2021/06/24 更新

写真a

ウエダ ダイジロウ
上田 大次郎
UEDA Daijiro
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 助教
農学部 農学科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 2018年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • テルぺノイド

  • テルペン

  • 香料

  • 生合成

  • 天然物

  • イソプレノイド

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  / 生合成

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   自然科学系(農学部)   助教

    2019年1月 - 現在

      詳細を見る

  • 千葉大学   工学部 共生応用化学科   日本学術振興会特別研究員PD

    2018年4月 - 2018年12月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   日本学術振興会特別研究員DC1

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   ティーチングアシスタント

    2013年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   農学部 農学科   助教

    2019年1月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   自然科学研究科博士後期課程   生命・食料科学専攻

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科博士前期課程   生命・食料科学専攻

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部   応用生物化学科

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Construction of an artificial system for ambrein biosynthesis and investigation of some biological activities of ambrein 査読

    Yota Yamabe, Yukina Kawagoe, Kotone Okuno, Mao Inoue, Kanako Chikaoka, Daijiro Ueda, Yuko Tajima, Tadasu K. Yamada, Yoshito Kakihara, Takashi Hara, Tsutomu Sato

    Scientific Reports10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>Ambergris, a sperm whale metabolite, has long been used as a fragrance and traditional medication, but it is now rarely available. The odor components of ambergris result from the photooxidative degradation of the major component, ambrein. The pharmacological activities of ambergris have also been attributed to ambrein. However, efficient production of ambrein and odor compounds has not been achieved. Here, we constructed a system for the synthesis of ambrein and odor components. First, we created a new triterpene synthase, “ambrein synthase,” for mass production of ambrein by redesigning a bacterial enzyme. The ambrein yields were approximately 20 times greater than those reported previously. Next, an efficient photooxidative conversion system from ambrein to a range of volatiles of ambergris was established. The yield of volatiles was 8–15%. Finally, two biological activities, promotion of osteoclast differentiation and prevention of amyloid β-induced apoptosis, were discovered using the synthesized ambrein.

    DOI: 10.1038/s41598-020-76624-y

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-76624-y

  • Characterization of Class IB Terpene Synthase: The First Crystal Structure Bound with a Substrate Surrogate. 査読 国際誌

    Rafaella Stepanova, Hayato Inagi, Kei Sugawara, Kazuya Asada, Tomoyuki Nishi, Daijiro Ueda, Yoko Yasuno, Tetsuro Shinada, Kunio Miki, Masahiro Fujihashi, Tsutomu Sato

    ACS chemical biology15 ( 6 ) 1517 - 1525   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Terpene synthases (TS) are classified into two broad types, Class I and II, based on the chemical strategy for initial carbocation formation and motif sequences of the catalytic site. We have recently identified a new class of enzymes, Class IB, showing the acceptability of long (C20-C35) prenyl-diphosphates as substrates and no amino acid sequence homology with known TS. Conversion of long prenyl-diphosphates such as heptaprenyl-diphosphate (C35) is unusual and has never been reported for Class I and II enzymes. Therefore, the characterization of Class IB enzymes is crucial to understand the reaction mechanism of the extensive terpene synthesis. Here, we report the crystal structure bound with a substrate surrogate and biochemical analysis of a Class IB TS, using the enzyme from Bacillus alcalophilus (BalTS). The structure analysis revealed that the diphosphate part of the substrate is located around the two characteristic Asp-rich motifs, and the hydrophobic tail is accommodated in a unique hydrophobic long tunnel, where the C35 prenyl-diphosphate, the longest substrate of BalTS, can be accepted. Biochemical analyses of BalTS showed that the enzymatic property, such as Mg2+ dependency, is similar to those of Class I enzymes. In addition, a new cyclic terpene was identified from BalTS reaction products. Mutational analysis revealed that five of the six Asp residues in the Asp-rich motifs and two His residues are essential for the formation of the cyclic skeleton. These results provided a clue to consider the application of the unusual large terpene synthesis by Class IB enzymes.

    DOI: 10.1021/acschembio.0c00145

    PubMed

    researchmap

  • Insight into Isoprenoid Biosynthesis by Functional Analysis of Isoprenyl Diphosphate Synthases from Mycobacterium vanbaalenii and Mycobacterium tuberculosis. 査読 国際誌

    Tohru Abe, Sadamu Ozaki, Daijiro Ueda, Tsutomu Sato

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Comprehensive functional analyses of E-isoprenyl diphosphate synthases (E-IDSs) from nonpathogenic Mycobacterium vanbaalenii have been performed. Mv0992 and Mv1577 represent a nonaprenyl diphosphate (E-C45 ) synthase and a geranylgeranyl diphosphate (E-C20 ) synthase, respectively. Although Mv3536 was identified as an E-C20 synthase using a single enzyme, co-incubation of Mv3536 and Z-IDSs (Mv4662 and Mv3822) strongly suggested it releases an intermediate geranyl diphosphate (E-C10 ) during a continuous condensation reaction. Mv0992 and Mv3536 functions differed from those of the previously reported pathogenic Mycobacterium tuberculosis homologues Rv0562 and Rv2173, respectively. Re-analysis of Rv0562 and Rv2173 demonstrated that their functions were similar to those of Mv0992 and Mv3536 (Rv0562: E-C45 synthase; Rv2173: E-C10-15 synthase). The newly proposed functions of Rv0562 and Rv2173 would be in the biosynthesis of menaquinone and glycosyl carrier lipids essential for growth. Furthermore, a reduced allylic diphosphate could be used as the Z-IDS of the Mv3822 substrate, thereby introducing a potentially novel pathway of cyclic sesquarterpene biosynthesis.

