2021/12/04 更新

写真a

トクタケ タカヨシ
徳武 孝允
TOKUTAKE Takayoshi
所属
医歯学総合病院 脳神経内科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2012年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経内科   助教

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   助教

    2017年4月 - 2019年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2015年11月 - 2017年3月

 

論文

  • [A case of subcortical hemorrhage due to infective endocarditis caused by Staphylococcus warneri without fever and leukocytosis].

    Tomone Taneda, Takuya Konno, Ayaka Ono, Takayoshi Tokutake, Osamu Onodera

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   61 ( 8 )   563 - 566   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 50-year-old man with mitral regurgitation presented with right frontal subcortical hemorrhage. Although he had no fever and his white blood cell count was in the normal range, CT angiography demonstrated a micro cerebral aneurysm, and all three blood cultures were positive for Staphylococcus warneri (S. warneri). Thus, we diagnosed him with infective endocarditis. His condition improved successfully by immediate antibiotics and cerebral aneurysm clipping. S. warneri is a member of coagulase-negative staphylococci that are low-virulence and resident flora of the skin. S. warneri rarely causes infective endocarditis on native valves. Infective endocarditis caused by S. warneri manifests insidious course without inflammatory reactions such as fever and leukocytosis, and thus, diagnosis can be delayed. Attention should be paid to a patient who develops subcortical hemorrhage without a history of hypertension or inflammatory reactions as in this case.

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001613

    PubMed

    researchmap

  • 発熱と白血球増多を伴わず、脳出血で発症したStaphylococcus warneriによる感染性心内膜炎の1例

    種田 朝音, 今野 卓哉, 小野 純花, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   61 ( 8 )   563 - 566   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 基底核を主体とするメトロニダゾール脳症を呈した36歳女性例

    岩渕 洋平, 石原 智彦, 今野 卓哉, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   61 ( 1 )   62 - 62   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 筋強直性ジストロフィーに合併する水頭症はシャント術で改善しうる

    本郷 祥子, 今野 卓哉, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S454 - S454   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液中NG2とα-シヌクレインの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S433 - S433   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液中NG2とα-シヌクレインの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S433 - S433   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 神経疾患・精神疾患の鑑別における血漿炎症性サイトカインの有用性

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S377 - S377   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 神経疾患・精神疾患の鑑別における血漿炎症性サイトカインの有用性

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S377 - S377   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液中NG2と認知機能の検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   490 - 490   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症と精神疾患の鑑別における血液バイオマーカーの有用性の検討

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   527 - 527   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 残存する認知機能を活用し就労継続に効果が得られた意味性認知症の1例

    荒木 亜希, 春日 健作, 樋口 陽, 徳武 孝允, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   489 - 489   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症と精神疾患の鑑別における血液バイオマーカーの有用性の検討

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   527 - 527   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Urinary Apolipoprotein C3 Is a Potential Biomarker for Alzheimer’s Disease

    Yumi Watanabe, Yoshitoshi Hirao, Kensaku Kasuga, Takayoshi Tokutake, Kaori Kitamura, Shumpei Niida, Takeshi Ikeuchi, Kazutoshi Nakamura, Tadashi Yamamoto

    Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra   10 ( 3 )   94 - 104   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:S. Karger AG  

    <b><i>Introduction:</i></b> Biomarkers of Alzheimer’s disease (AD) that can easily be measured in routine health checkups are desirable. Urine is a source of biomarkers that can be collected easily and noninvasively. We previously reported on the comprehensive profile of the urinary proteome of AD patients and identified proteins estimated to be significantly increased or decreased in AD patients by a label-free quantification method. The present study aimed to validate urinary levels of proteins that significantly differed between AD and control samples from our proteomics study (i.e., apolipoprotein C3 [ApoC3], insulin-like growth factor-binding protein 3 [Igfbp3], and apolipoprotein D [ApoD]). <b><i>Methods:</i></b> Enzyme-linked immunosorbent assays (ELISAs) were performed using urine samples from the same patient and control groups analyzed in the previous proteomics study (18 AD and 18 controls, set 1) and urine samples from an independent group of AD patients and controls (13 AD, 5 mild cognitive impairment [MCI], and 32 controls) from the National Center for Geriatrics and Gerontology Biobank (set 2). <b><i>Results:</i></b> In set 1, the crude urinary levels of ApoD, Igfbp3, and creatinine-adjusted ApoD were significantly higher in the AD group relative to the control group (<i>p</i> = 0.003, <i>p</i> = 0.002, and <i>p</i> = 0.019, respectively), consistent with our previous proteomics results. In set 2, however, the crude urinary levels of Igfbp3 were significantly lower in the AD+MCI group than in the control group (<i>p</i> = 0.028), and the levels of ApoD and ApoC3 did not differ significantly compared to the control group. Combined analysis of all samples revealed creatinine-adjusted ApoC3 levels to be significantly higher in the AD+MCI group (<i>p</i> = 0.015) and the AD-only group (<i>p</i> = 0.011) relative to the control group. <b><i>Conclusion:</i></b> ApoC3 may be a potential biomarker for AD, as validated by ELISA. Further analysis of ApoC3 as a urinary biomarker for AD is warranted.

    DOI: 10.1159/000509561

    researchmap

  • 肺血栓塞栓症を合併し、奇異性塞栓による後脊髄動脈症候群を呈した潰瘍性大腸炎の56歳女性例

    荻根沢 真也, 上村 昌寛, 大津 裕, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 5 )   367 - 367   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 抗GD1aIgM抗体と抗GT1bIgM抗体が陽性で免疫グロブリン療法が奏功した遠位優位型CIDPの76歳男性例

    羽入 龍太郎, 須貝 章弘, 加藤 怜, 秋山 夏葵, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 1 )   87 - 87   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • APP処理に対し時間・程度依存性の神経細胞活性化が及ぼす影響(Time- and extent- dependent effect of neuronal activation on APP processing)

    Ishiguro Takanobu, Kasuga Kensaku, Saito Kento, Mezaki Naomi, Miura Takeshi, Tokutake Takayoshi, Onodera Osamu, Ikeuchi Takeshi

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S411 - S411   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーによるAlzheimer's clinical syndromeの検討

    春日 健作, 月江 珠緒, 原 範和, 樋口 陽, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S217 - S217   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S276 - S276   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーと認知機能の検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   531 - 531   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 幻覚と衝動制御障害からオセロ症候群へ発展した進行期パーキンソン病の2例

    秋山 夏葵, 今野 卓哉, 畠山 公大, 徳武 孝允, 春日 健作, 小野寺 理

    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回   117 - 117   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム症の経過中に右優位の意味性認知症が明らかになった1例

    下島 里音, 横山 裕一, 吉田 悠里, 徳武 孝允, 池内 健, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S486 - S486   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 高度の記憶障害と歩行障害を呈し、治療により劇的に改善した抗GABAB受容体抗体脳炎の60歳男性例

    坂田 佑輔, 今野 卓哉, 五十嵐 一也, 浦部 陽香, 徳武 孝允, 野嵜 幸一郎, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   59 ( 4 )   220 - 220   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 非標識プロテオミクスによる尿を用いたアルツハイマー病バイオマーカーの可能性

    渡邊 裕美, 平尾 嘉利, 春日 健作, 徳武 孝允, 北村 香織, 池内 健, 山本 格, 中村 和利

    日本衛生学雑誌   74 ( Suppl. )   S147 - S147   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    researchmap

  • Molecular Network Analysis of the Urinary Proteome of Alzheimer's Disease Patients. 査読

    Watanabe Y, Hirao Y, Kasuga K, Tokutake T, Semizu Y, Kitamura K, Ikeuchi T, Nakamura K, Yamamoto T

    Dementia and geriatric cognitive disorders extra   9 ( 1 )   53 - 65   2019年1月

  • アナグレリドの内服中止後、多発する時相の異なる脳梗塞を認めた本態性血小板血症を有する44歳女性例

    浦部 陽香, 畠山 公大, 堅田 慎一, 小野寺 理, 山岸 拓磨, 徳武 孝允

    神経治療学   35 ( 6 )   S237 - S237   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • Identification and functional characterization of novel mutations including frameshift mutation in exon 4 of CSF1R in patients with adult-onset leukoencephalopathy with axonal spheroids and pigmented glia. 査読 国際誌

    Takeshi Miura, Naomi Mezaki, Takuya Konno, Akio Iwasaki, Naoyuki Hara, Masatomo Miura, Michitaka Funayama, Yuki Unai, Yuichi Tashiro, Kenji Okita, Takeshi Kihara, Nobuo Ito, Yoichi Kanatsuka, David T Jones, Norikazu Hara, Takanobu Ishiguro, Takayoshi Tokutake, Kensaku Kasuga, Hiroaki Nozaki, Dennis W Dickson, Osamu Onodera, Zbigniew K Wszolek, Takeshi Ikeuchi

    Journal of neurology   265 ( 10 )   2415 - 2424   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Adult-onset leukoencephalopathy with axonal spheroids and pigmented glia (ALSP) is caused by mutations in CSF1R. Pathogenic mutations in exons 12-22 including coding sequence of the tyrosine kinase domain (TKD) of CSF1R were previously identified. We aimed to identify CSF1R mutations in patients who were clinically suspected of having ALSP and to determine the pathogenicity of novel CSF1R variants. METHODS: Sixty-one patients who fulfilled the diagnostic criteria of ALSP were included in this study. Genetic analysis of CSF1R was performed for all the coding exons. The haploinsufficiency of CSF1R was examined for frameshift mutations by RT-PCR. Ligand-dependent autophosphorylation of CSF1R was examined in cells expressing CSF1R mutants. RESULTS: We identified ten variants in CSF1R including two novel frameshift, five novel missense, and two known missense mutations as well as one known missense variant. Eight mutations were located in TKD. One frameshift mutation (p.Pro104LeufsTer8) and one missense variant (p.His362Arg) were located in the extracellular domain. RT-PCR analysis revealed that the frameshift mutation of p.Pro104LeufsTer8 caused nonsense-mediated mRNA decay. Functional assay revealed that none of the mutations within TKD showed autophosphorylation of CSF1R. The p.His362Arg variant located in the extracellular domain showed comparable autophosphorylation of CSF1R to the wild type, suggesting that this variant is not likely pathogenic. CONCLUSIONS: The detection of the CSF1R mutation outside of the region-encoding TKD may extend the genetic spectrum of ALSP with CSF1R mutations. Mutational analysis of all the coding exons of CSF1R should be considered for patients clinically suspected of having ALSP.

    DOI: 10.1007/s00415-018-9017-2

    PubMed

    researchmap

  • 血漿中アミノ酸およびアミン類のプロファイルを用いた認知症早期診断の可能性

    矢野 由紀, 神通 寛子, 村松 孝彦, 河合 信宏, 嵐田 直子, 西本 瑠美, 新保 和高, 遠藤 直人, 佐久間 真由美, 田中 弘, 手塚 敏之, 徳武 孝允, 春日 健作, 池内 健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   448 - 448   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における認知症関連・脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 三浦 健, 目崎 直実, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   465 - 465   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味記憶障害、エピソード記憶障害を呈した皮質基底核症候群の一例

    畠山 公大, 林 秀樹, 徳武 孝允, 小野寺 理

    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   42回   87 - 87   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経心理学会  

    researchmap

  • 免疫抑制薬の減量が有効であった中枢神経原発移植後リンパ増殖性疾患の1例

    小出 眞悟, 徳武 孝允, 茂木 崇秀, 笠原 壮, 中川 由紀, 齊藤 和英, 他田 正義, 下畑 享良, 小野寺 理

    神経治療学   34 ( 6 )   S222 - S222   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経治療学会  

    researchmap

  • Diagnostic Value of Brain Calcifications in Adult-Onset Leukoencephalopathy with Axonal Spheroids and Pigmented Glia 査読

    T. Konno, D. F. Broderick, N. Mezaki, A. Isami, D. Kaneda, Y. Tashiro, T. Tokutake, B. M. Keegan, B. K. Woodruff, T. Miura, H. Nozaki, M. Nishizawa, O. Onodera, Z. K. Wszolek, T. Ikeuchi

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   38 ( 1 )   77 - 83   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC NEURORADIOLOGY  

    Adult-onset leukoencephalopathy with axonal spheroids and pigmented glia is a rare neurodegenerative disease resulting from mutations in the colony stimulating factor 1 receptor gene. Accurate diagnosis can be difficult because the associated clinical and MR imaging findings are nonspecific. We present 9 cases with intracranial calcifications distributed in 2 brain regions: the frontal white matter adjacent to the anterior horns of the lateral ventricles and the parietal subcortical white matter. Thin-section (1-mm) CT scans are particularly helpful in detection due to the small size of the calcifications. These calcifications had a symmetric "stepping stone appearance" in the frontal pericallosal regions, which was clearly visible on reconstructed sagittal CT images. Intrafamilial variability was seen in 2 of the families, and calcifications were seen at birth in a single individual. These characteristic calcification patterns may assist in making a correct diagnosis and may contribute to understanding of the pathogenesis of leukoencephalopathy.

    DOI: 10.3174/ajnr.A4938

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Dissociation between intact vibratory sensation and impaired joint position sensation may predict ataxia of spinal origin 査読

    Kanazawa M, Katsumi K, Tokutake T, Endo N, Onodera O, Nishizawa M

    Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management   6   68 - 70   2016年12月

  • 抗Aβ抗体療法関連脳浮腫の自然発症ヒト病態モデルとしてのCAA関連炎症

    石黒 敬信, 春日 健作, 小池 佑佳, 徳武 孝允, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   56 ( Suppl. )   S397 - S397   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 世代間で著しい臨床的多様性を認めたHDLS一家系の臨床分子遺伝学的解析

    目崎 直実, 徳武 孝允, 勇 亜衣子, 石川 正典, 三浦 健, 今野 卓哉, 三瓶 一弘, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S426 - S426   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイド血管症関連炎症9例における出血性病変および海馬萎縮とAPOE多型の検討

    石黒 敬信, 春日 健作, 徳武 孝允, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S421 - S421   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 世代間で著しい臨床的多様性を認めたHDLS一家系の臨床分子遺伝学的解析

    目崎 直実, 徳武 孝允, 勇 亜衣子, 石川 正典, 三浦 健, 今野 卓哉, 三瓶 一弘, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   29 ( 3 )   354 - 354   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Systematic review and meta-analysis of Japanese familial Alzheimer's disease and FTDP-17 査読

    Kensaku Kasuga, Masataka Kikuchi, Takayoshi Tokutake, Akihiro Nakaya, Toshiyuki Tezuka, Tamao Tsukie, Norikazu Hara, Akinori Miyashita, Ryozo Kuwano, Takeshi Ikeuchi

    JOURNAL OF HUMAN GENETICS   60 ( 5 )   281 - 283   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Mutations in APP, PSEN1 and PSEN2 as the genetic causes of familial Alzheimer's disease (FAD) have been found in various ethnic populations. A substantial number of FAD pedigrees with mutations have been reported in the Japanese population; however, it remains unclear whether the genetic and clinical features of FAD in the Japanese population differ from those in other populations. To address this issue, we conducted a systematic review and meta-analysis of Japanese FAD and frontotemporal dementia with parkinsonism linked to chromosome 17 (FTDP-17) by literature search. Using this analysis, we identified 39 different PSEN1 mutations in 140 patients, 5 APP mutations in 35 patients and 16 MAPT mutations in 84 patients. There was no PSEN2 mutation among Japanese patients. The age at onset in Japanese FAD patients with PSEN1 mutations was significantly younger than that in patients with APP mutations. Kaplan-Meier analysis revealed that patients with MAPT mutations showed a shorter survival than patients with PSEN1 or APP mutations. Patients with mutations in different genes exhibit characteristic clinical presentations, suggesting that mutations in causative genes may modify the clinical presentations. By collecting and cataloging genetic and clinical information on Japanese FAD and FTDP-17, we developed an original database designated as Japanese Familial Alzheimer's Disease Database, which is accessible at http://alzdb.bri. niigata-u.ac.jp/.

    DOI: 10.1038/jhg.2015.15

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • ApoE-isoform-dependent cellular uptake of amyloid-β is mediated by lipoprotein receptor LR11/SorLA. 査読

    Yajima R, Tokutake T, Koyama A, Kasuga K, Tezuka T, Nishizawa M, Ikeuchi T

    Biochemical and biophysical research communications   456 ( 1 )   482 - 488   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.11.111

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の臨床症状、画像、バイオマーカーの多様性の検討

    笠原 壮, 徳武 孝允, 春日 健作, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 小池 佑佳, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   54 ( Suppl. )   S13 - S13   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【高齢者の糖尿病】中枢神経におけるインスリンシグナルと認知機能

    徳武 孝允, 春日 健作, 池内 健

    糖尿病   57 ( 9 )   682 - 684   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Clinical and neuroimaging features of patient with early-onset Parkinson's disease with dementia carrying SNCA p.G51D mutation 査読

    Takayoshi Tokutake, Atsuhi Ishikawa, Nahoko Yoshimura, Akinori Miyashita, Ryozo Kuwano, Masatoyo Nishizawa, Takeshi Ikeuchi

    PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   20 ( 2 )   262 - 264   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    DOI: 10.1016/j.parkreldis.2013.11.008

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症のバイオマーカー、血中抗Aβ抗体の検討

    徳武 孝允, 関根 有美, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   53 ( 12 )   1574 - 1574   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の画像、臨床症状、バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 本間 篤, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   27 ( 4 )   500 - 500   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 自発性低下、歩行障害が亜急性に進行し、画像上、特発性正常圧水頭症類似の所見を呈した神経梅毒の一例

    畠山 公大, 徳武 孝允, 石黒 敬信, 山田 舞乃, 野崎 洋明, 下畑 享良, 西澤 正豊

    NEUROINFECTION   17 ( 2 )   242 - 242   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    researchmap

  • Hyperphosphorylation of Tau induced by naturally secreted amyloid-β at nanomolar concentrations is modulated by insulin-dependent Akt-GSK3β signaling pathway. 査読

    Tokutake T, Kasuga K, Yajima R, Sekine Y, Tezuka T, Nishizawa M, Ikeuchi T

    The Journal of biological chemistry   287 ( 42 )   35222 - 35233   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.348300

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Maintaining glottic opening in multiple system atrophy: Efficacy of serotonergic therapy

    T. Ozawa, K. Sekiya, Y. Sekine, T. Shimohata, M. Tomita, H. Nakayama, N. Aizawa, R. Takeuchi, T. Tokutake, S. Katada, M. Nishizawa

    MOVEMENT DISORDERS   27 ( 7 )   S388 - S388   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    DOI: 10.1002/mds.24983

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Chorea as the first sign in a patient with elderly-onset systemic lupus erythematosus. 査読

    Ariizumi Yuko, Ozawa Tetsutaro, Tokutake Takayoshi, Kawachi Izumi, Hirose Masaki, Katada Shinichi, Igarashi Shuichi, Tanaka Keiko, Nishizawa Masatoyo

    Case Rep Neurol Med   2012   317082 - 317082   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The case of an elderly patient who had chorea as an initial symptom of systemic lupus erythematosus (SLE) accompanied by antiphospholipid syndrome (APS) is reported. A 68-year-old woman suddenly developed chorea of her left arm and leg. Magnetic resonance imaging (MRI) of the brain demonstrated a focal lesion in the right caudate head, which showed hyperintensity on fluid-attenuated inversion recovery and diffusion-weighted imaging. This condition was thought to be a common form of vascular chorea, which is likely to occur in elderly individuals; however, the laboratory data of this patient finally fulfilled the diagnostic criteria of SLE and APS. Physicians should be careful in diagnosing elderly individuals simply as having a vascular chorea because this symptom can be the initial manifestation of SLE or APS.

    DOI: 10.1155/2012/317082

    PubMed

    researchmap

  • A patient with fragile x-associated tremor/ataxia syndrome presenting with executive cognitive deficits and cerebral white matter lesions. 査読 国際誌

    Kasuga K, Ikeuchi T, Arakawa K, Yajima R, Tokutake T, Nishizawa M

    Case reports in neurology   3 ( 2 )   118 - 23   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000328838

    PubMed

    researchmap

  • Evidence for a Common Founder and Clinical Characteristics of Japanese Families with the MAPT R406W Mutation. 査読 国際誌

    Takeshi Ikeuchi, Toru Imamura, Yasuhiro Kawase, Yoshimi Kitade, Miyuki Tsuchiya, Takayoshi Tokutake, Kensaku Kasuga, Ryuji Yajima, Tamao Tsukie, Akinori Miyashita, Morihiro Sugishita, Ryozo Kuwano, Masatoyo Nishizawa

    Dementia and geriatric cognitive disorders extra   1 ( 1 )   267 - 75   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    BACKGROUND/AIM: Mutations in MAPT cause frontotemporal dementia with parkinsonism linked to chromosome 17 (FTDP-17). Patients with the MAPT R406W mutation were reported to show phenotypic heterogeneity in different ethnic backgrounds. We here report the clinical and genetic characteristics of Japanese families with the R406W mutation. METHODS: We examined the clinical and neuroimaging features of 6 patients from three families with the R406W mutation. We determined the genotypes of intragenic MAPT single-nucleotide polymorphisms (SNPs) and the flanking microsatellite markers to search for a common founder. RESULTS: The initial symptom was memory loss with the average age at onset being 54 years. Anterograde amnesia with episodic memory impairment was the predominant phenotype. Behavioral and personality changes or parkinsonism is not a prominent feature. A brain MRI study revealed marked atrophy of the medial temporal lobe. Genetic analysis of SNPs and microsatellite markers revealed that the affected members of the three families share common genotypes. CONCLUSION: The findings of the affected members in this study, which corroborate previously reported findings of European families, suggest that the R406W mutation may represent a phenotype of predominant anterograde amnesia in FTLD-17. Our genetic data suggest that a founder effect may account for some families with the R406W mutation.

    DOI: 10.1159/000331243

    PubMed

    researchmap

  • Differential levels of alpha-synuclein, beta-amyloid42 and tau in CSF between patients with dementia with Lewy bodies and Alzheimer's disease 査読

    Kensaku Kasuga, Takayoshi Tokutake, Atsushi Ishikawa, Tsuyoshi Uchiyama, Takahiko Tokuda, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa, Takeshi Ikeuchi

    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY   81 ( 6 )   608 - 610   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:B M J PUBLISHING GROUP  

    Background The clinical diagnosis of dementia with Lewy bodies (DLB) is made on the basis of consensus criteria; however, the sensitivity of the criteria is relatively low. There are no generally accepted biomarkers to distinguish DLB from other dementias. Here the utility of quantification of a-synuclein, beta-amyloid42 (A beta 42) and tau in the CSF of patients with DLB, Alzheimer's disease (AD) and other dementias was examined.
    Methods 86 patients were divided into three age and sex matched groups: DLB (n=34), AD (n=31) and other dementias (n=21). Two patients with alpha-synuclein gene (SNCA) duplication were also examined. A beta and tau were quantified using an ELISA kit. A modified sandwich ELISA was developed which enables the sensitive quantification of CSF alpha-synuclein.
    Results Total and phosphorylated tau levels as well as A beta 40/42 and tau/A beta 42 ratios were significantly higher in AD patients than in patients with DLB (p<0.01) and other dementias (p<0.01). CSF alpha-synuclein levels in DLB patients were significantly lower than those in patients with AD (p<0.05) and other dementias (p<0.01). CSF alpha-synuclein level correlated with the A beta 42 level in DLB patients (p=0.01, r=0.43). Two patients with SNCA duplication exhibited relatively low levels of CSF alpha-synuclein.
    Conclusions The study suggests that reduced levels of CSF alpha-synuclein in DLB may reflect the accumulation of alpha-synuclein with Lewy pathology in the brain and that quantification of CSF alpha-synuclein helps in the differentiation of DLB from AD and other dementias in combination with A beta 42 and tau analysis.

    DOI: 10.1136/jnnp.2009.197483

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Increased Levels of Soluble LR11 in Cerebrospinal Fluid of Patients with Alzheimer Disease 査読

    Takeshi Ikeuchi, Satoshi Hirayama, Takashi Miida, Isamu Fukamachi, Takayoshi Tokutake, Hiroyuki Ebinuma, Kohei Takubo, Hiroyuki Kaneko, Kensaku Kasuga, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Hideaki Bujo, Yasushi Saito, Masatoyo Nishizawa

    DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS   30 ( 1 )   28 - 32   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    Background: Recent genetic and pathological studies have suggested that a lipoprotein receptor, LR11, is intricately implicated in the pathogenesis of Alzheimer disease (AD). We have recently established a novel sandwich ELISA, which enabled the sensitive quantification of a soluble LR11 (sLR11). By this ELISA, we attempted to determine the difference in the levels of CSF sLR11 in AD patients. Methods: We examined CSF from 29 AD patients, 20 frontotemporal lobar degeneration patients and 27 age-matched control subjects. The CSF sLR11 level as well as the levels of tau and beta-amyloid42 (A beta 42) were determined by sandwich ELISA. Results: The CSF tau level and tau/A beta 42 ratio were significantly increased (p < 0.01) in the AD patients. The CSF sLR11 level in the AD patients was significantly higher (p < 0.01) than that of the frontotemporal lobar degeneration patients and the controls. The APOE-epsilon 4-positive AD patients have higher sLR11 levels than the APOE-epsilon 4-negative patients (p < 0.01). Conclusions: These results suggest that the quantification of CSF sLR11 may serve as a biomarker of AD, although the diagnostic value for individual patients is limited. An elevated CSF sLR11 level in AD patients may be relevant to AD pathogenesis. Copyright (C) 2010 S. Karger AG, Basel

    DOI: 10.1159/000315539

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 急性期のラクナ脳梗塞に高血圧性脳内出血を併発する例

    高野 弘基, 赤岩 靖久, 新保 淳輔, 関谷 可奈子, 徳武 孝允, 西澤 正豊

    臨床神経学   49 ( 12 )   1194 - 1194   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 壊死性リンパ節炎に肥厚性硬膜炎を伴った36歳男性例

    関谷 可奈子, 徳武 孝允, 赤岩 靖久, 高野 弘基, 西澤 正豊

    臨床神経学   49 ( 10 )   669 - 669   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • MRワクチン接種後に左軟口蓋麻痺を呈した1例

    笹川 朋子, 須貝 章弘, 赤岩 靖久, 徳武 孝允, 高野 弘基, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌   123 ( 7 )   373 - 373   2009年7月

  • Atypical Parkinsonism in distal myopathy with rimmed vacuoles. 査読

    Ishihara T, Ozawa T, Igarashi S, Kitsukawa Y, Takagi M, Hirose M, Tokutake T, Tanaka K, Nishizawa M

    Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   23 ( 6 )   912 - 915   2008年4月

  • A late-onset case of oculopharyngeal muscular dystrophy carrying a (GCG) 8 repeat expansion in the PAPBN1 gene 査読

    Takayoshi Tokutake, Takeshi Ikeuchi, Keiko Tanaka, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa

    Clinical Neurology   45 ( 6 )   437 - 440   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a sporadic case of a female patient with oculopharyngeal muscular dystrophy (OPMD). Her father died at age 86 and mother at age 74. There was no familial occurrence of the disease. The patient initially developed a nasal voice at age 66. Neurological examinations on admission at age 72 revealed bilateral ptosis, a limitation of ocular movement without diplopia, dysphagia, and proximal muscle weakness. Serum creatine kinase level was slightly increased. Biopsied muscle specimens showed variation in fiber size as well as the occasional presence of rimmed vacuoles. On the basis of these clinical and laboratory findings, we suspected a diagnosis of OPMD, although a family history was absent. To confirm the diagnosis of OPMD, we performed a gene analysis for poly A binding protein, nuclear 1 (PABPN1
    PABP2), which revealed a mild expansion of GCG repeat (8 repeats) as a heterozygous state. Clinical features of the patient were consistent with those in a previous literature reporting that patients carrying (GCG) 8 repeat as a heterozygous state show a relatively late onset and a mild phenotype. The case of this patient emphasizes the importance of the PABPN1 gene analysis for patients showing muscular weakness involving oculopharyngeal and proximal limb muscles even when a familial occurrence of the disease is not apparent.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Progression of cluster headache to Raeder's syndrome with marked response to corticosteroid therapy: a case report] 査読

    Ikeuchi T, Tokutake T, Sakamaki Y, Takagi M, Nishizawa M

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   45   321 - 323   2005年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:4  

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 6.中毒・代謝疾患 1 糖尿病と認知症

    徳武孝允, 笠原壮, 池内健

    Annual Review 神経   2017   191‐199   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 認知症の危険因子と防御因子 アポリポ蛋白E遺伝子(APOE)

    徳武孝允, 春日健作, 春日健作, 原範和, 池内健

    Brain and Nerve   68 ( 7 )   703 - 12   2016年7月

     詳細を見る

  • 3. 中枢神経におけるインスリンシグナルと認知機能

    徳武孝允, 春日健作, 池内健

    糖尿病   57 ( 9 )   682-684 (J-STAGE)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11213/tonyobyo.57.682

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病患者における認知症―基礎と臨床の最新知見―II.病因・病態 II‐1 インスリンシグナルとアルツハイマー病

    徳武孝允, 池内健

    月刊糖尿病   4 ( 9 )   21 - 25   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗GD1aIgM抗体と抗GT1bIgM抗体が陽性で免疫グロブリン療法が奏功した遠位優位型CIDPの76歳男性例

    羽入 龍太郎, 須貝 章弘, 加藤 怜, 秋山 夏葵, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 河内 泉, 小野寺 理

    臨床神経学   60 ( 1 )   87 - 87   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S276 - S276   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 血漿炎症系サイトカインと脳脊髄液バイオマーカーとの関連

    樋口陽, 樋口陽, 春日健作, ZHU Bin, LIU Lixin, 石黒敬信, 石黒敬信, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   548   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 培養細胞を用いたAβ過剰産生がタウの細胞外分泌へ及ぼす影響の検討

    石黒 敬信, 春日 健作, 樋口 陽, 目崎 直実, 三浦 健, 徳武 孝允, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   545 - 545   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーと認知機能の検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   531 - 531   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 手内筋にまで炎症が波及し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した難治性筋炎の51歳女性例

    中村 航世, 須貝 章弘, 春日 健作, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   59 ( 9 )   615 - 615   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム症の経過中に右優位の意味性認知症が明らかになった1例

    下島 里音, 横山 裕一, 吉田 悠里, 徳武 孝允, 池内 健, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S486 - S486   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーによるAlzheimer’s clinical syndromeの検討

    春日健作, 月江珠緒, 原範和, 樋口陽, 樋口陽, 石黒敬信, 石黒敬信, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th   344   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高度の記憶障害と歩行障害を呈し,治療により劇的に改善した抗GABA<sub>B</sub>受容体抗体脳炎の60歳男性例

    坂田佑輔, 今野卓哉, 五十嵐一也, 浦部陽香, 徳武孝允, 野嵜幸一郎, 河内泉, 小野寺理

    臨床神経学(Web)   59 ( 4 )   2019年

     詳細を見る

  • APPプロセシングに対するニューロン活性化の時間および範囲依存的影響

    ISHIGURO Takanobu, KASUGA Kensaku, SAITO Kento, MEZAKI Naomi, MIURA Takeshi, TOKUTAKE Takayoshi, ONODERA Osamu, IKEUCHI Takeshi

    日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th   2019年

     詳細を見る

  • 脳脊髄液バイオマーカーAT(N)systemをもちいた認知症関連疾患の再考

    春日健作, 月江珠緒, 石黒敬信, 石黒敬信, 三浦健, 目崎直実, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   417   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 意味記憶障害、エピソード記憶障害を呈した皮質基底核症候群の一例

    畠山 公大, 林 秀樹, 徳武 孝允, 小野寺 理

    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集   42回   87 - 87   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経心理学会  

    researchmap

  • Identification and Functional Assay of Novel CSF1R Mutations in Patients with Adult-onset Leukoencephalopathy with Axonal Spheroids and Pigmented Glia

    Takeshi Miura, Naomi Mezaki, Takanobu Ishiguro, Takayoshi Tokutake, Kensaku Kasuga, Takuya Konno, Hiroaki Nozaki, Osamu Onodera, Takeshi Ikeuchi

    NEUROLOGY   90   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 免疫抑制薬の減量が有効であった中枢神経原発移植後リンパ増殖性疾患の1例

    小出 眞悟, 徳武 孝允, 茂木 崇秀, 笠原 壮, 中川 由紀, 齊藤 和英, 他田 正義, 下畑 享良, 小野寺 理

    神経治療学   34 ( 6 )   S222 - S222   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経治療学会  

    researchmap

  • 尿プロテオミクスによるアルツハイマー病バイオマーカー探索

    渡邊 裕美, 平尾 嘉利, 春日 健作, 徳武 孝允, 池内 健, 中村 和利, 山本 格

    Dementia Japan   31 ( 4 )   611 - 611   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • ポルトガル語と日本語のバイリンガルに生じた意味性認知症の一例

    平井 香織, 徳武 孝允, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   587 - 587   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症疾患におけるアルツハイマー病関連脳脊髄液バイオマーカーの解析

    春日 健作, 徳武 孝允, 三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   610 - 610   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の画像所見とバイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   590 - 590   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • HDLS患者におけるCSF1R新規ミスセンス変異の同定及び変異CSF1R機能解析

    三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 春日 健作, 今野 卓哉, 野崎 洋明, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   595 - 595   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の画像所見とバイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   590 - 590   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • HDLS患者におけるCSF1R新規ミスセンス変異の同定及び変異CSF1R機能解析

    三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 春日 健作, 今野 卓哉, 野崎 洋明, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   595 - 595   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症疾患におけるアルツハイマー病関連脳脊髄液バイオマーカーの解析

    春日 健作, 徳武 孝允, 三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   610 - 610   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 感覚性運動失調型ニューロパチーと鑑別を要した脊椎疾患の2例

    畠野 雄也, 金澤 雅人, 林 秀樹, 青山 あずさ, 須貝 章弘, 徳武 孝允, 下畑 享良, 小野寺 理

    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   11回   102 - 102   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)  

    researchmap

  • 各種疾患 中毒・代謝疾患 糖尿病と認知症

    徳武 孝允, 笠原 壮, 池内 健

    Annual Review神経   2017   191 - 199   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)中外医学社  

    researchmap

  • 脊髄小脳変性症に対するバレニクリン酒石酸塩の治療効果の検討

    他田 正義, 徳永 純, 徳武 孝允, 石原 智彦, 野崎 洋明, 関根 有美, 堅田 慎一, 横関 明男, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   56 ( Suppl. )   S488 - S488   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の臨床症状・画像的特徴・脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   583 - 583   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の臨床症状・画像的特徴・脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   583 - 583   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Neuro2a APPswe細胞が産生するアミロイドβによるリン酸化Tauレベル亢進のFACS解析

    原崇, 池内健, 徳武孝允, 佐藤佳太, 中村澄子, 城斗志夫, 西澤正豊, 山崎彬, 小林篤, 大坪研一

    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2016   2E143 (WEB ONLY)   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の多様性 臨床症状、バイオマーカー

    徳武 孝允, 石井 賢二, 本間 篤, 荒川 博之, 赤岩 靖久, 石黒 敬信, 春日 健作, 笠原 壮, 小池 佑佳, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S422 - S422   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 本邦における家族性アルツハイマー病データベース(JFADdb)の構築

    春日 健作, 菊地 正隆, 徳武 孝允, 手塚 敏之, 月江 珠緒, 原 範和, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 桑野 良三, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S424 - S424   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の臨床・画像の検討

    徳武 孝允, 石井 賢二, 赤岩 靖久, 春日 健作, 藤田 信也, 田中 晋, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   29 ( 3 )   358 - 358   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 本邦・家族性アルツハイマー病のデータベース(JFADdb)の構築

    春日 健作, 菊地 正隆, 徳武 孝允, 手塚 敏之, 月江 珠緒, 原 範和, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 桑野 良三, 池内 健

    Dementia Japan   28 ( 4 )   485 - 485   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • IVIg治療後に改善を認めた両側横隔神経麻痺の51歳男性例

    若杉 尚宏, 堅田 慎一, 宇津見 宏太, 北原 真紀子, 徳武 孝允, 金澤 雅人, 高橋 哲哉, 西澤 正豊

    臨床神経学   54 ( 3 )   253 - 253   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症におけるアミロイドβ蓄積ダイナミクス

    池内 健, 石井 賢二, 赤岩 靖久, 本間 篤, 徳武 孝允, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊

    臨床神経学   53 ( 12 )   1482 - 1482   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病における内側側頭葉の萎縮 VSRAD advanceを用いた左右差の検討

    手塚 敏之, 横関 明男, 徳武 孝允, 矢島 隆二, 関根 有美, 春日 健作, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   53 ( 12 )   1550 - 1550   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病における内側側頭葉の萎縮 VSRAD advanceを用いた左右差の検討

    手塚 敏之, 横関 明男, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 関根 有美, 春日 健作, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   27 ( 4 )   510 - 510   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症におけるアミロイドβ蓄積ダイナミクス

    池内健, 池内健, 石井賢二, 赤岩靖久, 本間篤, 徳武孝允, 豊原潤, 石渡喜一, 西澤正豊

    日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   54th   368   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Maintaining glottic opening in multiple system atrophy: Efficacy of serotonergic therapy 査読

    Tetsutaro Ozawa, Kanako Sekiya, Yumi Sekine, Takayoshi Shimohata, Masahiko Tomita, Hideaki Nakayama, Naotaka Aizawa, Ryoko Takeuchi, Takayoshi Tokutake, Shinichi Katada, Masatoyo Nishizawa

    MOVEMENT DISORDERS   27 ( 7 )   919 - 921   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    DOI: 10.1002/mds.24983

    Web of Science

    researchmap

  • アルツハイマー病患者・髄液中における可溶性LR11の増加

    池内 健, 平山 哲, 三井田 孝, 深町 勇, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 春日 健作, 海老沼 宏幸, 田久保 耕平, 武城 英明, 西澤 正豊

    臨床神経学   51 ( 12 )   1397 - 1397   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • βアミロイド依存性タウリン酸化カスケードにおけるインスリンシグナル障害の関与

    徳武 孝允, 池内 健, 春日 健作, 篠崎 真, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1106 - 1106   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病患者・髄液中では可溶性LR11が増加する

    池内 健, 平山 哲, 三井田 孝, 深町 勇, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 春日 健作, 金子 博之, 田久保 耕平, 海老沼 宏幸, 武城 英明, 西澤 正豊

    Dementia Japan   24 ( 3 )   311 - 311   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Aβはインスリンシグナルを障害することでタウの過剰リン酸化を引き起こすか?

    春日 健作, 徳武 孝允, 篠崎 眞, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   23 ( 2 )   202 - 202   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 群発頭痛から Raeder 症候群に進展し副腎皮質ステロイドが著効した1例

    池内健, 徳武孝允, 酒巻裕一, 高木峰夫, 西澤正豊

    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY   45 ( 4 )   321 - 323   2005年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PABPN1遺伝子(GCG)8のヘテロ変異が同定された老年期発症の眼咽頭筋ジストロフィーの1例

    徳武孝允, 池内 健, 田中惠子, 小野寺 理, 西澤正豊

    臨床神経   45   437 - 440   2005年

     詳細を見る

  • 明らかな家族歴をもたない眼咽頭筋ジストロフィーの1例

    徳武 孝允, 池内 健, 他田 真理, 田中 惠子, 西澤 正豊

    臨床神経学   44 ( 8 )   556 - 556   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

▶ 全件表示