2024/03/01 更新

写真a

フセ キヨウコ
布施 香子
FUSE Kiyoko
所属
医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センター 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2018年3月   新潟大学 )

  • 学士(医学) ( 2002年3月   自治医科大学 )

研究キーワード

  • 造血幹細胞移植

  • 地域連携

  • 造血器腫瘍

  • 急性白血病

研究分野

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   輸血・再生・細胞治療センター   講師

    2022年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   造血免疫細胞療法センター   助教

    2022年4月 - 2022年7月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   高密度無菌治療部   助教

    2020年7月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   地域医療健康学講座   特任助教

    2018年4月 - 2020年6月

      詳細を見る

  • 新潟大学   血液内分泌代謝科   特任助教

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 金沢大学   遺伝子・染色体構築分野   特別研究生

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   血液内分泌代謝科   医員

    2011年3月 - 2016年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センター   講師

    2022年8月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高密度無菌治療部   助教

    2020年7月 - 2022年7月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 内分泌・代謝内科   特任助教

    2016年4月 - 2020年6月

学歴

  • 新潟大学   Graduate School of Medical and Dental Sciences   医歯学総合研究科

    2012年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 自治医科大学   医学部   医学科

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本造血・免疫細胞療法学会   評議員  

    2021年4月   

      詳細を見る

 

論文

  • Genetic manipulation resulting in decreased donor chondroitin sulfate synthesis mitigates hepatic GVHD via suppression of T cell activity. 国際誌

    Suguru Tamura, Hajime Ishiguro, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Kaori Cho, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Tadahisa Mikami, Takero Shindo, Hiroshi Kitagawa, Michihiro Igarashi, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko, Takashi Ushiki

    Scientific reports   13 ( 1 )   13098 - 13098   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Donor T cell activation, proliferation, differentiation, and migration are the major steps involved in graft-versus-host disease (GVHD) development following bone marrow transplantation. Chondroitin sulfate (CS) proteoglycan is a major component of the extracellular matrix and causes immune modulation by interacting with cell growth factors and inducing cell adhesion. However, its precise effects on immune function are unclear than those of other proteoglycan families. Thus, we investigated the significance of CS within donor cells in acute GVHD development utilizing CSGalNAc T1-knockout (T1KO) mice. To determine the effects of T1KO, the mice underwent allogenic bone marrow transplantation from major histocompatibility complex-mismatched donors. While transplantation resulted in hepatic GVHD with inflammatory cell infiltration of both CD4+ and CD8+ effector memory T cells, transplantation in T1KO-donors showed milder cell infiltration and improved survival with fewer splenic effector T cells. In vitro T-cell analyses showed that the ratio of effector memory T cells was significantly lower via phorbol myristate acetate/ionomycin stimulation. Moreover, quantitative PCR analyses showed significantly less production of inflammatory cytokines, such as IFN-γ and CCL-2, in splenocytes of T1KO mice. These results suggest that reduction of CS in donor blood cells may suppress the severity of acute GVHD after hematopoietic stem cell transplantation.

    DOI: 10.1038/s41598-023-40367-3

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of transplant outcomes between haploidentical transplantation and single cord blood transplantation in non‐remission acute myeloid leukaemia: A nationwide retrospective study 査読

    Kensuke Matsuda, Takaaki Konuma, Kyoko Fuse, Masayoshi Masuko, Koji Kawamura, Masahiro Hirayama, Naoyuki Uchida, Kazuhiro Ikegame, Atsushi Wake, Tetsuya Eto, Noriko Doki, Shigesaburo Miyakoshi, Masatsugu Tanaka, Satoshi Takahashi, Makoto Onizuka, Koji Kato, Takafumi Kimura, Tatsuo Ichinohe, Nobuyuki Takayama, Hikaru Kobayashi, Hirohisa Nakamae, Yoshiko Atsuta, Junya Kanda, Masamitsu Yanada

    British Journal of Haematology   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/bjh.18530

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/bjh.18530

  • 同種移植後day30の末梢血CD8TN、CD4TEM割合は急性GVHD発症のバイオマーカーとなる

    片桐 隆幸, 古山 悠里, 米沢 穂高, 諏訪部 達也, 布施 香子, 柴崎 康彦, 瀧澤 淳, 曽根 博仁, 増子 正義

    日本血液学会学術集会   84回   880 - 880   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    researchmap

  • 単一施設における節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻腔(ENKL)における26例の後方視的解析 EBV-DNA定量の有用性

    山田 隆, 古山 悠里, 水戸部 正樹, 米沢 穂高, 鈴木 隆晴, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 河本 啓介, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 大島 孝一, 曽根 博仁, 瀧澤 淳

    日本血液学会学術集会   84回   294 - 294   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    researchmap

  • WT1ペプチドワクチン投与後10年間以上にわたり持続するWT1特異的な細胞傷害性T細胞

    諏訪部 達也, 柴崎 康彦, 田村 秀, 片桐 隆幸, 井田 桃里, 布施 香子, 牛木 隆志, 曽根 博仁, 成田 美和子, 増子 正義

    日本血液学会学術集会   84回   117 - 117   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会  

    researchmap

  • Intensive oral care can reduce bloodstream infection with coagulase-negative staphylococci after neutrophil engraftment in allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation 査読

    30 ( 1 )   475 - 485   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00520-021-06447-8

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00520-021-06447-8/fulltext.html

  • WT1-specific CD8 + cytotoxic T cells with the capacity for antigen-specific expansion accumulate in the bone marrow in MDS. 査読

    Suwabe T, Shibasaki Y, Sato H, Tamura S, Katagiri T, Nemoto H, Kasami T, Kozakai T, Nanba A, Kitajima T, Fuse K, Ushiki T, Sone H, Narita M, Masuko M

    113 ( 5 )   723 - 734   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-021-03083-0

    PubMed

    researchmap

  • Marker chromosome is a strong poor prognosis factor after allogeneic HSCT for adverse‐risk AML patients 査読 国際誌

    Kyoko Fuse, Tomoyuki Tanaka, Yasuhiko Shibasaki, Tatsuo Furukawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    European Journal of Haematology   105 ( 5 )   616 - 625   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    INTRODUCTION: Chromosome analysis is necessary for the risk classification of acute myeloid leukemia (AML). Marker chromosome (MC) is a fragmented chromosome whose origin cannot be identified from other chromosomes and originates from marked genomic instability. Although AML with MC (MC+) has a poor prognosis even after intensive chemotherapy, its influence on the outcome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) is unclear. OBJECTIVE AND METHODS: We retrospectively analyzed 162 AML patients after allo-HSCT. To evaluate the significance of MC, we compared it with other chromosomal abnormalities. RESULT: Marker chromosome was detected in 14 (8.6%, MC+) patients (vs MC-, n = 158). The 2-year overall survival (OS) in MC+ vs MC- was 26.8% vs 62.2% (P = .0098). The 2-year cumulative incidence of relapse (CIR) in MC+ vs MC- was 80.4% vs 35.5% (P = .0004). Among adverse-risk AML (AD-AML, n = 36), AD-AML/MC+ (n = 11) demonstrated a poorer 2-year OS (9.1%, vs AD-AML/MC- n = 25, 58.3%, P = .0031) and higher 2-year CIR (89.6%, vs AD-AML/MC- 44.7%, P = .002). In multivariate analysis, MC (HR 3.08, 95% CI; 1.02-9.29, P = .046) and HCT-CI (HR 3.23, 95% CI; 1.00-10.4, P = .049) were independent risk factors for CIR among AD-AML. CONCLUSION: Our study suggests MC as a new independent factor for chromosome risk classification to further classify AD-AML.

