2021/12/04 更新

写真a

ナカノ ヒサシ
中野 永
NAKANO Hisashi
所属
医歯学総合病院 放射線治療科 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

代表的な業績

    • 【論文】 Effect of setup error in the single-isocenter technique on stereotactic radiosurgery for multiple brain metastases  2020年10月

    • 【論文】 Effect of dose-delivery time for flattened and flattening filter-free photon beams based on microdosimetric kinetic model.  2018年

    • 【共同研究・競争的資金等の研究課題】 放射線治療における照射時間を加味した新たな生物学的線量評価システムの開発  2019年4月

学位

  • 修士 (保健学) ( 2015年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 放射線生物学

  • 放射線物理学

  • 放射線治療

  • 医学物理学

研究分野

  • エネルギー / 量子ビーム科学

  • ライフサイエンス / 放射線科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   放射線治療科   特任助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部   非常勤講師

    2018年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   放射線治療科

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 広島平和クリニック 高精度がん放射線治療センター   放射線治療科

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 放射線治療科   特任助教

    2020年4月 - 現在

学歴

  • 大阪大学大学院   医学系研究科 博士前期課程

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 北海道大学   医学部保健学科

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学大学院   医学系研究科 博士後期課程

    2021年4月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 医学物理士認定機構 教育委員会   委員  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Radiobiological evaluation considering setup error on single‐isocenter irradiation in stereotactic radiosurgery 査読

    Nakano H, Tanabe S, Sasamoto R, Takizawa T, Utsunomiya S, Sakai M, Nakano T, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/acm2.13322

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/acm2.13322

  • Calculated relative biological effectiveness (RBE) for initial DNA double-strand breaks (DSB) from flattening filter and flattening filter-free 6 MV X-ray fields 査読

    Nakano H, Kawahara D, Tanabe S, Utsunomiya S, Takizawa T, Sakai M, Nakano T, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H

    British journal of radiology open   3 ( 1 )   20200072 - 20200072   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjro.20200072

    researchmap

  • Maximum distance in single-isocenter technique of stereotactic radiosurgery with rotational error using margin-based analysis 査読

    Nakano H, Tanabe S, Yamada T, Utsunomiya S, Takizawa T, Sakai M, Sasamoto R, Sakai H, Nakano T, Saito H, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H

    Radiological Physics and Technology   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Detecting MLC modeling errors using radiomics-based machine learning in patient-specific QA with an EPID for intensity-modulated radiation therapy 査読

    Sakai M, Nakano H, Kawahara D, Tanabe S, Takizawa T, Narita A, Yamada T, Sakai H, Ueda M, Sasamoto R, Kaidu M, Aoyama H, Ishikawa H, Utsunomiya S

    Medical Physics   2020年12月

     詳細を見る

  • Formulation of objective indices to quantify machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy 査読

    Kawahara D, Nakano H, Saito A, Ochi Y, Nagata Y

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   2020年12月

     詳細を見る

  • Radiobiological effects of the interruption time with Monte Carlo Simulation on multiple fields in photon beams 査読

    Nakano H, Kawahara D, Tanabe S, Utsunomiya S, Takizawa T, Sakai M, Saito H, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   21 ( 12 )   288 - 294   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/acm2.13110

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/acm2.13110

  • Effect of setup error in the single-isocenter technique on stereotactic radiosurgery for multiple brain metastases 査読

    Nakano H, Tanabe S, Utsunomiya S, Yamada T, Sasamoto R, Nakano T, Saito H, Takizawa T, Sakai H, Ohta A, Abe E, Kaidu M, Aoyama H

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Efficacy and Safety of the Radiotherapy for Liver Cancer: Assessment of Local Controllability and its Role in Multidisciplinary Therapy 査読 国際誌

    Marina Ohkoshi-Yamada, Kenya Kamimura, Osamu Shibata, Shinichi Morita, Motoki Kaidu, Toshimichi Nakano, Katsuya Maruyama, Atsushi Ota, Hirotake Saito, Nobuko Yamana, Tomoya Oshikane, Yukiyo Goto, Natsumi Yoshimura, Satoshi Tanabe, Hisashi Nakano, Madoka Sakai, Yuto Tanaka, Yohei Koseki, Yoshihisa Arao, Hiroyuki Abe, Toru Setsu, Akira Sakamaki, Takeshi Yokoo, Hiroteru Kamimura, Hidefumi Aoyama, Shuji Terai

    Cancers   12 ( 10 )   E2955   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers12102955

    PubMed

    researchmap

  • Dose compensation based on biological effectiveness due to interruption time for photon radiation therapy 査読

    Kawahara D, Nakano H, Saito A, Ozawa S, Nagata Y

    British Journal of Radiology   2020年5月

     詳細を見る

  • Dosimetric comparison of analytic anisotropic algorithm and Acuros XB algorithm in VMAT plans for high-grade glioma. 査読 国際誌

    Takeshi Takizawa, Satoshi Tanabe, Satoru Utsunomiya, Hisashi Nakano, Takumi Yamada, Hironori Sakai, Atsushi Ohta, Hirotake Saito, Toshimichi Nakano, Eisuke Abe, Motoki Kaidu, Hidefumi Aoyama

    Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   73 ( 73 )   73 - 82   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To investigate the dosimetric impact between the anisotropic analytical algorithm (AAA) and the Acuros XB (AXB) algorithm in volumetric-modulated arc therapy (VMAT) plans for high-grade glioma (HGG). METHODS: We used a heterogeneous phantom to quantify the agreement between the measured and calculated doses from the AAA and from the AXB. We then analyzed 14 patients with HGG treated by VMAT, using the AAA. We newly created AXB plans for each corresponding AAA plan under the following conditions: (1) re-calculation for the same number of monitor units with an identical beam and leaf setup, and (2) re-optimization under the same conditions of dose constraints. The dose coverage for the planning target volume (PTV) was evaluated by dividing the coverage into the skull, air, and soft-tissue regions. RESULTS: Compared to the results obtained with the AAA, the AXB results were in good agreement with the measured profiles. The dose differences in the PTV between the AAA and re-calculated AXB plans were large in the skull region contained in the target. The dose difference in the PTV in both types of plan was significantly correlated with the volume of the skull contained in the target (r = 0.71, p = 0.0042). A re-optimized AXB plan's dose difference was lower vs. the re-calculated AXB plan's. CONCLUSIONS: We observed dose differences between the AAA and AXB plans, in particular in the cases in which the skull region of the target was large. Considering the phantom measurement results, the AXB algorithm should be used in VMAT plans for HGG.

    DOI: 10.1016/j.ejmp.2020.04.007

    PubMed

    researchmap

  • Biological dose-enhancement analysis with Monte Carlo simulation for Lipiodol for photon beams 査読

    Kawahara D, Ozawa S, Nakano H, Kubo K, Shiinoki T, Kimura T, Nagata Y

    Reports of Practical Oncology and Radiotherapy   24 ( 6 )   681 - 687   2019年11月

     詳細を見る

  • Radiobiological effects of flattening filter–free photon beams on A549 non-small-cell lung cancer cells 査読 国際誌

    Nakano H, Minami K, Yagi M, Imaizumi H, Otani Y, Inoue S, Takashina M, Seo Y, Takahashi Y, Sumida I, Ogawa K, Koizumi M

    Journal of Radiation Research   59 ( 4 )   442 - 445   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rry041

    PubMed

    researchmap

  • Relative biological effectiveness study of Lipiodol based on microdosimetric-kinetic model. 査読 国際誌

    Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Suzuki T, Tsuneda M, Tanaka S, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y

    Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   46   89 - 95   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: We examine the contrast agent Lipiodol effect on the relative biological effectiveness (RBE) values for flattening filter free (FFF) and flattening filter (FF) beams of 6 MV-Xray (6 MVX) and 10 MVX. METHODS: Lipiodol was placed at 5 cm depth in water. According to the microdosimetric kinetic model, the RBE values for killing the human liver hepatocellular cells were calculated from dose and lineal energy (yd(y)) from Monte Carlo simulations. RBE200kVX and RBECo were defined as the ratios of dose using reference radiation (200 kVX, Co-ɤ) to the dose of test radiation (FFF and FF beams for 6 MV and 10 MV) to produce the same biological effects. The dose enhancement RBE (RBEDE) was defined as the ratios of a dose without Lipiodol to with Lipiodol using to produce the same biological effects. The dose needed to achieve 10% (D10%) and 1% cell survival (D1%) was evaluated by cell surviving fraction (SF) formula. RESULTS: The deviation of mean y‾D values with and without Lipiodol were 3.9-4.8% for 6 MVX and 3.5-3.6% for 10 MVX. The RBE200kVX and RBECo with Lipiodol were larger than that without Lipiodol. The RBEDE was larger for FFF beam than for FF beam. The deviation of RBEDE for FFF and FF beams of 6 MVX was larger than that of 10 MVX. CONCLUSION: The presence of Lipiodol seemed to locally increase the absorbed dose and to also cause an enhancement of the relative biological effectiveness.

    DOI: 10.1016/j.ejmp.2018.01.018

    PubMed

    researchmap

  • Effect of dose-delivery time for flattened and flattening filter-free photon beams based on microdosimetric kinetic model. 査読 国際誌

    Nakano H, Kawahara D, Ono K, Akagi Y, Hirokawa Y

    PloS one   13 ( 11 )   e0206673 - 13   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effect of dose-delivery time with flattening filter (FF) and flattening filter-free (FFF) photon beams based on microdosimetric kinetic model (MKM) was investigated in this study. Monte Carlo simulation with the particle and heavy ion transport code system (PHITS) was performed to calculate the dose-mean lineal energy yD (keV/μm) of FF and FFF 6 MV photon beams using the IAEA phase-space files of Varian TrueBeam linear accelerator. Human non-small cell lung cancer NCI-H460 cells were used to determine the MKM parameters under the condition that dose-delivery times with continuous irradiation were 1, 5, 10, 30, and 60 min, and the adsorbed dose was 2, 4, and 8 Gy in this study. In addition, the relative biological effectiveness (RBE) of FF and FFF photon beams were calculated for evaluating the effect of dose delivery time. The RBE of FF decreased to 99.8% and 97.5% with 5 and 60 min for 2 Gy in comparison to 99.6% and 95.1% for 8 Gy, respectively. Meanwhile, that of FFF decreased to 99.5% and 94.9% with 5 and 60 min for 2 Gy in comparison to 99.5% and 94.9% for 8 Gy, respectively. Dose-delivery time has an effect on the RBE with photon beams. In other words, the dose-delivery time should be considered during radiation therapy. Furthermore, FFF photon beams were an effective irradiation method compared to FF in dose-delivery time on account of improving clinic throughput.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0206673

    PubMed

    researchmap

  • Inorganic polyphosphate enhances radio-sensitivity in a human non–small cell lung cancer cell line, H1299 査読

    Tsutsumi K, Matsuya Y, Sugahara T, Tamura M, Sawada S, Fukura S, Nakano H, Date H

    Tumour Biology   39 ( 6 )   1 - 6   2017年6月

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 多発脳転移に対する単一アイソセンタ照射法における患者セットアップの 並進誤差が線量不確かさに及ぼす影響

    中野 永, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 中野 智成, 斎藤 紘丈, 滝澤 健司, 山田 巧, 坂井 裕則, 太田 篤, 阿部 英輔, 海津 元樹, 青山 英史

    定位放射線治療   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 悪性神経膠腫のVMAT治療計画における2つの線量計算アルゴリズム Analytic Anisotropic AlgorithmとAcuros XBの違いが線量分布へ与える影響

    滝澤 健司, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 久島 尚隆, 中野 永, 太田 篤, 斎藤 紘丈, 中野 智成, 阿部 英輔, 海津 元樹, 青山 英史

    定位的放射線治療   23   43 - 54   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本定位放射線治療学会  

    悪性神経膠腫に対する強度変調回転放射線治療(VMAT)の治療計画におけるAnalytical Anisotropic Algorithm(AAA)とAcuros XB(AXB)の線量分布の違いを明らかにし、AXBの臨床的意義を明らかにすることを目的とした。悪性神経膠腫に対してVMATが施行された連続16症例を対象とした。計画標的体積(PTV)60のD95%およびV95%はAXB治療計画の方が有意に低く、各々効果量は大きかった。CTV60のD95%およびV95%は各々AXB治療計画の方が有意に低く、D95%の効果量は中等度で、V95%の効果量は小さかった。PTV60_skullのD95%およびV95%はAXB治療計画の方が有意に低く、各々効果量は大きかった。一方、PTV60_airについては、D95%はAXB治療計画の方が有意に高かったが、V95%の有意差は認められず、各々効果量は小さかった。また、頭蓋骨体積とPTV60、PTV50の各々の線量差に対する相関係数は0.66、0.71と高い正の相関が認められ、PTV内の頭蓋骨体積の割合が大きいほど線量差は大きくなった。

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 頭頸部強度変調放射線治療における 金属アーチファクトの輪郭抽出時間への影響

    勝良剛詞, 棚邊哲史, 中野永, 坂井まどか, 宇都宮悟, 太田篤, 海津元樹, 曽我麻里恵, 林孝文

    日本放射線腫瘍学会第34回学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シングルアイソセンタ照射法における高解像度二次元検出器の線量評価

    山田巧, 坂井達矢, 中野永, 棚邊哲史, 岡哲也, 比護祐介, 坂井裕則, 金澤 勉

    第49回日本放射線技術学会秋季学術大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of target positioning error on tumor control probability in stereotactic radiosurgery for metastatic brain tumors using the CyberKnife M6

    Takizawa T, Tanabe S, Nakano H, Utsunomiya S, Sakai M, Maruyama K, Takeuchi S, Nakano T, Ohta A, Kaidu M, Ishikawa H, Onda K

    AAPM 63st Annual Meeting and Exhibition, Virtual, USA 2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of complexity of VMAT plans using radiomic features of 3-dimensional dose distributions and its correlation to gamma passing rate

    石坂 夏希, 中村 沙愛, 上田 真敬, 棚邊 哲史, 中野 永, 坂井 まどか, 滝澤 健司, 海津 元樹, 石川 浩志, 宇都宮 悟

    第121回日本医学物理学会学術大会  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Deep learning-based detection and classification of MLC modeling errors in VMAT patient-specific QA

    中村 沙愛, 石坂 夏希, 上田 真敬, 棚邊 哲史, 中野 永, 坂井 まどか, 李 鎔範, 海津 元樹, 石川 浩志, 宇都宮 悟

    第121回日本医学物理学会学術大会  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Radiobiological Evaluation on Single-Isocenter Technique with Setup Error in Stereotactic Radiosurgery

    中野 永, 棚邊 哲史, 滝澤 健司, 山田 巧, 宇都宮 悟, 坂井 裕則, 石川 浩志

    第77回日本放射線技術学会総会学術大会  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formulation of objective indices to quantify machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy

    Kawahara D, Nakano H, Saito A, Ochi Y, Nagata Y

    第34回高精度放射線外部照射部会学術大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    researchmap

  • Dual-energy CTを用いた 金属アーチファクト低減と線量計算への影響

    上田真敬, 中野永, 河原大輔, 成田啓廣, 能登義幸, 坂井まどか, 棚邊哲史, 青山英史, 斎藤正敏, 宇都宮悟

    日本放射線腫瘍学会第33回学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院 医学物理士レジデントコース: 5年の成果と課題

    宇都宮悟, 棚邊哲史, 中野永, 坂井まどか, 高橋春奈, 久島尚隆, 滝澤健司, 成田啓廣, 早川岳英, 山田巧, 坂井裕則, 金沢勉, 笠原敏文, 笹本龍太, 海津元樹, 和田真一, 青山英史

    日本放射線腫瘍学会第33回学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    researchmap

  • Radiomicsを用いたIMRTの線量分布 検証におけるエラーの自動判別

    坂井 まどか, 中野 永, 棚邊 哲史, 河原 大輔, 山田 巧, 坂井 裕則, 笹本 龍太, 李 鎔範, 青山 英史, 宇都宮 悟

    日本放射線腫瘍学会第33回学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    researchmap

  • Evaluation of metal artifact reduction using virtual monochromatic imaging by dual-energy CT and iterative metal artifact reduction algorithm

    上田真敬, 中野永, 成田啓廣, 能登義幸, 坂井まどか, 小荒井陽花, 棚邊哲史, 青山英史, 斎藤正敏, 宇都宮悟

    第119回日本医学物理学会  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月 - 2020年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Multi-ceAnalytical Study of Small Field Dose Calculations Using a Virtual Homogeneous Phantom

    好村 尚記, 河原 大輔, 中野 永, 早田将博, 工藤剛吏, 羽原幸作, 羽原弘士

    第76回日本放射線技術学会総会学術大会  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    researchmap

  • 局所進行性非小細胞肺癌に対する心毒性低減を目的としたVMAT治療計画法の検討

    佐々木捷, 棚邊哲史, 中野永, 宇都宮悟, 太田篤, 海津元樹, 青山英史

    第33回高精度放射線外部照射部会学術大会  2020年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of the Target Positioning Error to Dose Distributions and Tumor Control Probability for the Intracranial Stereotactic Radiosurgery

    滝澤健司, 棚邊哲史, 中野永, 宇都宮悟, 田村啓和, 丸山克也, 恩田清

    第76回日本放射線技術学会総会学術大会  2020年5月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Limitation Distance in the Single-Isocenter Technique on Stereotactic Radiosurgery for Multiple Brain Metastases with Rotational Error Using a Margin-Based Analysis

    中野永, 棚邊哲史, 山田巧, 宇都宮悟, 滝澤健司, 坂井裕則, 青山英史

    第76回日本放射線技術学会総会学術大会  2020年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biological effect of gating window on NSCLC cells in real-time tumor-tracking radiotherapy

    Satoshi Tanabe, Hisashi Nakano, Osamu Umetsu, Daisuke Kawahara, Takeshi Takizawa, Satoru Utsunomiya, Gen Kawaguchi, Hidefumi Aoyama

    日本放射線腫瘍学会第32回学術大会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多発脳転移に対するMLC搭載型サイバーナイフM6を用いた定位手術的照射の有用性

    滝澤健司, 棚邊哲史, 中野永, 宇都宮悟, 田村哲和, 坂井裕則, 山田巧, 丸山克也, 青山英史, 恩田清

    日本放射線腫瘍学会第32回学術大会  2019年11月 

     詳細を見る

  • ラジオミクスと機械学習を用いたIMRTの線量分布検証におけるエラーの自動判別

    坂井 まどか, 小荒井 陽花, 上田 真敬, 笹本 龍太, 棚邊 哲史, 中野 永, 山田 巧, 坂井 裕則, 青山 英史, 宇都宮 悟

    日本放射線腫瘍学会第32回学術大会  2019年11月 

     詳細を見る

  • 自作プログラムを用いた VMAT 精度管理

    坂井 達矢, 坂井 裕則, 岡 哲也, 山田 巧, 比護 祐介, 多賀 貴俊, 棚邊 哲史, 中野 永, 宇都宮 悟

    第9回東北放射線医療技術学術大会  2019年10月 

     詳細を見る

  • Machine Learning with Radiomic Features to Detect the Types of Errors in IMRT Patient-Specific QA

    Sakai M, Koarai H, Ueda M, Shigeta S, Nakano H, Takizawa T, Tanabe S, Sasamoto R, Aoyama H, Utsunomiya S

    AAPM 61st Annual Meeting and Exhibition, San Antonio, USA  2019年7月 

     詳細を見る

  • Effect of the Rotational Error on the Dose Distribution with Single-isocenter Technique of Stereotactic Radiotherapy for Multiple Brain Metastases

    Nakano H, Tanabe S, Utsunomiya S, Takizawa T, Yamada T, Sakai H, Aoyama H

    AAPM 61st Annual Meeting and Exhibition, San Antonio, USA  2019年7月 

     詳細を見る

  • 多発脳転移に対する単一アイソセンタ照射法における患者セットアップの並進誤差が線量不確かさに及ぼす影響

    中野 永, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 滝澤 健司, 山田 巧, 坂井 裕則, 青山 英史

    第28回日本定位放射線治療学会  2019年6月 

     詳細を見る

  • 多発脳転移に対する Single-isocenter 照射法の線量分布にセットアップの回転誤差が及ぼす影響

    中野 永, 棚邊 哲史, 宇都宮 悟, 滝澤 健司, 山田 巧, 坂井 裕則, 青山 英史

    第75回日本放射線技術学会総会学術大会  2019年4月 

     詳細を見る

  • 不均質ファントムを使用した小照射野線量検証の多施設共同研究に向けて

    河原 大輔, 津田 信太朗, 中野 永, 藤井 康司, 小野 薫, 中尾 稔, 芝 栄志, 工藤 剛史, 羽原 幸作, 木村 洋司

    第14回中四国放射線医療技術フォーラム  2018年11月 

     詳細を見る

  • Biological Dose Enhancement Using Lipiodol in Liver

    Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Tsuneda M, Hioki K, Masuda H, Ochi Y, Nakashima T, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y

    The American Association of Physicists in Medicine 60th Annual meeting  2018年7月 

     詳細を見る

  • Microdosimetric Kineticモデルに基づいた光子線中断時間の影響

    中野 永, 河原 大輔, 小野 薫, 赤木 由紀夫, 廣川 裕

    第74回日本放射線技術学会総会学術大会  2018年4月 

     詳細を見る

  • Relative biological effectiveness and relative dose-rate effect on Lipiodol based on the MK model

    Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Hioki K, Okumura T, Ochi Y, Nakashima T, Suzuki T, Tsuneda M, Tanaka S, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y

    The 37th European Society for Radiotherapy & Oncology  2018年4月 

     詳細を見る

  • ラジオクロミックフィルムにおけるマルチチャネル法による線量解析精度の評価

    中野 永, 小野 薫, 藤本 幸恵, 赤木 由紀夫, 廣川 裕

    第45回日本放射線技術学会秋季学術大会  2017年10月 

     詳細を見る

  • Relative biological effectiveness study on Lipiodol based on microdosimetric-kinetic model

    Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Tsuneda M, Tanaka S, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y

    8th Japan-Korea medical physics Joint Meeting  2017年9月 

     詳細を見る

  • Effect of dose-delivery time with flattened and flattening filter-free photon beams based on microdosimetric kinetic model.

    Nakano H, Kawahara D, Ono K, Akagi Y, Hirokawa Y

    8th Japan-Korea medical physics Joint Meeting  2017年9月 

     詳細を見る

  • Pulse Width Modulation解析によるHigh-definition Multi-leaf Collimatorの品質管理

    中野 永, 小野 薫, 藤本 幸恵, 赤木 由紀夫, 廣川 裕

    第73回日本放射線技術学会総会学術大会  2017年4月 

     詳細を見る

  • ポリリン酸がヒト肺非小細胞癌由来細胞株の放射線感受性に及ぼす影響

    堤 香織, 菅原 智紀, 田村 麻奈実, 澤田 彗, 福良 沙霧, 中野 永, 松谷 悠佑

    第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会  2015年12月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 優秀研究賞

    2020年5月   日本放射線技術学会 第76回日本放射線技術学会総会学術大会  

    中野永, 棚邊哲史, 山田巧, 宇都宮悟, 滝澤健司, 坂井裕則, 青山英史

     詳細を見る

  • 優秀演題賞

    2018年7月   第27回日本定位放射線治療学会   悪性神経膠腫のVMAT治療計画における2つの線量計算アルゴリズム: Analytic Anisotropic AlgorithmとAcuros XBの違いが線量分布へ与える影響

    滝澤健司, 棚邊哲史, 宇都宮悟, 久島尚隆, 中野永, 太田篤, 斎藤紘丈, 中野智成, 阿部英輔, 海津元樹, 青山英史

     詳細を見る

  • 優秀研究賞

    2017年10月   日本放射線技術学会 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会  

    中野 永

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 放射線治療における照射時間を加味した新たな生物学的線量評価システムの開発

    2019年4月 - 2022年3月

    文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究) 

    中野 永

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 医学物理臨床実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 医学物理臨床実習

    2020年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国