2022/12/01 更新

写真a

タカ ノリマサ
髙 昇将
TAKA Norimasa
所属
医歯学総合病院 予防・保存系歯科 予防歯科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2019年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 歯科補綴学

  • 歯科材料

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体材料学  / 繊維強化型レジン

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合病院 予防・保存系歯科   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 冠ブリッジ診療科   医員

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 予防・保存系歯科 予防歯科   助教

    2020年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    備考: 生体歯科補綴学分野

    researchmap

  • 新潟大学   歯学部   歯学科

    2009年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本接着歯学会

    2020年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本歯科理工学会

    2015年7月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Metallization by Sputtering to Improve the Bond Strength between Zirconia Ceramics and Resin Cements 査読 国際誌

    Tatsuya Kimura, Yujin Aoyagi, Norimasa Taka, Mitsugu Kanatani, Katsumi Uoshima

    Journal of Functional Biomaterials   12 ( 4 )   62 - 62   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Zirconia has been used as a prosthesis material for over a decade because of its excellent mechanical properties and esthetics. The surface treatment for zirconia generally involves sandblasting and the application of primers for favorable bond strength between the surface and resin. However, sandblasting causes the microcracking and chipping of the zirconia surface. To overcome these challenges, the metallization of the zirconia surface was performed. Ti and Au were sputtered on yttria stabilized zirconia (YSZ) disks and heated to 800 °C for 15 min in air. These disks were bonded to stainless-steel rods using resin cement. Then, shear bond strength tests were performed using an Instron-type testing machine. The shear bond strength of the Ti sputtering group was significantly higher than that of the other groups. According to the results of X-ray photoelectron spectroscopy and electron probe microanalysis, the Ti-sputtered YSZ surface contained both sub-titanium oxide and titanium oxide before heating. Sub-titanium oxide was converted to titanium oxide by heating. These results suggest that metallization using Ti is effective for zirconia surface treatment to improve the shear bond strength between YSZ and resin cement. This metallization technique for YSZ has potential in clinical applications.

    DOI: 10.3390/jfb12040062

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Modification with Helium Atmospheric-Pressure Plasma and Deep-Ultraviolet Light on Adhesive Shear Strength of Fiber-Reinforced Poly(ether-ether-ketone) Polymer 査読 国際誌

    Seigo Okawa, Norimasa Taka, Yujin Aoyagi

    Journal of Functional Biomaterials   11 ( 2 )   27 - 27   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    We investigated the effect of helium atmospheric-pressure plasma (PL) and deep-ultraviolet (UV) light treatments on the adhesive properties of fiber-reinforced poly(ether-ether-ketone) polymer (PEEK). PEEK disks reinforced with carbon (CPEEK) or glass (GPEEK) fibers were polished, modified with PL and UV for 60 s, and the surface energy was calculated by measuring the contact angles. The disk surfaces were analyzed by X-ray photoemission spectroscopy. Shear bond strength testing was performed using a universal testing machine, and the fracture surfaces were observed by electron probe microanalyzer. Data were analyzed with one and two-way ANOVA and Tukey’s post-hoc test (p < 0.05). The surface energies were increased by the modifications, which created OH functional groups on the surfaces. The bond strengths of CPEEK were increased by PL, and those of GPEEK were increased by PL and UV, owing to chemical bonding at the interface.

    DOI: 10.3390/jfb11020027

    PubMed

    researchmap

  • Effects of Silanization Conditions on Flexural Properties of Sic Fiber-Reinforced Resin 査読

    Taka Norimasa, Aoyagi Yujin, Okawa Seigo, Uoshima Katsumi

    Dentistry   8 ( 11 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OMICS Publishing Group  

    DOI: 10.4172/2161-1122.1000524

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 炭化ケイ素繊維の短繊維と長繊維を同意に用いた際の補強効果の検討

    髙 昇将, 木村龍弥, 三井田 慶斗, 青栁裕仁, 金谷 貢, 小川祐司

    日本歯科理工学会秋期第78回学術講演会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科用高分子材料を強化するために必要な炭化ケイ素短繊維の繊維長の検討

