2023/02/05 更新

写真a

ヤスダ ヒデノリ
安田 英紀
YASUDA Hidenori
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 腎研究センター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(獣医学) ( 2017年3月   日本獣医生命科学大学 )

研究キーワード

  • 腎臓病学

研究分野

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 腎研究センター   助教

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 地域医療確保・地域医療課題解決支援講座   助教

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 腎研究センター   助教

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 腎研究センター   助教

    2017年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本腎臓学会

    2018年 - 現在

      詳細を見る

取得資格

  • 獣医師

 

論文

  • Th17 Cells Participate in Thy1.1 Glomerulonephritis Which Is Ameliorated by Tacrolimus. 査読 国際誌

    Syuhei Watanabe, Ying Zhang, Yoshiyasu Fukusumi, Hidenori Yasuda, Akira Takada, Junichiro J Kazama, Hiroshi Kawachi

    American journal of nephrology   53 ( 5 )   1 - 9   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Thy1.1 glomerulonephritis (Thy1.1 GN) in rats is widely used as an experimental model of mesangial proliferative glomerulonephritis (GN). We previously reported that T-helper (Th) cells were accumulated in glomeruli from the early phase of this model and that not Th2 cells but Th1 cells play an important role in the development of glomerular alterations. Although Th17 is reported to be involved in the pathogenesis of several autoimmune diseases, the role of Th17 cells in the pathogenesis of mesangial alterations in Thy1.1 GN remains unclear. METHODS: The kinetics of the infiltration of subsets of Th cells and the expression of IL-17 in Thy1.1 GN were analyzed. Next, the localization and the cell types of IL-17 receptor (IL-17R)-positive cells and IL-6-positive cells were analyzed. Then, the effect of tacrolimus on the expressions of Th17-related cytokines in Thy1.1 GN was analyzed. RESULTS: Not only Th1 cells but also Th17 cells were recruited into glomeruli from the early phase of the disease. mRNA expression of IL-17 in glomeruli was elevated. The increased positive expression of IL-17R was detected in the mesangial area, and some of IL-17R-positive cells were co-stained with IL-6. Tacrolimus treatment ameliorated mesangial alterations by suppressing the expressions of Th17-related cytokines such as IL-17 and IL-6. CONCLUSION: Th17 cells participate in the development of Thy1.1 GN, a mimic of mesangial proliferative GN, and Th17 cells and their related cytokines are pertinent therapeutic targets.

    DOI: 10.1159/000524111

    PubMed

    researchmap

  • Tacrolimus ameliorates podocyte injury by restoring FK506 binding protein 12 (FKBP12) at actin cytoskeleton 査読 国際誌

    Hidenori Yasuda, Yoshiyasu Fukusumi, Veniamin Ivanov, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    The FASEB journal   35 ( 11 )   e21983   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    FKBP12 was identified as a binding protein of tacrolimus (Tac). Tac binds to FKBP12 and exhibits immunosuppressive effects in T cells. Although it is reported that Tac treatment directly ameliorates the dysfunction of the podocyte in nephrotic syndrome, the precise pharmacological mechanism of Tac is not well understood yet. It is also known that FKBP12 functions independently of Tac. However, the localization and the physiological function of FKBP12 are not well elucidated. In this study, we observed that FKBP12 is highly expressed in glomeruli, and the FKBP12 in glomeruli is restricted in podocytes. FKBP12 in cultured podocytes was expressed along the actin cytoskeleton and associated with filamentous actin (F-actin). FKBP12 interacted with the actin-associated proteins 14-3-3 and synaptopodin. RNA silencing for FKBP12 reduced 14-3-3 expression, F-actin staining, and process formation in cultured podocytes. FKBP12 expression was decreased in the nephrotic model caused by adriamycin (ADR) and the cultured podocyte treated with ADR. The process formation was deteriorated in the podocytes treated with ADR. Tac treatment ameliorated these decreases. Tac treatment to the normal cells increased the expression of FKBP12 at F-actin in processes and enhanced process formation. Tac enhanced the interaction of FKBP12 with synaptopodin. These observations suggested that FKBP12 at actin cytoskeleton participates in the maintenance of processes, and Tac treatment ameliorates podocyte injury by restoring FKBP12 at actin cytoskeleton.

