2021/10/20 更新

写真a

キタミ コウヘイ
北見 公平
KITAMI Kohei
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2017年3月 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学   助教

    2020年4月 - 現在

 

論文

  • BRCA1 and BRCA2 tumor suppressors in neural crest cells are essential for craniofacial bone development 査読

    Kitami, K., Kitami, M., Kaku, M., Wang, B., Komatsu, Y.

    PLoS Genetics   14 ( 5 )   e1007340   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1007340

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Canonical and noncanonical intraflagellar transport regulates craniofacial skeletal development 査読

    Noda, K., Kitami, M., Kitami, K., Kaku, M., Komatsu, Y.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113 ( 19 )   E2589 - 97   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1519458113

    Scopus

    PubMed

    researchmap

MISC

  • 矯正的歯の移動時における歯根膜増殖期細胞の特性

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 新井 萌生, 井田 貴子, 魚島 勝美, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   84 - 84   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 矯正学的歯の移動時における一次繊毛を有する歯根膜細胞の局在

    北見 公平, 水越 優, 新井 萌生, 加来 賢, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   179 - 179   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時のマウス歯根膜における増殖期細胞の局在と特性

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 井田 貴子, 新井 萌生, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   172 - 172   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正治療での歯移動時の歯根膜におけるXII型コラーゲンおよびfibromodulinの局在(Localization of type XII collagen and fibromodulin in periodontal ligament during orthodontic tooth movement)

    Thant Lay, Kaku Masaru, Mizukoshi Masaru, Kitami Kohei, Kakihara Yoshito, Uoshima Katsumi, Saito Isao

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   286 - 286   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 歯根膜発生過程における細胞周期動態のin vivo解析

    井田貴子, 加来賢, 水越優, 北見公平, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   11   250 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時のマウス歯根膜における増殖/静止期細胞の局在

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 井田 貴子, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集   77回   231 - 231   2018年10月

     詳細を見る

  • Hotz床併用二段階口蓋形成手術法で治療を行った片側性唇顎口蓋裂症例.

    北見 公平, 竹山 雅規, 小栗 由充, 丹原 淳, 小林 正治, 齋藤 功

    第33回甲北信越矯正歯科学会学術大会プログラム・抄録集   41 - 41   2018年6月

     詳細を見る

  • DNA損傷修復機構は口蓋の発生に重要である

    北見 公平, 北見 恩美, 小松 義広, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   189 - 189   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • BRCA1およびBRCA2を介したDNA修復機能は口蓋の発生に重要である

    北見 公平, 小松 義広, 齋藤 功

    日本口蓋裂学会雑誌   42 ( 2 )   163 - 163   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は顎顔面骨の形態形成に必須である

    北見 公平, 北見 恩美, 加来 賢, 小松 義広, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   112 - 113   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • がん抑制遺伝子BRCA1は口蓋形成に必須である

    北見 公平, 北見 恩美, 齋藤 功, 小松 義広

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   193 - 193   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • Gene Regulatory Network via BRCA1 and BRCA2 Is Critical for Craniofacial Bone Development.

    Kohei Kitami, Megumi Kitami, Yoshihiro Komatsu

    ASBMR Annual Meeting 2016   285 - 285   2016年9月

     詳細を見る

  • マウス頭蓋骨発生におけるIFT20の役割

    野田 和男, 北見 恩美, 北見 公平, 加来 賢, 小松 義広

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34回   193 - 193   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • BRCA1 regulates Craniofacial bone development.

    Kohei Kitami, Megumi Kitami, Yoshihiro Komatsu

    University of Texas Pediatric Research Center Annual Research Retreat   2016年6月

     詳細を見る

  • BRCA1 is critical for craniofacial skeletal development.

    Kohei Kitami, Megumi Kitami, Yoshihiro Komatsu

    Bone Disease Program of Texas, 13th Annual Scientific Retreat   14 - 14   2016年5月

     詳細を見る

  • BRCA1 regulates intramembranous ossification during embryogenesis.

    Kohei Kitami, Megumi Kitami, Yoshihiro Komatsu

    Developmental Genetics Meeting   2016年4月

     詳細を見る

  • The role of BRCA1 in craniofacial development.

    Kohei Kitami, Megumi Kitami, Yoshihiro Komatsu

    Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration Gordon Research Conference   12 - 12   2016年3月

     詳細を見る

  • 矯正的歯の移動における歯根膜中のコラーゲン修飾酵素の発現

    北見 公平, 加来 賢, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   197 - 197   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 片側性唇顎口蓋裂症例における矯正歯科治療後の前歯部歯肉縁形態の評価

    新島 綾子, 丹原 惇, 北見 公平, 西野 和臣, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   279 - 279   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 優秀ポスター賞

    2017年5月   第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会   BRCA1およびBRCA2を介したDNA修復機能は口蓋の発生に重要である.

    北見公平

     詳細を見る

  • 優秀発表賞

    2016年11月   第75回日本矯正歯科学会・学術大会   がん抑制遺伝子BRCA1は口蓋形成に必須である.

    北見公平

     詳細を見る

  • 新潟歯学会賞

    2016年11月   平成28年度新潟歯学会   がん抑制遺伝子BRCA1は顎顔面の形態形成に必須である.

    北見公平

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 矯正力に対する歯根膜の部位特異的な組織応答メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:19K19288  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    北見 公平

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 歯根膜の部位特異的な組織応答を制御する新たなメカノトランスダクション機構の解明

    研究課題/領域番号:17H06698  2017年8月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    北見 公平

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    歯根膜は機械的刺激に対し極めて鋭敏に反応する組織であるが、機械的刺激がいかに感知され、組織改変を制御しているかについての理解は依然として乏しい。本研究では、歯根膜における機械的刺激受容器としての機能が期待されるプライマリーシリアの発現および矯正学的歯の移動に対する応答を解析した。歯根膜組織内でプライマリーシリアの偏在が認められ、矯正学的歯の移動によりその出現率に変動がみられた。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科衛生士臨床実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科矯正学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 成長発育学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学