2022/01/27 更新

写真a

タナカ ヒデトモ
田中 英智
TANAKA Hidetomo
所属
脳研究所 特任助教
職名
特任助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2018年3月 )

研究キーワード

  • アストロサイト

  • Globular glial tauopathy

  • タウ

  • 加齢性変化

  • タウオパチー

  • 神経変性疾患

  • 神経病理

研究分野

  • ライフサイエンス / 病態神経科学  / 神経病理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   脳研究所 病態神経科学部門 病理学分野   特任助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   脳研究所 病態神経科学部門 病理学分野   特別研究員

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   脳研究所   特任助教

    2020年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   大学院医歯学総合研究科   生体機能調節医学専攻

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    備考: 脳病態病理学

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • 日本神経病理学会   代議員  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Hemiplegic-type ALS: clinicopathological features of two autopsied patients. 国際誌

    Makoto Sainouchi, Hidetomo Tanaka, Hiroshi Shimizu, Takuya Mashima, Takao Fukushima, Yuya Hatano, Tomohiko Ishihara, Kunihiko Makino, Osamu Onodera, Akiyoshi Kakita

    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   92 ( 9 )   1014 - 1016   2021年9月

     詳細を見る

  • 高度な両下肢痙性を呈したレビー小体病の剖検例

    黒羽 泰子, 長谷川 有香, 高橋 哲哉, 松原 奈絵, 石黒 敬信, 田中 英智, 柿田 明美, 小池 亮子

    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   14回   118 - 118   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)  

    researchmap

  • Morphological characterisation of glial and neuronal tau pathology in globular glial tauopathy (Types II and III) 査読

    H. Tanaka, Y. Toyoshima, S. Kawakatsu, R. Kobayashi, O. Yokota, S. Terada, S. Kuroda, T. Miura, Y. Higuchi, H. Otsu, K. Sanpei, K. Otani, T. Ikeuchi, O. Onodera, A. Kakita, H. Takahashi

    Neuropathology and Applied Neurobiology   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/nan.12581

    researchmap

  • An autopsy case of peliosis hepatis with X-linked myotubular myopathy. 査読 国際誌

    Kazuhisa Funayama, Hiroshi Shimizu, Hidetomo Tanaka, Izumi Kawachi, Ichizo Nishino, Kou Matsui, Naoya Takahashi, Akihide Koyama, Rieka Katsuragi-Go, Ryoko Higuchi, Takashi Aoyama, Hiraku Watanabe, Akiyoshi Kakita, Hisakazu Takatsuka

    Legal medicine (Tokyo, Japan)   38   77 - 82   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This report describes the autopsy case of a 4-year-old boy who died from hepatic hemorrhage and rupture caused by peliosis hepatis with X-linked myotubular myopathy. Peliosis hepatis is characterized by multiple blood-filled cavities of various sizes in the liver, which occurs in chronic wasting disease or with the use of specific drugs. X-linked myotubular myopathy is one of the most serious types of congenital myopathies, in which an affected male infant typically presents with severe hypotonia and respiratory distress immediately after birth. Although each disorder is rare, 12 cases of pediatric peliosis hepatis associated with X-linked myotubular myopathy have been reported, including our case. Peliosis hepatis should be considered as a cause of hepatic hemorrhage despite its low incidence, and it requires adequate gross and histological investigation for correct diagnosis.

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2019.04.005

    PubMed

    researchmap

  • Globular glial tauopathy Type II: Clinicopathological study of two autopsy cases 査読 国際誌

    Hidetomo Tanaka, Shinobu Kawakatsu, Yasuko Toyoshima, Takeshi Miura, Naomi Mezaki, Atsushi Mano, Kazuhiro Sanpei, Ryota Kobayashi, Hiroshi Hayashi, Koichi Otani, Takeshi Ikeuchi, Osamu Onodera, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi

    Neuropathology   39 ( 2 )   111 - 119   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Globular glial tauopathies (GGTs) are four-repeat tauopathies characterized by the presence of two types of tau-positive globular glial inclusions (GGIs): globular oligodendrocytic and astrocytic inclusions (GOIs and GAIs). GGTs are classified into three different neuropathological subtypes: Types I, II and III. We report two patients with GGTs - a 76-year-old woman and a 70-year-old man - in whom the disease duration was 5 and 6 years, respectively. Both patients exhibited upper and lower motor neuron signs and involuntary movements, and the latter also had dementia with frontotemporal cerebral atrophy evident on magnetic resonance imaging. Neuropathologically, in both cases, the precentral gyrus was most severely affected, and at the gray-white matter junction there was almost complete loss of Betz cells and occurrence of GOIs and coiled bodies with numerous neuropil threads. Both patients also showed neuronal loss and GGIs (mostly GOIs) in many other central nervous system regions, including the basal ganglia. Apart from the degree of regional severity, the distribution pattern was essentially the same in both cases. However, GAIs were not conspicuous in any of the affected regions. Based on the morphology and distribution pattern of the GGIs, we diagnosed the present two patients as having GGT Type II. Electron microscopic and biochemical findings in the former were consistent with the diagnosis. Type II cases are reported to be characterized by pyramidal features reflecting predominant motor cortex and corticospinal tract degeneration. The present observations suggest that a variety of neurological features, including dementia, can occur in GGT Type II reflecting widespread degeneration beyond the motor neuron system.

    DOI: 10.1111/neup.12532

    PubMed

    researchmap

  • Globular Glial Mixed Four Repeat Tau and TDP-43 Proteinopathy with Motor Neuron Disease and Frontotemporal Dementia. 査読 国際誌

    Ryoko Takeuchi, Yasuko Toyoshima, Mari Tada, Hidetomo Tanaka, Hiroshi Shimizu, Atsushi Shiga, Takeshi Miura, Kenju Aoki, Akane Aikawa, Shin Ishizawa, Takeshi Ikeuchi, Masatoyo Nishizawa, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi

    Brain pathology (Zurich, Switzerland)   26 ( 1 )   82 - 94   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) may be accompanied by frontotemporal dementia (FTD). We report a case of glial mixed tau and TDP-43 proteinopathies in a Japanese patient diagnosed clinically as having ALS-D. Autopsy revealed loss of lower motor neurons and degeneration of the pyramidal tracts in the spinal cord and brain stem. The brain showed frontotemporal lobar degeneration (FTLD), the most severe neuronal loss and gliosis being evident in the precentral gyrus. Although less severe, such changes were also observed in other brain regions, including the basal ganglia and substantia nigra. AT8 immunostaining revealed that predominant occurrence of astrocytic tau lesions termed globular astrocytic inclusions (GAIs) was a feature of the affected regions. These GAIs were Gallyas-Braak negative. Neuronal and oligodendrocytic tau lesions were comparatively scarce. pS409/410 immunostaining also revealed similar neuronal and glial TDP-43 lesions. Interestingly, occasional co-localization of tau and TDP-43 was evident in the GAIs. Immunoblot analyses revealed band patterns characteristic of a 4-repeat (4R) tauopathy, corticobasal degeneration and a TDP-43 proteinopathy, ALS/FTLD-TDP Type B. No mutations were found in the MAPT or TDP-43 genes. We consider that this patient harbored a distinct, sporadic globular glial mixed 4R tau and TDP-43 proteinopathy associated with motor neuron disease and FTD.

