2022/12/01 更新

写真a

タニ ユウスケ
谷 優佑
TANI Yusuke
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 細胞機能 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2016年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 人体病理

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   臨床病理学分野   助教

    2017年10月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 細胞機能   助教

    2017年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 病理部   助教

    2017年7月 - 2017年9月

学歴

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科   分子・診断病理学

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部   医学科

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

所属学協会

取得資格

  • 病理専門医

  • 死体解剖資格

  • 医師

 

論文

  • 空洞形成を呈した直腸癌肺転移の1例 査読

    渡邊 明美, 福成 博幸, 水戸 正人, 林 哲二, 谷 優佑, 味岡 洋一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2080 - 2082   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は55歳、女性。多発肝転移を伴う直腸RS癌の穿孔による汎発性腹膜炎で緊急ハルトマン手術を施行した。術前の血液検査ではCEA高値を認めた。また、CTでは左肺尖部に2cm大の薄壁空洞病変を認め、敗血症性肺塞栓を疑った。集学的治療により全身状態は改善した。病理組織学的所見はadenocarcinoma(tub2)、T3N1M1、Stage IVの診断で化学療法を開始した。CEA値は徐々に低下し、術後4ヵ月には正常化した。CT上で多発肝転移巣は石灰化を認め、肺病変は著変なく経過した。有害事象により抗癌剤を変更しながら化学療法を継続した。術後1年5ヵ月の胸部CTで左肺空洞病変の壁肥厚と周囲にspiculaを認めた。血液検査ではCEA値は正常、SLXとNSEが軽度上昇を認め、血清アスペルギルス抗原陽性であった。気管支鏡検査では洗浄細胞診Class I、擦過細胞診Class IIIであった。直腸癌肺転移、原発性肺癌、アスペルギローマが疑われ、肺部分切除を施行した。病理組織学的所見は直腸癌肺転移の診断であった。初回手術から2年現在、化学療法継続中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600114&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F114%2F2080-2082%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F114%2F2080-2082%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 病変の広がり診断に苦慮した腋窩副乳原発浸潤性小葉癌の1例 査読

    大関 瑛, 利川 千絵, 諸 和樹, 長谷川 遥, 土田 純子, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 勝見 茉耶, 中島 順子, 阿部 達也, 谷 優佑, 坂田 純, 梅津 哉, 松田 健, 若井 俊文

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2044 - 2046   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は48歳、女性。左腋窩副乳原発の浸潤性小葉癌(invasive lobular carcinoma:ILC)と診断され、当科を受診した。MRI検査では49×43mm大のILC病変と乳管内進展を含む70mm大の広がりを認めた。手術は左腋窩部広範切除、左腋窩リンパ節郭清を施行し、上肢の可動域制限を避けるために広背筋皮弁で腋窩を再建した。病理組織学的検査では副乳原発ILC、浸潤径80×50mm、リンパ節転移陽性、切除検体の外下方の皮膚側断端で浸潤癌陽性であった。局在の特殊性およびILCの浸潤様式の特徴を考慮した画像診断と、外科治療戦略が必要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20210118600102&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F102%2F2044-2046%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2020%2F004713%2F102%2F2044-2046%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • EUS-FNAが術前診断に有用であった十二指腸Brunner腺過誤腫出血の1切除例 査読

    荒生 祥尚, 小林 正明, 池見 雅俊, 塩路 和彦, 清野 智, 阿部 寛幸, 岩城 孝和, 田口 貴博, 谷 優佑, 寺井 崇二

    Gastroenterological Endoscopy   62 ( 7 )   778 - 784   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    researchmap

  • A case of severe hepatotoxicity induced by cisplatin and 5-fluorouracil. 査読 国際誌

    Ayaka Yaegashi, Kensuke Yoshida, Naoto Suzuki, Izumi Shimada, Yusuke Tani, Yasuo Saijo, Akira Toyama

    International cancer conference journal   9 ( 1 )   24 - 27   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Severe hepatotoxicity from combination chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil is a rare adverse effect. In this case report, we present a case with severe hepatotoxicity immediately following chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil. This female patient had previously been treated with this combination with no hepatotoxicity. The elevated liver enzymes quickly normalized after chemotherapy was stopped. There were no specific changes in liver imaging. As hepatotoxicity occurred after repeated administration of cisplatin, we suggest that this hepatotoxicity might represent a case of allergic hepatitis caused by cisplatin. Severe hepatotoxicity should be watched for with repeated administration of cisplatin.

