2021/10/20 更新

写真a

サクマ ヒデノブ
佐久間 英伸
SAKUMA Hidenobu
所属
医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2013年3月 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学  / 医科歯科連携・周術期口腔機能管理

  • ライフサイエンス / 外科系歯学  / 顎変形症

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   口腔再建外科   助教

    2020年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   口腔再建外科   特任助教

    2019年6月 - 2020年7月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   口腔再建外科   医員

    2017年4月 - 2019年5月

      詳細を見る

  • 碧南市民病院   歯科口腔外科   常勤医師

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 豊川市民病院   歯科口腔外科   常勤医師

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 名古屋第一赤十字病院   歯科口腔外科   後期臨床研修歯科医師

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 愛知学院大学歯学部顎顔面外科学講座   顎顔面外科学講座   専攻生

    2007年6月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 名古屋第一赤十字病院   歯科口腔外科   臨床研修歯科医師

    2006年4月 - 2007年5月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科   助教

    2020年8月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科   特任助教

    2019年6月 - 2020年7月

学歴

  • 愛知学院大学   大学院歯学研究科   口腔外科専攻

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 愛知学院大学   歯学部

    2000年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

 

論文

  • Comparison of three-dimensional facial morphologies acquired with digital stereophotogrammetry imaging system and computed tomography 査読

    Taichi Hara, Daisuke Saito, Hidenobu Sakuma, Yusuke Kato, Kanae Niimi, Jun Nihara, Isao Saito, Tadaharu Kobayashi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.08.016

    researchmap

  • Evaluation of masticatory efficiency in patients with jaw deformities using the gummy jelly method 査読

    Hidenobu Sakuma, Daishuke Suda, Taichi Hara, Naoaki Saito, Daishuke Saito, Daichi Hasebe, Wataru Katagiri, Tadaharu Kobayashi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   100166 - 100166   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.adoms.2021.100166

    researchmap

  • A comparison and evaluation of the use of ultrasonic cutting devices with conventional powered instruments in orthognathic surgery 査読

    Yusuke Kato, Naoaki Saito, Kanae Niimi, Daisuke Saito, Hidenobu Sakuma, Daichi Hasebe, Wataru Katagiri, Tadaharu Kobayashi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   100081 - 100081   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.adoms.2021.100081

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院医療連携口腔管理チーム/治療部の診療実績と今後の課題について 査読

    佐久間 英伸, 新美 奏恵, 黒川 亮, 佐藤 由美子, 勝良 剛詞, 曽我 麻里恵, 小林 正治, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   55 - 60   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    新潟大学医歯学総合病院医療連携口腔管理チームは、2020年4月から医療連携口腔管理治療部として活動を行っている。今回、活動実態の把握と今後の課題を明らかにすることを目的に実態調査を行ったのでその結果を報告する。対象は2013年1月〜2020年6月の期間に当チームおよび当治療部を受診した患者とした。診療録および診療台帳を基に患者数、依頼目的、原疾患の診療科などを後方視的に調査・検討した。調査期間における新患数は4,077人で、その数は経年的に増加していた。依頼目的は感染予防が最も多く、年々増加していた。粘膜炎対応、顎骨壊死予防・対応は増加ののち、一定数で推移していた。原疾患の診療科は耳鼻咽喉・頭頸部外科が最も多く、ついで、腎・膠原病内科、呼吸器感染症内科、腫瘍内科、血液内科であった。新患数は年々増加していたが、周術期等口腔機能管理での介入が求められる全症例への介入には至っていなかった。今後は、介入対象の拡大に向け、より効率的な診療体制と病院内での協力体制の構築、地域医療機関との連携が必要であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 歯科用炭酸ガスレーザーの使用により生じた縦隔気腫の1例 査読

    佐久間 英伸, 三上 俊彦, 齋藤 大輔, 遠藤 諭, 片桐 渉, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌   69 ( 3 )   227 - 232   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    近年、歯科用レーザーの使用に起因する皮下および縦隔気腫の報告が増加している。この論文では、CO2レーザー照射によって引き起こされた縦隔気腫の症例を報告する。患者は76歳の男性、歯科医院で右上顎歯4の歯肉瘻孔に対しCO2レーザーを照射された。治療中、右頬と右眼瞼周囲の急激な腫脹を認めた。同日、顔面から頸部に及ぶ腫脹を認め、他院口腔外科を経由し当院に紹介された。CT検査で、右側頭部から両側頸部にかけての皮下気腫と大動脈弓にまで及ぶ縦隔気腫が明らかになった。患者は入院し、抗菌薬投与を受けた。気腫は7日目までにほぼ消失し、8日目に退院した。CO2レーザー照射によって縦隔気腫が引き起こされる可能性を認識し、適切に治療する方法を知る必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • ICD植込み患者に対する顎矯正手術の周術期管理 病態の異なる2例報告 査読

    佐久間 英伸, 小田 陽平, 新美 奏恵, 片桐 渉, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 4 )   296 - 301   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    症例1は51歳男で、ICD植込みの原因疾患はブルガダ症候群で、顎矯正手術はLe Fort I型骨切り術と両側下顎枝矢状分割術を全身麻酔下に施行した。麻酔薬のプロポフォールはブルガダ症候群の患者に対してST上昇を誘発するとの報告があるため、本例では使用しなかった。症例2は38歳男で、ICD植込みの原因疾患は冠攣縮性狭心症で、顎矯正手術は症例1と同様の術式を施行した。術中の不整脈予防としてニコランジルを2mg/hで持続投与した。両例とも周術期に不整脈の発生はなく経過良好であった。

    DOI: 10.5927/jjjd.28.296

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 上顎洞内に歯根と癒着した骨化上顎洞ポリープを認めた1例 査読

    佐久間英伸, 森下佳学, 兵藤俊介, 鈴木慎太郎

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 5 )   255‐258   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.5794/jjoms.64.255

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分子標的治療薬併用放射線療法が奏功した口蓋MALTリンパ腫の1例 査読

    佐久間英伸, 森下佳学, 兵藤俊介, 鈴木慎太郎

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 7 )   336‐340   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.5794/jjoms.62.336

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 副神経が内頸静脈を貫通していた1例 査読

    森下佳学, 鈴木慎太郎, 佐久間英伸, 兵藤俊介, 宮地斉

    日本口腔科学会雑誌(Web)   65 ( 3 )   270‐273(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

  • 病的骨折を合併した下顎骨のBRONJに対して下顎骨区域切除を行った1例 査読

    古山令子, 佐久間英伸, 松井春樹, 呉本勝章, 藤井仁, 鈴木慎太郎

    愛知学院大学歯学会誌   53 ( 3 )   239‐245   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ナビゲーションガイドにより除去できた顔面深部異物の1例 査読

    藤井仁, 鈴木慎太郎, 古山令子, 佐久間英伸, 松井春樹, 下郷和雄

    日本口腔外科学会雑誌   60 ( 4 )   214 - 218   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5794/jjoms.60.214

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects of medullary lesions on conditional pacemaker activity of neonatal rat hypoglossal motoneurons in vitro 査読

    Hidenobu Sakuma, Nobuo Katakura, Kazuo Shimozato, Katsunari Hiraba

    Neuroscience Research   76 ( 1-2 )   42 - 51   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    N-methyl-d-aspartate (NMDA) has been demonstrated to induce rhythmic activity in various neurons, including hypoglossal motoneurons (XIIms) and converts them to conditional pacemakers. Using whole-cell patch clamp recording in a slice preparation from neonatal rats, we confirmed that some XIIms act as conditional pacemakers, with TTX-insensitivity and a burst period that is voltage-dependent during NMDA application. Other XIIms in this study only fired tonically with NMDA application. Effects of medullary structures on conditional pacemaker XIIms were assessed using lesioned preparations. As a result, NMDA-induced rhythm (NIR) in the XIIm was observed with ventral lesions (excluding inspiratory neurons) and with dorsal lesions (excluding the swallowing center located in the nucleus of the solitary tract). The NIR was also observed with lateral lesions, but with a significantly decreased burst period. These data suggest that NMDA receptor activation selects a subset of XIIms and changes them to pacemakers whose properties can be altered by their excitability. The data also demonstrate that structures fundamental to the NIR are located within the area near the XII nucleus, indicating that the NIR is distinct from inspiratory and swallowing activities. The lateral medulla is considered to be a source of modulation of the excitability of XIIms. © 2013 Elsevier Ireland Ltd and the Japan Neuroscience Society.

    DOI: 10.1016/j.neures.2013.03.007

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Endoscopic-assisted resection of peripheral osteoma using piezosurgery 査読

    Shigeki Ochiai, Norio Kuroyanagi, Hidenori Sakuma, Hidenobu Sakuma, Hitoshi Miyachi, Kazuo Shimozato

    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY   115 ( 1 )   E16 - E20   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Endoscopic-assisted surgery has gained widespread popularity as a minimally invasive procedure, particularly in the field of maxillofacial surgery. Because the surgical field around the mandibular angle is extremely narrow, the surrounding tissues may get caught in sharp rotary cutting instruments. In piezosurgery, bone tissues are selectively cut. This technique has various applications because minimal damage is caused by the rotary cutting instruments when they briefly come in contact with soft tissues. We report the case of a 33-year-old man who underwent resection of an osteoma in the region of the mandibular angle region via an intraoral approach. During surgery, the complete surgical field was within the view of the endoscope, thereby enabling the surgeon to easily resection the osteoma with the piezosurgery device. Considering that piezosurgery limits the extent of surgical invasion, this is an excellent low-risk technique that can be used in the field of maxillofacial surgery. (Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 2013;115:e16-e20)

    DOI: 10.1016/j.oooo.2011.09.032

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Risk of surgical glove perforation in oral and maxillofacial surgery 査読

    N. Kuroyanagi, T. Nagao, H. Sakuma, H. Miyachi, S. Ochiai, Y. Kimura, H. Fukano, K. Shimozato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   41 ( 8 )   1014 - 1019   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    Oral and maxillofacial surgery, which involves several sharp instruments and fixation materials, is consistently at a high risk for cross-contamination due to perforated gloves, but it is unclear how often such perforations occur. This study aimed to address this issue. The frequency of the perforation of surgical gloves (n = 1436) in 150 oral and maxillofacial surgeries including orthognathic surgery (n = 45) was assessed by the hydroinsufflation technique. Orthognathic surgery had the highest perforation rate in at least 1 glove in 1 operation (91.1%), followed by cleft lip and palate surgery (55.0%), excision of oral soft tumour (54.5%) and dental implantation (50.0%). The perforation rate in scrub nurses was 63.4%, followed by 44.4% in surgeons and first assistants, and 16.3% in second assistants. The odds ratio for the perforation rate in orthognathic surgery versus other surgeries was 16.0 (95% confidence interval: 5.3-48.0). The protection rate offered by double gloving in orthognathic surgery was 95.2%. These results suggest that, regardless of the surgical duration and blood loss in all fields of surgery, orthognathic surgery must be categorized in the highest risk group for glove perforation, following gynaecological and open lung surgery, due to the involvement of sharp objects.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2012.02.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 多発骨転移を生じた下顎原発成人横紋筋肉腫の1例 査読

    佐久間英伸, 藤原成祥, 渡邉哲, 佐藤春樹, 小南理美, 出原絵里, 橋本健吾, 野田晴菜, 大岩伊知郎

    愛知学院大学歯学会誌   47 ( 2 )   151 - 156   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 当院における皮膚科との医科歯科医療連携の現状報告

    佐久間 英伸, 新美 奏恵, 黒川 亮, 曽我 麻里恵, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2021年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日本語版顎変形症疾患特異的QOL調査票のvalidity studyおよび健康関連QOLとの関連性の検討

    新美 奏恵, 齋藤 大輔, 須田 大亮, 原 太一, 齋藤 直朗, 長谷部 大地, 佐久間 英伸, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2021年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における呼吸器・感染症内科との医科歯科連携の現状と薬剤関連顎骨壊死発症に関する調査

    佐久間 英伸, 新美 奏恵, 黒川 亮, 曽我 麻里恵, 田中 恵子, 石山 茉佑佳, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔ケア学会雑誌  2021年4月  (一社)日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血液腫瘍性疾患患者に対する周術期等口腔機能管理ならびにハイドロゲル創傷被覆・保護材の使用状況とその効果

    石山 茉佑佳, 新美 奏恵, 黒川 亮, 曽我 麻里恵, 勝良 剛詞, 佐久間 英伸, 佐藤 由美子, 田中 恵子, 後藤 早苗, 吉田 謙介, 林 孝文, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔ケア学会雑誌  2021年4月  (一社)日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術が顎変形症患者の栄養状態に及ぼす影響

    稲葉好則, 須田大亮, 橋爪孝介, 齋藤大輔, 齋藤直朗, 佐久間英伸, 長谷部大地, 片桐渉, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • 薬剤関連顎骨壊死を有する前立腺癌患者に発症した後天性血友病Aの1例

    浅見栄里, 佐久間英伸, 長谷部大地, 須田大亮, 新美奏恵, 小林正治

    日本口腔科学会雑誌(Web)  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • 食品アンケートを用いた顎変形症患者の咀嚼機能評価法確立のための取り組み

    佐久間英伸, 長谷部大地, 齋藤大輔, 齋藤直朗, 須田大亮, 原太一, 片桐渉, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • 外科的矯正治療にともなう顎関節症状と下顎頭形態の変化

    遠藤 諭, 加藤 祐介, 原 太一, 須田 大亮, 長谷部 大地, 佐久間 英伸, 齋藤 大輔, 齋藤 直朗, 新美 奏恵, 西山 秀昌, 片桐 渉, 林 孝文, 齋藤 功, 小林 正治

    新潟歯学会雑誌  2020年12月  新潟歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外部放射線治療における歯科用合金からの後方および側方散乱線の物理学的特徴の解明

    勝良 剛詞, 曽我 麻里恵, 高村 真貴, 小林 太一, 佐久間 英伸, 黒川 亮, 高木 律男, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌  2020年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における医療連携口腔管理チームの診療実績と今後の展望について

    佐久間 英伸, 黒川 亮, 勝良 剛詞, 小林 正治, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2020年7月  (NPO)日本口腔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波切削器を用いた顎矯正手術におけるSerrated aggressive knifeチップの有用性

    加藤 祐介, 齋藤 直朗, 新美 奏恵, 佐久間 英伸, 長谷部 大地, 齋藤 大輔, 丹原 惇, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • デジタル立体写真測量法とコンピューター断層撮影法から得られた三次元顔貌形態の比較

    齋藤 大輔, 原 太一, 佐久間 英伸, 長谷部 大地, 新美 奏恵, 丹原 惇, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術施行前後における咀嚼機能の変化について

    佐久間 英伸, 長谷部 大地, 新美 奏恵, 齋藤 大輔, 齋藤 直朗, 須田 大亮, 片桐 渉, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌  2020年5月  (NPO)日本顎変形症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術における超音波骨切削器具鋸歯状ナイフチップセットの応用

    新美 奏恵, 加藤 祐介, 佐久間 英伸, 齊藤 大輔, 小林 正治

    日本形成外科学会会誌  2020年3月  (一社)日本形成外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植前に短期集中的歯科治療が必要であった骨髄異形成症候群の1例

    佐久間英伸, 黒川亮, 佐藤由美子, 勝良剛詞, 小林正治, 高木律男

    有病者歯科医療  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 非接触型3D画像撮影装置とCTを用いた顔貌三次元形態の比較検討

    原 太一, 齋藤 大輔, 佐久間 英伸, 新美 奏恵, 小林 正治, 丹原 惇, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌  2019年12月  新潟歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎変形症手術における術後感染予防抗菌薬適正使用の検証

    齋藤大輔, 佐久間英伸, 加藤祐介, 長谷部大地, 新美奏恵, 片桐渉, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Index of Orthognathic Functional Treatment Needを用いた外科的矯正治療の適応におけるBorderlineの検証

    長谷部大地, 高橋功次朗, 須田大亮, 齋藤大輔, 佐久間英伸, 加藤祐介, 丹原惇, 新美奏恵, 片桐渉, 片桐渉, 齋藤功, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎変形症患者における形態的不調和と咀嚼機能との関連の解明

    佐久間英伸, 長谷部大地, 新美奏恵, 加藤祐介, 齋藤大輔, 齋藤直朗, 荻野奈保子, 片桐渉, 齋藤功, 小林正治

    日本顎変形症学会雑誌  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上気道流体シミュレーションによる顎変形症患者における気道通気状態の変化について

    長谷部大地, 佐久間英伸, 山本祐士, 片桐渉, 岩崎智憲, 山崎要一, 小林正治

    日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術におけるSerrated aggressive knifeチップの有用性の検証

    齋藤直朗, 佐久間英伸, 新美奏恵, 長谷部大地, 加藤祐介, 齋藤大輔, 竹内涼子, 遠藤諭, 片桐渉, 小林正治

    日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非接触型3D画像撮影解析装置での顔面撮影条件の整備

    佐久間英伸, 小田陽平, 加藤祐介, 長谷部大地, 斎藤大輔, 片桐渉, 小林正治

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  2018年11月 

     詳細を見る

  • 顎矯正手術に伴う骨代謝マーカーの変動

    齋藤大輔, 小田陽平, 加藤祐介, 佐久間英伸, 長谷部大地, 新美奏恵, 片桐渉, 齋藤功, 小林正治

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  2018年11月 

     詳細を見る

  • Reproducibility of Facial Images Taken with a Non-contact 3D Imaging System

    Hidenobu Sakuma, Yusuke Kato, Daichi Hasebe, Daisuke Saito, Wataru Katagiri, Tadaharu Kobayashi

    The 57th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons  2018年10月 

     詳細を見る

  • 病態の異なるICD植込み顎変形症患者の2例

    佐久間 英伸, 小田 陽平, 新美 奏恵, 片桐 渉, 小林 正治

    日本口腔科学会雑誌  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顔面軟組織の萎縮を伴う顔面非対称の1例

    加藤 祐介, 佐久間 英伸, 原 太一, 羽賀 健太, 福井 忠雄, 齋藤 功, 小林 正治

    日本顎変形症学会雑誌  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超高齢者の薬剤関連顎骨壊死に対し下顎骨区域切除を施行した1例

    濱子紗規子, 黒柳範雄, 梅田敬史, 佐久間英伸, 藤浪恒

    第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2017年5月 

     詳細を見る

  • 上顎側切歯にみられた歯内歯に起因する歯根嚢胞の1例

    梅田敬史, 黒柳範雄, 濱子紗規子, 佐久間英伸, 藤浪恒

    第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2017年5月 

     詳細を見る

  • 専門的口腔ケアを行った類天疱瘡の5例

    藤浪 恒, 椿山 美幸, 加藤 亜恵位, 磯貝 由佳, 佐久間 英伸, 梅田 敬史, 黒柳 範雄

    日本口腔ケア学会雑誌  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔病変切除後の欠損に対し頬脂肪体有茎移植術にて再建を行った11例の臨床的検討

    梅田敬史, 黒柳範雄, 藤浪恒, 佐久間英伸

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年11月 

     詳細を見る

  • 下顎骨内へ大量に溢出した糊剤根管充填剤に対し外科的治療を行った1例

    梅田敬史, 黒柳範雄, 藤浪恒, 佐久間英伸

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年11月 

     詳細を見る

  • 舌癌術後の縦郭リンパ節転移による気道狭窄に対して気道ステントを使用した1例

    小川雄右, 森下佳学, 兵藤俊介, 佐久間英伸, 新道紀衣, 鈴木慎太郎

    第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会  2016年11月 

     詳細を見る

  • ヒト副甲状腺ホルモン製剤にて改善した薬物性顎骨壊死の1例

    佐久間英伸, 藤浪恒, 梅田敬史, 黒柳範雄

    第41回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2016年5月 

     詳細を見る

  • 術中に脳梗塞を発症した下顎悪性腫瘍の1例

    森下佳学, 鈴木慎太郎, 佐久間英伸, 兵藤俊介

    第41回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2016年5月 

     詳細を見る

  • 頚部蜂窩織炎により発症した降下性壊死性縦隔炎の1例

    森下佳学, 鈴木慎太郎, 佐久間英伸, 兵藤俊介

    第41回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2016年5月 

     詳細を見る

  • 病的骨折をみた薬物性顎骨壊死の1例

    藤浪恒, 梅田敬史, 佐久間英伸, 黒柳範雄

    第41回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2016年5月 

     詳細を見る

  • 上顎洞内に歯根と連続した骨化鼻腔ポリープを認めた1例

    佐久間英伸, 森下佳学, 兵藤俊介, 鈴木慎太郎

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会  2015年10月 

     詳細を見る

  • 小児の巨大な下顎エナメル上皮腫に対して摘出・開窓療法を行った1例

    兵藤 俊介, 鈴木 慎太郎, 佐久間 英伸, 森下 佳学

    愛知学院大学歯学会誌  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 病的骨折を合併した下顎骨のBRONJに対して顎切除を行った1例

    松井 春樹, 古山 令子, 佐久間 英伸, 呉本 勝章, 藤井 仁, 鈴木 慎太郎

    日本口腔科学会雑誌  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔外科手術前後のCPK値の検討

    寺倉 麻美, 深野 英夫, 宮部 悟, 佐久間 英伸, 宮地 斉, 落合 栄樹, 渡邉 哲, 石橋 謙一郎, 下郷 和雄

    日本口腔科学会雑誌  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口蓋に発生したMALTリンパ種の1例

    佐久間英伸, 古山令子, 松井春樹, 呉本勝章, 藤井仁, 鈴木慎太郎

    第39回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2014年5月 

     詳細を見る

  • 精神疾患患者に対する栄養管理の一例

    坂神裕子, 高田幸児, 佐久間英伸, 鈴木康夫, 青谷豊子, 田中由香, 田中克典

    静脈経腸栄養  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット新生仔期にはNMDA投与によってリズム形成する舌下神経運動ニューロンが存在する

    佐久間 英伸, 片倉 伸郎, 平場 勝成

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NMDA-induced rhythmic bursts of XII motoneurons propagate through gap-junctions in the dorsal medulla of newborn rats.

    Sakuma, Hidenobu, Katakura Nobuo, Hiraba Katsunari

    第89回日本生理学会大会  2012年3月 

     詳細を見る

  • 新生仔ラットのおけるNMDA誘発リズム舌下神経運動ニューロン活動のリズム形成源の解析

    佐久間 英伸, 片倉 伸郎, 平場 勝成, 下郷 和雄

    愛知学院大学歯学会誌  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用インプラント関連手術における手術手袋の穿孔に関する実施調査

    浅野 千明, 佐久間 英伸, 黒柳 範雄, 落合 栄樹, 深野 英夫, 宮地 斉, 下郷 和雄

    日本口腔外科学会雑誌  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新生仔舌下神経運動ニューロンでのNMDA誘発リズム活動におけるギャップ結合の役割

    佐久間 英伸, 片倉 伸郎, 平場 勝成

    Journal of Oral Biosciences  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NMDAで誘発される新生仔舌下神経運動ニューロンリズム活動におけるギャップ結合の役割

    佐久間 英伸, 荒木 一将, 片倉 伸郎, 平場 勝成, 下郷 和雄

    日本口腔外科学会雑誌  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 内視鏡下にピエゾーサージェリーを使用して安全な切除が可能になった下顎骨下縁部の周辺性骨腫の1例

    落合 栄樹, 黒柳 範雄, 佐久間 英規, 宮地 斉, 出原 絵里, 佐久間 英伸, 下郷 和雄

    日本口腔科学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外来手術における手術用手袋の穿孔率調査 手術用手袋300双での報告

    佐久間 英伸, 深野 英夫, 宮地 斉, 落合 栄樹, 河原 康, 木村 嘉宏, 黒柳 範雄, 荒木 一将, 佐久間 英規, 榊原 淳平, 下郷 和雄

    日本口腔科学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔外科手術における手袋の穿孔に関する実態調査

    黒柳 範雄, 佐久間 英伸, 深野 英夫, 宮地 斉, 落合 栄樹, 佐久間 英規, 荒木 一将, 榊原 淳平, 木村 嘉宏, 河原 康, 下郷 和雄

    日本口腔科学会雑誌  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外来手術における手術用手袋の穿孔率調査 手術用手袋300双での報告

    佐久間 英伸, 深野 英夫, 宮地 斉, 落合 栄樹, 河原 康, 木村 嘉宏, 黒柳 範雄, 荒木 一将, 佐久間 英規, 榊原 淳平, 下郷 和雄

    第64回日本口腔科学会学術集会  2010年6月 

     詳細を見る

  • 口腔外科第二診療部における抜歯手術の臨床統計的検討

    富田 紗綾, 田中 賢太郎, 辻本 記子, 傳 智映子, 鶴田 あゆみ, 佐久間 英伸, 河原 康, 深野 英夫

    愛知学院大学歯学会誌  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術における手袋の穿孔に関する実態調査

    黒柳 範雄, 佐久間 英伸, 深野 英夫, 宮地 斉, 落合 栄樹, 佐久間 英規, 荒木 一将, 榊原 淳平, 木村 嘉宏, 河原 康, 下郷 和雄

    日本顎変形症学会雑誌  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NMDAの舌下神経運動ニューロンに対する直接及び間接作用 ラット新生仔脳幹スライス標本を用いた解析

    荒木 一将, 片倉 伸郎, 佐久間 英伸, 下郷 和雄, 平場 勝成

    愛知学院大学歯学会誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔癌患者に対するFDG-PETにおけるfalse positive例の検討

    佐藤 春樹, 藤原 成祥, 渡邉 哲, 小南 理美, 佐久間 英伸, 野田 晴菜, 橋本 健吾, 有地 榮一郎, 大岩 伊知郎

    日本口腔科学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎下腺原発扁平上皮癌の1例

    野田 晴菜, 藤原 成祥, 渡邉 哲, 佐藤 春樹, 佐久間 英伸, 橋本 健吾, 大岩 伊知郎, 梅村 昌宏, 小南 理美, 深野 英夫, 有地 榮一郎

    日本口腔科学会雑誌  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳卒中後における誤嚥性肺炎の関連因子についての検討

    渡邉 哲, 大岩 伊知郎, 藤原 成祥, 佐藤 春樹, 佐久間 英伸, 野田 春菜, 橋本 健吾, 真野 和夫, 加藤 隆士, 後藤 洋二

    日赤医学  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多発骨転移を生じた下顎原発横紋筋肉腫の1例

    佐久間英伸, 藤原成祥, 渡邉哲, 佐藤春樹, 小南理美, 橋本健吾, 野田晴菜, 大岩伊知郎

    第72回愛知学院大学歯学会学術大会  2008年6月 

     詳細を見る

  • 頬部に生じた孤立性線維性腫瘍の1例

    藤井 仁, 藤原 成祥, 大岩 伊知郎, 梅村 昌宏, 佐藤 春樹, 坂田 麗奈, 佐久間 英伸, 阿部 友亮, 小南 理美

    日本口腔外科学会雑誌  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 早期臨床実習IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学