    DOI: 10.1111/bpa.12262

    PubMed

    researchmap

  • [Case of cardiac tamponade during the treatment of acute cerebral infarction]. 査読

    Hikaru Nagasawa, Hiroya Ono, Hidetomo Tanaka, Tatsushi Yamakawa

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   54 ( 3 )   218 - 22   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 59-year-old man was admitted to our hospital because of sudden weakness in his left foot. He had been treated for lung cancer by chemotherapy and irradiation 3 years earlier. Brain magnetic resonance (MR) imaging revealed multiple acute cerebral infarctions in the area of the right anterior cerebral artery. MR angiography (MRA) revealed that the right anterior cerebral artery was patent, with slight irregularity in the A3 portion. He was treated by administration of aspirin (200 mg/day) and a continuous intravenous unfragmented heparin infusion (10,000 IU/day). Four days after admission, he developed dyspnea. Chest computed tomography (CT) performed 5 days after admission revealed both a marked pericardial effusion and a pleural effusion. Emergency pericardiocentesis was therefore performed. While 1,000 ml of bloody pericardial effusion were aspirated, his dyspnea ameliorated dramatically. Histological examination of the pericardial effusion revealed infiltration of lung adenocarcinoma cells in the pericardium. Intracranial 3D-CT angiography revealed the pearl and string sign in the right anterior cerebral artery 6 days after admission. Anterior cerebral artery dissection was diagnosed as the cause of his cerebral infarction. It is important to recognize the possibility of cardiac tamponade as an uncommon complication of the treatment for acute cerebral infarction.

    PubMed

    researchmap

  • An elderly Japanese patient with adult-onset type II citrullinemia with a novel D493G mutation in the SLC25A13 gene. 査読

    Yoshimi Takahashi, Shingo Koyama, Hidetomo Tanaka, Shigeki Arawaka, Manabu Wada, Toru Kawanami, Hiroaki Haga, Hisayoshi Watanabe, Kentaro Toyota, Chikahiko Numakura, Kiyoshi Hayasaka, Takeo Kato

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   51 ( 16 )   2131 - 4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mutations in the SLC25A13 gene lead to neonatal intrahepatic cholestasis caused by citrin deficiency and/or adult-onset type II citrullinemia (CTLN2). A 62-year-old man presented with recurrent episodes of neuropsychiatric manifestations. On admission, he had disorientation and flapping tremor. Laboratory data showed hyperferritinemia in addition to postprandial hyperammonemia and citrullinemia. A liver biopsy specimen revealed moderate hemosiderin deposits and hepatocytes with macrovesicular fat droplets. Genetic analysis of the SLC25A13 gene identified the previously reported p.S225X mutation and a novel p.D493G mutation. Hyperferritinemia might also be a characteristic finding of CTLN2-related fatty changes of the liver.

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Annual review神経

    後藤, 文男, 柳澤, 信夫, 鈴木, 則宏( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 神経病理1 Globular glial tauopathy)

    中外医学社  2020年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 脳神経内科

    田中英智, 豊島靖子, 柿田明美( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 神経病理 update, Globular glial tauopathy の神経病理)

    科学評論社  2018年5月 

     詳細を見る

MISC

  • Basic Neuroscience 神経病理 Globular glial tauopathy

    田中 英智, 柿田 明美

    Annual Review神経   2020   16 - 22   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)中外医学社  

    researchmap

  • パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、進行性核上性麻痺の合併を認めた高齢女性剖検例

    田中 英智, 清水 宏, 豊島 靖子, 若林 允甫, 柿田 明美

    The Kitakanto Medical Journal   69 ( 2 )   170 - 170   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北関東医学会  

    researchmap

  • 続編 てんかんを分かり易く理解するための神経科学 病理所見を理解する基礎 海馬硬化

    張 ろ, 田中 英智, 柿田 明美

    てんかん研究   36 ( 3 )   664 - 666   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

    researchmap

  • 診断が困難であった進行性核上性麻痺の剖検例

    田中 弘, 田中 英智, 清水 宏, 柿田 明美, 高橋 均

    新潟医学会雑誌   132 ( 10 )   368 - 368   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • X-linked myotubular myopathyに合併した肝紫斑病による肝出血の1例

