイランスなどの患者,家族の支援体制の整備が急務である.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20181106040006&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D80%26issue%3D12%26spage%3D1218&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D80%26issue%3D12%26spage%3D1218&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • 【炎症性腸疾患アップデート-いま外科医に求められる知識と技術】周術期管理 炎症性腸疾患の周術期管理

    亀山 仁史, 田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 若井 俊文

    臨床外科   73 ( 12 )   1394 - 1398   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆内科,外科が緊密な連携をとり,ステロイド・免疫調節薬・生物学的製剤などの薬剤管理を行う.◆炎症性腸疾患に特徴的な,日和見感染,血栓症などの合併症も考慮に入れた適切な周術期管理が重要である.◆分割手術,ストーマ管理,合併症について,適切な対応と十分なインフォームド・コンセントが必要である.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20181025480023&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407212282&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407212282&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 次世代シークエンサーにより検出される大腸癌BRAF non-V600E変異の臨床病理学的特徴および臨床的意義

    島田 能史, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   51 ( Suppl.2 )   220 - 220   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 消化器外科手術患者におけるフレイル評価と術後アウトカムの関連

    亀山 仁史, 田中 花菜, 根本 万理子, 山田 沙季, 油座 築, 安藤 拓也, 大渓 隆弘, 堀田 真之介, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   51 ( Suppl.2 )   168 - 168   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • がんゲノム医療 大腸癌診療におけるPrecision Cancer Medicine

    島田 能史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 羽入 隆晃, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器病学会甲信越支部例会抄録集   63回   34 - 34   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-甲信越支部  

    researchmap

  • 【外科医が知っておくべき最新のゲノム医療】 大腸癌のゲノム医療

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 廣瀬 雄己, 田島 陽介, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    外科   80 ( 12 )   1218 - 1222   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子パネル検査によって,RAS/RAF遺伝子をはじめとする薬剤耐性関連の遺伝子変異や,HER2遺伝子増幅などの治療標的の候補となる遺伝子変異の網羅的検索が大腸癌において可能となる.今後の遺伝子解析に備え,手術や生検組織検体の適切な保存について熟知しておくことが重要である.Lynch症候群の大腸癌はマイクロサテライト不安定性を呈し,免疫チェックポイント阻害薬が有効である可能性が示唆され注目を集めている.癌遺伝子パネル検査の普及によって,Lynch症候群などの遺伝性腫瘍と診断される症例が今後増加することが予想され,遺伝カウンセリングやサーベイランスなどの患者,家族の支援体制の整備が急務である.

    researchmap

  • 大腸癌におけるSMAD4遺伝子異常の臨床病理学的特徴およびその臨床的意義(Clinical characteristics and significance of SMAD4 alteration in colorectal cancer)

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事   77回   1875 - 1875   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌における「新規病変の出現」と遺伝子変異の関連についての検討

    田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌のPrecision medicineにおけるR0切除の意義

    島田 能史, 宗岡 悠介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、直腸癌として取扱うべきか 術後成績及び再発形式からみて

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   946 - 946   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌のPrecision medicineにおけるR0切除の意義

    島田 能史, 宗岡 悠介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎関連大腸癌診断における脂質メディエーター(S1P)解析の有用性

    亀山 仁史, 永橋 昌幸, 油座 築, 田島 陽介, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   218 - 218   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、直腸癌として取扱うべきか 術後成績及び再発形式からみて

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   946 - 946   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV大腸癌における「新規病変の出現」と遺伝子変異の関連についての検討

    田島 陽介, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   73回   890 - 890   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 食道扁平上皮癌リンパ行性進展におけるphospho-sphingosine kinase 1発現の意義

    市川 寛, 根本 万理子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 油座 築, 田島 陽介, 石川 卓, 羽入 隆晃, 角田 知行, 加納 陽介, 須藤 翔, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 三浦 宏平, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1063 - 1063   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • StageIV大腸癌における原発巣の治療戦略 Stage IV大腸癌における原発巣の局在のバイオマーカーとしての有用性

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 八木 亮磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   585 - 585   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 薬理ゲノミクス時代における結腸直腸癌多発性肝転移に対する外科治療戦略(Surgical treatment strategy for multiple liver metastases of colorectal cancer in pharmacogenomics era)

    島田 能史, 若井 俊文, 田島 陽介, 市川 寛, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 亀山 仁史

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   322 - 322   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リン酸化スフィンゴシンキナーゼ1の発現と胃癌の進行についての関連

    羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 市川 寛, 石川 卓, 小杉 伸一, 角田 知行, 須藤 翔, 根本 万理子, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 中島 真人, 田島 陽介, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   961 - 961   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌201例の包括的ゲノムシークエンス Genome Medicine

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 亀山 仁史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 八木 亮磨, 小林 隆, 坂田 純, 佐藤 信昭, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 本間 慶一, 川崎 隆, 奥田 修二郎, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   782 - 782   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 包括的がん遺伝子変異解析からみた右側大腸癌と左側大腸癌の分子生物学的特徴 Oncotarget

    島田 能史, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   767 - 767   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する集学的治療と新たな治療 進行胆嚢癌に対する集学的治療 術前・術後化学療法と再発治療

    坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   695 - 695   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage I-III大腸癌におけるSMAD4遺伝子変異の臨床病理学的特徴及びその意義

    小柳 英人, 島田 能史, 田島 陽介, 三浦 要平, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 坂田 純, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1864 - 1864   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前CTリンパ節径は結腸癌Hypermutation subtypeの予測に有用である

    山田 沙季, 島田 能史, 田島 陽介, 堀田 真之介, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2236 - 2236   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆管生検組織標本の良・悪性判定にγH2AX発現が有用である

    石川 博補, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2114 - 2114   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌における肝外胆管切除の意義 T2胆嚢癌では肝外胆管切除は必要か?

    峠 弘治, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 油座 築, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2043 - 2043   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 同種膵島移植実験を見据えたブタ1型糖尿病モデルおよび自家膵島移植モデルの確立

    三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2444 - 2444   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 同種膵島移植実験を見据えたブタ1型糖尿病モデルおよび自家膵島移植モデルの確立

    三浦 宏平, 小林 隆, 石川 博補, 相馬 大輝, 安藤 拓也, 油座 築, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 滝沢 一泰, 坂田 純, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2444 - 2444   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した大腸癌におけるリン酸化スフィンゴシンキナーゼ1高発現の意義

    油座 築, 永橋 昌幸, 島田 能史, 中野 麻恵, 田島 陽介, 亀山 仁史, 中島 真人, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1407 - 1407   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 直腸S状部癌は左側結腸癌として取扱うべきか、それとも直腸癌として取扱うべきか

    中野 雅人, 島田 能史, 田島 陽介, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1133 - 1133   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胃癌術後縫合不全例における術前栄養状態の評価と発症予測因子についての検討

    角田 知行, 石川 卓, 佐藤 敦, 根本 万理子, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 加納 陽介, 三浦 宏平, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 中島 真人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1585 - 1585   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌における予防的側方リンパ節郭清の意義

    田村 博史, 島田 能史, 山田 沙季, 阿部 馨, 田中 花菜, 小柳 英人, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 三浦 宏平, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1551 - 1551   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行大腸癌の発育先進部における間質線維化反応の臨床的意義

    橋本 喜文, 島田 能史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 堀田 真之介, 小柳 英人, 田中 花菜, 阿部 馨, 山田 沙季, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1504 - 1504   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stage II/III大腸癌におけるPTENおよびPIK3CA変異の臨床的意義の検討

    田島 陽介, 島田 能史, 小柳 英人, 八木 亮磨, 永橋 昌幸, 市川 寛, 山田 沙季, 堀田 真之介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1424 - 1424   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移に対する術前化学療法 NQO1発現を用いた治療効果予測の可能性

    相馬 大輝, 坂田 純, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 堅田 朋大, 石川 博補, 廣瀬 雄己, 峠 弘治, 油座 築, 安藤 拓也, 田島 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 中島 真人, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2003 - 2003   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 卵巣癌直腸浸潤における直腸間膜リンパ節転移は術後肝転移と関連する

    田中 花菜, 島田 能史, 中野 麻恵, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 堀田 真之介, 三浦 宏平, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 西野 幸治, 榎本 隆之, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1904 - 1904   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸癌の臨床病理学的特徴および術後成績

    堀田 真之介, 島田 能史, 中野 麻恵, 小柳 英人, 山田 紗季, 阿部 馨, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 三浦 宏平, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1883 - 1883   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • リン酸化スフィンゴシンキナーゼ1の発現と胃癌の進行についての関連

    羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 市川 寛, 石川 卓, 小杉 伸一, 角田 知行, 須藤 翔, 根本 万理子, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 中島 真人, 田島 陽介, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 油座 築, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   961 - 961   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略】癌遺伝子変異解析パネルを用いた大腸癌Precision medicineへの取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 凌 一葦, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    癌の臨床   63 ( 6 )   505 - 510   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    Stage IV大腸癌109例を対象とし、次世代シークエンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネル(415遺伝子)で遺伝子変異を解析した。RAS変異群26例(23.9%)、RAS変異+PTEN欠失群16例(14.7%)、PTEN欠失+ERBB2増幅群16例(14.7%)、PTEN欠失+SRC増幅/欠失群8例(7.3%)、A11野生型群27例(24.8%)、BRAF変異+RNF43変異群9例(7.3%)、その他8例(7.3%)にカテゴリー分類された。実際に抗EGFR抗体薬を使用した40例の検討では、A11野生型群は、RASKETで判定できるKRAS/NRAS遺伝子以外の遺伝子に変異のある群に比べて、無増悪生存率(PFS)が有意に良好であった。

    researchmap

  • 【閉塞性大腸癌-ベストプラクティスを探す】閉塞性大腸炎のマネジメント

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 堀田 真之介, 山田 沙季, 中野 麻恵, 松澤 岳晃, 若井 俊文

