2021/06/24 更新

写真a

ヤマザキ ケイスケ
山崎 恵介
YAMAZAKI Keisuke
所属
医歯学総合病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2017年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 頭頸部癌

  • 音声・嚥下

  • 甲状腺癌

研究分野

  • ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学  / 頭頸部癌

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   耳鼻咽喉科   助教

    2016年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   耳鼻咽喉科   特任助教

    2015年8月 - 2016年9月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科   助教

    2016年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科   特任助教

    2015年8月 - 2016年9月

学歴

  • 山形大学   医学部   医学科

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Multicentre, retrospective study of the efficacy and safety of nivolumab for recurrent and metastatic salivary gland carcinoma. 査読 国際誌

    Kazutomo Niwa, Daisuke Kawakita, Toshitaka Nagao, Hideaki Takahashi, Takashi Saotome, Masashi Okazaki, Keisuke Yamazaki, Isaku Okamoto, Hideaki Hirai, Natsuki Saigusa, Chihiro Fushimi, Tatsuo Masubuchi, Kouki Miura, Shin-Ichi Okazaki, Hirooki Matsui, Takuro Okada, Sho Iwaki, Takashi Matsuki, Kenji Hanyu, Kiyoaki Tsukahara, Nobuhiko Oridate, Yuichiro Tada

    Scientific reports10 ( 1 ) 16988 - 16988   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although immune-checkpoint inhibitors (ICIs) are effective against various cancers, little is known regarding their role in salivary gland carcinoma (SGC) treatment. Therefore, we evaluated the efficacy and safety of nivolumab monotherapy in patients with recurrent and/or metastatic SGC. In this multicentre retrospective study, nivolumab (240 mg) was administered every 2 weeks. The overall response rate (ORR), progression-free survival (PFS), overall survival (OS), and safety were examined; the correlation between treatment outcomes and clinicopathological factors was analysed. Twenty-four patients were enrolled; the most common histopathology was salivary duct carcinoma. Eleven tumours were PD-L1-positive; no tumour was microsatellite instability-high. The ORR was 4.2%, and the median PFS and OS were 1.6 and 10.7 months, respectively. One patient continued nivolumab for 28 months without disease progression. One patient showed grade 4 increase in creatine phosphokinase levels and grade 3 myositis. Biomarker analysis revealed significantly increased OS in patients with performance status of 0; modified Glasgow prognostic score of 0; low neutrophil-to-lymphocyte ratio, lactate dehydrogenase, and C-reactive protein; and high lymphocyte-to-monocyte ratio and in patients who received systemic therapy following nivolumab. Although nivolumab's efficacy against SGC was limited, some patients achieved long-term disease control. Further studies are warranted on ICI use for SGC.

    DOI: 10.1038/s41598-020-73965-6

    PubMed

    researchmap

  • Near-Infrared Fluorescence Imaging in the Identification of Parathyroid Glands in Thyroidectomy. 査読 国際誌

    Takeshi Takahashi, Keisuke Yamazaki, Hisayuki Ota, Ryusuke Shodo, Yushi Ueki, Arata Horii

    The Laryngoscope   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES/HYPOTHESIS: To assess the ability of near-infrared fluorescence imaging (NIFI) to identify parathyroid glands (PGs) among histologically proven PG/non-PG specimens compared with a surgeon's visual acumen, and to determine NIFI sensitivity in detecting incidentally resected PGs from thyroidectomy specimens, compared to the surgeon's visual inspection. STUDY DESIGN: Prospective study. METHODS: With mean age of 61 years, 36 patients with various thyroid diseases were enrolled. Possible PGs (n = 28) and lymph nodes (n = 32) were identified by the experienced surgeon's visual inspection. Using NIFI, 15 PGs were further identified from thyroidectomy specimens. For these 75 specimens, the surgeon's judgments (PG vs. non-PG) were recorded. Histological evaluation was performed after examining the NIFI auto-fluorescence of each specimen. RESULTS: There were no significant differences in sensitivity, specificity, positive predictive value, and negative predictive value between the surgeon's visual inspection and NIFI in identifying PGs, with values of 100%/97.1%, 85.0%/87.5%, 85.4%/87.2%, and 100%/97.2%, respectively. The sensitivity of NIFI (82.9%) for detection of PGs from thyroidectomy specimens was significantly higher than that of the surgeon's visual inspection (61.0%). False negative specimens contained bleeding/congestion and/or encapsulation by thick tissues, whereas false positive specimens contained electrocoagulated tissues. CONCLUSIONS: NIFI showed results comparable to the experienced surgeon's visual inspection in identifying PGs. This could benefit novice surgeons. NIFI may be useful for experienced surgeons to locate incidentally resected PGs within thyroidectomy specimens for auto-transplantation. Prevention of intra-gland bleeding and congestion, careful removal of thick capsules, and bloodless surgeries without electrocoagulation are important for reducing false positive and false negative results. Laryngoscope, 2020.

    DOI: 10.1002/lary.29163

    PubMed

    researchmap

  • Carotid blowout-a rare but fatal complication of endoscopic submucosal dissection of superficial hypopharyngeal carcinoma after radiotherapy. 査読 国際誌

    Ryuichi Okabe, Yushi Ueki, Takeshi Takahashi, Ryusuke Shodo, Keisuke Yamazaki, Satoru Hashimoto, Arata Horii

    Auris, nasus, larynx   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Endoscopic submucosal dissection (ESD) has gained wide acceptance as a minimally invasive and curative surgery for superficial head and neck carcinoma. However, the safety of ESD for superficial pharyngeal carcinoma after radiotherapy has not been elucidated. Superficial hypopharyngeal carcinoma of the left pyriform sinus developed in a 76-year-old man who had undergone concurrent chemoradiotherapy for T2N2bM0 pyriform sinus carcinoma on the opposite side 12 months before. He underwent ESD without complications. Because tumor invasion into the muscular layer was a concern, the muscular layer was partially resected with the tumor. Twelve days after discharge, he presented with a sore throat and difficulty in swallowing. Endoscopy and computed tomography revealed necrosis due to wound infection with abscess formation around the left carotid artery. The common carotid artery subsequently ruptured. Although the surgical intervention was performed, he passed away 46 days after ESD due to carotid blowout. ESD is a minimally invasive treatment for superficial head and neck carcinoma, but carotid blowout can occur in cases after radiation. Prior radiotherapy and deeper dissection into the muscular layer may hamper wound epithelization, resulting in infection-induced necrosis and carotid blowout. Diligent monitoring of wound healing is essential in patients who have previously undergone irradiation.

    DOI: 10.1016/j.anl.2020.08.020

    PubMed

    researchmap

  • Sarcopenia predicts a poor treatment outcome in patients with head and neck squamous cell carcinoma receiving concurrent chemoradiotherapy. 査読 国際誌

    Ryusuke Shodo, Keisuke Yamazaki, Yushi Ueki, Takeshi Takahashi, Arata Horii

    European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Sarcopenia, defined as a decrease in the skeletal muscle mass and its function, is associated with a poor clinical outcome in several malignancies. We aimed to examine whether sarcopenia can be a predictor of incompletion of concurrent chemoradiotherapy (CCRT) and survival for head and neck cancer (HNC) patients. METHODS: Forty-one male HNC patients who received CCRT were enrolled in the study. Cross-sectional muscle areas at the third lumbar vertebral level were normalized by the squared height of the patients and were termed the lumbar skeletal muscle index (LSMI, cm2/m2), a marker of sarcopenia. Patients were divided into high (30/41, 73%) and low (11/41, 27%) LSMI groups. The LSMI cut-off value was set at 39.7 cm2/m2 based on a receiver operating characteristic curve for incompletion of CCRT. The groups were compared for survival rate by the Kaplan-Meier method. Factors predicting incompletion of CCRT were investigated among several variables. RESULTS: Multivariate analysis showed that a pre-treatment low LSMI (P = 0.033) and age over 70 years (P = 0.023) were the only significant predictors for incompletion of CCRT. The 2-year disease-specific survival (DSS) rate was significantly lower in the low LSMI group (61%) than in the high LSMI group (97%, P = 0.012), whereas there were no differences in the DSS rate between the low and high body mass index groups. CONCLUSION: The prevalence of sarcopenia in HNC patients receiving CCRT was 27%. Its presence before treatment was a significant predictor of incomplete CCRT and poor DSS rate in HNC patients.

