2023/02/05 更新

写真a

スズキ ハヤト
鈴木 勇人
SUZUKI Hayato
所属
医歯学総合病院 高次救命災害治療センター 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2020年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 高次救命災害治療センター   特任助教

    2020年1月 - 現在

 

論文

  • Correlation of the anatomical sacral slope with pelvic incidence in female patients with developmental hip dysplasia: a retrospective cross-sectional study. 国際誌

    Norio Imai, Hayato Suzuki, Atsushi Sakagami, Yuki Hirano, Naoto Endo

    Journal of orthopaedic surgery and research   15 ( 1 )   486 - 486   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The anatomical sacral slope is considered as an anatomical pelvic parameter independent of femoral head centers for measurement of anatomical sacral slope and was previously described to strongly correlate with pelvic incidence on a two-dimensional examination of healthy subjects. However, the correlation between anatomical sacral slope and pelvic incidence was unclear in patients with developmental dysplasia of the hip. This study aimed to examine the correlation between anatomical sacral slope and other spinopelvic parameters by analyzing plain radiographs of female patients with developmental dysplasia of the hip. METHODS: Eighty-four women with developmental dysplasia of the hip were examined. Lumbar lordosis, thoracic kyphosis, pelvic incidence, sacral slope, and anatomical sacral slope (the angle formed by the straight line of the S1 superior endplate and a line at a right angle to the anterior pelvic plane) were determined by analyzing plain radiographs. The correlations were examined by Pearson's correlation coefficients, and intra- and inter-rater intraclass correlation coefficients were evaluated for reliability. RESULTS: A strong correlation was observed between pelvic incidence and anatomical sacral slope (r = 0.725, p < 0.001). In addition, the correlation between anatomical sacral slope and lumbar lordosis was similar to that between pelvic incidence and lumbar lordosis (r = 0.661, p < 0.001, and r = 0.554, p < 0.001, respectively). The intra-rater intraclass correlation coefficient values were 0.869 and 0.824 for anatomical sacral slope and pelvic incidence, respectively. Furthermore, the inter-rater intraclass correlation coefficient values were 0.83 and 0.685 for anatomical sacral slope and pelvic incidence, respectively. CONCLUSIONS: We observed that the strong correlation between anatomical sacral slope and pelvic incidence in patients with developmental dysplasia of the hip was equal to that in normal healthy subjects. The correlation between anatomical sacral slope and lumbar lordosis was equal to that between pelvic incidence and lumbar lordosis. Additionally, the intraclass correlation coefficient values for the anatomical sacral slope were slightly higher than those for pelvic incidence. Thus, we conclude that anatomical sacral slope can be considered as a helpful anatomical pelvic parameter that is a substitute for pelvic incidence not only in normal healthy subjects, but also in patients with developmental dysplasia of the hip.

    DOI: 10.1186/s13018-020-02022-9

    PubMed

    researchmap

  • 人工股関節全置換術全に下肢深部静脈血栓症を認めた症例の術後経過

    鈴木勇人, 今井教雄, 平野優樹, 遠藤直人

    日本人工関節学会誌   48 ( 1 )   247 - 251   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Anatomical sacral slope, a new pelvic parameter, is associated with lumbar lordosis and pelvic incidence in healthy Japanese women: A retrospective cross-sectional study

    Hayato Suzuki, Norio Imai, Asami Nozaki, Yuki Hirano, Naoto Endo

    Journal of Orthopaedic Surgery   28 ( 1 )   230949901988880 - 230949901988880   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Purpose:</title> Anatomical sacral slope (a-SS), a pelvic anatomical parameter that does not require the center of the femoral head, strongly correlates with pelvic incidence (PI) during three-dimensional measurements in normal subjects. Sagittal alignment of spinal and pelvic parameters is typically evaluated using two-dimensional radiographs; however, the relationship between a-SS and PI has not been evaluated using radiographs. This study aimed to evaluate the correlation between a-SS and other spinal and pelvic parameters using radiographs.