    DOI: 10.1111/ejh.13495

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/ejh.13495

  • Hypertrophic pachymeningitis associated with myelodysplastic syndrome 査読

    Akane Kaihatsu, Kyoko Fuse, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    eJHaem   1 ( 1 )   12 - 13   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/jha2.68

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jha2.68

  • The Glasgow prognostic score divides high-risk hematopoietic cell transplantation-specific comorbidity index patients into stratified subgroups in allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読 国際誌

    Yasuhiko Shibasaki, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Kyoko Fuse, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    Annals of Hematology   99 ( 3 )   671 - 673   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00277-020-03936-4

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00277-020-03936-4/fulltext.html

  • Using a machine learning algorithm to predict acute graft-versus-host disease following allogeneic transplantation. 査読 国際誌

    Yasuyuki Arai, Tadakazu Kondo, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Masayoshi Masuko, Junichi Sugita, Takanori Teshima, Naoyuki Uchida, Takahiro Fukuda, Kazuhiko Kakihana, Yukiyasu Ozawa, Tetsuya Eto, Masatsugu Tanaka, Kazuhiro Ikegame, Takehiko Mori, Koji Iwato, Tatsuo Ichinohe, Yoshinobu Kanda, Yoshiko Atsuta

    Blood advances   3 ( 22 )   3626 - 3634   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acute graft-versus-host disease (aGVHD) is 1 of the critical complications that often occurs following allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HSCT). Thus far, various types of prediction scores have been created using statistical calculations. The primary objective of this study was to establish and validate the machine learning-dependent index for predicting aGVHD. This was a retrospective cohort study that involved analyzing databases of adult HSCT patients in Japan. The alternating decision tree (ADTree) machine learning algorithm was applied to develop models using the training cohort (70%). The ADTree algorithm was confirmed using the hazard model on data from the validation cohort (30%). Data from 26 695 HSCT patients transplanted from allogeneic donors between 1992 and 2016 were included in this study. The cumulative incidence of aGVHD was 42.8%. Of >40 variables considered, 15 were adapted into a model for aGVHD prediction. The model was tested in the validation cohort, and the incidence of aGVHD was clearly stratified according to the categorized ADTree scores; the cumulative incidence of aGVHD was 29.0% for low risk and 58.7% for high risk (hazard ratio, 2.57). Predicting scores for aGVHD also demonstrated the link between the risk of development aGVHD and overall survival after HSCT. The machine learning algorithms produced clinically reasonable and robust risk stratification scores. The relatively high reproducibility and low impacts from the interactions among the variables indicate that the ADTree algorithm, along with the other data-mining approaches, may provide tools for establishing risk score.

    DOI: 10.1182/bloodadvances.2019000934

    PubMed

    researchmap

  • Patient-based prediction algorithm of relapse after allo-HSCT for acute Leukemia and its usefulness in the decision-making process using a machine learning approach. 査読 国際誌

    Fuse K, Uemura S, Tamura S, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Shibasaki Y, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Furukawa T, Narita M, Sone H, Masuko M

    Cancer medicine   8 ( 11 )   5058 - 5067   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.2401

    PubMed

    researchmap

  • Gemcitabine, Dexamethasone, and Cisplatin Regimen as an Effective Salvage Therapy for High-grade B-cell Lymphoma with MYC and BCL2 and/or BCL6 Rearrangements. 査読

    Mitobe M, Kawamoto K, Suzuki T, Kiryu M, Tamura S, Nanba A, Suwabe T, Tanaka T, Fuse K, Shibasaki Y, Masuko M, Miyoshi H, Ohshima K, Sone H, Takizawa J

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 4 )   575 - 580   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1686-18

    PubMed

    researchmap

  • Anaplastic large cell lymphoma, with 1,25(OH)<sub><sup>2</sup></sub>D<sub><sup>3</sup></sub>-mediated hypercalcemia: A case report. 査読

    Mitobe M, Kawamoto K, Suzuki T, Kiryu M, Nanba A, Suwabe T, Tanaka T, Fuse K, Shibasaki Y, Masuko M, Miyoshi H, Ohshima K, Sone H, Takizawa J

    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   59 ( 1 )   22 - 28   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3960/jslrt.18033

    PubMed

    researchmap

  • Refinement of the Glasgow Prognostic Score as a pre-transplant risk assessment for allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Yasuhiko Shibasaki, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Takashi Ushiki, Kyoko Fuse, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Kuroha, Shigeo Hashimoto, Miwako Narita, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    International Journal of Hematology   108 ( 3 )   1 - 8   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Tokyo  

    The Hematopoietic Cell Transplantation-specific Comorbidity Index (HCT-CI) is a widely used tool for pre-transplant risk assessment. Allogeneic hematopoietic cell transplantation (HCT) is performed on patients with diverse backgrounds, highlighting the need for other predictors to complement the HCT-CI and support bedside decision-making. There is a strong body of evidence supporting the use of pre-transplant serum ferritin (SF) in risk assessments of allogeneic HCT. We additionally found that the Glasgow Prognostic Score (GPS), which assesses inflammatory biomarkers and predicts survival of patients with solid organ malignancies, is a useful predictive marker for overall survival (OS) and non-relapse mortality (NRM) in allogeneic HCT, independent of HCT-CI and SF. In this study, we refined the GPS by adding pre-transplant SF to improve its prognostic ability and enable better stratification
    we call this revised index the HCT-specific revised Glasgow Prognostic Score (HCT-GPS). We observed that the HCT-GPS more accurately predicted NRM and early-term OS than the GPS. Moreover, the HCT-GPS provides an independent prognostic factor adjusted for the HCT-CI and disease status, and stratifies patients into four risk groups by OS and NRM. Thus, the HCT-GPS is a useful index for predicting early-term complications after allogeneic HCT in patients with hematopoietic diseases.

    DOI: 10.1007/s12185-018-2463-x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J04671&link_issn=&doc_id=20181129310007&doc_link_id=10.1007%2Fs12185-018-2463-x&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.1007%2Fs12185-018-2463-x&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif

  • Heterogeneity of intrahepatic iron deposition in transfusion-dependent iron overload patients with hematorogical malignancies 査読 国際誌

    Kobayashi H, Yoshimura N, Uemura S, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Fuse K, Shibasaki Y, Narita M, Sone H, Masuko M

    Leuk Res   70%   41 - 44   2018年

     詳細を見る

  • The Glasgow Prognostic Score as a pre-transplant risk assessment for allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Yasuhiko Shibasaki, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Hironori Kobayashi, Kyoko Fuse, Takashi Ushiki, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Kuroha, Shigeo Hashimoto, Miwako Narita, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    CLINICAL TRANSPLANTATION   31 ( 11 )   e13103   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Evaluation methods, such as scoring systems for predicting complications in advance, are necessary for determining the adaptation of allogeneic hematopoietic cell transplantation (HCT) and selecting appropriate conditioning regimens. The Hematopoietic Cell Transplantation-specific Comorbidity Index (HCT-CI), which is based on functions of main organs, is a useful tool for pre-transplant risk assessments and has been widely applied in determining treatment strategies for patients with hematological diseases. However, as allogeneic HCT is performed on patients with diverse backgrounds, another factor, which reinforces the HCT-CI, is required to evaluate pre-transplant risk assessments. The Glasgow Prognostic Score (GPS), which assesses the combined C-reactive protein and albumin, was reported to predict survival of patients with solid-organ malignancies independently of receiving chemo/radiotherapy and stages of cancer. In this study, we applied the GPS for pre-transplant risk assessments for allogeneic HCT. The GPS successfully stratified the patients into three risk groups of overall survival (OS) and non-relapse mortality (NRM). Moreover, the GPS could predict outcomes independently of the HCT-CI for OS and NRM in multivariate analysis. The GPS is considered to be a useful tool and reinforces the HCT-CI for determining adaptation of allogeneic HCT for patients with hematopoietic neoplasms.

    DOI: 10.1111/ctr.13103

    Web of Science

    researchmap

  • Successful 5-azacytidine treatment of myeloid sarcoma and leukemia cutis associated with myelodysplastic syndrome A case report and literature review 査読

    Takayuki Katagiri, Takashi Ushiki, Masayoshi Masuko, Tomoyuki Tanaka, Shukuko Miyakoshi, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Jun Takizawa, Sadao Aoki, Hirohito Sone

    MEDICINE   96 ( 36 )   e7975   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Rationale: Myeloid sarcoma (MS) and leukemia cutis (LC) are extramedullary tumors comprising myeloid blasts. They can occur de novo or concurrently with hematological disorders, usually acute myeloid leukemia (AML). AML chemotherapy is generally the initial therapy for MS and LC, and hematopoietic stem cell transplantation (HSCT) can be considered as additional therapy. However, treatment for older patients who are unable to continue intensive chemotherapy is not currently standardized.
    Patientconcerns: A 71-year-old Japanese woman was diagnosed with multiple MSs associated with myelodysplastic syndrome (MDS), using bone marrow aspiration and lymph node biopsy.
    Diagnoses: Additionally, LC was diagnosed by skin biopsy. Extramedullary MS and LC lesions were formed by massive infiltration of myeloblastic cells.
    Interventions: Twenty courses of 5-azacytidine (5-Aza) were administrated as maintenance therapy after induction therapy with daunorubicin and cytarabine.
    Outcomes: Myeloblasts decreased in the bone marrow and the LC disappeared after induction therapy. The MSs completely disappeared, except for the palatine tonsil lesion, after 5-Aza maintenance therapy. 5-Aza treatment provided long-term partial response for more than 21 months.
    Lessons: 5-Aza was well tolerated and may be a good option for the treatment of MS and LC associated with MDS, especially in older patients who cannot receive HSCT.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000007975

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Functional dissection of hematopoietic stem cell populations with a stemness-monitoring system based on NS-GFP transgene expression 査読

    Mohamed A. E. Ali, Kyoko Fuse, Yuko Tadokoro, Takayuki Hoshii, Masaya Ueno, Masahiko Kobayashi, Naho Nomura, Ha Thi Vu, Hui Peng, Ahmed M. Hegazy, Masayoshi Masuko, Hirohito Sone, Fumio Arai, Atsushi Tajima, Atsushi Hirao

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   11442   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Hematopoietic stem cells (HSCs) in a steady state can be efficiently purified by selecting for a combination of several cell surface markers; however, such markers do not consistently reflect HSC activity. In this study, we successfully enriched HSCs with a unique stemness-monitoring system using a transgenic mouse in which green florescence protein (GFP) is driven by the promoter/enhancer region of the nucleostemin (NS) gene. We found that the phenotypically defined long-term (LT)-HSC population exhibited the highest level of NS-GFP intensity, whereas NS-GFP intensity was strongly downregulated during differentiation in vitro and in vivo. Within the LT-HSC population, NS-GFPhigh cells exhibited significantly higher repopulating capacity than NS-GFPlow cells. Gene expression analysis revealed that nine genes, including Vwf and Cdkn1c (p57), are highly expressed in NS-GFPhigh cells and may represent a signature of HSCs, i.e., a stemness signature. When LT-HSCs suffered from remarkable stress, such as transplantation or irradiation, NS-GFP intensity was downregulated. Finally, we found that high levels of NS-GFP identified HSC-like cells even among CD34(+) cells, which have been considered progenitor cells without long-term reconstitution ability. Thus, high NS-GFP expression represents stem cell characteristics in hematopoietic cells, making this system useful for identifying previously uncharacterized HSCs.

    DOI: 10.1038/s41598-017-11909-3

    Web of Science

    researchmap

  • Unique clinical courses of transfusion-transmitted hepatitis E in patients with immunosuppression 査読

    Masahiro Satake, Keiji Matsubayashi, Yuji Hoshi, Rikizo Taira, Yasumi Furui, Norihiro Kokudo, Nobuhisa Akamatsu, Tomoharu Yoshizumi, Nobuhiro Ohkohchi, Hiroaki Okamoto, Masato Miyoshi, Akinori Tamura, Kyoko Fuse, Kenji Tadokoro

    TRANSFUSION   57 ( 2 )   280 - 288   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    BACKGROUND: The high prevalence of specific immunoglobulin G for hepatitis E virus (HEV) in Japanese people raises the possibility of a high incidence of HEV-viremic blood donors and therefore frequent transfusion-transmitted HEV (TT-HEV).
    STUDY DESIGN AND METHODS: TT-HEV cases established in Japan through hemovigilance and those published in the literature were collected. Infectivity of HEV-contaminated blood components and disease severity in relation to immunosuppression were investigated.
    RESULTS: Twenty established TT-HEV cases were recorded over the past 17 years. A lookback study verified that five of 10 patients transfused with known HEV-contaminated blood components acquired HEV infection. The minimal infectious dose of HEV through transfusion was 3.6 X 10(4) IU. Nine of the 19 TT-HEV cases analyzed had hematologic diseases. Only two cases showed the maximal alanine aminotransferase level of more than 1000 U/L. Two patients with hematologic malignancy and two liver transplant recipients had chronic liver injury of moderate severity.
    CONCLUSION: The infectivity of HEV-contaminated components was 50%.Immunosuppression likely causes the moderate illness of TT-HEV, but it may lead to the establishment of chronic sequelae. Transfusion recipients, a population that is variably immunosuppressed, are more vulnerable to chronic liver injury as a result of TT-HEV than the general population is as a result of food-borne infection.

    DOI: 10.1111/trf.13994

    Web of Science

    researchmap

  • 単一施設における末梢性T細胞リンパ腫、非特定型の後方視的解析 査読

    鈴木隆晴, 河本啓介, 田村秀, 上村駿, 海發茜, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 布施香子, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 成田美和子, 曽根博仁, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一, 瀧澤淳

    臨床血液   58 ( 8 )   905 - 911   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.905

    PubMed

    researchmap

  • Successful umbilical cord blood hematopoietic stem cell transplantation in a patient with adult T-cell leukemia/lymphoma initially achieving complete remission with anti-CC chemokine receptor 4 antibody combined chemotherapy. 査読

    Suwabe T, Shibasaki Y, Kaihatsu A, Katagiri T, Miyakoshi S, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M

    Rinsho Ketsueki.   58 ( 1 )   32 - 36   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.32

    PubMed

    researchmap

  • Myelodysplastic syndrome with refractory hemorrhage due to reduced platelet aggregation activity 査読

    Tanaka T, Kozakai T, Kitajima T, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Shibazaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Sone H, Fuse I, Masuko M

    Rinsho Ketsueki   58 ( 12 )   2402 - 2405   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>症例は75歳の女性。血液検査で貧血と末梢血に芽球を認められたため,当院を紹介受診した。骨髄穿刺で骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome with excess blasts 2, MDS-EB-2)と診断された。血球減少の進行や芽球の増加,および出血症状はなく経過していた。診断から10ヶ月後,左手母指球に外傷を負い,内出血が持続し,止血困難となったため緊急入院した。血小板数は正常範囲であったが,血小板機能検査でコラーゲン凝集能とアラキドン酸凝集能の低下を認められた。抗血小板薬の内服はなく,またこれまで出血傾向の既往もなかったことから,MDSによる2次性の血小板機能低下による出血と判断し,血小板輸血を行い止血した。MDSの患者では,潜在的に血小板凝集能が低下していることが多く,血小板数の割に出血傾向が強い場合には血小板凝集能を調べ,血小板輸血などの治療介入を検討する必要がある。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.2402

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2018121562

  • The association of level of reduction of Wilms' tumor gene 1 mRNA transcript in bone marrow and outcome in acute myeloid leukemia patients. 査読 国際誌

    Shibasaki Y, Seki Y, Tanaka T, Miyakoshi S, Fuse K, Kozakai T, Kobayashi H, Ushiki T, Abe T, Yano T, Moriyama M, Kuroha T, Isahai N, Takizawa J, Narita M, Koyama S, Furukawa T, Sone H, Masuko M

    Leukemia research   39 ( 6 )   667 - 671   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.leukres.2015.03.021

    PubMed

    researchmap

  • Late Onset Post-Transfusion Hepatitis E Developing during Chemotherapy for Acute Promyelocytic Leukemia 査読

    Kyoko Fuse, Yuichi Matsuyama, Masato Moriyama, Shukuko Miyakoshi, Yasuhiko Shibasaki, Jun Takizawa, Tatsuo Furukawa, Ichiro Fuse, Hiro Matsumura, Shigeharu Uchida, Yoshifumi Takahashi, Kenya Kamimura, Hiroyuki Abe, Takeshi Suda, Yutaka Aoyagi, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    INTERNAL MEDICINE   54 ( 6 )   657 - 661   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report the case of a leukemia patient who developed hepatitis E seven months after undergoing a transfusion with contaminated blood products. The latency period in this case was significantly longer than that of typical hepatitis E. Recently, chronic infection with hepatitis E virus (HEV) genotype 3 has been reported in immunocompromised patients. There is a possibility that our patient was unable to eliminate the virus due to immunosuppression following chemotherapy and the administration of steroids. The prevalence of HEV in healthy Japanese individuals is relatively high and constitutes a critical source of infection via transfusion. Hepatitis E is an important post-transfusion infection, and immunocompromised patients may exhibit a long latency period before developing the disease.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.2332

    Web of Science

    researchmap

  • Log Reduction Levels of WT1 mRNA Expression in BM after Chemotherapies Are Predictive Markers of Good Prognosis in AML Patients Achieved CR after Induction Therapy 査読

    Yasuhiko Shibasaki, Yoshinobu Seki, Tomoyuki Tanaka, Syukuko Miyakoshi, Kyoko Fuse, Takashi Kozakai, Hironori Kobayashi, Takashi Ushiki, Takashi Abe, Toshio Yano, Masato Moriyama, Takashi Kuroha, Noriatsu Isahai, Jun Takizawa, Miwako Narita, Satoru Koyama, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Association of a murine leukaemia stem cell gene signature based on nucleostemin promoter activity with prognosis of acute myeloid leukaemia in patients 査読

    Mohamed A. E. Ali, Kazuhito Naka, Akiyo Yoshida, Kyoko Fuse, Atsuo Kasada, Takayuki Hoshii, Yuko Tadokoro, Masaya Ueno, Kumiko Ohta, Masahiko Kobayashi, Chiaki Takahashi, Atsushi Hirao

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   450 ( 1 )   837 - 843   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Acute myeloid leukaemia (AML) is a heterogeneous neoplastic disorder in which a subset of cells function as leukaemia-initiating cells (LICs). In this study, we prospectively evaluated the leukaemia-initiating capacity of AML cells fractionated according to the expression of a nucleolar GTP binding protein, nucleostemin (NS). To monitor NS expression in living AML cells, we generated a mouse AML model in which green fluorescent protein (GFP) is expressed under the control of a region of the NS promoter (NS-GFP). In AML cells, NS-GFP levels were correlated with endogenous NS mRNA. AML cells with the highest expression of NS-GFP were very immature blast-like cells, efficiently formed leukaemia colonies in vitro, and exhibited the highest leukaemia-initiating capacity in vivo. Gene expression profiling analysis revealed that cell cycle regulators and nucleotide metabolism-related genes were highly enriched in a gene set associated with leukaemia-initiating capacity that we termed the 'leukaemia stem cell gene signature'. This gene signature stratified human AML patients into distinct clusters that reflected prognosis, demonstrating that the mouse leukaemia stem cell gene signature is significantly associated with the malignant properties of human AML. Further analyses of gene regulation in leukaemia stem cells could provide novel insights into diagnostic and therapeutic approaches to AML. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.06.066

    Web of Science

    researchmap

  • Manifestations of Fulminant CD8 T-cell Post-transplant Lymphoproliferative Disorder Following the Administration of Rituximab for Lymphadenopathy with a High Level of Epstein-Barr Virus (EBV) Replication after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Tomoyuki Tanaka, Jun Takizawa, Shukuko Miyakoshi, Takashi Kozakai, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Masato Moriyama, Koichi Ohshima, Ken Toba, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    INTERNAL MEDICINE   53 ( 18 )   2115 - 2119   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report the case of a 22-year-old woman with severe aplastic anemia who underwent allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HSCT). After HSCT, the Epstein-Barr virus (EBV)-DNA load in the peripheral blood gradually increased, and the patient presented with a fever and lymphadenopathy on day 56 post-HSCT. Although we administered rituximab, her clinical condition worsened. After rituximab treatment, CD8 T-cells emerged and became dominant in the peripheral blood, some of which were positive on an EBV-specific tetramer analysis. However, an open biopsy of the lymphadenopathy lesions revealed the CD8 T-cells to be infected with EBV, exhibiting proliferation with oligoclonality. The patient ultimately died of multiple organ failure on day 99 post-HSCT.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.53.2384

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Successful treatment of severe newly diagnosed immune thrombocytopenia involving an alveolar hemorrhage with combination therapy consisting of romiplostim, rituximab and vincristine. 査読

    Okazuka K, Masuko M, Matsuo Y, Miyakoshi S, Tanaka T, Kozakai T, Kobayashi H, Fuse K, Shibasaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Fuse I, Toba K, Furukawa T

    Intern Med   52 ( 11 )   1239 - 1242   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Internal Medicine  

    A 51-year-old man was admitted due to a severe bleeding tendency. After he was diagnosed with immune thrombocytopenia (ITP), several therapies, including steroids, steroid pulse, vincristine and rituximab, were administered; however, the patient's bleeding symptoms were not sufficiently controllable with these treatments. Subsequently, a diffuse alveolar hemorrhage was observed. Treatment with a thrombopoietin receptor agonist, romiplostim, was initiated to prevent lethal hemorrhaging, although the efficacy of thrombopoietic receptor agonists in such emergency situations has not been elucidated. The initiation of romiplostim achieved prompt remission in platelets. This case suggests that combination therapy with romiplostim, rituximab and vincristine is effective in cases of newly diagnosed severe therapy-resistant ITP.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.52.0080

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014315593

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • わかりやすい疾患と処方薬の解説 病態・薬物治療編 改訂版

    布施香子, 増子正義( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第10章 移植片対宿主病(GVHD).)

    アークメディア  2022年 

     詳細を見る

  • わかりやすい疾患と処方薬の解説 病態・薬物治療編

    布施香子, 増子正義( 担当: 共著 ,  範囲: 第10章 移植片対宿主病(GVHD).)

    アークメディア  2018年 

     詳細を見る

  • 染色体再構成による白血病発症機序:概論. 日本臨床増刊号 白血病学(上)

    布施香子, 増子正義( 担当: 共著)

    (株)日本臨牀社  2016年 

     詳細を見る

MISC

  • 急性骨髄性白血病非寛解期における臍帯血移植とハプロ移植の比較

    松田健佑, 小沼貴晶, 布施香子, 増子正義, 河村浩二, 平山雅浩, 内田直之, 池亀和博, 和氣敦, 衛藤徹也, 土岐典子, 宮腰重三郎, 田中正嗣, 高橋聡, 鬼塚真仁, 加藤光次, 木村貴文, 一戸辰夫, 熱田由子, 諫田淳也, 柳田正光

    日本造血・免疫細胞療法学会総会プログラム・抄録集   44th   2022年

     詳細を見る

  • 単一施設におけるATGとPTCYを用いた半合致移植の臨床成績の比較

    米沢穂高, 柴崎康彦, 武田ルイ, 片桐隆幸, 布施香子, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   43rd   2021年

     詳細を見る

  • 2度の造血細胞移植後にMajor&minor-bcr/abl共発現cloneの出現を認めたAML

    本宮奈津子, 本宮奈津子, 片桐隆幸, 武田ルイ, 水戸部正樹, 米沢穂高, 諏訪部達也, 布施香子, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   43rd   2021年

     詳細を見る

  • Significance of Marker Chromosome on the Outcome of Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for AML

    Kyoko Fuse, Masayoshi Masuko, Shohei Mizuno, Kaito Harada, Naoyuki Uchida, Noriko Doki, Takahiro Fukuda, Masatsugu Tanaka, Yukiyasu Ozawa, Kazuhiro Ikegame, Tetsuya Eto, Yoshinobu Kanda, Tatsuo Ichinohe, Yoshiko Atsuta, Masamitsu Yanada

    BLOOD   136   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood-2020-138979

    Web of Science

    researchmap

  • Genetic Manipulation Resulting in Decreased Donor ChondroitinsulfateSynthesis Mitigates Gvhd Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation in a Murine Model

    Suguru Tamura, Takashi Ushiki, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Miwako Narita, Michihiro Igarashi, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   136   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood-2020-137448

    Web of Science

    researchmap

  • MDS-EB2に対し,ATG併用GVHD予防法を用いたHLAクラスI遺伝子型2座不適合非血縁者間骨髄移植を施行した1例

    米沢穂高, 柴崎康彦, 笠見卓哉, 鈴木隆晴, 田村秀, 河本啓介, 布施香子, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   42nd   2020年

     詳細を見る

  • HLA一致urBMT後生着不全に対しHLA1座不一致rPBSCTを行うも生着不全を来したMDSの一例

    笠見卓哉, 柴崎康彦, 米沢穂高, 田村秀, 鈴木隆晴, 河本啓介, 布施香子, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   42nd   2020年

     詳細を見る

  • MDS/AML-MRCは同種造血細胞移植における1次生着不全のリスク因子である

    田村秀, 柴崎康彦, 米沢穂高, 鈴木隆晴, 笠見卓哉, 河本啓介, 布施香子, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   42nd   2020年

     詳細を見る

  • 急性骨髄性白血病の移植成績に及ぼすマーカー染色体の意義

    布施香子, 増子正義, 内田直之, 土岐典子, 福田隆浩, 田中正嗣, 小澤幸泰, 池亀和博, 衛藤徹也, 神田善伸, 一戸辰夫, 熱田由子, 柳田正光

    日本血液学会学術集会抄録(Web)   82nd   2020年

     詳細を見る

  • 機能的なWT1特異的CD8陽性T細胞クローンは骨髄異形成症候群の骨髄内に集積する

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 佐藤廣幸, 田村秀, 片桐隆幸, 根本洋樹, 笠見卓哉, 小堺貴司, 難波亜矢子, 北嶋俊樹, 布施香子, 牛木隆志, 曽根博仁, 成田美和子, 増子正義

    日本血液学会学術集会抄録(Web)   82nd   2020年

     詳細を見る

  • FOXOs下流因子を対象とした白血病幹細胞の分化誘導法の開発

    倉吉健太, 上野将也, 高瀬雄介, 布施香子, 太田久美子, 田所優子, 平尾敦

    日本血液学会学術集会抄録(Web)   82nd   2020年

     詳細を見る

  • 骨髄異形成症候群と低悪性度B細胞リンパ腫を合併し、多彩な合併症を呈した1例

    海發 茜, 小堺 貴司, 田村 秀, 片桐 隆幸, 河本 啓介, 難波 亜矢子, 布施 香子, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   60 ( 10 )   1503 - 1503   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • Hodgkin lymphomaとAnaplastic large cell lymphomaの鑑別が困難であった巨大縦隔腫瘤を呈した1例

    河本 啓介, 鈴木 隆晴, 海發 茜, 田村 秀, 片桐 隆之, 難波 亜矢子, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 三好 寛明, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    日本リンパ網内系学会会誌   59   133 - 133   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • 非寛解期末梢血幹細胞移植後に通常量5‐AZA療法を施行し,寛解を維持しているEVI‐1陽性AMLの一例

    田村秀, 柴崎康彦, 上村駿, 笠見卓哉, 海發茜, 今西明, 片桐隆幸, 難波亜矢子, 河本啓介, 牛木隆志, 布施香子, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   41st   296   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3度目の同種造血細胞移植後ポナチニブ維持療法を行い,寛解を維持している再発・難治Ph陽性ALL

    海發茜, 柴崎康彦, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 田村秀, 片桐隆幸, 河本啓介, 難波亜矢子, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   41st   173   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植後に再発した急性白血病の全生存とTRMの予後因子の検討

    布施香子, 諏訪部達也, 片桐隆幸, 柴崎康彦, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   41st   2019年

     詳細を見る

  • 同種造血細胞移植前のCT断面像による大腰筋面積測定は予後予測に有用である

    小林健太, 柴崎康彦, 柴崎康彦, 布施香子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   41st   2019年

     詳細を見る

  • ATRA・ATO併用療法により寛解を維持している再発性治療関連急性前骨髄白血病の1例

    前田 愁一郎, 布施 香子, 諏訪部 達也, 笠見 卓哉, 河本 啓介, 田中 智之, 難波 亜矢子, 小林 弘典, 柴崎 康彦, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 11 )   2496 - 2496   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工知能を用いて患者の病態に合わせた最も効果的な同種造血細胞移植法を選択する試み

    布施 香子, 柴崎 康彦, 古川 達雄, 曽根 博仁, 増子 正義

    新潟県医師会報   ( 824 )   9 - 10   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    researchmap

  • Marker Chromosomes Are a New Cytogenetic Adverse Risk Factor in AML after Allo-HCT

    Kyoko Fuse, Tomoyuki Tanaka, Shun Uemura, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Takashi Ushiki, Yasuhiko Shibasaki, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Kuroha, Shigeo Hashimoto, Tastuo Furukawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   132   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-113251

    Web of Science

    researchmap

  • Distinct Effects of Chondroitin Sulfate on Hematopoietic Cells and the Stromal Microenvironment in Bone Marrow Hematopoiesis

    Takayuki Katagiri, Takashi Ushiki, Asami Kawasaki, Shun Uemura, Tatsuya Suwabe, Tomoyuki Tanaka, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Hirohito Sone, Michihiro Igarashi, Masayoshi Masuko

    BLOOD   132   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-115796

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical Features and Risk Factors of Post-Engraftment Bloodstream Infection in Allogeneic HCT

    Tatsuya Suwabe, Kyoko Fuse, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Takashi Ushiki, Yasuhiko Shibasaki, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   132   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-115844

    Web of Science

    researchmap

  • 寛解期急性白血病に対する同種移植のドナーソース別入院費の比較(Hospitalization costs of allo-HCT among donor sources for acute leukemia in complete remission)

    難波 亜矢子, 柴崎 康彦, 上村 駿, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 田中 智之, 布施 香子, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 9 )   1680 - 1680   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植における強化口腔ケアは生着後の血流感染を減少させる(Intensive oral care can reduce blood stream infection post neutrophil engraftment in allogeneic HCT)

    諏訪部 達也, 布施 香子, 勝良 剛詞, 田中 恵子, 片桐 隆幸, 田中 智之, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 9 )   1536 - 1536   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 単一施設におけるATGとPTCYを用いた半合致移植の後方視解析(Clinical analysis of haploidentical transplantation using ATG and PTCY in single institute)

    田中 智之, 上村 駿, 海發 茜, 田村 秀, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 河本 啓介, 布施 香子, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 9 )   1678 - 1678   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 濾胞性リンパ腫初回診断時におけるアグレッシブリンパ腫への形質転換予測(MYC copy number predicts histologic transformation of follicular lymphoma to aggressive lymphoma)

    桐生 真依子, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田村 秀, 上村 駿, 海發 茜, 諏訪部 達也, 今西 明, 笠見 卓哉, 根本 洋樹, 片桐 隆幸, 田中 智之, 難波 亜矢子, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 三好 寛明, 瀬戸 加大, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   59 ( 9 )   1593 - 1593   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 寛解期急性白血病に対する同種移植のドナーソース別入院費の比較(Hospitalization costs of allo-HCT among donor sources for acute leukemia in complete remission)

    難波 亜矢子, 柴崎 康彦, 上村 駿, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 田中 智之, 布施 香子, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 9 )   1680 - 1680   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 濾胞性リンパ腫初回診断時におけるアグレッシブリンパ腫への形質転換予測(MYC copy number predicts histologic transformation of follicular lymphoma to aggressive lymphoma)

    桐生 真依子, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田村 秀, 上村 駿, 海發 茜, 諏訪部 達也, 今西 明, 笠見 卓哉, 根本 洋樹, 片桐 隆幸, 田中 智之, 難波 亜矢子, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 三好 寛明, 瀬戸 加大, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   59 ( 9 )   1593 - 1593   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 単一施設におけるATGとPTCYを用いた半合致移植の後方視解析(Clinical analysis of haploidentical transplantation using ATG and PTCY in single institute)

    田中 智之, 上村 駿, 海發 茜, 田村 秀, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 河本 啓介, 布施 香子, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   59 ( 9 )   1678 - 1678   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 子宮頸癌に対する化学療法中に早期発症した治療関連急性前骨髄球性白血病の1症例

    佐藤 未来, 松田 将門, 星山 良樹, 布施 香子, 南野 徹, 増子 正義

    日本検査血液学会雑誌   19 ( 学術集会 )   S149 - S149   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    researchmap

  • 子宮頸癌に対する化学療法中に早期発症した治療関連急性前骨髄球性白血病の1症例

    佐藤 未来, 松田 将門, 星山 良樹, 布施 香子, 南野 徹, 増子 正義

    日本検査血液学会雑誌   19 ( 学術集会 )   S149 - S149   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    researchmap

  • GDP療法がtriple-hit lymphomaの救援療法として有効であった1例

    水戸部 正樹, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田村 秀, 小堺 貴司, 難波 亜矢子, 諏訪部 達也, 笠見 卓哉, 田中 智之, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   59 ( 5 )   620 - 621   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • G-CSFを産生し初回治療中に再発したびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例

    笠見 卓哉, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田中 智之, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    日本リンパ網内系学会会誌   58   114 - 114   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • G-CSFを産生し初回治療中に再発したびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例

    笠見 卓哉, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田中 智之, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    日本リンパ網内系学会会誌   58   114 - 114   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • 多職種連携チーム医療が著効した食道慢性GVHDの一例

    難波亜矢子, 上村駿, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 河本啓介, 河本啓介, 田中智之, 小林弘典, 布施香子, 小師優子, 真柄仁, 高昌良, 冨永顕太郎, 橋本哲, 横山純二, 柴崎康彦, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   40th   305   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マーカー染色体が急性骨髄性白血病に対する同種造血細胞移植成績に与える影響

    田中智之, 布施香子, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 河本啓介, 河本啓介, 牛木隆志, 森山雅人, 柴崎康彦, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   40th   239   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血小板凝集能低下により止血が困難であった骨髄異形成症候群

    田中 智之, 小堺 貴司, 北嶋 俊樹, 布施 香子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 曽根 博仁, 布施 一郎, 増子 正義

    臨床血液   58 ( 12 )   2402 - 2405   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    症例は75歳の女性。血液検査で貧血と末梢血に芽球を認められたため、当院を紹介受診した。骨髄穿刺で骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome with excess blasts 2, MDS-EB-2)と診断された。血球減少の進行や芽球の増加、および出血症状はなく経過していた。診断から10ヵ月後、左手母指球に外傷を負い、内出血が持続し、止血困難となったため緊急入院した。血小板数は正常範囲であったが、血小板機能検査でコラーゲン凝集能とアラキドン酸凝集能の低下を認められた。抗血小板薬の内服はなく、またこれまで出血傾向の既往もなかったことから、MDSによる二次性の血小板機能低下による出血と判断し、血小板輸血を行い止血した。MDSの患者では、潜在的に血小板凝集能が低下していることが多く、血小板数の割に出血傾向が強い場合には血小板凝集能を調べ、血小板輸血などの治療介入を検討する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01540&link_issn=&doc_id=20180112380008&doc_link_id=130006308822&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130006308822&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Patient-Based Prediction Algorithm of Relapse after Allo-HSCT for Acute Leukemia Using Machine Learning Approach

    Kyoko Fuse, Shun Uemura, Tatsuya Suwabe, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Takashi Ushiki, Yasuhiko Shibasaki, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Kuroha, Shigeo Hashimoto, Tastuo Furukawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   130   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    Web of Science

    researchmap

  • Further Prognostic Factors for Stratification of Patients in the High-Risk HCT-CI Group Undergoing Allogeneic HCT

    Yasuhiko Shibasaki, Tatsuya Suwabe, Shun Uemura, Takayuki Katagiri, Tomoyuki Tanaka, Takashi Ushiki, Kyoko Fuse, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   130   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    Web of Science

    researchmap

  • HLA半合致移植後AMLとして再発したB-ALLの1例

    小堺 貴司, 田村 秀, 布施 香子, 柴崎 康彦, 瀧澤 淳, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   58 ( 11 )   2270 - 2271   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 4 当科におけるMTX関連リンパ増殖性疾患の後方視的解析 (Ⅰ.一般演題, 第104回膠原病研究会)

    笠見 卓哉, 河本 啓介, 鈴木 隆晴, 田中 智之, 難波 亜矢子, 小林 弘典, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 瀧澤 淳

    新潟医学会雑誌   131 ( 10 )   618 - 618   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 臍帯血移植後にヒトパルボウイルスB19感染による自己免疫性溶血性貧血と赤芽球癆を発症した1例

    海發 茜, 柴崎 康彦, 上村 駿, 田村 秀, 小堺 貴司, 難波 亜矢子, 小林 弘典, 布施 香子, 牛木 隆志, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   58 ( 8 )   1078 - 1078   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 移植後長期フォローアップにおける再発の早期発見を目的とした末梢血STR法の有用性

    海發茜, 柴崎康彦, 中村岳史, 椎谷恵子, 和田玲子, 田村秀, 鈴木隆晴, 上村駿, 片桐隆幸, 根元洋樹, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   39th   252   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 樹木構造接近法を用いた急性白血病,骨髄異形成症候群に対する造血細胞移植後の予後因子の解析

    布施香子, 上村駿, 海發茜, 鈴木隆晴, 田村秀, 片桐隆幸, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   39th   247   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植において生着後早期の免疫再構築はドナーソースや移植法により異なる

    上村駿, 柴崎康彦, 片桐隆幸, 井藤ヒロミ, 海發茜, 田村秀, 鈴木隆晴, 根本洋樹, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   39th   237   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗CCR4抗体併用化学療法による寛解後の臍帯血移植が奏効した成人T細胞白血病リンパ腫

    諏訪部 達也, 柴崎 康彦, 海發 茜, 片桐 隆幸, 宮腰 淑子, 布施 香子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   58 ( 1 )   32 - 36   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    症例は成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)急性型の62歳男性。CHOP療法単独では治療抵抗性であったが,抗CCR4抗体mogamulizumab併用CHOP療法が奏効し寛解を得た。HLA一致血縁・非血縁ドナーが得られず,mogamulizumab最終投与後71日目に骨髄非破壊的前処置を用いた臍帯血移植を施行した。急性移植片対宿主病(GVHD)grade II(皮膚stage2)を発症したが,methylprednisolone投与により制御可能であり,移植後9ヵ月時点まで寛解を維持している。経過中,制御性T細胞(Treg)は著減したままの状態であった。同種造血幹細胞移植はATLLの根治的治療であるが,移植前にmogamulizumabを使用する際,Tregの減少による急性GVHDの発症頻度・重症度が増加する可能性が報告されている。寛解期移植を目指すためにmogamulizumabを使用せざるを得ない症例における至適なドナーソースや移植時期,GVHD予防法に関して,更なる症例の蓄積が望まれる。(著者抄録)

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.32

    PubMed

    researchmap

  • 破壊性甲状腺炎をともなったMYC転座陽性甲状腺悪性リンパ腫の1例

    山田 貴穂, 布施 香子, 柴崎 康彦, 河本 啓介, 羽入 修, 瀧澤 淳, 大島 孝一, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 3 )   635 - 635   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 機械学習を用いた急性白血病における造血幹細胞移植後の患者ベースの再発予測モデルと個別化治療への応用

    布施香子, 上村駿, 諏訪部達也, 片桐隆幸, 笠見卓哉, 田中智之, 難波亜矢子, 牛木隆志, 柴崎康彦, 柴崎康彦, 佐藤直子, 矢野敏雄, 黒羽高志, 橋本誠雄, 古川達雄, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   40th   2017年

     詳細を見る

  • Evaluation of Liver Iron Deposition in Transfusion-Dependent Patients By Dual-Energy CT

    Hironori Kobayashi, Norihiko Yoshimura, Takayuki Katagiri, Takashi Ushiki, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   128 ( 22 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood.V128.22.3619.3619

    Web of Science

    researchmap

  • The Predictive Factors of Favorable Prognosis after Allo-HSCT for Refractory Acute Leukemia

    Kyoko Fuse, Takayuki Katagiri, Yasuhiko Shibasaki, Tomoyuki Tanaka, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko, Tatsuo Furukawa, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Kuroha, Shigeo Hashimoto, Takashi Ushiki

    BLOOD   128 ( 22 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    0

    DOI: 10.1182/blood.V128.22.2297.2297

    Web of Science

    researchmap

  • 多発血栓を来したTAFRO症候群の1例

    上村 駿, 小林 弘典, 田村 秀, 鈴木 隆晴, 海發 茜, 河本 啓介, 笠見 卓哉, 根本 洋樹, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   57 ( 11 )   2423 - 2423   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • HLA半合致移植を施行した最重症再生不良性貧血の1例

    宮腰 淑子, 柴崎 康彦, 諏訪部 達也, 片桐 隆幸, 小林 弘典, 布施 香子, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   57 ( 11 )   2416 - 2416   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 当科におけるPTCL、NOS 28例の臨床病理学的解析

    鈴木 隆晴, 田村 秀, 上村 俊, 海發 茜, 河本 啓介, 根本 洋樹, 小林 弘典, 牛木 隆志, 布施 香子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 青木 定夫, 中村 直哉, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   57 ( 11 )   2426 - 2426   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 当科におけるPTCL、NOS 28例の臨床病理学的解析

    鈴木 隆晴, 田村 秀, 上村 俊, 海發 茜, 河本 啓介, 根本 洋樹, 小林 弘典, 牛木 隆志, 布施 香子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 青木 定夫, 中村 直哉, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   57 ( 11 )   2426 - 2426   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 多発血栓を来したTAFRO症候群の1例

    上村 駿, 小林 弘典, 田村 秀, 鈴木 隆晴, 海發 茜, 河本 啓介, 笠見 卓哉, 根本 洋樹, 布施 香子, 柴崎 康彦, 増子 正義, 曽根 博仁, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液   57 ( 11 )   2423 - 2423   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 当科におけるIVLBCL 14例の臨床病理学的検討

    諏訪部 達也, 河本 啓介, 片桐 隆幸, 宮腰 淑子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 布施 香子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 瀧澤 淳, 中村 直哉, 大島 孝一

    日本リンパ網内系学会会誌   56   92 - 92   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • 抗CCR4抗体併用化学療法により寛解が得られた後に、臍帯血移植を行ったATLLの1例

    諏訪部 達也, 柴崎 康彦, 片桐 隆幸, 宮腰 淑子, 布施 香子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液   57 ( 6 )   776 - 776   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • アルブミン,フェリチン,CRPを用いたBiomarker indexは,造血幹細胞移植前患者に対するHCT‐CIとは独立した予後予測因子である

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 宮腰淑子, 布施香子, 小林弘典, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   38th   221   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Combination of Low Rate of gamma delta T Cells and High Rate of Regulatory T Cells after Allogeneic Stem Cell Transplantation Is a Poor Prognostic Factor for Patients with Hematological Neoplasm

    Yasuhiko Shibasaki, Syukuko Miyakoshi, Takayuki Katagiri, Kyoko Fuse, Hironori Kobayashi, Takashi Ushiki, Masato Moriyama, Jun Takizawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD   126 ( 23 )   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植における血清蛋白と発熱・炎症反応との関連性の検討

    森山雅人, 柴崎康彦, 増子正義, 根本洋樹, 片桐隆幸, 笠見卓哉, 河本啓介, 田中智之, 宮腰淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 瀧澤淳, 曽根博仁, 西條康夫

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   37th   309   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 身近に潜むE型肝炎

    横尾 健, 高橋 祥史, 上村 顕也, 五十嵐 正人, 須田 剛士, 安住 基, 山本 幹, 土屋 淳紀, 青柳 豊, 石川 晶子, 田崎 正行, 中川 由紀, 齋藤 和英, 布施 香子, 増子 正義, 山崎 和秀

    新潟医学会雑誌   128 ( 9 )   478 - 479   2014年9月

  • 同種造血幹細胞移植における血清蛋白と発熱・炎症所見との関連性の検討

    松本瑛生, 森山雅人, 平安座依子, 田中智之, 宮腰淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 布施香子, 柴崎康彦, 増子正義, 瀧澤淳, 古川達雄, 曽根博仁, 西條康夫

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   36th   360   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再発後の再移植後の汎血球減少期にgrade4の重症心不全を併発するも救命しえた急性骨髄性白血病

    宮腰淑子, 柴崎康彦, 布施香子, 森山雅人, 古川達雄, 勝海悟郎, 小田雅人, 渡部裕, 柏村健, 南野徹, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   36th   341   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遅延性に輸血後E型肝炎を発症した急性前骨髄球性白血病の1例

    高橋 祥史, 上村 顕也, 阿部 寛幸, 水野 研一, 竹内 学, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊, 布施 香子, 森山 雅人, 増子 正義, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   127 ( 10 )   568 - 568   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014161035

  • 輸血によるE型肝炎ウイルス(HEV)感染症例の一考察

    松山雄一, 古俣妙, 瀬下敏, 今田恒芳, 布施一郎, 布施香子, 森山雅人, 増子正義, 高橋祥史, 上村顕也, 須田剛士

    血液事業   36 ( 2 )   438   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹水を契機に発見されたTPLLの1例

    棚橋 怜生, 布施 香子, 田中 智之, 小堺 貴司, 森山 雅人, 増子 正義, 瀧澤 淳, 古川 達雄, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   127 ( 7 )   386 - 386   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014076248

  • 当科における悪性リンパ腫と合併する悪性腫瘍の後方視的検討

    宮腰 淑子, 瀧澤 淳, 田中 智之, 布施 香子, 小堺 貴司, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 曽根 博仁, 尾山 徳秀, 大島 孝一

    日本リンパ網内系学会会誌   53   113 - 113   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • Nelarabine/Fludarabine併用療法により寛解を得たT-PLLの一例

    布施 香子, 瀧澤 淳, 宮腰 淑子, 田中 智之, 小堺 貴司, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 曽根 博仁, 三好 寛明, 大島 孝一, 横濱 章彦

    日本リンパ網内系学会会誌   53   151 - 151   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • 治療後3ヵ月の血清IL-2R値はびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の長期予後を反映する

    田中 智之, 瀧澤 淳, 宮腰 淑子, 小堺 貴司, 布施 香子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 曽根 博仁, 尾山 徳秀, 大島 孝一

    日本リンパ網内系学会会誌   53   120 - 120   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リンパ網内系学会  

    researchmap

  • 骨髄破壊的前処置による同種造血幹細胞移植後早期の末梢血リンパ球数が予後に与える影響

    柴崎康彦, 増子正義, 森山雅人, 岡塚貴世志, 布施香子, 小堺貴司, 宮越淑子, 田中智之, 鳥羽健, 曽根博仁, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   35th   218   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Disease Risk Index(DRI)が造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植成績に与える影響

    田中智之, 増子正義, 小堺貴司, 布施香子, 柴崎康彦, 岡塚貴世志, 森山雅人, 宮腰淑子, 瀧澤淳, 鳥羽健, 曽根博仁, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   35th   212   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Correlation Between Imatinib Trough Concentration and Long-Term Tolerability in CML Patients

    Masayoshi Masuko, Tatsuo Furukawa, Toyoyuki Tanaka, Syukuko Miyakoshi, Takashi Kozakai, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Kazue Takai, Yoshinobu Seki, Masashi Kobayashi, Koichi Nagai, Hoyu Takahashi, Kenji Kishi, Miwako Narita, Masuhiro Takahashi, Tadashi Koike, Akira Shibata

    BLOOD   120 ( 21 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • 移植後早期より出現してGrade3以上の胸水・心嚢液貯留を認めた非血縁者間骨髄移植の一例

    布施香子, 森山雅人, 田中智之, 東村益孝, 増子正義, 鳥羽健, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   34th   302   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Hodgkin リンパ腫における血清IL‐2Rの意義

    宮腰淑子, 瀧澤淳, 田中智之, 布施香子, 東村益孝, 岡塚貴世志, 森山雅人, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    臨床血液   52 ( 9 )   1188   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 悪性リンパ腫WHO分類病型別の血清IL‐2R値

    田中智之, 瀧澤淳, 宮腰淑子, 布施香子, 東村益孝, 岡塚貴世志, 阿部崇, 森山雅人, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    臨床血液   52 ( 9 )   1280   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 6 直腸癌,ネフローゼ症候群に合併した,HHV-8陰性,HIV陰性のprimary effusion lymphoma(第46回新潟造血器腫瘍研究会)

    布施 香子, 古川 俊貴, 鈴木 訓充, 小林 理, 永井 孝一, 阿部 惇, 酒井 剛, 関谷 政雄

    新潟医学会雑誌   119 ( 5 )   318 - 319   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2005231477

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 2 度の造血細胞移植後に Major&minor-bcr/abl 共発現 clone の出現を認めた AML

    本宮奈津子, 片桐隆幸, 武田ルイ, 水戸部正樹, 米沢穂高, 諏訪部達也, 布施香子, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    第43回日本造血細胞移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 単一施設における ATG と PTCY を用いた半合致移植の臨床成績の比較

    米沢 穂高, 柴崎 康彦, 武田 ルイ, 片桐 隆幸, 布施 香子, 成田美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    第43回日本造血細胞移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 初回寛解導入不能期と再発後非寛解期における急性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植の比較

    布施 香子、武田 ルイ、水戸部正樹、米沢 穂高、諏訪部達也、片桐 隆幸、柴崎 康彦、曽根 博仁、増子 正義

    第43回日本造血細胞移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Genetic manipulation resulting in decreased donor chondroitin sulfate mitigates GVHD in mice

    田村秀、牛木隆志、諏訪部達也、片桐隆幸、布施香子、柴崎康彦、遠藤岳郎、五十嵐道弘、曽根博仁、増子正義

    第83回日本血液学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EASIX-1 year as the predictors in late non-relapse mortality after allogenic-HCT

    武田るい, 柴崎康彦, 本宮奈津子, 片桐隆幸, 布施香子, 曽根博仁, 増子正義

    2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 診断時WT1mRNA高発現は中間リスクAMLの予後良好因子である

    布施 香子、海發 茜、外山 夢乃、相良 文太、北嶋 俊樹、桃井 明仁、笠見 卓哉、根本 洋樹、片桐 隆幸、柴崎 康彦、古川 達雄、成田 美和子、曽根 博仁、増子 正義

    第83回日本血液学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Persistence and diversity of WT1-specific CTLs in a CML patient vaccinated WT1 peptide

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 田村秀, 片桐隆幸, 布施香子, 牛木隆志, 曽根博仁, 成田美和子, 増子正義

    第83回日本血液学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Post-transplant relapse of AML within one year is associated with a high mortality rate

    片桐隆幸, 本宮奈津子, 武田ルイ, 水戸部正樹, 米沢穂高, 諏訪部達也, 布施香子, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 曽根博仁, 増子正義

    第83回日本血液学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • イノツズマブによる再寛解導入に引き続いてブリナツモマブを投与し再移植できた B-ALL の 1 例

    米沢穂高、布施香子、片桐隆幸、柴崎康彦、瀧澤淳、曽根博仁、増子正義

    第15回 日本血液学会関東甲信越地方会  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Significance of Marker Chromosome on the Outcome of Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for AML

    the 62nd ASH Annual Meeting and Exposition  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Genetic Manipulation Resulting in Decreased Donor Chondroitin sulfate Synthesis Mitigates GVHD Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation in a Murine Model.

    Tamura S, Ushiki T, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Fuse K, Shibasaki Y, Narita M, Igarashi M, Sone H, Masuko M

    62nd ASH Annual Meeting and Exposition  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • FOXOs下流因子を対象とした白血病幹細胞の分化誘導法の開発.

    倉吉健太, 上野将也, 高瀬雄介, 布施香子, 太田久美子, 田所優子, 平尾敦

    第82回日本血液学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機能的なWT1特異的CD8陽性T細胞クローンは骨髄異形成症候群の骨髄内に集積する

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 佐藤廣幸, 田村秀, 片桐隆幸, 根本洋樹, 笠見卓哉, 小堺貴司, 難波亜矢子, 北嶋俊樹, 布施香子, 牛木隆志, 曽根博仁, 成田美和子, 増子正義

    第82回日本血液学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急性骨髄性白血病の移植成績に及ぼすマーカー染色体の意義.

    布施香子, 増子正義, 水野昌平, 原田介, 斗内田直之, 土岐典子, 福田隆浩, 田中正嗣, 小澤幸泰, 池亀和博, 衛藤徹也, 神田善伸, 一戸辰夫, 熱田由子, 柳田正光

    第82回日本血液学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Depletion of Pre-Transplant Skeletal Muscle Is Significant Poor Prognostic Factor in Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation.

    Shibasaki Y, Kobayashi K, Suwabe T, Fuse K, Narita M, Sone H, Masuko M

    61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition.  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • MARKER CHROMOSOME IS A STRONG POOR PROGNOSIS FACTOR AFTER ALLOGENEIC HSCT FOR AML PATIENTS.

    Fuse K, Tanaka T, Uemura S, Tamura S, Suwabe T, Katagiri T, Ushiki T, Shibasaki Y, Satou N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Furukawa T, Narita M, Sone H, Masuko M

    The 24th EHA (European Hematology Association) Congress  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • INTENSIVE ORAL CARE CAN REDUCE BLOOD STREAM INFECTION POST NEUTROPHIL ENGRAFTMENT IN ALLOGENEIC HSCT.

    Suwabe T, Fuse K, Katsura K, Tanaka K, Tamura S, Katairi T, Tanaka T, Ushiki T, Shibasaki Y, Narita M, Sone H, Masuko M

    The 24th EHA (European Hematology Association) Congress.  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Distinct Effects of Chondroitin Sulfate on Hematopoietic Cells and the Stromal Microenvironment in Bone Marrow Hematopoiesis 国際会議

    Takayuki Katagiri, Takashi Ushiki, Asami Kawasaki, Shun Uemura, Tatsuya Suwabe, Tomoyuki Tanaka, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Hirohito Sone, Michihiro Igarashi, Masayoshi Masuko

    60th Annual Meeting and Exposition  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Prediction of Acute Graft-Versus-Host Disease Following Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation Using a Machine Learning Algorithm 国際会議

    Yasuyuki Arai, Tadakazu Kondo, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Masayoshi Masuko, Junichi Sugita, Takanori Teshima, Naoyuki Uchida, Takahiro Fukuda, Kazuteru Ohashi, Yukiyasu Ozawa, Tatsuo Ichinohe, Yoshinobu Kanda, Yoshiko Atsuta

    60th Annual Meeting and Exposition  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植における強化口腔ケアは生着後の血流感染を減少させる

    諏訪部達也, 布施香子, 勝良剛詞, 片桐隆幸, 田中智之, 牛木隆志, 柴崎康彦, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第80回日本血液学会学術集会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ATRA・ATO併用療法により寛解を維持している再発性治療関連急性前骨髄白血病の1例

    前田愁一郎, 布施香子, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 河本啓介, 田中智之, 難波亜矢子, 小林弘典, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第9回日本血液学会関東甲信越地方会.  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マーカー染色体が急性骨髄性白血病に対する同種造血細胞移植成績に与える影響

    田中智之, 布施香子, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 河本啓介, 牛木隆志, 森山雅人, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第40回日本造血細胞移植学会  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械学習を用いた急性白血病における造血幹細胞移植後の患者ベースの再発予測モデルと個別化治療への応用.

    布施香子, 上村駿, 諏訪部達也, 片桐隆幸, 笠見卓哉, 田中智之, 難波亜矢子, 牛木隆志, 柴崎康彦, 佐藤直子, 矢野敏雄, 黒羽高志, 橋本誠雄, 古川達雄, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第40回日本造血細胞移植学会  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Further Prognostic Factors for Stratification of Patients in the High-Risk HCT-CI Group Undergoing Allogeneic HCT. 国際会議

    Shibasaki Y, Suwabe T, Uemura S, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Fuse K, Narita M, Sone H, Masuko M

    59th American Society of Hematology Annual Meeting  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Patient-Based Prediction Algorithm of Relapse after Allo-HSCT for Acute Leukemia Using Machine Learning Approach. 国際会議

    Fuse K, Uemura S, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Shibasaki Y, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Furukawa T, Narita M, Sone H, Masuko M

    59th American Society of Hematology Annual Meeting  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • TKI時代においてフィラデルフィア染色体陽性は移植後の予後不良因子ではない.

    上村駿, 布施香子, 片桐隆幸, 田中智之, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第79回日本血液学会総会.  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Unique profile of immune reconstruction after three types of HLA-mismatched allogeneic hematopoietic cell transplantations 国際会議

    Uemura S, Shibasaki Y, Katagiri T, Ito H, Tanaka T, Kobayashi H, Ushiki T, Fuse K, Narita M, Sone H, Masuko M

    The 8th JSH International Symposium  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 樹木構造接近法を用いた急性白血病、骨髄異形成症候群に対する造血細胞移植後の予後因子の解析.

    布施香子, 上村駿, 海發茜, 鈴木隆晴, 田村秀, 片桐隆幸, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第39回日本造血細胞移植学会総会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The Predictive Factors of Favorable Prognosis after Allo-HSCT for Refractory Acute Leukemia. 国際会議

    Fuse K, Katagiri T, Shibasaki Y, Tanaka T, Ushiki T, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Furukawa T, Narita M, Sone H, Masuko M

    58th American Society of Hematology Annual Meeting  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The predictive factors of favorable prognosis after allo-HSCT to refractory acute leukemia.

    布施香子, 柴崎康彦, 片桐隆幸, 小林弘典, 牛木隆志, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第76回日本血液学会総会.  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Successful AML-type therapy switched from pre-phase PSL for mixed phenotype acute leukemia T/M, NOS.

    上村駿, 布施香子, 柴崎康彦, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    第76回日本血液学会総会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非寛解期造血幹細胞移植後、アザシチジンによる維持療法を行った治療関連急性骨髄性白血病.

    松木晴香, 布施香子, 根本洋樹, 諏訪部達也, 宮越淑子, 小林弘典, 柴崎康彦, 増子正義, 瀧澤淳, 曽根博仁

    第137回日本内科学会信越地方会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Nelarabine/Fludarabine併用療法により寛解を得たT-PLLの一例.

    棚橋怜生, 布施香子, 瀧澤 淳, 宮腰淑子, 田中智之, 小堺貴司, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 横濱章彦, 三好寛明, 大島孝一

    第53回日本リンパ網内系学会総会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Clinical outcomes of relapsed acute leukemia after allogeneic hematopoietic transplantation.

    布施香子, 増子正義, 田中智之, 宮越淑子, 小堺貴司, 柴崎康彦, 岡塚貴世志, 森山雅人, 滝澤淳, 鳥羽健, 古川達雄, 曽根博仁

    第74回日本血液学会学術集会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 新潟県医師会学術研究助成金

    2018年10月   新潟県医師会   人工知能を用いて患者の病態に合わせた最も効果的な同種造血細胞移植法を選択する試み

    布施香子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 骨髄性造血器腫瘍患者におけるWT1特異的CD8陽性細胞障害性T細胞の獲得条件の検討

    2023年4月 - 2026年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    布施香子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植後の末梢血low-density neutrophilの経時変化

    2021年4月 - 2022年3月

    制度名:2021年度 日本血液学会研究助成事業

    提供機関:日本血液学会

    布施香子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 機械学習による急性白血病の経過予測モデルと診療・患者の意思決定補助ツールの開発

    研究課題/領域番号:19K16975

    2019年4月 - 2022年3月

    制度名:科学研究費助成事業 若手研究

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    布施 香子

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

 

社会貢献活動

  • 日本骨髄バンク調整医師

     詳細を見る