    髙 昇将, 三井田慶斗, 木村龍弥, 青栁裕仁, 金谷 貢, 魚島勝美

    令和2年度日本補綴歯科学会関越支部学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 炭化ケイ素繊維への市販シランカップリング処理剤を用いた表面処理が繊維強化型レジンの曲げ特性に及ぼす影響について

    髙 昇将, 木村龍弥, 青栁裕仁, 金谷貢

    第39回日本接着歯学会学術大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • チタンスパッタによる新規ジルコニア表面処理における処理時間が接着強さに及ぼす影響

    木村龍弥, 青栁裕仁, 髙 昇将, 金谷 貢

    第39回日本接着歯学会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • SiC繊維に対するシラン処理がSiC繊維強化型レジンの曲げ強さに及ぼす影響

    高 昇将, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Mechanical properties of SiCfiber reinforced composite resin 国際会議

    髙 昇将, 青栁裕仁, 大川成剛, 魚島勝美

    IADR  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effect of silanization on mechanical properties of experimental SiC fiber reinforced composite resin 国際会議

    髙 昇将, 青栁裕仁, 魚島勝美

    International Symposium on Development of human Resources in Practical Oral Health and Treatment  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SiC繊維強化型コンポジットレジンの機械的性質

    高 昇将, 青柳 裕仁, 木村 龍弥, 大川 成剛

    日本歯科理工学会誌  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SiC繊維 アクリル複合体の機械的強度

    青柳 裕仁, 高 昇将, 木村 龍弥, 大川 成剛

    日本歯科理工学会誌  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 企業賞

    2021年10月   日本歯科理工学会   炭化ケイ素繊維の短繊維と長繊維を同時に用いた際の補強効果の検討

    髙 昇将

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • SiC長繊維と短繊維を組み合わせた力学的等方性を持つ新規繊維強化型レジンの開発

    研究課題/領域番号:21K17019  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    高 昇将

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    researchmap

  • ロングスパンブリッジ用新規CAD/CAM用レジンの開発およびその臨床応用

    研究課題/領域番号:19K24114  2019年8月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    高 昇将

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    炭化ケイ素(SiC)繊維強化型レジンの歯科臨床応用にあたり、SiC繊維強化型レジンの機械的強さを確保するため、SiC繊維のシランカップリング処理が必要であることを先行研究にて報告した。しかし、先行研究で使用していた試作シランカップリング処理剤による処理方法では時間がかかりすぎるため、短時間で処理が可能な市販シランカップリング処理剤による処理の効果について検討した。歯科臨床で用いられている市販シランカップリング処理剤を4種類用意し、これらを用いてSiC繊維を処理し、繊維強化型レジンを試作して3点曲げ試験に供した。試験片条件および3点曲げ試験の条件はISO4049:2009に準拠した。また、3点曲げ試験後の試験片の破断面の二次電子像を撮影し、SiC繊維に付着したベースレジンの状態を観察した。得られた試験結果と、以前実施した試作シランカップリング処理剤を用いた試験片の試験結果を比較した結果、機械的強さに有意差は認められなかった。このことから市販シランカップリング処理剤の有効性が示唆された。
    また、昨年度、繊維長1mmおよび3mmのSiC短繊維を用いた繊維強化型レジンを試作し、それらの曲げ強さを測定、比較し、3mmの方が優れた補強効果を示すことを報告した。その際、試験片サイズを考慮すると繊維長2mmの場合の比較検討も追加したほうが良い旨指摘があったため、繊維長2mmのSiC繊維を含む繊維強化型レジンを試作し、1mmおよび3mmのそれらと機械的強度を比較した。その結果、2mmのSiC繊維を含む繊維強化型レジンは1mmのSiC繊維を含むそれより有意に高い機械的強さを示し、3mmのSiC繊維を含むそれのとの間には有意差は認められなかった。繊維長が長くなると力学的異方性が生じやすくなるため、力学的等方性を確保する観点から繊維長は2mmが適切であることが示唆された。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 予防歯科学実習

    2021年6月
    -
    現在
    機関名:新潟大学歯学部

     詳細を見る

  • 予防歯科学

    2021年6月
    -
    現在
    機関名:新潟大学歯学部

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 生涯にわたる歯と咬合

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 予防歯科学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 予防歯科学実習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 衛生学・公衆衛生学

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 臨床予備実習

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 齲蝕学

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 衛生学

    2020年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示