    DOI: 10.1002/cbic.202000235

    PubMed

    researchmap

  • An Aromatic Farnesyltransferase Functions in Biosynthesis of the Anti-HIV Meroterpenoid Daurichromenic Acid. 査読 国際誌

    Haruna Saeki, Ryota Hara, Hironobu Takahashi, Miu Iijima, Ryosuke Munakata, Hiromichi Kenmoku, Kazuma Fuku, Ai Sekihara, Yoko Yasuno, Tetsuro Shinada, Daijiro Ueda, Tomoyuki Nishi, Tsutomu Sato, Yoshinori Asakawa, Fumiya Kurosaki, Kazufumi Yazaki, Futoshi Taura

    Plant physiology178 ( 2 ) 535 - 551   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rhododendron dauricum produces daurichromenic acid, an anti-HIV meroterpenoid, via oxidative cyclization of the farnesyl group of grifolic acid. The prenyltransferase (PT) that synthesizes grifolic acid is a farnesyltransferase in plant specialized metabolism. In this study, we demonstrated that the isoprenoid moiety of grifolic acid is derived from the 2-C-methyl-d-erythritol-4-phosphate pathway that takes place in plastids. We explored candidate sequences of plastid-localized PT homologs and identified a cDNA for this PT, RdPT1, which shares moderate sequence similarity with known aromatic PTs. RdPT1 is expressed exclusively in the glandular scales, where daurichromenic acid accumulates. In addition, the gene product was targeted to plastids in plant cells. The recombinant RdPT1 regiospecifically synthesized grifolic acid from orsellinic acid and farnesyl diphosphate, demonstrating that RdPT1 is the farnesyltransferase involved in daurichromenic acid biosynthesis. This enzyme strictly preferred orsellinic acid as a prenyl acceptor, whereas it had a relaxed specificity for prenyl donor structures, also accepting geranyl and geranylgeranyl diphosphates with modest efficiency to synthesize prenyl chain analogs of grifolic acid. Such a broad specificity is a unique catalytic feature of RdPT1 that is not shared among secondary metabolic aromatic PTs in plants. We discuss the unusual substrate preference of RdPT1 using a molecular modeling approach. The biochemical properties as well as the localization of RdPT1 suggest that this enzyme produces meroterpenoids in glandular scales cooperatively with previously identified daurichromenic acid synthase, probably for chemical defense on the surface of R. dauricum plants.

    DOI: 10.1104/pp.18.00655

    PubMed

    researchmap

  • A Non-Enzymatic Pathway with Superoxide in Intracellular Terpenoid Synthesis. 査読 国際誌

    Daijiro Ueda, Saori Matsugane, Wataru Okamoto, Masayuki Hashimoto, Tsutomu Sato

    Angewandte Chemie (International ed. in English)57 ( 32 ) 10347 - 10351   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Non-C5 -units terpenoids (norisoprenoids) with an acetonyl group are widely distributed in nature. However, studies on the biosynthesis of norisoprenoids are scarce. Now, the C33 norisoprenoid, (all-E)-farnesylfarnesylacetone, was identified from Bacillus spp. and it was elucidated for the first time that superoxide mediates the cleavage of menaquinones (vitamin K) to form norisoprenoids in saponification treatment. From in vivo experiments using gene-disrupted Bacillus subtilis strains targeted for enzymes responsible for menaquinone biosynthesis and for superoxide dismutase, it was suggested that the non-enzymatic cleavage (autoxidation) of menaquinone with superoxide resulted in norisoprenoid synthesis in Bacillus cells. Furthermore, the bioactive norisoprenoids, farnesylacetone and phytone, were produced in Bacillus cells by this novel synthesis system.

    DOI: 10.1002/anie.201805383

    PubMed

    researchmap

  • Crystal structure and functional analysis of large-terpene synthases belonging to a newly found subclass 査読

    Masahiro Fujihashi, Tsutomu Sato, Yuma Tanaka, Daisuke Yamamoto, Tomoyuki Nishi, Daijiro Ueda, Mizuki Murakami, Yoko Yasuno, Ai Sekihara, Kazuma Fuku, Tetsuro Shinada, Kunio Miki

    Chemical Science9 ( 15 ) 3754 - 3758   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    Thousands of terpenes have been identified to date. However, only two classes of enzymes are known to be involved in their biosynthesis, and each class has characteristic amino-acid motifs. We recently identified a novel large-terpene (C25/C30/C35) synthase, which shares no motifs with known enzymes. To elucidate the molecular mechanism of this enzyme, we determined the crystal structure of a large-β-prene synthase from B. alcalophilus (BalTS). Surprisingly, the overall structure of BalTS is similar to that of the α-domain of class I terpene synthases although their primary structures are totally different from each other. Two novel aspartate-rich motifs, DYLDNLxD and DY(F,L,W)IDxxED, are identified, and mutations of any one of the aspartates eliminate its enzymatic activity. The present work leads us to propose a new subclass of terpene synthases, class IB, which is probably responsible for large-terpene biosynthesis.

