2021/04/22 更新

写真a

サイトウ シヨウジ
齋藤 祥二
SAITO Shiyoji
所属
医歯学総合病院 脳神経外科 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 学士(医学) ( 2009年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 脳血管撮影

  • 脳血管障害

  • 脳動静脈奇形

  • 脳神経血管内治療

  • 脳神経外科

研究分野

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学  / 脳血管障害

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   脳神経外科   特任助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   脳神経外科

    2017年5月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 立川綜合病院   循環器・脳血管センター 脳神経外科

    2016年10月 - 2017年4月

      詳細を見る

  • 新潟市民病院   脳神経外科

    2015年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

  • 富山県立中央病院   脳神経外科

    2012年10月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 新潟県立中央病院   脳神経外科

    2011年5月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   脳神経外科

    2011年4月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   総合臨床研修センター   初期臨床研修医

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経外科   特任助教

    2019年4月 - 2021年3月

学歴

  • 新潟大学   医学部   医学科

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本脳神経外科学会

      詳細を見る

  • 日本脊髄外科学会

      詳細を見る

  • 日本脳神経血管内治療学会 [旧称;日本脳神経血管内手術研究会]

      詳細を見る

  • 日本脳神経外科コングレス

      詳細を見る

 

論文

  • Safety and feasibility of the distal transradial approach: A novel technique for diagnostic cerebral angiography. 査読 国際誌

    Shoji Saito, Hitoshi Hasegawa, Tomoyoshi Ota, Toru Takino, Yuichi Yoshida, Kazuhiro Ando, Kohei Shibuya, Haruhiko Takahashi, Tomoaki Suzuki, Makoto Oishi, Yukihiko Fujii

    Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences   1591019920925709 - 1591019920925709   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PURPOSE: We aimed to evaluate the safety and feasibility of the distal transradial approach (DTRA) as a novel technique for cerebral angiography based on our institutional initial experience. METHODS: We retrospectively analyzed our institutional database of consecutive diagnostic cerebral angiographies performed with DTRA from December 2018 to August 2019. Patient demographics and clinical and procedural data were recorded. RESULTS: In total, 51 diagnostic cerebral angiographies in 51 patients (age, 15-83 years; mean age, 59.4 years, SD 13.5; 35 (69%) females) were performed or attempted with DTRA. Ultrasound evaluation showed that the mean inner distal radial artery diameter was significantly smaller than the mean inner forearm radial artery diameter (2.19 mm vs. 2.56 mm, P < 0.001). Cannulation via the distal radial artery was successful in 47 (92%) procedures. In the four procedures that failed, operators converted to the ipsilateral transradial approach without repositioning or redraping. Selective catheterization of the intended vessel was achieved in 64 (91%) of 70 vessels. In the remaining six, operators achieved the objective of the examination with angiography injecting from proximal and conversion to another approach was not required. One patient experienced temporary numbness around the puncture site after the procedure. No radial artery occlusion was identified in the patients who underwent ultrasound evaluation. CONCLUSION: Our results demonstrate that DTRA could become a standard approach for diagnostic cerebral angiography owing to the low complication rate and the high cannulation success rate.

    DOI: 10.1177/1591019920925709

    PubMed

    researchmap

  • Treatment Strategies for Infectious Intracranial Aneurysms: Report of Three Cases and Review of the Literature. 査読

    Ando K, Hasegawa H, Kikuchi B, Saito S, On J, Shibuya K, Fujii Y

    Neurologia medico-chirurgica59 ( 9 ) 344 - 350   2019年9月

  • Dramatic response of BRAF V600E-mutant epithelioid glioblastoma to combination therapy with BRAF and MEK inhibitor: establishment and xenograft of a cell line to predict clinical efficacy. 査読

    Kanemaru Y, Natsumeda M, Okada M, Saito R, Kobayashi D, Eda T, Watanabe J, Saito S, Tsukamoto Y, Oishi M, Saito H, Nagahashi M, Sasaki T, Hashizume R, Aoyama H, Wakai T, Kakita A, Fujii Y

