2021/12/04 更新

写真a

モテギ タカハル
茂木 崇治
MOTEGI Takaharu
所属
医歯学総合病院 精神科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2021年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 精神科   助教

    2020年4月 - 現在

 

論文

  • Perceived parenting before adolescence and parity have direct and indirect effects via depression and anxiety on maternal-infant bonding in the perinatal period. 国際誌

    Naoki Fukui, Takaharu Motegi, Yuichiro Watanabe, Koyo Hashijiri, Ryusuke Tsuboya, Maki Ogawa, Takuro Sugai, Jun Egawa, Takayuki Enomoto, Toshiyuki Someya

    Psychiatry and clinical neurosciences   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: This study aimed to detect how the perceived parenting practices before adolescence affect maternal-infant bonding in the perinatal period, considering factors such as depression, anxiety and parity. METHODS: We used the Parental Bonding Instrument (PBI) to examine the perceived parenting practices. Participants included 1301 pregnant women who completed the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) and Mother-to-Infant Bonding Scale (MIBS) at three time points: early pregnancy (approximately 12-15 weeks), late pregnancy (approximately 30-34 weeks) and postpartum (4 weeks after childbirth). We performed a path analysis with factors including parity, PBI subscales (paternal care, paternal overprotection, maternal care and maternal overprotection), HADS and MIBS. RESULTS: Perceived paternal or maternal low care parenting predicted higher HADS and MIBS scores in early pregnancy. Moreover, perceived maternal low care parenting predicted higher HADS scores at postpartum and higher MIBS scores in late pregnancy. Perceived paternal or maternal overprotective parenting predicted higher HADS scores in the pregnancy period. Furthermore, perceived maternal overprotective parenting predicted higher MIBS scores in late pregnancy. Being primipara predicted higher HADS scores at postpartum and higher MIBS scores in early pregnancy and at postpartum. Being multipara predicted higher MIBS scores in late pregnancy. CONCLUSION: This study suggests that perceived negative parenting before adolescence has indirect effects (via anxiety and depression) and direct effects on maternal-infant bonding in the perinatal period. This article is protected by copyright. All rights reserved.

    DOI: 10.1111/pcn.13289

    PubMed

    researchmap

  • Exclusive Breastfeeding Is Not Associated with Maternal-Infant Bonding in Early Postpartum, Considering Depression, Anxiety, and Parity. 国際誌

    Naoki Fukui, Takaharu Motegi, Yuichiro Watanabe, Koyo Hashijiri, Ryusuke Tsuboya, Maki Ogawa, Takuro Sugai, Jun Egawa, Takayuki Enomoto, Toshiyuki Someya

    Nutrients   13 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is important to clarify how the breastfeeding method affects women's mental health, and how women's mental health affects the breastfeeding method in the early postpartum period when major depression and other psychiatric problems are most likely to occur. This study aimed to examine this bidirectional relationship in the early postpartum period. Participants were 2020 postpartum women who completed the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) and Mother-to-Infant Bonding Scale (MIBS). We obtained data for participants' breastfeeding method for four weeks after childbirth. We performed a path analysis with factors including breastfeeding method (exclusive breastfeeding or non-exclusive breastfeeding), parity (primipara or multipara), the two HADS subscales (anxiety and depression), and the two MIBS subscales (lack of affection and anger and rejection). The path analysis showed that breastfeeding method did not significantly affect depression, anxiety, and maternal-infant bonding in the early postpartum period. Women with higher anxiety tended to use both formula-feeding and breastfeeding. Our study suggests that exclusive breastfeeding is not associated with maternal-fetal bonding in early postpartum, considering depression, anxiety, and parity.

    DOI: 10.3390/nu13041184

    PubMed

    researchmap

  • Factor Structure and Measurement Invariance of the Hospital Anxiety and Depression Scale Across the Peripartum Period Among Pregnant Japanese Women. 国際誌

    Maki Ogawa, Yuichiro Watanabe, Takaharu Motegi, Naoki Fukui, Koyo Hashijiri, Ryusuke Tsuboya, Takuro Sugai, Jun Egawa, Rie Araki, Kazufumi Haino, Masayuki Yamaguchi, Koji Nishijima, Takayuki Enomoto, Toshiyuki Someya

