2024/06/14 更新

写真a

スギノ ヒデアキ
杉野 英明
SUGINO Hideaki
所属
医歯学総合病院 病理部 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 新潟大学医学部医学科 ( 2010年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院 病理部   特任助教

    2017年12月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 病理部   特任助教

    2017年12月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科   分子・診断病理学分野

    2012年9月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部   医学科

    2003年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

 

論文

  • Prognostic Value and Pathological Correlation of Peritumoral Radiomics in Surgically Resected Non-Small Cell Lung Cancer. 国際誌

    Masaki Tominaga, Motohiko Yamazaki, Hajime Umezu, Hideaki Sugino, Yuma Fuzawa, Takuya Yagi, Hiroyuki Ishikawa

    Academic radiology   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    RATIONALE AND OBJECTIVES: To determine the additional value of peritumoral radiomics in predicting overall survival (OS) in surgically resected non-small cell lung cancer (NSCLC) and its correlation with pathological findings. METHODS: A total of 526 patients with surgically resected NSCLC were included (191 training, 160 internal validation, and 175 external validation cohorts). CT images were used to segment the gross tumor volume (GTV) and peritumoral volume (PTV) within distances of 3, 6, 9 mm from the tumor boundary (PTV3, PTV6, and PTV9), and radiomic features were extracted. Four prognostic models for OS (GTV, GTV + PTV3, GTV + PTV6, and GTV + PTV9) were constructed using the training cohort. The prognostic ability and feature importance were evaluated using the validation cohorts. Pathological findings were compared between the two patient groups (n = 30 for each) having the top 30 and bottom 30 values of the most important peritumoral feature. RESULTS: The GTV+ PTV3 models exhibited the highest predictive ability, which was higher than that of the GTV model in the internal validation cohort (C-index: 0.666 vs. 0.616, P = 0.027) and external validation cohort (C-index: 0.705 vs. 0.656, P = 0.048). The most important feature was GLDM_Dependence_Entropy, extracted from PTV3. High peritumoral GLDM_Dependence_Entropy was associated with a high proportion of invasive histological types, tumor spread through air spaces, and tumor-infiltrating lymphocytes (all P < 0.05). CONCLUSION: The GTV and PTV3 combination demonstrated a higher prognostic ability, compared to GTV alone. Peritumoral radiomic features may be associated with various pathological prognostic factors.

    DOI: 10.1016/j.acra.2024.01.033

    PubMed

    researchmap

  • Intestinal duplication diagnosed preoperatively with double-balloon enteroscopy: an extremely rare case report and literature review.

    Yusuke Niwa, Kentaro Tominaga, Yuzo Kawata, Takamasa Kobayashi, Takeshi Mizuwasa, Kazuya Takahashi, Hiroki Sato, Junji Kohisa, Satoshi Abe, Kenya Kamimura, Junji Yokoyama, Hirokazu Kawai, Hideaki Sugino, Hajime Umezu, Yumiko Hirai, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai, Shuji Terai

    Clinical journal of gastroenterology   15 ( 2 )   381 - 387   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gastrointestinal duplications are congenital malformations that are usually observed in pediatric patients. Diagnosis in adulthood is quite rare, and preoperative diagnosis of gastrointestinal duplication is difficult, particularly in the small intestine. We encountered an extremely rare adult case of duplication of the jejunum, which showed a stomach-like form diagnosed using double-balloon enteroscopy (DBE). The patient was an 18-year-old male who had been experiencing upper abdominal pain and vomiting repeatedly without any triggers for 3 years. Various examinations were performed, but no cause of symptoms was found. DBE revealed a narrow opening of the lumen at the upper jejunum, and the lumen was covered with mucosal folds similar to those of the stomach. Enteroclysis via DBE showed a tubular structure on the mesenteric side of the jejunum. We diagnosed a jejunal tubular duplication with ectopic gastric mucosa and underwent partial small bowel resection. The patient's abdominal symptoms resolved. From this, DBE can be a useful tool for diagnosing intestinal duplication in adults. We believe that this case and literature review will facilitate the accurate and prompt diagnosis of small intestinal duplication.

    DOI: 10.1007/s12328-022-01596-7

    PubMed

    researchmap

  • 原発性小腸進行癌の臨床病理学的特徴と粘液形質について

    近藤 修平, Aye Pa Pa Tun, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博, 佐藤 航

    日本大腸肛門病学会雑誌   72 ( 5 )   322 - 322   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 【隆起型早期大腸癌の病態と診断】PG type隆起型大腸T1癌のSM浸潤距離測定の実際

    味岡 洋一, 杉野 英明, 近藤 修平, 田口 貴博, 岩田 真弥

    胃と腸   54 ( 6 )   933 - 937   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>PG type隆起型大腸T1癌では,粘膜筋板の走行推定ができない病変や粘膜筋板消失例でもSM浸潤距離測定部位に粘膜内病変が残存するものが多く,その厚さは平均で1,200~1,300μm前後と推定された.したがって,現行のSM浸潤距離測定法を用いた場合,SM浸潤距離にはこれら粘膜内病変の厚さが加算されている可能性がある.PG type大腸T1癌の辺縁部には,大部分で丈の高い粘膜内病変が残存していたことから,正確なSM浸潤度判定を行うためには,臨床画像検査では病変辺縁部の所見に注目し,PG typeかどうかを鑑別することが有用と考えられる.