    臨床外科   73 ( 1 )   48 - 53   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>閉塞性大腸炎をきたす疾患として大腸癌が最も多いが,憩室炎,虚血性腸疾患,便秘なども原因となりうる.閉塞部から離れた口側腸管にびらん・潰瘍を認めることが多く,切除範囲の設定には注意を要する.ステント治療により,口側腸管の評価や減圧が可能となり,閉塞性大腸炎のマネジメントに変化がみられる.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20180109570014&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407211906&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407211906&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対するヤスダヨーグルトの抗菌活性の検討

    田島 陽介, 立石 善隆, 亀山 仁史, 松本 壮吉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   131 ( 11 )   645 - 653   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】新潟県で開発・市販されているヤスダヨーグルト(以下YYG)は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus;以下MRSA)に対して抗菌活性を示す。本研究の目的は、YYGのMRSAに対する抗菌活性成分を同定することである。【方法】1)抗菌活性の評価:ディスク拡散法により抗菌活性を検討した。2)YYGの遠心分離成分の抗菌活性の評価:YYGを4000rpm、15分の条件で遠心分離し、得られた上清および沈澱物成分について抗菌活性を評価した。3)抗菌活性を示す乳酸菌のYYGからの単離・同定:MRSA菌液を添加したMRS寒天培地にYYGを塗布し、37℃、24時間の好気培養を行った。阻止円を形成したコロニーを採取し、MRS液体培地を用いて24時間静置培養(37℃、好気条件)した。16S rRNA遺伝子解析を行い、抗菌活性を示す乳酸菌種を同定した。4)乳酸菌が産生する抗菌活性成分の同定:抗菌活性を示す乳酸菌培養液上清に対して加熱・限外濾過・アルカリ処理・消化酵素処理の各処理を行い、抗菌活性の変化を評価した。その結果から、抗菌活性成分の同定を試みた。5)培養条件が乳酸菌増殖に与える影響の検討:好気培養と嫌気培養、および静置培養と振盪培養による乳酸菌培養を行い、各培養条件と乳酸菌増殖、培養液上清pHおよび抗菌活性との関連をMann-WhitneyのU検定で解析した。また、培養液上清pHと抗菌活性の強さを検討した。【結果】1)抗菌活性の評価:ディスク拡散法により適切に抗菌活性を半定量的に評価することが可能であった。2)YYGの遠心分離成分の抗菌活性の評価:YYGの遠心分離成分のうち、沈澱物に強い抗菌活性を認めた。また、YYGをビーズ破砕した後に遠心分離すると、沈澱物の抗菌活性は消失した。よって、抗菌活性成分はYYGに含まれる乳酸菌が産生していると推測した。3)抗菌活性を示す乳酸菌のYYGからの分離・同定:16S rRNA遺伝子解析の結果、Lactobacillus delbrueckii subsp.bulgaricus(以下LDB)がMRSAに対する抗菌活性を示すことが判明した。4)乳酸菌が産生する抗菌活性成分の同定:LDB上清はアルカリ処理により抗菌活性が減弱または消失した。さらに、過酸化水素を分解するカタラーゼをLDB培養液に添加すると、抗菌活性が著明に減弱した。5)各培養条件における乳酸菌培養液の比較:静置培養は振盪培養に比べて菌の増殖がよく(P=0.002)、また上清のpHが有意に低下し(P=0.002)、抗菌活性は強かった(P=0.002)。一方、好気培養と嫌気培養の間では、菌の増殖、上清pH、抗菌活性のいずれも有意な差を認めなかった(P=0.310、P=0.589、P=1.000)。また、LDB培養液上清pHと阻止円径との間に強い負の相関関係を認めた(相関係数=-0.875、P<0.001)。【結論】YYGのMRSAに対する抗菌活性は、YYGに含まれる乳酸菌LDBが産生する乳酸および過酸化水素によるものであることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20180328060007&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2017%2F013111%2F007%2F0645-0653%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2017%2F013111%2F007%2F0645-0653%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • SRC増幅を認めた大腸癌の2例

    小柳 英人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 市川 寛, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1757 - 1759   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    SRC発現の亢進した癌は遠隔転移や薬剤耐性と関連があり、治療抵抗性とされている。今回、次世代シークエンサーによる415の癌関連遺伝子パネルを使用した後方視的な解析により、SRC増幅を認めた2例を報告する。症例1は62歳、男性。両葉多発肝転移を伴うRAS野生型cStage IVのS状結腸癌に対して、S状結腸切除を施行した。切除不能多発肝転移に対して、化学療法を行った。症例2は73歳、男性。肝外側区域に転移を伴うRAS野生型cStage IVの下行結腸癌に対して、左半結腸切除および外側区域切除を施行した。その後、肝再発に対して開腹ラジオ波焼灼術および化学療法を行った。SRC発現の亢進した大腸癌に対して、チロシンキナーゼ阻害薬による分子標的治療が有効であるという報告がある。包括的癌ゲノム検査により、新たな治療提案ができる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20171221480236&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F236%2F1757-1759%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F236%2F1757-1759%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 長期生存を得ている同時性多発肝転移・腹膜播種を伴う進行上行結腸癌の1例

    水戸 正人, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1126 - 1128   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、男性。下腹部痛を主訴に受診し、精査で上行結腸癌、多発肝転移と診断され、結腸右半切除を施行した。術後のKRAS遺伝子検査ではcodon 12の変異を認めた。CapeOX+bevacizumab(Bv)療法後に肝部分切除を施行したが、5ヵ月後に新規肝転移病変を認めた。FOLFIRI+Bv療法後に再度肝部分切除を施行し、8ヵ月後にダグラス窩と右横隔膜下の腹膜播種を認めたため、同病変に対して低位前方切除、腹膜播種切除を施行した。6ヵ月後に右横隔膜下の腹膜播種、肺転移、胸膜播種を認め、sLV5FU2(+Bv)療法を継続している。初回手術から5年9ヵ月、全身状態良好で通院中である。近年、抗酸化ストレス蛋白の一つであるNAD(P)H:quinone oxidoreductase-1(NQO1)の抗癌剤耐性に関する報告が散見される。本症例の原発巣切除標本の免疫組織化学染色ではNQO1発現が陰性であり、病勢制御や長期生存に関与している可能性が考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20171221480025&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F025%2F1126-1128%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2017%2F004412%2F025%2F1126-1128%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 腟転移を契機に発見されたS状結腸癌の1例

    佐藤 敦, 中野 雅人, 山田 沙季, 田中 花菜, 堀田 真之介, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   756 - 756   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 酸・アルカリ性洗剤の同時飲用により胃穿孔をきたした1例

    根本 万理子, 羽入 隆晃, 宗岡 悠介, 須藤 翔, 田島 陽介, 角田 知行, 市川 寛, 中野 雅人, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   849 - 849   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 異時性多発大腸癌および十二指腸癌に対して計5回の切除手術を施行したLynch症候群の1例

    堀田 真之介, 島田 能史, 山田 沙季, 田中 花菜, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 市川 寛, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   801 - 801   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肛門周囲巨大尖圭コンジローマの一例

    田中 花菜, 小林 孝, 渡邊 隆興, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 ( 抄録号 )   A278 - A278   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 包括的がんゲノム解析を用いた右側大腸癌における抗EGFR抗体薬耐性遺伝子変異についての検討

    島田 能史, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 市川 寛, 土田 純子, 中島 真人, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本癌学会総会記事   76回   J - 3090   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 小腸人工肛門が直腸癌術後補助化学療法に与える影響

    中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   RS1 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 一時的回腸人工肛門造設が腎機能に及ぼす影響

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   RS1 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌に対して術前補助治療後に郭清された側方リンパ節径の検討

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 堀田 真之介, 山田 沙季, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PE2 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 【イラストでわかる!消化器手術における最適な剥離層】胆嚢癌手術における剥離層の選択

    坂田 純, 田島 陽介, 安藤 拓也, 相馬 大輝, 油座 築, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 堅田 朋大, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 若井 俊文

    臨床外科   72 ( 7 )   842 - 848   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>領域リンパ節郭清の際には,温存すべき脈管や膵頭部といった正常組織を露出する層で剥離を進め,リンパ節を含む残りの組織をすべてen blocに摘出する意識が大切である.胆嚢床切除を行う際には,胆嚢板に近づかないように肝切離を進めて肝前区域のグリソン鞘本幹に到達し,胆嚢板をグリソン鞘への移行部で切離する.胆管を温存して胆管周囲のリンパ節を郭清する際には,右肝動脈および後上膵十二指腸動脈から分岐するいわゆる3 o'clock artery・9 o'clock artery,および胆管の血管網を温存する層で剥離を進める.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20170712450015&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407211674&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407211674&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 直腸切除術後縫合不全の早期内視鏡所見は一時的ストーマ閉鎖困難の予測に有用である

    田島 陽介, 亀山 仁史, 山田 沙季, 堀田 真之介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PF7 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌におけるTGF-β signal pathway遺伝子変異と臨床病理学的特徴

    小柳 英人, 島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PE10 - 5   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌の原発部位と臨床病理学的特徴 右側と左側の比較

    島田 能史, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   72回   PD10 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 統合失調症の妄想により誤飲した裁縫針を腹腔鏡下に摘出した1例

    酒井 剛, 田島 陽介, 臼井 賢司, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   131 ( 7 )   425 - 432   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は77歳、男性。統合失調症で他院に通院していた。4年前にS状結腸癌に対して腹腔鏡補助下S状結腸切除術を施行されていた。経過観察目的の腹部CT検査で肝内と胃前庭部に迷入する針状異物を2本認めた。問診から統合失調症の妄想により数ヵ月前に裁縫針を誤飲したことが判明した。腸管穿孔・出血・胆汁漏などの危険性があると判断し、異物を摘出するために腹腔鏡下手術を施行した。肝内に迷入していた異物を把持鉗子で摘出した。胃前庭部への迷入が疑われた異物は腹腔鏡および術中上部消化管内視鏡検査では確認できず、術中X線透視検査により盲腸に移動していたことが判明した。腹腔鏡下に回盲部を授動し、臍部小切開創より挙上し、盲腸に小切開を加え、異物を摘出した。経過良好で第4病日に退院した。伏針に対する腹腔鏡下手術は低侵襲であること、および腹腔内全体にわたる詳細な観察と操作が可能であることから有用であると考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20171214030007&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2017%2F013107%2F007%2F0425-0432%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2017%2F013107%2F007%2F0425-0432%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 大腸全摘・回腸嚢肛門吻合術後に回腸嚢内腺癌を発症した家族性大腸腺腫症の1例

    橋本 喜文, 中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   50 ( 6 )   469 - 475   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は45歳の男性で,24歳時,家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis;以下,FAPと略記)に対して大腸全摘,W型回腸嚢肛門吻合術(ileal pouch anal anastomosis;以下,IPAAと略記)が施行された.術後,38歳時に施行した経肛門的内視鏡検査で回腸嚢内に約30個のポリープを認め,生検の結果,管状腺腫であった.44歳時に施行された経肛門的内視鏡検査で回腸嚢肛門吻合部の約1cm口側に8mm大の0-Is病変を認め,内視鏡的粘膜切除術を行った.病理組織診断の結果,腺腫内癌,高分化管状腺癌であった.現在も経肛門的内視鏡検査で経過観察中であるが,癌の再発や異所性癌の発生は認めていない.FAPに対する大腸全摘,IPAAの術後,回腸嚢内腺癌を認めた症例を経験した.早期発見・治療のためには,回腸嚢の定期的なサーベイランスが重要である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20170725270008&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.2016.0055&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.2016.0055&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 膵癌細胞におけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の働きとその代謝動態制御の解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   51 ( 3 )   88 - 88   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • Genomic overview of right-sided and left-sided colorectal cancer using comprehensive genomic sequencing.

    Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Ryoma Yagi, Yosuke Tajima, Kizuki Yuza, Masato Nakano, Masato Nakajima, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Satoshi Maruyama, Yasumasa Takii, Jennifer E. Ring, Stephen Lyle, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2017.35.15_suppl.e15101

    Web of Science

    researchmap

  • 横行結腸癌に対する腹腔鏡手術の妥当性についての検討 横行結腸癌に対する腹腔鏡手術の適応拡大に向けて

    中野 雅人, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 島田 能史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 ( 5 )   367 - 367   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いたBRAF変異解析及びその臨床病理学的意義

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 田中 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略 癌遺伝子解析パネルを用いた大腸癌個別化医療への取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 市川 寛, 坂田 純, 小林 隆, 中野 雅人, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 奥田 修二郎, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PD - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Precision medicine bench to bedside 日本におけるプレシジョン・メディスンを目指した大腸がん201例のクリニカルシークエンス

    永橋 昌幸, 島田 能史, 市川 寛, 亀山 仁史, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 八木 亮磨, 小林 隆, 坂田 純, 佐藤 信昭, 瀧井 康公, 丸山 聡, 野上 仁, 本間 慶一, 川崎 隆, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 奥田 修二郎, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SY - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • StageIV大腸癌における細分類

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 八木 亮磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 ( 4 )   284 - 284   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9によるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の乳癌発育進展における役割解明

    三浦 要平, 中島 真人, 永橋 昌幸, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Crohn病における縫合不全のリスク因子の検討

    岡村 拓磨, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 田島 陽介, 岩城 孝和, 八木 寛, 細井 愛, 八木 亮磨, 田村 博史, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 阿部 馨, 山田 沙希, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 次世代型シーケンサーを用いた包括的がんゲノム検査を踏まえた、Stage IV大腸癌の予後予測因子の探索

    宗岡 悠介, 島田 能史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 井筒 浩, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎における一時的回腸人工肛門造設後の腎機能の検討

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 岩城 孝和, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ヨーグルトのMRSAに対する抗菌活性の検討

    田島 陽介, 亀山 仁史, 山田 沙季, 山本 潤, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 岩城 孝和, 市川 寛, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • HER2陽性大腸癌における次世代シーケンサーを用いた癌遺伝子変異解析パネルの意義

    島田 能史, 八木 亮磨, 亀山 仁史, 市川 寛, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵がんにおけるCRISPR/Cas9を用いたスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 三浦 要平, 安藤 拓也, 油座 築, 土田 純子, 田島 陽介, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 阿部 学, 崎村 建司, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   SF - 40   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 同時性大腸癌肝転移に対するNeoadjuvant chemotherapyの有用性についての検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 ( 2 )   123 - 123   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌における側方リンパ節郭清の臨床的意義

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 ( 2 )   127 - 127   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 若手外科医による腹腔鏡下大腸切除術の安全性の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 田島 陽介, 市川 寛, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   OS11 - 2   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下幽門側胃切除の検討と定型化の取り組み

    羽入 隆晃, 市川 寛, 石川 卓, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   OS137 - 4   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌化学療法におけるNQO1発現解析の意義

    亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   49 ( Suppl.2 )   298 - 298   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 抗EGFR抗体薬が無効であったRAS野生型直腸癌に対して次世代シーケンサーによる癌関連遺伝子解析を施行した1例

    田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公, 三浦 宏平, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2280 - 2282   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、男性。血便を主訴に受診した。肛門直腸診で下部直腸に腫瘤を触知し、下部消化管内視鏡検査およびCT検査で肝・肺転移を伴う進行直腸癌と診断された。XELOX+bevacizumab療法を3コース施行してPRとなった後、局所制御のため腹会陰式直腸切断術を施行した。原発巣のKRAS遺伝子は野生型であった。術後にXELOX療法を14コース施行したが、アレルギー反応により中止した。脳転移が出現した後に二次治療としてIRIS+panitumumab療法を3コース施行したが、肝・肺・脳のいずれの転移巣も増大した。次世代シーケンサーによる遺伝子解析パネル(CancerPlex)により癌関連遺伝子を解析し、原発巣にBRAF変異を認めた。RAS-RAF-MAPK経路においてBRAFはRASの下流に位置する。そのため、BRAFに変異を認める場合、本症例のように抗EGFR抗体薬の治療効果が期待できない可能性がある。網羅的遺伝子解析により、個々の症例に最適な化学療法を選択できる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480286&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F286%2F2280-2282%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F286%2F2280-2282%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 二度の腹膜播種再発に対して化学療法後にR0切除を施行し長期生存が得られた穿孔性S状結腸癌の1例

    渡邊 隆興, 小林 孝, 若井 淳宏, 八木 亮磨, 田中 花菜, 三浦 宏平, 田島 陽介, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2139 - 2141   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は65歳、男性。54歳時に所属リンパ節転移を伴う穿孔性S状結腸癌に対して、S状結腸切除D2郭清と単孔式人工肛門造設術を施行した。補助化学療法としてS-1療法を1年間施行したが、術後4年8ヵ月経過時に腹膜播種再発を認めた。mFOLFOX6+bevacizumab療法を10コース施行してPRとなった後に再発巣を切除した。術後化学療法としてmFOLFOX6療法を6コース、その後UFT/ユーゼル療法を6コース施行した。再手術後4年9ヵ月経過時に再び腹膜播種再発を認めた。XELOX+bevacizumab療法を3コース施行し、PRとなった後に再発巣を切除した。術後化学療法は本人の意向により施行しなかった。初回手術から11年3ヵ月、再々手術から2年10ヵ月経過し、現在無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480239&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F239%2F2139-2141%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F239%2F2139-2141%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 抗EGFR抗体薬が奏効した切除不能大腸癌の1例

    八木 亮磨, 島田 能史, 三浦 宏平, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    癌と化学療法   43 ( 12 )   1800 - 1802   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    抗EGFR抗体薬はEGFR以下のシグナル伝達を遮断することで、抗腫瘍効果を発揮する。RAS変異型では、RASより下流のシグナル伝達が恒常的に活性化されているため、抗EGFR抗体薬の効果が期待できない。しかし近年、RAS変異だけではなくERBB2やFGFR1などのチロシンキナーゼ受容体の変異もしくは過剰発現、BRAFやPIK3CAなどの遺伝子変異も、抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわると指摘されている。そのため、これらの遺伝子を解析することにより、抗EGFR抗体薬が奏効する症例を的確に抽出できる可能性がある。CancerPlexは、次世代シーケンサーによる413種類のがん遺伝子解析パネルである。今回われわれはCancerPlexを用いてがん遺伝子解析を行い、上記の抗EGFR抗体薬の治療抵抗性にかかわる遺伝子がすべて野生型であり、かつ抗EGFR抗体薬が奏効した1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480127&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F127%2F1800-1802%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F127%2F1800-1802%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術後のSmall bowel obstruction発生危険因子の検討

    亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 山田 沙季, 阿部 馨, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 八木 亮磨, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 田村 博史, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   69 ( 抄録号 )   A95 - A95   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 遺伝性大腸がん、ポリポーシスに対する治療戦略 家族性大腸腺腫症に合併したデスモイド、回腸嚢腺腫・腺癌の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 小柳 英人, 水木 亨, 山本 潤, 橋本 喜文, 堀田 真之介, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   69 ( 抄録号 )   A45 - A45   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後に再発を疑うPET-CT強腸性の結節を切除したが、転移陰性であった一例

    遠藤 麻巳子, 岡村 拓磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 市川 寛, 滝沢 一泰, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   949 - 949   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症の術後に回腸嚢内腺癌を発症した一例

    永井 佑, 中野 雅人, 山田 沙季, 堀田 真之介, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   662 - 662   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Stage II/III大腸癌におけるDesmoplastic reaction(DR)の検討

    岡村 拓磨, 島田 能史, 橋本 喜文, 山田 沙季, 阿部 馨, 山本 潤, 水木 亨, 小柳 英人, 堀田 真之介, 八木 亮磨, 田村 博史, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   69 ( 抄録号 )   A206 - A206   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症術後患者における回腸嚢サーベイランスの現状と問題点

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P3 - 4   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • HER2過剰発現大腸癌の組織学的検討

    八木 亮磨, 島田 能史, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 市川 寛, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文, 瀧井 康公

    日本消化器外科学会総会   71回   P3 - 3   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌における転写メディエーターMED12異常発現の臨床的意義

    島田 能史, 田島 陽介, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P3 - 8   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腹膜炎手術症例の術後合併症予測におけるEndotoxin Activity Assay(EAA)の有用性

    細井 愛, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 坂田 純, 小林 隆, 三浦 宏平, 大竹 雅広, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P2 - 1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡的摘除後に追加治療として外科的切除されたpT1大腸癌の臨床病理学的因子の検討

    岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 田島 陽介, 八木 亮磨, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   71回   P1 - 2   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝損傷に伴うnonsurgical pneumoperitoneumの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 大橋 拓, 小林 隆, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌   36 ( 5 )   923 - 926   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例は19歳,男性。7mの高所での作業中に誤って墜落した。受診時は意識清明でバイタルサインも安定していた。CTで肝外側区域の深在性損傷と造影剤の血管外漏出を認め,肝損傷IIIbと診断した。肝損傷に対し,カテーテル塞栓術を行い,出血源の責任肝動脈枝を塞栓した。受傷2病日に38℃の発熱を認め,CTで左横隔膜下から胃小彎近傍に貯留する血腫および腹腔内遊離ガスを認めた。受傷3病日には腹痛が増強し腹膜刺激症状を呈したため,消化管穿孔が否定できず緊急手術を施行した。術中所見では明らかな消化管穿孔を認めず,挫滅した肝S2の部分切除と洗浄ドレナージを施行した。気腹の原因は明らかではないが,肝損傷部の胆道系からのガスが腹腔内に入ったことなどが推測された。腹腔内遊離ガスの存在下では,肝損傷に由来する胆汁性腹膜炎と消化管穿孔による腹膜炎の鑑別は困難であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Large panel genomic profiling using CancerPlex to reveal candidates for HER2 targeted therapies in colorectal cancer.

    Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Masayuki Nagahashi, Hitoshi Kameyama, Jun Sakata, Takuma Okamura, Yosuke Tajima, Ryoma Yagi, Nobuaki Sato, Yasumasa Takii, Satoshi Maruyama, Hitoshi Nogami, Keiichi Honma, Takashi Kawasaki, Taro Inada, Shujiro Okuda, Alexei Protopopov, Stephen Lyle, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 15 )   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2016.34.15_suppl.e13125

    Web of Science

    researchmap

  • 卵巣癌の直腸浸潤に対する直腸合併切除の検討

    八木 寛, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 3   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡的切除後pT1b胃癌における簇出はリンパ節転移と関連するか?

    岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 八木 亮磨, 田島 陽介, 大渓 隆弘, 宗岡 悠介, 臼井 賢司, 須藤 翔, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 3   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の経過中に発見された大腸腫瘍に対する治療戦略

    堀田 真之介, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 酒井 剛, 松本 瑛生, 諸 和樹, 橋本 喜文, 田村 博史, 八木 寛, 八木 亮磨, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 木戸 知紀, 佐藤 洋, 中野 雅人, 小杉 伸一, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 3   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺肉腫様癌の盲腸転移に対し外科的切除を行った1例

    松本 瑛生, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 3 )   714 - 714   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 閉塞性大腸癌に対する術中腸管洗浄と一期的再建術

    丸山 智宏, 岡本 春彦, 田島 陽介, 小野 一之, 須田 武保

    新潟県立病院医学会誌   ( 64 )   6 - 10   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県立病院医学会  

    2006年〜2015年の間に著者らが経験した閉塞性大腸癌のうち、術中腸管洗浄を用いた一期的切除再建術を施行した23症例(男性13例、女性10例、年齢37〜91歳、中央値69歳)について検討した。その結果、1)腫瘍の局在は横行結腸が2例、下行結腸が2例、S状結腸が10例、直腸が9例(直腸S状部1例、上部直腸6例、下部直腸2例)であった。2)手術術式は左半結腸切除術が8例、S状結腸切除術が6例、低位前方切除術が9例であり、リンパ節郭清はD1が1例、D2が5例、D3が17例であった。3)術後合併症としては縫合不全が4例、創感染が4例、肺炎が3例、Wernicke脳症や腸閉塞が各1例に認められた。4)縫合不全症例4例の経口摂取開始までの期間は16〜51日(中央値19日)で、全例が保存的治療にて軽快し、再手術例や人工肛門造設術を施行した症例はなかった。5)術後観察期間は2〜105ヵ月(中央値19ヵ月)で、全23例の累積5年生存率は60.7%、病期別の累積5年生存率はStage IIが90%、Stage IIIが80%、Stage IVが0%であった。尚、術後経過観察中に7例が死亡(原病死6例、他病死1例)していた。以上より、閉塞性大腸癌に対する術中腸管洗浄、一期的切除再建術は根治性を損なうことなく、人工肛門造設を回避できる点で有用であると考えられた。

    researchmap

  • 統合失調症の妄想により誤飲した裁縫針を腹腔鏡下に摘出した1例

    酒井 剛, 田島 陽介, 臼井 賢司, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 佐藤 優, 佐藤 洋, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   20 ( 7 )   OS276 - 6   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 集学的治療により長期無再発生存が得られたS状結腸癌同時性多発肝転移の1例

    八木 亮磨, 亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 細井 愛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 若井 俊文, 長谷川 剛

    新潟医学会雑誌   129 ( 12 )   761 - 767   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は71歳男性。主訴は特になし。検診で便潜血陽性を指摘され精査を施行、肝両葉に計7個の多発肝転移を伴う進行S状結腸癌と診断された。原発巣切除(pT3N1M1(H2)pStage IV)を施行した後、Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabによる全身化学療法を計6コース施行した。有害事象は特に認めず、Response Evaluation Criteria in Solid Tumors v1.1判定では縮小率は38.7%でありPartial Responseであった。肝転移に対して切除可能と判断し、肝外側区域切除+6ヶ所の肝部分切除を行い、治癒切除となった。切除標本の病理組織結果では5病変に腺癌が認められ、S状結腸癌肝転移と診断された。残りの2病変には残存腫瘍を認めなかった。組織学的効果判定はGrade 2であった。術後にUFT/UZELによる化学療法を6ヵ月間行った。肝切除から1年6ヵ月後、肝S5に孤立性の肝転移を認めたため、肝S5の部分切除術を施行した。その後はUFT/UZELを継続し、外来通院中である。現在、初回手術から5年6ヵ月、無再発生存中である。切除不能・困難な肝転移を有する大腸癌に対して、Capecitabine+Oxaliplatin+Bevacizumabを用いた全身化学療法は有用である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20160414050008&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012912%2F008%2F0761-0767%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012912%2F008%2F0761-0767%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 側方リンパ節転移陽性Stage IV下部直腸癌の3例

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2303 - 2305   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    側方リンパ節転移陽性のStage IV下部直腸癌に対して側方リンパ節郭清を含む外科治療を行い、長期生存が得られている3例を報告する。症例1:61歳、男性。低位前方切除術、D3を施行した。5-FU肝動注療法・全身化学療法を行い、その後、肝転移に対して拡大肝右葉切除術・肝部分切除術を施行した。さらに肺転移再発に対して部分切除を行い、初回手術後9年6ヵ月経過し、無再発生存中である。症例2:53歳、男性。術前化学療法後に低位前方切除術、D3、腹膜播種切除を施行した。手術後6年3ヵ月経過し、無再発生存中である。症例3:48歳、男性。低位前方切除術、D3、肝右葉切除術、肝部分切除術を施行した。その後、肝転移・肺転移再発を来した。手術後4年経過し、現在、全身化学療法を継続中である。側方リンパ節転移陽性のStage IV下部直腸癌においても、R0切除の一環として側方リンパ節郭清は意義がある可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470286&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F286%2F2303-2305%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F286%2F2303-2305%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ドレナージ経路近傍に再発したフルニエ壊疽合併直腸癌の1例