    DOI: 10.1007/s13691-019-00394-2

    PubMed

    researchmap

  • Rare Brain Metastasis From a Pancreatobiliary Subtype of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm. 査読 国際誌

    Yoshihisa Arao, Kenya Kamimura, Masatoshi Ikemi, Kazunao Hayashi, Masayuki Takaki, Shunsaku Takahashi, Satoshi Seino, Hiroyuki Abe, Shintaro Tsuboguchi, Yutaka Otsu, Kazuhiro Sanpei, Junji Kohisa, Shuhei Kondo, Yusuke Tani, Junko Ito, Yasuko Toyoshima, Akiyoshi Kakita, Yoichi Ajioka, Shuji Terai

    Pancreas   49 ( 1 )   e8-e11 - e11   2020年1月

     詳細を見る

  • Pulmonary tumor thrombotic microangiopathy of hepatocellular carcinoma: A case report and review of literature. 査読 国際誌

    Shinichi Morita, Kenya Kamimura, Hiroyuki Abe, Yukari Watanabe-Mori, Chiyumi Oda, Takamasa Kobayashi, Yoshihisa Arao, Yusuke Tani, Riuko Ohashi, Yoichi Ajioka, Shuji Terai

    World journal of gastroenterology   25 ( 48 )   6949 - 6958   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Pulmonary tumor thrombotic microangiopathy (PTTM) is a rare condition in patients with hepatocellular carcinoma (HCC); to date, few cases have been reported. While hepatic dysfunction has been focused on the later stages of HCC, the management of symptoms in PTTM is important for supportive care of the cases. For the better understanding of PTTM in HCC, the information of our recent case and reported cases have been summarized. CASE SUMMARY: A patient with HCC exhibited acute and severe respiratory failure. Radiography and computed tomography of the chest revealed the multiple metastatic tumors and a frosted glass-like shadow with no evidence of infectious pneumonia. We diagnosed his condition as acute respiratory distress syndrome caused by the lung metastases and involvement of the pulmonary vessels by tumor thrombus. Administration of prednisolone to alleviate the diffuse alveolar damages including edematous changes of alveolar wall caused by the tumor cell infiltration and ischemia showed mild improvement in his symptoms and imaging findings. An autopsy showed the typical pattern of PTTM in the lung with multiple metastases. CONCLUSION: PTTM is caused by tumor thrombi in the arteries and thickening of the pulmonary arterial endothelium leading to the symptoms of dyspnea in terminal staged patients. Therefore, supportive management of symptoms is necessary in the cases with PTTM and hence we believe that the information presented here is of great significance for the diagnosis and management of symptoms of PTTM with HCC.

    DOI: 10.3748/wjg.v25.i48.6949

    PubMed

    researchmap

  • 多発肺転移・肝転移を有した小腸絨毛癌の1例 査読

    渡邊 明美, 福成 博幸, 青木 真, 齋藤 稔史, 設楽 兼司, 林 哲二, 谷 優佑, 味岡 洋一

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2102 - 2104   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は73歳、男性。下血を主訴に近医にて精査を施行した。EGD・CSは異常所見なく、腹部USで小腸腫瘍が疑われ紹介となった。腹部CTで小腸腫瘍を2ヶ所に認め、活動性出血も疑われた。また、腸間膜内にリンパ節転移を疑う結節と多発する肺腫瘍、肝腫瘍を認めた。肺癌の小腸転移、肺内転移・肝転移を第一に考えた。小腸出血のコントロールのため、同日緊急手術を施行した。手術では2ヶ所の小腸腫瘍と、その腸間膜根部付近に2ヶ所リンパ節腫大を認め、小腸・腸間膜切除を施行した。病理組織学的結果はいずれも絨毛癌であった。術後に測定したβ-hCG値は15,000IU/L以上と高値、性腺などに明らかな原発巣はなく、原発巣不明の多発小腸絨毛癌、肺転移・肝転移・リンパ節転移と診断した。術後化学療法としてcisplatin(CDDP)+irinotecan(CPT-11)を施行し、β-hCG値は一時3,000IU/L台まで低下した。しかしβ-hCG値は再度上昇し、肝転移の増悪も認め化学療法をdocetaxel(DOC)+carboplatin(CBDCA)に変更した。肝転移は悪化し、肝不全・癌性腹膜炎の進行に伴い術後8ヵ月で死亡した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600104&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F104%2F2102-2104%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F104%2F2102-2104%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Fatal visceral disseminated varicella zoster infection during initial remission induction therapy in a patient with lupus nephritis and rheumatoid arthritis - Possible association with mycophenolate mofetil and high-dose glucocorticoid therapy: A case report 査読

