2021/10/25 更新

写真a

ハナサキ ミカ
花﨑 美華
HANASAKI Mika
所属
医歯学総合病院 矯正・小児系歯科 小児歯科・障がい者歯科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2017年3月 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院   小児歯科・障がい者歯科診療室   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 矯正・小児系歯科 小児歯科・障がい者歯科   助教

    2020年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科   小児歯科学分野

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   歯学部   歯学科

    2006年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • 刷掃指導の効果ー三次元動作と歯垢除去効果の解析ー 査読

    丸山直美, 大島邦子, 中島努, 花﨑美華, 野上有紀子, 早﨑治明

    日衛学誌   13 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Prevalence of molar incisor hypomineralization and regional differences throughout Japan. 査読 国際誌

    Masato Saitoh, Yuki Nakamura, Mika Hanasaki, Issei Saitoh, Yuji Murai, Yoshihito Kurashige, Satoshi Fukumoto, Yukiko Asaka, Masaaki Yamada, Michikazu Sekine, Haruaki Hayasaki, Shigenari Kimoto

    Environmental health and preventive medicine   23 ( 1 )   55 - 55   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Molar incisor hypomineralization (MIH) frequently occurs in children worldwide. However, MIH prevalence throughout Japan has not yet been investigated. The purpose of this study was to clarify MIH prevalence rates and to consider potential regional differences throughout Japan. METHODS: A total of 4496 children aged 7-9 years throughout Japan were evaluated in this study. MIH prevalence rates among children were evaluated in eight regions throughout Japan. A child's residence was defined as the mother's residence during pregnancy. The localization of demarcated opacities and enamel breakdown was recorded on a standard code form using a guided record chart. Logistic regression analysis was used to evaluate whether MIH prevalence rates differed among age groups, sex, and regions. RESULTS: The overall prevalence of MIH in Japan was 19.8%. The prevalence of MIH was 14.0% in the Hokkaido region, 11.7% in the Tohoku region, 18.5% in the Kanto Shin-Etsu region, 19.3% in the Tokai Hokuriku region, 22.3% in the Kinki region, 19.8% in the Chugoku region, 28.1% in the Shikoku region, and 25.3% in the Kyushu region. These regional differences were statistically significant. Moreover, MIH prevalence rates decreased with age. No significant sex differences in MIH prevalence rates were demonstrated. CONCLUSIONS: To our knowledge, this is the first MIH study carried out in several regions throughout Japan. Regional differences existed in MIH prevalence rates; particularly, MIH occurred more frequently in children residing in southwestern areas than those in northeastern areas of Japan.

    DOI: 10.1186/s12199-018-0748-6

    PubMed

    researchmap

  • セルフブラッシングと介助磨きの動作解析-性差の観点からー 査読

    Hanasaki M, Nakakura-Ohshima K, Nakajima T, Nogami Y, Hayasaki H

    4 ( 4 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • A novel method to evaluate interproximal accessibility of caregivers' tooth brushing by using "invisibility" eyeglasses 査読

    Nakakura-Ohshima K, Hanasaki M, Nogami Y, Murakami N, Nakajima t, Hayasaki H

    Dent Oral Craniofac Res   4 ( 4 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 介助磨きの姿勢に関する検討-歯磨き運動と歯垢除去効果ー 査読

    村井朋代, 大島邦子, 野上有紀子, 花﨑美華, 中島努, 丸山直美, 早﨑治明

    障歯誌   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 横断研究で示された口唇閉鎖力の強さと関連因子との関連性(The relationship between lip-closing strength and the related factors in a cross-sectional study) 査読

    Saitoh Issei, Inada Emi, Kaihara Yasutaka, Nogami Yukiko, Murakami Daisuke, Ishitani Norihito, Sawami Tadashi, Iwase Yoko, Nakajima Tsutomu, Kubota Naoko, Sakurai Kaoru, Tsujii Toshiya, Shirazawa Yoshito, Hanasaki Mika, Kurosawa Mie, Goto Miyuki, Nosou Maki, Kozai Katsuyuki, Yamasaki Youichi, Hayasaki Haruaki

    Pediatric Dental Journal   27 ( 3 )   115 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    口唇閉鎖力の強さ(LCS)の年齢に関連して変化するパターンや、その他の関連因子を調査する横断研究を施行した。日本人の小児554名(女児275名、年齢3〜12歳)を調査対象とした。口唇閉鎖力測定器の「りっぷるくん」を用いてLCSを測定し、被験児の親に対して質問紙調査を行った。検討の結果、LCSは3〜6歳にかけて年齢と共に増大したが7〜12歳では平坦相に達し、そのパターンはScammonの発育曲線における一般型に類似していた。3〜6歳児の集団では、調査項目のうち「年齢」とLCSとの間の相関係数は他の項目に比べて高かった。7〜12歳児では「性別」や「食事中に飲み物を飲むこと」がLCSと中等度に相関していた。小児のLCSに関しては、発達期(3〜6歳)と安定期(7〜12歳)の2つの時期が区別されることが示された。

    researchmap

  • 地域の小児医療センター歯科診療室における診療実態とその臨床的統計 査読

    鹿児島暁子, 中村由紀, 花﨑美華, 村上望, 澤味規, 松枝一成, 鈴木絢子, 左右田美樹, 中島努, 野上有紀子, 君雅水, 村上智哉, 黒澤美絵, 岩瀬陽子, 大島邦子, 齊藤一誠, 早﨑治明

    小児歯誌   55 ( 4 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Difference of tooth brushing motion between dental hygienists and mothers - Focusing on self-toothbrushing and caregivers' toothbrushing 査読

    Nakajima T, Nakakura-Ohshima K, Hanasaki M, Nogami Y, Murakami N, Nakamura Y, Saitoh I, Hayasaki H

    Dent Oral Craniofac Res   4 ( 1 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Change in masticatory movement according to food size in young Japanese females 査読

    Kitte E, Nakamura Y, Nakajima T, Hanasaki M, Nogami Y, Sasakawa Y, Iwase Y, Kurosawa M, Oku T, Saitoh I, Hayasaki H

    Dent Oral Craniofac Res   4 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 某小児医療施設の歯科診療室における歯科診療実態とその臨床的検討

    早崎 治明, 中村 由紀, 大島 邦子, 岩瀬 陽子, 澤味 規, 鹿児島 暁子, 黒澤 美絵, 村上 望, 君 雅水, 中島 努, 花崎 美華, 左右田 美樹, 鈴木 絢子, 野上 有紀子, 齊藤 一誠

    障害者歯科   37 ( 3 )   278 - 278   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    researchmap

  • 歯科予防処置のための歯磨き(Tooth brushing for oral prophylaxis) 査読

    Hayasaki Haruaki, Saitoh Issei, Nakakura-Ohshima Kuniko, Hanasaki Mika, Nogami Yukiko, Nakajima Tsutomu, Inada Emi, Iwasaki Tomonori, Iwase Yoko, Sawami Tadashi, Kawasaki Katsushige, Murakami Nozomi, Murakami Tomoya, Kurosawa Mie, Kimi Masami, Kagoshima Akiko, Soda Miki, Yamasaki Youich

    The Japanese Dental Science Review   50 ( 3-4 )   69 - 77   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

 

担当経験のある授業科目

  • 小児歯科学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者歯科学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 齲蝕学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学