    Acta neuropathologica communications7 ( 1 ) 119   2019年7月

  • 歯性上顎洞炎から硬膜下蓄膿(膿瘍),続発性脳動脈炎と脳虚血を生じた1例

    源甲斐 信行, 阿部 博史, 高橋 陽彦, 齋藤 祥二, 岡本 浩一郎

    Neurological Surgery47 ( 2 ) 205 - 210   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    32歳男。全身痙攣および発熱を主訴とした。発熱と頭痛にて、抗菌薬投与を受けていた。頭部単純CTで、左前頭側頭部の硬膜下腔の大脳皮質と等吸収の液体貯留と少量の空気を認めた。また、骨条件冠状断像で、右上顎洞底部に骨欠損像を認め、う蝕による根尖病巣を伴う歯槽との間に交通を認めた。頭部MRIでは、右上顎洞・右前頭洞内、大脳鎌左側と左前頭側頭部硬膜下腔に拡散強調画像で高信号を呈する液体貯留を認めた。以上より、右歯性上顎洞炎が原因の左前頭側頭部・大脳縦列部の硬膜下蓄膿と、中大脳動脈の続発性動脈炎と診断し、広域スペクトル抗菌薬と抗てんかん薬の全身投与を開始した。開始後は40℃台の発熱の持続、意識障害の悪化、失語症と右上下肢麻痺が出現した。造影MRIでは、硬膜下蓄膿の被膜形成の増大および左大脳半球脳溝のgadolinium増強効果、mass effectの増悪を認めたため、減圧開頭硬膜下蓄膿洗浄ドレナージ術を施行した。また、内視鏡下鼻内手術と右上顎齲歯の抜歯を行い、歯性上顎洞炎を裏付ける所見が認められた。術後MRIでは、左中大脳動脈領域に拡散強調画像で高い信号を認め、続発性動脈炎に伴う脳虚血と診断した。術後は寛解状態にあったが、39℃台の発熱と炎症所見の増悪と左硬膜下蓄膿再貯留が確認されたため、再度、硬膜下蓄膿洗浄ドレナージ術を施行した。 以後は再燃なく、左中大脳動脈の不整や狭窄の改善が認められ、失語症と右上下肢麻痺も顕著に改善し、独歩退院した。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳虚血で発症した小児頭蓋内内頸動脈解離に対してstent retrieverを用いた超急性期脳血栓回収術が奏功した1例

    菊池 文平, 新保 淳輔, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    脳神経外科速報28 ( 1 ) 95 - 101   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    12歳男児。マラソン大会を完走後、頭痛と左片麻痺が出現し救急搬送され、救急車内で全身痙攣を一度認めた。頭部MRIの拡散強調画像で右基底核に高信号を認め、頭部MRAでは右頭蓋内内頸動脈とM2前枝起始部が描出不良であり、頭蓋内内頸動脈解離による右内頸動脈閉塞症を疑った。発症から145分で緊急脳内血管造影と、Penumbra systemおよびstent retrieverを用いた脳血栓回収術を施行した。TICIスコアは2bであり、発症から再開通まで206分であり、再開通直後から発語を認め、術後数時間で左片麻痺も急速に回復した。第5病日のMRAで右内頸動脈に解離腔の残存を認めたが、リハビリテーションを経て第37病日に独歩自宅退院した。半年後のMRAで右内頸動脈の解離腔は残存していたが血管径は正常化し、発症から2年間再発を認めていない。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 少量のくも膜下出血で発症した多発脳動脈瘤症例の破裂瘤推定にMR-Vessel Wall Imagingが有用であった1例

    菊池 文平, 佐々木 修, 渡部 正俊, 齋藤 祥二, 中山 遥子, 斉藤 明彦

    CI研究38 ( 1-4 ) 41 - 46   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳神経CI学会  

    症例は76歳女性で、5年前から認知機能低下と易怒性があり、抗認知症薬を内服中であった。入浴中に気分不快と後頭部痛、嘔吐が出現し、救急搬送された。頭部MRI/Angiographyで多発脳動脈瘤を伴うクモ膜下出血と診断後、転送された。腰椎穿刺を行い、薄い血性髄液を確認した。クモ膜下出血と診断した。脳血管撮影を行い、左後下小脳動脈半球枝と共通幹となる左前下小脳動脈起始部に騎乗した動脈瘤であることが判明した。動脈瘤を破裂瘤と判断し、全身麻酔下に脳動脈瘤コイル塞栓術を行った。術後新たな神経脱落症状の出現はなく、意識障害は翌日には消失した。脳血管攣縮期にも新たな神経脱落症状の出現は認めず、正常圧水頭症も合併しなかった。術後1ヵ月の脳血管撮影で左前下小脳動脈起始部動脈瘤の塞栓状態は術直後と同様であった。6ヵ月後の脳血管撮影でも塞栓状態に変化はなく、術後1年を経てもクモ膜下出血の再発はない。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Familial idiopathic basal ganglia calcification: Histopathologic features of an autopsied patient with an SLC20A2 mutation 査読

    Tadashi Kimura, Takeshi Miura, Kenju Aoki, Shoji Saito, Hiroaki Hondo, Takuya Konno, Akio Uchiyama, Takeshi Ikeuchi, Hitoshi Takahashi, Akiyoshi Kakita

    NEUROPATHOLOGY36 ( 4 ) 365 - 371   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Idiopathic basal ganglia calcification (IBGC), or Fahr's disease, is a neurological disorder characterized by widespread calcification in the brain. Recently, several causative genes have been identified, but the histopathologic features of the brain lesions and expression of the gene products remain unclear. Here, we report the clinical and autopsy features of a 62-year-old Japanese man with familial IBGC, in whom an SLC20A2 mutation was identified. The patient developed mild cognitive impairment and parkinsonism. A brain CT scan demonstrated abnormal calcification in the bilateral basal ganglia, thalami and cerebellum. An MRI study at this point revealed glioblastoma, and the patient died 6 months later. At autopsy, symmetric calcification in the basal ganglia, thalami, cerebellar white matter and deeper layers of the cerebral cortex was evident. The calcification was observed in the tunica media of small arteries, arterioles and capillaries, but not in veins. Immunohistochemistry using an antibody against type III sodium-dependent phosphate transporter 2 (PiT-2), the SLC20A2 product, demonstrated that astrocytic processes were labeled in several regions in control brains, whereas in the patient, reactivity in astrocytes was apparently weak. Immunoblotting demonstrated a marked decrease of PiT-2 in the patient. There are few autopsy reports of IBGC patients with confirmation of the genetic background. The autopsy features seem informative for better understanding the histogenesis of IBGC lesions.

    DOI: 10.1111/neup.12280

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 脳動静脈奇形に対するOnyx塞栓術は,どこまで積極的に攻めるべきか? 73セッションの経験から得られた教訓

    長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S13 - S13   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 遠位橈骨動脈穿刺による脳血管撮影の初期経験

    齋藤 祥二, 長谷川 仁, 太田 智慶, 瀧野 透, 吉田 雄一, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 鈴木 倫明, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S217 - S217   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 遅発性に対側動眼神経麻痺を来した内頸動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤破裂によるくも膜下出血の1例

    齋藤 祥二, 長谷川 仁, 瀧野 透, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 温 城太郎, 鈴木 倫明, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S340 - S340   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 新潟大学病院における急性期血行再建療法の治療成績 時間短縮と負担軽減の両立を目指した診療体制の構築

    高橋 陽彦, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 鈴木 倫明, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S224 - S224   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後方循環血栓化脳動脈瘤に対するフローダイバージョン治療後の血管形態変化に注目した流体力学的検討

    鈴木 倫明, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S387 - S387   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後下小脳動脈遠位部破裂脳動脈瘤に対する血管内治療

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 太田 智慶, 吉田 雄一, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S129 - S129   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • ユーザーの立場からみた脳血管内治療機器の適正使用指針

    長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S91 - S91   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Nonbranching site of A2 aneurysmの血管内治療とその特徴

    鈴木 倫明, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 中里 真二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S191 - S191   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Paraclinoid aneurysmに対するflow diverter留置術にコイル併用は妥当な選択か?

    伊藤 靖, 長谷川 仁, 菊池 文平, 北澤 圭子, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 大原 浩司, 小山 京, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S187 - S187   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当施設における未破裂前交通動脈瘤に対する血管内治療の成績とその特徴

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S57 - S57   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 感染性脳動脈瘤の集学的治療 感染性脳動脈瘤の治療戦略

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 藤井 幸彦

    The Mt. Fuji Workshop on CVD37   105 - 109   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    症例1は36歳女性で、感染性心内膜炎の保存的治療後に頭痛や左半身の痺れが出現した。右後大脳動脈末梢枝に動脈瘤破裂を認め、感染性心内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤と診断した。コイルで親血管を閉塞し、術後に弁置換術を行った。症例2は43歳男性で、突然の激しい頭痛と言葉の出難さを主訴とした。5cm大の左中大脳動脈の部分血栓化巨大脳動脈瘤を認め、コイルで内頸動脈を閉塞した。動脈瘤への血流低下を確認した後、開頭下に浅側頭動脈-中大脳動脈バイパス術を行った。術後、感染性心内膜炎が判明し、感染性心内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤と診断した。その後、弁置換術を行った。症例3は22歳女性で、意識消失で救急搬送された。感染性心内膜炎と左中大脳動脈末梢分岐部の動脈瘤破裂を認め、感染性内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤破裂と診断した。第9病日に再出血で死亡し、剖検で細菌性心内膜炎に起因する仮性脳動脈瘤と診断した。

    researchmap

  • 感染性脳動脈瘤の集学的治療 感染性脳動脈瘤の治療戦略

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 藤井 幸彦

    The Mt. Fuji Workshop on CVD37   105 - 109   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    researchmap

  • Non sinus type中頭蓋窩硬膜動静脈瘻に対して経動脈的Onyx塞栓術を施行した1例

    渋谷 航平, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S357 - S357   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Proximal-to-distal approachで急性期血管内再開通療法を行ったtandem occlusionの2症例

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 菊池 文平, 森田 健一, 長谷川 仁, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S144 - S144   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Hybrid neurosurgeonが施行した脳動静脈奇形に対するOnyx塞栓術の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S73 - S73   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の遅発性破裂

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S129 - S129   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 治療困難な後方循環瘤に対するフローダイバージョン

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S87 - S87   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 椎骨動脈に誤穿刺した中心静脈カテーテルの抜去時に血管内治療で止血を得た一例

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S337 - S337   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 微細な脳血管病変のコイル塞栓術 MarathonとBarricade coilの相性

    菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S222 - S222   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 摘出に難渋したGH・TSH産生下垂体腺腫の1例

    岡田 正康, 米岡 有一郎, 村井 志乃, 齋藤 祥二, 渡邉 潤, 大石 誠, 藤井 幸彦

    新潟医学会雑誌132 ( 1 ) 33 - 33   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 整容に配慮したSTA‐MCA吻合術―T字切開の試み―

    菊池文平, 安藤和弘, 齋藤祥二, 長谷川仁, 大石誠, 藤井幸彦

    日本整容脳神経外科学会プログラム・抄録集11th   29   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 治療困難な硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の初期経験

    菊池文平, 長谷川仁, 本橋邦夫, 齋藤祥二, 安藤和弘, 北澤圭子, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S112(J‐STAGE) - S112   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 母血管温存を企図した椎骨・脳底動脈本幹部紡錘状動脈瘤に対する治療戦略

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 本橋 邦夫, 菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S263 - S263   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 治療困難な硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の初期経験

    菊池 文平, 長谷川 仁, 本橋 邦夫, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 北澤 圭子, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S112 - S112   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 丹念なOnyx塞栓術を施行した脳動静脈奇形の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 本橋 邦夫, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S99 - S99   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院における頭頸部腫瘍塞栓術の安全性への取り組み

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S237 - S237   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • MRA source imageがシャントポイントの同定に有用であったACC部硬膜動静脈瘻の1例

    田中 陽平, 高野 弘基, 齋藤 祥二, 鈴木 倫明, 源甲斐 伸行, 阿部 博史

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S203 - S203   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院における頭頸部腫瘍塞栓術の安全性への取り組み

    本橋邦夫, 長谷川仁, 菊池文平, 齋藤祥二, 安藤和弘, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S237(J‐STAGE) - S237   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 母血管温存を企図した椎骨・脳底動脈本幹部紡錘状動脈瘤に対する治療戦略

    齋藤祥二, 安藤和弘, 本橋邦夫, 菊池文平, 長谷川仁, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S263(J‐STAGE) - S263   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の放射線学的追跡法の検討

    安藤和弘, 長谷川仁, 菊池文平, 本橋邦夫, 斉藤祥二, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S37(J‐STAGE) - S37   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大血栓化後大脳動脈瘤の1治療例

    齋藤 祥二, 源甲斐 信行, 阿部 博史

    新潟医学会雑誌131 ( 7 ) 441 - 442   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • Onyxを用いた術前塞栓術を施行した充実性小脳血管芽腫の1例

    金丸優, 長谷川仁, 平石哲也, 齋藤太希, 塚野淳, 齋藤祥二, 塚本佳広, 菊池文平, 大石誠, 藤井幸彦

    日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集22nd   218   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 丹念なOnyx塞栓術を施行した脳動脈奇形の治療成績

    長谷川仁, 菊池文平, 安藤和弘, 齋藤祥二, 本橋邦夫, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S99(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における人工硬膜の使用状況と関連合併症についての検討

    齋藤 祥二, 瀧野 透, 菊池 文平, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    新潟医学会雑誌130 ( 12 ) 712 - 712   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • コバルトクロム合金製バルーン拡張型ステントを用いて治療した鎖骨下動脈閉塞症の2例

    齋藤 祥二, 菊池 文平, 新保 淳輔, 西野 和彦, 太田 智慶, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy9 ( 6 ) S335 - S335   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 破裂前交通動脈瘤治療における二刀流術者の一刀流術者に対する非劣性の検証

    菊池 文平, 齋藤 祥二, 太田 智慶, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy9 ( 6 ) S378 - S378   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 大声を出した事が誘因になったと思われるRCVSの1例

    本間 順平, 齋藤 祥二, 小林 勉, 本道 洋昭

    新潟医学会雑誌128 ( 12 ) 679 - 680   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 亜急性期に除去術を行った外傷性大脳半球間裂硬膜下血腫の2例

    齋藤 祥二, 佐藤 洋輔, 本間 順平, 小林 勉, 本道 洋昭

    新潟医学会雑誌128 ( 11 ) 611 - 611   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 膠芽腫により死亡した家族性特発性両側性大脳基底核石灰化症の1剖検例

    木村 正志, 齋藤 祥二, 本道 洋昭, 三浦 健, 青木 賢樹, 今野 卓也, 池内 健, 高橋 均, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌128 ( 4 ) 189 - 189   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 摘出術を行った上矢状静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例

    齋藤 祥二, 阿部 英明, 高尾 哲郎, 富川 勝, 田村 哲郎

    新潟医学会雑誌127 ( 3 ) 173 - 173   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • MRIで異常所見を呈した低血糖脳症の1例

    田村 哲郎, 小倉 良介, 富川 勝, 高尾 哲郎, 齋藤 祥二

    新潟医学会雑誌126 ( 6 ) 339 - 340   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 頭部MRIでの拡散強調画像にて一過性の高信号病変を認めた低血糖脳症の一例

    鳥谷部 真史, 齋藤 祥二, 荒川 博之, 赤岩 靖久, 西澤 正豊, 石澤 正博, 古川 和郎, 皆川 真一, 森川 洋, 羽入 修, 林 悠介

    日本神経救急学会雑誌22 ( 1 ) 52 - 52   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版事業部  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

▶ 全件表示