2022/09/29 更新

写真a

テラニシ マサキ
寺西 正輝
TERANISHI Masaki
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 助教
自然科学研究科 環境科学専攻 助教
工学部 工学科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2015年3月 )

  • 修士(工学) ( 2012年3月 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   助教

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   助教

    2020年3月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 福井大学   学術研究院工学系部門   助教

    2017年1月 - 2019年2月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列   助教

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   工学部   助教

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   助教

    2022年4月 - 現在

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   助教

    2020年3月 - 2022年3月

 

論文

  • Evaluation of elastic stiffness in bolted timber joints for applying turn-of-nut method 査読

    Doppo Matsubara, Masaki Teranishi

    Journal of Wood Science   68 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    The mechanical performance of bolt joints in wooden structures is known to vary significantly with the initial tightening force (axial force) of the bolts during the construction work. When a joining method that considers axial force is applied to a structure, the control of the axial force is important. This study attempts to evaluate the elastic stiffness of bolted timber joints during tightening for the purpose of applying the turn-of-nut tightening method, one of the methods for controlling axial force. Considering the elastic stiffness of joints during tightening as a series spring model using the spring constant of the bolt and the embedment spring constant of the washer, elastic stiffness is calculated using the washer embedment spring constant obtained through a washer embedment test. This result is compared with the elastic stiffness obtained through the tightening test using four species of timber. It was found that while the washer embedment spring constant varies greatly with timber species, the calculated values agreed well with the test results.

    DOI: 10.1186/s10086-022-02038-1

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s10086-022-02038-1/fulltext.html

  • Elastic interaction in multiple bolted timber joints 査読

    Doppo Matsubara, Masaki Teranishi, Yoshiaki Wakashima

    Journal of Wood Science   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    The management of axial forces is an important issue when a joining method that takes into account the axial forces generated by tightening bolts is applied to the bolted joints of a wooden structure during construction. This study focuses on elastic interactions in which the axial force of adjacent bolts changes as a result of sequential tightening of each bolt in multiple bolted joints affecting the deformation around each of the other bolts. To this end, tightening experiments are conducted within the elastic range, with the tightening sequence, bolt spacing, and wood thickness set as parameters. From the results, it was found that variations in axial force tended to decrease as bolt spacing increases. In addition, an evaluation formula for calculating fluctuations in axial force due to elastic interactions was derived. By comparing the calculated value to the experimental value, it was found that as bolt spacing was increased, the calculated value tended to capture the experimental values well.

    DOI: 10.1186/s10086-022-02060-3

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s10086-022-02060-3/fulltext.html

  • 応力緩和および促進劣化試験から評価した プレストレスを与えた接合部の軸力変動 査読

    清水秀丸, 松原独歩, 若島嘉朗, 寺西正輝, 北守顕久

    木材工業   77 ( 10 )   384 - 389   2022年10月

     詳細を見る

  • Finite element analysis of the bi-valve shell based on solid and shell elements

    Minori Ogoshi, Masaki Teranishi, Doppo Matsubara

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2022   3229 - 3238   2022年9月

     詳細を見る

  • Pretension loss in bolted timber joint under external tensile load 査読

    Masaki Teranishi, Doppo Matsubara

    European Journal of Wood and Wood Products   80 ( 4 )   817 - 827   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00107-022-01827-1

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00107-022-01827-1/fulltext.html

  • X線CT画像を用いた二枚貝の幾何学的・力学的解析手法の提案 査読

    生越 季理,寺西 正輝,松原 独歩,石川 浩一郎

    日本建築学会構造系論文集   87 ( 795 )   445 - 453   2022年5月

     詳細を見る

  • Neural network constitutive model for uniaxial cyclic plasticity based on return mapping algorithm 査読

    Masaki Teranishi

    Mechanics Research Communications   119   103815 - 103815   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mechrescom.2021.103815

    researchmap

  • Nonlinear finite-element analysis of embedment behavior of metal washer in bolted timber joints 査読

    Masaki Teranishi, Doppo Matsubara, Yoshiaki Wakashima, Hidemaru Shimizu, Akihisa Kitamori