    阿部 馨, 亀山 仁史, 島田 能史, 山田 沙季, 相馬 大輝, 八木 亮磨, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2291 - 2293   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、女性。肛門会陰部の硬結と疼痛を主訴に受診した。直腸癌穿通によるフルニエ壊疽と診断し、切開ドレナージおよびS状結腸人工肛門造設術を施行した。術中の生検で中分化管状腺癌と診断された。術後経過は良好で、S-1+oxaliplatin(SOX)療法を4コース施行後、両側付属器と子宮腟合併切除を伴う腹会陰式直腸切除術を施行した。最終診断はpT4b(腟)N0M0、Stage IIであり、術後補助化学療法としてUFT/Leucovorin療法を行った。根治術後7ヵ月目に右肺に再発を認め、右肺部分切除術を施行した。その8ヵ月後、右肺と右臀部皮下組織内に再発を認めた。臀部再発は切除可能と判断し、大臀筋の一部を含めた右臀部腫瘍摘出術を行った。腫瘍は切開排膿時のドレナージ創沿いの深部組織に局在していた。後日、右肺部分切除術を施行し、その後再発なく、初回の切開排膿時のドレナージ手術から3年6ヵ月生存中である。フルニエ壊疽合併直腸癌のドレナージ術後には、ドレナージ経路に再発を来す可能性を考慮する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470282&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F282%2F2291-2293%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F282%2F2291-2293%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 大腸癌肝転移、肺転移、腹膜播種の転移巣切除後長期生存した1例

    山本 潤, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 八木 亮磨, 辰田 久美子, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1597 - 1599   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、女性。2003年6月に盲腸癌に対して結腸右半切除、D3リンパ節郭清を施行した。術中所見で原発巣近傍に腹膜播種を認めたが、同部の合併切除を行うことでR0切除となった。術後補助化学療法は行わなかった。外来で経過観察していたが、2004年12月、左肺上葉単発の肺転移に対し左肺上葉部分切除を施行した。2007年6月、肝S3単発の肝転移に対し肝外側区域切除を施行した。原発巣切除後11年9ヵ月、肝外側区域切除後7年9ヵ月が経過し、現在無再発生存中である。複数臓器へ異時性に転移再発を来した場合でも、癌の遺残なく切除を行うことで長期生存が得られる場合がある。全身状態が良好でR0切除が可能であれば、積極的に転移巣切除を考慮すべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470049&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F049%2F1597-1599%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F049%2F1597-1599%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Stage IV下部直腸癌に対する側方リンパ節郭清とmetastasectomy

    島田 能史, 田村 博史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 孝, 小杉 伸一, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本消化器外科学会雑誌   48 ( Suppl.2 )   148 - 148   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • プロバイオティクス医療を視野に入れたヨーグルトの抗菌効果の検討

    田島 陽介, 岡部 康之, 立石 善隆, 西山 晃史, 尾関 百合子, 亀山 仁史, 松本 壮吉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 10 )   593 - 600   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】消化管手術の周術期には、黄色ブドウ球菌などの皮膚常在菌による創部感染、絶食による腸内細菌叢の攪乱に伴うBacterial translocation、抗菌薬使用に伴うmethicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)などの薬剤耐性菌の出現が起こりうる。このような状況に対して応用的プロバイオティクスによる周術期感染制御を視野に、ヨーグルト製品のもつ抗菌効果の特性を微生物学的に解析した。【方法】新潟県で開発され市販されているヤスダヨーグルト(以下、YYG)に注目して、1)抗菌活性スペクトル(被験株:methicillin-sensitive Staphylococcus aureus(MSSA)ならびにMRSA臨床分離株、大腸菌株DH5α)、2)配合菌株の異なる他の5種の市販ヨーグルト製品との抗菌活性の相違、3)YYG各配合菌種(Yc-x11およびYc-180)の示す抗菌作用、および4)抗菌活性を示す分離画分について、ディスク法による阻止円形成により検討した。【結果】YYGは大腸菌に比してMSSAに優位な抗菌活性を示した。また、YYGはMRSA臨床分離株に対しても抗菌活性を示した。他製品との比較において、YYGは最も高い抗菌活性を示した。YYG配合菌種は、通常の低塩濃度培地上では抗菌活性を示したものの高塩濃度条件下では、その効果は減弱あるいは消失した。YYGの抗菌活性は、上清ではなく沈殿画分に認めた。【結論】YYGはMRSAを含む黄色ブドウ球菌に対する直接的な抗菌活性を示した。その抗菌効果は、特有の配合菌種に依拠する抗菌活性物質によることが示唆された。ヨーグルトの中でもYYGは極めて有望な抗菌性機能食品として、周術期感染制御に貢献できる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20160215140005&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012910%2F005%2F0593-0600%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012910%2F005%2F0593-0600%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • サイトメガロウイルス感染による直腸潰瘍の1例

    諸 和樹, 島田 能文, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 高野 可赴, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1053 - 1053   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 卵巣転移によりpseudo-Meigs症候群を呈したS状結腸癌の1切除例

    酒井 剛, 田島 陽介, 島田 能史, 八木 亮磨, 八木 寛, 細井 愛, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 中野 雅人, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1049 - 1049   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症術後に発症した回腸嚢内腺腫、回腸嚢内腺癌の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   48 ( Suppl.2 )   360 - 360   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 卵巣癌の直腸浸潤に対し直腸切除術を行った23例の検討

    八木 寛, 島田 能史, 中野 麻恵, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   68 ( 9 )   755 - 755   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 【リンパ節郭清up-to-date】胆嚢癌

    坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 丸山 智宏, 大橋 拓, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    消化器外科   38 ( 9 )   1313 - 1321   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 大腸癌における低分化胞巣と5FU系抗癌剤耐性との関係

    島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 2   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage IV下部直腸癌に対する側方リンパ節郭清を含む外科治療成績

    田村 博史, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 2   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 下部直腸癌における側方リンパ節領域転移症例の組織学的分類による層別化

    八木 亮磨, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 8   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌pSEに対する腹腔鏡手術の再発形式についての検討

    中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 阿部 馨, 山田 沙季, 田島 陽介, 中野 麻恵, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   68 ( 6 )   461 - 461   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎手術における一時的人工肛門造設時のoutlet obstructionについて

    中野 雅人, 亀山 仁史, 山田 沙季, 田島 陽介, 島田 能史, 若井 俊文

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌   31 ( 2 )   60 - 61   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 初回腹腔鏡手術後に発症した外傷性腹壁ヘルニアの1例

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 廣瀬 雄己, 堅田 朋大, 須藤 翔, 田島 陽介, 中野 雅人, 小林 隆, 若井 俊文

    日本腹部救急医学会雑誌   35 ( 4 )   477 - 482   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    症例は29歳,男性。車同士の交通外傷で受傷し当院へ救急搬送された。下腹部にシートベルト痕を認め,全身CTで下顎骨,右鎖骨,左第10肋骨,右腓骨の多発骨折および腹腔内出血を認めた。消化管穿孔は明らかではなかったが,確定診断のため腹腔鏡手術の適応とした。S状結腸腸間膜損傷IIa(S)およびS状結腸損傷cIa(S)の診断でS状結腸切除術を施行した。しかし,術後腸閉塞となったため初回手術後8日目に腹部CTを施行した。腹部正中臍下部で小腸が皮下に脱出しており外傷性腹壁ヘルニア嵌頓と診断した。再手術とし開腹すると,ポートサイトではなく弓状線尾側の下腹部で腹直筋鞘が断裂していた。小腸部分切除を施行し,腹直筋鞘を直接縫合した。今後,腹部鈍的外傷において,診断を兼ねた腹腔鏡手術例は増えてくると思われる。外傷性腹壁ヘルニアは,まれな病態ではあるが,腹腔鏡手術にて見落としがちな腹壁の損傷には注意すべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J02824&link_issn=&doc_id=20150617410023&doc_link_id=10.11231%2Fjaem.35.477&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11231%2Fjaem.35.477&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 進行直腸癌に対する術前化学療法の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 田島 陽介

    日本大腸肛門病学会雑誌   68 ( 2 )   113 - 113   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当院で手術を施行した閉鎖孔ヘルニア46例の検討

    諸 和樹, 田島 陽介, 川原 聖佳子, 新国 恵也, 河内 保之, 西村 淳, 牧野 成人, 北見 智恵, 臼井 賢司

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3400 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 消化器外科手術アトラス 胆嚢癌に対する拡大根治的胆嚢摘出術(Glenn手術変法)

    若井 俊文, 坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    消化器外科   37 ( 13 )   1885 - 1894   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 虫垂子宮内膜症による虫垂穿孔に対して双孔式腹腔鏡下虫垂切除術を施行した1例

    田島 陽介, 新国 恵也, 河内 保之, 西村 淳, 牧野 成人, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 臼井 賢司

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   770 - 770   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 遊走脾茎捻転に伴う脾静脈閉塞により胃静脈瘤をきたした1例

    酒井 剛, 北見 智恵, 河内 保之, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 西村 淳, 臼井 賢司, 田島 陽介, 新国 恵也

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   675 - 675   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 術前CTにて診断可能であった盲腸周囲ヘルニアの2例

    臼井 賢司, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   495 - 495   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌に対するNatural orifice surgeryとReduced port surgeryのhybrid手術

    西村 淳, 川原 聖佳子, 本多 啓輔, 田島 陽介, 臼井 賢司, 北見 智恵, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   617 - 617   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下幽門側胃切除における極小残胃の再建手技 術後QOLを重視した術式選択

    牧野 成人, 臼井 賢司, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   565 - 565   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 外傷性腸管損傷・汎発性腹膜炎に対して腹腔鏡下手術を施行した3例

    臼井 賢司, 西村 淳, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   527 - 527   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 進行結腸癌に対する安全な腹腔鏡下手術の啓蒙 T3以深結腸癌に対する腹腔鏡下切除後の再発例からみた今後の課題

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢司

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   343 - 343   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔アクセスデバイスに求めるもの

    西村 淳, 川原 聖佳子, 田島 陽介

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   865 - 865   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌腹膜播種に対する根治切除例の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 田島 陽介

    日本大腸肛門病学会雑誌   67 ( 9 )   790 - 790   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 患者アンケートから解析した潰瘍性大腸炎に対する外科治療の今後の展望

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 若井 俊文

    日本大腸肛門病学会雑誌   67 ( 9 )   768 - 768   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 放射線治療後に発生した大腸癌の5例

    外池 祐子, 川原 聖佳子, 西村 淳, 田島 陽介, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 臼井 賢司

    新潟医学会雑誌   128 ( 9 )   465 - 465   2014年9月

  • 食道癌手術における腹腔鏡補助下胃管作成の工夫 低侵襲性の追求

    牧野 成人, 河内 保之, 臼井 賢司, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   128 ( 8 )   407 - 407   2014年8月

  • 当院における腹腔鏡下大腸癌切除術の教育の現状

    西村 淳, 川原 聖佳子, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢司

    新潟医学会雑誌   128 ( 8 )   410 - 410   2014年8月

  • Conversion surgery後早期に再発をきたしたStage IV胃癌の2例

    臼井 賢司, 河内 保之, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   337 - 337   2014年7月

  • 当科における下部進行直腸癌の手術成績

    田島 陽介, 西村 淳, 臼井 賢司, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 河内 保之, 新国 恵也

    日本消化器外科学会総会   69回   P - 2   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 結腸切除術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策 結腸癌根治切除後再発症例の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢司

    日本消化器外科学会総会   69回   PD - 5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 右側大動脈弓を伴った食道癌の1例

    河内 保之, 牧野 成人, 臼井 賢司, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   68回   90 - 90   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

    researchmap

  • 肥満症例に対する腹腔鏡下幽門側胃切除におけるリンパ節郭清手技

    牧野 成人, 臼井 賢司, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本胃癌学会総会記事   86回   261 - 261   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 内視鏡摘除・外科的切除された大腸SM癌転移・再発例の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢司

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   814 - 814   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当科における切除不能進行・再発胃癌に対する2次治療以降の低用量CDDP+CPT-11療法の検討

    河内 保之, 牧野 成人, 臼井 賢司, 新国 恵也, 西村 淳, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 田島 陽介

    日本胃癌学会総会記事   86回   281 - 281   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下大腸切除術の教育の現状

    西村 淳, 川原 聖佳子, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 知恵, 田島 陽介, 臼井 賢司, 新国 恵也

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   669 - 669   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 急性虫垂炎に対して回盲部切除術を施行した11例の検討

    臼井 賢司, 河内 保之, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 牧野 成人, 西村 淳, 新国 恵也

    新潟医学会雑誌   128 ( 1 )   48 - 48   2014年1月

  • 超高齢者の直腸悪性黒色腫に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した1例

    田島 陽介, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 川原 聖佳子, 北見 智恵, 臼井 賢司

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   667 - 667   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下幽門側胃切除における体腔内Roux-en-Y再建法 完全鏡視下手術におけるストレスのない再建法

    牧野 成人, 臼井 賢司, 田島 陽介, 北見 智恵, 川原 聖佳子, 西村 淳, 河内 保之, 新国 恵也

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   427 - 427   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • NOTESの現状と今後の展望 臍部と腟から行う完全腹腔鏡下大腸癌手術

    西村 淳, 川原 聖佳子, 本多 啓輔, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢治

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   309 - 309   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下大腸癌切除後の再発症例の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 新国 恵也, 河内 保之, 牧野 成人, 北見 智恵, 田島 陽介, 臼井 賢司

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   757 - 757   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 進行大腸癌に対する術前化学療法の検討

    川原 聖佳子, 西村 淳, 田島 陽介

    日本大腸肛門病学会雑誌   66 ( 9 )   752 - 752   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 不安定型骨盤骨折と脛腓骨骨折に対しdamage control orthopaedicsを施行した一例

    小林 陽介, 田島 康介, 泉田 博彬, 松岡 義, 前島 克哉, 渋沢 崇行, 安倍 晋也, 佐々木 淳一, 並木 淳, 堀 進吾

    日本臨床救急医学会雑誌   16 ( 3 )   457 - 457   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床救急医学会  

    researchmap

  • 当科におけるPD症例の検討 PDから学んだこと

    岡本 春彦, 田島 陽介, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌   127 ( 3 )   160 - 160   2013年3月

  • 後腹膜膿瘍をきたした急性虫垂炎穿孔の1例

    田村 博史, 栗原 伸泰, 高嶋 祉之具, 田島 陽介, 大橋 優智, 下山 雅朗, 木村 愛彦, 遠藤 和彦

    新潟医学会雑誌   127 ( 2 )   111 - 111   2013年2月

  • 経過が追えた胆管内乳頭粘液性腫瘍(IPNB)の1切除例

    中村 厚夫, 野澤 優次郎, 遠藤 新作, 八木 一芳, 関根 厚雄, 田島 陽介, 岡本 春彦, 小野 一之, 田宮 洋一

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   28 ( 2 )   158 - 158   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 術前に経過追えた十二指腸乳頭部印環細胞癌の1切除例

    中村 厚夫, 遠藤 新作, 八木 一芳, 関根 厚雄, 田島 陽介, 岡本 春彦, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌   126 ( 10 )   560 - 561   2012年10月

  • 直腸癌穿通によるFournier壊疽を来たしたが根治術を施行し得た1例

    田村 博史, 飯合 恒夫, 亀山 仁史, 田島 陽介, 下田 傑, 島田 能史, 野上 仁, 梅津 哉, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌   65 ( 9 )   653 - 653   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 当科で行っている腸閉塞を伴う大腸癌に対する術中腸管洗浄と一期的再建術

    田島 陽介, 岡本 春彦, 小野 一之, 田宮 洋一

    新潟医学会雑誌   126 ( 7 )   384 - 384   2012年7月

  • 手術を施行した腸管ベーチェット病、単純性潰瘍の検討

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 島田 能史, 野上 仁, 田島 陽介, 加納 陽介, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌   109 ( 臨増総会 )   A331 - A331   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 直腸GISTに対する治療戦略 イマチニブによる術前補助療法の検討

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 神田 達夫, 細井 愛, 関根 和彦, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   537 - 537   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌発育先進部における低分化胞巣の臨床的意義

    島田 能史, 関根 和彦, 八木 寛, 細井 愛, 田島 陽介, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 亀山 仁史, 野上 仁, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌   65 ( 3 )   165 - 165   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合術の治療成績からみた問題点と今後

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 伏木 麻恵, 田島 陽介, 細井 愛, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   284 - 284   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 妊娠を契機に発症した慢性特発性偽性腸閉塞症の1例

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 島田 能史, 伏木 麻恵, 関根 和彦, 細井 愛, 畠山 勝義, 梅津 哉

    日本消化器外科学会雑誌   45 ( 3 )   326 - 332   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は女性で,23歳・妊娠12週時より腹痛・嘔吐が出現した.画像上小腸全体の拡張を認めたが,器質的な閉塞機転を認めず,機能的な腸管運動不全が疑われた.出産後も症状は軽快せず,24歳時に回盲部切除術を施行された.病理組織学的検査所見で腸管神経節細胞脱落を認め,慢性特発性偽性腸閉塞症(chronic idiopathic intestinal pseudo-obstruction;以下,CIIPと略記)と診断された.25歳時にさらに大腸亜全摘・回腸人工肛門術を施行されたが,症状は改善しなかった.29歳時に空腸人工肛門造設術を施行後,症状が軽快し経口摂取可能となった.CIIPの発症機序は不明だが,近年その発症に自己免疫学的異常が関わるとする報告が散見される.一方,種々の自己免疫疾患と妊娠との関連が示唆されている.本症例もCIIP発症に自己免疫学的機序が関与しているかもしれない.(著者抄録)

    researchmap

  • 当科で施行した単孔式腹腔鏡下小腸手術6例の検討

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 細井 愛, 関根 和彦, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 2 )   103 - 103   2012年2月

  • CAPDカテーテルを温存しながら鏡視下手術を行った腹部悪性腫瘍3例

    関根 和彦, 野上 仁, 矢島 和人, 細井 愛, 田島 陽介, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   126 ( 2 )   106 - 107   2012年2月

  • 高齢者潰瘍性大腸炎の手術成績と問題点

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 伏木 麻恵, 田島 陽介, 細井 愛, 関根 和彦, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   712 - 712   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌局所再発症例の検討

    野上 仁, 関根 和彦, 細井 愛, 田島 陽介, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌   64 ( 9 )   717 - 717   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌発育先進部における低分化胞巣の臨床的意義

    島田 能史, 関根 和彦, 細井 愛, 田島 陽介, 伏木 麻恵, 亀山 仁史, 野上 仁, 飯合 恒夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌   64 ( 9 )   768 - 768   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 直腸GISTの治療成績

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 八木 寛, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 谷 達夫, 神田 達夫, 畠山 勝義

    日本大腸肛門病学会雑誌   64 ( 8 )   533 - 533   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 高齢者潰瘍性大腸炎の手術成績と問題点

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 田島 陽介, 八木 寛, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   125 ( 7 )   401 - 401   2011年7月