    Masato Habuka, Yoko Wada, Yoichi Kurosawa, Suguru Yamamoto, Yusuke Tani, Riuko Ohashi, Yoichi Ajioka, Masaaki Nakano, Ichiei Narita

    BMC Research Notes   11 ( 1 )   165   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BioMed Central Ltd.  

    Background: Visceral disseminated varicella zoster viral (VZV) infection is a rare but severe complication with a high mortality rate in immunosuppressed individuals, and an increased susceptibility to VZV has been reported in kidney transplant recipients who are treated with mycophenolate mofetil (MMF). In Japan, MMF is currently approved for patients with lupus nephritis (LN) and data to indicate its optimal dosage are still insufficient. Case presentation: A 46-year-old Japanese woman with rheumatoid arthritis was diagnosed as having systemic lupus erythematosus (SLE) and LN class III (A/C). Although initial remission-induction therapy with prednisolone and tacrolimus was started, her serum creatinine level and urinary protein excretion were elevated. Methylprednisolone pulse therapy was added, and tacrolimus was switched to MMF. Two months after admission when she was taking 40 mg of PSL and 1500 mg of MMF daily, she suddenly developed upper abdominal pain and multiple skin blisters, and disseminated visceral VZV infection was diagnosed. Laboratory examinations demonstrated rapid exacerbation of severe acute liver failure and coagulation abnormalities despite immediate multidisciplinary treatment, and she died of hemorrhagic shock 7 days after the onset of abdominal pain. A serum sample collected at the time of admission revealed that she had recursive VZV infection. Conclusions: MMF together with high-dose glucocorticoid therapy may increase the risk of VZV infection in Asian patients with SLE. Accumulation of evidence for parameters of safety, such as the area under the blood concentration-time curve of mycophenolic acid, should be urgently considered in order to establish a safer protocol for remission induction therapy in Asian patients with LN.

    DOI: 10.1186/s13104-018-3271-3

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Intestinal metaplasia in Barrett's oesophagus may be an epiphenomenon rather than a preneoplastic condition, and CDX2-positive cardiac-type epithelium is associated with minute Barrett's tumour 査読

    Gen Watanabe, Yoichi Ajioka, Manabu Takeuchi, Alexey Annenkov, Takashi Kato, Kaori Watanabe, Yusuke Tani, Kikuo Ikegami, Yoko Yokota, Mutsumi Fukuda

    HISTOPATHOLOGY   66 ( 2 )   201 - 214   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    AimsAlthough intestinal-type epithelium in Barrett's oesophagus has been traditionally recognized as having a distinct malignant potential, whether this also holds true for cardiac-type epithelium remains controversial. The aim of this study was to identify a type of epithelium that is highly associated with Barrett's tumour.
    Methods and resultsWe analysed tumours and the corresponding background mucosa with special regard to tumour size in 40 cases of superficial Barrett's tumour by using immunohistochemical staining for CDX2, CD10, MUC2, MUC5AC, and MUC6. Intestinal metaplasia in tumour-adjacent mucosa was not associated with tumour size, but was significantly correlated with the extent of Barrett's oesophagus (P<0.001). The majority (69.2%, 9/13) of small tumours (10mm) had no intestinal metaplasia in adjacent non-neoplastic mucosae. Minute (5mm) tumours were significantly associated with a gastric immunophenotype (P<0.001). Purely gastric-immunophenotype tumour cells expressed CDX2, and cardiac-type epithelium adjacent to small tumours also showed low-level CDX2 expression.
    ConclusionsOur data suggest that intestinal metaplasia in Barrett's oesophagus is an epiphenomenon rather than a preneoplastic condition, and that CDX2-positive cardiac-type epithelium is highly associated with minute Barrett's tumour. Further prospective studies are needed to evaluate the risk of malignancy of cardiac-type epithelium with regard to sub-morphological intestinalization.