    DOI: 10.1007/s00405-020-06273-4

    PubMed

    researchmap

  • Predicting the treatment outcome of nivolumab in recurrent or metastatic head and neck squamous cell carcinoma: prognostic value of combined performance status and modified Glasgow prognostic score. 査読 国際誌

    Yushi Ueki, Takeshi Takahashi, Hisayuki Ota, Ryusuke Shodo, Keisuke Yamazaki, Arata Horii

    European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery277 ( 8 ) 2341 - 2347   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The importance of nivolumab for recurrent or metastatic (R/M) head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC) is rapidly increasing. However, prognostic factors have not been determined for predicting treatment outcome. We aimed to investigate the prognostic factors in R/M HNSCC patients treated with nivolumab. METHODS: This retrospective study included 42 patients with R/M HNSCC who received nivolumab therapy. Correlations of overall survival (OS) with various patient characteristics including age, recurrent/metastatic site, performance status (PS), programmed death-ligand 1 positivity, body mass index, neutrophil-to-lymphocyte ratio, modified Glasgow prognostic score (mGPS), previous cetuximab administration, and immune-related adverse events were investigated. RESULTS: The overall response rate and disease control rate were 16.7% and 45.2%, respectively. Estimated 1-year OS and progression-free survival (PFS) were 56.4% and 24.5%, respectively. Multivariate analysis revealed that PS = 2 (hazard ratio 0.147; 95% CI 0.041-0.527; p = 0.003) and mGPS = 2 (hazard ratio 0.188; 95% CI, 0.057-0.620; p = 0.006) were independent predictors of poor OS. Given that the PS and mGPS were independent prognostic factors, we classified patients into three groups according to PS and mGPS: Group 1, both PS and mGPS were 0 or 1 (n = 30); Group 2, either PS or mGPS was 2 (n = 9); Group 3, both PS and mGPS were 2 (n = 3). The OS curves were significantly stratified among the three groups. CONCLUSION: The combination of PS and mGPS accurately predicted OS after nivolumab therapy. Preventive intervention to maintain general condition without simultaneously exceeding level 2 of PS and mGPS might be important for improving treatment outcomes of nivolumab.

    DOI: 10.1007/s00405-020-05945-5

    PubMed

    researchmap

  • Role of programmed death-ligand 1 in predicting the treatment outcome of salvage chemotherapy after nivolumab in recurrent/metastatic head and neck squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Yushi Ueki, Takeshi Takahashi, Hisayuki Ota, Ryusuke Shodo, Keisuke Yamazaki, Arata Horii

    Head & neck   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: It was reported that treatment outcomes of the salvage chemotherapy (SCT) following nivolumab are fairly good compared with those of nivolumab itself. However, predictive factors of SCT for recurrent/metastatic head and neck squamous cell carcinoma (R/M HNSCC) were not determined. METHODS: Twenty-one R/M HNSCC patients received SCT following nivolumab. The treatment outcome and predictive factors for the favorable response to SCT were investigated. RESULTS: The objective response rate (ORR) and the disease control rate of SCT were 52.4% and 81.0%, respectively. The median progression-free survival and the median overall survival time were 5.4 and 12.9 months, respectively. Patients with positive programmed death-ligand 1 (PD-L1) expression showed greater tumor shrinkage evaluated by the response evaluation criteria in solid tumors and higher ORR than those with negative PD-L1 expression. CONCLUSIONS: Treatment outcome of SCT following nivolumab in R/M HNSCC was favorable. PD-L1 expression may be a predictive factor of SCT.

    DOI: 10.1002/hed.26374

    PubMed

    researchmap

  • The association between oral candidiasis and severity of chemoradiotherapy-induced dysphagia in head and neck cancer patients: A retrospective cohort study. 査読 国際誌

    Hirotake Saito, Ryusuke Shodo, Keisuke Yamazaki, Kouji Katsura, Yushi Ueki, Toshimichi Nakano, Tomoya Oshikane, Nobuko Yamana, Satoshi Tanabe, Satoru Utsunomiya, Atsushi Ohta, Eisuke Abe, Motoki Kaidu, Ryuta Sasamoto, Hidefumi Aoyama

    Clinical and translational radiation oncology20   13 - 18   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and purpose: Concurrent chemoradiotherapy (CCRT) for head and neck cancer (HNC) is a risk factor for oral candidiasis (OC). As Candida spp. are highly virulent, we conducted a retrospective study to determine whether OC increases the severity of dysphagia related to mucositis in HNC patients. Patients and methods: We retrospectively analyzed the cases of consecutive patients with carcinomas of the oral cavity, pharynx, and larynx who underwent CCRT containing cisplatin (CDDP) at our hospital. The diagnosis of OC was based on gross mucosal appearance. We performed a multivariate analysis to determine whether OC was associated with the development of grade 3 dysphagia in the Radiation Therapy Oncology Group (RTOG) Acute Toxicity Criteria. The maximum of the daily opioid doses was compared between the patients with and without OC. Results: We identified 138 HNC patients. OC was observed in 51 patients (37%). By the time of their OC diagnosis, 19 (37%) had already developed grade 3 dysphagia. Among the 30 patients receiving antifungal therapy, 12 (40%) showed clinical deterioration. In the multivariate analysis, OC was independently associated with grade 3 dysphagia (OR 2.75; 95%CI 1.22-6.23; p = 0.015). The patients with OC required significantly higher morphine-equivalent doses of opioids (45 vs. 30 mg/day; p = 0.029). Conclusion: Candida infection causes refractory dysphagia. It is worth investigating whether antifungal prophylaxis reduces severe dysphagia related to candidiasis.

    DOI: 10.1016/j.ctro.2019.10.006

    PubMed

    researchmap

  • Third Epidemiological Analysis of Nasopharyngeal Carcinoma in the Central Region of Japan from 2006 to 2015. 査読 国際誌

    Masafumi Kanno, Norihiko Narita, Yasushi Fujimoto, Naohiro Wakisaka, Tomokazu Yoshizaki, Takeshi Kodaira, Chiyoko Makita, Yuichiro Sato, Keisuke Yamazaki, Takanori Wakaoka, Yuzo Shimode, Hiroyuki Tsuji, Ryosuke Kito, Hajime Ishinaga, Seiji Hosokawa, Hiromasa Takakura, Kunihiro Nishimura, Takuma Matoba, Shigeharu Fujieda

    Cancers11 ( 8 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study aimed to clarify the incidence and clinical outcomes of nasopharyngeal carcinoma (NPC) in the Chubu region of Japan from 2006 to 2015, compared with previous reports. A retrospective analysis was conducted based on medical records from 40 hospitals located in the Chubu region in the central Japanese main island, with a population of around 22.66 million individuals. This study was designed in line with to two previous clinical studies into NPC conducted in the same area of Japan. We recruited NPC patients diagnosed in hospitals across this area over a 10-year period (2006-2015) using a questionnaire about sex, age, primary site, clinical symptoms, pathology, Union for International Cancer Control (UICC) staging, serological exam, treatment, and survival. A total of 620 NPC patients were identified. The age-standardized incidence of NPC from 2006 to 2015 was 0.27 per 100,000 individuals per year. There were no significant differences between this study and the previous two studies conducted in the same area of Japan. The five-year overall survival rate for all patients was 75.9%, while those for patients with stages I, II, III, and IVA were 97%, 91%, 79%, and 68%, respectively. The age-standardized annual incidence of NPC in the present study was 0.27 per 100,000 individuals per year, which was relatively low and stable. The five-year overall survival rate for all NPC patients was significantly improved in this decade compared with previous studies. The smoking rates in male and female NPC patients were 64.5% and 18.8%, respectively, thereby suggesting the involvement of smoking in the incidence of NPC.

