2021/10/20 更新

写真a

オオタケ マサノリ
大竹 正紀
OTAKE Masanori
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2014年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 三叉神経

  • 痛み

  • 嚥下

  • ストレス誘発痛

  • 歯科矯正学

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学   助教

    2017年10月 - 現在

 

論文

  • ROCK inhibitors enhance bone healing by promoting osteoclastic and osteoblastic differentiation. 査読 国際誌

    Juri Nakata, Yosuke Akiba, Jun Nihara, Lay Thant, Kaori Eguchi, Hiroko Kato, Kenji Izumi, Mariko Ohkura, Masanori Otake, Yoshito Kakihara, Isao Saito, Makio Saeki

    Biochemical and biophysical research communications   526 ( 3 )   547 - 552   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoclast and osteoblast are essential for proper bone development and remodeling as well as recovery of bone fracture. In this study, we seek chemical compounds that enhance turnover of bone metabolism for promoting bone healing. First, we screen a chemical library which includes 378 compounds by using murine pre-osteoclastic RAW264.7 cells to identify compounds that promote osteoclastic differentiation. We find that two ROCK (Rho-associated coiled-coil kinase) inhibitors, HA-1077 (Fasudil) and Y-27632, enhance osteoclastogenesis. Subsequently, we identify that these two compounds also increase osteoblastic differentiation of MC3T3-E1 cells. Finally, our in vivo experiment shows that the local administration of ROCK inhibitors accelerate the bone healing of the rat calvarial defect.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.033

    PubMed

    researchmap

  • Inhibition of 2-arachydonoylgycerol degradation attenuates orofacial neuropathic pain in trigeminal nerve-injured mice 査読

    Rantaro Kamimura, Mohammad Zakir Hossain, Shumpei Unno, Hiroshi Ando, Yuji Masuda, Kojiro Takahashi, Masanori Otake, Isao Saito, Junichi Kitagawa

    Journal of Oral Science   60 ( 1 )   37 - 44   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon University, School of Dentistry  

    Current therapeutics are not effective for orofacial neuropathic pain, and better options are needed. The present study used inferior orbital nerve (ION)-injured mice to investigate the effect of inhibiting monoacylglycerol lipase (MAGL), an enzyme that degrades the major endocannabinoid 2-arachydonoylgycerol (2-AG) in orofacial neuropathic pain. The head-withdrawal threshold to mechanical stimulation of the whisker pad was reduced on days 3, 5, and 7 after ION injury. Injection of JZL184, a selective inhibitor of MAGL, on day 7 after ION injury attenuated the reduction in head-withdrawal threshold at 2 h after administration. Moreover, the numbers of MAGL-immunoreactive neurons in the trigeminal subnucleus caudalis (Vc) and upper cervical spinal cord (C1-C2) were significantly greater in ION-injured mice than in sham-operated mice but were reduced after administration of JZL184. The increase in MAGL immunoreactivity suggests that increased 2-AG production is followed by rapid enzymatic degradation of 2-AG. JZL184 inhibited this degradation and thus increased 2-AG concentra- tion in the brain, particularly in the Vc and C1-C2 regions, thus attenuating pain. Our findings suggest that inhibition of 2-AG degradation by MAGL inhibitors is a promising therapeutic option for treatment of orofacial neuropathic pain.

    DOI: 10.2334/josnusd.17-0005

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The interactions between different tastes on initiation of reflex swallow elicited by electrical stimulation in humans 査読

    Masanori Otake, Masayuki Kurose, Yoshiaki Uchida, Mana Hasegawa, Yoshiaki Yamada, Isao Saito, Kensuke Yamamura

    ODONTOLOGY   104 ( 3 )   282 - 290   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The act of eating is a source of pleasure for people and is a major factor in maintaining a good quality of life. Several types of products for dysphagia patients are available to decrease aspiration of food that often accompanies daily food intake. The final goal of these products is to improve the ease of forming a food bolus and/or the safety of the swallowing process; however, tastes of products are not a major concern with initiation of swallowing. In the present study, we investigated the effect of bitter taste stimuli (quinine) and the combination of quinine and umami (monosodium glutamate: MSG) applied to the oropharynx on reflex swallows evoked by electrical stimulation to the oropharyngeal mucosa. Each of the distilled water (DW), quinine and quinine-MSG mixture solution (volume of each solutions, 100 A mu l) was applied 1 s prior to electrical stimulation. No swallow was evoked when each of the solutions was applied without electrical stimulation. The application of DW and lower concentration of quinine (< 100 A mu M) did not affect the latency of reflex swallow, but 100 A mu M quinine application increased the latency of the reflex swallow. In addition, application of quinine-MSG mixture solution counteracted the increase in latency induced by quinine application alone. These findings suggest that MSG enhances the initiation of swallowing along with its well-known increase in appetite stimulation. Adding MSG might be effective when creating food to promote swallowing.

    DOI: 10.1007/s10266-015-0226-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

MISC

  • 上顎右側犬歯の矮小を伴うAngle Class II上下顎前突症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69 - 69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎右側犬歯の矮小を伴うAngle Class II上下顎前突症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   69 - 69   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎切歯の唇側傾斜を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   25 ( 1 )   59 - 59   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 三叉神経領域の神経障害性疼痛に対する内因性カンナビノイドの鎮痛作用

    上村 藍太郎, ザキル・ホサイン, 高橋 功次朗, 大竹 正紀, 北川 純一, 山村 健介, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   113 - 113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化(第2報)

    大竹 正紀, 丹原 惇, 大竹 正人, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   252 - 252   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class III叢生症例

    大竹 正紀, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   113 - 113   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎切歯の唇側傾斜を伴うAngle Class II division 1上顎前突症例

    大竹正紀, 森田修一, 齋藤功

    甲北信越矯正歯科学会大会プログラム抄録   31st   53   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 混合歯列期に歯列弓拡大を行った症例における大臼歯間幅径の長期的変化

    大竹 正紀, 丹原 惇, 大竹 正人, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   270 - 270   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 口腔・咽頭内気圧変化の経時記録を用いた機能評価への施用

    長谷川 真奈, 山田 好秋, 黒瀬 雅之, 大竹 正紀, 山村 健介

    日本咀嚼学会雑誌   24 ( 2 )   98 - 99   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本咀嚼学会  

    researchmap

  • 過去10年間に外科的矯正治療を適用した骨格性下顎前突症における抜歯症例数の推移

    阿部 遼, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 大竹 正紀, 西野 和臣, 坂上 馨, 永井 嘉洋, 森田 修一, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   157 - 157   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 嚥下誘発における中咽頭への苦味刺激の効果とうま味刺激との相互作用

    大竹 正紀, 黒瀬 雅之, 長谷川 真奈, 齋藤 功, 山村 健介

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   146 - 146   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 中咽頭への味刺激が電気刺激由来の嚥下反射誘発に及ぼす影響

    大竹 正紀, 黒瀬 雅之, 齋藤 功, 山田 好秋, 山村 健介

    日本咀嚼学会雑誌   23 ( 2 )   126 - 127   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本咀嚼学会  

    researchmap

  • 苦味刺激およびうま味刺激のヒト咽頭領域における嚥下反射変調効果

    大竹 正紀, 内田 喜昭, 河合 美佐子, 齋藤 功, 山村 健介

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   162 - 162   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 味刺激がヒト嚥下反射に及ぼす影響

    内田 喜昭, 大竹 正紀, 河合 美佐子, 高辻 華子, 寺田 員人, 山村 健介

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   40 - 40   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 中咽頭への味刺激が電気刺激由来の嚥下反射誘発に及ぼす影響

    大竹正紀, 黒瀬雅之, 齋藤功, 山田好秋, 山村健介

    日本咀嚼学会学術大会プログラム・抄録集   24th   49   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 味刺激がヒト嚥下反射に及ぼす影響

    内田 喜昭, 大竹 正紀, 河合 美佐子, 高辻 華子, 寺田 員人, 山村 健介

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   147 - 147   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科診療室における混合歯列期矯正患者の管理と転帰(第1報) 上顎前突群について

    大竹 正紀, 高橋 功次朗, 永井 嘉洋, 丹原 惇, 竹山 雅規, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   199 - 199   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科診療室における混合歯列期矯正患者の治療管理と転帰

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 竹山 雅規, 大竹 正紀, 永井 嘉洋, 吉田 留巳, 工藤 和子, 焼田 裕里, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   20 ( 1 )   34 - 42   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    【目的】当診療室における第一期治療の治療転帰については過去に実態調査を行ったが、それ以降当診療室における治療体系は少しずつ変化してきた。そこで、混合歯列期から管理を開始した患者の治療転帰を再度調査し、治療管理システムとの関わりについて考察するとともに、混合歯列期来院患者の特徴について他施設あるいは当診療室における過去の調査結果と比較した。【対象及び方法】対象は、2001〜2005年に新潟大学医歯学総合病院矯正歯科診療室において混合歯列期より治療管理を開始した症例とした。診療録を用いて、性別、調査時点における治療転帰を、また初診時研究用模型を用いてHellmanの歯齢、オーバージェット、オーバーバイトを調査した。【結果】対象患者全体では、第一期治療を行った患者183名、行わなかった患者128名であった。不正咬合別でみると、上顎前突群では、第一期治療を行った患者が28名、行わなかった患者は55名であった。一方下顎前突群では、第一期治療を行った患者は86名、第一期治療を行わなかった患者が15名であった。叢生・開咬・その他群では第一期治療を行った患者が69名、行わなかった患者は58名であった。【結論】近年の第一期治療の効果についての知見やこれまでの治療結果の蓄積によって、第二期治療あるいは最終治療結果を見据えた上で第一期治療の必要性を判断することがある程度可能になり、患者の負担軽減や治療期間の短縮を考慮した診断、治療を実践していると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 食品中の呈味成分の健康価値を探る 味刺激が嚥下誘発に及ぼす影響

    山村 健介, 内田 喜昭, 大竹 正紀, 北川 純一, 黒瀬 雅之, 高辻 華子, 山田 好秋

    日本薬学会年会要旨集   132年会 ( 1 )   282 - 282   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    researchmap

  • 混合歯列期より治療管理を開始した患者の転帰に関する調査

    高橋 功次朗, 大竹 正紀, 丹原 惇, 永井 嘉洋, 吉田 留巳, 工藤 和子, 焼田 裕里, 竹山 雅規, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   69回   221 - 221   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 臨床実習Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習Ⅲ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習ⅠB

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 成長発育学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科矯正学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示