2024/07/16 更新

写真a

ヤギ タクヤ
八木 琢也
YAGI Takuya
所属
医歯学総合病院 放射線診断科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2018年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 放射線診断科   助教

    2019年7月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 放射線診断科   特任助教

    2018年4月 - 2019年6月

 

論文

  • Quantitative 3D Shape Analysis of CT Images of Thymoma: A Comparison With Histological Types

    Motohiko Yamazaki, Kanako Oyanagi, Hajime Umezu, Takuya Yagi, Hiroyuki Ishikawa, Norihiko Yoshimura, Hidefumi Aoyama

    American Journal of Roentgenology   214 ( 2 )   341 - 347   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Roentgen Ray Society  

    DOI: 10.2214/ajr.19.21844

    researchmap

  • HRCT texture analysis for pure or part-solid ground-glass nodules: distinguishability of adenocarcinoma in situ or minimally invasive adenocarcinoma from invasive adenocarcinoma.

    Takuya Yagi, Motohiko Yamazaki, Riuko Ohashi, Rei Ogawa, Hiroyuki Ishikawa, Norihiko Yoshimura, Masanori Tsuchida, Yoichi Ajioka, Hidefumi Aoyama

    Japanese journal of radiology   36 ( 2 )   113 - 121   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To distinguish between adenocarcinoma in situ (AIS)-minimally invasive adenocarcinoma (MIA) and invasive adenocarcinoma (IAC) showing pure or part-solid ground-glass nodules (GGNs) by high-resolution computed tomography (HRCT) texture analysis. MATERIALS AND METHODS: This retrospective study included 101 consecutive patients with 115 pure or part-solid GGNs ≤ 3 cm diameter, which were surgically resected and pathologically diagnosed with AIS, MIA, or IAC (48 AIS-MIA and 67 IAC) between April 2011 and March 2015. Each tumor was manually segmented on axial CT images, and the following texture features were calculated: volume, mass, mean CT value, variance, skewness, kurtosis, entropy, uniformity, and percentile CT numbers (10th, 25th, 50th, 75th, 90th, 95th percentiles). The differences between AIS-MIA and IAC were statistically evaluated using univariate, multivariate, and receiver operating characteristic analysis. RESULTS: Compared with IAC, AIS-MIA had significantly greater skewness, kurtosis, and uniformity, whereas in the other parameters, AIS-MIA demonstrated significantly lower values than those of IAC. Multivariate analysis revealed that independent differentiators were the 90th percentile CT numbers (P < 0.001) and entropy (P = 0.005) with an excellent accuracy (area under the curve, 0.90). CONCLUSIONS: The 90th percentile CT numbers and entropy can accurately distinguish AIS-MIA from IAC.

    DOI: 10.1007/s11604-017-0711-2

    PubMed

    researchmap

  • 肺動脈塞栓として初期治療を受け、18F FDG-PET/CTで鑑別できた肺動脈肉腫の1例

    山田 美佳, 佐藤 卓, 石川 浩志, 堀井 陽祐, 八木 琢也, 山崎 元彦, 塩谷 基, 吉村 宣彦, 青山 英史, 佐藤 征二郎, 小池 輝元, 土田 正則, 名村 理, 大橋 瑠子, 梅津 哉

    Japanese Journal of Radiology   36 ( Suppl. )   7 - 7   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • Coronary computed tomography angiography using 128-slice dual-source computed tomography in patients with severe calcification.

    Suguru Sato, Yosuke Horii, Norihiko Yoshimura, Takuya Yagi, Hidefumi Aoyama

    Japanese journal of radiology   35 ( 8 )   432 - 439   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To compare coronary computed tomography angiography (CTA) and coronary angiography (CAG) with regard to luminal graphic definition of calcified segments using 128-slice dual-source computed tomography (DSCT), specifically for patients with an Agatston score >400. MATERIALS AND METHODS: Of 1148 consecutive patients who underwent coronary CTA using a 128-slice DSCT, 132 subjects had severe calcification with an Agatston score >400. Thirty-nine of the 132 patients who had undergone CAG within 3 months before or after coronary CTA were included. We investigated the distribution of calcification, and we visually evaluated significant stenosis in the calcified and all segments. Results were compared with CAG. RESULTS: The target group in this study had a very high mean Agatston score of 1771 ± 1724. Results for sensitivity, specificity, positive predictive value (PPV), and negative predictive value (NPV) of 247 calcified vs all 325 segments were as follows: sensitivity 93.2 vs 92.2%, specificity 83.9 vs 87.5%, PPV 70.8 vs 69.6%, and NPV 96.7 vs 97.3%, respectively. CONCLUSION: 128-slice DSCT has potential for evaluation of calcified segments in the lumen, even in patients whose Agatston score exceeds 400.

    DOI: 10.1007/s11604-017-0650-y

    PubMed

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • すりガラス結節の長期経過の解明とその早期予測の可能性

    研究課題/領域番号:21K07640

    2021年4月 - 2024年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    石川 浩志, 八木 琢也, 山崎 元彦, 佐藤 卓

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    すりガラス型結節は病理学的に肺腺癌の前浸潤性病変である異型腺腫様過形成や上皮内腺癌の可能性が高く、微少浸潤性腺癌、浸潤性病変へと緩徐に進行していくことが知られている。また、この病理学的な進行に対応する形で、CTでは結節の性状がすりガラス型結節から部分充実型結節、さらには充実型結節へと変化していくことが知られている。また、これらの経過を経ずに最初から進行した形での浸潤性腺癌として発症する症例も経験される。これらの肺腺癌の進行過程を踏まえ、研究代表者は研究分担者らとともに肺腺癌のCT所見に関する解説論文を発表した。本研究の主目的である10年~20年に及ぶすりガラス型結節の経過を予測するうえでCT所見と病理所見の対比は非常に重要である。その一方で、CT所見の視覚的評価には限界があることを踏まえ、本研究では、すりガラス型結節に重点を置いた定量的解析、radiomicsによる検討を今後行っていく予定である。Radiomicsは肺癌を含め、様々な画像評価において、現在も発展し続けている解析法であり、令和3年度には研究代表者は研究分担者らとともに肺腺癌のCT所見にradiomicsを応用して患者の予後や腫瘍の遺伝子変異との関連を検討し、その結果の一部を学会で報告した。これらの結果は肺腺癌のより早い段階にあることが推定されるすりガラス型結節の画像評価を行う上でも重要な示唆を与えてくれる。今後はすりガラス型結節に関してradiomicsで得られる特徴量および特徴量の変化と病理所見の関連性や、進行の可能性や進行速度に関する早期解明の可能性について明らかにしていく予定である。また、対象には腺癌以外のすりガラス型結節も加え、それらの鑑別診断の可能性について併せて検討することを予定している。

    researchmap