    Journal of Wood Science   67 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>The pretensioning force in bolted joints enhances the lateral strength of the connections, and causes the embedment of metal washers into wood. Despite the significance of embedment behavior in the design of bolted joints, its mechanism has yet to be fully understood. In this study, the mechanism of the embedment of a metal washer into wood along the radial direction was examined through three-dimensional nonlinear finite-element analysis (FEA). The FEA results were validated by comparing them with experimental results for nine metal washers with different geometries. Moreover, the sensitivity of embedment stiffness and yield load to wooden material constants was also investigated. The numerical results showed good qualitative and quantitative agreement with the experimental results. In addition, the embedment stiffness and yield load were sensitive to the yield stress and Young’s modulus of wood in the radial and tangential directions. The determination of these mechanical properties of wood through material testing is important for reproducing the behavior of the embedment of a metal washer into wood and accurately estimating the yield load and initial stiffness using FEA. This will play a significant role in designing bolted joints.

    DOI: 10.1186/s10086-021-01973-9

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s10086-021-01973-9/fulltext.html

  • Constitutive model with memory-surface shrinking rule for cyclic plasticity of structural steel 査読

    Masaki Teranishi, Kensaku Kaneko, Hiroshi Hirata, Noritake Hiyoshi

    Journal of Constructional Steel Research   187   106923 - 106923   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcsr.2021.106923

    researchmap

  • アルミニウム鋳造合金の疲労亀裂発生に関するCT観察と有限要素解析 査読

    桑水流 理, 寺西 正輝, 小林 正和, 戸田 裕之

    SPring-8/SACLA利用研究成果集   9 ( 6 )   383 - 390   2021年10月

     詳細を見る

  • Grid patterns optimization for single-layer latticed domes 査読

    Masaki Teranishi, Koichiro Ishikawa

    Advances in Structural Engineering   24 ( 2 )   359 - 369   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    In previous studies on optimized single-layer latticed domes, the inner space and external shape of the optimized dome is different from those of the initial dome. This difference may result in loss of structural functionality and aesthetics intended by the designers, making it difficult to separately evaluate the mechanical properties of the grid patterns and shape of the surface. In this study, 64 types of single-layer latticed domes having different geometric properties are optimized to obtain mechanically effective grid patterns. Six types of objective functions are employed. The nodal coordinates of the domes serve as the design variables under geometrical constraints, where the nodes of the domes can be shifted on the surface area. The geometric and mechanical properties of the optimized grid patterns are evaluated quantitatively against the objective functions. Moreover, interactions between the geometric and mechanical properties are investigated. The results show that the optimized grid pattern has superior mechanical properties and geometric imperfection sensitivity. This optimization scheme can be applied for designing mechanically effective grid patterns for single-layer latticed domes.

    DOI: 10.1177/1369433220956813

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/1369433220956813

  • ニューラルネットワークを援用したリターンマッピングアルゴリズムによる材料構成則の応力計算法 査読

    寺西正輝

    日本建築学会構造系論文集   85 ( 778 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 非硬化ひずみ領域モデルを用いた鉄骨梁復元力の多数回繰返し特性 査読

    平田寛, 寺西正輝, 金子健作

    鋼構造年次論文報告集   2020年11月

     詳細を見る

  • 非比例負荷における硬化挙動を考慮した材料構成則 査読

    寺西正輝

    鋼構造論文集   27 ( 107 )   33 - 40   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Mathematical modelling of bi‐valve shell 査読

    M. Teranishi, M. Ogoshi, K. Ishikawa, D. Matsubara

    Proceedings of Symmetry: Art and Science, 2019 – 11th Congress and Exhibition of SIS   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Optimization of grid patterns for single-layer latticed domes

    M. Teranishi, S. An, K. Ishikawa

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2019   2026 - 2033   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Stress evaluation of real shape of bi-valve shell by image-based finite element analysis

    M. Ogoshi, M.Teranishi, K. Ishikawa, D. Matsubara

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2019   1622 - 1629   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 超並列ボクセル有限要素解析および形状計測によるアルミニウム鋳造合金の介在物破損の統計的評価 査読

    寺西 正輝, 桑水流 理, 小林 正和, 戸田 裕之

    日本機械学会論文集   84 ( 863 )   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多軸応力状態に対する完全弾塑性体から成るサブレイヤーモデルの区分巨的評価手法の提案 査読

    寺西正輝, 元結正次郎

    日本建築学会構造工学論文集   63B   1 - 6   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Three-dimensional stress and strain around real shape Si particles in cast aluminum alloy under cyclic loading 査読

    Masaki Teranishi, Osamu Kuwazuru, Shota Gennai, Masakazu Kobayashi, Hiroyuki Toda

    Materials Science and Engineering: A   678   273 - 285   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.msea.2016.10.004

    Web of Science

    researchmap

  • 一軸応力状態における非硬化領域の概念を有する修正サブレイヤーモデルの提案 査読

    寺西正輝, 元結正次郎

    日本建築学会構造系論文集   80 ( 709 )   401 - 409   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 硬化則を有するサブレイヤーモデルの一軸応力状態における巨視的評価手法 一軸応力状態における非硬化領域の概念を有する修正サブレイヤーモデルの提案 査読

    寺西正輝, 元結正次郎

    日本建築学会構造工学論文集   60B   219 - 224   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • A modified overlay model under the uni-axial cyclic loading 査読

    M. Teranishi, S. Motoyui

    COMPSAFE2014   460 - 463   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 金属系材料の応力ひずみ関係に対するサブレイヤーモデルの巨視的評価手法 その2完全弾塑性体から成るサブレイヤーモデルの多軸応力状態における巨視的評価手法 査読

    元結正次郎, 寺西正輝

    日本建築学会構造系論文集   79 ( 695 )   67 - 74   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 樹種毎の木材接合部のめり込みメカニズムの解明

    2022年6月 - 2023年3月

    内田エネルギー科学振興財団 

    寺西正輝,松原独歩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 鋼材における降伏棚近傍の硬軟化挙動を再現可能な材料構成則の開発とその活用に関する研究

    2022年4月 - 2023年3月

    (株)大林組  共同研究 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 有限要素解析と画像計測技術を活用した木質系材料の材料試験法の有効性に関する検討

    2021年6月 - 2022年3月

    新潟工学振興会  試験研究費 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 投影画像測定技術を用いた構造用鋼の材料試験の高精度化

    2021年5月 - 2022年3月

    公益財団法人ユニオンツール育英奨学会  科学技術研究費助成金 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 変動振幅時の鋼材の硬軟化挙動を再現可能な新たな材料構成則の開発とその活用に関する研究

    2021年4月 - 2022年3月

    (株)大林組  共同研究 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 三次元有限要素損傷解析を用いた木材のボルト接合部の破壊メカニズムの解明

    2021年4月 - 2022年3月

    前田記念工学振興財団  研究助成 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • ニューラルネットワークを用いた有限要素法の積分点演算の高速化

    2020年6月 - 2021年3月

    公益財団法人ユニオンツール育英奨学会  科学技術研究費助成  助成金

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 有限要素法を用いた鋼構造非線形解析の高精度化とその活用に関する研究開発

    2020年4月 - 2021年3月

    (株)大林組  共同研究  共同研究

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 貝殻形態に基づく新たなシェル形態創出のための基礎的研究

    2019年10月 - 2020年3月

    日本建築学会北陸支部  2019 年度日本建築学会北陸支部奨励研究  奨励研究

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • プレストレスを利用する新しい木質ラーメン用剛接合部の開発

    研究課題/領域番号:19K06180  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松原 独歩, 若島 嘉朗, 北守 顕久, 清水 秀丸, 寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究は、プレストレスを利用した木質材料同士の新しい剛接合部の開発を目指すものである。
    プレストレスを利用するには、時間経過と共に応力が減少する応力緩和挙動の長期的把握とその抑制方法について検討する必要があるが、2019年度はこの応力緩和実験の開始と、プレストレスを与えた接合部のモーメント抵抗性能を評価するのに重要であると考えられる内力係数(外力に対するボルト軸力増分の割合)について検討した。
    応力緩和実験では、①木材の繊維に対する直交方向(横圧縮)、②木材の繊維方向(縦圧縮)、③圧縮木材を接着挿入、④LVLを接着挿入、⑤縦圧縮と横圧縮の組み合わせ、⑥圧縮木接着挿入と縦圧縮の組み合わせ、⑦LVL接着挿入と縦圧縮の組み合わせ、の試験体を用意し、ボルトを用いて応力を与えた。それぞれ、劣化促進処理(飽水、 乾燥、飽水、乾燥、静置(2 日間)を順に行う。飽水処理は 20±3℃で 4 時間、乾燥処理は、60±3℃の恒温環境にて 20 時間、静置は室内で実施)、富山県農林水産総合技術センターの小屋裏に放置し、応力緩和挙動を観察した。2020年3月現在、劣化促進処理においては、LVL を用いた試験体の値が高く、応力緩和率約0.4を保持し、小屋裏に放置した試験体では、圧縮木挿入が応力緩和率約0.85 を保持することがわかった。
    内力係数に関する検討では、引きボルト接合の軸方向引張実験から、初期プレストレスが大きいほど内力係数は低下傾向を示すと共に、定着長さが長くなるほど、その低下傾向は小さくなることがわかった。

    researchmap

  • 多軸応力下の材料構成則へのニューラルネットワークの適用性に関する研究

    研究課題/領域番号:19K15136  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    寺西 正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    researchmap

  • 有限要素法を用いた鋼構造非線形解析の高精度化とその活用に関する研究開発

    2019年4月 - 2020年3月

    (株)大林組  共同研究 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 大規模有限要素解析の実行に向けたニューラルネットワークによる材料構成則の開発

    2018年10月 - 2019年3月

    福井大学  平成30年度福井大学研究育成経費 

    寺西正輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 放射光CT画像を活用した金属組織のイメージベース超並列有限要素解析の実現

    研究課題/領域番号:16K13735  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    桑水流 理, 寺西 正輝

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    シンクロトロン放射光CTとスーパーコンピュータを用いた大規模イメージベースシミュレーションの実現可能性を検証した。解析の障害となっているメッシュ生成に対して、容易で確実な方法として、1画素1要素のボクセル要素メッシングを選択した。これにより微細な金属組織を考慮した大規模有限要素解析が可能となり、1億要素程度であれば、弾塑性・有限ひずみ解析が可能であることが明らかとなった。また積分点毎に材料特性を変えられる非均質ボクセル要素の導入により、ボクセル要素特有の解析誤差を低減できることを確認した。実際にアルミニウム鋳造合金の疲労解析を実施し、材料表面からのき裂発生メカニズムを検証することができた。

    researchmap

  • リバース4D材料エンジニアリングによる材料開発プロセス革新

    研究課題/領域番号:24226015  2012年5月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    戸田 裕之, 桑水流 理, 小林 正和, Batres Rafael

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    配分額:163410000円 ( 直接経費:125700000円 、 間接経費:37710000円 )

    リバース4D材料エンジニアリング(R4ME)による材料開発方法論を構築した。最適化対象を「多数ミクロ組織制御」と「単一ミクロ組織制御」の2つのケースに分け,材料工学,機械工学の様々な課題にR4MEを適用可能にした。特に,粗視化手法,最適化手法およびR4MEの方法論をこれらにふさわしいものとして創成した。1枚の高精細3D画像に含まれる最大数十万個のミクロ組織データをビッグデータとして活用した材料開発や,多結晶組織イメージングのデータを用いた多結晶組織最適化が可能であることを示した。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 総合技術科学演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造システム論II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造解析学・演習III

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リメディアル演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造実験II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図V

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図VI

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計演習III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図IV

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料・構造実験I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築設計製図VII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築材料

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築構造設計演習IV

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(建築分野)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 建築学概論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修又は基礎設計

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究又は設計

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示