  • 術前診断が困難であったクローン病合併痔瘻癌の一例

    八木 寛, 飯合 恒夫, 田島 陽介, 伏木 麻恵, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 畠山 勝義, 味岡 洋一

    日本消化器外科学会総会   66回   841 - 841   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 炎症性腸疾患に対する外科治療と成績 潰瘍性大腸炎手術におけるdiverting stoma関連イレウスの危険因子

    亀山 仁史, 飯合 恒夫, 八木 寛, 田島 陽介, 島田 能史, 野上 仁, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会総会   66回   249 - 249   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 慢性特発性偽性腸閉塞症の2例

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 加納 陽介, 八木 寛, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会総会   66回   688 - 688   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 同時期に手術を施行された兄弟クローン病の1例

    飯合 恒夫, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 伏木 麻恵, 田島 陽介, 八木 寛, 畠山 勝義

    日本消化器外科学会総会   66回   613 - 613   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡下手術で切除した原発性早期小腸癌の1例

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 野上 仁, 亀山 仁史, 島田 能史, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 6 )   1465 - 1469   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は78歳,女性.検診で便潜血陽性を指摘されて近医を受診し,精査・加療目的に当院を受診した.上部・下部消化管内視鏡で異常を認めず,カプセル内視鏡およびダブルバルーン内視鏡で終末回腸に表面型腫瘍を認め,生検では高分化腺癌であった.CTでは明らかなリンパ節転移や遠隔転移を認めなかった.以上より原発性小腸癌と診断し,単孔式腹腔鏡下小腸部分切除術を施行した.病理組織学検査ではwell differentiated adenocarcinoma,pM,ly0,v0,pN0,pStage 0であった.近年の小腸内視鏡の普及により,早期に発見される原発性小腸癌が増えている.本症例のように広範囲のリンパ節郭清が必要でない小さな小腸病変に対しては,単孔式腹腔鏡下手術は非常に良い適応と思われた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20110706200025&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.72.1465&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.72.1465&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 急速に増大した膵腫瘍の1例

    森 茂紀, 丹羽 恵子, 菅原 聡, 角田 和彦, 田島 陽介, 佐藤 攻, 加村 毅, 木村 格平

    新潟医学会雑誌   125 ( 4 )   217 - 217   2011年4月

  • 胆嚢管 1mm厚多列検出器型CT画像での正常所見

    加村 毅, 浦川 佳美, 佐藤 攻, 角田 和彦, 田島 陽介, 森 茂紀, 菅原 聡, 丹羽 恵子

    新潟医学会雑誌   125 ( 4 )   220 - 220   2011年4月

  • 回腸嚢肛門吻合術後にニューモシスチス肺炎を発症した潰瘍性大腸炎の1例

    飯合 恒夫, 八木 寛, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 田島 陽介, 古川 俊貴, 山本 尚, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌   108 ( 臨増総会 )   A340 - A340   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 当科におけるGISTの経験と興味深い再発症例の1例

    大橋 優智, 遠藤 和彦, 下山 雅朗, 田島 陽介, 高嶋 祉之具, 栗原 伸泰, 田村 博史, 神田 達夫

    日本臨床外科学会雑誌   71 ( 12 )   3247 - 3247   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 再発大腸癌に対するbevasizumab投与後に発症した腸管穿孔の2例

    田島 陽介, 下山 雅朗, 田村 博史, 遠藤 和彦

    日本大腸肛門病学会雑誌   63 ( 9 )   785 - 785   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 成人鼠径ヘルニア再発症例の検討

    田島 陽介, 遠藤 和彦, 吉田 節朗, 下山 雅朗, 嶋村 和彦, 佐々木 智彦

    日本臨床外科学会雑誌   71 ( 7 )   1916 - 1916   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 男性嚢胞内乳癌の一例

    木村 愛彦, 吉田 節朗, 田島 陽介, 寺田 かおり

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   18回   384 - 384   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 腫瘤形成性虫垂炎に対して腹腔鏡下にinterval appendectomyを施行した1例

    植木 匡, 多々 孝, 田島 陽介

    日本内視鏡外科学会雑誌   15 ( 1 )   93 - 97   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    患者は66歳、男性。脳梗塞の既往がありアスピリンを内服中であった。右鼠径部の膨隆を主訴に2008年1月に当科を受診した。血液検査にて白血球とCRPが上昇し炎症所見があった。CT検査ではヘルニア内容が大網の鼠径ヘルニアと後腹膜膿瘍を伴う腫瘤形成性虫垂炎を認めたが、保存的に経過をみた。下部消化管内視鏡検査にて腫瘤性病変を認めなかった。3ヵ月の経過観察後、腹腔鏡下虫垂切除術を施行した。回盲部が腹膜に癒着し、その背側に炎症のない虫垂があった。癒着剥離と虫垂切除は容易で、術後合併症はなく経過良好であった。腫瘤形成性虫垂炎に対する腹腔鏡下interval appendectomyは整容性と安全性に優れた有用な術式であると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科にて手術を施行した腸閉塞症例の検討

    多々 孝, 植木 匡, 石塚 大, 田島 陽介, 若桑 隆二

    新潟医学会雑誌   123 ( 11 )   595 - 596   2009年11月

  • 大腸癌イレウス術後の敗血症性ショックに対し持続的血液透析濾過エンドトキシン吸着療法が奏功した1例

    田島 陽介, 角田 和彦, 林 雅子, 田中 亮, 佐藤 攻, 吉田 一浩, 斎藤 徳子

    新潟医学会雑誌   123 ( 11 )   594 - 594   2009年11月

  • 第8トリソミーを伴う骨髄異形成症候群を合併した腸管Behcet病の2例

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 坂田 純, 寺島 哲郎, 丸山 聡, 若井 俊文, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   70 ( 増刊 )   640 - 640   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した真菌性化膿性脊椎炎の1例

    田島 陽介, 飯合 恒夫, 川原 聖佳子, 谷 達夫, 森田 修, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌   106 ( 8 )   1183 - 1188   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    症例は58歳男性。ステロイド依存性の難治性潰瘍性大腸炎に対して、発症から4ヵ月後に大腸亜全摘術を施行した。術後9日目より高熱と腰痛の急激な悪化を認め、CT、MRIで化膿性脊椎炎と診断され、脊椎生検による組織培養によりCandida albicansが検出された。安静と抗真菌薬投与による保存的治療で軽快した。潰瘍性大腸炎治療中の患者で腰背部痛を認めた場合、化膿性脊椎炎の可能性も念頭においた迅速な精査が必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J01118&link_issn=&doc_id=20090811140007&doc_link_id=10025178473&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10025178473&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した胆嚢管合流異常の1例

    多々 孝, 植木 匡, 石塚 大, 田島 陽介, 若桑 隆二

    新潟医学会雑誌   123 ( 7 )   382 - 382   2009年7月

  • 85歳以上の超高齢者乳癌症例の検討

    植木 匡, 田島 陽介

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   17回   330 - 330   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 周囲に非浸潤性小葉癌を伴った乳腺invasive micropapillary carcinomaの1例

    田島 陽介, 植木 匡, 石塚 大, 多々 孝, 若桑 隆二

    新潟医学会雑誌   122 ( 12 )   695 - 695   2008年12月

  • 大腸穿孔症例の検討

    丸田 智章, 三浦 宏平, 田島 陽介, 萬羽 尚子, 塚原 明弘, 小山 俊太郎, 田中 典生, 武田 信夫, 下田 聡

    新潟医学会雑誌   122 ( 11 )   660 - 661   2008年11月

  • 機能的端端吻合術後に吻合部再発をきたした結腸癌の1例

    田島 陽介, 田中 典生, 小山 俊太郎, 塚原 明弘, 丸田 智章, 萬羽 尚子, 下田 聡

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   471 - 472   2008年8月

  • 胆管嚢胞腺癌の1切除例

    田島 陽介, 塚原 明弘, 下田 聡, 武田 信夫, 田中 典生, 小山 俊太郎, 丸田 智章, 萬羽 尚子, 三浦 宏平

    日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   1536 - 1536   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した真菌性脊椎炎の1例

    田島 陽介

    日本消化器病学会雑誌   105 ( 臨増総会 )   A375 - A375   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎緊急手術例の検討

    飯合 恒夫, 谷 達夫, 丸山 聡, 田島 陽介, 畠山 勝義

    日本消化器病学会雑誌   105 ( 臨増総会 )   A335 - A335   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 妊娠中に発症した鼠径ヘルニア手術症例の検討

    田島 陽介, 武者 信行, 矢島 和人, 木戸 知紀, 坪野 俊広, 酒井 靖夫, 長谷川 功

    日本臨床外科学会雑誌   69 ( 3 )   509 - 513   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    はじめに:鼠径へルニアの治療の原則は手術であるが,妊娠中に発症した鼠径ヘルニアの治療方針は確立していない.対象および方法:1996年から2006年の間に当科で行われた1,032例の鼠径ヘルニア手術症例のうち,妊娠中に発症した鼠径ヘルニア手術症例14例(1.4%)を対象とし,臨床的特徴,手術法,および治療成績について後ろ向きに検討した.結果:全14例が有症状で10例に鼠径部の膨隆,4例に疼痛を認めた.鼠径ヘルニア発症の時期は中央値が妊娠19.5週であった.12例が妊娠中,1例が帝王切開時,1例が出産後8日目に鼠径ヘルニア根治術を施行された.手術法は8例がMarcy法,6例がLichtenstein法であった.全例で妊娠・出産に関する合併症,鼠径へルニアの再発を認めていない.結論:妊娠中でも鼠径ヘルニア修復術は安全かつ十分に手術を行うことが可能であり,有症状例に対しては手術を考慮すべきである.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20080401230002&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.69.509&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.69.509&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 直腸癌の後腹膜穿孔により大腿部膿瘍を形成した1例