    DOI: 10.1039/c8sc00289d

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Bioinspired synthesis of pentacyclic onocerane triterpenoids 査読

    Florian Bartels, Young J. Hong, Daijiro Ueda, Manuela Weber, Tsutomu Sato, Dean J. Tantillo, Mathias Christmann

    CHEMICAL SCIENCE8 ( 12 ) 8285 - 8290   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The first chemical synthesis of pentacyclic onocerane triterpenoids has been achieved. A putative biomimetic tricyclization cascade is employed to forge a fused decalin-/oxepane ring system. The synthetic route proceeds to (+)-cupacinoxepin in seven steps and to (+)-onoceranoxide in eight steps in the longest linear sequence, when starting from geranyl chloride and (+)-sclareolide. The bioinspired epoxypolyene cyclization is supported by computational and enzymatic studies.

    DOI: 10.1039/c7sc03903d

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of the Catalytic Mechanism of Bifunctional Triterpene/Sesquarterpene Cyclase: Tyr167 Functions To Terminate Cyclization of Squalene at the Bicyclic Step 査読

    Liudmila Tenkovskaia, Mizuki Murakami, Kotone Okuno, Daijiro Ueda, Tsutomu Sato

    CHEMBIOCHEM18 ( 19 ) 1910 - 1913   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Onoceroids are a group of triterpenes biosynthesized from squalene or dioxidosqualene by cyclization from both termini. We previously identified a bifunctional triterpene/sesquarterpene cyclase (TC) that constructs a tetracyclic scaffold from tetraprenyl--curcumene (C-35) but a bicyclic scaffold from squalene (C-30) in the first reaction. TC also accepts the bicyclic intermediate as a substrate and generates tetracyclic and pentacyclic onoceroids in the second reaction. In this study, we analyzed the catalytic mechanism of an onoceroid synthase by using mutated enzymes. TCY167A produced an unnatural tricyclic triterpenol, but TCY167L, TCY167F, and TCY167W formed small quantities of tricyclic compounds, which suggested that the bulk size at Y167 contributed to termination of the cyclization of squalene at the bicyclic step. Our findings provide insight into the unique catalytic mechanism of TC, which triggers different cyclization modes depending on the substrate. These findings may facilitate the large-scale production of an onoceroid for which natural sources are limited.

    DOI: 10.1002/cbic.201700329

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Biosynthesis of Sesterterpenes, Head-to-Tail Triterpenes, and Sesquarterpenes in Bacillus clausii: Identification of Multifunctional Enzymes and Analysis of Isoprenoid Metabolites 査読

    Daijiro Ueda, Hiroaki Yamaga, Mizuki Murakami, Yusuke Totsuka, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    CHEMBIOCHEM16 ( 9 ) 1371 - 1377   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    We performed functional analysis of recombinant enzymes and analysis of isoprenoid metabolites in Bacillus clausii to gain insights into the biosynthesis of rare terpenoid groups of sesterterpenes, head-to-tail triterpenes, and sesquarterpenes. We have identified an (all-E)-isoprenyl diphosphate synthase (E-IDS) homologue as a trifunctional geranylfarnesyl diphosphate (GFPP)/hexaprenyl diphosphate (HexPP)/heptaprenyl diphosphate (HepPP) synthase. In addition, we have redefined the function of a tetraprenyl--curcumene synthase homologue as that of a trifunctional sesterterpene/triterpene/sesquarterpene synthase. This study has revealed that GFPP, HexPP, and HepPP, intermediates of two isoprenoid pathways (acyclic terpenes and menaquinones), are biosynthesized by one trifunctional E-IDS. In addition, GFPP/HexPP and HepPP are the primary substrates for the biosynthesis of acyclic terpenes and menaquinone-7, respectively.

    DOI: 10.1002/cbic.201500138

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Cyclization of Squalene from Both Termini: Identification of an Onoceroid Synthase and Enzymatic Synthesis of Ambrein 査読

    Daijiro Ueda, Tsutomu Hoshino, Tsutomu Sato

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY135 ( 49 ) 18335 - 18338   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The onoceroids are triterpenoids biosynthesized from squalene or (3S)-2,3-oxidosqualene by cyclization from both termini. We recently revealed that tetraprenyl-beta-curcumene cyclase from Bacillus megaterium (BmeTC) is a bifunctional triterpene/sesquarterpene cyclase that converts head-to-tail tetraprenyl-beta-curcumene and tail-to-tail squalene into pentacyclic and bicyclic products, respectively, in vivo. Here, we reveal that BmeTC has an unprecedented catalytic function in cyclizing squalene from both termini and is the first onoceroid synthase. We also report the first onoceroids from bacterial origin. Our discoveries suggest that symmetric and asymmetric onoceroids could be biosynthesized by a single enzyme via an intermediate cyclized at one terminus of squalene. Furthermore, the new function of BmeTC enabled the synthesis of (+)-ambrein, a major constituent of ambergris that is difficult to obtain naturally, via a mutated squalene-hopene cyclase-catalyzed reaction from easily available squalene.

