2021/10/11 更新

写真a

ウスイ ケンジ
臼井 賢司
USUI Kenji
所属
医歯学総合病院 消化器外科 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2019年3月 )

研究キーワード

  • 消化器外科

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   光学医療診療部   助教

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 消化器外科   特任助教

    2021年4月 - 2021年9月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 光学医療診療部   助教

    2018年10月 - 2021年3月

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • [Chemoresistance in Microsatellite Instability-High Gastric Cancer-A Case Report]. 査読

    Otani T, Ichikawa H, Hanyu T, Ishikawa T, Sakai T, Nemoto M, Muneoka Y, Usui K, Sudo N, Kano Y, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1895 - 1897   2018年12月

     詳細を見る

  • [A Case of Gastric Cancer with Splenic Artery Aneurysm, Intraoperative ICG Fluorography Is Useful in Evaluating the Blood Flow of Stomach and Spleen]. 査読

    Usui K, Sakamoto K, Akabane K, Hayasaka K, Mizuki T, Yagi Y, Shirahata Y, Ichikawa H, Hanyu T, Ishikawa T, Kameyama H, Suzuki S, Saito K, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1497 - 1499   2017年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer with Portosystemic Shunt Successfully Treated with Percutaneous Transvenous Coil Embolization]. 査読

    Usui K, Hanyu T, Ichikawa H, Ishikawa T, Muneoka Y, Sato Y, Kano Y, Otani T, Hishiki M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   1917 - 1919   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer Resected for Rebleeding after Palliative Radiotherapy for Hemostasis]. 査読

    Muneoka Y, Ichikawa H, Ishikawa T, Hanyu T, Sato Y, Kano Y, Usui K, Otani T, Hishiki M, Miura K, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Kosugi S, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   1936 - 1938   2016年11月

     詳細を見る

  • [A Case of Simultaneous Multiple Gastric Cancers Showing Differences of Response after Neoadjuvant Chemotherapy with Docetaxel, CDDP, and S-1]. 査読

    Sakai T, Ichikawa H, Ishikawa T, Kosugi S, Hanyu T, Usui K, Muneoka Y, Otani T, Hishiki M, Nagahashi M, Sakata J, Kobayashi T, Kameyama H, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2377 - 2379   2016年11月

     詳細を見る

  • Prognostic significance of NQO1 expression in esophageal squamous cell carcinoma after preoperative chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil followed by curative esophagectomy 査読

    Hiroshi Ichikawa, Shin-ichi Kosugi, Yuki Hirose, Yasunobu Matsuda, Takashi Ishikawa, Takaaki Hanyu, Kenji Usui, Yusuke Muneoka, Masayuki Nagahashi, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY   9 ( 7 )   7393 - 7401   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E-CENTURY PUBLISHING CORP  

    NAD(P) H:quinone oxidoreductase-1 (NQO1) confers resistance to anticancer agents, particularly to oxidative stress inducers such as cisplatin or 5-fluorouracil in malignant tumors. Here we evaluated the association between NQO1 expression in esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) cells and the patients' responses to preoperative chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil (CF), and we elucidated the prognostic significance of NQO1 expression in ESCC patients. We retrospectively analyzed the cases of 40 patients who underwent preoperative CF therapy followed by curative esophagectomy with lymphadenectomy. Immunohistochemistry of the surgically resected specimens was conducted using the primary monoclonal antibody against NQO1. Eighteen of the 40 patients (45%) had tumors that showed high NQO1 expression (NQO1-high group). The poorer histological response to preoperative CF therapy was dominant in the NQO1-high group compared to the NQO1-low group (72% and 45%, respectively) but the difference was not significant (P=0.09). The 3-year recurrence-free survival rate after esophagectomy in the NQO1-high group was significantly lower compared to the NQO1-low group (39% vs. 76%; P<0.01). A Cox proportional hazards model revealed that high NQO1 expression was an independent unfavorable prognostic factor (HR=3.53; P=0.02) as was pN3 (HR=14.7; P<0.01). The immunohistochemical evaluation of NQO1 expression has potential to predict the treatment response and prognosis in patients who undergo preoperative CF therapy followed by esophagectomy for ESCC.

    Web of Science

    researchmap

  • [Surgical Resection after Chemotherapy for Ampullary Carcinoma with Synchronous Liver Metastasis--Report of a Case]. 査読

    Shimada T, Sakata J, Yamamoto J, Usui K, Naito T, Tani T, Hasegawa J, Shimakage N, Kobayashi T, Wakai T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1758 - 1760   2015年11月

     詳細を見る

  • A case of cardiopulmonary arrest due to hypersensitivity reaction to oxaliplatin for multiple liver and lung metastases of colon cancer 査読

    Hiroshi Tamura, Hitoshi Kameyama, Koji Toge, Kenji Usui, Takehiko Enomoto, Naozumi Watanabe, Tatsuhiko Hayashi, Yoshifumi Shimada, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1844 - 1845   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 69-year-old man underwent right hemicolectomy and D3 lymphadenectomy for transverse colon cancer in 2009. Under the postoperative pathological diagnosis of Stage III b (pT3pN2cM0) cancer, he was given 8 courses of adjuvant chemotherapy with capecitabine. After the chemotherapy, in April 2013, we detected recurrence of the multiple liver and lung metastases
    thus, we administered modified 5-fluorouracil, Leucovorin, oxaliplatin (mFOLFOX6) and bevacizumab. Six courses of oxaliplatin infusion were completed uneventfully. However, 3 min after starting the seventh infusion courses, the patient experienced cardiopulmonary arrest. We immediately performed cardiopulmonary resuscitation. The patient's anaphylaxis symptoms resolved after treatment with intravenous epinephrine. He was discharged 3 days after the event with no further complications. Clinicians should be aware that oxaliplatin-induced anaphylactic shock often occurs during the eighth infusion cycle and that this severe hypersensitivity reaction is difficult to predict and prevent.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 早期胃癌根治術後患者における骨格筋量及び体重の長期的経時変化

    臼井 賢司, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   74回   P46 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 食道扁平上皮癌リンパ行性進展におけるphospho-sphingosine kinase 1発現の意義

    市川 寛, 根本 万理子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 廣瀬 雄己, 油座 築, 田島 陽介, 石川 卓, 羽入 隆晃, 角田 知行, 加納 陽介, 須藤 翔, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 三浦 宏平, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1063 - 1063   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 経口摂取困難な食道癌に対する術前化学療法の意義

    根本 万理子, 市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 角田 知行, 佐藤 優, 須藤 翔, 臼井 賢司, 加納 陽介, 宗岡 悠介, 大渓 隆弘, 酒井 剛, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2314 - 2314   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後患者における健康関連QOLの長期的な推移

    大渓 隆弘, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 角田 知行, 佐藤 優, 加納 陽介, 臼井 賢司, 宗岡 悠介, 酒井 剛, 根本 万理子, 須藤 翔, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1979 - 1979   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行・再発GISTに対するイマチニブの治療効果

    鈴木 聡, 坂本 薫, 白幡 康弘, 臼井 賢司, 永井 佑, 太田 依璃子, 神田 達夫, 三科 武

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1988 - 1988   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆管癌出血による血腫性胆道閉塞に対してメタリックステントにて減黄し、手術出来た1例

    太田 依璃子, 白幡 康弘, 永井 佑, 臼井 賢司, 坂本 薫, 鈴木 聡, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 2 )   442 - 442   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 急性腹症を呈した侵襲性肺炎球菌の一例

    白幡 康弘, 太田 依璃子, 永井 佑, 臼井 賢司, 坂本 薫, 鈴木 聡, 三科 武

    日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 2 )   439 - 439   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腹部救急医学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術に続発した会陰ヘルニアの1例

    臼井 賢司, 坂本 薫, 永井 佑, 八木 寛, 大滝 雅博

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP224 - 01   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 術中ICG蛍光法で血流評価を行った脾動脈瘤併存胃癌の1例

    臼井 賢司, 坂本 薫, 赤羽根 健太郎, 早坂 一希, 水木 亨, 八木 寛, 白幡 康弘, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 亀山 仁史, 鈴木 聡, 斉藤 聖宏, 若井 俊文

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1497 - 1499   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は81歳、女性。胃体中部小彎の2型胃癌の診断で当院へ紹介された。術前CTで脾門部に径15mm大の石灰化を伴う脾動脈瘤が偶発的に発見された。脾動脈瘤塞栓術(transcatheter arterial embolization:TAE)を先行して手術を行う方針となった。金属コイルを用いてTAEを行い、TAE後の脾臓の血流は主として左胃動脈からの側副血行路で保たれていることが確認された。TAE後14病日に手術を行った。左胃動脈を除く血管処理を終えた後に左胃動脈の血流を遮断し、indocyanine green(ICG)蛍光法で胃と脾臓の血流が保たれていることを確認した。膵臓を介して脾臓の血流が確保されていると判断し、脾臓を温存して幽門側胃切除術を行った。術後経過は良好であり、術後11病日に退院した。脾動脈瘤併存胃癌の手術では、脾摘を伴う胃全摘まで必要となる可能性がある。TAEを先行して側副血行路を確認し、術中ICG蛍光法を用いた血流評価を行うことで脾臓温存と胃全摘の回避が可能であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 右尿管転移をきたした直腸癌の1例

    永井 佑, 坂本 薫, 臼井 賢司, 鈴木 聡, 三科 武

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   757 - 757   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 十二指腸GISTとの鑑別が必要であった後腹膜原発paragangliomaの1例

    赤羽根 健太郎, 坂本 薫, 早坂 一希, 水木 亨, 臼井 賢司, 八木 寛, 白幡 康弘, 鈴木 聡

    山形県医師会学術雑誌   52   123 - 123   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山形県医師会  

    researchmap

  • 遺伝性血管浮腫の1例

    峠 弘治, 渡邊 直純, 臼井 賢司, 榎本 剛彦, 濱 勇, 林 達彦

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1604 - 1608   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は42歳,男性.腹痛を主訴に当院救急外来を受診.CTにて限局性の小腸炎の診断で点滴目的に入院となった.診察時,陰嚢浮腫を認めた.弟や姪が非対称性の顔面や口唇の浮腫をきたした家族歴があり,しばしば腹痛を呈していたことから遺伝性血管浮腫を疑い,補体のC4およびC1インヒビター(C1-INH)を検査した.C4,C1インアクチベーターはいずれも低下しており,遺伝性血管浮腫と診断した.遺伝性血管浮腫はC1-INHの量的欠損または機能的な減弱によって起きる遺伝性疾患である.精神的・肉体的ストレスを誘因として顔面や咽頭,腸管浮腫をきたす.稀な疾患ではあるが,急性腹症を呈する疾患として鑑別に挙げるべきである.今回,われわれは当院において遺伝性血管浮腫の1症例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.76.1604

    researchmap

▶ 全件表示