    DOI: 10.3390/cancers11081180

    PubMed

    researchmap

  • Multicenter phase I/II study of chemoradiotherapy with high-dose CDDP for head and neck squamous cell carcinoma in Japan. 査読 国際誌

    Hiroshi Matsuyama, Keisuke Yamazaki, Ryuichi Okabe, Yushi Ueki, Ryusuke Shodo, Jo Omata, Yuichiro Sato, Hisayuki Ota, Takeshi Takahashi, Masahiko Tomita, Yusuke Yokoyama, Takafumi Togashi, Hidefumi Aoyama, Eisuke Abe, Yasuo Saijo, Kouji Katsura, Marie Soga, Tadashi Sugita, Yasuo Matsumoto, Emiko Tsuchida, Arata Horii

    Auris, nasus, larynx45 ( 5 ) 1086 - 1092   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Recent data indicated that concurrent chemoradiotherapy (CCRT) using high dose cisplatin (CDDP) is the most useful treatment for advanced head and neck squamous cell carcinoma (SCC). Regarding the dose of CDDP, 100mg/m2 is most recommended in Western countries. However, in terms of a balance of efficacy and adverse events, appropriate dose of cytotoxic drugs such as CDDP may be different among the different ethnic groups. In this multicenter phase I/II study, we aimed to identify the optimal dose of CDDP in CCRT for patients with advanced head and neck SCC in the Japanese. METHODS: Patients were eligible for inclusion if they had head and neck SCC that was treated with radical CCRT comprising whole-neck irradiation of the primary lesion and level II-IV lymph nodes on both sides. For the phase I study, a CDDP dose was 70mg/m2 for level 0, 80mg/m2 for level 1, and 100mg/m2 for level 2. Maximum tolerated dose (MTD) and dose-limiting toxicity (DLT) were examined by phase I trial, by which CDDP dose for phase II was determined. The primary endpoint for the phase II was CCRT completion rate, and the secondary endpoint was full-dose-CCRT completion rate, the percentage of patients receiving a total CDDP dose of ≥200mg/m2, response rate, and incidences of adverse events. RESULTS: A CDDP dose of 100mg/m2 was the MTD for phase I, and the recommended dose for phase II was 80 mg/m2. Forty-seven patients were evaluated in the phase II trial. CCRT completion rate, full-dose-CCRT rate, and the percentage of patients receiving a total CDDP dose of ≥200mg/m2, were 93.6%, 78.7%, and 93.6%, respectively. One patient (2.1%) developed grade 2 renal dysfunction, and no patient developed febrile neutropenia or a grade 4 adverse event. CONCLUSION: The present phase I study indicated that a CDDP dose of 80mg/m2 is the optimal dose in terms of safety. The phase II study revealed that CCRT completion rate, response rate, and rates of adverse events were not inferior for a CDDP dose of 80mg/m2 as compared with a dose of 100mg/m2, and a dose of 80mg/m2 is therefore recommended in CCRT for the Japanese. This study was registered with the University Hospital Medical Information Network Clinical Trials Registry (UMIN-CTR; identification No. UMIN000010369).

    DOI: 10.1016/j.anl.2018.02.008

    PubMed

    researchmap

  • Therapeutic outcome after resection of pulmonary metastasis from head and neck carcinomas. 査読 国際誌

    Keisuke Yamazaki, Ryusuke Shodo, Yushi Ueki, Hiroshi Matsuyama, Sugata Takahashi

    Indian journal of otolaryngology and head and neck surgery : official publication of the Association of Otolaryngologists of India67 ( Suppl 1 ) 124 - 8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hematogenous metastasis is the most common form of metastasis in head and neck cancer, and reports have described successful resection of pulmonary metastases of such cancers. We report treatment outcomes after surgical resection of pulmonary metastases of head and neck cancer and identify prognostic factors. This clinicopathologic study investigated the clinical records of 16 patients with pulmonary metastases of head and neck cancer (excepting cases of thyroid cancer) who had undergone metastasectomy at our center during the period 2001-2012. The mean age of the 16 patients (11 men and 5 women) was 62.1 years. The mean interval between completion of successful treatment of the primary tumor and detection of pulmonary metastasis was 21 months (range, 6-56 months). All patients underwent pulmonary resection. The overall 1-year survival rate was 79.4 %, and the 2- to 5-year survival rate was 63.2 %. These rates compare favorably to those in previous reports on resection of pulmonary metastases. When prognostic factors for survival rates were compared, the factors associated with a negative prognosis were a disease-free interval of <12 months and partial resection of pulmonary metastases. Multivariate analysis did not reveal any prognostic factors associated with negative outcomes. Surgical resection of pulmonary metastases of head and neck cancer might improve outcomes.

    DOI: 10.1007/s12070-014-0799-y

    PubMed

    researchmap

  • [Concurrent chemoradiotherapy with either CDDP or CDGP, plus 5-FU for squamous cell carcinoma of the oropharynx and hypopharynx]. 査読

    Masahiko Tomita, Hiroshi Matsuyama, Keisuke Yamazaki, Katsuro Sato, Sugata Takahashi

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy39 ( 6 ) 921 - 5   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Clinical outcomes of 53 patients with oropharyngeal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma, treated from January, 2000 to December, 2008 by concurrent chemoradiotherapy of either CDDP or CDGP, plus 5-FU were investigated. Patients were treated with either CDDP (70 mg/m2) or CDGP (100 mg/m2) on day 1 of the chemotherapy regime, with 5-FU (700 mg/m2/day) as a continuous infusion for 5 days. Each regimen was administered as two courses in the first and final weeks of radiotherapy. Radiotherapy was administered at a daily dose of 2 Gy for five days a week, with patients receiving a total of 70 Gy by the end of seven weeks. The primary cancer was located in the oropharynx and hypopharynx in 21 and 32 patients, respectively. Twenty-six patients (49.1%) had stage IVA disease and 10 patients (18.9%) had overall stage I to II disease. Acute adverse events such as pharyngeal mucositis and leucopenia occurred in 49.1% and 43.4% of patients, respectively, and second round chemotherapy was not commenced in 56.6% of patients (n=30) due to significant adverse events. Mean weight loss following treatment was 4.1 kg. After a median follow-up of 30.0 months, 3-year overall survival was 53.0% for advanced carcinoma of the oropharynx and hypopharynx. Five-year overall survival was 46.4%. Patients receiving two courses of chemotherapy had an improved 5-year survival compared to patients receiving one course (67.0% vs 32.8%). Results indicate a significant benefit from two courses of chemotherapy. As such, minimizing the incidence of adverse effects and thereby reducing treatment discontinuation will likely improve overall treatment outcomes.

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 下咽頭梨状窩瘻に対する経口的化学・電気焼灼術の有用性に関する検討

    白木 佑弥, 馬場 洋徳, 岩井 玄樹, 高橋 奈央, 山崎 恵介, 堀井 新

    口腔・咽頭科33 ( 3 ) 186 - 186   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔・咽頭科学会  

    researchmap

  • 頭頸部皮膚自壊悪性腫瘍におけるにおい対策 デオマジック(商標名)の効果

    山崎 恵介, 太田 久幸, 高橋 剛史, 正道 隆介, 植木 雄志, 堀井 新

    頭頸部癌46 ( 2 ) 167 - 167   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 骨転移との鑑別を要したBrown tumor合併副甲状腺癌の一例

    植木 雄志, 高橋 剛史, 太田 久幸, 正道 隆介, 山崎 恵介, 梅津 哉, 堀井 新

    日本内分泌外科学会雑誌37 ( 1 ) 55 - 59   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌外科学会  

    症例は71歳女性で、血液検査にてPTH-intactが1246pg/mlと著明高値であったため当院代謝内分泌内科を紹介初診となった。頸胸腹部CT上、甲状腺左葉背側の腫瘍性病変と硬化性、溶骨性の混在した多発性骨病変が指摘され、副甲状腺癌および多発骨転移が疑われた。高カルシウム血症の補正目的にシナカルセトが開始されたが改善が得られず、手術目的に当科紹介となった。術前画像所見からは副甲状腺腫瘍と甲状腺左葉の境界が不明瞭であったことから、副甲状腺腫瘍摘出の際に甲状腺左葉も合併切除した。病理所見では線維性の被膜を有し、好酸性細胞がシート状に増殖する像を認めた。核異型は軽度であるものの、脈管侵襲を認めること、Ki-67 indexは10%でhot spotを認めることから副甲状腺癌の診断となった。骨病変に対する治療については、腰椎病変に対してのみ病的骨折予防目的に放射線治療を行い、臨床経過から副甲状腺癌にBrown tumorを合併したものと判断した。

    researchmap

  • 頭頸部癌外来化学療法における上腕ポートと末梢挿入型中心静脈カテーテルの比較

    正道 隆介, 山崎 恵介, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部外科29 ( 2 ) 123 - 128   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    再発転移頭頸部癌に対する外来化学療法の増加に伴い、安全な血管アクセスデバイス(VAD)が求められている。VADとしての末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)27例と埋込型PICCである上腕ポート13例の安全性について比較した。両者に患者背景や治療内容に有意差を認めなかった。合併症発生数は上腕ポート群0例(0%、0/1,000カテーテル留置日)、PICC群8例(30%、1.8/1,000カテーテル留置日)で、上腕ポート群で有意に少なかった(p=0.037)。PICC群の合併症内訳はカテーテル閉塞4例、血栓症2例、カテーテル関連血流感染症1例、自己抜去1例であった。上腕ポートは安全なVADであり、頭頸部癌の外来化学療法において有用な選択肢と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20191115330005&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.29.123&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.29.123&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • ANL Secondary Publication 日本人頭頸部扁平上皮癌に対する高用量シスプラチン併用化学放射線療法の多施設共同第I/II相試験

    松山 洋, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 正道 隆介, 尾股 丈, 佐藤 雄一郎, 太田 久幸, 高橋 剛史, 富田 雅彦, 横山 侑輔, 富樫 孝文, 青山 英史, 阿部 英輔, 西條 康夫, 勝良 剛詞, 曽我 麻里恵, 杉田 公, 松本 康男, 土田 恵美子, 堀井 新

    日本耳鼻咽喉科学会会報122 ( 9 ) 1269 - 1270   2019年9月

  • バセドウ病術後に嚥下障害が遷延しANCA関連血管炎と診断した一例

    山崎 恵介, 植木 雄志, 正道 隆介, 高橋 剛史

    日本内分泌外科学会雑誌36 ( Suppl.3 ) S339 - S339   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌外科学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌再建手術症例における栄養指標の意義

    正道 隆介, 植木 雄志, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部癌45 ( 2 ) 155 - 155   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部原発扁平上皮癌後発肺転移に対する定位放射線治療の治療成績 肺部分切除との比較

    高橋 剛史, 富樫 孝文, 山崎 恵介, 佐藤 雄一郎, 堀井 新

    頭頸部癌45 ( 2 ) 167 - 167   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 皮膚自壊悪性腫瘍によるにおい対策 デオマジック(登録商標)の効果

    山崎 恵介, 太田 久幸, 正道 隆介, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部癌45 ( 2 ) 240 - 240   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 再発転移頭頸部扁平上皮癌に対するニボルマブ治療35例の検討 治療成績と予後因子

    植木 雄志, 正道 隆介, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部癌45 ( 2 ) 143 - 143   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • CDDP不適の頭頸部扁平上皮癌症例へのセツキシマブ併用放射線療法の治療成績 放射線単独療法との比較

    高橋 剛史, 植木 雄志, 正道 隆介, 富樫 孝文, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 本田 耕平, 松山 洋, 富田 雅彦, 佐藤 雄一郎, 堀井 新

    日本耳鼻咽喉科学会会報122 ( 4 ) 635 - 635   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌外来化学療法における上腕ポートと末梢挿入型中心静脈カテーテルの比較

    正道 隆介, 山崎 恵介, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    日本耳鼻咽喉科学会会報122 ( 4 ) 636 - 636   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 放射線治療を行った頭頸部領域発症の木村氏病の6例

    馬場 洋徳, 岩井 玄樹, 池田 香織, 高橋 奈央, 山崎 恵介, 松山 洋, 堀井 新

    日本耳鼻咽喉科学会会報122 ( 4 ) 591 - 591   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • Nivolumabを投与した頭頸部癌10症例の臨床像について CM-141試験との比較

    松山 洋, 本田 耕平, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 富樫 孝文, 正道 隆介, 堀井 新

    頭頸部外科28 ( 3 ) 313 - 318   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    Nivolumab(Nivo)が再発・転移頭頸部癌の全生存期間を有意に延長することが報告され、本邦では2017年3月から保険収載となった。本研究では2017年6〜10月に当院でNivoを投与した再発・転移頭頸部癌10例の臨床像に関して検討した。年齢は44〜75歳で中央値62.5歳、PSは0が7例、2が3例、Cetuximab(Cetu)暴露例は8例であった。観察期間の中央値6ヵ月における効果判定はPR3例、SD2例、PD5例であり、PS不良例や急速進行例では治療効果不良、Cetu暴露の有無やPD-L1染色の陽性・陰性と治療効果の間には相関がなかった。有害事象は許容範囲内であった。CheckMate-141試験と比較すると本研究の方がPS0の患者の割合が多く、Nivo投与期間が長い傾向にあった。今後、Nivoの適応決定や投与のタイミングに関して検討する必要があると思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20190312410012&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.28.313&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.28.313&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 多発遠隔転移を伴った副甲状腺癌の1例

    植木 雄志, 山崎 恵介, 正道 隆介, 岡部 隆一, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌35 ( Suppl.2 ) S332 - S332   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 【手術に必要な画像診断-口腔・咽頭編】口腔腫瘍切除術 頬粘膜腫瘍切除術

    山崎 恵介, 松山 洋, 堀井 新

    JOHNS34 ( 5 ) 567 - 570   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • 当科における再発頭頸部扁平上皮癌のCetuximab併用1次治療不応に対する2次治療の有効性と安全性の検討

    富樫 孝文, 正道 隆介, 植木 雄志, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 本田 耕介, 松山 洋, 堀井 新

    頭頸部癌44 ( 2 ) 160 - 160   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌に対するNivolumab投与報告

    松山 洋, 本田 耕平, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 富樫 孝文, 正道 隆介, 堀井 新

    頭頸部癌44 ( 2 ) 172 - 172   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌化学放射線療法症例のサルコペニア調査

    正道 隆介, 松山 洋, 富樫 孝文, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 本田 耕介, 堀井 新

    頭頸部癌44 ( 2 ) 150 - 150   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 下咽頭癌化学放射線治療における嚥下リハビリテーションの有用性についての検討

    山崎 恵介, 森 香織, 正道 隆介, 富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部癌44 ( 2 ) 151 - 151   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 中・下咽頭表在癌における拡大内視鏡所見と深達度の検討

    岡部 隆一, 松山 洋, 正道 隆介, 富樫 孝文, 植木 雄志, 山崎 恵介, 本田 耕平, 堀井 新

    頭頸部癌44 ( 2 ) 205 - 205   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 一側性声帯麻痺における喉頭枠組み手術 甲状軟骨形成術1型に対する披裂軟骨内転術併施の効果

    高橋 奈央, 馬場 洋徳, 佐々木 崇暢, 山崎 恵介, 高橋 邦行, 堀井 新

    音声言語医学59 ( 1 ) 102 - 102   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本音声言語医学会  

    researchmap

  • 新潟県の頭頸部扁平上皮癌に対するCCRTの現状 県内多施設共同研究の最終報告

    松山 洋, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 富樫 孝文, 横山 侑輔, 堀井 新, 佐藤 雄一郎, 正道 隆介, 太田 久幸, 富田 雅彦, 尾股 丈

    頭頸部癌43 ( 2 ) 186 - 186   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 上咽頭癌化学放射線療法後の補助化学療法

    横山 侑輔, 尾股 丈, 高橋 剛史, 正道 隆介, 富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 松山 洋, 堀井 新, 佐藤 雄一郎, 太田 久幸, 富田 雅彦

    頭頸部癌43 ( 2 ) 178 - 178   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における医科と歯科の連携の試み アンケート結果報告

    山崎 恵介, 富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 船山 昭典, 小田 陽平, 新美 奏恵, 三上 俊彦, 金丸 祥平, 勝見 祐二, 勝良 剛詞, 永田 昌毅, 小林 正治, 堀井 新

    頭頸部癌43 ( 2 ) 255 - 255   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部扁平上皮癌Stage IVC症例の検討

    尾股 丈, 横山 侑輔, 高橋 剛史, 正道 隆介, 太田 久幸, 富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 松山 洋, 堀井 新, 佐藤 雄一郎, 富田 雅彦

    頭頸部癌43 ( 2 ) 215 - 215   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における再発・転移頭頸部扁平上皮癌に対するセツキシマブ併用療法の有効性と問題点の検討

    富樫 孝文, 植木 雄志, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 松山 洋

    頭頸部癌43 ( 2 ) 239 - 239   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 喉頭癌T3症例の治療法別治療成績の検討

    山崎 恵介, 横山 侑輔, 植木 雄志, 岡部 隆一, 松山 洋, 堀井 新

    頭頸部癌42 ( 2 ) 155 - 155   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 嗅神経芽細胞腫2症例に対する化学療法の経験

    横山 侑輔, 山崎 恵介, 尾股 丈, 高橋 剛史, 太田 久幸, 正道 隆介, 山崎 洋大, 植木 雄志, 岡部 隆一, 富樫 孝文, 松山 洋, 堀井 新

    頭頸部癌42 ( 2 ) 159 - 159   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • CDDP+VP-16先行後放射線療法を行った頭頸部小細胞癌の4例

    松山 洋, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 山崎 洋大, 正道 隆介, 太田 久幸, 高橋 剛史, 尾股 丈, 横山 侑輔, 堀井 新, 富樫 孝文

    頭頸部癌42 ( 2 ) 173 - 173   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 新潟県における頭頸部癌CCRTのレジメン統一への動き 高用量CDDP+RT

    松山 洋, 佐藤 雄一郎, 富田 雅彦, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 富樫 孝文, 山崎 洋大, 正道 隆介, 太田 久幸, 高橋 剛史, 堀井 新

    頭頸部癌42 ( 1 ) 70 - 75   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    新潟県には県内の癌治療施設が一堂に会する新潟県頭頸部癌悪性腫瘍登録委員会があり、県内の頭頸部悪性腫瘍症例のデータを四半世紀にわたって登録してきた。癌登録に関しては有用なデータではあるが、放射線療法や化学療法の進歩とともに施設間の治療内容および治療成績の格差が目立ってきて、全体の予後調査という点において信頼性が低下してしまった。そこでわれわれは県内の癌治療施設が一堂に会する利点を利用して「頭頸部扁平上皮癌に対する高用量CDDP+RTの県内多施設共同研究phase I/II study」を立ち上げた。phase Iにおいては12例が登録され、最大耐用量や用量限界毒性、化学療法減量・中止基準、phase IIにおけるCDDP推奨投与量などが検討され、その結果CDDP推奨投与量は80mg/m2となった。今後はCCRT完遂率などをendpointとしたphase IIを開始する予定である。地方における治療の一つのモデルケースとして、現状の経過を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J04195&link_issn=&doc_id=20160518480012&doc_link_id=10.5981%2Fjjhnc.42.70&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5981%2Fjjhnc.42.70&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 新潟県内頭頸部癌治療の統一と集約化への動き

    松山 洋, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 植木 雄志, 堀井 新, 佐藤 雄一郎, 正道 隆介, 太田 久幸, 富田 雅彦, 富樫 孝文

    日本耳鼻咽喉科学会会報119 ( 4 ) 684 - 684   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 頭頸部扁平上皮癌に対するセツキシマブ併用放射線療法の経験

    山崎 恵介

    頭頸部癌Frontier3 ( 2 ) 134 - 135   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 【分子標的治療薬と放射線治療の併用】頭頸部扁平上皮癌に対するセツキシマブ併用の放射線治療経験

    土田 恵美子, 渡邊 順, 山崎 恵介, 橋本 茂久, 馬場 洋徳, 高橋 剛史, 横山 侑輔, 新堀 香織, 大島 伸介, 尾股 丈, 手塚 貴文, 富山 勝博

    臨床放射線60 ( 13 ) 1681 - 1687   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    2013年2月〜2014年6月の8例(男7例、女1例、48〜85歳)を対象とした。セツキシマブは初回400mg/m2、2回目以降は放射線治療とともに週1回250mg/m2を投与した。放射線治療には三次元放射線治療計画を用い、病変部の総線量は70Gyを基本とした。セツキシマブ・放射線治療とも完遂できたのは6例であり、治療の1次効果は完全寛解(CR)が5例、部分寛解(PR)が3例であった。CRの5例中4例が再発なく生存し(観察期間21〜26ヵ月)、1例は治療後4ヵ月で肺転移を認めたが、観察期間29ヵ月で担癌生存中である。PRの3例のうち1例は原病死、1例は治療に関連する肺障害により死亡、1例は、17ヵ月間、担癌生存中である。有害事象はGrade 5の肺障害を1例、Grade 3の嚥下障害を5例に認めた。粘膜炎による疼痛に対し全例にオピオイド鎮痛薬の使用を要した。全例に皮膚障害を認めたが、治療完遂に影響を及ぼさなかった。

    researchmap

  • 梅毒の臨床像 当院の症例を中心として

    矢部 正浩, 山田 翔太, 高瀬 美希, 小田 雅人, 竹内 綾乃, 相場 恒男, 和栗 暢生, 森川 香子, 手塚 貴文, 塚田 弘樹, 五十嵐 修一, 高井 和江, 岩谷 昭, 山崎 俊幸, 今井 智之, 登坂 有子, 中澤 聡, 山崎 恵介, 横山 侑輔, 橋立 英樹

    新潟市民病院医誌36 ( 1 ) 1 - 11   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    梅毒は近年増加に転じている。当院でも過去7年間に、第二期梅毒3例(うち梅毒性肝炎2例)、潜伏期梅毒1例、第四期梅毒2例(心血管梅毒・梅毒性大動脈瘤1例、神経梅毒・脊髄癆1例)の6例を経験した。いずれもヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染合併ではなかった。6例の病期と臨床像は多彩であり、診療科も複数にまたがっていた。個々の症状や身体所見、一般検査は非特異的であった。性的活動性がある年代で、発熱、皮疹、リンパ節腫脹、肝機能障害、進行性の神経障害などをみた場合には、常に梅毒を考慮する必要があると考えられた。性感染症リスク行動の病歴聴取や検査前または術前の感染症検査が診断のきっかけとなることもあるため、これらの情報にも注意を払う必要があると考えられた。これらの症例を提示しながら、先天梅毒以外のHIV感染合併のない梅毒の臨床像について概説した。(著者抄録)

    researchmap

  • 平成26年度 新潟市民病院摂食・嚥下サポートチーム活動報告

    高田 佳之, 山崎 恵介, 渡部 正俊, 手塚 貴文, 伊藤 拓緯, 新保 淳輔, 山崎 佐和子, 前沢 恵美子, 犬井 智子, 伊藤 久美子, 武居 美津恵, 陶山 亜希子, 中野 美穂, 山形 睦美, 本間 桜, 岩倉 正樹, 木村 隼也, 安藤 泰子, 今成 麻美, 佐藤 彩加, 坂上 優貴, 大谷 哲也

    新潟市民病院医誌36 ( 1 ) 70 - 73   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    researchmap

  • 甲状腺手術後のEjnell法による声門開大術施行症例の検討

    山崎 恵介, 植木 雄志, 松山 洋

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌32 ( Suppl.2 ) S257 - S257   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 頭頸部領域に再発を繰り返した類上皮血管内皮腫の1例

    尾股 丈, 松山 洋, 正道 隆介, 山崎 洋大, 植木 雄志, 山崎 恵介, 山本 裕, 高橋 姿

    頭頸部外科25 ( 1 ) 55 - 60   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    頭頸部領域に再発を繰り返した類上皮血管内皮腫の1例を報告する。症例は40歳女性で、過去12年間に頭蓋骨左側、下顎骨左側、左耳下腺、鼻中隔左側の類上皮血管内皮腫に対して複数の医療機関で摘出術を施行され、経過観察目的に当科紹介となった。初診時は頭頸部領域に腫瘍性病変を認めなかったが、経過中に鼻中隔左側に腫瘤が出現した。生検にて類上皮血管内皮腫再発の診断となり、腫瘍切除術を施行した。腫瘍径と病理組織像から低危険度群に分類されたため、追加治療をせず経過観察を行っており、術後18ヵ月再発を認めていない。本症例では頭頸部領域の片側性再発を繰り返しており、今後も慎重な経過観察が必要と思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20150721380009&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.25.55&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.25.55&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 新潟県における頭頸部癌CCRTのレジメン統一への動き 高用量CDDP+RT

    松山 洋, 岡部 隆一, 富樫 孝文, 正道 隆介, 高橋 姿, 佐藤 雄一郎, 植木 雄志, 山崎 恵介, 富田 雅彦, 山崎 洋大

    頭頸部癌41 ( 2 ) 218 - 218   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部扁平上皮癌に対するセツキシマブ併用放射線治療の経験

    山崎 恵介, 尾股 丈, 橋本 茂久

    頭頸部癌41 ( 2 ) 188 - 188   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における原発性副甲状腺機能亢進症手術例の検討

    山崎 恵介, 横山 侑輔, 馬場 洋徳, 渡辺 順, 橋本 茂久

    頭頸部外科24 ( 3 ) 323 - 328   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    当科にて2007年から2013年までの7年間に、原発性副甲状腺機能亢進症と診断され、手術を施行した20例について検討した。内訳は男性6例、女性14例で、年齢は41〜84歳(平均年齢60.6歳)、病理診断は、腺腫18例、副甲状腺癌1例、不明1例であった。ほぼ全例に超音波、CT、99mTcMIBI(methoxyisobutylisonitrile)シンチグラフィを行い、局在診断に有用であった。19例に血清Ca値の正常化を認め、1例は正常化しなかった。この症例では甲状腺結節を合併していたため、局在診断が困難であった。局在診断技術が向上しても1腺摘出だけでは対応できない場合もあり、両側検索の対応も常に念頭におく必要があると思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20150312410014&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.24.323&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.24.323&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 副甲状腺癌の一例

    横山 侑輔, 高橋 剛史, 植木 雄志, 山崎 恵介, 渡辺 順, 橋本 茂久

    新潟市民病院医誌35 ( 1 ) 48 - 52   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    症例は84歳の女性で、右側胸部痛を主訴に当院救急外来を受診し、高カルシウム血症、腎機能低下を認め内分泌内科に緊急入院となった。原因検索のため、血液検査、超音波検査、単純CTを施行、甲状腺左葉下極に接した石灰化を伴う20mm大の腫瘤と、i-PTHの高値を認めた。さらに副甲状腺シンチグラムで異常集積がみられ、原発性副甲状腺機能亢進症と診断した。保存的治療をおこなったが、高カルシウム血症及び腎機能が徐々に増悪したため、手術目的に当科紹介となった。全身麻酔下に副甲状腺腫瘍摘出術を施行し、術中所見で周囲への浸潤は認めず、迅速病理診断は腺腫であったが、最終的な永久病理診断は副甲状腺癌となった。副甲状腺癌は非常に稀な疾患であり、術前診断が困難な事も多い。本例も手術後に診断が確定したが、術前から副甲状腺癌に特徴的な症状を念頭に置き治療にあたる必要があると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • プランマー病を呈した甲状腺乳頭癌の1例

    山崎 恵介, 橋本 茂久

    頭頸部癌40 ( 2 ) 260 - 260   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部領域に生じた高分化型脂肪肉腫の3例

    正道 隆介, 太田 久幸, 山崎 恵介, 松山 洋, 高橋 姿

    頭頸部癌40 ( 1 ) 75 - 80   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    頭頸部領域に生じた高分化型脂肪肉腫の3例を経験したので報告する。症例1は78歳男性、頸縦隔脂肪肉腫。他院で縦隔病変の開胸切除後に当科紹介となり、頸部病変を全摘した。症例2は41歳男性、中下咽頭脂肪肉腫。経口切除後に再増大したため、頸部外切開により腫瘍を全摘した。永久病理診断にて一部粘液型部分を認めたため、術後照射を行った。症例3は62歳男性、頸縦隔脂肪肉腫。経頸部的に腫瘍を全摘した。脂肪肉腫は悪性軟部組織腫瘍の中では発生頻度が高いが、頭頸部領域では稀である。一般に悪性軟部組織腫瘍の治療には十分な安全域をつけた広範囲切除術が原則とされるが、脂肪肉腫の中でも良悪性中間腫瘍に位置する高分化型脂肪肉腫においては切除縁に関する統一見解はない。本報告では全例に辺縁切除術を行い、現在まで明らかな再発を認めていない。浸潤傾向のない頭頸部高分化型脂肪肉腫に対しては隣接臓器を温存した辺縁切除術で対応可能と思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J04195&link_issn=&doc_id=20140512480014&doc_link_id=10.5981%2Fjjhnc.40.75&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5981%2Fjjhnc.40.75&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 新潟県頭頸部悪性腫瘍登録委員会における2000-2011年の統計

    佐藤 克郎, 松山 洋, 山崎 恵介, 佐藤 雄一郎, 五十嵐 文雄, 高橋 姿

    頭頸部癌39 ( 2 ) 152 - 152   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部領域に生じた高分化型脂肪肉腫の3症例

    正道 隆介, 太田 久幸, 山崎 恵介, 松山 洋, 高橋 姿

    頭頸部癌39 ( 2 ) 204 - 204   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌肺転移切除症例の検討

    山崎 恵介, 正道 隆介, 松山 洋, 高橋 姿

    頭頸部癌39 ( 2 ) 150 - 150   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当院における中下咽頭表在癌症例の検討

    松山 洋, 尾股 丈, 正道 隆介, 山崎 恵介, 高橋 姿

    頭頸部癌39 ( 2 ) 181 - 181   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 声門下狭窄を伴った先天性喉頭横隔膜症の1例

    松山 洋, 正道 隆介, 山崎 恵介, 渡辺 順, 富田 雅彦, 佐藤 克郎, 高橋 姿, 久 育男

    頭頸部外科22 ( 3 ) 311 - 316   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    声門下狭窄を伴った先天性喉頭横隔膜症に対し、良好な治療経過を経た1例を報告する。症例は39週、2,320gで出生、直後から喘鳴を認めた。ファイバースコピーにて喉頭横隔膜症と診断され、呼吸状態が安定しないため気管切開術を施行した。1歳10ヵ月で直達喉頭鏡を施行し、喉頭横隔膜症に声門下狭窄を合併していることが分かった。2歳5ヵ月で喉頭截開を用いて根治術を施行、3ヵ月間ステントを留置し、ステント抜去後は再び気管カニューレを装用して経過観察とした。喉頭の再狭窄は生じず、3歳9ヵ月で会話が可能となり、5歳で気管孔閉鎖術を行った。現在6歳で、軽度の嗄声はあるが日常生活に支障を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20130311410011&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.22.311&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.22.311&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 新潟県における頭頸部癌診療の現状と目標

    山崎 恵介, 松山 洋, 佐藤 雄一郎

    日本癌治療学会誌47 ( 3 ) 1404 - 1404   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当科における頭頸部癌遊離皮弁再建術 過去10年間の検討と今後の改善点

    松山 洋, 山崎 恵介

    日本癌治療学会誌47 ( 3 ) 1396 - 1396   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 県立中央病院におけるI期II期声門癌の治療成績

    松山 洋, 山崎 恵介, 高橋 姿, 佐藤 邦広, 植木 雄志, 高橋 奈央

    新潟医学会雑誌126 ( 9 ) 505 - 505   2012年9月

  • 放射線治療32年後に喉頭壊死を生じた喉頭癌の1例

    山崎 恵介, 太田 久幸, 岡部 隆一, 松山 洋, 富田 雅彦, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部外科22 ( 1 ) 81 - 85   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本頭頸部外科学会  

    喉頭癌に対する放射線治療の重篤な晩期障害の1つとして喉頭壊死がある。喉頭壊死は晩期障害の中では比較的早期に発症することが多いが、今回われわれは放射線治療32年後に発症した遅発性喉頭壊死症例を経験したので報告する。症例は91歳男性、1977年に喉頭癌T2の診断でγ線(60Co)の放射線治療を施行された。32年後に慢性炎症を契機に喀血と、これによる気道閉塞による呼吸停止が生じ、緊急対応後の精査で遅発性の喉頭壊死と診断した。気道確保と保存的治療の結果、音声機能は温存可能であったが、嚥下機能は喪失し経口摂取は困難となった。放射線治療の長期経過後の喉頭壊死症例では、保存的治療での対応も可能であるが、喉頭が温存できても機能喪失の可能性が大きいと思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J04210&link_issn=&doc_id=20120706420016&doc_link_id=10.5106%2Fjjshns.22.81&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5106%2Fjjshns.22.81&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 中下咽頭扁平上皮癌に対する化学放射線同時併用療法の検討

    富田 雅彦, 松山 洋, 山崎 恵介, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    癌と化学療法39 ( 6 ) 921 - 925   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    2000年1月〜2008年12月までの9年間に、中下咽頭扁平上皮癌に対し化学放射線同時併用療法(CRT)を行った53症例の治療成績について検討した。原発巣は中咽頭21例と下咽頭32例で、放射線治療は1例を除く52例で休止なく70Gyを完遂した。グレード3以上の有害事象発生率は、粘膜炎49.1%、白血球減少43.4%であり、治療前後で平均4.1kgの体重減少を認めた。2コース目の化学療法は、30例で有害事象のため施行不能であった。観察期間中央値30.0ヵ月での進行中下咽頭癌全症例の粗生存率は、3年で53.0%、5年で46.4%であった。2コース目の化学療法が可能であった群で、5年生存率は67.0%と未施行群の32.8%に比べ高かった。有害事象の発生を最小限に抑え、2コース目の化学療法の施行率を上げることが本治療の成績向上に重要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20120620480013&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003906%2F014%2F0921-0925%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003906%2F014%2F0921-0925%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 新潟大学における頭頸部悪性腫瘍症例の20年間の変遷

    佐藤 克郎, 松山 洋, 山崎 恵介, 正道 隆介, 高橋 姿

    頭頸部癌38 ( 2 ) 147 - 147   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における遊離皮弁を用いた頭頸部癌再建手術の検討

    松山 洋, 太田 久幸, 正道 隆介, 山崎 恵介, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌38 ( 2 ) 154 - 154   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 粘表皮癌45例の臨床病理学的検討

    山崎 恵介, 正道 隆介, 松山 洋, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌38 ( 2 ) 201 - 201   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における舌癌の臨床統計

    正道 隆介, 太田 久幸, 山崎 恵介, 松山 洋, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌38 ( 2 ) 259 - 259   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 新潟県における頭頸部癌診療の現状と目標

    山崎 恵介, 正道 隆介, 松山 洋, 佐藤 克郎, 高橋 姿, 佐藤 雄一郎

    日本耳鼻咽喉科学会会報115 ( 4 ) 459 - 459   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 当科における喉頭癌IV期症例の検討

    佐藤 克郎, 富田 雅彦, 山崎 恵介, 岡部 隆一, 高橋 姿

    頭頸部癌37 ( 2 ) 203 - 203   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における頸部リンパ節転移を認めた眼瞼・眼窩原発悪性腫瘍症例の検討

    山崎 恵介, 岡部 隆一, 松山 洋, 富田 雅彦, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌37 ( 2 ) 299 - 299   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 当科における口唇癌9例の検討

    岡部 隆一, 佐藤 克郎, 山崎 恵介, 富田 雅彦, 高橋 姿

    頭頸部癌37 ( 2 ) 307 - 307   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 治療関連骨髄異形成症候群を発症した下咽頭癌の1例

    太田 久幸, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 松山 洋, 富田 雅彦, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌37 ( 2 ) 330 - 330   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 咽喉食摘術後の反復性出血に対し血管塞栓術が有効であった1例

    松山 洋, 富田 雅彦, 岡部 隆一, 山崎 恵介, 佐藤 克郎, 高橋 姿

    頭頸部癌37 ( 2 ) 291 - 291   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 特発性頸部リンパ漏の1例

    山崎 恵介, 太田 久幸

    耳鼻咽喉科臨床 補冊 ( 補冊128 ) 131 - 131   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:耳鼻咽喉科臨床学会  

    researchmap

  • 当院におけるI期II期声門癌の治療成績

    山崎 恵介, 太田 久幸, 渡辺 一道

    頭頸部癌36 ( 2 ) 232 - 232   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 短期間の間に急性化膿性甲状腺炎を反復し、外科的切除を要した下咽頭梨状窩瘻の1例

    田嶋 直哉, 楡井 淳, 塚田 正範, 笠原 靖史, 庄司 圭介, 添野 愛基, 羽二生 尚訓, 丸山 茂, 須田 昌司, 太田 久幸, 山崎 恵介, 渡邉 一道, 村田 大樹, 内山 昌則

    日本小児科学会雑誌114 ( 5 ) 900 - 900   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 特発性頸部リンパ漏の1例

    山崎 恵介, 太田 久幸, 渡辺 一道

    耳鼻咽喉科・頭頸部外科82 ( 3 ) 243 - 245   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    症例は49歳女性で、布団を押し入れに詰め込むとき、左頸部腫脹、圧迫感が出現した。視診、ファイバースコープで口腔・咽喉・喉頭に異常を認めなかったが、左鎖骨上〜左頸部に瀰漫性腫脹を認めた。触診で圧痛は認めず、境界は不明瞭であった。左頸部の組織内出血またはリンパ液漏出を疑ったが腫瘍性病変除外のため細胞診を施行した。乳糜を疑うような液体成分は引けなかった。バイタルサインに問題なく、気道狭窄がないことを確認し左頸部圧迫固定とした。4日後、左頸部腫脹は消失し、細胞診の結果はフィブリン塊、好中球、リンパ球が認められるのみで悪性所見は認めなかった。原因検索のため再度CTを施行したが異常は指摘できなかった。その後、同部位に腫脹を認めたため緊急でMRI、核医学検査を施行した。MRI、T2強調画像脂肪抑制で左鎖骨上〜左頸部にかけ、軟部組織間への液体成分貯留を認め、水とほぼ同様の信号を呈した。核医学検査で両足の皮下にラジオアイソトープ(RI)を注入し、リンパ管シンチグラフィーを施行し、左鎖骨上に著明なRI集積を認め、特発性リンパ漏と診断した。再診時には腫脹は消失した。

    researchmap

  • 術前診断可能であった甲状腺Carcinoma Showing Thymus-like Differentiation(CASTLE)の1例

    山崎 恵介, 杉谷 巌, 戸田 和寿, 藤本 吉秀, 山田 恵子, 元井 紀子, 池永 素子

    内分泌外科26 ( 3 ) 163 - 168   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)インターメルク  

    症例は60歳男性で、病悩2ヵ月の嗄声を主訴に受診し、右反回神経麻痺、甲状腺右葉腫瘍を指摘された。甲状腺機能は正常で、サイログロブリン値は36ng/mlと若干の上昇を認めた。副甲状腺機能は正常、自己抗体は陰性、白血球増多などは認めず全身状態は良好であった。頸部超音波上、右葉下部に2cm大の石灰化を伴わない分葉状、不整形低エコー結節を認めた。超音波、頸胸部CT、骨シンチグラフィで明らかな頸部リンパ節転移、肺・骨転移は認めなかった。穿刺吸引細胞診のPapanicolaou染色標本では小型核小体の目立つ、小〜中型の大小不同差のある核をもつN/C比大の悪性細胞が集塊状及び孤立性に出現していた。術前にCASTLE(carcinoma showing thymus-like differentiation)の可能性を疑い、甲状腺右葉切除、中心領域リンパ節郭清、右反回神経合併切除術を施行した。甲状腺CASTLEと診断し、右気管傍リンパ節に転移を認めた。

    researchmap

  • 中咽頭上壁癌の臨床的検討

    新橋 渉, 吉本 世一, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 米川 博之, 別府 武, 福島 啓文, 佐々木 徹, 小栗 千里, 山崎 恵介, 黒瀬 誠

    頭頸部癌35 ( 2 ) 96 - 96   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 合併症に対する対処法を中心としたボイスプロステーシス(Provox2)による音声再建の検討

    福島 啓文, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 米川 博之, 別府 武, 佐々木 徹, 新橋 渉, 山崎 恵介, 黒瀬 誠, 瀬戸 陽, 北野 睦三, 斉藤 祐毅

    日本耳鼻咽喉科学会会報112 ( 4 ) 334 - 334   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 切除と再建 QOL向上を目指したseamless collaboration 頭頸部癌再建手術におけるSeamless Collaboration

    別府 武, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 杉谷 巌, 米川 博之, 福島 啓文, 佐々木 徹, 新橋 渉, 酒井 昭博, 松山 洋, 荘司 洋文, 田中 四郎, 塚原 清彰, 吉田 昌史, 小栗 千里, 伏見 千宙, 青木 謙祐, 山崎 恵介, 黒瀬 誠, 吉本 世一, 鎌田 信悦

    頭頸部癌35 ( 1 ) 1 - 4   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    頭頸部再建手術においては、切除側と再建側がお互いの要望するところを熟知し、協調性をもって計画的にチーム医療を実施することが大事である。切除側の注意点には、特に原発巣切除断端の良好な血流ならびに健常組織の保存、血管吻合の候補となる血管の愛護的操作と保存がある。一方再建側の注意点には、最適なvolumeを持ち血流の安定した皮弁の採取、術後機能を最大限に引き出し、かつ合併症を回避すべく工夫を施した再建が挙げられる。実際の手術が時間の点でも、人員配置の点でも継ぎ目なく有効に行われるためには、切除、再建の両者が要求する細かい部分までをよく熟知し、お互いが協調していく体制が必須である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J04195&link_issn=&doc_id=20090511370001&doc_link_id=10.5981%2Fjjhnc.35.1&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5981%2Fjjhnc.35.1&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 外耳道癌、耳下腺癌における根治切除後の二期的顔面耳介再建症例の検討

    新橋 渉, 澤泉 雅之, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 吉本 世一, 米川 博之, 別府 武, 福島 啓文, 佐々木 徹, 酒井 昭博, 吉田 昌史, 青木 謙祐, 山崎 恵介, 黒瀬 誠

    頭頸部癌34 ( 2 ) 208 - 208   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 切除と再建 QOL向上を目指したseamless collaboration 当科の頭頸部癌再建手術におけるseamless collaboration

    別府 武, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 杉谷 巌, 吉本 世一, 米川 博之, 福島 啓文, 佐々木 徹, 新橋 渉, 酒井 昭博, 吉田 昌史, 小栗 千里, 青木 謙祐, 山崎 恵介, 黒瀬 誠

    頭頸部癌34 ( 2 ) 88 - 88   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭頸部癌学会  

    researchmap

  • 頸部食道癌咽頭後リンパ節転移症例の検討

    佐々木 徹, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 吉本 世一, 米川 博之, 別府 武, 福島 啓文, 新橋 渉, 酒井 昭博, 塚原 清彰, 吉田 昌史, 青木 謙祐, 山崎 恵介, 黒瀬 誠

    日本耳鼻咽喉科学会会報111 ( 4 ) 284 - 284   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 当科におけるボイスプロステーシス(Provox2)による音声再建の検討

    福島 啓文, 川端 一嘉, 三谷 浩樹, 吉本 世一, 米川 博之, 別府 武, 佐々木 徹, 新橋 渉, 酒井 昭博, 塚原 清彰, 吉田 昌史, 青木 謙祐, 山崎 恵介, 黒瀬 誠

    日本耳鼻咽喉科学会会報111 ( 4 ) 267 - 267   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 喉頭に発生した軟骨腫の2例

    山崎 恵介, 大滝 一, 中村 英生, 今井 昭雄

    日本耳鼻咽喉科学会会報108 ( 9増刊 ) 961 - 961   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 良性対称性脂肪腫症(Madelung病)の1例

    山崎 恵介, 中村 英生, 大滝 一, 今井 昭雄, 宮田 昌幸

    日本耳鼻咽喉科学会会報108 ( 5増刊 ) 623 - 623   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 当科における内視鏡下鼻内手術の周術期管理

    窪田 和, 浅野 美智, 半藤 英, 山崎 恵介, 土屋 昭夫, 大野 雅昭

    日本耳鼻咽喉科学会会報108 ( 5増刊 ) 619 - 619   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 内視鏡下鼻内副鼻腔手術の術後経過

    半藤 英, 窪田 和, 浅野 美智, 山崎 恵介, 土屋 昭夫, 大野 雅昭

    日本耳鼻咽喉科学会会報108 ( 5増刊 ) 622 - 623   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 頭頸部領域に発生した癌肉腫の2例

    山崎 恵介, 浅野 美智, 半藤 英, 大野 雅昭, 土屋 昭夫

    日本耳鼻咽喉科学会会報107 ( 9増刊 ) 891 - 891   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • 篩骨洞peripheral primitive neuroectodermal tumorの1例

    半藤 英, 山崎 恵介, 浅野 美智, 土屋 昭夫, 大野 雅昭

    日本耳鼻咽喉科学会会報107 ( 5増刊 ) 589 - 589   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

  • Tolosa-Hunt症候群の1例

    山崎 恵介, 浅野 美智, 半藤 英, 土屋 昭夫

    日本耳鼻咽喉科学会会報107 ( 5増刊 ) 588 - 589   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 多列面検出器型CTによる頭頸部癌化学放射線治療後の嚥下障害機序の解明

    研究課題/領域番号:18K16836  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    山崎 恵介

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    頭頸部進行癌に対する治療は、臓器温存を目的とした化学放射線治療(CRT)へと変遷してきたが、一方で治療後に嚥下障害をきたすことが知られるようになってきた。嚥下障害は誤嚥性肺炎の原因となり、患者のQOLのみならず医療経済上も大きな問題となっている。頭頸部癌CRT後の嚥下障害の責任部位はさまざまであり、有効な嚥下訓練を行うためには責任部位の特定と障害の程度の評価が必要である。
    初年度から、頭頸部癌CRTの前後で3DCT用いて、喉頭諸器官の形態評価および計測を開始し、同時に嚥下機能評価も行い、データの収集を行っている。
    実際の症例登録が少ないため、過去に頭頸部癌に対してCRTを施行した症例を用いて、3DCTを再構築し、追加で検討を行っている。その中で喉頭周囲に照射線量が多いものは、喉頭の下垂(喉頭低位)が起こっている可能性があり、嚥下障害の要因となっている可能性がある。

    researchmap