    DOI: 10.1096/fj.202101052R

    PubMed

    researchmap

  • Synbindin Downregulation Participates in Slit Diaphragm Dysfunction 査読 国際誌

    Veniamin Ivanov, Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Hidenori Yasuda, Meiko Kitazawa, Hiroshi Kawachi

    American Journal of Nephrology   1 - 10   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:S. Karger AG  

    <b><i>Introduction:</i></b> Synbindin, originally identified as a neuronal cytoplasmic molecule, was found in glomeruli. The cDNA subtractive hybridization technique showed the mRNA expression of synbindin in glomeruli was downregulated in puromycin aminonucleoside (PAN) nephropathy, a mimic of minimal-change nephrotic syndrome. <b><i>Methods:</i></b> The expression of synbindin in podocytes was analyzed in normal rats and 2 types of rat nephrotic models, anti-nephrin antibody-induced nephropathy, a pure slit diaphragm injury model, and PAN nephropathy, by immunohistochemical analysis and RT-PCR techniques. To elucidate the function of synbindin, a gene silencing study with human cultured podocytes was performed. <b><i>Results:</i></b> Synbindin was mainly expressed at the slit diaphragm area of glomerular epithelial cells (podocytes). In both nephrotic models, decreased mRNA expression and the altered staining of synbindin were already detected at the early phase when proteinuria and the altered staining of nephrin, a key molecule of slit diaphragm, were not detected yet. Synbindin staining was clearly reduced when severe proteinuria was observed. When the cultured podocytes were treated with siRNA for synbindin, the cell changed to a round shape, and filamentous actin structure was clearly altered. The expression of ephrin-B1, a transmembrane protein at slit diaphragm, was clearly lowered, and synaptic vesicle-associated protein 2B (SV2B) was upregulated in the synbindin knockdown cells. <b><i>Conclusion:</i></b> Synbindin participates in maintaining foot processes and slit diaphragm as a downstream molecule of SV2B-mediated vesicle transport. Synbindin downregulation participates in slit diaphragm dysfunction. Synbindin can be an early marker to detect podocyte injury.

    DOI: 10.1159/000517975

    researchmap

  • Nephrin–Ephrin-B1–Na+/H+ Exchanger Regulatory Factor 2–Ezrin–Actin Axis Is Critical in Podocyte Injury 査読 国際誌

    Yoshiyasu Fukusumi, Hidenori Yasuda, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    The American Journal of Pathology   191 ( 7 )   1209 - 1226   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2021.04.004

    researchmap

  • Progression of renal fibrosis in congenital CKD model rats with reduced number of nephrons 査読 国際誌

    Hidenori Yasuda, Yuki Tochigi, Kentaro Katayama, Hiroetsu Suzuki

    Experimental and Toxicologic Pathology   69 ( 5 )   245 - 258   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.etp.2017.01.007