    researchmap

  • 多臓器転移と肺癌性リンパ管症を来した6mm大の胃原発小絨毛癌の1剖検例

    谷 優佑, 味岡 洋一, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 高村 佳緒里, 杉野 英明, 阿部 達也, 近藤 修平, 田口 貴博, 佐藤 航

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   367 - 367   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 原発性小腸癌におけるCytokeratin7、20の発現パターン

    Aye Pa Pa Tun, 近藤 修平, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   425 - 425   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 原発性小腸癌の粘液形質について

    近藤 修平, Aye Pa Pa Tun, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   425 - 425   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • クローン病の肉芽腫とリンパ管との関連-二重免疫染色を用いた検討

    加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   379 - 380   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎(UC)以外の炎症性腸疾患大腸粘膜におけるDNA損傷・修復応答

    谷 優佑, 味岡 洋一, 渡邉 佳緒里, 渡邉 玄, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平, 横田 陽子

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   308 - 308   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎(UC)の炎症性発癌におけるDNA損傷応答の意義

    谷 優佑, 味岡 洋一, 渡辺 佳緒里, 渡邉 玄, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   105 ( 1 )   339 - 339   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 腫瘍 大腸腫瘍 悪性腫瘍 大腸未分化型癌(低分化・印環細胞・粘液癌)

    谷 優佑, 味岡 洋一, 杉野 英明

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群IV )   71 - 75   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • ダブルバルーン内視鏡で診断に至った消化管重複症の成人例

    丹羽 佑輔, 上村 顕也, 小林 隆昌, 高橋 一也, 冨永 顕太郎, 河久 順志, 阿部 聡司, 川合 弘一, 横山 純二, 杉野 英明, 梅津 哉, 寺井 崇二

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   35 ( 1 )   44 - 44   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 多臓器転移と肺癌性リンパ管症を来した6mm大の胃原発小絨毛癌の1剖検例

    谷 優佑, 味岡 洋一, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 高村 佳緒里, 杉野 英明, 阿部 達也, 近藤 修平, 田口 貴博, 佐藤 航

    日本病理学会会誌   108 ( 1 )   367 - 367   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 繰り返す嘔吐、腹痛を契機に発見された重複腸管の一例

    山下 裕美子, 亀山 仁史, 島田 能史, 中野 雅人, 田島 陽介, 中野 麻恵, 小柳 英人, 田中 花菜, 阿部 馨, 杉野 英明, 市川 寛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   694 - 694   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 原発性小腸癌におけるCytokeratin7、20の発現パターン

    Aye Pa Pa Tun, 近藤 修平, 味岡 洋一, 高村 佳緒里, 谷 優佑, 大橋 瑠子, 加藤 卓, 杉野 英明, 田口 貴博

    日本病理学会会誌   107 ( 1 )   425 - 425   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 食道噴門腺におけるp16 DNAメチル化解析

    山田 眞之介, 渡辺 玄, 大橋 瑠子, 味岡 洋一, 加藤 卓, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   513 - 514   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • 専門医のためのアトラス 癌の浸潤様式と悪性度

    渡辺 玄, 味岡 洋一, 加藤 卓, Annenkov Alexey, 大橋 瑠子, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平

    胃がんperspective   9 ( 1 )   30 - 34   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 【表在型食道胃接合部癌の治療戦略】 食道胃接合部癌とBarrett食道癌の鑑別は必要か 病理の立場から

    渡辺 玄, 味岡 洋一, 加藤 卓, Alexey Annenkov, 大橋 瑠子, Pavel Korita, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦, 近藤 修平, 横田 陽子

    胃と腸   52 ( 3 )   292 - 300   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    食道胃接合部腺癌には,Barrett食道癌を含む食道腺癌および胃噴門部腺癌が含まれる.癌の組織発生の観点からは,両者の区別が必要であるが,腫瘍自体には発生母地を示す明確な所見がないため,腫瘍の存在主座から発生母地を推定せざるをえない.しかし,自験例の検討では,接合部癌は表在腺癌であってもその6.7%(2/30)では腫瘍の主座(食道か胃か)を決定できなかった.より進行した病変では,主座決定困難例の割合が増えると予想される.他方,癌周囲の微小環境やそれに起因するリンパ節転移などの生物学的悪性度の観点からは,組織発生よりも癌が食道浸潤を来しているかどうかが重要であると考えられる.目的(病因の追究,病期分類)により接合部癌を鑑別する必要性は異なる.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1403200850

    researchmap

  • 粘膜下異所性胃腺から発生し胃内腔に露出した隆起型非浸潤性腺癌の一例

    渡辺 玄, 橋本 哲, 近藤 修平, 味岡 洋一, 加藤 卓, 大橋 瑠子, 渡辺 佳緒里, 谷 優佑, 杉野 英明, 福田 睦

    日本病理学会会誌   106 ( 1 )   435 - 435   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

▶ 全件表示