2023/04/01 更新

写真a

ナガイ タカヒロ
永井 孝宏
NAGAI Takahiro
所属
医歯学総合病院 口腔外科系歯科 顎顔面口腔外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 歯学博士 ( 2017年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • Oral and Maxillofacial Surgery

  • 口腔腫瘍

  • 顎変形症

  • 口蓋裂

  • HIV感染症と口腔粘膜疾患

  • microRNA

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 発生生物学

経歴(researchmap)

  • スイス・ベルン大学   頭蓋顔面外科   臨床研究員(留学)

    2019年10月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   顎顔面口腔外科   助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   顎顔面口腔外科学分野   医員

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 長岡赤十字病院   歯科口腔外科   医師

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   歯の診療科   臨床研修歯科医

    2012年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 新潟労災病院   歯科口腔外科   臨床研修歯科医

    2012年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 顎顔面口腔外科   助教

    2019年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 顎顔面口腔外科   医員

    2018年4月 - 2019年3月

学歴

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科   口腔生命科学専攻博士課程

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 慶応義塾大学   微生物学・免疫学   医学部共同研究員

    2014年10月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 日本歯科大学   新潟生命歯学部

    2005年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

留学歴

  • ベルン大学頭蓋顔面外科   客員医師

    2019年10月 - 2020年3月

取得資格

  • 歯科医師

 

論文

  • Rosai-Dorfman disease of the maxilla: A rare case report and literature review 査読

    Takahiro Nagai, Manabu Yamazaki, Atsushi Nishikawa, Yasumitsu Kodama, Hideyoshi Nishiyama, Takafumi Hayashi, Jun-ichi Tanuma, Ritsuo Takagi, Kei Tomihara

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   34 ( 5 )   665 - 671   2022年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2022.02.007

    researchmap

  • 二段階口蓋形成手術法における幼児期前期の言語管理に関する検討 口蓋化構音と硬口蓋残遺裂の関連性にもとづいて

    大湊 麗, 小野 和宏, 児玉 泰光, 結城 龍太郎, 永井 孝宏, 小林 亮太, 小林 孝憲, 飯田 明彦, 濃野 要, 宮田 昌幸, 小林 正治, 齋藤 功, 高木 律男, 冨原 圭

    日本口蓋裂学会雑誌   47 ( 1 )   20 - 29   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    当院の二段階口蓋形成手術法では、軟口蓋形成術をFurlow法により1歳半に、硬口蓋閉鎖術を鋤骨弁により4歳に施行している。軟口蓋形成術後の硬口蓋残遺裂には硬口蓋閉鎖床を装着しているが、この間の言語機能の獲得には否定的な影響が懸念されやすい。本研究では、当院の治療体系における口蓋化構音の発現要因を明らかにし、口蓋化構音の発現を予防することを目的として、まず、軟口蓋形成術後の1歳半から硬口蓋閉鎖術前の4歳までを幼児期前期とし、片側完全唇顎口蓋裂16例の幼児期前期の言語発達過程でみられた言語症状を回顧的に評価し、良好群、口蓋化構音群(以下、口蓋化群)、不良群の3群に類型化した。そして、類型化した群ごとに、言語機能の獲得状況と硬口蓋残遺裂を含めた上顎歯槽弓形態の関連性について検討した。その結果、口蓋化群の2歳の硬口蓋残遺裂後端の位置に関連性が示され、硬口蓋残遺裂後端や軟口蓋からの漏れを補おうとする舌の誤学習が、口蓋化構音の発現に影響を与えている可能性が推察された。また、得られた結果にもとづき、言語機能をできる限り向上させるため、幼児期前期の言語管理の進め方について再考した。(著者抄録)

    researchmap

  • 三次元デジタル画像を用いた片側性唇顎口蓋裂患児の咬合評価に関する予備的研究

    児玉 泰光, 結城 龍太郎, 小林 亮太, 山田 茜, 永井 孝宏, 大湊 麗, 池田 順行, 市川 佳弥, 丹原 惇, 齋藤 功, 冨原 圭

    日本口蓋裂学会雑誌   47 ( 2 )   157 - 157   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • Ift88 regulates enamel formation via involving Shh signaling. 国際誌

    Takehisa Kudo, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Fumiya Meguro, Jun Nihara, Izumi Honda, Madoka Kitamura, Akira Fujita, Kazuaki Osawa, Kaya Ichikawa, Takahiro Nagai, Yoko Ishida, Paul T Sharpe, Takeyasu Maeda, Isao Saito, Atsushi Ohazama

    Oral diseases   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: The ciliopathies are a wide spectrum of human diseases, which are caused by perturbations in the function of primary cilia. Tooth enamel anomalies are often seen in ciliopathy patients; however, the role of primary cilia in enamel formation remains unclear. MATERIALS AND METHODS: We examined mice with epithelial conditional deletion of the ciliary protein, Ift88, (Ift88fl / fl ;K14Cre). RESULTS: Ift88fl / fl ;K14Cre mice showed premature abrasion in molars. A pattern of enamel rods which is determined at secretory stage, was disorganized in Ift88 mutant molars. Many amelogenesis-related molecules expressing at the secretory stage, including amelogenin and ameloblastin, enamelin, showed significant downregulation in Ift88 mutant molar tooth germs. Shh signaling is essential for amelogenesis, which was found to be downregulated in Ift88 mutant molar at the secretory stage. Application of Shh signaling agonist at the secretory stage partially rescued enamel anomalies in Ift88 mutant mice. CONCLUSION: Findings in the present study indicate that the function of the primary cilia via Ift88 is critical for the secretory stage of amelogenesis through involving Shh signaling.

    DOI: 10.1111/odi.14162

    PubMed

    researchmap

  • Expression of R-spondins/Lgrs in development of movable craniofacial organs. 国際誌

    Jun Nihara, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Akane Yamada, Fumiya Meguro, Takehisa Kudo, Supaluk Trakanant, Takahiro Nagai, Isao Saito, Takeyasu Maeda, Atsushi Ohazama

    Gene expression patterns : GEP   41   119195 - 119195   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wnt signaling plays a critical role in the development of many organs, including the major movable craniofacial organs tongue, lip, and eyelid. Four members of the R-spondin family (Rspo1-4) bind to Lgr4/5/6 to regulate the activation of Wnt signaling. However, it is not fully understood how Rspos/Lgrs regulate Wnt signaling during the development of movable craniofacial organs. To address this question, we examined the expression of Rspos, Lgrs, and Axin2 (major mediator of canonical Wnt signaling) during tongue, lip, and eyelid development. The expression of Axin2, Rspos and Lgrs was observed in many similar regions, suggesting that Rspos likely activate canonical Wnt signaling through the Lgr-dependent pathway in these regions. Lgr expression was not detected in regions where Axin2 and Rspos were expressed, suggesting that Rspos might activate canonical Wnt signaling through the Lgr-independent pathway in these regions. In addition, the expression of Rspos and Lgrs were observed in some other regions where Axin2 was not expressed, suggesting the possibility that Rspos and/or Lgrs are involved in non-canonical Wnt signaling or the Wnt-independent pathway. Thus, we identified a dynamic spatiotemporal expression pattern of Rspos and Lgrs during the development of the eyelid, tongue, and lip.

    DOI: 10.1016/j.gep.2021.119195

    PubMed

    researchmap

  • 下顎埋伏智歯抜歯のSSIに対する治療抗菌薬投与の実態調査

    齋藤 千愛, 吉田 謙介, 金子 奨太, 磯辺 浩和, 永井 孝宏, 齋藤 夕子, 児玉 泰光

    日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   36回   322 - 322   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

    researchmap

  • 口腔癌Stage III、IV症例の臨床統計的検討

    勝見 祐二, 内藤 絵里子, 笠原 映, 木口 哲郎, 伊藤 元貴, 隅田 賢正, 新垣 元基, 齋藤 夕子, 永井 孝宏, 小玉 直樹, 小山 貴寛, 児玉 泰光, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   51 ( 1 )   31 - 38   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    口腔癌Stage III、IV症例について最近の動向と治療成績の把握を目的に臨床統計的検討を行った。対象は2007年1月から2019年12月までの13年間に新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科診療室を初診した口腔癌一次症例Stage III、IVの156例とした。調査項目は、性別および年齢、病期分類および年度別患者数、原発部位、病理組織学的分類、治療法、頸部郭清術式および頸部リンパ節転移様式、頸部リンパ節後発転移および再発の有無、治療成績および転帰とした。性別は男性88例、女性68例、平均年齢70.8歳(32〜92歳)、病期分類は、Stage III 38例、Stage IVA 85例、Stage IVB 32例、Stage IVC 1例で、原発部位は舌54例(34.6%)、下顎歯肉40例(25.6%)、上顎歯肉28例(17.9%)、口底17例(10.9%)、頬粘膜13例(8.3%)、下顎骨2例(1.3%)、硬口蓋および口唇がそれぞれ1例(0.6%)であった。病理組織学的分類は扁平上皮癌が149例(95.5%)、腺様嚢胞癌3例(1.9%)、粘表皮癌2例(1.3%)、腺癌、歯原性癌がそれぞれ1例(0.6%)であった。治療法は手術療法が84例(53.8%)で選択され、頸部郭清術は手術症例のうち62例(73.8%)で施行されていた。頸部リンパ節後発転移は10例(11.9%)に認め、再発は17例(20.2%)に認めた。治療成績は、全症例の5年累積全生存率が53.2%(Stage III 68.9%、Stage IV 47.8%)で、手術施行症例では73.0%であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 口腔癌Stage III、IV症例の臨床統計的検討

    勝見 祐二, 内藤 絵里子, 笠原 映, 木口 哲郎, 伊藤 元貴, 隅田 賢正, 新垣 元基, 齋藤 夕子, 永井 孝宏, 小玉 直樹, 小山 貴寛, 児玉 泰光, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   51 ( 1 )   31 - 38   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    口腔癌Stage III、IV症例について最近の動向と治療成績の把握を目的に臨床統計的検討を行った。対象は2007年1月から2019年12月までの13年間に新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科診療室を初診した口腔癌一次症例Stage III、IVの156例とした。調査項目は、性別および年齢、病期分類および年度別患者数、原発部位、病理組織学的分類、治療法、頸部郭清術式および頸部リンパ節転移様式、頸部リンパ節後発転移および再発の有無、治療成績および転帰とした。性別は男性88例、女性68例、平均年齢70.8歳(32〜92歳)、病期分類は、Stage III 38例、Stage IVA 85例、Stage IVB 32例、Stage IVC 1例で、原発部位は舌54例(34.6%)、下顎歯肉40例(25.6%)、上顎歯肉28例(17.9%)、口底17例(10.9%)、頬粘膜13例(8.3%)、下顎骨2例(1.3%)、硬口蓋および口唇がそれぞれ1例(0.6%)であった。病理組織学的分類は扁平上皮癌が149例(95.5%)、腺様嚢胞癌3例(1.9%)、粘表皮癌2例(1.3%)、腺癌、歯原性癌がそれぞれ1例(0.6%)であった。治療法は手術療法が84例(53.8%)で選択され、頸部郭清術は手術症例のうち62例(73.8%)で施行されていた。頸部リンパ節後発転移は10例(11.9%)に認め、再発は17例(20.2%)に認めた。治療成績は、全症例の5年累積全生存率が53.2%(Stage III 68.9%、Stage IV 47.8%)で、手術施行症例では73.0%であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における新診療体制後の口唇口蓋裂患者動向調査

    児玉 泰光, 小林 亮太, 山田 茜, Salazar Andrea Rei Estacio, 結城 龍太郎, 永井 孝宏, 大湊 麗, 池田 順行, 市川 佳弥, 丹原 惇, 新美 奏恵, 若槻 華子, 宮田 昌幸, 小野 和宏, 齋藤 功, 小林 正治, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   46 ( 2 )   133 - 133   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • MicroRNAs regulate distal region of mandibular development through Hh signaling. 国際誌

    Supaluk Trakanant, Jun Nihara, Takahiro Nagai, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Yoko Ishida, Fumiya Meguro, Takehisa Kudo, Akane Yamada, Takeyasu Maeda, Isao Saito, Atsushi Ohazama

    Journal of anatomy   238 ( 3 )   711 - 719   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mandibular anomalies are often seen in various congenital diseases, indicating that mandibular development is under strict molecular control. Therefore, it is crucial to understand the molecular mechanisms involved in mandibular development. MicroRNAs (miRNAs) are noncoding small single-stranded RNAs that play a critical role in regulating the level of gene expression. We found that the mesenchymal conditional deletion of miRNAs arising from a lack of Dicer (an essential molecule for miRNA processing, Dicerfl/fl ;Wnt1Cre), led to an abnormal groove formation at the distal end of developing mandibles. At E10.5, when the region forms, inhibitors of Hh signaling, Ptch1 and Hhip1 showed increased expression at the region in Dicer mutant mandibles, while Gli1 (a major mediator of Hh signaling) was significantly downregulated in mutant mandibles. These suggest that Hh signaling was downregulated at the distal end of Dicer mutant mandibles by increased inhibitors. To understand whether the abnormal groove formation inDicer mutant mandibles was caused by the downregulation of Hh signaling, mice with a mesenchymal deletion of Hh signaling activity arising from a lack of Smo (an essential molecule for Hh signaling activation, Smofl/fl ;Wnt1Cre) were examined. Smofl/fl ;Wnt1Cre mice showed a similar phenotype in the distal region of their mandibles to those in Dicerfl/fl ;Wnt1Cre mice. We also found that approximately 400 miRNAs were expressed in wild-type mandibular mesenchymes at E10.5, and six microRNAs were identified as miRNAs with binding potential against both Ptch1 and Hhip1. Their expressions at the distal end of the mandible were confirmed by in situ hybridization. This indicates that microRNAs regulate the distal part of mandibular formation at an early stage of development by involving Hh signaling activity through controlling its inhibitor expression level.

    DOI: 10.1111/joa.13328

    PubMed

    researchmap

  • Clinico-statistical survey of oral antimicrobial prophylaxis and surgical site infection regarding ordinary tooth extraction and mandibular wisdom tooth extraction in the dental outpatient clinic. 国際誌

    Kensuke Yoshida, Yasumitsu Kodama, Takahiro Nagai, Andrea Rei Estacio Salazar, Syouta Kaneko, Chie Saito, Akira Toyama, Ritsuo Takagi

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 2 )   192 - 197   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: We investigated the use of oral antibiotics (OA) and surgical site infection (SSI) related to extractions of ordinary teeth and mandibular wisdom teeth in a dental outpatient clinic from January 2015 to December 2019. METHODS: The following information were surveyed: (1) presence/absence of OA, (2) timing, (3) type, (4) administration period, and (5) SSI rates. RESULTS: The use of OA during ordinary tooth extraction decreased from 68.3% to 41.3%, but SSI rate did not change during this period of time. Total SSI rate was 0.8% (122/14,832) on average. For mandibular wisdom tooth extraction, preoperative administration of third-generation cephalosporins decreased from 70.4% to 0.3% while that of penicillin (AMPC) increased from 0% to 98%. SSI rate was not changed after these improvements. Total SSI rate was 3.5% (180/5106) on average. The duration of OA was slightly decreased to two days in 2018 and 2019, and it was found that there was no significant difference in SSI rates between 2- and 3-day durations. Preoperative administration had 0.37 odds ratio (OR) (95% confidence interval (95%CI): 0.22-0.63) of SSI compared with postoperative administration. AMPC had 0.76 OR (95% CI: 0.55-1.04) of SSI compared with Third-generation cephalosporins and others. Timing of OA was P < 0.01. CONCLUSIONS: SSI rates did not change over time, administration period of OA decreased and the use of AMPC increased. Therefore, it seems necessary to continue to investigate the effects of SSI risk factors proactively in the future and to make efforts in the advocacy of appropriate antimicrobial use.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.08.022

    PubMed

    researchmap

  • Changes in signalling pathways in the palatal cleft in CL/Fr mice

    Akane Yamada, Takahiro Nagai, Atsushi Kitamura, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Yasumitsu Kodama, Takeyasu Maeda, Atsushi Ohazama, Ritsuo Takagi

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   32 ( 5 )   331 - 335   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Cleft palate is one of the most common congenital diseases. Therefore, elucidating the molecular mechanisms of palate development is crucial for basic science and the clinical field. Cleft palate in mouse with targeted gene mutation is an excellent experimental model for clarifying the mechanisms driving palate development. Cleft palate occurs in two forms: a cleft between the primary and secondary palates (primary cleft palate) and a cleft between the secondary palates (secondary cleft palate). It remains unclear whether primary palate development is under similar molecular control as secondary palate formation, since most of studies have focused on secondary palate development using mutant mice. CL/Fraser (CL/Fr) is a mouse strain that often exhibits spontaneous primary cleft palate; however, the molecular changes in primary cleft palate in CL/Fr mice are not fully understood. Several signaling pathways, including Shh, Fgf, Bmp, and Wnt signaling, have been shown to play key roles in secondary palate development. In the present study, we found that Shh and Wnt signaling pathways were downregulated in the primary cleft palate region in CL/Fr mice.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2019.12.001

    Web of Science

    researchmap

  • Overactivation of the NF-κB pathway impairs molar enamel formation. 査読 国際誌

    Akane Yamada, Maiko Kawasaki, Yasuo Miake, Yurie Yamada, James Blackburn, Kataushige Kawasaki, Supaluk Trakanant, Takahiro Nagai, Jun Nihara, Takehisa Kudo, Fumiya Meguro, Ruth Schmidt-Ullrich, Bigang Liu, Yinling Hu, Angustias Page, Ángel Ramírez, Paul T Sharpe, Takeyasu Maeda, Ritsuo Takagi, Atsushi Ohazama

    Oral diseases   26 ( 7 )   1513 - 1522   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Hypohidrotic ectodermal dysplasia (HED) is a hereditary disorder characterized by abnormal structures and functions of the ectoderm-derived organs, including teeth. HED patients exhibit a variety of dental symptoms, such as hypodontia. Although disruption of the EDA/EDAR/EDARADD/NF-κB pathway is known to be responsible for HED, it remains unclear whether this pathway is involved in the process of enamel formation. EXPERIMENTAL SUBJECTS AND METHODS: To address this question, we examined the mice overexpressing Ikkβ (an essential component required for the activation of NF-κB pathway) under the keratin 5 promoter (K5-Ikkβ). RESULTS: Upregulation of the NF-κB pathway was confirmed in the ameloblasts of K5-Ikkβ mice. Premature abrasion was observed in the molars of K5-Ikkβ mice, which was accompanied by less mineralized enamel. However, no significant changes were observed in the enamel thickness and the pattern of enamel rods in K5-Ikkβ mice. Klk4 expression was significantly upregulated in the ameloblasts of K5-Ikkβ mice at the maturation stage, and the expression of its substrate, amelogenin, was remarkably reduced. This suggests that abnormal enamel observed in K5-Ikkβ mice was likely due to the compromised degradation of enamel protein at the maturation stage. CONCLUSION: Therefore, we could conclude that the overactivation of the NF-κB pathway impairs the process of amelogenesis.

    DOI: 10.1111/odi.13384

    PubMed

    researchmap

  • 異なる二段階口蓋形成手術法を施行した片側性唇顎口蓋裂患児の5-Year-Olds' Indexによる咬合評価

    結城 龍太郎, 児玉 泰光, Estacio Salazar Andrea Rei, 大湊 麗, 永井 孝宏, 山田 茜, 小林 亮太, 市川 佳弥, 丹原 惇, 加藤 純也, 朝日藤 寿一, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   45 ( 2 )   128 - 128   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • Ift88 is involved in mandibular development. 査読 国際誌

    Atsushi Kitamura, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Fumiya Meguro, Akane Yamada, Takahiro Nagai, Yasumitsu Kodama, Supaluk Trakanant, Paul T Sharpe, Takeyasu Maeda, Ritsuo Takagi, Atsushi Ohazama

    Journal of anatomy   236 ( 2 )   317 - 324   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The mandible is a crucial organ in both clinical and biological fields due to the high frequency of congenital anomalies and the significant morphological changes during evolution. Primary cilia play a critical role in many biological processes, including the determination of left/right axis patterning, the regulation of signaling pathways, and the formation of bone and cartilage. Perturbations in the function of primary cilia are known to cause a wide spectrum of human diseases: the ciliopathies. Craniofacial dysmorphologies, including mandibular deformity, are often seen in patients with ciliopathies. Mandibular development is characterized by chondrogenesis and osteogenesis; however, the role of primary cilia in mandibular development is not fully understood. To address this question, we generated mice with mesenchymal deletions of the ciliary protein, Ift88 (Ift88fl/fl ;Wnt1Cre). Ift88fl/fl ;Wnt1Cre mice showed ectopic mandibular bone formation, whereas Ift88 mutant mandible was slightly shortened. Meckel's cartilage was modestly expanded in Ift88fl/fl ;Wnt1Cre mice. The downregulation of Hh signaling was found in most of the mesenchyme of Ift88 mutant mandible. However, mice with a mesenchymal deletion of an essential molecule for Hh signaling activity, Smo (Smofl/fl ;Wnt1Cre), showed only ectopic mandibular formation, whereas Smo mutant mandible was significantly shortened. Ift88 is thus involved in chondrogenesis and osteogenesis during mandibular development, partially through regulating Sonic hedgehog (Shh) signaling.

    DOI: 10.1111/joa.13096

    PubMed

    researchmap

  • 当科での高齢者の全身麻酔下手術症例における基礎疾患に関する検討

    小山 貴寛, 黒川 亮, 永井 孝宏, 清水 志保, 齋藤 太郎, 齋藤 夕子, 高木 律男

    有病者歯科医療   28 ( 6 )   398 - 398   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 慢性口内炎に対して処方した半夏瀉心湯に起因すると思われる薬剤性肺障害の1例

    齋藤 太郎, 小山 貴寛, 上野山 敦士, 永井 孝宏, 吉田 謙介, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 8 )   534 - 538   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Ift88 limits bone formation in maxillary process through suppressing apoptosis. 査読 国際誌

    Momoko Watanabe, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Atsushi Kitamura, Takahiro Nagai, Yasumitsu Kodama, Fumiya Meguro, Akane Yamada, Paul T Sharpe, Takeyasu Maeda, Ritsuo Takagi, Atsushi Ohazama

    Archives of oral biology   101   43 - 50   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: The development of the maxillary bone is under strict molecular control because of its complicated structure. Primary cilia play a critical role in craniofacial development, since defects in primary cilia are known to cause congenital craniofacial dysmorphologies as a wide spectrum of human diseases: the ciliopathies. The primary cilia also are known to regulate bone formation. However, the role of the primary cilia in maxillary bone development is not fully understood. DESIGN: To address this question, we generated mice with a mesenchymal conditional deletion ofIft88 using the Wnt1Cre mice (Ift88fl/fl;Wnt1Cre). The gene Ift88 encodes a protein that is required for the function and formation of primary cilia. RESULTS: It has been shown thatIft88fl/fl;Wnt1Cre mice exhibit cleft palate. Here, we additionally observed excess bone formation in the Ift88 mutant maxillary process. We also found ectopic apoptosis in the Ift88 mutant maxillary process at an early stage of development. To investigate whether the ectopic apoptosis is related to the Ift88 mouse maxillary phenotypes, we generated Ift88fl/fl;Wnt1Cre;p53-/- mutants to reduce apoptosis. The Ift88fl/fl;Wnt1Cre;p53-/- mice showed no excess bone formation, suggesting that the cells evading apoptosis by the presence of Ift88 in wild-type mice limit bone formation in maxillary development. On the other hand, the palatal cleft was retained in the Ift88fl/fl;Wnt1Cre;p53-/- mice, indicating that the excess bone formation or abnormal apoptosis was independent of the cleft palate phenotype in Ift88 mutant mice. CONCLUSIONS: Ift88 limits bone formation in the maxillary process by suppressing apoptosis.

    DOI: 10.1016/j.archoralbio.2019.02.017

    PubMed

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂患児の咬合評価(第1報) 軟口蓋形成術式 Perko法とFurlow法での比較

    結城 龍太郎, 児玉 泰光, Estacio Salazar Andrea Rei, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 市川 佳弥, 丹原 惇, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   134 - 134   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂患児の咬合評価(第3報) 術式と術期の異なる2群間での比較

    児玉 泰光, 結城 龍太郎, Estacio Salazar Andrea Rei, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 市川 佳弥, 丹原 惇, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   135 - 135   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂患児の咬合評価(第2報) 硬口蓋閉鎖時期 5歳半と4歳での比較

    サラザール・アンドレア・レイ・エスタシオ, 児玉 泰光, 結城 龍太郎, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 市川 佳弥, 丹原 惇, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   44 ( 2 )   134 - 134   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • MicroRNAs control eyelid development through regulating Wnt signaling. 査読 国際誌

    Takahiro Nagai, Supaluk Trakanant, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Yurie Yamada, Momoko Watanabe, James Blackburn, Yoko Otsuka-Tanaka, Mitsue Hishinuma, Atsushi Kitatmura, Fumiya Meguro, Akane Yamada, Yasumitsu Kodama, Takeyasu Maeda, Qiliang Zhou, Yasuo Saijo, Akihiro Yasue, Paul T Sharpe, Robert Hindges, Ritsuo Takagi, Atsushi Ohazama

    Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   248 ( 3 )   201 - 210   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The timing, location, and level of gene expression are crucial for normal organ development, because morphogenesis requires strict genetic control. MicroRNAs (miRNAs) are noncoding small single-stranded RNAs that play a critical role in regulating gene expression level. Although miRNAs are known to be involved in many biological events, the role of miRNAs in organogenesis is not fully understood. Mammalian eyelids fuse and separate during development and growth. In mice, failure of this process results in the eye-open at birth (EOB) phenotype. RESULTS: It has been shown that conditional deletion of mesenchymal Dicer (an essential protein for miRNA processing; Dicer fl/fl ;Wnt1Cre) leads to the EOB phenotype with full penetrance. Here, we identified that the up-regulation of Wnt signaling resulted in the EOB phenotype in Dicer mutants. Down-regulation of Fgf signaling observed in Dicer mutants was caused by an inverse relationship between Fgf and Wnt signaling. Shh and Bmp signaling were down-regulated as the secondary effects in Dicer fl/fl ;Wnt1Cre mice. Wnt, Shh, and Fgf signaling were also found to mediate the epithelial-mesenchymal interactions in eyelid development. CONCLUSIONS: miRNAs control eyelid development through Wnt. Developmental Dynamics 248:201-210, 2019. © 2019 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/dvdy.10

    PubMed

    researchmap

  • 先天性ガマ腫と多発性類皮嚢胞を合併したLoeys-Dietz症候群の1例

    山田 茜, 児玉 泰光, 西川 敦, 大貫 尚志, 永井 孝宏, 黒川 亮, 勝見 祐二, 高木 律男

    有病者歯科医療   27 ( 6 )   490 - 491   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 北関東甲信越地区在住の一般人1,092人におけるエイズ/HIVに関する意識調査

    山田瑛子, 北村厚, 永井孝宏, 児玉泰光, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   47 ( 1 )   11‐16   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • HIV感染者における歯科観血的処置の臨床的検討

    永井孝宏, 児玉泰光, 黒川亮, 西川敦, 山田瑛子, 田邊嘉也, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   69‐75   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regional regulation of Filiform tongue papillae development by Ikkα/Irf6. 査読

    Kawasaki M, Kawasaki K, Oommen S, Blackburn J, Watanabe M, Nagai T, Kitamura A, Maeda T, Liu B, Schmidt-Ullrich R, Akiyama T, Inoue J, Hammond NL, Sharpe PT, Ohazama A

    Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   245 ( 9 )   937 - 946   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/DVDY.24427

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Spatio-temporal expression of Sox genes in murine palatogenesis 査読

    Momoko Watanabe, Katsushige Kawasaki, Maiko Kawasaki, Thantrira Portaveetus, Shelly Oommen, James Blackburn, Takahiro Nagai, Atsushi Kitamura, Atsushi Nishikawa, Yasumitsu Kodama, Ritsuo Takagi, Takeyasu Maeda, Paul T. Sharpe, Atsushi Ohazama

    GENE EXPRESSION PATTERNS   21 ( 2 )   111 - 118   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Members of the Sox gene family play critical roles in many biological processes including organogenesis. We carried out comparative in situ hybridisation analysis of seventeen Sox genes (Sox1-14, 17, 18 and 21) during murine palatogenesis from initiation to fusion of the palatal shelves above the dorsal side of the tongue. At palatal shelf initiation (E12.5), the localized expression of six Sox genes (Sox2, 5, 6, 9,12 and 13) was observed in the shelves, whereas Sox4 and Sox11 showed ubiquitious expression. During the down growth of palatal shelves (E13.5), Sox4, Sox5, and Sox9 exhibited restricted expression to the interior side of the palatal shelves facing the tongue. Following elevation of the palatal shelves (E14.5), Sox2, Sox11 and Sox21 expression was present in the midline epithelial seam. We thus identify dynamic spatio-temporal expression of Sox gene family during the process of palatogenesis. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.gep.2016.05.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 小児口腔外科手術における予防的抗菌薬適正使用への取り組み 手術部位感染と抗菌薬関連下痢症を用いた検討

    西川 敦, 児玉 泰光, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    小児口腔外科   26 ( 1 )   3 - 8   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    2013年1月〜2015年12月迄に手術し、予防的抗菌薬を投与した2歳未満の小児34例(男児・女児各17例、0.56±0.50歳)を対象に、抗菌薬投与期間が48時間を超える長期群16例、48時間以内の短期群18例分け、小児口腔外科手術において、抗菌薬関連下痢症(AAD)に注目し、抗菌薬原則48時間以内変更前後における手術部位感染(SSI)とAADの発生から抗菌薬適正使用化を検証した。ASA-PS分類1は25例、分類2は9例であった。疾患別分類は先天性奇形33例、嚢胞1例であった。平均手術時間は73.8分、術式は口蓋形成術18例、口唇形成術15例、嚢胞摘出術1例であった。抗菌薬使用状況は注射抗菌薬でセフメタゾールナトリウム(CEZ)30例、セフォチアム(CTM)4例、内服抗菌薬でセフジトレンピボキシル(CDTR-PI)7例、セファクロール(CCL)5例、セフカペンピボキシル(CFPM-PI)4例で、いずれも注射抗菌薬投与から移行的に使用されていた。長期群において全て内服抗菌薬が使用され、両群間で有意差を認めた。投与期間は短期群平均1.39日、長期群平均5.56日で両群間に有意差を認めた。全症例調査期間中にSSI発生はなかった。AADは5例観察され、抗菌薬投与後平均4.2日で発生していた。

    researchmap

  • 当科における入院手術症例の手術部位感染の発生状況とその対応

    西川 敦, 児玉 泰光, 永井 孝宏, 永田 昌毅, 安島 久雄, 池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 黒川 亮, 勝見 祐二, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 4 )   348 - 348   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院医療連携口腔管理チームにおける外来患者の臨床統計的検討

    加藤 祐介, 黒川 亮, 佐藤 由美子, 勝良 剛詞, 永井 孝宏, 田中 恵子, 中井 恵美, 高木 律男

    有病者歯科医療   24 ( 4 )   289 - 289   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 口腔外科手術における予防的抗菌薬適正使用への取り組み

    西川敦, 児玉泰光, 永井孝宏, 田村隆, 高野操, 内山正子, 田邊嘉也, 高木律男

    日本環境感染学会誌   30 ( 6 )   405 - 410   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本環境感染学会  

    口腔外科手術における予防的抗菌薬投与に明確な指標はない.また適正使用に向けた取り組みについての報告も少なく,医療施設の特徴や術者の経験などに依るところが大きい.当科では2011年7月のICTラウンドを契機に,予防的抗菌薬投与が検討され,これまで多用されていたセフェム系第二世代に替え,セフェム系第一世代を推奨することにした.この変更が抗菌薬適正使用に向けた取り組みとして適切であったかを検証するため,2009年1月から2013年12月まで予防的抗菌薬投与症例(1,160例)の中で,140症例中8例(4.7%)とSSI発生が多かった悪性腫瘍症例を対象に,SSI発生を指標として調査を行った.全調査期間における悪性腫瘍SSI発生症例は,CEZ群3例(4.8%),CTM群3例(4.1%)であった.CEZ群とCTM群とのSSI発生に差がなかったことから,口腔外科手術でのSSI原因菌に対して,セフェム系第一世代でも第二世代と同程度にSSI発生を予防することが可能であり,第二世代から第一世代への抗菌薬の変更は適切であったことが示唆された.今後は予防的抗菌薬の投与期間,内服抗菌薬への切り替えに加え,抗菌薬以外のSSI発生の要因について検討を続けていく必要がある.<br>

    DOI: 10.4058/jsei.30.405

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Expression of Sox genes in tooth development 査読

    Katsushige Kawasaki, Maiko Kawasaki, Momoko Watanabe, Erik Idrus, Takahiro Nagai, Shelly Oommen, Takeyasu Maeda, Nobuko Hagiwara, Jianwen Que, Paul T. Sharpe, Atsushi Ohazama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY   59 ( 10-12 )   471 - 478   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:UNIV BASQUE COUNTRY UPV-EHU PRESS  

    Members of the Sox gene family play roles in many biological processes including organogenesis. We carried out comparative in situ hybridization analysis of seventeen sox genes (Sox 1-14, 17, 18, 21) during murine odontogenesis from the epithelial thickening to the cytodifferentiation stages. Localized expression of five Sox genes (Sox6, 9, 13, 14 and 21) was observed in tooth bud epithelium. Sox13 showed restricted expression in the primary enamel knots. At the early bell stage, three Sox genes (Sox8, 11, 17 and 21) were expressed in pre-ameloblasts, whereas two others (Sox5 and 18) showed expression in odontoblasts. Sox genes thus showed a dynamic spatio-temporal expression during tooth development.

    DOI: 10.1387/ijdb.150192ao

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院におけるHIV感染者に対する歯科治療の臨床的検討

    永井孝宏, 児玉泰光, 黒川亮, 山田瑛子, 村山正晃, 池野良, 田邊嘉也, 高木律男

    日本エイズ学会誌   16 ( 3 )   148 - 154   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本エイズ学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨骨折の周術期にブルガダ症候群と診断された1例

    大貫尚志, 児玉泰光, 黒川亮, 嵐山貴徳, 永井孝宏, 和泉大輔, 高木律男

    口腔顎顔面外傷   12 ( 2 )   109 - 114   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 口腔癌Stage I,II症例の臨床統計的検討

    新垣元基, 勝見祐二, 内藤絵里子, 笠原映, 木口哲郎, 伊藤元貴, 隅田賢正, 永井孝宏, 小玉直樹, 小山貴寛, 児玉泰光, 永田昌毅, 星名秀行, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 当科での高齢者の全身麻酔下手術症例における基礎疾患に関する検討

    小山貴寛, 黒川亮, 永井孝宏, 清水志保, 齋藤太郎, 齋藤夕子, 高木律男

    歯科薬物療法   38 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 二段階口蓋形成手術法における構音発達過程の検討

    大湊 麗, 小野 和宏, 児玉 泰光, 結城 龍太郎, 山田 茜, Estacio Salazar, Andrea Rei, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 小山 貴寛, 飯田 明彦, 永田 昌毅, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   161 - 161   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 舌縮小術を行った口蓋裂を伴うBeckwith-Wiedemann症候群の1例

    児玉 泰光, 大湊 麗, 永井 孝宏, 渡部 桃子, 山田 茜, 結城 龍太郎, Salazar Andrea Rei, 市川 佳弥, 丹原 惇, 齋藤 功, 小野 和宏, 高木 律男, 新潟大学医歯学総合病院口唇口蓋裂診療チーム

    日本口蓋裂学会雑誌   43 ( 2 )   141 - 141   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 全身麻酔下で多数歯抜歯を行ったSturge-Weber症候群の1症例

    結城 龍太郎, 黒川 亮, 永井 孝宏, 西川 敦, 勝見 祐二, 児玉 泰光, 高木 律男

    有病者歯科医療   26 ( 6 )   528 - 529   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1425 - 1425   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 二段階口蓋形成術施行片側性唇顎口蓋裂児におけるHuddart/Bodenham Indexを用いた咬合評価

    児玉 泰光, 丹原 惇, 市川 佳弥, 大湊 麗, 深井 真澄, 渡部 桃子, 永井 孝宏, 小山 貴寛, 永田 昌毅, 飯田 明彦, 小野 和宏, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   166 - 166   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 間葉のMicroRNAは,眼瞼発生を制御する

    永井孝宏, 永井孝宏, 渡部桃子, 渡部桃子, 川崎真依子, 川崎勝盛, 川崎勝盛, 北村厚, 北村厚, 児玉泰光, 高木律男, 前田健康, 大峡淳

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   114‐115 - 115   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Ofd1は口蓋突起の下方伸長に必須である

    渡部桃子, 渡部桃子, 川崎勝盛, 川崎真依子, 永井孝宏, 永井孝宏, 北村厚, 北村厚, 児玉泰光, 前田健康, 高木律男, 大峡淳

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   108‐109 - 109   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎骨骨折症例における観血的整復固定術後のSSI発生状況

    西川 敦, 児玉 泰光, 北村 厚, 永井 孝宏, 大貫 尚志, 高木 律男

    口腔顎顔面外傷   15 ( 1-2 )   62 - 63   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    小児口腔外科   26 ( 2 )   97 - 97   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 歯科病棟におけるSSI対策のための抗菌薬適正使用への試み

    西川 敦, 児玉 泰光, 黒川 亮, 永井 孝宏, 山田 瑛子, 齋藤 直美, 田村 隆, 高野 操, 内山 正子, 田邊 嘉也, 高木 律男

    日本環境感染学会誌   29 ( Suppl. )   305 - 305   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科におけるHIV感染症患者の臨床的検討

    永井 孝宏, 児玉 泰光, 山田 瑛子, 村山 正晃, 池野 良, 田邊 嘉也, 高木 律男

    日本エイズ学会誌   15 ( 4 )   418 - 418   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本エイズ学会  

    researchmap

  • 抗HIV薬の唾液中薬剤濃度の検討

    山田 瑛子, 高木 律男, 田邊 嘉也, 永井 孝宏, 村山 正晃, 池野 良, 児玉 泰光, 親泊 あいみ, 須藤 弘二, 戸蒔 祐子, 藤原 宏, 長谷川 直樹, 岩田 敏, 加藤 真吾

    日本エイズ学会誌   15 ( 4 )   457 - 457   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本エイズ学会  

    researchmap

  • ブルガダ症候群と診断された下顎骨骨折の1例

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 黒川 亮, 嵐山 貴徳, 永井 孝宏, 和泉 大輔, 高木 律男

    口腔顎顔面外傷   12 ( 1 )   65 - 66   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面外傷学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • HIV感染症が判明する前に口腔症状の見られた症例の検討 招待

    永井 孝宏

    第19回北関東・甲信越HIV感染症症例検討会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • HIV感染症が判明する前に口腔症状の見られた症例の検討

    永井 孝宏

    第32回日本エイズ学会学術集会・総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

受賞

  • 優秀ポスター賞

    2019年4月   第73回日本口腔科学会学術集会   下顎形成におけるmicroRNAの役割

    永井孝宏

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 顔面形成における細胞増殖活性の制御機構の解明

    研究課題/領域番号:22K17153

    2022年4月 - 2024年3月

    制度名:科学研究費助成事業 若手研究

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    永井 孝宏

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 下顎形成における一次線毛の機能解析 ーメッケル軟骨を通してー

    研究課題/領域番号:20K18661

    2020年4月 - 2022年3月

    制度名:科学研究費助成事業 若手研究

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    永井 孝宏

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 時間軸を考慮した顎顔面形成におけるmicroRNAの機能解析

    2018年4月 - 2020年3月

    制度名:研究活動スタート支援

    提供機関:日本学術振興会科学研究費補助金

    永井 孝宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 歯学研究演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床予備実習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習II

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 総合模型実習

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 第5回「口唇裂・口蓋裂を中心とする口腔外科手術に関する医療支援(ミャンマー)」

    2018年12月

     詳細を見る

  • 第3回「口唇裂・口蓋裂を中心とする口腔外科手術に関する医療支援(ミャンマー)」

    2016年12月

     詳細を見る