    会沢 慧亮, 舟山 一寿, 清水 宏, 田中 英智, 高橋 直也, 原田 夏実, 樋口 涼子, 青山 崇, 渡邉 拓, 柿田 明美, 高塚 尚和

    法医病理   24 ( 1 )   6 - 6   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本法医病理学会  

    researchmap

  • 【神経病理update】Globular glial tauopathyの神経病理

    田中 英智, 豊島 靖子, 柿田 明美

    神経内科   88 ( 5 )   477 - 482   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • Globular glial tauopathy 細胞内タウ陽性構造の形態学的特徴

    田中 英智, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌   132 ( 3 )   93 - 104   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    Globular glial tauopathy(GGT)は2013年に疾患概念が提唱された、新たな4リピートタウオパチーである。組織学的にはグリア細胞内への小球状(globular)のリン酸化タウ陽性構造物(Globular glial inclusions:GGIs)の存在を特徴とし、オリゴデンドロサイトではGlobular oligodendroglial inclusions(GOIs)、アストロサイトではGlobular astrocytic inclusions(GAIs)と呼ばれる。GGTは、GGIsを主体とするタウ陽性構造の出現分布と中枢神経組織の変性部位から、3つのサブタイプに分けられている。それらは臨床症状に対応し、前頭側頭葉主体の病変分布を取り前頭側頭型認知症を呈するType I、運動野と錐体路を主体とし運動ニューロン徴候を呈するType II、そしてType IとIIの複合型であるType IIIの3タイプである。しかし、こうしたサブタイプについては未だ確立されたものではない。そこで本研究では、GGT Type III 3例とType II 2例を対象とし、サブタイプ間の特徴について検討した。特にGAIsとNCIsの形態に着目して、GGIsの定量解析、共焦点顕微鏡を用いた三次元構造解析、電子顕微鏡像による超微形態観察を行い、サブタイプ間で比較検討した。GGIsの定量解析では、GAIsの出現量はType IIに比べType IIIで顕著に多かった。三次元構造解析では、GAIsの形態がType間で異なることを示した。すなわち、Type IIのGAIsは、小型で多数の小球状構造からなり、アストロサイトの突起遠位にまで広がっていた。一方、Type IIIのGAIsは大型で少数の小球状構造が胞体近位部に形成され、直径もType IIより小さい傾向を示した。これらの形態的特徴の違いから、GAIsの形成過程が異なっている可能性が示唆された。NCIsには、3つの特徴的形態:即ち(1)Diffuse granular、(2)Thick cord-like、(3)Round/horseshoe-shaped NCIsを観察した。Thick cord-like NCIsはType II、Type IIIの両者で認めた。Round-horseshoe-shaped NCIsはType IIIにおいてのみ観察された。これらのGAIsとNCIsは、タウ陽性構造物の形態によってサブタイプが判別可能であることを示し、またGGTの病態形成機序を特徴付ける所見と考えた。(著者抄録)

    researchmap

  • 進行性骨化性線維異形成症の1剖検例

    田中 英智, 豊島 靖子, 他田 真理, 清水 宏, 米持 洋介, 小澤 哲夫, 中島 孝, 高橋 均, 柿田 明美

    新潟医学会雑誌   131 ( 5 )   315 - 316   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • Globular Glial Tauopathyの臨床的特徴、自験2例と既報例との比較

    三浦 健, 青木 賢樹, 高嶋 修太郎, 眞野 篤, 堅田 慎一, 目崎 直実, 石黒 敬信, 石黒 舞乃, 畠野 雄也, 相川 あかね, 石澤 伸, 竹内 亮子, 田中 英智, 豊島 靖子, 春日 健作, 三瓶 一弘, 柿田 明美, 高橋 均, 池内 健, 西澤 正豊

    臨床神経学   56 ( Suppl. )   S526 - S526   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 病理診断されたGlobular Glial Tauopathyの臨床的特徴 自験2例と既報39例のまとめ

    三浦 健, 目崎 直実, 三瓶 一弘, 青木 賢樹, 竹内 亮子, 田中 英智, 豊島 靖子, 柿田 明美, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   542 - 542   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Choreaを伴った非典型的ALSと臨床診断された、Tauopathyの一剖検例

    田中 英智, 豊島 靖子, 三浦 健, 三瓶 一弘, 志賀 篤, 柿田 明美, 高橋 均

    The Kitakanto Medical Journal   66 ( 2 )   175 - 175   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:北関東医学会  

    researchmap

  • 舞踏病様不随意運動を伴う運動ニューロン疾患の病像を呈したglobular glial tauopathy(GGT)の76歳女性剖検例

    三浦 健, 眞野 篤, 堅田 慎一, 目崎 直実, 田中 英智, 豊島 靖子, 西澤 正豊, 三瓶 一弘

    臨床神経学   56 ( 3 )   214 - 214   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 歩行障害と認知機能低下が亜急性に進行し、同心円状の造影病変を呈した炎症性脱髄性疾患の75歳女性例

    原 敦, 小別所 博, 三宅 敏彦, 松本 圭吾, 清家 尚彦, 田中 英智, 柿田 明美

    臨床神経学   55 ( 11 )   866 - 866   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 認知症を主症状とし、大脳皮質に変性が強調された進行性核上性麻痺の一剖検例

    田中 英智, 清水 宏, 豊島 靖子, 田中 弘, 田中 政春, 池内 健, 柿田 明美, 高橋 均

    信州医学雑誌   63 ( 1 )   71 - 72   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • 頸部血管エコーにて診断しえた椎骨動脈解離による小脳梗塞の一例

    田中 英智, 永沢 光, 小野 洋也, 山川 達志

    臨床神経学   53 ( 9 )   751 - 751   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Inflammatory pseudotumorと考えられた上咽頭部腫瘤によりCollet-Sicard症候群を呈した1例

    田中 英智, 高橋 賛美, 佐藤 裕康, 小山 信吾, 猪狩 龍佑, 伊関 千書, 丹治 治子, 黒川 克朗, 荒若 繁樹, 和田 学, 川並 透, 加藤 丈夫

    臨床神経学   52 ( 7 )   527 - 527   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • REM睡眠行動異常を呈した多系統萎縮症の1例

    田中 英智, 猪狩 龍佑, 山口 佳剛, 伊関 千書, 木村 英紀, 丹治 治子, 荒若 繁樹, 和田 学, 川並 透, 栗田 啓司, 加藤 丈夫

    臨床神経学   50 ( 3 )   202 - 202   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 大脳皮質基底核症候群を呈したglobular glial tauopathy type II の一剖検例

    田中英智, 柿田明美

    第60回日本神経病理学会総会学術研究会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 振戦で発症後パーキンソニズムと垂直性眼球運動障害を呈したFTLD-TDP:3剖検例の臨床病理像

    田中英智, 柿田明美

    第60回日本神経病理学会総会学術研究会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Morphological features of neuronal and glial tau pathology in GGT (Types II and III)

    Tanaka H, Toyoshima Y, Kakita A

    11th International Conference on Frontotemporal Dementias (ICFTD2018)  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Morphological features of neuronal and glial tau pathology in GGT(Types II and III)

    Tanaka H, Toyoshima Y, Kakita A

    19th International Congress of Neuropathology  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Globular glial tauopathy: characteristic histologic features of an autopsied patient with its type II

    Tanaka H, Toyoshima Y, Kakita A

    10th Asia Pacific International Academy of Pathology congress (APIAP2017)  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Globular glial tauopathy: immunohistochemical features revealed using a tau oligomer-specific antibody, T22

    Tanaka H, Toyoshima Y, Kakita A

    11th European Congress of Neuropathology (ECNP2016)  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Globular glial tauopathy (type II) clinically mimicking ALS

    Tanaka H, Toyoshima Y, Kakita A

    26th International Symposium on ALS/MND  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • タウ蓄積アストロサイトの変化に見出すー異常蛋白の伝播要因

    研究課題/領域番号:19K16908  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    田中 英智

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap