2022/05/26 更新

写真a

スガイ アキヒロ
須貝 章弘
SUGAI Akihiro
所属
脳研究所 生命科学リソース研究センター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2015年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   脳研究所附属生命科学リソース研究センター 脳科学リソース研究部門分子神経疾患資源解析学分野   助教

    2019年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経内科   助教

    2019年4月 - 2019年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2017年11月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2016年6月 - 2017年10月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター   特任助教

    2015年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   脳研究所 生命科学リソース研究センター   助教

    2019年12月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経内科   助教

    2019年4月 - 2019年11月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2017年11月 - 2019年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2016年6月 - 2017年10月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター   特任助教

    2015年10月 - 2016年3月

 

論文

  • Age-related demethylation of the TDP-43 autoregulatory region in the human motor cortex 査読

    Yuka Koike, Akihiro Sugai, Norikazu Hara, Junko Ito, Akio Yokoseki, Tomohiko Ishihara, Takuma Yamagishi, Shintaro Tsuboguchi, Mari Tada, Takeshi Ikeuchi, Akiyoshi Kakita, Osamu Onodera

    Communications Biology   4 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>In amyotrophic lateral sclerosis (ALS), TAR DNA-binding protein 43 (TDP-43), which is encoded by <italic>TARDBP</italic>, forms aggregates in the motor cortex. This aggregate formation may be triggered by an increase in the TDP-43 level with aging. However, the amount of TDP-43 is autoregulated by alternative splicing of the <italic>TARDBP</italic> 3′UTR, and how this autoregulation is affected by aging remains to be elucidated. We found that DNA demethylation in the autoregulatory region in the <italic>TARDBP</italic> 3′UTR reduced alternative splicing and increased <italic>TARDBP</italic> mRNA expression. Furthermore, in the human motor cortex, we found that this region was demethylated with aging, resulting in increased expression of <italic>TARDBP</italic> mRNA. The acceleration of DNA demethylation in the motor cortex was associated with the age of ALS onset. In summary, the dysregulation of TDP-43 autoregulation by age-related DNA demethylation in the motor cortex may explain the contribution of aging and motor system selectivity in ALS.

    DOI: 10.1038/s42003-021-02621-0

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s42003-021-02621-0

  • Refractory Myositis Affecting the Intrinsic Muscles of the Hand. 査読

    Kosei Nakamura, Akihiro Sugai, Etsuji Saji, Kensaku Kasuga, Osamu Onodera

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 9 )   1211 - 1214   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Myositis generally affects the proximal muscles. However, we herein report a case of a 48-year-old woman with intractable myositis affecting the intrinsic muscles of the hands. Her myositis, which developed in childhood, was refractory to treatment with steroids and several immunosuppressants, causing walking disability. After experiencing pain and swelling in the hands for six months, she was diagnosed with myositis of the intrinsic muscles of the hands and tested positive for the anti-signal recognition particle antibody. Intravenous immunoglobulin therapy improved the myositis of the hands. This case suggests that inflammation caused by intractable myositis can extend to the hands.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3773-19

    PubMed

    researchmap

  • [Amyloid β-related angiitis presenting extensive brain involvement without detection of hemorrhagic lesions: A case report]. 査読

    Yuya Hatano, Akihiro Sugai, Takuma Yamagishi, Akihiro Nakajima, Akiyoshi Kakita, Osamu Onodera

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   60 ( 3 )   187 - 192   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In amyloid β-related angiitis, cortical or subcortical microbleeding or cortical superficial siderosis supports clinical diagnosis. However, here we present a 75-year-old female case of amyloid β-related angiitis that did not initially show these lesions. The patient developed right homonymous hemianopia and aphasia, and subsequently became comatose. Her brain lesions progressed extensively from the left occipital lobe to the bilateral cerebral hemispheres, with diffused leptomeningeal lesions and scattered DWI high-intensity lesions. After pathological diagnosis, steroid treatment improved her symptoms as well as imaging findings. No hemorrhagic lesions were detected in the T2*-weighted imaging performed before treatment. However, susceptibility-weighted imaging performed after treatment showed a number of lesions with microbleeding. The clinical features of amyloid β-related angiitis that do not show hemorrhagic lesions at onset should be investigated for rapid therapeutic intervention in the future.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001340

    PubMed

    researchmap

  • 出血性病変が検出されずに広範な脳病変に至ったアミロイドβ関連血管炎の1例

    畠野 雄也, 須貝 章弘, 山岸 拓磨, 中島 章博, 柿田 明美, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 3 )   187 - 192   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    アミロイドβ関連血管炎(amyloid β-related angiitis)では、皮質や皮質下の微小出血や脳表ヘモジデリンの沈着が、脳MRI上の重要な所見である。我々は、治療前にはこれらの所見を呈さなかったアミロイドβ関連血管炎を提示する。症例は75歳女性。右同名半盲と失語で発症し、昏睡に至った。脳MRIでは、びまん性の軟髄膜造影病変と散在性のDWI高信号病変を認めたが、T2*WIでは微小出血は検出されなかった。病理所見からアミロイドβ関連血管炎と診断した。ステロイド治療により画像所見、臨床症状ともに改善した。治療後のsusceptibility-weighted imaging(SWI)では多数の微小出血を認めた。アミロイドβ関連血管炎の非侵襲的診断のために、微小出血以外の画像の特徴を集積すべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01550&link_issn=&doc_id=20200310190003&doc_link_id=130007822832&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007822832&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • [Molecular mechanism of amyotrophic lateral sclerosis (ALS) from the viewpoint of the formation and degeneration of transactive response DNA-binding protein 43 kDa (TDP-43) inclusions]. 査読

    Sou Kasahara, Tomohiko Ishihara, Yuka Koike, Akihiro Sugai, Osamu Onodera

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   60 ( 2 )   109 - 116   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sporadic amyotrophic lateral sclerosis (SALS) and many cases of familial ALS (FALS) demonstrate cytoplasmic transactive response DNA-binding protein 43 kDa (TDP-43)-positive inclusion bodies. Thus, TDP-43 plays a vital role in ALS pathogenesis. Functional analysis of the ALS causative genes advanced the elucidation of the mechanism associated with the formation and degradation of TDP-43 aggregates. Stress granules, which are non-membranous organelles, are attracting attention as sites of aggregate formation, with involvement of FUS and C9orf72. Concurrently, ALS causative genes related to the ubiquitin-proteasome and autophagy systems, which are aggregate degradation mechanisms, have also been reported. Therefore, therapeutic research based on the molecular pathology common to SALS and FALS has been advanced.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001362

    PubMed

    researchmap

  • Transactive response DNA-binding protein 43kDa(TDP-43)凝集体の形成と分解からみたamyotrophic lateral sclerosis(ALS)の分子機構 査読

    笠原 壮, 石原 智彦, 小池 佑佳, 須貝 章弘, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 2 )   109 - 116   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    孤発性筋萎縮性側索硬化症(sporadic amyotrophic lateral sclerosis;SALS)、および多くの家族性ALS(familial ALS;FALS)において、神経細胞質内transactive response DNA-binding protein 43kDa(TDP-43)陽性の封入体を認める。この事実からTDP-43は本症の根幹に関わる分子である。ALS病因遺伝子の機能解析から、TDP-43の病的凝集体形成/分解に関わる発症メカニズムの解明が進められている。凝集体形成の場として、非膜性構造であるストレス顆粒が注目されており、FUSやC9orf72の関与が示されている。一方、凝集体分解機構であるユビキチン-プロテアソーム系、オートファジー系に関わるALS病因遺伝子も報告されている。SALSおよびFALSに共通する分子病態に対する治療研究が進められている。(著者抄録)

    researchmap

  • 抗GD1aIgM抗体と抗GT1bIgM抗体が陽性で免疫グロブリン療法が奏功した遠位優位型CIDPの76歳男性例

    羽入 龍太郎, 須貝 章弘, 加藤 怜, 秋山 夏葵, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 1 )   87 - 87   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【ALS 2019】TDP-43封入体から解くALSの分子病態 査読

    坪口 晋太朗, 石原 智彦, 須貝 章弘, 横関 明男, 小野寺 理

    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   71 ( 11 )   1183 - 1189   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>TDP-43蛋白質の封入体形成機構は,筋萎縮性側索硬化症(ALS)の主要な分子病態機序である。ALS原因遺伝子の機能解析から,TDP-43封入体形成にはストレス顆粒形成,蛋白質分解機構,TDP-43蛋白質の自己調節機構の破綻などが関わることが見出された。これらの解明された分子病態に基づく,ALS治療方法の確立が期待される。

    researchmap

  • [Molecular Pathogenesis of Amyotrophic Lateral Sclerosis]. 査読

    Shintaro Tsuboguchi, Tomohiko Ishihara, Akihiro Sugai, Akio Yokoseki, Osamu Onodera

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   71 ( 11 )   1183 - 1189   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The molecular pathogenesis of amyotrophic lateral sclerosis (ALS) has been studied through analysis of the function of the protein produced by the causative genes of familial ALS. The products of these genes are classified as RNA binding proteins, or proteins related to proteolytic systems. However, most case of familial ALS, and sporadic ALS show TAR DNA binding protein-43 (TDP-43) immune-positive cytoplasmic inclusions. Therefore, the molecular mechanism of formation of TDP-43 inclusions and dysfunction caused by TDP-43 inclusions has been studied. As for the mechanism of inclusion formation, non-membrane organelle formation by liquid-liquid phase separation (LLPS) is important. The ubiquitin-proteasome and autophagy systems are important for the degradation of these inclusions. Several genes associated with these systems have been identified as causative genes for ALS. The formation of cytoplasmic inclusions results in the loss of TDP-43 from the nucleus, resulting in abnormalities in RNA metabolism, through the alteration of spliceosomes and Gemini of coiled bodies. Furthermore, in ALS, the regulation of TDP-43 mRNA/protein expression levels has failed. Failure of the autoregulation system facilitates TDP-43 inclusion formation. Development of treatments for ALS based on these elucidated molecular mechanisms is desirable.

    DOI: 10.11477/mf.1416201428

    PubMed

    researchmap

  • Non-genetically modified models exhibit TARDBP mRNA increase due to perturbed TDP-43 autoregulation. 査読 国際誌

    Akihiro Sugai, Taisuke Kato, Akihide Koyama, Yuka Koike, Takuya Konno, Tomohiko Ishihara, Osamu Onodera

    Neurobiology of disease   130   104534 - 104534   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a neurodegenerative disease characterized by accumulation of fragmented insoluble TDP-43 and loss of TDP-43 from the nucleus. Increased expression of exogenous TARDBP (encoding TDP-43) induces TDP-43 pathology and cytotoxicity, suggesting the involvement of aberrant expression of TDP-43 in the pathogenesis of ALS. In normal conditions, however, the amount of TDP-43 is tightly regulated by the autoregulatory mechanism involving alternative splicing of TARDBP mRNA. To investigate the influence of autoregulation dysfunction, we inhibited the splicing of cryptic intron 6 using antisense oligonucleotides in vivo. This inhibition doubled the Tardbp mRNA expression, increased the fragmented insoluble TDP-43, and reduced the number of motor neurons in the mouse spinal cord. In human induced pluripotent stem cell-derived neurons, the splicing inhibition of intron 6 increased TARDBP mRNA and decreased nuclear TDP-43. These non-genetically modified models exhibiting rise in the TARDBP mRNA levels suggest that TDP-43 autoregulation turbulence might be linked to the pathogenesis of ALS.

    DOI: 10.1016/j.nbd.2019.104534

    PubMed

    researchmap

  • 病理学的に同定した進行性の白質病変を認めた脳アミロイドβ関連血管炎の2症例

    北原 匠, 上村 昌博, 柳村 文博, 畠野 雄也, 須貝 章弘, 河内 泉, 柿田 明美, 小野寺 理

    Dementia Japan   32 ( 3 )   482 - 482   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • T2*強調画像で微小出血を認めず、軟髄膜病変が急速に拡大したアミロイドβ関連血管炎の75歳女性例

    畠野 雄也, 須貝 章弘, 山岸 拓磨, 中島 章博, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   58 ( 8 )   529 - 529   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【脳タンパク質老化と認知症制御】脳タンパク質とその標的RNAの均衡と破綻

    小池 佑佳, 須貝 章弘, 小野寺 理

    細胞   50 ( 6 )   303 - 306   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    神経変性疾患を特徴づける脳内に異常に蓄積するタンパク質には、RNA結合タンパク質が多く含まれる。RNA結合タンパク質は、タンパク質をコードするmRNAのみならず、mRNA前駆体のイントロン領域や非翻訳領域、さらにはノンコーディングRNAに対しても結合し、広範な細胞内機能を担っている。特定の脳タンパク質が異常に蓄積する神経変性疾患の病態を理解し、これを制御するためには、RNA結合タンパク質とこれと関連するRNA代謝の両面からのアプローチが必要となる。近年、RNA結合タンパク質とその標的RNAの量の不均衡が細胞毒性と関連することを示唆する報告が集まりつつある。RNA結合タンパク質と関連するRNAからなるロバストな細胞内制御機構の背後に潜む脆弱因子を特定し、制御することが、これらの脳疾患の克服につながるものと期待したい。(著者抄録)

    researchmap

  • Robustness and Vulnerability of the Autoregulatory System That Maintains Nuclear TDP-43 Levels: A Trade-off Hypothesis for ALS Pathology Based on in Silico Data. 査読 国際誌

    Akihiro Sugai, Taisuke Kato, Akihide Koyama, Yuka Koike, Sou Kasahara, Takuya Konno, Tomohiko Ishihara, Osamu Onodera

    Frontiers in neuroscience   12   28 - 28   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Abnormal accumulation of TAR DNA-binding protein 43 (TDP-43) in the cytoplasm and its disappearance from the nucleus are pathological features of amyotrophic lateral sclerosis and frontotemporal dementia (ALS/FTD) and are directly involved in the pathogenesis of these conditions. TDP-43 is an essential nuclear protein that readily aggregates in a concentration-dependent manner. Therefore, cells must strictly maintain an appropriate amount of nuclear TDP-43. In one relevant maintenance mechanism, TDP-43 binds to its pre-mRNA and promotes alternative splicing, resulting in mRNA degradation via nonsense-mediated mRNA decay. The level of nuclear TDP-43 is tightly regulated by these mechanisms, which control the amount of mRNA that may be translated. Based on the results of previous experiments, we developed an in silico model that mimics the intracellular dynamics of TDP-43 and examined TDP-43 metabolism under various conditions. We discovered an inherent trade-off in this mechanism between transcriptional redundancy, which maintains the robustness of TDP-43 metabolism, and vulnerability to specific interfering factors. These factors include an increased tendency of TDP-43 to aggregate, impaired nuclear-cytoplasmic TDP-43 transport, and a decreased efficiency of degrading abnormal proteins, all of which are functional abnormalities related to the gene that causes familial ALS/FTD. When these conditions continue at a certain intensity, the vulnerability of the autoregulatory machinery becomes apparent over time, and transcriptional redundancy enters a vicious cycle that ultimately results in TDP-43 pathology. The results obtained using this in silico model reveal the difference in TDP-43 metabolism between normal and disease states. Furthermore, using this model, we simulated the effect of a decrease in TDP-43 transcription and found that this decrease improved TDP-43 pathology and suppressed the abnormal propagation of TDP-43. Therefore, we propose a potential therapeutic strategy to suppress transcriptional redundancy, which is the driving force of the pathological condition caused by the specific factors described above, in patients with ALS presenting with TDP-43 pathology. An ALS animal model exhibiting TDP-43 pathology without overexpression of exogenous TDP-43 should be developed to investigate the effect of alleviating the transcriptional redundancy of TARDBP.

    DOI: 10.3389/fnins.2018.00028

    PubMed

    researchmap

  • Increased cytoplasmic TARDBP mRNA in affected spinal motor neurons in ALS caused by abnormal autoregulation of TDP-43 査読

    Akihide Koyama, Akihiro Sugai, Taisuke Kato, Tomohiko Ishihara, Atsushi Shiga, Yasuko Toyoshima, Misaki Koyama, Takuya Konno, Sachiko Hirokawa, Akio Yokoseki, Masatoyo Nishizawa, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Osamu Onodera

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   44 ( 12 )   5820 - 5836   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a fatal motor neuron disorder. In motor neurons of ALS, TAR DNA binding protein-43 (TDP-43), a nuclear protein encoded by TARDBP, is absent from the nucleus and forms cytoplasmic inclusions. TDP-43 auto-regulates the amount by regulating the TARDBP mRNA, which has three polyadenylation signals (PASs) and three additional alternative introns within the last exon. However, it is still unclear how the autoregulatory mechanism works and how the status of autoregulation in ALS motor neurons without nuclear TDP-43 is. Here we show that TDP-43 inhibits the selection of the most proximal PAS and induces splicing of multiple alternative introns in TARDBP mRNA to decrease the amount of cytoplasmic TARDBP mRNA by nonsense-mediated mRNA decay. When TDP-43 is depleted, the TARDBP mRNA uses the most proximal PAS and is increased in the cytoplasm. Finally, we have demonstrated that in ALS motor neurons-especially neurons with mislocalized TDP-43-the amount of TARDBP mRNA is increased in the cytoplasm. Our observations indicate that nuclear TDP-43 contributes to the autoregulation and suggests that the absence of nuclear TDP-43 induces an abnormal autoregulation and increases the amount of TARDBP mRNA. The vicious cycle might accelerate the disease progression of ALS.

    DOI: 10.1093/nar/gkw499

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の臨床症状、画像、バイオマーカーの多様性の検討

    笠原 壮, 徳武 孝允, 春日 健作, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 小池 佑佳, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S13 - S13   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症のバイオマーカー、血中抗Aβ抗体の検討

    徳武 孝允, 関根 有美, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   53 ( 12 )   1574 - 1574   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の画像、臨床症状、バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   27 ( 4 )   500 - 500   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids (HDLS): Clinical Characteristics and Molecular Analyses of CSF-1R 査読

    Konno Takuya, Tada Masayoshi, Koyama Akihide, Tada Mari, Sugai Akihiro, Nozaki Hiroaki, Matsunaga Akiko, Harigaya Yasuo, Nishimiya Jin, Ishihara Kenji, Yoneda Makoto, Kakita Akiyoshi, Takahashi Hitoshi, Kawamura Mitsuru, Onodera Osamu, Nishizawa Masatoyo, Ikeuchi Takeshi

    NEUROLOGY   80   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

    researchmap

  • マラソン中に心肺停止となり、蘇生後に筋緊張性ジストロフィーと診断された17歳男性例

    石黒 敬信, 須貝 章弘, 梅田 能生, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   53 ( 2 )   159 - 159   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Japanese amyotrophic lateral sclerosis patients with GGGGCC hexanucleotide repeat expansion in C9ORF72 査読

    Takuya Konno, Atsushi Shiga, Akira Tsujino, Akihiro Sugai, Taisuke Kato, Kazuaki Kanai, Akio Yokoseki, Hiroto Eguchi, Satoshi Kuwabara, Masatoyo Nishizawa, Hitoshi Takahashi, Osamu Onodera

    Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry   84 ( 4 )   398 - 401   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMJ Publishing Group  

    Background A GGGGCC hexanucleotide repeat expansion in C9ORF72 occurs on a chromosome 9p21 locus that is linked with frontotemporal dementia (FTD) and amyotrophic lateral sclerosis (ALS) in white populations. The diseases resulting from this expansion are referred to as 'c9FTD/ALS'. It has been suggested that c9FTD/ALS arose from a single founder. However, the existence of c9FTD/ALS in non-white populations has not been evaluated. Results We found two index familial ALS (FALS) patients with c9FTD/ALS in the Japanese population. The frequency of c9FTD/ALS was 3.4% (2/58 cases) in FALS. No patients with sporadic ALS (n=110) or control individuals (n=180) had the expansion. Neuropathological findings of an autopsy case were indistinguishable from those of white patients. Although the frequency of risk alleles identified in white subjects is low in Japanese, one patient had all 20 risk alleles and the other had all but one. The estimated haplotype indicated that the repeat expansion in these patients was located on the chromosome with the risk haplotype identified in white subjects. Conclusions C9ORF72 repeat expansions were present in a Japanese cohort of ALS patients, but they were rare. Intriguingly, Japanese patients appear to carry the same risk haplotype identified in white populations.

    DOI: 10.1136/jnnp-2012-302272

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 両側舌萎縮で発症した神経リンパ腫症の1例

    須貝 章弘, 今野 卓哉, 矢野 敏雄, 梅田 麻衣子, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   52 ( 8 )   589 - 591   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    症例は2ヵ月前から構音障害が進行した62歳女性である。急速に進行する両側の舌萎縮と線維束性収縮をみとめ、脳MRIで左舌下神経管内に病変をみとめた。ガリウムシンチグラフィーで左大腿部に異常集積をみとめ、同部位の生検により、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の診断にいたった。化学療法により舌萎縮は改善し、左大腿部の病変も消失した。その後、左動眼神経麻痺と右上肢筋力低下が生じ、続いて右下肢筋力低下もみとめ、神経リンパ腫症を示唆するMRI所見を各々にみとめた。神経リンパ腫症の診断には難渋することが多く、とくに本症例は、筋萎縮性側索硬化症との鑑別を要する両側舌萎縮で発症した点が、日常臨床的に重要と思われ、報告した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J01550&link_issn=&doc_id=20120809240010&doc_link_id=10.5692%2Fclinicalneurol.52.589&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.5692%2Fclinicalneurol.52.589&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 両側舌萎縮で発症した悪性リンパ腫の62歳女性例

    永野 教嗣, 須貝 章弘, 今野 卓哉, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   52 ( 8 )   602 - 602   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Neurolymphomatosis presenting as bilateral tongue atrophy: A case report 査読

    Akihiro Sugai, Takuya Konno, Toshio Yano, Maiko Umeda, Mutsuo Oyake, Nobuya Fujita

    Clinical Neurology   52 ( 8 )   589 - 591   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 62-year-old woman had progressive dysarthria for 2 months and was suspected of having amyotrophic lateral sclerosis because of the presentation of bilateral tongue atrophy and fasciculation. Brain magnetic resonance imaging (MRI) showed enlargement of the left hypoglossal nerve, and whole-body gallium scintigraphy showed abnormal uptake in the left pelvic cavity and left thigh. On the basis of the findings of biopsy of the mass lesion in the left thigh, she was diagnosed with diffuse large B-cell lymphoma. After chemotherapy for diffuse large B-cell lymphoma, the tongue atrophy improved. The patient subsequently developed left oculomotor nerve palsy, weakness of the right arm, and weakness of the right leg. The cause of these symptoms was thought to be neurolymphomatosis on the basis of the typical MRI findings observed. We report a rare case of neurolymphomatosis presenting as bilateral tongue atrophy, mimicking amyotrophic lateral sclerosis.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.52.589

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 免疫グロブリン大量療法が奏功したmotor dominant CIDPの35歳男性例

    畠山 公大, 今野 卓哉, 須貝 章弘, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   52 ( 5 )   372 - 372   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • プリオン蛋白遺伝子codon180とcodon232の両方に変異を認めたCreutzfeldt-Jakob病の臨床像の検討

    須貝 章弘, 今野 卓哉, 梅田 麻衣子, 小宅 睦郎, 松原 奈絵, 小池 涼子, 藤田 信也

    臨床神経学   51 ( 12 )   1342 - 1342   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • CMV感染後のギラン・バレー症候群では早期のIVIgとmPSLパルス併用療法が有効である

    今野 卓哉, 須貝 章弘, 梅田 麻衣子, 小宅 睦郎, 楠 進, 藤田 信也

    臨床神経学   51 ( 12 )   1380 - 1380   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 首下がりを契機に診断された甲状腺機能亢進症の61歳女性例

    木村 成宏, 須貝 章弘, 今野 卓哉, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   51 ( 8 )   633 - 633   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 両側前腕の激痛で発症した脊髄梗塞の62歳男性例

    川田 亮, 須貝 章弘, 今野 卓哉, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   51 ( 7 )   522 - 522   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 髄膜脳炎が先行したつつが虫病の63歳男性例

    今野 卓哉, 須貝 章弘, 梅田 麻衣子, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    臨床神経学   51 ( 5 )   390 - 390   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Atypical MRI Findings of Wernicke Encephalopathy in Alcoholic Patients 査読

    Akihiro Sugai, Koki Kikugawa

    AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY   195 ( 5 )   W372 - W373   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ROENTGEN RAY SOC  

    DOI: 10.2214/AJR.10.4539

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • MRワクチン接種後に左軟口蓋麻痺を呈した1例

    笹川 朋子, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 徳武 孝允, 高野 弘基, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌   123 ( 7 )   373 - 373   2009年7月

  • A case of orbital apex syndrome caused by invasive aspergillosis successfully treated during the diagnostic procedure by the use of voriconazole 査読

    Akihiro Sugai, Mutsuo Oyake, Maiko Umeda, Yoshitaka Umeda, Nobuya Fujita

    Clinical Neurology   48 ( 10 )   746 - 749   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Societas Neurologica Japonica  

    A 75-year-old woman developed loss of vision and decreased ocular motility in all directions. She exhibited a left orbital apex syndrome, accompanied by sphenoiditis and hypertrophic pachymeningitis. Voriconazole treatment was initiated on the basis of clinical suspicion, although use of the serum β-D glucan had negative results and a biopsy was not performed. Five days later, the left eye movements started to improve, and at that time the use of the serum aspergillus galactomannan antigen proved to have positive results. Six months later, the patient was neurologically intact and stable, except for a lack of visual acuity in counting fingers. Earlier prognoses of invasive sino-orbital aspergillosis were dismal, especially when corticosteroid therapy was done before diagnosis. This case suggests the usefulness of antifungal agents during the diagnostic procedure even when localized invasive aspergillosis is not ruled out.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.48.746

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 抗GD1aIgM抗体と抗GT1bIgM抗体が陽性で免疫グロブリン療法が奏功した遠位優位型CIDPの76歳男性例

    羽入 龍太郎, 須貝 章弘, 加藤 怜, 秋山 夏葵, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 1 )   87 - 87   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 手内筋にまで炎症が波及し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した難治性筋炎の51歳女性例

    中村 航世, 須貝 章弘, 春日 健作, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   59 ( 9 )   615 - 615   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【脳タンパク質老化と認知症制御】 脳タンパク質とその標的RNAの均衡と破綻

    小池 佑佳, 須貝 章弘, 小野寺 理

    細胞   50 ( 6 )   303 - 306   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    神経変性疾患を特徴づける脳内に異常に蓄積するタンパク質には、RNA結合タンパク質が多く含まれる。RNA結合タンパク質は、タンパク質をコードするmRNAのみならず、mRNA前駆体のイントロン領域や非翻訳領域、さらにはノンコーディングRNAに対しても結合し、広範な細胞内機能を担っている。特定の脳タンパク質が異常に蓄積する神経変性疾患の病態を理解し、これを制御するためには、RNA結合タンパク質とこれと関連するRNA代謝の両面からのアプローチが必要となる。近年、RNA結合タンパク質とその標的RNAの量の不均衡が細胞毒性と関連することを示唆する報告が集まりつつある。RNA結合タンパク質と関連するRNAからなるロバストな細胞内制御機構の背後に潜む脆弱因子を特定し、制御することが、これらの脳疾患の克服につながるものと期待したい。(著者抄録)

    researchmap

  • 三叉神経節から脊髄路核までMRIで造影効果を伴う病変を認め、バラシクロビルが奏功した38歳男性例

    加藤 怜, 須貝 章弘, 山岸 拓磨, 他田 正義, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   58 ( 4 )   253 - 253   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • T2<sup>*</sup>強調画像で微小出血を認めず,軟髄膜病変が急速に拡大したアミロイドβ関連血管炎の75歳女性例

    畠野雄也, 須貝章弘, 山岸宅磨, 中島章博, 他田正義, 河内泉, 小野寺理

    臨床神経学(Web)   58 ( 8 )   2018年

     詳細を見る

  • ALS原因遺伝子TDP-43の点変異によるアレル特異的遺伝子発現の変化

    須貝 章弘, 廣川 祥子, 小山 哲秀, 今野 卓哉, 小野寺 理

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [3P - 1118]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    researchmap

  • 繰り返しの髄液検査で診断し得た経過3年のクリプトコッカス性髄膜脳炎の1例

    大津 裕, 須貝 章弘, 茂木 崇秀, 若杉 尚宏, 眞島 卓弥, 他田 正義, 下畑 享良, 小野寺 理

    臨床神経学   57 ( 10 )   632 - 632   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 感覚性運動失調型ニューロパチーと鑑別を要した脊椎疾患の2例

    畠野 雄也, 金澤 雅人, 林 秀樹, 青山 あずさ, 須貝 章弘, 徳武 孝允, 下畑 享良, 小野寺 理

    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   11回   102 - 102   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)  

    researchmap

  • 筋萎縮性側索硬化症の病態モデル 自己蛋白量調節機構の破綻による内在性TDP-43の過剰発現

    須貝 章弘

    新潟医学会雑誌   129 ( 11 )   658 - 670   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)患者の運動神経細胞およびグリア細胞の細胞質内には、TAR DNA-binding protein 43kDa(TDP-43)陽性の封入体を認める。このTDP-43発現量が、ALS患者で亢進しているとの報告がある。一方、核内蛋白であるTDP-43は自己蛋白量調節機構を有しており、通常の状態ではこの過剰は起こり得ない。著者は、この自己蛋白量調節機構の破綻がTDP-43過剰発現および神経細胞障害を引き起こすとの仮説を立て、この自己蛋白量調節機構の破綻による内在性TDP-43過剰発現モデルを構築し、この仮説を検証することを本研究の目的とした。これまでに著者らは、外来性TDP-43過剰発現細胞の解析により、TDP-43エクソン6内の近位選択的イントロンのスプライシングが発現抑制に重要であることを示してきた。本研究では、この選択的スプライシングをモルフォリノアンチセンス核酸により特異的に抑制し、発現抑制機構を破綻させることにより、内在性TDP-43過剰発現状態を誘導することに成功した。さらに、成体マウス髄腔内へのアンチセンス核酸の投与により、脊髄組織においても内在性TDP-43発現を増加させた。これらの結果は、TDP-43発現抑制機構におけるこの選択的スプライシングの意義を決定づけるとともに、この破綻による内在性TDP-43過剰モデルを細胞およびマウス個体において構築したことを意味する。さらに、この内在性TDP-43過剰発現マウスでは、ALS罹患組織でみられるTDP-43C末断片の増加、さらにアポトーシス促進因子であるBIMの発現増加を認めた。これらより、TDP-43エクソン6内の選択的スプライシング効率の減弱は、内在性TDP-43の過剰発現を導き、神経細胞障害を引き起こすことが示唆された。この内在性TDP-43過剰発現モデルが、ALS病態のさらなる解明と治療法開発に貢献することが期待される。(著者抄録)

    researchmap

  • 異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 ALSではいつ細胞障害が始まるのか?TDP-43陽性封入体との関係

    小野寺理, 須貝章弘, 小山哲秀, 加藤泰介, 志賀篤, 今野卓哉, 小山美咲, 石原智彦, 西澤正豊

    異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書   2015年

     詳細を見る

  • 核内TDP-43減少は細胞質内TDP-43 mRNA増加をもたらす

    須貝 章弘, 小山 哲秀, 加藤 泰介, 今野 卓哉, 石原 智彦, 西澤 正豊, 小野寺 理

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S62 - S62   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • ALS関連TARDBP遺伝子変異は自身の選択的スプライシングに影響をおよぼすか?

    今野 卓哉, 小山 哲秀, 逸見 文昭, 小山 美咲, 須貝 章弘, 加藤 泰介, 石原 智彦, 西澤 正豊, 小野寺 理

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S200 - S200   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 TDP-43量は自己mRNAのpolyA選択,スプライシング,核貯留の協働により制御される

    須貝章弘, 小山哲秀, 加藤泰介, 志賀篤, 今野卓哉, 小山美咲, 石原智彦, 西澤正豊, 小野寺理

    異常タンパク伝播仮説に基づく神経疾患の画期的治療法の開発 平成25年度 総括・分担研究報告書   2014年

     詳細を見る

  • 神経変性疾患に関する調査研究 TDP-43 mRNAのポリA選択とスプライシングを介した自己蛋白量の制御機構

    小野寺理, 須貝章弘, 小山哲秀, 加藤泰介, 志賀篤, 今野卓哉, 小山美咲, 石原智彦, 西澤正豊

    神経変性疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   2014年

     詳細を見る

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】血管障害 その他 遺伝性脳小血管病 Retinal vasculopathy with cerebral leukodystrophy(RVCL)

    須貝 章弘, 西澤 正豊, 小野寺 理

    日本臨床   別冊 ( 神経症候群I )   312 - 313   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • TDP-43量はTDP-43に惹起される自己mRNAのスプライシングで制御される

    須貝 章弘, 小山 哲秀, 今野 卓哉, 加藤 泰介, 西澤 正豊, 小野寺 理

    臨床神経学   53 ( 12 )   1411 - 1411   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • HDLS(hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids)のMRI所見

    今野 卓哉, 須貝 章弘, 西澤 正豊, 他田 正義, 小野寺 理, 他田 真理, 野崎 洋明, 小山 哲秀, 池内 健

    新潟医学会雑誌   127 ( 6 )   334 - 334   2013年6月

  • 視交叉に腫瘤性病変を認めたNMO(neuromyelitis optica) spectrum disorderの1例

    柳村 文寛, 梅田 能生, 須貝 章弘, 小宅 睦郎, 藤田 信也

    神経内科   78 ( 5 )   570 - 574   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    症例は80歳女性で、9ヵ月前に視界が万華鏡のようになり頭痛も伴ったため他院を受診し両耳側半盲を指摘され、プレドニゾロン(PSL)内服で視力は回復した。今回PSL内服を中止したところ急速に視力が低下し、更に頭部MRIで視交叉に造影病変が認められたため、精査加療目的に当院紹介となった。入院時、視力は両眼とも光覚なく、対光反射は遅鈍で、血清学的に抗アクアポリン4抗体が陽性であった。また髄液検査でタンパク、IgG index、ミエリン塩基性タンパクの上昇を認め、視覚誘発電位検査では両側とも波形は導出不良であった。頭部MRI FLAIR画像で視交叉に高信号病変を認め、更にT2強調画像で脳脊髄液と同等の高信号、T1強調画像で灰白質と比べて低信号を示し、腫大が認められた。左側脳室体部近傍白質にも小病変を認め、視神経限局型視神経脊髄炎spectrum disorderと診断した。ステロイドパルス療法2コース施行しPSLによる後療法を行ったところ、約1ヵ月半後の頭部MRIで視交叉と左側脳室体部近傍白質の造影病変の消失を認め、新聞の文字の判読は困難なものの、人の顔はわかるようになった。

    researchmap

  • 筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 TDP-43 mRNAの制御機構

    小野寺理, 小山哲秀, 須貝章弘, 今野卓哉, 小山美咲, 石原智彦, 西澤正豊

    筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書   2013年

     詳細を見る

  • 筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 TDP-43 mRNAの制御機構

    小野寺理, 小山哲秀, 須貝章弘, 今野卓哉, 小山美咲, 石原智彦, 西澤正豊

    筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と新規治療法創出に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   2013年

     詳細を見る

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の臨床的多様性 画像所見、APOE、血中抗Aβ抗体

    須貝 章弘, 石井 賢二, 赤岩 靖久, 本間 篤, 藤田 信也, 田中 晋, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   26 ( 4 )   501 - 501   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Clinicopathological Features of Patients with Dermatomyositis with Subcutaneous Edema

    Akihiro Sugai, Tetsuya Takahashi, Takayoshi Shimohata, Masatoyo Nishizawa

    NEUROLOGY   74 ( 9 )   A184 - A184   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 早期の単純血漿交換が奏効した卵巣奇形腫非合併抗NMDAR脳炎の1例

    今野卓哉, 津田勝路, 目崎直実, 須貝章弘, 梅田麻衣子, 梅田能生, 小宅睦郎, 藤田信也

    Neuroinfection   15 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

  • 病初期に急性小脳炎様の経過をとった傍腫瘍性小脳変性症の2例

    目崎直実, 今野卓哉, 須貝章弘, 梅田麻衣子, 梅田能生, 小宅睦郎, 藤田信也

    Neuroinfection   15 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

  • 運動失調と意識障害を伴った横紋筋融解症がレジオネラ肺炎の顕在化に先行した1例

    須貝 章弘, 梅田 能生, 成瀬 聡, 藤田 信也

    神経内科   66 ( 6 )   584 - 588   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    53歳男性。運動失調と意識障害を伴った横紋筋融解症がレジオネラ肺炎の顕在化に先行した1例を経験した。発熱、歩行不安定感があり、自宅近くを歩行中ふらついて転倒し、動けなくなり救急搬送された。体温40.3℃、著明な発汗、意識レベルはJCS I-1、立位が不安定で体幹失調を認め、CRP、GOT、GPT、ALP、LDH、γ-GPT、CK、尿中ミオグロビンの高値、低酸素血症を認めた。X線で左下葉に軽度の浸潤影を認めた。横紋筋融解症と診断し、セフトリアキソン点滴静注を開始したが、翌日にはPaO2がさらに低下し、X線上左肺野全体に濃度上昇があり胸水の出現が示唆され、CKのさらなる上昇、不穏や多弁、見当織障害を認めた。レジオネラ尿中迅速抗原検査で陽性所見を得て、抗生剤をメシル酸パズフロキサシンとエリスロマイシンの点滴静注に変更し、呼吸状態、炎症所見、CK値は速やかに改善した。意識障害の回復と運動失調も消失し、入院23日目に独歩退院した。

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第3回せりか基金

    2019年12月  

     詳細を見る