    DOI: 10.1021/ja4107226

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • テルペン生合成酵素の研究とアンブレインへの応用 招待

    上田 大次郎, 佐藤 努

    The TAKASAGO times183   29 - 32   2019年5月

     詳細を見る

  • 気になった論文 招待

    上田 大次郎

    生命科学研究レター57   21 - 23   2018年10月

     詳細を見る

  • 龍涎香に関する研究 招待

    上田 大次郎, 佐藤 努

    香料 ( 273 ) 53 - 59   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本香料協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 龍涎香の主成分アンブレインの酵素合成 招待

    上田 大次郎, 星野力, 佐藤努

    Aroma Res16 ( 2 ) 142 - 143   2015年5月

     詳細を見る

  • 龍涎香の主成分アンブレインの酵素合成 招待

    上田 大次郎, 星野力, 佐藤努

    バイオサイエンスとインダストリー72 ( 5 ) 410 - 411   2014年9月

     詳細を見る

  • セスクアテルペン環化酵素を基軸とするテルペン創出経路の開拓

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 岡本 渉, 遠塚 悠輔, 品田 哲郎, 星野 力, 佐藤 努

    天然有機化合物討論会講演要旨集56 ( 0 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:天然有機化合物討論会実行委員会  

    &lt;p&gt;はじめに&lt;/p&gt;&lt;p&gt;我々は、天然物探索から新規C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;テルペンを発見して以来、C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;テルペンに着目して研究を行っている&lt;sup&gt;1-6)&lt;/sup&gt;。50,000種類を超えるテルペン類の中で、C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;テルペンには長らく特別な分類名がなかったが、直鎖状C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;イソプレノイドの環化を経る経路を酵素・遺伝子レベルで初めて証明し、「セスクアテルペン」と命名した&lt;sup&gt;2-5)&lt;/sup&gt;。本経路には、1990年代から数多く見出されてきたテルペン環化酵素の一次構造と類似性をもたない「新型」テルペン環化酵素(テトラプレニル-β-クルクメン合成酵素:TS)が関わることを明らかにした(Scheme 1)&lt;sup&gt;2-5)&lt;/sup&gt;。また、Bacillus megaterium由来のテトラプレニル-β-クルクメン環化酵素(TC)は、C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;とC&lt;sub&gt;30&lt;/sub&gt;の基質から各々4環と2環を形成する二機能性テルペン環化酵素であることを証明した&lt;sup&gt;2,3,6)&lt;/sup&gt;。異なる2種類のテルペンを生体内で生合成する初めてのテルペン環化酵素であった(Scheme 1)&lt;sup&gt;2,3,6)&lt;/sup&gt;。&lt;/p&gt;&lt;p&gt;今回、セスクアテルペン環化酵素であるTSおよびTCに関する研究をさらに展開し、テルペン創出経路を開拓したので報告する。&lt;/p&gt;&lt;p&gt; &lt;/p&gt;&lt;p&gt;1)TSホモログのゲノムマイニングによる新規セスタテルペン・新規トリテルペンの発見&lt;sup&gt;7)&lt;/sup&gt;&lt;/p&gt;&lt;p&gt;TSホモログは、様々なバクテリアにおいて機能未知遺伝子として存在している。今回、手始めに好アルカリ性のBacillus clausiiのもの(Bcl-TS)をターゲットにした。B. clausiiゲノムにおいてTSホモログが存在するにも関わらず、菌体から化合物1が検出されなかった。一方、テルペン類と考えられる未知脂質(5と6)がGC-MSによって検出されたため、それらを単離・構造決定した。その結果、新規非環状セスタテルペン(5)と新規非環状トリテルペン(6)であることが判明した。各々β-geranylfarneseneおよびβ-hexapreneと命名した。&lt;/p&gt;&lt;p&gt;B. clausiiゲノムにおいてBcl-TS以外にテルペン合成酵素ホモログが存在しないことから、Bcl-TSが化合物5と6の生合成に寄与していることが考えられた。Bcl-TSの大腸菌発現系を構築後、精製Bcl-TSによってGFPP(C&lt;sub&gt;25&lt;/sub&gt;)とHexPP(C&lt;sub&gt;30&lt;/sub&gt;)から各々5と6が生成されることをin vitroで証明した(Scheme 2)。&lt;/p&gt;&lt;p&gt;Table 1に示したように、化合物5と6は多くの好アルカリ性Bacillusに分布していた&lt;sup&gt;7)&lt;/sup&gt;。以前、B. alcalophilusのような好アルカリ性Bacillusはスクアレン3やデヒドロスクアレンを生産することが報告されていたが&lt;sup&gt;8)&lt;/sup&gt;、我々は化合物5と6が生産されていると訂正した。&lt;/p&gt;&lt;p&gt; 本研究によって、TSホモログがセスクアテルペン(C&lt;sub&gt;35&lt;/sub&gt;)だけでなくC&lt;sub&gt;25&lt;/sub&gt;やC&lt;sub&gt;30&lt;/sub&gt;のような様々なテルペン合成酵素のファミリーであることが判明した。今後も、TSホモログのゲノムマイニングによって多くの新規テルペンを発見できるのではないかと期待している。&lt;/p&gt;&lt;p&gt;2)TCによる&lt;/p&gt;&lt;p&gt;(View PDFfor the rest of the abstract.)&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    researchmap

  • Large‐terpene合成酵素の酵素的諸性質の解析と部位特異的変異

    西智之, 菅原啓, 小川佳央, 高橋宏忠, 上田大次郎, 藤橋雅宏, 三木邦夫, 保野陽子, 品田哲郎, 佐藤努

    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集18th   50   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Large‐terpene合成酵素の結晶構造解析

    藤橋雅宏, 佐藤努, 田中勇真, 山本大輔, 西智之, 上田大次郎, 村上瑞気, 保野陽子, 関原あい, 福和真, 品田哲郎, 三木邦夫

    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)2018   ROMBUNNO.3A17p01 (WEB ONLY)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Large‐terpene合成酵素の酵素的諸性質の解析と部位特異的変異

    菅原啓, 西智之, 小川佳央, 高橋宏忠, 上田大次郎, 藤橋雅宏, 三木邦夫, 保野陽子, 品田哲郎, 佐藤努

    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)2018   ROMBUNNO.3A17p02 (WEB ONLY)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3P-269 Bacillus clausiiにおけるセスタテルペン、Head-to-tail型トリテルペン、セスクアテルペンの生合成 : 多機能性酵素の同定とイソプレノイド代謝物の解析(生合成,天然物化学,一般講演)

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 村上 瑞気, 遠塚 悠輔, 品田 哲郎, 佐藤 努

    日本生物工学会大会講演要旨集67   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生物工学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • セスクアテルペン環化酵素を基軸とするテルペン創出経路の開拓

    上田大次郎, 山鹿宏彰, 岡本渉, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 星野力, 佐藤努

    天然有機化合物討論会講演要旨集(Web)56th   103‐108(J‐STAGE)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • セスクアテルペン環化酵素の部位特異的変異および非天然型テルペンの創出

    上田大次郎, 岡本渉, 山本彩乃, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 仲野千秋, 佐藤努

    香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集57th   369 - 371   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 抗酸菌由来E型イソプレニル二リン酸合成酵素の機能解析による イソプレノイド生合成の洞察

    阿部 透, 上田 大次郎, 佐藤 努

    日本農芸化学会 関東支部 2020 年度大会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非末端環化型トリテルペン/セスクアテルペン環化酵素のゲノムマイニング

    寒河江 侑加, 井上 真緒, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラスⅠBテルペン合成酵素の諸性質解析、マイナー生成物の同定および環化に重要な残基の特定

    浅田 和也, Rafaella Stepanova, 菅原 啓, 西 智之, 上田大次郎, 稲木 隼人, 三木 邦夫, 藤橋 雅宏, 保野 陽子, 品田 哲郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗酸菌由来イソプレニル二リン酸合成酵素の機能解析によるイソプレノイド生合成の洞察

    阿部 透, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アンブレインから龍涎香の香気成分への変換とアンブレインの新規生物活性

    久保井 友夏梨, 川越 幸奈, 上田 大次郎, 柿原 嘉人, 原 崇, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 龍涎香主成分アンブレインの効率的酵素合成法の創出

    山辺 陽太, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium moriokaenese由来新規セスクアテルペンの同定

    若松 のぞみ, 阿部 透, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日 - 2020年10月26日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非天然型オノセロイドの酵素合成

    平井 奈実, 井上 真緒, 上田 大次郎, 品田 哲郎, 佐藤 努

    第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2020年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗酸菌由来E型イソプレニル二リン酸合成酵素の機能解析によるイソプレノイド生合成の洞察

    阿部 透, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第30回イソプレノイド研究会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工龍涎香合成系の構築とアンブレインの新規生物活性の解析

    山辺 陽太, 川越 幸奈, 奧野 琴音, 上田 大次郎, 柿原 嘉人, 原 崇, 佐藤 努

    第30回イソプレノイド研究会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗酸菌由来イソプレニル二リン酸合成酵素の機能解析によるイソプレノイド生合成の洞察

    阿部 透, 尾崎 真夢, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第62回天然有機化合物討論会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月22日 - 2020年9月24日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 龍涎香人工合成経路の構築:アンブレインと香気成分の効率的合成と破骨細胞分化誘導活性

    山辺 陽太, 川越 幸奈, 奧野 琴音, 上田 大次郎, 柿原 嘉人, 佐藤 努

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月25日 - 2020年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来イソプレニル二リン酸生合成経路の解析

    阿部 透, 尾崎 真夢, 上田 大次郎, 邊見 久, 佐藤 努

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月25日 - 2020年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マッコウクジラ腸菅からアンブレイン/オノセロイド生産菌の探索と利用

    近岡 花菜子, 川邊 舞, 上田 大次郎, 山田 格, 田島 木綿子, 佐藤 努

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月25日 - 2020年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Characterization and mutation of class-IB terpene synthase

    Rafaella Stepanova, Tomoyuki Nishi, Kei Sugawara, Kao Ogawa, Hirotada Takahashi, Daijiro Ueda, Masahiro Fujihashi, Kunio Miki, Yoko Yasuno, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    3rd International Conference on Natural Products Discovery & Development in the Genomic Era  2020年1月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月12日 - 2020年1月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Non‐Enzymatic Pathway with Superoxide in Intracellular Terpenoid Synthesis

    Daijiro Ueda, Saori Matsugane, Wataru Okamoto, Masayuki Hashimoto, Tsutomu Sato

    3rd International Conference on Natural Products Discovery & Development in the Genomic Era  2020年1月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月12日 - 2020年1月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アンブレインの香気成分への変換および破骨細胞分化誘導活性

    川越幸奈, 上田大次郎, 柿原嘉人, 佐藤努

    日本ハーブ療法研究会第7回学術集会  2019年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来新規Z, E-ヘプタプレニル還元酵素の同定

    阿部 透, 尾崎 真夢, 吉田 優里, 三浦 彩奈, 相良 昌寛, 上田 大次郎, 佐藤 努

    第4回抗酸菌研究会  2019年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Identification of a novel heptaprenyl reductase and search for a Z-type sesquarterpene cyclase from Mycobacterium spp. 国際会議

    Tohru Abe, Sadamu Ozaki, Yuri Yoshida, Ayana Miura, Masahiro Sagara, Daijiro Ueda, Kentaro Kaneko, Toshiaki Mitsui, Tsutomu Sato

    KAAB International Symposium 2019  2019年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Characterization and mutation of class-IB terpene synthase 国際会議

    Rafaella Stepanova, Tomoyuki Nishi, Kei Sugawara, Kao Ogawa, Hirotada Takahashi, Daijiro Ueda, Masahiro Fujihashi, Kunio Miki, Yoko Yasuno, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    KAAB International Symposium 2019  2019年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マッコウクジラ由来アンブレイン・オノセロイド生産菌の探索と利用

    近岡花菜子, 川邊 舞, 上田大次郎, 山田 格, 田島木綿子, 佐藤 努

    第29回イソプレノイド研究会例会  2019年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アンブレインの人口生合成経路のリデザイン

    山辺陽太, 奥野琴音, 井上真緒, 上田大次郎, 佐藤努

    第29回イソプレノイド研究会例会  2019年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来新規Z, E-ヘプタプレニル還元酵素の同定とZ型セスクアテルペン環化酵素の探索

    阿部 透, 尾崎 真夢, 吉田 優里, 三浦 彩奈, 相良 昌寛, 上田 大次郎, 金古 堅太郎, 三ツ井 敏明, 佐藤 努

    第29回イソプレノイド研究会例会  2019年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アンブレインの香気成分への変換および破骨細胞分化誘導活性

    川越幸奈, 上田大次郎, 柿原嘉人, 佐藤努

    第29回イソプレノイド研究会例会  2019年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来新規ヘプタプレニル還元酵素の同定とZ型セスクアテルペン環化酵素の探索

    阿部 透, 尾崎 真夢, 吉田 優里, 三浦 彩奈, 相良 昌寛, 上田 大次郎, 金古 堅太郎, 三ツ井 敏明, 佐藤 努

    第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来新規ヘプタプレニル還元酵素の同定とZ型セスクアテルペン環化酵素の探索

    阿部 透, 尾崎 真夢, 吉田 優里, 三浦 彩奈, 相良 昌寛, 上田 大次郎, 金古 堅太郎, 三ツ井 敏明, 佐藤 努

    第34回日本放線菌学会大会  2019年9月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bacillus 属細菌の新規テルペノイド生合成経路の解析

    上田大次郎, 藤橋雅宏, 松ヶ根沙織, 岡本渉, 西智之, 村上瑞気, 三木邦夫, 保野陽子, 品田哲郎, 橋本昌征, 佐藤努

    第61回天然有機化合物討論会  2019年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テルペン生合成における活性酸素による非酵素的経路の解明

    上田大次郎, 松ヶ根沙織, 岡本 渉, 橋本昌征, 佐藤 努

    第60回新潟生化学懇話会  2019年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレン‐アンブレイン環化酵素の創出

    山辺陽太, 奥野琴音, 井上真緒, 上田大次郎, 佐藤努

    第60回新潟生化学懇話会  2019年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マッコウクジラ由来アンブレイン・オノセロイド生産菌の探索と利用

    近岡花菜子, 川邊 舞, 上田大次郎, 山田 格, 田島木綿子, 佐藤 努

    第60回新潟生化学懇話会  2019年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Characterization and site-directed mutagenesis of class-IB terpene synthase

    Rafaella Stepanova, Tomoyuki Nishi, Kei Sugawara, Kao Ogawa, Hirotada Takahashi, Daijiro Ueda, Masahiro Fujihashi, Kunio Miki, Yoko Yasuno, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    第60回新潟生化学懇話会  2019年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来新規プレニル二リン酸還元酵素の同定と新型セスクアテルペン環化酵素の探索

    阿部 透, 尾崎 真夢, 吉田 優里, 三浦 彩奈, 相良 昌寛, 上田 大次郎, 金古 堅太郎, 三ツ井 敏明, 佐藤 努

    第60回新潟生化学懇話会  2019年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Enzymatic synthesis of major constituent of ambergris, ambrein 招待 国際会議

    Daijiro Ueda

    International Symposium-Workshop 2019 Scientific studies of Marine Mammals in Asia-As seen in Ongoing activities in Japan-  2019年6月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 共用設備を利用したケミカルバイオロジー研究~希少有用天然物の研究~

    上田 大次郎

    文部科学省 先端研究基盤共用促進事業キックオフ・シンポジウム  2019年2月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • スクアレン‐アンブレイン環化酵素の創出:アンブレインはスクレンレンから二つの経絡を経由して一つの酵素により合成される

    山辺陽太, 奥野琴音, 井上真緒, 上田大次郎, 佐藤努

    第18回日本蛋白質科学会年会  2018年6月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 非対称オノセロイド生合成経路の特異性の進化デザイン

    上田 大次郎

    第2回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アセトニル基をもつノルイソプレノイド類の生合成:ビタミンKの非酵素的開裂

    上田 大次郎, 松ヶ根 沙織, 岡本 渉, 橋本 昌征, 佐藤 努

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Creation of squalene-ambrein cyclase: ambrein can be synthesized from squalene by one enzyme through two pathways 国際会議

    Daijiro Ueda, Kotone Okuno, Mao Inoue, Tsutomu Hoshino, Tsutomu Sato

    KAAB International Symposium 2017  2017年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンーアンブレイン環化酵素の創出:アンブレインはスクアレンから2つの経路を通して1つの酵素によって合成できる

    上田大次郎, 奥野琴音, 星野力, 佐藤努

    第69回日本生物工学会大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • マッコウクジラ由来アンブレイン生産菌の探索

    上田大次郎, 川邊舞, 山田格, 田島木綿子, 佐藤努

    セトロジー研究会  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Biosynthesis of Sesterterpenes, Head-to-Tail Triterpenes, and Sesquarterpenes in Bacillus clausii: Identification of Multifunctional Enzymes and Analysis of Isoprenoid Metabolite 国際会議

    Daijiro Ueda

    2nd US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products For Young Researcher  2017年3月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アセトニル基をもつノルイソプレノイド類の生合成:ビタミンKの非酵素的開裂

    上田 大次郎, 松ヶ根 沙織, 岡本 渉, 橋本 昌征, 佐藤 努

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリプレニルアセトン類の生合成:活性酸素によるメナキノンの非酵素的開裂反応

    上田大次郎, 岡本渉, 橋本昌征, 佐藤努

    第60回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2016年10月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリプレニルアセトン類の生合成:活性酸素によるメナキノンの非酵素的開裂反応

    上田大次郎, 岡本渉, 橋本昌征, 佐藤努

    日本農芸化学会関東支部2016年度支部大会  2016年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biosynthesis of polyprenylacetone: proposal for non-enzymatic cleavage of menaquinone by reactive oxygen species 国際会議

    Daijiro Ueda, Wataru Okamoto, Masayuki Hashimoto, Tsutomu Sato

    KAAB International Symposium 2016  2016年9月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレン‐アンブレイン環化酵素の創出:アンブレインはスクアレンから一つの酵素によって2つの経路を経て合成できる

    奥野琴音, 上田大次郎, 村上瑞気, 星野力, 佐藤努

    第26回イソプレノイド研究会  2016年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ポリプレニルアセトン類の生合成:活性酸素によるメナキノンの非酵素的開裂反応

    上田大次郎, 岡本渉, 橋本昌征, 佐藤努

    第26回イソプレノイド研究会  2016年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biosynthesis of polyprenylacetone: proposal for non-enzymatic cleavage of menaquinone by reactive oxygen species

    上田大次郎, 岡本渉, 橋本昌征, 佐藤努

    第51回天然物化学談話会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田大次郎, 星野力, 佐藤努

    セトロジー研究会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンからアンブレインへの一段階酵素合成

    奥野琴音, 上田大次郎, 星野力, 佐藤努

    日本農芸化学会2016年度大会  2016年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Biosynthesis of polyprenylacetone: proposal for non-enzymatic cleavage of menaquinone by reactive oxygen species

    上田大次郎, 岡本渉, 橋本昌征, 佐藤努

    日本農芸化学会2016年度大会  2016年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Cyclization of squalene from both termini: identification of an onoceroid synthase and enzymatic synthesis of ambrein 国際会議

    Daijiro Ueda, Tsutomu Hoshino, Tsutomu Sato

    PACIFICHEM  2015年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるセスタテルペン、Head-to-tailトリテルペンおよびセスクアテルペンの生合成:多機能性酵素の同定とイソプレノイド代謝物の解析

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 村上 瑞気, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 佐藤 努

    第67回日本生物工学会大会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Biosynthesis of Sesterterpenes, Head-to-Tail Triterpenes, and Sesquarterpenes in Bacillus clausii: Identification of Multifunctional Enzymes and Analysis of Isoprenoid Metabolites 国際会議

    Daijiro Ueda, Hiroaki Yamaga, Mizuki Murakami, Yusuke Totsuka, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    KAAB International Symposium 2015  2015年9月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるセスタテルペン、Head-to-tailトリテルペン、セスクアテルペンの生合成:多機能性酵素の同定とイソプレノイド代謝物の解析

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 村上 瑞気, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 佐藤 努

    第25回イソプレノイド研究会  2015年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるセスタテルペン、Head-to-tailトリテルペン、セスクアテルペンの生合成:多機能性酵素の同定とイソプレノイド代謝物の解析

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 村上 瑞気, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 佐藤 努

    第59回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2015年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cyclization of squalene from both termini: identification of an onoceroid synthase and enzymatic synthesis of ambrein 国際会議

    Daijiro Ueda, Tsutomu Hoshino, Tsutomu Sato

    2015年8月31日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるセスタテルペン、Head-to-tailトリテルペンおよびセスクアテルペンの生合成:多機能性酵素の同定とイソプレノイド代謝物の解析

    上田大次郎, 山鹿 宏彰, 村上 瑞気, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 佐藤 努

    第50回天然物化学談話会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるイソプレノイド生合成経路:多機能性E型プレニル鎖伸長酵素の同定とセスクアテルペン代謝物の探索

    上田 大次郎, 村上 瑞気, 山鹿 宏彰, 佐藤 努

    第11回 生合成勉強会(「生合成マシナリー」第七回若手シンポジウム)  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bacillus clausiiにおけるイソプレノイド生合成経路:多機能性E型プレニル鎖伸長酵素の同定とセスクアテルペン代謝物の探索

    上田 大次郎, 村上 瑞気, 山鹿 宏彰, 佐藤 努

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セスクアテルペン環化酵素を基軸とするテルペン創出経路の開拓

    上田 大次郎, 山鹿 宏彰, 岡本 渉, 遠塚 悠輔, 品田 哲郎, 星野 力, 佐藤 努

    第56回天然有機化合物討論会  2014年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 龍涎香主成分アンブレインの酵素合成、第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

    上田 大次郎, 星野力, 佐藤努

    第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2014年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田大次郎, 星野力, 佐藤努

    第24回イソプレノイド研究会  2014年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biosynthesis of Sesterterpenes, Head-to-Tail Triterpenes, and Sesquarterpenes in Bacillus clausii: Identification of Multifunctional Enzymes and Analysis of Isoprenoid Metabolite 国際会議

    Daijiro Ueda, Hiroaki Yamaga, Mizuki Murakami, Yusuke Totsuka, Tetsuro Shinada, Tsutomu Sato

    International Symposium on Natural Products for the Future 2016  2014年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田 大次郎, 星野力, 佐藤努

    第49回天然物化学談話会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田 大次郎, 星野力, 佐藤努

    第55回新潟生化学懇話会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田大次郎, 星野力, 佐藤努

    酵素工学研究会  2014年4月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スクアレンの両末端環化:オノセロイド合成酵素の初めての同定および龍涎香主成分ambreinの酵素合成

    上田大次郎, 星野力, 佐藤努

    日本農芸化学会2014年度大会  2014年3月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cyclization of squalene from both termini: identification of an onoceroid synthase and enzymatic synthesis of ambrein 国際会議

    Daijiro Ueda

    1st US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products For Young Researcher  2014年3月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セスクアテルペン環化酵素の部位特異的変異および非天然型トリテルペンの創出

    上田大次郎, 岡本渉, 山本彩乃, 遠塚悠輔, 品田哲郎, 仲野千秋, 佐藤 努

    第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mycobacterium属細菌由来セスクアテルペン生合成経路の解析

    上田大次郎, 小野恵梨, 尾崎真夢, 仲野千秋, 佐藤努

    第23回イソプレノイド研究会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素のさらなる能力の解析

    佐藤努, 上田大次郎, 岡本渉, 仲野千秋, 星野力

    日本農芸化学会2013年度大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

受賞

  • 第28回日本セトロジー研究会最優秀発表賞

    2017年6月  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • 第26回イソプレノイド研究会奨励賞

    2016年9月  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • Poster Award (Silver), International Symposium on Natural prosucts for the Future 2016

    2016年9月  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • The Best Poster Presentation (Gold), Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia 2015.

    2015年9月  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞

    2014年9月   香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • 2014年農芸化学会トピックス賞

    2014年3月   日本農芸化学会  

    上田 大次郎

     詳細を見る

  • 新潟大学学長表彰(学術研究活動において、特に顕著な成果を挙げ、学界又は社会的に高い評価を受けたもの)

    2014年3月   新潟大学  

    上田 大次郎

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 非対称オノセロイド生合成における特異性の進化デザイン

    2019年08月 - 2021年03月

    科研費:研究活動スタート支援 

    上田 大次郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 非対称オノセロイドの生合成経路の特異性の進化デザイン(18J01646)

    2018年04月 - 2018年12月

    科研費:特別研究員奨励費 

    上田 大次郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新型および多機能性テルペン環化酵素の解析を軸としたテルペン創出経路の拡充(15J03090)

    2015年04月 - 2018年03月

    科研費:特別研究員奨励費 

    上田 大次郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap