2022/09/29 更新

写真a

ホカリ サトシ
穗苅 諭
HOKARI Satoshi
所属
医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2015年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 呼吸器内科学

  • Tumor Biology

  • Respiratory Care

  • Sleep related breathing disorders

  • ChIP-seq

  • NPPV

  • 次世代シーケンサー

  • 呼吸リハビリテーション

  • 睡眠時無呼吸症候群

  • がんゲノム

  • Respiratory Medicine

  • TTF-1

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

  • ライフサイエンス / 実験病理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   呼吸器・感染症内科   特任助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東京大学大学院 医学系研究科   分子病理学分野(宮園研究室)   特任研究員

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学大学院 医歯学総合研究科   呼吸器・感染症内科学分野   客員研究員

    2016年7月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院医学系研究科   分子病理学分野(宮園研究室)   客員研究員

    2016年7月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院   呼吸器・感染症内科   医員

    2015年4月 - 2016年6月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科   特任助教

    2019年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科   地域疾病制御

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部   医学科

    2000年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • アメリカ癌学会

    2020年2月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本癌学会

    2020年2月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本呼吸療法医学会

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

    2014年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本内科学会

      詳細を見る

  • 日本睡眠学会

      詳細を見る

  • 日本呼吸器学会

      詳細を見る

  • 日本結核病学会

      詳細を見る

▶ 全件表示

委員歴

  • 新潟大学医歯学総合病院   リスクマネジャー  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科   外来医長  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 新潟大学   倫理審査委員会  

    2021年   

      詳細を見る

  • 新潟大学医学部医学科   カリキュラム委員  

    2021年   

      詳細を見る

  • 日本呼吸器学会・日本呼吸療法医学会・日本集中治療医学会   ARDS診療ガイドライン2021システマティックレビュー委員  

    2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

留学歴

  • 東京大学大学院 医学系研究科 分子病理学分野   特任研究員

    2016年4月 - 2019年3月

取得資格

  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医

  • 日本内科学会総合内科専門医

  • 日本睡眠学会専門医

  • 呼吸ケア指導士(初級)

 

論文

  • ARDS clinical practice guideline 2021

    Sadatomo Tasaka, Shinichiro Ohshimo, Muneyuki Takeuchi, Hideto Yasuda, Kazuya Ichikado, Kenji Tsushima, Moritoki Egi, Satoru Hashimoto, Nobuaki Shime, Osamu Saito, Shotaro Matsumoto, Eishu Nango, Yohei Okada, Kenichiro Hayashi, Masaaki Sakuraya, Mikio Nakajima, Satoshi Okamori, Shinya Miura, Tatsuma Fukuda, Tadashi Ishihara, Tetsuro Kamo, Tomoaki Yatabe, Yasuhiro Norisue, Yoshitaka Aoki, Yusuke Iizuka, Yutaka Kondo, Chihiro Narita, Daisuke Kawakami, Hiromu Okano, Jun Takeshita, Keisuke Anan, Satoru Robert Okazaki, Shunsuke Taito, Takuya Hayashi, Takuya Mayumi, Takero Terayama, Yoshifumi Kubota, Yoshinobu Abe, Yudai Iwasaki, Yuki Kishihara, Jun Kataoka, Tetsuro Nishimura, Hiroshi Yonekura, Koichi Ando, Takuo Yoshida, Tomoyuki Masuyama, Masamitsu Sanui, Takuro Nakashima, Aiko Masunaga, Aiko Tanaka, Akihiko Inoue, Akiko Higashi, Atsushi Tanikawa, Atsushi Ujiro, Chihiro Takayama, Daisuke Kasugai, Daisuke Kawakami, Daisuke Ueno, Daizoh Satoh, Shinichi Kai, Kohei Ota, Yoshihiro Hagiwara, Jun Hamaguchi, Ryo Fujii, Takashi Hongo, Yuki Kishihara, Naohisa Masunaga, Ryohei Yamamoto, Satoru Robert Okazaki, Ryo Uchimido, Tetsuro Terayama, Satoshi Hokari, Hitoshi Sakamoto, Dongli, Emiko Nakataki, Erina Tabata, Seisuke Okazawa, Futoshi Kotajima, Go Ishimaru, Haruhiko Hoshino, Hideki Yoshida, Hidetaka Iwai, Hiroaki Nakagawa, Hiroko Sugimura, Hiromichi Narumiya, Hiromu Okano, Hiroshi Nakamura, Hiroshi Sugimoto, Hiroyuki Hashimoto, Hiroyuki Ito, Hisashi Dote, Hisashi Imahase, Hitoshi Sato, Masahiro Katsurada, Ichiro Osawa, Jun Kamei, Jun Maki, Jun Sugihara, Jun Takeshita, Junichi Fujimoto, Junichi Ishikawa, Junko Kosaka, Junpei Shibata, Katsuhiko Hashimoto, Yasushi Nakano, Kazuki Kikuyama, Kazushige Shimizu, Kazuya Okada, Keishi Kawano, Keisuke Anan, Keisuke Ota, Ken-ichi Kano, Kengo Asano, Kenichi Hondo, Kenji Ishii, Kensuke Fujita, Kenta Ogawa, Kentaro Ito, Kentaro Tokunaga, Kenzo Ishii, Kohei Kusumoto, Kohei Takimoto, Kohei Yamada, Koichi Naito, Koichi Yamashita, Koichi Yoshinaga, Kota Yamauchi, Maki Murata, Makiko Konda, Manabu Hamamoto, Masaharu Aga, Masahiro Kashiura, Masami Ishikawa, Masayuki Ozaki, Michihiko Kono, Michihito Kyo, Minoru Hayashi, Mitsuhiro Abe, Mitsunori Sato, Mizu Sakai, Motoshi Kainuma, Naoki Tominaga, Naoya Iguchi, Natsuki Nakagawa, Nobumasa Aoki, Norihiro Nishioka, Norihisa Miyashita, Nozomu Seki, Ryo Ikebe, Ryosuke Imai, Ryota Tate, Ryuhei Sato, Sachiko Miyakawa, Satoshi Kazuma, Satoshi Nakano, Satoshi Tetsumoto, Satoshi Yoshimura, Shigenori Yoshitake, Shin-etsu Hoshi, Shingo Ohki, Shintaro Sato, Shodai Yoshihiro, Shoichi Ihara, Shota Yamamoto, Shunichi Koide, Shunsuke Kimata, Shunsuke Saito, Shunsuke Yasuo, Shusuke Sekine, Soichiro Mimuro, Soichiro Wada, Sosuke Sugimura, Tadashi Ishihara, Tadashi Kaneko, Tadashi Nagato, Takaaki Maruhashi, Takahiro Tamura, Takanori Ohno, Takashi Ichiyama, Takashi Niwa, Takashi Ueji, Takayuki Ogura, Takeshi Kawasaki, Takeshi Tanaka, Takeshi Umegaki, Taku Furukawa, Taku Omura, Takumi Nagao, Takuya Mayumi, Takuya Taniguchi, Takuya Yoshida, Tatsutoshi Shimatani, Teppei Murata, Tetsuya Sato, Tohru Sawamoto, Yoshifumi Koukei, Tomohiro Takehara, Tomomi Ueda, Tomoya Katsuta, Tomoya Nishino, Toshiki Yokoyama, Ushio Higashijima, Wataru Iwanaga, Yasushi Inoue, Yoshiaki Iwashita, Yoshie Yamada, Yoshifumi Kubota, Yoshihiro Suido, Yoshihiro Tomioka, Yoshihisa Fujimoto, Yoshihito Fujita, Yoshikazu Yamaguchi, Yoshimi Nakamura, Yoshinobu Abe, Yoshitomo Eguchi, Yoshiyasu Oshima, Yosuke Fukuda, Yudai Iwasaki, Yuichi Yasufuku, Yuji Shono, Yuka Nakatani, Yuki Nakamori, Yukie Ito, Yuko Tanabe, Yusuke Nagamine, Yuta Nakamura, Yutaro Kurihara

    Respiratory Investigation   2022年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2022.05.003

    researchmap

  • Respiratory support strategy in adults with acute hypoxemic respiratory failure: a systematic review and network meta-analysis. 査読 国際誌

    Hiromu Okano, Masaaki Sakuraya, Tomoyuki Masuyama, Shunsuke Kimata, Satoshi Hokari

    JA clinical reports   8 ( 1 )   34 - 34   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Network meta-analyses (NMAs) of respiratory management strategies for acute hypoxemic respiratory failure (AHRF) have been reported, but no previous study has compared noninvasive ventilation (NIV), high-flow nasal oxygen (HFNO), standard oxygenation therapy (SOT), and invasive mechanical ventilation (IMV) for de novo AHRF. Therefore, we conducted an NMA to assess the effectiveness of these four respiratory strategies in patients with de novo AHRF. METHODS: The Cochrane Central Register of Controlled Trials, MEDLINE, EMBASE, and Ichushi databases were searched. Studies including adults aged ≥18 years with AHRF and RCTs that compared two different oxygenation techniques (SOT, NIV, HFNO, or IMV) were selected. A frequentist-based approach with multivariate random-effects meta-analysis was used. The outcomes were mortality and intubation rates. RESULTS: Among the 14,263 records initially identified, 25 studies (3302 patients) were included. In the analysis of mortality, compared to SOT, NIV (risk ratio [RR], 0.76; 95% confidence interval [CI], 0.61-0.95) reduced mortality; however, IMV (RR, 1.01; 95% CI, 0.57-1.78) and HFNO (RR, 0.89; 95% CI, 0.66-1.20) did not. For assessments of the intubation incidence, compared to SOT, NIV use (RR, 0.63; 95% CI, 0.51-0.79) was associated with a reduction in intubation, but HFNO (RR, 0.82; 95% CI, 0.61-1.11) was not significant. CONCLUSIONS: Our NMA demonstrated that only NIV showed clinical benefits compared with SOT as an initial respiratory strategy for de novo AHRF. Further investigation, especially comparison with HFNO, is warranted. TRIAL REGISTRATION: PROSPERO (registration number: CRD42020213948 , 11/11/2020).

    DOI: 10.1186/s40981-022-00525-4

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic significance of procalcitonin in small cell lung cancer 査読 国際誌

    Kosuke Ichikawa, Satoshi Watanabe, Satoru Miura, Aya Ohtsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Tomohiro Tanaka, Yu Saida, Rie Kondo, Satoshi Hokari, Nobumasa Aoki, Yasuyoshi Ohshima, Toshiyuki Koya, Toshiaki Kikuchi

    Translational Lung Cancer Research   11 ( 1 )   43 - 52   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AME Publishing Company  

    DOI: 10.21037/tlcr-21-838

    researchmap

  • Optogenetic activation of DRN 5-HT neurons induced active wakefulness, not quiet wakefulness 査読

    Rika Moriya, Mitsuko Kanamaru, Naoki Okuma, Akira Yoshikawa, Kenji F. Tanaka, Satoshi Hokari, Yasuyoshi Ohshima, Akihiro Yamanaka, Motoyasu Honma, Hiroshi Onimaru, Toshiaki Kikuchi, Masahiko Izumizaki

    Brain Research Bulletin   177   129 - 142   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.brainresbull.2021.09.019

    researchmap

  • Efficacy of non-invasive and invasive respiratory management strategies in adult patients with acute hypoxaemic respiratory failure: a systematic review and network meta-analysis 査読

    Masaaki Sakuraya, Hiromu Okano, Tomoyuki Masuyama, Shunsuke Kimata, Satoshi Hokari

    Critical Care   25 ( 1 )   414   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Although non-invasive respiratory management strategies have been implemented to avoid intubation, patients with de novo acute hypoxaemic respiratory failure (AHRF) are high risk of treatment failure. In the previous meta-analyses, the effect of non-invasive ventilation was not evaluated according to ventilation modes in those patients. Furthermore, no meta-analyses comparing non-invasive respiratory management strategies with invasive mechanical ventilation (IMV) have been reported. We performed a network meta-analysis to compare the efficacy of non-invasive ventilation according to ventilation modes with high-flow nasal oxygen (HFNO), standard oxygen therapy (SOT), and IMV in adult patients with AHRF.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    The Cochrane Central Register of Controlled Trials, MEDLINE, EMBASE, and Ichushi databases were searched. Studies including adults with AHRF and randomized controlled trials (RCTs) comparing two different respiratory management strategies (continuous positive airway pressure (CPAP), pressure support ventilation (PSV), HFNO, SOT, or IMV) were reviewed.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    We included 25 RCTs (3,302 participants: 27 comparisons). Using SOT as the reference, CPAP (risk ratio [RR] 0.55; 95% confidence interval [CI] 0.31–0.95; very low certainty) was associated significantly with a lower risk of mortality. Compared with SOT, PSV (RR 0.81; 95% CI 0.62–1.06; low certainty) and HFNO (RR 0.90; 95% CI 0.65–1.25; very low certainty) were not associated with a significantly lower risk of mortality. Compared with IMV, no non-invasive respiratory management was associated with a significantly lower risk of mortality, although all certainties of evidence were very low. The probability of being best in reducing short-term mortality among all possible interventions was higher for CPAP, followed by PSV and HFNO; IMV and SOT were tied for the worst (surface under the cumulative ranking curve value: 93.2, 65.0, 44.1, 23.9, and 23.9, respectively).


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    When performing non-invasive ventilation among patients with de novo AHRF, it is important to avoid excessive tidal volume and lung injury. Although pressure support is needed for some of these patients, it should be applied with caution because this may lead to excessive tidal volume and lung injury.


    <italic>Trial registration</italic> protocols.io (Protocol integer ID 49375, April 23, 2021). <ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="doi" xlink:href="https://doi.org/10.17504/protocols.io.buf7ntrn">10.17504/protocols.io.buf7ntrn</ext-link>.


    </sec>

    DOI: 10.1186/s13054-021-03835-8

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s13054-021-03835-8/fulltext.html

  • The Prognostic Significance of the Continuous Administration of Anti-PD-1 Antibody via Continuation or Rechallenge After the Occurrence of Immune-Related Adverse Events. 査読 国際誌

    Toshiya Fujisaki, Satoshi Watanabe, Takeshi Ota, Kohei Kushiro, Yusuke Sato, Miho Takahashi, Aya Ohtsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Kosuke Ichikawa, Satoshi Hokari, Rie Kondo, Takao Miyabayashi, Tetsuya Abe, Satoru Miura, Hiroshi Tanaka, Masaaki Okajima, Masaki Terada, Naoya Matsumoto, Takashi Ishida, Akira Iwashima, Kazuhiro Sato, Hirohisa Yoshizawa, Nobumasa Aoki, Masachika Hayashi, Yasuyoshi Ohshima, Toshiyuki Koya, Toshiaki Kikuchi

    Frontiers in oncology   11   704475 - 704475   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    <sec><title>Objectives</title>Although immune checkpoint inhibitors (ICIs) have been shown to improve overall survival (OS) in advanced non-small-cell lung cancer (NSCLC) patients, ICIs sometimes cause various types of immune-related adverse events (irAEs), which lead to the interruption of ICI treatment. This study aims to evaluate the clinical significance of the continuation of ICIs in NSCLC patients with irAEs and to assess the safety and efficacy of the readministration of ICIs after their discontinuation due to irAEs.

    </sec><sec><title>Methods</title>We retrospectively identified patients with advanced NSCLC who were treated with first- to third-line anti-programmed cell death-1 (PD-1) therapy from January 2016 through October 2017 at multiple institutions belonging to the Niigata Lung Cancer Treatment Group. Progression-free survival (PFS) and OS from the initiation of ICI treatment were analyzed in patients with and without irAEs, with and without ICI interruption, and with and without ICI readministration. A 6-week landmark analysis of PFS and OS was performed to minimize the lead-time bias associated with time-dependent factors.

    </sec><sec><title>Results</title>Of 231 patients who received anti-PD-1 antibodies, 93 patients (40%) developed irAEs. Of 84 eligible patients with irAEs, 32 patients (14%) continued ICIs, and OS was significantly longer in patients who continued ICIs than that in patients who discontinued ICIs [not reached (95% CI: NE-NE) <italic>vs</italic>. not reached (95% CI: 22.4–NE); p = 0.025]. Of 52 patients who discontinued ICIs, 14 patients (6.1%) readministered ICIs, and OS in patients with ICI readministration was significantly longer than that in patients without ICI readministration [not reached (95% CI: NE-NE) <italic>vs</italic>. not reached (95% CI: 8.4–NE); p = 0.031].

    </sec><sec><title>Conclusion</title>The current study demonstrated that both the continuation and readministration of ICIs after irAE occurrence improved OS compared to the permanent interruption of ICIs in NSCLC patients with ICI-related irAEs.

    </sec>

    DOI: 10.3389/fonc.2021.704475

    PubMed

    researchmap

  • Subsequent systemic therapy for non-small cell lung cancer patients with immune checkpoint inhibitor-related interstitial lung disease. 査読 国際誌

    Yusuke Sato, Satoshi Watanabe, Takeshi Ota, Kohei Kushiro, Toshiya Fujisaki, Miho Takahashi, Aya Ohtsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Kosuke Ichikawa, Satoshi Hokari, Rie Kondo, Masachika Hayashi, Hiroyuki Ishikawa, Takao Miyabayashi, Tetsuya Abe, Satoru Miura, Hiroshi Tanaka, Masaaki Okajima, Masaki Terada, Takashi Ishida, Akira Iwashima, Kazuhiro Sato, Hirohisa Yoshizawa, Nobumasa Aoki, Yasuyoshi Ohshima, Toshiyuki Koya, Toshiaki Kikuchi

    Translational lung cancer research   10 ( 7 )   3132 - 3143   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Although immune checkpoint inhibitors (ICIs) are effective for advanced non-small cell lung cancer (NSCLC), ICIs may cause interstitial lung disease (ILD), which results in treatment discontinuation and is sometimes fatal. Despite the high incidence of ICI-related ILD, there are few cancer treatment options for patients. This study aimed to evaluate the safety and efficacy of subsequent systemic cancer therapy in NSCLC patients with ICI-related ILD. Methods: We retrospectively assessed NSCLC patients who received programmed cell death-1 (PD-1) inhibitors as first- to third-line therapy at participating institutions of the Niigata Lung Cancer Treatment Group from January 2016 to October 2017. Results: This analysis included 231 patients, 32 (14%) of whom developed ICI-related ILD. Of these patients, 16 (7%) received subsequent systemic cancer treatments. The median overall survival (OS) tended to be longer in the systemic cancer therapy group than in the no systemic cancer therapy group [22.2 months (95% CI: 1-NE) vs. 4.5 months (95% CI: 1-NE); P=0.067]. ICI-related ILD recurred in half of the patients who received systemic cancer therapy, and the median OS tended to be shorter in patients with recurrent ICI-related ILD [22.0 months (95% CI: 1-NE) vs. 7.0 months (95% CI: 1-NE); P=0.3154]. Conclusions: According to the current study, systemic cancer treatment is effective in patients with ICI-related ILD; however, its safety is uncertain because of the high risk of ICI-related ILD recurrence and poor survival outcome following ILD recurrence.

    DOI: 10.21037/tlcr-21-198

    PubMed

    researchmap

  • Combination therapy of cisplatin with cilastatin enables an increased dose of cisplatin, enhancing its antitumor effect by suppression of nephrotoxicity. 査読 国際誌

    Masashi Arita, Satoshi Watanabe, Nobumasa Aoki, Shoji Kuwahara, Ryo Suzuki, Sawako Goto, Yuko Abe, Miho Takahashi, Miyuki Sato, Satoshi Hokari, Aya Ohtsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Kosuke Ichikawa, Rie Kondo, Masachika Hayashi, Yasuyoshi Ohshima, Hideyuki Kabasawa, Michihiro Hosojima, Toshiyuki Koya, Akihiko Saito, Toshiaki Kikuchi

    Scientific reports   11 ( 1 )   750 - 750   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cisplatin, one of the most active anticancer agents, is widely used in standard chemotherapy for various cancers. Cisplatin is more poorly tolerated than other chemotherapeutic drugs, and the main dose-limiting toxicity of cisplatin is its nephrotoxicity, which is dose-dependent. Although less toxic methods of cisplatin administration have been established, cisplatin-induced nephrotoxicity remains an unsolved problem. Megalin is an endocytic receptor expressed at the apical membrane of proximal tubules. We previously demonstrated that nephrotoxic drugs, including cisplatin, are reabsorbed through megalin and cause proximal tubular cell injury. We further found that cilastatin blocked the binding of cisplatin to megalin in vitro. In this study, we investigated whether cilastatin could reduce cisplatin-induced nephrotoxicity without influencing the antitumor effects of cisplatin. Nephrotoxicity was decreased or absent in mice treated with cisplatin and cilastatin, as determined by kidney injury molecule-1 staining and the blood urea nitrogen content. Combined with cilastatin, a twofold dose of cisplatin was used to successfully treat the mice, which enhanced the antitumor effects of cisplatin but reduced its nephrotoxicity. These findings suggest that we can increase the dose of cisplatin when combined with cilastatin and improve the outcome of cancer patients.

    DOI: 10.1038/s41598-020-80853-6

    PubMed

    researchmap

  • Comparative analysis of TTF-1 binding DNA regions in small-cell lung cancer and non-small-cell lung cancer. 査読 国際誌

    Satoshi Hokari, Yusuke Tamura, Atsushi Kaneda, Akihiro Katsura, Masato Morikawa, Fumihiko Murai, Shogo Ehata, Shuichi Tsutsumi, Yuichi Ishikawa, Hiroyuki Aburatani, Toshiaki Kikuchi, Kohei Miyazono, Daizo Koinuma

    Molecular oncology   14 ( 2 )   277 - 293   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thyroid transcription factor-1 (TTF-1, encoded by the NKX2-1 gene) is highly expressed in small-cell lung carcinoma (SCLC) and lung adenocarcinoma (LADC), but how its functional roles differ between SCLC and LADC remains to be elucidated. Here, we compared the genome-wide distributions of TTF-1 binding regions and the transcriptional programs regulated by TTF-1 between NCI-H209 (H209), a human SCLC cell line, and NCI-H441 (H441), a human LADC cell line, using chromatin immunoprecipitation-sequencing (ChIP-seq) and RNA-sequencing (RNA-seq). TTF-1 binding regions in H209 and H441 cells differed by 75.0% and E-box motifs were highly enriched exclusively in the TTF-1 binding regions of H209 cells. Transcriptome profiling revealed that TTF-1 is involved in neuroendocrine differentiation in H209 cells. We report that TTF-1 and achaete-scute homolog 1 (ASCL1, also known as ASH1, an E-box binding basic helix-loop-helix transcription factor, and a lineage-survival oncogene of SCLC) are coexpressed and bound to adjacent sites on target genes expressed in SCLC, and cooperatively regulate transcription. Furthermore, TTF-1 regulated expression of the Bcl-2 gene family and showed antiapoptotic function in SCLC. Our findings suggest that TTF-1 promotes SCLC growth and contributes to neuroendocrine and antiapoptotic gene expression by partly coordinating with ASCL1.

    DOI: 10.1002/1878-0261.12608

    PubMed

    researchmap

  • Should pulmonologists be gatekeepers or supporters for preoperative patients? 招待 査読

    Hokari S, Kikuchi T

    Respiratory investigation   58 ( 1 )   4 - 6   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2019.09.001

    PubMed

    researchmap

  • Breathing Irregularity Is Independently Associated With the Severity of Obstructive Sleep Apnea in Patients With Multiple System Atrophy. 査読 国際誌

    Nakayama H, Hokari S, Ohshima Y, Matsuto T, Shimohata T

    Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine   14 ( 10 )   1661 - 1667   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5664/jcsm.7368

    PubMed

    researchmap

  • Long noncoding RNA NORAD regulates transforming growth factor-β signaling and epithelial-to-mesenchymal transition-like phenotype. 査読

    Kawasaki N, Miwa T, Hokari S, Sakurai T, Ohmori K, Miyauchi K, Miyazono K, Koinuma D

    Cancer science   109 ( 7 )   2211 - 2220   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13626

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ZEB1-regulated inflammatory phenotype in breast cancer cells. 査読 国際誌

    Akihiro Katsura, Yusuke Tamura, Satoshi Hokari, Mayumi Harada, Masato Morikawa, Tsubasa Sakurai, Kei Takahashi, Anna Mizutani, Jun Nishida, Yuichiro Yokoyama, Yasuyuki Morishita, Takashi Murakami, Shogo Ehata, Kohei Miyazono, Daizo Koinuma

    Molecular oncology   11 ( 9 )   1241 - 1262   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Zinc finger E-box binding protein 1 (ZEB1) and ZEB2 induce epithelial-mesenchymal transition (EMT) and enhance cancer progression. However, the global view of transcriptional regulation by ZEB1 and ZEB2 is yet to be elucidated. Here, we identified a ZEB1-regulated inflammatory phenotype in breast cancer cells using chromatin immunoprecipitation sequencing and RNA sequencing, followed by gene set enrichment analysis (GSEA) of ZEB1-bound genes. Knockdown of ZEB1 and/or ZEB2 resulted in the downregulation of genes encoding inflammatory cytokines related to poor prognosis in patients with cancer, including IL6 and IL8, therefore suggesting that ZEB1 and ZEB2 have similar functions in terms of the regulation of production of inflammatory cytokines. Antibody array and ELISA experiments confirmed that ZEB1 controlled the production of the IL-6 and IL-8 proteins. The secretory proteins regulated by ZEB1 enhanced breast cancer cell proliferation and tumor growth. ZEB1 expression in breast cancer cells also affected the growth of fibroblasts in cell culture, and the accumulation of myeloid-derived suppressor cells in tumors in vivo. These findings provide insight into the role of ZEB1 in the progression of cancer, mediated by inflammatory cytokines, along with the initiation of EMT.

    DOI: 10.1002/1878-0261.12098

    PubMed

    researchmap

  • Natural course and potential prognostic factors for sleep-disordered breathing in multiple system atrophy 査読

    Yasuyoshi Ohshima, Hideaki Nakayama, Naho Matsuyama, Satoshi Hokari, Takuro Sakagami, Tomoe Sato, Toshiyuki Koya, Tetsuya Takahashi, Toshiaki Kikuchi, Masatoyo Nishizawa, Takayoshi Shimohata

    SLEEP MEDICINE   34   13 - 17   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objective/background: Multiple system atrophy (MSA) frequently results in the development of sleep disordered breathing (SDB). Few reports have described the natural course of this phenomenon. The aim of the present study was to determine the natural course of SDB and prognostic factors associated with such conditions in MSA.
    Patients/methods: Twenty-four consecutive patients were recruited with probable MSA, who had not been treated with continuous positive airway pressure (CPAP) and had undergone overnight poly-somnography (PSG) more than once following the development of snoring or stridor. Based on changes in the apnea-hypopnea index (AHI) over the course of the disease, patients were divided into two groups (AHI-maintained and AHI-deteriorated) and the clinical findings were compared.
    Results: Mean duration between the first and last PSG was 2.4 +/- 1.5 years, and patients underwent PSG assessment an average of 2.5 +/- 0.6 times during this period. During this interval, AHI increased from 19.4 +/- 22.8/hour to 34.4 +/- 30.1/hour (p = 0.006), although spontaneous improvement was observed in 29% of patients. Following the first PSG, all patients were diagnosed with obstructive sleep apnea; however, the SDB type changed from obstructive sleep apnea to central sleep apnea in 3 of the 24 (13%) patients during the period between the first and last PSG.
    Conclusions: Although SDB associated with MSA exacerbates with disease progression, spontaneous improvement in AHI may occur in some patients. Earlier development of snoring or stridor may predict rapid progression of SDB in MSA. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sleep.2017.01.020

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Superiority of respiratory failure risk index in prediction of postoperative pulmonary complications after digestive surgery in Japanese patients. 査読 国際誌

    Satoshi Hokari, Yasuyoshi Ohshima, Hideaki Nakayama, Ryoko Suzuki, Tomosue Kajiwara, Toshiyuki Koya, Hiroshi Kagamu, Toshinori Takada, Eiichi Suzuki, Ichiei Narita

    Respiratory investigation   53 ( 3 )   104 - 10   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    BACKGROUND: Several multifactorial risk indexes have been proposed by Western countries for identifying patients at a high risk of developing postoperative pulmonary complications (PPC). However, there is no consensus on how to evaluate the risk of PPC and what multifactorial risk index should be adapted for Japanese patients. This study aimed at clarifying the utility of risk indexes to predict PPC following digestive surgeries in Japanese patients. METHODS: We retrospectively analyzed 892 patients who underwent digestive surgeries under general anesthesia in Niigata University Medical and Dental Hospital between January 2009 and March 2011. PPC was defined as postoperative respiratory failure and postoperative pneumonia. We calculated three risk indexes (respiratory failure risk index (RFRI), postoperative pneumonia risk index, and PPC risk score), and compared them between the PPC group and the non-PPC group. A receiver operating characteristic (ROC) curve analysis was employed to compare the usefulness of each index. RESULTS: PPC developed in 55 patients (6.2%). All risk indexes were significantly higher in the PPC group than the non-PPC group. The category classification of the risk scores demonstrated a significant tendency to increase the incidence rate of PPC. In the ROC analysis, the area under the curve for RFRI was 0.762 (95% CI 0.697-0.826), which was the highest value observed among these indexes. CONCLUSIONS: Multifactorial risk indexes are useful tools for identifying Japanese patients at a high risk of developing PPC following digestive surgeries. Of the risk indexes evaluated in this study, RFRI is potentially the most accurate in predicting PPC.

    DOI: 10.1016/j.resinv.2014.12.004

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ARDS Clinical Practice Guideline 2021

    Sadatomo Tasaka, Shinichiro Ohshimo, Muneyuki Takeuchi, Hideto Yasuda, Kazuya Ichikado, Kenji Tsushima, Moritoki Egi, Satoru Hashimoto, Nobuaki Shime, Osamu Saito, Shotaro Matsumoto, Eishu Nango, Yohei Okada, Kenichiro Hayashi, Masaaki Sakuraya, Mikio Nakajima, Satoshi Okamori, Shinya Miura, Tatsuma Fukuda, Tadashi Ishihara, Tetsuro Kamo, Tomoaki Yatabe, Yasuhiro Norisue, Yoshitaka Aoki, Yusuke Iizuka, Yutaka Kondo, Chihiro Narita, Daisuke Kawakami, Hiromu Okano, Jun Takeshita, Keisuke Anan, Satoru Robert Okazaki, Shunsuke Taito, Takuya Hayashi, Takuya Mayumi, Takero Terayama, Yoshifumi Kubota, Yoshinobu Abe, Yudai Iwasaki, Yuki Kishihara, Jun Kataoka, Tetsuro Nishimura, Hiroshi Yonekura, Koichi Ando, Takuo Yoshida, Tomoyuki Masuyama, Masamitsu Sanui, Takuro Nakashima, Aiko Masunaga, Aiko Tanaka, Akihiko Inoue, Akiko Higashi, Atsushi Tanikawa, Atsushi Ujiro, Chihiro Takayama, Daisuke Kasugai, Daisuke Kawakami, Daisuke Ueno, Daizoh Satoh, Shinichi Kai, Kohei Ota, Yoshihiro Hagiwara, Jun Hamaguchi, Ryo Fujii, Takashi Hongo, Yuki Kishihara, Naohisa Masunaga, Ryohei Yamamoto, Satoru Robert Okazaki, Ryo Uchimido, Tetsuro Terayama, Satoshi Hokari, Hitoshi Sakamoto, Dongli, Emiko Nakataki, Erina Tabata, Seisuke Okazawa, Futoshi Kotajima, Go Ishimaru, Haruhiko Hoshino, Hideki Yoshida, Hidetaka Iwai, Hiroaki Nakagawa, Hiroko Sugimura, Hiromichi Narumiya, Hiromu Okano, Hiroshi Nakamura, Hiroshi Sugimoto, Hiroyuki Hashimoto, Hiroyuki Ito, Hisashi Dote, Hisashi Imahase, Hitoshi Sato, Masahiro Katsurada, Ichiro Osawa, Jun Kamei, Jun Maki, Jun Sugihara, Jun Takeshita, Junichi Fujimoto, Junichi Ishikawa, Junko Kosaka, Junpei Shibata, Katsuhiko Hashimoto, Yasushi Nakano, Kazuki Kikuyama, Kazushige Shimizu, Kazuya Okada, Keishi Kawano, Keisuke Anan, Keisuke Ota, Ken-ichi Kano, Kengo Asano, Kenichi Hondo, Kenji Ishii, Kensuke Fujita, Kenta Ogawa, Kentaro Ito, Kentaro Tokunaga, Kenzo Ishii, Kohei Kusumoto, Kohei Takimoto, Kohei Yamada, Koichi Naito, Koichi Yamashita, Koichi Yoshinaga, Kota Yamauchi, Maki Murata, Makiko Konda, Manabu Hamamoto, Masaharu Aga, Masahiro Kashiura, Masami Ishikawa, Masayuki Ozaki, Michihiko Kono, Michihito Kyo, Minoru Hayashi, Mitsuhiro Abe, Mitsunori Sato, Mizu Sakai, Motoshi Kainuma, Naoki Tominaga, Naoya Iguchi, Natsuki Nakagawa, Nobumasa Aoki, Norihiro Nishioka, Norihisa Miyashita, Nozomu Seki, Ryo Ikebe, Ryosuke Imai, Ryota Tate, Ryuhei Sato, Sachiko Miyakawa, Satoshi Kazuma, Satoshi Nakano, Satoshi Tetsumoto, Satoshi Yoshimura, Shigenori Yoshitake, Shin-etsu Hoshi, Shingo Ohki, Shintaro Sato, Shodai Yoshihiro, Shoichi Ihara, Shota Yamamoto, Shunichi Koide, Shunsuke Kimata, Shunsuke Saito, Shunsuke Yasuo, Shusuke Sekine, Soichiro Mimuro, Soichiro Wada, Sosuke Sugimura, Tadashi Ishihara, Tadashi Kaneko, Tadashi Nagato, Takaaki Maruhashi, Takahiro Tamura, Takanori Ohno, Takashi Ichiyama, Takashi Niwa, Takashi Ueji, Takayuki Ogura, Takeshi Kawasaki, Takeshi Tanaka, Takeshi Umegaki, Taku Furukawa, Taku Omura, Takumi Nagao, Takuya Mayumi, Takuya Taniguchi, Takuya Yoshida, Tatsutoshi Shimatani, Teppei Murata, Tetsuya Sato, Tohru Sawamoto, Yoshifumi Koukei, Tomohiro Takehara, Tomomi Ueda, Tomoya Katsuta, Tomoya Nishino, Toshiki Yokoyama, Ushio Higashijima, Wataru Iwanaga, Yasushi Inoue, Yoshiaki Iwashita, Yoshie Yamada, Yoshifumi Kubota, Yoshihiro Suido, Yoshihiro Tomioka, Yoshihisa Fujimoto, Yoshihito Fujita, Yoshikazu Yamaguchi, Yoshimi Nakamura, Yoshinobu Abe, Yoshitomo Eguchi, Yoshiyasu Oshima, Yosuke Fukuda, Yudai Iwasaki, Yuichi Yasufuku, Yuji Shono, Yuka Nakatani, Yuki Nakamori, Yukie Ito, Yuko Tanabe, Yusuke Nagamine, Yuta Nakamura, Yutaro Kurihara

    Journal of Intensive Care   10 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    Background

    The joint committee of the Japanese Society of Intensive Care Medicine/Japanese Respiratory Society/Japanese Society of Respiratory Care Medicine on ARDS Clinical Practice Guideline has created and released the ARDS Clinical Practice Guideline 2021.

    Methods

    The 2016 edition of the Clinical Practice Guideline covered clinical questions (CQs) that targeted only adults, but the present guideline includes 15 CQs for children in addition to 46 CQs for adults. As with the previous edition, we used a systematic review method with the Grading of Recommendations Assessment Development and Evaluation (GRADE) system as well as a degree of recommendation determination method. We also conducted systematic reviews that used meta-analyses of diagnostic accuracy and network meta-analyses as a new method.

    Results

    Recommendations for adult patients with ARDS are described: we suggest against using serum C-reactive protein and procalcitonin levels to identify bacterial pneumonia as the underlying disease (GRADE 2D); we recommend limiting tidal volume to 4–8 mL/kg for mechanical ventilation (GRADE 1D); we recommend against managements targeting an excessively low SpO<sub>2</sub> (PaO<sub>2</sub>) (GRADE 2D); we suggest against using transpulmonary pressure as a routine basis in positive end-expiratory pressure settings (GRADE 2B); we suggest implementing extracorporeal membrane oxygenation for those with severe ARDS (GRADE 2B); we suggest against using high-dose steroids (GRADE 2C); and we recommend using low-dose steroids (GRADE 1B). The recommendations for pediatric patients with ARDS are as follows: we suggest against using non-invasive respiratory support (non-invasive positive pressure ventilation/high-flow nasal cannula oxygen therapy) (GRADE 2D), we suggest placing pediatric patients with moderate ARDS in the prone position (GRADE 2D), we suggest against routinely implementing NO inhalation therapy (GRADE 2C), and we suggest against implementing daily sedation interruption for pediatric patients with respiratory failure (GRADE 2D).

    Conclusions

    This article is a translated summary of the full version of the ARDS Clinical Practice Guideline 2021 published in Japanese (URL: https://www.jsicm.org/publication/guideline.html). The original text, which was written for Japanese healthcare professionals, may include different perspectives from healthcare professionals of other countries.

    DOI: 10.1186/s40560-022-00615-6

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s40560-022-00615-6/fulltext.html

  • 気管支拡張症に合併し、動脈塞栓術で退縮が得られた気管支静脈瘤の1例

    倉科 健司, 穂苅 諭, 月岡 啓輔, 青木 信将, 木村 陽介, 林 正周, 大嶋 康義, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    気管支学   43 ( 6 )   589 - 594   2021年11月

  • PD-1 blockade therapy augments the antitumor effects of lymphodepletion and adoptive T cell transfer 査読

    Miho Takahashi, Satoshi Watanabe, Ryo Suzuki, Masashi Arita, Ko Sato, Miyuki Sato, Yuki Sekiya, Yuko Abe, Toshiya Fujisaki, Aya Ohtsubo, Satoshi Shoji, Koichiro Nozaki, Kosuke Ichikawa, Rie Kondo, Yu Saida, Satoshi Hokari, Nobumasa Aoki, Masachika Hayashi, Yasuyoshi Ohshima, Toshiyuki Koya, Toshiaki Kikuchi

    Cancer Immunology, Immunotherapy   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00262-021-03078-0

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00262-021-03078-0/fulltext.html

  • Chronic Hypercapnic Respiratory Failure in an Adult Patient with Silver-Russell Syndrome. 査読

    Mariko Hakamata, Satoshi Hokari, Yasuyoshi Ohshima, Masayo Kagami, Sakae Saito, Ikuko N Motoike, Taiki Abe, Nobumasa Aoki, Masachika Hayashi, Satoshi Watanabe, Toshiyuki Koya, Toshiaki Kikuchi

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 12 )   1921 - 1926   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 31-year-old woman who was clinically diagnosed with Silver-Russell syndrome (SRS) in childhood was admitted with complaints of dyspnea. She had hypercapnic respiratory failure accompanied by nocturnal hypoventilation. Computed tomography revealed systemic muscle atrophy and superior mesenteric artery syndrome; however, the bilateral lung fields were normal. She was treated with nocturnal noninvasive positive pressure ventilation and showed improvement of respiratory failure. In this case, loss of methylation on chromosome 11p15 and maternal uniparental disomy of chromosome 7, which are the common causes of SRS, were not detected. This is a rare case of adult SRS manifesting as chronic hypercapnic respiratory failure.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5479-20

    PubMed

    researchmap

  • Pneumonia Associated with Invasive and Noninvasive Oxygenation Strategies for Acute Hypoxemic Respiratory Failure in Adults: A Systematic Review and Network Meta-analysis Protocol v1

    Satoshi Hokari, Shunsuke Kimata, Masaaki Sakuraya, Hiromu Okano, Tomoyuki Masuyama

    protocols.io   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:ZappyLab, Inc.  

    <p>Background: Noninvasive oxygenation strategies, such as noninvasive positive pressure ventilation and high-flow nasal cannula, have become common treatments for acute hypoxemic respiratory failure. However, further research is needed to understand the relative benefits and risks of each strategy. Aim: The purpose of this systematic review is to assess which noninvasive oxygenation strategy is best for reducing pneumonia in patients with acute hypoxemic respiratory failure. Methods and analysis: We will conduct a systematic review of the relevant literature according to the Cochrane Handbook and the Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analysis guidelines. We will include randomized controlled trials assessing the effect of noninvasive oxygenation interventions for patients with acute hypoxemic respiratory failure. The main outcome is the incidence rate of pneumonia, which is not limited ventilator-associated pneumonia, aspiration pneumonia, and nosocomial pneumonia. Two independent reviewers will extract the data and assess the risk of bias. We will perform a meta-analysis using the GRADE Working Group Approach for a network meta-analysis. </p>

    DOI: 10.17504/protocols.io.bup5nvq6

    researchmap

  • A case of bronchiolitis obliterans after living-donor renal transplantation. 査読 国際誌

    Masachika Hayashi, Satoshi Hokari, Nobumasa Aoki, Yasuyoshi Ohshima, Satoshi Watanabe, Toshiyuki Koya, Masayuki Tasaki, Kazuhide Saito, Toshiaki Kikuchi

    Respiratory investigation   59 ( 3 )   367 - 371   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We herein report the case of a 20 year-old-man who developed bronchiolitis obliterans after living-donor renal transplantation. The patient presented with dyspnea on exertion and wheezing two years after renal transplantation, and spirometry showed an obstructive pattern. Surgical lung biopsy revealed subepithelial fibrosis that constricted and obstructed the intrabronchiolar space. Based on these findings, the patient was diagnosed with bronchiolitis obliterans. He was prescribed bronchodilators and azithromycin, and he achieved stable respiratory function for two years. The differential diagnosis of respiratory symptoms after renal transplantation includes opportunistic infection and drug-induced lung injury; however, bronchiolitis obliterans should also be considered.

    DOI: 10.1016/j.resinv.2020.12.003

    PubMed

    researchmap

  • ジアフェニルスルホンによる薬剤性メトヘモグロビン血症の3例 招待

    穂苅 諭, 渡井 はづき[風間], 南雲 駿, 尾方 英至, 小泉 健, 市川 紘将, 青木 信将, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本内科学会雑誌   110 ( 3 )   622 - 626   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    DOI: 10.2169/NAIKA.110.622

    researchmap

  • A-DROP system for prognostication of NHCAP inpatients 査読

    Takeshi Koizumi, Hiroki Tsukada, Kazuhiko Ito, Satoshi Shibata, Satoshi Hokari, Takafumi Tetsuka, Nobumasa Aoki, Hiroshi Moro, Yoshinari Tanabe, Toshiaki Kikuchi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   23 ( 8 )   523 - 530   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Nursing and healthcare-associated pneumonia (NHCAP) is a category of healthcare-associated pneumonia that was modified for the healthcare system of Japan. The NHCAP guidelines stated the difficulty in assessing the severity classifications, for instance, A-DROP. We compared the usefulness of different severity classifications (A-DROP, CURB-65, PSI, and I-ROAD) in predicting the prognosis of nursing and healthcare-associated pneumonia.
    We conducted a retrospective analysis on 303 adult patients hospitalized for nursing healthcare-associated pneumonia and community-acquired pneumonia, which were diagnosed at the Department of Respiratory Medicine of Niigata General City Hospital between January 2012 and December 2014.
    We evaluated 159 patients with community-acquired pneumonia and 144 with nursing and healthcare-associated pneumonia. In the nursing and healthcare-associated pneumonia group, 30-days mortality and in-hospital mortality rates were 6.5% and 8.7%, respectively, in severe cases and 16.1% and 25.0%, respectively, in the most severe cases, based on A-DROP. With I-ROAD, these rates were 11.1% and 11.1%, respectively, in group B and 14.9% and 20.7%, respectively, in group C. With PSI, the rates were 2.3% and 6.8%, respectively, in class IV and 14.3% and 19.8%, respectively, in class V. Despite some variability due to the small sample size, both the 30-days and in-hospital mortality rates increased as the severity increased.
    In this study, both the 30-days mortality and in-hospital mortality rates in the nursing and healthcare-associated pneumonia group tended to increase in severity with the A-DROP. We found that A-DROP was useful in predicting the prognosis of nursing and healthcare-associated pneumonia. (C) 2017 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2017.04.013

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Non-paraneoplastic autoimmune subepidermal bullous disease associated with fatal bronchiolitis obliterans 査読

    Mari Orime, Katsuhiro Tomiyama, Hideki Hashidate, Satoru Yoshida, Satoshi Hokari, Akiko Tsuda, Hisashi Yokoyama, Jun-ichi Narita, Youhei Uchida, Takuro Kanekura, Riichiro Abe, Norito Ishii, Takashi Hashimoto, Kazuhiro Kawai

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   44 ( 4 )   461 - 464   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Bronchiolitis obliterans is a small-airway obstructive lung disease for which immunologically mediated pathogenesis is supposed. Frequent association of bronchiolitis obliterans with paraneoplastic pemphigus is well known, but its association with other autoimmune bullous diseases has not been reported except for a case of anti-laminin-332-type mucous membrane pemphigoid in a patient with chronic graft-versus-host disease. We report a case of non-paraneoplastic autoimmune subepidermal bullous disease associated with fatal bronchiolitis obliterans in a patient without transplantation. Although the patient's serum contained immunoglobulin (Ig)A antibodies to the 180-kDa bullous pemphigoid antigen/type XVII collagen and IgG antibodies to laminin-332, diagnosis of either linear IgA bullous dermatosis or mucous membrane pemphigoid could not be made because of the failure to detect linear IgA deposition at the basement membrane zone by direct immunofluorescence and the lack of mucous membrane lesions. Physicians should be aware that autoimmune bullous diseases other than paraneoplastic pemphigus can also associate with this rare but potentially fatal lung disease.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13706

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Histological Transformation to Large Cell Neuroendocrine Carcinoma from Lung Adenocarcinoma Harboring an EGFR Mutation: An Autopsy Case Report. 査読

    Rika Moriya, Satoshi Hokari, Satoshi Shibata, Takeshi Koizumi, Takafumi Tetsuka, Kazuhiko Ito, Hideki Hashidate, Hiroki Tsukada

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 15 )   2013 - 2017   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report a 58-year-old Japanese woman who survived 14 years after surgery for lung adenocarcinoma harboring an epidermal growth factor receptor (EGFR) exon 19 deletion. She developed recurrence, for which she underwent multimodal therapy, including EGFR-tyrosine kinase inhibitor (TKI) administration. She ultimately died from a rapidly progressive right lung tumor that was resistant to EGFR-TKI. According to the autopsy findings, she had combined large-cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) and adenocarcinoma in the right lung, which retained an EGFR exon 19 deletion in both components. Therefore, the histological transformation to LCNEC can be a mechanism of acquired EGFR-TKI resistance.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7452

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸を合併し、神経痛性筋萎縮症に続発したと思われた両側横隔神経麻痺の1例 査読

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 梶原 大季, 高田 俊範, 鈴木 栄一

    日本胸部臨床   75 ( 12 )   1420 - 1426   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    症例は57歳、男性。左肩の強い疼痛に引き続いて発症した起坐呼吸のため入院した。奇異性呼吸、拘束性障害、横隔膜挙上から両側横隔神経麻痺と考えられた。重症の閉塞性睡眠時無呼吸、II型呼吸不全を認め、夜間の非侵襲的陽圧換気療法を導入した。その後、年余の単位で徐々に呼吸機能は正常範囲内まで改善した。臨床経過から上肢の神経症状を伴わない神経痛性筋萎縮症と考えられた。原因不明の呼吸不全の背景に本疾患が隠れている可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01060&link_issn=&doc_id=20161214110010&doc_link_id=%2Fad3nkrsd%2F2016%2F007512%2F011%2F1420-1426%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fad3nkrsd%2F2016%2F007512%2F011%2F1420-1426%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ミコフェノール酸モフェチルを含む3剤併用療法を行った皮膚筋炎合併間質性肺疾患の1例 査読

    島 賢治郎, 坂上 拓郎, 市川 紘将, 穂苅 諭, 朝川 勝明, 小屋 俊之, 各務 博, 高田 俊範, 成田 一衛

    日本呼吸器学会誌   4 ( 1 )   76 - 80   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    症例は29歳、女性。特徴的な皮疹、乏しい筋症状、抗CADM-140/MDA5抗体陽性から、clinically amyopathic dermatomyositis(CADM)と診断した。間質性肺疾患の合併も認めたため、プレドニゾロン、シクロスポリンに加え、免疫抑制剤であるミコフェノール酸モフェチル(mycophenolate mofetil:MMF)を用い、良好な転帰を得た。病勢とともに、抗CADM-140/MDA5抗体価は低下した。本疾患におけるMMFを用いた治療例は報告が少なく、貴重な症例と考え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 急性期II型呼吸不全に対する非侵襲的陽圧換気療法Average Volume Assured Pressure Support(AVAPS)モードの使用経験

    柴田 怜, 穂苅 諭, 小泉 健, 森谷 梨加, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    新潟市民病院医誌   34 ( 1 )   1 - 7   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    【目的】近年、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)において、機種の進歩に伴い新しい換気モードが登場しているものの、急性期における使用報告は少ない。今回、換気量を保証するように作動するaverage volume-assured pressure support(AVAPS)モードの急性期における有用性や安全性について検討した。【対象と方法】2012年4月から2013年10月までに当科で急性期にAVAPSモードを使用した、II型呼吸不全症例5例(男性4名、平均年齢67.0±17.6歳)を対象とした。カルテ記録よりレトロスペクティブにデータを抽出し、使用前後の血液ガスを比較し、各症例についてAVAPSモードの有効性、NPPV装着完遂の有無、合併症発生について判定した。【結果】基礎疾患は肥満低換気症候群、肺結核後遺症、気管支拡張症、慢性閉塞性肺疾患と様々であった。AVAPSモード使用前後の血液ガスでpH 7.262±0.096→7.391±0.074、PaCO2 85.0±27 Torr→58.4±9.0 Torrと改善傾向であったが、統計学的に有意差は得られなかった。一方、5例中3例でAVAPSモードが有効と判定された。5例中2例がNPPV非完遂となったが、いずれも原因は集中治療管理のためであった。NPPV使用中に気胸などの合併症はみられなかった。【結論】AVAPSモードは症例を選べば従来のモードに比較し有効に機能する可能性がある。安全性や患者忍容性の点でも問題はなく、急性期の使用にも適すると考えるが、さらなる症例蓄積やデータ解析が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 新潟市民病院におけるIgG4関連疾患の診断についての検討

    小泉 健, 柴田 怜, 穂苅 諭, 木村 夕香, 張 仁美, 清水 崇, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    新潟市民病院医誌   33 ( 1 )   1 - 5   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    【目的】当院におけるIgG4関連疾患の診断について、診療科による臨床的特徴などの検討を行った。【対象と方法】2010年9月から2011年12月までに、IgG4についてカルテに記載があった198症例を抽出し、そのうち、実際に血清IgG4が測定された161例を対象とし、臨床経過と診断過程をレトロスペクティブに検討した。【結果】血清IgG4を測定した患者は男性98名、女性63名で、年齢は平均63.7±15.1歳(17-86歳)であった。血清IgG4の中央値は41.1mg/dL(四分位範囲16.05-125.5mg/dL)、血清IgGの中央値は1504mg/dL(四分位範囲1238-2184mg/dL)であった。血清IgG4値を測定した診療科は、消化器内科(63例)、腎臓内科(40例)、呼吸器内科(17例)の順で、測定した理由としては、胆道狭窄・胆道系/膵腫瘍(34例)、膵炎(26例)、膠原病(18例)、頸部・顔面腫瘍(17例)、間質性肺炎・肺異常影(14例)の順であった。対象患者に認められた所見の中で、血清IgG4値が135mg/dL以上の患者の割合が多かった疾患は、自己免疫性膵炎(13例中10例、76.9%)、気管支喘息(4例中3例、75.0%)、唾液腺腫脹(12例中8例、66.7%)等であり、これらの所見はIgG4関連疾患の診断に有意な所見である可能性が示唆された。組織検体採取例は48例(29.8%)であり、免疫染色においてIgG4/IgG陽性細胞比が40%以上であった症例は9例であった。この9症例中、血清IgG4値が135mg/dL以上であった症例は2例のみであり、血清IgG4値と組織所見の間で乖離が見られた。【結論】新しい疾患概念であるIgG4関連疾患について、各科において診断に努めようとしていることが明らかになった。組織所見・血清所見・臨床所見には乖離が見られ、症例の蓄積によるさらに有用な診断基準の策定が待たれる。(著者抄録)

    researchmap

  • 呼吸機能低下患者における術後呼吸器合併症リスク評価の検討 査読

    穂苅 諭, 中山 秀章, 梶原 大季, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   21 ( 1 )   30 - 34   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    目的:呼吸機能低下患者での術後ハイリスク群を検討した。対象:術前呼吸機能検査で1秒量<1.2Lを満たした80例。方法:術後呼吸不全の発生について診療録より後ろ向きに調査した。結果:7例で合併症が発生した。多因子より算出した呼吸不全リスク指数は合併症群で有意に高値であった。また、同リスク指数と合併症発生頻度の間に有意な傾向性が認められた。結論:呼吸不全リスク指数は術後呼吸不全の検出に有用である。(著者抄録)

    DOI: 10.15032/jsrcr.21.1_30

    researchmap

  • 維持血液透析療法に至った抗糸球体基底膜抗体型腎炎の1例

    穂苅 諭, 安宅 謙

    鶴岡市立荘内病院医学雑誌   20   7 - 10   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:鶴岡市立荘内病院  

    全身倦怠感、発熱を主訴とする76歳女性症例について検討した。尿素窒素(BUN)は34mg/dl、クレアチニン(Cre)は2.7mg/dlであった。発熱は遷延し、無尿となった。1週間後の血液検査では高度の炎症所見、腎機能障害等を認め、緊急持続血液濾過透析を開始した。その後、抗糸球体基底膜(GBM)抗体高力価陽性(>300EU)が判明した。血漿交換およびステロイドパルス療法を施行したところ、解熱、炎症反応の陰性化、抗GBM抗体の低下は得られたが、腎機能改善はみられず、維持血液透析に至った。以後ステロイド(PSL)を漸減していたが、PSL減量後も抗GBM抗体価は低下し、再燃はみられなかった。最終的には死亡したが、抗GBM抗体型腎炎は腎不全を呈した時点で予後不良であり、予後改善のためには早期発見・治療が重要だと考えられた。

    researchmap

  • [Interstitial pneumonia associated with stiff-person syndrome].

    Satoshi Hokari, Toshiyuki Koya, Yuichi Shimaoka, Hideaki Nakayama, Masaki Terada, Eiichi Suzuki

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   48 ( 2 )   162 - 5   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 68-year-old man who was given a diagnosis of interstitial pneumonia. Chest computerized tomography (CT) revealed subpleural honeycomb formations and traction bronchiectasis. Three months after the diagnosis of interstitial pneumonia, he noticed neurological symptoms, such as facial spasms, dysphagia, muscle rigidity and muscle cramp, and repeatedly received clonazepam. He was diagnosed with stiff-person syndrome on electromyography when he was hospitalized due to aspiration pneumonia. He has needed continuous rehabilitation due to the progression of neurological symptoms despite the partial efficacy of anti-epilepsy agents. We report a case of interstitial pneumonia with stiff-person syndrome.

    PubMed

    researchmap

  • Stiff-person症候群に合併した間質性肺炎の1例 査読

    穂苅 諭, 小屋 俊之, 島岡 雄一, 中山 秀章, 寺田 正樹, 鈴木 栄一

    日本呼吸器学会雑誌   48 ( 2 )   162 - 165   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    症例は68歳、男性。平成17年5月、肺炎罹患時に撮影した胸部CTで両肺下葉背側優位に分布する胸膜直下の蜂巣肺、牽引性気管支拡張、すりガラス陰影が認められ、いわゆるusual interstitial pneumonia patternの間質性肺炎を指摘された。同年8月頃より顔面筋痙攣、嚥下障害、筋硬直、筋痙攣といった神経学的異常が出現し、クロナゼパム内服にて軽快することを繰り返した。平成18年3月、嚥下性肺炎で神経内科に入院し、針筋電図でstiff-person症候群と診断された。クロナゼパムおよびジアゼパム内服にて症状は軽快したが、継続的なリハビリテーションが必要な状態となった。Stiff-person症候群と間質性肺炎はともに自己免疫学的な機序が考えられているが、今まで両者の合併例は報告されておらず、稀な症例と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • An autopsy case of disseminated cryptococcosis manifesting as acute diarrhea in a patient with primary biliary cirrhosis. 査読

    Satoshi Hokari, Hiroki Tsukada, Kazuhisa Ito, Hiroyuki Shibuya

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   49 ( 16 )   1793 - 6   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    A 58-year-old woman with an 18-year history of primary biliary cirrhosis was admitted because of pneumococcal pneumonia. She was treated with antibiotics and mechanical ventilation. After the pneumonia improved, she developed severe watery diarrhea. Although vancomycin was administered enterally, the diarrhea persisted. She died of multiple organ failure within 16 days of the onset of diarrhea. An autopsy showed intracapillary cryptococci in the systemic organs, especially in the intestinal tract. The cause of diarrhea was considered to be extensive intestinal mucosal necrosis due to disseminated cryptococcosis. This is a rare case of cryptococcal infection manifesting as acute diarrhea.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3785

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 難治性びまん性肺疾患 診療の手引き

    穂苅 諭( 範囲: 協力者)

    日本呼吸器学会監修,南江堂  2017年10月 

     詳細を見る

  • チームで診る高齢者脆弱性骨折手術と周術期管理

    穂苅 諭( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 周術期における合併症とマネージメント)

    医薬ジャーナル社  2017年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:219   担当ページ:167-175  

    researchmap

MISC

  • 慢性II型呼吸不全に潜在する抗ミトコンドリア抗体陽性患者に関する検討

    高橋 敦宣, 菊地 利明, 大嶋 康義, 穂苅 諭, 永井 明日香, 鈴木 涼子, 渡部 聡, 小屋 俊之, 島 賢治郎, 青木 信将

    日本呼吸器学会誌   11 ( 増刊 )   238 - 238   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 当院におけるCPAPアドヒアランスに影響する因子の検討

    倉科 健司, 穂苅 諭, 永井 明日香, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 青木 信将, 林 正周, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本呼吸器学会誌   10 ( 増刊 )   298 - 298   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 2型呼吸不全と抗ミトコンドリアM2抗体の関係性

    大嶋 康義, 倉科 健司, 穂苅 諭, 永井 明日香, 鈴木 涼子, 青木 信将, 林 正周, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   30 ( Suppl. )   197s - 197s   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸は尿細管障害のバイオマーカーである尿中NAGを増加させる

    森谷 梨加, 穂苅 諭, 藤戸 信宏, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 青木 信将, 林 正周, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本内科学会雑誌   109 ( Suppl. )   174 - 174   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • CPAPアドヒアランスと鼻腔通気度との関係

    藤戸 信宏, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   29 ( Suppl. )   213s - 213s   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 睡眠呼吸障害に対して、PAP療法の適応を探索する! 多系統萎縮症に対するPAP療法の探索

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明, 中山 秀章, 下畑 享良

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   44回   159 - 159   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症患者に合併した睡眠関連呼吸障害の経時的変化の検討

    大嶋 康義, 中山 秀章, 松山 菜穂, 穂苅 諭, 渡部 聡, 坂上 拓郎, 茂呂 寛, 小屋 俊之, 菊地 利明, 下畑 享良

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回   180 - 180   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 気管支静脈瘤による喀血を来した気管支拡張症の1例

    倉科 健司, 穂苅 諭, 月岡 啓輔, 青木 信将, 上野 浩志, 大坪 亜矢, 庄子 聡, 近藤 利恵, 林 正周, 大嶋 康義, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明, 池田 裕里恵, 山崎 元彦, 堀井 陽祐

    気管支学   42 ( 6 )   577 - 577   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • ニンテダニブはMDSCを抑制することでPD-1阻害剤の抗腫瘍効果を増強する

    鈴木 遼, 渡部 聡, 有田 将史, 関谷 友樹, 安部 悠子, 佐藤 美由紀, 高橋 美帆, 大坪 亜矢, 庄子 聡, 野嵜 幸一郎, 市川 紘将, 穂苅 諭, 近藤 利恵, 大嶋 康義, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本癌学会総会記事   79回   PJ12 - 9   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • シェーグレン症候群を有する非小細胞肺癌に対して免疫チェックポイント阻害薬を安全に使用できた一例

    大坪 亜矢, 久代 航平, 佐藤 佑輔, 高橋 美帆, 庄子 聡, 野嵜 幸一郎, 穂苅 諭, 市川 紘将, 近藤 利恵, 青木 信将, 大嶋 康義, 林 正周, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    肺癌   60 ( 6 )   724 - 724   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • ロングノンコーディングRNA NORADによるTGF-βシグナルおよび上皮間葉転換様形質の制御(lncRNA NORAD regulates transforming growth factor-β signaling and epithelial-to-mesenchymal transition-like phenotype)

    鯉沼 代造, 川崎 夏実, 穂苅 諭, 宮園 浩平

    日本癌学会総会記事   77回   1960 - 1960   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 拡大するTGF-β/BMP制御のモダリティ 20355(イントロダクション含む)

    鯉沼 代造, 川崎 夏実, 三輪 俊貴, 穂苅 諭, 櫻井 翼, 大森 千穂, 宮内 建輔, 宮園 浩平

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回   [2S09m - 01]   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 当院における食道癌術後のPPC発生の実情

    韮澤 紀文, 大脇 教光, 藤戸 信宏, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 上路 拓美, 木村 慎二

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27 ( Suppl. )   231s - 231s   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 左上下葉気管支分岐部にポリープ状に発生した炎症性偽腫瘍の1例

    清水 勇希, 佐藤 征二郎, 後藤 達哉, 小池 輝元, 土田 正則, 林 正周, 穂苅 諭, 菊池 利明, 大橋 瑠子

    気管支学   39 ( 4 )   370 - 370   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 背側縫線核セロトニン神経の睡眠・覚醒における役割(Activating dorsal raphe nucleus serotonin neurons affects control of vigilance state switch)

    Moriya Rika, Kanamaru Mitsuko, Okuma Naoki, Yoshikawa Akira, Tanaka Kenji F., Hokari Satoshi, Oshima Yasuyoshi, Onimaru Hiroshi, Izumizaki Masahiko

    The Journal of Physiological Sciences   67 ( Suppl.1 )   S165 - S165   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    researchmap

  • 小腸転移による急性腹症を来したALK陽性肺癌の2例

    里方 真理子, 渡部 聡, 佐藤 美由紀, 穂苅 諭, 渡邊 伸, 林 正周, 近藤 利恵, 市川 紘将, 阿部 徹哉, 小屋 俊之, 菊地 利明, 小山 建一, 田中 洋史

    肺癌   56 ( 6 )   858 - 858   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 鼻腔通気度の左右差がCPAPの使用に与える影響

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 坂上 拓郎, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   41回   270 - 270   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 気管支温熱療法を施行した重症気管支喘息の1例

    林 正周, 渡邊 伸, 佐藤 美由紀, 穂苅 諭, 近藤 利恵, 渡部 聡, 青木 信将, 大嶋 康義, 坂上 拓郎, 阿部 徹哉, 茂呂 寛, 小屋 俊之, 菊地 利明

    気管支学   38 ( 4 )   347 - 347   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院における胸水貯留例に対する局所麻酔下胸腔鏡検査の有用性と安全性の検討

    吉澤 和孝, 近藤 利恵, 佐藤 美由紀, 上野 浩志, 穂苅 諭, 朝川 勝明, 林 正周, 青木 信将, 岡島 正明, 大嶋 康義, 渡邊 伸, 渡部 聡, 坂上 拓郎, 阿部 徹哉, 茂呂 寛, 小屋 俊之, 田中 純太, 森山 寛史, 菊地 利明, 田島 俊児

    気管支学   38 ( Suppl. )   S271 - S271   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 気管支鏡施行時の大量出血により気道確保を要した症例の検討

    近藤 利恵, 佐藤 美由紀, 吉澤 和孝, 上野 浩志, 穂苅 諭, 朝川 勝明, 林 正周, 青木 信将, 岡島 正明, 大嶋 康義, 渡邊 伸, 渡部 聡, 坂上 拓郎, 阿部 徹哉, 茂呂 寛, 小屋 俊之, 森山 寛史, 菊地 利明

    気管支学   38 ( Suppl. )   S256 - S256   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 当院におけるEBUS-TBNAによるサルコイドーシス診断の後方視的検討

    林 正周, 上野 浩志, 吉澤 和孝, 佐藤 美由紀, 穂苅 諭, 青木 信将, 朝川 勝明, 大嶋 康義, 岡島 正明, 近藤 利恵, 渡邊 伸, 渡部 聡, 坂上 拓郎, 阿部 徹哉, 茂呂 寛, 小屋 俊之, 田中 純太, 森山 寛史, 菊地 利明, 田島 俊児

    気管支学   38 ( Suppl. )   S197 - S197   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 新潟市民病院呼吸器内科における肺炎症例の検討 NHCAPにおける重症度分類の有効性について

    小泉 健, 柴田 怜, 森谷 梨加, 穂苅 諭, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    新潟医学会雑誌   129 ( 11 )   701 - 701   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 肺移植後長期経過ののち呼吸不全が進行した症例への呼吸リハの経験

    堀井 麻美子, 韮澤 紀文, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 張替 徹, 木村 慎二, 上路 拓美

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   25 ( Suppl. )   246s - 246s   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 周術期呼吸リハビリテーションによるPPCへの効果

    韮澤 紀文, 堀井 麻美子, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 滝口 朝子, 木村 慎二, 上路 拓美

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   25 ( Suppl. )   187s - 187s   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 鼻腔通気度と鼻症状がCPAPの使用に与える影響

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 各務 博, 菊地 利明

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   40回   229 - 229   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 2型呼吸不全への抗ミトコンドリア抗体に関連した筋炎の影響

    大嶋 康義, 鈴木 涼子, 穂苅 諭, 小屋 俊之, 各務 博, 高田 俊範, 鈴木 榮一, 成田 一衛

    日本呼吸器学会誌   4 ( 増刊 )   311 - 311   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 閉塞性細気管支炎様症状をきたした水疱性類天疱瘡の1例

    隅田 優介, 橋立 英樹, 三尾 圭司, 吉田 暁, 小林 かおり, 穂苅 諭, 富山 勝博

    新潟市民病院医誌   35 ( 1 )   94 - 94   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    researchmap

  • 閉塞性細気管支炎を合併した抗ラミニン332類天疱瘡の1例

    折目 真理, 富山 勝博, 吉田 暁, 穂苅 諭, 橋立 英樹, 河井 一浩, 石井 文人, 橋本 隆

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 3 )   352 - 352   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 新潟市民病院呼吸器内科におけるNHCAP症例の重症度評価指標の検討

    小泉 健, 森谷 梨加, 穂苅 諭, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    日本呼吸器学会誌   3 ( 増刊 )   195 - 195   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 皮膚病変を合併した閉塞性細気管支炎の2剖検例

    橋立 英樹, 渋谷 宏行, 三間 紘子, 三尾 圭司, 富山 勝博, 折目 真理, 五十嵐 可奈子, 田中 登希子, 小泉 健, 穂苅 諭

    日本病理学会会誌   103 ( 1 )   338 - 338   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    researchmap

  • COPDが術後呼吸器合併症に与える影響について

    韮澤 紀文, 大嶋 康義, 滝口 朝子, 中山 秀章, 穂苅 諭, 木村 慎二, 上路 拓美

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   23 ( Suppl. )   217s - 217s   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • OSAS患者におけるCPAP内部データとPSGデータの検討

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 中山 秀章, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   38回   209 - 209   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本睡眠学会  

    researchmap

  • 膠原病関連間質性肺炎に対するミコフェノール酸モフェチルの当院での使用経験

    朝川 勝明, 市川 紘将, 穂苅 諭, 坂上 拓郎, 小屋 俊之, 高田 俊範, 成田 一衛, 鈴木 栄一

    日本呼吸器学会誌   2 ( 増刊 )   194 - 194   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 新潟市民病院呼吸器内科における肺炎症例と肺炎重症度評価指標の検討

    小泉 健, 柴田 怜, 穂苅 諭, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    日本呼吸器学会誌   2 ( 増刊 )   246 - 246   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • OSAS患者におけるCPAP内部データの正確性の検討

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 中山 秀章, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    日本呼吸器学会誌   2 ( 増刊 )   227 - 227   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 非移植例における閉塞性細気管支炎3例の長期経過

    穂苅諭, 柴田怜, 小泉健, 手塚貴文, 伊藤和彦, 塚田弘樹

    日本呼吸器学会誌   2   2013年

     詳細を見る

  • 当院における人工呼吸器管理中の患者に対するリハビリスタッフと呼吸器内科医の連携について

    大脇教光, 大滝直子, 遠藤直人, 穂苅諭, 大嶋康義, 中山秀章, 高田俊範, 成田一衛

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   22   2012年

     詳細を見る

  • 【しくみを図解・まるごと理解 呼吸運動異常の「なるほど」】呼吸器疾患別呼吸パターンの異常からよみとく呼吸運動異常の観察方法 睡眠時無呼吸症候群 査読

    大嶋 康義, 穂苅 諭, 中山 秀章

    呼吸器ケア   9 ( 12 )   1268 - 1271   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • BP賞選考セッション3:睡眠時無呼吸症候群におけるCPAP機器による呼吸イベント判定の信頼性の検討

    穂苅諭, 大嶋康義, 鈴木涼子, 高橋敦宣, 永井明日香, 島賢治郎, 青木信将, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    日本睡眠学会第47回定期学術集会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学術講演会演題賞(学術部会賞)選考講演会:成人ARDSに対する呼吸補助療法中の肺炎リスクの比較~ネットワークメタ解析を用いて~

    穂苅諭, 木全俊介, 岡野弘, 櫻谷正明, 増山智之

    第62回日本呼吸器学会学術講演会  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 慢性II型呼吸不全に潜在する抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎 ~抗ミトコンドリアM2抗体スクリーニングの有用性~

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 高橋 敦宣, 永井 明日香, 鈴木 涼子, 島 賢治郎, 青木 信将, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    第94回閉塞性肺疾患研究会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 優秀演題 一般演題口演:成人ARDSに対する呼吸補助療法中の肺炎発症の比較 ~システマティックレビューとネットワークメタ解析を用いて~

    穂苅諭, 木全俊介, 岡野弘, 櫻谷正明, 増山智之, 勝田知也, 滝本浩平

    第43回日本呼吸療法医学会学術集会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小細胞肺癌細胞と非小細胞肺癌細胞におけるTTF-1結合領域の比較解析

    穂苅 諭, 田村 佑介, 金田 篤志, 桂 彰宏, 森川 真大, 江幡 正悟, 堤 修一, 石川 雄一, 油谷 浩幸, 菊地 利明, 宮園 浩平, 鯉沼 代造

    日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • TTF-1 binding regions in small cell lung cancer cells 国際会議

    Hokari S, Katsura A, Tamura Y, Kikuchi T, Koinuma D, Miyazono K

    The 6th JCA-AACR Special Joint Conference  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多系統萎縮症に合併した閉塞性睡眠時無呼吸における呼吸不安定性の検討~ポリソムノグラフィを用いた近似エントロピーを用いて~

    穂苅諭, 中山秀章, 大嶋康義, 松戸隆之, 下畑享良

    第58回睡眠呼吸障害研究会  2021年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における消化器手術の術前スクリーニングと周術期呼吸リハビリの現状

    穂苅 諭

    第28回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミニシンポジウム 睡眠呼吸障害・リハビリテーション:当院における肺切除術後の呼吸器合併症と術前呼吸リハビリテーションの現状

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 各務 博, 土田 正則, 菊地 利明

    第56回日本呼吸器学会学術講演会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Preoperative screening with respiratory failure risk index reduces postoperative pulmonary complications in esophagectomy patients. 国際会議

    Hokari S, Ohshima Y, Shima K, Moriya R, Koya T, Kagamu H, Tsukada H, Takada T, Kikuchi T

    The 25th International Congress of the European Respiratory Society  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 術後呼吸不全リスク指数を用いた術前スクリーニングは食道癌術後の呼吸器合併症を減少させる

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 島 賢治郎, 小屋 俊之, 各務 博, 塚田 弘樹, 菊地 利明

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミニシンポジウム 睡眠呼吸障害の病態生理と治療:閉塞性睡眠時無呼吸に対するCPAP療法はアルブミン尿を改善する

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 各務 博, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    第55回日本呼吸器学会学術講演会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 消化管手術後の呼吸器合併症リスク評価の検討 多因子リスクスコアの比較

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 中山 秀章, 高田 俊範, 成田 一衛, 鈴木 栄一

    第52回日本呼吸器学会学術講演会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 我が国の慢性閉塞性肺疾患の診断率は向上しているのか? ~術前スパイロメトリで診断される気流閉塞例の推移~

    穂苅諭, 大嶋康義, 菊地利明

    第95回閉塞性肺疾患研究会  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多系統萎縮症に合併した閉塞性睡眠時無呼吸における呼吸不安定性の検討 ポリソムノグラフィを用いたエントロピー解析

    穂苅 諭, 中山 秀章, 大嶋 康義, 松戸 隆之, 下畑 享良, 菊地 利明

    第61回日本呼吸器学会学術講演会  2021年4月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸におけるCPAPデータを用いた治療効果のモニタリングは有用か?

    穂苅 諭, 藤戸 信宏, 鈴木 涼子, 大嶋 康義, 青木 信将, 林 正周, 渡部 聡, 小屋 俊之, 菊地 利明

    第60回日本呼吸器学会学術講演会  2020年9月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TTF-1 binding regions in small cell lung cancer cells.

    Hokari S, Tamura Y, Katsura A, Kikuchi T, Koinuma D, Miyazono K

    TGF-β Meeting in Uppsala  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 肺胞低換気を契機に診断された球脊髄性筋萎縮症の1例

    藁谷友, 穂苅諭, 高橋敦宣, 島賢治郎, 大嶋康義, 菊地利明, 渡邉緑, 徳武孝允, 小野寺理, 寺田正樹

    第150回日本内科学会信越地方会  2022年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺胞低換気と上腸間膜動脈症候群を呈し、ALPL遺伝子変異を認めたSilver-Russell症候群の成人例

    渡辺裕介, 穂苅諭, 袴田真理子, 大嶋康義, 島賢次郎, 青木信将, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明, 鏡雅代

    医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2022 京都  2022年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 細菌性肺炎として初期治療を開始されたANCA関連血管炎の2例

    木村光弘, 久代航平, 穂苅諭, 永井明日香, 島賢治郎, 青木信将, 大嶋康義, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第149回日本内科学会信越地方会  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 呼吸器感染症を契機に発見されたGood症候群の2例

    久代航平, 穂苅諭, 柴田怜, 倉科健司, 佐藤佑輔, 尾形英至, 外山美央, 島賢治郎, 青木信将, 大嶋康義, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第86回呼吸器合同北陸地方会  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多系統萎縮症に合併した閉塞性睡眠時無呼吸における呼吸不安定性の検討 ~ポリソムノグラフィを用いたエントロピー解析の応用可能性~

    穂苅諭, 中山秀章, 大嶋康義, 松戸隆之, 下畑享良

    第29回PneumoForum  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸におけるCPAP機器の残存呼吸イベント判定の有用性

    穂苅諭, 藤戸信宏, 鈴木涼子, 大嶋康義, 青木信将, 林正周, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シェーグレン症候群による胸膜炎の一例

    中流光, 穂苅諭, 林正周, 上野浩志, 大坪亜矢, 月岡啓輔, 庄子聡, 青木信将, 大嶋康義, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第83回呼吸器合同北陸地方会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジアフェニルスルホン(DDS)による薬剤性メトヘモグロビン血症の3例

    風間はづき, 穂苅諭, 南雲駿, 尾方英至, 小泉健, 市川紘将, 青木信将, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第145回日本内科学会信越地方会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸におけるCPAP機器の残存呼吸イベント判定の有用性

    穂苅諭, 藤戸信宏, 鈴木涼子, 大嶋康義, 渡部聡, 小屋俊之, 菊地利明

    第16回新潟睡眠呼吸障害研究会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミニシンポジウム 肺癌 基礎:肺小細胞癌細胞におけるTTF-1結合領域の網羅的解析

    穂苅諭, 森川真大, 桂彰宏, 田村佑介, 村井文彦, 江幡正悟, 菊地利明, 鯉沼代造, 宮園浩平

    第59回日本呼吸器学会学術講演会  2019年4月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 先端巨大症治療の睡眠呼吸障害への効果

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 菊地 利明

    第57回日本呼吸器学会学術講演会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における間質性肺炎患者の夜間パルスオキシメトリー検査の現況

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 菊地 利明

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CPAPについて 招待

    穂苅 諭

    新潟大学医歯学総合病院看護部 キャリア開発支援研修 呼吸ケア・基礎編  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 先端巨大症治療後に睡眠呼吸障害は軽快するか?

    穂苅諭, 大嶋康義, 鈴木涼子, 小屋俊之, 各務博, 菊地利明

    第12回新潟睡眠呼吸障害研究会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先端巨大症治療後に睡眠呼吸障害は軽快するか?

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 鈴木 涼子, 小屋 俊之, 各務 博, 菊地 利明

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 消化管手術後の呼吸器合併症リスク評価の検討~多因子リスクスコアの比較~

    穂苅諭, 大嶋康義, 中山秀章, 鈴木涼子, 梶原大季, 小屋俊之, 各務博, 高田俊範, 鈴木栄一, 成田一衛

    腎・膠原病・呼吸器・感染症研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 睡眠時無呼吸症候群について 招待

    穂苅 諭

    第23回にいがた臨床研究会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 粘膜類天疱瘡を伴う閉塞性細気管支炎の1剖検例(An autopsy case of bronchiolitis obliterans associated with mucous membrane pemphigoid)

    穂苅 諭, 森谷 梨加, 小泉 健, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 富山 勝博, 吉田 暁, 橋立 英樹, 塚田 弘樹

    第54回日本呼吸器学会学術講演会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 類天疱瘡に伴う閉塞性細気管支炎の経過中に、アスペルギルス感染症で死亡した1剖検例

    穂苅諭, 森谷梨加, 小泉健, 手塚貴文, 伊藤和彦, 塚田弘樹, 富山勝博, 吉田暁, 橋立英樹

    第20回新潟抗酸菌・気道感染研究会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非移植例における閉塞性細気管支炎3例の長期経過

    穂苅 諭, 柴田 怜, 小泉 健, 手塚 貴文, 伊藤 和彦, 塚田 弘樹

    第53回日本呼吸器学会学術講演会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腎移植後に閉塞性換気障害がみられた一例

    穂苅諭, 中山秀章, 森山寛史, 高田俊範, 成田一衛, 鈴木栄一, 中川由紀, 斎藤和英, 高橋公太, 土田正則

    第17回びまん性肺疾患セミナー  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体腎移植後に閉塞性障害を呈した1例

    穂苅諭, 中山秀章, 森山寛史, 高田俊範, 成田一衛

    第70回日本呼吸器学会北陸地方会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体腎移植後に閉塞性障害を呈した1例

    穂苅諭, 中山秀章, 森山寛史, 高田俊範, 成田一衛, 鈴木栄一, 中川由紀, 斎藤和英, 高橋公太, 土田正則

    第45回チェストカンファレンス総会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先端巨大症患者における肺胞低換気と睡眠呼吸障害

    穂苅 諭, 大嶋 康義, 中山 秀章, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Obstructive Sleep Apnea is Associated with Urinary Albumin Excretion in Japanese Patients. 国際会議

    Hokari S, Ohshima Y, Nakayama H, Takada T, Suzuki E, Narita I

    The 26th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 閉塞性睡眠時無呼吸は尿中アルブミン排泄を増加させる

    穂苅 諭, 中山 秀章, 大嶋 康義, 高田 俊範, 鈴木 栄一, 成田 一衛

    第109回日本内科学会講演会  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Does respiratory irregularity contribute the pathogenesis of sleep-disordered breathing in multiple system atrophy? 国際会議

    Hokari S, Nakayama H, Matsuto T, Shimohata T, Takada T, Ozawa T, Nishizawa M, Suzuki E, Narita I

    The 21st Annual Congress of the European Respiratory Society  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 睡眠時無呼吸を契機に発見された筋強直性ジストロフィーの1例

    松尾浩司, 穂苅諭, 鈴木涼子, 中山秀章, 高田俊範, 成田一衛

    第67回日本呼吸器学会北陸地方会  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 呼吸の不安定性は多系統萎縮症患者の睡眠時無呼吸に関与するか?

    穂苅 諭, 鈴木 涼子, 中山 秀章, 高田 俊範, 成田 一衛, 鈴木 栄一, 下畑 享良, 小澤 鉄太郎, 西澤 正豊

    第51回日本呼吸器学会学術講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NPPV により著明に呼吸機能が改善した肥満低換気症候群の1 例

    穂苅諭, 鈴木涼子, 中山秀章, 高田俊範, 成田一衛

    第46回睡眠呼吸障害研究会  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • NPPV により著明に呼吸機能が改善した肥満低換気症候群の1 例

    穂苅諭, 鈴木涼子, 中山秀章, 各務博, 高田俊範, 成田一衛

    第66回日本呼吸器学会北陸地方会  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低肺機能患者における周術期呼吸リハビリテーションの検討

    穂苅 諭, 梶原 大季, 中山 秀章, 高田 俊範, 鈴木 栄一

    第50回日本呼吸器学会学術講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低肺機能患者における周術期呼吸リハビリテーションの検討

    穂苅諭, 梶原大季, 中山秀章, 高田俊範, 鈴木栄一

    第22回新潟在宅呼吸療法研究会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 維持透析療法に至った抗GBM抗体型急速進行性糸球体腎炎の1例

    穂苅諭, 安宅謙

    第39回山形腎不全研究会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Stiff-person症候群に合併した間質性肺炎の1例

    穂苅諭, 島岡雄一, 富士盛文夫, 岡島正明, 栗山英之, 小屋俊之, 田中純太, 中山秀章, 各務博, 寺田正樹, 高田俊範, 下条文武

    第61回日本呼吸器学会北陸地方会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原発性胆汁性肝硬変症患者に合併した毛細血管塞栓型クリプトコッカス症の一剖検例

    穂苅諭, 中嶋治彦, 塚田弘樹, 原口通比古

    第59回日本呼吸器学会北陸地方会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 日本内科学会ことはじめ 2022 京都 優秀指導者賞

    2022年4月   第119回日本内科学会総会・講演会   肺胞低換気と上腸間膜動脈症候群を呈し、ALPL遺伝子変異を認めたSilver-Russell症候群の成人例

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 第43回日本呼吸療法医学会学術集会 優秀賞

    2021年7月   成人ARDSに対する呼吸補助療法中の肺炎発症の比較 ~システマティックレビューとネットワークメタ解析を用いて~

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 第58回睡眠呼吸障害研究会 優秀賞

    2021年2月   多系統萎縮症に合併した閉塞性睡眠時無呼吸における呼吸不安定性の検討~ポリソムノグラフィを用いた近似エントロピーを用いて~

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 公益財団法人 日本呼吸器財団 令和3年度研究助成

    2021年   網羅的エピゲノム解析に基づく肺癌における形質転換メカニズムの解明

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 令和3年度新潟大学優秀論文表彰

    2021年   Comparative analysis of TTF-1 binding DNA regions in small-cell lung cancer and non-small-cell lung cancer

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 令和2年度第24回有壬記念学術奨励賞

    2020年   網羅的ゲノム解析を用いた小細胞肺癌と非小細胞肺癌におけるTTF-1のDNA結合領域の比較

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会優秀演題賞

    2019年11月   閉塞性睡眠時無呼吸におけるCPAP機器の残存呼吸イベント判定の有用性

    穂苅 諭

     詳細を見る

  • 腎・膠原病・呼吸器・感染症研究会 優秀賞

    2014年12月   腎・膠原病・呼吸器・感染症研究会   消化管手術後の呼吸器合併症リスク評価の検討 多因子リスクスコアの比較

    穂苅 諭

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • TTF-1の網羅的エピゲノム解析に基づくEGFR-TKI耐性獲得機序の解明

    研究課題/領域番号:21K16112  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    穂苅 諭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 網羅的エピゲノム解析に基づく肺癌における形質転換メカニズムの解明

    2021年

    公益財団法人 日本呼吸器財団  令和3年度研究助成 

    穂苅 諭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

    researchmap

  • がんの分子診断法開発

    2017年4月 - 2019年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)  がん治療標的探索プロジェクト 

    宮園浩平、江幡正悟、穂苅 諭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 術前スクリーニングによる周術期呼吸リハビリ体制の確立

    研究課題/領域番号:16K21045  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

    穂苅 諭

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究は,①呼吸不全リスク指数を用いた術前スクリーニングの妥当性,②術後呼吸器合併症(PPC)ハイリスク例への周術期呼吸リハビリによるPPC予防効果,の2点を検証することを目的とした.
    術前スクリーニングの取り組みによって,積極的かつ効率的なハイリスク例に対する周術期呼吸リハビリが施行可能であった.一方で,呼吸リハビリによるPPCの予防効果は示すことができなかった.その原因として,胸部操作による侵襲性の高さや術後の嚥下機能障害に伴う誤嚥が示唆された.
    今後,主に胸部手術をターゲットにして,口腔ケアや嚥下リハビリなども加えた,より集学的なアプローチを用いた取り組みが望まれる.

    researchmap

その他研究活動

  • 臨床研修指導医講習会修了

    2022年2月

     詳細を見る

  • 呼吸ケア指導士(初級)

    2019年4月
    -
    現在

     詳細を見る

  • 日本内科学会 内科指導医

    2019年
    -
    現在

     詳細を見る

  • 日本内科学会総合内科専門医

    2017年12月
    -
    現在

     詳細を見る

  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医

    2015年12月
    -
    現在

     詳細を見る

  • 日本睡眠学会専門医

    2015年7月
    -
    現在

     詳細を見る

  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会認定医

    2012年3月
    -
    現在

     詳細を見る

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • Post-CC OSCE機構課題 評価責任者補佐

    2022年9月
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • e臨床実習II「Advanced 症候学・医⾏為 (⼿技) シリーズ」呼吸療法の実際

    2022年1月
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • 呼吸器・感染症内科学:総論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学歯学部

     詳細を見る

  • 臨床実習I、臨床実習II(呼吸器・感染症内科 学生実習担当)

    2021年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • 3年次医学研究実習

    2021年
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • OSCE評価者

    2020年12月
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • 4年生臨床実習入門OSCE「胸部,バイタルサイン」

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • 疾病救急医学I(呼吸器):睡眠時無呼吸、過換気、呼吸不全

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟医療技術専門学校

     詳細を見る

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 新潟県立新潟高等学校 医学講演会

    役割:講師

    2019年 - 2021年

     詳細を見る

メディア報道

学術貢献活動

  • 第7回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会甲信越支部学術集会シンポジウム:みんなで支える呼吸ケア診療について ~多職種チームで支える入院から在宅医療~

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会甲信越支部・公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団(共催)  2022年6月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap