2021/04/19 更新

写真a

アンドウ カズヒロ
安藤 和弘
ANDO Kazuhiro
所属
医歯学総合病院 脳神経外科
外部リンク

研究キーワード

  • 脳神経外科

  • CLEC-2

  • 脳血管障害

  • 脳血管内治療

  • ポドプラニン

  • 動脈硬化

研究分野

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学脳研究所   脳神経外科

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学脳研究所   脳神経外科

    2012年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 脳神経外科   助教

    2020年4月 - 現在

学歴

  • 秋田大学   医学部   医学科

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本脳卒中の外科学会

      詳細を見る

  • 日本脳神経血管内治療学会 [旧称;日本脳神経血管内手術研究会]

      詳細を見る

  • 日本脳神経外科学会

      詳細を見る

 

論文

  • Treatment Strategies for Infectious Intracranial Aneurysms: Report of Three Cases and Review of the Literature. 査読

    Ando K, Hasegawa H, Kikuchi B, Saito S, On J, Shibuya K, Fujii Y

    Neurologia medico-chirurgica59 ( 9 ) 344 - 350   2019年9月

  • 脳虚血で発症した小児頭蓋内内頸動脈解離に対してstent retrieverを用いた超急性期脳血栓回収術が奏功した1例

    菊池 文平, 新保 淳輔, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    脳神経外科速報28 ( 1 ) 95 - 101   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    12歳男児。マラソン大会を完走後、頭痛と左片麻痺が出現し救急搬送され、救急車内で全身痙攣を一度認めた。頭部MRIの拡散強調画像で右基底核に高信号を認め、頭部MRAでは右頭蓋内内頸動脈とM2前枝起始部が描出不良であり、頭蓋内内頸動脈解離による右内頸動脈閉塞症を疑った。発症から145分で緊急脳内血管造影と、Penumbra systemおよびstent retrieverを用いた脳血栓回収術を施行した。TICIスコアは2bであり、発症から再開通まで206分であり、再開通直後から発語を認め、術後数時間で左片麻痺も急速に回復した。第5病日のMRAで右内頸動脈に解離腔の残存を認めたが、リハビリテーションを経て第37病日に独歩自宅退院した。半年後のMRAで右内頸動脈の解離腔は残存していたが血管径は正常化し、発症から2年間再発を認めていない。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Successful Resection of a Growing Distal Medial Lenticulostriate Artery Pseudoaneurysm Presenting with Isolated Intraventricular Hemorrhage 査読

    Yosuke Sato, Kazuhiro Ando, Makoto Kawaguchi, Kenichi Kakinuma

    JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES26 ( 10 ) E206 - E209   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Introduction: Distal medial lenticulostriate artery (LSA) aneurysms associated with isolated intraventricular hemorrhage (IVH) are extremely rare. We report a very rare case of the isolated IVH due to the rupture of the distal medial LSA pseudoaneurysm that was not visible at the initial angiography but later emerged and grew. Case Report: A 61-year-old woman with a history of hypertension had sudden onset of severe headache and mild consciousness disturbance. The computed tomography scan revealed the IVH, but the initial angiographies showed no evidence of aneurysm. The follow-up magnetic resonance imaging revealed that an intraventricular mass, arising from the right distal medial LSA, emerged and grew into the right anterior horn. Considering the risk of rebleeding, we resected the mass lesion via the transsulcal transventricular approach. The postoperative imaging showed complete obliteration of the mass lesion. Histopathological analysis indicated the pseudoaneurysm. The patient was discharged without any neurological deficit. Conclusions: The careful and repetitive follow-up imaging should be done in the cases with isolated IVH even if the initial image evaluations are unrevealing. The transsulcal transventricular approach can be the most minimally invasive surgical option for intraventricular lesion.

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.07.021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • tPA 治療においてダイナミックに変化しうる急性期脳梗塞MRI 所見

    田村 智, 安藤 和弘, 源甲斐 信行, 柿沼 健一

    脳卒中39 ( 6 ) 425 - 432   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳卒中学会  

    <p>【目的】3.0T-MRI が24 時間頻繁撮像可能な当院で,tPA 投与下の急性期脳梗塞MRI 所見のダイナミックな変化を報告する.【方法】tPA 治療をした急性期脳梗塞62 例で,tPA 投与前,投与中,投与後とMRI を行い,早期再開通,DWI 病巣,臨床所見の変化について検討した.【結果】早期再開通群は19 例(24%),DWI 病巣の縮小は6 例(10%)で認めた.早期再開通群の63%でtPA 投与中にTICI 2B 以上を得ていた.早期再開通がDWI 病巣の縮小,劇的な症状改善,良好な予後と関連していた.早期再開通群においてDWI 縮小群は非縮小群に比べてNIHSS が高値でASPECTS+Wが低値であった.縮小したDWI 病巣が慢性期で画像変化を生じる例もあった.【結論】tPA 投与開始後30 分から再開通やDWI 病巣の縮小を認める.早期再開通は症状と予後を改善し,重症例の比較的広い梗塞範囲のDWI 病巣も縮小しうる.</p>

    CiNii Article

    researchmap

  • A case of fibromuscular dysplasia in a patient with various main trunk dissections in the head and neck over a short period 査読

    Kazuhiro Ando, Osamu Sasaki, Masatoshi Watanabe, Takeo Nashimoto, Bumpei Kikuchi

    Neurological Surgery44 ( 7 ) 583 - 590   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Igaku-Shoin Ltd  

    We report a case of subarachnoid hemorrhage (SAH) from an intracranial vertebral artery (VA) dissection in a patient with fibromuscular dysplasia (FMD) who presented with headache. A 54-year-old woman complained of spontaneous occipital headache. The dilatation of the left VA was detected on magnetic resonance angiography (MRA). She was diagnosed with left VA dissection (headache onset type). After sudden onset of headache on the second day of hospitalization, her consciousness level, as defined by the Japan Coma Scale, was 300. Computed tomography (CT) revealed SAH. Cerebral angiography showed the dilatation of the left intracranial VA and contrast material pooling, which was suspected to be a sign of dissection. We performed VA intravascular ligation by coil embolization. The postoperative course was good but postoperative MRA revealed arterial wall irregularities in both the extra cranial internal carotid artery and the right VA. Cerebral angiography showed the presence of the string-of-beads sign at these arteries. She was diagnosed with FMD. SAH might develop during the follow-up period in patients with VA dissection, even those in whom the initial symptom is headache. In addition, cases of FMD might also be complicated by various lesions of the main trunk of the cerebral artery.

    DOI: 10.11477/mf.1436203334

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Clinical study on cerebellar contusion: A report on 9 cases and literature review 査読

    Takeo Nashimoto, Osamu Sasaki, Takanori Nozawa, Kazuhiro Ando, Bunpei Kikuchi, Masatoshi Watanabe

    Neurological Surgery43 ( 10 ) 901 - 906   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Igaku-Shoin Ltd  

    We report 9 cases of cerebellar contusion from April 2011 to September 2014 at our department. Frequency, clinicoradiological findings, mechanism of injury, treatments, and outcomes were retrospectively analyzed. Of 239 head injury cases admitted to our department during the same period, 9 (3.8%) were diagnosed as cerebellar contusion. Among these 9 cases, 7 were men, and 2 were women. The patient age ranged from 12 to 83 years with a mean age of 64.7 years. The mechanism of injury was traffic accident in one patient, and fall in 8. All cases were associated with direct head trauma to the occiput, and radiographic studies showed occipital bone fracture in 8 cases. Six cases were managed conservatively. Three cases underwent suboccipital craniectomies and clot evacuations. Glasgow Outcome Scale (GOS) score at discharge were Good Recovery (GR) in 2, Moderate Disability (MD) in 2, Severe Disability (SD) in 3, Vegetative State (VS) in 1, and Dead (D) in 1. GOS scores in surgically treated cases were GR in 1, SD in 1, and VS in 1. Supratentorial severe traumatic lesions were concomitant with poor prognosis. Coup injury was a significant cause of cerebellar contusion. External decompression and clot evacuation were useful in patients who suffered severe cerebellar contusion
    however, concomitant supratentorial lesions influenced the prognosis.

    DOI: 10.11477/mf.1436203144

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Pure motor monoparesis of a lower limb due to head injury: A case report 査読

    Kazuhiro Ando, Jun Maruya, Yu Kanemaru, Keiichi Nishimaki, Takashi Minakawa

    Brain and Nerve64 ( 12 ) 1427 - 1430   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 70-year-old woman sustained a head injury after a motor vehicle accident. Physical examination conducted on admission revealed pure motor monoparesis (PMM) and pathological reflexes in the right lower extremity. Her left lower extremity and upper extremities were intact. Computed tomography showed a spotty high-density lesion in the left precentral gyrus and a subgaleal hematoma in the left occipital region. Magnetic resonance imaging was performed on the next day. Fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) imaging demonstrated a high-intensity lesion in the left precentral gyrus, and T2* imaging revealed a low-intensity lesion suggesting a small hemorrhage in the same area. The small hemorrhage and perifocal edema were identified on diffusion-weighted images in which low- and high-intensity lesions were observed in the anterior and posterior left precentral gyrus, respectively. Subsequent neurological examinations over 2 weeks showed improvement. We discuss the clinical presentation, diagnosis, and treatment of PMM due to head injury. We concluded that FLAIR and T2*- and diffusion-weighted imaging may be useful techniques for diagnosing PMM due to head injury.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 手術単独にて治癒せしめたガレン静脈部硬膜動静脈瘻の1例

    安藤 和弘, 丸屋 淳, 金丸 優, 西巻 啓一, 平安名 常一, 宮内 孝治, 皆河 崇志

    秋田赤十字病院医学雑誌1 ( 1 ) 42 - 47   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:秋田赤十字病院  

    症例は62歳男性で、高血圧で内服治療中であった。早朝にいびき様呼吸となり、呼びかけに反応せず救急搬送された。意識レベルはJCS III-200であった。CTで脳室内出血を認め、第4、第3脳室に血腫が充満し、右視床の血腫の中央に2.4cm大の高吸収域の腫瘤が存在し、造影剤で著明に増強された。MRIで腫瘤部はflow voidとして描出され、左側頭葉内側面から脳底槽に左脳底静脈の血栓化を示す高信号域を認め、MRAでは後大脳動脈と後硬膜動脈を流入血管とするテント部硬膜動静脈瘻(DAVF)が疑われた。脳室ドレナージで若干の改善が認められたが、3病日に髄液と血液の流出を認め、CTで再出を認めての血管撮影を行い、テント部DAVFの他にガレン静脈に瘻が存在し、右脳底静脈は盲端となり静脈瘤様に拡張しており、皮質静脈への逆流が認められた。ガレンDAVFと診断し、再々出血を認めて手術を行った。術後1ヵ月より意識レベルが改善し始め、56病日に回復期リハビリ病院へ転院した。

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • ユーザーの立場からみた脳血管内治療機器の適正使用指針

    長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S91 - S91   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当施設における未破裂前交通動脈瘤に対する血管内治療の成績とその特徴

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S57 - S57   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 脳動静脈奇形に対するOnyx塞栓術は,どこまで積極的に攻めるべきか? 73セッションの経験から得られた教訓

    長谷川 仁, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S13 - S13   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 遅発性に対側動眼神経麻痺を来した内頸動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤破裂によるくも膜下出血の1例

    齋藤 祥二, 長谷川 仁, 瀧野 透, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 温 城太郎, 鈴木 倫明, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S340 - S340   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後方循環血栓化脳動脈瘤に対するフローダイバージョン治療後の血管形態変化に注目した流体力学的検討

    鈴木 倫明, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S387 - S387   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 後下小脳動脈遠位部破裂脳動脈瘤に対する血管内治療

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 太田 智慶, 吉田 雄一, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S129 - S129   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 新潟大学病院における急性期血行再建療法の治療成績 時間短縮と負担軽減の両立を目指した診療体制の構築

    高橋 陽彦, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 鈴木 倫明, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S224 - S224   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 遠位橈骨動脈穿刺による脳血管撮影の初期経験

    齋藤 祥二, 長谷川 仁, 太田 智慶, 瀧野 透, 吉田 雄一, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 鈴木 倫明, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S217 - S217   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Nonbranching site of A2 aneurysmの血管内治療とその特徴

    鈴木 倫明, 長谷川 仁, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 齋藤 祥二, 鳥谷部 真史, 中里 真二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S191 - S191   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Paraclinoid aneurysmに対するflow diverter留置術にコイル併用は妥当な選択か?

    伊藤 靖, 長谷川 仁, 菊池 文平, 北澤 圭子, 鈴木 倫明, 齋藤 祥二, 澁谷 航平, 高橋 陽彦, 安藤 和弘, 大原 浩司, 小山 京, 藤井 幸彦

    脳血管内治療4 ( Suppl. ) S187 - S187   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 感染性脳動脈瘤の集学的治療 感染性脳動脈瘤の治療戦略

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 藤井 幸彦

    The Mt. Fuji Workshop on CVD37   105 - 109   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    researchmap

  • 感染性脳動脈瘤の集学的治療 感染性脳動脈瘤の治療戦略

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 藤井 幸彦

    The Mt. Fuji Workshop on CVD37   105 - 109   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)にゅーろん社  

    症例1は36歳女性で、感染性心内膜炎の保存的治療後に頭痛や左半身の痺れが出現した。右後大脳動脈末梢枝に動脈瘤破裂を認め、感染性心内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤と診断した。コイルで親血管を閉塞し、術後に弁置換術を行った。症例2は43歳男性で、突然の激しい頭痛と言葉の出難さを主訴とした。5cm大の左中大脳動脈の部分血栓化巨大脳動脈瘤を認め、コイルで内頸動脈を閉塞した。動脈瘤への血流低下を確認した後、開頭下に浅側頭動脈-中大脳動脈バイパス術を行った。術後、感染性心内膜炎が判明し、感染性心内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤と診断した。その後、弁置換術を行った。症例3は22歳女性で、意識消失で救急搬送された。感染性心内膜炎と左中大脳動脈末梢分岐部の動脈瘤破裂を認め、感染性内膜炎に合併した感染性脳動脈瘤破裂と診断した。第9病日に再出血で死亡し、剖検で細菌性心内膜炎に起因する仮性脳動脈瘤と診断した。

    researchmap

  • 椎骨動脈に誤穿刺した中心静脈カテーテルの抜去時に血管内治療で止血を得た一例

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S337 - S337   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 微細な脳血管病変のコイル塞栓術 MarathonとBarricade coilの相性

    菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S222 - S222   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Proximal-to-distal approachで急性期血管内再開通療法を行ったtandem occlusionの2症例

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 菊池 文平, 森田 健一, 長谷川 仁, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S144 - S144   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の遅発性破裂

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S129 - S129   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 治療困難な後方循環瘤に対するフローダイバージョン

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S87 - S87   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Hybrid neurosurgeonが施行した脳動静脈奇形に対するOnyx塞栓術の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S73 - S73   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • Non sinus type中頭蓋窩硬膜動静脈瘻に対して経動脈的Onyx塞栓術を施行した1例

    渋谷 航平, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療3 ( Suppl. ) S357 - S357   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 3D‐Exoscope使用下における脳腫瘍手術の可能性

    平石哲也, 大石誠, 棗田学, 温城太郎, 安藤和弘, 太田智慶, 吉田雄一, 藤井幸彦

    日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集25th   119   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 整容に配慮したSTA‐MCA吻合術―T字切開の試み―

    菊池文平, 安藤和弘, 齋藤祥二, 長谷川仁, 大石誠, 藤井幸彦

    日本整容脳神経外科学会プログラム・抄録集11th   29   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 治療困難な硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の初期経験

    菊池 文平, 長谷川 仁, 本橋 邦夫, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 北澤 圭子, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S112 - S112   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 丹念なOnyx塞栓術を施行した脳動静脈奇形の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 本橋 邦夫, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S99 - S99   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の放射線学的追跡法の検討

    安藤和弘, 長谷川仁, 菊池文平, 本橋邦夫, 斉藤祥二, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S37(J‐STAGE) - S37   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 治療困難な硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の初期経験

    菊池文平, 長谷川仁, 本橋邦夫, 齋藤祥二, 安藤和弘, 北澤圭子, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S112(J‐STAGE) - S112   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における頭頸部腫瘍塞栓術の安全性への取り組み

    本橋邦夫, 長谷川仁, 菊池文平, 齋藤祥二, 安藤和弘, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S237(J‐STAGE) - S237   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 母血管温存を企図した椎骨・脳底動脈本幹部紡錘状動脈瘤に対する治療戦略

    齋藤祥二, 安藤和弘, 本橋邦夫, 菊池文平, 長谷川仁, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S263(J‐STAGE) - S263   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 母血管温存を企図した椎骨・脳底動脈本幹部紡錘状動脈瘤に対する治療戦略

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 本橋 邦夫, 菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S263 - S263   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 当院における頭頸部腫瘍塞栓術の安全性への取り組み

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療2 ( Suppl. ) S237 - S237   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本脳神経血管内治療学会  

    researchmap

  • 丹念なOnyx塞栓術を施行した脳動脈奇形の治療成績

    長谷川仁, 菊池文平, 安藤和弘, 齋藤祥二, 本橋邦夫, 伊藤靖, 藤井幸彦

    脳血管内治療(Web)2 ( Supplement ) S99(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 治療困難な後方循環瘤に対するフローダイバージョン

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Non sinus type中頭蓋窩硬膜動静脈瘻に対して経動脈的Onyx塞栓術を施行した1例

    渋谷 航平, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の遅発性破裂

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 温 城太郎, 澁谷 航平, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Proximal-to-distal approachで急性期血管内再開通療法を行ったtandem occlusionの2症例

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 菊池 文平, 森田 健一, 長谷川 仁, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 微細な脳血管病変のコイル塞栓術 MarathonとBarricade coilの相性

    菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 大石 誠, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 椎骨動脈に誤穿刺した中心静脈カテーテルの抜去時に血管内治療で止血を得た一例

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Hybrid neurosurgeonが施行した脳動静脈奇形に対するOnyx塞栓術の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 澁谷 航平, 温 城太郎, 齋藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳虚血で発症した小児頭蓋内内頸動脈解離に対してstent retrieverを用いた超急性期脳血栓回収術が奏功した1例

    菊池 文平, 新保 淳輔, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 渡部 正俊, 斉藤 明彦, 佐々木 修

    脳神経外科速報  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    12歳男児。マラソン大会を完走後、頭痛と左片麻痺が出現し救急搬送され、救急車内で全身痙攣を一度認めた。頭部MRIの拡散強調画像で右基底核に高信号を認め、頭部MRAでは右頭蓋内内頸動脈とM2前枝起始部が描出不良であり、頭蓋内内頸動脈解離による右内頸動脈閉塞症を疑った。発症から145分で緊急脳内血管造影と、Penumbra systemおよびstent retrieverを用いた脳血栓回収術を施行した。TICIスコアは2bであり、発症から再開通まで206分であり、再開通直後から発語を認め、術後数時間で左片麻痺も急速に回復した。第5病日のMRAで右内頸動脈に解離腔の残存を認めたが、リハビリテーションを経て第37病日に独歩自宅退院した。半年後のMRAで右内頸動脈の解離腔は残存していたが血管径は正常化し、発症から2年間再発を認めていない。

    researchmap

  • 母血管温存を企図した椎骨・脳底動脈本幹部紡錘状動脈瘤に対する治療戦略

    齋藤 祥二, 安藤 和弘, 本橋 邦夫, 菊池 文平, 長谷川 仁, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術後の放射線学的追跡法の検討

    安藤 和弘, 長谷川 仁, 菊池 文平, 本橋 邦夫, 斉藤 祥二, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 丹念なOnyx塞栓術を施行した脳動静脈奇形の治療成績

    長谷川 仁, 菊池 文平, 安藤 和弘, 齋藤 祥二, 本橋 邦夫, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 治療困難な硬膜動静脈瘻に対するOnyx塞栓術の初期経験

    菊池 文平, 長谷川 仁, 本橋 邦夫, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 北澤 圭子, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における頭頸部腫瘍塞栓術の安全性への取り組み

    本橋 邦夫, 長谷川 仁, 菊池 文平, 齋藤 祥二, 安藤 和弘, 伊藤 靖, 藤井 幸彦

    脳血管内治療  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1 脳室内出血で発症した非典型A1穿通枝動脈瘤の手術例 (Ⅰ.一般演題, 第69回新潟脳神経外科懇話会)

    安藤 和弘, 佐藤 洋輔, 勝部 志郎, 柿沼 健一

    新潟医学会雑誌  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳室内出血で発症した非典型A1穿通枝動脈瘤の手術例

    安藤 和弘, 佐藤 洋輔, 勝部 志郎, 柿沼 健一

    新潟医学会雑誌  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術の手術成績

    柿沼 健一, 源甲斐 信行, 安藤 和弘, 田村 智

    新潟医学会雑誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 6 未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術の手術成績(一般演題, 第67回新潟脳神経外科懇話会)

    柿沼 健一, 源甲斐 信行, 安藤 和弘, 田村 智

    新潟医学会雑誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2 本当に慢性硬膜下血腫?の1例(Ⅰ.一般演題, 第64回新潟脳神経外科懇話会)

    佐藤 圭輔, 佐々木 修, 渡部 正俊, 梨本 岳雄, 菊池 文平, 安藤 和弘, 渋谷 宏行, 橋立 英樹, 三尾 圭司

    新潟医学会雑誌  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 本当に慢性硬膜下血腫?の1例

    佐藤 圭輔, 佐々木 修, 渡部 正俊, 梨本 岳雄, 菊池 文平, 安藤 和弘, 渋谷 宏行, 橋立 英樹, 三尾 圭司

    新潟医学会雑誌  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における小脳挫傷症例の検討

    梨本 岳雄, 佐々木 修, 野澤 孝徳, 安藤 和弘, 菊池 文平, 渡部 正俊

    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出血性梗塞を疑うも診断に苦慮した1例

    棗田 学, 安藤 和弘, 岡田 正康, 渡邉 徹, 小倉 良介, 岡本 浩一郎, 牧野 邦比古

    新潟医学会雑誌  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示