    </sec><sec><title>Methods:</title> We evaluated 144 healthy women. Using sagittal radiographs, we measured lumbar lordosis (LL), thoracic kyphosis, PI, SS, pelvic tilt, and a-SS, which were defined as the angle between the superior end plate of S1 and a line perpendicular to the anterior pelvic plane. Pearson coefficients were used to determine correlations, and intraobserver and interobserver intraclass correlation coefficients (ICCs) were used for validation.

    </sec><sec><title>Results:</title> There was a strong correlation between PI and a-SS ( r = 0.756). Moreover, correlations between a-SS and LL and between PI and LL were similar ( r = 0.661 and r = 0.554, respectively). The intraobserver ICCs were 0.884 for a-SS and 0.840 for PI. The interobserver ICCs were 0.856 for a-SS and 0.653 for PI.

    </sec><sec><title>Conclusion:</title> a-SS was strongly correlated with PI. The correlation between a-SS and LL was equivalent to the correlation between PI and LL. Moreover, the ICC for a-SS was larger than that of PI. This study suggests that a-SS is a useful new pelvic anatomical parameter that can be used instead of PI.

    </sec>

    DOI: 10.1177/2309499019888809

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/2309499019888809

  • Correlation of tilt of the anterior pelvic plane angle with anatomical pelvic tilt and morphological configuration of the acetabulum in patients with developmental dysplasia of the hip: a cross-sectional study. 国際誌

    Norio Imai, Hayato Suzuki, Asami Nozaki, Yuki Hirano, Naoto Endo

    Journal of orthopaedic surgery and research   14 ( 1 )   323 - 323   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: It was previously reported that pelvises with developmental dysplasia of the hip are tilted anteriorly, which increases bony coverage of the femoral head. This study aimed to investigate the correlation between anatomical parameters of the pelvis such as pelvic incidence and anatomical pelvic tilt and functional parameters of the spine and pelvis such as tilt of the anterior pelvic plane. METHODS: We examined 84 female patients with bilateral developmental dysplasia of the hip who had undergone curved periacetabular osteotomy at author's institution. Radiographs of the thoracic to lumbar spines and the pelvis were obtained in the standing position to measure spino-pelvic parameters before surgery. Morphological parameters of the acetabulum such as the anterior center-edge (CE) angle, posterior CE angle, lateral CE angle, and acetabular anteversion were measured using a preoperative three-dimensional pelvic model reconstructed from computed tomography images. Pearson's correlation analysis was conducted to evaluate the relationship of these parameters. RESULTS: With regard to correlations between pelvic incidence (PI) and other parameters, the sacral slope (SS) value (r = 0.666) was the highest among functional parameters and the anatomical-SS value (r = 0.789) was the highest among morphological parameters. There were moderate correlations of the anterior pelvic plane angle (APPA) with pelvic tilt (PT) (r = - 0.594) and anatomical-PT (r = 0.646). With regard to correlations between spino-pelvic parameters and bony morphological parameters of the acetabulum, there was a moderate correlation between anatomical-PT and acetabular anteversion (AA) (r = 0.424). There were moderate correlations of APPA with the anterior CE angle (r = - 0.478), posterior CE angle (r = 0.432), and AA (r = 0.565). APPA had a stronger correlation with anatomical-PT (r = 0.646) than with AA. CONCLUSIONS: The tilt of the pelvis may be more dependent on anatomical-PT, a morphological parameter of the pelvis, than the lateral CE angle, anterior CE angle, posterior CE angle, and acetabular anteversion on bony coverage of the acetabulum. This study is the first to investigate the correlation between functional parameters of the pelvis and spine and morphological parameters of the pelvis and acetabulum besides PI.

    DOI: 10.1186/s13018-019-1382-8

    PubMed

    researchmap

  • Tibiofemoral rotation is related to differences in the lateral femoral condyle configuration in both normal subjects and women with hip dysplasia: a three-dimensional analysis. 国際誌

    Norio Imai, Dai Miyasaka, Yuki Hirano, Hayato Suzuki, Kazuki Tsuchiya, Naoto Endo

    BMC musculoskeletal disorders   20 ( 1 )   353 - 353   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We assessed the morphological differences in the knee joint related to knee rotation angle in patients with hip dysplasia. These results may explain the anatomy of the knee in patients with hip dysplasia and aid in planning knee surgery. METHODS: We enrolled 73 women (146 legs, 35.6 ± 9.0 years) with bilateral hip dysplasia and 45 healthy women (90 legs, 49.0 ± 18.9 years) without lumbago, knee symptoms, or osteoarthritic findings of the knee or spine on plain radiographs. We examined the parameters affecting knee rotation angle, such as the condylar twist angle and femoral condyle measurements with a three-dimensional bone model using the correlation coefficients of each parameter. RESULTS: The condylar twist angle and the length of the posterior part of the lateral femoral condyle were statistically positively correlated with knee rotation angle in both the normal (condylar twist angle: r = 0.286, p = 0.007, posterolateral: r = 0.429, p < 0.001) and developmental dysplasia of the hip groups (condylar twist angle: r = 0.230, p = 0.033, posterolateral: r = 0.272, p = 0.005). Knee rotation angle had no statistical correlation with femoral neck anteversion in the developmental dysplasia of the hip group (r = 0.094, p = 0.264), but had a statistical correlation with femoral neck anteversion in the normal group (r = 0.243, p = 0.039). CONCLUSIONS: Knee joint morphology is affected by hip dysplasia. We found that the length of the posterior part of the lateral femoral condyle was significantly positively correlated with knee rotation angle in both the normal and developmental dysplasia of the hip groups, and this finding indicates that a greater posterolateral dimension was associated with a greater knee rotation angle. These morphological knee joint differences in patients with hip dysplasia may help determine the alignment of prostheses in total knee arthroplasty.

    DOI: 10.1186/s12891-019-2737-3

    PubMed

    researchmap

  • 寛骨臼骨欠損のある症例にGAPⅡを使用して行った人工股関節全置換術の成績

    鈴木勇人, 宮坂大, 平野優樹, 今井教雄, 遠藤直人

    Hip Joint   43 ( 1 )   547 - 548   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 仰臥位アプローチにおける術中ステム前捻角評価の試み

    鈴木勇人, 宮坂大, 白野誠, 今井教雄, 遠藤直人

    Hip Joint   43 ( 1 )   290 - 294   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 不安定型骨盤輪損傷に対してM-shaped transiliac plateを用いた治療経験 査読

    鈴木勇人, 伊藤雅之, 山下晴義, 土屋文香, 依田拓也, 普久原朝海

    骨折   37 ( 2 )   484 - 490   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 佐渡市における大腿骨近位部骨折の現状 査読

    鈴木勇人, 生沼武夫, 高橋康人, 牧野達夫

    Osteoporosis Japan   23 ( 3 )   327 - 331   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 大腿骨ステム周囲骨折の治療経験

    鈴木勇人, 宮坂大, 今井教雄, 田窪良太, 堀米洋二, 遠藤直人, 伊藤知之, 堂前洋一郎

    Hip Joint   39   968 - 972   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    外科的治療を行った大腿骨ステム周囲骨折(PPF)について検討した。PPF症例14関節を対象とした。インプラントはセメントステム3関節、セメントレスステム11関節であった。観血的骨接合術が13関節で、1関節がワイアリングのみ、他12関節がロッキングプレートを使用した。大腿側の再置換術を行ったものは1関節であった。Type B1の10関節では全例にロッキングプレートを使用し、ほとんどの症例で骨移植せず骨癒合をえたが、術前に骨脆弱性と骨折部の粉砕が強い2関節は自家腓骨移植と同種骨移植を併用した。Type A-Lの1関節はワイアリングのみの内固定で骨癒合をえたが、その後ステムのゆるみのため術後2年で大腿側再置換術を追加した。Type B2の1関節はロングステムでの再置換術で骨癒合をえた。Type Cの2関節はロッキングプレートによる内固定が行われ骨癒合がえられた。

    researchmap

  • 人工股関節全置換術におけるステム前捻角の評価

    鈴木勇人, 宮坂大, 今井教雄, 田窪良太, 堀米洋二, 遠藤直人, 伊藤知之

    Hip Joint   39   777 - 781   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 仰臥位前外側アプローチを用いた小侵襲人工骨頭置換術 査読

    鈴木勇人, 湯朝信博, 北原洋, 須田健, 遠藤直人, 伊藤知之

    東日本整形災害外科学会雑誌   24 ( 2 )   158 - 161   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 仰臥位前外側アプローチ小侵襲人工股関節置換術の術後リハビリテーション達成度

    鈴木勇人, 湯朝信博, 北原洋, 遠藤直人, 伊藤知之

    日本人工股関節学会誌   41   594 - 595   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • ウェアラブル端末を用いた周術期支援

    伊藤知之, 堀米洋二, 鈴木勇人

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st   2021年

     詳細を見る

  • 股関節領域の術前・術中支援技術Up to date I.術前計画 三次元術前計画ソフトウエアの開発コンセプト

    伊藤知之, 鈴木勇人, 堀米洋二, 湊泉

    関節外科   39 ( 6 )   2020年

     詳細を見る

  • THA仰臥位前外側アプローチにおける腸骨大腿靱帯縦繊維の温存は術後引き下げ量に影響を与えるか?

    伊藤知之, 坂上敦, 堀米洋二, 鈴木勇人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   47th   2020年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術を受ける変形性股関節症患者の身体機能と身体活動の関係-術前および後3ヵ月の変化-

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 島田勇人, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    Hip Joint   46 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • インプラントインピンジメントフリーをめざした3次元術前計画ソフトによるTHA術前計画

    伊藤知之, 堀米洋二, 坂上敦, 鈴木勇人

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   50th   2020年

     詳細を見る

  • 3次元術前計画ソフトを用いたオフセット計測

    伊藤知之, 中曽根豊, 堀米洋二, 鈴木勇人, 湊泉, 遠藤直人

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   49th   2019年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症患者の跛行と身体機能,活動範囲の術後1年間の経時的な変化および因果関係の解明

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 島田勇人, 鈴木勇人, 堀米洋二, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団研究助成・事業助成報告書   29th   2019年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症患者の術前股関節筋力および関節可動域と身体活動範囲の関係

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 島田勇人, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    Hip Joint   45 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術を受ける変形性股関節症患者の身体機能と身体活動の関係-術前および後3ヵ月の変化-

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   46th   2019年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症患者の歩行能力は身体活動範囲に関係する-人工股関節全置換術術後3カ月の縦断的な変化-

    本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 島田勇人, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    日本理学療法学術大会(Web)   53rd   2019年

     詳細を見る

  • 超高齢者寛骨臼骨折の手術治療成績

    普久原朝海, 伊藤雅之, 渡邊要, 依田拓也, 鈴木勇人, 渡邉信, 白野誠, 遠藤直人

    骨折   40 ( Supplement )   2018年

     詳細を見る

  • 寛骨臼骨折手術の短期成績

    普久原朝海, 伊藤雅之, 鈴木勇人, 渡邉信, 依田拓也, 白野誠, 渡邊要, 遠藤直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • 大殿筋,中殿筋,小殿筋の筋体積と粗大筋力の関係

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    理学療法新潟   21   2018年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症患者の術前股関節筋力および可動域と身体活動範囲との関係

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 島田勇人, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th   2018年

     詳細を見る

  • 三軸角加速度計を用いて測定した健常者の歩行時体幹および骨盤動揺と歩行パラメーターとの関係

    本間大介, 本間大介, 湊泉, 宮坂大, 酒井芳倫, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 堂前洋一郎, 遠藤直人

    Hip Joint   44 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 3軸角加速度計を用いた歩行時の体幹および骨盤の動揺性評価方法の再現性

    本間大介, 本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本理学療法学術大会(Web)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 3軸角加速度計を用いた歩行時の骨盤と体幹の動揺性の計測-性差および再現性-

    本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 8 )   2017年

     詳細を見る

  • 3軸角加速度計を用いて測定した健常者の歩行時骨盤および体幹動揺と歩行パラメーターの関係

    本間大介, 本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th   2017年

     詳細を見る

  • 大殿筋,中殿筋,小殿筋の筋体積と粗大筋力の関係

    本間大介, 本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    新潟県理学療法士学会学会誌   26th   2017年

     詳細を見る

  • 3軸角加速度計を用いた健常者の歩行時骨盤および体幹動揺の評価

    本間大介, 本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    Hip Joint   43 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • Curved periacetabular osteotomyにおける周術期合併症

    宮坂大, 鈴木勇人, 井渕慎弥, 堀米洋二, 今井教雄, 今井教雄, 遠藤直人, 堂前洋一郎

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   43rd   2016年

     詳細を見る

  • 両側脛骨高原骨折の感染性偽関節をMasquelet法により治療した1例

    土方啓生, 伊藤雅之, 瀬川博之, 山下晴義, 鈴木勇人, 土屋文香, 普久原朝海, 依田拓也

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • 3軸角加速度計を用いた健常者の歩行時骨盤及び体幹動揺性の評価

    本間大介, 本間大介, 遠藤直人, 宮坂大, 今井教雄, 鈴木勇人, 堀米洋二, 酒井芳倫, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   43rd   2016年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術術前患者におけるfemoral calcarの検討

    伊藤知之, 北原洋, 渡邉信, 田窪良太, 鈴木勇人, 須田健, 今井教雄, 宮坂大, 遠藤直人, 堀米洋二, 湊泉

    Hip Joint   40   2014年

     詳細を見る

  • 仙腸関節脱臼・脱臼骨折に対してSIプレートを使用した症例の検討

    伊藤雅之, 山下晴義, 鈴木勇人, 瀬川博之, 土屋文香, 八幡美緒, 細野泰照, 澤上公彦, 伊藤拓緯, 石川誠一, 依田拓也, 普久原朝海

    骨折   36 ( 4 )   2014年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術後のステム前捻角に影響を与える因子の検討

    伊藤知之, 北原洋, 鈴木勇人, 田窪良太, 今井教雄, 宮坂大, 遠藤直人, 堀米洋二, 湊泉

    Hip Joint   40   2014年

     詳細を見る

  • 不安定型大腿骨転子部骨折の術後成績

    堀米洋二, 宮坂大, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 今井教雄, 遠藤直人, 堀米洋二, 伊藤知之

    Hip Joint   39   2013年

     詳細を見る

  • 仙腸関節脱臼骨折に対してSIプレートを使用した症例の検討

    伊藤雅之, 山下晴義, 鈴木勇人, 土屋文香, 八幡美緒, 依田拓也

    骨折   35 ( Supplement )   2013年

     詳細を見る

  • 骨盤側面像における骨盤傾斜角計測の精度

    今井教雄, 伊藤知之, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 須田健, 宮坂大, 遠藤直人

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   43rd   2013年

     詳細を見る

  • Curved acetabular osteotomyにおける3D術前評価

    宮坂大, 田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 遠藤直人, 伊藤知之, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

  • 股関節インピンジメント症例と健常例における骨盤形態および骨盤傾斜の違い

    今井教雄, 宮坂大, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 須田健, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   40th   2013年

     詳細を見る

  • 人工股関節置換術後ステム前捻角に影響を与える因子の検討

    伊藤知之, 渡邉信, 堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 宮坂大, 北原洋, 湊泉, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   40th   2013年

     詳細を見る

  • 仰臥位前外側アプローチ小侵襲人工股関節置換術における短外旋筋温存とリハビリテーション達成度との関係

    北原洋, 伊藤知之, 遠藤直人, 宮坂大, 堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 渡辺信

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   40th   2013年

     詳細を見る

  • 3次元術前計画ソフトを用いた人工股関節置換術術後評価機能の再現性

    渡邉信, 伊藤知之, 高橋康人, 田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 須田健, 今井教雄, 宮坂大, 湊泉, 遠藤直人

    日本人工関節学会誌   43   2013年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術術前患者におけるFemoral calcarの検討

    伊藤知之, 渡邉信, 堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 宮坂大, 北原洋, 湊泉, 湊泉, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   40th   2013年

     詳細を見る

  • 正常股関節における骨性インピンジメントの解析

    伊藤知之, 北原洋, 堀米洋二, 田窪良太, 鈴木勇人, 今井教雄, 宮坂大, 遠藤直人, 湊泉

    Hip Joint   39   2013年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術後関節可動域悪化因子の検討

    堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 今井教雄, 宮坂大, 遠藤直人, 伊藤知之, 湊泉

    Hip Joint   39   2013年

     詳細を見る

  • 一次性変形性股関節症におけるfemoroacetabular impingementが原因と考えられた症例の検討

    田窪良太, 宮坂大, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 遠藤直人, 伊藤知之

    Hip Joint   39   2013年

     詳細を見る

  • 骨盤側面像を用いた骨盤前傾角および仙骨傾斜角計測の正確性

    今井教雄, 伊藤知之, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 須田健, 宮坂大, 遠藤直人

    新潟整形外科研究会会誌   29 ( 1 )   2013年

     詳細を見る

  • 骨盤側面像を用いた骨盤前傾角および仙骨傾斜角計測の正確性

    今井教雄, 伊藤知之, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 須田健, 宮坂大, 遠藤直人

    整形外科   63 ( 13 )   2012年

     詳細を見る

  • 正常股関節における骨性インピンジメントの解析

    伊藤知之, 堀米洋二, 田窪良太, 鈴木勇人, 今井教雄, 宮坂大, 北原洋, 湊泉, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • THA術前と術後における,臥位・立位・坐位でのX線仙骨傾斜角の比較

    酒井芳倫, 宮坂大, 田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 遠藤直人, 伊藤知之

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 3次元下肢アライメント評価システムを用いた骨盤と大腿骨の相対的位置関係の評価

    渋谷洋平, 宮坂大, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 伊藤知之, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 寛骨臼回転骨切りにおける術前シミュレーション~臼蓋荷重部による評価~

    宮坂大, 田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 遠藤直人, 伊藤知之, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 一次性変形性股関節症におけるfemoroacetabular impingementが原因と考えられた症例の検討

    田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 今井教雄, 宮坂大, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 3次元下肢アライメント評価システムを用いた臼蓋形成不全股の骨頭被覆評価

    宮坂大, 伊藤知之, 鈴木勇人, 田窪良太, 堀米洋二, 今井教雄, 遠藤直人, 堂前洋一郎, 湊泉

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 人工股関節置換術後関節可動域悪化因子の検討

    堀米洋二, 伊藤知之, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 今井教雄, 宮坂大, 湊泉, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 人工股関節全置換術においてステムが骨軸に対し屈曲位・伸展位で挿入された場合の関節可動域の比較シミュレーション

    鈴木宣瑛, 宮坂大, 田窪良太, 堀米洋二, 鈴木勇人, 須田健, 今井教雄, 伊藤知之, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 側面像における仙骨傾斜角計測の精度

    今井教雄, 伊藤知之, 堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 宮坂大, 遠藤直人

    日本整形外科学会雑誌   86 ( 8 )   2012年

     詳細を見る

  • 当施設における大腿骨近位部骨折患者の自立度とADLの評価

    鈴木勇人, 近藤直樹, 宮坂大, 堀米洋二, 田窪良太, 佐久間真由美, 佐久間真由美, 遠藤直人

    Osteoporosis Japan   20   2012年

     詳細を見る

  • 不安定型大腿骨転子部骨折の術後成績

    堀米洋二, 宮坂大, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 今井教雄, 伊藤知之, 遠藤直人

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   39th   2012年

     詳細を見る

  • 側面像における骨盤傾斜角計測の精度

    今井教雄, 伊藤知之, 堀米洋二, 鈴木勇人, 田窪良太, 須田健, 宮坂大, 遠藤直人

    日本整形外科学会雑誌   86 ( 8 )   2012年

     詳細を見る

▶ 全件表示