    Neuropsychiatric disease and treatment   17   221 - 227   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: The Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) is a self-report questionnaire widely used to assess anxiety and depression. To the best of our knowledge, only four studies have examined the factor structure of the HADS for assessing pregnant women, with conflicting results. This study aimed to assess the factor structure and measurement invariance of the HADS for use with pregnant Japanese women. Participants and Methods: A total of 936 pregnant Japanese women completed the HADS questionnaire at three time points: the first and third trimester of pregnancy, and postpartum. We examined the factor structure of the HADS in Group 1 (n = 466) using exploratory factor analysis (EFA). We then compared the models identified in Group 1 with those from previous studies using confirmatory factor analysis (CFA) in Group 2 (n = 470). We performed multiple-group CFA for Group 2 to test the measurement invariance of the best-fit model across the three time points. Results: The EFA for the Group 1 data at the three time points revealed a two-factor model. In the CFA, the two-factor model from Group 1 showed the best fit with the data at the three time points. In the multiple-group CFA for Group 2, we confirmed the configural and metric invariance of the two-factor model across the three time points. Conclusion: Our findings provide evidence for a two-factor structure and weak measurement invariance of the HADS in pregnant Japanese women during the peripartum period.

    DOI: 10.2147/NDT.S294918

    PubMed

    researchmap

  • 神経疾患・精神疾患の鑑別における血漿炎症性サイトカインの有用性

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S377 - S377   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 神経疾患・精神疾患の鑑別における血漿炎症性サイトカインの有用性

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   60 ( Suppl. )   S377 - S377   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 認知症と精神疾患の鑑別における血液バイオマーカーの有用性の検討

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   527 - 527   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症と精神疾患の鑑別における血液バイオマーカーの有用性の検討

    樋口 陽, 春日 健作, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   34 ( 4 )   527 - 527   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 新潟県における周産期メンタルヘルス研究の取り組み

    茂木 崇治, 福井 直樹, 藤田 真貴, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 坪谷 隆介, 三留 節子, 荒木 理恵, 生野 寿史, 山口 雅幸, 西島 浩二, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    新潟県医師会報   ( 838 )   7 - 8   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    妊産婦自身の被養育体験、パートナーとの関係性、対人コミュニケーション能力などの妊産婦自身の発達特性、周産期の不安や抑うつ、アタッチメントやボンディング、以上の項目の相互の関連について検討した。さらに、本研究で同定された関連性に対して、産科学的情報も加味しながら産婦人科および小児科と連携し、精神医学的立場から妊産婦を対象とした適切な介入システムを構築した。妊娠初期(妊娠12週〜15週前後)、後期(妊娠30〜34週)、産後(1ヵ月)の妊産婦を対象にアンケート調査を実施する。周産期のメンタルヘルスや子どもとのアタッチメント形成を予測する因子を同定することで、精神科医の早期からの適切な介入が可能となり、妊産婦の自殺予防に大きく貢献可能であると同時に、子どもとの良好なアタッチメント形成に寄与できる点において、大きな意義があると考えられた。

    researchmap

  • Depression, Anxiety and Primiparity are Negatively Associated with Mother-Infant Bonding in Japanese Mothers. 国際誌

    Takaharu Motegi, Yuichiro Watanabe, Naoki Fukui, Maki Ogawa, Koyo Hashijiri, Ryusuke Tsuboya, Takuro Sugai, Jun Egawa, Rie Araki, Kazufumi Haino, Masayuki Yamaguchi, Koji Nishijima, Takayuki Enomoto, Toshiyuki Someya

    Neuropsychiatric disease and treatment   16   3117 - 3122   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: Postpartum depression is a well-known risk factor, and postpartum anxiety and parity are potential risk factors, for mother-infant bonding disorder. However, few studies have focused on the relationships among these factors and mother-infant bonding. This cross-sectional study explored the associations between depression, anxiety and parity, and mother-infant bonding. Materials and Methods: Japanese mothers, both primiparas and multiparas, completed the Mother-to-Infant Bonding Scale (MIBS) and the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS) one month after childbirth. We performed a stepwise multiple regression analysis with the forward selection method to assess the effects of HADS anxiety and depression scores and parity as independent variables on mother-infant bonding as the dependent variable. Results: A total of 2379 Japanese mothers (1116 primiparas and 1263 multiparas) took part in the study. MIBS score (2.89 ± 2.68 vs 1.60 ± 2.11; p < 0.0001) was significantly higher in primiparas than in multiparas. HADS anxiety (6.55 ± 4.06 vs 4.63 ± 3.41; p < 0.0001) and depression (6.56 ± 3.43 vs 5.98 ± 3.20; p < 0.0001) scores were also significantly higher in primiparas than in multiparas. A stepwise multiple regression analysis with the forward selection method revealed that HADS depression and anxiety scores and parity were significantly associated with MIBS score (p = 0.003, 0.015 and 0.023). Conclusion: Depression, anxiety and primiparity were negatively associated with mother-infant bonding one month after childbirth.

    DOI: 10.2147/NDT.S287036

    PubMed

    researchmap

  • Identifying the factor structure of the Mother-to-Infant Bonding Scale for post-partum women and examining its consistency during pregnancy. 査読 国際誌

    Motegi T, Fukui N, Hashijiri K, Tsuboya R, Sugai T, Egawa J, Mitome S, Araki R, Haino K, Yamaguchi M, Takakuwa K, Enomoto T, Someya T

    Psychiatry and clinical neurosciences   73 ( 10 )   661 - 662   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/pcn.12920

    PubMed

    researchmap

  • 認知症発症の危険因子としてのうつ病及び双極性障害

    須田 寛子, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S451 - S451   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • Improvement of dumping syndrome and oversecretion of glucose-dependent insulinotropic polypeptide following a switch from olanzapine to quetiapine in a patient with schizophrenia 査読

    Aiko Watanabe, Naoki Fukui, Yutaro Suzuki, Takaharu Motegi, Hirofumi Igeta, Nobuto Tsuneyama, Toshiyuki Someya

    GENERAL HOSPITAL PSYCHIATRY   37 ( 4 )   372.e5 - 6   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Among the most important adverse effects of antipsychotics is abnormal glucose metabolism, which includes not only hyperglycemia but hyperinsulinemia and hypoglycemia. We have previously described five patients who experienced hypoglycemia during treatment with antipsychotics. Thus, an anamnesis of gastric surgery, which often causes dumping syndrome, and treatment with antipsychotics may synergistically induce hypoglycemia. We describe here a patient with schizophrenia under treatment of olanzapine and an anamnesis of gastric surgery, who experienced late dumping syndrome, hyperinsulinemia and overactivation of glucose-dependent insulinotropic polypeptide. Dumping syndrome, however, was improved after the patient was switched from olanzapine to quetiapine. (C) 2015 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.genhosppsych.2015.03.012

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Deterioration in donepezil-induced PR prolongation after a coadministration of memantine in a patient with Alzheimer's disease 査読

    Hirofumi Igeta, Yutaro Suzuki, Takaharu Motegi, Aiko Sasaki, Yuichi Yokoyama, Toshiyuki Someya

    GENERAL HOSPITAL PSYCHIATRY   35 ( 6 )   680.e9 - 10   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    The side effects and interaction of memantine and donepezil hydrochloride when used concomitantly are currently unknown. We encountered a case of a 77-year-old female with Alzheimer's disease in which the concomitant use of memantine exacerbated the prolonged electrocardiogram PR interval which appeared while donepezil hydrochloride was being orally administered. In terms of the cardiac circulation system side effects caused by donepezil hydrochloride and memantine, bradycardia has been reported. However, clinicians should be also aware of PR prolongation associated with the concomitant use of donepezil and memantine. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.genhosppsych.2013.04.007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 認知症発症の危険因子としてのうつ病及び双極性障害

    須田 寛子, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S451 - S451   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • Mother-to-Infant Bonding Scale(MIBS)日本語版(MIBS-J)の因子構造についての検討

    茂木 崇治, 福井 直樹, 橋尻 洸陽, 坪谷 隆介, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S771 - S771   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 妊産婦の発達特性が子へのボンディングに与える影響について

    坪谷 隆介, 茂木 崇治, 福井 直樹, 橋尻 洸陽, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S641 - S641   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 分娩歴と完全母乳栄養が妊産婦の不安・抑うつに与える影響について

    福井 直樹, 茂木 崇治, 橋尻 洸陽, 坪谷 隆介, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S771 - S771   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 周産期のメンタルヘルスに影響を与える因子についての検討

    茂木 崇治, 福井 直樹, 橋尻 洸陽, 坪谷 隆介, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S771 - S771   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 自閉スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient)日本語版の因子構造について

    福井 直樹, 茂木 崇治, 橋尻 洸陽, 坪谷 陽介, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S771 - S771   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 周産期の不安・抑うつがボンディングに与える影響について

    橋尻 洸陽, 茂木 崇治, 福井 直樹, 坪谷 隆介, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 荒木 理恵, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2019特別号 )   S640 - S640   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 腫瘍壊死因子TNFα

    茂木崇治, 福井直樹, 染矢俊幸

    分子精神医学   18 ( 3 )   160‐161   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 精神科領域の用語解説 TNFα

    茂木 崇治, 福井 直樹, 染矢 俊幸

    分子精神医学   18 ( 3 )   160 - 161   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    researchmap

  • 妊産婦における発達特性と不安・抑うつとの関連について

    茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2018特別号 )   S669 - S669   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 妊産婦の不安・抑うつと子との間のアタッチメントとの関連について

    福井 直樹, 茂木 崇治, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2018特別号 )   S670 - S670   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 妊産婦の発達特性と子との間のアタッチメントとの関連について

    茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 江川 純, 橋尻 洸陽, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2018特別号 )   S669 - S669   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 5 母親の不安・抑うつと母子間のアタッチメントに関する周産期メンタルヘルス研究 (Ⅰ.一般演題, 第29回新潟周産母子研究会)

    福井. 直樹, 茂木 崇治, 橋尻 洸陽, 須貝 拓朗, 江川 純, 三留 節子, 池 睦美, 生野 寿史, 山口 雅幸, 高桑 好一, 榎本 隆之, 染矢 俊幸

    新潟医学会雑誌   131 ( 12 )   720 - 720   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 認知症への移行を予測する身体症状症の特徴について

    横山裕一, 福井直樹, 茂木崇治, 鈴木雄太郎, 染矢俊幸

    Dementia Japan   31 ( 4 )   617   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 認知症への移行を予測する身体症状症の特徴について

    横山 裕一, 福井 直樹, 茂木 崇治, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸

    Dementia Japan   31 ( 4 )   617 - 617   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症発症に先行するうつ病及び躁うつ病とその発症時期の検討

    須田 寛子, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 横山 裕一, 福井 直樹, 染矢 俊幸

    日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集   14回・17回   265 - 265   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本うつ病学会・日本認知療法・認知行動療法学会  

    researchmap

  • 統合失調症とうつ病における血中炎症性サイトカインの比較検討

    茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2017特別号 )   S338 - S338   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • 統合失調症とうつ病における血中炎症性サイトカインの比較検討

    茂木 崇治, 福井 直樹, 横山 裕一, 染矢 俊幸

    精神神経学雑誌   ( 2017特別号 )   S338 - S338   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本精神神経学会  

    researchmap

  • うつ病による身体化症状と考えられたが筋萎縮性側索硬化症と判明した1例

    茂木崇治, 上馬塲伸始, 小泉暢大栄

    新潟医学会雑誌   131 ( 3 )   190   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性心筋梗塞による意識障害と考えられ内科入院となった後にリチウム中毒と判明した1例

    茂木崇治, 上馬塲伸始, 小泉暢大栄

    新潟医学会雑誌   131 ( 2 )   128   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性心筋梗塞による意識障害と考えられ内科入院となった後にリチウム中毒と判明した1例

    茂木 崇治, 上馬塲 伸始, 小泉 暢大栄

    新潟医学会雑誌   131 ( 2 )   128 - 128   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • そこが知りたい薬物療法Q&A アルコール使用障害に対するtopiramateの有効性について

    茂木 崇治, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸

    臨床精神薬理   19 ( 7 )   988 - 990   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)星和書店  

    researchmap

  • 99mTc-ECD脳血流SPECTによるうつ病の診断

    小田野 行男, 北村 秀明, 佐藤 千尋, 羽田野 政義, 茂木 崇治

    Japanese Journal of Radiology   34 ( Suppl. )   6 - 6   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • Malignant catatoniaを呈した神経梅毒の41歳男性例

    藤田 裕, 小池 佑佳, 福島 隆男, 酒井 直子, 茂木 崇治, 牧野 邦比古

    臨床神経学   56 ( 2 )   124 - 124   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • そこが知りたい薬物療法Q&A 統合失調症の強迫症状に対し、SSRIは有効か?

    茂木 崇治, 小野 信, 染矢 俊幸

    臨床精神薬理   18 ( 1 )   77 - 79   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)星和書店  

    researchmap

  • 99mTc-ECD脳血流SPECTによるうつ病の診断

    小田野 行男, 北村 秀明, 佐藤 千尋, 羽田野 政義, 茂木 崇治

    核医学   51 ( 4 )   417 - 417   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 向精神薬を内服中に持続勃起症と白血球減少をきたした1例

    茂木 崇治, 福井 直樹, 須貝 拓朗, 竹原 裕美, 池墻 寛子, 染矢 俊幸

    新潟医学会雑誌   128 ( 10 )   543 - 543   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • そこが知りたい薬物療法Q&A 妊婦および授乳婦へのlamotrigine投与による児への影響について

    茂木 崇治, 常山 暢人, 染矢 俊幸

    臨床精神薬理   17 ( 1 )   63 - 64   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)星和書店  

    researchmap

  • ダンピング症候群による低血糖症状が精神症状と捉えられていた統合失調症の低血糖の1例

    佐々木 藍子, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 井桁 裕文, 染矢 俊幸

    新潟医学会雑誌   127 ( 10 )   560 - 560   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センターに入院した自殺企図患者の実態調査

    井桁 裕文, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    新潟医学会雑誌   127 ( 10 )   566 - 566   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • オランザピン内服時に認められたダンピング症候群および糖負荷時のインクレチン過剰分泌がクエチアピンへの置換後改善した胃切除既往歴のある統合失調症患者の一例

    佐々木 藍子, 福井 直樹, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 井桁 裕文, 常山 暢人, 染矢 俊幸

    日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回   196 - 196   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会  

    researchmap

  • ドネペジルにより生じたPR間隔延長がメマンチン併用にてさらに延長したアルツハイマー病の1症例

    井桁 裕文, 鈴木 雄太郎, 茂木 崇治, 佐々木 藍子, 横山 裕一, 染矢 俊幸

    日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回   212 - 212   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会  

    researchmap

  • 大うつ病の診断と治療における脳血流SPECTの有用性

    小田野 行男, 北村 秀明, 茂木 崇治, 羽田野 政義

    核医学   50 ( 3 )   S199 - S199   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センターに入院した自殺企図患者の実態調査

    茂木 崇治, 鈴木 雄太郎, 井桁 裕文, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    新潟医学会雑誌   127 ( 8 )   417 - 421   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    平成23年の1年間に自殺企図を理由に新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センターに入院した127名の患者を対象とし、性差、年齢、自殺手段、受診時間帯、入院前の医療機関受診状況、精神科診断、転帰などを、カルテを閲覧し後方視的に調査した。性別の内訳は男性37例(29%)、女性90例(71%)と女性が多く、年齢では20代、30代で50%以上を占めた。精神科通院歴のある患者が69%おり、精神科診断の内訳では、男女とも気分障害が最も多く、次いで女性ではパーソナリティ障害、男性では統合失調症が多かった。入院直前までの通院先としては、当院かかりつけの患者はわずか8%であり、一方、新潟市内外の精神科クリニック(38%)や精神科単科病院(23%)に通院中の患者が多くの割合を占めていた。当院受診時間帯については、9時から17時が30%、17時から24時が39%、24時から9時が26%、不明が5%であった。退院後の転帰は、入院前まで通院していた精神科への紹介が75例(59%)の他、当院精神科入院が15例(12%)、他の精神科への新規紹介が9例(7%)、当科外来通院が7例(6%)、通院先精神科病院への入院が5例(4%)であった。自殺企図で当院高次救命災害治療センターに入院する患者の大半は当院にかかりつけではなく、また、その半数以上が夜間に来院していた。夜間・休日では患者の診断名や治療状況などの情報を得ることが困難な場合も多く、救命救急の現場では大きな問題である。今後、患者情報を共有できるシステムがあれば、このような問題が解決できるかもしれない。(著者抄録)

    researchmap

  • うつ病診断における脳血流SPECTの役割

    小田野 行男, 北村 秀明, 羽田野 政義, 茂木 崇治

    核医学   50 ( 2 )   76 - 76   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • Zotepine内服中に生じた心電図QTc延長がperospironeへの薬剤置換後改善した1例

    茂木 崇治, 鈴木 雄太郎, 渡邉 純蔵, 須貝 拓朗, 福井 直樹, 小野 信, 常山 暢人, 斎藤 摩美, 染矢 俊幸

    日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   22回・42回   180 - 180   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会  

    researchmap

  • ラット視床後外側核における視覚野からの入力線維と介在ニューロンの生後発達

    星野 嘉恵子, 茂木 崇治, 矢田 祐子, 車田 正男

    解剖学雑誌   83 ( Suppl. )   247 - 247   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本解剖学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

▶ 全件表示