    Web of Science

    researchmap

  • Critical roles of Astrin in the mitosis of immature rat Sertoli cells 査読 国際誌

    Yuki Tochigi, Yuka Iwasaki, Masanori Sano, Hidenori Yasuda, Kentaro Katayama, Hiroetsu Suzuki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   486 ( 4 )   958 - 964   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Male hypogonadism (hgn/hgn) rats show testicular hypoplasia accompanied by dysplastic development of seminiferous tubules due to loss-of-function mutation of the gene encoding Astrin, which is required for mitotic progression in the division cycle of HeLa cells. In the present study, we examined the cytological base leading to the decrease of Sertoli cells in hgn/hgn testes. In hgn/hgn testes on postnatal day 3, anti-phospho-histone H3 (Ser10) (pH3)-positive mitotic phase and TUNEL-positive apoptosis increased in GATA4-positive Sertoli cells. Isolated immature Sertoli cells from hgn/hgn testes showed increased pH3-assessed mitotic index accompanied by decreased 5-bromo-2'-deoxyuridine-incorporation and increased TUNEL-positive apoptosis, suggesting mitotic delay and cell death. In the visualization of mitotic progression by nocodazole (NOC)-mediated cell cycle arrest and subsequent release, hgn/hgn rat derived Sertoli cells failed to make the transition from prometaphase to metaphase, and the cells with micronuclei and TUNEL-positive cells gradually increased in a time-dependent manner. Western blot analysis detected approximate to 142 kDa protein expected as Astrin in extracts of +/+ and /hgn testes and cultured normal Sertoli cells but not in extracts of hgn/hgn testes. CLASP1 was detected in extracts of both normal and hgn/hgn testes, whereas it was localized in kinetochore of normal mitotic Sertoli cells but diffused in cytoplasm of hgn/hgn Sertoli cells. These results indicate that Astrin is required for normal mitotic progression in immature Sertoli cells and that the most severe type of testicullar dysplasia in hgn/hgn rats is caused by mitotic cell death of immature Sertoli cells due to lack of Astrin. (C) 2017 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.03.137

    Web of Science

    researchmap

  • Renal Function and Hematology in Rats with Congenital Renal Hypoplasia 査読 国際誌

    Hidenori Yasuda, Kohei Amakasu, Yuki Tochigi, Kentaro Katayama, Hiroetsu Suzuki

    COMPARATIVE MEDICINE   66 ( 1 )   10 - 20   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC LABORATORY ANIMAL SCIENCE  

    Renal hypoplasia due to a congenitally reduced number of nephrons progresses to chronic kidney disease and may cause renal anemia, given that the kidneys are a major source of erythropoietin in adults. Hypoplastic kidney (HPK) rats have only about 20% of the normal number of nephrons and develop CKD. This study assessed the renal function and hematologic changes in HPK rats from 70 to 210 d of age. HPK rats demonstrated deterioration of renal excretory function, slightly macrocytic erythropenia at all days examined, age-related increases in splenic hemosiderosis accompanied by a tendency toward increased hemolysis, normal plasma erythropoietin levels associated with increased hepatic and decreased renal erythropoietin production, and maintenance of the response for erythropoietin production to hypoxic conditions, with increased interstitial fibrosis at 140 d of age. These results indicate that increases in splenic hemosiderosis and the membrane fragility of RBC might be associated with erythropenia and that hepatic production of erythropoietin might contribute to maintaining the blood Hgb concentration in HPK rats.

    Web of Science

    researchmap

  • The microtubule-associated protein astrin transgenesis rescues spermatogenesis and renal function in hypogonadic (hgn/hgn) rats 査読 国際誌

    K. Katayama, H. Yasuda, Y. Tochigi, H. Suzuki

    ANDROLOGY   1 ( 2 )   301 - 307   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Male hypogonadic (hgn/hgn) rats show male sterility, reduced female fertility, progressive renal insufficiency and body growth retardation. These defects are associated with loss-of-function mutation of astrin and appear to be related to organ hypoplasia resulting from abnormal cell proliferation and increased cell death during embryonic and early postnatal development. As targeted disruption of mouse spag5 (astrin ortholog) has been reported to show no phenotype, we performed rescue experiments based on the introduction of rat astrin cDNA transgene into hgn/hgn rats to determine whether astrin is actually necessary for the establishment of normal male fertility and renal function. Astrin transgenic (Tg) rats were mated with hgn/+ rats of the HGN strain, and Tg-hgn/+ rats were then crossed to obtain Tg-hgn/hgn. Tg-hgn/hgn males showed recovery of body growth, fertility and renal function. Testis size was smaller in these transgenic animals than normal controls, but showed an increase by 16.5-fold compared with hgn/hgn males. Spermatogenesis occurred in Tg-hgn/hgn testes, and their accessory reproductive organs were of approximately normal size. hgn/hgn males show hypergonadotropic hypogonadism. Increased testosterone and decreased LH levels in Tg-hgn/hgn serum indicated the recovery of Leydig cells' function. Tg-hgn/hgn males showed normal reproductive behaviour, and their mating with Tg-hgn/hgn females produced pups in normal litter size. Their renal sizes and glomerular numbers showed complete recovery, and renal function assayed by biochemical parameters was normal. These results indicated that the transgene is functional in the testis and kidney development as well as body growth. In conclusion, astrin is necessary for the establishment of normal size (cell number) and function of the testis and kidney in rats.