    DOI: 10.1111/his.12486

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 大腸癌

    八尾隆史, 菅井有( 範囲: 第2部 組織型と鑑別診断 II. 悪性上皮性腫瘍 1. 腺癌 「3. 粘液癌」)

    文光堂  2021年4月  ( ISBN:9784830622588

     詳細を見る

    総ページ数:293p   担当ページ:66-70   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • 潰瘍性大腸炎関連dysplasiaおよび散発性腺腫におけるAMACR発現(AMACR expression in ulcerative colitis associated dysplasia and sporadic adenoma)

    アンネンコフ・アレクセイ, グリツン・タチアナ, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑

    日本病理学会会誌   109 ( 2 )   96 - 96   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 腫瘍 大腸腫瘍 悪性腫瘍 大腸未分化型癌(低分化・印環細胞・粘液癌)

    谷 優佑, 味岡 洋一, 杉野 英明

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群IV )   71 - 75   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • Serrated neoplasia pathwayにおけるSOX2発現の検討

    高村 佳緒里, 味岡 洋一, 阿部 達也, 大橋 瑠子, 谷 優佑, 近藤 修平, 田口 貴博, 佐藤 航, グリツン・タチアナ, 西川 直人

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   326 - 326   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の炎症性発癌早期病変におけるSOX2発現

    渡邉 佳緒里, 味岡 洋一, 大橋 瑠子, 谷 優佑, 渡邉 玄

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   242 - 242   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 【消化管疾患の分類2019-使い方,使われ方】小腸・大腸 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎に出現する異型上皮の厚労省研究班分類

    味岡 洋一, 谷 優佑

    胃と腸   54 ( 5 )   714 - 715   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • 原発性小腸進行癌の臨床病理学的特徴と粘液形質について

    近藤 修平, Aye Pa Pa Tun, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博, 佐藤 航

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   322 - 322   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 多臓器転移と肺癌性リンパ管症を来した6mm大の胃原発小絨毛癌の1剖検例

    谷 優佑, 味岡 洋一, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 高村 佳緒里, 杉野 英明, 阿部 達也, 近藤 修平, 田口 貴博, 佐藤 航

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   367 - 367   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 出血を来したBrunner腺過形成の1切除例

    池見 雅俊, 荒生 祥尚, 塩路 和彦, 高木 将之, 清野 智, 阿部 寛幸, 小柳 英人, 岩城 孝和, 親松 学, 佐藤 賢治, 谷 優佑

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   34 ( 2 )   192 - 192   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • Nivolumabに起因する自己免疫性小腸炎の一例

    石井 結唯, 小林 隆昌, 丹羽 佑輔, 高橋 一也, 冨永 顕太郎, 河久 順志, 阿部 聡司, 川合 弘一, 谷 優佑, 横山 純二, 寺井 崇二

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   34 ( 2 )   195 - 195   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 【大腸癌のトピックス】 炎症性発癌の病理診断と発癌機序

    味岡 洋一, 谷 優佑, 高村 佳緒里, 近藤 修平, Aye Pa Pa Tun

    病理と臨床   36 ( 11 )   1076 - 1081   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

    researchmap

  • 原発性小腸癌の粘液形質について

    近藤 修平, Aye Pa Pa Tun, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   425 - 425   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 大腸上皮性増殖性病変におけるSOX2発現

    高村 佳緒里, 味岡 洋一, 谷 優佑, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   423 - 423   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 原発性小腸癌におけるCytokeratin7、20の発現パターン

    Aye Pa Pa Tun, 近藤 修平, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   425 - 425   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 【図説「胃と腸」所見用語集2017】病理 dysplasia-associated lesion or mass(DALM)

    味岡 洋一, 谷 優佑

    胃と腸   52 ( 5 )   701 - 701   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • 食道噴門腺におけるp16 DNAメチル化解析

    山田 眞之介, 渡辺 玄, 大橋 瑠子, 味岡 洋一, 加藤 卓, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   513 - 514   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎(UC)以外の炎症性腸疾患大腸粘膜におけるDNA損傷・修復応答

    谷 優佑, 味岡 洋一, 渡邉 佳緒里, 渡邉 玄, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平, 横田 陽子

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   308 - 308   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 【表在型食道胃接合部癌の治療戦略】 食道胃接合部癌とBarrett食道癌の鑑別は必要か 病理の立場から

    渡辺 玄, 味岡 洋一, 加藤 卓, Alexey Annenkov, 大橋 瑠子, Pavel Korita, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平, 横田 陽子

    胃と腸   52 ( 3 )   292 - 300   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    食道胃接合部腺癌には,Barrett食道癌を含む食道腺癌および胃噴門部腺癌が含まれる.癌の組織発生の観点からは,両者の区別が必要であるが,腫瘍自体には発生母地を示す明確な所見がないため,腫瘍の存在主座から発生母地を推定せざるをえない.しかし,自験例の検討では,接合部癌は表在腺癌であってもその6.7%(2/30)では腫瘍の主座(食道か胃か)を決定できなかった.より進行した病変では,主座決定困難例の割合が増えると予想される.他方,癌周囲の微小環境やそれに起因するリンパ節転移などの生物学的悪性度の観点からは,組織発生よりも癌が食道浸潤を来しているかどうかが重要であると考えられる.目的(病因の追究,病期分類)により接合部癌を鑑別する必要性は異なる.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1403200850

    researchmap

  • 専門医のためのアトラス 癌の浸潤様式と悪性度

    渡辺 玄, 味岡 洋一, 加藤 卓, Annenkov Alexey, 大橋 瑠子, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    胃がんperspective   9 ( 1 )   30 - 34   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 粘膜下異所性胃腺から発生し胃内腔に露出した隆起型非浸潤性腺癌の一例

    渡辺 玄, 橋本 哲, 近藤 修平, 味岡 洋一, 加藤 卓, 大橋 瑠子, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   435 - 435   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の炎症性発癌早期病変におけるSOX2発現

    渡邉 佳緒里, 味岡 洋一, 大橋 瑠子, 渡邉 玄, 谷 優佑, 加藤 卓, 福田 睦, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   309 - 309   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の炎症性発癌におけるDNA二重鎖切断の意義

    谷 優佑

    新潟医学会雑誌   130 ( 10 )   581 - 588   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    潰瘍性大腸炎(以下UC)の炎症粘膜には高頻度で大腸癌が発生すること(炎症性発癌)が知られている。本研究では、ヒト癌の発癌早期過程に重要な役割を果たしていると考えられているDNA二重鎖切断(DNA double strand break:以下DSB)が、(1)UC粘膜で生じているかどうか、(2)UC粘膜におけるDSBと炎症の活動性との関連、(3)UC粘膜におけるDSBとUC罹患期間との関連、を検討した。ホルマリン固定全大腸炎型UC外科切除例104例(UC群)の直腸またはS状結腸を対象とした。正常対照は、炎症性腸疾患を合併しない大腸癌外科切除例50例(非IBD群)の直腸またはS状結腸の非腫瘍粘膜とした。UC群、非IBD群の代表切片パラフィンブロックから3μm厚連続切片2枚を作成し、HE染色とDSBのマーカーであるγH2AXに対する免疫染色を行った。UCの炎症時相は、寛解期、慢性活動期、活動期に分類した。γH2AXの発現状態は、検索切片内の総陰窩数に対するγH2AX陽性陰窩の割合(γH2AX crypt index:以下γH2AX-CI)として評価した。(1)UC群は非IBD群に比べγH2AX-CIが有意に高値であった(中央値で11.0% vs.0%、P<0.001)。(2)UCの炎症時相別のγH2AX-CIは、寛解期:中央値4.4%、慢性活動期:中央値13.7%、活動期:中央値15.3%であり、寛解期と活動期との間には有意差があった(P<0.001)。(3)炎症時相別にみたγH2AX-CIとUC罹患年数との間には有意な相関はなかった。これらのことから、UC粘膜では正常大腸粘膜に比べ有意に高頻度にDSBが生じており、更にDSBの頻度は炎症の活動性と関連していたことから、DSBはUCの炎症性発癌に関連しているものと推定された。一方、DSBとUC罹患年数との間には有意な相関がなかったことから、活動性炎症で生じたDSBは必ずしも罹患年数に応じて蓄積されて行く訳ではなく、DNA損傷応答(DNA damage response:以下DDR)により修復されることが示唆された。すなわち、UCの炎症性発癌には活動性炎症によるDSBが必要条件ではあるものの、DSBに対するDDRの破綻が非可逆的な発癌過程への進行には必須であり、炎症性発癌メカニズムの解明にはDSBとDDRを併せた検討が必要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 肺腫瘍源性塞栓性微小血管症(PTTM)に類似した病態を呈した肝細胞癌の一剖検例

    谷 優佑, 大橋 瑠子, 梅津 哉, 味岡 洋一

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   536 - 536   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • バレット粘膜より先行する、扁平上皮下粘膜固有層内デスミン陽性線維

    渡邉 玄, 味岡 洋一, 加藤 卓, アネンコフ・アレクセイ, 大橋 瑠子, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 福田 睦, 近藤 修平, 横田 陽子

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   407 - 407   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎(UC)の炎症性発癌におけるDNA損傷応答の意義

    谷 優佑, 味岡 洋一, 渡辺 佳緒里, 渡邉 玄, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   339 - 339   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 剖検により原発巣が同定された尿管原発小細胞癌の一例

    戸田 遼, 谷 優佑, 加藤 卓, 渡邉 玄, 味岡 洋一, 渡辺 佳緒里, 福田 睦

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   604 - 604   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 前立腺癌治療中に肝腫瘍生検にて確定しえた6mm IIc胃がん由来多発肝転移の1剖検例

    窪田 智之, 井上 聡, 鈴木 裕, 糸井 俊之, 谷 優佑, 渡邉 玄

    新潟医学会雑誌   129 ( 10 )   614 - 614   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • ESD後の追加外科切除で脾門リンパ節転移を認めた粘膜下層浸潤胃癌の1例

    田中 花菜, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 石川 卓, 小杉 伸一, 若井 俊文, 渡邉 玄, 谷 優佑

    新潟医学会雑誌   129 ( 8 )   463 - 468   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は60歳、女性。人間ドックを契機に胃穹窿部大彎に7cm大の0-IIa+IIb型病変を指摘され、当院消化器内科にてESDが施行された。病理組織学的検討で、腫瘍は一部に低分化成分を伴った高分化型管状腺癌であり、免疫染色で胃型の粘液形質を有する腫瘍であった。粘膜下層浸潤があり、垂直断端陽性であったことから外科的追加切除の適応と判断され当科を受診した。高度なリンパ管侵襲を認めたこと、胃型の腫瘍であったことから、腹部CT所見では明らかなリンパ節の腫大を認めなかったものの、リンパ節転移の可能性は低くないと考えた。また、病変部位は胃上部の大彎側病変であり、脾門リンパ節郭清も省略できないと判断した。手術はESD2ヵ月後に胃全摘術、脾合併切除術、D2リンパ節郭清、Roux-en Y再建を施行した。病理組織学的検討では、ESD瘢痕部に癌の遺残を認めたが深達度は粘膜下層までであった。脾門リンパ節に4個、大彎左群リンパ節に1個、計5個のリンパ節転移を認め、いずれも原発巣と同様の胃型形質を示す腫瘍であった。胃型形質を示す高分化型腺癌は、比較的リンパ節転移をきたしやすいことが報告されている。早期胃癌で脾摘を伴うD2郭清が検討されることは稀であるが、本症例のように局在、組織型、リンパ管侵襲の程度によっては、脾門リンパ節郭清を考慮してもよいと思われた。消化器内科医、病理医と緊密な連携を図り、過不足のない術式を検討しなければならない。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20160108150006&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012908%2F006%2F0463-0468%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012908%2F006%2F0463-0468%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【下部消化管:炎症からの発癌】 炎症発癌の基礎研究 炎症発癌の病理学的特徴 潰瘍性大腸炎に発生する大腸腫瘍を中心に

    味岡 洋一, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 渡辺 玄, 加藤 卓

    Intestine   19 ( 4 )   336 - 341   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    潰瘍性大腸炎(UC)の炎症粘膜に発生したSM以深浸潤癌には,通常の大腸癌に比べ,未分化型腺癌の頻度が高い,分化型腺癌でも浸潤性発育を示すものが少なくない,という組織学的特徴があり,そのことが癌の肉眼形態にも反映されている.粘膜内腫瘍には,通常の大腸腫瘍と病理組織学的に同質のものと,通常の大腸ではみることがまれな特殊型(5パターン)とがあり,後者が炎症性発癌(およびその早期病変)と考えられる.特殊型は通常の大腸腫瘍に比べ特徴的な組織構築像と発育様式を示すものが多い.このことが,病理組織診断や内視鏡診断の困難さの要因になっていると考えられる.(著者抄録)

    researchmap

  • 食道扁平上皮癌におけるKIT発現とリンパ節転移

    藤田 由希, 渡辺 玄, 福田 睦, 渡辺 佳緒里, 味岡 洋一, 加藤 卓, 谷 優佑

    日本病理学会会誌   104 ( 1 )   513 - 513   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 胃癌の時代的変遷

    伊藤 愛, 谷 優佑, 加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一, 渡辺 佳緒里, 福田 睦

    日本病理学会会誌   104 ( 1 )   513 - 513   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • ESD後の追加外科切除で脾門部リンパ節転移を認めた粘膜下層浸潤胃癌の1例

    田中 花菜, 石川 卓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 小杉 伸一, 若井 俊文, 渡邉 玄, 谷 優佑

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3401 - 3401   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 子宮および肺に多量の羊水成分を認めた羊水塞栓症の1例

    渡邉 佳緒里, 渡邉 玄, 谷 優佑, 味岡 洋一

    日本病理学会会誌   103 ( 2 )   65 - 65   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 切除後8ヵ月で両葉多発病変・門脈腫瘍塞栓で再発した径18mm単発肝細胞癌の1例

    熊木 大輔, 上村 顕也, 高橋 祥史, 小林 雄司, 阿部 寛幸, 水野 研一, 竹内 学, 野本 実, 青柳 豊, 谷 優佑, 味岡 洋一, 梅津 哉

    新潟医学会雑誌   128 ( 9 )   474 - 474   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 切除後8ヵ月で両葉多発病変・門脈腫瘍塞栓で再発した径18mm単発肝細胞癌の1例 当院における最近10年間の径30mm以下の肝細胞癌切除165例の検討を合わせて

    熊木 大輔, 上村 顕也, 高橋 祥史, 小林 雄司, 阿部 寛幸, 水野 研一, 竹内 学, 野本 実, 青柳 豊, 谷 優佑, 味岡 洋一, 梅津 哉

    日本消化器病学会雑誌   111 ( 臨増大会 )   A939 - A939   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎の炎症性発癌過程におけるDNA損傷について

    谷 優佑, 味岡 洋一, 渡邉 佳緒里, 若井 俊文, 山口 尚之, 高林 広明, 小林 和恵

    日本病理学会会誌   102 ( 1 )   323 - 323   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎における胃型粘液発現の検討

    渡邉 佳緒里, 味岡 洋一, 谷 優佑, 小林 和枝

    日本病理学会会誌   102 ( 1 )   323 - 323   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 難治性心室細動を伴う急性心筋梗塞に対し、経皮的心肺補助装置装着下にてPCIを施行し、救命し得た1例

    谷 優佑, 新井 啓, 杉浦 広隆, 樋口 浩太郎, 阿部 暁, 大塚 英明

    新潟医学会雑誌   125 ( 5 )   293 - 293   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • DSBとDDRに着目した、潰瘍性大腸炎サーベイランスのためのバイオマーカーの開発

    2019年4月 - 2021年3月

    文部科学省科学研究費補助金  若手研究 

    谷 優佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap