2021/10/26 更新

写真a

サイトウ リエ
齋藤 理恵
SAITO Rie
所属
脳研究所 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学(神経病理) ( 2018年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 脳血管障害

  • 神経病理学

  • 神経変性疾患

  • 血管性認知症

  • 白質脳症

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経形態学

  • ライフサイエンス / 神経内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学脳研究所   脳疾患標本資源解析学分野   助教

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科   大学院生(神経病理学専攻)

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 国家公務員共済組合連合会虎の門病院   神経内科   医員

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 国家公務員共済組合連合会虎の門病院   内科   後期専門研修(神経内科専攻)

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 国家公務員共済組合連合会虎の門病院   内科   初期研修

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   脳研究所   助教

    2018年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   医学部   医学科卒業

    2007年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本神経病理学会   将来計画委員/用語委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本神経病理学会   将来計画委員/用語委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本神経病理学会   代議員  

    2018年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 神経内科専門医

 

論文

  • Long Spinal Cord Lesions Caused by Venous Congestive Myelopathy Associated with Intravascular Large B-cell Lymphoma. 査読

    Takeshi Miura, Shoji Saito, Rie Saito, Tomohiro Iwasaki, Naomi Mezaki, Tomoe Sato, Yoichi Ajioka, Akiyoshi Kakita, Takuya Mashima

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Intravascular large B-cell lymphoma (IVLBCL) is a subtype of B-cell lymphoma, characterized by lymphoma cell proliferation within small blood vessels. We herein describe a rare case with long spinal cord lesions caused by venous congestive myelopathy associated with IVLBCL. An 81-year-old man presented with paraplegia of the lower limbs and sensory disturbances. Magnetic resonance imaging revealed intramedullary longitudinal T2-hyperintensity lesions in the thoracic cords. The patient died three months after disease onset, and a neuropathological analysis revealed predominantly atypical B-lymphocytes located sparsely in the veins of the spinal cord. IVLBCL should be considered in the differential diagnoses of long spinal cord lesions.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6717-20

    PubMed

    researchmap

  • Novel CHP1 mutation in autosomal-recessive cerebellar ataxia: autopsy features of two siblings. 査読 国際誌

    Rie Saito, Norikazu Hara, Mari Tada, Yoshiaki Honma, Akinori Miyashita, Osamu Onodera, Takeshi Ikeuchi, Akiyoshi Kakita

    Acta neuropathologica communications   8 ( 1 )   134 - 134   2020年8月

     詳細を見る

  • Oculopharyngodistal myopathy with coexisting histology of systemic neuronal intranuclear inclusion disease: Clinicopathologic features of an autopsied patient harboring CGG repeat expansions in LRP12. 査読 国際誌

    Rie Saito, Hiroshi Shimizu, Takeshi Miura, Norikazu Hara, Naomi Mezaki, Yo Higuchi, Akinori Miyashita, Izumi Kawachi, Kazuhiro Sanpei, Yoshiaki Honma, Osamu Onodera, Takeshi Ikeuchi, Akiyoshi Kakita

    Acta neuropathologica communications   8 ( 1 )   75 - 75   2020年6月

     詳細を見る

  • 外科的介入を受けていない症候性もやもや病の1剖検例

    齋藤 祥二, 齋藤 理恵, 中原 亜紗, 長谷川 仁, 田口 貴博, 上村 昌寛, 本多 忠幸, 伊藤 靖, 小野寺 理, 梅津 哉, 藤井 幸彦, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌   133 ( 11-12 )   389 - 389   2019年12月

  • 外科的介入を受けていない症候性もやもや病の1剖検例

    齋藤 祥二, 齋藤 理恵, 中原 亜紗, 長谷川 仁, 田口 貴博, 上村 昌寛, 本多 忠幸, 伊藤 靖, 小野寺 理, 梅津 哉, 藤井 幸彦, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌   133 ( 11-12 )   389 - 389   2019年12月

  • Rapid chemical clearing of white matter in the post-mortem human brain by 1,2-hexanediol delipidation. 査読

    Inoue M, Saito R, Kakita A, Tainaka K

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   29 ( 15 )   1886 - 1890   2019年8月

  • Dramatic response of BRAF V600E-mutant epithelioid glioblastoma to combination therapy with BRAF and MEK inhibitor: establishment and xenograft of a cell line to predict clinical efficacy. 査読

    Kanemaru Y, Natsumeda M, Okada M, Saito R, Kobayashi D, Eda T, Watanabe J, Saito S, Tsukamoto Y, Oishi M, Saito H, Nagahashi M, Sasaki T, Hashizume R, Aoyama H, Wakai T, Kakita A, Fujii Y

    Acta neuropathologica communications   7 ( 1 )   119   2019年7月

  • Retinal Vasculopathy With Cerebral Leukodystrophy: Clinicopathologic Features of an Autopsied Patient With a Heterozygous TREX 1 Mutation. 査読

    Saito R, Nozaki H, Kato T, Toyoshima Y, Tanaka H, Tsubata Y, Morioka T, Horikawa Y, Oyanagi K, Morita T, Onodera O, Kakita A

    Journal of neuropathology and experimental neurology   2018年11月

  • Chemical Landscape for Tissue Clearing Based on Hydrophilic Reagents. 査読 国際誌

    Kazuki Tainaka, Tatsuya C Murakami, Etsuo A Susaki, Chika Shimizu, Rie Saito, Kei Takahashi, Akiko Hayashi-Takagi, Hiroshi Sekiya, Yasunobu Arima, Satoshi Nojima, Masako Ikemura, Tetsuo Ushiku, Yoshihiro Shimizu, Masaaki Murakami, Kenji F Tanaka, Masamitsu Iino, Haruo Kasai, Toshikuni Sasaoka, Kazuto Kobayashi, Kohei Miyazono, Eiichi Morii, Tadashi Isa, Masashi Fukayama, Akiyoshi Kakita, Hiroki R Ueda

    Cell reports   24 ( 8 )   2196 - 2210   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We describe a strategy for developing hydrophilic chemical cocktails for tissue delipidation, decoloring, refractive index (RI) matching, and decalcification, based on comprehensive chemical profiling. More than 1,600 chemicals were screened by a high-throughput evaluation system for each chemical process. The chemical profiling revealed important chemical factors: salt-free amine with high octanol/water partition-coefficient (logP) for delipidation, N-alkylimidazole for decoloring, aromatic amide for RI matching, and protonation of phosphate ion for decalcification. The strategic integration of optimal chemical cocktails provided a series of CUBIC (clear, unobstructed brain/body imaging cocktails and computational analysis) protocols, which efficiently clear mouse organs, mouse body including bone, and even large primate and human tissues. The updated CUBIC protocols are scalable and reproducible, and they enable three-dimensional imaging of the mammalian body and large primate and human tissues. This strategy represents a future paradigm for the rational design of hydrophilic clearing cocktails that can be used for large tissues.

    DOI: 10.1016/j.celrep.2018.07.056

    PubMed

    researchmap

  • Renal histopathological findings of retinal vasculopathy with cerebral leukodystrophy. 査読

    Tsubata Y, Morita T, Morioka T, Sasagawa T, Ikarashi K, Saito N, Shimada H, Miyazaki S, Sakai S, Tanaka H, Saito R, Toyoshima Y, Nozaki H, Narita I

    CEN case reports   7 ( 1 )   83 - 89   2018年5月

  • Loss of Motor Neurons Innervating Cervical Muscles in Patients With Multiple System Atrophy and Dropped Head. 査読

    Saito R, Tada M, Toyoshima Y, Nishizawa M, Onodera O, Takahashi H, Kakita A

    Journal of neuropathology and experimental neurology   77 ( 4 )   317 - 324   2018年4月

  • 髄膜播種をきたしたEpithelioid glioblastomaの1例

    金丸 優, 棗田 学, 齋藤 理恵, 野澤 孝徳, 阿部 英明, 岡本 浩一郎, 大石 誠, 藤井 幸彦, 柿田 明美, 信澤 純人

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   104 - 105   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • 常染色体劣性遺伝性が疑われる若年発症 緩徐進行性小脳失調症の1剖検例

    齋藤 理恵, 他田 真理, 若林 允甫, 小野寺 理, 高橋 均, 池内 健, 柿田 明美, 横尾 英明

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   111 - 112   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • Nonfunctional intra- and suprasellar tumor in a patient with visual disturbance and panhypopituitarism. 査読

    Saito R, Jinguji S, Taniguchi Y, Takeuchi S, Okamoto K, Nishizawa M, Takahashi H, Kakita A

    Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   36 ( 1 )   107 - 112   2016年2月

▶ 全件表示

MISC

  • The diagnosis and management of monogenic cerebral small vessel diseases: Practical guideline by European Academy of Neurology. 国際誌

    Rie Saito, Vasileios-Arsenios Lioutas

    European journal of neurology   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Cerebral small vessel disease (cSVD) is a leading cause of stroke and lies at the heart of vascular contributions to dementia. Sporadic cSVD is well-recognized and widely studied, whereas monogenic cSVD is incompletely characterized and understood.

    DOI: 10.1111/ene.14222

    PubMed

    researchmap

  • 神経病理―変性疾患のみかた― αシヌクレイノパチー(2) 多系統萎縮症 招待

    齋藤 理恵

    病理と臨床   37 ( 7 )   640 - 645   2019年7月

     詳細を見る

  • 【神経病理update】 遺伝性脳小血管障害の神経病理

    齋藤 理恵, 伊藤 慎治, 野崎 洋明, 柿田 明美

    神経内科   88 ( 5 )   516 - 523   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 常染色体劣性遺伝性が疑われる若年発症 緩徐進行性小脳失調症の1剖検例

    齋藤 理恵, 他田 真理, 若林 允甫, 小野寺 理, 高橋 均, 池内 健, 柿田 明美, 横尾 英明

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   111 - 112   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • 髄膜播種をきたしたEpithelioid glioblastomaの1例

    金丸 優, 棗田 学, 齋藤 理恵, 野澤 孝徳, 阿部 英明, 岡本 浩一郎, 大石 誠, 藤井 幸彦, 柿田 明美, 信澤 純人

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   104 - 105   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • CADASIL姉弟剖検例の臨床病理所見

    齋藤 理恵, 豊島 靖子, 鈴木 正博, 田中 政春, 野崎 洋明, 小野寺 理, 高橋 均, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌   131 ( 5 )   313 - 314   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • PXA with anaplastic features with sarcomatous componentと組織診断した前頭葉腫瘍の1例

    小倉 良介, 伊藤 絢子, 塚本 佳広, 五十川 瑞穂, 齋藤 理恵, 青木 洋, 岡本 浩一郎, 藤井 幸彦, 高橋 均, 柿田 明美

    The Kitakanto Medical Journal   66 ( 2 )   172 - 173   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北関東医学会  

    researchmap

  • 末梢神経障害と後索変性を伴った中年期発症の脊髄小脳変性症の1剖検例

    齋藤 理恵, 他田 真理, 谷 卓, 小池 亮子, 五十嵐 修一, 山崎 元義, 小野寺 理, 西澤 正豊, 高橋 均, 柿田 明美

    信州医学雑誌   63 ( 1 )   70 - 71   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • A case of 77-year-old male with spinocerebellar ataxia type 31 with left dominant dystonia

    Rie Saito, Mami Kanzaki, Yoshikazu Uesaka

    Clinical Neurology   55 ( 6 )   434   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Societas Neurologica Japonica  

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000677

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 左右差の強い下肢ジストニアをみとめたspinocerebellar ataxia type 31(SCA31)の1例

    齋藤 理恵, 菊野 庄太, 前田 明子, 上坂 義和, 井田 雅祥

    臨床神経学   54 ( 8 )   643 - 647   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    症例は77歳男性である。56歳頃から左下肢の引きずりと、構音障害が出現した。症状は緩徐に進行し発症7年で杖歩行、10年で車いすが必要になった。62歳時当院初診、脊髄小脳変性症の診断にて、タルチレリンを開始した。今回、脳梗塞のため入院した。入院時神経学的所見として右不全片麻痺と小脳失調症状に加え左下肢のジストニアをみとめた。遺伝子検査をおこなったところspinocerebellar ataxia type 31(SCA31)に特異性の高い、PLEKHG4遺伝子の1塩基置換(-16C>T)と、SCA31 locusにおいて挿入変異をみとめSCA31と診断した。ジストニアを呈するSCA31の既報告はなく、貴重な症例と考え報告する。(著者抄録)

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.54.643

    researchmap

  • 左右差の強い下肢ジストニアを認めSCA31が疑われた77歳男性例 査読

    齋藤 理恵, 菊野 庄太, 前田 明子, 上坂 義和, 井田 雅祥

    臨床神経学   53 ( 6 )   488 - 488   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • もやもや病を合併したTurner症候群の41歳女性例 査読

    齋藤 理恵, 吉田 達彌, 堤内 路子, 前田 明子, 上坂 義和, 原 貴行

    臨床神経学   53 ( 2 )   144 - 144   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • IVt-PA例と血管内治療追加例の検討 査読

    齋藤 理恵, 堤内 路子, 前田 明子, 上坂 義和, 早川 幹人, 松丸 祐司

    臨床神経学   52 ( 12 )   1420 - 1420   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • ステロイド治療にて低左心機能、アミオダロン誘発性甲状腺中毒症を救命しえた1例

    齋藤 理恵, 三谷 治夫, 田尾 進, 石綿 清雄, 山口 徹, 大野 実, 竹内 靖博

    日本内科学会雑誌   98 ( 10 )   2589 - 2591   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    72歳男。患者は体重減少、全身倦怠感を主訴とした。拡張型心筋症で両心室ペーシングを挿入しており、2005年に発作性心房細動に対してアミオダロンを導入した。しかし、2008年2月から徐々にF-T4の上昇とTSH(thyroid stimulating hormone)の低下がみられ、同年6月の外来で明らかな甲状腺中毒症を認め、精査加療のため入院となった。甲状腺99mTcシンチグラムでは甲状腺機能亢進症は否定的で、アミオダロン内服によってII型のamiodarone-induced-thyrotoxicosis(AIT)、破壊性甲状腺炎型が生じたものと考えられた。そこで、アミオダロンを中止して10日間経過をみたが、甲状腺ホルモンの有意な低下を認めず、プレドニゾロン30mgの内服を開始した。開始後2週間目にはF-T3が正常化し、臨床的にも改善が認められ、更に2ヵ月後にはF-T4が、3ヵ月後にはTSHも正常化した。以上、AITでは早期のもT3低下作用を期待して、ステロイド治療を検討すべきと考えられた。

    DOI: 10.2169/naika.98.2589

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Cerebral small vessel disease: white matter degeneration revealed by 3D histopathologic evaluation

    Rie Saito

    The 62nd annual meeting of the Japanese Society of Neuropathology  2021年5月 

     詳細を見る

  • 3D histopathologic analysis of degenerative vasculature and white matte in small-vessel diseases

    Rie Saito, Akiyoshi Kakita

    The 10thNIPS-PRI-BRINU. joint Symposium  2021年3月 

     詳細を見る

  • 孤発性脳小血管病とCADASIL:剖検脳の白質変性に関する組織像の定量的解析

    齋藤 理恵

    第60回神経病理学会総会  2019年7月 

     詳細を見る

  • 3D解析を用いたHTRA1ヘテロ接合体とCADASIL例の脳小血管変性の特徴

    齋藤理恵, 田井中一貴, 柿田明美

    アメリカ神経学会総会2019  2019年5月 

     詳細を見る

  • CADASIL and CARASIL 招待 国際会議

    齋藤 理恵

    19th International Congress of Neuropathology  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

受賞

  • Excellent English oral presentation Award

    2021年5月   Japanese society of Neuropathology   cerebral small vessel disease: white matter degeneration revealed by 3D histopathologic evaluation

     詳細を見る

  • 第57回神経病理学会総会学術研究会 優秀ポスター賞

    2016年6月   日本神経病理学会  

    齋藤 理恵

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 脳ミクロアンギオパチーの病理基盤解明と体系化

    研究課題/領域番号:20K16595  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    齋藤 理恵

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • デジタル3D神経病理学の創成

    研究課題/領域番号:20K20468  2019年6月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)  挑戦的研究(開拓)

    柿田 明美, 北浦 弘樹, 田井中 一貴, 齋藤 理恵

      詳細を見る

    配分額:25870000円 ( 直接経費:19900000円 、 間接経費:5970000円 )

    神経病理学的診断を行っていると、通常の組織標本、つまり2次元平面に薄切した標本の観察では、脳病変を正しく評価できないのではないか、と思うことがある。脳は、つくりが複雑で機能単位がことさら立体的だからである。本研究では、ヒト脳組織透明化・3Dイメージング技術を用いて、ヒト脳における神経細胞やグリア細胞の配列やネットワーク、更には微小血管の分布を3次元で鮮明に捉え、‘立体的機能ユニット’における正常と異常を明らかにする。つまり定量的なデジタル3D神経病理学を創成し、ブレインサイエンスにおける形態学的イノベーションを開拓することを目的とする。そのための技術開発を進め、病理診断の現場や研究におけるデファクトスタンダードに昇華させるため、(1) ‘立体的機能ユニット’を丸ごと解析するための多色繰り返し染色法と、(2) 微細構造観察のための高度組織膨潤透明化プロトコールを開発し、(3) ヒト標準脳3Dマップ “21世紀版ブロードマン地図” を作成する。そしてデジタル3D神経病理学の有用性を実証する計画である。
    当該年度においては、ヒト脳組織透明化における最大の光学的課題:自家蛍光および褐変(マウス等の脳を透明化する際には特段問題とはならない)、の克服に成功し、これらを高度に抑制する透明化プロトコール:いわば「ヒト脳組織に特化した透明化試薬」の開発に成功した。また、この手法に適用可能な3D用各種一般蛍光染色およびホールマウント免疫染色技術を確立した。

    researchmap

  • 血管性認知症:脳小血管病の臨床病理診断基準の確立へ向けて

    2018年8月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費:研究活動スタート支援 

    齋藤 理恵

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

その他研究活動