    DOI: 10.1111/j.2047-2927.2012.00032.x

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 腎糸球体における14-3-3 isoformsの機能解析

    安田英紀, 福住好恭, 張瑩, 河内裕

    第65回日本腎臓学会学術総会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ephrin-B1はPar-6-Cdc42結合を阻害しTJ形成の抑制、スリット膜維持に働く

    福住好恭, 張瑩, 安田英紀, 河内裕

    第65回日本腎臓学会学術総会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FKBP12 interacts with 14-3-3 and synaptopodin to maintain actin cytoskeleton and processes in podocytes 国際会議

    Hidenori Yasuda, Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    ASN kidney week 2021  2021年11月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego, CA   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • Neurexin1α Containing Splice Site 4 Interacts with Nephrin and Contributes to Maintenance of the Integrity of Podocyte Slit Diaphragm 国際会議

    Yoshiyasu Fukusumi, Hidenori Yasuda, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    ASN kidney week 2021  2021年11月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • NHERF2はスリット膜の分⼦複合体とポドサイト頂部の分⼦複合体を連結し、ポドサイトの細胞⾻格を維持する

    福住好恭, 安田英紀, 張瑩, 河内裕

    第64回日本腎臓学会学術総会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FKBP12は14-3-3、Synaptopodinと結合し、ポドサイトのアクチン細胞骨格と細胞突起の維持に関与する

    安田英紀, 福住好恭, 張瑩, 河内裕

    第64回日本腎臓学会学術総会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スプライスサイト4を持つNeurexin1αバリアントはスリット膜構造の維持に重要な役割を果たす

    福住好恭, 安田英紀, 張瑩, 河内裕

    2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PDZ蛋白質NHERF2はEphrin-B1とEzrinを連結させ、スリット膜機能維持に重要な役割を果たす

    福住好恭, 安田英紀, 張瑩, 河内裕

    第63回日本腎臓学会学術総会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タクロリムスはアクチン細胞骨格のFKBP12を保持する事でポドサイト傷害を軽減する

    安田英紀, 福住好恭, 張瑩, 河内裕

    第63回日本腎臓学会学術総会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TLR3 activation contributes to pathogenesis of mesangial proliferative glomerulonephritis 国際会議

    Syuhei Watanabe, Hidenori Yasuda, Ying Zhang, Yoshiyasu Fukusumi, Jyunichiro Kazama, Hiroshi Kawachi

    ASN kidney week 2019  2019年11月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington, D.C.   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • Tacrolimus ameliorates podocyte injury by restoring FK506 binding protein 12 (FKBP12) at actin cytoskeleton in injured podocyte 国際会議

    Hidenori Yasuda, Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    ASN kidney week 2019  2019年11月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Washington, D.C.   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • NHERF2 interacts with Ephrin-B1 at the slit diaphragm: NHERF2 bridges podocalyxin and slit diaphragm components 国際会議

    Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Hidenori Yasuda, Hiroshi Kawachi

    ASN kidney week 2019  2019年11月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington, D.C.   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • 糸球体上皮細胞におけるJNKシグナルの役割 招待

    福住好恭, 張瑩, 安田英紀, 河内裕

    第92回 日本生化学学会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • メサンギウム増殖性腎炎におけるTh17細胞の関与について

    渡辺秀平, 安田英紀, 張瑩, 福住好恭, 河内裕

    第62回日本腎臓学会学術総会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    researchmap

  • NHERF2 interacts with cytoplasmic domain of Ephrin-B1 at the slit diaphragm of podocyte

    福住好恭, 張瑩, 安田英紀, 河内裕

    第62回日本腎臓学会学術総会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎糸球体におけるタクロリムス, シクロスポリンAの結合蛋白質の発現解析

    安田英紀, 福住好恭, 張瑩, 河内裕

    第62回日本腎臓学会学術総会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    researchmap

  • Identification of cytoplasmic proteins associated with Ephrin-B1 at the slit diaphragm of podocyte: PDZ proteins, Par6, Par3 and NHERF2 are associated with Ephrin-B1 国際会議

    Yoshiyasu Fukusumi, Sayuri Takamura, Ying Zhang, Hidenori Yasuda, Hiroshi Kawachi

    ASN Kidney Week 2018  2018年10月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA   国名:アメリカ合衆国  

    researchmap

  • FK506 binding protein 12 (FKBP12) is highly expressed in glomerular podocyte in kindey: FKBP12 in podocyte is co-localized with actin cytoskeleton and is re-distributed in injured podocytes 国際会議

    Hidenori Yasuda, Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Hiroshi Kawachi

    ASN Kidney Week 2018  2018年10月  American Society of Nephrology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA  

    researchmap

  • Nephrin-binding ehprin-B1 at slit diaphragm controls podocyte functions through JNK pathway

    福住好恭, 張瑩, 安田英紀, 河内裕

    第61回日本腎臓学会学術総会  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Interaction of the Par-complex with Ephrin-B1/Nephrin plays an essential role in podocyte

    高村紗由理, 福住好恭, 張瑩, 安田英紀, 成田一衛, 河内裕

    第61回日本腎臓学会学術総会  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポドサイト傷害モデルの糸球体におけるFKBP12発現

    安田英紀, 張瑩, 福住好恭, 河内裕

    第61回日本腎臓学会学術総会  2018年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Astrin欠損は後腎間葉系細胞のアポトーシスと増殖不良によって尿管芽との相互作用シグナルを減少させ、腎発生期における尿管芽の分岐を抑制する

    安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第39回日本分子生物学会年会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 腎低形成症ラットへのeverolimus投与による腎機能不全治療効果の検討

    門倉健太, 内海卓也, 安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第159回日本獣医学会学術集会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Astrin欠損ラット胎子からの後腎間葉系細胞の単離培養

    安田英紀, 門倉健太, 内海卓也, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第159回日本獣医学会学術集会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎低形成(HPK)に伴う慢性腎臓病に対するテストステロンの影響

    内海卓也, 門倉健太, 安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第159回日本獣医学会学術集会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後腎発生においてAstrin欠損は後腎間葉細胞の増殖低下とアポトーシスによってネフロン数を減少させる

    安田英紀, 内海卓也, 門倉健太, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第158回日本獣医学会学術集会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両側性腎低形成症ラットの雌において完全性周期が腎機能に与える影響

    原田奈美香, 安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第157回日本獣医学会学術集会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 先天的ネフロン数減少によるラット腎不全モデルの腎性貧血における潜在的造血能と血球破壊の評価

    安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第57回日本腎臓学会学術総会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The loss of Astrin suppresses ureteric bud branching in kidney development by apoptosis and decreased proliferation of metanephric mesenchyme.

    Hidenori Yasuda, Yuki Tochigi, Kentaro Katayama, Hiroetsu Suzuki

    47th Annual meeting of the Japanese Society of Developmental Biologsts (Co-sponsor: Asia-Pacific Developmental Biology Network)  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 両側性腎低形成症ラットにおける腎繊維症および糸球体肥大の免疫組織学的解析

    安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第154回日本獣医学会学術集会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎低形成症ラットの貧血傾向における血管外溶血と大球性変化

    安田英紀, 栃木裕貴, 片山健太郎, 鈴木勝士, 鈴木浩悦

    第152回日本獣医学会学術集会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腎低形成症ラットにおける腎機能不全と貧血傾向に関する調査

    安田英紀, 茂木巡太郎, 甘粕晃平, 片山健太郎, 鈴木浩悦

    第151回日本獣医学会学術集会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 優秀論文表彰

    2022年12月   新潟大学  

     詳細を見る

  • 第18回 氷川賞

    2020年11月   氷川フォーラム  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 腎糸球体上皮細胞におけるstratifinの機能の解明

    研究課題/領域番号:22K16235  2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    安田 英紀

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • Ephrin-ネフリン-NRX複合体の機能解析によるスリット膜安定化機構の解明

    研究課題/領域番号:22H03086  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    河内 裕, 成田 一衛, 金子 佳賢, 松井 克之, 葛谷 聡, 福住 好恭, 内許 玉楓, 安田 英紀

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    researchmap

  • 腎糸球体上皮細胞スリット膜におけるNeurexinの役割の解明

    研究課題/領域番号:20K08587  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    福住 好恭, 張 エイ, 安田 英紀, 河内 裕

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 脳腎連関:シナプス関連分子を標的とした新規蛋白尿抑制治療薬の開発

    研究課題/領域番号:19H03673  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    河内 裕, 葛谷 聡, 福住 好恭, 松井 克之, 張 エイ, 安田 英紀

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    researchmap

  • FKBP12の腎糸球体上皮細胞における機能の解明

    研究課題/領域番号:18K15996  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    安田 英紀

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    腎臓におけるFKBP12の発現と局在を明らかにするため、ラットの腎臓と単離糸球体、ヒトおよびマウスの培養ポドサイトを用いてRT-PCR法、Western blot法、免疫染色法による解析を行った。FKBP12は腎臓内では皮質、髄質に比べて単離糸球体で高い発現量を示した。FKBP12特異的な抗体を作製し、免疫染色によってFKBP12は腎臓では糸球体と一部の尿細管で発現する事を明らかにした。また、糸球体内の各細胞のマーカー分子とポドサイト関連分子群との二重染色によって、糸球体内でFKBP12はポドサイトに限局して発現し、ポドサイトの細胞質足突起に局在する事を明らかにした。更に、ヒトおよびマウスの培養ポドサイトにおいてFKBP12はアクチン細胞骨格に沿って発現する事を明らかにした。
    また、発達段階の糸球体の免疫染色から、糸球体形成期からFKBP12はNephrinと共局在し、ポドサイトに限局して発現する事を示した。
    次に、いくつかの実験的なネフローゼ症候群モデルの糸球体と傷害を誘導したヒト培養ポドサイトを用いて、同様にRT-PCR法、Western blot法、免疫染色法による解析を行った。糸球体におけるFKBP12発現はスリット膜特異的傷害モデルでは減少しないが、微小変化型ネフローゼ症候群 (MCNS) と巣状糸球体硬化症 (FSGS) モデルでは病態ピーク時に減少する事を明らかにした。更に、アドリアマイシン (ADR) 添加と無血清培養によって傷害されたヒト培養ポドサイトにおいてもアクチン細胞骨格に沿って発現するFKBP12が減少する事を明らかにした。
    これらの結果から、FKBP12は糸球体内ではポドサイトのアクチン細胞骨格近傍に強く発現し、ネフローゼ症候群の傷害されたポドサイトにおける細胞骨格の再構成にFKBP12発現の変化が関与している可能性を示した。

    researchmap

  • Astrin欠損ラットの腎臓病態におけるmTORC1の役割

    研究課題/領域番号:26450414  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    鈴木 浩悦, 安田 英紀, 栃木 裕貴, 片山 健太郎

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    微小管結合蛋白質AstrinはHeLa細胞で分裂期の進行に必要なだけでなく、間期ではmTORC1の活性化に必須のRaptorに結合し、mTORC1の活性化に影響を及ぼす。
    本研究ではAstrin欠損ラットを用いて、腎臓の発生と病態進行におけるAstrinの役割を調査した。Astrinはネフロン前駆間葉(MM)細胞で発現し、Astrin欠損のMM細胞は幹細胞性の異常、アポトーシスの亢進、mTORC1経路の活性化を示した。さらに、成熟後のAstrin欠損ラットで起こる腎線維化はmTORC1経路阻害剤の投与で改善した。本研究により腎臓の発生と病態進行でのAstrinとmTORC1の役割が示された。

    researchmap

▶ 全件表示