    田島 陽介, 金子 和弘, 桑原 明史, 武者 信行, 坪野 俊広, 酒井 靖夫

    日本臨床外科学会雑誌   68 ( 増刊 )   794 - 794   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【図解 手術基本手技】臓器の持ち方・取り扱い方

    白井 良夫, 田島 陽介, 畠山 勝義

    手術   61 ( 10 )   1385 - 1388   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 妊娠合併鼠径ヘルニア手術症例の検討

    田島 陽介

    日本外科系連合学会誌   32 ( 4 )   720 - 720   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  • 大腸MP・SM癌に対する適切なリンパ節郭清範囲の検討

    酒井 靖夫, 武者 信行, 坪野 俊広, 桑原 明史, 金子 和弘, 若井 淳宏, 田島 陽介

    日本大腸肛門病学会雑誌   60 ( 8 )   500 - 500   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • P-2-495 stageII大腸癌における再発危険因子の検討(大腸・肛門 危険因子・予後2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    桑原 明史, 酒井 靖夫, 田島 陽介, 若井 淳宏, 金子 和弘, 武者 信行, 坪野 俊広

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1400 - 1400   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 急性虫垂炎で発症した肺扁平上皮癌の虫垂転移の1例

    田島 陽介, 酒井 靖夫, 矢島 和人, 武者 信行, 坪野 俊広, 小川 洋, 鈴木 晋, 石原 法子

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1133 - 1133   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後の高度の癒着性腸閉塞に対して剥離不能で減圧ドレナージにより軽快しえた2例

    酒井 靖夫, 武者 信行, 坪野 俊広, 桑原 明史, 金子 和弘, 若井 淳宏, 田島 陽介

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1329 - 1329   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • stage II大腸癌における再発危険因子の検討

    桑原 明史, 酒井 靖夫, 田島 陽介, 若井 淳宏, 金子 和弘, 武者 信行, 坪野 俊広

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1400 - 1400   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 急性虫垂炎で発症した肺扁平上皮癌の虫垂転移の1例

    田島 陽介, 酒井 靖夫, 矢島 和人, 武者 信行, 坪野 俊広, 小川 洋, 鈴木 晋, 石原 法子

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 4 )   473 - 477   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    今回,我々は肺扁平上皮癌の虫垂転移によって発症した急性虫垂炎の1手術例を経験したので報告する.症例は71歳の男性で,右側腹部痛を訴えて受診した.12ヵ月前に肺扁平上皮癌の手術既往があり,最終病期はT4N2M0=stage IIIaであった.身体所見でMcBurney点に圧痛とBlumberg徴候を認め,検査所見では白血球数が22,000/mm3,CRPが9.9 mg/dlと著明に上昇していた.腹部骨盤部CTでは右側腹部に腫瘤を形成した虫垂を認め,急性虫垂炎の診断で手術方針となった.開腹所見では腹腔内には膿性腹水がみられ,虫垂の穿孔を認めた.また,虫垂先端は回腸と強固に癒着しており,虫垂切除術および回腸部分切除術を施行した.術後の病理組織学的所見で低分化型扁平上皮癌の診断となり,原発性肺癌の虫垂転移によって引き起こされた急性虫垂炎であることが判明した.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J01117&link_issn=&doc_id=20070412180021&doc_link_id=10.5833%2Fjjgs.40.473&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5833%2Fjjgs.40.473&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 肺癌の虫垂転移により急性虫垂炎をきたした1例

    田島 陽介, 酒井 靖夫, 坪野 俊広, 武者 信行, 鈴木 晋, 小川 洋, 正道 隆介, 広野 達彦

    新潟医学会雑誌   120 ( 4 )   237 - 237   2006年4月

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 潰瘍性大腸炎術後回腸嚢炎の発症機序解明:腸内細菌叢および脂質メディエーターの解析

    研究課題/領域番号:20K09074  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    亀山 仁史, 奥田 修二郎, 廣瀬 雄己, 島田 能史, 中野 麻恵, 竹内 志穂, 中野 雅人, 小柳 英人, 永橋 昌幸, 田島 陽介

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 大腸粘液層のバリア機能破綻に着目した炎症性発癌に関与する腸内細菌叢の解明

    研究課題/領域番号:19K18105  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    田島 陽介

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究の目的は、大腸粘液層のバリア機能破綻に着目した炎症性発癌に関与する腸内細菌叢を同定することである。ヒト大腸癌検体30例(炎症性発癌大腸癌症例10例、右側散発性大腸癌症例10例、左側散発性大腸癌症例10例)を目標として、大腸癌部・非癌部の16S rRNA遺伝子解析、カルノア固定標本の作製、大腸癌患者の便細菌叢解析を行う予定としている。
    大腸粘膜表面には粘液層が存在し、粘液層は腸内細菌叢が定着する外粘液層と通常無菌に保たれる内粘液層に分かれる。本研究では、粘液層バリアの破綻により内粘液層や粘膜表面に侵入した腸内細菌が炎症を惹起して発癌をもたらす可能性に着目した。同仮説を検証するため、検体表面を生理食塩水で洗浄することにより粘膜上の外粘液層を除去した上で検体を採取し、本来無菌であるはずの内粘液層や粘膜表面に侵入した腸内細菌群を同定することを目的とする。その結果、炎症性発癌に関連する特定の細菌を同定し、同細菌の除菌による大腸癌発癌予防・癌進行予防につながることを期待する。また、大腸癌部細菌叢と便細菌叢との関連を検索することにより、大腸癌の早期発見につながることを期待する。
    2019年度前半に検体の採取法・処理法・保存法について検討を重ねた。実際に洗浄前後の検体のカルノア固定標本を作製し、外粘液層が洗浄により除去されることを確認した。また、処理遅延による細菌増殖が解析結果にもたらす影響を最小限に抑えるため、手術中標本摘出直後に検体の洗浄・採取・冷凍保存を行うプロトコールを確立した。
    2019年度は3例の検体採取を行った。カルノア固定・便細菌叢解析はすでに完了し、今後大腸癌部・非癌部検体の16S rRNA解析を実施する予定である。

    researchmap

  • 発癌の分子メカニズムの違いに着目した大腸癌TGF-βシグナル伝達経路の新たな分類

    研究課題/領域番号:18K08612  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    島田 能史, 若井 俊文, 亀山 仁史, 永橋 昌幸, 市川 寛, 田島 陽介, 小林 隆, 奥田 修二郎

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    申請者らは、TGF-βシグナル伝達経路に異常を有する大腸癌には、2つの異なる発癌の分子メカニズムが存在することに着目し、「TGF-βシグナル伝達経路に異常を有する大腸癌は、シグナルの受容体であるTGFBR2もしくはACVR2Aに遺伝子変異をもつ群(受容体変異群)と、細胞内におけるシグナル伝達の調節因子であるSMAD2もしくはSMAD4に遺伝子変異をもつ群(調節因子変異群)とに分類することができる」という仮説を立て、本研究を企画した。本研究の目的は、「受容体変異群と調節因子変異群について、病理像・臨床像・人種差・蛋白質発現を解析し、発癌の分子メカニズムの違いに着目した大腸癌TGF-βシグナル伝達経路の分類における研究基盤を確立すること」である。
    本年度は、散発性大腸癌におけるTGF-βシグナル伝達経路と、MAPK経路におけるBRAF V600E変異およびWnt経路におけるRNF43変異との関係を解析し、その結果を英文雑誌に投稿した。
    Matsumoto A, Shimada Y, et al. RNF43 mutation is associated with aggressive tumor biology along with BRAF V600E mutation in right-sided colorectal cancer. Oncol Rep. 2020 Mar 23.doi: 10.3892/or.2020.7561.

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎関連大腸癌における脂質メディエーターを介した新たな発癌機構の解明

    研究課題/領域番号:17K10624  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    亀山 仁史, 島田 能史, 永橋 昌幸, 田島 陽介, 若井 俊文, 中島 真人

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    スフィンゴシン1リン酸(S1P)は慢性炎症と癌の進展を制御する生理活性物質である。我々は潰瘍性大腸炎関連大腸癌と通常型大腸癌における脂質メディエーターの役割について検討した。さらに、両者における遺伝子変異についても解析した。潰瘍性大腸炎関連大腸癌では通常型大腸癌に比べてリン酸化スフィンゴシンキナーゼ1型が高発現しており、また、遺伝子変異にも差が認められた。本研究の結果により、脂質メディエーターおよび遺伝子変異の解析は潰瘍性大腸炎関連大腸癌の診断に有用であることが示唆された。

    researchmap

  • ヨーグルトの抗菌-整腸作用に着目した術後難治性炎症病態に対する新規治療法の開拓

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    田島陽介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    外科領域を含め、MRSAをはじめとした耐性菌の問題は未だに解決されておらず、新たな抗菌薬開発と新たな耐性菌出現のいたちごっこが続いている。今回我々は、腸内細菌叢のバランス改善効果をもつヨーグルトがMRSAに対して強い抗菌活性を示すことに着目した。予備実験では新潟県産のヤスダヨーグルトが最も強い抗菌活性を示したため、同ヨーグルトのMRSAに対する抗菌活性機序を解明する研究に着手した。

    researchmap